議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 越谷市

平成18年 12月 定例会(第4回) 12月01日−議案説明−01号




平成18年 12月 定例会(第4回) − 12月01日−議案説明−01号







平成18年 12月 定例会(第4回)




                 12月定例会 第1日
 
 
平成18年12月1日(金曜日)
 
        議  事  日  程
 
 1 開  会
 2 開  議
 3 諸般の報告
  △ 報告書の報告
  △ 監査結果の報告
  △ 採択請願の処理経過ないし結果の報告
  △ 会議の説明出席者職・氏名の報告
  △ 市長提出議案の報告
  △ 議会運営委員会における特定事件の調査結果報告
 4 会議録署名議員の指名
 5 会期の決定
 6 市長提出第111号議案ないし第137号議案の一括上程及び提案説明
 7 散  会
〇出席議員  32名
     1番   伊  東  紀 久 江  議員     2番   阿  部  君  江  議員
     3番   今  村  久 美 子  議員     4番   大  石  美 恵 子  議員
     5番   松  島  孝  夫  議員     6番   金  井  直  樹  議員
     7番   江  原  千 恵 子  議員     8番   白  川  秀  嗣  議員
     9番   金  子  正  江  議員    10番   玉  生  芳  明  議員
    11番   山  本  正  乃  議員    12番   後  藤  孝  江  議員
    13番   藤  林  富 美 雄  議員    14番   小  林     仰  議員
    15番   島  田  勝  三  議員    16番   藤  森  正  信  議員
    17番   浅  井     明  議員    18番   伊  藤     治  議員
    19番   原  田  秀  一  議員    20番   中  村  讓  二  議員
    21番   佐 々 木     浩  議員    22番   永  井  龍  男  議員
    23番   遠  藤  衛  彦  議員    24番   若  元  信  吾  議員
    25番   杉  本  千 恵 子  議員    26番   川  島  秀  男  議員
    27番   野  口  佳  司  議員    28番   黒  田  清  康  議員
    29番   石  川  下  公  議員    30番   今  野  忠  雄  議員
    31番   鈴  木  幸  男  議員    32番   中  村  喜 久 三  議員

〇欠席議員  な し

〇地方自治法第121条の規定による説明出席者職・氏名
       板  川  文  夫   市     長
       武  藤  繁  雄   助     役
       関  根     勤   助     役
       杉  本  昭  彦   収  入  役
       中  野     茂   教  育  長
       関  根  定  夫   秘 書 室 長
       大  島     健   企 画 部 長
       福  岡     章   総 務 部 長
       佐  藤  寛  志   市 民 税務部長
       浅  子     正   協 働 安全部長
       玉  木  一  行   健 康 福祉部長
       大  澤  秀  夫   児 童 福祉部長
       中  山  知  裕   環 境 経済部長
       齊  藤  峰  雄   建 設 部 長
       小 野 坂     滋   都 市 整備部長
       上     信  行   市 立 病 院
                    事 務 部 長

       藤  沼     實   消  防  長
       齊  間     晃   教 育 総務部長
       石  川  厚  生   生 涯 学習部長

〇本会議に出席した事務局職員
       大  野  和  良   局     長
       関  根  敏  男   次     長
       瀧  田     賢   議 事 課 長
       小 早 川  正  弘   議 事 係 長
       川  俣  清  隆   議事係主任主事
       須  中  信  之   調 査 係 長
       八 木 下     太   調査係主任主事
       小  西  文  明   調 査 係 主 事


(開会 10時47分)





△開会の宣告





○永井龍男議長 おはようございます。

  本日はご苦労さまです。

  ただいまから平成18年12月越谷市議会定例会を開会いたします。





△開議の宣告





○永井龍男議長 これより本日の会議を開きます。





△諸般の報告





○永井龍男議長 この際、諸般の報告をいたします。





△報告書の報告





○永井龍男議長 市長から報告書の提出がありましたので、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。





△監査結果の報告





○永井龍男議長 次に、監査委員から平成18年10月定期監査及び平成18年第8回、第9回、第10回の出納検査の結果について報告がありましたので、その写しを報告第1号としてお手元に配付しておきましたから、ご了承願います。





