議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 朝霞市

平成10年  9月 定例会(第3回) 09月22日−資料




平成10年  9月 定例会(第3回) − 09月22日−資料









平成10年  9月 定例会(第3回)



●平成10年第3回朝霞市議会定例会会期予定表



日次
月日

開議時刻
摘要


第1日
9月1日

午前9時
◯開会 ◯会議録署名議員の指名 ◯会期の決定

◯諸報告 ◯閉会中の継続審査案件の報告

◯議案の報告、上程、提案者の説明


第2日
9月2日

−−
◯休会(議案調査等)


第3日
9月3日

−−
◯休会(議案調査等)


第4日
9月4日

−−
◯休会(議案調査等)


第5日
9月5日

−−
◯休会


第6日
9月6日

−−
◯休会


第7日
9月7日

午前9時
◯議案に対する質疑 ◯委員会付託


第8日
9月8日

−−
◯休会(議案調査等)


第9日
9月9日

(午前9時)
◯総務常任委員会(第1委員会室)

◯建設常任委員会(第2委員会室)


第10日
9月10日

−−
◯休会(議案調査等)


第11日
9月11日

(午前9時)
◯民生常任委員会(第1委員会室)

◯文教常任委員会(第2委員会室)


第12日
9月12日

−−
◯休会


第13日
9月13日

−−
◯休会


第14日
9月14日

−−
◯休会(議案調査等)


第15日
9月15日

−−
◯休会


第16日
9月16日

午前9時
◯一般質問


第17日
9月17日

午前9時
◯一般質問


第18日
9月18日

午前9時
◯一般質問


第19日
9月19日

−−
◯休会


第20日
9月20日

−−
◯休会


第21日
9月21日

−−
◯休会(議案調査等)


第22日
9月22日

午前9時
◯各委員長報告及び同報告に対する質疑、討論、採決

◯閉会



●請願文書表



受理番号
受理年月日
件名
請願者の住所氏名
紹介議員
付託常任
委員会名


請願第8号
10.8. 24
いまこそ「安全・安心・信頼の学校づくり」を

すすめるため、教職員定数増・三〇人学級

実現など緊急の教育条件整備を求める請願書
朝霞市本町1−14−2

朝霞市教職員組合

代表者  田之岡真澄
井島伊三雄

田辺 淳
文教


請願第9号
10.8. 25
介護保険制度の拡充を求める請願
志木市下宗岡1−3−23

医療生協さいたま・朝霞

・志木・和光支部「介護

保険を考える会」

  本名 俊雄
齊藤弘道
民生



                             朝議発第173号

                             平成10年9月14日

朝霞市議会議長様

                         総務常任委員長  榎本正男

                         文教常任委員長  森山憲男

                         建設常任委員長  野島栄一

                         民生常任委員長  野本一幸

               委員会審査報告書

 委員会に付託された事件は、審査の結果、別紙のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。

                    記



委員会名
月日
開会時間
場所


総務
9月9日(水)
午前9時
第1委員会室


建設
9月9日(水)
午前9時
第2委員会室


民生
9月11日(金)
午前9時
第1委員会室


文教
9月11日(金)
午前9時
第2委員会室





●委員会審査結果表



議案番号
件名
審査結果
議決年月日
議決結果


◯総務常任委員会


51
平成9年度朝霞市一般会計歳入歳出決算認定について
認定
10.9.22
認定


〔歳入全般・歳出中第1款議会費・第2款総務費・第3款民生費中第6項保険年金費・第5款労働費・第6款農林水産業費・第7款商工費・第9款消防費・第11款公債費・第12款諸支出金中第1項普通財産取得費及び第5項公営企業支出金・第13款予備費〕
 
 
 


52
平成9年度朝霞市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
認定
10.9.22
認定


58
平成10年度朝霞市一般会計補正予算(第2号)
原案可決
10.9.22
原案可決


〔第1条第1表歳入歳出予算補正・歳入全般・歳出中第2款総務費・第3款民生費中第6項保険年金費・第9款消防費・第11款公債費〕
 
 
 


