議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 上尾市

平成28年  総務常任委員会 09月02日−05号




平成28年  総務常任委員会 − 09月02日−05号







平成28年  総務常任委員会





               総務常任委員会審査報告
                                   平成28年9月2日

 上尾市議会議長 田中 守 様
                               総務常任委員長 星野 良行

 本委員会に付託された事件の審査結果について、会議規則第103条の規定により次のとおり報告す
る。                                          
┌──────┬────────────────────────────────────┐
│審査の種類 │会期中(平成28年9月定例会)                     │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│開会日時  │平成28年9月2日                           │
│      │午前 9時29分  開会                        │
│      │午前 9時55分  閉会                        │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│会議場所  │第1委員会室                              │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│出席委員  │◎星野 良行 〇渡辺 綱一  新道 龍一  平田 通子  深山  孝  │
│      │ 戸野部直乃  嶋田 一孝  町田 皇介                │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│欠席委員  │なし                                  │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│紹介議員  │なし                                  │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│事務局職員 │議会事務局次長兼議事調査課長 塚越 俊久                │
│      │議事調査課主任 川村明日香                       │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│出席職員  │市長政策室長 市長政策室次長 秘書政策課長 広報広聴課長        │
│      │行政経営部長 行政経営部次長 行政経営課長 財政課長 市民税課長    │
│      │資産税課長 納税課長 施設課長 財政課副主幹              │
│      │総務部長 総務部参事兼次長 次長兼契約検査課長 総務課長 職員課長   │
│      │IT推進課長 危機管理防災課長                     │
│      │市民生活部長 市民生活部次長 市民課長 市民協働推進課長        │
│      │消費生活センター所長 交通防犯課長 人権男女共同参画課長        │
│      │会計管理者 出納室長                          │
│      │選挙管理委員会事務局長 事務局副参事兼次長               │
│      │監査委員事務局長 事務局次長                      │
├──────┼───────────────────────────────┬────┤
│番    号│       件               名       │審査結果│
├──────┼───────────────────────────────┼────┤
│議案第85号│平成28年度上尾市一般会計補正予算(第2号)第1条歳入全部  │全会一致│
│      │                               │原案可決│
└──────┴───────────────────────────────┴────┘
┌──────┬───────────────────────────────┬────┐
│議案第93号│上尾市土地開発公社の解散について               │全会一致│
│      │                               │原案可決│
└──────┴───────────────────────────────┴────┘







△開会の宣告



○委員長(星野良行) 皆さん、おはようございます。

  ただいまから総務常任委員会を開会いたします。本委員会に付託されました案件は、議案2件であります。

  委員の皆様の慎重なる審査をお願いいたします。

                                   (午前 9時29分)





△傍聴について



○委員長(星野良行) 皆様にお伺いいたします。

  ただいま傍聴希望者が1人来ておりますので、これを許可することでよろしいでしょうか。

          〔「はい」と言う人あり〕



○委員長(星野良行) それでは、お入りください。

          〔傍聴者入場〕





△議案第85号の上程、説明、質疑、討論、採決



○委員長(星野良行) それでは、これより審査を行います。

  各委員さんの質疑、答弁をじっくりお聞きし、理解を深めていただきたいと思いますので、1度の質問でおおむね3項目を目安としてご協力をお願いしたいと思います。

  また、執行部の皆さんには、説明及び答弁の際、手を挙げて所属を言っていただきますようよろしくお願いをいたします。

  初めに、議案第85号 平成28年度上尾市一般会計補正予算(第2号)、第1条歳入全部について審査を行います。

  当局の説明を求めます。

  駒?行政経営部長。



◎行政経営部長(駒?久志) 補正予算書のご用意をお願いいたします。議案第85号 平成28年度上尾市一般会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。

  2ページをお願いいたします。第1条でございます。本補正予算案は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億3,266万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ626億4,206万5,000円とするものでございます。

  続きまして、6ページをお願いいたします。歳入全般につきましては、財政課長からご説明いたします。



○委員長(星野良行) 江戸財政課長。



◎財政課長(江戸将志) それでは、歳入全般についてご説明させていただきます。

  6ページをお願いいたします。まず、9款地方特例交付金でございますが、9款地方特例交付金の減収補てん特例交付金は、個人住民税におけるいわゆる住宅ローン減税の実施に伴う地方の減収を補填するために交付されるものでございますが、交付額が決定したことから、当初予算額との差額を補正するものでございます。

  次の10款地方交付税の普通交付税につきましては、本年度の算定の結果、交付額が決定したことから、当初予算額との差額を補正するものでございます。

  次に、14款国庫支出金でございます。まず、2項2目民生費国庫補助金の母子家庭等対策等総合支援事業費補助金は、母子家庭の母等の就業をより効果的に促進するために実施している母子家庭自立支援給付金支給事業に対する国庫補助金でございまして、母子及び父子並びに寡婦福祉法施行令の一部改正に伴い、本年度より自立支援教育訓練給付金等が充実されたため、増額計上するものでございます。

