議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 志木市

平成20年  3月 定例会(第1回) 03月17日−06号




平成20年  3月 定例会(第1回) − 03月17日−06号







平成20年  3月 定例会(第1回)



          平成20年第1回志木市議会定例会

議事日程(第6号)

                   平成20年3月17日(月)午前10時開議

第1 総務委員長報告

   第25号議案 志木市パブリックコメント手続条例

   第27号議案 志木市特別職報酬等審議会条例等の一部を改正する条例

   第28号議案 志木市特別職非常勤職員の報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条例

   第29号議案 志木市職員の育児休業等に関する条例等の一部を改正する条例

   第36号議案 志木市土地開発公社の定款変更について

   第7号議案 平成19年度志木市一般会計補正予算(第5号)

           第1表 歳入歳出予算補正中

            歳入 全部

            歳出 第2款 総務費 第1項 総務管理費

                         4目 財政管理費

                         6目 発注営繕費

               第11款 公債費

           第3表 地方債補正(追加・変更)

   第15号議案 平成20年度志木市一般会計予算

           第1表 歳入歳出予算中

            歳入 全部

            歳出 第1款 議会費

               第2款 総務費 第1項 総務管理費

                         1目 一般管理費

                         2目 広報広聴費

                         3目 事務管理費

                         4目 財政管理費

                         5目 会計管理費

                         6目 発注庁舎管理費

                         7目 企画費

                         8目 情報管理費

                         10目 公平委員会費

                         13目 人権啓発費

                         14目 市民相談費

                         15目 庁舎耐震費

                       第2項 徴税費

                       第4項 選挙費

                       第5項 統計調査費

                       第6項 監査委員費

                       第8項 生活環境費

                         4目 交通安全費中

                          2 ノンステップバス導入補助に要する経費

               第8款 土木費 第1項 土木管理費

                         1目 土木総務費中

                          4 営繕事務に要する経費

                          5 市営住宅施設維持管理に要する経費

               第11款 公債費

               第12款 予備費

           第2表 債務負担行為中

                志木市土地開発公社借入金債務保証(平成20年度分)

           第3表 地方債 全部

                                     質疑

第2 環境福祉委員長報告

   第26号議案 志木市後期高齢者医療に関する条例

   第30号議案 志木市重度心身障害者医療費支給に関する条例及び志木市ひとり親家庭等の医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例

   第31号議案 志木市国民健康保険税条例の一部を改正する条例

   第32号議案 志木市国民健康保険条例の一部を改正する条例

   第34号議案 志木市指定訪問看護利用料に関する条例の一部を改正する条例

   第35号議案 志木市病院事業企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例

   第7号議案 平成19年度志木市一般会計補正予算(第5号)

           第1表 歳入歳出予算補正中

            歳出 第2款 総務費 第7項 市振興費

                         1目 市民活動支援費

                         5目 市民総合センター管理費

                       第8項 生活環境費

                         1目 生活環境総務費

               第3款 民生費 第1項 社会福祉費

                         4目 福祉作業所費

                         5目 老人福祉費

                       第3項 生活保護費

                         2目 扶助費

                       第4項 保険年金費

                         2目 国民健康保険事業費

               第4款 衛生費 第1項 保健衛生費

                         1目 保健衛生総務費

                         3目 予防費

                       第2項 清掃費

                         1目 清掃総務費

               第7款 商工費 第1項 商工費

                         2目 商工振興費

   第8号議案 平成19年度志木市老人保健特別会計補正予算(第2号)

   第9号議案 平成19年度志木市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

   第11号議案 平成19年度志木市志木駅東口地下駐車場事業特別会計補正予算(第2号)

   第12号議案 平成19年度志木市介護保険特別会計補正予算(第2号)

   第14号議案 平成19年度志木市病院事業会計補正予算(第1号)

   第15号議案 平成20年度志木市一般会計予算

           第1表 歳入歳出予算中

            歳出 第2款 総務費 第1項 総務管理費

                         9目 出張所費

                         11目 交通災害共済費

                         12目 葬祭事業費

                       第3項 戸籍住民基本台帳費

                       第7項 市振興費

                       第8項 生活環境費

                         4目 交通安全費中

                          2 ノンステップバス導入補助に要する経費を除く

               第3款 民生費

               第4款 衛生費

               第5款 労働費

               第6款 農林水産業費

               第7款 商工費

               第9款 消防費

           第2表 債務負担行為中

                民営自転車駐車場建設資金利子補給(平成20年度分)

                勤労者住宅融資資金利子補給(平成20年度分)

                農業近代化資金利子補給(平成20年度分)

                中小企業等融資利子補給(平成20年度分)

                小規模企業者融資資金損失補償(平成20年度分)

                中小企業近代化資金損失補償(平成20年度分)

   第16号議案 平成20年度志木市老人保健特別会計予算

   第17号議案 平成20年度志木市国民健康保険特別会計予算

   第20号議案 平成20年度志木市志木駅東口地下駐車場事業特別会計予算

   第21号議案 平成20年度志木市介護保険特別会計予算

   第22号議案 平成20年度志木市後期高齢者医療特別会計予算

   第24号議案 平成20年度志木市病院事業会計予算

                                     質疑

第3 文教都市委員長報告

   第33号議案 志木市水道事業企業職員の給与の種類及び基準に関する条例等の一部を改正する条例

   第37号議案 志木市道路線の認定について

   第7号議案 平成19年度志木市一般会計補正予算(第5号)

           第1表 歳入歳出予算補正中

            歳出 第8款 土木費 第2項 道路橋りょう費

                       第4項 都市計画費

                         2目 都市計画街路費

                         4目 緑化推進費

                         6目 公共下水道費

               第10款 教育費 第3項 中学校費

                       第5項 社会教育費

                         1目 社会教育総務費

           第2表 繰越明許費

                志木中学校校舎耐震補強等事業

                宗岡中学校校舎耐震補強等事業

   第10号議案 平成19年度志木市下水道事業特別会計補正予算(第4号)

   第13号議案 平成19年度志木市水道事業会計補正予算(第1号)

   第15号議案 平成20年度志木市一般会計予算

           第1表 歳入歳出予算中

            歳出 第8款 土木費 第1項 土木管理費

                         1目 土木総務費中

                          4 営繕事務に要する経費及び

                          5 市営住宅施設維持管理に要する経費を除く

               第10款 教育費

           第2表 債務負担行為中

                排水機場維持管理業務委託

   第18号議案 平成20年度志木市下水道事業特別会計予算

   第19号議案 平成20年度志木市館第一排水ポンプ場特別会計予算

   第23号議案 平成20年度志木市水道事業会計予算

                                     質疑

                           以上、各議案の討論・採決

日程追加

第4 第38号議案 志木市副市長の選任について

                            上程・説明・質疑・採決

第5 第39号議案 志木市教育委員会委員の任命について

                            上程・説明・質疑・採決

第6 発議第1号 志木市議会委員会条例の一部を改正する条例

                         上程・説明・質疑・討論・採決

第7 発議第2号 志木市議会会議規則の一部を改正する規則

                         上程・説明・質疑・討論・採決

第8 意見書第1号 道路特定財源の確保に関する意見書

                         上程・説明・質疑・討論・採決

出席議員(16名)

  1番  高浦康彦議員    2番  水谷利美議員

  4番  香川武文議員    5番  金子邦男議員

  6番  伊地知伸久議員   8番  山崎東吉議員

  9番  天田いづみ議員  10番  池田則子議員

 11番  磯野晶子議員   12番  青野文雄議員

 13番  小山幹雄議員   14番  松本米藏議員

 16番  小室京一議員   17番  池ノ内秀夫議員

 18番  永井 誠議員   19番  鈴木 潔議員

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人

 市長        長沼 明   収入役       白砂正明

 教育長       柚木 博   企画部長      石原和平

 財務部長      杉山 勇   まちづくり・環境推進部長

                            山中政市

 健康福祉部長    金子直史   都市整備部長    内田喜久男

 教育政策部長    新井 茂   水道部長      高橋 進

 病院事務部長    谷岡文保   選挙管理委員会委員長

                            浅田光二

 監査委員      斉藤昭弘   農業委員会会長   小日向広三

 教育委員会委員長  内田栄信

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本会議に出席した事務局職員

 事務局長      江口久夫   書記        渡辺政男

 書記        井上 茂   書記        諸井一美

 書記        柳下 勉

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○香川武文議長 おはようございます。

 ただいまの出席議員は16名です。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

                             (午前10時30分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○香川武文議長 本日の日程は、お手元に配付してございます日程表により行います。

 本定例会に市長から提案されました第25号議案から第37号議案まで及び第7号議案から第24号議案までの各議案を一括して議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△総務委員長報告、質疑



○香川武文議長 日程第1、総務委員長報告。

 第25号議案、第27号議案から第29号議案まで、第36号議案、第7号議案及び第15号議案について、総務常任委員会での審査の経過と結果を総務委員長から報告を求めます。

 磯野晶子総務委員長。

          〔磯野晶子総務委員長登壇〕



◆磯野晶子総務委員長 おはようございます。

 それでは、総務常任委員会における審査の概要と結果につきましてご報告申し上げます。

 今回、当委員会に付託されました議案は7件であります。

 以下、審査の過程におきまして論議のありました主なものにつきまして、順次ご報告申し上げます。

 初めに、第25号議案 志木市パブリックコメント手続条例についてご報告申し上げます。

 委員より、条例の名称について市民6人、職員4人の検討委員会でどういう検討がなされたのか。英語をそのまま片仮名表記にしたものを使った根拠。市内65歳以上が1万2,000人もいることを考えると、パブリックコメントといっても理解できる人が少ない。社会に普及しつつあるということだが、認知度がどのくらいか調査したのかとの質疑がなされ、これに対して、パブリックコメントでいいのか、国の行政手続法の中では意見公募手続というような規定がなされており、ほかの名称がいいのか、普通の日本語表記のほうがいいのか、いろいろな議論をいただいた。その中で、最終的に検討委員会の中で、パブリックコメント制度が社会に普及しつつあるとともに、制度を定着させるために適当であるとの報告書をいただき、ご意見を参考にさせていただいた。

 昨年10月1日現在、県内40市中27市でパブリックコメント手続規定がされており、その結果、パブリックコメントと付した条例、要綱等が12市44.4パーセント、意見公募手続というような書き方をした市が4市14.8パーセント、市民参加条例というような形の市が4市14.8パーセント、また昨年10月1日現在で総務省が調査した都道府県を含めた全国の団体1,870団体で、パブリックコメント制度の規定を制定済みの団体は605団体、32.4パーセントになり、これらも踏まえてパブリックコメントという言葉がある程度社会に普及しつつあるということで、最終的にこの名称をとらせていただいた。今後、この条例を施行する場合には十分に周知方法について意を用いていきたいとの答弁がなされました。

 さらに、パブリックコメントとして、どのくらいの意見があればいいのか、また案件によっては対象者の年齢を絞って聞いていくなどの考えについて質疑がなされ、これに対して、意見が多い、少ないということではなく、市民への説明責任と考えている。年齢についても一定のところで区切るのは難しいので、年齢を限定せず、できるだけ広く、多くの方から意見をいただけるよう努力していきたいとの答弁がなされました。

 また、パブリックコメント制度と議会との関係について質疑がなされ、これに対して、パブリックコメント制度は執行機関である実施機関が施策を定めるに当たって、市民の意見を判断材料にしていくもので絶対的なものとは考えていない。あくまでも最終的な決定機関は市民の代表であり、議決機関である議会という認識であるとの答弁がなされました。

 次に、第27号議案 志木市特別職報酬等審議会条例等の一部を改正する条例及び第28号議案 志木市特別職非常勤職員の報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条例については、執行部の説明をもって了承したところであります。

 次に、第29号議案 志木市職員の育児休業等に関する条例等の一部を改正する条例についてご報告申し上げます。

 委員より、この制度改正によって人件費の影響がどう見込まれるのか、また休業への職員補充の考え方について質疑がなされ、これに対して臨時職員3人分、約200万円の予算を確保している。臨時職員としては、将来的には定年になられた方や臨時職員経験者の中からの人選を考えている。また臨時職員での補充だけではなく、現在の職員が力をつけ、今まで以上に、1.1倍、1.2倍働ける環境づくりも行っていかねばならない。そのためにも職員定員の適正化への取り組みや事務事業の見直しを含めてやっていく必要があるとの答弁がなされました。

 次に、第36号議案 志木市土地開発公社の定款変更についての件については、執行部の説明をもって了承したところであります。

 次に、第7号議案 平成19年度志木市一般会計補正予算(第5号)の件についてご報告申し上げます。

 歳入、第21款市債、第1項市債、2目土木債の中央通停車場線整備事業債について、委員より、負担増の理由について質疑がなされ、これに対して停車場線第2工区の用地買収等が順調に進捗してきたことによる負担増であるとの答弁がなされました。

 次に、第15号議案 平成20年度志木市一般会計予算の件についてご報告申し上げます。

 初めに、歳入、第1款市税について、委員より、収納割合及び日本郵政公社の課税について質疑がなされ、これに対して、平成18年度予算作成時には、従来の収納割合から若干アップして、個人市民税97.6パーセントであったものを98パーセントに、固定資産税、都市計画税では98パーセントから98.5パーセントに設定するなど、特別徴収対策室も設置して、収納に努力してきた。現実の徴収率の実態は、個人市民税はクリアしたが、固定資産税、都市計画税、軽自動車税については、その数値に到達していない状況であり、歳入をきちんと確保する点から、確実な収納割合を設定するため、今回はこの3税目については引き下げた。

 滞納繰越については、今回見込みを下げさせていただいた個人県民税、法人市民税、軽自動車税について、具体的には、個人県民税については平成19年度予算において18パーセントの収納率を見込んでいたが、平成18年度決算で12パーセントという結果で終わった。ただその数字を採用するのではなく、1パーセント下げた17パーセントと設定し、平成20年度予算を計上し、一層努力して徴収の確保をしていく決意である。

 また、日本郵政公社分の関係については、郵政事業株式会社への課税となるが、向こう5年間は2分の1課税の特例がそのまま生きており、平成19年度の郵政公社の納付金582万8,000円に対し、固定資産税に振りかわる分が565万1,000円で17万7,000円程度の減となるが、従来課税されなかった土地と建物に対する都市計画税が新たに課税となり、それが74万3,000円であり、合わせると平成19年度の納付金に比べ増えるという状況との答弁がなされました。

 次に、歳出、第2款総務費、第1項総務管理費、1目一般管理費について、委員より、臨時職員の人数と賃金総額及び特別職報酬等審議会における議論に関して質疑がなされ、これに対して、臨時職員の人数は、平成18年度4月1日現在で288人、平成19年312人、平成20年度については、まだ予算上であり、人数は押さえていない。賃金総額については、平成19年度が4億8,673万8,000円、平成20年度が4億7,418万7,000円で、1,255万1,000円の減である。臨時職員人数は、賃金総額からすると平成19年の312人より減少すると考えている。

 また、特別職報酬等審議会は平成19年度には開催していない。平成20年度はできるだけ開催していきたいとの答弁がなされました。

 また、市政功労者表彰式典の関係で、公共事業に道路用地として提供した場合、評価額だけでも数千万円、数億円となるが、表彰対象にならないケースがある。市政功労者の表彰基準の見直しについて質疑がなされ、これに対して、表彰基準によると、公共事業の促進に寄与した者及び良好な都市環境の確保、または実現に協力した者とうたわれており、実際には担当課の推薦をもとに表彰している。評価額からすると相当大きな金額に相当する寄附であるとすれば表彰すべきということも考えられるので、今後の検討課題として平成20年度の表彰に向けて考えていきたいとの答弁がなされました。