59
平成10年度朝霞市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
原案可決
10.9.22
原案可決


61
朝霞市災害対策本部条例の一部を改正する条例
原案可決
10.9.22
原案可決


62
朝霞市消防団条例の一部を改正する条例
原案可決
10.9.22
原案可決


63
朝霞市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例
原案可決
10.9.22
原案可決


64
朝霞地区一部事務組合の共同処理する事務の変更に伴う関係条例の整備に関する条例
原案可決
10.9.22
原案可決


65
朝霞市部室設置条例
原案可決
10.9.22
原案可決


68
工事請負契約の締結について
原案可決
10.9.22
原案可決


69
工事請負契約の締結について
原案可決
10.9.22
原案可決


70
工事請負契約の締結について
原案可決
10.9.22
原案可決


71
工事請負契約の締結について
原案可決
10.9.22
原案可決


72
工事請負契約の締結について
原案可決
10.9.22
原案可決


73
工事請負契約の締結について
原案可決
10.9.22
原案可決




◯建設常任委員会


51
平成9年度朝霞市一般会計歳入歳出決算認定について
認定
10.9.22
認定


〔歳出中第8款土木費・第12款諸支出金中第3項土地開発基金繰出金及び第4項開発公社費〕
 
 
 


54
平成9年度朝霞市朝霞都市計画事業広沢土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定
10.9.22
認定


55
平成9年度朝霞市朝霞都市計画下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定
10.9.22
認定


56
平成9年度朝霞市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定
10.9.22
認定


57
平成9年度朝霞市水道事業会計決算認定について
認定
10.9.22
認定


58
平成10年度朝霞市一般会計補正予算(第2号)
原案可決
10.9.22
原案可決


〔第1条第1表歳入歳出予算補正・歳出中第8款土木費〕
 
 
 


66
市道路線の認定について
原案可決
10.9.22
原案可決


67
市道路線の廃止について
原案可決
10.9.22
原案可決


◯民生常任委員会


51
平成9年度朝霞市一般会計歳入歳出決算認定について
認定
10.9.22
認定


〔歳出中第3款民生費(第6項保険年金費を除く)・第4款衛生費・第12款諸支出金中第2項災害援護資金貸付金〕
 
 
 


53
平成9年度朝霞市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について
認定
10.9.22
認定


58
平成10年度朝霞市一般会計補正予算(第2号)
原案可決
10.9.22
原案可決


〔第1条第1表歳入歳出予算補正・歳出中第3款民生費(第6項保険年金費を除く)・第4款衛生費〕
 
 
 


60
平成10年度朝霞市老人保健特別会計補正予算(第1号)
原案可決
10.9.22
原案可決


◯文教常任委員会


51
平成9年度朝霞市一般会計歳入歳出決算認定について
認定
10.9.22
認定


〔歳出中第10款教育費〕
 
 
 


58
平成10年度朝霞市一般会計補正予算(第2号)
原案可決
10.9.22
原案可決


〔第1条第1表歳入歳出予算補正・歳出中第10款教育費〕
 
 
 



