議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 朝霞市

平成 9年  9月 定例会(第3回) 09月24日−資料




平成 9年  9月 定例会(第3回) − 09月24日−資料









平成 9年  9月 定例会(第3回)



          ●平成9年第3回朝霞市議会定例会会期予定表



日次
月日

開議時刻
摘要


第1日
9月2日

午前9時
◯開会 ◯会議録署名議員の指名 ◯会期の決定

◯諸報告 ◯閉会中の継続審査案件の報告

◯議案の報告、上程、提案者の説明


第2日
9月3日

−−−
◯休会(議案調査等)


第3日
9月4日

−−−
◯休会(議案調査等)


第4日
9月5日

−−−
◯休会(議案調査等)


第5日
9月6日

−−−
◯休会


第6日
9月7日

−−−
◯休会


第7日
9月8日

午前9時
◯議案に対する質疑 ◯委員会付託


第8日
9月9日

−−−
◯休会(議案調査等)


第9日
9月10日

(午前9時)
◯総務常任委員会(第1委員会室)

◯建設常任委員会(第2委員会室)


第10日
9月11日

−−−
◯休会(議案調査等)


第11日
9月12日

(午前9時)
◯民生常任委員会(第1委員会室)

◯文教常任委員会(第2委員会室)


第12日
9月13日

−−−
◯休会



第13日
9月14日

−−−
◯休会


第14日
9月15日

−−−
◯休会



第15日
9月16日

−−−
◯休会(議案調査等)


第16日
9月17日

午前9時
◯一般質問


第17日
9月18日

午前9時
◯一般質問



第18日
9月19日

午前9時
◯一般質問


第19日
9月20日

−−−
◯休会


第20日
9月21日

−−−
◯休会


第21日
9月22日

−−−
◯休会(議案調査等)


第22日
9月23日

−−−
◯休会


第23日
9月24日

午前9時
◯各委員長報告及び同報告に対する質疑、討論、採決

◯閉会



          ●請願文書表



受理番号
受理年月日
件名
請願者の住所氏名
紹介議員
付託常任委員会名


請願第7号
9.8. 4
「夫婦別姓の導入を図る民法改正に慎重を期する事を求める意見書」の提出を求める請願書
朝霞市膝折町5−9−40

 佐々木 彰

   他 80名
鈴木龍久

富岡勝則
総務


請願第8号
9.8. 26
産業廃棄物処理場の設置反対についての請願書
朝霞市大字上内間木51

上内間木町内会長

 高原長平

   他 264名
野島栄一
民生



                             朝議発第280号

                             平成9年9月16日



朝霞市議会議長 様

                        総務常任委員長  篠原逸子

                        文教常任委員長  野本一幸

                        建設常任委員長  獅子倉千代子

                        民生常任委員長  石原 茂

          委員会審査報告書

 委員会に付託された事件は、審査の結果、別紙のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。

               記



委員会名
月日
開会時間
場所


総務
9月10日(水)
午前9時
第1委員会室


建設
9月10日(水)
午前9時
第2委員会室


民生
9月12日(金)
午前9時
第1委員会室


文教
9月12日(金)
午前9時
第2委員会室



          ●委員会審査結果表



議案番号
件名
審査結果
議決年月日
議決結果


 
◯総務常任委員会
 
 
 


45
平成8年度朝霞市一般会計歳入歳出決算認定について

(歳入全般・歳出中第1款議会費・第2款総務費・第3款民生費中第6項保険年金費・第5款労働費・第6款農林水産業費・第7款商工費・第9款消防費・第11款公債費・第12款諸支出金中第1項普通財産取得費及び第5項公営企業支出金・第13款予備費)
認定
9.9.24
認定


46
平成8年度朝霞市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
認定
9.9.24
認定


52
平成9年度朝霞市一般会計補正予算(第2号)

