議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 新座市

平成26年第1回定例会−02月20日-01号




平成26年第1回定例会

 新座市告示第31号

平成26年第1回新座市議会定例会を、下記のとおり招集する。
 平成26年2月13日



                              新座市長  須  田  健  治


                       記

1 日  時 平成26年2月20日(木) 午前9時

2 場  所 新座市議会議場



                 ○応招・不応招議員

応招議員 26名
     1番   榎  本  賢  治         2番   浅  野  寛  子
     3番   小  池  秀  夫         4番   平  野     茂
     5番   森  田  輝  雄         6番   鈴  木  明  子
     7番   並  木     傑         8番   島  田  久 仁 代
     9番   川  上  政  則        10番   鈴  木  秀  一
    11番   白  井  忠  雄        12番   野  中  弥  生
    13番   滝  本  恭  雪        14番   佐  藤  重  忠
    15番   亀  田  博  子        16番   高  邑  朋  矢
    17番   城  口  博  隆        18番   小  野  大  輔
    19番   朝  賀  英  義        20番   芦  野     修
    21番   笠  原     進        22番   石  島  陽  子
    23番   工  藤     薫        24番   木  村  俊  彦
    25番   塩  田  和  久        26番   大  山     智

不応招議員 なし



               平成26年第1回新座市議会定例会

議事日程第1号                              2月20日午前9時開会

第 1 会議録署名議員の指名
第 2 会期の決定
    諸般の報告
第 3 議席の一部変更
第 4 議第1号議案 新座市議会委員会条例の一部を改正する条例

出席議員 26名
     1番   榎  本  賢  治         2番   浅  野  寛  子
     3番   小  池  秀  夫         4番   平  野     茂
     5番   森  田  輝  雄         6番   鈴  木  明  子
     7番   並  木     傑         8番   島  田  久 仁 代
     9番   川  上  政  則        10番   鈴  木  秀  一
    11番   白  井  忠  雄        12番   野  中  弥  生
    13番   滝  本  恭  雪        14番   佐  藤  重  忠
    15番   亀  田  博  子        16番   高  邑  朋  矢
    17番   城  口  博  隆        18番   小  野  大  輔
    19番   朝  賀  英  義        20番   芦  野     修
    21番   笠  原     進        22番   石  島  陽  子
    23番   工  藤     薫        24番   木  村  俊  彦
    25番   塩  田  和  久        26番   大  山     智

欠席議員 なし

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
  市   長   須  田  健  治      副 市 長   山  崎  糧  平
                          企画財政
  総務部長    名  塚     清              遠  山  泰  久
                          部   長
  経済観光                    市民環境
          下  田     浩              島  崎  昭  生
  部   長                   部   長
                          健康増進
  福祉部長    山  中  一  英              竹 之 下     力
                          部   長
  都市整備                    上下水道
          川  原  勝  彦              土  屋     誠
  部   長                   部   長
                          教育総務
  教 育 長   金  子  廣  志              小  山  忠  彦
                          部   長
  学校教育
          森  田  和  憲      会計管理者   日  暮  秀  夫
  部   長
  選挙管理
                          監査委員
  委 員 会   仁  村     努              佐  藤  栄  臣
                          事務局長
  事務局長
  代   表                   教育委員会
          松  本  四  郎              鈴  木  松  江
  監査委員                    委 員 長
                          選挙管理
  農業委員会
          渡  邉  世  一      委 員 会   三  木  一  明
  会   長
                          委 員 長

職務のため出席した事務局職員
                          事 務 局
  事務局長   並  木     衛              新  井  達  弥
                          副 局 長
  専門員兼
          関  口  勝  也
  調査係長


△開会及び開議の宣告

 (午前 9時47分)
○議長(亀田博子議員) おはようございます。ただいまの出席議員は26名であります。
 本日をもって招集されました平成26年第1回新座市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。
 本日の日程は、お手元に印刷配布してあるとおりであります。

△会議録署名議員の指名

○議長(亀田博子議員) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議規則第88条の規定により、議長において指名いたします。
 1番、榎本賢治議員、2番、浅野寛子議員、このお二人を会議録署名議員に指名をいたします。

△会期の決定

○議長(亀田博子議員) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 今期定例会の会期は、本日から3月26日までの35日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(亀田博子議員) ご異議なしと認めます。
 よって、今期定例会の会期は、本日から3月26日までの35日間と決定をいたしました。