●委員会付託以外の議案審議結果表



議案番号
件名
議決年月日
議決結果


74
監査委員選任に関する同意を求めることについて
10.9.22
同意


議提11
非イオン系界面活性剤の水道法における水質基準の設定を求める意見書
10.9.22
原案可決


議提12
少子化対策の総合的推進に関する意見書
10.9.22
原案可決


議提13
朝霞市議会委員会条例の一部を改正する条例

10.9.22
原案可決


議提14
夫婦別姓の導入を図る民法改正に慎重を期することを求める意見書

10.9.22
原案可決


議提15
学校施設の大規模改修事業予算の確保、補助基準の改善、充実を求める意見書
10.9.22
否決



議員提出議案第十一号

   非イオン系界面活性剤の水道法における水質基準の設定を求める意見書

 右の議案を会議規則第十四条の規定により、別紙のとおり提出する。

  平成十年九月十七日提出

                    提出者  朝霞市議会議員  榎本正男

                    賛成者  朝霞市議会議員  鈴木龍久

                    賛成者  朝霞市議会議員  森山憲男

                    賛成者  朝霞市議会議員  小池正訓

                    賛成者  朝霞市議会議員  井島伊三雄

                    賛成者  朝霞市議会議員  八巻勝夫

                    賛成者  朝霞市議会議員  田辺 淳

朝霞市議会議長様

   非イオン系界面活性剤の水道法における水質基準の設定を求める意見書

 今日環境問題は、地球規模の課題をはじめ、市民生活から発生するごみ問題、生活排水による水質汚濁など多岐にわたっています。なかでも私たちの「いのちの水」が工場排水、有害化学物質などによって汚染され、深刻な状況になっています。

 昨年、飯能市の水道水に工場からの非イオン系界面活性剤が混入していた事件が発生しました。非イオン系界面活性剤は、その製造過程において、発ガン物質のジオキサンが残留することがわかっています。また、最近の研究では、非イオン系界面活性剤の中には、外因性内分泌攪乱物質として生殖機能に悪影響を与えるものがあることが判明し、環境庁が研究班を設置しました。

 水道法による水質基準は、一九九二年十二月にこれまでの二十六項目から四十六項目に増えましたが、非イオン系界面活性剤の基準はその「使用量が少ない」ということで設定が見送られました。しかし現在、非イオン系界面活性剤の生産量は全界面活性剤の四割にもなり、工場や家庭から垂れ流し状態にあります。これを看過することはできません。厚生省は「水道における未規制化学物質」の研究班を設置し、非イオン系界面活性剤を含む八物質について調査を行っています。

 よって政府においては、非イオン系界面活性剤の水道法における水質基準の設定を実現し、安全な水道水確保のための適切な措置を講ぜられるよう強く要望します。

 右、地方自治法第九十九条第二項の規定により、意見書を提出する。

  平成十年九月二十二日

                    埼玉県朝霞市議会議長   陶山憲秀

内閣総理大臣  小渕恵三様

厚生大臣    宮下創平様

議員提出議案第十二号

   少子化対策の総合的推進に関する意見書

 右の議案を会議規則第十四条の規定により、別紙のとおり提出する。

  平成十年九月十七日提出

                    提出者  朝霞市議会議員  榎本正男

                    賛成者  朝霞市議会議員  鈴木龍久

                    賛成者  朝霞市議会議員  森山憲男

                    賛成者  朝霞市議会議員  小池正訓

                    賛成者  朝霞市議会議員  井島伊三雄

                    賛成者  朝霞市議会議員  八巻勝夫

                    賛成者  朝霞市議会議員  田辺 淳

朝霞市議会議長様

   少子化対策の総合的推進に関する意見書

 我が国において、一九九七年の合計特殊出生率(一人の女性が一生の間に産む子供の数の平均)が、統計史上最低を記録した。

 厚生白書によると、我が国の総人口の見通しは、二〇〇七年をピークに減少に転じ、現在一億二千六百万人の人口は、二〇五〇年に約一億人、二一〇〇年に約六千七百万人になると推計されている。仮にこの推計通りに少子化が進み、総人口が減少すれば、経済や社会等々の広範な分野に極めて甚大な影響を与えずにはいかない。

 特に経済成長へのマイナス影響が指摘されているとともに、その財力や原資を経済成長から得、かつ世代間の扶助を原理とする社会保障に対して、特に深刻な影響を及ぼすことが予測されよう。さらには国民の活力や文化等に与える影響においても、看過し得ないものがある。したがって、政府においては、中長期的視野に立って、一定の人口水準が維持されるよう、総合的かつ効果的な少子化対策を早急に講ずる必要がある。

 我が国の出生率の低下をもたらした原因として、女性の社会進出やその価値観の変化等もあるが、基本的に我が国は、女性が働きながら子供を産み、育てる上で極めて厳しい条件下におかれていることによるものである。それは、労働・雇用、育児・保育、住宅そして教育等々、広範な分野にまたがっており、総合的な対策が必要な所以である。

