議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 上尾市

平成25年  総務常任委員会 06月06日−05号




平成25年  総務常任委員会 − 06月06日−05号







平成25年  総務常任委員会





               総務常任委員会審査報告
                                   平成25年6月6日

 上尾市議会議長 矢部勝巳 様
                                総務常任委員長 長沢 純

 本委員会に付託された事件の審査結果及び所管事務調査について、会議規則第103条の規定により
次のとおり報告する。                                  
┌──────┬────────────────────────────────────┐
│審査の種類 │会期中(平成25年6月定例会)                     │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│開会日時  │平成25年6月6日                           │
│      │午前 9時30分  開会                        │
│      │午前11時07分  閉会                        │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│会議場所  │第1委員会室                              │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│出席委員  │◎長沢 純  〇井上 茂  大室 尚  前島るり  浦和三郎      │
│      │ 嶋田一孝   清水義憲  矢部勝巳                  │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│欠席委員  │なし                                  │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│紹介議員  │なし                                  │
├──────┼────────────────────────────────────┤
│事務局職員 │次長兼議事調査課長 田中 覚  議事調査課副主幹 中釜ひろみ      │
└──────┴────────────────────────────────────┘

 ●議案審査                                      
┌──────┬────────────────────────────────────┐
│出席職員  │参与兼秘書室長 秘書室次長 企画財政部長 企画財政部次長 総合政策課長 │
│      │財政課長 次長兼自治振興課長 広報課長 男女共同参画課長 財政課副主幹 │
│      │総務部長 参事兼次長 庶務課長 職員課長 IT推進課長         │
│      │副参事兼用地管財課長 契約検査課長 人権推進課長 副参事兼青少年課長  │
│      │少年愛護センター所長                          │
│      │市民部長 市民部次長 市民部次長 市民課長 副参事兼市民税課長     │
│      │資産税課長 納税課長 選挙管理委員会事務局長 事務局次長        │
│      │監査委員事務局長 事務局次長 会計管理者 出納室長           │
├──────┼───────────────────────────────┬────┤
│番    号│       件               名       │審査結果│
├──────┼───────────────────────────────┼────┤
│議案第41号│平成25年度上尾市一般会計補正予算(第2号)第1条歳入全部、第│全会一致│
│      │1条歳出第1款議会費、第2款総務費              │原案可決│
├──────┼───────────────────────────────┼────┤
│議案第42号│公益的法人等への上尾市職員の派遣に関する条例の一部を改正する条│全会一致│
│      │例の制定について                       │原案可決│
└──────┴───────────────────────────────┴────┘
┌──────┬───────────────────────────────┬────┐
│議案第43号│上尾市税条例の一部を改正する条例の制定について        │全会一致│
│      │                               │原案可決│
├──────┼───────────────────────────────┼────┤
│議案第49号│専決処分の承認を求めることについて              │全会一致│
│      │                               │原案承認│
└──────┴───────────────────────────────┴────┘

 ●所管事務調査                                    
┌─────┬─────────────────────────────────────┐
│出席職員 │総務部長 参事兼総務部次長                        │
│     │庶務課長 庶務課主幹                           │
├─────┼─────────────────────────────────────┤
│調査事項 │組織機構の再編成等について                        │
├─────┼─────────────────────────────────────┤
│調査方法 │執行部からの現状説明と質疑                        │
├─────┼─────────────────────────────────────┤
│     │《今回の所管事務調査について》                      │
│     │ 執行部より、「組織機構の再編成等については、市長から数項目の指摘があり、│
│     │未だ了承が得られておらず、当初の予定より遅れ、組織案が固まっていない。今 │
│     │回、審議した後に内容が変わる心配もあるため、本日の所管事務調査は、見送る │
│     │ことをお願いしたい」との説明があり、このことについて委員から了承を得た。 │
│     │ 委員からは「市長の指摘事項とは具体的に何か」「ワンストップについてはど │
│調査結果 │のようになったのか」との質疑があった。                  │
│     │《近隣市への視察について》                        │
│     │ 委員長から、委員会としても、近隣市へ視察を行ってはどうかとの提案があり、│
│     │既存の庁舎を利用しながら先進的にワンストップに取り組んでいる市への視察を │
│     │行うことで決定。                             │
│     │〇視察場所候補/富士見市、所沢市(この他に組織の再編とワンストップを同時 │
│     │に行っている自治体があるか調査し、最終的に決定)             │
│     │〇視察日程候補/7月29日(相手市との都合がつかない場合は7月30日)    │
│     │※部長以下関係職員の随行について了承。                  │
│     │《議会事務局の組織について》                       │
│     │ 委員から、議会事務局の組織再編については、議長に正式に申し入れをお願い │
│     │したいとの意見があり、組織案が固まったら正式に議会に申し入れることを執行 │
│     │部に確認した。                              │
│     │《次回の所管事務調査について》                      │
│     │ 次回の日程については、執行部の進ちょくにより(組織案が固まったら)決定 │
│     │する。(8月頃)                             │
└─────┴─────────────────────────────────────┘







