議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 久喜市

平成27年  9月定例会 市政に対する質問 斉藤広子議員の質問




平成27年  9月定例会 市政に対する質問 − 斉藤広子議員の質問









市政に関する質問




発言番号: 



議席番号: 
12


氏   名: 
斉 藤 広 子




質問の要旨




1、
 AED(自動体外式除細動器)の利便性の向上について。



(1)
 現在小中学校のAEDの配置数と主な配置の場所を伺う。



(2)
 現在校舎内に配置しているAEDを屋外に移設し、24時間365日使用可能にすべきと思うが如何か。



(3)
 24時間営業のコンビニエンスストア事業者に久喜市として設置できないか伺う。



(4)
 AEDを使える人口を増やすため市としてどのような取り組みをしていくのか。


2、
 高齢者肺炎球菌ワクチンの更なる推進で医療費の削減を。



(1)
 昨年10月から始まった肺炎球菌ワクチン(定期接種)の久喜市の接種率はいくつか。



(2)
 久喜市では、定期接種に該当しない方の為に任意の接種の助成を行ってきているがその接種率はいくつか。



(3)
 対象者に個別通知でお知らせしているが期限が近くなったら未受診者に接種を促す再通知を行う(コールリコール)事により、発送代を費用をかけたとしても削減できる保健医療費の方が圧倒的に大きいが久喜市は、どのように考えているのか。


3、
 久喜地区の東口の今後の行政サービスの在り方について。



(1)
 栗橋地区、菖蒲地区、鷲宮地区、久喜地区のうちJR宇都宮線の西側区域、JR宇都宮線の東側区域それぞれの人口を伺う。



(2)
 高齢化が進んで行く中、JR宇都宮線の東側区域から市役所の行政サービスを受けるのは、困難になって来ている。現在ふれあいセンターで戸籍謄本、住民票、印鑑証明など各種証明書をとる事が出来るが、大半のサービスが東口のふれあいセンターで出来るように、ふれあいセンターを東口支所と位置付けるサービスが出来るような展望を考えるべきと思うが如何か。


4、
 民生委員の在り方について。



(1)
 民生委員の配置ができていない所は、何箇所なのか。配置していない所には、市としてどのように取り組んで行くのか伺う。



(2)
 災害時に要援護者の避難支援等、日ごろの見守り支援等、日ごろから関係者の間で情報共有する事が不可欠であるが、自治体から民生委員への個人情報の提供は、どのように行われているか伺う。