 よって政府においては、「子供を産み育てることに『夢』を持てる社会」を構築するために、左記の対策を講じていくよう、強く要望するものである。

 一、政府の中に「少子化総合対策推進本部」を設置すること。

 二、保育所の大幅整備及びゼロ歳児・夜間・延長等保育機能の充実を図ること。

 三、出産・育児休暇の充実や出産・育児に伴う雇用保障を図ること。

 四、分娩費の充実及び乳幼児医療費の無料化を図ること。

 五、児童手当制度の充実及び教育減税の実現を図ること。

 六、多子世帯の公営住宅への優先入居措置を図ること。

 右、地方自治法第九十九条第二項の規定により、意見書を提出する。

  平成十年九月二十二日

                    埼玉県朝霞市議会議長   陶山憲秀内閣総理大臣  小渕恵三様

厚生大臣    宮下創平様

大蔵大臣    宮沢喜一様

労働大臣    甘利 明様

建設大臣    関谷勝嗣様

議員提出議案第十三号

   朝霞市議会委員会条例の一部を改正する条例

 右の議案を会議規則第十四条の規定により、別紙のとおり提出する。

  平成十年九月十七日提出

                    提出者  朝霞市議会議員  榎本正男

                    賛成者  朝霞市議会議員  鈴木龍久

                    賛成者  朝霞市議会議員  森山憲男

                    賛成者  朝霞市議会議員  小池正訓

朝霞市議会議長様

   朝霞市議会委員会条例の一部を改正する条例

 朝霞市議会委員会条例(昭和五十年条例第二十一号)の一部を次のように改正する。

 別表総務常任委員会の項中第四号を削り、第五号を第四号とし、第六号から第九号までを一号ずつ繰り上げる。

  附則

 この条例は、平成十年十月一日から施行する。

議員提出議案第十四号

   夫婦別姓の導入を図る民法改正に慎重を期することを求める意見書

 右の議案を会議規則第十四条の規定により、別紙のとおり提出する。

  平成十年九月十八日提出

                    提出者  朝霞市議会議員  鈴木龍久

                    賛成者  朝霞市議会議員  榎本正男

                    賛成者  朝霞市議会議員  小池正訓

                    賛成者  朝霞市議会議員  富岡勝則

                    賛成者  朝霞市議会議員  辻  勝

                    賛成者  朝霞市議会議員  浅川万次郎

                    賛成者  朝霞市議会議員  野島栄一

朝霞市議会議長様

   夫婦別姓の導入を図る民法改正に慎重を期することを求める意見書

 法務大臣の諮問機関である法制審議会は、夫婦が希望すれば、結婚後もお互いに旧姓を名乗ることができる選択的夫婦別姓制度の導入を骨子とする「民法の一部を改正する法律案要綱」を大臣に答申した。

 この改正案は、子供の成人後に姓の変更を認めているものの、従来の家庭や社会の在り方に大きな変革をもたらすものであり、大人の都合によって、子供を取り巻く環境にも大きな影響を与えかねず、また、夫婦のきずなを強める方策とは言いがたい。

 現在の法制度で職業上の不利益をこうむる女性については、それを考慮して「同姓を原則として、旧姓を呼称として届け出れば使用できる」というように改正すれば済むことである。国民の念願である女性の社会的地位の向上や権利の確立のためには、個人の権利を認め、真に社会的な平等が保障される制度や社会的合意、啓発が重要であることは言うまでもない。しかし選択的夫婦別姓制度の導入は、夫婦が一体であるとする日本の文化そのものや、家族の一体感を損ない、大切な家庭の崩壊を招くおそれさえある。

 よって政府においては、個人や社会に大きな混乱と影響を及ぼすおそれのある民法の一部改正には慎重を期するとともに、国民の十分なる議論を踏まえて対処されるよう強く要望する。