 また、2目広報広聴費について、委員より、「広報しき」表紙のフルカラーや本文2色刷りについて経費が前年度と比較し54.4パーセント増になるが、財政状況を考えてどうなのかとの質疑がなされ、市としては市民と協働による市民主体のまちづくりに取り組んでおり、安心・安全で夢のある明るい志木市の実現を目指している。このようなまちづくりを進めるためには、市政のあらゆる分野にかかわる情報を徹底して公開し、市民との共有を図ることが大切で、その意味からも広報紙の役割は非常に重要であると考えている。広報紙を家族の全員が興味、関心を持ってもらうために、明るく見やすく読みたくなるようなものを目指し、表紙をフルカラーにし、本文を2色刷りにすることにした。これは職員からのボトムアップの提案である。広告については、表紙及び裏面には載せず、内部に1色刷りで考えている。今後についてはアンケート調査等々を行いながら、1年間かけて検証してまいりたいとの答弁がなされました。

 また、文書事務に要する経費について、委員より、行政のペーパーレス化について質疑がなされ、これに対して、平成19年度については平成20年1月末でコピー用紙代として約190万円の支出で、月平均約18万5,000円である。昨年度に比べ約9.4パーセント増加しており、コピーカウント枚数の多い課等には十分紙の減量化に努めるよう注意を促しているとの答弁がなされました。

 また、15目庁舎耐震費について、委員より、庁舎の耐震化については市民の理解をどう求めていくのかとの質疑がなされ、これに対して、市民の方々には耐震診断の結果についてよくご理解をいただくこと、また診断以外の庁舎の課題をよく理解していただくところからスタートしていきたい。現在、市民検討会議を4月に設置する方向で委員の募集をかけている。当面その方々には庁舎の現状について生で見ていただこうと考えているが、さらに広く市民に少しでも現状を知ってもらうために、何らかの形で写真を掲載する等、今後検討させていただきたいとの答弁がなされました。

 また、第2項徴税費、1目徴税総務費について、委員より、市税徴収嘱託員の廃止及び税と料金の総合的な徴収について質疑がなされ、これに対して、徴収嘱託員は現在4人、賃金は約1,000万円で、徴収する金額は市税、国保税合わせて約1億円であり、その効果は捨てがたいものがあるが、大多数の納税者が納期限に自主的に納めていることを考えた場合、けがや病気などで納付に行けない特別な理由のある方は除くが、こちらから取りにいくのではなく、自主納付へと導くことが大切である。このため通常、納付期限内に納付が確認できない場合、納付期限から20日以内に督促状を出すことになっているので、督促状を出したタイミングで集中して電話催告を行い、自主納付を呼びかけて現年課税分の収納率を上げていく。また本年2月から新規に滞納管理システムを導入したことによって、催告対象者の抽出が細かくできるようになり、ポイントを絞った滞納整理が可能となった。さらに、昼間は仕事で銀行等金融機関へ納めに行けないと言っていた方については、コンビニエンスストア収納が始まることにより、指定期日以内であれば、土日祝日を含め24時間納付が可能となるため、納めに行けないという言い訳は通用しなくなる。こうしたことを踏まえ、今回、徴収嘱託員制度を廃止し、電話催告を中心とした制度に改めるという判断とした。

 また、クレジットカードによる納付については、現在、徴収部門と出納室で検討している。収納した金額の約1パーセントがカード会社の手数料として支払われることになる。コンビニエンスストアでの納付は納付書1枚で大体手数料は57円、金融機関、銀行の場合は納付書であれば手数料はゼロ、これらカード納付の手数料はちょっと負担になるが、納税者の方々の納付機会が増えることになるので、近いうちに方向性が出る。また税と料金の総合徴収については、将来的な問題として必要性を認識はしているが、それぞれの部門における担当の職員の意識が低下することが一番怖いということもあり、今後それらの課題を克服しながら総合的な徴収部門に向けて検討してまいりたいとの答弁がなされました。

 次に、第4項選挙費について、委員より、消耗品費について質疑がなされ、これに対して、消耗品費としては街頭演説用標旗、運動員用腕章、乗車用腕章、拡声機表示物、自動車表示物の5点セットを法定の公営物資として準備し、その他たすき1枚を予算化している。なお、たすきについては実際に使用しているかどうかの実態等の状況を聞きながら支給の有無について検討していきたい。また公営費用にかかわる検討は平成20年度予算については検討していないとの答弁がなされました。

 以上で質疑を打ち切り、採決いたしましたところ、第25号議案 志木市パブリックコメント手続条例につきましては、委員より修正案が提出され、提案理由として、基本的に条例というものは市民にわかりやすい用語を使うべきである。そこで、日本語で基本的に簡潔に表現できる用語であり、なおかつ他の自治体においても使われている意見公募という用語に改めたい。「志木市パブリックコメント手続条例」を「志木市意見公募手続条例」に改めるもので、本則中も全部意見公募に改めるものであるとの説明があり、第25号議案 志木市パブリックコメント手続条例に対する修正案と修正可決した部分を除く原案について採決いたしましたところ、総員をもって可決すべきものと決した次第であります。

 次に、第27号議案、第28号議案、第29号議案、第36号議案、第7号議案、第15号議案につきましては、総員をもって原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 なお、今回の委員会におきまして審議した中で、広報紙発行等に要する経費の中で、広報紙をカラー刷りするということで、前年より約55パーセント増、約600万円を超える大幅な増額がされているが、今でも財政が厳しい中、カラー刷りにすることについては、もう一度考え直し、予算執行すべきであるとの見解が当委員会の総意として示されましたことをつけ加えさせていただきます。

 以上で報告を終わりますが、当該委員の中で補足説明がありましたらよろしくお願いいたします。



○香川武文議長 総務委員の中で補足説明はございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 総務委員長の報告が終わりました。

 委員長報告に対して質疑のある方はどうぞ。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。

 以上で総務委員長の報告を終わります。

 磯野委員長さん、お疲れさまでございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△環境福祉委員長報告、質疑



○香川武文議長 次に、日程第2、環境福祉委員長報告。

 第26号議案、第30号議案から第32号議案まで、第34号議案、第35号議案、第7号議案から第9号議案まで、第11号議案、第12号議案、第14号議案から第17号議案まで、第20号議案から第22号議案まで及び第24号議案について環境福祉常任委員会での審査の経過と結果を環境福祉委員長から報告を求めます。

 天田いづみ環境福祉委員長。

          〔天田いづみ環境福祉委員長登壇〕



◆天田いづみ環境福祉委員長 おはようございます。

 環境福祉常任委員会に付託されました議案19件について、審査の概要と結果についてご報告を申し上げます。

 初めに、第26号議案 志木市後期高齢者医療に関する条例の件につき申し上げます。

 4月からの組織見直しに伴う担当部局はどこになるのか、職員の配置はとの質疑に対し、老人保健及び後期高齢者医療についてはすべて高齢者ふれあい課に移るとともに、新たな制度で所属も移るため、現時点の職員をそのまま異動させてほしいと要望しているということです。

 また、市単独の減免については、現在のところ本市では考えていない。申請減免の詳細については広域連合からまだ示されておらず、保険料徴収が始まり次第、広域連合から減免規定が示されるものと考えている。資格証明書、短期被保険者証、分割納付等については、すべて保険者である広域連合の判断となり、市としての判断はできないとの答弁がありました。

 次に、第30号議案 志木市重度心身障害者医療費支給に関する条例及び志木市ひとり親家庭等の医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の件につき申し上げます。

 住所地特例を明確にした理由は何かとの質疑に対しては、入院した先の都道府県広域連合の財政を圧迫しないために、埼玉県後期高齢者医療広域連合が負担を行う関係上、住所地特例を追加したということです。

 次に、第31号議案 志木市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の件につき申し上げます。

 今後、賦課限度額が定められた場合の影響額はとの質疑に対しては、現行の医療分の53万円から後期高齢者医療制度への支援金分を含めて59万円にしたことに伴う影響額については約3,000万円を見込んでいる。支援金分の税率を所得割1.1パーセント、均等割1万円にした根拠については、県内の状況を見ながら設定しているということです。

 また、特定健診の単価は決まったのか、医療制度改革に伴う要因とその影響額はとの質疑に対しては、特定健診の単価については未定であり、いち早く決めたいという願いはあるが、朝霞地区医師会と現在調整中で、事業開始は7月を予定しており、6月ごろ契約しなければならないので、それまでには決定していくと考えているということです。

 影響額について、現時点ではさまざまな要因がある中で見込むのは難しく、医療制度改革が二、三年後には定着すると思うので、今後の検討材料とさせていただきたいとのことでした。

 次に、第32号議案 志木市国民健康保険条例の一部を改正する条例の件につき申し上げます。

 葬祭費の支給について明記した理由は何かとの質疑に対しては、本市ではなかったが、扶養、あるいは社会保険間の切りかえ等の理由で2か所から支給を受けているケースが見受けられたため、1か所しか支給を受けられないことを明文化したということです。

 負担割合について表記すべきという意見に対しては、これまでどおり国民健康保険法第42条の負担割合に応じて給付を行っていくので、あえて条例で定める必要はないということで今回削除した。県内の3分の2程度の市町村が今回の医療制度改革のさまざまな改正を受けて、同様な措置をとったと聞いているとの答弁がありました。

 次に、第34号議案 志木市指定訪問看護利用料に関する条例の一部を改正する条例については、執行部の詳細な説明をもって了承いたしました。

 次に、第35号議案 志木市病院事業企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例の件につき申し上げます。

 再任用職員についての適用除外に関し、再任用職員等とされた理由については、第21条第2項として地方公務員の育児休業等に関する法律の適用者も該当する規定整備を行ったためということです。

 次に、第7号議案 平成19年度志木市一般会計補正予算(第5号)の件につき申し上げます。

 福祉作業所について、今回心身障害者地域デイケア事業補助金が認められたが、来年度以降、社会福祉協議会に移管された以降は対象となるのかとの質疑に対し、4月1日からは障害者自立支援法に基づく生活介護及び就労継続支援B型の事業所となるので、来年度からは障害者自立支援給付費負担金として、2分の1の国庫負担と4分の1ずつの県費負担及び市費負担になるとの答弁がありました。

 次に、第8号議案 平成19年度志木市老人保健特別会計補正予算(第2号)の件につき申し上げます。

 今回の補正約1億1,000万円の歳入にかかわる負担割合はとの質疑に対し、国が12分の4、県・市それぞれ12分の1、12分の6が支払い基金であるとの答弁がありました。

 次に、第9号議案 平成19年度志木市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の件につき申し上げます。

 今回の補正に関連し、監査委員の例月出納検査の結果を見ると、一般会計からの流用があるが、その要因はとの質疑に対しては、資金のやりくりであり歳入不足から生じているわけではないとの答弁がありました。

 次に、第11号議案 平成19年度志木市志木駅東口地下駐車場事業特別会計補正予算(第2号)については、執行部の説明をもって了承いたしました。

 次に、第12号議案 平成19年度志木市介護保険特別会計補正予算(第2号)の件につき申し上げます。

 特定高齢者の把握について、平成18年度は国のシステム等の関係で進まなかったが、平成19年度の執行状況はどうかとの質疑に対しては、平成19年度は国の基準が緩和され、現在400人程度が把握され、そのうち数十人が通所型の介護予防事業に参加している。さらに多くの特定高齢者に呼びかけて事業に結びつけていきたいとのことでした。

 次に、第14号議案 平成19年度志木市病院事業会計補正予算(第1号)の件につき申し上げます。

 借換債の金利、金融機関の指定の手続きにかかわる質疑に対し、金利については現在2.5パーセント程度を想定している。金融機関については、財政課主体で志木市全体にかかわる調整作業をしており、それを踏まえて決めていくということにした。

 次に、第15号議案 平成20年度志木市一般会計予算の件につき申し上げます。

 初めに、歳出、第2款総務費、1項総務管理費、9目出張所費について、需用費の修繕料で志木駅前出張所のシャッターが万が一災害などによりおりてしまった場合、天井の管理口を利用して緊急時の避難口とするとのことだが、天井に上がる以外に方法がないのかとの質疑に対しては、脚立を用意して対応する。年に数回、丸井と合同で避難訓練、防災訓練等を実施している中で、丸井側と協議し、ようやくご理解いただいた。いざとなれば市民の方を最優先で救助する心構えであるとの答弁がありました。

 3項戸籍住民基本台帳費について、システム機器の変更や組織変更等の要因に対し、どのように厳格な保持管理をしているのかとの質疑に対しては、各課ごとにパスワードで管理しており、異動しても毎年パスワードを変えるので、そういう面での管理はきちんとできているとの答弁がありました。

 次に、第7項市振興費、1目市民活動支援費について、ホームタウン地域活動事業は団塊世代が地域でさまざまな力を発揮できるようにとのねらいで期待も大きいと思うが、わずか1万1,000円というのはどうかとの質疑に対し、事業費的には1万1,000円だが、各団体に協力していただくものでソフト事業として保険代等の費用で効率的な事業としての位置づけをしているということです。

 3目市民会館管理費について、財団法人志木市文化スポーツ振興公社の運営にかかわる補助金を精査し削減したとのことだが、今年度との違いはとの質疑に対しては、財団法人も自主自立しなければならず、指定管理者として独立した事業運営も求められている。そうした観点から、平成19年度は1人分の人件費相当分に加え理事長報酬及び非常勤特別職員の報酬約300万円を交付していたが、平成20年度は理事会等の運営にかかわる公社職員1人分の人件費相当分のみとしたとの答弁がありました。

 次に、8項生活環境費、1目生活環境総務費について、緑のカーテン事業については環境教育ということだが、将来的には全市的に推進となれば、緑化の観点から都市整備部もかかわってくると思うがどう考えるのかとの質疑に対しては、緑化が主ではなく、地球温暖化防止対策の事業の一つとして緑化を利用してこの取り組みをする。将来的には連携していかなければならないこともあろうかと思うが、環境基本条例には環境教育を推進する規定もあり、まず子どもたちの体験を踏まえて年次を追って地域に広げ、啓発していくという考え方であるとの答弁がありました。委員からはぜひそうした趣旨が貫徹されるようにお願いしたいとの意見がありました。

 2目自転車駐車場管理費について、朝霞地区シルバー人材センターへの委託料のうち、時間単価にかかわる質疑に対しては、朝番と夜番については時給972円、昼番については884円であるとの答弁がありました。

 3目交通対策費について、志木陸橋下の無料自転車駐車場が3月末で廃止されることに伴う放置自転車対策としての予算への反映はとの質疑に対しては、周辺の民営駐輪場の台数が増えるのを見込み、民営駐輪場の補助金を増額している。現在、志木駅周辺のパーク24とにしぶ駐輪場の2か所につき、定期貸し1台当たり月額1,000円を事業主に補助しているということです。

