議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 八潮市

平成14年 12月 定例会(第4回) 12月18日−資料




平成14年 12月 定例会(第4回) − 12月18日−資料









平成14年 12月 定例会(第4回)



          ◯議案の処理状況

提出件数

  市長   20件  議員    1件               計21件

審議結果

  原案可決 20件  原案同意  1件               計21件

          ◯請願の処理状況

提出件数    1件                         計 1件

審議結果

  採択    1件                         計 1件

          ◯市長提出議案処理結果一覧表



議案番号
件名
上程月日
付託委員会
議決月日
議決結果


議案第88号
平成14年度八潮市一般会計補正予算(第2号)
12月2日
総務
12月18日
原案可決


議案第89号
平成14年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

民生経済




議案第90号
平成14年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)

建設




議案第91号
平成14年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)






議案第92号
平成14年度八潮市介護保険特別会計補正予算(第2号)

民生経済




議案第93号
平成14年度八潮市上水道事業会計補正予算(第1号)

文教水道




議案第94号
八潮市下水道条例の一部を改正する条例について

建設




議案第95号
八潮市上水道事業給水条例の一部を改正する条例について

文教水道




第96号
市道路線の認定について

建設




議案第97号
三郷市公共下水道を八潮市の住民の利用に供することについて






第98号
人権擁護委員の推薦について

付託省略

原案同意


議案第99号
平成14年度八潮市一般会計補正予算(第3号)
12月18日


原案可決


議案第100号
平成14年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)






議案第101号
平成14年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
12月18日
付託省略
12月18日
原案可決


議案第102号
平成14年度稲荷伊草第一土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)






議案第103号
平成14年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)






議案第104号
平成14年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)






議案第105号
平成14年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)






議案第106号
平成14年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)






議案第107号
平成14年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)









