議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 蕨市

平成17年12月環境福祉経済常任委員会−12月02日-01号




平成17年12月環境福祉経済常任委員会

 環境福祉経済常任委員会記録

1.開催日時    平成17年12月2日(金)

2.開催場所    市役所第一委員会室

3.出席委員    比 企 孝 司 委員   山 脇 紀 子 委員
          田 中 鐵 次 委員   染 谷 一 子 委員
          一 関 和 一 委員   岡 崎 春 雄 委員
          堀 川 利 雄 委員

4.欠席委員    な し

5.事務局職員   次長   大久保 克義    主事   岡本 啓太郎

6.説明のため   市長   田 中 啓 一    助役   田 島 照 男
  出席した者
          収入役  山 田 悦 宣    総務部長 岩 瀬 悦 康

          健康福祉 藤 田   明    市民生活 高 森 和 久
          部長             部長

          行政経営 天 野 博 行    総務部  今 井   武
          担当参事           次長

          健康福祉 小 川   博    総合社会 高 島 松 男
          課長             福祉センタ
                         ー副参事

          児童セン 渡 辺 幸 子    保険年金 引 地 修 三
          ター副参           課長
          事

          児童福祉 関 根 民 夫    介護保険 河 本   純
          課長             室長

          総合社会 増 田   圭    福祉総務 玉之内美代子
          福祉セン           課主幹
          ター主幹

          福祉総務 奥 田 良 一    保育係  大 澤 誠 二
          課長補佐           課長補佐

          行政経営 佐 藤 慎 也    交流プラザ本 橋 健 二
          推進室長           さくら所長

          福祉総務 中 村 正 昭
          係長


7.会議に付し   議案第73号  平成17年度蕨市一般会計補正予算(第3号)
  た事件             第1条第1項歳入歳出予算補正の内
                  環境福祉経済常任委員会所管の金額
                  第1条第2項第1表歳入歳出予算補正の内
                  〇歳出の部
                   第3款 民生費

          議案第86号  蕨市総合社会福祉センター内社会福祉施設の指定管理者の指定について

          議案第87号  蕨市南町デイサービスセンターの指定管理者の指定について

8.審査の内容   (1) 開会時刻 午前10時
  及び結果    (2) 閉会時刻 午前10時22分
          (3) 審査の経過及び結果



 議案第83号 平成17年度蕨市一般会計補正予算(第3号)
 第1条第1項歳入歳出予算補正の内
 環境福祉経済常任委員会所管の金額
 第1条第2項第1表歳入歳出予算補正の内
    〇歳出の部
     第3款 民生費
 (一括審査)

◆山脇 委員  みどり保育園については、アスベストが含有されていなかったという結果になったが、今後改修されるということで、工事日程と工事中の安全対策については、児童がいない土日を選んで、行う考えがあるのか。また、現在の仕様はどのようになっているのか。まだ、中止のままで続いているのか。
◎関根 課長  工事期間であるが、現在、建築担当に設計の依頼をしている。現状では、はっきりとした工期は申し上げられないが、いずれにしても、保育園の卒園式が3月25日と決まっているので、それまでには完了したいと考えている。それから、施工方法であるが、園児のいない土日に施工するのは、最善であると考えている。ただ、今後の工事期間との調整の中で、それについては検討していきたいと思う。また、平日を含む継続工事になった場合であっても、搬入機材あるいは、搬出の残財については、土日に行うなど、園児の安全に配慮しながら実施していきたいと考えている。それから、今回の調査結果により、11月25日より、一旦、開放している。
◆一関 委員  今後、こういう部分改修は、危険度があるので、当然やらざるを得ないが、みどり保育園も、随分年月を経て、また、待機児童も出ているので、部分改修でなく、そろそろ改築も視野にいれてやらないと、今後対応できないと思うが、その点、どのように見ているのか。もう一点、生活保護であるが、大変厳しい世の中で、高齢者もどんどん増えて、無年金者という方が、その中に相当増えてきている。そういう意味で、今後、蕨市の現状は厳しいものがあるが、いずれにしろ、今後無年金者がどの程度、想定されるのか、その辺を把握しないと、生活保護行政における財源的な問題で、将来行き詰る状況が来ていると思う。その点、生活保護は、当然、最後の砦でやらざるを得ないと思うが、将来蕨の財政状況の中で、どう今後対応していくのか。
◎藤田 部長  みどり保育園の件であるが、確かに市内でも古い保育園である。ただ、そこに限らず、保育園全体が老朽化していることがある。それから、今後の定員の問題もあると思う。どの保育園でどの程度の定員増加が必要なのか、そういうことも見極める必要がある。いずれにしても、保育園については、市全体の中で、例えば、駅前の問題もあるので、需要と供給のバランスというのを、まず、考えながら、そして、老朽化はそれぞれ建築年度、それから、現在のような修復の必要性、その辺を勘案しながら検討していきたいと考えている。
◎小川 課長  蕨市の16年度末の世帯分離型の統計を見ると、生活保護需給世帯678世帯の内、約35%が高齢者ということであるが、その中の無年金者というのは、データ上、把握はしていない。
◆一関 委員  高齢者世帯が増える中で、無年金者という方は、どの程度いるのか。それによって将来、蕨市にどういう財政負担が増えるのか。そういうことも視野にいれて対応しないと。今後、こういう調査もしながら、その辺の財源を確保するため、将来に対する対応も考えてほしい。これは要望で留めておく。

