議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 蕨市

平成18年 7月総務常任委員会−07月28日-01号




平成18年 7月総務常任委員会

               総務常任委員会記録


1.開催日時    平成18年7月28日(金)

2.開催場所    市役所第一委員会室

3.出席委員    川 島 善 徳 委員    梶 原 秀 明 委員
          庄 野 拓 也 委員    清 水 直 子 委員
          新 藤 喜 六 委員    今 井 良 助 委員
          松 本   徹 委員    小 林  正 委員

4.欠席委員    な し

5.事務局職員   次長   大久保 克義    調査係長 坂 本  旻

6.説明のため   市長   田 中 啓 一    助役   田 島 照 男
  出席した者
          収入役  山 田 悦 宣    総務部長 岩 瀬 悦 康

          市立病院 佐 藤 茂 範    市立病院 高 野 政 信
          院長             局長

          都市整備 酒瀬川 功夫    消防長  山 崎   徹
          部長

          総務部  柿 沼 正 二    参事   佐 藤 高 弘
          参事

          総務部  今 井   武    市立病院 高 橋 成 好
          次長             次長

          都市整備 斎 藤 和 信    企画財政 石 黒 英 明
          部下水道           主幹

          総務課  川 崎 文 也    行政経営 佐 藤 慎 也
          主幹             室主幹

          総務課  須 崎 充 代    人事研修 小 柴 正 樹
          主幹             係長

          財政係長 根 津 賢 二    下水道  上仮屋  誠
          係長
7.会議に付した事件
          議案第59号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

          議案第50号 平成18年度蕨市一般会計補正予算(第2号)
          第1条第1項歳入歳出予算補正の内
                 総務常任委員会所管の金額
                 第1条第2項第1表歳入歳出予算補正の内
                 歳入の部
                 第18款 繰 越 金
                 第19款 諸 収 入
                 〇歳出の部
                 第 2 款 総 務 費

          議案第51号 工事請負契約の締結について
                 (錦町雨水管渠築造工事(18-1))

8.審査の内容   (1) 開会時刻 午前10時44分
  及び結果    (2) 閉会時刻 午前11時11分
          (3) 審査の経過及び結果



議案第59号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

 質疑、討論はなく

  採決の結果、全員異議なく、本会議において、原案のとおり可決すべきものと決しました。

議案第60号 平成18年度蕨市一般会計補正予算(第2号)
  第1条第1項歳入歳出予算補正の内
  総務常任委員会所管の金額
  第1条第2項第1表歳入歳出予算補正の内
  歳入の部 第18款 繰越金
       第19款 諸収入
  歳出の部 第 2款 総務費
   (一括審査)

    質疑、討論はなく

  採決の結果、全員異議なく、本会議において、原案のとおり可決すべきものと決しました。

議案第61号 工事請負契約の締結について
 錦町雨水管渠築造工事(18-1工区)

◆小林 委員  最初に一般競争入札の参加者一覧表があるが、経営事項審査をして業者の選定をしたとのことだが、それぞれの業者の評価点、評価地の内容を聞きたい。
 また、工事の資料が提示されているが、横断図面等、詳細に説明をねがいたい。
 それから、平成18年度以降の本下水道計画をどのように進めていくのかを聞きたい。

◎石黒 主幹  経営事項審査の総合評定値ついては、それぞれ企業が決算等をベースに審査を受けて、付与される点数である。本市の格付け基準では、900点以上の事業所についてはAクラスの格付けをしている。今回の参加要件は土木工事においては、900点以上の事業所としている。それぞれの参加業者の経営事項審査の総合評定値ついては、今回、資料として、持参してないので後日、提出する。設計図面については、今後、見やすいように検討していきたい。

◎斉藤 課長  本工事の概要については施工位置は錦町2丁目富士見公園の北側で野球場のトイレ前が、本工事の最下流であり、今回、採用する、オープンシールド工法の始点で、発進立抗の位置となる。ここから元蕨法ヶ田線に向かって布設していく事になる。その他の主な施設としては、点検マンホール1箇所を設置する。
 今後の計画については、工事の起点が 右ルート、左ルートがあり、両方とも幹線であり、来年は旭町前谷線に向かう右ルートを計画している。

◆小林 委員  上手と下手の部分の平成18年度以降の計画はどうなるのか。
 また、6社が競争入札に参加しているが、指名選定委員会の開催期日と指名を除いた業者名はどこなのか。

◎斉藤 課長  今回の工事の起点部分は、来年度以降に工事を実施するための発進立抗として予定しており、幹線となる事から、継続して実施する事となる。

◎石黒 主幹  入札執行の手続きについてだが、一定基準以上の設計金額の工事については、一般競争入札を執行するというガイドラインを設けている。
 今までは、1億円だったが5千万とラインの引き下げも検討した。
 今回対象の工事については、事前に内容に関しての指名委員会を開催して、その中で、参加要件を決定している。その後、告示行為を行い、各業者の参加申し込みを受けている。今回、6社からの申し込みがあり、それぞれの経営事項審査をしたが、その後、若槻建設?が辞退の申し出があり、入札には参加しなかった。

◆小林 委員  入札後、?奥村組北関東支店が、1億5,600万円で契約したが、市の設計金額、あるいは予定金額、最低制限価格と落札価格、落札率はどれくらいか。

◎石黒 主幹  設計金額は税込みで2億1,504万円で、対して予定価格は2億1,021万円、落札価格につい は1億6,380万円となり、最低制限価格1億4,714万7千円となっている。落札率については、設計金額に対しては76.2%である。

◆新藤 委員  施工上の問題として、現 場付近は交通量も多いので、安全管理はどうなっているのか。
 また、工事完成後の効果と維持管理はどうなっているのか。

◎斉藤 課長  工事が始まると、約3ヶ月程度交通止めがある。その対策としては、迂回路の設定が必要となり、関係機関と調整をしており、本契約後に請負者、関係機関と最終的な打ち合わせをしながら対応して参りたい。
 いずれにしても、工期が来年2月までの予定であり、工事期間中の安全対策には、万全を期していきたいと考えている。
 布設した後の維持管理については、雨水管に人が入れるので目視で確認をしながらその状況に応じて、随時管理をしていく。
 本工事の効果については、雨水管を布設する事により、一時的な貯水池にはなるが、あくまでも全体の計画を進捗していく上での、一番初めの整備としての位置付けである。

◆新藤 委員  本工事施工において、交通止めをして、迂回路を作るとのことだが、近くに公園があり、子どもたちにも十分注意をして安全管理をしてもらいたい。
 また、今後、雨水や泥の管理も十分注意をしてもらう事を要望して、終わりたい。

 以上、質疑応答後、討論は無く

採決の結果、全員異議なく、本会議において、原案のとおり可決すべきものと決しました。



以上のとおり、相違ありません。

平成18年7月28日
総務常任委員会
委員長 川 島 善 徳