          ◯議員提出議案処理結果一覧表



議案番号
件名
上程月日
付託委員会
議決月日
議決結果


議第6号議案
北朝鮮による拉致問題の徹底解明と核開発等の即時停止を求める決議
12月18日
付託省略
12月18日
原案可決





          ◯請願処理結果一覧表



請願番号
件名
上程月日
付託委員会
議決月日
議決結果


請願第1号
(仮称)八潮ペット霊園の設置に関する請願書
12月1日
民生経済
12月18日
採択



          ◯一般質問通告一覧表



発言番号
議席番号
氏名
質問事項




豊田吉雄
1 道路行政について

2 治水行政について



17
森下純三
1 図書館蔵書の管理について



13
森 伸一
1 青少年の健全育成の為の「こっつん条例」について

2 新設ボランティアセンターの活動拠点(場所)と運営方法について

3 都市間競争を勝ち抜くための「全国自治体善政競争・関ケ原合戦」参加について

4 複式会計方式(連結財務報告書)について




矢澤江美子
1 市民とのパートナーシップ(協働)の円滑な推進について

2 住基カードについて

3 介護予防と生きがいづくり活動支援について

4 社会福祉協議会の改革



12
織田 一
1 固定資産税について



16
吉田準一
1 ヒートアイランド対策について

2 環境美化施策について



26
渋谷敏男
1 学校給食に弁当の日を設けることについて

2 工事による飲料水に多量の赤水が出たことについて



14
峯岸俊和
1 安全対策について

2 堤外地の管理について



19
広沢 昇
1 行財政改革について

2 ひきこもり対策について

3 住民基本台帳ネットワークシステム及び個人情報保護条例について


10

立川弘美
1 合併について

2 行財政改革について

3 国体について


11

朝田和宏
1 行財政について

2 市町村合併について

3 教育行政について

4 福祉行政について

5 国体について


12

戸川須美子
1 「オストメイト」について

2 児童館の設置について

3 乳幼児医療費について

4 「市民証」について


13

郡司伶子
1 支援費制度について

2 緊急地域雇用創出特別交付金事業について


14
18
武之内清久
1 教育行政について

2 財政運営について

3 資源リサイクルについて


15
11
小倉順子
1 注意欠陥・多動性障害(ADHD)について

2 ヒートアイランド対策について

3 音楽療法への取り組みについて

4 家庭ゴミ収集カレンダーについて


16
25
初山繁雄
1 教育行政について

2 平成15年度予算編成について


17

池谷和代
1 下大瀬、古新田地域コミュニティーセンターの早期建設を

2 公園の施設充実について

3 学童保育指導員の健康診断実施について

4 児童扶養手当について


18
15
西俣総志
1 オウム真理教対策について


19
10
鹿野泰司
1 契約について

2 バス路線について

3 産業振興について

4 国保行政について


20

瀬戸知英子
1 エイトアリーナの駐車場整備と案内標識の設置について



          ◯市長提出議案

議案第88号

     平成14年度八潮市一般会計補正予算(第2号)

 平成14年度八潮市一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ571千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ25,443,258千円とする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

 (債務負担行為の補正)

