議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 八潮市

平成12年  3月 定例会(第1回) 03月21日−06号




平成12年  3月 定例会(第1回) − 03月21日−06号









平成12年  3月 定例会(第1回)



       平成12年第1回八潮市議会定例会 第23日

議事日程(第6号)

                 平成12年3月21日(火曜日)午前10時開議

 日程第1  議案の委員会報告

        o総務常任委員会委員長

        o建設常任委員会委員長

        o民生経済常任委員会委員長

        o文教水道常任委員会委員長

 日程第2  議案の委員会報告に対する質疑

 日程第3  議案に対する討論

        議案第1号  平成11年度八潮市一般会計補正予算(第7号)

        議案第2号  平成11年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)

        議案第3号  平成11年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)

        議案第4号  平成11年度鶴ケ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

        議案第5号  平成11年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

        議案第6号  平成11年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

        議案第7号  平成11年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

        議案第8号  平成11年度八潮市上水道事業会計補正予算(第4号)

        議案第9号  平成12年度八潮市一般会計予算

        議案第10号 平成12年度八潮市国民健康保険特別会計予算

        議案第11号 平成12年度八潮市公共下水道事業特別会計予算

        議案第12号 平成12年度八潮市老人保健特別会計予算

        議案第13号 平成12年度稲荷伊草第一土地区画整理事業特別会計予算

        議案第14号 平成12年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計予算

        議案第15号 平成12年度鶴ケ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計予算

        議案第16号 平成12年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計予算

        議案第17号 平成12年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計予算

        議案第18号 平成12年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計予算

        議案第19号 平成12年度八潮市介護保険特別会計予算

        議案第20号 平成12年度八潮市上水道事業会計予算

        議案第21号 八潮市手数料条例について

        議案第22号 八潮市介護保険条例について

        議案第23号 八潮市介護保険円滑導入基金条例について

        議案第24号 八潮市介護給付費準備基金条例について

        議案第25号 八潮市地区計画区域内における建築物等の制限に関する条例について

        議案第26号 八潮市公文書公開条例の一部を改正する条例について

        議案第27号 八潮市個人情報保護条例の一部を改正する条例について

        議案第28号 八潮市行政手続条例の一部を改正する条例について

        議案第29号 八潮市附属機関設置条例の一部を改正する条例について

        議案第30号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について

        議案第31号 八潮市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例について

        議案第32号 八潮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について

        議案第33号 八潮市青少年問題協議会条例の一部を改正する条例について

        議案第34号 八潮市ホームヘルプサービス手数料条例の一部を改正する条例について

        議案第35号 八潮市高齢者福祉施設やしお苑条例の一部を改正する条例について

        議案第36号 八潮市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例について

        議案第37号 八潮市国民健康保険条例の一部を改正する条例について

        議案第38号 八潮市環境審議会条例の一部を改正する条例について

        議案第39号 八潮市防災会議条例等の一部を改正する条例について

        議案第40号 八潮市都市計画審議会条例の一部を改正する条例について

        議案第41号 八潮市火災予防条例の一部を改正する条例について

        議案第42号 八潮市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例等の一部を改正する条例について

        議案第43号 市道路線の認定について

 日程第4  議案に対する採決

        議案第1号  平成11年度八潮市一般会計補正予算(第7号)

        議案第2号  平成11年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)

        議案第3号  平成11年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)

        議案第4号  平成11年度鶴ケ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

        議案第5号  平成11年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

        議案第6号  平成11年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

        議案第7号  平成11年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

        議案第8号  平成11年度八潮市上水道事業会計補正予算(第4号)

        議案第9号  平成12年度八潮市一般会計予算

        議案第10号 平成12年度八潮市国民健康保険特別会計予算

        議案第11号 平成12年度八潮市公共下水道事業特別会計予算

        議案第12号 平成12年度八潮市老人保健特別会計予算

        議案第13号 平成12年度稲荷伊草第一土地区画整理事業特別会計予算

        議案第14号 平成12年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計予算

        議案第15号 平成12年度鶴ケ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計予算

        議案第16号 平成12年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計予算

        議案第17号 平成12年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計予算

        議案第18号 平成12年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計予算

        議案第19号 平成12年度八潮市介護保険特別会計予算

        議案第20号 平成12年度八潮市上水道事業会計予算

        議案第21号 八潮市手数料条例について

        議案第22号 八潮市介護保険条例について

        議案第23号 八潮市介護保険円滑導入基金条例について

        議案第24号 八潮市介護給付費準備基金条例について

        議案第25号 八潮市地区計画区域内における建築物等の制限に関する条例について

        議案第26号 八潮市公文書公開条例の一部を改正する条例について

        議案第27号 八潮市個人情報保護条例の一部を改正する条例について

        議案第28号 八潮市行政手続条例の一部を改正する条例について

        議案第29号 八潮市附属機関設置条例の一部を改正する条例について

        議案第30号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について

        議案第31号 八潮市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例について

        議案第32号 八潮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について

        議案第33号 八潮市青少年問題協議会条例の一部を改正する条例について

        議案第34号 八潮市ホームヘルプサービス手数料条例の一部を改正する条例について

        議案第35号 八潮市高齢者福祉施設やしお苑条例の一部を改正する条例について

        議案第36号 八潮市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例について

        議案第37号 八潮市国民健康保険条例の一部を改正する条例について

        議案第38号 八潮市環境審議会条例の一部を改正する条例について

        議案第39号 八潮市防災会議条例等の一部を改正する条例について

        議案第40号 八潮市都市計画審議会条例の一部を改正する条例について

        議案第41号 八潮市火災予防条例の一部を改正する条例について

        議案第42号 八潮市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例等の一部を改正する条例について

        議案第43号 市道路線の認定について

本日の会議に付した事件

 日程第4まで議事日程のとおり

 日程追加 議案の上程及び提案理由の説明

        議第1号議案 八潮市議会委員会条例の一部を改正する条例

        議第2号議案 八潮市議会会議規則の一部を改正する規則

        議第3号議案 アレルギー性疾患対策の充実を求める意見書

       議案に対する質疑

        議第1号議案 八潮市議会委員会条例の一部を改正する条例

        議第2号議案 八潮市議会会議規則の一部を改正する規則

        議第3号議案 アレルギー性疾患対策の充実を求める意見書

       議案に対する委員会付託

        議第1号議案 八潮市議会委員会条例の一部を改正する条例

        議第2号議案 八潮市議会会議規則の一部を改正する規則

        議第3号議案 アレルギー性疾患対策の充実を求める意見書

       議案に対する討論

        議第1号議案 八潮市議会委員会条例の一部を改正する条例

        議第2号議案 八潮市議会会議規則の一部を改正する規則

        議第3号議案 アレルギー性疾患対策の充実を求める意見書

       議案に対する採決

        議第1号議案 八潮市議会委員会条例の一部を改正する条例

        議第2号議案 八潮市議会会議規則の一部を改正する規則

        議第3号議案 アレルギー性疾患対策の充実を求める意見書

 日程追加 特定事件審査の件

 日程追加 継続審査の件

出席議員(26名)

   1番   中村和代議員      2番   郡司伶子議員

   3番   小倉順子議員      4番   大山浩司議員

   5番   矢澤江美子議員     6番   西俣総志議員

   7番   吉田準一議員      8番   荻野清晴議員

   9番   豊田吉雄議員     10番   鹿野泰司議員

  11番   森下純三議員     12番   宇田川武雄議員

  13番   柳澤功一議員     14番   飯山恒男議員

  15番   小倉孝義議員     16番   立川弘美議員

  17番   武之内清久議員    18番   原 康之議員

  19番   広沢 昇議員     20番   近藤晶作議員

  21番   多田重美議員     22番   島根秀行議員

  23番   鈴木 恵議員     24番   豊田常雄議員

  25番   初山繁雄議員     26番   渋谷敏男議員

欠席議員(なし)

説明のための出席者

  藤波 彰   市長        小澤 清   助役

  小倉義雄   収入役       松田温昭   教育長

         市民が主役

  松澤利行             羽場徳雄   秘書室長

         推進室長

  斎藤順一   企画部長      小澤政人   総務部長

  栗原一男   ふれあい福祉部長  小野寺 昇  生活経済部長

  田代尚三   建設部長      植原正道   都市開発部長

  堀 矢助   水道部長      椎名正次郎  監査委員事務局長

  鈴木 勇   教育総務部長    中嶋正昭   教育総務部理事

  遠藤 忠   教育総務部理事   油井原利男  学校教育部長

  田中義夫   消防長

事務局職員出席者

  恩田隆二   事務局長      宮川直樹   議事調査課長

  渡辺和文   議事調査課長補佐  小野寺 洋  議事係主任

  植原栄子   調査係主事



△開議 午前10時03分



△開議の宣告



○大山浩司議長 皆さん、おはようございます。

 ただいまの出席議員数は26名で定足数に達しております。

 よって、平成12年第1回八潮市議会定例会第23日目は成立いたしました。

 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○大山浩司議長 本日の日程について申し上げます。

 本日の日程はお手元に配付してあります。そのとおり議事を進めますので、ご協力のほどお願いを申し上げます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の委員会報告



○大山浩司議長 日程第1、議案の委員会報告であります。

 総務常任委員会に付託いたしました議案の審査結果について、総務常任委員会委員長の報告を求めます。

 総務常任委員会委員長。

 8番。

   〔荻野清晴総務常任委員長 登壇〕



◆荻野清晴総務常任委員長 おはようございます。

 議長の指名がございましたので、総務常任委員会の議案審査結果報告を行います。

 今定例会において本委員会に付託されました議案について、去る3月8日委員会を招集し、執行部より市長、助役はじめ関係職員の出席を求め、慎重に審査いたしました。その結果について報告いたします。

 議案第1号 平成11年度八潮市一般会計補正予算(第7号)、第1条歳入歳出予算の補正、1歳入全部、2歳出のうち、款2総務費、款9消防費、第2条繰越明許費、第3条債務負担行為の補正、第4条地方債の補正。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第9号 平成12年度八潮市一般会計予算、第1条歳入歳出予算、1歳入全部、2歳出のうち、款1議会費、款2総務費、款9消防費、款11公債費、款12諸支出金、款13予備費、第2条継続費、第3条債務負担行為、第4条地方債、第5条一時借入金、第6条歳出予算の流用。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第21号 八潮市手数料条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第26号 八潮市公文書公開条例の一部を改正する条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第27号 八潮市個人情報保護条例の一部を改正する条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第28号 八潮市行政手続条例の一部を改正する条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第29号 八潮市附属機関設置条例の一部を改正する条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第30号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第31号 八潮市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第39号 八潮市防災会議条例等の一部を改正する条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第41号 八潮市火災予防条例の一部を改正する条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第42号 八潮市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例等の一部を改正する条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、本委員会に付託されました議案審査結果報告を終わります。



○大山浩司議長 以上で、総務常任委員会委員長の報告を終わります。

 次に、建設常任委員会に付託いたしました議案の審査結果について、建設常任委員会委員長の報告を求めます。

 建設常任委員会委員長。

 15番。

   〔小倉孝義建設常任委員長 登壇〕



◆小倉孝義建設常任委員長 ただいま議長より指名がありましたので、建設常任委員会に付託されました議案の審査結果をご報告いたします。

 今定例会において本委員会に付託されました議案について、去る3月9日委員会を招集し、執行部より市長、助役をはじめ関係職員の出席を求め、慎重に審査いたしました。その結果について報告いたします。