(第1条第1表歳入歳出予算補正・歳入全般・歳出中第1款議会費・第2款総務費・第3款民生費中第6項保険年金費・第6款農林水産業費・第9款消防費・第11款公債費)
原案可決
9.9.24
原案可決


53
平成9年度朝霞市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
原案可決
9.9.24
原案可決


57
朝霞市職員定数条例の一部を改正する条例
原案可決
9.9.24
原案可決


58
議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例
原案可決
9.9.24
原案可決


59
市長、助役及び収入役の給与等に関する条例の一部を改正する条例
原案可決
9.9.24
原案可決


60
教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例
原案可決
9.9.24
原案可決


61
特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例
原案可決
9.9.24
原案可決


62
朝霞市手数料徴収に関する条例の一部を改正する条例
原案可決
9.9.24
原案可決


63
朝霞市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例
原案可決
9.9.24
原案可決


 
◯建設常任委員会
 
 
 


45
平成8年度朝霞市一般会計歳入歳出決算認定について

(歳出中第8款土木費・第12款諸支出金中第3項土地開発基金繰出金及び第4項開発公社費)
認定
9.9.24
認定


48
平成8年度朝霞市朝霞都市計画事業広沢土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定
9.9.24
認定


49
平成8年度朝霞市朝霞都市計画下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定
9.9.24
認定


50
平成8年度朝霞市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定
9.9.24
認定


51
平成8年度朝霞市水道事業会計決算認定について
認定
9.9.24
認定


52
平成9年度朝霞市一般会計補正予算(第2号)

〔第1条第1表歳入歳出予算補正・歳出中第8款土木費〕
原案可決
9.9.24
原案可決


55
平成9年度朝霞市朝霞都市計画下水道事業特別会計補正予算(第1号)
原案可決
9.9.24
原案可決


 
◯民生常任委員会
 
 
 


45
平成8年度朝霞市一般会計歳入歳出決算認定について

(歳出中第3款民生費(第6項保険年金費を除く)・第4款衛生費・第12款諸支出金中第2項災害援護資金貸付金)
認定
9.9.24
認定


47
平成8年度朝霞市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について
認定
9.9.24
認定


52
平成9年度朝霞市一般会計補正予算(第2号)

(第1条第1表歳入歳出予算補正・歳出中第3款民生費(第6項保険年金費を除く)・第4款衛生費)
原案可決
9.9.24
原案可決


54
平成9年度朝霞市老人保健特別会計補正予算(第1号)
原案可決
9.9.24
原案可決


56
朝霞市自転車駐車場設置及び管理条例の一部を改正する条例
原案可決
9.9.24
原案可決


64
朝霞市ひとり親家庭等の医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例
原案可決
9.9.24
原案可決


 
◯文教常任委員会
 
 
 


45
平成8年度朝霞市一般会計歳入歳出決算認定について

〔歳出中第10款教育費〕
認定
9.9.24
認定


52
平成9年度朝霞市一般会計補正予算(第2号)