第2条 既定の債務負担行為の追加及び変更は、「第2表債務負担行為補正」による。

     平成14年12月2日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表  歳入歳出予算補正

 1 歳入                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 市税
 
12,441,114
▲85,000
12,356,114


1 市民税
4,103,000
▲85,000
4,018,000


11 国庫支出金
 
1,642,311
▲17,085
1,625,226


1 国庫負担金
1,367,864
▲17,085
1,350,779


12 県支出金
 
552,366
2,618
554,984


1 県負担金
202,991
664
203,655


2 県補助金
243,099
1,954
245,053


13 財産収入
 
23,957
6,630
30,587


2 財産売払収入
567
6,630
7,197


15 繰入金
 
971,748
87,013
1,058,761


1 基金繰入金
953,216
87,013
1,040,229


17 諸収入
 
2,171,768
5,253
2,177,021


5 雑入
402,277
5,253
407,530


歳入合計
25,443,829
▲571
25,443,258



 2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 議会費
 
275,722
3
275,725


1 議会費
275,722
3
275,725


2 総務費
 
2,573,654
1,891
2,575,545


1 総務管理費
1,893,974
▲2,816
1,891,158


2 徴税費
466,362
5,397
471,759


4 選挙費
27,591
▲690
26,901


3 民生費
 
4,665,332
2,542
4,667,874


1 社会福祉費
2,024,600
15,202
2,039,802


2 児童福祉費
1,279,028
31,336
1,310,364


3 生活保護費
1,161,127
▲43,996
1,117,131


4 衛生費
 
1,679,177
▲49,033
1,630,144


2 環境整備費
1,321,242
▲49,033
1,272,209


6 農林水産業費
 
81,576
▲871
80,705


1 農業費
81,576
▲871
80,705


7 商工費
 
444,116
2,000
446,116


1 商工費
444,116
2,000
446,116


8 土木費
 
6,582,971
34,325
6,617,296


2 道路橋りょう費
442,228
17,000
459,228


3 都市計画費
4,073,594
▲390
4,073,204


4 下水道費
1,782,611
17,715
1,800,326


9 消防費
 
896,044
▲599
895,445


1 消防費
896,044
▲599
895,445


10 教育費
 
3,315,498
10,176
3,325,674


1 教育総務費
348,720
▲1,860
346,860


2 小学校費
616,259
5,000
621,259


3 中学校費
1,104,067
4,000
1,108,067


6 資料館費
93,477
3,410
96,887


7 社会教育費
488,309
▲374
487,935


12 諸支出金
 
1,766,192
▲1,005
1,765,187


3 開発公社費
492,079
▲1,005
491,074


歳出合計
25,443,829
▲571
25,443,258



         第2表  債務負担行為補正

1 追加



事項
期間
限度額


やしお市議会だより印刷業務委託料
平成14年度から平成15年度まで
1,500千円


広報やしお印刷業務委託料
平成14年度から平成15年度まで
9,345千円


清掃業務委託料(市役所外2件)
平成14年度から平成15年度まで
20,816千円


電話交換業務委託料
平成14年度から平成15年度まで
9,526千円


警備委託料(市役所外12件)
平成14年度から平成19年度まで
55,386千円


保育所調理業務委託料
平成14年度から平成15年度まで
10,584千円


医療機器借上料
平成14年度から平成19年度まで
3,264千円


防疫薬剤散布委託料
平成14年度から平成15年度まで
1,995千円


ユスリカ対策薬剤散布委託料
平成14年度から平成15年度まで
1,239千円


不法投棄防止夜間パトロール業務委託料
平成14年度から平成15年度まで
4,580千円


市営住宅管理電算システム使用料
平成14年度から平成19年度まで
4,686千円


小学校用机椅子購入費
平成14年度から平成15年度まで
4,914千円


資料館総合管理業務委託料
平成14年度から平成15年度まで
8,900千円


自動車借上料
平成14年度から平成19年度まで
3,654千円


鶴ヶ曽根体育館受付業務委託料
平成14年度から平成15年度まで
8,130千円



2 変更



事項
変更前
変更後


期間
限度額
期間
限度額


庁内LANシステム借上料
平成14年度から平成19年度まで
47,220千円
変更前に同じ
43,092千円



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第89号

   平成14年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

 平成14年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ70,960千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6,538,620千円とする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成14年12月2日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表  歳入歳出予算補正

 1 歳入                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



3 国庫支出金
 
1,986,541
70,960
2,057,501


1 国庫負担金
1,981,985
70,960
2,052,945


歳入合計
6,467,660
70,960
6,538,620



 2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



2 保険給付費
 
3,733,889
178,869
3,912,758


1 療養諸費
3,292,738
145,409
3,438,147


2 高額療養費
351,721
33,460
385,181


10 予備費
 
176,054
▲107,909
68,145


1 予備費
176,054
▲107,909
68,145


歳出合計
6,467,660
70,960
6,538,620



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第90号

   平成14年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)

 平成14年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ20,555千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3,635,894千円とする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

 (債務負担行為)

第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、「第2表債務負担行為」による。

 (地方債の補正)

第3条 既定の地方債の変更は、「第3表地方債補正」による。

     平成14年12月2日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表  歳入歳出予算補正

 1 歳入                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 分担金及び負担金
 
279,808
10,484
290,292


1 負担金
279,808
10,484
290,292


7 諸収入
 
37,344
1,071
38,415


3 雑入
27,952
1,071
29,023


8 市債
 
879,300
9,000
888,300


1 市債
879,300
9,000
888,300


歳入合計
3,615,339
20,555
3,635,894



 2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



2 事業費
 
1,958,572
20,000
1,978,572


1 事業費
1,958,572
20,000
1,978,572


4 予備費
 
88,322
555
88,877


1 予備費
88,322
555
88,877


歳出合計
3,615,339
20,555
3,635,894



          第2表  債務負担行為



事項
期間
限度額


西袋汚水中継ポンプ場維持管理業務委託料
平成14年度から平成15年度まで
3,465千円



          第3表  地方債補正

変更



起債の目的
補正前
補正後


限度額
起債の方法
利率
償還の方法
限度額
起債の方法
利率
償還の方法


公共下水道事業
千円
711,500
普通貸借又は証券発行
 %
5.0以内ただし、利率見直し方式で借り入れる政府資金及び公営企業金融公庫資金について、利率の見直しを行った後においては、当該見直し後の利率
政府資金については、その融資条件により、銀行その他の場合には、その債権者と協定するものによる。ただし、市財政の都合により据置期間及び償還期限を短縮し、若しくは繰上償還又は低利に借換えすることができる。
千円
720,500
補正前に同じ

補正前に同じ
補正前に同じ



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第91号

   平成14年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

 平成14年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額の変更はないものとし、歳入科目の金額組替えのみとする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

 (地方債の補正)

