議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 戸田市

平成19年 3月定例会(第2回)−02月23日-02号




平成19年 3月定例会(第2回)

              3月定例会 第2日(2月23日)
平成19年2月23日(金曜日)
第2日議事日程
1.開 議
1.市長提出議案第27号 平成19年度戸田市一般会計予算 説明
1.市長提出議案第28号 平成19年度戸田市国民健康保険特別会計予算 説明
1.市長提出議案第29号 平成19年度戸田市公共下水道事業特別会計予算 説明
1.市長提出議案第30号 平成19年度戸田市学童等災害共済事業特別会計予算 説明
1.市長提出議案第31号 平成19年度戸田市中小企業従業員退職金等福祉共済事業特別会計予算 説明
1.市長提出議案第32号 平成19年度戸田市医療保健センター特別会計予算 説明
1.市長提出議案第33号 平成19年度戸田市交通災害共済事業特別会計予算 説明
1.市長提出議案第34号 平成19年度戸田市海外留学奨学事業特別会計予算 説明
1.市長提出議案第35号 平成19年度戸田市老人保健特別会計予算 説明
1.市長提出議案第36号 平成19年度戸田市火災共済事業特別会計予算 説明
1.市長提出議案第37号 平成19年度戸田市介護老人保健施設等事業特別会計予算 説明
1.市長提出議案第38号 平成19年度戸田市新曽第一土地区画整理事業特別会計予算 説明
1.市長提出議案第39号 平成19年度戸田市介護保険特別会計予算 説明
1.市長提出議案第40号 平成19年度戸田市新曽第二土地区画整理事業特別会計予算 説明
1.市長提出議案第41号 平成19年度戸田市水道事業会計予算 説明
1.報告第2号 専決処分の報告について(専決第1号 損害賠償の額を定めることについて) 質疑
1.市長提出議案第42号 平成18年度戸田市一般会計補正予算(第6号) 上程、説明、質疑、委員会付託省略、討論、採決
1.散 会

〇出席議員(27人)
  1番 三 浦 芳 一 議員    2番 鈴 木 麗 子 議員    3番 菅 原 文 仁 議員
  4番 中 島 浩 一 議員    5番 遠 藤 英 樹 議員    6番 召 田   厚 議員
  7番 榎 本 守 明 議員    8番 岡 嵜 郁 子 議員    9番 花 井 伸 子 議員
 10番 馬 場 栄一郎 議員   11番 手 塚 静 枝 議員   12番 中名生   隆 議員
 13番 斎 藤 直 子 議員   14番 平 野   進 議員   15番 細 井 幸 雄 議員
 16番 浅 井 隆 夫 議員   17番 熊 木 照 明 議員   18番 本 田   哲 議員
 19番 望 月 久 晴 議員   20番 高 橋 秀 樹 議員   21番 神 谷 雄 三 議員
 22番 奥 田   実 議員   23番 伊 東 秀 浩 議員   24番 山 崎 雅 俊 議員
 25番 秋 元 良 夫 議員   26番 栗 原 隆 司 議員   27番 石 井 民 雄 議員

〇欠席議員(なし)

〇説明者
神 保 国 男 市長  永 井 武 雄 助役  二 瓶 孝 雄 収入役
羽 富 正 晃 教育長  森 茂 善 一 消防長  岩 谷   務 総合政策部長
戸 塚 光 正 総務部長  河 合 悦 治 市民生活部長  武 内 利 雄 福祉部長
吉 田 豊 和 都市整備部長  小 槻 保 美 医療保健センター事務長
杉 浦 剛 男 水道部長  古 澤 立 巳 教育部長
石 田   功 選挙管理委員会事務局長
神 保 健 一 監査委員事務局長・公平委員会事務局長・固定資産評価審査委員会事務局長
佐 藤 勝 巳 総合政策部次長・秘書広報課長  田 中 庸 介 総務部庶務課主幹


開 議 10時00分

△開議の宣告
○中名生隆 議長  これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程につきましては、お手元にお配りしたとおりでありますので、御了承願います。
 これより議案第27号から議案第41号までを一括議題とし、議案の詳細説明に入ります。
 順次、説明を求めます。