 議案第1号 平成11年度八潮市一般会計補正予算(第7号)、第1条歳入歳出予算の補正、2歳出のうち、款8土木費。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第3号 平成11年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第4号 平成11年度鶴ケ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第5号 平成11年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第6号 平成11年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第7号 平成11年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第9号 平成12年度八潮市一般会計予算、第1条歳入歳出予算、2歳出のうち、款8土木費。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第11号 平成12年度八潮市公共下水道事業特別会計予算。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第13号 平成12年度稲荷伊草第一土地区画整理事業特別会計予算。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第14号 平成12年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計予算。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第15号 平成12年度鶴ケ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計予算。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第16号 平成12年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計予算。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第17号 平成12年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計予算。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第18号 平成12年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計予算。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第25号 八潮市地区計画区域内における建築物等の制限に関する条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第40号 八潮市都市計画審議会条例の一部を改正する条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第43号 市道路線の認定について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、本委員会に付託されました議案の審査結果報告を終わります。



○大山浩司議長 以上で、建設常任委員会委員長の報告を終わります。

 次に、民生経済常任委員会に付託いたしました議案の審査結果について、民生経済常任委員会委員長の報告を求めます。

 民生経済常任委員会委員長。

 13番。

   〔柳澤功一民生経済常任委員長 登壇〕



◆柳澤功一民生経済常任委員長 議長さんのご指名をいただきましたので、民生経済常任委員会に付託されました議案の審査結果についてご報告をいたします。

 今定例会において本委員会に付託されました議案について、去る3月13日委員会を招集し、執行部より市長、助役はじめ関係職員の出席を求め、慎重に審査いたしました。その結果について報告をいたします。

 議案第1号 平成11年度八潮市一般会計補正予算(第7号)、第1条歳入歳出予算の補正、2歳出のうち、款3民生費、款4衛生費、款5労働費、款6農林水産業費、款7商工費。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第2号 平成11年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第9号 平成12年度八潮市一般会計予算、第1条歳入歳出予算、2歳出のうち、款3民生費、款4衛生費、款5労働費、款6農林水産業費、款7商工費。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第10号 平成12年度八潮市国民健康保険特別会計予算。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成少数で原案は否決すべきものと決しました。

 議案第12号 平成12年度八潮市老人保健特別会計予算。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第19号 平成12年度八潮市介護保険特別会計予算。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第22号 八潮市介護保険条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第23号 八潮市介護保険円滑導入基金条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第24号 八潮市介護給付費準備基金条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第32号 八潮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について。本議案につきまして審査し、意見として、議案の一つ一つは、市民の生活を支える大事なものですが、このような重要案件に対して、説明の際、値上げの積算された検討の余地のないでき上がった予算書を提示されたのは、大変残念なものがあります。現在の社会環境は、ベースアップより雇用確保の方が大事な景気の悪い中、さまざまな事業を行うとしても、近隣市の動向を見ていた八潮市が県内トップの増税をしようとしている状況です。収納率も県平均と同じ88%に努力しようと掲げ、実際は83%の収納率であったため、増税を考えたとしたら短絡過ぎると思います。介護保険の徴収とともに、景気の悪い中、低所得者に影響する平等割、均等割の値上げ、また、所得割の値上げと全体をトータルすると、11.6%の値上げ幅は、市民には納得できないものです。ましてや介護保険も導入されることですから、客観的に見ても、値上げしたとき、収納率はますます厳しくなると思います。本年度一般会計から8億の繰り入れ、残りの1月から3月を入れなくても医療費の伸びが7億 8,000万にも上っている状況の中、値上げをしなくてはならない状況もわかりますが、市民の税金ですので、いきなり値上げをするのではなく、国保の現下の状況分析及び市民に対して健康への啓蒙、啓発の周知徹底が大事なことではないかと思います。以上のことから反対をいたします。との発言がありました。

 会議に諮ったところ、賛成少数で原案は否決すべきものと決しました。

 議案第33号 八潮市青少年問題協議会条例の一部を改正する条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第34号 八潮市ホームヘルプサービス手数料条例の一部を改正する条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第35号 八潮市高齢者福祉施設やしお苑条例の一部を改正する条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第36号 八潮市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第37号 八潮市国民健康保険条例の一部を改正する条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第38号 八潮市環境審議会条例の一部を改正する条例について。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、本委員会に付託されました議案審査結果の報告を終わります。



○大山浩司議長 以上で、民生経済常任委員会委員長の報告を終わります。

 次に、文教水道常任委員会に付託いたしました議案の審査結果について、文教水道常任委員会委員長の報告を求めます。

 文教水道常任委員会委員長。

 18番。

   〔原 康之文教水道常任委員長 登壇〕



◆原康之文教水道常任委員長 議長の指名がございましたので、文教水道常任委員会に付託されました議案審査結果報告を行います。

 今定例会において本委員会に付託されました議案について、去る3月10日委員会を招集し、執行部より市長、助役、教育長はじめ関係職員の出席を求め、慎重に審査をいたしました。その結果についてご報告をいたします。

 議案第1号 平成11年度八潮市一般会計補正予算(第7号)、第1条歳入歳出予算の補正、2歳出のうち、款10教育費。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第8号 平成11年度八潮市上水道事業会計補正予算(第4号)。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第9号 平成12年度八潮市一般会計予算、第1条歳入歳出予算、2歳出のうち、款10教育費。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第20号 平成12年度八潮市上水道事業会計予算。本議案につきまして審査し、会議に諮ったところ、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、本委員会に付託されました議案審査結果報告を終わります。



○大山浩司議長 以上で、文教水道常任委員会委員長の報告を終わります。

 以上で、日程第1を終了いたします。

 議案の委員会報告に対する質疑の通告を受けるため、暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時32分



△再開 午前10時33分



○大山浩司議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の委員会報告に対する質疑



○大山浩司議長 日程第2、議案の委員会報告に対する質疑であります。

 議案の委員会報告に対して質疑の通告がありません。

 よって、質疑を終わります。

 以上で、日程第2を終了いたします。

 議案に対する討論の通告を受けるため、暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時34分



△再開 午前10時37分



○大山浩司議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案に対する討論



○大山浩司議長 日程第3、議案に対する討論であります。

 議案第1号につきまして、9番、豊田吉雄議員より討論の通告を受けております。

 豊田吉雄議員の発言を許します。

 9番。

   〔9番 豊田吉雄議員 登壇〕



◆9番(豊田吉雄議員) 9番。

 議長の指名がございましたので、議案第1号、平成11年度一般会計補正予算(第7号)について、反対の立場で討論します。

 この補正予算案は、介護保険料の軽減措置に伴う臨時特例交付金を除くと、起債対象事業の確定によるものの財政調整基金からの繰入金が、主な入となっております。歳出については、増減のやりくりで、運営その中で、国保会計への繰出金4億 3,285万 5,000円は、一定の評価は見られますが、次の点について意見を申し上げておきます。

 第1に、(仮称)八條公民館、北図書館清掃業務委託料 108万円の減額となっています。この委託料は、平成11年第3回定例会で追加議案として提出されたものです。その理由の中で、現下の厳しい雇用・失業情勢を踏まえ、臨時、応急の措置として、国の第1次補正予算案が成立したことに関連して、埼玉県において市町村が実施する新たな雇用及び就業機会の創出に資する事業に対し、支援する制度が創設されましたことから、その趣旨を踏まえ、市といたしましても、積極的に緊急地域雇用対策に取り組むため、新たな雇用の創出等に大きな効果が見込まれる事業を実施されるものと説明がありました。

 結果的には、予算 108万 2,000円に対し、消費税を含め 1,050円で、埼玉企業サービスが落札したとのこと。これでは、提案説明での緊急地域対策事業の趣旨に当てはまらないのではないでしょうか。

 第2に、南部中央一体型特定土地区画整理事業負担金 4,200万円は、事業費の10分の1を市が負担するということです。鉄道敷地について、平成12年度中に行うことはわかりますが、集団移転は、通常移転より補償金額が増大になることは明らかです。この費用は、仮換地指定前の建物移転補償として支出するもので、16棟分。この16棟は、鉄道敷地に当たるかとの質疑に対し、該当しない。全棟が債務物件なので、一括して解決するために行う事業との答弁でした。

 このようなことを考えたとき、今後の事業に問題が生じることが心配です。

 以上申し上げて、討論を終わります。



○大山浩司議長 以上で、豊田吉雄議員の討論を終わります。

 次に、同議案につきまして、23番、鈴木恵議員より討論の通告を受けております。

 鈴木恵議員の発言を許します。

 23番。

   〔23番 鈴木 恵議員 登壇〕



◆23番(鈴木恵議員) ただいま議長の指名がございましたので、議案第1号 平成11年度八潮市一般会計補正予算(第7号)について、賛成の立場から討論いたします。

 今回の議案第1号の一般会計補正予算を見てみますと、本市の最重要課題である常磐新線関連では、八潮南部中央地区と西地区で進められている区画整理事業への負担金が大幅に増額されております。このことは、平成17年度に予定されている常磐新線開業に対する市の積極的な姿勢をまさにあらわしたものであり、大いに評価できるものであります。

 また、大瀬古新田土地区画整理事業のさらなる進展を図るために負担金を増額していることや、古綾瀬川整備工事負担金の増額、福祉関係では、平成12年度から開始される介護保険の円滑な導入を図るための予算措置、さらに、国民健康保険特別会計の円滑なる運営を図るための財政支援としての繰出金の増額をはじめとする市民生活に関連した施策が講じられております。

 これらのことは、市民生活を第1に考えた本市の取り組みを如実に反映させた予算措置であり、高く評価するものであります。

 したがって、この議案第1号 平成11年度八潮市一般会計補正予算(第7号)につきまして、賛成の意を表し、討論を終わります。よろしくお願いいたします。



○大山浩司議長 以上で、鈴木恵議員の討論を終わります。

 次に、議案第2号から議案第8号までにつきましては、討論の通告がありません。

 よって、討論を終わります。

 次に、議案第9号につきまして、10番、鹿野泰司議員より討論の通告を受けております。

 鹿野泰司議員の発言を許します。

 10番。

   〔10番 鹿野泰司議員 登壇〕



◆10番(鹿野泰司議員) 議長の指名がありましたので、議案第9号 平成12年度八潮市一般会計予算案に対しまして、反対の立場で討論をいたします。

 経済企画庁は、今月の13日、1999年12月期の国民所得統計速報を発表しました。国内総生産(GDP)は、物価変動を除いた実質で、前期(7〜9月期)に比べ 1.4%減、年率換算で 5.5%となり、2期連続のマイナス成長というものです。新聞各紙もこのことを大きな見出しで報道をしております。そして、このような結果となった大きな要因が、個人消費の低迷であることを共通して指摘をしているところです。

