議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 草加市

平成18年 12月 定例会−12月07日-01号




平成18年 12月 定例会

                                       草加市告示第502号


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第101条第1項の規定により平成18年草加市議会12月定例会を次のとおり招集し、同条第5項の規定により告示する。


  平成18年11月30日


                                      草加市長 木 下 博 信



 1 期  日  平成18年12月7日
 2 場  所  草加市議会議場


◇応招議員 30名
   1番 斉  藤  雄  二   議 員      16番 小  澤  敏  明   議 員
   2番 須  藤  哲  也   議 員      17番 松  井  優 美 子   議 員
   3番 西  沢  可  祝   議 員      18番 須  永  賢  治   議 員
   4番 鈴  木  由  和   議 員      19番 吉  沢  哲  夫   議 員
   5番 浅  井  昌  志   議 員      20番 大  野  ミ ヨ 子   議 員
   6番 小  川  利  八   議 員      21番 新  井  貞  夫   議 員
   7番 今  村  典  子   議 員      22番 田  中  昭  次   議 員
   8番 平  野  厚  子   議 員      23番 宇 佐 美  正  隆   議 員
   9番 関     一  幸   議 員      24番 大 久 保  和  敏   議 員
  10番 飯  塚  恭  代   議 員      25番 芝  野  勝  利   議 員
  11番 佐 々 木  洋  一   議 員      26番 浅  井  康  雄   議 員
  12番 秋  山  由 紀 子   議 員      27番 石  村  次  郎   議 員
  13番 丹  羽  義  昭   議 員      28番 瀬  戸  健 一 郎   議 員
  14番 浅  井  喜 久 男   議 員      29番 佐  藤     勇   議 員
  15番 飯  田  弘  之   議 員      30番 中  山     康   議 員

◇不応招議員 なし


                平成18年草加市議会12月定例会
                    議事日程(第1日)

                                 平成18年12月 7日(木曜日)
                                    午前10時   開  会


 1 開  会
 2 開  議
 3 市長あいさつ
 4 会議録署名議員の指名
 5 会期の決定
 6 諸報告
  (1) 前定例会で採択された請願の処理結果報告
  (2) 本定例会提出の請願の報告
  (3) 地方自治法第121条の規定による説明員の報告
  (4) 例月出納検査結果の報告
 7 市長提出議案の報告及び上程
 8 市長提出議案の説明
 9 次会日程報告
10 散  会

本日の会議に付した事件
 議事日程に同じ


午前10時06分開会
◇出席議員 30名
   1番 斉  藤  雄  二   議 員      16番 小  澤  敏  明   議 員
   2番 須  藤  哲  也   議 員      17番 松  井  優 美 子   議 員
   3番 西  沢  可  祝   議 員      18番 須  永  賢  治   議 員
   4番 鈴  木  由  和   議 員      19番 吉  沢  哲  夫   議 員
   5番 浅  井  昌  志   議 員      20番 大  野  ミ ヨ 子   議 員
   6番 小  川  利  八   議 員      21番 新  井  貞  夫   議 員
   7番 今  村  典  子   議 員      22番 田  中  昭  次   議 員
   8番 平  野  厚  子   議 員      23番 宇 佐 美  正  隆   議 員
   9番 関     一  幸   議 員      24番 大 久 保  和  敏   議 員
  10番 飯  塚  恭  代   議 員      25番 芝  野  勝  利   議 員
  11番 佐 々 木  洋  一   議 員      26番 浅  井  康  雄   議 員
  12番 秋  山  由 紀 子   議 員      27番 石  村  次  郎   議 員
  13番 丹  羽  義  昭   議 員      28番 瀬  戸  健 一 郎   議 員
  14番 浅  井  喜 久 男   議 員      29番 佐  藤     勇   議 員
  15番 飯  田  弘  之   議 員      30番 中  山     康   議 員

◇欠席議員  なし

◇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者
  木  下  博  信   市長           宮  田  敏  男   都市整備部長
  津  留  龍  雄   助役           花  井  健  三   建設部長
  田  口  嘉  則   助役           宮  野  和  雄   病院事務部長
  宮  嶋  昭  雄   教育長          村  田  悦  一   学校教育部長
  長  濱  惠  一   総合政策部長       田  中  章  夫   生涯学習部長
  荒  井     勇   総務部長         田  村  嘉  門   水道部長
  石  田  幸  治   健康福祉部長       佐  藤  勝  美   消防長
  藤  波     孝   市民生活部長

