議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 上尾市

平成27年  都市整備消防常任委員会 09月04日−03号




平成27年  都市整備消防常任委員会 − 09月04日−03号







平成27年  都市整備消防常任委員会





               都市整備消防常任委員会審査報告
                                   平成27年9月4日

 上尾市議会議長 田中 守 様
                            都市整備消防常任委員長 小川明仁

 本委員会に付託された事件の審査結果について、会議規則第103条の規定により次のとおり報告す
る。                                           
┌──────┬────────────────────────────────────┐
│審査の種別 │1 会期中(平成27年9月定例会)                   │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│開会日時  │平成27年9月4日                           │
│      │午前 9時30分  開会                        │
│      │午前11時10分  閉会                        │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│会議場所  │第2委員会室                              │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│出席委員  │◎小川明仁 〇浦和三郎  深山 孝  長沢 純  田中 守       │
│      │ 糟谷珠紀                               │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│欠席委員  │なし                                  │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│紹介議員  │なし                                  │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│出席職員  │都市整備部長 次長 主席副参事 次長兼都市計画課長 副参事兼道路課長  │
│      │市街地整備課長 建築安全課長 開発指導課長 みどり公園課長 河川課長  │
│      │上下水道部長 次長 次長兼水道施設課長 経営総務課長 業務課長     │
│      │下水道施設課長                             │
│      │消防長 参事兼次長 次長 消防総務課長 副参事兼指令課長 予防課長   │
│      │警防課長 管理課長                           │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│事務局職員 │議事調査課副主幹 嶋田 勉  議会総務課主査 百瀬徳洋         │
├──────┼───────────────────────────────┬────┤
│番    号│       件               名       │審査結果│
├──────┼───────────────────────────────┼────┤
│議案第56号│平成27年度上尾市一般会計補正予算(第2号)第1条歳出第7款土│全会一致│
│      │木費                             │原案可決│
├──────┼───────────────────────────────┼────┤
│議案第64号│上尾市長期優良住宅の普及の促進に関する法律関係手数料徴収条例及│全会一致│
│      │び上尾市都市の低炭素化の促進に関する法律関係手数料徴収条例の一│原案可決│
│      │部を改正する条例の制定について                │    │
├──────┼───────────────────────────────┼────┤
│議案第67号│工事請負契約の締結について                  │全会一致│
│      │                               │原案可決│
└──────┴───────────────────────────────┴────┘
┌──────┬───────────────────────────────┬────┐
│議案第68号│工事請負契約の締結について                  │全会一致│
│      │                               │原案可決│
├──────┼───────────────────────────────┼────┤
│議案第69号│財産の取得について                      │全会一致│
│      │                               │原案可決│
├──────┼───────────────────────────────┼────┤
│議案第70号│市道路線の認定について                    │全会一致│
│      │                               │原案可決│
└──────┴───────────────────────────────┴────┘







△開会の宣告



○委員長(小川明仁) おはようございます。

  ただいまから都市整備消防常任委員会を開会いたします。

  過日の所管事務調査につきましては、大変お疲れさまでした。有意義な視察ができたものと感謝を申し上げます。ありがとうございました。

  本委員会に付託されました案件は議案6件でございます。委員の皆さんの慎重なる審査をお願いいたします。

                                   (午前 9時30分)