〔第1条第1表歳入歳出予算補正・歳出中第10款教育費〕
原案可決
9.9.24
原案可決





議案番号
件名
議決年月日
議決結果


65
朝霞市役所支所設置条例等の一部を改正する条例
9.9.24
原案可決


66
財産の取得について
9.9.24
原案可決


議提12
臍帯血(さいたいけつ)移植の医療保険適用等に関する意見書
9.9.24
原案可決


議提13
ダイオキシン対策の強化に関する意見書
9.9.24
原案可決


議提14
一般及び産業廃棄物問題の抜本的対策を求める意見書
9.9.24
原案可決



議員提出議案第十二号

     臍帯血(さいたいけつ)移植の医療保険適用等に関する意見書

右の議案を会議規則第十四条の規定により、別紙のとおり提出する。

 平成九年九月十八日提出

               提出者  朝霞市議会議員  陶山憲秀

               賛成者  朝霞市議会議員  渡辺康成

               賛成者  朝霞市議会議員  有冨森太郎

               賛成者  朝霞市議会議員  小池正訓

               賛成者  朝霞市議会議員  井島伊三雄

               賛成者  朝霞市議会議員  八巻勝夫

               賛成者  朝霞市議会議員  田辺 淳

朝霞市議会議長 様

     臍帯血(さいたいけつ)移植の医療保険適用等に関する意見書

 白血病や再生不良性貧血等の難治性の血液性疾患に対し、今日、骨髄移植治療が一般的に行われるようになり、多くの患者が健康を取り戻し社会復帰をしている。そうした成果の多くは、数多くの骨髄提供者の存在と国支援の「公的骨髄バンク」の結成(平成三年)によるところが大きいと言われている。しかし最適なドナー(骨髄提供者)にめぐり会う確率はまだまだ低く、治療を待ち受けながら、それをなかなか受けられないケースや、残念ながら命を落とすケースも少なくない。それゆえ「公的骨髄バンク」等の一層の充実が期待されている。

 こうした状況の中で最近、これまで分娩後、不要として廃棄されていた臍帯血(胎盤の血液)が骨髄の五から十倍の良質の造血幹細胞が含まれていることから、「臍帯血移植治療」が大きな注目を浴びるようになってきたところである。この臍帯血は、提供者にとっても全く安全であり、凍結保存が可能、また患者の必要に応じて即時に提供できるという大きな利点を持っている。しかしながら、骨髄移植治療には適用されている医療保険が、臍帯血移植治療に対してはまだ適用されておらず、その治療には高額な費用が必要となる問題点がある。また臍帯血の採取・輸送・検査・保存等は、現在いくつかの参加施設で自主的に行われているが、それは当該施設の負担と医師等のボランティアによって行われているのが現状である。

 よって政府においては、こうした利点を持つ臍帯血移植治療が円滑に実施されるよう、次の施策を速やかに推進すべきである。

          記

一 臍帯血移植治療に対し、医療保険の適用を速やかに図ること。

二 国の支援に基づく「公的臍帯血バンク」(臍帯血の採取・輸送・検査・保存・供給を目的とする)を早期に設置すること。

三 臍帯血を国の血液事業の中に適正に位置づけること。

四 臍帯血の採取・輸送・検査・保存・供給等が事故なく推進されるよう、国として統一的なガイドラインを作ること。

 右、地方自治法第九十九条第二項の規定により、意見書を提出する。

  平成九年九月二十四日

                    埼玉県朝霞市議会議長   辻  勝

内閣総理大臣  橋本龍太郎様

厚生大臣    小泉純一郎様

議員提出議案第十三号

     ダイオキシン対策の強化に関する意見書

右の議案を会議規則第十四条の規定により、別紙のとおり提出する。

 平成九年九月十八日提出

               提出者  朝霞市議会議員  陶山憲秀

               賛成者  朝霞市議会議員  渡辺康成

               賛成者  朝霞市議会議員  有冨森太郎

               賛成者  朝霞市議会議員  小池正訓

               賛成者  朝霞市議会議員  井島伊三雄

               賛成者  朝霞市議会議員  八巻勝夫

               賛成者  朝霞市議会議員  田辺 淳

朝霞市議会議長 様

     ダイオキシン対策の強化に関する意見書

 我が国において、発ガン性や催奇形性等のさまざまな毒性を有するダイオキシン類による汚染が予想以上の広がりを持っていることが、本年六月の環境庁の調査結果によって明らかになった。環境庁の調査地点は全国二十一地点であるが、それによると都市部の大気中濃度は、一九九〇年の測定開始以来最も高く、国内の農村部や欧米各国の都市部の十倍の濃度となっており、極めて憂慮すべき事態となっている。