第2条 既定の地方債の変更は、「第2表地方債補正」による。

     平成14年12月2日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表  歳入歳出予算補正

 1 歳入                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



2 分担金及び負担金
 
642,000
68,000
710,000


1 負担金
642,000
68,000
710,000


8 市債
 
1,181,000
▲68,000
1,113,000


1 市債
1,181,000
▲68,000
1,113,000


歳入合計
2,751,248
0
2,751,248



 2 歳出

         変更なし

         第2表  地方債補正

変更



起債の目的
補正前
補正後


限度額
起債の方法
利率
償還の方法
限度額
起債の方法
利率
償還の方法


土地区画整理事業
千円
1,181,000
普通貸借又は証券発行
 %
5.0以内
政府資金については、その融資条件により、銀行その他の場合には、その債権者と協定するものによる。ただし、市財政の都合により据置期間及び償還期限を短縮し、若しくは繰上償還又は低利に借換えすることができる。
千円
1,113,000
補正前に同じ
 %
補正前に同じ
補正前に同じ



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第92号

   平成14年度八潮市介護保険特別会計補正予算(第2号)

 平成14年度八潮市介護保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,200千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,502,656千円とする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成14年12月2日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表  歳入歳出予算補正

 1 歳入                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



6 繰入金
 
223,340
2,200
225,540


1 一般会計繰入金
198,524
2,200
200,724


歳入合計
1,500,456
2,200
1,502,656



 2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 総務費
 
33,383
2,200
35,583


1 総務管理費
8,127
2,200
10,327


歳出合計
1,500,456
2,200
1,502,656



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第93号

   平成14年度八潮市上水道事業会計補正予算(第1号)

第1条 平成14年度八潮市上水道事業会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (債務負担行為)

第2条 債務負担行為をすることができる事項、期間及び限度額は、次のとおりと定める。



事項
期間
限度額


水質分析委託料
平成14年度から平成15年度まで
7,224千円


水道料金収納事務代行業務委託料
平成14年度から平成15年度まで
1,512千円


水道部清掃業務委託料
平成14年度から平成15年度まで
1,000千円



     平成14年12月2日提出

                  八潮市長   多田重美

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第94号

   八潮市下水道条例の一部を改正する条例について

 八潮市下水道条例の一部を別紙のとおり改正するものとする。

     平成14年12月2日提出

                  八潮市長   多田重美

提案理由

 下水道使用料の改定及び下水道設置区分の変更に伴い、この案を提出するものである。

     八潮市下水道条例の一部を改正する条例

 八潮市下水道条例(昭和57年条例第28号)の一部を次のように改正する。

 第3条の表を次のように改める。



区分
名称


公共下水道
八潮市公共下水道


都市下水路
古新田幹線都市下水路



 第27条第2項の表を次のように改める。



使用料算定基準(1月につき)


種類
基本料金
超過料金(超過水量1立方メートルにつき)


汚水排除量
金額
汚水排除量
金額


一般汚水
10立方メートル以下までの分
600円
10立方メートルを超え30立方メートル以下までの分
65円


30立方メートルを超え50立方メートル以下までの分
70円


50立方メートルを超え100立方メートル以下までの分
75円


100立方メートルを超え200立方メートル以下までの分
80円


200立方メートルを超え500立方メートル以下までの分
90円


500立方メートルを超える分
100円


公衆浴場汚水
1立方メートルにつき
60円



   附則

 (施行期日)

1 この条例は、平成15年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。ただし、第3条の改正既定は、公布の日から施行する。

(使用料に関する経過措置)

2 施行日前から施行日以後にかけて継続的に使用している下水道の使用に係る使用料の算定において、施行日以後初めて行われる検針が平成15年4月30日以前である場合の当該使用料の算定については、改正前の第27条第2項の規定を適用して、これを行うものとする。

3 施行日前から施行日以後にかけて継続的に使用している下水道の使用に係る使用料の算定において、施行日以後初めて行われる検針が平成15年5月1日以後である場合の当該使用料の算定については、当該検針に係る汚水排除量を2で除したもの(以下「分割汚水排除量」)に改正前の第27条第2項の規定を適用して得られた額と分割汚水排除量に改正後の第27条第2項の規定を適用して得られた額とを合わせた額を当該検針に係る使用料として、これを行うものとする。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第95号