◇本会議に出席した議会事務局職員
  田  中  和  明   議会事務局長       臼  倉  敏  明   庶務課主幹
  田  中     薫   議会事務局次長      金  子  忠  弘   議事課主幹
  清  水  昭  祐   議事課長         押  田  安  治   議事課主幹

◇傍 聴 人    2名


午前10時06分開会

△開会の宣告
○須永 議長  ただいまから平成18年草加市議会12月定例会を開会いたします。
 ──────────◇──────────
△開議の宣告
○須永 議長  直ちに本日の会議を開きます。
 ──────────◇──────────
△市長あいさつ
○須永 議長  市長からあいさつのため発言を求められておりますので、これを許します。
 木下市長。
  〔木下市長登壇〕
◎木下 市長  平成18年草加市議会12月定例会の開会に当たりまして、ごあいさつを申し上げます。
 本日は、12月定例会の招集をさせていただきましたところ、議員の皆様には、御参集を賜りまして、まことにありがとうございます。
 また、常日ごろ市政の充実発展に多大な御尽力と貴重な御提言をいただいておりますことに、心から感謝申し上げます。
 さて、今定例会には議案27件を提出させていただいておるところでございます。議員の皆様におかれましては、よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げまして、定例会開会のごあいさつとさせていただきます。
 どうぞよろしくお願いをいたします。
 ──────────◇──────────
△会議録署名議員の指名
○須永 議長  次に、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は会議規則第81条の規定により、議長において
   3番  西 沢 可 祝 議員
   9番  関   一 幸 議員
  21番  新 井 貞 夫 議員
  28番  瀬 戸 健一郎 議員
を指名いたします。
 ──────────◇──────────
△会期の決定
○須永 議長  次に、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。
 本定例会の会期は、本日から12月21日までの15日間といたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と言う人あり〕
○須永 議長  御異議なしと認めます。
 よって、会期は15日間と決定いたしました。
 ──────────◇──────────
△諸報告
○須永 議長  次に、諸報告を行います。

   ◇前定例会で採択された請願の処理結果報告
○須永 議長  去る9月定例会において採択されました請願を市長に送付しておきましたところ、その処理経過並びに結果の報告がありました。
 お手元に配付しておきましたので、御了承願います。

   ◇本定例会提出の請願の報告
○須永 議長  次に、本定例会に提出されました請願につきましては、請願一覧表としてお手元に配付しておきましたので、御了承願います。

   ◇地方自治法第121条の規定による説明員の報告
○須永 議長  次に、本定例会に説明員として出席通知のありました人の職氏名を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、御了承願います。

