議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 草加市

平成18年  6月 定例会−06月13日-付録




平成18年 6月 定例会

              参  考  資  料

〇会期表……………………………………………………………………………………1
〇議案処理結果一覧表……………………………………………………………………3
〇議員提出議案……………………………………………………………………………5
〇前定例会採択請願の処理結果一覧表………………………………………………11
〇請願の処理結果一覧表………………………………………………………………12
〇本定例会提出の請願…………………………………………………………………14
〇議案質疑発言一覧表…………………………………………………………………27
〇一般質問発言一覧表…………………………………………………………………28
〇閉会中の特定事件の委員長報告……………………………………………………32
  総務文教委員長報告………………………………………………………………32
  福祉環境委員長報告………………………………………………………………36
  建設委員長報告……………………………………………………………………38
〇議員の派遣……………………………………………………………………………41
〇議員派遣報告書………………………………………………………………………42


                平成18年草加市議会6月定例会会期表

                            自 平成18年 6月 1日(木)
                                           (13日間)
                            至 平成18年 6月13日(火)

┌────┬──────┬──┬───────┬─────────────────────────┐
│ 日 次 │ 月  日 │曜日│開 議 時 刻│      摘           要      │
├────┼──────┼──┼───────┼─────────────────────────┤
│第 1日│ 6月 1日│ 木 │午前10時  │○開会                      │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○開議                      │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○会議録署名議員の指名              │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○会期の決定                   │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○諸報告                     │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○市長提出議案の報告及び上程           │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○市長提出議案の説明               │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○公共工事にかかわる恐喝事件等調査特別委員会委員辞│
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │ 任の許可                    │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○公共工事にかかわる恐喝事件等調査特別委員会委員の│
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │ 選任                      │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │●公共工事にかかわる恐喝事件等調査特別委員会   │
├────┼──────┼──┼───────┼─────────────────────────┤
│第 2日│ 6月 2日│ 金 │       │ 議案調査日                   │
├────┼──────┼──┼───────┼─────────────────────────┤
│第 3日│ 6月 3日│ 土 │       │ 休  会                    │
├────┼──────┼──┼───────┼─────────────────────────┤
│第 4日│ 6月 4日│ 日 │       │ 休  会                    │
├────┼──────┼──┼───────┼─────────────────────────┤
│第 5日│ 6月 5日│ 月 │午前10時  │○市長提出議案に対する質疑            │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○市政に対する一般質問              │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │●公共工事にかかわる恐喝事件等調査特別委員会   │
├────┼──────┼──┼───────┼─────────────────────────┤
│第 6日│ 6月 6日│ 火 │午前10時  │○市政に対する一般質問              │
├────┼──────┼──┼───────┼─────────────────────────┤
│第 7日│ 6月 7日│ 水 │午前10時  │○市政に対する一般質問              │
├────┼──────┼──┼───────┼─────────────────────────┤
│第 8日│ 6月 8日│ 木 │午前10時  │○市政に対する一般質問              │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○委員会付託省略(第61号議案)         │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○議案及び請願の各常任委員会付託         │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │●公共工事にかかわる恐喝事件等調査特別委員会   │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │●常任委員会(総務文教、福祉環境、建設委員会)  │
├────┼──────┼──┼───────┼─────────────────────────┤
│第 9日│ 6月 9日│ 金 │       │ 休  会                    │
├────┼──────┼──┼───────┼─────────────────────────┤
│第10日│ 6月10日│ 土 │       │ 休  会                    │
├────┼──────┼──┼───────┼─────────────────────────┤
│第11日│ 6月11日│ 日 │       │ 休  会                    │
├────┼──────┼──┼───────┼─────────────────────────┤
│第12日│ 6月12日│ 月 │       │ 休  会                    │
├────┼──────┼──┼───────┼─────────────────────────┤
│第13日│ 6月13日│ 火 │午前10時  │○議案及び請願の上程               │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○請願第6号の一部字句の削除           │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○請願第6号の紹介議員の追加           │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○各常任委員長報告                │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │ ※総務文教委員長報告              │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │ ※福祉環境委員長報告              │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○各常任委員長報告に対する質疑          │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○討論                      │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○採決                      │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○閉会中の特定事件の委員会付託          │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○市長追加提出議案の報告及び上程         │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○市長追加提出議案の説明             │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○市長追加提出議案に対する質疑          │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○委員会付託省略                 │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○討論                      │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○採決                      │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○議員提出議案の報告及び上程           │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○議員提出議案の説明               │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○議員提出議案に対する質疑            │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○委員会付託省略                 │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○討論                      │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○採決                      │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○農業委員会委員の推薦              │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○議員の派遣                   │
│    │      │  │       │                         │
│    │      │  │       │○閉会                      │
└────┴──────┴──┴───────┴─────────────────────────┘


                    議案処理結果一覧表

  市 長 提 出 議 案

   本定例会提出
┌────┬───────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│議案番号│    件         名    │提出年月日│付託委員会│議決年月日│ 議決結果 │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│第52号│専決処分の承認を求めることについて  │18. 6. 1│総務文教 │18.6.13│承認   │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│                   │     │委 員 会│     │     │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│第53号│専決処分の承認を求めることについて  │18. 6. 1│福祉環境 │18.6.13│承認   │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│                   │     │委 員 会│     │     │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│第54号│草加市税条例の一部を改正する条例の制定│18. 6. 1│総務文教 │18.6.13│原案可決 │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│について               │     │委 員 会│     │     │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│第55号│草加市国民健康保険条例の一部を改正する│18. 6. 1│福祉環境 │18.6.13│原案可決 │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│条例の制定について          │     │委 員 会│     │     │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│第56号│草加市自転車の放置防止に関する条例の一│18. 6. 1│福祉環境 │18.6.13│原案可決 │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│部を改正する条例の制定について    │     │委 員 会│     │     │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│第57号│草加市立病院使用料及び手数料条例の一部│18. 6. 1│福祉環境 │18.6.13│原案可決 │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│を改正する条例の制定について     │     │委 員 会│     │     │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│第58号│埼玉県市町村職員退職手当組合の共同処理│18. 6. 1│総務文教 │18.6.13│原案可決 │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│する事務の変更及び同組合の規約変更につ│     │委 員 会│     │     │
│    │                   │     │     │     │     │
│    │いて                 │     │     │     │     │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│第59号│埼玉県市町村消防災害補償組合の規約変更│18. 6. 1│総務文教 │18.6.13│原案可決 │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│について               │     │委 員 会│     │     │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│第60号│埼玉県市町村消防災害補償組合の解散及び│18. 6. 1│総務文教 │18.6.13│原案可決 │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│財産処分について           │     │委 員 会│     │     │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│第61号│固定資産評価審査委員会委員の選任につき│18. 6. 1│      │18.6.13│同意   │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│同意を求めることについて       │     │     │     │     │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│第62号│監査委員の選任につき同意を求めることに│18. 6. 12│      │18.6.13│同意   │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│ついて                │     │     │     │     │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│第63号│人権擁護委員の推薦につき意見を求めるこ│18. 6. 12│      │18.6.13│同意   │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│とについて              │     │     │     │     │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│第64号│人権擁護委員の推薦につき意見を求めるこ│18. 6. 12│      │18.6.13│同意   │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│とについて              │     │     │     │     │
└────┴───────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘


  議 員 提 出 議 案

   本定例会提出
┌────┬───────────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│議案番号│    件         名    │提出年月日│付託委員会│議決年月日│ 議決結果 │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│議第10号│今様・草加宿事業の推進に関する決議  │18.6.13│      │18.6.13│原案可決 │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│                   │     │     │     │     │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│議第11号│「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締│18.6.13│      │18.6.13│原案可決 │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│りに関する法律」及び「貸金業の規制等に│     │     │     │     │
│    │                   │     │     │     │     │
│    │関する法律」の改正を求める意見書   │     │     │     │     │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│議第12号│「ILO第175号条約」、「ILO第1│18.6.13│      │18.6.13│否決   │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│11号条約」の早期批准及び「パートタイ│     │     │     │     │
│    │                   │     │     │     │     │
│    │ム労働法」の実効ある改正を求める意見書│     │     │     │     │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│議第13号│脳脊髄液減少症の研究・治療等の推進を求│18.6.13│      │18.6.13│原案可決 │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│める意見書              │     │     │     │     │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│議第14号│小規模特別養護老人ホーム建設に対する補│18.6.13│      │18.6.13│原案可決 │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│助制度の創設を求める意見書      │     │     │     │     │
├────┼───────────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│議第15号│残留農薬のポジティブリスト制度の充実を│18.6.13│      │18.6.13│原案可決 │
│    │                   │     │     │     │     │
│議  案│求める意見書             │     │     │     │     │
└────┴───────────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┘


                     議員提出議案
議第10号議案

   今様・草加宿事業の推進に関する決議

 今様・草加宿事業は、地域再生計画として認定を受ける中で、旧町地区から草加松原地区を対象に、まちの活性化やにぎわいをテーマに推進されている。
 しかしながら、国が進める地域再生計画は、地区というよりも地域経済の活性化、地域における雇用機会の創出、その他の地域活力の再生を目的としている。
 こうした理念に基づき、草加市においては、地域に格差が生じることのないよう、市全体の活力再生を図る事業として認識し、市民が納得できるまちづくりを行っていかなければならないが、現在のところ、事業の目指す方向、事業内容、事業費等が明らかになっていない状況である。
 よって、今様・草加宿事業を推進するに当たっては、事業の見直し等も視野に入れ、次の点に留意するよう強く求めるものである。
1 市全体のまちづくりとの整合を図る中で、今様・草加宿事業の全体ビジョンを明確に すること
2 まちづくり交付金の活用は、長期的展望に立ち、将来の財政に過大な負担をもたらす ことのないよう、明確な財政計画のもとで行うこと
3 市民と行政の役割を原点に立ち戻って確認し、パートナーシップの理念に基づき事業 を推進すること
 以上、決議する。
 平成18年6月13日
                                          草加市議会

議第11号議案

「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」及び「貸金業の規制等に関する法律」の改正を求める意見書