△職員の紹介



○委員長(小川明仁) 審査に入る前に、消防長より変更があった出席職員の紹介をお願いいたします。

  加藤消防長。



◎消防長(加藤一美) 消防本部で7月に人事異動がございましたので、職員の紹介をさせていただきます。

  新たに予防課長になりました谷山でございます。よろしくお願いいたします。



◎予防課長(谷山勝造) 谷山です。よろしくお願いいたします。



◎消防長(加藤一美) 以上でございます。



○委員長(小川明仁) ありがとうございました。どうぞよろしくお願いいたします。





△現地調査



○委員長(小川明仁) それでは、まず現地調査日程表に従いまして現地調査を行いますので、委員の皆さんは庁舎玄関前にご集合ください。

  なお、再開は事前のご案内では午前11時30分の予定としておりましたが、行程が早まる可能性がありますので、11時には再開できるよう準備をお願いいたします。

  暫時休憩いたします。



          休憩 午前 9時32分



          再開 午前10時35分





○委員長(小川明仁) ただいまから委員会を再開いたします。





△傍聴について



○委員長(小川明仁) 審査に入る前に委員の皆様にお伺いをいたします。

  傍聴希望者がいらっしゃるとのことですが、よろしいでしょうか。

          〔「はい」と言う人あり〕



○委員長(小川明仁) それでは、お入りください。

          〔傍聴者入場〕





△議案第56号の上程、説明、質疑、討論、採決



○委員長(小川明仁) それでは、これより付託表に従い審査を行います。

  初めに、議案第56号 平成27年度上尾市一般会計補正予算(第2号)第1条歳出第7款土木費について審査を行います。

  当局の説明をお願いいたします。

  内田都市整備部長。



◎都市整備部長(内田正良) それでは、補正予算書のご用意をお願いいたします。議案第56号 平成27年度上尾市一般会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。補正予算書9ページをお願い申し上げます。

  7款土木費、2項道路橋りょう費、2目道路維持費及び4目道路新設改良費につきましては、小宮道路課長より説明をさせていただきます。



○委員長(小川明仁) 小宮道路課長。



◎副参事兼道路課長(小宮成司) 道路課、小宮です。よろしくお願いします。

  2目道路維持費の15節工事請負費でございまして、5,430万円の増額補正をお願いするものでございます。この工事請負費につきましては、1・2級道路修繕事業で3路線、生活道路修繕事業で4路線について道路の損傷が大きく、早期に修繕が必要でありますことから、増額補正をお願いするものでございます。

  次に、10ページをお願いします。4目道路新設改良費を1,660万円の補正増額をお願いするものでございます。補正予算書の事業概要をご覧ください。舗装排水事業でございまして、13節委託料を120万円で工事に伴う測量であります。15節工事請負費を1,540万円で2路線についての整備を行うもので、増額補正をお願いするものでございます。また、さきに配付させていただきました平成27年度9月補正予算(案)要望事業箇所一覧表を一緒に参照していただければと思います。

  以上です。



○委員長(小川明仁) 以上で当局の説明は終わりました。

  これより質疑を行います。

  質疑のある方は挙手をお願いいたします。特にありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(小川明仁) 質疑がないようですので、質疑を終結いたします。

  これより討論を行います。

  討論のある方は挙手をお願いいたします。ございませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(小川明仁) 討論がないようですので、討論を終結いたします。

  これより採決を行います。

  議案第56号 平成27年度上尾市一般会計補正予算(第2号)第1条歳出第7款土木費について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

          〔挙手全員〕



○委員長(小川明仁) 挙手全員です。

  したがって、議案第56号は全会一致、原案のとおり可決すべきものとして決しました。





△議案第64号の上程、説明、質疑、討論、採決



○委員長(小川明仁) 次に、議案第64号 上尾市長期優良住宅の普及の促進に関する法律関係手数料徴収条例及び上尾市都市の低炭素化の促進に関する法律関係手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定について審査を行います。

  当局の説明をお願いいたします。

  内田都市整備部長。



◎都市整備部長(内田正良) 議案書のご用意をお願い申し上げます。20ページをお願いいたします。

  議案第64号 上尾市長期優良住宅の普及の促進に関する法律関係手数料徴収条例及び上尾市都市の低炭素化の促進に関する法律関係手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定につきましては、小幡建築安全課長より説明をさせていただきます。



○委員長(小川明仁) 小幡建築安全課長。



◎建築安全課長(小幡俊明) 建築安全課長の小幡です。よろしくお願いいたします。

  初めに、提案理由でございますが、建築基準法の一部改正に伴い、同法の条項を引用している条例の一部を改正する必要がありますので、この案を提出するものでございます。

  委員長の許可を得まして資料の配布をさせていただきたいと思いますが、よろしいでしょうか。



○委員長(小川明仁) はい、お願いいたします。

          〔事務局職員配布〕



◎建築安全課長(小幡俊明) 今、お配りしました資料を併せてご覧願います。今回改正する条例は、2つの手数料徴収条例でございます。

  1つ目は、長期にわたり良好な状態で使用可能な住宅の普及を目的とした長期優良住宅認定制度に基づく条例であり、もう一つは、都市の低炭素化の促進を目的とした低炭素建築物認定制度に基づく条例でございます。