   ◇例月出納検査結果の報告
○須永 議長  次に、監査委員から例月出納検査の結果について報告がありました。
 その写しを配付しておきましたので、御了承願います。
 ──────────◇──────────
△市長提出議案の報告及び上程
○須永 議長  次に、市長から議案の提出がありましたので、御報告いたします。
 議会事務局次長をして朗読させます。
 議会事務局次長、朗読願います。
  〔議会事務局次長朗読〕
草自第1101号
平成18年11月30日
 草加市議会議長 須 永 賢 治 様
           草加市長 木 下 博 信
   平成18年草加市議会12月定例会に
   提出する議案について
 平成18年12月7日招集の草加市議会12月定例会に次の議案を提出します。
第109号議案 平成18年度草加市一般会計補正予算(第2号)
第110号議案 平成18年度草加市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
第111号議案 平成18年度草加都市計画新田西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)
第112号議案 平成18年度草加市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
第113号議案 平成18年度草加市介護保険特別会計補正予算(第2号)
第114号議案 平成18年度草加市立病院事業会計補正予算(第1号)
第115号議案 草加市政における公正な職務執行の確保に関する条例の制定について
第116号議案 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について
第117号議案 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第118号議案 草加市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第119号議案 草加市消防職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第120号議案 草加市障害児就学指導委員会条例の一部を改正する条例の制定について
第121号議案 草加市公民館設置及び管理条例の一部を改正する条例の制定について
第122号議案 草加市学校施設使用料条例の一部を改正する条例の制定について
第123号議案 草加市母子生活支援施設設置及び管理条例を廃止する条例の制定について
第124号議案 草加市小口事業資金融資条例等の一部を改正する条例の制定について
第125号議案 草加市公害防止施設整備資金融資条例の一部を改正する条例の制定について
第126号議案 草加市開発事業等の手続及び基準等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第127号議案 草加市立病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について
第128号議案 草加市消防団の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第129号議案 (仮称)草加市リサイクルセンター整備事業請負契約の締結について
第130号議案 指定管理者の指定について
第131号議案 彩の国さいたま人づくり広域連合の規約変更について
第132号議案 埼玉県後期高齢者医療広域連合の設立について
第133号議案 市道路線の廃止について
第134号議案 市道路線の認定について
第135号議案 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて
○須永 議長  なお、議案はお手元に配付しておきましたので、御了承願います。
 第109号議案から第135号議案を一括議題といたします。
 ──────────◇──────────
△市長提出議案の説明
○須永 議長  市長から提案理由の説明を求めます。
 木下市長。
  〔木下市長登壇〕
◎木下 市長  ただいま提出いたしました議案27件につきまして、その概要並びに提案理由の御説明を申し上げます。
 初めに、第109号議案 平成18年度草加市一般会計補正予算(第2号)について申し上げます。
 この補正は、歳入歳出予算、継続費、債務負担行為及び地方債の補正を行うものでございます。
 歳入歳出予算の補正は、歳入歳出それぞれ1億3,226万9,000円を追加し、予算の総額を554億6,154万6,000円とするものでございます。
 歳入につきましては、県支出金、寄附金及び市債の追加並びに国庫支出金、繰入金及び諸収入の減額を行うものでございます。
 歳出につきましては、主に総合窓口事業、自立地域生活支援事業、社会福祉施設整備事業、国民健康保険特別会計繰出金及び救急救命活動事業の追加並びに新田西部土地区画整理事業特別会計繰出金及び公共下水道事業特別会計繰出金の減額を行うとともに、人件費の過不足調整を行うものでございます。
 継続費の補正は、廃棄物処理事業の設定を行うものでございます。
 債務負担行為の補正は、道路舗装改良事業、水辺環境整備事業、排水路整備事業及び排水施設整備事業の設定並びに道路維持管理事業の廃止を行うものでございます。
 地方債の補正は、起債対象事業費等の変更により、限度額の変更を行うものでございます。
 次に、第110号議案 平成18年度草加市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について申し上げます。
 この補正は、歳入歳出予算及び債務負担行為の補正を行うものでございます。
 歳入歳出予算の補正は、歳入歳出それぞれ1,952万円を減額し、予算の総額を88億2,447万9,000円とするものでございます。