 平成15年7月、貸金業の規制等に関する法律及び出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律の一部を改正する法律が成立し、その附帯決議で、貸金業の規制等に関する法律及び出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律の上限金利の見直しをいわゆるヤミ金融対策法の施行後3年をめどに行うことが定められている。その具体的期限が、平成19年1月であることから、金利の見直し等の法改正に向けて、今が極めて重要な時期にあると言える。
 現在も多重債務問題は深刻さを増し、自己破産申立件数は平成15年には24万2,357件に達し、平成17年では減少はしたものの18万件を超え、依然高水準にあり、社会問題として深刻な状況にある。このような中、多重債務の主たる原因は、消費者金融業者の高金利及び過剰与信にあることは明らかであり、ヤミ金融から借り入れる者は、破産経験者や既に延滞に陥っている者であることから、ヤミ金融を撲滅するには、そもそも多重債務者の発生を抑止し、高金利及び過剰与信構造を打破することが重要である。
 よって政府においては、出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律及び貸金業の規制等に関する法律を次のとおり改正するよう求めるものである。
1 出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律第5条の上限金利を、利息制限法第1条の制限金利まで引き下げること
2 貸金業の規制等に関する法律第43条のいわゆる「みなし弁済」規定を撤廃すること
3 出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律における日賦貸金業者及び電話担保金融に対する特例金利を廃止すること
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成18年6月13日
                                        埼玉県草加市議会
 内閣総理大臣        様
 総務大臣          様
 法務大臣          様
 金融経済財政政策担当大臣  様

議第12号議案

「ILO第175号条約」、「ILO第111号条約」の早期批准及び「パートタイム労働法」の実効ある改正を求める意見書(否決)

 パートタイム労働者は、年々その数がふえ、職場では基幹的労働者として重要な役割を果たしている。1994年にILO総会で採択されたILO第175号条約(パートタイム労働に関する条約)を初め、EUはパートタイム労働に関する均等待遇指令(1997年)を定め、賃金・労働条件などの処遇は、フルタイム労働者と時間比例で均等にすることとしている。労働者の均等待遇のルールを、社会的に確立していくことは、国際的な流れとなっている。
 また、ILO第111号条約(雇用と職業における差別撤廃条約)は、雇用と職業の面で、どのような差別待遇も行われてはならないことを規定している。
 日本では「パートタイム労働法」があるものの、パート労働者は賃金や労働条件などフルタイム労働者に比べて大きな差があり、格差は拡大している。
 よって政府においては、パート労働者の実効ある待遇改善を進めるために、早期に「ILO第175号条約」、「ILO第111号条約」を批准し、その趣旨に沿って、パートタイム労働法に「均等待遇」を明記し、罰則規定など実効性のあるものにするため、次の事項について対策を求めるものである。
1 ILO第175号条約を早期に批准すること
2 ILO第111号条約を早期に批准すること
3 パートタイム労働法の実効ある改正をすること
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成18年6月13日
                                        埼玉県草加市議会
 内閣総理大臣   様
 厚生労働大臣   様

議第13号議案

脳脊髄液減少症の研究・治療等の推進を求める意見書

 脳脊髄液減少症は、交通事故、スポーツ障害、落下事故、暴力などによる頭部や全身への強い衝撃によって脳脊髄液が慢性的に漏れ続け、頭痛、首や背中の痛み、腰痛、目まい、吐き気、視力低下、耳鳴り、思考力低下、うつ症状、睡眠障害、極端な全身倦怠感・疲労感等のさまざまな症状が複合的に発現する病気であり、難治性のいわゆる「むち打ち症」の原因として注目されている。
 しかし、この病気はこれまで原因が特定されていない場合が多く、「怠け病」あるいは「精神的なもの」と判断されたため、患者の肉体的・精神的苦痛はもとより、患者の家族等の疲労もはかり知れなかった。
 近年、この病気に対する認識が徐々に広がり、本症の研究に取り組んでいる医師らより新しい診断法、治療法(ブラッドパッチ療法など)の有用性が報告されている。そのような中、医学界においても脳脊髄液減少症に関して本格的な検討を行う機運が生まれつつある。長年苦しんできた患者にとってこのことは大きな光明となっている。
 しかしながら、この病気の一般の認知度はまだまだ低く、患者数など実態も明らかになっていない。また、全国的にもこの診断・治療を行う医療機関が少ないため、患者・家族などは大変な苦労を強いられている。
 よって政府においては、次の措置を講ずるよう強く求めるものである。
1 交通事故等の外傷による脳脊髄液漏れ患者(脳脊髄液減少症患者)の実態調査を実施するとともに、患者・家族に対する相談及び支援の体制を確立すること
2 脳脊髄液減少について、さらに研究を推進するとともに、診断等並びにブラッドパッチ療法を含む治療法を早期に確立すること
3 脳脊髄液減少症の治療法の確立後、ブラッドパッチ療法等の新しい治療法に対して早期に保険を適用すること
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成18年6月13日
                                        埼玉県草加市議会
 内閣総理大臣   様
 厚生労働大臣   様

議第14号議案

小規模特別養護老人ホーム建設に対する補助制度の創設を求める意見書

 改正介護保険法が平成18年4月1日からスタートした。政府は、今後、大規模施設建設から「地域密着型」と称して、30人規模の小規模特別養護老人ホームの建設を進める方針である。三位一体の改革で、これまでの補助金を「地域介護・福祉空間整備等交付金制度」に改めたが、条件が厳しく、施設建設も計画どおりに進んでいない。
 草加市では、要介護3以上の待機者が平成17年9月17日の調査では216人にも上り、今後さらにふえ続けると想定されている。また、平成20年4月には100床の特別養護老人ホームがオープン予定となっているが、完成しても待機者は解消されない状況である。
 よって埼玉県においては、これまでの大規模特別養護老人ホームに対して実施してきた補助制度と同様に、小規模特別養護老人ホームに対する建設費補助制度を創設することを求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成18年6月13日
                                        埼玉県草加市議会
 埼玉県知事    様

議第15号議案

残留農薬のポジティブリスト制度の充実を求める意見書

 食品衛生法の改定に基づき、残留農薬の規制が5月29日から実施された。今回の法改正で残留基準値を超えて農薬が残留した食品は加工食品も含め、流通、販売が禁止された。法改正前も283品目の農薬などに基準が設けられていたが、残留基準の定められていないものについては、幾ら残留していても基本的には流通規制の対象にならない状況である。
 今回の法改正は、中国産ホウレンソウの残留農薬問題などを契機に対象農薬などは799品目となり、一つひとつの食品に対応する農薬などの残留基準が設けられた。
 検査するのは、輸入品においては検疫所、国内産においては都道府県の各保健所や卸売市場での衛生検査所などとなっている。しかし、全国に31カ所ある検疫所には、食品衛生監視員が314人しかいないにもかかわらず、この新制度を前に14人の増員をしただけである。
 このような中、日本の食品輸入量は169万件、3,400万tを超え、増加し続けている。
 よって政府においては、残留農薬の検査を実効あるものにするため、職員体制を見直し、実効あるポジティブリスト制度にすることを求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成18年6月13日
                                        埼玉県草加市議会
 内閣総理大臣   様
 厚生労働大臣   様
 農林水産大臣   様
 経済産業大臣   様
                 前定例会採択請願の処理結果一覧表

                          草自第287号
                          平成18年5月25日

 草加市議会議長 宇 野  博  様

                       草加市長 木 下 博 信


   採択請願の処理経過及び結果について(報告)

 平成18年3月24日付け草議議第408号をもって請求を受けた採択請願の処理経過及び結果について、次のとおり報告します。

 平成18年草加市議会3月定例会

 請願第1号 介護保険制度における見直しを求める請願について
       今後、国の動向を勘案しながら介護保険制度の事業を進めてまいります。


                    請願の処理結果一覧表

   本定例会提出
┌────┬───────────────────────┬───────┬─────┬─────┐
│請願番号│    件             名    │ 代表者氏名 │付託委員会│ 処理結果 │
├────┼───────────────────────┼───────┼─────┼─────┤
│請  願│新田西公民館の早期建て替えを求める請願書   │新田西公民館の│総務文教 │採択   │
│    │                       │       │     │     │
│第 3号│                       │早期建て替え協│委 員 会│     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │議会会長   │     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │  杉野  正│     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │    外 32名│     │     │
├────┼───────────────────────┼───────┼─────┼─────┤
│請  願│聴覚・視覚障害者のサービス利用者負担に関する請│草加市聴覚障害│福祉環境 │採択   │
│    │                       │       │     │     │
│第 4号│願について                  │者協会会長  │委 員 会│     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │  奥村 三男│     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │草加市手話友の│     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │会代表    │     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │  葛西真智子│     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │日本網膜色素変│     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │性症協会埼玉支│     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │部顧問    │     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │  丸山  隆│     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │    外 77名│     │     │
├────┼───────────────────────┼───────┼─────┼─────┤
│請  願│上限金利を引き下げ等により、中小零細事業者・消│埼玉弁護士会会│福祉環境 │採択   │
│    │                       │       │     │     │
│第 5号│費者等の健全な生活を守り、多重債務問題根絶のた│長      │委 員 会│     │
│    │                       │       │     │     │
│    │め、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに│  蔭山 好信│     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │関する法律」及び「貸金業の規制等に関する法律」│埼玉司法書士会│     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │の改正を求める意見書を政府等に提出することを求│会長     │     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │める件                    │  早川 敏夫│     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │    外 40名│     │     │
├────┼───────────────────────┼───────┼─────┼─────┤
│請  願│高学年児童が安心して充実した放課後を過ごすこと│草加市学童保育│福祉環境 │採択   │
│    │                       │       │     │     │
│第 6号│のできる施策の実施を求める請願        │の会会長   │委 員 会│     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │  春名 政弘│     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │  外 39,961名│     │     │
├────┼───────────────────────┼───────┼─────┼─────┤
│請  願│『「ILO第175号条約」「ILO第111号条│草加・八潮地区│福祉環境 │不採択  │
│    │                       │       │     │     │
│第 7号│約」の早期批准及び「パートタイム労働法」の実効│労働組合協議会│委 員 会│     │
│    │                       │       │     │     │
│    │ある改正を求める意見書』に関する請願書    │議長     │     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │  新間  仁│     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │    外 11名│     │     │
├────┼───────────────────────┼───────┼─────┼─────┤
│請  願│「最低賃金の引き上げを求める意見書」に関する請│草加・八潮地区│福祉環境 │不採択  │
│    │                       │       │     │     │
│第 8号│願書                     │労働組合協議会│委 員 会│     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │議長     │     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │  新間  仁│     │     │
│    │                       │       │     │     │
│    │                       │    外 11名│     │     │
└────┴───────────────────────┴───────┴─────┴─────┘