△採択請願の処理経過ないし結果の報告





○永井龍男議長 次に、前回までの定例市議会において採択した請願を執行部に送付しておきましたが、当該請願の処理経過ないし結果について報告がありましたので、報告第2号としてお手元に配付しておきましたから、ご了承願います。





△会議の説明出席者職・氏名の報告





○永井龍男議長 次に、今定例会に説明員として出席通知がありました者の職・氏名を報告第3号としてお手元に配付しておきましたから、ご了承願います。





△市長提出議案の報告





○永井龍男議長 次に、市長から議案の提出がありましたので、報告いたします。

  事務局次長に朗読させます。

        〔関根敏男事務局次長登壇〕



◎関根敏男事務局次長 朗読いたします。

                                        越文法 第138号

                                        平成18年11月24日

   越谷市議会議長  永 井 龍 男 様

                                    越谷市長 板 川 文 夫



              12月定例市議会に付議する議案の送付について

  標記について、12月1日招集に係る平成18年越谷市議会定例会に本職から提案する議案として、別添議案目録のとおり議案書を送付します。

               議  案  目  録

1 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて                   

1 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて                   

1 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて                   

1 越谷市職員定数条例の一部を改正する条例制定について                     

1 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例制定について  

1 越谷市職員公務災害等見舞金支給条例の一部を改正する条例制定について             

1 越谷市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について                

1 越谷市消防賞じゆつ金及び殉職者特別賞じゆつ金条例の一部を改正する条例制定について      

1 彩の国さいたま人づくり広域連合の規約変更について                      

1 越谷市地区センター設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について             

1 越谷市立児童館設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について               

1 越谷市立病院の診療費等に関する条例の一部を改正する条例制定について             

1 埼玉県後期高齢者医療広域連合の設立について                         

1 東町ポンプ場建設工事(土木)請負契約の締結について                     

1 市道路線の廃止について                                   

1 市道路線の認定について                                   

1 越谷市公民館設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について                

1 越谷市教育センター条例制定について                             

1 平成18年度越谷市一般会計補正予算(第3号)について                     

1 平成18年度越谷市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について               

1 平成18年度越谷市老人保健特別会計補正予算(第2号)について                 

1 平成18年度越谷市介護保険特別会計補正予算(第2号)について                 

1 平成18年度越谷都市計画事業東越谷土地区画整理事業費特別会計補正予算(第2号)について    

1 平成18年度越谷都市計画事業越谷駅西口土地区画整理事業費特別会計補正予算(第2号)について  

1 平成18年度越谷都市計画事業西大袋土地区画整理事業費特別会計補正予算(第2号)について    

1 平成18年度越谷市公共下水道事業費特別会計補正予算(第2号)について             

1 平成18年度越谷市病院事業会計補正予算(第2号)について                   

  以上でございます。



○永井龍男議長 ただいま朗読させました議案は、報告第4号としてお手元に配付しておきましたから、ご了承願います。





△議会運営委員会における特定事件の調査結果報告





○永井龍男議長 次に、去る9月定例会において議会運営委員会に付託した特定事件について、委員長の報告を求めます。

  玉生芳明議会運営委員長、登壇して報告願います。

        〔玉生芳明議会運営委員長登壇〕



◎玉生芳明議会運営委員長 議長のご指名によりまして、議会運営委員会に付託されました閉会中の特定事件につきまして、その概要をご報告申し上げます。

  当委員会は、去る11月14日・15日・16日の3日間にわたり、委員8名及び議長が出席し、関根助役が随行の上、議会運営にかかわる一般質問、議案質疑及び請願審査についての3項目を主な調査事項とし、鳥取県鳥取市、大阪府茨木市への行政調査を実施いたしました。

  まず、鳥取市議会について申し上げます。一般質問においては、通告制を採用し、通告期限を定例会開会の3日前の正午までとし、通告書提出時の抽せんにより発言順位を決定しておりました。発言の方法は、1回目は登壇して一括質問・一括答弁を行い、その後は一問一答式を採用し、議員は質問席から行うとのことでありました。また、3月定例会は、本市議会と同様に代表質問制で、3回までの一括質問・一括答弁とし、このほかに同じ会派の議員が関連質問者として2回まで質問できるとのことでした。発言時間については、一般質問の場合、質問のみで30分以内、代表質問の場合は、会派均等割40分に会派人数掛ける十分を加えた時間以内とのことでありました。