  改正内容ですが、2つの条例とも同じ内容でございます。条例には認定申請に併せて建築基準法の構造計算適合性判定を行う場合について記述されています。この構造計算適合性判定を規定する建築基準法の条項が、同法改正により第6条第5項から第6条の3第1項に変わりました。そのため、条例において、この条項を引用している部分を修正するものでございます。

  なお、この改正により、手数料徴収額等を規定している内容が変わるものではございません。

  附則としまして、この条例は、公布の日から施行するものでございます。

  以上、説明とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○委員長(小川明仁) ありがとうございました。

  以上で当局の説明は終わりました。

  これより質疑を行います。

  質疑のある方は挙手をお願いいたします。

  糟谷委員。



◆委員(糟谷珠紀) 参考までに年間どれぐらい長期優良住宅の申請があるのか、実績数をお知らせください。



○委員長(小川明仁) 小幡建築安全課長。



◎建築安全課長(小幡俊明) 実績ですが、平成26年度で申請件数が一戸建ての住宅255棟、共同住宅2棟、合わせて257棟でございます。



○委員長(小川明仁) よろしいですか。



◆委員(糟谷珠紀) ありがとうございました。



○委員長(小川明仁) ほかに質疑のある方いらっしゃいますでしょうか。ございませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(小川明仁) 質疑はないものと認めます。

  質疑がないようですで、質疑を終了いたします。

  これより討論を行います。

  討論のある方は挙手をお願いします。討論はございませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(小川明仁) 討論がないようですので、討論を終結いたします。

  これより採決を行います。

  議案第64号 上尾市長期優良住宅の普及の促進に関する法律関係手数料徴収条例及び上尾市都市の低炭素化の促進に関する法律関係手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

          〔挙手全員〕



○委員長(小川明仁) 挙手全員です。

  したがって、議案第64号は全会一致、原案のとおり可決すべきものとして決しました。





△議案第67号の上程、説明、質疑、討論、採決



○委員長(小川明仁) 次に、議案第67号 工事請負契約の締結について審査を行います。

  当局の説明をお願いいたします。

  内田都市整備部長。



◎都市整備部長(内田正良) 続きまして、議案書の23ページをお願いいたします。議案第67号 工事請負契約の締結につきましては、小宮道路課長より説明をさせていただきます。

  小宮道路課長。



○委員長(小川明仁) 小宮道路課長。



◎副参事兼道路課長(小宮成司) それでは、提案理由としましては、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、ご提案するものでございます。

  契約の目的につきましては、橋梁下部工事(境橋)でございます。契約の方法は、条件付一般競争入札、契約の金額は1億8,014万4,000円でございます。契約の相手方は、上尾市緑丘三丁目4番25号、株式会社島村工業上尾支店でございます。

  恐れ入りますが、9月定例会議案資料をお願いします。1ページをお願いします。工事請負仮契約書で、工期は平成28年3月18日となっております。

  2ページが入札記録でございます。

  3ページをお願いします。工事目的は、東日本大震災の被災により撤去された境橋は、上尾市と伊奈町を結ぶ幹線道路であるため、早期の本復旧が望まれることから、架け替え工事を行うものでございます。

  工事概要の橋梁形式は、複合門形ラーメン橋で、橋長は18.3メートル、幅員は10メートルで、有効幅員は9メートルでございます。基礎は現場打ちぐい24本、護岸を右岸、左岸合わせて57.2メートルを実施します。

  4ページが位置図で、先ほど現地調査をしていただきました。原市沼川にかかる橋でございます。

  5ページから7ページが、設計概要図でございます。5ページの平面図の中央の青い着色した部分が原市沼川で、図面の上が上流、下が下流でございます。両岸の茶色部分の地盤改良をいたします。