                    本定例会提出の請願
請願第3号
                            紹介議員  有 賀 正 義
                                  瀬 戸 健一郎
                                  浅 井 康 雄
                                  大 野 ミヨ子
                                  新 井 貞 夫
                                  吉 沢 哲 夫

             件名 新田西公民館の早期建て替えを求める請願書

趣旨 新田西公民館は、昭和47年4月に開館され、以来、生涯学習を志す地域住民に大いに活用されてきました。
   しかしながら、建築後34年を経過しての施設の老朽化、また、延べ床面積が改築された柿木公民館の半分以下という施設の狭隘から、利用者及び地域住民からの早期建て替えを求める声は、日に日に高まってきております。
   私ども協議会は、新田西公民館の早期建て替えの必要性を痛感して組織され、今日までに他市公民館の視察も含め、議論を重ねてまいりました。
   市が策定した第三次草加市総合振興計画前期基本計画では、計画期間である平成17年度までに、基本計画の策定・設計・建設工事を完了するとのことでありましたが、一向に進捗していない現状にあると考えます。
   よって、次の項目に留意しつつ、安全・安心を確保するためにも、新田西公民館を一日も早く建て替えることを強く求めるものです。
項目 1 災害時の避難場所の確保のため、各学校間への建設に配慮いただきたいこと
   2 義務教育施設との併設については、弊害が大きいことから慎重に対応いただきたいこと
   3 市北西部には公共施設が少ないことをかんがみ、地域における拠点施設として社会体育施設等との複合化に配慮いただきたいこと
  以上、地方自治法第124条の規定により請願いたします。
   平成18年5月25日
               請願者  草加市新栄町1000新栄町団地4−11−303
                     新田西公民館の早期建て替え協議会
                     会長 杉 野   正  外32名

   草加市議会議長  宇 野   博 様


請願第4号
                            紹介議員  瀬 戸 健一郎
                                  浅 井 康 雄
                                  大 野 ミヨ子
                                  新 井 貞 夫

         件名 聴覚・視覚障害者のサービス利用者負担に関する請願について

趣旨 草加市では、福祉の先進市として、昭和53年から聴覚障害者や言語障害者等のコミュニケーション障害を持つ者のコミュニケーション手段の確保のため、手話通訳者の養成及び派遣事業を利用者負担無しで実施されてきました。
   今般、障害者自立支援法が制定され、その大きな特徴は、サービス利用にかかる利用者負担が利用者の所得による応能負担から1割定率の応益負担になったことです。
   手話通訳者の派遣事業は、障害者自立支援法の中では、地域生活支援事業に位置付けられ、利用者負担などは実施主体である自治体の裁量に委ねられており、他の障害福祉サービス同様に1割定率負担が導入されるのではないかと危惧しております。
   コミュニケーションは基本的人権に属するもので、日常生活のあらゆる場面において必要不可欠なものです。私たちは、私たちだけのコミュニティで生活しているのではなく、地域の中で地域の人々とともに生活をしています。手話通訳は、私たちのみならず、私たちと接する全ての人が必要とするものであることは、ご理解いただけるものと思います。
   以上のことから、格差や差別なく安心した地域生活が営めますよう今後も、手話通訳者の養成事業を継続していただくとともに、手話通訳者の派遣にかかる利用者負担については、自己負担や利用制限等を設けない現行制度を維持し無料として下さい。
   また同様に、視覚障害者の移動手段の確保のため、ガイドヘルパーの派遣については、市の事業として平成5年度から平成14年度までは、ガイドヘルパー派遣事業として実質利用者負担無しで実施されてきました。
   県内のいくつかの自治体では、利用者負担無しのままガイドヘルパーの派遣事業を継続するなかで、草加市は、平成15年3月末で、ガイドヘルパー派遣運営要綱を廃止し、同年4月から全面的に障害者支援費制度の移動介護に移行し、他の障害福祉サービスと同じ、利用者の所得による応能負担を導入しました。
   このとき私たちは、障害福祉サービスの需要が増えつづける中、事業の安定的継続を図るためには、一定の利用者負担は必要との市の説明と草加市独自の軽減策が講じられたことから制度の移行について理解を示し、ガイドヘルパー制度の存続は要望しませんでした。
   しかしながら、障害者自立支援法では、平成18年10月から地域生活支援事業に移行後は、利用者負担等は実施主体の自治体の裁量としながら、4月から9月までの間は、介護給付としてみなされ、定率1割負担の応益負担が課されることになりました。
   私たち視覚障害者は、その障害により単独による外出は困難であり、ガイドヘルパーは、目となり正確な情報を与えてくれる日常生活に必要不可欠な存在です。
   私たち視覚障害者にとって1割定率の応益負担は、負担が大きくこのまま続けば、サービスの利用を減らすこととなり、社会生活を営むことができなくなります。格差や差別なく安心した地域生活が営めますよう、なるべく早い時期に、冠婚葬祭、通院、市役所等官公署への移動や障害者団体等の会議への出席等日常生活上、必要最低限の派遣については無料とし、その他の社会参加等のための派遣については、平成17年度までの「草加市支援費等の支給に関する規則」の居宅生活支援の利用者負担額表に基づく応能負担に戻し、本年10月からの地域生活支援事業へ移行後も継続して頂きますようお願い申し上げます。
   以上、手話通訳者の養成事業の継続及び手話通訳者派遣事業については無料とし、視覚障害者ガイドヘルパー派遣にかかる利用者負担の一部無料および軽減について、地方自治法第124条の規定により請願書を提出します。
   平成18年5月25日
                 請願者  草加市高砂一丁目3−5−804
                       草加市聴覚障害者協会
                       会長 奥 村 三 男
                      草加市氷川町1325−16
                       草加市手話友の会
                       代表 葛 西 真智子
                      草加市草加三丁目7−20
                       日本網膜色素変性症協会
                       埼玉支部顧問 丸 山   隆  外77名
   草加市議会議長  宇 野   博 様


請願第5号
                            紹介議員  瀬 戸 健一郎
                                  有 賀 正 義
                                  浅 井 康 雄
                                  大 野 ミヨ子
                                  新 井 貞 夫
                                  吉 沢 哲 夫

   件名 上限金利を引き下げ等により、中小零細事業者・消費者等の健全な生活を守り、多重債務問題根絶のため、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」及び「貸金業の規制等に関する法律」の改正を求める意見書を政府等に提出することを求める件