 政府においては、中央環境審議会の答申を受けて、大気中のダイオキシンの濃度指針及び廃棄物焼却施設の焼却炉についての排出抑制基準を設けることとしている。また厚生省においては、本年一月にダイオキシン発生を防止するためのガイドラインを発表し、今後、自治体に対し一定の濃度を超える施設についての緊急改善措置、ダイオキシン発生の少ない全連続炉の新設、ダイオキシンを含む焼却灰等の無害化処理及び排出濃度の定期的測定・公表を行わせていくこととしている。

 ダイオキシン発生防止の施策充実は極めて重要であるが、それらを地方自治体のみで推進していくことは、財政的・技術的にも極めて困難であり、政府の特段の支援が不可欠である。

 よって政府においては、ダイオキシン発生防止を図るため、次の施策を速やかに推進すべきである。

          記

一 ダイオキシン発生の根本原因である塩化ビニール等の廃プラスチックの回収・再資源化を関係企業に強力に行わせること。

二 国の廃棄物処理・再資源化対策予算を増額し、地方公共団体が行う全連続炉の新設や既設炉の改善に要する費用負担について、従来以上の助成策を講ずること。

三 ダイオキシンの消滅に有効なゴミの固形燃料化やダイオキシン等濃度測定機器の整備に対しても必要な助成を行うこと。

四 民間の産廃焼却炉等のダイオキシン排出状況についても調査し、必要な規制や適正な指導を図るとともに、人体や食品等の汚染状況を常時調査し、公表すること。

 右、地方自治法第九十九条第二項の規定により、意見書を提出する。

  平成九年九月二十四日

                    埼玉県朝霞市議会議長   辻  勝

内閣総理大臣  橋本龍太郎様

厚生大臣    小泉純一郎様

通商産業大臣  堀内光雄様

議員提出議案第十四号

     一般及び産業廃棄物問題の抜本的対策を求める意見書

右の議案を会議規則第十四条の規定により、別紙のとおり提出する。

 平成九年九月十八日提出

               提出者  朝霞市議会議員  陶山憲秀

               賛成者  朝霞市議会議員  渡辺康成

               賛成者  朝霞市議会議員  有冨森太郎

               賛成者  朝霞市議会議員  小池正訓

               賛成者  朝霞市議会議員  井島伊三雄

               賛成者  朝霞市議会議員  八巻勝夫

               賛成者  朝霞市議会議員  田辺 淳

朝霞市議会議長 様

     一般及び産業廃棄物問題の抜本的対策を求める意見書

 我が国における大量生産・大量消費・大量廃棄の経済構造の中で、廃棄物問題は、年を追って深刻化しつつある。廃棄物の絶対量が減らない中で、リサイクルも必ずしも軌道に乗っているとは言えない。

 また、一般及び産業廃棄物の最終処分場は、年々逼迫化するとともに、その最終処分場の建設をめぐって住民投票等が提起されるなど、住民の反対運動も激化しつつある。さらに不法投棄や不適正処理も後を絶たないばかりか、各自治体や民間の大小の焼却炉は、猛毒物質として知られているダイオキシン類の有力な汚染源となっている。

 こうした状況を打開するために、政府による廃棄物処理法の改正や容器包装リサイクル法の制定及びダイオキシン対策などの一連の措置が講じられてきたが、場当たり的対応の感をぬぐえない。

 環境問題とともに廃棄物問題への対応のあり方は、今後の我が国の産業及び国民生活の成否を決定するのみならず、国際的にも避けて通ることのできない重要な課題となっている。

 よって政府においては、廃棄物問題解決のため地方自治体を支援しつつ、次の施策の実現に取り組み、廃棄物問題解決への長期戦略を樹立すべきである。

          記

一 廃棄物処理法及び容器包装リサイクル法を改正し、廃棄物の減量・再資源化、特に各種製品廃棄物の回収・再利用にかかわる事業者責任の強化を図ること。

二 廃自動車・廃家電等の製品廃棄物についても事業者の回収を義務づけ、リサイクルを促進すること。

三 再使用の可能なリターナブル容器を奨励するとともに、使い捨て容器等のワンウェイ製品に対し、課税又は欧米で広く実施されているデポジット制度を計画的に行わせること。