 読売新聞は、14日付の社説で、「景気は悲観せず、油断せず」という社説を掲げました。同社説では、四半期ごとに発表するGDP統計は、株価や為替相場にも影響を与える重要な経済指標であるとしながらも、3〜5カ月前ほどの経済の動きをとらえた統計が足元の景気の状況をいつも正確に映し出すとは限らないとし、GDPの増減に一喜一憂することなく、民需主導の自立的な回復への道のりをしっかりと展望することが重要であると主張しております。そして、設備投資の回復の動きを指摘しながらも、個人消費が低迷したままでは、やがて企業の投資意欲にも水を差すとしております。

 また、個人消費の低迷の原因についても触れております。国民が年金や介護といった老後不安を抱え、消費を抑制しているとし、安心できる社会保障制度の青写真を提示する必要があるとしております。ここで言われております社会保障制度がどのようなものを指しているのか、文面だけからではわかりませんが、今の景気低迷の原因がどのようなところにあるのかについては、おおよその認識の一致ができるのではと考えております。問題は、その解決策をどのような筋道で行うのか。また、行政は、このような景気低迷の中で、困っている人たちにどのような手だてを講じることができるのか。ここのところに政治的立場が如実に示されるものと思います。

 あさひ銀総合研究所発行の「SAITAMA NOW」3月号によれば、本年1月の倒産件数は78件、前月比プラス18件、前年比プラス44件、負債総額では 365億 7,400万円、それぞれプラスの 266.3%、プラスの 312.8%と報じています。今こそ、親身になった行政運営が求められると考えております。

 さて、来年度予算案は、今紹介しましたような状況の中で審議をされました。

 歳入について触れたいと思います。

 歳入の大きな特徴は、議案提案の際にも言われましたように、市民税の大きな減額計上であると思います。個人、法人、それぞれ対前年度当初予算比で8.05%、 23.22%、トータルでは 11.67%の減額とされております。

 先ほど日本経済の状況についてご紹介をいたしましたが、八潮市の予算案にも明確な形であらわれているところです。市民の暮らしぶりや市内中小零細業者の様子をかいま見ることができることと思います。

 総務委員会では、個人市民税の所得割額をもとに、納税義務者1人当たりの所得割額をもとに紹介がされました。12年度の数値についてはこれからですが、八潮市の1人当たりの数値は、10年度が10万 9,014円、11年度では10万 2,411円と紹介されました。10年度の埼玉県平均は13万 2,814円、県下最高が浦和市の16万 6,671円との紹介もありました。10年度に比べ 6,603円、率にして6.45%減額したことになります。また、10年度の額は、43市中37番目、10、11年度では、特別減税の方法と考慮しなければならないところがあるのかもしれませんが、八潮市民の所得水準は、県下でも残念ながら低い水準となっていることは、今紹介したとおりであります。市民生活の様子をうかがい知ることができるわけであります。

 このことは、市営住宅使用料が前年比で減額になり、入居者の収入が減少したためとの説明がありました。また、国庫支出金の国保に関する保険基盤安定負担金や生活保護費の増額にも、市民生活の様子が反映をされております。

 地方交付税では、普通交付税が前年度当初対比で87.1%という大幅な増額を見込んでおります。個人、法人市民税の大幅な減額等が大きな理由とされております。これは、税収の減が基準財政収入額の減となり、その分が普通交付税として交付されるという理屈になっております。

 また、恒久的減税の市財政への影響分については、財源補てんとして、地方特例交付金や住民税減税補てん債で賄われております。議案提案の説明では、一般財源が極度に不足との説明がされております。が、一般財源を地方税、地方譲与税及び地方交付税をもって代表させることが多いという文献の紹介がありますが、これらを11年度比で比較してみると、提案説明のようにはならないことがわかります。

 このような歳入との関係で、歳出を見てみたいと思います。

 歳出の第1に指摘したいことは、国民体育大会に向けた体育館建設に伴う費用計上です。私たちは、大原中学校の体育館建設だけで対応すべきと主張をしました。ところで、ハンドボール競技に当たっては、屋内4面の体育館が必要とされ、八潮2面、三郷、吉川が1面ずつというものでしたが、県は、吉川高校の体育館建てかえを、ハンドボール競技のできる体育館を発表、このことによって、屋内コートが5面となることが明らかとなりました。財政状況が逼迫し、さらには大きな事業が予定されていることから、思い切った見直しが必要と考えます。

 第2は、国保会計への繰出金です。国保会計そのものは、税率の改定を含んだものとして調整をされておりますが、12年度の国保会計への繰出金は、前年度比 8,535万 6,000円の増となっております。しかし、これには、保険基盤安定繰入金や職員給与費等繰入金の増加分を含むものであって、いわゆる国保財政維持のための補てん分は 6,316万 7,000円、繰入額の74%であります。

 また、このことは、介護保険会計のことになりますが、国保加入者の2号保険料のうち、半分は国が負担することになっております。しかし、実際には、国から4割しか来ないとされ、その分の金額しか介護保険会計には計上されておりません。1割分だれが負担するのか。制度上は国保会計が負担することになっております。

 先ほど紹介した国保会計への繰出金には、この分の財源として 3,596万円も組まれていることに注意すべきと思います。繰入金の総額からだけでは判断できないということであります。

 こうして見ると、国保への繰出金が異常に大きくなったように見えても、実際はさほどでないことがはっきりするわけです。12年度国保会計予算案の国保税収入は、11年度当初比で1億 5,000万円ほど増額されております。税率改定によるものだと思いますが、12年度国保税の見直しを行わなければ、この分繰出金をふやさなければなりませんが、歳入のところで述べましたように、市民生活は全体的には大変な状況になっております。このようなとき、しかも、介護保険料が国保税に上乗せされるというときにです。景気の低迷の続く中では、市民生活を守る施策の展開が求められるものと思います。

 第3に、生涯学習まちづくり財団への補助金についても一言触れたいと思います。

 財団職員の採用ということが主な理由で、補助金の額がふえております。専門職の採用だという説明がありましたが、今の財団運営のあり方は、根本的に見直すべきです。社会教育関係部門とまちづくり部門を整理すること、会館の運営そのものは、常勤職員の配置はするにしても、この4月より開館する北図書館のように、非常勤の人たちの採用で運営に当たるべきです。こうして財団補助金の増大をやめるべきです。

 第4に、介護保険施行との関係で、高齢者福祉を中心に大幅な制度改正が行われようとしております。移行期に当たって、予期しないようなことも現場では起こっているようです。市民の声に真摯に耳を傾け、介護保険の至らざるところをカバーしていただきたいというふうに考えます。

 最後に、以上のような主な理由で本予算案に反対をするものですが、だからといって、予算書に書いてあることに全部反対するものではありません。ご承知のように、議案に対する賛否は、個々の具体的なものに対し、1項目1項目ごとにするものではありません。また、条件をつけて賛成するものでもありません。ここには当然ながら評価できるものも相当数含まれているものです。それは、地方自治体そのものの置かれている条件、住民と直接接しているという条件から来るものと理解しております。賛否の基本は、議案が全体として市民生活向上のために調整されているのかどうか、こんなふうに考えております。

 このことを申し述べ、また、住民が主人公の市政実現に全力で当たることを明らかにして、本予算案に反対の討論といたします。

 以上です。



○大山浩司議長 以上で、鹿野泰司議員の討論を終わります。

 次に、同議案につきまして、6番、西俣総志議員より討論の通告を受けております。

 西俣総志議員の発言を許します。

 6番。

   〔6番 西俣総志議員 登壇〕



◆6番(西俣総志議員) 議長の指名がございましたので、議案第9号 平成12年度八潮市一般会計予算について、賛成の立場から討論いたします。

 今日の経済環境は、個人消費や設備投資の動きはまだ弱いものの、全体として景気は緩やかな回復基調に向いつつあると言われております。しかしながら、まだ本格的な景気回復には至っておらず、税収の伸び悩みなど、地方財政を取り巻く環境は大変に厳しい状況が続いております。

 本市においても、歳入の大層を占める市税に多くを期待することができず、一方、歳出では、少子高齢化社会への速やかな対応、常磐新線建設をはじめとする都市基盤の整備など、本市が直面している課題は非常に多岐にわたっております。

 このような状況の中で、歳入においては、市税等徴収事務指導員を配置するなど、市税の徴収体制の強化を図るなど、自主財源の確保に真剣に取り組んでいる姿勢がうかがわれます。

 また、地方交付税や地方特例交付金等についても、地方財政計画等の動向などを参考にしながら的確な数値を見込んでいるだけではなく、市債にあっては、地方財政計画の水準以下に抑えるなど、後年度負担を考慮していることは評価できるものであります。

 歳出については、限られた財源の中にあって、常磐新線関係経費、土地区画整理事業特別会計、公共下水道事業特別会計への繰出金の増額、道路、水路関係経費の確保等に見られるように、都市基盤整備への積極的な取り組みがなされているところであります。

 また、福祉関係では、介護保険制度の開始に合わせて、市単独のホームヘルプサービス事業の開始、延長保育の充実、チャイルドシートの貸与事業など、少子高齢化社会に対応するさまざまな福祉の施策の展開がされているところであります。

 さらに、市内商工業者への支援策として、不況対策融資の充実、商工会事業への財政支援、農家の方々に対する支援事業の充実、さらに、ごみ減量化につながる生ごみ処理機購入に対する補助制度の開始、また、市民のスポーツ振興を図るための公園運動施設整備事業の充実、また、(仮称)鶴ケ曽根体育館建設事業の開始など、市民要望や社会情勢に対応する新たな施策の展開がされているところであります。

 以上のことから、平成12年度の一般会計予算は、厳しい財政状況のもとでありますが、市民サービスの向上に努めている姿勢を評価するとともに、今後この予算の適切な執行と健全な財政運営に期待をいたしまして、ここに賛成の意を表し、討論を終わりにいたします。

 以上です。



○大山浩司議長 以上で、西俣総志議員の討論を終わります。

 ここで10分間の休憩をいたします。



△休憩 午前11時02分



△再開 午前11時17分



○大山浩司議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 討論を続行いたします。

 次に、議案第10号につきまして、7番、吉田準一議員より討論の通告を受けております。

 吉田準一議員の発言を許します。

 7番。

   〔7番 吉田準一議員 登壇〕



◆7番(吉田準一議員) 議長より発言の許可をいただきましたので、議案第10号 平成12年度八潮市国民健康保険特別会計予算について、原案に賛成の立場から討論を行います。

 国民健康保険制度は、地域医療の確保と住民の健康の保持、増進に大きく貢献してきたところであります。しかし、現在、年々増加する医療費と低迷する経済状況のもと、医療費、保険制度そのものが大変深刻な状況にあるのではないかと考えるところであります。

 さらに、平成12年度から施行する介護保険につきましても、第2号被保険者の保険料が上乗せされて徴収されることにより、収納率の低下が心配されているところであります。

 こうした中、現在、国においては、医療・保健制度の全般にわたる抜本改革について検討が行われておりますが、21世紀においても、給付と負担の公平性を確保するとともに、制度の長期的な安定を図っていただきたいと思っております。

