議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 久喜市

平成12年  第 5回定例会(旧久喜市) 市政に対する質問 猪股和雄議員の質問




平成12年  第 5回定例会(旧久喜市) 市政に対する質問 − 猪股和雄議員の質問









市政に関する質問




発言番号: 



議席番号: 
20


氏   名: 
猪 股 和 雄




質問の要旨




1、
「久喜市審議会等の公開に関する指針」の運用について



(1)
99年度中の審議会ごとに、公開状況を明らかにされたい





審議会ごとの開催回数、公開した回数、公開しなかった回数(非公開と決定をした上で公開しなかった回数、決定せずに公開しなかった回数)





会議開催の周知について

・ 広報くきに掲載した審議会名と件数

・ 公共施設への案内文の掲示を行った・行わなかった、それぞれの審議会名と件数

・ ホームページへの掲載を行った・行わなかった、審議会名と件数

・ 報道機関への資料提供を行った・行わなかった、審議会名と件数

・ 会議開催の周知を行わなかった例が多いが、原因・理由をどう考えているか





それらの報告と集約はどのように行っているか。公開が行われなかった、また周知方法がと

られなかった場合の、点検、指導徹底について、どう考えているか



(2)
傍聴者数について、会場の広さに関わらず、定員5人と制限している場合が多いが、なぜか。

公開を進める趣旨から、できる限り多くすべきではないか

傍聴者への資料配付を行わなかった審議会名



(3)
会議録の作成までに1か月以上かかっている審議会を明らかにされたい。

会議録は行政の記録の必要性や都合だけで作成するものではない。開かれた市政の実現へ向けて、市民への審議過程の公表を進めるという観点から、できるかぎり早く作成すべきであるが、どう考えるか


2、
情報(公文書)公開制度の見直しの現段階と、これまでの検討過程を明らかにされたい



(1)
久喜市の公文書公開条例で、以下の点が課題であると考えられるが、認識と見解、審議過程を

明らかにしていただきたい





「知る権利」「説明責任」の明文化





公開請求権者を「何人も」とすること





電子情報の公開





検討過程情報の公開





時限開示規定の導入



(2)
見直し、制度改正へのスケジュールを明らかにされたい


3、
高齢者・障害者の介護福祉施策の総合化・体系化を展望すべきと考えるが、見解を伺いたい



(1)
これまで、高齢者福祉、障害者福祉はそれぞれの行政施策として展開されてきたが、介護保険と、その延長線上にある社会福祉基礎構造改革によって、介護福祉の総合化が迫られていると考えられる。

そこで今後、久喜市においても、総合的な介護福祉条例を展望していくべきと考えるが、基本的認識を明らかにされたい



(2)
介護保険制度の開始にともない、苦情相談窓口の設置を行うことになっているが、具体的な設置の考え方・方法を明らかにされたい。

介護保険個別の苦情相談窓口から発展して、中期的に、行政・事業者を含めた福祉施策全般に対する調査や指導権限をもった福祉オンブズパーソン制度を構想していくべきであると考えるが、認識・見解を伺いたい


4、
市立保育園の3歳以上児は、給食の主食持参とされているが、理由を説明されたい。主食持参方式をやめ、完全給食を実施すべきである。方針を伺いたい


5、
農薬の空中散布に関わる農家のアンケートの結果、「空散は必要ない」とする声が過半数にのぼり、「必要」とする農業者についても空散に代わる方法が想定されていることが明らかになった。

さらに空散対象区域外農家では半数近くが「個人防除を行っていない」にもかかわらず支障はない。個人防除を行っている農家でも回数は減っている。

総合的に見て



(1)
空散をやめることで「減農薬」へ向かう効果が明らかであり



(2)
今後久喜市として「環境保全型農業」を促進するためにも、農薬空散を中止すべきである。

見解と方針を伺いたい


6、
市民がより利用しやすい循環バスの実現へ向けて、委託方式の見直し(民間運行、赤字補填方式へ)を進めるべきと考えるが、見解を伺いたい


7、
学童保育つばめクラブの、太田小学校敷地内への移転、施設建築位置について話し合いが続けられているが、早期移転へ向けてこれまでの当局の姿勢の変更が必要である。



(1)
教育委員会はこれまで、建築位置を事実上一方的に選定し、指定してきたが、話し合いで合意する姿勢が必要であると考えるが、どうか。



(2)
電磁波問題についても、「慎重なる回避」の姿勢で対応すべきと考えるが、どうか



(3)
校舎・施設を送電線側にまとめる方針自体が、将来的に再検討を求められてくると考えられる。認識を伺いたい


8、
市内中学校の生徒会会則で、生徒総会の決定や選挙が校長の承認を得てから有効となるという規

定や、役員は校長が任命するという規定、また、生徒総会の上位に校長・職員会を置く規定(組織図)が実在しているが、生徒会の意義・組織について、教育委員会の見解を明らかにされたい。

特に、生徒会が、生徒の自治・自主組織か、教育のための学校組織の一部かという、根幹に関わる問題であると考えるが、見解を伺う