議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 越谷市

平成22年 12月定例会 議員提出議案 議第6号議案




平成22年 12月定例会 議員提出議案 − 議第6号議案








議第6号議案
          尖閣諸島海域での中国漁船領海侵犯事件に関する意見書
          について
 上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。

   平成22年12月8日

                        提出者 越谷市議会議員 伊  藤     治
                        賛成者 越谷市議会議員 中  村  讓  二
                            越谷市議会議員 守  屋     亨
                            越谷市議会議員 金  子  正  江

          尖閣諸島海域での中国漁船領海侵犯事件に関する意見書
 去る9月7日午前、尖閣諸島の久場島沖の日本国領海内において、違法操業をしていた中国漁船と、それ
 を取り締まる海上保安庁の巡視船との間で衝突事件が発生し、海上保安庁は国内法に則り中国漁船の船長
を逮捕・送検したが、那覇地方検察庁は中国人船長を処分保留のまま釈放した。
 これらの対応が自国の領土、外交についての認識に不安と混乱を招いたことは遺憾である。
 そもそも、「尖閣諸島は日本固有の領土で領有権の問題は存在しない」というのが政府の見解であるが、
領海侵犯の外国船に対して毅然とした態度を示さず、地検の政治的判断に委ねたことが、今回の最大の問題
と考えられる。
 よって国においては、中国漁船と海上保安庁巡視船衝突事件における政府の対応に関して、次の事項につ
いて速やかに実現されるよう強く要望する。
                       記
1.政府は、尖閣諸島及び周辺海域が日本固有の領土であるということを歴史的経緯を踏まえ、中国政府を
 はじめ諸外国に示すこと。
2.政府は、粘り強い外交姿勢をもち、対話を重ねて平和的解決に努力すること。
3.尖閣諸島周辺海域において、我が国の漁業関係者が自由かつ安全に操業・航行できるよう適切な措置を
 講ずること。
4.政府は、海上保安庁が衝突時に撮影したビデオを公開し、国民に事実を説明すること。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成22年12月17日

                               埼 玉 県 越 谷 市 議 会

《意見書提出先》
  衆  議  院  議  長
  参  議  院  議  長
  内 閣 総 理 大 臣
  総   務  大   臣
  外   務  大   臣
  農 林 水 産 大 臣
  国 土 交 通 大 臣
  防   衛  大   臣
  沖縄及び北方対策担当大臣