   八潮市上水道事業給水条例の一部を改正する条例について

 八潮市上水道事業給水条例の一部を別紙のとおり改正するものとする。

     平成14年12月2日提出

                  八潮市長   多田重美

提案理由

 水道法の一部改正に伴い、貯水槽水道に関する規定の整備を行いたいので、この案を提出するものである。

     八潮市上水道事業給水条例の一部を改正する条例

 八潮市上水道事業給水条例(平成9年条例第31号)の一部を次のように改正する。

 目次中「第6章 補則(第35条−37条)」を「第6章 貯水槽水道(第34条の2・第34条の3)第7章 補則(第35条−第37条)」に改める。

 第6章を第7章とし、第5章の次に次の1章を加える。

   第6章 貯水槽水道

 (管理者の責務)

第34条の2 管理者は、貯水槽水道(法第14条第2項第5号に規定する貯水槽水道をいう。以下同じ。)の管理に関し必要があると認めるときは、貯水槽水道の設置者に対し、指導、助言又は勧告を行うものとする。

2 管理者は、貯水槽水道の利用者に対し、貯水槽水道の管理等に関する情報の提供を行うものとする。

(設置者の責務)

第34条の3 貯水槽水道のうち簡易専用水道(法第3条第7項に規定する簡易専用水道をいう。次項において同じ。)の設置者は、法第34条の2の定めるところにより、その水道を管理し、及びその管理の状況に関する検査を受けなければならない。

2 簡易専用水道以外の貯水槽水道の設置者は、別に定めるところにより、当該貯水槽水道を管理し、及びその管理の状況に関する検査を受けるよう努めなければならない。

  附則

この条例は、平成15年4月1日から施行する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第96号

   市道路線の認定について

 下記の路線を市道に認定したいので、道路法(昭和27年法律第180号)第8条第2項の規定により議決を求める。

          記



整理番号
路線名
起点終点
重要な経過地


0370
0370号
八潮市大字大曽根327番地1先

八潮市大字浮塚232番地1先
 



     平成14年12月2日提出

                  八潮市長   多田重美

提案理由

 整理番号0370については、県道平方東京線の一部が八潮市に管理移管されることに伴い、この案を提出するものである。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第97号

   三郷市公共下水道を八潮市の住民の利用に供することについて

 八潮市は三郷市との協議の上、下記のとおり三郷市公共下水道を八潮市の住民の利用に供することについて、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の3第3項の規定により議決を求める。

          記

(1) 公の施設の名称及び位置 三郷市公共下水道戸ケ崎幹線及び戸ケ崎西幹線(別図のとおり)

(2) 利用する住民の区域   八潮市大字大瀬、古新田及び垳の一部(別図のとおり)

(3) 利用の目的       八潮市の汚水を効率的に処理するため

(4) 経費の負担       八潮市は、建設費及び維持管理費の一部を負担する。

     平成14年12月2日提出

                  八潮市長   多田重美

提案理由

 汚水を効率的に処理するため、三郷市との協議により八潮市大字大瀬、古新田及び垳の一部の汚水を三郷市公共下水道に流入したいので、この案を提出するものである。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第98号

   人権擁護委員の推薦について

 人権擁護委員として次の者を推薦したいので、人権擁護委員法(昭和24年法律第139号)第6条第3項の規定により議会の意見を求める。

   八潮市大字八條3691番地2

       石井孝光

        昭和16年11月7日生

     平成14年12月2日提出

                  八潮市長   多田重美

提案理由

 萩野保夫氏が平成15年2月28日をもって任期満了となるため、この案を提出するものである。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第99号

   平成14年度八潮市一般会計補正予算(第3号)

 平成14年度八潮市一般会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額の変更はないものとし、歳出科目の金額組替えのみとする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成14年12月18日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表  歳入歳出予算補正