  議案質疑については、通告制を採用しており、自席より行い、発言は3回までとのことでした。請願については、受け付け締め切り時期を招集日の前日午後5時までとし、審査については、所管の委員会で議案審査終了後に行っておりました。陳情については、請願に準じて審査するが、本会議では審査結果を諮ってはいないとのことでした。

  そのほか、人事案件の採決については、この後申し上げます茨木市議会も同様に起立表決で行っており、地方自治法第180条に基づく議会の委任による専決処分については、鳥取市議会及び茨木市議会においても、交通事故などによる損害賠償額の決定や和解、また市営住宅の管理等についての訴えの提起や和解、調停などに限定しておりました。

  次に、茨木市議会について申し上げます。一般質問は、一般会計予算及び補正予算議案の質疑の中で、一般質問的な発言を認めており、予算議案がない場合は、一般質問として日程を組んでいるとのことでした。通告制を採用し、発言順については、通告順をもとに同じ会派の議員の発言が重ならないよう議長が決定するとのことでした。発言の方法は、対面式で、議員はすべて質問席から発言し、その回数は3回を限度とし、発言時間については、議員1人当たりの持ち時間が3月定例会は20分、その他の定例会は十分で、それに会派人数を乗じた時間が会派の持ち時間としていました。

  請願については、平成15年2月に議会改革の一環として請願条例を制定しておりました。受け付け締め切り時期を開会日の前日までとし、審査については、所管の委員会で議案審査終了後に審査を行っておりました。

  なお、執行部も出席はしておりますが、趣旨説明や質疑については、請願者及び紹介議員が行うとのことでした。陳情については、審査は行わず、陳情書の写しを各議員に配付しているとのことでした。

  以上が主なものですが、詳細につきましては、調査結果報告書をごらんいただきたいと存じます。

  以上で報告を終わります。



○永井龍男議長 ただいま報告いただきました特定事件については、委員長から調査結果の報告がありましたので、その写しを報告第5号としてお手元に配付しておきましたから、ご了承願います。

  以上で諸般の報告を終わります。





△会議録署名議員の指名





○永井龍男議長 次に、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員には、会議規則第81条の規定により、私から

  26番 川島秀男議員、28番 黒田清康議員、29番 石川下公議員を指名いたします。





△会期の決定





○永井龍男議長 次に、会期の決定を議題といたします。

  お諮りいたします。今定例会の会期は、本日から12月18日までの18日間といたしたいと思います。

  これにご異議ありませんか。

        〔「異議なし」と言う人あり〕



○永井龍男議長 ご異議なしと認めます。

  したがって、会期は本日から12月18日までの18日間と決定いたしました。





△市長提出第111号議案ないし第137号議案の一括上程及び提案説明





○永井龍男議長 市長提出第111号議案ないし第137号議案までの27件を一括して議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  板川文夫市長、登壇して説明願います。

        〔板川文夫市長登壇〕



◎板川文夫市長 おはようございます。本日、12月定例市議会をご招集申し上げましたところ、議員の皆様方には何かとお忙しい折にもかかわらずご出席を賜り、深く感謝を申し上げます。

  提案説明の前ではございますが、一昨日市内中学校の女子生徒が死亡する大変痛ましい事故が起きまして、亡くなられた生徒さんのご冥福を心からお祈りいたします。

  さて、本定例会には、人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求める件を初め、都合27件の議案を提案申し上げておりますが、十分ご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

  それでは、各議案につき、順次ご説明させていただきます。

  第111号議案ないし第113号議案までの3議案につきましては、人権擁護委員の任期満了に伴う後任委員の推薦に関し、人権擁護委員法第6条第3項の規定により提案するものでございます。

  まず、第111号議案についてでございますが、本議案は、平成19年3月31日をもって人権擁護委員、天草静子氏の任期が満了することに伴いまして、その後任委員候補者を推薦する必要があるため、議会の意見を求めるものでございます。後任委員候補者の住所は、越谷市北越谷三丁目6番23号エクセル北越谷602号、氏名は梶原裕子氏、生年月日は昭和39年4月28日でございます。なお、経歴等につきましては、大変恐縮でございますが、お手元の議案書をご参照いただき、ご了承賜りたいと存じます。