 また、将来的な自転車利用人口増への対応として、朝霞台駅周辺では、武蔵野線の高架下をフェンスで囲い、人を配置して有料で管理している。そのような形での陸橋下の利用を検討するのも一つの考え方であろうと思うがどうかとの質疑に対しては、志木駅周辺は行政境で利用者も多様であるので、今後は新座市、朝霞市、志木市の連携を密にしながら将来的な方向性も含め、さらに検討を進めていきたいとの答弁がありました。

 次に、第3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費について、民生委員の活動状況について地域住民の方々に知っていただくことによって地域の協力を得ていくことが大変重要ではないかとの指摘がなされ、提言を踏まえて地域でのPR等を実施するように働きかけていきたいとの答弁がありました。

 また、災害時要援護者の把握にかかわる平成20年度の取り組みはとの質疑に対し、現在要援護者及び支援者についてもマニュアルをつくっている。平成20年度は要援護者の登録制度を行いたいと考え、現在その準備を進めているということです。

 社会福祉協議会への補助金の増要因については、事務局体制を強化していく観点から常勤職員を6人から7人分としたことによるものということです。

 2目障害者福祉費について、障害者自立支援法について平成20年度どのような改善措置が講じられるのかとの質疑に対し、平成20年度の改正については、4月に通所事業所等の単価の改正が予定されており、従来に比べ4パーセント程度の増額になる。7月には利用者負担の軽減が予定されており、低所得1の方の自己負担上限額が3,750円から1,500円に、低所得2の方が6,150円から3,000円に、また低所得2で通所事業を利用されている方は3,750円から1,500円になる。現在は世帯単位で課税、非課税の認定をしているが、7月から本人もしくは配偶者のみとなり、大部分の方は低所得1、2に該当することになり、大分軽減される見通しであるということです。

 総合福祉センターの機能回復訓練について新たに社会福祉協議会に委託することにより、日数を拡充するとのことだが、その内容はとの質疑に対しては、当初は従来と同じような形で、年度後半あたりから週2回になるか、これからの相談になるが、事業を拡張できるように予算を増額しているということです。

 障がい者の就労支援について、市役所で障がい者の職場体験事業を実施するということだが、先進地では市の業務を民間の作業所に委託しており、福祉作業所が社会福祉協議会の運営となるが、市としても積極的に協力していく必要があるのではないかとの質疑に対しては、いずれは全庁的に広げて積極的に就労に結びつけるような事業展開をしていきたいとの答弁がありました。

 3目老人福祉費について、緊急通報システムについて身体的な用件に限らず広げていくことはできないかとの質疑に対しては、常時見守りが必要な方については設置していきたい、拡大の方向としては、例えば一部負担金をいただくといったことについても検討していかなければいけないのではないかと考えているということです。

 5目総合福祉センター費について、軽食喫茶おおぞらは存続されるのかとの質疑に対しては、4月からは社会福祉協議会で直接運営すると聞いており、名称も検討されている。これまでお勤めになられた方々は雇用するとともに、障がい者の就労支援の場としてやっていきたいと伺っているということです。

 2項児童福祉費、2目児童福祉総務費について、新規事業の育児支援家庭訪問事業について対象者をどのように選定していくのか、要保護児童対策地域協議会で認定していくのかとの質疑に対しては、本人の申請、または各関係機関から情報を収集し、真に養護が必要な方について実務者会議を経て要保護児童対策地域協議会で決めていくという形をとっていきたいとのことでした。

 3目保育園費について、任期つきの職員にかかわる質疑に対しては、従来臨時職員で対応していたが、保育の質の向上をより図るために今回13名、3年間の任期つき職員を採用し、6保育園に正規職員として位置づけていく。今後の方向性については、現在志木市の保育園のあり方について検討しており、その中で見出していきたいということです。

 平成20年2月1日現在の待機児童数は12名となっており、その対応策として駅型民間保育施設の方向性にかかわる質疑に対しては、駅型民間保育施設補助の制度が平成20年度で終期設定されているので、平成20年度の早い時期に方向性を出していきたいということです。

 認定子ども園の予算に関して今後の方向性はとの質疑に対し、認定子ども園の制度を設置者に理解していただく中で、認定子ども園のほうに動いていただければ、いくらかでも待機児童の解消につながると考えている。平成20年度については講演会を開催し、既に認定子ども園として運営されている都内保育園の視察等をしながら理解を深めていただく考えでいるということです。

 3項生活保護費、2目扶助費について、平成20年1月現在の被保護世帯は339世帯で、被保護人数は493人とのことだが、平成18年度との比較はとの質疑に対し、1月末現在の10か月で対比したところ、22世帯22人増加、金額については約7,000万円減となっているということです。

 次に、第4款衛生費、1項保健衛生費、2目保健センター費について、建物火災保険料が1,000円というのは非常に安いがなぜかとの質疑に対し、今までは保健センター建物部分と備品類にかかわる動産部分について入っており4,000円計上していたが、4月1日から総合福祉センターに移るので、建物部分については福祉課が所管して一括で入っており、残る動産部分についての保険料として1,000円を計上したということです。

 2項清掃費、2目塵芥処理費について、粗大ゴミ収集運搬業務について、民間の車両に市の環境整備員2名が乗車するということだが、業務の区分を明確にする必要があると思うがとの質疑に対し、車両1台、運転手1人の委託をし、その車両に環境整備の技能労務職員2名が同乗して作業に当たる。当然運転だけではなく、作業の手伝いはしていただくというような仕様にしていくつもりだが、一体で業務をしていただく方向性で考えているということです。

 これに対し委員から、委託業者と協働で業務に従事することから、法令等を遵守し業務に当たっていただきたいとの指摘がなされました。

 次に、第5款労働費、1項労働諸費、1目勤労対策費について地域職業相談室にかかわる質疑に対し、平成18年度は紹介件数949件のうち就職214件、平成19年度は580件の紹介件数に対し117件の就職件数となっている。

 雇用情勢は緩やかに改善しつつあると言われているが、事実上まだまだ中小企業の経営状況は難しいものがあり、就職に結びつかない現状がある。

 昨年10月からキャリアカウンセラーを配置し、職業特性をあわせて相談を受けるという体制にした。直接就職に結びつくかは本人の適正もあるので見きわめながら地域職業相談室と連携を図り、雇用の創出をしていきたいとの答弁がありました。

 脱ニート支援研究事業にかかわる質疑に対し、平成19年度は市の役割が明確でない中、ホームページ等の開設は行わなかった。平成20年度は筑波大学大学院と協力して全数調査を行い、ニートが抱えるニーズを確認し、市で何ができるのかを見きわめて今後の動きにつなげていきたいとのことでした。

 これに対し委員から、当事者及びご家族にとっては非常に重い課題だと思うので、設問一つにもきめ細やかな心理的な面への配慮を十分にしていただきたいとの指摘がなされました。

 次に、第6款農林水産業費、1項農業費、1目農業委員会費について、農業委員会が仮に廃止されると農地転用の許可はどこが審査するのか、農業委員会がなくなるとどのような支障が出るのかとの質疑に対し、農業委員会が仮に廃止されて農地転用等が出てきた場合の事務については、市が農政事務の中で許可等の判断をすることになる。農業委員会自体が過渡期ではないかと思っている。都市近郊にあって貴重な緑地でもある農地が年々少なくなってくる中で、行政としては農地を残したいと思っている。都市近郊農業をどう進めていくかという議論が今必要であると考えているので、現段階では農業委員会の中で志木市の農業をどう推進するのかという議論をさらに高めていく必要があると考えているとの答弁がありました。

 次に、第7款商工費、1項商工費、2目商工振興費について、市長の施政方針では、新規創業支援策を検討していきたいと述べられているが、予算には反映されているのかとの質疑に対しては、どこで創業したらいいのか場所がなかなか見つからないことから、パイロット店舗的な場所の提供とあわせて、将来的な創業融資制度を創設できないか考えている。予算的には旅費をとってあり、先進地を確認しながら志木市型の創業支援策を考えていきたい。あわせて創業支援セミナーとして創業者の意欲を高めていくようなセミナーを開催していきたいとの答弁がありました。

 また、空き店舗活用事業を通じて今後に向けた考えについては、志木市の商店の特徴として、住居と店舗が一緒になっている店舗が非常に多く、空き店舗で創業したいと思っても貸しづらい現状がある。事業への意欲のある方と店舗とをどう結びつけるかも非常に大きな課題であり、あわせて志木市型の創業支援策で何かできないかを研究する必要があると考えているということです。

 次に、第9款消防費、第1項消防費、1目常備消防費について、前年度に比べ増額になっている理由については、広域消防指令システムの更新に伴い増額になっている。システムの変更はどのように行うのかとの質疑に対し、設置場所については朝霞消防署2階の事務室を一時講堂に移し、新システム導入後、旧システムを撤去する工事を行い、総額約8億円で平成20年度中に工事を完了する予定であるとの答弁がありました。

 次に、第16号議案 平成20年度志木市老人保健特別会計予算の件につき申し上げます。

 制度そのものが廃止されるのに伴う特別会計の存続にかかわる質疑に対しては、特別会計については精算行為が残るので、平成22年度まで存続させることになっており、平成23年度に廃止になるとの答弁がありました。

 次に、第17号議案 平成20年度志木市国民健康保険特別会計予算の件につき申し上げます。

 特定健診について個別検診、集団検診、それぞれ通年を通して医療機関は対応できるのかとの質疑に対し、平成20年度に限っては医師会も準備が整っていないので、おおむね7月から11月、特定健診と特定保健指導の実施期間は重複してはいけないと国から示されたので、通年ではできない。医療機関での受診については7月から11月の間で平日に加え、一部新たな試みとして日曜日、もしくは土曜日に実施することも考えているということです。

 これについて委員から、特定健診と特定保健指導が重複しないとなると、会計年度とのかかわりも含めてどう対応するのかとの質疑がなされ、会計上の問題なので、出納室、あるいは財政課と協議しながら事務を進めていきたいと考えているとの答弁がありました。

 市民病院以外に保健指導実施機関があるのかとの質疑に対し、個人開業医は実施不可能と聞いており、仮にやるとすれば比較的大きな病院となる。朝霞市と新座市は直営の指導、和光市は民間委託、志木市の場合は民間委託ではあるが、市民病院を活用したいので、近隣も含め保健指導をやっていただける医療機関があれば直接契約を結ばせてほしいとお願いした。市民病院を含め、二、三の医療機関で手を挙げていただけるところが出てくるのかなと見込んでいるということです。

 被用者保険の被扶養者についての特定健診、特定保健指導にかかわる質疑に対し、健診については保険者協議会と埼玉県医師会の間で契約を結んだと伺っている。保健指導は各市町村国保に協力を仰いでやらなければいけないだろうと聞いており、県のアンケートでは70市町村のうち一握りの市町村だけが被用者保険の被扶養者の保健指導を受託できるとの回答で、志木市も該当している。市民病院に平成21年度から総合健診センターが立ち上がるので、志木市分についてはすべて賄っていくということで手を挙げさせていただいているということです。

 従来の人間ドックとのかかわりについてはどうかとの質疑に対し、特定健診のほかにもっと健康状態を知りたい方には人間ドックを今までどおり用意させていただく。ただし健診項目の違いはあるので、特定健診の項目を含めた形での人間ドックの内容について今後医師会と協議する予定であるとのことでした。

 次に、第20号議案 平成20年度志木市志木駅東口地下駐車場事業特別会計予算の件につき申し上げます。

 歳入の繰入金について、駐車場収入だけでは全支出額が賄えないことから管理基金から繰り入れるとのことだが、今後の見通しについてはどうかとの質疑に対し、建設事業債の返済が平成33年度をもって完済となり、その後においては利益が生じてくるが、施設維持修繕等の費用がかかるととらえているとの答弁がありました。

 次に、第21号議案 平成20年度志木市介護保険特別会計予算の件につき申し上げます。

 保険給付費に関して、柏町に4月開設予定のグループホーム及び有料老人ホームの費用の見込みについての質疑に対しては、グループホーム18人分で地域密着型介護サービス費として約5,000万円、介護つき有料老人ホームについては特定施設として在宅の中に見込んでおり、特定入所者介護サービス費として54人定員のうち30人程度、約5,000万円、計1億円程度を見込んでいるということです。

 平成20年度基本健康診査から特定健診に移行することに伴う特定高齢者の把握等に関する質疑に対し、特定健診及び75歳以上の健康診査ともに生活機能評価を同時実施していきたいと考えており、医師会等への委託料を1,500万円ほど計上しているということです。平成19年度までは保健センターが老人保健法に基づく基本健康診査の中で生活機能評価を行っていたが、平成20年度から健康増進法等制度改正により、生活機能評価については介護保険の地域支援事業の介護予防事業の中で行っていくということです。

 なお、細かい様式については特定健診の動向を見ながら、7月に向け、医師会等と相談しながら決めていきたいとのことでした。また特定高齢者については、今年度と同様の400人程度を見込んでいるということです。

 地域包括支援センターについて、委託料で1,100万円、一般会計からの補助金と合わせて1,800万円と、平成19年度の1,500万円から300万円増額した理由はとの質疑に対し、地域包括支援センターの3人の専門職はそれぞれ介護予防マネジメント、総合相談等多忙を極めており、予算を有効活用して、なるべく専門職には現場に出て相談にのっていただくのが基本と考えており、市としてもしっかりとサポートしていきたいとの答弁がありました。

 次に、第22号議案 平成20年度志木市後期高齢者医療特別会計予算の件につき申し上げます。

 歳入保険料の収納率特別徴収98パーセント、普通徴収90パーセント設定の根拠については、介護保険料の収納率や近隣の状況についても把握した上で設定したということです。

 健康診査にかかわる質疑について、後期高齢者についてはかかりつけ医にお願いする形をとっていく。単価については特定健診と同様にまだ決まっていない。特定健診は昨年秋から月1回の会議を医師会と持っているが、後期高齢者の健康診査については3月4日の会議がスタートになり、そこから単価を決めていく形になる。

 広域連合が市町村に委託する単価は健診1人8,000円、その1割800円が自己負担、残りの7,200円が各市町村への補助額とされており、それを上回っても下回っても自己負担は1割という広域連合の考えを尊重し、今後4市の連携も図りながら医師会と調整していきたいとのことです。

 次に、第24号議案 平成20年度志木市病院事業会計予算の件につき申し上げます。

 委員から、不納欠損を防止するための一つの方策として、入院保証金等の考えはないかとの点に関して進展はあったのかとの質疑がなされました。

 これに対し、診療費未納者の不納欠損を防ぐ方策として、先般管理課職員全員で4チームを編成して臨宅徴収を行った。

 入院保証金については県内12の自治体病院の中で2つの自治体が制度化しているが、現実的には徴収するのは難しいと聞いており、そのあたりも踏まえながら今後の対応は考えていきたい。

 外来については、一時預かり金という形で、手持ちの現金の中からお預かりしており、今後も徹底したいとの答弁がありました。

 2008年度の診療報酬改定への対応については、現在院長をはじめ医務部長、総看護師長とともに検討している状況であるということです。

 市民要望としての医療技術の向上等、市民に信頼される病院としての質の向上については、医師不足という懸念がある中で、現在の医師がどのような医療器材を使えばよいのか検討しており、技術面についても向上意欲を持って自己研修している。

 看護科については、総看護師長の指示を受け、看護計画の中でスキルアップを目的とした研修に順次送り出しており、看護師についてのプロ職員としての資質向上に努めている。

 医療技術者については放射線、臨床検査、薬剤、それぞれの部署の中で研修に参加いただくことを周知している。

 平成20年度はみずからが使っている医療器材を市民向けにPRしながら、市民からいただいた意見を踏まえて医療技術の向上に結びつけるという意識改革を図ろうという取り組みも今模索しているということです。