 このような状況の中、平成12年度の八潮市国民健康保険特別会計予算は、総額で58億 956万 8,000円と、前年度と比較しまして 4.3%の伸びとなっています。

 まず、歳入予算では、根幹をなす国民健康保険税が28億 1,047万 4,000円と、歳入予算の全体の48.4%を占め、保険税率等の改正も提案されました。本来、国保特別会計は、一般会計と異なり、歳出の見込みに合わせて歳入を確保しなければならず、今回の歳入予算は、一般会計からの繰入金を増額し、さらに、不足する分を税率の改正により賄っておりますことから、本来の独立採算の考え方を基本として市からの財政的支援を受けることで、国保加入者の税負担を考慮しているものと理解するものであります。

 この税率の改正を生かすためにも、平成11年度の途中において実施した収納対策を平成12年度も拡充させることが、今後の国保運営の安定につながるものと考えます。

 次に、歳出では、保険給付費、老人保健拠出金及び介護納付金で、歳出予算全体の96.6%を占めており、前年度と比較すると2億 3,357万 4,000円ほど増加しています。その他、医療費適正化対策として、医療費報酬明細書点検業務委託料に42.9%増の 762万 5,000円を計上し、レセプト点検の充実を図ったことがうかがえますが、さらに適正な医療費の支出を考えると、多受診等の適切な受診指導等を強化することが重要であり、保健事業の推進が不可欠であることから、被保険者の健康の保持増進と一層の健康づくり事業を実施する必要があります。

 このような状況から総合的に判断しますと、歳入では、収納率を低下させない対策、歳出では、医療費抑制の諸施策が必要不可欠であると考えることから、この趣旨を十分踏まえまして、今後の国保運営に期待することといたしまして、平成12年度八潮市国民健康保険特別会計予算が適切な予算編成であることと判断しまして、原案に賛成するものといたします。

 以上です。



○大山浩司議長 以上で、吉田準一議員の討論を終わります。

 次に、同議案につきまして、5番、矢澤江美子議員より討論の通告を受けております。

 矢澤江美子議員の発言を許します。

 5番。

   〔5番 矢澤江美子議員 登壇〕



◆5番(矢澤江美子議員) 議長の指名がございましたので、議案第10号 平成12年度八潮市国民健康保険特別会計予算について、反対の立場で討論いたします。

 今月17日に発表された3月の月例経済報告の中で、堺屋経済企画庁長官は、景気の現状認識について、自立、回復に向けた動きが徐々にあらわれているとの総括判断を示し、1997年4月に景気が後退し始めてから36カ月目にして、ようやく景気底離れの認識を前面に打ち出しました。相次ぐ大型金融破綻、97年から98年の戦後初の2年連続マイナス成長、99年の完全失業率5%台への増加と、戦後最悪と言われた不況に対し、一応の終止符宣言が行われたわけです。

 しかし、この見解に対し、需要面での回復はまだ弱く、景気回復宣言をする段階ではないとする青木官房長官の発言や、3月18日の日経新聞朝刊に掲載された景気底離れ宣言に対する6人のエコノミストの見方を読む限り、まだまだ景気回復宣言は時期尚早の感があります。

 総生産の6割を占める消費は、一部の限定的な分野では動きが出てきていると言われていますが、全体としては、依然として足踏み状況です。特に 500円玉春闘に象徴される所得の伸びの鈍化、企業の構造改革による雇用への不安や将来の医療費、年金負担増などもあって、急速に消費心理が回復することは難しいと思います。

 事実、先日のPTAの集まりでも、卒業式に着る洋服を新調したいけれど、子供の制服や教育費にお金がかかるからとか、毎日のお買い物でも、チラシを見て、目玉商品や特売品だけを買っているとか、そういったことが話題になるぐらい、どこの家庭もぎりぎりの状況で生活している状態です。個人消費の回復は容易ではないと思います。一日も早い本当の意味での景気回復が望まれるところです。

 以上の状況を念頭に置いて、平成12年度八潮市国民健康保険特別会計を見ると、歳入の主要部分を占める国民健康保険税は、一般被保険者収納率83%、退職被保険者収納率97%、全体収納率を84%の見込みで、前年度比1億 4,958万 9,000円増の28億 1,047万 4,000円となっています。これは、今議会に提案された議案第32号 八潮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例、つまり国民健康保険税を全体として 11.61%値上げをするという税率改定を前提とした予算となっています。

 この改定理由として、医療費の増加及び税収の低迷による国保財政の非常事態の解決を図るためとしています。既にご承知のように、もともと健康保険は、任意の保険として、農業者等を対象に1938年から設けられていた制度ですが、1961年から、他の医療保険の適用を受けない人々を対象として、市町村に事業実施が義務づけられたものです。

 国民の約3分の1が加入している国民健康保険は、制度発足以来、医療保険の中核として、地域医療の確保や住民の健康増進に大きく寄与していることは事実です。しかし、この市町村を保険者とする国民健康保険は、加入者の所得状況から見て、もともと財政的に余裕がある制度ではありません。全国的にも、1965年時点で、加入者に占める無職者の割合は 6.4%と、比較的少なかったにもかかわらず、1992年には30%を超え、さらに年々増加の傾向にあります。無職者の多くは、職域保険から退職によって国民健康保険に移ったことによるものですが、さらに、もともとの加入被保険者の高齢化ということも大きな要因です。

 さらに、昨年の11月2日の日経新聞によれば、国民のサラリーマン化に伴い、自営業者らが減り、国保の加入者も高齢者以外は年々減少していたが、雇用情勢の悪化に伴い、失業したサラリーマンが企業の健康保険から国民健康保険に移り、制度発足以来、初めて現役世代の増加に転じたということを掲載しております。この現象は、八潮市でも同様です。

 したがって、保険というのは、もともと社会連帯責任の上に成り立つものですが、国民健康保険では、保険料を払う水準に達していない人が約4分の1ぐらいはいるという事実から、医療費の2分の1、保険税軽減分の2分の1の国庫負担があっても、加入者数の増加、加入者の高齢化に伴う医療費の増加、収納率の低下などで、年々市町村、一般会計からの繰出金が構造的に見てもふえることは否めない状況かと思います。

 次に、改定理由の一つとして挙げているのが医療費の増加ですが、国民健康保険の被保険者の高齢化に伴って、病気の高齢者の数がふえているという要素だけでなく、医療の高度化や薬の使い過ぎ等にも、医療費膨張の原因があると言われています。2000年4月に予定されていた医療保険の抜本改革が、日本医師会の抵抗に遭い、実現できず、2002年まで先送りされたことも、医療費増加に歯どめをかけられない要因になっています。

 こういった状況下、さらに、今年度4月から介護保険制度が実施されます。介護保険料は、40歳から65歳未満の第2号被保険者は、その加入している医療保険に医療保険料と一緒に支払うことになります。企業の社員とその家族が入る健保組合や政府管掌健康保険では、法案が通れば、組合によって7月からは異なる場合もありますが、現段階では、40歳から65歳未満の社員本人だけが分担し、家族の負担はないため、原則として月収が同じなら、被保険者数に関係なく保険料は同じですが、国民健康保険加入者の場合は、40歳から65歳未満の加入者全員に保険料がかかり、世帯主がまとめて家族分を払うことになります。

 重度な要介護者の増大、高齢化時代を反映しての老老介護の増加、介護期間の長期化等、介護がもはや家族だけでは支え切れない状況から、社会全体で支えるという理念の介護保険の導入は当然のことだと思います。

 しかし、新しい制度の導入には、住民に新たな負担が伴うことも事実です。前に述べたように、構造的に国保加入者の経済基盤が低い上に、景気の低迷もあって、年々徴収率が低下しています。さらに、介護保険の導入によって徴収率の一層の低下が予想されています。現に、政府は昨年の暮れ、介護保険を円滑に進めるための特別対策の一つとして、2000年から2年間の限定措置として、保険料の徴収体制の強化費を配り、さらに、収納率が落ちた場合には、減収分の2分の1を補てんすることを打ち出していて、12年度の八潮市国保特別会計予算の中にも科目設定されています。

 ただでさえ、収納率の減少が予想されるこの時期での保険税率の改定は、収納率の低下をますます加速させるだけで、果たしてどれだけの財源確保につながるか、疑問が残ります。しかし一方で、現行の国民健康保険事業は、保険税と国庫負担金の収入で賄うことが原則なので、一般会計の財源不足もある状況から、国保財源の不足を一般会計からの繰出金のなし崩し状態での増加で賄うことは避けなければならないと思います。ですから、いずれは保険税率の改定は避けられないと思います。

 さらに、冒頭で述べた景気回復が仮に本当だとしても、その効果があらわれてくるのは、八潮市においては1年から2年先ではないかと思います。

 また、医療保険の抜本改革は先送りになりましたが、今国会に上程された70歳以上の老人患者負担の見直しや高額医療費の見直しなどの法案が通過すれば、7月からの実施となります。したがって、これらのことを踏まえて、十分調査研究してから改定しても遅くはないと思います。

 以上の理由から、保険税率改定を前提とした平成12年度八潮市国民健康保険特別会計予算に反対します。



○大山浩司議長 以上で、矢澤江美子議員の討論を終わります。

 次に、同議案につきまして、2番、郡司伶子議員より討論の通告を受けております。

 郡司伶子議員の発言を許します。

 2番。

   〔2番 郡司伶子議員 登壇〕



◆2番(郡司伶子議員) 議長の指名がありましたので、議案第10号 平成12年度八潮市国民健康保険特別会計予算について、原案に反対の立場で討論します。

 最初に、この予算は、32号で提案されている税改正後の国保税、つまり税率引き上げに基づいたものであり、そのことを前提として討論をいたします。

 3月1日付国保新聞に、国保中央会は、2月18日、国保基本問題調査会を開き、医療保険の一本化を打ち出した全国市長会、全国町村会との3団体による医療保険改革問題研究会報告書を了承するとともに、今後、中央会が一本化に向けた活動をより積極的に展開していくことを確認した。このため、4月に専門委員会を設置し、一本化をより具体化するための手段など検討を深め、政府が抜本改革時期としている14年度に合わせ、国保サイドの主張を展開することも決めたとの報道がされていました。

 あわせて、財政状況は年々厳しくなり、破綻の可能性も言われているなどの市長の声も紹介されておりましたが、国民健康保険制度をはじめ、医療保険制度全体の見直しが迫られているのが全国の状況であります。

 このような中で、4月から新たに介護保険が始まります。40歳から65歳未満までの2号保険料を国保税と一体徴収することになります。このことにより、収納率の低下が見込まれるため、政府は、介護円滑導入給付金制度を設置して、国保運営の安定化を図る施策を講じるとともに、国保料の引き下げのための国保基金の取り崩しについても、今までは安易な保険税の引き下げに充てないとしていたものを、市町村の判断を尊重するとの指針を示しております。これを受けるように、全国各地で、住民の負担軽減のためのさまざまな対策がとられております。

 さて、本年度の国保会計予算の歳出から見てみたいと思います。

 医療費の大幅な伸びが予測されているとして、保険給付費が前年度比2億 345万 8,000円、5.8%の増、新しく介護給付金が3億 3,407万 7,000円とふえておりますが、老人保健拠出金が、介護保険への移行分があるため、3億 396万 1,000円、約16.2%の減となっております。この数字を見る限りでは、医療費の増は、老人拠出金の減額分で十分賄えると考えられます。さらに、医療制度の改正も考慮すると、医療費の伸びも緩和されるのではないかと思われます。