  次に、第112号議案についてでございますが、本議案は、平成19年3月31日をもって任期満了となる人権擁護委員、中川玲子氏を引き続き人権擁護委員候補者として推薦することにつきまして議会の意見を求めるものでございます。中川氏の住所は、越谷市越ヶ谷五丁目2番5号、生年月日は昭和14年10月15日でございます。なお、経歴等につきましては、大変恐縮に存じますが、お手元の議案書をご参照いただき、ご了承賜りたいと存じます。

  次に、第113号議案についてでございますが、本議案は、平成19年3月31日をもって任期満了となる人権擁護委員、藤田久子氏を引き続き人権擁護委員候補者として推薦することにつきまして議会の意見を求めるものでございます。藤田氏の住所は、越谷市北越谷一丁目4番2号、生年月日は昭和20年10月27日でございます。なお、経歴等につきましては、大変恐縮に存じますが、お手元の議案書をご参照いただき、ご了承賜りたいと存じます。

  次に、第114号議案についてでございますが、本議案は、行政需要に的確に対応するとともに、消防体制の充実により災害に対する市民生活の安全確保を図るべく、職員定数を変更するため、提案するものでございます。

  改正の内容でございますが、まず市長部局の職員定数につきましては、平成19年度からの県の権限移譲による旅券事務の処理や、依然として増加している生活保護世帯への対応のために増員を行う一方、建設部門を中心とした業務の見直しによる減員を行います。これらによりまして市長部局の職員の総数につきましては、現行の2,118人から9人減員し、2,109人に改めるものでございます。このうち越谷市土地開発公社に勤務する職員につきましても、6人から5人に改めるものでございます。

  次に、消防本部の職員定数については、救急出場件数が増加していることから、救急隊の体制拡充のため、現行の292人から9人増員し、301人に改めるものでございます。本市職員の総定数につきましては、今後数年間の大量定年退職や地方公共団体職員数に対する国の動向を見据えながら、スクラップ・アンド・ビルド、少数精鋭を基本とした事務事業や人員配置の見直し等により定員の適正化に努めているところでございまして、平成19年度につきましては、教育委員会職員の定数を含めまして、現行の2,756人を維持するものでございます。

  なお、本条例は、平成19年4月1日から施行してまいります。

  次に、第115号議案についてでございますが、本議案は、市町村消防団員等公務災害補償条例が施行されたことに伴い、所要の改正を行う必要があるため、提案するものでございます。

  改正の内容でございますが、平成18年9月30日をもって埼玉県市町村消防災害補償組合が解散され、同組合の事務が10月1日から埼玉県市町村総合事務組合で処理されることに伴い、条例中、埼玉県市町村消防災害補償組合の条例を引用している部分を改めるものでございます。

  なお、本条例は、公布の日から施行し、平成18年10月1日から適用してまいります。

  次に、第116号議案についてでございますが、本議案は、地方公務員災害補償法の一部が改正されたこと及び市町村消防団員等公務災害補償条例が施行されたことに伴い、所要の改正を行う必要があるため、提案するものでございます。

  改正の内容でございますが、まず前議案と同様、平成18年9月30日をもって埼玉県市町村消防災害補償組合が解散され、同組合の事務が10月1日から埼玉県市町村総合事務組合で処理されることに伴い、条例中、埼玉県市町村消防災害補償組合の条例を引用している部分を改めるものでございます。

  次に、地方公務員災害補償法で規定されていた障害等級ごとの障害に係る別表の規定が総務省令において規定されたことなどに伴い、条文を整備するものでございます。

  なお、本条例は、公布の日から施行し、市町村消防団員等公務災害補償条例が施行されたことに係る改正規定は、平成18年10月1日から適用してまいります。

  次に、第117号議案についてでございますが、本議案は、一般職の国家公務員の給与制度が改正されたこと等に伴い、所要の改正を行う必要があるため、提案するものでございます。

  改正の主な内容でございますが、まず給料表全体を国の俸給表の水準を参考に引き下げを実施するものでございまして、国と比較いたしますと、行政職では国の平均改定率マイナス4.8%を上回る約5%の引き下げとなるものでございます。