  6ページが側面図で、橋台の基礎ぐいとしてくい長30メートルから36メートルを施工するものです。

  7ページをお願いします。断面図でございまして、赤表示した橋台、基礎ぐいを平成27年度に施工し、緑部分を次年度に施工するものでございます。

  以上でございます。よろしくお願いします。



○委員長(小川明仁) 以上で当局の説明は終わりました。

  これより質疑を行います。

  質疑のある方は挙手をお願いします。質疑ございませんか。

  長沢委員。



◆委員(長沢純) 済みません。境橋の件で、工事概要18.3メートルで、幅員10メートルということですけれども、重量規制というのは、今回、この橋に関して何トンの規制があるとかというのは考えられているのですか。



○委員長(小川明仁) 小宮道路課長。



◎副参事兼道路課長(小宮成司) きょう、先ほど現地を通っていただいたと思うのですけれども、あそこの鷹の台高校の前の道路が大型規制になっておりまして、現在の仮橋としましては10トン規制を今かけております。ただ、大型規制ということで、大型規制になりますと8トン以下になりますので、今後、警察とも協議しまして、その10トン規制につきましては市の方の対応でもいいということでございますので、これから協議するところでございます。

          〔「新しい橋」と言う人あり〕



◎副参事兼道路課長(小宮成司) 新しい橋です。

          〔「仮橋が」と言う人あり〕



◎副参事兼道路課長(小宮成司) 仮橋は、今、10トンの規制がかかっています。

          〔「新橋は」と言う人あり〕



◎副参事兼道路課長(小宮成司) 新橋につきましては、一応大型規制の道路規制になっていますので、橋としては20トンの道路として使えるのですけれども、大型規制がかかっていますので、8トン以上の車は通れないということになります。



◆委員(長沢純) ありがとうございました。



◎副参事兼道路課長(小宮成司) 規制のことでよろしいですか。



◆委員(長沢純) そうです。



◎副参事兼道路課長(小宮成司) 規制については、かからないです。規制ですよね。



○委員長(小川明仁) 茂木次長。



◎都市整備部次長(茂木和夫) 新しい橋につきましては、通常の20トン荷重ということで、規制をかけない橋で施工しております。ただし、道路については、従前どおり、今現在、規制かかっておりますので、改めて警察の方と協議をさせていただきます。

  以上です。



◆委員(長沢純) ありがとうございました。

  以上です。



○委員長(小川明仁) ほかに質疑はございませんか。よろしいですか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(小川明仁) 質疑がないようですので、質疑を終結いたします。

  これより討論を行います。

  討論のある方は挙手をお願いします。討論ございませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(小川明仁) 討論がないようですので、討論を終結いたします。

  これより採決を行います。

  議案第67号 工事請負契約の締結について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

          〔挙手全員〕



○委員長(小川明仁) 挙手全員です。

  したがって、議案第67号は全会一致、原案のとおり可決すべきものとして決しました。





△議案第68号の上程、説明、質疑、討論、採決



○委員長(小川明仁) 次に、議案第68号 工事請負契約の締結について審査を行います。

  当局の説明をお願いいたします。

  内田都市整備部長。



◎都市整備部長(内田正良) 続きまして、議案書の24ページをお願いいたします。議案第68号 工事請負契約の締結につきましては、小宮道路課長より説明をさせていただきます。

  小宮道路課長。



◎副参事兼道路課長(小宮成司) 提案理由としましては、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、提案するものでございます。

  契約の目的につきましては、橋梁建設工事(吉野橋)でございます。契約の方法は条件付一般競争入札、契約の金額は1億5,757万2,000円でございます。契約の相手方は、上尾市原市中一丁目7番8号、千代本興業株式会社でございます。

  恐れ入りますが、9月定例会議案資料をお願いします。8ページをお願いします。工事請負仮契約書で、工期は平成28年3月18日となっております。

  9ページをお願いします。9ページが入札記録でございます。

  10ページの工事目的は、芝川都市下水路に新設橋梁を架け、国道17号線と県道埼玉菖蒲線、通称第二産業を結ぶ道路の一部となります。この新設橋の架設により、両市を従来する車両及び歩行者の利便性の向上や周辺道路の渋滞緩和、物流の活性化を図るものでございます。工事概要の橋梁形式は複合門形ラーメン橋で、橋長は21.9メートル、幅員は12.8メートルで、有効幅員は12メーターです。橋台は右岸、左岸各1基の計2基、桁の総重量は91.4トンでございます。

