議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 草加市

平成19年  2月 総務文教委員会−02月06日-02号




平成19年 2月 総務文教委員会

        平成19年草加市議会総務文教委員会会議録(第2回)

◇開会年月日  平成19年2月6日(火曜日)
◇開催の場所  第3委員会室
◇付議事件   継続審査案件「平成18年の第115号議案 草加市政における公正な職務執行の確保に関する条例の制定について」


午前10時31分開会
◇出席委員  9名
  松 井 優美子      委員長          新 井 貞 夫      委員
  秋 山 由紀子      副委員長         宇佐美 正 隆      委員
  鈴 木 由 和      委員           大久保 和 敏      委員
  浅 井 昌 志      委員           中 山   康      委員
  平 野 厚 子      委員

◇欠席委員  1名
  芝 野 勝 利      委員

◇委員会に出席した議会事務局職員
  臼 倉 敏 明   庶務課主幹           福 原   宏      議会事務局書記


◇傍 聴 人  なし



午前10時31分開会

○委員長 ただいまから総務文教委員会を開会いたします。
 ──────────◇──────────
○委員長 初めに、本日の日程について御協議をいただきたいと思います。
 協議会に切り替えてよろしいでしょうか。
  〔「異議なし」と言う人あり〕
○委員長 御異議がないようですので、協議会に切り替えさせていただきます。

午前10時32分休憩

  〔協 議 会〕

午前10時33分再開

○委員長 協議会を閉じまして、委員会を再開いたします。
 ただいま御協議いただきましたとおり、本日の委員会は、閉会中の継続審査案件「平成18年の第115号議案 草加市政における公正な職務執行の確保に関する条例の制定について」の意見交換を再度行いたいと思いますが、よろしいでしょうか。
  〔「異議なし」と言う人あり〕
○委員長 御異議がないようですので、そのように決定させていただきます。
 ──────────◇──────────
○委員長 閉会中の継続審査案件「平成18年の第115号議案 草加市政における公正な職務執行の確保に関する条例の制定について」を議題といたします。
 平成18年の第115号議案についての意見交換を行います。
 意見のある方は挙手をお願いいたします。
 中山委員。
◆中山 委員  それでは、平成18年の第115号議案 草加市政における公正な職務執行の確保に関する条例の制定につきまして、先日の総務文教委員会の委員の皆様の精力的な審査によりまして、一定の方向性が見えてまいったところでございます。深く敬意を表するところでございます。
 私ども自由市民クラブ議員団といたしましても、さまざまな議論、調査、研究を行ってまいりました。その中で、当初から特殊な実例として認識されておりました千代田区の制度と同様な制度を採用している鹿沼市と多治見市の実例が見つかりましたので、委員の皆様にも参考にしていただきたく、松井委員長に配付をお願いいたしたところでございます。
 これまでの総務文教委員会での審査を踏まえ、持ち帰らせていただいた点を議員団で報告し、検討させていただいた結果、これら複数の自治体での先進的な実例に倣い、次のような点を総括させていただきましたので、これも合わせて意見として述べさせていただきますので、御賛同賜われれば幸いに存じます。
 各委員の皆様におかれましては、格別の御理解を賜わりますようお願いいたします。
 第3条関係についてでございますが、一つとして公益通報委員会の客観性、第三者性を担保するため、これを市長部局から独立させるということでございます。附属機関としてではなく、契約により設置をするというものでございます。
 次に、専門性、公正性、中立性を担保するため、複数の弁護士を起用するということ。さらに、議員、職員、職員であった者のほか、市に対する利害関係者を除外する規定を設ける。さらには、市長または副市長の配偶者、もしくは二親等までの親族を除外する規定を設ける。もう1点、選任に当たっては、議会の同意を得ることとする。
 第4条関係について言いますと、草加市不当要求行為等対策会議の所掌事項を明確に規定するということ。
 第5条関係について申し上げますと、1点目として、第4項に「また、その内容を可能な限り公表するものとする。」をつけ加える。
 2点目として、第6項に「また、その結果を可能な限り公表するものとする。」をつけ加える。
 第10条関係について申し上げますと、第2項として、「前項に規定する是正措置等を講じた場合には、その内容を可能な限り公表するものとする。」をつけ加える。
 第12条関係について申し上げますと、「委員会は、」に続き、「市長等に報告した後、」をつけ加え、以下「市長等が相当な期間を経過しても必要な措置を講じないときは、みずから公表、告発等の措置をとることができる。」とするということでございます。
 全体としては、1点目、公益通報委員会の客観性、第三者性、専門性、公正性、公平性、実効性の確保。2点目として、草加市不当要求行為等対策会議の広範な権限に対する透明性の確保。以上2点がこれまでの総務文教委員会における審査の本質的な問題意識であったと、自由市民クラブ議員団としては総括するに至ったため、総務文教委員会に対して、この意見を申し述べるところでございます。
 以上でございます。
○委員長 ほかにございますか。
 新井委員。
◆新井 委員  今、中山委員の意見が集約されて出されたんですが、1月16日にまとめたものに第3条、第8条、第9条、第14条とあるんですが、これを前提としたプラスアルファの意見ということでいいんですか、受けとめ方は。
○委員長 中山委員。
◆中山 委員  前回の1月16日にまとまった事項を踏まえて、さらに提起をさせていただいたということでございます。
○委員長 ほかにございますか。
 平野委員。
◆平野 委員  中山委員さんから御提案のあった点の第12条関係なんですけれども、これは「市長等に報告した後、」というのを、第12条の「委員会は、」の後に入れるという御提案なんですけれども、これを入れる理由というのは、どういう理由なんでしょうか。つまり、この場合、「市長等に報告した後、」という文言を入れますと、その前に直ちに対応していたような場合とか、対応しなければならなかったような場合とか、それが不十分だった場合とかが除外されてしまうような気がするんですけれども、あえてこの文言を挿入する理由というのは、なぜなんでしょうか。
○委員長 中山委員。
◆中山 委員  この「市長等に報告した後、」というのをつけ加えさせていただいたのは、この全体の流れとして「市長に報告した後、」というものをつけ加えた方が、条文上もすっきりするのではないかなということでございます。
○委員長 ほかにございますか。
 平野委員。
◆平野 委員  一般的な手順としては、委員会がこの是正措置の提言とか、あるいは公益通報に係る事実の確認とかを行って、委員会が市長に報告をした、その後の対応についてというのを問題にするんでしょうけれども、最初の「市長等に報告した後、」を入れない条文であれば、その前に対応したことについても委員会として対応ができるんですね。これをあえて入れることによって、市長に報告した後に措置をとってない場合だけが問題になるという点では、これはかえってその縛りを緩めてしまうというか、そのように感じるんですけれども。対応は対応として、条例の前半部分の不当要求行為等対策会議で、公益通報委員会にかかる前に対応している場合もあるかと思いますので、あえてこの文言を入れる必要性というのがちょっと疑問だったものですから、伺ったところなんですけれども。
○委員長 ほかにございますか。
 大久保委員。
◆大久保 委員  第3条関係で今、中山委員さんの方から提案がございました冒頭の部分ですね。公益通報委員会の客観性、第三者性を担保するため、これを市長部局から独立させると。附属機関としてではなく、契約による設置をするという、ここの部分の想定というものは、どういう想定を考えているのかなと、ちょっとその辺を確認をしておきたいなと思います。
 つまり、前回の1月16日にまとまった事項の部分で、委員会の委員という部分は識見を有する者を弁護士等法的識見を有する者とするというところで、とりまとまった部分がありますので、その辺の識見を有する人たちに対する契約という部分で、どういうことが考えられるのか、また、委員会としてそっくりどこかに委託契約、附属機関じゃないそういうところに契約をするところがあるのか、何かその辺想定がされているのか、ちょっとよくその辺がわからないものですから、確認をさせてください。
○委員長 中山委員。
◆中山 委員  具体的にどういう機関ということまでは、そこまでは研究不足なところもございます。附属機関としてではなく契約によりというと、一つの会社みたいなものとの契約とか、そういうことがなかなか難しい部分もあるかと思いますので、その委員さん、3人なら3人と契約をして独立した委員会を設けるというようなことを考えて、提起をさせていただきました。
○委員長 ほかにございますか。
 宇佐美委員。
◆宇佐美 委員  第5条関係、それから第10条関係の部分で、内容を可能な限り公表するという部分が3点ほど出ているんですけれども、この可能な限り公表するという部分では、どういうものを想定しているのか、ちょっとお尋ねさせていただきたいと思います。
○委員長 中山委員。
◆中山 委員  ここを具体的にこういうものというところまでの想定はなかなか絞りきれないところがあるんですが、文字どおり可能な限り公表できるものは公表するということで、透明性を確保できればということで、この文言をつけ加えさせていただければなということで、提起をさせていただきました。
○委員長 ほかにございますか。
  〔「なし」と言う人あり〕
○委員長 ないようでございますので、平成18年の第115号議案についての意見交換を終了いたします。
 御協議をいただきたいことがございますので、協議会に切り替えてよろしいでしょうか。
  〔「異議なし」と言う人あり〕
○委員長 御異議がないようですので、協議会に切り替えさせていただきます。