 1 歳入

         変更なし

 2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 議会費
 
275,725
▲3,118
272,607


1 議会費
275,725
▲3,118
272,607


2 総務費
 
2,575,545
58,082
2,633,627


1 総務管理費
1,891,158
67,115
1,958,273


2 徴税費
471,759
▲6,276
465,483


3 戸籍住民基本台帳費
147,747
▲2,263
145,484


4 選挙費
26,901
▲2,526
24,375


6 監査委員費
32,008
2,032
34,040


3 民生費
 
4,667,874
▲19,803
4,648,071


1 社会福祉費
2,039,802
▲15,715
2,024,087


2 児童福祉費
1,310,364
3,996
1,314,360


5 生活安全費
200,081
▲8,084
191,997


4 衛生費
 
1,630,144
▲17,027
1,613,117


1 保険衛生費
357,935
▲11,611
346,324


2 環境整備費
1,272,209
▲5,416
1,266,793


5 労働費
 
87,184
▲2,020
85,164


1 労働諸費
87,184
▲2,020
85,164


6 農林水産業費
 
80,705
▲590
80,115


1 農業費
80,705
▲590
80,115


7 商工費
 
446,116
1,281
447,397


1 商工費
446,116
1,281
447,397


8 土木費
 
6,617,296
▲4,143
6,613,153


1 土木管理費
228,633
▲6,046
222,587


2 道路橋りょう費
459,228
2,361
461,589


3 都市計画費
4,073,204
▲744
4,072,460


4 下水道費
1,800,326
693
1,801,019


5 住宅費
55,905
▲407
55,498


9 消防費
 
895,445
2,904
898,349


1 消防費
895,445
2,904
898,349


10 教育費
 
3,325,674
▲15,566
3,310,108


1 教育総務費
346,860
▲2,125
344,735


2 小学校費
621,259
▲2,522
618,737


6 資料館費
96,887
▲9,235
87,652


7 社会教育費
487,935
▲1,684
486,251


歳出合計
25,443,258
0
25,443,258



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第100号

   平成14年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

 平成14年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ10,488千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6,549,108千円とする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成14年12月18日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表  歳入歳出予算補正

 1 歳入                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



10 繰入金
 
496,365
10,488
506,853


1 他会計繰入金
453,272
10,488
463,760


歳入合計
6,538,620
10,488
6,549,108



 2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 総務費
 
163,137
10,488
173,625


1 総務管理費
128,895
10,488
139,383


歳出合計
6,538,620
10,488
6,549,108



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第101号

   平成14年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)

 平成14年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額の変更はないものとし、歳出科目の金額組替えのみとする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成14年12月18日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表  歳入歳出予算補正

 1 歳入

          変更なし

 2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 総務費
 
139,423
4,428
143,851


1 総務管理費
139,423
4,428
143,851


4 予備費
 
88,877
▲4,428
84,449


1 予備費
88,877
▲4,428
84,449


歳出合計
3,635,894
0
3,635,894



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第102号

   平成14年度稲荷伊草第一土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

 平成14年度稲荷伊草第一土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額の変更はないものとし、歳出科目の金額組替えのみとする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成14年12月18日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表  歳入歳出予算補正

 1 歳入

          変更なし

 2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 総務費
 
10,392
▲476
9,916


1 総務管理費
10,392
▲476
9,916


3 予備費
 
70,594
476
71,070


1 予備費
70,594
476
71,070


歳出合計
110,987
0
110,987



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第103号

   平成14年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

 平成14年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額の変更はないものとし、歳出科目の金額組替えのみとする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成14年12月18日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表  歳入歳出予算補正

 1 歳入

          変更なし

 2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 総務費
 
34,373
▲510
33,863


1 総務管理費
34,373
▲510
33,863


4 予備費
 
2,817
510
3,327


1 予備費
2,817
510
3,327


歳出合計
161,614
0
161,614



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第104号

   平成14年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

 平成14年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額の変更はないものとし、歳出科目の金額組替えのみとする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成14年12月18日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表  歳入歳出予算補正

 1 歳入

          変更なし

 2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 総務費
 
40,731
▲3,494
37,237


1 総務管理費
40,731
▲3,494
37,237


4 予備費
 
3,316
3,494
6,810


1 予備費
3,316
3,494
6,810


歳出合計
365,119
0
365,119



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第105号

   平成14年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

 平成14年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額の変更はないものとし、歳出科目の金額組替えのみとする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成14年12月18日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表  歳入歳出予算補正