 右、地方自治法第九十九条第二項の規定により、意見書を提出する。

  平成十年九月二十二日

                    埼玉県朝霞市議会議長   陶山憲秀

内閣総理大臣  小渕恵三様

法務大臣    中村正三郎様

議員提出議案第十五号

   学校施設の大規模改修事業予算の確保、補助基準の改善、充実を求める意見書

 右の議案を会議規則第十四条の規定により、別紙のとおり提出する。

  平成十年九月十八日提出

                    提出者  朝霞市議会議員  井島伊三雄

                    賛成者  朝霞市議会議員  森山憲男

                    賛成者  朝霞市議会議員  田辺 淳

                    賛成者  朝霞市議会議員  八巻勝夫

朝霞市議会議長様

   学校施設の大規模改修事業予算の確保、補助基準の改善、充実を求める意見書

 人口急増により、七十年代に多くの小中学校が建設され、これらの学校施設の老朽化対応など大規模改修(屋上防水、外部塗装、内部塗装、耐震工事などの)事業は急務になり、多額の費用を必要としています。

 大規模改修事業の国庫補助(補助率三分の一)の基準は、建築後十五年から二十年に延長され、以前のように建築後十五年で改修すると、国庫補助事業にあわず全額単独事業や多額の起債での事業実施を余儀なくされており、国庫補助率、補助単価の引き上げ、予算の確保が強く望まれております。

 よって政府においては、子供たちの安全で、より良い教育環境を整備するため、現状改善を図る特段のご努力を要望するものです。

 一、学校施設の大規模改修事業予算の確保、補助基準の改善、充実を図ること。

 右、地方自治法第九十九条第二項の規定により、意見書を提出する。

  平成十年九月二十二日

                    埼玉県朝霞市議会議長   陶山憲秀

内閣総理大臣  小渕恵三様

大蔵大臣    宮沢喜一様

文部大臣    有馬朗人様

●委員会審査結果表(請願)

(閉会中の継続審査分)