 平成19年度の決算見込みでは1億円近い損失を生じる見通しの中で、平成20年度は非常に厳しいのではないか、内科の医師不足の中でどのように収益を上げていかれるのかとの質疑に対しては、今直面している診療報酬改定を踏まえ、病院内の入院患者の病棟変更を模索している。小児科限定で7対1看護体制をとりながら内科、外科・整形外科については10対1を維持するという体制ができないか、この2月以降試行的に調整している。この点で診療報酬を上げられる可能性を秘めていると思っている。

 収支においては、経費を削り込むよりは、収益を生み出すための診療体制を整える意識で展開している。平成19年度中に常勤医が4人増えており、この結果が平成20年度中にはあらわれるだろうという見方をしている。

 平成19年11月後半以降、病床利用率が80パーセントを超える状況が続いており、この実績も踏まえて収益増に結びつけていきたいということです。

 特定健診、特定保健指導について、総合健診センターは平成21年度からだが、平成20年度から特定保健指導等を行える体制と見通しはとの質疑に対し、特定健診については平成19年度の基本健康診査と同様の500人程度に対応したい。特定保健指導については、4月に1人管理栄養士を採用し、市役所の保健師との連携で市民病院としての特定保健指導を実施していきたい。当病院の受診者数から割り出すと、動機づけ支援については35人、積極的支援については15人程度対応できるだろうと想定しているということです。

 地域医療計画にかかわる質疑に対しては、作成に当たっては、まず志木市が持っている医療資源は何なのかを整理し、医療資源としてないものは何なのかというところを市民に関心を持っていただけるような情報提供に努めたい。その中から疾病ごとにどう対応できるのか、市民病院はどういう役割を担えるのかを市民向けに発信していきたいと思っているとの答弁がありました。

 リハビリテーション拡充の体制についての質疑に対し、現時点で理学療法士に加え、臨時職員対応で小児科専門の作業療法士を任用している。今回、言語聴覚士についても臨時的任用で週1回程度できる人を探しており、平成20年度内には3者専門職の連携による小児のリハビリを展開していきたい。将来的には、市民の方からも市民病院を利用される方からも望まれる方向であれば、訪問リハビリや訪問看護の在宅支援については拡充していくことも考えていく必要があると思っているとの答弁がありました。

 以上で質疑を終了し、採決を行った結果、第26号議案、第31号議案、第32号議案、第15号議案、第17号議案、第22号議案については賛成多数をもって、また第30号議案、第34号議案、第35号議案、第7号議案、第8号議案、第9号議案、第11号議案、第12号議案、第14号議案、第16号議案、第20号議案、第21号議案、第24号議案については、総員をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 これで報告を終わりますが、当該委員の中で補足説明がありましたら、よろしくお願いいたします。



○香川武文議長 環境福祉委員の中で補足説明はございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 環境福祉委員長の報告が終わりました。

 委員長報告に対して質疑のある方はどうぞ。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。

 以上で環境福祉委員長の報告を終わります。

 天田委員長さん、お疲れさまでございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△文教都市委員長報告、質疑



○香川武文議長 日程第3、文教都市委員長報告。

 第33号議案、第37号議案、第7号議案、第10号議案、第13号議案、第15号議案、第18号議案、第19号議案及び第23号議案について、文教都市常任委員会での審査の経過と結果を文教都市委員長から報告を求めます。

 池ノ内秀夫文教都市委員長。

          〔池ノ内秀夫文教都市委員長登壇〕



◆池ノ内秀夫文教都市委員長 文教都市常任委員会における審査の概要と結果につきましてご報告申し上げます。

 今回、当委員会に付託されました案件は議案9件であります。

 以下、審査の過程におきまして論議のありました主なものについて順次ご報告申し上げます。

 初めに、第33号議案 志木市水道事業企業職員の給与の種類及び基準に関する条例等の一部を改正する条例について申し上げます。

 本案については、当局の詳細な説明をもって了解したところであります。

 次に、第37号議案 志木市道路線の認定について申し上げます。

 本案については、当局の詳細な説明をもって了解したところであります。

 次に、第7号議案 平成19年度志木市一般会計補正予算(第5号)について申し上げます。

 歳出、第8款土木費、第4項都市計画費について、委員から、中央通り停車場線第2工区の用地取得が45パーセントと聞くが、残りの55パーセントは何年ごろに買収が完了するのか、さらに断固としてどかない場合はどうするのかとただしたところ、用地取得ついては全体で2,200平方メートルあり、そのうち970平方メートルを取得し、残りについては平成22年度を目標に進めている。用地買収については、地権者との交渉で協力を求めていくとのことでありました。

 次に、第10款教育費、第3項中学校費について、委員から、中学校4校のうち耐震補強工事が終わったところと終わっていないところはどこかとただしたところ、宗岡第二中学校については建築基準法改正前の建物であり、対象外であり、志木中学校と宗岡中学校の校舎については本補正予算で耐震補強を行い、志木第二中学校については平成20年度の設計費用の予算を計上したとのことでありました。

 次に、第10号議案 平成19年度志木市下水道事業特別会計補正予算(第4号)について申し上げます。

 委員から、今回の借換債の削減効果はどのくらいの金額か、また金利が4パーセントか3パーセント以内と書いてあるが、どの程度見越しているのか、さらに借りかえの関係で国に提出した資料の中に平成18年7月に料金改定を行い、3年間を設定しているので必ず見直しを行っていくという文言があるが、平成21年度の段階で値上げをするのかとただしたところ、削減効果については約1億円発生している。金利についてはこれから借り入れするわけだが、2.5パーセントでシミュレーションしている。料金改定については3年置きにやるということで審議会でもなっているが、改定は別問題で現段階ではその考えはないとのことでありました。

 次に、第13号議案 平成19年度志木市水道事業会計補正予算(第1号)について申し上げます。

 本案については当局の詳細な説明をもって了解したところであります。

 次に、第15号議案 平成20年度志木市一般会計予算について申し上げます。

 歳出、第8款土木費、第1項土木管理費について、委員から、宗岡小学校のところの交差点改良計画については、新年度予算では見ていないがどうなのか、また個人住宅の関係で耐震の予算が90万円出ているが、国の基準見直しの話があったが、その中身はどういうものか、さらにワイス株式会社跡地について内部で対策会議がつくられたというが、どういう見通しになっていくのか、志木市としてこの開発に対し、何を要望していくのかとただしたところ、宗岡小学校前交差点の改良については、県道との交差点部分に当たるので、県では平成19年度測量を行った。それに伴う改良事業は県のほうで今後進めていく。耐震補助の関係で国の制度見直しについては3点あり、まず1点として、現在の制度の密集市街地が撤廃されること、2点目として、現在国と地方で15.2パーセントの補助率が23パーセントに改正される。3点目として、死亡時一括償還型融資の際、不動産鑑定を鑑定士が行うが、その費用を国のほうで補助対象にしていこうというのが現在の見通しである。ワイスの関係で庁内にプロジェクトチームを立ち上げ検討しているが、開発の中身が市のほうに上がっておらず、市から開発者の長谷工への要望、中身はその状況に応じ変わっていくと考えているとのことでありました。

 次に、第4項都市計画費について、委員から、平成13年度に都市計画マスタープランができたが、平成19年度に見直しをし、平成20年度も見直しをするというが、平成19年度のときにできなかったのか。そして今後も毎年見直しを行うのか。さらに公園の委託費について西原特定土地区画整理地域に公園が5か所完成したが、公園の清掃や草刈りなどが含まれているのかとただしたところ、平成19年度に庁内に検討委員会を設置し、現況の調査、把握、総合振興計画の変更やその部分の整合性など課題を抽出した。平成20年度はそうした課題や抽出内容を検討し、市民を含めた検討委員会を立ち上げ、見直し素案を作成していく。平成21年度は都市計画の縦覧など、市民の意見を聞く期間を設けて、実効性の高い計画を定めていく。今後見直しや新規追加などは考えられるが、住民参加型の大規模的な見直しは今の段階では考えていない。また西原の5公園については、今、組合では管理的な部分について市でお願いできないかという協力要請をいただいているところであり、予算的には公園の光熱水費等を計上しているとのことでありました。

 続いて、委員から、国道254バイパスについて、去る2月13日の段階で県が推進する平面案で志木市も同意したが、まちづくり検討委員会も平面案でオーケーとなったという根拠は何なのか。また県は環境影響評価についても公表してこなかった経緯があるが、内部ではどのような検討がされたのか。さらに3月の「広報しき」に平面案で決定したという記事が掲載されたが、いつの段階で原稿が入稿されたのか。あわせて今後、平面案での志木市都市計画審議会の開催はいつごろになるのかとただしたところ、平面案の根拠については、検討委員会の中で道路設計の内容、安全対策、沿道整備などの意見が出され、基本的に平面案が妥当ということで出した。環境影響評価については、振動、騒音、大気などについて要望していく。「広報しき」の入稿の時期については、秘書広報室で対応している。都市計画審議会については未定であるとのことでありました。

 続いて、5目土地区画整理費について、委員から、平成19年度が完成年度であったが、2年延伸となったと思うが、既に道路は供用開始されているが、一時停止やカーブミラーなど、交通安全対策は未整備であるが、これは完成して本登記されないとできないのか。また公園ができたことで、夏など若者が夜遅くまで花火を上げたり、騒いだりと、近隣住民は安心して休めないのではという不安の声が出ているが、今後どう取り組んでいくのかとただしたところ、区域内の交通安全については丁字路の交差点がほとんどであるが、ときどき出会い頭の事故が発生していることから、外側線の設置や交差点にはカラー舗装をするなどしている。設計段階から警察とも協議し、十字路はつくらない、丁字路の場合、直線方向が優先であるため、基本的にはとまれの規制はかけないというのが警察の考え方である。また公園の安全対策では、設計の段階で市と周辺町内会を含めて説明をした中で、いすはなるだけ横に寝られないようにしてほしいとか、死角はなくす、屋根の部分も極力減らすような形でつくっている。照明関係も真っ暗ではなく、明るい公園でもないという集まりづらい形になっているとのことでありました。

 次に、第10款教育費、第1項教育総務費、第1目教育委員会費について、委員から、委員会の公開の部分が少なくなってきたが、以前のように公開制にしていくべきと思うがどうか。他市の状況はどうなのか。また内部で検討している適正配置という名の統廃合について可能性はあるのか、さらに学区自由化について教室が足りない、部活も大変という状況になってきているが、自由化は続けていくのかとただしたところ、委員会の公開については、委員会で決定したものであり、現時点では変更する考えはない。また他市の状況については、すべての自治体を調べたわけではないので、理解をいただきたい。統廃合については、現在市内の開発状況、動向等を把握しているところであり、あるなしについては答えられない。また通学区の自由化については、今後も定数を設定した上で継続していくとのことでありました。

 次に、第2項小学校費、1目学校管理費について、委員から、ワイス株式会社跡地について8階建てのマンションが10棟建つ予定と聞くが、志木第三小学校の対応はどういうふうになるのかとただしたところ、ワイス株式会社志木工場跡地については、まだ施設規模、完成時期等、不明確な状況であり、推計が難しいが、もし大幅に増えるようなことがあれば、学区の変更も含め検討していくとのことでありました。

 次に、2目学校耐震費について、委員から、小学校の耐震補強について行っていない学校はどこかとただしたところ、未実施校は宗岡第二小学校、宗岡第三小学校、宗岡第四小学校、志木第四小学校の4校で、棟数にして7棟、すべて校舎であるとのことでありました。

 次に、第3項中学校費、2目学校耐震費について、委員から、各中学校の耐震補強工事を行ったのはどこか、またやっていないのはどこかとただしたところ、今回、志木中学校と宗岡中学校校舎の耐震補強を補正予算で計上した。残りは志木第二中学校の校舎2棟であるとのことでありました。

 次に、第5項社会教育費、3目文化財保護費について、委員から、市民プールの解体について、本年度は解体ということで、来年度以降は建物を建てて、展示や保管を行っていく考えかとただしたところ、現在、志木第四小学校の教室を利用し、整理作業と収蔵を主に行っており、その収蔵がし切れない状況であり、収蔵と整理作業を行い、展示スペースを一部設け、市民の方々に施設、出土品を見ていただくような場を考えているとのことでありました。

 次に、第18号議案 平成20年度志木市下水道事業特別会計予算について申し上げます。

 歳出、第1款総務費、第1項総務費、第2目維持管理費について、委員から、業務委託料の6,046万4,000円の内訳についてただしたところ、まず中継ポンプ場館第二ポンプ場維持管理として4,300万円、水質検査170万円、汚泥分析で約300万円、町内会の清掃による汚泥処理の収集運搬130万円、その他汚泥処理の運搬で430万円、公共下水道の台帳補正として約700万円などであるとのことでありました。

 次に、第19号議案 平成20年度志木市館第一排水ポンプ場特別会計予算について申し上げます。

 委員から、債務負担行為で7億3,500万円組まれたが、議会には契約業務や業者が決まったという議案は出てこないのか。また時期的にはいつ契約を結ぶのか。さらにこの額は何年分が見込まれていて、1年平均では幾らかとただしたところ、管理委託のみであるので議会案件とはならない。契約の時期については12月ごろを予定している。またこの額は何年分として見込まれているのかについては平成20年度後半に計画し6年間を予定しており、1年平均では低い年度で約7,700万円、金額の大きい年度では約1億1,600万円ほどと過去5年間の実績であるとのことでありました。

 次に、第23号議案 平成20年度志木市水道事業会計予算について申し上げます。

 委員から、老朽管等の工事は今後も内部留保資金がある間は使っていくのか。また老朽管等の工事はあと何年で幾らくらいかかるのか。さらに内部留保資金及び減債積立金の残高は平成20年度末ではどのようにやるのかとただしたところ、現在約17億円余りの内部留保資金を使いながら施設整備を行っていきたいと考えている。工事期間については、平成18年度から平成27年度までの10か年計画を定めている。その中で平成20年度以降、石綿管入れ替えで約8億円、赤水管対策で約1億3,000万円、未整備地区で約7億円を予定している。また内部留保資金の平成20年度末の見込みは17億600万円の見込みである。減債積立金はゼロの見込みであるとのことでした。

 以上のような審査の過程と論議をもって採決をいたしましたところ、第33号議案、第37号議案、第7号議案、第10号議案、第13号議案、第23号議案は、総員をもって、第15号議案、第18号議案、第19号議案については、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以上で報告を終わりますが、当該委員の中で補足説明がありましたらよろしくお願いいたします。



○香川武文議長 文教都市委員の中で補足説明はございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 文教都市委員長の報告が終わりました。

 委員長報告に対して質疑のある方はどうぞ。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。

 以上で文教都市委員長の報告を終わります。

 池ノ内委員長、お疲れさまでございました。

 会議の途中でありますが、ここで暫時休憩いたします。

 午後は1時10分から再開いたします。

                             (午前11時48分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○香川武文議長 休憩を閉じ、再開いたします。