四 ゴミゼロ・エミッション、企業・企業団地・都市についての研究を鋭意進め、ゴミゼロ社会の構築を図ること。

 右、地方自治法第九十九条第二項の規定により、意見書を提出する。

  平成九年九月二十四日

埼玉県朝霞市議会議長   辻  勝

内閣総理大臣       橋本龍太郎様

厚生大臣         小泉純一郎様

通商産業大臣       堀内光雄様

          ●委員会審査結果表(請願)

(閉会中の継続審査分)



番号
件名
審査結果
議決年月日
議決結果


平成9年請願第5号
◯文教常任委員会
「教育予算削減をやめ、第六次教職員定数改善計画の早期達成をはじめ教育条件整備を求める請願」についての件
不採択
9.9.2
不採択


平成9年請願第6号

◯民生常任委員会
廃棄物焼却施設によるダイオキシン汚染問題と環境汚染実態調査ならびに今後の対策について
不採択
9.9.2
不採択



                             朝議発第278号

                             平成9年9月11日

朝霞市議会議長 様

                         総務常任委員長  篠原逸子

          閉会中の継続審査申出書

 本委員会は、下記の事件についてさらに審査を要するものと決定したので、審査終了するまでの間、会議規則第104条の規定に基づき、閉会中の継続審査の申し出をします。

               記

平成9年請願第7号 「夫婦別姓の導入を図る民法改正に慎重を期する事を求める意見書」の提出を求める請願書

                             朝議発第279号

                             平成9年9月16日

朝霞市議会議長 様

                         民生常任委員長  石原 茂

          閉会中の継続審査申出書

 本委員会は、下記の事件についてさらに審査を要するものと決定したので、審査終了するまでの間、会議規則第104条の規定に基づき、閉会中の継続審査の申し出をします。

               記

平成9年請願第8号 産業廃棄物処理場の設置反対についての請願書

                             朝議発第282号

                             平成9年9月16日

朝霞市議会議長 様

                        総務常任委員長  篠原逸子

                        文教常任委員長  野本一幸

                        建設常任委員長  獅子倉千代子

                        民生常任委員長  石原 茂

          閉会中の継続審査申出書

 下記の所管事務事項について調査を要するものと決定したので、会議規則第104条の規定に基づき、閉会中の継続審査の申し出をします。

               記

総務常任委員会

 1 行財政について

 2 防災行政について

 3 消防行政について

 4 農業基盤整備について

 5 商工行政について

文教常任委員会

 1 文教行政について

建設常任委員会

 1 建設行政について

民生常任委員会

 1 福祉行政について

 2 ごみ回収・リサイクルについて

 3 環境行政について

 4 交通安全対策について

                             朝議発第287号

                             平成9年9月19日

朝霞市議会議長 様

                         議会運営委員長  陶山憲秀

          閉会中の継続審査申出書

 下記の担任事務事項について調査を要するものと決定したので、会議規則第104条の規定に基づき、閉会中の継続審査の申し出をします。

               記

議会運営に関する事項

          ●一般質問事項一覧表



発言順位、件名及び要旨


1 原山 典

 1 交通安全対策と道路行政について

   (1) 旧川越街道254からバイパスにつながる市道536号線の進捗状況について

   (2) 同じく254旧道より膝折団地に入る一方通行市道531号線について

   (3) 膝折2丁目武蔵大学グランド下の市道553号線の工事の状況と交差点に手押ボタン信号機の設置を

 2 学校教育について

   (1) 中学校のクラブ活動の状況について

   (2) 膝折2丁目第四小学校通学路について

 3 保育行政について