番号
件名
審査結果
議決年月日
議決結果


平成9年請願第10号
◯建設常任委員会

非イオン系界面活性剤について水道法における水質基準設定を実現するよう、国に意見書を提出することについての件
採択
10.9.1
採択


平成9年請願第7号
◯総務常任委員会

「夫婦別姓の導入を図る民法改正に慎重を期する事を求める意見書」の提出を求める請願書
採択
10.9.22
採択


平成10年請願第2号
「消費税率を3%に戻す意見書の採択を求める請願書」
不採択
10.9.1
不採択


平成10年請願第4号
◯文教常任委員会

朝霞市の学校給食用食器の安全性について、朝霞市独自で検査実施することを願う件
不採択
10.9.1
採択



                             朝議発第174号

                             平成10年9月14日

朝霞市議会議長様

                         文教常任委員長  森山憲男

             閉会中の継続審査申出書

 本委員会は、下記の事件についてさらに審査を要するものと決定したので、審査終了するまでの間、会議規則第104条の規定に基づき、閉会中の継続審査の申し出をします。

                    記

 平成10年請願第8号 いまこそ「安全・安心・信頼の学校づくりを」をすすめるため、教職員定数増・三〇人学級実現など緊急の教育条件整備を求める請願書

                             朝議発第175号

                             平成10年9月14日

朝霞市議会議長様

                         民生常任委員長  野本一幸

             閉会中の継続審査申出書

 本委員会は、下記の事件についてさらに審査を要するものと決定したので、審査終了するまでの間、会議規則第104条の規定に基づき、閉会中の継続審査の申し出をします。

                    記

 平成10年請願第9号 介護保険制度の拡充を求める請願

                             朝議発第177号

                             平成10年9月14日

朝霞市議会議長様

                         総務常任委員長  榎本正男

                         文教常任委員長  森山憲男

                         建設常任委員長  野島栄一

                         民生常任委員長  野本一幸

             閉会中の継続審査申出書

 下記の所管事務事項について調査を要するものと決定したので、会議規則第104条の規定に基づき、閉会中の継続審査の申し出をします。

                    記

総務常任委員会

 1 行財政について

 2 防災行政について

 3 農業基盤整備について

 4 商工行政について

文教常任委員会

 1 文教行政について

建設常任委員会

 1 建設行政について

民生常任委員会

 1 福祉行政について

 2 ごみ回収・リサイクルについて

 3 環境行政について

 4 交通安全対策について

                             朝議発第181号

                             平成10年9月21日

朝霞市議会議長様

                         議会運営委員長  浅川万次郎

             閉会中の継続審査申出書

 下記の担任事務事項について調査を要するものと決定したので、会議規則第104条の規定に基づき、閉会中の継続審査の申し出をします。

                    記

 議会運営に関する事項



●一般質問事項一覧表



発言順位、件名及び要旨


1 富岡勝則

 1 介護保険制度導入に向けて

  (1) 介護保険導入に向けて朝霞市の現状はどうなっていますか。

  (2) 導入までの進行手順はどのようなものですか。

  (3) 導入における様々な問題点の把握とその対策は。

  (4) 今後策定されるであろう「新老人保健福祉計画」と「介護保険事業計画」との整合性をどのように図るお考えですか。

 2 町内会・自治会への支援策について

  (1) 町内会・自治会所有の会館運営に対し、新たな支援策を考えていただきたい。

 3 職員の人事管理について

  (1) 3月議会で質問した「人事異動について希望を取ること」は、その後どうなっていますか。


2 福川鷹子

 1 障害者福祉について

  (1) 行政の窓口、特に福祉課に手話のできる職員を配置することについて、お伺いします。

  (2) 憩いの湯を年に1〜2度、障害者が無料で利用できる日を計画して頂けないかどうかお尋ねします。ちなみに、オープン以来憩いの湯の利用度はどれくらいかお尋ねします。

 2 児童福祉について

  (1) 保育園の新設のお考えは

  (2) 保育園の施設・設備の整備・改善について

 3 民生委員について

  (1) 民生委員選定の基準と人選方法について

 4 高齢者住宅について

  (1) 高齢者住宅の増設について


3 波澄哲夫

 1 市民生活の日常的な視点から、ささやかな施策について問う。

  (1) 障害者手帳交付等級の格差是正について。

  (2) 公共施設一部(葬祭場・図書館等の)駐車場の拡充について。

  (3) 公共施設申し込み手続き(とくに、市民センター)の簡素化について。

  (4) 同一使用目的の公共施設(葬祭場・各市民センター)の使用料金の格差是正について。

  (5) 新規の職員採用条件に、ボランティア参加経験を条件にすべきと思うがどうか。

  (6) 地区公園の施設充実の一環として、鉄棒等を増設できないか。

  (7) 防災無線の難聴地域に対する補完をどうするのか。

  (8) 「わくわくど〜む」の利用規制の緩和について。

  (9) 保育園入園希望の待機者に対する市としての具体的取り組みについて。

  (10) 児童の通学路の安全確保について。

    国道254号線膝折2丁目(オートバックス)前に、杭又はフェンスを設置。

  (11) ヘルパーの労働条件の改善について。

  (12) 広沢区画整理地内及び本町1丁目区画整理地内の街路灯の増設について問う。

  (13) 2000年4月からスタートする、当市の介護保険制度について「介護サービス」の基盤整備は大丈夫か。


4 篠原逸子

 1 介護保険制度導入とサービス提供について

  (1) 介護保険導入にあたり民間ボランティアの育成と連携についてどのようにお考えですか

  (2) 痴呆性老人のためのグループホーム設置についてどのようにお考えですか

 2 環境問題について

  (1) 現在のあさか市すみよい環境づくり基本条例をさらに充実・具体化させるために個別条例の制定についてどのようにお考えですか(例えばダイオキシン条例制定)

  (2) プラスチック類の処理について4市でリサイクルシステムに取り組むことについてどのようにお考えですか

 3 徘徊高令者の早期保護対策について

  (1) 痴呆性老人の徘徊による事故防止のためのSOSネットワークづくりについてどのようにお考えですか

 4 女性政策について

  (1) 女性センター建設についてどのようにお考えかお聞きします

  (2) 相談サービスのさらなる充実について

  (3) 混合名簿についてどのようになっていますか

 5 湯〜ぐうじょうの利用について

  (1) オープンより今日までの状況からさらに利用者にとって利用しやすい湯〜ぐうじょうをめざすためどのようなことをお考えですか(料金改定についてなど)