 10年度は、医療改正による受診控え等で医療費が減少し、それにより、前年度、つまり11年度は、10年度を反映しての予算額ですので、一概に前年度対比で比較することはできません。

 さて、老人分を除く療養諸費を見てみますと、これは成果表によるものですが、平成8年、28億 8,970万、平成9年、29億 8,057万、平成10年、29億 2,527万と、わずかな伸びにとどまっています。

 次に、保健事業費ですが、被保険者の健康の保持増進を図るための重要な事業ということは、毎回指摘していることです。保険税収入の1%を上回る予算を目標にということですが、額が多ければいいということはありませんが、医療費の分析も含め、充実させることが、緊急の課題ではないでしょうか。

 対しまして、歳入の保険税収入です。

 前年度は、当初の収納率の見きわめの甘さもあり、大きな収入減を来しています。3月補正の状況を見ても、6割軽減 172世帯増、4割軽減27世帯増と、市民生活の大変さがうかがえます。

 そのような中で、税率引き上げが示されました。平均引き上げ率11.6%と言われますが、介護保険料が加わります。実質19.3%の引き上げとなります。国保税の改正率を県内43市で見ると、所得割は最高額、均等割は県内4番目、平等割2番目、限度額は最高、こういう税率になります。払いたくても払えないという人たちがますます多くなることが予測されます。

 国保運営協議会への税率改正の諮問に出された資料に、過去の税率改正と収納率の関係を示したものが出されておりました。これによりますと、平成1年から5年までは、限度額42万から平成5年度で50万に引き上げられております。収納率の方は、平成元年 91.42%が、平成5年には87.7%と下がっております。平成6年に、資産割はわずかに引き下げられましたが、均等割、平等割が引き上げられました。収納率が86.9%です。

 続いて、平成7年には、所得割、均等割、平等割も引き上げられました。収納率 86.51%と下がっています。平成8年度、3年連続の改正があったわけですが、所得割 7.8%、均等割1万 5,000円、平等割1万 6,000円、限度額も52万円へと引き上げがありました。収納率85.12%、今現在10年度で収納率が 83.32%と、こういう資料が提出されております。ここで明らかなように、収納率は下がる一方で、歳入の安定確保にはつながっておりません。

 また、ここのところ、資格証明書の導入が表明されております。運用に当たっては、最大限の注意を払うことが必要と思います。そのような状況を最小限に抑える税率等の配慮は、重要なことになると考えます。

 八潮市の特殊事情を考えるならば、市民に負担増を求めるのではなく、歳出の削減、歳入の確保を工夫しなくてはならないと思います。

 4点にわたって提案いたします。

 第1に、税収のシステムの見直しが必要と思います。

 市税と国保税の収納率に大きな差があります。現年分で見てみると、平成8年、市税95.7%、国保税85.1%、平成9年、市税95.7%、国保税84.1%、平成10年、市税95.6%、国保税83.3%、市税は、収納率が一定しております。特に滞納分については、納入された額を案分するなどの見直しが必要ではないでしょうか。将来的には、課税と収税の一本化も検討課題と考えます。

 第2に、医療の適正化です。

 受診を控えさせるということではありません。高額療養費の伸びが大きくなりつつあります。保健事業を充実させ、早期発見、早期治療を図ることです。

 第3に、繰入金の増額です。

 市民の健康と福祉を保持することが、自治体としての最大の役割です。最優先と考えるべきです。

 第4に、国の負担率を45%に戻すこと。

 一般財源化したものをもとに戻すことです。引き続き、積極的な国への働きかけが必要と考えます。

 さて、全国的に、介護保険の導入に当たり、市民の軽減を図る施策が行われている中、八潮市の予算は逆行しております。一般会計予算の討論でも明らかなように、市民の生活は、限界の状況と言わざるを得ません。介護保険施行に合わせ、税率を引き上げるのではなく、新たな制度が市民生活に与える影響にどう対処するかが求められるのではないでしょうか。市長の姿勢が問われるところです。

 以上申し述べまして、反対の討論といたします。



○大山浩司議長 以上で、郡司伶子議員の討論を終わります。

 次に、議案第11号から議案第19号までにつきましては、討論の通告がありません。

 よって、討論を終わります。

 次に、議案第20号につきまして、9番、豊田吉雄議員より討論の通告を受けております。

 豊田吉雄議員の発言を許します。

 9番。

   〔9番 豊田吉雄議員 登壇〕



◆9番(豊田吉雄議員) 9番。

 議長の指名がございましたので、議案第20号 平成12年度八潮市上水道事業会計予算について、賛成の立場で討論をいたします。

 景気の低迷が長引く中で、給水件数はわずかながらふえてはいるものの、水の使用に関しては伸びが見込まれません。給水を支える施設の老朽化も進み、改修等の経費も大きな比重を占めてくる状況の中で、支出をできる限り工夫しての予算編成は、評価すべきものと思います。

 第1に、給水量に合わせ、県水の受水を抑えたことです。受水費は、収益的支出の中でおきながら、割合を占めます。私たちもずっと指摘していたことで、今回の予算に反映されたことは、より健全な運営に近づけたことと思います。

 第2に、前年度に引き続き、中之島の水管渠工事費を計上しないことです。足立区との給水協定の延長を伴い、より現実予算となったことであります。

 第3に、債務負担行為の委託契約ですが、財源の有効利用ということで、早期の契約に努め、差額を有効に活用しているということです。

 しかしながら、南部配水施設の建設は時期尚早であり、そのための財政の負担は多大であり、いまだ稼働率10%という状況は、建設判断の誤りを認めざるを得ないと思います。高い利子の企業債の借りかえや繰上償還を無条件で認めるよう、引き続き、政府関係機関へ働きかけることが必要と思います。

 また、今後、南部地域の事業や老朽施設の改修事業が見込まれます。事業の適正な時期の見きわめが重要であります。

 水道事業は、現在では、すべての市町村に行き渡り、一部の地域住民だけの特別な事業ではなくなっております。水道事業だけが初めから終わりまで、住民の直接負担で行われることについては、今後研究していかなくてはならない課題と考えます。

 収入では、直接住民が支払う分担金、負担金は、すべて経常収入とし、水道事業の状況を明確にすることが求められます。一日も欠かすことのできない水道、市民の負担を最小限に抑え、健全な事業運営を期待し、賛成討論といたします。



○大山浩司議長 以上で、豊田吉雄議員の討論を終わります。

 次に、同議案につきまして、12番、宇田川武雄議員より討論の通告を受けております。

 宇田川武雄議員の発言を許します。

 12番。

   〔12番 宇田川武雄議員 登壇〕



◆12番(宇田川武雄議員) 議長のお許しがありましたので、議案第20号 平成12年度八潮市上水道事業会計予算について、賛成の立場から討論をいたします。

 平成12年度は、21世紀を目前に、八潮市も大きく変化しようとしています。今や当たり前の感がある水道も、画一的に整備された時代から、自己責任の原則で自立する時代に変化していくと聞いております。

 現在、水道の普及率はほぼ 100%に達し、生活文化の向上に対応していくため、平成8年度の水道法改正で給水装置の使用規制の合理化が行われました。また、水道事業の施設は、建設から更新の時代となりました。これからは、水道事業者も、利用者である市民も、それぞれが責任を果たすことが求められています。水道事業が公営企業として存続できるか、市民としても事業経営に注視していくべきと考えます。

 平成12年度上水道事業会計予算を見積もり基礎より見てみますと、まず、収益的収入である事業収益は、前年度と比較して 3,517万 8,000円、 1.9%増加しましたが、収入の大部分である営業収益の給水収益に関しては、前年度と同額で、収入の増加は、営業外収益の受託工事収益によるものです。平成11年度の給水収益、有収水量の実績を聞くと、ほぼ予算どおりのことで、公営企業では、収益を無理に増加させることもできず、最近の景気低迷からの見込みは正しいものと思われます。

 次に、収益的支出である事業費は、前年度と比較して 3,335万 9,000円、 1.8%増加しております。内訳を見てみますと、営業費用はほぼ同額で、漏水調査や給水管取り出しがえ工事の費用こそふえましたが、総体的に修繕費も減らし、一般経費は一律5%減らしたとのことです。減価償却費等の増加は必然的なもので、むしろ前年度より厳しい内容です。営業外費用は 2,746万 5,000円ふえましたが、支払い利子が減って、受託工事費がふえたものです。損失を生じないよう、経常経費の節減に努力したものと推察しますが、古い施設を維持管理し、安定した給水を行っていく姿勢が感じられます。

 次の資本的収入につきましては、新たな企業債は予定せず、分担金と工事請負金が前年度と比較してふえております。借り入れせず、画一な収入を見込んだということで、保身財源等の状況から無理はないものと思います。

 基本的支出につきましては、 3,221万 4,000円ふえておりますが、企業債償還金がほとんどで、全体的に見ると、建設投資は減っています。配水管改良工事費等がふえ、配水管増設工事費は減っていますが、漏水配水管等、必要な箇所の更新の工事とおくらせることのできない箇所の新設工事に限定して計画したとのことです。利益が見込めない中、増補改良工事を抑えたわけであり、財政状況が苦しい状況で努力したことが推察されます。

 今年度水道事業では、西暦2000年問題も、職員の方が事前のチェックと準備をされ、無事に終了いたしました。平成12年度においても、独立採算の原則のもと、料金を値上げせずに事業の維持運営に取り組まれています。

 私は、八潮市上水道事業会計予算を、安定給水と建設投資のバランスを工夫した適正な予算と評価し、今後とも企業としての努力を期待して、賛成の討論を行うものです。



○大山浩司議長 以上で、宇田川武雄議員の討論を終わります。

 次に、議案第21号につきましては、討論の通告がありません。

 よって、討論を終わります。

 討論の途中でありますが、昼食のため、1時まで休憩いたします。



△休憩 午前11時57分



△再開 午後1時02分



○大山浩司議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 討論を続行いたします。

 次に、議案第22号につきまして、1番、中村和代議員より討論の通告を受けております。

 中村和代議員の発言を許します。

 1番。

   〔1番 中村和代議員 登壇〕



◆1番(中村和代議員) 議長の指名がありましたので、議案第22号 八潮市介護保険条例について、反対の立場で討論いたします。

 1997年の介護保険法の成立に当たって、国会では、私ども日本共産党は、過酷な保険料、利用料の負担や、介護サービス基盤整備のおくれなどから、このまま発足すれば保険あって給付なしとなることから反対しました。

 その後、特に1999年11月30日には、介護サービス基盤の整備、低所得者対策で緊急の改善を発表し、最小限必要な介護サービスの基盤整備、国の負担を2分の1に引き上げ、高齢者、低所得者の保険料、利用料の大幅な減免を図ることなど、制度発足前に国にとしてやるべきことを提案してきました。しかし、国は、極めて不十分な対策を講じたにすぎません。

 今、介護保険条例の制定に当たっては、厚生省は、介護保険条例案、いわゆる準則を示しています。

 この準則は、1、市町村が行う介護保険、2、介護認定審査会、3、保険給付、4、保険福祉事業、5、保険料、6、罰則という構成で、介護保険法と厚生省令を市町村条例として具体化したものです。そのために、保険料や利用料の減免措置なども、法令の範囲内の例外措置に限定され、必要な水準の基盤整備の努力義務などの規定や介護福祉オンブズマン制度など、住民の苦情処理、声を反映する仕組みなどもなく、制度発足に必要な骨格的なものにすぎません。

