議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 志木市

平成20年  6月 定例会(資料) 資料




平成20年  6月 定例会(資料) − 資料







平成20年  6月 定例会(第2回)



          平成20年第2回志木市議会定例会会期日程

                             **会期18日間**



期日
曜日
開議時刻
摘要


6月3日

午前10時
本会議 開会
    会議録署名議員の指名
    会期の決定
    議長の諸報告
    市長の諸報告
    第48号議案、第49号議案
         一括上程・説明・質疑・討論・採決
    第50号議案    上程・説明・質疑・採決
    第57号議案 上程・説明・質疑・討論・採決
    第52号議案〜第56号議案、第51号議案
                  一括上程・説明
    報告第2号              報告


6月4日

 
議案調査日


6月5日

 
議案調査日


6月6日

午前10時
本会議 総括質疑(第52号議案〜第56号議案、第51号議案)
    常任委員会付託(第52号議案〜第56号議案、第51号議案、陳情第1号、請願第1号〜請願第11号)


6月7日

 
 


6月8日

 
 


6月9日

 
議案調査日


6月10日

午前10時
常任委員会(総務委員会、市民福祉委員会)


6月11日

常任委員会(文教都市委員会)


6月12日

 
議案調査日


6月13日

午前10時
本会議 一般質問


6月14日

 
 


6月15日

 
 


6月16日

午前10時
本会議 一般質問


6月17日

本会議 一般質問


6月18日

 
議案調査日


6月19日

 
議案調査日


6月20日

午前10時
本会議 常任委員長報告            質疑
    第52号議案〜第56号議案、第51号議案、陳情第1号、請願第1号〜請願第11号
                    討論・採決
    意見書第2号
           上程・説明・質疑・討論・採決
    閉会