  次に、6目商工費国庫補助金の地方創生推進交付金は、平成28年度からの地方版総合戦略の本格的な推進に向け、地方創生の進化のために創設された交付金でございますが、本市では本交付金の活用を念頭に、上尾市地域創生総合戦略に基づき産業の活性化を推進するため、「ものづくりのまち上尾」推進事業を実施いたします。

  次に、18款繰入金でございます。1項1目の財政調整基金繰入金は、普通交付税の増額等に伴い不要となりました財政調整基金からの繰り入れを減額するものでございます。

  7ページをお願いいたします。2項1目の介護保険特別会計繰入金は、平成27年度の介護保険特別会計における事業費の精算の結果、一般会計分の負担額が確定したことから、当初予算で科目設置しておりました予算額1,000円と合わせて7,243万6,000円を繰り入れるものでございます。

  次の19款繰越金につきましては、本補正予算案の財源としまして5,401万6,000円を計上したところでございます。

  説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。



○委員長(星野良行) 駒?行政経営部長。



◎行政経営部長(駒?久志) 議案第85号の説明は以上でございます。



○委員長(星野良行) 以上で当局の説明は終わりました。

  これより質疑を行います。

  質疑のある方は挙手をお願いいたします。ありませんか。

  平田委員。



◆委員(平田通子) 1点伺います。

  基準財政需要額が収入額から上回ったということですが、税収は昨年度市民税とかは増えて、収入が大きくなったと思っているのですけれども、それにも増して需要額が増えた理由をお願いします。



○委員長(星野良行) 江戸財政課長。



◎財政課長(江戸将志) ご質問いただいた内容についてお答えさせていただきます。

  今回、補正予算で計上させていただいております金額につきましては、当初予算との差額について補正で計上させていただいているところでございますというふうなところでございまして、実際の交付額につきましては、昨年度と比べると減少というふうなことになっております。というふうなことになりますので、基準財政収入額につきましては、地方消費税交付金等の伸びにより増えたというふうな形になりますが、基準財政需要額についても当然伸びているのですけれども、結果としては基準財政収入額と需要額の差額で地方交付税が配られるというふうな形になっておりますので、基準財政収入額の方が伸び幅が大きかったというふうな状況に今年度についてはなってございます。



○委員長(星野良行) よろしいですか。

  ほかに質疑はございますでしょうか。

  深山委員。



◆委員(深山孝) 確認なのですけれども、18款の繰入金の関係で主要3基金の現在残高をお知らせください。



○委員長(星野良行) 江戸財政課長。



◎財政課長(江戸将志) 9月補正後の現在の平成28年度末残高見込みでございますが、財政調整基金につきましては12億2,500万程度となってございます。公共施設整備基金につきましては18億8,600万程度となってございまして、合わせて31億1,200万程度となっている状況でございます。

  以上でございます。



○委員長(星野良行) よろしいですか。



◆委員(深山孝) 分かりました。



○委員長(星野良行) ほかに質疑はございますでしょうか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(星野良行) 質疑がないようですので、質疑を終結いたします。

  これより討論を行います。

  討論のある方は挙手をお願いいたします。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(星野良行) 討論がないようですので、討論を終結いたします。

  これより採決を行います。

  議案第85号 平成28年度上尾市一般会計補正予算(第2号)について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

          〔挙手全員〕



○委員長(星野良行) 挙手全員であります。

  よって、議案第85号は全会一致をもって、原案のとおり可決すべきものとして決しました。





△議案第93号の上程、説明、質疑、討論、採決



○委員長(星野良行) 次に、議案第93号 上尾市土地開発公社の解散について審査を行います。

  当局の説明を求めます。

  駒?行政経営部長。



◎行政経営部長(駒?久志) それでは、定例会議案の14ページをお願いいたします。

  議案第93号 上尾市土地開発公社の解散については、行政経営課長からご説明申し上げます。



○委員長(星野良行) 堀口行政経営課長。



◎行政経営課長(堀口愼一) それでは、議案第93号 上尾市土地開発公社の解散についてご説明いたします。

  起案理由でございますが、上尾市土地開発公社を解散することについて、公有地の拡大の推進に関する法律第22条第1項の規定により、議会の議決を経る必要があるので、この案を提出するものでございます。

  上尾市土地開発公社が保有する土地につきましては、平成24年度に作成した上尾市土地開発公社保有土地の買い戻しによる経営健全化計画に沿って計画的な買い戻しを実施し、本年4月1日付で全ての保有土地が回収されたところでございます。これにより、上尾市土地開発公社を存続する必要が薄れ、本年6月2日に開催された土地開発公社理事会において、解散について同意が得られましたことから、法の規定により上尾市土地開発公社の解散について議会の議決を求めるものでございます。