 歳入につきましては、繰入金の減額を行うものであり、歳出につきましては、総務費及び公債費の減額を行うものでございます。
 債務負担行為の補正につきましては、公共下水道汚水整備事業及び公共下水道雨水整備事業の設定を行うものでございます。
 次に、第111号議案 平成18年度草加都市計画新田西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について申し上げます。
 この補正は、歳入歳出予算の補正を行うもので、歳入歳出それぞれ2,895万円を減額し、予算の総額を20億9,236万4,000円とするものでございます。
 歳入につきましては、繰入金の減額を行うものであり、歳出につきましては、総務費の減額を行うものでございます。
 次に、第112号議案 平成18年度草加市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について申し上げます。
 この補正は、歳入歳出予算の補正を行うもので、歳入歳出それぞれ6億7,408万8,000円を追加し、予算の総額を206億7,269万6,000円とするものでございます。
 歳入につきましては、国庫支出金、療養給付費等交付金及び繰入金の追加並びに県支出金の減額を行うものでございます。
 歳出につきましては、主に保険給付費の追加及び共同事業拠出金の財源振替を行うものでございます。
 次に、第113号議案 平成18年度草加市介護保険特別会計補正予算(第2号)について申し上げます。
 この補正は、歳入歳出予算の補正を行うもので、歳入歳出それぞれ814万8,000円を追加し、予算の総額を66億377万7,000円とするものでございます。
 歳入につきましては、繰入金の追加を行うものでございます。
 歳出につきましては、総務費の追加を行うものでございます。
 次に、第114号議案 平成18年度草加市立病院事業会計補正予算(第1号)について申し上げます。
 この補正は、収益的収入及び支出の補正を行うもので、既決の予定額にそれぞれ3,957万9,000円を増額し、総額を病院事業収益につきましては、69億5,169万1,000円に、病院事業費用につきましては、77億6,770万2,000円とするものでございます。
 内容といたしましては、係争中の医療事故について和解案がまとまりましたので、医業外収益として保険金収入を追加するものであり、医業外費用として解決金及び弁護士費用の追加を行うものでございます。
 次に、第115号議案 草加市政における公正な職務執行の確保に関する条例の制定について申し上げます。
 この議案は、透明かつ公正な市政運営への取り組みをより実効性のあるものとするため、既に制定している草加市不当要求行為等対策要綱及び草加市職員の公益通報に関する要綱を統合整備し、新たに条例として制定するものでございます。
 内容といたしましては、職員等が公務等を遂行する上で受ける不当な要求行為等に対して、組織的な対応を図るため、外部組織として、弁護士、大学教授などで構成する草加市不当要求行為等・公益通報委員会を設置いたします。
 また、内部組織としては、副市長、病院事業管理者、教育長、部局長で構成し、草加警察署刑事課長を顧問とする草加市不当要求行為等対策会議を設置いたします。
 不当要求行為等への対応といたしましては、市長及び職員が不当要求行為等を受けたときは、対策会議に諮るとともに、警察等関係機関に通報するものといたします。
 また、市が発注する工事等の請負業者等が、業務の履行に当たり、不当要求行為を受けたときは、その旨を警察等関係機関に通報するとともに、市長に報告しなければならないことといたします。
 なお、市長は、不当要求行為等・公益通報委員会の意見を聞いて、不当要求行為等の行為者に対し、文書での警告や氏名等の公表等を行うことができることといたします。
 公益通報制度につきましては、職員は、市民全体の利益及び行政に対する信頼を著しく損なうおそれがある事案を知り得たときは、不当要求行為等・公益通報委員会に対し、公益通報を行わなければならないものといたします。
 また、通報者は、実名で行うこととし、通報による不利益は受けないこととするものでございます。
 なお、施行期日につきましては、平成19年4月1日からとするものでございます。
 次に、第116号議案 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について申し上げます。
 この議案は、地方自治法の一部改正に伴い、関係条例の条文の所要の整備を行うものでございます。
 内容といたしましては、関係条例の条文中に規定する「助役」を「副市長」に改めるとともに、「収入役」を削除し、「市吏員」を「市職員」に改めるものでございます。
 また、関係条例の引用条文にずれが生じましたので、所要の整備を行うものでございます。
 なお、施行期日につきましては、実費弁償に関する条例の一部改正につきましては、公布の日から、草加市行政財産の使用料に関する条例の一部改正及び草加市役所駐車場使用料条例の一部改正につきましては、地方自治法の一部を改正する法律中、地方自治法第238条の4の改正規定の施行の日から、そのほかは、平成19年4月1日からとするものでございます。
 次に、第117号議案 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。
 この議案は、平成18年11月22日付け草加市特別職報酬等審議会の答申にかんがみ、草加市国民健康保険運営協議会の会長及び委員につきまして、同協議会の職務内容及び開催状況等を勘案し、その他の附属機関の委員の報酬の区分による報酬額に改定するものでございます。
 内容といたしましては、これまで会長の報酬を月額7,600円、委員の報酬を月額7,000円としていましたが、会長、委員ともに日額7,000円とするものでございます。
 なお、施行期日につきましては、平成19年1月1日からとするものでございます。