   (1) 6月議会で保育問題に対する答弁がありましたが、入所待ち児童の現況と今後の保育行政を進めるうえでどのように対応策を考えていますか


2 田辺 淳

 1 保育事業の新たな施策展開について

   (1) 保育園の入所状況と定数問題について

   (2) 0歳児保育、一時保育、その他の事業の現状と今後について

   (3) 各施設の更新計画について

 2 学童保育事業の新たな施策展開について

   (1) 保育事業の一環として、社会福祉協議会への委託をやめるべきではないか。

   (2) 児童館の整備計画、学童保育室の建て替え、定数改正問題について。

 3 道路整備計画と実際の道路整備について

   (1) 岡3丁目(市道772号線の道路整備について)

    (1)道路整備の必要性、緊急性について。

    (2)道路整備計画との整合性はどうなっているのか。

    (3)保存樹林指定解除のいきさつについて。

   (2) 道路整備計画の進捗状況について

    (1)今までの年次計画及び整備状況を資料で示していただきたい。

    (2)今後の年次計画を資料で示していただきたい。

    (3)計画にない道路整備が今後もあるのか。その場合の対応について問う。

 4 市職員の事務分掌と倫理規定について

   (1) 職員の仕事は何に基づいておこなわれているか。

   (2) 各課における規則、規定、規程、要綱、マニュアル等の整備状況を問う。

   (3) 条例、規則(規程)、要綱等の違反に対して、どのような対処をしているか。

 5 中高層建築指導の現状について

   (1) 中高層建築物の今年度までの建築状況と、市長の感想を問う。

   (2) 建築指導要綱と行政指導について。

   (3) 乱開発や無秩序なマンション建設を今後どのように規制するのか。

 6 埋蔵文化財の調査と保存について

   (1) 試掘調査における若干の問題点について

   (2) 試掘と緊急発掘調査の基準について

 7 産業文化センター内に予定している「図書館」について

   (1) 「図書館」の内容を問う。

   (2) 計画が変更されたいきさつについて。

   (3) 第2図書館としての機能を有する図書館建設を求める。


3 福川鷹子

 1 福祉について

   (1) 手話講習会の今後の方法について、

   (2) ヘルパーの待遇改善について

 2 公民館運営について

   (1) 利用者団体の一部がカルチャーセンター的に運営さている団体についてはどの様な指導をされているのか、

   (2) 5時以降の警備員配置の改善について

   (3) 全ての館で利用後のチェックについて、

   (4) 調理室の設置されていない東朝霞公民館はいつ頃設置されるか、

 3 道路整備について

   (1) 市道6号線の赤池橋附近道路の拡幅及び信号機設置について、


4 篠原逸子

 1 これからのごみ問題について

   (1) これからのごみ問題を考える時、ダイオキシン問題・最終処分場問題等を考慮した対策を検討すべきであります、当市としても近い将来油化・固型燃料化などリサイクルをはかれるシステムを考えるべきと思いますが見解をお聞きします、

   (2) こうしたシステム導入に当たり広域での取り組みについてのお考えをお聞きします。

 2 おとしよりに対するサービスについて

   (1) 平成11年までの老人保健福祉計画について進捗状況と今後の見通しについてどのようになっているかお聞きします、(すでに達成・11年までに達成・未達成)

   (2) 現在3ヶ所で実施されているヘルパーサービスについて充実をはかるための取り組みはどのようになされていますか、又今後の考え方についてお聞きします、

   (3) 現在、実施されているおむつの現物給付サービスについての取り組み状況と今後の考え方をお聞きします、

 3 みどりのまちづくりについて

   (1) みどりが減少する中、みどりの保全と創出についてどのようにお考えかお聞きします、

 4 行政改革の取り組みについて

   (1) 行政改革の取り組みは現在、どのように行われているかお聞きします、又平成10年度にむけての取り組みはどのようになりますかお聞きします、

 5 根岸台方面への市民センター建設について

   (1) 市民センター建設についてはおとしよりのミニデイサービスができるよう検討していただきたいがどのようにお考えですか

 6 障害者に対する支援策について

   (1) 障害者に対する雇用支援についてどのように取り組まれているかお聞きします、

 7 今後の行政サービスについて

   (1) 学校の新設・ごみ処理施設の建設などが検討されているようですが当初の基本計画にもとづく実施計画の中で市民サービスへの影響についてどのような影響がでるととらえていますかお聞きします、