趣旨 草加市議会が、国会及び関係行政庁に対し、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」(以下、「出資法」といいます。)及び「貸金業の規制等に関する法律」(以下、「貸金業規制法」といいます。)を次のとおり改正するよう求める意見書を提出することを採択していただくよう請願致します。
  1 出資法第5条の上限金利を、利息制限法第1条の制限金利まで引き下げること
  2 貸金業規制法第43条のいわゆる「みなし弁済」規定を撤廃すること
  3 出資法における日賦貸金業者及び電話担保金融に対する特例金利を廃止すること
理由 1 はじめに
     2003年(平成15年)7月、ヤミ金融対策法(貸金業規制法及び出資法の一部を改正する法律)が成立し、その付帯決議で、貸金業規制法及び出資法の上限金利の見直しをヤミ金融対策法の施行後3年を目途に行うことが定められています。その具体的期限が、2007年(平成19年)1月ころになることから、金利の見直し等の法改正に向けて、今が極めて重要な時期にあると言えます。
   2 多重債務問題の深刻化2000年、2003年に、貸金業規制法及び出資法の改正等、貸金業に関連した法改正がなされ、それぞれ一定の成果が報告されています。しかし、依然、多重債務問題は深刻さを増し、自己破産の申立件数は、2003年には24万2,357件に達し、2004年は21万1,402件、2005年も減少はしたものの18万件を超え、埼玉県内においても3,000件(本庁管轄のみ)を超えているなど、高水準にあります。また、破産には至っていないものの、その虞のある人は、100万人とも、200万人とも言われています。そして、経済的理由による自殺者は約8,000名(2004年度は7,947人)にも上り、全体の自殺者数に占める割合もここ数年で急増しています。
 このように自己破産等の法的救済も図り得ないものも含めると多重債務者の数は、相当数に上ると推測されます。
 さらに、このような多重債務問題が、ホームレス、離婚、児童虐待、犯罪等の被害を引き起こす要因となっているケースも少なくなく、多重債務問題は、依然、社会問題として極めて深刻な状況にあります。
   3 多重債務問題の要因は高金利
 もともと利息制限法は、経済的弱者の立場に置かれた人々を暴利から保護する強行法規であり、その定めを超過する利息は、無効と定められているところ、貸金業者は出資法の上限である29.2%を超えた場合にのみ処罰されるため、利息制限法を超過しつつ、出資法の刑罰金利未満で利息制限法を超過する利率による貸付が氾濫しています。このような状況で、銀行貸出約定平均金利は、数年来2%を切る状態で低迷しており、出資法で規制する29.2%が如何に異常な高金利であるかは明らかです。
 そして、一般市民においては、貯蓄がなく、その収入も安定していない者も少なくなく、未だ景気が全面的に回復しているとは言い難い状況です。もともと、貸金業者の顧客層は主として銀行や勤務先からの低金利の借入が困難な者であり、また、収入が将来上昇する要素も限られている現状に鑑みれば、生活を破綻しない限度で可能な返済額は限られているものであって、病気・怪我、その他突発的な資金需要のため、出資法の異常な高金利を前提に借入を受ければ、僅かな借入額であったとしても、家計を圧迫し、返済困難な多重債務者に陥る要因とならざるを得ません。
 従いまして、早急に、出資法の上限金利を引き下げることが必要です。
   4 グレーゾーンの不合理性と「みなし弁済」規定の撤廃
 他方、多くの貸金業者は、銀行等からの低金利を利用した資金調達やCM広告等により、出資法の上限金利に近い高金利にて貸付を行い、貸出額等をのばし続け、他企業を凌駕する高収益をあげているところです。
 このような金利による貸付けの背景には、出資法と利息制限法の二段階による金利の規制といういわゆるグレーゾーンを設け、利息制限法の制限超過利息の支払を一定の厳格な要件のもとに有効とする貸金業規制法第43条(以下、「みなし弁済規定」といいます。)の存在があると思われます。
 しかし、前記のごとく、経済的弱者の立場に置かれた人々を暴利から保護する強行法規である利息制限法の例外を認めるみなし弁済規定は、本来的に、その立法趣旨に反する不合理な規定と言わざるを得ません。そして、同法の要件の充足については、最高裁判所(とりわけ2006年(平成18年)1月13日判決)が債務者保護のために極めて厳格な解釈を要求しており、実際に同法の要件を充たして、利息制限法の制限超過利息を要求している業者は皆無に等しいという状況にあります。
 すなわち、私法上無効な利息の支払いを要求している業者が大多数であるという現状にあり、みなし弁済規定の存在意義は、もはや認めがたいものであるとともに、金利に関するグレーゾーンの存在は、不合理なものでしかありません。
 従いまして、出資法の上限金利を利息制限法の制限金利まで引き下げを行い、金利に関するグレーゾーンを撤廃するとともに、存在意義を欠くこととなるみなし弁済規定を撤廃をすることが必要です。
   5 日賦貸金業者等の特例金利の撤廃の必要性
 出資法の附則において、日賦貸金業者(日掛け金融)及び電話担保金融については、年54.75%まで認める旨の特例金利が定められています。
 しかしながら、日賦貸金業者については、返済方法の多様化が進んでいる現在において、集金による毎日の返済という形態にのみ特例を認める必要性はなく、むしろ、厳格な要件を守ることなく違法行為が横行し、悪質な取立の温床となっているという実情も存在します。
 また、電話担保金融においても、もはや電話加入権の財産的価値が失いつつある現在において、電話担保金融に特例を認める社会的・経済的な必要性は乏しいと言わざるを得ません。
 従いまして、必要が乏しく、むしろ、高金利の徴収の口実として悪用される弊害が大きい日賦貸金業者及び電話担保金融における特例金利の撤廃をすることが必要です。
   6 弁護士会、司法書士会等の動き
 以上の認識に基づき、日本弁護士連合会、日本司法書士会連合会、その他、埼玉弁護士会、埼玉司法書士会をはじめとする全国各地の弁護士会、司法書士会において、上限金利を引き下げる等の意見書、会長声明、総会決議等が採択されているところであり、本請願も、埼玉弁護士会及び埼玉司法書士会が連携して行っているものです。
 また、各地においても、宮城・秋田・群馬・東京・富山・石川・長野・大阪・兵庫・島根・岡山・山口・徳島・福岡・熊本の各都府県議会(その他、250を超える市町村議会)で同旨の請願書が採択されているところです。
 そして、埼玉弁護士会においても、「上限金利引き下げ実現本部」を設置しているとともに、この動きは、全国に広まりつつあることを申し添えます。
   7 結び
     以上の理由により、貴議会に請願致します。
   平成18年5月29日
                     請願者  さいたま市浦和区高砂4−7−20
                           埼玉弁護士会
                           会長 蔭 山 好 信
                          さいたま市浦和区高砂3−16−58
                           埼玉司法書士会
                           会長 早 川 敏 夫  外40名
   草加市議会議長  宇 野   博 様


請願第6号
                            紹介議員  瀬 戸 健一郎
                                  大 野 ミヨ子
                                  新 井 貞 夫
                                  吉 沢 哲 夫
                                  浅 井 康 雄

   件名 高学年児童が安心して充実した放課後を過ごすことのできる施策の実施を求める請願

趣旨 共働き家庭や母子父子家庭などにとって、子ども達の放課後の生活を豊かに保障する児童クラブ(学童保育室)はなくてはならない存在です。子ども達をねらった不審者などによる、悲しい事件が後を絶たない中、児童クラブで楽しく充実した放課後の生活を過ごすことが出来るということは、保護者にとっては何よりも安心なことです。
 草加・元気っ子クラブが運営している民設の児童クラブでは、必要とする児童の場合、6年生までの受け入れを行っています。しかし、現在草加市では、高学年児童にとって児童クラブは不要であるとして、公立児童クラブにおいては高学年保育を実施していません。さらに、民設児童クラブの高学年保育をなくすことも検討しています。親が不在でも一人で放課後を過ごすことが安心で安全な社会、時代であるならば、高学年の保育は必要ないかもしれません。しかし、残念ながら現実はそうではありません。子ども達を狙った不審者等による被害件数は、低学年児童よりもかえって高学年児童の方が多くなっています。
 また、児童クラブに代わって、高学年児童を含めた全ての児童を対象としたような施策は、草加市にはまだありません。不審者事件が多発し、子どもの安全を地域全体でどう守っていくかということが大きな社会問題となっていますが、草加の高学年児童は、このままでは不安の中で放課後を過ごさざるを得なくなってしまいます。
 高学年児童が、安心して充実した放課後の生活を過ごすことができるために、以下のことを請願いたします。
項目 1 高学年児童も含めて、必要とする児童が児童クラブに入れるようにしてください。
   2 全ての児童が安心して充実した放課後を過ごせるような、施策を行ってください。
   平成18年5月29日
                 請願者  草加市清門町596−4

                       草加市学童保育の会
                       会長 春 名 政 弘  外39,961名
   草加市議会議長  宇 野   博 様


請願第7号
                            紹介議員  大 野 ミヨ子
                                  新 井 貞 夫

   件名 『「ILO第175号条約」「ILO第111号条約」の早期批准及び「パートタイム労働法」の実効ある改正を求める意見書』に関する請願書

趣旨 パートタイム労働者は、年々その数が増え、職場では基幹的労働者として重要な役割を果たしています。1994年にILO総会で採択されたILO第175号条約(パートタイム労働に関する条約)をはじめ、EUはパートタイム労働に関する均等待遇指令(1997年)を定め、賃金・労働条件などの処遇は、フルタイム労働者と時間比例で均等にすることとしています。労働者の均等待遇のルールを、社会的に確立していくことは、国際的な流れとなっています。
 また、ILO第111号条約(雇用と職業における差別撤廃条約)は、雇用と職業の面で、どのような差別待遇も行われてはならないことを規定しています。
 日本では「パートタイム労働法」があるものの、パート労働者は賃金や労働条件などフルタイム労働者に比べて大きな差があり、格差は拡大しています。国及び政府は、パート労働者の実効ある待遇改善を進めるために、早期に「ILO第175号条約」「ILO第111号条約」を批准し、その趣旨にそって、「パートタイム労働法」に「均等待遇」を明記し、罰則規定など実効性あるものにするため、次の内容について対策を求めます。
項目 1 ILO第175号条約を早期に批准すること
   2 ILO第111号条約を早期に批准すること
   3 パートタイム労働法の実効ある改正をすること
   つきましては、貴議会において、『「ILO第175号条約」「ILO第111号条約」の早期批准及び「パートタイム労働法」の実効ある改正を求める意見書」』に関する請願書を採択され、政府に「意見書」をご送付いただけますようご尽力をお願い致します。
   以上、地方自治法第124条の規定により請願致します。
   平成18年5月29日
                   請願者  草加市旭町六丁目13−18 ハイム1F
                         草加・八潮地区労働組合協議会
                         議長 新 間   仁  外11名

   草加市議会議長  宇 野   博 様


請願第8号
                            紹介議員  大 野 ミヨ子
                                  新 井 貞 夫

           件名 「最低賃金の引き上げを求める意見書」に関する請願書

趣旨 最低賃金制度は、労働条件の改善、労働者の生活の安定を図る上で重要な役割を担っています。
 都道府県ごとに定められる地域別最低賃金は、全国的な整合性を図るとして、毎年、中央最低賃金審議会が作成する「目安額」を参考に、地方最低賃金審議会の審議を経て改訂されています。
 しかしながら、その改定は一般労働者の賃金改定に比べ、改定が遅れるのが常態になっているとともに、決定される最低賃金額は全国平均668円と著しく低いものとなっています。そのため、パート労働者、派遣労働者ら非正規労働者の賃金は、法定最低賃金に影響されるところが大きく、実際に青年単身者では1カ月10万円あまりでの生活が余儀なくされています。少子化問題が重大視されていますが、経済的自立、結婚さえおぼつかない状況は、いっそう深刻さを強めるものとなっています。
 政府は、地域別最低賃金改定に当たっては、早期に時間額を1,000円以上に引き上げ、パート等不安定雇用労働者の均等待遇実現をし、欧米諸国で制度化されている全国一律最低賃金の確立を早期に図るとともに、最低賃金制度の周知徹底、監督体制の拡充など、一層の充実を図られるよう強く要望します。
 つきましては、貴議会において、「最低賃金の引き上げを求める意見書」に関する請願書を採択され、政府に「意見書」をご送付いただけますようご尽力をお願い致します。
 以上、地方自治法第124条の規定により請願致します。
   平成18年5月29日
                   請願者  草加市旭町六丁目13−18 ハイム1F
                         草加・八潮地区労働組合協議会
                         議長 新 間   仁  外11名
   草加市議会議長  宇 野   博 様