 以上、質疑応答後、討論はなく、

 採決の結果、本案の当委員会所管の金額については、全員異議なく、本会議において、原案のとおり、可決すべきものと決しました。


 議案第86号「蕨市総合社会福祉センター内社会福祉施設の指定管理者の指定について」

 本案については、質疑、討論はなく、採決の結果、全員異議なく、本会議において原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第87号「蕨市南町デイサービスセンターの指定管理者の指定について」

◆一関 委員  従前からの管理委託から指定管理者になったということで、市民サービスの向上が具体的に、どう図れるのか。同時に指定管理者の導入の意義とコスト削減については、どの程度見込まれるのか。
◎本橋 所長  市民サービスの向上ということで、今回、寧幸会を指定した経過については、一つは送迎サービス、いわゆるドアtoドアの市民の送迎ということと、それから、今後、介護予防を、積極的に取り組んでいる中において、そういった予防機器を導入し、市民サービスの向上に努めていきたいという考えに基づいて、この度、指定をさせていただいた。コスト削減については、いわゆる経費として、光熱水費、並びに各種業務、警備清掃等の委託料が発生するが、そういった経費の削減が図られている。
◆一関 委員  今後、介護保険制度が新たに改正になり、民間業者との競合がされると思うが、蕨市内も相当、そのような業者が増えてきているので、そういう競争性から、利用状況は、今後、どのように増えていくのか。もう一つは、制度導入後の課題であるが、利用者のニーズを把握するためには、指定管理者と行政との相互によるモニタリング、そういう情報交換が当然必要になるが、今後どのように対応していくのか。もう一つは、毎月、業務報告が、市に届くと思うが、その運営状況等の業務報告に対し、市が、今後どのように、関与をしていくのか。
◎河本 室長  2点目の質問であるが、業務報告は、毎月提出はされない。この事業については介護保険法に基づき、事業者の指定をしているので、他の民間事業者と全く同等の扱いで進んでいる。そして、一定の期間が経ち、もしサービスが悪ければ、他の事業者と変わっていただくということで、より積極的なサービスが図られると考えている。
◎本橋 所長  1点目の利用状況の人数であるが、16年度は3,551名、月平均で287名。一日当り10名程の利用がある。2点目のモニタリングについては、現時点では、利用者から、現場での色々な意見等を伺っているところであるが、さらに今後、事業者を増やすという意味で、利用者からの意見をしっかり把握していきたい。

 以上のとおり、相違ありません。

 平成17年12月2日

 環境福祉経済常任委員会
 委員長 比 企 孝 司

参考資料
 ※選定委員会における検討経過
 ※蕨市南町デイサービスセンター指定管理者指定申請書