 次に、第118号議案 草加市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について及び第119号議案 草加市消防職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定については、いずれも関連しておりますので、一括して申し上げます。
 この議案は、社会情勢の変化等を勘案し、一般の職員と消防職員の特殊勤務手当のうち年末年始業務手当を廃止するものでございます。
 内容といたしましては、12月29日から翌年1月3日までの間に、職員が、清掃作業に従事した場合に6,000円、それ以外の業務に従事した場合に5,000円を、また、消防職員が、消防業務に従事した場合に5,000円を支給していた年末年始業務手当を廃止するものでございます。
 なお、施行期日は、公布の日からとするものでございます。
 次に、第120号議案 草加市障害児就学指導委員会条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。
 この議案は、埼玉県障害児就学指導委員会規則の一部改正にかんがみ、草加市障害児就学指導委員会の名称及び所掌事項の一部変更並びに障害のある幼児、児童及び生徒への就学に係る教育的支援の充実を図るため、同委員会の組織の一部変更を行うものでございます。
 内容といたしましては、委員会の名称及び所掌事項を改めるとともに、組織につきましては、委員の人数を14人から15人として臨床心理士を加えるものでございます。
 なお、施行期日は、平成19年4月1日からとするものでございます。
 次に、第121号議案 草加市公民館設置及び管理条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。
 この議案は、草加市立谷塚文化センターの建て替えに伴い、同センターの位置を変更し、使用料を改定するものでございます。
 内容といたしましては、谷塚文化センターの位置を「草加市谷塚町752番地」から「草加市谷塚仲町440番地」に変更するとともに、使用料の改定につきましては、従前の使用料の算出基準に基づき算出し、ホール等の使用料を定めるものでございます。
 なお、施行期日につきましては、公布の日から起算して4月を超えない範囲内で規則で定める日からとするものでございます。
 次に、第122号議案 草加市学校施設使用料条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。
 この議案は、草加市立谷塚小学校及び草加市立谷塚文化センターの建て替えによる複合施設化に伴い、学校施設のうち家庭科室を谷塚文化センターとの共用施設として一般の使用に供するため、当該施設の使用料を定めるものでございます。
 内容といたしましては、共用施設とする家庭科室の使用料を谷塚文化センターと同様に使用料の算出基準に基づき算出し、使用料を定めるものでございます。
 なお、施行期日につきましては、草加市公民館設置及び管理条例の一部を改正する条例の施行の日からとするものでございます。
 なお、地方自治法の引用条文の改正につきましては、地方自治法の一部を改正する法律中、地方自治法第238条の4の改正規定の施行の日からとするものでございます。
 次に、第123号議案 草加市母子生活支援施設設置及び管理条例を廃止する条例の制定について申し上げます。
 この議案は、母子生活支援施設ふきのとうの老朽化及び母子家庭等に対する他の子育て支援制度等による相談・援護体制にかんがみ、同施設を廃止するものでございます。
 内容といたしましては、同施設は、建築後39年が経過しており、老朽化が著しい状況となっております。
 また、他の子育て支援制度等といたしまして、ケースワーカーによる相談・援護体制の充実、家庭児童相談員による子育て相談、児童相談所や婦人センターとの連携強化等がございますことから、同施設を廃止するものでございます。
 なお、施行期日につきましては、平成19年4月1日からとするものでございます。
 次に、第124号議案 草加市小口事業資金融資条例等の一部を改正する条例の制定について申し上げます。
 この議案は、埼玉県信用保証協会の市町村小口金融特別保証取扱要領及び市町村制度金融特別保証取扱要領の一部が改正されたことに伴い、連帯保証人の基準を改正するものでございます。
 内容といたしましては、草加市小口事業資金融資条例ほか2件の条例の連帯保証人の基準を、現行では、個人においては1人以上、法人においては2人以上としている規定を、個人にあっては要しないものとし、法人にあっては代表者とするものでございます。
 なお、施行期日につきましては、平成19年1月1日からとするものでございます。
 次に、第125号議案 草加市公害防止施設整備資金融資条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。
 この議案は、埼玉県信用保証協会の市町村制度金融特別保証取扱要領の一部が改正されたことに伴い、連帯保証人の基準を改正するものでございます。
 内容といたしましては、第124号議案と同様、連帯保証人の基準を、個人にあっては要しないものとし、法人にあっては代表者とするものでございます。
 なお、施行期日につきましては、平成19年1月1日からとするものでございます。
 次に、第126号議案 草加市開発事業等の手続及び基準等に関する条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。
 この議案は、高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律が廃止され、高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律が制定されたことに伴い、条文の所要の整備を行うものでございます。
 なお、施行期日につきましては、公布の日からとするものでございます。