                    議案質疑発言一覧表


┌──┬───────┬─────────────────────────┬───────────┐
│順位│発言者及び時間│    発   言   の   要   旨    │ 答   弁   者 │
├──┼───────┼─────────────────────────┼───────────┤
│1 │19番    │1 第56号議案について          (p. 16)│市民生活部長     │
│  │       │                         │           │
│  │新 井 貞 夫│ ア、改正理由について              │           │
│  │       │                         │           │
│  │   6分  │                         │           │
├──┼───────┼─────────────────────────┼───────────┤
│2 │ 8番    │1 第54号議案について          (p. 17)│総務部長       │
│  │       │                         │           │
│  │平 野 厚 子│ ア、改正理由とその内容について         │           │
│  │       │                         │           │
│  │   9分  │                         │           │
├──┼───────┼─────────────────────────┼───────────┤
│3 │ 7番    │1 第11号報告について          (p. 18)│都市整備部長     │
│  │       │                         │           │
│  │今 村 典 子│ ア、工事の進捗状況について           │           │
│  │       │                         │           │
│  │  24分  │2 第14号報告について          (p. 19)│総務部長       │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ア、決算の内容について             │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │3 第12号報告について          (p. 22)│都市整備部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ア、工事の進捗状況について           │           │
├──┼───────┼─────────────────────────┼───────────┤
│4 │ 1番    │1 第52号議案について          (p. 22)│総務部長       │
│  │       │                         │           │
│  │青 木 義 之│ ア、内容と理由について             │           │
│  │       │                         │           │
│  │  11分  │2 第53号議案について          (p. 24)│市民生活部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ア、内容と理由について             │           │
└──┴───────┴─────────────────────────┴───────────┘


                    一般質問発言一覧表

┌──┬───────┬─────────────────────────┬───────────┐
│順位│発言者及び時間│    発   言   の   要   旨    │ 答   弁   者 │
├──┼───────┼─────────────────────────┼───────────┤
│1 │19番    │1 市立病院の運営について         (p. 25)│病院事務部長     │
│  │       │                         │           │
│  │新 井 貞 夫│ ア、産科の休止に伴う収支状況について      │           │
│  │       │                         │           │
│  │  74分  │ イ、産科の休止に伴う市民への影響と対応について │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ウ、産科の再開見通しについて          │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │ エ、今後の医療制度と病院経営について      │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │2 教育行政について            (p. 27)│学校教育部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ア、教育基本法と草加市の教育行政について    │生涯学習部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │ イ、学校建設と複合施設について         │市長         │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ウ、中学校教科書記述ミスについて        │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │3 公共用地の取得と利用について      (p. 33)│総合政策部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ア、冨士製革工業跡地と綾瀬川左岸広場について  │都市整備部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │ イ、小野産業株式会社草加工場跡地利用と売却された│市民生活部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │   シティパーキング住吉のあり方について    │市長         │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ウ、吉町三丁目(仮称)公募第3公園の土壌汚染対応│           │
│  │       │                         │           │
│  │       │   について                  │           │
├──┼───────┼─────────────────────────┼───────────┤
│2 │18番    │1 高砂小学校の建て替えについて      (p. 42)│学校教育部長     │
│  │       │                         │           │
│  │小 澤 敏 明│ ア、今後の全体的なスケジュールについて     │健康福祉部長     │
│  │       │                         │           │
│  │  54分  │ イ、北側部分の校庭整備について         │市長         │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ウ、保育園について               │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │2 吉町三丁目の日枝神社東側の公園整備について  │都市整備部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │                      (p. 46)│           │
│  │       │                         │           │
│  │       │3 コンフォール草加の計画保留地について     │都市整備部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │                      (p. 46)│           │
│  │       │                         │           │
│  │       │4 道路網整備について           (p. 48)│建設部長       │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ア、吉町二・三丁目地内の道路整備について    │都市整備部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │ イ、コンフォール草加北側の道路整備について   │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ウ、旧町4路線の都市計画決定について      │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │ エ、草加停車場線の工事について         │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │ オ、市道2095号線について          │           │
├──┼───────┼─────────────────────────┼───────────┤
│3 │25番    │1 冒険松原あそび場とその周辺整備について    │都市整備部長     │
│  │       │                         │           │
│  │石 村 次 郎│                      (p. 54)│生涯学習部長     │
│  │       │                         │           │
│  │  20分  │                         │建設部長       │
│  │       │                         │           │
│  │       │                         │学校教育部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │                         │市民生活部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │                         │総合政策部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │2 人事異動について            (p. 56)│市長         │
├──┼───────┼─────────────────────────┼───────────┤
│4 │12番    │1 路上駐車にかかわる事柄について     (p. 57)│市民生活部長     │
│  │       │                         │           │
│  │田 中 昭 次│2 高砂小学校の建て替えについて      (p. 62)│学校教育部長     │
│  │       │                         │           │
│  │  57分  │ ア、学校建て替えと周辺整備について       │健康福祉部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │ イ、複合化にかかわる事柄について        │総合政策部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │3 市内の公衆浴場について         (p. 68)│健康福祉部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │                         │総合政策部長     │
├──┼───────┼─────────────────────────┼───────────┤
│5 │ 2番    │1 氷川町第二次土地区画整理事業区域内における整備│都市整備部長     │
│  │       │                         │           │
│  │飯 塚 恭 代│  にかかわる事柄について         (p. 70)│           │
│  │       │                         │           │
│  │  35分  │2 (仮称)「放課後子どもプラン」にかかわる事柄に│教育長        │
│  │       │                         │           │
│  │       │  ついて                 (p. 72)│市長         │
│  │       │                         │           │
│  │       │3 幼稚園・保育所一体化事業にかかわる事柄について│健康福祉部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │                      (p. 75)│市長         │
├──┼───────┼─────────────────────────┼───────────┤
│6 │ 1番    │1 乳幼児医療費無料化の年齢引き上げについて   │健康福祉部長     │
│  │       │                         │           │
│  │青 木 義 之│                      (p. 78)│市長         │
│  │       │                         │           │
│  │  63分  │2 消防行政について            (p. 81)│消防長        │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ア、現状、今後の方向性等について        │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │ イ、(仮称)谷塚分署の建設と西分署の建て替えにつ│           │
│  │       │                         │           │
│  │       │   いて                    │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │3 耐震強度偽装問題について        (p. 85)│都市整備部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │4 マンション対策について         (p. 87)│都市整備部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ア、耐震診断への助成について          │総務部長       │
│  │       │                         │           │
│  │       │ イ、共有部分の税の減免について         │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │5 勤労福祉会館第2駐車場について     (p. 89)│総務部長       │
│  │       │                         │           │
│  │       │                         │市民生活部長     │
├──┼───────┼─────────────────────────┼───────────┤
│7 │ 9番    │1 柿木町内の違法建築物について      (p. 94)│都市整備部長     │
│  │       │                         │           │
│  │大 野 ミヨ子│ ア、建設の経緯と違法内容について        │市民生活部長     │
│  │       │                         │           │
│  │  80分  │ イ、市の指導について              │市長         │
│  │       │                         │           │
│  │       │2 介護保険制度の充実について       (p. 98)│健康福祉部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ア、施設整備について              │市長         │
│  │       │                         │           │
│  │       │ イ、保険料、利用料の減免制度について      │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ウ、部屋代、食事代の個人負担助成について    │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │3 市立病院の充実について         (p. 105)│病院事務部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ア、現状と問題点について            │市長         │
│  │       │                         │           │
│  │       │ イ、患者サービスの充実について         │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ウ、今後の運営について             │           │
├──┼───────┼─────────────────────────┼───────────┤
│8 │ 8番    │1 医療と介護の重複請求について      (p. 110)│健康福祉部長     │
│  │       │                         │           │
│  │平 野 厚 子│ ア、草加園にかかわる問題について        │           │
│  │       │                         │           │
│  │  72分  │ イ、その他の問題について            │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │2 介護予防と孤独死対策について      (p. 116)│健康福祉部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │3 障害児の学童保育について        (p. 118)│健康福祉部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │                         │市長         │
│  │       │                         │           │
│  │       │4 子育て支援について           (p. 122)│健康福祉部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ア、さかえ保育園の建て替えにかかわる事柄について│           │
│  │       │                         │           │
│  │       │ イ、子育て支援センターにかかわる事柄について  │           │
├──┼───────┼─────────────────────────┼───────────┤
│9 │17番    │1 草加市の教育行政について        (p. 125)│学校教育部長     │
│  │       │                         │           │
│  │須 永 賢 治│ ア、ゆとり教育について             │           │
│  │       │                         │           │
│  │  79分  │ イ、特色ある学校教育について          │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ウ、教養を育てることについて          │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │ エ、谷塚小学校の整備状況と今後のスケジュールにつ│           │
│  │       │                         │           │
│  │       │   いて                    │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │2 障害者施策の施設建設にかかわることについて  │健康福祉部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │                      (p. 129)│           │
│  │       │                         │           │
│  │       │3 谷塚駅西口地区まちづくりの現状と今後について │都市整備部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │                      (p. 131)│           │
│  │       │                         │           │
│  │       │4 都市計画道路の整備状況と今後について     │都市整備部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │                      (p. 133)│建設部長       │
│  │       │                         │           │
│  │       │5 公園の整備状況と今後について      (p. 136)│都市整備部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │6 草加市全体の将来のまちづくりについて     │市長         │
│  │       │                         │           │
│  │       │                      (p. 138)│           │
├──┼───────┼─────────────────────────┼───────────┤
│10│20番    │1 市立病院における取材と医師確保について    │病院事業管理者    │
│  │       │                         │           │
│  │種子島 久 代│                      (p. 142)│市長         │
│  │       │                         │           │
│  │  75分  │2 少子化対策への市の対応について     (p. 146)│健康福祉部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │3 窓口業務について            (p. 148)│市民生活部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │                         │総務部長       │
│  │       │                         │           │
│  │       │4 助役の職務について           (p. 151)│津留助役       │
│  │       │                         │           │
│  │       │5 市長の政治姿勢について         (p. 152)│市長         │
├──┼───────┼─────────────────────────┼───────────┤
│11│ 7番    │1 障害者施策について           (p. 162)│健康福祉部長     │
│  │       │                         │           │
│  │今 村 典 子│ ア、知的障害者入所更生施設について       │           │
│  │       │                         │           │
│  │  69分  │ イ、減免制度について              │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │2 子育てサロンについて          (p. 165)│健康福祉部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │                         │総合政策部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │3 保育行政について            (p. 169)│健康福祉部長     │
│  │       │                         │           │
│  │       │ ア、あずま保育園ゼロ歳児保育について      │市長         │
│  │       │                         │           │
│  │       │ イ、待機児童の解消について           │           │
│  │       │                         │           │
│  │       │4 リサイクルセンター周辺の道路整備について   │建設部長       │
│  │       │                         │           │
│  │       │                      (p. 174)│市長         │
└──┴───────┴─────────────────────────┴───────────┘