                              (午後1時09分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△各委員長報告に対する討論、採決



○香川武文議長 休憩前に引き続き、会議を続行いたします。

 各常任委員会に付託されました各議案の審査の経過と結果について、それぞれ委員長から報告がございましたが、これより各議案の討論、採決を行います。

 初めに、第25号議案 志木市パブリックコメント手続条例の件については、総務委員長報告にありましたとおり、委員会では修正案が提出されております。

 お諮りいたします。

 修正案及び修正部分を除く原案、並びに原案については、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 反対ですか。

          〔「反対です」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 2番、水谷利美議員。

          〔2番 水谷利美議員登壇〕



◆2番(水谷利美議員) 委員会のほうから、名称を片仮名よりも日本語でということで、意見公募手続に改めるという部分が出たことは、議論を聞いておりましたのでよく承知をしております。私は、この部分というよりも中身が重要であるということで、中身に多くの問題があるということで、根本的にこの条例は反対という立場でございますので、何点かにわたって問題を指摘させていただきたいと思います。

 まず、この目的の中に、市の政策形成過程における市民参加の機会の確保となっています。参加する権利を認めるように書かれていますが、まず提出されました意見はあくまでも参考にするとの答弁が返ってきました。総括質疑でもこの問題が大変重要ですのでやりとりしたのですが、賛成、反対の意見を聞くものではないと。この出されたものに対して単なる意見をお伺いするのだという答弁が返ってきました。反対意見が多くても見直しをするというものではないのだと、あくまでも実施機関が決定するという回答でした。この2条の中に、その定義というのが書かれていまして、当該意見を考慮して施策を定めていきたいとなっていまなす。しかしながら他市の条例等では、これは考慮ではなく反映をするという言葉をきちんと使っています。これはまったく私は質が違うというふうに思います。反対意見が出てきたならば、きちんとその問題は見直しをしていくという姿勢がきちんと盛り込まれていかなければならないというふうに思います。

 2点目ですが、情報公開の問題です。会議録の公開については情報公開制度で求めてくださいという答弁が返ってきましたが、残念ながら今の志木市の市政運営は、開かれた市政運営とはほど遠い内容になってきています。会議録等が非公開、教育委員会もほとんど非公開という状態では、市民に知る権利の保障をしているという状況になっているとは言いがたいと思います。その辺のところが現在の志木市の市政運営が明確にまずやるということが今必要なんだろうというふうに思っています。

 3点目なんですが、意見の今回の公募の関係は、書面での提出が主になっています。郵送とかファクシミリとか電子メール等が書かれているんですが、しかしながら意見の聴取方法というのはいろいろあります。基本的には、私は広聴会や説明会をきちんと開いて、そこで十分な説明をし、質疑を受けながら意見を聞いていくというのが一番のベースではないかというふうに思います。文書の提出は非常に限られるということが総務委員会の中でも質疑が行われました。他市の実施状況の報告もありまして、1件につき10人から13人程度という意見しか寄せられていないというのが現状であります。そういう意味では、いろいろな意見聴取方法をきちんと明記していくということが大切ではないかというふうに思います。

 パブリックコメントのこの制度は、市民の知る権利と、そして参加する権利を保障する大変重要な制度だというふうに思っています。そういう意味では、中身をきちんともう一度精査をして私は出し直していただきたいというふうに思っておりますので、今回の中身につきましては反対の立場です。



○香川武文議長 ほかに討論はございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 初めに、第25号議案に対する委員会修正案について採決を行います。

 第25号議案に対する委員会修正案について可決することに賛成の方の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○香川武文議長 起立多数であります。

 よって、委員会修正案は可決されました。

 次に、修正可決した部分を除く原案について採決を行います。

 修正可決した部分を除く原案について可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議がございますので、起立により採決を行います。

 修正可決した部分を除く原案について可決することに賛成の方の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○香川武文議長 起立多数であります。

 よって、修正可決した部分を除く原案は可決されました。

 第26号議案 志木市後期高齢者医療に関する条例の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「反対」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 反対ですか。

 1番、高浦康彦議員。

          〔1番 高浦康彦議員登壇〕



◆1番(高浦康彦議員) 第26号議案 志木市後期高齢者医療に関する条例に反対の立場から討論に参加いたします。

 現在、国会が開かれておりますが、日本共産党、民主党、社民党、国民新党の野党4党は2月28日、後期高齢者医療制度の廃止法案を衆議院に提出いたしました。4月実施予定を前にして、後期高齢者医療制度の内容が知れば知るほど全国各地でその怒りの声が広がっています。

 先日、新聞赤旗に大垣市の議会、本会議のことが紹介されておりまして、自民党提案の後期高齢者医療制度の廃止を求める意見書が公明党の反対を除く全会派の賛成で可決されたことが一面に紹介されました。野党だけではなく、地方では自民党の議員が後期高齢者医療制度廃止の決議に賛同をされているのです。

 後期高齢者医療制度は75歳以上になると強制的に加入させられます。子どもが入っている健康保険や共済組合の扶養家族になっている人も現役で働く健康保険の本人もいます。しかしどの保険に入っていても75歳になると強制的に抜けさせられるということになるわけですが、このように年齢で高齢者を切り離して格差をつけるというのは、国民全体が公的保険に入る国民皆保険制度の国では、世界では日本だけであります。

 後期高齢者医療制度は、収入がゼロの人を含め全員が保険料を払います。年金収入が月1万5,000円以上の人は年金からも天引きされると。保険料は所得に応じた所得割と全員が支払う均等割があります。所得の低い人は均等割の軽減、軽くする制度がありますが、しかし低所得かどうかは世帯全体で判断するため、本人の年金が少なくても世帯主に一定の所得があれば均等割は軽くなりません。保険料は2年ごとの改定で、2年ごとに値上げされる可能性は高くなります。人口に占める後期高齢者の割合が増えると保険料が増大すると、値上げされる。また後期高齢者の医療費が増えれば、またそれも保険料にはね返るということになります。今まで年金が少なく、子どもの健康保険や共済年金の扶養家族になっている方は保険料負担がありませんでした。新たな負担に対する国民の大きな批判を受け、政府は今年から半年間、こうした人の保険料を凍結します。このように政府はみずからこの制度が欠陥法案であるということをさらけ出した形になっています。

 後期高齢者医療制度の問題は、この今申しました保険料のほかに、受けられる医療内容にも大きな問題があります。75歳以上の人はどうせ死ぬんだからと決めつけて医療費を削減しようとするものであります。75歳以上の人が入院したら、すぐに退院計画を立て、余命の短い終末期の患者も75歳以上に限って延命治療の希望の有無などを事前に文書やビデオで記録し、過剰な治療を行わないようにします。これと併行して、38万床ある長期療養患者のベッドを順次削減して、5年後には約半数の15万ないし20万床まで減らし病院から追い出す方針です。本当にこんな非人間的な医療制度の導入は中止するよりほかありません。後期高齢者医療制度の中止を求めて反対討論といたします。



○香川武文議長 ほかに討論はございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 第26号議案の採決を行います。

 第26号議案は、環境福祉委員長報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○香川武文議長 起立多数であります。

 よって、第26号議案は環境福祉委員長報告のとおり可決されました。

 第27号議案 志木市特別職報酬等審議会条例等の一部を改正する条例の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第27号議案の採決を行います。

 第27号議案は、総務委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第27号議案は総務委員長報告のとおり可決されました。

 第28号議案 志木市特別職非常勤職員の報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条例の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第28号議案の採決を行います。

 第28号議案は、総務委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第28号議案は総務委員長報告のとおり可決されました。

 第29号議案 志木市職員の育児休業等に関する条例等の一部を改正する条例の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第29号議案の採決を行います。

 第29号議案は、総務委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第29号議案は総務委員長報告のとおり可決されました。

 第30号議案 志木市重度心身障害者医療費支給に関する条例及び志木市ひとり親家庭等の医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第30号議案の採決を行います。

 第30号議案は、環境福祉委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第30号議案は環境福祉委員長報告のとおり可決されました。

 第31号議案 志木市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 反対ですか。

 1番、高浦康彦議員。

          〔1番 高浦康彦議員登壇〕



◆1番(高浦康彦議員) 第31号議案 志木市国民健康保険税条例の一部を改正する条例に反対の立場から討論に参加いたします。

 本条例改正の主な内容は2点にわたっています。

 一つは後期高齢者支援金等課税額にかかわる規定の追加、2点目は年金保険者による特別徴収が規定されております。

 反対の理由の一つとして、1点目は後期高齢者制度の導入を前提とした条例改正であることが反対理由の一つであります。さきに申したとおりであります。

 2点目の理由ですが、年金から健康保険税が天引きされるということにあります。

 先日、一般質問でご紹介させていただきましたが、日本共産党市議団が実施しました市民アンケートにこういう声が寄せられています。私どもは年金で生活しています。毎年年金は下降していくのに税負担が高くなり、とてもやっていけません。弱者から搾り取るようなやり方では、よい行政とは言えません。という年金生活者からのお声であります。まさに年金から国保税を天引きするなど、弱者から搾り取る、弱者切り捨てのやり方であります。国保被加入者の中には、国保税を払い切れず、何とか分納で税を納めている方が少なくありません。年金から天引きとなれば、この方々の生活はどうなるか、想像にかたくありません。憲法25条で保障されている生存権が奪われることになり、本条例改正に同意することはできません。

 以上をもって反対の討論といたします。



○香川武文議長 ほかに討論はございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 第31号議案の採決を行います。

 第31号議案は、環境福祉委員長報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○香川武文議長 起立多数であります。

 よって、第31号議案は環境福祉委員長報告のとおり可決されました。

 第32号議案 志木市国民健康保険条例の一部を改正する条例の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 反対ですか。

 1番、高浦康彦議員。

          〔1番 高浦康彦議員登壇〕



◆1番(高浦康彦議員) 第32号議案 志木市国民健康保険条例の一部を改正する条例に反対の立場から討論に参加いたします。

 本条例改正の根幹は平成17年12月に政府与党の医療制度改革大綱が公表され、平成18年6月に医療改革関連法として成立し、この改正に基づくものでございます。70歳から74歳の病院の窓口負担を現行の1割から2割に引き上げるという内容です。この改正前の条例には70歳以上の高齢者の病院の窓口負担が1割と明記されておりますが、本条例には国民健康保険法の規定という記述になっていて、非常にわかりにくい表現になっています。医療改革関連法は12本の法律からなるもので、高齢者を中心にした自己負担上限の引き上げ、入院費だとか重症患者の負担増、保険料の引き上げ、ベッド削減による病院からの追い出し、混合診療の拡大など、公的保険のきく範囲を切り詰めて公的医療制度、国民皆保険制度の解体に道を開くという一連の医療の大改悪です。高過ぎる国民健康保険税の納税に苦しむ高齢者にとって医療費が2倍になるんです。2倍の負担増になっては必要な医療を受けられなくなる。医療改革関連法のねらいはまさにそこに医療、診療抑制にあることは明らかであります。すなわち本条例改正は本当に生存権まで脅かす医療改悪そのものであります。憲法25条に保障される社会保障の増進に努めることは政府の責任です。医療改悪である本条例の改正に反対し、反対討論といたします。



○香川武文議長 ほかに討論はございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 第32号議案の採決を行います。

 第32号議案は、環境福祉委員長報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○香川武文議長 起立多数であります。

 よって、第32号議案は環境福祉委員長報告のとおり可決されました。

 第33号議案 志木市水道事業企業職員の給与の種類及び基準に関する条例等の一部を改正する条例の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第33号議案の採決を行います。

 第33号議案は、文教都市委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第33号議案は文教都市委員長報告のとおり可決されました。

 第34号議案 志木市指定訪問看護利用料に関する条例の一部を改正する条例の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第34号議案の採決を行います。

 第34号議案は、環境福祉委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第34号議案は環境福祉委員長報告のとおり可決されました。

 第35号議案 志木市病院事業企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第35号議案の採決を行います。

 第35号議案は、環境福祉委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第35号議案は環境福祉委員長報告のとおり可決されました。

 第36号議案 志木市土地開発公社の定款変更についての件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第36号議案の採決を行います。

 第36号議案は、総務委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第36号議案は総務委員長報告のとおり可決されました。

 第37号議案 志木市道路線の認定についての件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第37号議案の採決を行います。

 第37号議案は、文教都市委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第37号議案は文教都市委員長報告のとおり可決されました。

 第7号議案 平成19年度志木市一般会計補正予算(第5号)の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第7号議案の採決を行います。

 第7号議案は、各委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第7号議案は各委員長報告のとおり可決されました。

 第8号議案 平成19年度志木市老人保健特別会計補正予算(第2号)の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第8号議案の採決を行います。

 第8号議案は、環境福祉委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第8号議案は環境福祉委員長報告のとおり可決されました。

 第9号議案 平成19年度志木市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第9号議案の採決を行います。

 第9号議案は、環境福祉委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第9号議案は環境福祉委員長報告のとおり可決されました。

 第10号議案 平成19年度志木市下水道事業特別会計補正予算(第4号)の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第10号議案の採決を行います。

 第10号議案は、文教都市委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第10号議案は文教都市委員長報告のとおり可決されました。

 第11号議案 平成19年度志木市志木駅東口地下駐車場事業特別会計補正予算(第2号)の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第11号議案の採決を行います。

 第11号議案は、環境福祉委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第11号議案は環境福祉委員長報告のとおり可決されました。

 第12号議案 平成19年度志木市介護保険特別会計補正予算(第2号)の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第12号議案の採決を行います。

 第12号議案は、環境福祉委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第12号議案は環境福祉委員長報告のとおり可決されました。

 第13号議案 平成19年度志木市水道事業会計補正予算(第1号)の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第13号議案の採決を行います。

 第13号議案は、文教都市委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第13号議案は文教都市委員長報告のとおり可決されました。

 第14号議案 平成19年度志木市病院事業会計補正予算(第1号)の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第14号議案の採決を行います。

 第14号議案は、環境福祉委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第14号議案は環境福祉委員長報告のとおり可決されました。

 第15号議案 平成20年度志木市一般会計予算の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 反対ですか。

 1番、高浦康彦議員。

          〔1番 高浦康彦議員登壇〕



◆1番(高浦康彦議員) 第15号議案 平成20年度志木市一般会計予算に反対の立場から討論に参加をいたします。

 今回の一般会計予算について総括的に申し上げますと、市民が望む安心・安全な夢のある生活とはほど遠く、ますます痛みが伴う予算編成になっているということであります。長沼市長が就任されました平成17年度、平成18年度、平成19年度と2年間経過しております。市長は安心で安全な明るい夢のある志木市をと繰り返し述べられておりますが、この2年間、市民の負担増、どういう状況になっているか、明らかにする必要があると思います。

 平成18年度、国の税制改正等に伴う影響額、約4億5,000万円、また志木市の税公共料金の引き上げ等で影響額、税公共料金ですから、約5億円だと思います。平成19年度はさらに定率減税が前年度は2分の1、そして平成19年度は全廃になったんですね。そして65歳以上の非課税、125万人のこの段階的な廃止、3年経過するわけですが、それらもろもろの影響を含めると約6億5,000万円相当になると考えられます。志木市の税公共料金の影響額5億円、毎年その平成18年に値上げしたものは現在もそのまま継続されておるわけです。そのほかさまざまな市民サービスが削減されました。負担も増えております。

 以上からざっと計算しますと、税公共料金の値上げ分だけでみましても、赤ちゃんからお年寄り、市民1人当たりの負担は平成17年度と比べて平成18年度は1人当たり1万4,000円増、4人家族では約5万6,000円の負担増となることが予想されます。平成19年度はまた定率減税が全廃になりますから、それらを含めると1人当たり1万7,000円増、4人家族で6万8,000円の負担増となっているんです。