 次に、第127号議案 草加市立病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。
 この議案は、選定療養に係る初診料を定める告示等の改正に伴い、条例で引用している厚生労働省告示について、条文の所要の整備を行うものでございます。
 なお、施行期日につきましては、公布の日からとするものでございます。
 次に、第128号議案 草加市消防団の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。
 この議案は、地域防災体制を充実し、消防団の活性化を図るため、大規模災害時等における特定の任務に限り従事する機能別団員を置くとともに、これに伴う報酬等の見直しを行うものでございます。
 内容といたしましては、これまでの消防団員を基本団員とするとともに、入団時に定めた特定の任務に限り従事する機能別団員を設置できることとするものでございます。
 また、機能別団員の設置に伴い、定数を206人から230人へ改定し、消防団員の任用資格に、市内在学者を加えるものでございます。
 また、機能別団員の報酬を新たに定めるとともに、基本団員及び機能別団員の手当額につきましても見直しを行うものでございます。
 なお、施行期日につきましては、平成19年4月1日からとするものでございます。
 次に、第129号議案 (仮称)草加市リサイクルセンター整備事業請負契約の締結について申し上げます。
 この議案は、資源と環境を保全し、循環型社会を形成するため、新たなリサイクルセンターの建設が必要なことから、(仮称)草加市リサイクルセンター整備事業について、契約金額18億2,700万円で極東開発工業株式会社と請負契約を締結するものでございまして、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 なお、発注方式につきましては、設計・施工一括発注とする中で、契約方式につきましては、総合評価方式による一般競争入札を採用し、外部有識者を中心とする事業者選定審査委員会を設置いたしまして、入札参加者の技術提案等の審査を行い、優秀提案事業者を落札者に選定したものでございます。
 なお、工期につきましては、本契約締結の日から平成21年5月15日まででございます。
 次に、第130号議案 指定管理者の指定について申し上げます。
 この議案は、地方自治法第244条の2第3項の規定により草加市立西町児童クラブ、草加市立氷川児童クラブ、草加市立花栗児童クラブ及び草加市立谷塚児童クラブの指定管理者を指定するに当たり、同条第6項の規定により議会の議決を求めるものでございます。
 その主な内容は、それぞれの施設の管理を指定管理者に行わせるもので、指定管理者は、特定非営利活動法人草加・元気っ子クラブとし、指定の期間につきましては、西町児童クラブ及び氷川児童クラブにつきましては、平成19年4月1日から平成24年3月31日までの5年間、花栗児童クラブ及び谷塚児童クラブにつきましては、平成19年4月1日から平成22年3月31日までの3年間とするものでございます。
 次に、第131号議案 彩の国さいたま人づくり広域連合の規約変更について申し上げます。
 この議案は、地方自治法の一部改正に伴い、収入役の廃止並びに会計管理者の設置に伴い、彩の国さいたま人づくり広域連合規約を変更することについて協議するため、議会の議決を求めるものでございます。
 次に、第132号議案 埼玉県後期高齢者医療広域連合の設立について申し上げます。
 この議案は、健康保険法等の一部を改正する法律第7条の規定による改正後の高齢者の医療の確保に関する法律第48条の規定により、後期高齢者医療の事務の処理等を行うため、県内すべての市町村が加入する埼玉県後期高齢者医療広域連合を設立することについて協議したいので、地方自治法第291条の11の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 次に、第133号議案 市道路線の廃止について及び第134号議案 市道路線の認定については、いずれも相互に関連しておりますので、一括して申し上げます。
 廃止します路線は27路線、新たに認定します路線は122路線でございます。
 廃止及び認定の主な理由でございますが、新田西部土地区画整理事業に伴うものが、廃止8路線、認定36路線、寄附を受け路線を延長することに伴うものが、廃止18路線、認定17路線、寄附による新設の認定が、69路線、一般交通の用に供する必要がなくなったものが、廃止1路線となっております。
 次に、第135号議案 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて申し上げます。
 この議案は、教育委員会委員井出健治郎氏の任期が、平成18年12月31日をもって満了となりますので、引き続き同氏を教育委員会委員に任命したく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。
 なお、経歴等につきましては、議案に添付してございます参考資料のとおりでございます。
 以上、議案27件につきましては、その概要並びに提案理由の御説明を申し上げましたが、議員の皆様の格別なる御理解をいただき、原案どおり議決を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。
 どうぞよろしくお願いいたします。
○須永 議長  以上で、提案理由の説明を終了いたします。
 以上で、本日の日程は終了いたしました。
 ──────────◇──────────
△次会日程報告
○須永 議長  明12月8日は議案調査日、9日、10日は休会とし、12月11日は午前10時から本会議を開き、市長提出議案に対する質疑を行います。
 ──────────◇──────────
△散会の宣告
○須永 議長  本日はこれにて散会いたします。

午前10時36分散会