 条例では、第1条では目的、第2条で理念を規定することが一般的ですが、残念ながら、八潮市の介護保険条例の中には、市としての理念が記されていません。また、条例のほとんどが保険料の徴収に関するものです。介護保険条例は、八潮市のケアシステムをどうつくるのかの基本的な立場と方向を打ち出す重要な条例です。これまでの家族介護中心から社会的介護に移行することの意義と、事業主体の責任を明らかにし、だれもが安心して老後を迎えられる八潮市をつくるための重要な柱であることを明確にする必要があります。

 また、介護保険の事業主体は市町村であり、介護保険条例は、自治体ごとに決めるものです。保険料、利用料の減免制度は、特に保険者としての独自の施策を発揮できる部分です。八潮市民の所得水準は、県下でも残念ながら低い水準となっていること、また、個人、法人市民税の大幅な減額等が理由とされ、地方交付税の増額を見込むという予算状況からも、市民生活の厳しさはご承知のとおりです。これらの実態を深く認識すれば、低所得者対策について何らかの施策を実施すべきではないでしょうか。

 今、多くの市町村で独自のさまざまな低所得者対策が講じられています。少なくとも、介護が必要な人が保険料、利用料を払うことが重荷となり、サービスが受けられないということが起こらないためにも、介護保険の保険者として、より住民の立場に立った積極的な姿勢が求められます。

 以上の理由を申し述べて、本議案に対する反対討論といたします。



○大山浩司議長 以上で、中村和代議員の討論を終わります。

 次に、同議案につきまして、26番、渋谷敏男議員より討論の通告を受けております。

 渋谷敏男議員の発言を許します。

 26番。

   〔26番 渋谷敏男議員 登壇〕



◆26番(渋谷敏男議員) 議長さんの許可がございましたので、議案第22号 八潮市介護保険条例について、賛成の立場から討論を行います。

 私ごとでございますが、要介護5と八潮市より認定され、介護保険の施設サービスを受ける者を抱える一人でございます。施設側の説明を受け、この重要性を感じ、いつもどうしたらいいかということを考えております。

 その中で、去る19日、趣旨を理解し、その施設と入所利用契約申し込みをしたところでございます。

 介護保険制度は、ご案内のとおり、新たな保険制度として、平成9年12月に介護保険法が成立して以来、2年余りの準備期間を経て、この4月から開始されることになっております。

 介護保険制度では、市は保険者として、被保険者の資格管理や保険料の徴収を行うとともに、保険料収入や国からの負担金等を財源に、保険財政の適正な運営を図りながら、所要の保険給付を行うことになっております。また、保険者となる市に対しては、保険財政の安定、要介護認定等の円滑な実施を図るため、国、県、医療保険者、年金保険者による重層的な措置が講ぜられておりますので、まずは制度の安定が期待されるところであります。

 さて、八潮市介護保険条例は、介護保険法等の法令に定めがあるもののほか、八潮市介護保険事業計画等を踏まえ、保険料率や普通徴収に係る納期等、市が行う介護保険について必要な事項が規定されております。中でも、介護保険の根幹となる保険料については、低所得者に配慮した5段階による保険料率が設定されておりますが、平成12年度、13年度については、国の介護保険法の円滑な実施のための特別対策を受けて、保険料を軽減する特例規定が盛り込まれていることは、制度の円滑な導入に向けて配慮がされております。

 また、条例第11条においては、市議会の意見聴取ということで、介護保険事業計画の見直しや計画の進行管理等について、附属機関である八潮市高齢者保健福祉推進審議会の意見を聞く規定が盛り込まれており、本市の市民が主役のまちづくり、市民参加の推進の視点からも評価できるものであります。

 よって、本市の介護保険事業の適正かつ円滑な運営ができるものと考え、議案第22号 八潮市介護保険条例について、賛成の意を表し、討論といたします。よろしくお願いします。



○大山浩司議長 以上で、渋谷敏男議員の討論を終わります。

 次に、同議案につきまして、5番、矢澤江美子議員より討論の通告を受けております。

 矢澤江美子議員の発言を許します。

 5番。

   〔5番 矢澤江美子議員 登壇〕



◆5番(矢澤江美子議員) 議長の指名がございましたので、議案第22号 八潮市介護保険条例について、反対の立場で討論いたします。

 介護保険は、樋口恵子さん流に言えば、転びながら、しかも、けとばしながら前進している状況ですが、制度そのものは、何とか4月1日から予定どおり施行されます。

 3月20日の朝日新聞の社説では、不安や疑問は幾つもわいてくる。4月以降も、関係者の不なれなどによって予期せぬ混乱が起こらないとも限らない。こんなことなら介護保険などない方がよかったと思う人も出てこよう。だが、この制度をつくらざるを得なかった歴史的な経緯と、この社会に与えると見られるプラスの影響を考えると、ここは大事に育てていくべきだと結び、介護保険がもたらす3つの効果を挙げています。

 第1は、介護保険は、社会保障改革の糸口になる。つまり在宅サービスの充実によって社会的入院を減らし、医療費の際限ない膨張に歯どめをかけられる。老後の不安が解消すれば年金への依存度が低下し、給付と負担の両面を見直す余地が広がること。

 第2は、介護保険は、地方分権の先導役としての役割がある。実施主体である市町村の裁量の幅が広く、住民の意向が反映しやすいようにつくられている。サービスの利用限度額を超えた分を一般会計で補てんする町や介護保険のメニューにない独特のサービスを提供する村、介護の質を上げるために工夫を凝らす市など、自治体ごとの個性が目立ち始めている。そのような競争は大いに結構だとして、その結果として、第3に、住民が自分の住む自治体とほかの自治体の姿勢を比べ、首長や議員の選挙への関心を高めることが考えられる。投票によって身近な政治を変えられるとなれば、国政選挙へのかかわり方も変わっていくのではないかと記しています。

 既にご承知のように、介護保険法第3条第1項で、保険者は市町村とされています。保険者の取り組みが、サービスの量や質、保険料にまで影響を与えることになります。また、4月1日からは地方分権一括法が施行され、保険者である市町村の条例を制定できる範囲が広がります。今後は、条例をどう使うかが、介護保険の運営にとっても大きなポイントになってくるわけです。

 さて、そうしたことを踏まえて、今回提出された八潮市介護保険条例を見ますと、第11条の事業計画の作成または変更に際しては、あらかじめ八潮市高齢者保健福祉推進審議会の意見を聞かねばならぬの条文を除いて、昨年5月、厚生省が出した準則そのものです。さきの全員協議会や民生経済常任委員会での答弁でも、理念は、介護保険法の中に包括的に記載されているとし、保険者が市町村である以上、市の責務はあえて条例の中に入れなくても当然のこととしています。

 しかし、ならば既に介護保険法 117条第5項には、事業計画作成や変更に際しては、被保険者の意見を反映させるための措置の必要性は規定されていること、そして、それに沿って、被保険者代表公募委員2名が加わった八潮市高齢者保健福祉推進審議会が設置された経緯を考えれば、八潮市の条例11条にあえて規定した理由は何かということになります。

 何度も繰り返して言いますが、介護保険法の施行は、介護システムを、自立支援を基本に、共同連帯の理念のもとに、家族介護から社会介護へ、また、利用者のサービス選択の自由を保障するために、措置から契約へと大きく転換させる制度です。制度そのものはそうであっても、具体的にどう進めていくかが、保険者である市町村の裁量にゆだねられているとすれば、自分たちのまちの様子がどう変わっていくのか、本当にやってくれるのか等を知りたい住民に対して、説明することが保険者の責務ではないでしょうか。

 まして、たび重なる見直し等で、スタート前から不安や疑問が山積し、なお、利用者の多くが高齢者や障害者などのいわゆる弱者であることを考えれば、条例の中に市の介護保険に対する理念、保険者の責務、事業者の責務、市民の責務、苦情解決のための制度等を規定すべきことは当然ではないかと思います。

 それらのことを条例にきちんと規定することによって、保険者である市も、広く市民に市の姿勢を明確に知ってもらうことができ、また、利用者である市民にも安心材料となり、八潮市に参入してくる事業者にとっても一種のハードルとなるわけです。まして、住民にとっては費用負担を伴うわけです。単なる保険料徴収の規定だけの条例でなく、今後、問題となる収納率との関係からも、市がどれだけやってくれるのかや責任等を明らかにすべきではなかったかと思います。

 介護保険実施に当たって、今後保険者と市民との信頼関係が基礎となります。その信頼関係を築く第一歩となるような条例をなぜつくらなかったのか、残念でたまりません。当初藤波市長は、住民サイドの福祉を進める福祉自治体ユニットに入った理由として、勉強させてもらうつもりでと議会でも答弁しています。どのような勉強の結果からこの条例が出てきたのか、市民の一人として大変疑問があります。

 以上の理由から、議案第22号 八潮市介護保険条例に反対いたします。

 最後に、先日行われた秋田県鷹巣町の住民参加による新しい福祉のまちづくりの様子を描いた「続・住民が選択した町の福祉 問題はこれからです」の上映会の際のアンケート中に、「藤波市長さんや議員さんたちは、この映画を見ていらっしゃるのでしょうか」とあったことをお伝えして、終わりにいたします。



○大山浩司議長 以上で、矢澤江美子議員の討論を終わります。

 次に、議案第23号から議案第31号までにつきましては、討論の通告がありません。

 よって、討論を終わります。

 次に、議案第32号につきまして、25番、初山繁雄議員より討論の通告を受けております。

 初山繁雄議員の発言を許します。

 25番。

   〔25番 初山繁雄議員 登壇〕



◆25番(初山繁雄議員) 議長の指示がございましたので、議案第32号 八潮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、原案に賛成の立場から討論をさせていただきます。

 さて、国民健康保険は、今さら私が言うまでもなく、創設以来50年余りにわたり、我が国の地域医療保険の中心的役割を果たし、市民の医療の確保と健康の保持増進を図る上で大きく貢献をしてきたことは、ご案内のとおりでございます。

 しかしながら、国民健康保険の場合は、先ほどの議案第10号の反対討論でも言われておりましたように、他の医療保険と異なり、老人世帯や低所得者世帯を多く抱えているため、財政基盤は極めて脆弱であり、また、保険者の財政的な格差も生じているのが現実であると思われます。

 他市町村に比べ、比較的若い本市においても、急激な高齢化の進行や疾病構造の変化に伴う医療技術の進歩などにより医療費が伸びているところであり、また、長引く景気の低迷により所得の減少など、国民健康保険を取り巻く環境は非常に厳しいものがあろうかと存じます。

 そこで、財源の根幹であります本市の国民健康保険の税率を見てみますと、平成8年度分の見直し以来、3年間税率を据え置いていましたが、増大する医療費の支払いに対処するためには、自主財源を確保する必要があると考えます。

 また、当市のように、応能割に偏っているかかわり合いを見直し、税の平準化に向けた改正を実施することで給付と負担のバランスを図り、負担の公平化を進めることも必要であると考えるものであります。