△諸般の報告

○議長(亀田博子議員) 諸般の報告を行います。
 議長報告は事務局長がいたします。
 事務局長。
   〔事務局長(並木 衛)登壇〕
◎事務局長(並木衛) おはようございます。議長にかわりましてご報告申し上げます。
 初めに、平成25年第4回市議会定例会において可決されました議員提出議案の国会及び関係行政庁への提出状況について申し上げます。
 議第24号議案 新聞への消費税軽減税率適用を求める意見書につきましては、内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣宛てに、議第25号議案 森林吸収源対策及び地球温暖化対策に関する地方の財源確保を求める意見書につきましては、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣、農林水産大臣、経済産業大臣、環境大臣宛てに、議第26号議案 資産課税の軽減を求める意見書につきましては、内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣宛てに、議第27号議案 ブラック企業への厳正な対処を求める意見書につきましては、内閣総理大臣、厚生労働大臣、経済産業大臣宛てに、議第28号議案 派遣労働の範囲の拡大など労働者派遣法の改定を行わないことを求める意見書につきましては、内閣総理大臣、厚生労働大臣宛てに、議第31号議案 給付型奨学金制度の創設を求める意見書につきましては、内閣総理大臣、文部科学大臣宛てに、議第32号議案 消費税の軽減税率制度の導入を求める意見書につきましては、内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣宛てに、平成25年12月25日付、市議会議長名をもって送付いたしました。
 次に、市長から今期市議会定例会に提出されました議案について申し上げます。
 議案第1号 新座市表彰審査会条例、議案第2号 副市長及び教育委員会教育長の給与の支給の特例に関する条例、議案第3号 新座市地域の元気基金条例、議案第4号 新座市地域公共交通会議条例、議案第5号 新座市地域福祉計画推進委員会条例、議案第6号 新座市地域自立支援協議会条例、議案第7号 新座市介護保険事業計画等推進委員会条例、議案第8号 新座市健康づくり推進協議会条例、議案第9号 新座市予防接種健康被害調査委員会条例、議案第10号 新座市社会資本総合整備計画評価委員会条例、議案第11号 新座市立学校通学区域審議会条例、議案第12号 新座市就学支援委員会条例、議案第13号 新座市議会の議員の政務活動費の交付に関する条例の一部を改正する条例、議案第14号 特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例、議案第15号 新座市立集会所条例の一部を改正する条例、議案第16号 共に暮らすための新座市障がい者基本条例の一部を改正する条例、議案第17号 新座市立保育所条例の一部を改正する条例、議案第18号 新座市国民健康保険税条例の一部を改正する条例、議案第19号 新座市社会教育委員設置条例の一部を改正する条例、議案第20号 新座市民会館条例の一部を改正する条例、議案第21号 新座市青少年問題協議会条例の一部を改正する条例、議案第22号 新座市高齢者福祉施設整備基金条例を廃止する条例、議案第23号 埼玉県市町村総合事務組合の規約変更について、議案第24号 平成26年度新座市一般会計予算、議案第25号 平成26年度新座市国民健康保険事業特別会計予算、議案第26号 平成26年度新座市下水道事業特別会計予算、議案第27号 平成26年度新座市介護保険事業特別会計予算、議案第28号 平成26年度新座都市計画事業新座駅南口第2土地区画整理事業特別会計予算、議案第29号 平成26年度新座市後期高齢者医療事業特別会計予算、議案第30号 平成26年度新座都市計画事業新座駅北口土地区画整理事業特別会計予算、議案第31号 平成26年度新座市水道事業会計予算、議案第32号 平成25年度新座市一般会計補正予算(第10号)、議案第33号 平成25年度新座市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)、議案第34号 平成25年度新座市下水道事業特別会計補正予算(第5号)、議案第35号 平成25年度新座市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)、議案第36号 平成25年度新座都市計画事業新座駅南口第2土地区画整理事業特別会計補正予算(第5号)、議案第37号 平成25年度新座市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)、議案第38号 平成25年度新座都市計画事業新座駅北口土地区画整理事業特別会計補正予算(第4号)、議案第39号 平成25年度新座市水道事業会計補正予算(第4号)、議案第40号 財産の処分について、議案第41号 新座市道路線の認定について、議案第42号 新座市道路線の認定について、議案第43号 新座市道路線の廃止について、議案第44号 新座市道路線の廃止について、議案第45号 新座市教育委員会委員の任命について、議案第46号 新座市公平委員会委員の選任について。
 以上46件であります。議案につきましては、印刷の上お手元に配布いたしました。
 次に、議案審議の参考資料について申し上げます。新座市国民健康保険税条例の改正要旨、平成26年第1回新座市議会定例会提出諸条例案等についての新旧対照表、平成26年度一般会計歳入予算説明書、平成26年度一般会計・特別会計事業別予算説明書、平成26年度予算説明補足資料、平成26年度新座市水道事業会計予算概要説明書、平成26年第1回新座市議会定例会提出一般会計・特別会計補正予算事業別予算説明書、財産の処分に関する参考資料が市長から提出されましたので、お手元に配布いたしました。
 次に、平成26年第1回新座市議会定例会提出の平成26年度一般会計歳入予算説明書、平成26年度一般会計・特別会計事業別予算説明書、平成25年度一般会計・特別会計補正予算事業別予算説明書の一部訂正について、市長から正誤表が送付されましたので、お手元に配布しました。正誤表のとおりご訂正をお願いいたします。
 次に、陳情書について申し上げます。今期市議会定例会に提出されました陳情書は1件であります。受理いたしました陳情書につきましては、印刷の上お手元に配布いたしました。付託委員会につきましては、会議規則第145条の規定によりお手元に配布しております陳情文書表記載の委員会に付託いたします。
 次に、監査委員から平成25年11月分及び12月分の例月現金出納検査の結果についての報告がありましたので、その写しをお手元に配布いたしました。
 次に、今期市議会定例会に説明のため、市長、副市長、教育長、代表監査委員、教育委員会委員長、農業委員会会長、選挙管理委員会委員長、執行部における部長の職にある方並びに教育委員会における部長の職にある方、会計管理者、監査委員事務局長、選挙管理委員会事務局長、以上の方々が出席する旨の回答がありましたので、ご報告申し上げます。
 以上でございます。
○議長(亀田博子議員) 以上で議長報告が終わりましたので、ご了承願います。
 以上で諸般の報告を終わります。