△市長提出議案第27号 平成19年度戸田市一般会計予算 説明
◎岩谷務 総合政策部長  議長。
○中名生隆 議長  岩谷総合政策部長。
◎岩谷務 総合政策部長  議案第27号平成19年度戸田市一般会計予算につきまして御説明申し上げます。
 ?3が予算書、?5が参考資料でございます。
 予算編成方針につきましては市長が施政方針の中で申し上げておりますので、予算編成の一般的事項につきまして述べさせていただきます。
 平成19年度の予算は、経常的経費については、例年同様、各部の裁量権に基づく予算編成を可能とするため、一般財源を配分いたしました。また、政策的経費については、事前にプレゼンテーションを行い、そのうちの一部の事業に対し事業枠を配分するとともに、他の事業については要求内容を精査し、調整した上で重点配分を行うなど、限られた財源を有効に使い、経費の節減合理化に努めたところでございます。事業推進のための財源につきましては、市税については、税源移譲・税制改正の影響により増額を見込み、国県支出金については、見込み得るものにつきましては最大限計上し、地方債・基金の活用等も図りながら、財源確保に努めたところでございます。
 それでは、順を追って御説明申し上げますが、人件費・内部事務等の経常的な事務事業につきましては説明を省略させていただきますので、よろしくお願いをいたします。
 まず?3の、平成19年度一般会計予算書の3ページをお開き願います。平成19年度一般会計特別会計歳入歳出予算の総括表でございます。一般会計予算総額は380億8000万円で、前年度と比較すると、額で7億円の増、率で1.9%の増となっております。また、国民健康保険特別会計を初め、13の特別会計の予算総額は263億5297万円で、前年度と比較すると、額で21億9411万5,000円の増、率で9.1%の増となっております。一般会計と特別会計を合わせた予算総額は644億3297万円となり、前年度と比べ、額で28億9411万5,000円の増、率で4.7%の増となっております。4ページをお開き願います。一般会計・特別会計予算総括及び純計表でございます。一般会計と特別会計相互への繰出金67億9563万3,000円を総計から差し引きますと、純計予算額は576億3733万7,000円となり、前年度と比べ、率で5%の増となるところでございます。
 5ページをお開き願います。議案第27号平成19年度戸田市一般会計予算でございます。
 第1条におきまして歳入歳出予算の総額を、それぞれ380億8000万円と定めたものでございます。
 第2条は継続費、第3条は債務負担行為、第4条は地方債、第5条は一時借入金について定めたものでございます。
 第6条は、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により、予算に過不足を生じた場合の流用措置を定めたものでございます。
 次に、11ページをお開き願います。第2表は、第2条で定めた継続費でございます。継続費設定をいたしますJR高架下部分における上戸田川改修及び沖内橋架替事業、並びに下笹目住宅建替事業につきまして、経費の総額及び年割額を定めるものでございます。
 12ページをお開き願います。第3表は、第3条で定めた債務負担行為でございます。そのうち、戸田市土地開発公社に対する債務保証につきましては、同公社に対する債務保証の限度額として182億円を保証するものでございます。戸田市奨学資金制度による奨学生に対する貸与事業につきましては、本市の奨学制度に基づく奨学生の修学期間が終了するまでの間を定めたものでございます。小規模作業所施設借上料につきましては、障害者の方々が自立訓練等のため利用する施設の借り上げ期間が終了するまでの間で設定したものでございます。
 13ページに移りまして、第4表は、第4条で定めた地方債でございます。それぞれの事業ごとに限度額・年利等を定めたものでございます。
 15ページをお開き願います。一般会計歳入歳出予算事項別明細書の歳入につきましては、款1の市税から款21の市債についての本年度予算額及び前年度予算額でございます。16ページをお開き願います。歳出につきましては、款1の議会費から款14の予備費についての本年度予算額と前年度予算額、そして本年度予算額の財源内訳でございます。
 それでは、17ページ以降の歳入歳出事項別明細書に基づきまして、歳出から御説明申し上げます。
 41ページをお開き願います。款1議会費でございます。款の総額は3億7882万3,000円でございます。前年度比では、額で149万3,000円の減、率で0.4%の減となっております。款別割合では1%の構成比であります。項1議会費、目1議会費での主なものといたしましては、2の議会活動費は、議会運営及び活動に要する経費であります。43ページに移りまして、3の議会事務局費は、議会運営及び活動に伴う事務的経費であります。
 44ページに移りまして、款2総務費でございますが、款の総額は45億3103万7,000円で、前年度比では、額で1億155万9,000円の減、率で2.2%の減となっております。款別割合では11.9%の構成比であります。項1総務管理費、目1一般管理費での主なものといたしましては、45ページに移りまして、2の非核平和事業は、講演会の開催や市民の方々から平和に関する標語を募集するなど、平和事業実施に係る経費でございます。48ページに移りまして、4の職員研修費は、職員の資質の向上のための研修経費でございます。次に52ページに移りまして、8の契約事務費は、電子入札システムリース等、契約事務に関する経費でございます。53ページに移りまして、目2文書管理費での主なものといたしましては、1の広報発行事業は、広報戸田市・ふれあい戸田、及び4年に1回発行いたします市勢要覧の作成に要する経費でございます。54ページに移りまして、2の広聴事業は、市政に対する市民の意見を広く聴取するための費用、及び子ども議会の開催経費でございます。3の文書管理費は、文書事務の改善指導、保存等事務の効率化及び総合文書管理システム業務に要する経費で、文書庫棚改修に係る費用及び電子化推進用スキャナ関連機器賃借料等が含まれております。56ページに移りまして、4の情報公開事業は、開かれた市政の充実を目指すとともに、あわせてプライバシーの保護制度の普及・指導に当たるための経費でございます。目3市史編さん費につきましては、57ページに移りまして、行政資料や行政文書等の収集・保存等に要する経費でございます。目4財政管理費での主なものといたしましては、58ページに移りまして、2の財務会計オンライン運用事業は、財務会計オンラインシステムの委託等の運営管理に要する経費でございます。60ページに移りまして、目6財産管理費での主なものといたしましては、1の庁用車管理費は、自動車リース料及び車両運行管理業務の経費でございます。61ページに移りまして、2の庁舎管理費は、庁舎総合管理委託料等、庁舎の維持管理に要する経費で、庁舎耐震化計画策定に係る費用が含まれております。64ページに移りまして、4の公有財産管理費は、土地建物の管理に係る経費でございます。65ページに移りまして、目7企画費での主なものといたしましては、1の企画事務費は、市民ニーズを把握し、今後の市政の方向性の基礎資料とするため、市民満足度調査を実施する経費でございます。67ページに移りまして、目8支所及び出張所費につきましては、美笹支所の事務執行に要する経費でございます。68ページに移りまして、目9公平委員会費につきましては、公平委員会の事務に要する経費でございます。69ページに移りまして、目10市民相談費につきましては、1の市民相談事業は各種市民相談業務に係る経費でございます。71ページに移りまして、目11表彰費につきましては、市政功労者等の表彰に要する経費でございます。目12交通対策費につきましては、1の交通対策事務費はノンステップバス導入促進事業等に要する経費でございます。72ページに移り、2のコミュニティバス運行事業は、東循環・西循環・美笹循環・南西循環各ルートのコミュニティバスの運行に要する経費が含まれております。73ページに移りまして、目13行政振興費での主なものといたしましては、1の友好都市交流事業は、友好交流関係団体に対する補助等、国内外の都市交流の支援経費でございます。74ページに移りまして、2の男女共同参画推進事業は、男女共同参画社会の啓発活動に要する経費でございます。75ページに移り、3のコミュニティ推進事業は、町会に対する行政連絡費補助金、町会会館整備費補助金等が含まれております。76ページに移り、4のふるさと祭り事業は、戸田ふるさと祭り実行委員会への補助金でございます。5の市民活動推進事業は、行政とボランティア・NPOとの協働や支援、及びボランティア市民活動支援センターの運営に係る経費でございます。77ページに移りまして、目14電子計算費での主なものといたしましては、78ページに移りまして、2の電子計算組織運用事業は、ホストコンピューター機器・オンライン端末機器等賃借料、及び電子計算システム再構築後の運用管理外部委託に要する経費でございます。79ページに移り、目15市民憲章費につきましては、市民憲章推進協議会への補助金でございます。目16葬祭費につきましては、葬祭助成金でございます。80ページに移り、目18文化会館費につきましては、81ページに移り、財団法人文化体育振興事業団への指定管理に伴う経費でございます。目19コミュニティセンター費につきましては、笹目コミュニティ協議会への指定管理に伴う経費でございます。目20男女共同参画センター費につきましては、男女共同参画センターの管理等委託料及び運営に係る経費でございます。84ページに移りまして、目21 IT推進費の主なものといたしましては、市民の利便性向上を目的とする電子市役所の実現に向け、必要なシステムの導入及び情報セキュリティー向上に係る経費でございます。86ページに移りまして、目22諸費での主なものといたしましては、1の人権政策事業は人権問題解消のための啓発経費でございます。87ページに移り、2の防犯対策事業は、犯罪防止パトロールに係る経費、民間交番運営経費、及び安心安全情報提供事業に伴う経費でございます。89ページに移り、4の不当要求行為等対策費につきましては、本市に対する不当要求行為等に対応するための費用でございます。90ページに移りまして、項2徴税費、目1税務総務費での主なものといたしましては、2の税務事務費につきましては、税務証明等窓口業務に係る経費でございます。91ページに移り、3の固定資産評価審査委員会事業につきましては、固定資産評価審査委員会の運営に係る経費でございます。92ページに移りまして、目2賦課徴収費につきましては、1の市民税賦課費から95ページの市たばこ税賦課費までは、市税の賦課に要する経費でございます。95ページに移りまして、5の収納事務費は、市税等収納率向上対策に係る経費、及び市税の還付金を含む収納に係る経費でございます。97ページに移りまして、項3戸籍住民基本台帳費、目1戸籍住民基本台帳費での主なものといたしましては、98ページに移り、2の戸籍事務費は、戸籍事務に要する経費でございます。99ページに移り、3の住民基本台帳費は、主に自動交付機の保守・警備に係る経費、及び市内3ヵ所の郵便局で住民票や戸籍関係・印鑑証明等の発行を行うための費用でございます。101ページに移りまして、項4選挙費での主なものといたしましては、103ページに移り、目2での県議会議員選挙、及び、105ページに移り、目3参議院議員通常選挙、並びに106ページに移りまして、目4知事選挙に要する経費でございます。107ページに移りまして、項5統計調査費、目1統計調査総務費での主なものといたしましては、108ページに移り、2の統計調査事務費は、各統計調査資料の作成・保管に係る経費でございます。109ページに移りまして、目2委託統計調査費につきましては、各種指定統計調査に要する経費でございます。
 111ページに移りまして、款3民生費でございますが、款の総額は121億6881万1,000円で、前年度比では、額で3億4716万2,000円の増、率で2.9%の増となっております。款別割合では31.9%の構成比であります。項1社会福祉費、目1社会福祉総務費での主なものといたしましては、113ページに移りまして、3の保護司会及び遺族会事業は、それぞれ各団体への補助金等でございます。4の民生(児童)委員事業は、民生(児童)委員の活動や同協議会への補助金等でございます。114ページに移りまして、5の社会福祉団体事業は、社会福祉協議会への助成金でございます。8の行旅死亡人及び行旅病人取扱費は、病人の救護及び死亡人の埋火葬などの経費でございます。115ページに移りまして、9の自立支援ホーム事業につきましては、一時的に住居に困っている方のための自立支援ホームに要する経費でございます。116ページに移りまして、10のホームレス総合相談事業につきましては、ホームレスに対し生活相談など巡回相談を行うための経費でございます。11の福祉共同利用建物管理につきましては、在宅障害者のレスパイト事業の支援に要する場を提供するための経費でございます。117ページに移りまして、13の国保運営協議会費は、国保運営協議会委員の報酬でございます。14の国保高額療養費貸付事業は、高額療養費の貸し付けを行う経費でございます。目2国民健康保険特別会計繰出金につきましては、同特別会計への繰出金でございます。118ページに移りまして、目3障害者福祉費での主なものといたしましては、1の障害者福祉事務費は、障害者計画策定等に係る経費でございます。119ページに移り、2の障害者施設入所援護事業は、施設入所及びわかくさ生活実習所への助成金、並びに精神障害者小規模作業所への補助・整備等に要する経費でございます。120ページに移りまして、3の障害者居宅生活援護事業は、障害者等の居宅生活を支援するための費用で、福祉タクシー事業や障害児放課後児童クラブ助成事業に係る経費が含まれております。122ページに移り、4の障害者手当支給事業は、重度心身障害者への各種手当の支給に要する経費で、重度心身障害者福祉金等が含まれております。123ページに移りまして、5の重度心身障害者医療費支給事業は、重度心身障害者医療費支給に要する経費でございます。6の心身障害者扶養共済制度掛金助成事業は、埼玉県扶養共済制度に加入している保護者に掛金を助成する経費でございます。7の障害者自立支援事業は、障害者及び障害児がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活または社会生活を営むために必要な経費で、障害者への更生医療費の給付、補装具の交付等に要する経費でございます。125ページに移りまして、8の障害者福祉サービス等利用者負担額軽減事業は、障害福祉サービス等、利用者の費用負担軽減に要する経費でございます。126ページに移りまして、目4高齢者福祉費での主なものといたしましては、127ページに移りまして、2の高齢者介護予防生活支援事業は、在宅高齢者に対する総合的な福祉サービスの提供に要する経費でございます。128ページに移りまして、3の地域包括支援センター運営事業は、地域住民への保健福祉の増進を包括的に実施するための経費で、地域包括支援サブセンターの運営等に係る費用が含まれております。129ページに移りまして、4の老人福祉施設入所支援事業は、養護老人ホームへの入所等を支援するために要する経費でございます。5の高齢者敬老事業は、130ページに移りまして、敬老祝金の支給・敬老会の開催に要する経費でございます。6の高齢者公衆浴場福祉入浴券支給事業は、公衆浴場の入浴料金を助成するために要する経費でございます。131ページに移りまして、7の高齢者居住安定化事業は、取り壊し等により転居を求められた低所得者高齢者に対する家賃助成、及び保証人の確保等の問題で民間賃貸住宅に入居のできない高齢者への支援に要する経費でございます。8のシルバー人材センター支援事業は、プレハブ施設のリース及びシルバー人材センター助成金に係る経費でございます。9の老人クラブ活動事業は、132ページに移りまして、老人クラブ連合会に対し活動費等を助成する経費でございます。10の老人スポーツ大会事業は、高齢者の健康増進のために行われます老人スポーツ大会に要する経費でございます。133ページに移りまして、11の老人保健特別会計繰出金は同特別会計への繰出金でございます。12の老人保健医療費適正化対策事業は、老人医療制度の現状の啓発及び医療費給付額の通知をすることで、医療費の適正化を目指すための経費でございます。13の在宅要介護高齢者介護支援金支給事業は、在宅で介護している介護人に支援金を支給するために要する経費でございます。14の介護保険特別会計繰出金は同特別会計への繰出金でございます。134ページに移りまして、15の介護サービス利用者負担額軽減事業は、介護サービスを利用する低所得者に対し、利用料金の一部を軽減する経費でございます。16の市営福祉住宅管理事業は、福祉住宅の維持管理に要する経費でございます。17の健康福祉の杜管理運営費は、135ページに移りまして、施設の維持管理に要する経費でございます。18の介護相談員派遣等事業は、介護保険制度をよりよくするための介護相談員に関する経費でございます。19の後期高齢者医療保険事業は、平成20年度から新たにスタートする、75歳以上の高齢者医療制度に対するシステム導入と、県後期高齢者医療広域連合への加入負担金に要する準備経費でございます。136ページに移りまして、目5国民年金事務費につきましては、事務執行に必要な経費でございます。目6福祉センター運営費での主なものといたしましては、137ページに移り、2の上戸田福祉センター管理運営費から、142ページの5の新曽福祉センター管理運営費までは、各福祉センターの維持及び管理運営に要する経費で、東部福祉センターで実施されますいこいの室ふれあい事業、及び新曽福祉センター耐震補強工事設計委託料等の経費が含まれております。144ページに移りまして、目7市民保養所費につきましては、市民保養所が平成19年度より指定管理者制度による運営を開始することに伴い、指定管理者に対する指定管理料でございます。145ページに移りまして、目8軽費老人ホーム費での主なものといたしましては、146ページに移りまして、2の軽費老人ホーム管理運営費は、軽費老人ホーム白寿荘の管理・運営に要する経費でございます。148ページに移りまして、目9心身障害者福祉センター費につきましては、戸田市社会福祉協議会に対する指定管理料等に伴う経費でございます。目10福祉企画費につきましては、1の福祉企画事務費での主なものは、健康福祉の杜第2期事業に係る福祉関連施設再整備基本計画の策定、地域福祉計画第2期分の策定業務及び地域福祉活動助成金制度、ボランティアコーディネーター養成事業及びボランティア支援センターに係る経費でございます。150ページに移りまして、2の特別養護老人ホーム等高齢者福祉施設建設基金積立金は、同基金の運用利子の積立金でございます。項2児童福祉費、目1児童福祉総務費での主なものといたしましては、152ページに移りまして、3のこども家庭相談事業は、こども家庭相談の受け付けを夜間・土日・祝日も電話を受け、24時間体制で対応するための経費でございます。4の遺児手当事業は、生計を維持していた者を失った児童を保護している者に対し、遺児手当を支給するための経費でございます。153ページに移りまして、5のひとり親住み替え家賃助成事業は、民間賃貸住宅への入居を希望するひとり親世帯への債務保証及び情報提供を行うための経費でございます。6の保育園事務費は、保育園運営の各システム委託、保育料の徴収管理、開かれた保育を目指すため、第三者機関に評価を委託する費用等でございます。154ページに移りまして、目2児童福祉運営費での主なものといたしましては、1の民間保育所事業は、民間保育所の運営費等を助成するために要する経費で、平成20年度開設予定の(仮称)北戸田Jキッズステーションの整備等に係る補助金が含まれております。155ページに移りまして、2の家庭保育室保育事業は、家庭保育室の運営費等を助成するために要する経費でございます。156ページに移りまして、3の児童手当支給事業は、子育て家庭に児童手当を支給するために要する経費でございます。4の乳幼児医療支給事業は、乳幼児に対する医療費の助成を行うための経費でございます。157ページに移り、5のひとり親家庭等医療費支給事業は、ひとり親家庭に対し医療費の助成を行うための経費でございます。6の子どものトワイライト事業は、児童の保護者の帰宅が夜間になる場合、児童福祉施設等に児童を預けるために要する経費でございます。158ページに移り、7の一時保育事業は、一時的に家庭での保育が困難となる場合、1歳から就学前までの児童を保育園で受け入れるための経費でございます。8の子育て支援センター事業は、地域子育て支援センターにおける地域の子育て家庭に対する育成支援を行うための経費でございます。159ページに移り、9の子どものショートステイ事業は、保護者が入院などで養育が困難となった場合、児童を一時的に児童福祉施設に入所させるために要する経費でございます。10の親子ふれあい広場事業は、戸田第一・戸田第二小学校に加え、新たに新曽北及び戸田南小学校にございます留守家庭児童保育指導室を利用し、子育て中の親子の交流、集いの場を提供する等、子育ての支援を行うための経費でございます。11の児童福祉運営費は、小児慢性特定疾患児に対する日常生活用具の給付に係る経費でございます。12の病児・病後児保育事業は、病気または病後の園児を保護者が勤務等で保育を行うことが困難な期間、専門施設で一時的に児童を預かるための経費でございます。160ページに移りまして、13子育て支援ヘルプサービス事業は、妊娠・出産・病気等により、家事または育児の援助を必要とする家庭でのヘルパー派遣に要する経費でございます。目3母子福祉費につきましては、1の母子生活支援入所事業及び2の助産施設入所事業は、施設の入所に要する経費でございます。161ページに移りまして、3の児童扶養手当支給事業は、児童扶養手当を支給する経費でございます。目4保育園費での主なものといたしましては、162ページに移りまして、2の保育園管理運営費は、市立保育園9園の管理運営のほか、各種工事に要する経費でございます。165ページに移りまして、目5児童センター費につきましては、1の児童センター管理運営費は、施設の指定管理に伴う経費でございます。目6留守家庭児童保育費は、各小学校にございます留守家庭児童保育指導室の管理運営等に要する経費で、戸田第一小学校留守家庭児童保育指導室の修繕費等が含まれております。167ページに移りまして、目7ファミリーサポートセンター費は、育児の援助をしたい人と受けたい人を会員として登録し、会員相互による育児援助活動を支援するための経費でございます。168ページに移りまして、項3生活保護費、目1生活保護総務費での主なものといたしましては、169ページに移りまして、2の生活保護事務費は、生活保護法に基づく事務に要する経費でございます。170ページに移りまして、目2扶助費につきましては、生活保護法に基づく生活扶助のほか、各種扶助費でございます。
 172ページに移りまして、款4衛生費でございますが、款の総額は30億6183万3,000円で、前年度比では、額で1億2382万円の減、率で3.9%の減となっております。款別割合では8%の構成比であります。項1保健衛生費、目1保健衛生総務費での主なものといたしましては、173ページに移りまして、3の休日・平日夜間急患診療事業は、休日等における救急診療体制に対する経費でございます。4の休日等歯科診療所運営事業は、休日等における歯科診療体制に対する経費でございます。174ページに移りまして、5の病院群輪番制病院運営事業は、休日・夜間における入院治療を必要とする小児救急患者及び重症救急患者の医療に対する医療機関への補助金でございます。6の在宅当番医制事業は、休日等における産婦人科に係る救急患者の医療に対する負担金でございます。175ページに移りまして、7の地域医療体制推進事業は、蕨戸田市医師会及び蕨戸田市歯科医師会等の活動を支援するための補助金、及び地域の医療機関との医療体制強化に要する経費、並びに夜間の小児医療体制確保のための小児救急医療、一次救急医療体制運営費補助金等の経費であります。目2予防費につきましては、1の予防接種事業は、乳幼児・高齢者等の市民に対し、伝染のおそれがある疾病の予防接種を行うための経費でございます。176ページに移りまして、2の献血事業は、献血思想の普及及び献血者の組織化を図るとともに、献血運動の推進に要する経費でございます。177ページに移りまして、目3成人保健事業費での主なものといたしましては、1のがん検診事業は、がんの早期発見を目的とした各種がん検診に要する経費でございます。2の基本健康診査等事業は、30歳以上の市民を対象とした個別基本健康診査に要する経費でございます。178ページに移りまして、3の健康教育事業につきましては、市民の日常生活に即した健康増進教育に要する経費でございます。179ページに移りまして、4の機能訓練事業は、40歳以上を対象とした機能訓練と、65歳以上の高齢者に対する要介護を予防する筋力トレーニングに要する経費でございます。180ページに移りまして、目4環境衛生費での主なものといたしましては、181ページに移りまして、2の環境衛生事務費は、環境衛生推進協議会等の補助金や環境衛生に要する経費でございます。182ページに移りまして、3の狂犬病予防事業は、狂犬病予防注射済証の交付及び登録等事務に要する経費でございます。目5医療保健センター特別会計繰出金につきましては、同特別会計への繰出金でございます。183ページに移りまして、目6母子保健事業費につきましては、1の妊産婦健康事業は、妊婦への健康診査にかかわる保健指導、母子健康手帳の交付等に要する経費でございます。184ページに移りまして、2の乳幼児健康事業は、乳幼児に対する保健指導・健康診査に要する経費でございます。185ページに移りまして、目7介護老人保健施設等事業特別会計繰出金につきましては、同特別会計への繰出金でございます。項2清掃費、目1清掃総務費につきましては、1の清掃総務事務費は、ごみ集積場の管理業務、生ごみ肥料化容器等購入費補助に要する経費、及び環境対策基金積立金等に要する経費であります。187ページに移りまして、目2塵芥し尿処理費での主なものといたしましては、1の資源回収事業は、ごみの減量化とリサイクルの推進、及びリサイクルフェルトを利用した屋上緑化推進に関する経費、並びに新たにフラワーセンター設置に係る経費を見込んだものでございます。2の回収資源分別事業は、回収した資源ごみの分別に要する経費でございます。188ページに移りまして、3のし尿収集事業は、くみ取り式トイレのし尿収集に要する経費でございます。4の廃棄物収集処理事業は、一般家庭から出される廃棄物の収集に要する経費でございます。5の駅周辺等清掃事業につきましては、189ページに移りまして、市内3駅周辺の環境衛生及び環境美化の向上に要する経費でございます。目3組合負担金につきましては、蕨戸田衛生センター組合への分担金でございます。項3環境保全費、目1環境保全費での主なものといたしましては、190ページに移りまして、2の環境保全事務費は、環境政策並びに保護に関する施策の実施に要する経費で、環境報告書作成に係る費用等を計上するものでございます。3の環境審議会費については、190ページに移りまして、環境に関する施策に対しての審議会の経費でございます。191ページに移りまして、4の常時監視測定事業は、大気や騒音の調査を実施する経費でございます。5の騒音振動調査事業は、沿道周辺の環境に対する騒音・振動・交通量を測定するための経費でございます。192ページに移りまして、6の大気・水質・土壌調査事業は、水質・土壌・ダイオキシン類等の測定を行うための経費でございます。7の環境マネジメントシステム(ISO14001)推進事業は、環境マネジメントシステムを推進していくための経費でございます。193ページに移りまして、8の環境ネットワーク推進事業は、市民参加により環境への取り組みを行うための経費でございます。9の新エネルギー導入推進事業は、住宅用太陽光発電システム設置者に対する補助等に要する経費でございます。194ページに移りまして、10の地球温暖化対策事業は、省エネルギー給湯機器を導入する市民に補助金を交付するための経費でございます。