 1 歳入

          変更なし

 2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 総務費
 
47,173
2,488
49,661


1 総務管理費
47,173
2,488
49,661


4 予備費
 
4,266
▲2,488
1,778


1 予備費
4,266
▲2,488
1,778


歳出合計
607,102
0
607,102



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第106号

   平成14年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

 平成14年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額の変更はないものとし、歳出科目の金額組替えのみとする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成14年12月18日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表  歳入歳出予算補正

 1 歳入

          変更なし

 2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 総務費
 
27,414
▲4,820
22,594


1 総務管理費
27,414
▲4,820
22,594


4 予備費
 
5,868
4,820
10,688


1 予備費
5,868
4,820
10,688


歳出合計
152,812
0
152,812



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第107号

   平成14年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

 平成14年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額の変更はないものとし、歳出科目の金額組替えのみとする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成14年12月18日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表  歳入歳出予算補正

 1 歳入

          変更なし

 2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 総務費
 
64,932
▲9,118
55,814


1 総務管理費
64,932
▲9,118
55,814


4 予備費
 
1,449
9,118
10,567


1 予備費
1,449
9,118
10,567


歳出合計
2,751,248
0
2,751,248



          ◯議員提出議案

議第6号議案

     北朝鮮による拉致問題の徹底解明と核開発等の即時停止を求める決議

 上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。

     平成14年12月18日

                     提出者 八潮市議会議員 広沢 昇

                     賛成者 八潮市議会議員 宇田川武雄

                     賛成者 八潮市議会議員 郡司伶子

                     賛成者 八潮市議会議員 矢澤江美子

                     賛成者 八潮市議会議員 武之内清久

                     賛成者 八潮市議会議員 瀬戸知英子

 八潮市議会議長  柳澤功一様



     北朝鮮による拉致問題の徹底解明と核開発等の即時停止を求める決議

 北朝鮮による日本人拉致問題は、人道に反する行為であり、我が国の主権を侵害した国家犯罪である。長い間、北朝鮮が頑強に否定し、闇に葬ろうとしてきたこの国家犯罪も、小泉首相の訪朝により、北朝鮮の最高権力者である金正日国防委員長がその犯罪行為を認め謝罪したことは、この拉致問題の解決に一定の前進をもたらすものとして評価されよう。

 しかしながら、こうした謝罪の言葉とは裏腹に“拉致問題は解決済み”という北朝鮮側の見解に、我々は強く抗議するとともに、北朝鮮側が提供してきた「死亡した」とされる拉致被害者に関する資料のずさんさに、憤りを感ぜざるを得ない。

 まこ、今般、北朝鮮を出港した不審船からスカッドミサイル等が発見された。この事実は、日朝双方が「核問題及びミサイル問題を含む安全保障上の諸問題の解決を図る」とした日朝平壌宣言の内容を踏みにじる行為である。

 我々は、重ねて北朝鮮に対し強く抗議するとともに、政府のこれまでの問題への取組みに対しても遺憾の意を表するものである。

 日朝国交正常化は重大な懸案ではあるが、拉致問題という重大犯罪の解明と、核開発問題の解決なしにはあり得ないことを、政府は肝に命ずるべきである。

 よって、八潮市議会は北朝鮮に対し、言葉による謝罪に止まらず誠意と責任ある対応を求めるとともに、政府に対し、以下の事項について、国民の意向を体した対応を強く求めるものである。

1.北朝鮮に残された家族の帰国を早期に実現すること。

2.「死亡した」とされ、生存が確認されていない拉致被害者に関する正確な情報と現地調査を北朝鮮に求めるとともに、拉致の疑いが指摘されている他の事件についても徹底的な調査と解明を北朝鮮に求めること。

3.拉致は北朝鮮による国家犯罪であり、被害者の人権と人生の大半を犠牲にさせたことに対し、北朝鮮による国家補償を求めること。

4.北朝鮮に対し、核開発の即時停止及び生物兵器の撤廃を強く求める。また、スカッドミサイル等の輸出は「日朝平壌宣言」に反するものであり、即時中止を求めること。

以上決議する。

    平成14年12月18日

                                埼玉県八潮市議会