     平成20年第2回志木市議会定例会議案等一覧

                        平成20年6月3日・6月20日



議案等番号
件名
審議の結果
採決の状況
議決等年月日


第48号議案
専決処分の承認を求めることについて(志木市税条例の一部を改正する条例)
原案承認
全会一致
H20.6.3


第49号議案
専決処分の承認を求めることについて(志木市都市計画税条例の一部を改正する条例)
原案承認
全会一致
H20.6.3


第50号議案
志木市教育委員会委員の任命について
原案同意
全会一致
H20.6.3


第57号議案
埼玉県市町村総合事務組合の規約変更について
原案可決
全会一致
H20.6.3


第51号議案
平成20年度志木市一般会計補正予算(第2号)
原案可決
全会一致
H20.6.20


第52号議案
志木市ふれあいプラザ条例の一部を改正する条例
原案可決
賛成多数
H20.6.20


第53号議案
志木市重度心身障害者医療費支給に関する条例等の一部を改正する条例
原案可決
全会一致
H20.6.20


第54号議案
志木市国民健康保険税条例の一部を改正する条例
原案可決
賛成多数
H20.6.20


第55号議案
志木市自転車駐車場条例及び志木市自動車駐車場条例の一部を改正する条例
原案可決
賛成多数
H20.6.20


第56号議案
志木市立八ケ岳少年自然の家条例の一部を改正する条例
原案可決
全会一致
H20.6.20


陳情第1号
「後期高齢者医療制度」廃止の意見書を国へ提出を求める陳情書
不採択
賛成多数
H20.6.20


請願第1号
「子ども医療費無料化の年齢引上げ」に関する請願書
不採択
賛成多数
H20.6.20


請願第2号
「国民健康保険税引下げ」に関する請願書
不採択
賛成多数
H20.6.20


請願第3号
「下水道料金の引下げ」に関する請願書
不採択
賛成多数
H20.6.20


請願第4号
「子ども医療費無料化の年齢引上げ」に関する請願書
不採択
賛成多数
H20.6.20


請願第5号
「下水道料金の引下げ」に関する請願書
不採択
賛成多数
H20.6.20


請願第6号
「子ども医療費無料化の年齢引上げ」に関する請願書
不採択
賛成多数
H20.6.20


請願第7号
「国民健康保険税引下げ」に関する請願書
不採択
賛成多数
H20.6.20


請願第8号
「下水道料金の引下げ」に関する請願書
不採択
賛成多数
H20.6.20


請願第9号
「子ども医療費無料化の年齢引上げ」に関する請願書
不採択
賛成多数
H20.6.20


請願第10号
「国民健康保険税引下げ」に関する請願書
不採択
賛成多数
H20.6.20


請願第11号
「下水道料金の引下げ」に関する請願書
不採択
賛成多数
H20.6.20


意見書第2号
後期高齢者医療制度の運用改善を求める意見書
原案否決
賛成多数
H20.6.20



       平成20年第2回志木市議会定例会一般質問通告一覧表



順位
質問者
件名
要旨
答弁者



吉川義郎
1 志木駅周辺違法放置自転車対策について
(1) 志木陸橋下の志木市駐輪場を閉鎖した後の状況はどうなっているのか
市長


(2) にしぶ第2駐輪場(200台収容)のオープンは歓迎すべきことだが、ダイエー前の1,000台を超える放置自転車、駅周辺の数百台の放置自転車をどこに駐車させるのか、具体的な計画を聞く
市長


(3) 志木陸橋下の土地をもう一度借りて、駐輪場にする考えはないのか
市長


2 柳瀬川駅エレベーター設置について
(1) 第四次志木市総合振興計画、実施計画の中に、平成21年度に柳瀬川駅エレベーター等設置補助事業として、8,604万円を計上しているが現時点での進捗状況や、今後の展望を聞く
市長


(2) 柳瀬川駅エレベーター設置事業は、平成18年12月に施行された「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」に基づく、事業であると認識してよいか
市長


3 平成21年度、22年度の財政収支について
 第四次志木市総合振興計画、実施計画の中で、志木市の財政計画フレームは、平成21年度、22年度合計で、19億2,009万2千円の赤字、財源不足になる予測である。これに対して、どのように対処するつもりなのか
市長



磯野晶子
1 緊急時連絡システム整備事業について
 緊急時連絡システム整備事業の拡充について
市長


2 ふれあい号の今後の方向性について
 ふれあい号の今後の方向性について
市長


3 妊婦無料健診について
 里帰り出産等の妊婦健診の助成については現在どのようになっているのかについて
市長


4 ネットいじめ対策について
 ネットいじめ対策についての市の対応について
教育長



池田則子
1 市内小・中学校校舎耐震化の促進状況と今後の取り組みについて
 市内小・中学校校舎耐震化の促進状況と今後の取り組み等について
市長


2 「災害時要援護者」支援対策の取り組み等について
 平成18年3月政府の中央防災会議において「災害時要援護者の避難支援ガイドライン」が示され、市区町村に対し、具体的な避難支援計画の策定等の取り組みが要請されているが、志木市における要援護者の情報把握を含め避難支援プランの策定等、整備推進の取り組みについて
市長


3 市公式モバイルサイト事業について
 市からの情報を、「いつでも、どこでも」キャッチできるように公式ホームページの携帯電話向けサイトを構築し、新着情報や緊急情報等のメール配信するということだが概要について
市長


4 道路特定財源について
 道路特定財源の暫定税率が廃止された場合、志木市では、どの様な影響が生じるのかについて
市長



内山純夫
1 ひとり親手当給付の実態と今後について
 乳児を抱えるひとり親に対して育児及び生活費を給付することは親の育児を支援することになる。生後8か月を経過しないと認可保育園への入所資格のない現行法では、特に少子化対策上必要な政策である。現状の実態と今後の政策方針を伺いたい
市長


2 出産費用一時負担の実態と今後について
 出産費用は当事者が支払い、数か月以内に当事者に給付されると理解しているが、当事者の金銭的負担を皆無にすることは少子化対策上必要な政策である。実態と今後の政策方針を伺いたい
市長