 194ページに移りまして、款5労働費でございますが、款の総額は1億5088万7,000円で、前年度比では、額で58万1,000円の減、率で0.4%の減となっております。款別割合では0.4%の構成比であります。項1労働諸費、目1勤労青少年ホーム費につきましては、戸田市社会福祉協議会に対する指定管理料でございます。目2労働諸費につきましては、195ページに移りまして、1の労働対策事業は、主に勤労者に対する住宅貸付事業の中央労働金庫への預託金、及び中小企業従業員退職金等福祉共済事業特別会計への繰出金でございます。196ページに移りまして、目3地域職業相談費につきましては、1の地域職業相談事業は、若年者から高齢者までの就職機会の拡大及び労働力の安定確保に係る経費でございます。
 197ページに移りまして、款6農林水産業費でございますが、款の総額は3784万8,000円で、前年度比では、額で121万7,000円の増、率で3.3%の増となっております。款別割合では0.1%の構成比であります。項1農業費、目1農業委員会費につきましては、委員報酬のほか委員会の運営経費でございます。200ページに移りまして、目4市民農園費につきましては、上戸田第4広場及び新曽第10広場の新設、及び土に親しむ広場の管理運営費でございます。
 款7商工費でございますが、款の総額は3億7707万4,000円で、前年度比では、額で608万1,000円の減、率で1.6%の減となっております。款別割合では1%の構成比であります。201ページに移りまして、項1商工費、目2商工業振興費での主なものにつきましては、202ページに移りまして、3の商業振興事業は、商店街活性化推進事業など商店街の活性化を図るための商店街づくりに要する費用であります。203ページに移りまして、4の商工団体事業は、戸田市商工会への補助金等でございます。5の工業振興事業は、市内産業の活性化のための支援などに要する経費でございます。204ページに移りまして、6の新産業振興事業は、起業支援センター入所審査アドバイザー業務等の起業支援センターに係る経費でございます。205ページに移りまして、目3消費生活対策費での主なものといたしましては、1の消費生活対策事業は、消費生活相談等、消費生活対策に要する経費でございます。206ページに移りまして、3の消費者啓発事業は、消費者被害の未然防止、暮らしに役立つ情報の提供などに要する経費でございます。207ページに移り、目4観光費につきましては、戸田橋花火大会実行委員会への補助金でございます。目5生活物資対策費につきましては、災害時の緊急時における物資調達に係る関係団体との協議に必要な経費でございます。
 208ページに移りまして、款8土木費でございますが、款の総額は78億4701万2,000円で、前年度比で、額で2億3278万円の増、率で3.1%の増となっております。款別割合では20.6%の構成比であります。項1土木管理費、目1土木総務費での主なものといたしましては、2の土木事務費は、道路管理等に係る情報の電子システム保守に伴う事務、及び道路を管理するための事務経費でございます。209ページに移りまして、3の道路施設等維持管理費は、防犯灯設置等道路施設維持管理に要する経費でございます。210ページに移りまして、目2交通安全対策費での主なものといたしましては、211ページに移りまして、2の交通安全対策事業は、交通事故防止及び交通安全思想の普及・高揚などに要する経費でございます。212ページに移りまして、3の放置自転車対策事業は、駅周辺等の放置自転車の撤去等に要する経費でございます。213ページに移りまして、4の自転車駐車場管理事業は、駅周辺等の自転車駐車場管理、及び戸田駅北自転車駐車場増設に係る経費でございます。214ページに移りまして、5の違法駐車対策事業は、違法駐車等防止指導・啓発・広報活動等に要する経費でございます。6の民間駐車場施設設置助成事業は、民間駐車場の整備を促進するための助成金でございます。目3交通安全施設費につきましては、1の交通安全施設維持管理費は、道路照明灯・道路反射鏡及び道路区画線等の維持管理・修繕を行う経費でございます。215ページに移りまして、2の交通安全施設設置事業は、道路照明灯及び道路反射鏡などの設置に要する経費でございます。項2道路橋りょう費、目1道路橋りょう総務費での主なものといたしましては、216ページに移りまして、2の道路維持管理費は、官民境界測量及び公共座標整備等の実施に要する経費でございます。目2道路維持費につきましては、1の道路維持補修事業は、道路舗装の維持補修を行う経費でございます。217ページに移りまして、2の道路排水施設維持管理費は、道路排水等の修繕及び清掃等に要する経費でございます。218ページに移りまして、目3道路新設改良費につきましては、1の歩道整備事業は、市道第2036号線の設計、及び市道第3063号線、新曽第一歩道橋撤去工事等に要する経費でございます。2の私道舗装事業は、私道の舗装に要する経費でございます。219ページに移りまして、項3河川費、目1河川総務費での主なものといたしましては、2の河川総務事務費は、河川水路等の整備や維持に関する事務及び負担金等の経費でございます。220ページに移りまして、3の河川維持管理費は、河川の浄化清掃及び新曽芦原・向田第2排水施設等の各排水施設の維持管理に要する経費でございます。221ページに移りまして、4の新曽地区水路整備事業は、新曽地区内の水路に係る施設の維持管理に要する経費でございます。5の上戸田川改修事業は、二枚橋架替工事・護岸工事及び改修用地の購入等、上戸田川の整備に要する経費でございます。223ページに移りまして、6の水路維持管理費は、上戸田川・さくら川水環境調査及び河川水路の除草等に要する経費でございます。8のさくら川整備事業は、護岸工事に要する経費でございます。224ページに移りまして、項4都市計画費、目1都市計画総務費での主なものといたしましては、226ページに移りまして、4の都市マスタープラン推進事業は、(仮称)戸田市都市まちづくり推進条例制定に要する経費、及び地区まちづくり推進モデル支援に係る経費であります。227ページに移りまして、5の地域地区等見直し事業は、地域地区の見直し等の事務経費で、建築物の高さ制限に係る調査に要する費用、及び長期未整備都市計画道路見直し検討調査に係る費用が含まれております。228ページに移りまして、7の都市景観形成事業は、景観づくり推進地区推進計画策定及び公共サイン設置に要する経費でございます。230ページに移りまして、10の開発許可事務費は、開発事業に対する許可等に係る経費でございます。231ページに移りまして、目2街路事業費につきましては、2の都市計画道路戸田公園駅西口駅前通り整備事業は、戸田公園駅前の整備に要する経費でございます。232ページに移りまして、目3市街地開発費につきましては、233ページに移りまして、3の新曽中央地区都市整備事業は、同地区の整備方針案の作成及びまちづくり協議会への補助金等に係る経費でございます。234ページに移りまして、4の北戸田駅前地区建築物等整備事業は、土地区画整理事業に合わせて、北戸田駅前地区のまちづくりモデルプラン作成及び北戸田駅前地区まちづくり協議会への補助等に要する経費でございます。なお、移転交渉が一部未成立のため、今回は建設に係る補助金の計上は見送っております。5の戸田駅前地区建築物等整備事業は、土地区画整理事業に合わせて戸田駅西口駅前地区のまちづくりモデルプラン作成、及び戸田駅前地区まちづくり協議会への補助金等に要する経費でございます。6の住環境整備事業は、住宅市街地総合整備事業に係る事業計画作成業務、及び支援事業補助等に要する経費でございます。237ページに移りまして、目4土地区画整理費での主なものといたしましては、1の新曽第一土地区画整理事業は、道路照明灯の設置及び区画整理事業用地の維持管理等に要する経費でございます。238ページに移りまして、2の新曽第二土地区画整理事業は、区画整理事業用地の維持管理等に要する経費でございます。3の新曽第一土地区画整理事業特別会計繰出金及び4の新曽第二土地区画整理事業特別会計繰出金につきましては、それぞれ各特別会計への繰出金でございます。目5公共下水道費につきましては、公共下水道事業特別会計への繰出金でございます。239ページに移りまして、目6公園費での主なものといたしましては、240ページに移りまして、3の公園維持管理費は、公園運動施設の維持管理費及び財団法人戸田市公園緑地公社への指定管理料等の経費でございます。242ページに移りまして、4の公園施設整備事業は、安全かつ快適な公園を提供するための施設整備に要する経費でございます。243ページに移りまして、5の環境空間整備事業は、戸田公園地区の環境空間用地の取得及び暫定整備事業に要する経費でございます。目7緑化対策費での主なものといたしましては、1の街路樹等維持管理費は、各地区の街路樹等の維持管理費でございます。244ページに移り、2の緑化普及啓発費は、屋上緑化の推進を初めとする緑化推進及び保全樹木等に要する経費、並びに彩湖・道満グリーンパーク周辺の戸田ヶ原自然再生に係る事業に要する経費であります。245ページに移りまして、目8都市開発基金費につきましては、基金運用利子及び戸田公園駅周辺まちづくり用地貸付収入を積み立てるものでございます。246ページに移りまして、項5建築費、目1建築総務費での主なものといたしましては、247ページに移りまして、3の市営住宅管理費は、市営住宅の維持管理等に要する経費でございます。249ページに移りまして、4の下笹目住宅建替事業は、建てかえに係る工事費等でございます。目2建築指導費につきましては、建築指導業務に要する経費でございます。
 250ページに移りまして、款9消防費でございますが、款の総額は16億6541万円で、前年度比では、額で4574万6,000円の増、率で2.8%の増となっております。款別割合では4.4%の構成比であります。項1消防費、目1常備消防費での主なものといたしましては、254ページに移りまして、6の消防管理費は、消防本部庁舎・東部分署及び西部分署の各施設設備管理に要する経費でございます。258ページに移りまして、8の救急業務費は、救急搬送業務等に要する経費で、普通救急講習用備品及び自動体外式除細動器等の整備に係る費用が含まれております。9の警防活動費は、259ページに移りまして、消火活動等の警防活動に要する経費で、高レベル化学防護服等整備費用が含まれております。10の緊急援助活動費は、大規模災害時の救護活動の後方支援部隊として業務に要する経費でございます。260ページに移りまして、目2非常備消防費での主なものといたしましては、1の消防団運営活動費は、消防団員の報酬等に要する経費でございます。261ページに移りまして、2の消防団厚生費は、消防団員の福利厚生等に要する経費でございます。262ページに移りまして、目3消防施設費につきましては、1の消防維持管理費は、消防庁舎・車両及び防火水槽等の維持に要する経費、並びに消火栓の改良に伴う水道事業会計への負担金等でございます。263ページに移りまして、2の消防整備事業は、東部分署庁舎耐震補強工事、消防本部庁舎防水塗装工事に係る経費及び消防ポンプ自動車の購入等に係る経費でございます。目4防災費での主なものといたしましては、264ページに移り、2の防災事業は、住民地域防災計画の策定、水害時に必要な土のう調達及び避難用ボートの購入等に係る経費でございます。266ページに移り、3の水防事業は、荒川左岸水害予防組合の負担金でございます。267ページに移り、5の耐震診断改修事業は、耐震改修促進計画策定に係る経費及び木造住宅等の耐震診断・改修への一部補助に係る経費でございます。
 款10教育費でございますが、款の総額は56億2066万5,000円で、前年度比では、額で2億2636万円の増、率で4.2%の増となっております。款別割合では14.8%の構成比であります。項1教育総務費、目1教育委員会費での主なものといたしましては、1の教育委員会費は、教育委員に要する経費でございます。268ページに移りまして、目2事務局費での主なものといたしましては、269ページに移りまして、2の教育委員会事務局費は、事務局の活動経費及び教育関係の協議会への負担金等に要する経費でございます。270ページに移りまして、3の学校教育事務費は、児童・生徒の就学及び通学区域に関する事務、並びに学校事故に対する災害給付等に要する経費でございます。272ページに移りまして、5の私立幼稚園事業は、私立幼稚園に通う園児の保護者及び私立幼稚園等に対する補助金等の経費でございます。6の就学援助事業は、就学困難な児童・生徒に対する就学援助費等の経費でございます。273ページに移りまして、目3教育指導費につきましては、1の学校教育指導事業は、市内小中学校の教育課程及び生き生きティーチャー・わくわくティーチャー・本好きサポーター等、教育活動への指導業務に要する経費でございます。274ページに移りまして、2の生徒指導支援事業は、すこやかサポーターやスクールサポーター等による市内小中学校の生徒指導体制支援のための経費でございます。275ページに移りまして、目4保健費につきましては、1の学校保健事業は、就学時健診、在籍児童生徒及び教職員の各種検診委託等に要する経費でございます。276ページに移りまして、目5教育センター費につきましては、1の教育センター管理運営費は、教育センター施設設備等の管理及び運営に要する経費でございます。278ページに移りまして、2の就学教育相談事業は、就学指導や教育相談、また、適応指導教室の運営等に要する経費でございます。279ページに移りまして、3の研究・研修事業は、学校教育の充実と教職員の資質向上を図るため、各種研究・研修に要する経費でございます。4のALT事業は、ALTによる小学校において国際理解教育の推進のため行う英語活動指導、中学校での外国語教育の充実のための英語指導に要する経費でございます。280ページに移りまして、項2小学校費、目1学校管理費での主なものといたしましては、2の小学校管理運営費は、児童の健康管理、臨時教職員等の配置及び通学時の交通安全対策等に要する経費でございます。282ページに移りまして、3の小学校施設管理費は、警備員の配置・施設の維持管理及び小学校教室でのパソコン機器の賃借料等に要する経費でございます。284ページに移りまして、4の小学校備品購入費は、教育備品及び図書の購入の経費でございます。5の小学校教育振興費は、各小学校における児童用副読本及び教師用指導書に係る経費等、学習環境の整備・教育活動の振興を図るための経費でございます。285ページに移りまして、目2学校建設費につきましては、1の小学校施設整備事業は、施設の維持保全改修計画策定の費用及び各種改修工事費、並びに美女木小学校の用地購入等に要する経費でございます。286ページに移りまして、2の小学校耐震補強事業は、美谷本小学校教室棟・新曽北小学校管理教室棟・美女木小学校教室棟・笹目小学校屋内運動場の耐震補強設計、及び新曽小学校管理教室棟・美谷本小学校管理教室棟・笹目小学校教室棟の耐震補強工事等に要する経費でございます。287ページに移りまして、目3施設建設整備費につきましては、1の学校給食施設整備事業は、戸田東小学校の単独校給食調理場増築工事に係る設計等、及び美女木小学校の単独校給食調理場増築工事に関連した経費でございます。288ページに移りまして、項3中学校費、目1学校管理費での主なものといたしましては、2の中学校管理運営費は、生徒の健康管理、臨時教職員等の配置に要する経費でございます。290ページに移りまして、3の中学校施設管理費は、施設の維持管理等に要する経費でございます。292ページに移りまして、4の中学校備品購入費は、教育備品・図書の購入の経費でございます。5の中学校教育振興費は、各中学校における生徒用副読本及び教師用指導書に係る経費等、学習環境の整備、教育活動の振興を図るための経費でございます。293ページに移りまして、目2学校建設費につきましては、1の中学校施設整備事業は、施設の維持保全改修計画策定の費用、中学校の各種改修工事費並びに普通教室冷暖房設備の賃借料等でございます。294ページに移りまして、2の中学校耐震補強事業は、美笹中学校管理教室棟の耐震補強工事、及び新曽・喜沢・笹目中学校教室棟の耐震補強設計に要する経費でございます。項4社会教育費、目1社会教育総務費での主なものといたしましては、296ページに移りまして、4の人権教育事業は、人権教育の振興を図るための経費でございます。5の生涯学習事業は、297ページに移りまして、各種生涯学習に関する講座・教室の実施、成人の日の式典、はたちの集い実施にかかわる経費、文化団体等の育成に要する経費でございます。298ページに移りまして、目2公民館費での主なものといたしましては、302ページに移りまして、7の中央公民館事業から、304ページの10の新曽公民館事業までは、各公民館の講座等事業に要する経費でございます。305ページに移りまして、目3青少年育成費、1の青少年育成事業につきましては、青少年の広場に係る費用、各青少年団体の活動支援及び非行防止と健全育成推進に要する経費でございます。307ページに移りまして、目4文化財保護費、1の文化財保護事業につきましては、文化財の調査・保護・保存等に要する費用で、県指定文化財の漁労用具、技術等の記録映像作成に係る経費が含まれております。308ページに移りまして、目5少年自然の家費、1の少年自然の家管理運営事業につきましては、少年自然の家の管理運営に要する経費でございます。309ページに移りまして、目6こどもの国運営費での主なものにつきましては、310ページに移りまして、2のこどもの国管理運営費は、建物及び公園内施設の管理運営などに要する経費でございます。312ページに移りまして、目7図書館費での主なものにつきましては、313ページに移りまして、3の図書館管理運営費は、貸し出しカウンター及び書庫・書架の設置等を含む図書館の管理運営などに要する経費でございます。315ページに移りまして、目8郷土博物館費での主なものといたしましては、316ページに移りまして、3の郷土博物館運営費は、常設展示及び特別展示、その他各種講座等に要する経費でございます。318ページに移りまして、目9彩湖自然学習センター費、1の彩湖自然学習センター管理運営費につきましては、常設展示及び各種講座のほか、施設の管理運営に要する経費でございます。320ページに移りまして、項5体育費、目1体育総務費での主なものといたしましては、321ページに移りまして、2のスポーツ振興事業は、スポーツ施設予約等システムに係る費用、戸田マラソン大会のほか、ボート教室等各種スポーツ事業の実施及びスポーツ団体等の育成に要する経費でございます。323ページに移りまして、目2体育施設費、1の体育施設管理費につきましては、中町庭球場の維持管理等に要する経費でございます。324ページに移りまして、目3学校施設開放事業費、1の学校施設開放事業につきましては、学校体育施設の市民への開放に要する経費でございます。325ページに移りまして、目4市民体育祭費、1の市民体育祭事業につきましては、市内6地区で開催される市民体育祭等に要する経費でございます。326ページに移り、目5スポーツセンター費、1のスポーツセンター管理運営費につきましては、財団法人戸田市文化体育振興事業団に対する指定管理料及び維持経費でございます。項6学校給食費、目1学校給食センター費での主なものといたしましては、327ページに移り、3の学校給食センター管理運営費は、小中学校分の給食用賄材料費のほか、施設の維持補修を含む管理運営に要する経費でございます。329ページに移りまして、目2単独校給食費につきましては、330ページに移りまして、1の単独調理場管理運営事業は、戸田第一小学校・戸田第二小学校・美谷本小学校・芦原小学校での単独校調理場に係る業務の委託等に要する経費でございます。331ページに移りまして、項7教育諸費、目1教育振興費、1の入学準備金貸付事業につきましては、高等学校・専修学校及び大学への入学準備金の貸し付けに要する経費でございます。目2奨学資金貸付金での主なものといたしましては、332ページに移りまして、2の奨学資金貸付事業は、経済的な理由により就学が困難な者に対する貸し付けに要する経費でございます。
 333ページに移りまして、款12公債費でございますが、款の総額は19億5962万4,000円で、前年度比では、額で8588万4,000円の増、率で4.6%の増となっております。款別割合では5.1%の構成比であります。項1公債費、目1元金の市債償還金元金は所要の経費を、また、目2利子につきましては市債利子及び一時借入金利子として所要の経費を、それぞれ計上いたしております。
 334ページに移り、款13諸支出金でございますが、款の総額は2億2096万6,000円で、前年度比では、額で561万5,000円の減、率で2.5%の減となっております。款別割合では0.6%の構成比であります。項1基金費、目1財政調整基金費につきましては、基金の運用により生じた利子分について基金に積み立てるものでございます。335ページに移りまして、項2納付金、目1公営企業金融公庫納付金につきましては、戸田競艇組合の売上額のうち、戸田市相当分の一部を公営企業金融公庫に納付するものでございます。
 款14予備費につきましては、前年度と同額でございます。
 続きまして、歳入について御説明申し上げます。
 17ページでございます。款1市税でございますが、款の総額は261億4457万6,000円で、前年度比では、額で17億8679万9,000円、率で7.3%の増となっております。款別割合で68.7%の構成比であります。個々の税目を前年度と比較してみますと、項1市民税、目1個人市民税につきましては、所得税からの税源移譲が実施されるとともに、人口の増加に伴う納税義務者の増及び定率減税の廃止等を考慮し、前年度比で15.2%の増で計上したところでございます。目2法人市民税につきましては、企業収益・雇用情勢とも回復傾向にあることを考慮し、前年度比18.8%の増で計上したところでございます。なお、個人・法人を合わせた市民税全体では、16%の増を見込んだところでございます。項2固定資産税、目1固定資産税のうち、土地につきましては、地価の下落傾向が続いておりましたが、下げどまりとなったことから、下落率を0%の据え置きとし、負担調整措置を考慮し、2.3%の増を見込んだところでございます。家屋につきましては、新増築家屋分の増により2.4%の増と見込んだものでございます。償却資産につきましては、大規模な設備投資の減価償却分を補うほどの大幅な設備投資の伸びは期待できないものの、市内一般分の設備投資活性化の兆候が見られるため、2.1%の増を見込んだところでございます。目2国有資産等所在市交付金及び納付金につきましては、新たな増額要因がないことから、9.8%の減を見込んだところでございます。固定資産税全体といたしましては、前年度比1.8%の増で計上したところでございます。18ページに移りまして、項3軽自動車税につきましては、軽四輪乗用車の増加を見込み、前年度比7.4%の増で計上したところでございます。項4市たばこ税につきましては、禁煙や分煙運動の高まり等の社会的影響がある中、市内大型店舗での好調な売り上げなどの影響により、前年度比2.8%の増で計上したところでございます。項5特別土地保有税につきましては、現年度項目どりと滞納繰越分でございます。項6入湯税につきましては、前年度と同じく項目どりでございます。項7都市計画税につきましては、固定資産税同様に積算をしたものでございます。
 19ページに移りまして、款2地方譲与税、項1自動車重量譲与税から、20ページの款8自動車取得税交付金までにつきましては、それぞれ交付実績等を考慮し計上したものでございます。なお、所得譲与税につきましては、国から地方への税源移譲により、本年度廃止となっております。
 款9地方特例交付金につきましては、項1地方特例交付金に、平成18年度に制度化されました児童手当特例交付金を計上し、20ページに移りまして、項2特別交付金につきましては、減税補てん特例交付金が廃止されたことに伴う、3年間の経過措置として設けられた特別交付金を新たに計上するものでございます。
 款10地方交付税につきましては、普通交付税は不交付団体となっておりますが、特別交付税について、交付実績等を考慮し計上したものでございます。
 款11交通安全対策特別交付金につきましても、交付実績を考慮し計上いたしました。
 款12分担金及び負担金、項1負担金、目1民生費負担金につきましては、関係法令に基づき積算し計上したものでございます。22ページに移りまして、目2衛生費負担金につきましては、各事業の協定に基づき計上したものでございます。
 款13使用料及び手数料、項1使用料と、24ページから25ページの項2手数料につきましては、それぞれ実績等を踏まえ計上したものでございます。
 25ページに移りまして、款14国庫支出金、項1国庫負担金、及び、27ページに移りまして、項2国庫補助金につきましては、歳出予算に基づき、現行制度の負担率や補助率を適用し積算計上したものでございます。28ページに移りまして、項3国庫委託金につきましては、参議院議員通常選挙費及び国民年金等の事務費に係る委託金でございます。
 29ページに移りまして、款15県支出金、項1県負担金、及び、30ページに移りまして、項2県補助金につきましては、国庫支出金同様、現行の負担率・補助率を適用し計上したものでございます。33ページに移りまして、項3県委託金での主なものにつきましては、県議会議員及び知事選挙費に係る委託費、並びに個人県民税の徴収取扱費及び各種統計調査等、県の委託事務にかかわるものでございます。
 款16財産収入、項1財産運用収入につきましては、市有土地等の貸付収入及び基金から生じる利子でございます。34ページに移りまして、項2財産売払収入と款17寄附金につきましては、項目どりでございます。
 35ページに移りまして、款18繰入金、項1基金繰入金につきましては、目1財政調整基金繰入金及び目2都市開発基金繰入金で、合わせて5億8000万円を計上したものでございます。
 款19繰越金につきましては、当初で5億円を計上したものでございます。
 款20諸収入、項1延滞金加算金及び過料につきましては、実績を勘案し計上したものでございます。項2市預金利子につきましては、歳計現金等の運用利子の計上でございます。項3収益事業収入につきましては、競艇事業収益金の配分金として、昨年度同様10億円を計上したものでございます。36ページに移りまして、項4貸付金元利収入につきましては、本市の各種貸付制度の預託金等の回収金でございます。項5給食事業収入につきましては、児童生徒等に係る学校給食費の計上でございます。項6特別交付金につきましては、荒川水循環センターの所在する本市に対する交付金を計上したものでございます。項7雑入につきましては、回収資源売上金額等、見込み得る額について計上したものでございます。
 38ページに移りまして、款21市債につきましては、それぞれ説明欄に記載してあります各種事業に充当する額を計上したものでございます。
 以上で平成19年度一般会計予算の説明を終わります。よろしく御審議の上、御決定賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。