  次に、昇給の時期を年1回とし、昇給の標準の号級数を4号級とするなど、国の給与構造改革に合わせた昇給制度の改正を行うものでございます。

  次に、職員の扶養手当につきましては、本年8月の人事院勧告に基づきまして、扶養親族である子等のうち、3人目以降に係る支給月額を従来の2人目までの支給月額と同額の6,000円とするものでございます。

  次に、地域手当の支給割合につきましても、国の基準どおり給料及び扶養手当の月額の合計額に100分の6を乗じて得た額とするものでございます。

  なお、地域手当の支給割合につきましては、経過措置といたしまして、平成19年4月1日から平成21年3月31日までは100分の8、平成21年4月1日から平成23年3月31日までは100分の7とするものでございます。

  そのほか、昇給制度の変更に伴う復職後の給与等の取り扱いに関し、附則において越谷市職員の育児休業等に関する条例の改正を行うものでございます。

  なお、本条例は、平成19年4月1日から施行してまいります。

  次に、第118号議案についてでございますが、本議案は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部が改正されたことに伴い、所要の改正を行う必要があるため、提案するものでございます。

  改正の内容でございますが、政令で規定されていた障害等級ごとの障害に係る別表の規定が総務省令において規定されたことなどに伴い、条文を整備するものでございます。

  なお、本条例は、公布の日から施行してまいります。

  次に、第119号議案についてでございますが、本議案は、地方自治法の一部改正に伴い、彩の国さいたま人づくり広域連合の規約の変更について協議したいので、地方自治法第291条の11の規定により、提案するものでございます。

  変更の内容でございますが、広域連合の職員の規定につきまして、所要の改正を行うものでございます。

  なお、本規約は、平成19年4月1日から施行してまいります。

  次に、第120号議案についてでございますが、本議案は、越谷市増林地区センターの建てかえに伴い、位置及び使用料について所要の改正を行う必要があるため、提案するものでございます。

  増林地区センターにつきましては、生涯学習、地域コミュニティ、地域福祉、防災救援及び行政サービスの機能を備えた本市で6番目の大型地区センターでございまして、平成19年4月1日の供用開始に向けて、現在準備を進めているところでございます。

  改正の内容でございますが、増林地区センターの位置を「越谷市増林二丁目82番地」から「越谷市増林三丁目4番地1」に変更するとともに、使用料につきましても既存の大型地区センターと同様に、施設の規模に応じた使用料とするものでございます。

  なお、本条例は、使用料に係る改正規定につきましては平成19年1月1日から、位置の変更に係る改正規定につきましては同年4月1日から、それぞれ施行してまいります。

  次に、第121号議案についてでございますが、本議案は、国民の祝日に関する法律の一部が改正されることに伴い、所要の改正を行う必要があるため、提案するものでございます。

  改正の内容でございますが、このたび5月4日がみどりの日と、また国民の祝日が日曜日に当たるときは、その日後において最も近い国民の祝日でない日が休日とされることに伴いまして、今までどおり1月1日を除く、国民の祝日に関する法律に規定する休日をすべて開館日とするため、休館日に係る規定を改めるものでございます。

  なお、本条例は、法律の施行日と同様、平成19年1月1日から施行してまいります。

  次に、第122号議案についてでございますが、本議案は、診療費に係る告示の一部が改正されたこと等に伴い、所要の改正を行う必要があるため、提案するものでございます。

  改正の内容でございますが、市立病院において入院時に食事をした者に係る費用の算定方法及び初診に係る診療費につきましては、それぞれ厚生労働省告示を引用しているところでございますが、当該告示の名称が変更されたこと等に伴いまして、条例中、引用する告示の改正を行うものでございます。

  本条例は、公布の日から施行し、平成18年10月1日から適用するものでございます。

  次に、第123号議案についてでございますが、本議案は、健康保険法等の一部を改正する法律第7条の規定による改正後の高齢者の医療の確保に関する法律第48条の規定に基づき、後期高齢者医療の事務を処理する広域連合を設ける必要があるため、地方自治法第291条の11の規定により、提案するものでございます。