 平成20年度の予算案を見ますと、平成19年度とほぼ同じ、市民に大変重い負担を押しつけたままの予算編成となっております。日本共産党市議団が行いました市民アンケートからも市民生活はますます苦しくなっているという実態が明らかになりました。市民に過大な負担を求めた結果、平成19年度補正予算(第5号)では、至上最高の19億8,000万円という財政調整基金残高となっております。市民の苦しみが増している今日、これだけの基金残高を生じたわけですから、平成18年度に引き上げた税公共料金の引き下げや市民サービスの削減をもとに戻すなど、市民に還元する予算措置を講ずることは当然やるべきことではないでしょうか。このように高過ぎる税公共料金の引き下げと市民サービスの向上を込めた平成20年度予算案の組み替えを求めまして、平成20年度一般会計予算の反対討論といたします。



○香川武文議長 ほかに討論はございませんか。

          〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 反対ですか。

 2番、水谷利美議員。

          〔2番 水谷利美議員登壇〕



◆2番(水谷利美議員) 第15号議案の平成20年度志木市一般会計予算に反対します。

 主に私の委員会にかかわった問題について指摘をしていきたいと思います。

 まず、大きなものでは、指定管理者制度が導入されることになりました。今回の予算書の中では委託料ということで、一括で金額が書かれていて、その中に人件費が何人分で幾らでみているとか、事業費とか、例えば公民館では図書の購入費が幾らになるのかが全くわかりません。わからなくなってきたわけです。今回図書の購入やその事業の内容も市の直接の指導はできないということが改めて確認がされました。児童センターや子育て支援センターの事業も全く同様で、委託した業者にお任せという形になってしまいます。これはやはり質の低下や、あるいは預けられている子どもたちや、そして市民の安全な問題からも含めまして、指定管理者制度というのは多くの問題があるというふうに思っております。この点については私たちこれまでも反対してまいりましたが、いよいよ新年度予算に入ってきたということで、改めて反対の立場をとらせていただきます。

 あと、教育費の問題です。これまでも何度も取り上げてきました。学校の維持管理費、運営費などの予算がどんどんと削られてきております。これは本当に早急に戻すべきであるというふうに考えます。他市から来た先生方も本当にびっくりしておりますし、校長との懇談の中でもこんなひどい状態になっているというのは本当に困るという声が出されてきております。ぜひとも現場の声をきちんと聞いて予算の増額をしていくべきであろうと思います。

 また、中学校の自由化の問題があります。これまでも引き続き行っていくという答弁しか返ってきません。しかしながら移動する生徒が増えたところ、そして減ったところ双方で大きな問題が起きてきております。これにつきましては早急にその中止という方向で検討していくべき段階にきたというふうに思います。この問題も反対の立場で討論の内容にしたいと思います。

 委員会で出てきました広報のカラーの問題です。「広報しき」がカラーをしていくということで55パーセントほどの予算増になりました。市民生活が非常に厳しいということは、今、高浦議員からも発言をして、私たち本当に市民の皆さんの声が上がってきている。非常事態宣言をして大幅に値上げを強行したこの志木市としまして、志木市は脱却したのですが、市民生活はいまだに非常事態がずっと続いていくということをきちんと認識すべきであり、この市民の感情をさかなですることになる今回のカラー印刷は絶対にやるべきではないというふうに思います。

 4点目に、情報公開の問題です。何度もこの問題を取り上げてきました。本当に後退してきています。志木市の市政運営が不透明になってきました。きちんと情報公開はしていくという立場を全市的にきちんと確認しながらやっていくべきであるというふうに思います。

 最後に、254バイパスの問題で取り上げさせていただきたいと思います。254バイパスの構造検討が11月に始まって、たった一度の住民説明で打ち切りということで、県は平面案を押しつけようとしてきています。これまで県は住民の意見を聞いて、それから決定しますと繰り返していたのですが、今回のやり方は本当に異常な状況の暴挙という形だというふうに思います。

 では、志木市民の生活に責任を持つべき志木市の対応はどうでしょうか。まちづくり検討委員会で検討しているということを繰り返していたのですが、検討内容が全く明らかにされませんでした。会議録も一向に公開されずに、2月13日に県の案にオーケーという回答を出しました。

 この平面案というのは非常に多くの問題があります。振動、大気汚染、騒音と、どれをとっても大変な環境破壊であるということは認識したというふうに思います。環境基準の中であるからいいのだという県の方向では、私たちの暮らしを守ることはできないと思います。

 さらに、歩行者の問題なんですが、歩行者にとっては、歩道橋で設計がなる可能性が非常に高いです。これでは市民にとっての負担が非常に多い道路になります。この道路は地元の住民が望んでいるものではありませんし、生活を破壊する道路は要らないというのが皆さんの認識です。どうしても国、県が必要とする道路ならば地下方式にしていくべきです。車優先のまちづくりではなく、歩行者優先のまちづくり、道路づくりにしていくべきだというふうに思います。

 用地買収、まだまだ40パーセント程度でありますので、まだ時間は十分にあります。市民の声をしっかり聞いて、再検討していくべきだというふうに思います。志木市の今後の進め方についてきちんと行っていくべきであるということを指摘して反対討論とします。



○香川武文議長 ほかに討論はございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 第15号議案の採決を行います。

 第15号議案は、各委員長報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○香川武文議長 起立多数であります。

 よって、第15号議案は各委員長報告のとおり可決されました。

 第16号議案 平成20年度志木市老人保健特別会計予算の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第16号議案の採決を行います。

 第16号議案は、環境福祉委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第16号議案は環境福祉委員長報告のとおり可決されました。

 第17号議案 平成20年度志木市国民健康保険特別会計予算の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 反対ですか。

 1番、高浦康彦議員。

          〔1番 高浦康彦議員登壇〕



◆1番(高浦康彦議員) 第17号議案 平成20年度志木市国民健康保険特別会計予算に反対の立場から討論に参加をさせていただきます。

 後期高齢者医療制度の導入や退職者医療被保険者制度の廃止によって、この国保会計の仕組みが大きく変わる、その内容が含まれた予算になっていますが、従来のと異なる国保諸制度の変更した内容とその影響額について委員会でも質疑をさせていただいたんですが、国保会計に対しマイナスの要因が退職者医療制度の廃止による影響、それから後期高齢者医療制度の新設による支援金の持ち出し、それから後期高齢者医療費が導入となれば、市の持ち出し負担分、それから国保加入者が75歳以上から外れることになりますから、その保険税の収入が減となる。それから新たに特定健診、特定保健指導の支出、こういう変わる要素がマイナス要因というか、持ち出しということになります。

 それから、逆にプラスになる要因というのは老人医療費、老人保健がなくなりますから、拠出金が廃止される。それから国保加入者が外れることによる国からの支出金がくると、それから今回の中身にもあるんですが、徴税法改正に伴う医療分の賦課限度額の改正によるプラス要因、それから高齢者医療、現役並み所得、先ほどの1割から2割というような影響というプラスマイナスのいろいろな影響が生じるわけなんです。

 先ほど環境福祉常任委員会の報告の中で、さまざまな要因が多くて、これ定着するのに二、三年かかるというような答弁であります。問題を指摘する点としては、この今述べました徴税法改正に伴う医療分の賦課限度額の改正前にこの影響額が予算に計上されたことであります。徴税法改正後、補正にて組むべきではないか。これが1つです。

 それから、2点目は、さきの条例改正で問題を指摘しました後期高齢者医療制度の導入を含んだ予算編成になっていることであります。

 それから、3点目は、やはりこの国民健康保険税についてです。現状の2年前に均等割も含めて44パーセントもまた上げて、本当に被保険者に対しては重い負担になっている。滞納、払いたくても納められないという実態の中で、やはりこの税率引き下げを図り、一般財源からの繰り入れを図るべきではないか、以上3点にわたる問題点を指摘いたしまして、予算案に反対の討論といたします。



○香川武文議長 ほかに討論はございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 第17号議案の採決を行います。

 第17号議案は、環境福祉委員長報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○香川武文議長 起立多数であります。

 よって、第17号議案は環境福祉委員長報告のとおり可決されました。

 第18号議案 平成20年度志木市下水道事業特別会計予算の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 反対ですか。

 2番、水谷利美議員。

          〔2番 水谷利美議員登壇〕



◆2番(水谷利美議員) 第18号議案 平成20年度志木市下水道事業特別会計予算に反対し、討論を行ってまいります。

 今回の反対の大きなところは、長期契約を導入するというところです。今回中継ポンプ場の更新工事があります。この更新工事は大変老朽化していると、現場を見せていただきましたので、工事そのものは必要ということは理解をするところです。

 それで、当初26億かかるということで、どの程度下がっていくのかということをやりとりしていたのですが、大幅に減になりますということです。今までゴミ等をかきわけて搬出する方法でしたが、破砕して流す方法に変更することになったということで、工事費が大幅に減額になります。

 債務負担行為に設定されております16億1,000万円なんですが、この中で工事費分につきましては11億8,000万円です。これは12月議会に出てくるということで、この工事の契約の議案が出てくるということで、工事は3年間にかけて行うと。そのほかに入っていますのは管理費です。約4億円、これは6か年分ということで、これを割りますと6,666万円ということで1年間この程度というふうに考えていると、そのほかに設計費、あるいは工事の管理費、そしてモニタリング料というのが入っているということで2,600万円の積算の数字となっているということでした。工事費等は圧縮するということはなかなか難しいんでしょうし、長期によって大きなメリットというのは管理費のところに期待するのであろうかというふうに思います。

 管理費につきましては、過去5年から6年の間のかかっていた費用を一応積算として積み上げておいて今後どのようにこれが引き下げられるかということを期待するんだということでした。しかし今回の6か年間の過去の数字を拾っていきましても、過去の数字から推移すると相当低くなってきていると。それは今言いましたように工事の工程が変わります。工事内容が変わりますので、作業も相当に大幅に削減されるであろうということで、管理が大幅に変わってくるという内容になってくるというふうに思います。

 ここのところが圧縮されるという期待をするところで一番気になりますのが、実はその人件費分での圧縮にもしいくとするならば、さきの平成17年度の水害の事故がありましたように、人件費の圧縮によって大きな事故につながってしまったという経緯があります。そういう意味では、この辺の反省点からいきますと、志木市がきちんと管理をするということがとても重要なんだろうというふうに思っています。

 もう一点、この中には、一般会計のほうで予算がとられております排水機場の維持管理分というのがあります。これも平成20年から平成26年の債務負担行為で2億4,000万円組まれています。これを6年で割りますと1年間4,000万円程度ということで計上されておりますが、これも経年変化をずっと見ていきますと1年間3,000万円程度しかかかっていないのに、なぜにこれほどの高い金額を設定するのかなというのはちょっと疑問が残っています。

 この中にもモニタリング料というのが入って、この排水機場のほうでは700万円、中継ポンプ場のほうでも500万円ということで1,200万円程度が予算組まれていると。今後コンサルさんに引き続きチェックをしてもらうんだということの金額のようなんですが、本当にこのような金額が必要なのかどうなのかというところが大変疑問です。志木市がきちんと管理するということをこれまでもやってきたわけで、これらの費用は不要ではなかろうかというふうに思っています。

 もう一点が、この選定につきましては非公開で行うということで答弁が返ってきました。こういうものはきちんと公開をしてやれない話ではないというふうに思います。業者のところに秘密の内容ということがあるわけではありませんので、これはきちんと公開しながらどのような観点でどのような業者を選ぶのか、透明性の確保をしていくべきであろうというふうに思いますが、非公開で行うということでしたので、この点も含めて反対の問題点として指摘をしたいと思います。



○香川武文議長 ほかに討論はございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 第18号議案の採決を行います。

 第18号議案は、文教都市委員長報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○香川武文議長 起立多数であります。

 よって、第18号議案は文教都市委員長報告のとおり可決されました。

 第19号議案 平成20年度志木市館第一排水ポンプ場特別会計予算の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 反対ですか。2番、水谷利美議員。

          〔2番 水谷利美議員登壇〕



◆2番(水谷利美議員) 第19号議案 平成20年度志木市館第一排水ポンプ場特別会計予算に反対し、討論を行ってまいります。

 いま、第18号議案のところでも指摘しましたように、この管理につきましても平成20年度から平成26年度の債務負担行為という形で長期契約を計画しているということになりました。実際には平成21年度からということで6か年間の金額でありますということです。この金額を割っていきますと1億2,250万円、1年でかかるという金額で設定がされております。これも過去5年から6年間の数字を足していきますと、非常に高い金額になっているなと。約1億円ほどずつかかっていたものが1億2,000万円までということで、実際には話を聞きますと、これまでここは工事をしていたので、一定度、その維持管理の補修の部分が少なかったと、少し前の伺っている費用で積算しましたということで1億2,000万円を計上しているということです。高い金額で設定されているということだけはちゃんと見ておくべきであろうと。

 もう一点、この中に先ほどのところでも出てきましたモニタリング料というのが含まれます。これが1,890万円ということで、1年間で315万円のモニタリング料が経営コンサルのところに払われるというような仕組みになりました。ここは工事ではなくて管理だけですよね。これまでも何ら問題がないところになんでこのようなモニタリング料というのが必要なのかというところは大変疑問でもあります。これはまさに不要であろうというふうに私などは思います。

 さらに、今回6年契約をすることによって業者が地元の業者をどうするんだというやりとりをしたときに、地元の業者をグループで組んでいただいて入っていただくことも考えているというお話がありました。今までは維持管理のところでその業者との契約をして、施設の点検につきましてどうしてもメーカーが必要なところはメーカーにお願いしているというやり方で進めていたわけで、そこの部分についてなぜ一括して委託をするような仕組みにする必要があるのか。私はやはり維持管理分と排水機場の運営のために管理というところをきちんと明確にしながら年度によって上限があります点検の費用もきちんと明確にして、今までどおりの契約方法で問題がないだろうというふうに思っています。

 そういう意味では、今回の長期契約に反対ということです。業者の選定につきましても先ほどお話ししましたように、全く非公開であるということは大変おかしいというふうに思います。これは公開にしていくべきだろうということを指摘して反対討論とします。



○香川武文議長 ほかに討論はございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 第19号議案の採決を行います。

 第19号議案は、文教都市委員長報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○香川武文議長 起立多数であります。

 よって、第19号議案は文教都市委員長報告のとおり可決されました。

 第20号議案 平成20年度志木市志木駅東口地下駐車場事業特別会計予算の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第20号議案の採決を行います。

 第20号議案は、環境福祉委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第20号議案は環境福祉委員長報告のとおり可決されました。

 第21号議案 平成20年度志木市介護保険特別会計予算の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第21号議案の採決を行います。

 第21号議案は、環境福祉委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第21号議案は環境福祉委員長報告のとおり可決されました。

 第22号議案 平成20年度志木市後期高齢者医療特別会計予算の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 反対ですか。