  11ページが位置図で、先ほど現地調査をしていただきました芝川都市下水路にかかる橋でございます。

  続きまして、12ページから14ページが設計概要図でございます。12ページの平面図の菱形の下、赤枠が橋の桁でございます。

  13ページをお願いします。13ページの2、側面図で橋台の基礎ぐいとして、くい長11.5メートル施工するものです。

  14ページをお願いします。断面図でございまして、上の図が上部工の断面図で、下の図が下部工の断面でございます。

  以上です。よろしくお願いします。



○委員長(小川明仁) 以上で当局の説明は終わりました。

  これより質疑を行います。

  質疑のある方は挙手をお願いいたします。

  糟谷委員。



◆委員(糟谷珠紀) 質疑で聞いた中で、ちょっと2点、もう一回確認させてもらいたいのですけれども、国庫補助の予算見込みが4,300万円だったと。ところが、決定額になると1,670万円となってしまったと。ここの開きは、どういうことでここまでちょっと額的に少なくなってしまったのかというところの国からの報告みたいのがもしあれば教えてもらいたいのが1つ。

  あと、供用開始時期について。工期が来年の3月18日までになっているのだけれども、これから始めるとして目いっぱい多分工事やるのだと思うのですが、橋梁の取り付け道路の整備が終わった時期に、さいたま市と調整を図るということで、今年度中には少なくとも供用開始をするのかどうかということ。4月に持ち越し、年度をまたいでしまうのかどうかと思って、その調整というのはどういうことで供用開始時期を最終的に定めるのかなと思って、ちょっとその辺を2つ聞きたいなと思います。お願いします。



○委員長(小川明仁) 小宮道路課長。



◎副参事兼道路課長(小宮成司) まず、1点目の国庫補助でございますが、初めの歳入としまして4,300万円を予定しましたが、この4,300万円の予定したというのが、当初の設計額に対しまして、それの負担割合の、国で今、補助率として10分の5.5ということでございますので、それに合わせて4,300万円ということを予定したわけでございます。しかし、県からの報告でございまして、配分として1,670万1,000円しかうちの方に来なかったということになります。

  2点目の供用開始でございますが、先ほど現地に行っていただいたと思うのですけれども、今回、橋をかけるということでございまして、橋から30メートルほどがまだ道路ができていない状態になります。それの施工もございますので、それと、あとさいたま市の方も道路がまだ完全にできてございませんので、それプラス信号機の調整を今、警察と協議しているということもございまして、その辺からも、あとうちの30メートルのほかにも第二産業までの改築工事もございますので、そういうものもございまして調整させていただいて、供用開始については今後、図っていきたいということでございます。



○委員長(小川明仁) 糟谷委員。



◆委員(糟谷珠紀) 補助金の関係で言うと、そうすると補助率は当初10分の5.5だったけれども、最終的に補助率について、10分の5.5は下回らなかったのかどうか、その辺もう一回確認したいのと、あと供用開始の関係で言うと、信号機の設置で、どこの道路とどこの道路の交差する信号機の設置を今予定しているのかというのと、あと、結局橋の新設する工事そのものが3月までに終わるとしても、その後の今言った話にあったようなことが調整として進められるとなると、当然年度をまたいで、例えば大まかに夏ごろとか、6月議会ごろとか、何かそういう時期の目安みたいなものを今は言えないのかどうか、もしその辺だけでも聞けたらいいなと思っています。

  3つお願いします。



○委員長(小川明仁) 3つですね。

  小宮道路課長。



◎副参事兼道路課長(小宮成司) 1つ目の補助の関係でございますが、補助率としては10分の5.5というふうには決まっているのですけれども、その10分の5.5の対象額としまして、それが県の方の判断といいますか、配当割合によって決まってくるものですから、今回は、うちとしては1,670万1,000円という数字が出てきたということになります。

  それと、信号機になりますけれども、信号機につきましては、先ほど橋から第二産業まで通っていただいたと思いますけれども、途中に12メートルと同じような幅員で交差している交差点があったと思いますけれども、あそこに今、橋から行きますと止まれになっていますけれども、あそこについて警察と協議して、信号機を設置する協議を今しているところでございます。