 6 投票率向上をめざして

  (1) 今回の選挙はこれまでより投票率が上がった結果となりましたが、さらに投票率アップのために市として取り組めることについてどのようにお考えですか

 7 市内循環バス運行について

  (1) さらに循環バスの運行を充実させるために岡3丁目方面(第2小学校周辺)への運行についてどのようにお考えですか

 8 図書館分館のサービスについて

  (1) 平成11年オープン予定の図書館分館の人員配置についてどのようになっていますか


5 曽根田晴美

 1 仮称朝霞第十小学校開設に伴う交通安全対策について

  (1) 黒目川堤防の改修が進められているのでそれらの改修と調整しながら堤防利用の通学路の整備を進められたらどうか、泉橋下流(水道水管橋の上流)に歩道橋を掛ける様に関係機関に働きをしていただきたい。

  (2) 信号機(ボタン式・定時式)いずれかを付けていただきたい。

  (3) 歩道はどう確保するか、


6 醍醐 清

 1 市民活動団体支援について

  (1) 朝霞市の市民活動促進事業の現状について

  (2) 市民活動促進施策として

   ? 朝霞市NPOセンターの設立

   ? 市民活動支援条例を制定するための検討市民会議等の設置

   ? 今後法人格を取得した団体に対して市税減免措置等で支援していく

   等々の方向性について


7 石原 茂

 1 道路改良について

  (1) 根岸台8丁目116号線から霞台下の道路の拡幅改良はいかがですか

  (2) 道路の新設、架橋について

 2 緑化推進について

  (1) 越戸川の改修工事を行って頂いております。又側道が設置されておりますが桜並木の増設をしていかれるお考えはありますか、

 3 歩道橋の設置について

  (1) 交通安全対策の上から交通量の多い国道254バイパス(朝霞高等学校側)に歩道橋を設置してほしいと思いますがいかがお考えですか、


8 浅川万次郎

 1 農業行政について

  (1) 平成10年10月1日に広域合併JAとして朝霞市、新座市、志木、内間木、宗岡の5.JAがともに「あさか野農業協同組合」として21世紀に向けて新たにスタートすることをどのようにうけとめ、期待されているか、お考えをうかがう、