5 三田一義

 1 仮称リサイクルプラザの件について。

   (1) 当施設建設にあたり、どの位の規模で、何を主眼に、どのような構想で設計に望まれようとされているかお伺いします。

 2 公衆浴場閉鎖に伴うその後の支援策について。

   (1) この1年間、老人センターの浴場を使って頂いてきておりますが、明年からの支援をどのように考えておられるかお伺いします。

 3 交通安全対策について。

   (1) 県道朝霞蕨線、幸町1丁目附近、坂道の危険な道路は、早急に具体的な対策が必要と思いますが、いかがですか。



6 森山憲男

 1 行政改革大綱の推進について

   (1) 行革元年にかける塩味市長の決意をお伺いします。

   (2) 具体的な措置事項について、どのような見直しか、内容説明を。

   (3) 職員の意識改革について。

   (4) 公共事業のコスト削減について。

   (5) 合併問題との関係について。

   (6) 行革点検に市民参加の視点を。

   (7) 行革達成に数値目標を導入する考えについて。

   以上7項目についてお尋ねします。


7 醍醐 清

 1 生産緑地の追加指定基準について

   (1) 今回生産緑地追加指定の手続きがはじめられましたが、指定基準について伺います。

   (新規指定は該当しない様ですので、その理由)

 2 固定資産税、都市計画税の軽減について

   (1) 都市計画街路予定地の課税状況と軽減について伺います。

 3 健康増進センター、無料開放の再考について

   (1) 昨年4月から無料開放日が設けられ一年以上が経過しましたが、

    (1)その効果は

    (2)弊害、問題点は何か

    (3)今後廃止する考えはないか、伺います。

 4 内間木地区の整備状況について

   (1) 調整池の進捗状況と完成見通しについて

   (2) 254バイパスの進捗状況と完成見通しについて

   (3) 周辺地域の整備状況について伺います。



8 渡辺康成

 1 自転車駐車場について

   (1) 朝霞台駅南口には一時預りが少なすぎます。改善策をどのように考えていますかお伺いします。

 2 四市合併問題について

   (1) メリット、デメリットをどのように考えていますか

   (2) 実現化のための方策はどのように考えていますか。

 3 広域消防について

   (1) 8月8日の四市市長会で来年4月を目標としていた消防行政の一本化について半年間先送りすることが決まったが、合意出来たものと、合意出来なかったものを項目別にお伺いします。

   (2) 合意出来なかった項目についてその理由をお伺いします。

   (3) 市長としての見解をお伺いします。



9 八巻勝夫

 1 産業廃棄物中間処理の新設及び、ダイオキシン対策等について、

   (1) 内間木地域につくられるという民間産業廃棄物中間処理施設について朝霞市の考えはどうか、県に対する審査報告はどう行ったのか、

   (2) ダイオキシン対策については、市内5ヶ所の測定を行ったが、その結果と、その他にどの様な取組みを行う考えでいるか、厚生省の方針待ちでなく、市独自に先進的な取組みは考えられないか、

   (3) 70トン炉の廃棄を考えているように議会にも説明がなされて来たが、改良などの適当な対策はないのか、例えば、市内の小規模工務店等の木材処理等に活用する等の方法はないのか、

 2 社会的な変化に対応する行政について、

   (1) 水道の子メーターのとり扱いについての規程の読みかえによる業務執行について、執行者はどう反省し、どの様な対策をとったのか、

   (2) 開発行為等々に関連して、事業者から寄附を得ることを目的にしたものが多々あるが、この目的と根拠はなにか、

   (3) マンション等集団住宅の建設は、人口増をもたらし、すでに、市の人口は11万人を超えているが、社会資本の充実等にどうとり組むのか、(学校、水道、道路改良、保育所)