3 保育施設利用開始月齢の繰上げについて
 月齢8か月経過することが認可保育所への利用条件になっているが、産休の期間は通常出産後3か月以内が多い。従って、生後3か月の乳児から利用を認めることを提案する。利用開始月齢の繰上げについて政策方針を伺いたい
市長


4 保育施設利用負担金額の平等化について
 認可保育施設と認可外保育施設の保育料金はそれぞれ異なっている。どちらの保育施設を利用する場合でも保護者の負担金額を同額にするべきである。施設への補助や助成の仕組みを作っていただきたい
市長


5 公立保育園長の人事権の強化について
 園長の現状は「中二階的存在」である。現場の職員からは突き上げられ、執行部からは抑えられていて、自分が目指す園の運営に支障をきたしている。現場のことは現場に任せるほうが保育の質は向上すると確信する。そのためには、園長の人事権を強化すべきだと考える。園長の人事権強化をどう考えるか伺いたい
市長


6 小・中学校長の人事権の強化について
 生徒一人一人の個性を大切に育むためには、学校現場に権限を与えることが必要である。校長が学校の経営者として誇りと責任を持てるよう校長の人事権強化を望みたい。どう考えるか伺いたい
教育長


7 通学路の利用方法について
(1) 朝の登校時、中学生は横に広がり談笑しながら学校へ向う。実に楽しそうだ。小学生は縦一列になり黙々と学校に向かう。小学生にも、楽しく通えるような工夫はできないのか。通学の安全確保のために、生徒たちの最大の利益を犠牲にしてよいはずはない。自動車こそが、徐行するなど生徒に道路を譲るべきである。従前とは異なり、運転マナーも向上したので、生徒に道路を譲る姿勢が当然の如く見られる。縦列登校を取りやめてほしいが、お考えを伺いたい
教育長


(2) 歩道の整備計画では、学校周辺を優先するべきと思うがお考えを伺いたい
市長


8 キャッチボール可能な場所造りについて
 子供たちがキャッチボールする場所に事欠いている。ほとんどの公園はキャッチボール禁止が現状だ。子供にとり、キャッチボールは不可欠の遊びだと考える。コンビニの数ほどキャッチボールできる場所を作っていただきたい
市長


9 焚き火可能な場所造りについて
 焼き芋大会をイベントとして実施すると、子供たちがはつらつと動き楽しむ姿に出会うことができる。これを見るたび思うことがある。焼き芋をイベントとしてではなく、日常的に路地などを利用できた昔の姿に近づけることはできないものか。火災予防や、環境問題など、現在は複雑な阻害要因があるが何か良い方法はないものだろうか。ご意見を伺いたい
市長


10 駅型民間保育施設助成事業終了後の政策方針について
 現在施行中の駅型民間保育施設助成事業は平成20年度で終了することが決定されている。平成21年度からはどのようにするのか。執行部の考えを伺いたい
市長


11 学童保育クラブの担当部署改革について
 学童保育クラブは小学校の敷地内にありながら、健康福祉部に所属するため、学校長の権限範囲外と扱われている。そのため、生徒は課業で使用する教室などの施設利用ができない状態である。クラブ利用の子供たちにしてみれば、違和感があると想像する。学童保育クラブの運営権を当該学校長に委ねることはできないものか。執行部の考えを伺いたい
市長


12 254バイパス計画での方針確認について
 平成12年作成の志木都市計画マスタープランで、254バイパス建設計画に「地下化案」を検討するとなっている。県の平面案を受けて、市の立場を明確に示す必要があると考える。執行部の考えを伺いたい
市長



山崎東吉
 教育における規範意識について
 今春千葉県の高校で、入学金未納者を入学式に出席させない事態が発生した。当然のことではあるが、この問題を一例として、本市では教育の場における規範意識をどう徹底させるのか、教育長の基本方針を問う
教育長