 2 道路拡幅工事について

  (1) 市道1号線の進捗状況と今後の計画について、おきかせください。


9 森山憲男

 1 生涯学習について

  (1) 朝霞市生涯学習の現状について

  (2) 策定された生涯学習計画の意図する社会の実現とは具体的にどのようなイメージか

  (3) 実施計画の策定について

   以上3項目についてお伺いします。

 2 道路問題について

  (1) 都市計画道路の進捗状況について

  (2) 県道(和光・志木線)の歩道安全対策について

   以上2項目についてお伺いします。


10 堀内初江

 1 市長の政治姿勢について

  (1) 職員の倫理規程が県内各市で実施されている。住民に信頼される透明な行政をめざし当市としても実施を図るべきと思うが、

 2 資源循環、自区内処理のゴミ処理行政をめざして

  (1) 資源循環、自区内処理をゴミ処理の基本と考えるが

   ? 当市の基本的な考え方

   ? 和光との広域化が県から方向づけされているようだが、進捗状況は、連絡会のメンバー、回数、内容

   ? ゴミ処理基本計画は

   ? ダイオキシン対策としての塩化ビニールの回収を即刻に、

   ? 一般ゴミと事業系の伸び率はどうか、事業系ゴミの単価は他市と比べてどうか、

   ? 中間、あるいは最終処分業者についてのチェック、指導はどのように行われているか

 3 安全な学校給食をめざして

  (1) ポリカーボネート食器から環境ホルモンであるビスフェノールAの検出結果が示されたが市はどのように受けとめたか、

  (2) 安全性が確保されない現在、使用中止に、即刻改善策を講じるべきと思うが、

 4 水辺の楽校構想について

  (1) 建設省のすすめる新河岸川の構想は問題が多いと思われる

   ? どのような経緯で、この話になったのか、

   ? 市内での協議会のメンバー構想は、何回話し合いがおこなわれたか、その内容は

   ? 水質の安全検査は、水質や汚泥調査等は、

   ? 年次計画は

   ? 活用方法や市民への協力はどうなのか、

   ? 児童、生徒を対象としていることから教育委員会はどのように受けとめているか、

 5 保育行政について

  (1) 現在の未措置児の状況と、対応策状況

  (2) 浜崎保育園の建て替えの進捗状況と年次計画は?今後の対応は

 6 十小建設について

  (1) 設計についてはやはり現場の教師、保護者や児童の意見もよく聞きすすめるべきと思うが、

 7 水害対策について

  (1) 8月28日の台風の影響による水害の状況は、

  (2) 宮戸地域の地下式ポンプはどの様に作動したか、

   降雨量に対しての排水能力に問題はないか、

  (3) 野火止用水からの降雨の浸入路を黒目川に放流できる様に改善すべきと思うが、

  (4) 朝霞水門はどのように作動をしたのか、

 8 志木地区衛生組合への対応について

  (1) 凍結が打ち出された後、宮戸、宗岡住民への説明会が開かれ、代替案の検討が示されている。市には報告はされているか。宮戸住民は建設反対の意向は変わらないので市長としても住民の立場に立ち、反対の意を示していくべきと思うが。


11 齊藤弘道

 1 雨水の利用促進について

  (1) 公共施設の雨水利用について見解を問う。

  (2) 民間の雨水利用の促進について見解を問う。

 2 緑化推進について

  (1) 公共施設の緑地率の向上について、見解を問う、

  (2) 民間の生け垣設置奨励について見解を問う、

 3 特別減税の影響について

  (1) 今年度実施された特別減税が朝霞市の各種融資、貸付等に与える影響について問う。

 4 上下内間木地区開発計画について

  (1) スーパー堤防などの国主導の計画ではなく、住民本位の計画に全面的に改めるべきと考えるが見解を問う。

 5 平和行政について

  (1) 平和行政の推進について、基本的考え方、今後の計画について問う、


12 井島伊三雄

 1 小、中学校校舎の改修について

  (1) 耐力度調査の結果、第4小南校舎の大半は危険校舎となってきているが、安全性は保障できますか。

  (2) 第1中、第3小旧校舎など老朽化の改修は3ヶ年の実施計画からはずされたが校舎改修について問う。

 2 政府の減税案の影響について

  (1) 所得税、住民税、法人税の恒久的な減税実施を政府は公約しましたが住民の8〜9割は増税になるといわれています。住民の立場からこの影響について市長の見解を問う、


13 田辺 淳

 1 「朝霞駅北口周辺地区住宅市街地総合整備事業」について

  (1) これまでの調査の内容について

  (2) 住民本位の街づくりを進める上での問題点について

 2 「朝霞駅南口地区市街地再開発事業」について

  (1) これまでの調査の内容について

  (2) 住民本位の街づくりと今後の展望について

 3 北朝霞駅西口(西原1丁目)駅前整備について

  (1) これまでの経緯と工事概要について

  (2) 事業の進め方と住民本位の街づくりについて

 4 土地区画整理事業(組合立)について

  (1) 本町一丁目土地区画整理事業の進捗状況と問題点について

  (2) 向山土地区画整理事業の進捗状況と問題点について

  (3) 根岸台五丁目土地区画整理事業の進捗状況と問題点について

 5 住み良い環境づくり基本条例(環境基本条例)の執行状況について

  (1) 公害の現況とその対策について

  (2) 環境審議会のこれまでの審議内容について

  (3) 「環境の保全等に関する基本的施策等」について

 6 仮称「十小」及び「新給食センター」建設問題について

  (1) 住民、保護者、議会に計画概要を示さないのか

  (2) 通学区域編成について

  (3) 施設利用の長期的な見込みと福祉利用の可能性について