   (4) 市の財政の根幹をなしている市税の増加は市民の増加による住民税の収入増も重要な財源となっているが、 (3)との関係で、その収支比率をどう考えているか、

 3 開発行為、建築確認等で、業者との関係及び、内部調整をどう行っているか、
   (1) 根岸台4丁目に建設されるマンション説明会に出席して住民に対する業者の説明のうち、次のようなことは、どう思うか、

   ・専門家が設計したものであり住民が心配することはない、

   ・県や、市の指導要綱による指導に基いて審査も通ったものだから信頼してほしい、

   ・行政の審査で、法的なものもクリヤーしたものであり、何等問題はない、

   ・住民と協定を結んでも、その通りやれるとは限らない。例えば、音の小さい作業等は、夜、日曜等もやることはある、したがって口頭で、説明したものが約束となるから、文書協定はしない、

    (1)業者は、行政の審査結果と、指導要綱による行政指導に応じていることを住民の要求、要望、疑問封じに利用しているかの感がするが、行政として、責任ある指導や審査を行ったと言えるか、

    (2)説明会等に市の担当者が出席して、業者が工事に関連する諸問題を誠意を持って解決する姿勢にあるかどうか、また、住民の要求、不安等の生の声をつかむ必要はあると考えているか、

    (3)業者提出書類を行政が住民に公表することは業者のプライバシー侵害になるので出来ないとして、公表していないし、審査、許可等の内容も公表しない。しかし、住民の不安、工事等に対する疑問に対して何を根拠に業者の工事の正当性を行政が住民に説明するのか、

    (4)工事に関する具体的な資料の提示を行政が住民に示さず、工事が進められ事故等が生じた時に、行政はどの様な責任をとる考えなのか、
    (5)主管部署(所)の責任と内部調整を具体的に

 4 近隣3市との行政調整について、

   (1) マンション建設、−−和光市、新座市

   (2) 道路アクセス、−−  〃 、 〃 

   (3) 焼却場(ゴミ処理場)建設−−志木市

   どの様な調整と、問題解決を行って来ているか、



10 高橋安喜夫

 1 朝霞駅北口周辺地区、住宅市街地綜合整備事業について

   (1) 当事業の現在の進捗状況と事業計画遂行にあたっての問題点、

   (2) 東朝霞団地に関しての取り組み方と対処について、

   (3) 今後の本事業についての市当局の取り組み方について、

 2 国際化推進について、

   (1) これからの時代の国際交流において姉妹都市締結について、

   (2) これに関しての補助金制度について、


11 井島伊三雄

 1 消防行政について、

   (1) 4市広域消防は住民のためになるか

   (2) 財政負担はどうなるか

   (3) 朝霞市民のメリット、デメリット

   (4) 警防課新設と2部制移行を突然だした理由は何か、

 2 小中学校の新設、改修について

   (1) 1校当りの適正な児童・生徒数について

   (2) 大規模改修、耐震改修の計画について

   (3) 今後の小中学校新設について

 3 道路、歩道の改善改修について

   (1) 障害者が安心して通れる道路と、歩道、段差の改修をどうすすめているか、歩道にまでえん石を入れる理由はあるのか、

   (2) 今後の改善策を問う、

   (3) 朝霞税務署前道路、歩道の雨水改修について



12 齊藤弘道

 1 行財政運営について

   (1) 雑誌『週刊東洋経済』に掲載された「全国都市の経営効率ランキング」について市長の見解を問う

 2 公共工事の管理について

   (1) 市の公共工事における下請や労働者の実態をどのように把握し、また、適正に労働環境や労働条件等が守られているか、管理体制等、どのようになっているかを問う、