伊地知伸久
1 「志木陸橋下無料駐輪場」の閉鎖について
(1) 閉鎖となった経緯について
都市整備部長


(2) 閉鎖後の状況について
都市整備部長


(3) 志木駅前駐輪対策について
都市整備部長


2 教育長の教育理念について
 新たに就任された教育長の所信を伺う。また今後の教育行政についてお考えを伺う
教育長


3 新学習指導要領の実施について
 大幅に改訂された小・中学校学習指導要領が、平成21年4月よりできるものから実施されるが、その対応について
教育長



池ノ内秀夫
 柏町6丁目地内坂下橋下流の整備について
 柏町6丁目地内坂下橋下流(館大排水路)の上部蓋掛整備について
都市整備部長



香川武文
1 組織改革について
 本年度より新たな組織がスタートしたが、その現状把握と見直しのあり方について
市長


2 職員のメンタルヘルスについて
 本市職員における現状認識と課題、今後の対応について
市長


3 読書活動の推進について
(1) 図書離れが叫ばれる中、本市小・中学校における読書教育の推進について
教育長


(2) 本市小・中学校における図書充足率の状況と、今後の予算措置のあり方、図書内容の充実について
教育政策部長


4 下水道(汚水)の整備向上について
 本市市街化調整区域における下水道(汚水)整備進捗に向けての今後の対応について
都市整備部長



河野芳徳
1 志木市の防災について
(1) 現在、避難場所とされている体育館の耐震化は終了しているとのことですが、新潟中越地震では避難所である体育館の耐震化が終了しているのにもかかわらず床がくずれてしまい使用できなかったとのことです。ついては、現在志木市の体育館の状態について
市長


(2) 現在、志木市でも市内住宅に助成を出していると思われますが、その施策の現在までの実績について
市長


(3) 地震による被害で一番多いものは、家屋の倒壊によるもので、その次に多いのが家具の転倒によるものです。家具転倒を防ぐためにも志木市でも家具転倒防止器具の普及について
市長


(4) 未実施の志木第二中学校校舎の耐震化について
市長


2 市民サービスについて
(1) 市民が市役所にきて経験する不愉快なこととして市役所の中でたらい回しにされることなどがあげられます。市民からの問い合わせでよくある質問であると思われますが、そういった相談対応業務は仕事量全体のうちどれほどの量かについて
市長


(2) 市民相談を一元化し、たらい回しを防ぐためにもコールセンターを設置することについて
市長


3 市民の防犯について
 地域ぐるみで子供の安全を守るためにも防犯メールをつくり発信することはできないか
市長


10
高浦康彦
1 国民健康保険制度について
(1) 国民健康保険税引き下げについて
市長


(2) 資格証明書発行中止と被保険者証未交付の改善について
市長


2 子ども医療費無料制度の年齢引き上げについて
 現行の医療無料制度での小学校入学前までを、小学校卒業まで年齢引き上げについて
市長


3 福祉の充実について
(1) 生活困窮者救済のための「生活つなぎ資金貸付制度」新設について
市長


(2) 福祉タクシー券と自動車等燃料券の発行増について
市長


4 防災対策について
(1) 消防法改正に伴う住宅火災警報器設置の補助制度の新設について
市民生活部長


(2) 耐震診断、耐震補強工事の補助制度の拡充について
都市整備部長


5 志木市行財政再生プランにある社会教育施設の指定管理者制度検討について
 社会教育施設(柳瀬川図書館・いろは遊学館)の指定管理者制度検討について
企画部長
教育政策部長