△市長提出議案第28号 平成19年度戸田市国民健康保険特別会計予算 説明
◎武内利雄 福祉部長  議長。
○中名生隆 議長  武内福祉部長。
◎武内利雄 福祉部長  それでは、議案第28号平成19年度戸田市国民健康保険特別会計予算について御説明を申し上げます。
 別冊?4の3ページをお開き願いたいと存じます。なお、参考資料につきましては、別冊?5の121ページからでございます。
 それでは、予算の内容につきまして、順次、御説明申し上げます。第1条につきましては、歳入歳出予算の総額を100億1364万3,000円といたすものでございます。第2条につきましては、財政運営のための一時借入金の限度額を8億円といたすものでございます。第3条につきましては、保険給付費の各項の予算の流用について定めたものでございます。
 それでは、歳出の主なものから、順次、御説明申し上げます。16ページをお開き願いたいと存じます。款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費につきましては、診療報酬明細書の点検業務を行う臨時職員等の賃金、国民健康保険団体連合会共同電算処理等の業務委託料のほか、国民健康保険事業の運営に要する費用でございます。次に、17ページをお願いいたします。目2連合会負担金につきましては、県国保連合会等への負担金でございます。17ページから19ページにかけましての項2徴税費、目1賦課徴収費につきましては、賦課徴収に要する費用でございます。項3・目1運営協議会費につきましては、戸田市国民健康保険運営協議会に要する費用でございます。20ページをお願いいたします。項4・目1趣旨普及費につきましては、国民健康保険事業の啓発用の国保のしおりに要する費用でございます。款2保険給付費、項1療養諸費につきまして申し上げます。各目ごとの算出に当たりましては、最新の医療費の動向、過去の実績等につきまして、その推移を勘案し積算をいたしたところでございます。最初に目1一般被保険者療養給付費につきましては、一般被保険者に対する療養の給付費を計上いたしてございます。21ページをお願いいたします。目2退職被保険者等療養給付費につきましては、退職被保険者等に対する療養の給付費を計上いたしてございます。目3一般被保険者療養費及び目4退職被保険者等療養費につきましては、それぞれの療養費を計上いたしてございます。目5審査支払手数料につきましては、国民健康保険団体連合会に委託して行うレセプト審査に係る手数料でございます。22ページをお願いいたします。項2高額療養費、目1一般被保険者高額療養費及び目2退職被保険者等高額療養費につきましては、被保険者が負担した医療費が自己負担限度額を超えたとき、その超えた分を支給する費用を実績等により積算いたしてございます。23ページをお願いいたします。項3移送費、目1一般被保険者移送費及び目2退職被保険者等移送費につきましては、項目どりでございます。項4出産育児諸費、目1出産育児一時金、及び、24ページに移りまして、項5葬祭諸費、目1葬祭費につきましては、実績等により所要額を計上いたしてございます。款3・項1老人保健拠出金、目1老人保健医療費拠出金及び目2老人保健事務費拠出金につきましては、それぞれ実績に基づき計上いたしてございます。25ページをお願いいたします。款4・項1・目1介護納付金につきましては、社会保険診療報酬支払基金に納付する介護納付金を計上いたしたものでございます。款5・項1共同事業拠出金、目1高額医療費共同事業拠出金につきましては、一般被保険者にかかわる、レセプト1件当たり80万円を超える高額医療費を対象に実施する共同事業の拠出金でございます。26ページをお願いいたします。目2保険財政共同安定化事業拠出金につきましては、一般被保険者にかかわる、レセプト1件当たり30万円を超える医療費を対象に実施する共同事業の拠出金でございます。26ページから27ページにかけましての目3高額医療費共同事業事務費拠出金、目4保険財政共同安定化事業事務費拠出金、及び目5その他共同事業事務費拠出金につきましては、それぞれの共同事業に係る事務費でございます。27ページから28ページにかけましての款6・項1保健事業費、目1保健衛生普及費につきましては、平成20年度から特定検診、保健指導実施のための特定健康診査実施計画策定の費用、並びに海の家の開設、及び人間ドック・脳ドック検診費用の補助、出産資金貸付金に係る諸費用でございます。款7・項1基金積立金、目1財政調整基金積立金につきましては、項目どりでございます。29ページの款8・項1・目1公債費につきましては、資金不足を生じたときの一時借り入れに対する利子でございます。29ページから30ページにかけましての款9諸支出金、項1償還金及び還付加算金、目1一般被保険者保険税還付金及び目2退職被保険者等保険税還付金、目3償還金につきましては、保険税還付金及び返還金でございます。款10・項1・目1予備費は予備費でございます。
 続きまして、歳入について御説明申し上げます。11ページにお戻りいただきたいと存じます。款1・項1国民健康保険税、目1一般被保険者国民健康保険税及び目2退職被保険者等国民健康保険税につきましては、過去の実績等により調定見込み額を推計いたし、収納率を勘案して積算をいたしたものでございます。款2使用料及び手数料、項1使用料、目1海の家使用料につきましては、海の家の使用料でございます。12ページをお願いいたします。項2手数料、目1総務手数料につきましては、証明等の手数料でございます。款3国庫支出金、項1国庫負担金、目1事務費負担金につきましては、項目どりでございます。目2療養給付費等負担金につきましては、一般被保険者に係る療養の給付等の支給に要する費用、老人保健法による医療費拠出金の納付に要する費用、並びに介護納付金に要する費用の負担金でございます。目3高額医療費共同事業負担金につきましては、高額医療費共同事業に要する費用の負担金でございます。項2国庫補助金、目1財政調整交付金につきましては、一般被保険者に係る療養給付費等、老人保健医療費拠出金及び介護納付金にかかわる国からの交付金を見込んだものでございます。目2後期高齢者医療制度創設準備事業費補助金につきましては、平成20年度から実施となります後期高齢者支援分のシステム開発費に対する国からの補助金でございます。款4・項1・目1療養給付費交付金につきましては、退職被保険者等の療養費・給付費等の支給に要する費用として、社会保険診療報酬支払基金からの交付金でございます。13ページをお願いいたします。款5県支出金、項1県負担金、目1高額医療費共同事業負担金につきましては、高額医療費共同事業に要する費用の県からの負担金でございます。項2県補助金、目1国民健康保険事業補助金につきましては、県の補助金交付要綱に基づき低所得者等に対する補助金として交付されるものでございます。目2財政調整交付金につきましては、医療費介護納付金・老人保健拠出金に対する国保財政を安定化するための県からの交付金でございます。款6・項1・目1高額医療費共同事業交付金につきましては、歳出の高額医療費共同事業拠出金に対する国民健康保険団体連合会からの交付金でございます。目2保険財政共同安定化事業交付金につきましては、歳出の保険財政共同安定化事業拠出金に対する国民健康保険団体連合会からの交付金でございます。款7財産収入、項1財産運用収入、目1利子及び配当金につきましては、戸田市国民健康保険財政調整基金条例に基づく基金の運用から生じる利息の項目どりでございます。款8繰入金、項1・目1一般会計繰入金のうち、節1保険基盤安定繰入金につきましては、低所得者に対する国民健康保険税の軽減措置に基づく所要額、また、節2出産育児一時金繰入金は、出産育児一時金の3分の2に相当する額を計上したものでございます。節3その他一般会計繰入金につきましては、歳出総額に対しまして歳入不足額を繰入金としてお願いいたすものでございます。14ページをお願いいたします。項2基金繰入金、目1財政調整基金繰入金につきましては、項目どりでございます。款9繰入金から、15ページにかけましての款10諸収入につきましては、前年度の状況等を踏まえて、それぞれ計上いたしているところでございます。
 以上で説明を終わります。よろしく御審議賜りますよう、お願い申し上げます。