 1番、高浦康彦議員。

          〔1番 高浦康彦議員登壇〕



◆1番(高浦康彦議員) 第22号議案 平成20年度志木市後期高齢者医療特別会計予算に反対の立場から討論に参加いたします。

 第26号議案で後期高齢者に関する条例に反対討論したとおり、特別会計の予算に改めて反対の討論をいたします。

 後期高齢者制度については、医療機関からも反対の声が上がっております。主な病気の治療を行う1人の主治医に限定されて、診療報酬が定額に定められています。月額6,000円、患者負担は1割600円、必要な治療を何回行っても診療報酬に変わりはない。手厚い治療をするほど医療費からの持ち出しになると。それから入院、終末期の診療内容についてもいろいろ病状の急変したときや延命治療など、搬送なども含めて患者との合意内容、映像や文書で事前に確認し制限するというひどい内容です。

 また、健診の問題なんですが、今まで40歳以上の人を対象に基本健康診査が実施されまして、健診料は70歳以上の方は無料でした。しかし後期高齢者医療制度では有料化とされ、今まで自治体の実施義務から努力義務に変わることになります。さらに政府は75歳以上の方に対しては高血圧や糖尿病などの生活習慣病の患者を健診の対象外にせよと、制度を担う広域連合に圧力をかけています。現在、詳細な内容は決まっていないようですが、いずれにしても健診について従来制度と比較して、後退することは必至であります。

 以上をもって反対の理由としまして、さきの理由とあわせて後期高齢者医療制度の後退につながる本特別会計予算に反対し、討論といたします。



○香川武文議長 ほかに討論はございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 第22号議案の採決を行います。

 第22号議案は、環境福祉委員長報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○香川武文議長 起立多数であります。

 よって、第22号議案は環境福祉委員長報告のとおり可決されました。

 第23号議案 平成20年度志木市水道事業会計予算の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第23号議案の採決を行います。

 第23号議案は、文教都市委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第23号議案は文教都市委員長報告のとおり可決されました。

 第24号議案 平成20年度志木市病院事業会計予算の件につき、討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第24号議案の採決を行います。

 第24号議案は、環境福祉委員長報告のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第24号議案は環境福祉委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○香川武文議長 ここで、日程の追加についてお諮りいたします。

 第38号議案 志木市副市長の選任について、第39号議案 志木市教育委員会委員の任命についてが、長沼市長から、発議第1号 志木市議会委員会条例の一部を改正する条例及び発議第2号 志木市議会会議規則の一部を改正する規則が、池田則子議員外5名から、並びに意見書第1号 道路特定財源の確保に関する意見書が、鈴木潔議員外2名から提出されました。

 この際、所定の手続きが整っておりますので、第38号議案を日程第4に、第39号議案を日程第5に、発議第1号を日程第6に、発議第2号を日程第7に、意見書第1号を日程第8にそれぞれ追加いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、それぞれ日程に追加することに決しました。

 ただいま追加されました各議案、並びに発議第1号、発議第2号及び意見書第1号を配付いたさせます。

          〔事務局職員配付〕



○香川武文議長 配付漏れはございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 配付漏れなしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第38号議案の上程、説明、質疑、採決



○香川武文議長 日程第4、第38号議案 志木市副市長の選任についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長沼市長。

          〔長沼 明市長登壇〕



◎長沼明市長 第38号議案 志木市副市長の選任についてご説明申し上げます。

 本案は副市長に石原和平氏を選任したいので、地方自治法第162条の規定に基づき提案するものであります。

 石原氏は昭和41年4月に足立町役場に就職以来、42年間にわたり市職員として地方行政を担い、特に平成12年からは議会事務局長、以後、まちづくり・環境推進部長、企画部長を歴任しております。石原氏は信望が厚く、行政経験も豊富であり、適任者であると考えておりますので、ご同意いただきますようよろしくお願い申し上げます。



○香川武文議長 提案理由の説明が終わりました。

 これより議案に対する質疑に入ります。

 第38号議案について質疑のある方はどうぞ。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。

 議長から申し上げますが、第38号議案は人事案件のため、委員会付託及び討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第38号議案の採決を行います。

 第38号議案は原案のとおり同意することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認めます。

 よって、第38号議案は原案のとおり同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第39号議案の上程、説明、質疑、採決



○香川武文議長 日程第5、第39号議案 志木市教育委員会委員の任命についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長沼市長。

          〔長沼 明市長登壇〕



◎長沼明市長 第39号議案 志木市教育委員会委員の任命についてご説明申し上げます。

 本案は教育委員会委員の柚木博氏が平成20年3月31日をもちまして退任されますことから、後任として白砂正明氏にお願いしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づき提案するものであります。

 白砂氏は、昭和41年4月に足立町役場に就職され、教育政策部長や企画部長などを歴任されるとともに、昭和18年からは収入役に就任されております。特に教育行政の分野におきましては、昭和60年10月からは教育委員会社会教育課長として柳瀬川図書館の設置整備を推進し、さらには平成15年4月には教育政策部長として教育長を補佐するとともに、教育行政全体の統括を行ってまいりました。いずれにいたしましても信望が厚く、教育行政に高い識見を有しており、適任者であると考えておりますので、ご同意いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 なお、白砂氏の任期につきましては、本年4月1日から前任者の残任期間であります6月30日までとなります。



○香川武文議長 提案理由の説明が終わりました。

 これより議案に対する質疑に入ります。

 第39号議案について質疑のある方はどうぞ。

 2番、水谷利美議員。



◆2番(水谷利美議員) 任期につきましては、残任期の6月まででございますというお話でしたですよね。この段階で例えば今後、数年きちんと勤務していただける方をなぜに選定できなかったのかについて、本当に短期だけここでお願いするという理由は何なのか、ちょっとそこの点をまずお伺いします。



○香川武文議長 答弁を求めます。

 長沼市長。



◎長沼明市長 水谷議員のご質問にご答弁申し上げます。

 これはあくまでも前任者の残任期間ということでありまして、改めて引き続き6月定例会において提案をしたいというふうに考えております。



○香川武文議長 2番、水谷利美議員。



◆2番(水谷利美議員) それでは、6月の段階でこの方を引き続きお願いするんだと、そういう理解でよろしいのでしょうか。もしそういう前提ということならば、そういう前提でちょっとお伺いしたいと思います。

 正直なところ、健康上の心配があるというお話もちょっと承っているんですが、この辺についてはいかがなものなのか。土日勤務も非常に激務な職務でございますので、その点についてどうなのか。

 もう一点なんですが、確かに教育の政策部長をやられた方ということでは私も知っております。しかしながら教育長という職務につきましては、ぜひ教育関連の現場の方をやはり据えていただきたいなというふうに実は思うんですね。やはり政策からの観点じゃなくて、現場の声とはやっぱり大分ずれるということも聞いておりますので、そういう方をぜひとも選んでいくべきではないのかなというふうに思うんですが、その点についてどのようにお考えになっているのかお伺いします。



○香川武文議長 答弁を求めます。

 長沼市長。



◎長沼明市長 水谷議員の再質問にご答弁申し上げます。

 1点目の健康上の関係については、全く問題ないというふうに認識しております。

 後段の関係ですけれども、適任者であるということで提案させていただいておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。



○香川武文議長 ほかに質疑はございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。

 議長から申し上げますが、第39号議案は人事案件のため、委員会付託及び討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、第39号議案の採決を行います。

 第39号議案は原案のとおり同意することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認めます。

 よって、第39号議案は原案のとおり同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○香川武文議長 次に、日程第6、発議第1号 志木市議会委員会条例の一部を改正する条例の件を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 10番、池田則子議員。

          〔10番 池田則子議員登壇〕



◆10番(池田則子議員) 議長のお許しをいただきましたので、発議第1号 志木市議会委員会条例の一部を改正する条例について提案説明を申し上げます。

 主な改正内容につきましては、昨年第4回定例会におきまして、志木市議会議員定数条例の一部を改正する条例が成立し、議員定数が19人から15人になりましたので、各常任委員会の定数をそれぞれ5人に改正するとともに、議会運営委員会の定数を7人以内とするものであります。

 また、同じく同定例会におきまして、志木市部設置条例の一部を改正する条例が成立いたしましたので、その改正内容をもとに部の名称を改正するものであります。そのほか現在市民病院に関する事項は環境福祉常任委員会の所管になっておりますが、各委員会の所管事項を精査した結果、総務常任委員会へ所管がえをするとともに、環境福祉常任委員会の名称を市民福祉常任委員会と改めるものであります。

 以上の理由から委員会条例を改正したいのでご提案するものであります。

 皆様のご賛同、よろしくお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○香川武文議長 提案理由の説明が終わりました。

 これより議案に対する質疑に入ります。

 質疑のある方はどうぞ。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。

 提出者、池田議員、お疲れさまでございました。

 お諮りいたします。

 本案は会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、発議第1号は委員会付託を省略することに決しました。

 お諮りいたします。

 発議第1号は討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、発議第1号の採決を行います。

 発議第1号は原案のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認めます。

 よって、発議第1号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第2号の上程、説明、質疑、討論、採決



○香川武文議長 次に、日程第7、発議第2号 志木市議会会議規則の一部を改正する規則の件を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 10番、池田則子議員。

          〔10番 池田則子議員登壇〕



◆10番(池田則子議員) 議長のお許しをいただきましたので、発議第2号 志木市議会会議規則の一部を改正する規則について提案説明を申し上げます。

 現在、会議録は速記により調製しておりますが、会議録調製の円滑化及び経費の削減を図るため、会議録を録音により調製したいので、会議規則を改正するためご提案するものであります。

 皆様のご賛同をよろしくお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○香川武文議長 提案理由の説明が終わりました。

 これより議案に対する質疑に入ります。

 質疑のある方はどうぞ。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。

 提出者、池田則子議員、お疲れさまでございました。

 お諮りいたします。

 本案は会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、発議第2号は委員会付託を省略することに決しました。

 お諮りいたします。

 発議第2号は討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、発議第2号の採決を行います。

 発議第2号は原案のとおり可決することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認めます。

 よって、発議第2号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△意見書第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○香川武文議長 次に、日程第8、意見書第1号 道路特定財源の確保に関する意見書の件を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 19番、鈴木潔議員。

          〔19番 鈴木 潔議員登壇〕



◆19番(鈴木潔議員) 議長のお許しをいただきましたので、意見書第1号 道路特定財源の確保に関する意見書について提案理由の説明を申し上げます。

 道路は地域経済の活性化や住民の安全で安心な生活を確保するための最も基礎的な社会資本でございます。

 地方においては、主要な幹線道路のネットワークの形成をはじめ防災対策、通学路の整備、さらに救急医療など市民生活に密接にかかわるものであります。

 また、さきの志木市議会において一般国道254和光富士見バイパス(志木区間)の建設促進を求める意見書が可決されて、国及び県知事に提出したところでございます。

 早期の道路整備を願う市民にとっても道路特定財源の維持は重要なものと考える次第でございます。

 さらに、現行の道路特定財源の暫定税率が廃止された場合には、計画中の道路整備、あるいは着工中の道路整備が困難になるなど、深刻な事態に陥り、このことは他の行政サービスの低下など、国民生活にも深刻な影響を及ぼしかねないものであります。

 このようなことから、現行暫定税率の維持が図られるよう、強く要望するものであります。

 以上、地方自治法第99条の規定により、国会及び政府に意見書を提出するものでありますので、皆様のご賛同をよろしくお願い申し上げます。



○香川武文議長 提案理由の説明が終わりました。

 これより議案に対する質疑に入ります。

 質疑のある方はどうぞ。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。

 提出者、鈴木潔議員、お疲れさまでございました。

 お諮りいたします。

 本案は会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 ご異議なしと認め、意見書第1号は委員会付託を省略することに決しました。

 お諮りいたします。

 意見書第1号は討論を省略し、採決することにご異議ございませんか。

          〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 反対ですか。

 2番、水谷利美議員。

          〔2番 水谷利美議員登壇〕



◆2番(水谷利美議員) 道路特定財源の確保に関する意見書提出に反対し、討論を行います。

 今、国会のほうでも大変大きな問題になっているこの段階で、衆議院を通過しまして、今参議院に回っております。参議院ではこのままでは通らないということで、この修正について今、表でしょうか、裏でしょうか、議論が進められて、これの妥協点をどこにしていくのかという議論が始まってきています。共産党は、基本的にはこの道路特定財源につきましては、一般財源化、すべてを一般財源化にするべきであるという立場であります。

 もともとこの法律は1953年につくられて道路の整備のためにということで3年間、5年間ということで延長されてきて現在に至っているということです。ここにきまして、期限が切れるということで、今回の法案はなんとさらに10年延ばして道路の整備のための財源にしていくということになっています。

 先ほど鈴木議員のほうから提案の中で、一般の私たちの生活道路の話がありました。これにつきまして、もちろん当然必要な整備がこれは待たれているわけですが、今回の特定財源の大きなもとは大変この大きな予算が組まれて、今後59兆円の中で中期計画というのが出てきております。その4割に当たりますのが高速道路の新設であったり、また高規格道路、地域の高規格道路、ここに多分254が入るんだろうというふうに思うんですが、さらには6本の海峡の横断道路というものまで入っているということです。こういうものが、予算が先につけられまして計画が今後ともこういう大変大きな工事がプロジェクトが組まれるということになるわけです。

 しかしながら、今私たちの暮らしは大変厳しくなっておりまして、これらの道路だけの財源ではなく暮らし、福祉にすべて使えるようにというのが市民の大きなアンケートをとりましても、そういう傾向になってきているというのが姿です。地方におきましてもこの一般財源化をさせて、この予算をつけて必要なところに道路整備やあるいは市民の暮らしを重点的に行うと、これは市町村の判断に任せるということでこれは一般財源化することによって市町村においてもきちんと予算がつけられるという仕組みになってまいります。

 ですから、道路特定財源というこの法律につきましては、すべて一般財源化の方向で行っていくべきであるというふうに考えますので、今回の意見書については反対であります。

          〔発言する者多し〕



○香川武文議長 ほかに討論はございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○香川武文議長 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 意見書第1号の採決を行います。

 意見書第1号は原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○香川武文議長 起立多数であります。

 よって、意見書第1号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△引退議員あいさつ



○香川武文議長 ここで、今期をもってご勇退される予定の各議員からあいさつの申し出がございますので、これを許します。

 初めに、12番、青野文雄議員。

          〔12番 青野文雄議員登壇〕



◆12番(青野文雄議員) 議長より発言のお許しをいただきましたので、任期満了に伴い、引退することに当たり一言ごあいさつを述べさせていただきます。

 思い返せば昭和59年4月に初当選をさせていただき、今日まで6期24年間、有権者の皆さん、そして同士の皆様より真心からの温かいご支援をいただきまして、本当にありがとうございました。24年間、市政の舞台で市民の代表として大変重要な職務を果たさせていただくことができました。微力な私ではありましたが、今日まで歩んでこられましたことは、多くの諸先輩からのご指導、同僚、支持者の厚い励ましがあったればこそと感謝の気持ちでいっぱいであります。

 初当選をした折に、尊敬する先輩から、議員であり続けることを目的としてはいけない。議員という立場を使って何をすべきかを絶えず考えなさいと激励をいただきました。以来、私は今日までこの言葉を忘れることなく守り、行動を続けてまいりました。

 また、市行政におきましては、市長はじめ代表監査委員、選挙管理委員会委員長、農業委員会会長、さらには収入役、教育長、教育委員長、各部課長及び全職員の皆さんには24年間、大変にお世話になりました。本当にありがとうございました。