                  閉会中の特定事件の委員長報告

  総務文教委員長報告  特定事件「地域再生事業について」及び「産業振興について」

 去る3月定例会において、当委員会に付託されました閉会中の特定事件は、「地域再生事業について」及び「産業振興について」であります。
 当委員会では、県外行政視察を含め、調査・研究を行いましたので、その概要を御報告申し上げます。
 初めに、去る4月28日に委員会を開催し、草加市の現状について調査・研究を行いましたので、その概要を御報告申し上げます。
 まず、特定事件「地域再生事業について」の草加市の現状について申し上げます。
 草加市における地域再生事業は、平成13年5月に都市再生本部を設置し、都市再生の取り組みを進めてきた国が平成15年度に実施した全国都市再生モデル調査にエントリーしたことがきっかけとのことであります。
 その後、国において全国都市再生の基本的な枠組みが決定され、平成16年5月14日には、まちづくり交付金の創出及び特定地域プロジェクトチームの二つの支援メニューを内閣総理大臣に申請し、平成16年6月21日には、「今様・草加宿」地域再生プロジェクトが内閣総理大臣からの第1号認定を受けたとのことであります。
 今様・草加宿事業は、綾瀬川左岸地区と旧町地区の二つの地域を一つの都市再生軸としてとらえ、歴史や文化、景観を生かした草加市のシンボルゾーンとして再生することで、「誇れるふるさと草加」の創造を目的としているとのことであります。
 また、今様・草加宿事業の行政計画上の位置づけは、第三次草加市総合振興計画基本構想を初めとする各種計画に既に位置づけられているプロジェクトや個別の施策を推進するための事業であるとのことであります。
 また、全体の事業期間は、平成17年度から平成27年度までの11年間で、5年、3年、3年で三つの期間に分けて事業を進めていくとのことであります。
 また、概算事業費は平成17年度からの5年間で約123億円を想定し、財源内訳はまちづくり交付金などの国からの支援が約29億円、地方債が約30億円、一般財源が約64億円を想定しているとのことであります。
 また、今様・草加宿事業に当たっては、関連する町会・自治会、まちづくり協議会、商店会、商工会議所、青年会議所及び公募委員を構成員とする「今様・草加宿」実行委員会が組織され、事業推進に取り組んでいるとのことであります。
 次に、特定事件「産業振興について」の草加市の現状について申し上げます。
 草加市における生産年齢については、少子高齢化の進展により減少傾向にあるが、今後、団塊の世代の大量退職に合わせて減少傾向はますます強まる見込みで、市の産業構造を考える上で大きな課題であるとのことであります。
 草加市の産業の県内での位置づけは、事業所数、従業員数及び製品出荷額において県内第6位と県内有数の企業集積地となっているものの、平成8年度をピークに事業所数が減少しているとのことであります。
 草加市の産業は、業種では金属製品製造業、一般機械器具製造業、なめし革・なめし革製品・毛皮製造業が多く、小規模企業が多いのが特徴であり、一方、商店については、従業員数、商品販売額には若干の増加傾向が見られるものの、商店数は減少しており大型店化が進んでいるのが特徴とのことであります。
 草加市を取り巻く環境については、つくばエクスプレス、新交通システム日暮里・舎人線の開業、近隣市での大型ショッピングセンターの開発など大きな変化が見られ、草加市の産業に大きな影響を及ぼすことが考えられるとのことであります。
 次に、当委員会では、「産業振興について」の案件で、去る5月17日に愛知県安城市を、「地域再生事業について」の案件で、翌18日に愛知県江南市、19日に岡山県倉敷市を視察してまいりましたので、その概要を御報告いたします。
 まず、安城市について申し上げます。
 安城市では、中心市街地の活性化を、単に商店街が活性化すればよいととらえるのではなく、いろいろな人や団体がいろいろな活動を行うステージづくりを「まち」の活性化ととらえ、さまざまな商業活動、市民活動、地域活動が「まちなか」で日常的に行われることを目標にしているとのことであります。
 そのためには、行政が主導したり、商店街振興組合や町内会が独自に事業を行うのではなく、関係者や関係団体のすべてが主体者であるとの意識を持ちながら、それぞれ連携することが必要との観点から、平成13年7月にタウンマネージメント機関として、安城市を初め、商工会議所、商店街連盟、NPO法人、まちづくり市民会議などさまざまな団体を構成員としたまちづくりAnjoを設立したとのことであります。
 今回の行政視察についても、市職員ではなく民間の商店街連盟の会長に説明員として対応いただき、行政だけでなく地域と一体となって中心市街地活性化施策が展開されていることを感じ取れた次第であります。
 以上が安城市の概要であります。
 次に、江南市について申し上げます。
 江南市では、平成16年10月に「花いっぱい・元気いっぱいのまち 江南」再生計画を地域再生計画として内閣総理大臣あて申請し、同年12月に第2回地域再生計画として認定を受けたとのことであります。
 認定を受けた後、関係部課長で構成する地域再生調整会議を設置し、国・県との調整を含め、計画を推進するとともに、平成19年に開園予定の国営公園や市の宿泊施設である「すいとぴあ江南」との有機的融合を図り、常に活気のあるまちづくりを目指しているとのことであります。
 以上が江南市の概要であります。
 次に、倉敷市について申し上げます。
 倉敷市では、平成16年10月に「ひと、輝くまち 倉敷。」再生計画を地域再生計画として内閣総理大臣あて申請し、同年12月に第2回地域再生計画として認定を受けたとのことであります。
 倉敷市では、平成16年5月に就任した市長が「ひと、輝くまち 倉敷。」再生計画を市長選挙時のマニフェストとしており、事業推進に向けての合意形成はしやすいとのことであります。
 また、まちづくり交付金を有効活用するため、その使途を決定する体制の整備を進めているとのことであります。
 以上が県外行政視察の概要であります。
 次に、県外行政視察を踏まえ、去る5月23日に委員会を開催し、各委員による意見交換を行いましたので、その主なものについて申し上げます。
 ・安城市の産業振興施策は市民が中心となって推進しているが、そのことは行政との信頼関係がなければ実現できない。信頼関係を築くことが真のパートナーシップではないか。
 ・まちづくりには、強いリーダーシップを発揮する人が必要で、次代を担う若い人をいかに引き込めるかが重要である。
 ・やる気を持って取り組んでいる人がやる気を失わないような環境整備をすることが、行政にとって重要なことである。
 ・安城市商店街連盟の鶴田会長は、市民にとって、いわゆる商店街は別になくてもいいものであり、自分たちの店が生き残るには、その店にしかない価値を自分たちでつくることが重要だと言っていた。そのような風潮をつくり出せれば、まちも変わってくるのではないか。
 ・地域再生事業については、まちづくり交付金がこれまでの国庫補助金と比べると、比較的容易に交付されることから安易に飛びつきやすいが、しっかりとしたコンセプトを持って取り組むことが重要である。
 ・事業を行えば、当初の計画期間だけでなくそれ以降も事業費がかかってくるので、長期的な財政計画をたてる必要がある。
 ・地域再生事業は、特定の狭い地域だけでなく市全体の発展を踏まえて行われるべきである。
 ・大きな事業を行うに当たっては、個別事業をできるところから実施していくのではなく、最終的なまちづくりのビジョンをまずは示すべきである。
 ・「今様・草加宿」という名称では、何をしたいのかが明確に見えてこない。何をしたいのか市民が容易に想像できるキャッチコピーが必要である。
 ・まちづくりは、リーダーシップを発揮して方向性を示す人が必要である。それは、やはり行政であると思うので、そのことを踏まえ、行政と市民の役割をきちんと整理するべきである。
 以上が各委員から出された意見のうち、主なものであります。
 なお、総務文教委員会委員の連名で、今様・草加宿事業の推進に関する決議を本会議へ提出することとした次第であるます。
 以上で、閉会中の特定事件「地域再生事業について」及び「産業振興について」の調査・研究を終了する次第であります。