午前10時50分休憩

  〔協 議 会〕

午後 零時04分再開

○委員長 協議会を閉じまして、委員会を再開いたします。
 暫時休憩いたします。

午後 零時04分休憩

午後 1時15分再開

○委員長 休憩前に引き続き、委員会を再開いたします。
 協議会に切り替えてよろしいでしょうか。
  〔「異議なし」と言う人あり〕
○委員長 御異議がないようですので、協議会に切り替えさせていただきます。

午後 1時16分休憩

  〔協 議 会〕

午後 4時07分再開

○委員長 協議会を閉じまして、委員会を再開いたします。
 ──────────◇──────────
○委員長 ただいま御協議いただきましたとおり、本日は以上で終了したいと思いますが、よろしいでしょうか。
  〔「異議なし」と言う人あり〕
○委員長 御異議がないようですので、そのように決定させていただきます。
 また、委員長中間報告については、意見交換及び執行部に対する質疑の概要を内容として、2月定例会開会日に行うということでよろしいでしょうか。
  〔「異議なし」と言う人あり〕
○委員長 御異議がないようですので、そのように決定させていただきます。
 また、次回の日程については、正・副委員長に御一任いただくということでよろしいでしょうか。
  〔「異議なし」と言う人あり〕
○委員長 御異議がないようですので、そのように決定させていただきます。
 ──────────◇──────────
○委員長 以上で、本日の総務文教委員会を終了いたします。

午後 4時08分閉会