  説明は以上でございます。



○委員長(星野良行) 駒?行政経営部長。



◎行政経営部長(駒?久志) 議案第93号の説明は以上でございます。



○委員長(星野良行) 以上で当局の説明は終わりました。

  これより質疑を行います。

  質疑のある方は挙手をお願いいたします。

  町田委員。



◆委員(町田皇介) 昨日の質疑の答弁の中で、経営健全化計画後に17件、計画以前に4件の長期保有地を買い戻したと。それで、利息が7.6億円という説明があったのですけれども、長期保有地の用地ごとの内訳について、資料があれば、それもいただいた上でご説明をお願いしたいというのが1点。

  それと、こちらもきのうの質疑の答弁の中で、公社の公売について、簿価総額と公売総額の差額が2.9億円といった説明があったのですけれども、そちらの内訳についても、資料があれば、それを提出していただいた上でご説明をいただければと思います。



○委員長(星野良行) 堀口行政経営課長。



◎行政経営課長(堀口愼一) それでは、委員長の許可をいただきまして、資料を配布させていただければと存じます。



○委員長(星野良行) では、資料の配布をお願いします。

          〔事務局職員配布〕



○委員長(星野良行) 堀口行政経営課長。



◎行政経営課長(堀口愼一) それでは、説明をさせていただきます。

  初めに、A3の資料でございます。上尾市土地開発公社長期保有地の一覧でございます。市が買い取りするまでに土地開発公社が5年以上保有していた土地の一覧でございます。一番上の欄でございますが、平成12年から平成24年までに4件の買い戻しを行い、合計で市の買い取り額が約11億7,000万円、公社の取得額が10億6,000万円に、その間の利息約1億円と諸経費を合計した額で市が買い戻しをしたところでございます。小計から下、平成24年度の3月補正と書いてあるところから下でございますが、これにつきましては上尾市土地開発公社保有土地の買い戻しによる経営健全化計画後に市が買い戻した土地で、17件ございまして、買い取り額は約49億7,600万円で、公社の取得額42億8,000万円に利息6億6,000万円と諸経費を合計したものでございます。一番下、総計で市の買い取り額61億4,850万8,394円、利息が7億6,309万9,121円でございました。

  続きまして、A4の資料の方をご説明させていただきます。こちらは公社の公売実績の一覧でございます。市民負担を軽減するため、市と公社との協定に基づきまして、公社で7件の所有地を14カ所に分けて公売したもので、その一覧でございます。簿価総額は一番右の欄、売却原価のところで合計8億2,549万9,891円に対しまして、公売総額はその左、落札額の欄で5億3,364万円で、一番右下にございますが、2億9,185万9,891円の差額が生じております。これに対しましては、公社が独自に保有土地を駐車場などとして活用することなどにより有している準備金によって、補填をしたところでございます。

  説明は以上でございます。



○委員長(星野良行) 町田委員。



◆委員(町田皇介) ありがとうございました。

  済みません。それと、もう一点、要は買い戻した土地の今後の使い道、用途についてはどのように考えているのかということもお聞かせください。



○委員長(星野良行) 堀口行政経営課長。



◎行政経営課長(堀口愼一) 買い戻した土地のうち、事業用地として継続しているものにつきましては、今後の事業の進展に応じて利用するものでございます。

  なお、早期に事業化に至らない土地につきましては、暫定的に駐車場などで利用しているものもございます。また、事業の終了などにより、当初の購入目的が解消している土地につきましては、他の事業用途への移行を検討し、それもない場合には、売却も含めて進めてまいりたいと考えております。

  以上です。



○委員長(星野良行) よろしいですか。

  ほかに質疑はございますでしょうか。

  戸野部委員。



◆委員(戸野部直乃) 2点ほど質問させていただきます。

  今回、これが可決された場合、解散はいつになりますかということと、今回の議会の資料の中で、上尾市土地開発株式会社の株主総会の資料というのもあったのですが、開発公社と土地開発株式会社の役割の違い、土地開発株式会社の株主総会の資料……



○委員長(星野良行) 都市開発。



◆委員(戸野部直乃) 上尾都市開発株式……土地と違いますね。そもそも違いますね。済みません、失礼いたしました。

  では、解散のスケジュールを教えていただきたいと思います。



○委員長(星野良行) 堀口行政経営課長。



◎行政経営課長(堀口愼一) 解散の時期でございますが、この後、議会の議決を得まして、埼玉県知事に解散の認可を申請いたします。県知事から公社の解散の認可が出て解散となりますが、29年1月ごろを見込んでおるところでございます。その後、清算を行いまして、清算の結了が平成29年4月ごろを予定しておりまして、その後、6月の議会におきまして経営状況及び清算結了の報告をさせていただく予定となっております。