△発言の申し出

○議長(亀田博子議員) 次に、25番、高邑朋矢議員から発言の申し出がありますので、許可いたします。
 25番、高邑朋矢議員。
   〔25番(高邑朋矢議員)登壇〕
◆25番(高邑朋矢議員) 25番、高邑です。この場をおかりして先日の文教環境常任委員会に遅刻してしまった件を謝罪いたします。
 委員長として自分が招集しておきながらその日程を間違え、遅刻をしてしまいました。文教環境常任委員会のメンバーにはもちろんのこと、市民環境部、教育委員会、議会事務局の方たち、そして傍聴に来られた市民の皆様には、本当にご迷惑をおかけしました。
 今回のことは、どのような理由があったとしても決して許されることではありません。今後このようなことのないように気をつけます。
 たくさんの方にご迷惑をおかけしたことを心からおわびいたします。本当に申しわけありませんでした。
○議長(亀田博子議員) 以上で、高邑朋矢議員の発言が終わりましたので、ご了承願います。

△議席の一部変更

○議長(亀田博子議員) 日程第3、議席の一部変更を議題といたします。
 所属会派の移動に伴い議席の一部変更を行う必要が生じたため、会議規則第4条第3項の規定により議席の一部を変更いたしたいと思います。その議席番号及び氏名を事務局長が朗読いたします。
 事務局長。
   〔事務局長(並木 衛)登壇〕
◎事務局長(並木衛) 議長にかわりましてご報告申し上げます。
 16番、高邑朋矢議員、17番、城口博隆議員、24番、木村俊彦議員、25番、塩田和久議員、26番、大山智議員。
 以上でございます。
○議長(亀田博子議員) お諮りいたします。
 ただいま朗読したとおり議席の一部を変更することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(亀田博子議員) ご異議なしと認めます。
 よって、ただいま朗読したとおり議席の一部を変更することに決しました。
 それでは、ただいま決定いたしました議席にそれぞれお着き願います。
 暫時休憩いたします。
   休憩 午前10時05分

   〔議長、副議長と交代〕
   再開 午前10時06分
○副議長(笠原進議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 15番、亀田博子議員から議長の辞職願が提出されましたので、議長にかわって行います。

△日程の追加

○副議長(笠原進議員) お諮りいたします。
 この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○副議長(笠原進議員) ご異議なしと認めます。
 よって、この際議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

△議長の辞職

○副議長(笠原進議員) 地方自治法第117条の規定により、15番、亀田博子議員の退席を求めます。
   〔15番(亀田博子議員)退席〕
○副議長(笠原進議員) 議長の辞職願を事務局長に朗読させます。
 事務局長。
   〔事務局長(並木 衛)登壇〕
◎事務局長(並木衛) 辞 職 願
  今般、一身上の都合により新座市議会議長を辞職したいので、許可されるよう新座市議会会議規則第146条第1項の規定により願い出ます。
   平成26年2月20日
  新座市議会副議長 笠原 進様
           新座市議会議長 亀田博子
  以上でございます。
○副議長(笠原進議員) お諮りいたします。
 15番、亀田博子議員の議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○副議長(笠原進議員) ご異議なしと認めます。
 よって、15番、亀田博子議員の議長の辞職を許可することに決しました。
 15番、亀田博子議員の復席を求めます。
   〔15番(亀田博子議員)復席〕

△日程の追加

○副議長(笠原進議員) ただいま議長が欠員となっております。
 お諮りいたします。この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○副議長(笠原進議員) ご異議なしと認めます。
 よって、この際議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