  供用開始につきましては、やはりその辺が警察とも協議がまだ整っていないこともございまして、予定としてまだはっきりと出てきていませんので、いつということはちょっと今のところお答えすることはできないということです。

  以上です。



○委員長(小川明仁) 糟谷委員。



◆委員(糟谷珠紀) 補助率だから、10.55%ではなくて、10分の5.5の対象額だったということと、あと、今、最終的に県が配分した結果、その10分の5.5のままキープされているのかどうなのかというのを聞きたかったのだけれども、額しかお答えないので、その10分の5.5が維持されたかどうかを聞きたかったのです。どうですか。



○委員長(小川明仁) 小宮道路課長。



◎副参事兼道路課長(小宮成司) 10分の5.5というのは、もう決まってございまして、その10分の5.5に対象する金額が県の方の配分になってきますので、補助率としては変わらないです。ただ、金額の対象額を県の方で配分してしまうので、この金額しか来ないということになります。



◆委員(糟谷珠紀) 開きがある、最初の見込み額。



◎副参事兼道路課長(小宮成司) はい。



○委員長(小川明仁) どうでしょうか。



◆委員(糟谷珠紀) 特にいいです。



○委員長(小川明仁) ほかに質疑のある方いらっしゃいますか。よろしいですか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(小川明仁) 質疑がないようですので、質疑を終結いたします。

  これより討論を行います。

  討論のある方は挙手をお願いします。討論はございませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(小川明仁) 討論がないようですので、討論を終結いたします。

  これより採決を行います。

  議案第68号 工事請負契約の締結について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

          〔挙手全員〕



○委員長(小川明仁) 挙手全員です。

  したがって、議案第68号は全会一致、原案のとおり可決すべきものとして決しました。





△議案第69号の上程、説明、質疑、討論、採決



○委員長(小川明仁) 次に、議案第69号 財産の取得について審査を行います。

  当局の説明をお願いいたします。

  加藤消防長。



◎消防長(加藤一美) 恐れ入りますが、議案書の25ページをお願いいたします。議案第69号の財産の取得につきましては、山本警防課長がご説明を申し上げます。



○委員長(小川明仁) 山本警防課長。



◎警防課長(山本協之) 警防課です。議案第69号 財産の取得について説明させていただきます。

  本議案は、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定に基づき提出させていただくものでございます。

  取得する財産は、高規格救急自動車2台でございまして、現在、東消防署と西消防署に配備している車両を更新するものでございます。取得の目的は、救急業務における高度な救急救命活動に充てるためでございます。取得の方法は、一般競争入札でございます。取得価格は6,480万円でございます。契約の相手方は、上尾市上平中央一丁目11番地9、埼玉トヨタ自動車株式会社上尾店でございます。

  なお、議案資料の15ページに物品購入仮契約書の写し、16ページに入札記録、17ページに概要図を掲載させていただきましたので、ご参照ください。

  説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。



○委員長(小川明仁) 以上で当局の説明は終わりました。

  これより質疑を行います。

  質疑のある方は挙手をお願いします。

  糟谷委員。



◆委員(糟谷珠紀) 救急車増やすわけではなくて、多分もう耐用年数が切れるというか、切れる手前の車をかえるのだと思うのだけれども、ちなみに今乗っている救急車というのは、大体何年ぐらい使うものなのか。それから、今後、救急車をどれぐらいのペースで交換していくものなのか、向こう3年間ぐらいは、例えば新たにまた交換する時期があるとか何とか、その辺ちょっと参考までにお聞かせいただければと思います。お願いします。



○委員長(小川明仁) 山本警防課長。



◎警防課長(山本協之) 警防課です。車両の更新につきましては、独自に更新基準を設けていまして、救急車の場合は9年経過後、かつ15万キロ以上という基準を設けまして、これに合致するものを更新していくということにしております。