  福祉環境委員長報告  特定事件「介護予防について」

 去る3月定例会において、当委員会に付託されました閉会中の特定事件は、「介護予防について」であります。
 当委員会では、県外行政視察を含め、調査・研究を行いましたので、その概要を御報告申し上げます。
 初めに、去る4月24日に委員会を開催し、草加市の現状について調査・研究を行いましたので、その概要を御報告申し上げます。
 草加市における介護予防事業には、介護保険制度によるものと制度外で実施しているものとがあり、制度によるものとしては新予防給付と地域支援事業の2事業があるとのことであり、国の制度改正により平成18年4月から新たに創設されたとのことであります。
 新予防給付については、要介護認定で要支援1及び要支援2と認定された方が対象となり、再度、要介護1と要支援2に認定を分けるものであり、草加市では要介護1が55名、要支援2が117名であり、割合にして68対32となっており、国の示した7対3に近い認定割合となっているとのことであります。
 また、地域支援事業については、要支援、要介護状態になる前から介護予防を推進する介護予防事業、高年者の地域での自立を支援する包括的支援事業及び要介護高年者や家族を支援する任意事業があるとのことであります。
 介護保険制度以外に実施している事業としては、介護予防に資する健康づくり、生きがいづくり事業としては、高年者健康体操事業、高年者健康教室事業、高年者筋力向上トレーニング事業を行っているとのことであります。
 次に、当委員会では、去る5月15日に滋賀県近江八幡市、翌16日に滋賀県東近江市、17日に愛知県高浜市を視察してまいりましたので、その概要を御報告いたします。
 まず、近江八幡市について申し上げます。
 近江八幡市では、退職後の男性が地域生活を始めるに当たり、より能動的な生活に向けて、「気づき」から具体的活動につながる一連のシステムを構築することにより、地域活動への参加を促し、その結果、退職後、地域で閉じこもることなく生き生きと暮らすことができるよう、介護予防事業を行っているとのことであります。また、退職後、男性が長きにわたり培ってきた技術や知識・経験を市の財産として、地域力の向上を図ることができるとのことであります。
 以上が近江八幡市の概要であります。
 次に、東近江市について申し上げます。
 東近江市では、単に心身の状態の改善のみを目指すのではなく、生活機能全体の向上を通じて、健康で生き生きとした生活や人生を営むことができるよう支援していくことを目的として、地域参加型介護予防事業を実施しているとのことであります。これは、一般高齢者を対象とした介護予防事業として位置づけ、圏域の各地区の老人クラブに事業を紹介し、参加希望のあった老人クラブを対象として実施し、各地区はおおむね月1回の開催日を設け、継続的な集団健康教育として行っているとのことであります。
 以上が東近江市の概要であります。
 次に、高浜市について申し上げます。
 高浜市では、今後の高齢社会においては、高齢者自身が地域社会の一員としてさまざまな社会活動に参加できることが、活力ある社会の実現に向けて重要であるとして、厚生労働省の補助を受け、「未来志向研究プロジェクト」を発足し、おおむね2年後に到来する団塊の世代の一斉定年退職期において、豊富な知識と経験を持ったこれらの世代が地域での支え合いに取り組み、積極的な役割を果たすことができるよう、特定の地域を指定して住民互助型活動組織のあり方及び活動分野について検討を行ったとのことであります。その結果、「高浜南部まちづくり協議会」が平成17年3月に設立され、公園管理事業、防災事業、防犯パトロールなどの活動を開始し、同年11月にはNPO法人の認証を取得したとのことであります。さらに、平成18年からは、介護予防事業や、高齢者や障害者による喫茶店部門などの事業も予定されているとのことであります。
 以上が県外行政視察の概要であります。
 次に、県外行政視察を踏まえ、去る5月23日に委員会を開催し、各委員による意見交換を行いましたので、その主なものについて申し上げます。
 ・他市の状況を参考にし、長寿福祉課、介護保険課、健康づくり課、保健センターが連携して事業をきちっと見きわめながら対策を講じ、介護予防を進めなければならない。
 ・他市では、初めは市主催の事業が行われ、その後、ボランティア活動への移行を意識的に働きかけながら、継続してつなげていく工夫がなされていた。このような取り組みの仕方というのが草加市の今後の課題である。
 ・事業名や施設名など、柔軟性を持った市民にわかりやすい名称とし、市民に利用していただくという発想が必要である。
 以上が各委員から出された意見のうち、主なものであります。
 以上で、閉会中の特定事件「介護予防について」の調査・研究を終了する次第であります。


  建設委員長報告  特定事件「河川行政について」及び「水道行政について」

 去る3月定例会において、当委員会に付託されました閉会中の特定事件は、「河川行政について」及び「水道行政について」であります。
 当委員会では、県外行政視察を含め、調査・研究を行いましたので、その概要を御報告申し上げます。
 初めに、去る4月26日に委員会を開催し、草加市の現状について調査・研究を行いましたので、その概要を御報告申し上げます。
 まず、特定事件「河川行政について」の草加市の現状について申し上げます。
 草加市の河川の概要については、河川勾配が3,000分の1から5,000分の1と極めて緩く、かつ東京湾の潮位の影響を受ける感潮河川のため、満潮時には潮位が上昇して逆流し、流下能力が著しく低下するような状況とのことであります。また、草加市が位置する中川・綾瀬川流域は、中川に支流が数多く流入する低平地であり浸水被害を受けやすい状況にあるとのことであります。
 昭和54年から4回にわたる河川激甚災害対策特別緊急事業の採択を受け、排水機場、ポンプ場、貯留施設、排水路整備、公共雨水幹線整備を行うことで浸水被害の軽減に努めてきたとのことであります。今後も、中川・綾瀬川流域整備計画を基本に、河川、水路などの保全や水防体制の実践を図りながら水害に強いまちづくりを進めていくとのことであります。
 具体的には、都市基盤河川改修事業、普通河川改修事業、河川環境整備事業、水辺環境整備事業により護岸整備や河川改修及び親水空間の創造を進めているとのことであります。
 次に、特定事件「水道行政について」の草加市の現状について申し上げます。
 昭和34年に給水開始をして以来、6次にわたる拡張事業を実施してきたが、現在は管路の更新や震災対策など拡張から維持管理の時代を迎えているとのことであります。
 平成16年度決算の損益収支は6億9,458万円、平成17年度の決算見込みは約6億9,000万円の純利益が見込まれるとのことでありますが、節水意識及び節水機器の普及により水道料金の増収が見込めず、また、施設の老朽化や、約52億円の企業債の未償還残高を踏まえると厳しい経営状況が続くとのことであります。
 災害対策状況について、備蓄資機材として給水車2台、応急給水器具9台、緊急時用浄水機2台、ウオーターバルーン16基、応急給水用ポリ袋3万8,728枚等を保有し、また管路の耐震化率は平成16年度末現在25.6%という状況とのことであります。
 次に、当委員会では、「水道行政について」の案件で、去る5月16日に兵庫県西宮市を、「河川行政について」の案件で、翌17日に広島県広島市、18日に福岡県福岡市を視察してまいりましたので、その概要を御報告いたします。
 まず、西宮市について申し上げます。
 昭和時代の人口急増により逼迫する水源の確保に追われ、多くの小規模な水源や浄水場が散在することとなり水源の融通性は確保されたが、維持管理費が水道料金に影響を与えているとのことであります。平成7年1月に発生した阪神・淡路大震災により給水収益が激減し、長引く景気の低迷と節水意識の浸透や節水器具の普及により給水収益の伸びも期待できない厳しい状況であるが、今後増大する建設改良費をいかに捻出しコスト削減を図るかを検討しているとのことであります。
 震災の経験を生かして、水の安全性、快適性、水供給の安定性、水道施設の管理の容易性、効率性、環境対策を柱とする「西宮ウォーターリニューアル21」を策定し、地震や災害に強い水道施設の整備事業を進めているとのことであります。現在はプロジェクトチームにより、平成18年度内に西宮市地域水道ビジョンを策定する予定であり、その中で、広域化、下水との統合、鉛管対策及び施設の統廃合などの方向性を見出していくとのことであります。
 以上が西宮市の概要であります。
 次に、広島市について申し上げます。
 広島市は、都市部の背後に広大な急峻山地や丘陵を抱えており、治水機能の脆弱な河川を数多く抱えているため、洪水の起こりやすい形態となっており、都市基盤河川改修事業、準用河川改修事業、自然環境保全河川整備事業、普通河川改修事業、河川環境整備事業を実施しているとのことであります。
 従来の普通河川の改修については、治水、経済性の観点から効率的な護岸整備をしてきたが、昭和60年度から親水性や生態系保全や景観に配慮した環境護岸の整備に取り組んでいるとのことであります。
 また、瀬野川河川環境整備事業では、「水辺の楽校」の取り組みとして、豊かな自然を有する水辺空間を子どもたちの遊び場、自然体験の場として活用されるよう、国土交通省のプロジェクトの一環として河川管理者である県、市、学校、PTA及び地域の各種団体が連携し、河川環境の整備を推進しているとのことであります。
 以上が広島市の概要であります。
 次に、福岡市について申し上げます。
 昭和39年までの旧河川法の時代は災害復旧事業が主であったが、昭和39年の現行河川法制定後、昭和46年から河川改修に本格的に着手し、平成元年からは環境整備の充実に着手、平成12年度から河川管理の強化に努めてきたとのことであります。
 河川環境整備事業として、都市の中に緑や水辺を生かした親水空間を創造し、「うるおいとふれあいのある水辺環境の形成」に努めているとのことであります。また、博多川夢回廊整備事業では、博多部の二つの拠点であるキャナルシティと博多リバレインを結ぶ親水空間として、市民が憩い、集う水と緑のオアシス空間を目指して整備を進めているとのことであります。
 今後の方向性としては、水害対策と環境整備について取り組んでいく中で、コスト削減等の工夫を踏まえ、環境計画づくりにおいてはワークショップなど地域住民参加型の手法を活用し、住民が河川への興味や親しみを抱くように呼びかけていくとのことであります。
 以上が県外行政視察の概要であります。
 終わりに、閉会中の特定事件「河川行政について」及び「水道行政について」は、さらに調査・研究をしてまいりたいと思いますので、再度、当委員会に付託されますようお願い申し上げまして、御報告といたします。


                     議員の派遣
                                       平成18年6月13日

 地方自治法第100条第12項及び会議規則第160条の規定により、次のとおり議員を派遣する。

1 平成18年度草加市議会民主党議員団行政視察
 (1)派遣目的  次の案件に対する調査
           ?「産科オープンシステムについて」
           ?「景観形成事業について」
           ?「市民福祉プラザについて」
 (2)派遣場所  長崎県長崎市、佐賀県唐津市、福岡県福岡市
 (3)派遣期間  平成18年6月28日(水)から30日(金)まで(3日間)
 (4)派遣議員  新 井 貞 夫 議員  種子島 久 代 議員

2 平成18年度県南八市治水大会
 (1)派遣目的  平成18年度県南八市治水大会への参加
 (2)派遣場所  埼玉県川口市(川口総合文化センター・リリア)
 (3)派遣期間  平成18年7月4日(火)
 (4)派遣議員  小 川 利 八 議員