△市長提出議案第29号 平成19年度戸田市公共下水道事業特別会計予算 説明
◎吉田豊和 都市整備部長  議長。
○中名生隆 議長  吉田都市整備部長。
◎吉田豊和 都市整備部長  議案第29号平成19年度戸田市公共下水道事業特別会計予算について御説明いたします。
 特別会計予算書33ページをお開き願います。参考資料につきましては、131ページから136ページまでとなっております。
 まず第1条は、予算の総額を、歳入歳出それぞれ35億9428万1,000円とするものでございます。第2条は、継続費について定めたものでございます。第3条は、債務負担行為を定めたものでございます。第4条は、地方債について限度額等を定めたものでございます。第5条は、一時借入金の最高額を3億円とするものでございます。
 それでは、歳出から御説明いたします。45ページをお開き願います。款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費につきましては、下水道課職員の人件費及び各種負担金等でございます。次に、47ページ、目2維持費でございますが、下水道管渠維持管理費につきましては、管路等下水道施設全般の維持管理を初め、下水道使用料の調定等、事務委託に係る経費、また、48ページのポンプ場維持管理費につきましては、下戸田・新曽ポンプ場及び各排水施設の維持管理に要する経費、また、49ページの下水道水質分析事業につきましては、排出水に係る水質検査等に要する経費を、また、50ページの荒川左岸南部流域下水道費につきましては、流域下水道施設の維持管理に要する負担金でございます。次に、款2事業費、項1工事費、目1雨水工事費でございますが、雨水対策といたしまして委託料では、笹目川以西地区及び新曽地区の雨水排水事業を実施するための実施設計、また、浸水状況を踏まえての浸水対策計画業務、浸水対策工事実施設計でございます。工事請負費では、管渠築造工事費・浸水対策工事、また、雨水対策事業の一環として、節19の補助事業により小型雨水貯留施設の設置を進めてまいりますが、これら施設設置を普及させるための住民に身近な地域施設に直接接する工事費を計上しております。次に、51ページ、目2汚水工事費でございますが、新曽第一土地区画整理事業内の汚水整備事業を実施するための補助事業及び単独事業に係る設計委託料、並びに平成19年度に新曽中央地区の事業認可をとり、汚水事業を進めるための実施設計等でございます。工事請負費は、新曽第一地区の補助事業及び単独事業に係る管渠築造工事等でございます。次に、52ページ、目3ポンプ場更新工事でございますが、同更新工事は4ヵ年の継続事業とし、実施するものでございます。なお、工事費の年割額は、36ページの第2表継続費のとおりでございます。款3水洗便所改造事業費、項1事業費、目1事務費及び目2貸付金でございますが、水洗化の促進に要する経費でございます。次に、款4・項1流域下水道事業費、目1流域下水道事業費でございますが、これは荒川左岸南部流域下水道事業に伴う流域下水道施設の建設費負担金でございます。次に、款5・項1公債費、目1元金及び目2利子につきましては、公共下水道事業債並びに流域下水道事業債の元金及び利子の償還金でございます。
 続きまして、歳入について御説明いたします。42ページにお戻り願います。主な歳入財源を申し上げます。款1分担金及び負担金、項1負担金、目1公共下水道事業受益者負担金につきましては、新曽第一土地区画整理事業地内の一部が供用開始されたことに伴う負担金でございます。款2使用料及び手数料、項1使用料、目1下水道使用料につきましては、過去の実績を踏まえ算定し、計上したものでございます。款3国庫支出金、項1国庫補助金、目1公共下水道事業費国庫補助金につきましては、管渠築造及びポンプ場更新工事に係る国庫補助金を見込んで計上したものでございます。款4繰入金、項1・目1一般会計繰入金につきましては、一般会計からの繰入金をお願いするものでございます。次の款5・項1・目1繰越金につきましては、前年度の繰越金を計上したものでございます。款6諸収入、項1貸付金元利収入、目1水洗便所預託金元利収入につきましては、水洗便所預託金元利回収金の預託元金を計上したものでございます。項2・目1市預金利子及び項3・目1雑入におきましては、それぞれ見込み額を計上したものでございます。款7・項1市債、目1公共下水道事業債につきましては、国庫補助事業及び単独事業に係る事業債を見込んでおります。
 以上で説明を終わります。よろしくお願い申し上げます。
○中名生隆 議長  この際、休憩いたします。