△議長の選挙

○副議長(笠原進議員) これより議長の選挙を行います。
 お諮りします。選挙の方法は、投票、指名推選のいずれの方法といたしますか。
   〔「投票」と言う人あり〕
○副議長(笠原進議員) それでは、投票によりこれより議長の選挙を行います。
 議場の閉鎖を命じます。
   〔議場閉鎖〕
○副議長(笠原進議員) ただいまの出席議員は26名であります。
 投票用紙を配布いたします。
   〔投票用紙配布〕
○副議長(笠原進議員) 投票用紙の配布漏れはございませんか。
   〔「なし」と言う人あり〕
○副議長(笠原進議員) 配布漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
   〔投票箱点検〕
○副議長(笠原進議員) 異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記入の上、点呼に応じて順次投票願います。
 点呼を命じます。
 事務局長。
◎事務局長(並木衛) 1番榎本賢治議員、2番浅野寛子議員、3番小池秀夫議員、4番平野茂議員、5番森田輝雄議員、6番鈴木明子議員、7番並木傑議員、8番島田久仁代議員、9番川上政則議員、10番鈴木秀一議員、11番白井忠雄議員、12番野中弥生議員、13番滝本恭雪議員、14番佐藤重忠議員、15番亀田博子議員、16番高邑朋矢議員、17番城口博隆議員、18番小野大輔議員、19番朝賀英義議員、20番芦野修議員、21番笠原進議員、22番石島陽子議員、23番工藤薫議員、24番木村俊彦議員、25番塩田和久議員、26番大山智議員。
○副議長(笠原進議員) 投票漏れはありませんか。
   〔「なし」と言う人あり〕
○副議長(笠原進議員) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
   〔議場開鎖〕
○副議長(笠原進議員) 開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に1番、榎本賢治議員及び8番、島田久仁代議員を指名いたします。
 よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。
   〔開  票〕
○副議長(笠原進議員) 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数26票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち有効投票  26票
     無効投票  0票
 有効投票中
   平 野   茂 議員  26票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は7票であります。
 よって、4番、平野茂議員が議長に当選されました。
 ただいま議長に当選されました4番、平野茂議員に、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。
 ただいま議長に当選されました4番、平野茂議員に就任の挨拶を願います。
 4番、平野茂議員。
   〔4番(平野 茂議員)登壇〕
◆4番(平野茂議員) 発言のお許しをいただきましたので、一言ご挨拶申し上げます。
 ただいま栄誉ある市議会第28代の議長に選任を賜り、心から感謝申し上げます。私自身にとりまして限りない光栄に存じますとともに、その責任の重さをひしひしと感じております。引き続き新座市の発展と住民福祉のさらなる向上に向け、そして市民の皆様の負託に応えるべく、誠心誠意円滑なる議会、中立公平なる議会に努めてまいります。
 また、地方分権が進み地方議会の役割がますます重要になっていく中、議会をより活気あるものとし、活発な中にも品位のある議会運営を目指し議会機能の向上に向けて全力を傾注してまいる所存でございますので、皆様のご協力のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。
○副議長(笠原進議員) 平野茂議長、議長席にお着き願います。
   〔副議長、議長と交代〕
○議長(平野茂議員) 21番、笠原進議員から副議長の辞職願が提出されました。

△日程の追加

○議長(平野茂議員) お諮りいたします。
 この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) ご異議なしと認めます。
 よって、この際副議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

△副議長の辞職

○議長(平野茂議員) 地方自治法第117条の規定により、21番、笠原進議員の退席を求めます。
   〔21番(笠原 進議員)退席〕
○議長(平野茂議員) 副議長の辞職願を事務局長に朗読させます。
 事務局長。
   〔事務局長(並木 衛)登壇〕
◎事務局長(並木衛) 辞 職 願
 今般、一身上の都合により新座市議会副議長を辞職したいので、許可されるよう新座市議会会議規則第146条第1項の規定により願い出ます。
  平成26年2月20日
 新座市議会議長 平野 茂様
         新座市議会副議長 笠原 進
 以上でございます。
○議長(平野茂議員) お諮りいたします。
 21番、笠原進議員の副議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) ご異議なしと認めます。
 よって、21番、笠原進議員の副議長の辞職を許可することに決しました。
 21番、笠原進議員の復席を求めます。
   〔21番(笠原 進議員)復席〕

△日程の追加

○議長(平野茂議員) ただいま副議長が欠員となっております。
 お諮りいたします。この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) ご異議なしと認めます。
 よって、この際副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