◆委員(戸野部直乃) ありがとうございました。



○委員長(星野良行) ほかに質疑はございますでしょうか。

  平田委員。



◆委員(平田通子) この土地を購入するに当たって、県からの借金でしたっけ。借り入れをするということだったと思うのですが、全体で49億、約50億のお金を出すのに、その内訳、借金がどれだけ市の借金として増えたのかという、結局あとは基金を崩したということなのかどうか、その内訳を教えてください。



○委員長(星野良行) 堀口行政経営課長。



◎行政経営課長(堀口愼一) まず、49億8,000万円ほどでございますが、そのうち県からの貸付金で約33億6,000万円を充てたところでございます。残り16億2,000万円は、一般財源を活用したところでございます。

  説明は以上でございます。



○委員長(星野良行) 平田委員、よろしいですか。

  平田委員。



◆委員(平田通子) 一般財源ということですから、なければ基金がそれだけ積み上がったということに解釈、16億例えばなければ、あったというふうに考えてもいいのかどうか。

  それと、今度の借金はどのように、今後の計画では公売予定というところもありますが、どのように、一般財源の中に市が購入したということですから、含まれるということで、特別扱いでないとは思うのですけれども、どういうふうな借金の返済計画というふうになっているのか教えてください。

  あと、もう一つ、済みません。解散する過程の中で、公社のところでは資産もあるけれども、まだ借金もあるというふうに、長期借入金と資産があるようなのですが、それは今後、こっちはどういうふうになるのか教えてください。



○委員長(星野良行) 堀口行政経営課長。



◎行政経営課長(堀口愼一) まず、1点目の借入金の返済の計画でございますが、埼玉県のふるさと創造資金を借り入れしておりまして、平成25年度から利子の償還を始めまして、平成40年度までの間で返済をする予定でございます。その金額が33億6,000万円の元金と、それから利息を含めまして約34億6,000万円ほどになりますけれども、それをこの年度で分けて返還をしていく予定でございます。

  それから、続きまして公社の清算のことでございますが、残余金と、それから借入金とかがありますけれども、この後解散をして清算に入りまして、それらを全て清算した後に残った部分については、市に帰属するような形で進めさせていただきます。基本的には、土地開発公社が持っている金額が残が出るというふうに予定しておりますので、赤字になるということはございません。

  説明は以上です。



○委員長(星野良行) 平田委員、よろしいですか。

  はい。



◆委員(平田通子) 利子がふるさと創造資金、何でしたっけ、そっちでほとんど利子がつかないような低利子、解散に向けてされたということだと思うのですが、一般の銀行から借りていたら、すごい利子を払わなくてはならなかったということですよね。

          〔「はい」と言う人あり〕



◆委員(平田通子) 結局、そのまま継続していたら、どれだけ利子を払わなくてはいけなかったかという試算とかがあったら教えてください。



○委員長(星野良行) 堀口行政経営課長。



◎行政経営課長(堀口愼一) この買い取りの計画を策定する時点で、年間、毎年約5,000万円の利息がかかっておりました。その年間5,000万円と比較をしまして、この県からの貸付金を活用し、さらに一般財源を利用して市が買い取った方が、利息の部分で考えても得だということで、こういった形で進めさせていただいたところでございます。



○委員長(星野良行) 駒?行政経営部長。



◎行政経営部長(駒?久志) 県からのふるさと創造資金の貸付金でございますが、ちなみに本年度の利率は0.1%でございます。33億6,000万程度県から借り入れまして、12年間で返済する利子の総額は9,700万程度という金額になっている状況でございます。



○委員長(星野良行) よろしいですか。

  ほかに質疑はございますか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(星野良行) 質疑がないようですので、質疑を終結いたします。

  これより討論を行います。

  討論のある方は挙手をお願いいたします。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(星野良行) 討論がないようですので、討論を終結いたします。

  これより採決を行います。

  議案第93号 上尾市土地開発公社の解散について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

          〔挙手全員〕



○委員長(星野良行) 挙手全員であります。

  よって、議案第93号は全会一致、原案のとおり可決すべきものとして決しました。

  以上で、議長から総務常任委員会に付託されました議案の審査は全て終了いたしました。

  なお、委員長報告の作成については、私にご一任願います。

  この後、委員の皆様につきましては、今後の総務常任委員会の所管事務調査について日程調整を行いますので、スケジュールの分かるものをお持ちください。





△閉会の宣告



○委員長(星野良行) 以上で総務常任委員会を閉会いたします。

  お疲れさまでした。ありがとうございました。

                                   (午前 9時55分)