  ご案内のとおり健康保険法等の一部を改正する法律により、平成20年4月1日より、75歳以上の後期高齢者の心身の特性や生活実態を踏まえた独立した医療制度として後期高齢者医療制度が実施されることとなっております。

  つきましては、高齢者の医療の確保に関する法律の規定に基づきまして、後期高齢者医療の事務に関し、広域にわたり総合的かつ計画的に処理するため、埼玉県内の全市町村が加入する広域連合を設立するもので、同広域連合の規約を定めることについて協議するものでございます。

  本規約は、広域連合の処理する事務、執行機関等の組織、経費の支弁など基本的な事項を規定するものでございまして、詳細につきましては、大変恐縮に存じますが、お手元の議案書をご参照いただき、ご了承賜りたいと存じます。

  なお、本規約は、埼玉県知事の許可のあった日から施行し、会計管理者に係る規定は、平成19年4月1日から施行してまいります。

  次に、第124号議案についてでございますが、本議案は、東町ポンプ場建設工事(土木)請負契約を締結するに当たり、予定価格が条例に規定する額以上となるもので、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、提案するものでございます。

  契約の目的は、東町ポンプ場建設工事(土木)、契約の方法は指名競争入札による契約、契約金額は1億7,482万5,000円、履行期限は平成20年3月28日、契約の相手方は山崎建設株式会社でございます。

  次に、第125号議案についてでございますが、本議案は、市道路線を廃止するため、道路法第10条第3項の規定により、提案するものでございます。

  内容でございますが、路線名1ブロック715号線ほか3路線は、終点を変更するため、路線名3ブロック514号線は路線の全部を払い下げるため、路線名4ブロック39号線ほか1路線は都市計画道路神明下花田線の街路整備の一部完了に伴い、起点を変更するため、路線名4ブロック710号線は東埼玉道路の整備に伴い、起点を変更するため、それぞれ廃止するものでございます。

  そのほか、東越谷、七左第一の各土地区画整理事業の街路整備に伴うもの3路線でございます。

  廃止する路線は11路線、延長2,702.40メートルでございます。

  次に、第126号議案についてでございますが、本議案は、市道路線を認定するため、道路法第8条第2項の規定により、提案するものでございます。

  内容でございますが、路線名1ブロック715号線ほか3路線は、終点を変更するため、路線名4ブロック39号線ほか1路線は都市計画道路神明下花田線の街路整備の一部完了に伴い、起点を変更するため、路線名4ブロック710号線は東埼玉道路の整備に伴い、起点を変更するため、それぞれ廃止した路線を再認定するものでございます。

  次に、路線名1ブロック774号線ほか14路線は、宅地造成に伴い、帰属したため、路線名2ブロック1176号線ほか9路線は私道の寄附を受けたため、路線名8ブロック589号線ほか1路線は主要地方道越谷流山線の一部が移管されるため、それぞれ新たに認定するものでございます。

  そのほか、七左第一土地区画整理事業の街路整備に伴うもの6路線でございます。

  認定する路線は40路線、延長5,033.20メートルでございます。

  次に、第127号議案についてでございますが、本議案は、越谷市増林公民館の建てかえに伴い、位置及び使用料について所要の改正を行う必要があるため、提案するものでございます。

  改正の内容でございますが、増林公民館の位置を「越谷市増林二丁目82番地」から「越谷市増林三丁目4番地1」に変更するとともに、使用料につきましても既存の大型公民館と同様、施設の規模に応じた使用料とするものでございます。

  なお、本条例は、使用料に係る改正規定につきましては平成19年1月1日から、位置の変更に係る改正規定につきましては同年4月1日から、それぞれ施行してまいります。

  次に、第128号議案についてでございますが、本議案は、教育の充実と振興を図るため、越谷市教育センターを設置するので、提案するものでございます。

  本センターは、地域に根差した教育を推進し、幼児教育、学校教育、青少年教育等、本市の教育の充実及び振興を図ることができる拠点施設としての役割を目指すものでございます。

  本条例は、設置目的や事業内容など、基本的事項を規定するものでございまして、詳細につきましては、大変恐縮に存じますが、お手元の議案書をご参照いただき、ご了承賜りたいと存じます。

  なお、本条例は、平成19年4月1日から施行してまいります。

  次に、第129号議案ないし第137号議案までの9件につきましては、平成18年度の一般会計、各特別会計及び病院事業会計の補正予算でございますので、一括してご説明申し上げます。