   休 憩 11時45分
   開 議 13時00分

○中名生隆 議長  休憩前に引き続き会議を開きます。
 詳細説明を続行いたします。

△市長提出議案第30号 平成19年度戸田市学童等災害共済事業特別会計予算 説明
◎古澤立巳 教育部長  議長。
○中名生隆 議長  古澤教育部長。
◎古澤立巳 教育部長  議案第30号平成19年度戸田市学童等災害共済事業特別会計予算について御説明申し上げます。
 特別会計予算書の61ページでございます。参考資料は137ページでございます。
 本特別会計の予算総額を、歳入歳出それぞれ105万3,000円と定めるものでございます。
 それでは、予算説明書68ページからの歳出について御説明申し上げます。歳出の款1事業費、項1事業費、目1事業費のうち主なものは、医療費・医療見舞金などからなる扶助費が72万4,000円でございます。
 次に、歳入について御説明申し上げます。予算説明書の66ページでございます。歳入の主なものは、款1共済掛金収入、項1共済掛金収入、目1共済掛金収入の104万8,000円でございます。
 以上、よろしく御審議のほど、お願い申し上げます。

△市長提出議案第31号 平成19年度戸田市中小企業従業員退職金等福祉共済事業特別会計予算 説明
◎河合悦治 市民生活部長  議長。
○中名生隆 議長  河合市民生活部長。
◎河合悦治 市民生活部長  議案第31号平成19年度戸田市中小企業従業員退職金等福祉共済事業特別会計予算について御説明申し上げます。
 予算書の71ページをお開き願います。参考資料は139ページからでございます。
 初めに、第1条におきまして、歳入歳出予算の総額を、それぞれ4億964万1,000円と定めるものでございます。
 それでは、歳出の主なものから申し上げます。79ページをお願いいたします。款2事業費、項1・目1共済事業費のうち、事業1の中小企業従業員退職金等福祉共済事業につきましては、交付金のうち退職一時金等として、これまでの実績を踏まえ、また、今後、本市の退職金制度から国の退職金制度への移行を見込みまして、188名分を計上いたしたものでございます。次に、事業2の中小企業従業員退職金等福祉共済資金貸付事業につきましては、福祉資金貸付金3件分を計上いたしたものでございます。次に、事業3の中小企業従業員退職金等福祉共済積立金につきましては、基金積立金として、一般会計繰入金及び基金利子を計上いたし、また、退職福祉金積立金としては、共済収入及び福祉資金貸付金の元利回収金を見込み、計上いたしたものでございます。
 次に、歳入の主なものを申し上げます。予算書の76ページへお戻りいただきたいと存じます。款1共済収入、項1・目1中小企業福祉共済収入につきましては、年間延べ口数に1口当たりの掛金1,100円を乗じた額を計上いたしたところでございます。次に、款2繰入金、項1・目1一般会計繰入金でございますが、制度の安定を図るため、一般会計から繰り入れをお願いするものでございます。繰入額につきましては、本制度の抜本的な見直しに伴い、前年度500万円減の3500万円といたしたものでございます。また、項2・目1基金繰入金につきましては、歳出の事業費のうち、福祉共済事業及び資金貸し付け事業に見合う額を計上いたしたものでございます。次に、款3財産収入、項1財産運用収入、目1利子及び配当金につきましては、基金及び納付金の利子を計上いたしたものでございます。
 以上でございます。よろしくお願い申し上げます。

△市長提出議案第32号 平成19年度戸田市医療保健センター特別会計予算 説明
◎小槻保美 医療保健センター事務長  議長。
○中名生隆 議長  小槻医療保健センター事務長。
◎小槻保美 医療保健センター事務長  議案第32号平成19年度戸田市医療保健センター特別会計について御説明申し上げます。
 ?4特別会計予算書83ページをお開き願います。なお、参考資料は141ページからでございます。
 初めに、本予算は、歳入歳出それぞれ5億8111万円と定めるものでございます。
 それでは、94ページの歳出から、主なものにつきまして御説明申し上げます。款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費につきましては、95ページに移りまして、事業2の一般管理費につきましては、医療保健センターの運営に要します事務的経費でございます。96ページに移りまして、事業3は、医療保健センター運営委員会の開催に要します経費でございます。次に、事業4医療保健センター管理費につきましては、施設の維持管理に要します光熱水費及び委託料等の経費でございます。次に、97ページの、款2事業費、項1施設事業費、目1診療事業費でございますが、事業1診療事業は、内科、小児科等の外来及び入院・診療に要します医薬材料費、窓口受付業務委託料等の経費でございます。次に、99ページに移りまして、目2居宅療養管理指導事業費につきましては、介護保険制度に基づき在宅療養者の管理指導を行うために要する経費でございます。次に、款3・項1公債費につきましては、医療保健センターの増築時に借り入れました起債の元利償還金でございます。
 続きまして、歳入につきまして御説明を申し上げます。90ページにお戻り願います。款1診療収入、項1外来収入の、目1の国民健康保険診療報酬収入から目の5までにつきましては、外来診療に伴います国民健康保険などの各保険別の診療報酬及び患者一部負担金、並びに健康診断などの保険外診療に係る収入でございます。項2入院収入につきまして、目1の国民健康保険診療報酬収入から目の4までにつきましては、入院診療に係る各保険別の診療報酬及び患者一部負担金でございます。次に、91ページの款2介護保険収入につきましては、居宅療養管理指導に係る収入でございます。次に、92ページに移りましての款3使用料及び手数料、項2手数料につきましては、診断書の発行手数料でございます。次に、款5繰入金につきましては、本会計の財源を補うため一般会計からの繰り入れをお願いするものでございます。次に、款6繰越金につきましては、前年度繰越金を見込み、計上したものでございます。
 以上で説明を終わります。よろしくお願い申し上げます。

△市長提出議案第33号 平成19年度戸田市交通災害共済事業特別会計予算 説明
◎河合悦治 市民生活部長  議長。
○中名生隆 議長  河合市民生活部長。
◎河合悦治 市民生活部長  議案第33号平成19年度戸田市交通災害共済事業特別会計予算につきまして御説明申し上げます。
 予算書107ページをお開き願います。参考資料は145ページでございます。
 初めに、第1条におきまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1816万1,000円と定めるものでございます。
 それでは、歳出の主なものから申し上げます。113ページをお開き願います。款1・項1・目1事業費のうち、交通災害共済事業の節・報償費につきましては、各町会に交通災害共済の加入取りまとめをお願いしておりますことに伴う報償金を計上いたしたものでございます。次に、節20の扶助費につきましては、共済見舞金として必要見込み額を計上いたしたものでございます。
 続きまして、歳入につきまして申し上げます。112ページへお戻りいただきたいと存じます。款1共済掛金収入につきましては、人口比12%の加入率を見込みまして計上いたしたものでございます。款2繰入金、項1一般会計繰入金につきましては、基金残高等を考慮いたしまして、前年度より150万円減額いたしたものでございます。項2基金繰入金につきましては、交通災害見舞金が不足する場合に、交通災害共済基金から繰り入れるものでございます。
 以上でございます。

△市長提出議案第34号 平成19年度戸田市海外留学奨学事業特別会計予算 説明
◎古澤立巳 教育部長  議長。
○中名生隆 議長  古澤教育部長。
◎古澤立巳 教育部長  議案第34号平成19年度戸田市海外留学奨学事業特別会計予算について御説明申し上げます。
 予算書の115ページ、参考資料は147ページでございます。
 第1条につきましては、本事業の予算総額を歳入歳出それぞれ430万円と定めるものでございます。第2条につきましては、第2表の債務負担行為を定めさせていただくものでございます。
 それでは、歳出から御説明申し上げます。予算説明書の123ページをお開き願います。歳出の主なものは、款2事業費、項1事業費、目1事業費の400万円でございます。これは留学生5人分の経費を見込んだものでございます。
 これに見合う歳入といたしましては、122ページにお戻りいただきまして、款1財産収入、項1財産運用収入、目1利子及び配当金の110万円と、款2繰入金、項1海外留学奨学基金繰入金、目1海外留学奨学基金繰入金の300万円などでございます。
 以上、よろしく御審議のほど、お願い申し上げます。

△市長提出議案第35号 平成19年度戸田市老人保健特別会計予算 説明
◎武内利雄 福祉部長  議長。
○中名生隆 議長  武内福祉部長。
◎武内利雄 福祉部長  議案第35号平成19年度戸田市老人保健特別会計予算について御説明申し上げます。
 特別会計予算書129ページをお開き願います。なお、参考資料は別冊?5の149ページから152ページまででございます。
 それでは、特別会計予算書129ページから御説明申し上げます。今回お願いしております歳入歳出予算の総額は、それぞれ45億9500万円と定めるものでございます。前年度と比較いたしますと、4700万円の増額となります。
 それでは、歳出から御説明申し上げます。138ページをお開き願いたいと思います。款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費につきましては、事務的経費でございます。139ページに移りまして、款2・項1医療諸費、目1医療給付費につきましては、医療機関における医療給付額を計上したものでございます。目2医療費支給費につきましては、柔道整復など現金支給分の医療費でございます。目3審査支払手数料につきましては、国保連合会や支払基金等の審査機関に、診療報酬明細書の審査及び支払い事務を委託する費用を計上したものでございます。140ページをお開き願いたいと存じます。款3諸支出金につきましては、項目どりでございます。141ページに移りまして、款4は予備費でございます。
 続きまして、歳入について御説明申し上げます。136ページにお戻りいただきたいと存じます。款1・項1支払基金交付金、目1医療費交付金につきましては、医療に要する費用の社会保険診療報酬支払基金からの交付金でございます。目2審査支払手数料交付金につきましては、診療報酬の審査支払い事務を審査機関手数料に見合う額を計上したものでございます。款2国庫支出金、項1国庫負担金、目1医療費負担金につきましては、医療に要する費用の国負担分を計上したものでございます。項2国庫補助金、目1総務費補助金につきましては、老人医療費適正化対策事業に対する補助金でございます。款3県支出金、項1県負担金、目1医療費負担金につきましては、医療に要する費用の県負担分を計上したものでございます。137ページに移りまして、款4繰入金、項1・目1の一般会計繰入金につきましては、事務費分を含めた市負担分を計上したものでございます。款5繰越金、款6諸収入につきましては、それぞれ項目どりでございます。
 以上で説明を終わります。よろしくお願い申し上げます。