△副議長の選挙

○議長(平野茂議員) これより副議長の選挙を行います。
 お諮りいたします。選挙の方法は、投票、指名推選のいずれの方法といたしますか。
   〔「投票」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) 投票というお声が出ましたので、それでは投票によりこれより副議長の選挙を行います。
 議場の閉鎖を命じます。
   〔議場閉鎖〕
○議長(平野茂議員) ただいまの出席議員は26名であります。
 投票用紙を配布いたします。
   〔投票用紙配布〕
○議長(平野茂議員) 投票用紙の配布漏れはございませんか。
   〔「なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) 配布漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
   〔投票箱点検〕
○議長(平野茂議員) 異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記入の上、点呼に応じて順次投票願います。
 点呼を命じます。
 事務局長。
◎事務局長(並木衛) 1番榎本賢治議員、2番浅野寛子議員、3番小池秀夫議員、4番平野茂議員、5番森田輝雄議員、6番鈴木明子議員、7番並木傑議員、8番島田久仁代議員、9番川上政則議員、10番鈴木秀一議員、11番白井忠雄議員、12番野中弥生議員、13番滝本恭雪議員、14番佐藤重忠議員、15番亀田博子議員、16番高邑朋矢議員、17番城口博隆議員、18番小野大輔議員、19番朝賀英義議員、20番芦野修議員、21番笠原進議員、22番石島陽子議員、23番工藤薫議員、24番木村俊彦議員、25番塩田和久議員、26番大山智議員。
○議長(平野茂議員) 投票漏れはありませんか。
   〔「なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
   〔議場開鎖〕
○議長(平野茂議員) 開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に7番、並木傑議員、9番、川上政則議員を指名いたします。
 よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。
   〔開  票〕
○議長(平野茂議員) 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数26票、これは先ほどの出席議員数に符合しております。
 そのうち有効投票  26票
     無効投票  0票
 有効投票中
   石 島 陽 子 議員  26票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は7票であります。
 よって、22番、石島陽子議員が副議長に当選されました。
 ただいま副議長に当選されました22番、石島陽子議員に、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。
 ただいま副議長に当選されました22番、石島陽子議員に就任の挨拶を願います。
 22番、石島陽子議員。
   〔22番(石島陽子議員)登壇〕
◆22番(石島陽子議員) 22番、石島陽子です。ただいま副議長に選任をされましたので、一言ご挨拶をさせていただきます。
 現在、地方分権が進んで、地方自治体と地方議会の役割が以前にも増して大変重要視されております。副議長として平野議長を補佐し、市民のため、また議会の中立公正な運営、言論の府としての市議会の活性化のために努力してまいります。皆様のご協力を心からお願いをいたしまして、ご挨拶とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

△前議長の挨拶

○議長(平野茂議員) 前議長、15番、亀田博子議員より発言の申し出がありますので、許可をいたします。
 亀田博子議員。
   〔15番(亀田博子議員)登壇〕
◆15番(亀田博子議員) 15番、亀田博子です。議長より発言の許可をいただきました。退任に当たって一言ご挨拶を申し上げます。
 初めに、先週末の大雪の被害、大変大きな被害がありまして、多くの皆様がお亡くなりになったとの報道がございます。心からお悔やみを申し上げますし、一日も早い復旧復興を祈るものでございます。
 私は2年前、改選後第1回定例会で第27代の議長として選出をいただきました。1年間の中で1人の議員の辞職があり、また新たに26人でスタートをしたという異例の2年間でございました。多くの皆様のご支援、ご協力をいただきながら、そして多くの皆様のご指導、ご鞭撻を賜る中、2年間議長職を務めてまいりました。支えていただきました全ての皆様に心から感謝を申し上げる次第でございます。
 2年間を振り返ってみて、まず新座市が各議長会の役職が回ってくるという、そういう年に当たりました。1年目は、5区議長会の会長、埼玉県議長会の副会長、関東理事と4つの役職が回る中、その会のそれぞれの運営と審議に参加をして、重責でしたが果たしてまいりました。
 2年目は、全国の1つの役割を残しながら、朝霞地区議長会の会長職も務めてまいりました。また、私にとっては思いがけないことがございまして、これは8年に1度と、それから6年に1度がちょうど重なった年に私議長に選任になりまして、新座市が所属する組合の監査を2つとも監査委員を2年間務めてまいりました。朝霞地区一部事務組合の監査、そして志木地区衛生組合の監査を2年間同時に務めるという大変重責な部分も務めてまいりました。改選前、4年間新座市の監査委員として務めておりましたので、監査の重要性は大変わかっておりました。その中で、それぞれの組合の監査を2年間、私にとっては大変ヘビーなものでございました。両組合とも管理者、そして多くの職員の皆様のご協力をいただく中、順調に事業が進捗したことを何よりと思っておりますが、一つ一つの組合の監査、例月出納検査だったり、決算監査だったり、定期監査だったり、足しげく両組合に足を運びまして、そして1つずつ組合の監査が終わったときの安堵感は、これは何物にもかえがたいものでして、私にとってこれは重責だったのだなと思って、今その監査委員の職を辞職したことも、今ほっとしているところであります。
 そして、毎定例会には議会運営委員会の皆様に一つ一つお決めをいただきながら、議会を運営をしてまいりました。副議長にも助けていただきました。そして、事あるごとに党・会派代表者会議を開き、党・会派代表者の皆様にご協議をいただいて、結論を見出して、大きな助けとなりました。本当に心から感謝を申し上げます。
 そして、何よりも市長、副市長、教育長、執行部の皆様、そして行政員の皆様が、誠実に議会を対応していただく中で議会運営ができたことを心から喜んでいるところであります。
 また、定例会以外でも特別委員会を3つおつくりいただいて、それぞれ議論をしていただきました。市庁舎に関する特別委員会は、市長部局と一緒になって何回も議論を重ね、新しい庁舎の道筋ができたことも喜んでいるところでございます。
 また、議会以外でも、市の行事、各種団体の催し物、いろいろなところにお招きをいただきました。私は2年間、議長職として議会を代表してそういった催し物、市の行事に参加をして、本当に驚いたことは、市民の多くの皆様のご支援、ご協力をいただいてこの新座市政が運営をされているということを改めて知ることができました。新座市は墓園事業がございますから、まさに揺りかごから墓場までのいろいろな事業、例えば防災の分野にしても、交通安全の問題にしても、環境しかり、福祉しかり、教育しかり、ありとあらゆるところで市民の多くの皆様が支えていただいていることを、議会を長く期をやっておりますけれども、改めて実感をしたわけでございます。これは、須田市長が本当に協働と連帯のまちづくりを進めてきて、多くの市民の皆様のご協力をいただいた、そのように思って、言葉は足りませんでしたが、心から感謝をし、議会を代表してお一人一人に御礼を申し上げてきた2年間だと思います。これは、議長職を退いても、そうした多くの皆様のご協力をいただいていることを私はゆめゆめ忘れてはいけないと、今心に思っているところでございます。
 新議長、副議長が決定をいただきました。新たな平野新議長、そして石島新副議長のもと、ますますの議会の活性化を祈るものであります。議員の皆様のますますのご活躍と、そして何よりも新座市の発展を心から祈り、そして議会と公務を全て支えていただきました名塚前局長、並木現局長、そして新井副局長、議会事務局職員の皆様に心から感謝を申し上げ、またご支援、ご協力いただいた全ての皆様に感謝を申し上げ、退任に当たってのご挨拶とさせていただきます。2年間本当にお世話になりました。ありがとうございました。