6 教育問題について
(1) 志木小学校の図書施設について
教育長


(2) 中学校のクラブ活動支援について
教育長


7 住民、諸団体からの要望書に対する行政の対応について
 住民、諸団体からの要望書に対する行政の対応について
市長


11
水谷利美
1 下水道料金の引き下げについて
 下水道料金の引き下げについて
市長


2 市内循環バスについて
 市内循環バスの検討について
市民生活部長


3 交通安全対策について
(1) 県道宗岡さいたま線の市民病院先の交差点に手信号の設置について
都市整備部長


(2) せせらぎの小径東中央4号橋に信号の設置をすることについて
都市整備部長


4 放置自転車対策について
 陸橋下の無料自転車置場の復活について
都市整備部長


5 後期高齢者医療制度について
(1) 健康診査の自己負担金の無料化について
市長


(2) 保養所の補助について
市長


(3) 人間ドックの補助について
市長


6 学校施設の改修について
(1) 宗岡第二中学校の体育館の改修について
教育長


(2) 市内小・中学校のトイレの改修状況について
教育長


7 254バイパス問題について
(1) 平面案に同意したが、その理由と市民生活への影響について市長の見解を問う
市長


(2) 平面案に同意したが、構造についての具体的な協議は行われているのか
 ア 交差点のか所付け及び平面か立体かの協議について
 イ 幅員13mの環境緩衝帯の協議について(自転車と歩行者の分離はされるのか)
 ウ 歩道橋の構造とか所付けについて
都市整備部長


(3) 市民の意見の把握はどう行っていくのか
都市整備部長


(4) 市長と住民との話し合いについて
市長


12
天田いづみ
1 組織について
 組織のあり方について
市長


2 市民協働について
 市民が安心して活動できるために
市長


3 健康づくりについて
 市民の心身の健康保持に向けた取り組み
市長


4 駐輪対策について
 志木駅周辺の駐輪対策について
市長


5 選挙事務について
 選挙事務のあり方について
選挙管理委員会委員長


6 志木市の教育について
(1) 自治における教育のあり方
教育長


(2) 教職員の研修について
教育長


13
小山幹雄
1 違法駐輪について
 志木駅周辺(ダイエー前)の違法駐輪問題に関しては、何年もの間、指摘されてきておりいまだ違法駐輪問題は解決されていない。歩行者及び車両の通行にも大変危険な状況である。違法駐輪に対してどのような解決策があるのかお伺いする
市長


2 今後の志木市のあり方について
 財政が厳しい志木市にとって、今後の志木市を考えるに、市として観光事業などに力を入れる考えはあるのかお伺いする
市長


3 健康管理について
 職員の健康管理について、精神疾患による休暇をしている職員は何人位いるのか、またその状況について
市長


4 残業について
 平成20年5月までの残業状況をおたずねする
市長


5 危機管理について
 先般の職員による現金横領の不祥事以降どのような管理体制をしているのか
市長


6 庁舎建て替えについて
 庁舎の耐震診断を踏まえ、庁舎建て替えについてお伺いする
市長



               請願等文書表

                       平成20年第2回志木市議会定例会



受理番号
受理年月日
件名
提出者
紹介議員
付託委員会


陳情第1号
平成20年5月26日
「後期高齢者医療制度」廃止の意見書を国へ提出を求める陳情書
陳情者
志木市下宗岡4−23−23
志木・社会保障をよくする会
会長     細田孫三郎
 
市民福祉常任委員会


請願第1号
平成20年5月27日
「子ども医療費無料化の年齢引上げ」に関する請願書
志木市柏町5−7−13
日本共産党志木市委員会
代表     高浦康彦
水谷利美
高浦康彦
市民福祉常任委員会


請願第2号
平成20年5月27日
「国民健康保険税引下げ」に関する請願書
志木市柏町5−7−13
日本共産党志木市委員会
代表     高浦康彦
水谷利美
高浦康彦
市民福祉常任委員会


請願第3号
平成20年5月27日
「下水道料金の引下げ」に関する請願書
志木市柏町5−7−13
日本共産党志木市委員会
代表     高浦康彦
水谷利美
高浦康彦
文教都市常任委員会