△市長提出議案第36号 平成19年度戸田市火災共済事業特別会計予算 説明
◎河合悦治 市民生活部長  議長。
○中名生隆 議長  河合市民生活部長。
◎河合悦治 市民生活部長  議案第36号平成19年度戸田市火災共済事業特別会計予算につきまして御説明申し上げます。
 予算書143ページをお開き願います。参考資料は153ページでございます。
 初めに、第1条におきまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ484万1,000円と定めるものでございます。
 それでは、歳出の主なものから申し上げます。予算書149ページをお願いします。款1・項1・目1事業費のうち、火災共済事業の節8報償費につきましては、各町会に火災共済の加入取りまとめをお願いいたしておりますことに伴う報償金を計上いたしたものでございます。次に、節20扶助費につきましては、災害見舞金として必要見込み額を計上いたしたものでございます。
 続きまして、歳入につきまして申し上げます。148ページへお戻りいただきたいと存じます。款1共済掛金収入につきましては、世帯比7.5%の加入率を見込みまして計上いたしたものでございます。次に、款2繰入金、項1基金繰入金につきましては、火災共済見舞金が不足する場合に、火災共済基金から繰り入れるものでございます。
 以上でございます。

△市長提出議案第37号 平成19年度戸田市介護老人保健施設等事業特別会計予算 説明
◎小槻保美 医療保健センター事務長  議長。
○中名生隆 議長  小槻医療保健センター事務長。
◎小槻保美 医療保健センター事務長  議案第37号平成19年度戸田市介護老人保健施設等事業特別会計予算につきまして御説明申し上げます。
 ?4特別会計予算書151ページをお開き願います。なお、参考資料は155ページからでございます。
 初めに、第1条は、予算の総額を歳入歳出それぞれ6億6685万2,000円とするものでございます。第2条は、債務負担行為を定めたものでございます。
 それでは、歳出から主なものにつきまして御説明申し上げます。161ページをお開き願います。款1総務費、項1施設管理費、目1一般管理費といたしましては、162ページに移りまして、事業2の一般管理費につきましては、介護老人保健施設運営に要します事務的経費でございます。163ページに移りまして、事業3の介護老人保健施設管理費は、施設設備の運営管理にかかわる経費でございます。164ページに移りまして、款2サービス事業費、項1・目1居宅サービス事業費につきましては、通所リハビリテーション及び短期入所事業の運営に要する経費でございます。165ページの項2・目1施設介護サービス事業費につきましては、長期入所者へのサービスに要します医薬材料費、給食調理業務委託料等でございます。167ページに移りまして、款3・項1・目1西在宅介護支援センター事業費ですが、事業2につきましては、高齢者などへの相談事業の運営に要する事務的経費でございます。次に、168ページの事業3西居宅介護支援事業は、介護保険法に基づくケアプラン作成などの事業運営経費でございます。次に、169ページの款4・項1・目1訪問看護事業費ですが、170ページに移りまして、事業2及び事業3につきましては、各種医療保険法など、それぞれの法制度に基づきます訪問看護事業の運営に要します委託料等の経費でございます。172ページをお開き願います。款5・項1公債費につきましては、介護老人保健施設建設事業債についての元金及び利子の償還金でございます。
 続きまして、歳入について御説明申し上げます。158ページにお戻り願います。款1サービス収入、項1介護給付費等収入につきましては、通所・短期入所及び長期入所事業にかかわります介護給付費等の収入でございます。項2自己負担金収入につきましては、施設利用にかかわる利用者の自己負担分でございます。款2訪問看護収入、項1医療保険訪問看護収入、159ページに移りまして、項2介護保険訪問看護費収入につきましては、それぞれの保険制度に基づきます訪問看護費収入の見込みを計上いたしたものでございます。款3使用料及び手数料、項1使用料につきましては、居住費・食費等の利用者負担の収入でございます。項2手数料につきましては、主治医意見書作成料等でございます。次に、款4繰入金につきましては、本会計の財源を補うため、一般会計から繰り入れをお願いするものでございます。160ページに移りまして、款5繰越金につきましては、前年度繰越金を見込み、計上いたしたものでございます。
 以上で説明を終わります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

△市長提出議案第38号 平成19年度戸田市新曽第一土地区画整理事業特別会計予算 説明
◎吉田豊和 都市整備部長  議長。
○中名生隆 議長  吉田都市整備部長。
◎吉田豊和 都市整備部長  議案第38号平成19年度戸田市新曽第一土地区画整理事業特別会計予算について御説明いたします。
 予算書179ページをお開き願います。なお、参考資料につきましては、159ページから162ページまででございます。
 まず、第1条は、予算の総額を歳入歳出それぞれ30億8997万7,000円とするものでございます。第2条は、債務負担行為を定めたものでございます。第3条は、地方債について限度額等を定めたものでございます。
 それでは、歳出から御説明いたします。188ページをお開き願います。款1会議費、項1・目1審議会会議費につきましては、土地区画整理審議会委員の報酬のほか、同審議会の運営に要する経費でございます。款2総務費、項1総務管理費、目1一般管理費につきましては、土地区画整理事務所職員の人件費のほか、事務所の維持管理に要する経費でございます。次に、191ページの目2評価委員会費につきましては、土地区画整理評価員の報酬及び評価委員会の運営に要する経費でございます。次に、192ページの款3・項1事業費、目1調査設計費につきましては、街区点及び画地点復元測量等の委託及び調査設計に要する費用でございます。次に、193ページの目2物件補償費でございますが、建築物等補償調査費につきましては、建築物等調査積算業務等の委託、土地の賃借料及び建物等の移転に伴う補償金でございます。また、仮設住宅建築事業につきましては、土地区画整理事業による家屋移転に伴い、一時的に入居する仮設住宅の維持管理に要する経費でございます。次に、193ページから194ページの目3工事費でございますが、宅地整備事業につきましては、道路築造等工事設計業務委託料及び道路築造等の工事請負費、並びに占用物件の移設等の補償金等でございます。また、調整池維持管理事業につきましては、4の2号調整池の維持管理に要する経費でございます。次に、195ページの款4・項1公債費、目1元金及び目2利子につきましては、臨時地方道整備事業債の元金及び利子の償還金でございます。
 続きまして、歳入について御説明申し上げます。186ページにお戻り願います。主な歳入財源を申し上げます。款1・項1・目1保留地処分金につきましては、事業費に充てるための資金として、当該年度の売却見込み額を計上したものでございます。款3国庫支出金、項1国庫補助金、目1事業費国庫補助金につきましては、土地区画整理事業に係る国庫補助金、まちづくり交付金を見込んで計上したものでございます。款5繰入金、項1・目1一般会計繰入金につきましては、一般会計からの繰入金をお願いするものでございます。款6・項1・目1繰越金につきましては、前年度の繰越金を計上したものでございます。款8市債、項1市債、目1新曽第一土地区画整理事業債につきましては、臨時地方道整備事業にかかわる事業債を見込んでおります。
 以上で説明を終わります。よろしくお願い申し上げます。

△市長提出議案第39号 平成19年度戸田市介護保険特別会計予算 説明
◎武内利雄 福祉部長  議長。
○中名生隆 議長  武内福祉部長。
◎武内利雄 福祉部長  議案第39号平成19年度戸田市介護保険特別会計予算について御説明申し上げます。
 別冊?4の特別会計予算書201ページをお開き願います。なお、参考資料は別冊?5の163ページから168ページまででございます。
 それでは、予算の内容につきまして、順次、御説明申し上げます。第1条につきましては、歳入歳出予算の総額を31億8153万9,000円とするものでございます。第2条につきましては、債務負担行為について定めたものでございます。第3条につきましては、財政運営のための一時借入金の限度額を1億円と定めるものでございます。第4条につきましては、保険給付費の各項に計上されました予算額に過不足が生じた場合の歳出予算の流用について定めたものでございます。
 それでは、歳出の主なものから申し上げます。215ページをお願いいたします。款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費につきましては、要介護認定システムにかかわる機器の保守業務、システム関連機器の賃借料など、介護保険業務の運営に要する諸経費でございます。次に、216ページをお願いいたします。項2徴収費、目1賦課徴収費につきましては、コンビニ収納事務代行等、第1号被保険者の保険料の賦課徴収に係る諸経費でございます。次に、217ページをお願いいたします。項3・目1介護認定審査会費につきましては、介護認定審査会に要する諸経費でございます。次に、218ページをお願いいたします。項4・目1趣旨普及費につきましては、介護保険制度の周知を図るためのパンフレット作成・配布等の、広報に要する諸経費でございます。款2保険給付費、項1介護サービス等諸費、目1介護サービス給付費につきましては、要介護者に対する給付費を計上するものでございます。次に、219ページをお願いいたします。項2介護予防サービス等諸費、目1介護予防サービス給付費につきましては、要支援者に対します給付費を計上するものでございます。項3高額介護サービス等費、目1高額介護サービス費につきましては、1割の自己負担額が一定の額を超えた場合に、自己負担額を軽減するために給付する経費を計上するものでございます。項4・目1審査支払手数料につきましては、国保連合会に委託して行う給付費の審査に係る手数料を計上するものでございます。220ページをお願いいたします。項5特定入所者介護サービス等費、目1特定入所者介護サービス費につきましては、所得の低い人の施設利用が困難とならないよう、自己負担額を軽減するために給付する経費を計上するものでございます。次に、221ページをお願いいたします。款4・項1・目1保健福祉事業費につきましては、高額介護サービス費貸付金についての計上でございますが、高額介護サービス給付費は、利用者が一たん支払った後に償還払いとなりますことから、一時的に貸し付けを行うための所要額を計上するものでございます。款5地域支援事業費、項1・目1介護予防事業費につきましては、要支援・要介護になるおそれの高い高齢者を対象とした介護予防事業を実施するための所要額を計上するものでございます。222ページをお願いいたします。項2包括的支援事業・任意事業費、目1包括的・継続的ケアマネジメント支援事業費につきましては、介護予防事業を行うための介護予防ケアプラン作成や総合相談支援・権利擁護事業の実施のための所要額を計上するものでございます。223ページをお願いいたします。目2任意事業につきましては、家族介護教室を実施するための所要額を計上するものでございます。目3地域包括支援センター運営協議会費につきましては、地域支援事業を担う地域包括支援センターの適正な運営の確保等を目的として設置する、地域包括支援センター運営協議会を開催するための諸経費を計上するものでございます。次に、224ページをお願いいたします。款6・項1基金積立金、目1介護保険給付費準備基金積立金につきましては、介護保険給付費準備基金への積み立てを計上するものでございます。225ページをお願いいたします。款7公債費、項2・目1財政安定化基金償還金につきましては、平成17年度に借り入れた財政安定化基金の償還額を計上するものでございます。款8諸支出金、項1償還金及び還付加算金、目1第1号被保険者保険料還付金につきましては、第1号被保険者の保険料の還付金を計上したものでございます。
 続きまして、歳入の主なものについて申し上げます。211ページにお戻りいただきたいと存じます。款1保険料、項1介護保険料、目1第1号被保険者保険料につきましては、第1号被保険者の保険料徴収額を計上したものでございます。款3国庫支出金、項1国庫負担金、目1介護給付費負担金につきましては、19年度介護給付見込み額に対します国の負担分を計上するものでございます。項2国庫補助金、目1調整交付金につきましては、本市の調整交付金見込み率を第3期介護保険事業計画において0.35%と算出しておりますので、標準給付費見込み額に乗じて計上するものでございます。目2地域支援事業交付金につきましては、地域支援事業における介護予防事業に係る経費の国負担分を計上するものでございます。目3地域支援事業交付金につきましては、地域支援事業における包括的支援事業・任意事業に係る経費の国負担分を計上するものでございます。212ページをお願いいたします。款4県支出金、項1県負担金、目1介護給付費負担金につきましては、平成19年度介護給付費見込み額に対する県負担分を計上するものでございます。項3県補助金、目1地域支援事業交付金につきましては、地域支援事業における介護予防事業に係る経費の県負担分を計上するものでございます。目2地域支援事業交付金につきましては、地域支援事業における包括的支援事業・任意事業に係る経費の県負担分を計上するものでございます。款5・項1支払基金交付金、目1介護給付費交付金につきましては、平成19年度介護給付費見込み額に対する社会保険診療報酬支払基金の負担分を計上いたしたものでございます。目2地域支援事業支援交付金につきましては、地域支援事業におけます介護予防事業に係る経費に対する社会保険診療報酬支払基金の負担分を計上するものでございます。213ページをお願いします。款7繰入金、項1一般会計繰入金、目1介護給付費繰入金、目2地域支援事業交付金、目3地域支援事業交付金につきましては、市負担分を法定割合に基づき積算し、それぞれ計上いたしたものでございます。目4事務費繰入金につきましては、介護保険制度運営に要する事務経費として一般会計から繰り入れるものでございます。次に、214ページをお願いいたします。款9諸収入のうち、項3貸付金元利収入、目1高額介護サービス費貸付金元利収入につきましては、歳出での高額介護サービス費貸付金の返済額を計上したものでございます。項4雑入、目5雇用保険本人負担金につきましては、地域包括支援センターの臨時職員に係る雇用保険本人負担分でございます。なお、その他の項目につきましては、項目どりをしたものでございます。
 以上で説明を終わります。よろしくお願いを申し上げます。