△前副議長の挨拶

○議長(平野茂議員) 前副議長、21番、笠原進議員より発言の申し出がありますので、許可をいたします。
 笠原進議員。
   〔21番(笠原 進議員)登壇〕
◆21番(笠原進議員) 21番、笠原です。退任に当たりまして一言ご挨拶を申し上げます。
 2年前に副議長に選出をしていただきました。その前の2年間も実は副議長だったのですけれども、合わせて4年間副議長をさせていただきました。議員の皆さん、執行部の皆さん、そして議会事務局の皆さんには、大変支えていただいてありがとうございました。議長をどれだけ補佐できたかはいささか心もとない話でありますけれども、皆さんの協力をいただいて大過なく何とかやり過ごせたかなと思っています。
 議会は、もともと意見の違う議員が選ばれてきていますから、私は議会はそれぞれ自分たちが思っていることをしっかり発言をするということが一番大事なことだし、そのことが言論の府の役割だというふうに思って活動しています。今回の新座市議会の一般質問も、議長以外の25名が全員通告をしています。これは、何も今回に限ったことではなく、最近新座市議会は25名、議長以外は全部一般質問をするという議会がすごく多くなって、これは26年前に私は初めてこの議場に立ちましたけれども、そのときと比べれば本当に随分変わったなというふうに思っていますし、全国あちこちの視察などに行っても、そういう議会は本当にありませんから、そういう意味ではよその議会に誇っていい中身だというふうに思っていますので、私はぜひ続けていきたいなというふうに思っています。
 だけれども、同時に議会は市民の目線に立って、市民の皆さんが聞いていて、私たちの気持ちを代弁しているな、私たちにかわってしっかりチェックしているなというふうに思ってもらうことが、すごく大事だと思います。そういう点から見れば、まだまだ私たちには足りないところがあるのではないでしょうか。市民の皆さんから議会に注がれる目は、厳しいものがあるというふうに私はいつも思っています。そういう人たちにしっかり応えられるようなそういう新座市議会を新しい平野議長、石島副議長のもとで、私も今度は一人の議員として力を尽くしていきたいというふうに思います。
 2年間本当にありがとうございました。

△日程の追加

○議長(平野茂議員) お諮りいたします。
 1番、榎本賢治議員から議会運営委員会委員の辞任願が提出されましたので、この際議会運営委員会委員の辞任の件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) ご異議なしと認めます。
 よって、この際議会運営委員会委員の辞任の件を日程に追加し、議題とすることは可決されました。

△議会運営委員会委員の辞任

○議長(平野茂議員) 議会運営委員会委員の辞任の件を議題といたします。
 地方自治法第117条の規定により、1番、榎本賢治議員の退席を求めます。
   〔1番(榎本賢治議員)退席〕

△会議録署名議員の追加指名

○議長(平野茂議員) 会議録署名議員の追加指名を行います。
 会議録署名議員であります1番、榎本賢治議員が退席しておりますので、会議規則第81条の規定により、3番、小池秀夫議員を会議録署名議員に追加指名いたします。
 議会運営委員会委員の辞任願を事務局長に朗読させます。
 事務局長。
   〔事務局長(並木 衛)登壇〕
◎事務局長(並木衛) 辞 任 願
 今般、一身上の都合により議会運営委員会委員を辞任したいので、許可されるよう新座市議会委員会条例第12条の規定により願い出ます。
  平成26年2月20日
 新座市議会議長 平野 茂様
               委員 榎本賢治
 以上でございます。
○議長(平野茂議員) お諮りいたします。
 ただいま朗読したとおり、議会運営委員会委員、榎本賢治委員の辞任を許可することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) ご異議なしと認めます。
 よって、議会運営委員会委員、榎本賢治委員の辞任を許可することは可決されました。
 1番、榎本賢治議員の復席を求めます。
   〔1番(榎本賢治議員)復席〕