 今回の改正は、応能割、応益割の負担割合を見直し、資産割については、資産を所有していても所得のない人々への配慮もされております。また、応益割については、国民健康保険加入世帯の被保険者がすべて応分の負担をすることとなっておりますので、応益割の引き上げは、低所得者の方にとりましては若干の負担増となりますが、所得額によっては、応益割の軽減措置の6割、4割がとられていますので、納得いただけるのではないかと思うのであります。

 介護保険の導入と重なり、負担がさらに重くなるとの意見もありますが、国民健康保険と介護保険は別の施策であり、我が国も少子高齢社会の到来を迎え、これからは欧米並みの高福祉高負担の時代に入っていくものと推察されるわけでございます。

 しかし、税率の改正により収納率の低下を招かないための収納対策等を推進することで、例えば、小田原市では、本定例会に、悪質と見られる介護者は広報紙に名前を公表するという条例を提案されているようでございますが、今後当市もいろいろな収納対策を研究しながら、国民健康保険の円滑な財政運営を図り、この制度を堅持することこそが、国保加入者の方々が安心して医療給付等が受けられることを確信し、本条例について原案に賛成の意を表し、討論といたします。



○大山浩司議長 以上で、初山繁雄議員の討論を終わります。

 次に、議案第33号及び議案第34号について、討論の通告はありません。

 よって、討論を終わります。

 次に、議案第35号につきまして、2番、郡司伶子議員より討論の通告を受けております。

 郡司伶子議員の発言を許します。

 2番。

   〔2番 郡司伶子議員 登壇〕



◆2番(郡司伶子議員) 議長の指名がありましたので、議案第35号 八潮市高齢者福祉施設やしお苑条例の一部を改正する条例について、反対の立場で討論します。

 まず第1に、現在のままの形ではいけないのかということです。

 利用料金制度を改正するに当たっての市民、利用者のメリットとして、1つ、多様な利用者ニーズに迅速かつ柔軟に対応できる。2つ目として、施設運営法人は、利用者の選択にこたえるため、サービスの質、量の向上に努めることになり、利用者は、良質なサービスを享受できる。3つ目として、責任の所在が明確となると3点を挙げておりましたが、現在の運営方式で既に実施されていることではないでしょうか。

 やしお苑の運営を委託されている社会福祉法人名栗園が、常にサービスの質、量の向上、入所者、利用者の対応を迅速、柔軟に行っていないとすれば、問題があります。そういう法人に料金制度を導入して、このままやしお苑の運営を任せるということは、市民にとって大きなマイナスではないでしょうか。

 さらに、市のメリットとして、事務処理の効率化、簡素化、人件費の抑制、将来的財政負担の軽減など、5点ほど言われております。市が指定業者になると、契約、料金徴収事務を行うための職員の増員が必要になり、人件費がかさむ。だから、名栗園に任せるということです。しかし、このことは、介護保険制度の趣旨に合致することでしょうか。市が指定業者となり、市民の介護サービスに責任を持つことは、当然のことではないでしょうか。

 第2に、市の施設を使って名栗園が事業を行うということです。しかも、無償だということです。

 やしお苑は、18億 4,984万円の大きな財源を投入した八潮市にとって、福祉の中心との役割を持った施設です。やしお苑開所の年は、八潮市の福祉元年と市長も位置づけ、大きな期待が寄せられました。財源のうち、9億 5,810万円は市債です。借金です。これから長い期間支払いをしていくわけです。こういうことを考えると、今回の方策でよいのだろうかと疑問に思わざるを得ません。

 介護保険が始まることは、やしお苑を建設するときからわかっていたことです。社会福祉法人とはいえ、採算が合わなくては事業は成立しません。要介護の低い人でも受け入れられるのか、営利が優先されるのではないか、不安は大きく広がります。

 事務の効率化、人件費の抑制のためにとの理由によるものですが、公設での福祉施設の設置は、市民にとって、待ちに待ったただ一つの大きな財産でした。この財産を、市は市民の利益のため、福祉の向上のために力を尽くすことこそが求められるのではないでしょうか。市の責任の放棄は許されないことだと考えます。

 以上のことから、やしお苑の条例の改正に反対いたします。



○大山浩司議長 以上で、郡司伶子議員の討論を終わります。

 次に、同議案につきまして、24番、豊田常雄議員より討論の通告を受けております。

 豊田常雄議員の発言を許します。

 24番。

   〔24番 豊田常雄議員 登壇〕



◆24番(豊田常雄議員) 議長の指名がありましたので、議案第35号 八潮市高齢者福祉施設やしお苑条例の一部を改正する条例について、賛成の立場から討論をいたします。

 さて、本市の高齢者福祉施設やしお苑は、特別養護老人ホームを中心に、短期入所サービスや通所介護、介護者等の相談業務を行う在宅介護支援センター機能を兼ね備えた施設として運用されているものであります。

 このやしお苑の大きな特徴としては、公設民営方式を基本としているところであります。平成10年4月の施設開所以来、順調に運営されてきたものと評価しておるところであります。しかし、介護保険制度のもとでは、措置から契約へと移行するため、通所介護、短期入所サービスについては、指定居宅サービス事業者として、また、特別養護老人ホームは、介護施設開設事業者の指定を受けなければサービスを提供することができないこととなっております。

 そこで、現行の公設民営の施設運営形態を変えずに、より効果的かつ効率的な施設運営を確保することが大変重要であると考えております。そのため、市が指定業者となるよりは、むしろ社会福祉法人が指定業者となることで、民間の創意工夫による機動性と弾力性に富んだ市民本位の良質なサービスを提供できると考えられるところであります。

 市としては、現在の財政状況や後年度負担等も十分に考慮した上で、地方自治法第 244条の2の第4項に基づいた利用料方式を導入するとのことでありますが、県内においては初めての試みであり、ほかからも注目されているところであります。

 したがいまして、今後より円滑な施設運営に向け、さらに地域に開かれた施設サービスや在宅サービスが確保できるよう、これまで以上に市と受託法人とが緊密な連携を図りながら、適正な施設の管理運営に努められるよう希望し、やしお苑条例の一部を改正する条例についての賛成討論といたします。



○大山浩司議長 以上で、豊田常雄議員の討論を終わります。

 次に、同議案につきまして、5番、矢澤江美子議員より討論の通告を受けております。

 矢澤江美子議員の発言を許します。

 5番。

   〔5番 矢澤江美子議員 登壇〕



◆5番(矢澤江美子議員) 議長の指名がございましたので、議案第35号 八潮市高齢者福祉施設やしお苑条例の一部を改正する条例について、反対の立場で討論します。

 八潮市高齢者福祉施設やしお苑は、いわゆるゴールドプランと言われる八潮市高齢者保健福祉計画に位置づけられた施設として、平成10年4月にオープンしました。藤波市長は、この年を福祉元年とし、これを機に八潮市の福祉政策を進めていく決意を市民に示しています。

 当初、このやしお苑の運営をめぐっては、民間の法人に委託するのではなく、市が責任を持って運営すべきとの意見もありましたが、市にはノウハウがないこと、民間活力が費用の面からも安く上がるとのことで、名栗園への委託が決まったわけです。

 2000年4月から始まる介護保険法が成立したのが平成9年12月ですから、近い将来介護保険が始まることは、既に関係者の間では認識されていたと思います。

 今回出された案は、介護保険導入に伴い、施設の使用料を管理受託者、名栗園の収入とするため、利用料金制度を導入するために条例の一部を改正するというものです。

 ところで、今回の改正理由の一つとして、将来的な財政負担を挙げていますが、平成11年度当初予算では、特別養護老人ホーム管理委託料2億 6,112万 2,000円、デイサービス事業委託料 2,993万 9,000円、在宅介護支援センター運営委託料 1,185万 3,000円の合計3億291万 4,000円をやしお苑に支払っています。

 今回出された条例が通り、利用料が直接やしお苑に入ることになりますが、その金額はどのくらいかというと、まず入居者の要介護度が平均して3として、先日出された介護報酬に従って計算しますと、 885単位掛ける80床掛ける30日掛ける12カ月ということで、1単位は10円ですから、2億 5,488万円となります。さらに、デイサービスは、1日15人の受け入れとして、要介護度1、2で計算すると、 473単位掛ける15人掛ける25日掛ける12カ月で2,128万 5,000円。しかし、やしお苑はD型なので、要介護度が3、4の方も利用できます。ショートステイに関しては、 885単位掛ける12床掛ける25日掛ける12カ月ということで、3,186万円。合計3事業だけで3億 802万 5,000円になります。

 さらに、ケアプラン作成調査委託料、在宅支援センター委託料、平成12年度予算措置されているのは 446万 4,000円です。これを含めると3億 2,000万円を下ることはないと思います。しかも、これは介護度3で計算しているので、実際の入居者はもっと要介護度が高い人も大勢いますので、実質収入はもっと多くなると思います。

 したがって、財政負担の増というのは、今後3年ごとの介護報酬の見直しもあって、当てはまらないのではないかと思います。

 さて、一方、やしお苑建設に当たっては、平成8、9年で合計18億 4,984万 3,000円の費用がかかっています。その内訳のうち、国・県の負担金を除いた残り、計10億 7,668万8,000円は、市債と八潮市の一般会計からの持ち出し、すべて市民の税金です。確かに地方自治法第 244条の2第5項によって、今回の条例改正は認められることになりますが、10億円を超える市民の税金で建てた施設を半永久的に無償で貸与することは、市民感情としていかがなものかと思います。

 さらに、この条文が既に平成3年4月に改正されていたことを考えると、将来こうなることは、施設開所当初から予想されていたのではと疑問に思います。執行部が議会に出した資料の中に、今回の利用方式導入に伴うメリット、デメリットが挙げられていますが、そのうち、デメリットの2番目に挙げられた入所者の選別が行われないかという点が大変気になります。つまり介護度によって報酬単価が異なることから、選別されるということです。

 実際に新聞報道でも、一部施設によっては既に選別が始まっていると聞いています。介護保険では、原則的には、サービス利用者が自由に選べる制度ですが、それは選べるサービスがたくさん整っている場合です。サービス基盤が整っていない場合には、逆に利用者の方が事業者に選ばれてしまうという落とし穴があります。八潮市には、老人保健施設もないし、特別養護老人ホームはやしお苑1つだけです。また、介護保険制度では、八潮市の住民は、八潮市内だけでなく、他市の施設も利用できますが、その逆に他市の住民も八潮市の施設を自由に使えるわけです。市民の税金で建てた施設です。市が指定事業者になって、八潮市民を優先的に入居できるよう、今までどおり運営をやしお苑に委託すべきではないでしょうか。

 介護保険導入に当たって、八潮市民が安心してサービスを利用できるためには、不安材料は最小限に抑えておくことが保険者の役割であり、責務だと思います。

 以上の理由から、議案第35号に反対いたします。



○大山浩司議長 以上で、矢澤江美子議員の討論を終わります。

 次に、議案第36号から議案第43号までにつきましては、討論の通告がありません。

 よって、討論を終わります。

 以上で、日程第3を終了いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案に対する採決



○大山浩司議長 日程第4、議案に対する採決であります。

 議案第1号 平成11年度八潮市一般会計補正予算(第7号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立多数であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第2号 平成11年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第3号 平成11年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第4号 平成11年度鶴ケ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第5号 平成11年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第6号 平成11年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第7号 平成11年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第8号 平成11年度八潮市上水道事業会計補正予算(第4号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第9号 平成12年度八潮市一般会計予算、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立多数であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第10号 平成12年度八潮市国民健康保険特別会計予算、本議案につきまして、委員長報告は否決でありますが、原案について採決いたします。