 私は性格が一本気なところがあり、時には意見が合わなかったり、無理難題を申し上げたことも多々あったことと思いますが、市職員の皆さんは顔色一つ変えることなく、にこやかに対応してくださいましたことに深く感謝を申し上げる次第でございます。

 他市の職員との交流は余りありませんので、比較することはできませんが、志木市役所職員の皆さんは、埼玉一、否、日本一誠実で実力のある職員であることを私は声を大にして訴えたい思いであります。どうかこれからも公僕という立場で志木市民の健康と幸せのため、さらには市政発展のため、ご自身の健康に十分留意されながらご活躍されますことを期待申し上げております。

 最後に、このたびの志木市議会議員選挙を迎えるに当たり、立候補される議員の皆様全員が見事なる勝利の栄に浴され、さらに志木市政発展のためご尽力されますことをご祈念申し上げまして、引退のあいさつとさせていただきます。大変にありがとうございました。(拍手)



○香川武文議長 次に、14番、松本米藏議員。

          〔14番 松本米藏議員登壇〕



◆14番(松本米藏議員) ご指名をいただきましてありがとうございます。退任に当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。

 私は昭和60年、市議会議員として初当選をいたしました。この年は志木市の玄関口であります東口第一種市街地再開発事業の都市決定がされた年であります。志木市にとってまさに大型事業のスタートを切った日、年であります。皆様ご承知のとおり、総事業費257億6,700万円をかけて、16年の歳月をかけ、平成13年3月に完成をしております。

 私は議員として誠実に一生懸命という言葉を座右の言葉とし、老人と子どもを大切にするぬくもりのある志木市のまちづくり、これをテーマに教育の町、福祉の町、文化漂う温かい志木市を夢見ながら23年間頑張ってまいりました。私の人生にとって貴重な充実した日々であったことを感慨無量でございます。市長さんをはじめ執行部の皆様、職員の皆様、同僚の議員の皆様、大変お世話になりました。心から厚く御礼申し上げます。

 退任のあいさつをいただきますきょう3月17日という日は、私にとって奇遇のめぐりあわせの日であるということを一言お話ししておきます。

 平成10年3月17日、今からちょうど10年前です。私の顧問先でありました志木合同タクシーのオーナーであります須田様から、志木駅前の用地売買契約の最終的な相談を受けました。早速細田市長と当時の木内部長が須田様のお宅を訪問され、今まで大きなネックになっておりました駅前事業用地の売買契約が成立し、その日の夜から早朝にかけて建物の撤去がされ、そして公共施設、その他のもろもろとありました難問が一段の促進をされた思い出の3月17日であります。

 このときの様子をこの須田様に次の日に行って、きれいになっていますと話をしましたら、須田様が、そんなはずはないと、あの車庫は鉄骨が入っているから、そんなに簡単には壊れないよと言っておりましたけれども、夜から早朝にかけてこの担当された職員の方々が夜を徹してこの作業を実施されたというそういう職員の意気込みというものを私は忘れることができません。隣に座っております水道部長もそのとき先頭に立って、この撤去作業に朝方まで頑張った一人だと聞いております。志木市の職員には、まだまだそういう意気込みとファイトを持った職員の方々がたくさんいらっしゃいます。私はこの件について、長沼市長さんをはじめ先頭に立って執行部の皆さん、職員の皆さん一丸となられ、安心・安全である夢のある明るい志木市のまちづくりにご活躍されることを祈っております。

 また、先ほどお話がありましたけれども、4月の市議会議員選挙に出馬をされる同僚の皆さん、ぜひ頑張って全員当選を果たし、このこともやはり私はお祈りをしております。皆さん、長い間どうもありがとうございました。(拍手)



○香川武文議長 次に、16番、小室京一議員。

          〔16番 小室京一議員登壇〕



◆16番(小室京一議員) こんにちは。議長のお許しを得ましたので、一言ごあいさつを申し上げます。

 市民の皆様、職員の皆様、議会の皆様、大変お世話になりました。どうもありがとうございました。ぜひ志木市がすばらしい住みやすい町になりますよう、皆様、力を合わせてよろしくお願いいたします。どうもありがとうございました。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△教育長、都市整備部長、健康福祉部長のあいさつ



○香川武文議長 次に、本年3月31日付で退職をされます柚木博教育長、内田喜久男都市整備部長、金子直史健康福祉部長からあいさつの申し出がございますので、これを許します。

 初めに、柚木教育長。

          〔柚木 博教育長登壇〕



◎柚木博教育長 議長のお許しをいただきましたので、一言ごあいさつ申し上げます。

 私は平成17年10月に就任して以来、2年6か月の間、教育長として務めさせていただきましたが、この3月31日をもって退任させていただくこととなりました。この間、香川議長をはじめとして、議員の皆様方には常に温かいご指導、ご鞭撻を賜り、まことにありがとうございました。心より感謝申し上げます。

 もとより微力ではございますが、志木市の教育振興のため、自分なりにベストを尽くしてきたという自負だけはございます。最先端の教育行政を担うことは毎日が新鮮であり、日々学ぶことが多く、まさに何物にもかえがたい貴重な経験の連続であり、志木市教育委員会の仕事をさせていただいたことは、私にとりまして大きな誇りでもあります。4月からは埼玉県庁に帰任する予定ではありますが、今後も志木市のために貢献できることがあれば応援させていただく所存でございますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 最後になりますが、議員の皆様方のますますのご健勝、そしてご活躍、そして志木市の発展を心よりご祈念申し上げまして、退任に当たりましてのあいさつとさせていただきます。皆様、本当にありがとうございました。(拍手)



○香川武文議長 次に、内田都市整備部長。

          〔内田喜久男都市整備部長登壇〕



◎内田喜久男都市整備部長 議長さんのお許しをいただきまして、一言お礼のごあいさつを申し上げさせていただきます。

 とうとうというよりも、やっとこの場にたどりつくことができたというのが、今の私の偽らざる心境でございます。恐らく人生の半分以上を志木市にお世話になったことになるでしょうし、私の体の中には志木市のDNAが脈々と流れているのも事実であります。まさに私の人格は志木市そのものであります。きょうこの日がありますのも、市長さんはじめ多くの職員の皆さんの支えがあったことはもちろんでございますが、何よりも議員皆様の温かいご指導をいただけたことに尽きると思っております。ここに心から感謝を申し上げる次第です。ありがとうございました。

 今後は、私の座右の銘であります、ただ一度の人生を天地いっぱいに生きる、この言葉を胸に、生まれ育った大きな所沢の小さな地域のために、志木市のDNAを持って何かお手伝いをできることがあればというふうに思っているところでございます。千の風になるのにはまだ少し時間がありますが、西のほうの空から吹き渡るような感じで静かに志木市市政を見守らせていただきたいと思っております。

 結びになりますが、志木市政の限りない発展と議員皆様のますますのご活躍をご祈念申し上げまして、お礼のごあいさつとさせていただきます。長い間、大変お世話になりました。ありがとうございました。(拍手)



○香川武文議長 次に、金子健康福祉部長。

          〔金子直史健康福祉部長登壇〕



◎金子直史健康福祉部長 議長のお許しをいただきましたので、一言ごあいさつをさせていただきたいと存じます。

 月並みではございますけれども、今考えますと、あっという間の2年間ということでございました。この間、香川議長をはじめ議員の皆様方には、いろいろとご指導を賜りまして、改めて感謝申し上げる次第でございます。

 志木市での2年間は、本当によい経験をさせていただいたというふうに感じております。特にこの議会での経験というものにつきましては、今後の私の公務員生活にとりましても、大きな支えとなっていくものというふうに考えております。4月から県に戻るわけでございますけれども、この経験を十分に職務に生かしていくとともに、今後は県職員として、僭越ではございますが、志木市議会及び志木市の発展をお手伝いできればというふうに考えておりますので、どうぞ今後ともよろしくお願いしたいと存じます。

 最後に、議員皆様方のますますのご発展をお祈り申し上げまして、簡単ではございますが、あいさつとさせていただきます。本当に2年間、ありがとうございました。(拍手)



○香川武文議長 以上で、勇退される議員の皆様及び退職される職員の皆様方のあいさつを終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○香川武文議長 ここで、市長から議員の皆様にあいさつの申し出がございますので、これを許します。

 長沼市長。

          〔長沼 明市長登壇〕



◎長沼明市長 閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 去る2月20日に開会いたしました平成20年第1回市議会定例会におきましては、議員各位には終始ご熱心に、かつ慎重なるご審議を賜り、まことにありがとうございました。

 平成20年度志木市一般会計予算をはじめ市政にかかわる重要案件につきましては、第25号議案を除き原案どおり可決をいただき、厚く御礼を申し上げます。

 審議の過程、あるいは第25号議案の修正並びに一般質問などにおきまして賜りました貴重なご意見及びご提言につきましては真摯に受けとめ、今後の市政運営に反映させてまいりたいと存じます。

 さて、今議会におきまして議決をいただきました平成19年度志木市一般会計補正予算(第5号)に基づく志木中学校及び宗岡中学校校舎耐震補強等工事にかかわる工事につきましては、学校という建物の関係から授業が行われない夏休み期間を利用した工事を実施したいと考えております。このためには早期の契約が必要となりますので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、工事請負契約の締結につきましては4月に予定されております臨時議会に提案させていただきたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

 また、国民健康保険税条例の一部を改正する条例についてでありますが、医療分及び支援分の賦課限度額の改正並びに後期高齢者医療制度の創設に伴い、新たに国民健康保険の資格を取得した場合の保険税に対する軽減及び条例減免の改正につきましては、根拠条文である地方税法施行令が平成20年3月末に交付されるため、あわせて臨時議会でのご審議を賜りたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

 次に、専決処分の予定について申し上げます。地方税法の改正につきましては、現在国会において論議されているところであり、この法案の成立時期については極めて流動的であります。したがいまして、この法案が成立した場合には、速やかに関係条例の一部を改正する必要があり、専決処分をさせていただくことにしておりますので、重ねてご理解を賜りたいと存じます。

 それでは、この場をおかりいたしまして、2点ご報告させていただきます。

 初めに、市民総合センターの内外装改修工事の終了に伴い、新たにスタートする総合福祉センターの竣工についてでありますが、平成19年11月16日から平成20年3月25日までを工期として、全館を閉館して改修工事を行ってまいりましたが、ここで竣工の運びとなりました。平成20年4月1日からは、新たに志木市総合福祉センターと名称を変更し、総合福祉センター、宗岡第二公民館、児童センター、宗岡子育て支援センターなどの施設としてスタートしてまいります。

 つきましては、本年3月29日の土曜日、午後1時30分から竣工式を行い、あわせて施設の内覧会を開催させていただきます。議員の皆様をはじめ利用団体の皆様にご案内を申し上げたところであり、大変お忙しいこととは存じますが、議員の皆様にもぜひご出席を賜りたくお願い申し上げます。

 次に、インターネット公売についてご報告申し上げます。

 市税の滞納処分により差し押さえた不動産や動産について、去る3月4日から10日に、市として初めてインターネット公売を実施したところであります。これまでの公売に比べ、インターネットを利用することで広く公売情報を周知し、日本全国から多数の入札者を確保することができるとともに、入札者同士の競り売りも可能なため、より高い金額での落札も期待できるところであります。

 今回実施した不動産も36平方メートルという小さい土地でありましたので、過去2回、通常の入札を実施いたしましたが、落札者がなく、不調に終わっておりました。しかしながらこのインターネット公売に載せたところ、2名の方にご参加をいただき、見積もり価格より25パーセントも高い金額で落札していただいたところであります。

 インターネット公売全体の結果といたしましては、見積もり価格200万6,700円に対し、落札額は255万4,500円であり、およそ27パーセント、見積もり価格を大幅に上回る結果となりました。今後も納税の公平性の見地より、納税に誠意のない滞納者につきましては、法令に基づいた滞納処分を適切に実施するとともに、このように新しい手法も取り入れながら税収の適正な確保に努めてまいりたいと存じます。

 以上、2点についてご報告をさせていただきましたが、まもなく新年度を迎え、4月6日告示、4月13日には市議会議員選挙が行われます。数多くの功績を残された議員各位の4年の任期も残すところわずかとなってまいりました。この間、議員各位にはさまざまなご意見やご提言をいただきました。私の掲げる政策を実現できましたのも議員の皆様の深い御理解とご協力のたまものと厚く御礼を申し上げる次第であります。

 引き続き市議会議員に立候補される方々におかれましては、めでたく当選をされまして、再びこの議場でお目にかかれますようご健闘をお祈りする次第であります。

 また、ご勇退をされる議員におかれましては、長い間本当にお疲れさまでした。市議会の議席を離れましても在任中と変わることなく、引き続き市政に対するご支援とご協力、そして忌憚のないご意見などを賜りますようお願い申し上げます。

 結びに、新年度におきましても安心・安全で夢のある明るい志木市の実現を目指して市政運営を展開してまいりますので、引き続き議員各位におかれましてはさらなるご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げまして、閉会に当たってのあいさつとさせていただきます。本当に長い間、お疲れさまでした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長あいさつ



○香川武文議長 平成20年第1回定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げさせていただきます。

 去る2月20日に開会された本定例会も本日をもって無事終了の運びとなりました。改めまして議員皆様方、執行部皆様方のご協力に対しまして深く感謝、御礼を申し上げます。

 ご案内のとおり、私ども議員は平成16年4月の市議会議員選挙により議席をいただきましてから、はや4年の年月が過ぎようとしております。今任期中、議場におきまして、お互いに顔を合わせることは本日が最後になるものと思われますが、いずれにいたしましても、議員皆様方におかれましては、健康に十分ご留意され、ご活躍をされますよう心から念願をする次第です。

 また、先ほどごあいさつをいただきました今期をもってご勇退される青野文雄議員、松本米藏議員、小室京一議員におかれましては、引き続き志木市議会に対しまして目を光らせながら舌鋒鋭く厳しくご指導いただきますようお願いを申し上げる次第です。

 重ねて、先ほど思い思いにごあいさつをいただきました柚木博教育長、内田喜久男都市整備部長、金子直史健康福祉部長におかれましても、これまでのご労苦に心から感謝を申し上げますとともに、今後のますますのご活躍をお祈り申し上げる次第です。本当にお疲れさまでございました。

 さらに、長沼明市長をはじめ執行部の皆様方には、これまでいろいろとご協力を賜り、まことにありがとうございました。時として議会から大変厳しい発言等もあったかとは存じますが、これも市政進展を願うがためと、その寛容なお気持ちで受けとめていただければ幸いと思っているところであります。

 最後に、高い席から私事でまことに恐縮でございますが、一昨年3月にご推挙をいただきましてから、不肖私が議長として就任をさせていただきました。以来、反省すべき点は多々あったと存じますが、本日まで大過なくその職を全うすることができました。これもひとえに池田則子副議長をはじめ諸先輩、皆様方の厳しいご指導と温かいご協力のたまものと思っております。ここに改めまして深く感謝、御礼を申し上げますとともに、志木市、そして志木市議会のさらなる発展を心からご祈念を申し上げ、私のごあいさつとさせていただきます。

 本当にありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○香川武文議長 以上をもちまして、本議会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。

 よって、平成20年第1回志木市議会定例会を閉会し、直ちに散会いたします。

 長時間にわたり、大変お疲れさまでございました。

                              (午後3時08分)

議長     香川武文

署名議員   永井 誠

署名議員   鈴木 潔