△開会の宣告



○委員長(長沢純) 皆さん、おはようございます。

  ただいまから総務常任委員会を開会いたします。本委員会に付託されました案件は、議案4件であります。

  委員の皆様の慎重なる審査をお願いいたします。

                                   (午前 9時30分)





△職員の紹介



○委員長(長沢純) 審査に入ります前に、人事異動がありましたので、所属職員全員の紹介を各担当部長さんから順次お願いいたします。

  初めに、秘書室長から、次に市民部長の順でお願いいたします。なお、自席での挨拶で結構です。

  それでは、秘書室長の方からお願いいたします。

  秘書室長。



◎参与兼秘書室長(野本一人) それでは、秘書室の職員を紹介させていただきます。

  次長の塚越俊久でございます。



◎秘書室次長(塚越俊久) よろしくお願いします。



◎参与兼秘書室長(野本一人) 室長の野本でございます。よろしくお願いいたします。



○委員長(長沢純) 市民部長。



◎市民部長(大井川茂) それでは、市民部の職員を紹介させていただきます。

  次長の宮野豊之でございます。



◎市民部次長(宮野豊之) 宮野でございます。よろしくお願いします。



◎市民部長(大井川茂) 次に、同じく次長の井上建一でございます。



◎市民部次長(井上建一) 井上でございます。よろしくお願いします。



◎市民部長(大井川茂) 副参事兼市民税課長の岩瀬富士夫でございます。



◎副参事兼市民税課長(岩瀬富士夫) 市民税課長の岩瀬でございます。よろしくお願いします。



◎市民部長(大井川茂) 市民課長の山本由起子でございます。



◎市民課長(山本由起子) 山本でございます。よろしくお願いいたします。



◎市民部長(大井川茂) 納税課長の石井孝浩でございます。



◎納税課長(石井孝浩) 石井でございます。よろしくお願いします。



◎市民部長(大井川茂) 資産税課長の宇田川幸彦でございます。



◎資産税課長(宇田川幸彦) 宇田川でございます。よろしくお願いします。



◎市民部長(大井川茂) 最後に、私、市民部長の大井川でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○委員長(長沢純) 企画財政部長。



◎企画財政部長(小川厚則) それでは、企画財政部の職員を紹介いたします。

  企画財政部次長の駒?久志でございます。



◎企画財政部次長(駒?久志) 駒?でございます。どうぞよろしくお願いします。



◎企画財政部長(小川厚則) 次長兼自治振興課長の小山晴久でございます。



◎企画財政部次長兼自治振興課長(小山晴久) 小山です。よろしくお願いします。



◎企画財政部長(小川厚則) 総合政策課長の石川孝之でございます。



◎総合政策課長(石川孝之) 石川でございます。よろしくお願いいたします。



◎企画財政部長(小川厚則) 財政課長の織田知裕でございます。



◎財政課長(織田知裕) 織田でございます。よろしくお願いいたします。



◎企画財政部長(小川厚則) 広報課長の尾形京子でございます。



◎広報課長(尾形京子) 尾形でございます。よろしくお願いいたします。



◎企画財政部長(小川厚則) 男女共同参画課長の加藤孝でございます。



◎男女共同参画課長(加藤孝) 加藤でございます。よろしくお願いいたします。



◎企画財政部長(小川厚則) 財政課副主幹の野崎孝幸でございます。



◎財政課副主幹(野崎孝幸) 野崎でございます。よろしくお願いいたします。



◎企画財政部長(小川厚則) 最後、企画財政部長の小川でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○委員長(長沢純) 総務部長。