  以上です。



◆委員(糟谷珠紀) 今後も。



○委員長(小川明仁) もう一つ、今後の更新。



◎警防課長(山本協之) 今後の更新計画ですか。



◆委員(糟谷珠紀) はい。



◎警防課長(山本協之) 来年度に救急車1台を計画しております。



○委員長(小川明仁) 糟谷委員。



◆委員(糟谷珠紀) その更新の基準は、今、独自基準とお話しあったけれども、国で示された例えばガイドライン的なそういう基準みたいなものというのはあるのかどうかというのと、上尾の独自基準というのは、ほぼスタンダードなのかどうか。その比較がよく分からないのだけれども、上尾の独自基準、その辺ちょっともう一回確認したいのと、今後の更新計画は来年度ということなのですが、今回、補正で出ているので、時期的に補正、この時期に合わせるのか、それとも当初予算で更新を提案されてくるのかどうか、ちょっとその時期についてもお聞かせいただけますか。



○委員長(小川明仁) 山本警防課長。



◎警防課長(山本協之) 警防課です。まず、計画の関係ですが、国で示している明確なものはありません。私どもでつくったのは、近隣の消防本部等々を調査しまして、それを参考にこの9年、15万キロというのを打ち出しております。

  それと、あと、今回は補正ではなくて、当初で上げている案件です。車両は補正で購入計画はしてはおりません。

  以上です。



◆委員(糟谷珠紀) 取得のだからね。ごめんなさい。はい、分かりました。



○委員長(小川明仁) よろしいですか。



◆委員(糟谷珠紀) いいです。



○委員長(小川明仁) ほかに質疑のある方いらっしゃいますでしょうか。ございませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(小川明仁) 質疑がないようですので、質疑を終結いたします。

  これより討論を行います。

  討論のある方は挙手をお願いします。討論はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(小川明仁) 討論がないようですので、討論を終結いたします。

  これより採決を行います。

  議案第69号 財産の取得について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

          〔挙手全員〕



○委員長(小川明仁) 挙手全員です。

  したがって、議案第69号は全会一致、原案のとおり可決すべきものとして決しました。





△議案第70号の上程、説明、質疑、討論、採決



○委員長(小川明仁) 次に、議案第70号 市道路線の認定について審査を行います。

  当局の説明をお願いいたします。

  内田都市整備部長。



◎都市整備部長(内田正良) 続きまして、議案書の26ページをお願いいたします。議案第70号 市道路線の認定につきましては、小宮道路課長より説明をさせていただきます。



○委員長(小川明仁) 小宮道路課長。



◎副参事兼道路課長(小宮成司) 提案理由としましては、開発により生み出され帰属された道路を認定したいので、道路法第8条第2項の規定により提案するものです。

  開発により生み出され帰属された道路は、認定路線51123号線の1路線です。恐れ入りますが、別冊の9月定例会議案資料の18ページをお願いいたします。

  市道路線ブロック区分図ですが、路線名をつけるために作業の簡素化を考慮して、県道を境に市内を5つのブロックに分けたものです。

  続きまして、19ページをお願いします。認定路線名内訳表となります。認定路線1路線、総延長58.23メートルでございます。

  続きまして、20ページの認定路線図でご説明させていただきます。認定路線51123号線ですが、上尾市日の出地内さいたま水上公園の南側で、延長58.23メートルの路線になります。

  以上、説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○委員長(小川明仁) 以上で当局の説明は終わりました。

  これより質疑を行います。

  質疑のある方は挙手をお願いします。特にございませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(小川明仁) 質疑がないようですので、質疑を終結いたします。

  これより討論を行います。

  討論のある方は挙手をお願いします。討論はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(小川明仁) 討論がないようですので、討論を終結いたします。

  これより採決を行います。

  議案第70号 市道路線の認定について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

          〔挙手全員〕



○委員長(小川明仁) 挙手全員です。

  したがって、議案第70号は全会一致、原案のとおり可決すべきものとして決しました。

  以上で、議長から本都市整備消防常任委員会に付託されました議案の審査は全て終了いたしました。

  なお、委員長報告につきましては、私にご一任願います。





△閉会の宣告



○委員長(小川明仁) 以上で都市整備消防常任委員会を閉会いたします。

  執行部の皆さん、大変ご苦労さまでした。ありがとうございました。

                                   (午前11時10分)