                    議員派遣報告書

1 平成18年度公明党草加市議会議員団行政視察
 (1)派遣目的  次の案件に対する調査
           ?「地域再生計画 スローライフと地場産業と観光の融合による日本の正            しいふるさとづくりについて」
           ?「こども未来局について」
           ?「迷惑ビラ根絶に関する条例について」
 (2)派遣場所  大分県臼杵市、福岡県福岡市、山口県下関市
 (3)派遣期間  平成18年4月11日(火)から13日(木)まで(3日間)
 (4)派遣議員  有 賀 正 義 議員  大久保 和 敏 議員  宇佐美 正 隆 議員
          田 中 昭 次 議員  井 出   泉 議員  飯 塚 恭 代 議員
          宇 野   博 議員
 (5)調査概要
   ?「地域再生計画 スローライフと地場産業と観光の融合による日本の正しいふるさとづくりについて」(臼杵市)
     臼杵市では、取り組み期間を平成16年度から約5年とする地域再生計画を定めている。
     計画の意義及び目標は、高度成長期を通じ物質的には豊かになったが、同時に失ってはならない大切なもの、すなわち「ふるさと」が、いまだ臼杵市には残っており、臼杵独自の地域資源を見直すことで、地域の活性化を図ることを目標としている。
     この目標達成のため、「地場産業の活性化」、「臼杵流スローライフ、スローフードの再発見」、「ローカルタウンツーリズム・観光革命」の3本の柱を考え、それぞれが作用しあって計画の実現を図っていくとのことである。
   ?「こども未来局について」(福岡市)
     福岡市では、ゼロ歳からおおむね20歳程度までの子ども施策(学校教育を除く)を平成14年度に保健福祉局に統合し、一貫した施策体系の中で、健全育成施策の充実などを図ってきた。
     子ども行政においては、社会環境の変化や市民ニーズに対応し、次世代育成支援の取り組みを充実強化することが求められており、次代を担う子どもが、将来に希望を持って成長することができるよう、次世代育成支援を市民全体の課題として、早急かつ集中的に取り組む必要があることから、すべての子どもと子育て家庭を社会全体で支援していくため、平成17年度に3部14課(434名)からなる、こども未来局を新設した。
   ?「迷惑ビラ根絶に関する条例について」(下関市)
     下関市では、迷惑ビラが健全な市民生活の維持及び青少年の健全育成を阻害し、市の美観風致を損なうことの重大性にかんがみ、迷惑ビラを掲示または配置する行為を禁止するとともに、この条例に違反して掲示または配置された迷惑ビラを市民(市内の事業所や学校に通勤・通学する人を含む。)が除却及び廃棄することができること並びに市、事業者及び市民の責務等を定めることにより、迷惑ビラの根絶を図り、もって健全な市民生活の維持、青少年の健全育成及び市の美観風致の維持に資することを目的に、この条例が制定された。

2 平成18年度草加市議会民主党議員団行政視察
 (1)派遣目的  次の案件に対する調査
           ?「産科オープンシステムについて」
           ?「景観形成事業について」
           ?「市民福祉プラザについて」
 (2)派遣場所  長崎県長崎市、佐賀県唐津市、福岡県福岡市
 (3)派遣期間  平成18年4月12日(水)から14日(金)まで(3日間)
 (4)派遣議員  新 井 貞 夫 議員  種子島 久 代 議員
 (5)調査概要
     諸般の事情により、行政視察を中止した。

3 平成18年度日本共産党草加市議会議員団行政視察
 (1)派遣目的  次の案件に対する調査
           ?「豊田市こども発達センターについて」
           ?「介護保険利用者負担軽減について」
           ?「地域自治区について」
 (2)派遣場所  愛知県豊田市、長野県松本市、新潟県上越市
 (3)派遣期間  平成18年4月17日(月)から19日(水)まで(3日間)
 (4)派遣議員  大 野 ミヨ子 議員  平 野 厚 子 議員  今 村 典 子 議員
          青 木 義 之 議員
 (5)調査概要
   ?「豊田市こども発達センターについて」(豊田市)
     豊田市こども発達センターは、医療・相談・保育などの総合的な療育を通して、保護者とともに障害のある子どもの健やかな成長・発達を目指している。
     相談・外来療育部門、診療部門、通園部門で構成され、障害のある子どもと保護者に総合的な支援を行うと同時に地域の幼稚園、保育園や小・中学校など関係機関に専門的な支援を行っている。特に診療部門は充実しており、児童精神科や小児神経科、耳鼻咽喉科や小児歯科、泌尿器科など、ほとんどの病気や障害に十分対応できる診療内容となっている。
   ?「介護保険利用者負担軽減について」(松本市)
     介護保険制度の改正に伴い、国の実施する「社会福祉法人等による利用者負担軽減措置」が平成17年10月1日に改正される中、松本市では、従来実施してきた市独自軽減内容(民間事業者、訪問入浴・訪問介護・食費を含む通所リハビリ)を継続するとともに、利用者負担新第2段階について、本来利用すべき介護サービスを経済的理由で利用できなくなる可能性があるとして、市独自に軽減率を2分の1にかさ上げを行い、利用者負担を軽減し福祉の増進を図っている。
   ?「地域自治区について」(上越市)
     上越市は、人口が合併前の13万4,751人から、合併後に1.6倍の21万1,870人となる中、上越市を除く13町村の区域ごとに「地方自治区」を設け、地域の意見を取りまとめ行政に反映させる地域協議会を設置し、市長やその他の関係機関(教育委員会等)に意見を述べることができるようになっている。地域協議会の委員は、法的に市長が選任することになっているが、上越市では選挙で選ばれた委員を市長が選任している。委員について選挙を行っているのは全国でほかに例はなく、選挙で選ばれた委員により、協議会が下請機関になることが避けられ、合併による弊害として生ずる地域格差の防止策となっている。

4 平成18年度自由市民クラブ議員団行政視察
 (1)派遣目的  次の案件に対する調査
           ?「丹波ささやま黒まめ課について」
           ?「知的障害者施策について」
           ?「中心市街地の活性化について」
 (2)派遣場所  兵庫県篠山市、奈良県奈良市、滋賀県長浜市
 (3)派遣期間  平成18年4月18日(火)から20日(木)まで(3日間)
 (4)派遣議員  瀬 戸 健一郎 議員  小 澤 敏 明 議員  須 永 賢 治 議員
          浅 井 昌 志 議員  松 井 優美子 議員  切 敷 光 雄 議員
          鈴 木 由 和 議員  中 山   康 議員  佐 藤   勇 議員
          斉 藤 幸 子 議員
 (5)調査概要
   ?「丹波ささやま黒まめ課について」(篠山市)
     篠山市では、平成17年4月に「丹波ささやま黒まめ課」を新設し、特産物の振興を図り、大都市圏等への一層の情報発信など、地域ブランドの確立に向けた取り組みを進め、あわせて後継者・担い手の育成に努めている。生産者や生活者、行政、農業関係団体、商工関係団体など、多様な主体の参画と協働による推進体制と、効果的でユニークな推進方策により、共生、協調、自立の基本理念に基づく各種振興施策の実現に向け、積極的な取り組みを行っている。
   ?「知的障害者施策について」(奈良市)
     奈良市の知的障害者入所更生施設「萌あおはに」は、社会福祉法人青葉仁会が運営する、平成14年4月に比較的重い障害を持つ方々への的確な支援を行うことを目的に開所した定員50名の施設であり、社会的に自立する人のための知的障害者入所授産施設「あおはにの家」に隣接している。建物はすり鉢状の敷地形状を生かして斜面に沿うように、また自然の光が入り心地よい風が通るように配置され、施設の区分ごとに基本となる色を定め、入居者が色を頼りに移動できるようにするなど、いろいろと工夫が施されている。
     障害を持ちながらも生き生きとした人生を送りたいと願うすべての人に、健康管理、やすらぎとセラピー、余暇支援、そして就労支援を通じてサポートを提供している。
   ?「中心市街地の活性化について」(長浜市)
     長浜市では、明治33年に建造された長浜市民の象徴である「黒壁銀行」を、昭和63年に市が3分の1を出資する第3セクターの「株式会社黒壁」としてよみがえらせた。
     郊外型大型店舗の進出で中心商店街の沈滞と低迷が深刻な悩みであったが、既存民業を圧迫することのなく、歴史性、文化芸術性、国際性の理念を内在する「ガラス」に注目し、世界中のガラス作品を集めた「黒壁ガラス館」として商品、伝統的なまちなみの双方を引き立たせ、郊外大型店にはまねしにくい中心市街地特有の魅力を創造してきた。

5 平成18年度そうか未来議員団行政視察
 (1)派遣目的  次の案件に対する調査
           ?「行政評価システムについて」
           ?「四万十川学遊館について」
           ?「新鮮日曜市メールサービスについて」
 (2)派遣場所  愛媛県新居浜市、高知県四万十市、高知県高知市
 (3)派遣期間  平成18年4月19日(水)から21日(金)まで(3日間)
 (4)派遣議員  浅 井 康 雄 議員  石 村 次 郎 議員  飯 田 弘 之 議員
          小 川 利 八 議員  中 村 丈 夫 議員  芝 野 勝 利 議員
 (5)調査概要
   ?「行政評価システムについて」(新居浜市)
     新居浜市では、予算要求の参考資料として平成11年度に行政評価を行ったことをきっかけに、長期総合計画や戦略的に位置づけられたプロジェクトの達成度管理を目的に行政評価システムの構築を進めてきた。行政活動の改善が目的であって、評価すること自体が新たな事業となり職員の負担を増加させないために、予算要求システムと一体化させた簡素なシステムを職員の手によって構築している。評価に当たっては、公募委員を含めた市民評価委員会による評価を取り入れ、その後、市長が最終的な評価を行い、次年度の予算編成につなげていく形態をとっている。
   ?「四万十川学遊館について」(四万十市)
     四万十市では、清流として知られる四万十川とそこに生息する生物を題材に、「あそぶ」、「まなぶ」、「いやす」ことを目指した新しい時代の博物館として、四万十川学遊館「あきついお」を設置している。「あきついお」は、敷地面積6,291?、建物面積1,550.45?の施設で、トンボの標本1,000種類、魚300種類を展示している。施設を管理している社団法人トンボと自然を考える会では、ボランティア会員を募集し、市民と一体となって、展示生物の飼料収集のほか、生態調査、生態保護区の整備などを行っている。
   ?「新鮮日曜市メールサービスについて」(高知市)
     高知市では、国の地域インターネット導入促進事業による補助金の交付を受け、情報日曜市システムを開発した。新鮮日曜市メールサービスは、そのシステムを利用したサービスの一つで、登録者に対し希望するカテゴリーの情報をメールで配信している。システム構築時の一時費用以外の経常経費はほとんど発生していないものの、一方では登録件数が伸びておらず、サービス内容、周知方法等について、現在検討中である。