△日程の追加

○議長(平野茂議員) お諮りいたします。
 13番、滝本恭雪議員から議会運営委員会委員の辞任願が提出されましたので、この際議会運営委員会委員の辞任の件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) ご異議なしと認めます。
 よって、この際議会運営委員会委員の辞任の件を日程に追加し、議題とすることは可決されました。

△議会運営委員会委員の辞任

○議長(平野茂議員) 議会運営委員会委員の辞任の件を議題といたします。
 地方自治法第117条の規定により、13番、滝本恭雪議員の退席を求めます。
   〔13番(滝本恭雪議員)退席〕
○議長(平野茂議員) 議会運営委員会委員の辞任願を事務局長に朗読させます。
 事務局長。
   〔事務局長(並木 衛)登壇〕
◎事務局長(並木衛) 辞 任 願
 今般、一身上の都合により議会運営委員会委員を辞任したいので、許可されるよう新座市議会委員会条例第12条の規定により願い出ます。
  平成26年2月20日
 新座市議会議長 平野 茂様
               委員 滝本恭雪
 以上でございます。
○議長(平野茂議員) お諮りいたします。
 ただいま朗読したとおり、議会運営委員会委員、滝本恭雪委員の辞任を許可することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) ご異議なしと認めます。
 よって、議会運営委員会委員、滝本恭雪委員の辞任を許可することは可決されました。
 13番、滝本恭雪議員の復席を求めます。
   〔13番(滝本恭雪議員)復席〕

△日程の追加

○議長(平野茂議員) お諮りいたします。
 16番、高邑朋矢議員から議会運営委員会委員の辞任願が提出されましたので、この際議会運営委員会委員の辞任の件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) ご異議なしと認めます。
 よって、この際議会運営委員会委員の辞任の件を日程に追加し、議題とすることは可決されました。

△議会運営委員会委員の辞任

○議長(平野茂議員) 議会運営委員会委員の辞任の件を議題といたします。
 地方自治法第117条の規定により、16番、高邑朋矢議員の退席を求めます。
   〔16番(高邑朋矢議員)退席〕
○議長(平野茂議員) 議会運営委員会委員の辞任願を事務局長に朗読させます。
 事務局長。
   〔事務局長(並木 衛)登壇〕
◎事務局長(並木衛) 辞 任 願
 今般、一身上の都合により議会運営委員会委員を辞任したいので、許可されるよう新座市議会委員会条例第12条の規定により願い出ます。
  平成26年2月20日
 新座市議会議長 平野 茂様
               委員 高邑朋矢
 以上でございます。
○議長(平野茂議員) お諮りいたします。
 ただいま朗読したとおり、議会運営委員会委員、高邑朋矢委員の辞任を許可することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) ご異議なしと認めます。
 よって、議会運営委員会委員、高邑朋矢委員の辞任を許可することは可決されました。
 16番、高邑朋矢議員の復席を求めます。
   〔16番(高邑朋矢議員)復席〕

△日程の追加

○議長(平野茂議員) お諮りいたします。
 22番、石島陽子議員から議会運営委員会委員の辞任願が提出されましたので、この際議会運営委員会委員の辞任の件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) ご異議なしと認めます。
 よって、この際議会運営委員会委員の辞任の件を日程に追加し、議題とすることは可決されました。

△議会運営委員会委員の辞任

○議長(平野茂議員) 議会運営委員会委員の辞任の件を議題といたします。
 地方自治法第117条の規定により、22番、石島陽子議員の退席を求めます。
   〔22番(石島陽子議員)退席〕
○議長(平野茂議員) 議会運営委員会委員の辞任願を事務局長に朗読させます。
 事務局長。
   〔事務局長(並木 衛)登壇〕
◎事務局長(並木衛) 辞 任 願
 今般、一身上の都合により議会運営委員会委員を辞任したいので、許可されるよう新座市議会委員会条例第12条の規定により願い出ます。
  平成26年2月20日
 新座市議会議長 平野 茂様
               委員 石島陽子
 以上でございます。
○議長(平野茂議員) お諮りいたします。
 ただいま朗読したとおり、議会運営委員会委員、石島陽子委員の辞任を許可することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) ご異議なしと認めます。
 よって、議会運営委員会委員、石島陽子委員の辞任を許可することは可決されました。
 22番、石島陽子議員の復席を求めます。
   〔22番(石島陽子議員)復席〕

△日程の追加

○議長(平野茂議員) お諮りいたします。
 26番、大山智議員から議会運営委員会委員の辞任願が提出されましたので、この際議会運営委員会委員の辞任の件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) ご異議なしと認めます。
 よって、この際議会運営委員会委員の辞任の件を日程に追加し、議題とすることは可決されました。