請願第4号
平成20年5月27日
「子ども医療費無料化の年齢引上げ」に関する請願書
朝霞市岡3−24−37
埼玉土建一般労働組合
朝志和支部
支部長     田澤達好
水谷利美
高浦康彦
市民福祉常任委員会


請願第5号
平成20年5月27日
「下水道料金の引下げ」に関する請願書
朝霞市岡3−24−37
埼玉土建一般労働組合
朝志和支部
支部長     田澤達好
水谷利美
高浦康彦
文教都市常任委員会


請願第6号
平成20年5月27日
「子ども医療費無料化の年齢引上げ」に関する請願書
志木市館2−3−5−106
新日本婦人の会
志木支部
代表     岩本正子
水谷利美
高浦康彦
市民福祉常任委員会


請願第7号
平成20年5月27日
「国民健康保険税引下げ」に関する請願書
志木市館2−3−5−106
新日本婦人の会
志木支部
代表     岩本正子
水谷利美
高浦康彦
市民福祉常任委員会


請願第8号
平成20年5月27日
「下水道料金の引下げ」に関する請願書
志木市館2−3−5−106
新日本婦人の会
志木支部
代表     岩本正子
水谷利美
高浦康彦
文教都市常任委員会


請願第9号
平成20年5月27日
「子ども医療無料化の年齢引上げ」に関する請願書
志木市中宗岡1−19−27
志木市民主商工会
代表者名    鈴川節夫
水谷利美
高浦康彦
市民福祉常任委員会


請願第10号
平成20年5月27日
「国民健康保険税引下げ」に関する請願書
志木市中宗岡1−19−27
志木市民主商工会
代表者名    鈴川節夫
水谷利美
高浦康彦
市民福祉常任委員会


請願第11号
平成20年5月27日
「下水道料金の引下げ」に関する請願書
志木市中宗岡1−19−27
志木市民主商工会
代表者名    鈴川節夫
水谷利美
高浦康彦
文教都市常任委員会



意見書第2号

     後期高齢者医療制度の運用改善を求める意見書

 上記の議案を別紙のとおり志木市議会会議規則第14条の規定により提出します。

  平成20年6月20日

                   提出者 志木市議会議員  山崎東吉

                   賛成者 志木市議会議員  内山純夫

  志木市議会議長

   鈴木 潔様

     後期高齢者医療制度の運用改善を求める意見書

 75歳以上を対象に、本年4月にスタートした後期高齢者医療制度は、高齢者への制度の周知・説明の不足、「被保険者証」の未着、保険料の誤徴収といった不手際に加えて、厚生労働省が国民健康保険から本制度へ移行する場合「一般的傾向として、低所得者では負担軽減になる」と説明していたのに反し、保険料が上がった事例、年金からの天引き及び診療報酬の改定など、制度自体にも問題点があることが判明し、国民の本制度に対する混乱と不信が生じております。

 そもそも本制度は、高齢化に伴い医療費のいっそうの増大が見込まれる中、旧老人保健制度では現役世代の負担が上限なく増え続け、制度の維持が不可能なことから、国民皆保険制度を将来にわたり持続可能なものとするため、負担能力を勘案しつつ、現役世代と高齢者でともに支え合う高齢者医療制度として導入されたものであります。

 以上のことから、国においては、世代間・世代内の公平、制度の持続可能性の確保や財政健全化との整合性の観点も踏まえつつ、給付と負担のあり方も含めて、高齢者が適切な負担で、安心して十分な医療を受けられるよう、今後、更なる運用改善策を検討されるとともに、新たな対策に伴う財政負担を地方へ転嫁することなく、国の責任において万全の措置を講じるよう強く要望致します。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。

  平成20年6月20日

                               埼玉県志木市議会

提出先

 衆議院議長  河野洋平殿

 参議院議長  江田五月殿

 内閣総理大臣 福田康夫殿

 総務大臣   増田寛也殿

 財務大臣   額賀福志郎殿

 厚生労働大臣 舛添要一殿