△市長提出議案第40号 平成19年度戸田市新曽第二土地区画整理事業特別会計予算 説明
◎吉田豊和 都市整備部長  議長。
○中名生隆 議長  吉田都市整備部長。
◎吉田豊和 都市整備部長  議案第40号平成19年度戸田市新曽第二土地区画整理事業特別会計予算について御説明いたします。
 予算書231ページをお開き願います。なお、参考資料につきましては、169ページから170ページとなっております。
 まず、第1条は、予算の総額を歳入歳出それぞれ1億9257万2,000円とするものでございます。
 それでは、歳出から御説明いたします。238ページをお開き願います。款1会議費、項1・目1審議会会議費につきましては、土地区画整理審議会委員の報酬のほか、同審議会の運営に要する経費でございます。238ページから240ページの款2総務費、項1総務管理費、目1一般管理費につきましては、土地区画整理事務所職員の人件費のほか、事務に要する経費でございます。目2評価員会費につきましては、土地区画整理評価員の報酬及び評価員会の運営に要する経費でございます。次に、240ページから241ページの款3・項1事業費、目1調査設計費につきましては、仮換地及び画地確定測量修正業務等の委託料でございます。目2物件補償費の建築物等補償調査費につきましては、建築物等調査積算業務等の委託、建物等の移転に伴う補償金でございます。目3工事費の宅地整備事業につきましては、道路築造等工事設計業務委託料及び道路築造等の工事請負費、並びに占用物件の移設等の補償金等でございます。
 続きまして、歳入について御説明いたします。236ページにお戻り願います。主な歳入財源を申し上げます。款1・項1・目1保留地処分金につきましては、事業費に充てるための資金として、当該年度の売却見込額を計上したものでございます。款3国庫支出金、項1国庫補助金、目1事業費国庫補助金につきましては、国のまちづくり交付金を見込んで計上したものでございます。款4繰入金、項1・目1一般会計繰入金につきましては、一般会計からの繰入金をお願いするものでございます。款5・項1・目1繰越金につきましては、前年度繰越金を計上したものでございます。
 以上で説明を終わります。よろしくお願い申し上げます。

△市長提出議案第41号 平成19年度戸田市水道事業会計予算 説明
◎杉浦剛男 水道部長  議長。
○中名生隆 議長  杉浦水道部長。
◎杉浦剛男 水道部長  議案第41号平成19年度戸田市水道事業会計予算について説明申し上げます。
 予算書は別冊?7、参考資料は別冊No.8となっております。
 それでは、別冊?7の予算書の1ページをお開き願います。初めに、第2条、業務の予定量でございますが、まず給水戸数を5万3,400戸、年間総給水量を1622万8,000立方メートル、1日平均給水量を4万4,339立方メートルといたしたところでございます。次に、主要な建設改良事業といたしましては、配水管布設事業、浄水場整備事業及び配水管改良事業をそれぞれ実施しようとするものでございます。次に、第3条、収益的収入及び支出の予定額でございますが、収益的収入といたしましては24億9862万円を、また、収益的支出といたしましては23億5999万6,000円を、それぞれ計上いたしました。次に、2ページをお開き願います。第4条の資本的収入及び支出の予定額でございますが、資本的収入といたしましては5033万5,000円を、また、資本的支出といたしましては10億1555万1,000円を、それぞれ計上いたしました。なお、収入額が支出額に対し不足いたします額9億6521万6,000円につきましては、当年度分損益勘定留保資金等で補てんいたす予定でございます。次に、2ページから3ページの第5条から第9条までにつきましては、債務負担行為、一時借入金の限度額について、また、予算の流用できる範囲、議会の議決を経なければ流用できない経費、及びたな卸資産の購入限度額について、それぞれ定めたものでございます。
 それでは、次に、?8の参考資料をお願いいたします。主な内容について説明申し上げます。初めに2ページをお開き願います。収益的収入及び支出について申し上げます。まず、収入の款1水道事業収益は24億9862万円であり、対前年度比較では1.8%の増となります。また、支出の款1水道事業費用は23億5999万6,000円であり、対前年度比較では0.2%の増となっております。以上のとおり、収益的収支予算は、ほぼ前年度並みの予算となっております。次に、3ページをお願いいたします。まず、収益説明の款1水道事業収益、項1営業収益、目1給水収益、節1水道料金について申し上げます。水の需要は平成15年度までは減少傾向に推移してまいりましたが、16年度からは回復に転じ、減少に下げどまり感があることから、対前年度比較で1.0%の増加を見込んだものでございます。また、目2その他営業収益、節2負担金につきましては、住宅建設の動向等を見まして、対前年度比較で12.5%の増加を見込んだものでございます。次に、6ページから7ページをお願いいたします。費用説明に移りまして、主なもののうち、まず7ページの款1水道事業費用、項1営業費用、目1原水及び浄水費、節12委託料でございますが、浄水場の運転管理、水質検査等の委託でございます。次に、8ページの節22受水費でございますが、これは埼玉県からの用水購入費でございまして、給水量全体の79%を占めております。次に、10ページをお開き願います。目2配水及び給水費の節12委託料でございますが、配水管理用では漏水修理及び調査業務、給水管理用では検定満期量水器交換等の委託でございます。次に、節16路面復旧費でございますが、漏水修理後の路面復旧に必要な費用でございます。次に、12ページをお開き願います。目3業務費、節12委託料でございますが、水道料金等事務委託、コンビニエンスストア収納及び電算システムの保守点検等の委託料でございます。次に、15ページの目5原価償却費、節36有形固定資産減価償却費でございますが、構築物・機械及び装置等について、耐用年数に応じた法定償却分でございます。次に、16ページの項2営業外費用、目1支払利息、節43企業債利息でございますが、企業債借入金の支払い利息でございます。次に、18ページをお開き願います。資本的収入及び支出について申し上げます。収入の款1資本的収入といたしましては、5033万5,000円であり、対前年度比較では74.1%減と、大幅な減少となっております。これは企業債の減によるものでございます。また、支出の款1資本的支出といたしましては10億1555万1,000円であり、建設改良費の減に伴い、対前年度比較3.6%の減となっております。資本的収支予算につきましては、収入支出とも前年度に比較してマイナス予算であり、緊縮型予算となっております。次に、19ページをお願いいたします。まず、収入説明の款1資本的収入、項2他会計負担金でございますが、消火栓整備工事の負担金でございます。次に、項3工事負担金でございますが、下水道関係や区画整理関連等による配水管の布設がえ工事の負担金でございます。次に、21ページをお願いいたします。ここからは、資本的支出の説明でございます。款1資本的支出、項1建設改良費、目1拡張事業費でございますが、配水管布設についての設計業務委託料及び工事費でございます。次に、目2浄水施設費では、浄水場施設の更新に要する設計業務委託料及び工事費でございます。次に、22ページをお開き願います。目3配水施設費、節12委託料及び節35工事請負費につきましては、設計業務、老朽排水管更新工事及び区画整理関連等で実施する布設がえ工事でございます。次に、目4量水器購入費につきましては、新設量水器・検定満期量水器等の費用でございます。次に、23ページでございますが、項2企業債償還金、目1企業債償還金につきましては、企業債借入金の元金償還分でございます。
 以上が平成19年度戸田市水道事業会計予算の主な内容でございます。
 最後に、水道事業を取り巻く経営環境について、若干申し上げたいと存じます。水道事業の根幹となる水道料金収入につきましては、節水意識の浸透や節水型家電製品の普及、また、社会構造の変化も相まって、多くの伸びが期待できない状況にあります。このように限られた財源の中、水道施設の老朽化に伴う更新など、課題は山積しております。これらの課題に対応するため、本年度も引き続き効率的な経営に努め、耐震性に配慮した水道施設の整備を推進してまいります。水道は市民生活だけでなく、産業経済活動を支える欠くことのできないライフラインであります。今後も安全な水を安定的に供給するという水道事業の使命を全うし、より信頼される水道となるよう、なお一層市民サービスの向上に努めてまいりますので、よろしく御指導・御協力をお願い申し上げまして説明を終わります。
○中名生隆 議長  以上で提出議案の説明は全部終了いたしました。

△報告第2号 専決処分の報告について(専決第1号 損害賠償の額を定めることについて) 質疑
○中名生隆 議長  これより、報告第2号専決処分の報告についてを議題といたし、質疑を許します。
 質疑ありませんか。
 (「質疑なし」という人あり)
○中名生隆 議長  質疑なしと認めます。
 これをもって質疑を終結いたします。

△市長提出議案第42号 平成18年度戸田市一般会計補正予算(第6号) 上程、説明、質疑、討論、採決
○中名生隆 議長  これより議案第42号平成18年度戸田市一般会計補正予算(第6号)を上程し、直ちに議題といたします。
 提出者の説明を求めます。
 神保市長。
◎神保国男 市長  議案第42号平成18年度戸田市一般会計補正予算(第6号)について御説明申し上げます。
 今回、追加で補正をお願いしているものは、戸田市を被告とする行政文書非公開決定取消請求訴訟の提起に伴いまして、訴訟事務を弁護士に委託するための費用に債務負担行為の設定をお願いするものであります。なお、本議案につきましては、訴訟事件にかかわるものであり、事務処理日程の関係から先議をお願いするものでございます。
 詳細につきましては担当部長から説明いたしますので、よろしく御審議のほどをお願い申し上げます。
○中名生隆 議長  次に、詳細説明を求めます。
◎岩谷務 総合政策部長  議長。
○中名生隆 議長  岩谷総合政策部長。
◎岩谷務 総合政策部長  議案第42号平成18年度戸田市一般会計補正予算(第6号)について御説明申し上げます。
 別冊?9の平成18年度戸田市一般会計補正予算書1ページをお開きください。
 第1条で、今回お願い申し上げるのは債務負担行為の補正でございます。2ページをお開きください。第1表の債務負担行為補正でございますが、原告が住居表示台帳の写しの公開を請求し、本市がこれを非公開としたことに対する行政文書非公開決定取消請求訴訟が提起されたことに伴い、当該裁判の結審時期が不確定のため、訴訟費用の一部について債務負担行為の設定を行うものでございます。なお、着手金の31万5,000円につきましては、款2総務費、項3戸籍住民基本台帳費の中の執行科目であります目1戸籍住民基本台帳費、事業3住民基本台帳費での委託料の既定予算額の中で対応が可能なため、今回は訴訟終了後に支払いとなります報酬金42万円についての債務負担行為の設定のみをお願いするものでございます。
 以上でございます。よろしくお願いをいたします。
○中名生隆 議長  以上で説明は終了いたしました。
 これより、本案に対する質疑に入ります。
 質疑ありませんか。
 (「質疑なし」という人あり)
○中名生隆 議長  質疑なしと認めます。
 これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。本案は委員会付託を省略し、直ちに討論、採決に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。
 (「異議なし」という人あり)
○中名生隆 議長  御異議なしと認め、さよう決定いたしました。
 討論を終結し、採決に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。
 (「異議なし」という人あり)
○中名生隆 議長  御異議なしと認め、討論を終結し、採決いたします。
 本案は、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
 (「異議なし」という人あり)
○中名生隆 議長  御異議なしと認めます。
 よって、本案は、原案のとおり可決することに決定いたしました。
 お諮りいたします。ただいま、議案第42号が議決されたことに伴う補正予算の字句等の整理を要するものにつきましては、会議規則第43条の規定により議長に委任願いたいと思いますが、御異議ありませんか。
 (「異議なし」という人あり)
○中名生隆 議長  異議なしと認め、さよう決定いたしました。

△散会の宣告
○中名生隆 議長  以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。
 本日は、これをもって散会いたします。

散 会 13時52分