 本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立多数であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第11号 平成12年度八潮市公共下水道事業特別会計予算、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第12号 平成12年度八潮市老人保健特別会計予算、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立多数であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第13号 平成12年度稲荷伊草第一土地区画整理事業特別会計予算、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第14号 平成12年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計予算、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第15号 平成12年度鶴ケ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計予算、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第16号 平成12年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計予算、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第17号 平成12年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計予算、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第18号 平成12年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計予算、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第19号 平成12年度八潮市介護保険特別会計予算、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立多数であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第20号 平成12年度八潮市上水道事業会計予算、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第21号 八潮市手数料条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第22号 八潮市介護保険条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立多数であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第23号 八潮市介護保険円滑導入基金条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第24号 八潮市介護給付費準備基金条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第25号 八潮市地区計画区域内における建築物等の制限に関する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第26号 八潮市公文書公開条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第27号 八潮市個人情報保護条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第28号 八潮市行政手続条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第29号 八潮市附属機関設置条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第30号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第31号 八潮市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第32号 八潮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告は否決でありますので、原案について採決いたします。

 本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立多数であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第33号 八潮市青少年問題協議会条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第34号 八潮市ホームヘルプサービス手数料条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立多数であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第35号 八潮市高齢者福祉施設やしお苑条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立多数であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第36号 八潮市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第37号 八潮市国民健康保険条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立多数であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第38号 八潮市環境審議会条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第39号 八潮市防災会議条例等の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第40号 八潮市都市計画審議会条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第41号 八潮市火災予防条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第42号 八潮市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例等の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第43号 市道路線の認定について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 以上で、日程第4を終了いたしました。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後2時05分



△再開 午後2時14分



○大山浩司議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○大山浩司議長 お諮りいたします。

 ただいま議員提出議案、議第1号議案 八潮市議会委員会条例の一部を改正する条例、議第2号議案 八潮市議会会議規則の一部を改正する規則、議第3号議案 アレルギー性疾患対策の充実を求める意見書、以上3議案が追加提出されました。

 この際、これを日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○大山浩司議長 ご異議なしと認めます。

 よって、議第1号議案から議第3号議案を日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第1号議案〜議第3号議案の上程及び提案理由の説明



○大山浩司議長 議案の上程及び提案理由の説明であります。

 議第1号議案から議第3号議案の上程をいたします。

 議第1号議案及び議第2号議案につきまして、提出者より提案理由の説明を求めます。

 22番。

   〔22番 島根秀行議員 登壇〕



◆22番(島根秀行議員) 議長さんのご指名をいただきましたので、議員提出議案の朗読をもちまして説明とさせていただきます。

 議第1号議案

   八潮市議会委員会条例の一部を改正する条例

 上記の議案を別紙のとおり、地方自治法第 112条及び会議規則第14条の規定により提出します。

 平成12年3月21日

                     提出者 八潮市議会議員 島根秀行

                     賛成者 八潮市議会議員 宇田川武雄

                     賛成者 八潮市議会議員 広沢 昇

                     賛成者 八潮市議会議員 中村和代

                     賛成者 八潮市議会議員 矢澤江美子

 八潮市議会議長 大山浩司様

   八潮市議会委員会条例の一部を改正する条例

 八潮市議会委員会条例(昭和48年条例第1号)の一部を次のように改正する。

 第20条中「法令又は条例」を「法律」に改める。

   附則

 この条例は、平成12年4月1日から施行する。

   提案理由

 地方分権推進一括法の制定に伴い条文を整理するため、この案を提出するものである。

 以上でございます。

 次に、

 議第2号議案

   八潮市議会会議規則の一部を改正する規則

 上記の議案を別紙のとおり、地方自治法第 112条及び会議規則第14条の規定により提出します。

 平成12年3月21日

                     提出者 八潮市議会議員 島根秀行

                     賛成者 八潮市議会議員 荻野清晴

                     賛成者 八潮市議会議員 広沢 昇

                     賛成者 八潮市議会議員 郡司伶子

                     賛成者 八潮市議会議員 矢澤江美子

 八潮市議会議長 大山浩司様

   八潮市議会会議規則の一部を改正する規則

 八潮市議会会議規則(昭和48年議会規則第1号)の一部を次のように改正する。

 第14条中「4人」を「3人」に改める。

   附則

 この規則は、平成12年4月1日から施行する。

   提案理由

 地方分権推進一括法の制定に伴い、この案を提出するものである。

 以上であります。



○大山浩司議長 次に、議第3号議案につきまして、提出者より提案理由の説明を求めます。

 18番。

   〔18番 原 康之議員 登壇〕



◆18番(原康之議員) 議長の指名がございましたので、議第3号議案について、朗読をもって趣旨説明にかえさせていただきます。

 議第3号議案

   アレルギー性疾患対策の充実を求める意見書

 上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。

 平成12年3月21日

                     提出者 八潮市議会議員 原 康之

                     賛成者 八潮市議会議員 初山繁雄

                     賛成者 八潮市議会議員 渋谷敏男

                     賛成者 八潮市議会議員 鹿野泰司

                     賛成者 八潮市議会議員 矢澤江美子

 八潮市議会議長 大山浩司様

   アレルギー性疾患対策の充実を求める意見書

 アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性結膜炎、花粉症などアレルギー性疾患患者は増加の一途をたどっている。その数は平成7年の厚生省の調査によると乳児の29%、幼児の39%、小児の35%、成人の21%に上る。

 その要因としては、大気汚染や近年における食生活の変化、多用される化学物質、ダニ・カビ等の増加、ストレスの増加など、さまざまなものが関与していると考えられている。

 一方、病気に対する正確な情報の不足もあり、時には患者が不適切な扱いを受けることもある。

 こうした状況を打開するため、アレルギー発生の仕組みの解明と効果的な治療法の確立が急務となっている。

 よって、八潮市議会は政府に対し、総合的なアレルギー性疾患対策の推進を図るため、下記の事項について速やかに対策をとられるように求めるものである。

   記

1 乳幼児検診にアレルギー検診を追加すること。

2 アレルギー性疾患の病態・原因の解明、治療法の開発推進のため、研究費の大幅増額を図ること。

3 治療研究の拠点として、国立アレルギー総合センターを設置すること。

4 アレルギー専門医を養成し、アレルギー科を増設すること。

5 食品表示について、原材料・添加物、遺伝子組み換え作物使用の有無について表示を行うよう推進すること。

6 医師の指示の下で使われた代替食品や包帯、寝具類などの購入諸費用を医療費控除の対象とするなど、患者の過重な経済負担の軽減を図ること。

 以上、地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。

 平成12年3月21日

                             埼玉県八潮市議会

 提出先

   内閣総理大臣

   厚生大臣

   農林水産大臣

 以上、よろしくお願いをいたします。



○大山浩司議長 以上で、提案理由の説明を終わります。

 議第1号議案から議第3号議案につきまして質疑の通告を受けるため、暫時休憩をいたします。



△休憩 午後2時25分



△再開 午後2時26分



○大山浩司議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案に対する質疑



○大山浩司議長 議案に対する質疑であります。

 議第1号議案から議第3号議案につきましては、質疑の通告がありません。

 よって、質疑を終了いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案に対する委員会付託



○大山浩司議長 次に、議案に対する委員会付託でありますが、議第1号議案から議第3号議案につきましては、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○大山浩司議長 ご異議なしと認めます。

 よって、委員会付託を省略することに決しました。

 討論の通告を受けるため、暫時休憩いたします。



△休憩 午後2時27分



△再開 午後2時28分



○大山浩司議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案に対する討論



○大山浩司議長 議案に対する討論であります。

 議第1号議案から議第3号議案につきましては、討論の通告がありません。

 よって、討論を終了いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案に対する採決



○大山浩司議長 次に、議案に対する採決であります。

 議第1号議案 八潮市議会委員会条例の一部を改正する条例、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議第2号議案 八潮市議会会議規則の一部を改正する規則、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 議第3号議案 アレルギー性疾患対策の充実を求める意見書、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○大山浩司議長 起立全員であります。

 よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。

 なお、ただいま可決いたしました意見書は、早急に関係機関に対し議長において提出いたしますので、ご了承願います。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○大山浩司議長 お諮りいたします。

 この際、特定事件の閉会中における継続審査の件を本日の日程に追加し、議題としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○大山浩司議長 ご異議なしと認めます。

 よって、特定事件の閉会中における継続審査の件を本日の日程に追加し、直ちに議題にすることに決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△特定事件審査の件



○大山浩司議長 特定事件審査の件を議題といたします。

 特定事件については、議会運営委員会、総務常任委員会、建設常任委員会、民生経済常任委員会及び文教水道常任委員会から申し出があり、お手元に配付してありますとおり、閉会中の継続審査事項として各委員会に付託したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○大山浩司議長 ご異議なしと認めます。

 よって、特定事件については、各委員会より申し出のとおり、閉会中の継続審査事項としてそれぞれの委員会に付託することに決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○大山浩司議長 お諮りいたします。

 この際、継続審査の件を本日の日程に追加し、議題としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○大山浩司議長 ご異議なしと認めます。

 よって、継続審査の件を本日の日程に追加し、直ちに議題にすることに決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△継続審査の件



○大山浩司議長 継続審査の件を議題といたします。

 継続審査の件については、議会運営委員会に次回会議の会期、日程及び議長の諮問等の議会運営に関する事項について、閉会中の継続審査事項として同委員会に付託したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○大山浩司議長 ご異議なしと認めます。

 よって、継続審査の件については、議会運営委員会に次回会議の会期、日程及び議長の諮問等の議会運営に関する事項について、閉会中の継続審査事項として同委員会に付託することに決しました。

 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○大山浩司議長 ここで、市長から発言を求められておりますので、市長の発言を許します。

 市長。

   〔藤波 彰市長 登壇〕



◎藤波彰市長 本定例市議会を閉会されるに当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 平成12年第1回八潮市議会定例会が2月28日に開会され、平成12年度八潮市一般会計予算をはじめとする案件につきまして、本日までの23日間にわたり慎重に審議され、いずれも原案どおりご議決いただき、深く感謝いたします。

 また、会議の過程における貴重なご提言、ご意見につきましては、今後の市政に反映するよう努力してまいります。

 日増しに春めいていますが、まだまだ寒暖の変化がございます。議員の皆様におかれましては、くれぐれも健康に留意されご活躍いただきますとともに、市政の運営により一層のご協力を賜りますようお願い申し上げ、ごあいさつといたします。

 ありがとうございました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○大山浩司議長 以上で、平成12年第1回八潮市議会定例会を閉会いたします。

 皆さん、ご協力大変ありがとうございました。心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。



△閉会 午後2時33分

 地方自治法第123条の規定により署名する。

   平成12年3月21日

          議長      大山浩司

          署名議員    豊田吉雄

          署名議員    鹿野泰司