  今回ご提案申し上げております一般会計における補正予算は、歳入では市税の追加や事業費の追加等による国・県支出金及び市債の整理などが主なものでございます。

  歳出につきましては、事業の進捗や補助金の内示等による事業費の整理及び人事異動等に係る人件費の整理が主なものでございます。

  以上の内容が中心となっております今回の補正予算額は、一般会計で7億7,000万円、特別会計全体で36億1,500万円、合計43億8,500万円の追加で、補正後の総額を一般会計で739億7,900円、特別会計全体で648億5,281万1,000円といたしました。また、病院事業会計では、収益的支出及び資本的支出の組み替えをいたします。したがいまして、病院事業会計を含めた全体の予算総額は1,494億811万1,000円となります。

  それでは、その主な内容につきまして、一般会計より順次ご説明申し上げます。

  まず、歳入でございますが、市税において、譲渡所得割額等の伸びにより個人市民税で1億円、企業業績の回復に伴う調定増により法人市民税で2億円、平成18年度税制改正に伴う負担調整措置の見直し等により固定資産税で1億8,000万円、都市計画税で2,000万円をそれぞれ追加し、市税全体で5億円を追加いたします。

  次に、地方特例交付金で交付額の決定により1億700万円を追加いたします。

  次に、使用料及び手数料で100万円を追加いたしますが、動物死体処理手数料の追加でございます。

  次に、国庫支出金で8,889万円を追加いたしますが、障害者自立支援法の施行や給付の増加が見込まれる扶助費に係る国庫負担金・補助金の整理のほか、越谷駅東口市街地再開発事業に係る市街地再開発事業費補助金の追加が主なものでございます。

  県支出金では7,238万円を追加いたしますが、国庫支出金と同様、障害者自立支援法の施行や給付の増加が見込まれる扶助費に係る県負担金・補助金の整理が主なものでございます。

  次に、諸収入では7,933万円を追加いたしますが、古紙等売り払い代金及び金属等売り払い代金を追加するほか、国・県支出金の過年度収入の追加などが主なものでございます。

  市債では7,860万円を減額いたしますが、事業費の確定等に伴う整理でございます。

  続きまして、歳出についてご説明申し上げます。

  まず、議会費では、人件費の整理で71万円を追加いたします。

  総務費では5,168万円を減額いたしますが、市税等過誤納還付金4,000万円、平成19年4月からパスポート発券業務が県から移管されることに伴う関連機器購入費80万円を追加するほか、人件費の整理が主なものでございます。

  民生費では5億1,261万円を追加いたしますが、障害者自立支援法の施行に伴う給付費の算定方法等の変更による知的障害者施設訓練等給付費4,000万円の減額、重度心身障害者医療給付費6,000万円、身体障害者日常生活用具給付費1,400万円を追加するほか、国民健康保険会計への繰出金5億円、老人保健会計への繰出金1億円、介護保険会計への繰出金9,000万円の追加及び人件費の整理が主なものでございます。

  衛生費では7,061万円を追加いたしますが、資源回収奨励補助金1,800万円、破砕物等搬出委託料1,100万円を追加するほか、人件費の整理が主なものでございます。

  労働費では、人件費の整理で34万円を追加いたします。

  農林水産業費では815万円を減額いたしますが、地盤沈下対策事業末田地区負担金の確定に伴い、1,310万円を減額するほか、人件費の整理でございます。

  商工費では200万円を減額いたしますが、人件費の整理でございます。

  次に、土木費では3億8,532万円を追加いたします。北越谷駅西口線整備事業に係る埼玉県への負担金3,982万円、まちの整備に関する条例に基づく分筆手数料負担金・道路後退協力金、合わせて3,800万円、越谷駅東口市街地再開発事業に係る準備組合への補助金1億5,620万円、公共下水道会計への繰出金1,500万円を追加するほか、人件費の整理が主なものでございます。

  次に、消防費では3,960万円を減額いたしますが、自動体外式除細動器借上料及び消防ポンプ自動車等の購入金額の確定に伴う整理のほか、人件費の整理が主なものでございます。

