議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 久喜市

平成27年  9月定例会 市政に対する質問 園部茂雄議員の質問




平成27年  9月定例会 市政に対する質問 − 園部茂雄議員の質問









市政に関する質問




発言番号: 



議席番号: 
14


氏   名: 
園 部 茂 雄




質問の要旨




1、
 小中学校のエアコン設置について。


 
 市は来年度に全小中学校普通教室にエアコン設置を行う。機種選定に於いて、市内の公共施設の中でも災害時の避難拠点となる小中学校について、エアコンの動力方式についても、電気方式・ガス方式(LPガス)を適正に配置して、災害時の避難拠点としての機能充実を図るべきである。現状はどの様な経緯を経て進められているのか伺う。



(1)
 この事業について、全庁的な視点からどの様に話し合われたのか伺う。



(2)
 災害時の拠点となる公共施設の在り方から、工事の見直しを含め中学校区に1箇所はガス式(LPガス)エアコンを設置できないか伺う。


2、
 ワンコイン(500円)糖尿病簡易検査の導入について。


 
 自覚症状がなく国民の5人に1人が糖尿病かその予備軍(群)となり、糖尿病はまさに国民病だとも言われています。その初期には自覚症状はないものの、進行すると目が見えなくなったり、腎臓が悪くなって透析を受けなければならなくなったり、手足のしびれが出たりといった合併症を引き起こし、心筋梗塞や脳卒中になるリスクも高まる怖い病気です。
 厚生労働省が2013年に発表した推計によると、全国の糖尿病患者は約950万人で、糖尿病予備群は約1100万人にものぼるとも言われています。
 そこで近年では簡易的な検査で早期発見が可能となる事から、大型商業施設や市内の薬局で簡易検査を実施して自治体が半額補助をしてワンコイン(500円)で行っている自治体が増えてきました。
 久喜市としても糖尿病簡易検査制度を導入し、市民の健康増進と医療費抑制に努めるべきと思うが市の考えを伺う。


3、
 安心安全なまちづくりについて。


 
 防犯カメラの設置については、久喜市も商店街の一部に平成19年に県の補助制度を受けて8台設置、その後は本年度の市内小中学校に設置する状況である。防犯カメラは各種犯罪の発生抑止と、迅速・的確な対応や犯罪解決に役立ち有効であるとして、市内の幹線道路や商店街に設置する自治体が増えている。
 防犯カメラの計画的な設置は市民の願う安心安全なまちづくりに繋がる事から、計画的な街頭防犯カメラの設置を行うべきと思うが以下の点について伺う。



(1)
 平成19年に設置された商店街での効果を、どの様に検証して来たのか伺う。



(2)
 それ以降、市内各所に街頭防犯カメラの設置はどの様に検討されて来たのか伺う。



(3)
 民間に対して、防犯カメラ設置に補助制度を創設して民間の設置を促進すべきだが市の考えを伺う。



(4)
 防犯カメラの適正な設置及び利用に関する条例の制定を行うべきだが市の考えを伺う。


4、
 職員提案制度について。


 
 平成24年6月より職員提案制度が創設され、平成25年度久喜市行政改革実施計画の進捗状況によると平成26年3月31日時点の修正で、平成26、27、28年と3年間の職員提案件数を30件から100件に上方修正しているが現状と今後の進め方について以下の点について伺う。



(1)
 平成24・25・26年度の提案件数と採用・不採用の件数と採用された事業内容を伺う。



(2)
 採用・不採用についてのフォローをどの様に行っているのか伺う。



(3)
 地方創生戦略プランの素案作りに職員提案を募集し、8月19日締め切りで行ったが、応募状況について伺う。



(4)
 職員提案制度の見直しを含め促進すべきと思うが如何か伺う。