△議会運営委員会委員の辞任

○議長(平野茂議員) 議会運営委員会委員の辞任の件を議題といたします。
 地方自治法第117条の規定により、26番、大山智議員の退席を求めます。
   〔26番(大山 智議員)退席〕
○議長(平野茂議員) 議会運営委員会委員の辞任願を事務局長に朗読させます。
 事務局長。
   〔事務局長(並木 衛)登壇〕
◎事務局長(並木衛) 辞 任 願
 今般、一身上の都合により議会運営委員会委員を辞任したいので、許可されるよう新座市議会委員会条例第12条の規定により願い出ます。
  平成26年2月20日
 新座市議会議長 平野 茂様
               委員 大山 智
 以上でございます。
○議長(平野茂議員) お諮りいたします。
 ただいま朗読したとおり、議会運営委員会委員、大山智委員の辞任を許可することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) ご異議なしと認めます。
 よって、議会運営委員会委員、大山智委員の辞任を許可することは可決されました。
 26番、大山智議員の復席を求めます。
   〔26番(大山 智議員)復席〕

△議第1号議案 新座市議会委員会条例の一部を改正する条例

○議長(平野茂議員) 続いて、議第1号議案 新座市議会委員会条例の一部を改正する条例を議題といたします。
 議案の朗読は省略することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) ご異議なしと認めます。
 よって、議案の朗読は省略することに決しました。
 よって、直ちに議第1号議案 新座市議会委員会条例の一部を改正する条例に対する提案理由の説明を求めます。
 22番、石島陽子議員。
   〔22番(石島陽子議員)登壇〕
◆22番(石島陽子議員) 22番、石島です。議第1号議案 新座市議会委員会条例の一部を改正する条例について提案理由の説明を行います。
 会派数が変更になったことから、議会運営委員会の委員の定数を改めるためこの案を提出するものです。
 賛成者は、森田輝雄議員、鈴木秀一議員、浅野寛子議員、川上政則議員、芦野修議員、木村俊彦議員、島田久仁代議員の各議員です。
 ご賛同をよろしくお願いいたします。
○議長(平野茂議員) お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案は、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) ご異議なしと認めます。
 よって、ただいま議題となっております議案は、委員会の付託を省略することに決しました。
 議第1号議案 新座市議会委員会条例の一部を改正する条例について質疑願います。
 質疑ありませんか。
   〔「なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) 質疑なしと認めます。
 討論ありませんか。
   〔「なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) 討論なしと認めます。
 本件を採決いたします。
 議第1号議案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) ご異議なしと認めます。
 よって、議第1号議案は原案のとおり可決されました。
 暫時休憩いたします。
   休憩 午前10時54分

   再開 午前11時15分
○議長(平野茂議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

△日程の追加

○議長(平野茂議員) お諮りいたします。
 ただいま議会運営委員会委員が欠員となっております。この際、議会運営委員会委員の選任についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) ご異議なしと認めます。
 よって、この際議会運営委員会委員の選任についてを日程に追加し、議題とすることは可決されました。

△議会運営委員会委員の選任

○議長(平野茂議員) 議会運営委員会委員の選任についてを議題といたします。
 お諮りいたします。議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第6条第1項の規定により議長により指名を行います。
 2番浅野寛子議員、10番鈴木秀一議員、20番芦野修議員、24番木村俊彦議員を指名いたします。ただいま指名いたしました議員を議会運営委員会委員に選任することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕
○議長(平野茂議員) ご異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名いたしました2番浅野寛子議員、10番鈴木秀一議員、20番芦野修議員、24番木村俊彦議員を議会運営委員会委員に選任することは可決されました。
 ただいま議会運営委員会正副委員長が欠員となっております。よって、委員会において正副委員長の互選を願うわけでありますが、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において口頭により委員会を招集いたします。
 休憩中に委員会を開き、正副委員長の互選を行い、その結果を報告願います。
 暫時休憩します。
   休憩 午前11時17分

   再開 午前11時18分
○議長(平野茂議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

△議会運営委員会正副委員長の互選

○議長(平野茂議員) 議会運営委員会における正副委員長の互選の結果について報告がありましたので、事務局長に報告をさせます。
 事務局長。
   〔事務局長(並木 衛)登壇〕
◎事務局長(並木衛) 議長にかわりましてご報告申し上げます。
 議会運営委員会委員長、5番森田輝雄議員、議会運営委員会副委員長、10番鈴木秀一議員。
 以上でございます。
○議長(平野茂議員) 以上のとおりでありますので、ご了承願います。

△次会日程の報告

○議長(平野茂議員) 以上をもちまして本日の日程は全部終了いたしました。
 明21日は本会議を開きますので、定刻までにご参集くださいますようお願いいたします。

△散会の宣告

○議長(平野茂議員) 本日はこれにて散会いたします。
 大変ご熱心にご苦労さまでございました。
   散会 午前11時19分