  教育費では7,416万円を減額いたしますが、(仮称)教育センターと学校、教育委員会間のネットワーク構築に係る経費合わせて1,100万円、小・中学校の雨漏りや外壁改修に係る工事費合わせて3,400万円を追加するほか、人件費の整理が主なものでございます。

  以上が一般会計歳入歳出の主な内容でございます。

  次に、債務負担行為でございますが、ホームページシステム機器賃借費の限度額の変更など、契約額の確定に伴い、変更するものでございますので、補正予算書の8ページをごらんいただきまして、ご了承賜りたいと存じます。

  また、地方債の補正につきましては、事業費の確定等による整理のため、変更するものでございますので、同じく補正予算書の8ページをごらんいただきまして、ご了承賜りたいと存じます。

  次に、特別会計につきましてご説明申し上げます。

  まず、国民健康保険特別会計につきましては、歳入では国民健康保険税を減額し、療養給付費等交付金及び一般会計からの繰入金を追加いたします。歳出では、医療費の伸びなどにより退職被保険者等の療養給付費を追加するほか、人件費の整理が主なものでございます。

  老人保健特別会計につきましては、歳入では支払基金交付金、国・県支出金及び一般会計からの繰入金を追加し、歳出では医療給付費、医療費支給費を追加するほか、人件費の整理が主なものでございます。

  次に、介護保険特別会計につきましては、歳入では介護保険料、国・県支出金、支払基金交付金及び一般会計からの繰入金を追加いたします。歳出では、居宅介護サービス給付費等の保険給付費、介護保険給付費準備基金への積立金を追加するほか、人件費の整理が主なものでございます。

  次に、土地区画整理事業費特別会計につきましては、東越谷会計、越谷駅西口会計、西大袋会計で、人件費の整理等のため、それぞれ歳出予算の組み替えを行うものでございます。

  次に、公共下水道事業費特別会計につきましては、歳入では一般会計からの繰入金の追加、歳出につきましては消費税及び地方消費税納付金の確定に伴う整理や事業費の組み替えのほか、人件費の整理が主なものでございます。次に、債務負担行為の補正でございますが、東町ポンプ場建設工事費の契約額の確定に伴い、限度額の変更を行うものでございますので、補正予算書の156ページをごらんいただきまして、ご了承賜りたいと存じます。

  次に、病院事業会計についてご説明申し上げます。

  このたびの補正予算は、収益的収入及び支出において、第1款病院事業費用・第1項医業費用の項内で、給与費、材料費、経費、資産減耗費が当初予定額に対し、過不足が生じたため、各費目の組み替えを行い、また資本的収入及び支出において、第1款資本的支出・第1項建設改良費の項内で、器械備品購入費から工事請負費へ組み替えるものでございます。したがいまして、収益的収入及び支出の予定額、資本的収入及び支出の予定額は、補正前・補正後とも変更はございません。

  まず、第1条は総則でございます。

  次に、第2条の業務の予定量につきましては、資本的支出の費目の組み替えに伴い、建設改良事業の予定量の補正を行うものでございます。内容は、病院整備事業を5,500万円増額し、器械備品購入事業を5,500万円減額するものでございます。

  次に、第3条の債務負担行為につきましては、検体検査機器賃借料、物品供給管理委託料の2件の債務負担行為を追加するものでございます。

  次に、第4条の議会の議決を経なければ流用することのできない経費につきましては、医業費用のうち、給与費の減額、また第5条のたな卸資産購入限度額につきましては、材料費の増額に伴うものでございます。

  以上が補正予算の主な内容でございまして、そのほか詳細につきましては、予算実施計画、資金計画等をごらんいただき、ご了承賜りたいと存じます。

  以上、27議案ご説明申し上げましたが、十分ご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げまして、説明を終わらせていただきます。

  ありがとうございました。





△散会の宣告





○永井龍男議長 以上で本日の日程は終了いたしました。

  2日から5日までは休日及び議案調査のため休会といたします。

  6日は午前10時から会議を開き、市政に対する一般質問を行います。

  なお、一般質問の発言通告の受け付けは、本日議事終了後から1時間以内となっておりますので、ご了承願います。

  本日はこれをもちまして散会いたします。

  大変ご苦労さまでした。

                                     (散会 11時30分)