◎総務部長(大竹敏裕) それでは、総務部の職員を紹介させていただきます。

  まず、参事兼次長の岸健二でございます。



◎参事兼総務部次長(岸健二) 岸でございます。どうぞよろしくお願いします。



◎総務部長(大竹敏裕) 副参事兼用地管財課長の大久保務でございます。



◎副参事兼用地管財課長(大久保務) 大久保でございます。よろしくお願いいたします。



◎総務部長(大竹敏裕) 副参事兼青少年課長兼青少年センター所長兼西小なかよし児童クラブ室長の渡辺英雄でございます。



◎副参事兼青少年課長兼青少年センター所長兼西小なかよし児童クラブ室長(渡辺英雄) 渡辺でございます。よろしくお願いいたします。



◎総務部長(大竹敏裕) 庶務課長の粟野昭夫でございます。



◎庶務課長(粟野昭夫) 庶務課長の粟野でございます。よろしくお願いいたします。



◎総務部長(大竹敏裕) 職員課長の須田博和でございます。



◎職員課長(須田博和) 須田でございます。よろしくお願いします。



◎総務部長(大竹敏裕) IT推進課長の加藤哲俊でございます。



◎IT推進課長(加藤哲俊) 加藤でございます。よろしくお願いいたします。



◎総務部長(大竹敏裕) 契約検査課長の矢嶋久司でございます。



◎契約検査課長(矢嶋久司) 矢嶋でございます。よろしくお願いします。



◎総務部長(大竹敏裕) 人権推進課長の大室賢司でございます。



◎人権推進課長(大室賢司) 大室でございます。よろしくお願いいたします。



◎総務部長(大竹敏裕) 青少年課主席主幹兼少年愛護センター所長の鈴木宏明でございます。



◎青少年課主席主幹兼少年愛護センター所長(鈴木宏明) 鈴木でございます。どうぞよろしくお願いします。



◎総務部長(大竹敏裕) 最後になりましたが、総務部長の大竹でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○委員長(長沢純) 選挙管理委員会事務局長。



◎選挙管理委員会事務局長(岡田勝幸) それでは、選挙管理委員会事務局の職員を紹介させていただきます。

  事務局次長の山田良平でございます。



◎選挙管理委員会事務局次長(山田良平) 山田でございます。よろしくお願いします。



◎選挙管理委員会事務局長(岡田勝幸) 私が事務局長の岡田でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。



○委員長(長沢純) 監査委員事務局長。



◎監査委員事務局長(笹岡孝行) それでは、監査委員事務局の職員を紹介させていただきます。

  事務局次長の南雲康次でございます。



◎監査委員事務局次長(南雲康次) 南雲でございます。よろしくお願いいたします。



◎監査委員事務局長(笹岡孝行) そして、私、事務局長の笹岡でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○委員長(長沢純) 会計管理者。



◎会計管理者(内田千香子) それでは、出納室の職員を紹介させていただきます。

  出納室長の矢口でございます。



◎出納室長(矢口均) 矢口でございます。どうぞよろしくお願いします。



◎会計管理者(内田千香子) そして、私は、このたび会計管理者を拝命いたしました内田千香子と申します。どうぞよろしくお願いいたします。



○委員長(長沢純) ありがとうございました。





△傍聴について



○委員長(長沢純) ここで、傍聴希望者いらっしゃいますか。

          〔「おりません」と言う人あり〕





△議案第41号の上程、説明、質疑、討論、採決



○委員長(長沢純) それでは、審査を行います。

  各委員の質疑、答弁をじっくりお聞きし、理解を深めたいと思いますので、一度の質問でおおむね3項目を目安とし、ご協力をお願いいたします。

  初めに、議案第41号 平成25年度上尾市一般会計補正予算(第2号)第1条歳入全部、第1条歳出第1款議会費、第2款総務費について審査を行います。

  当局の説明を求めます。

  企画財政部長。



◎企画財政部長(小川厚則) それでは、議案第41号 平成25年度上尾市一般会計補正予算(第2号)について説明をさせていただきます。恐れ入りますけれども、補正予算書のご用意をお願いいたします。

  2ページをお願いいたます。第1条でございます。本補正予算案は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,467万2,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ559億6,357万4,000円とするものでございます。

  続きまして、6ページをお願いいたします。歳入全般につきましては、織田財政課長が説明いたします。



○委員長(長沢純) 財政課長。



◎財政課長(織田知裕) それでは、歳入全般につきまして説明させていただきます。

  今回の補正予算では、国や県からの支出金、繰入金、平成24年度からの繰越金、雑入を歳入として計上してございます。それでは、順次ご説明させていただきます。

  14款国庫支出金でございます。第1項1目2節児童福祉費負担金の母子生活支援施設・助産施設運営費負担金につきましては、要保護母子を母子生活支援施設において保護するための経費に対する国庫負担金でございます。なお、当事業につきましては、県の負担金もございまして、負担率はそれぞれ国2分の1、県4分の1、残りの4分の1を市が負担するというものでございます。

  次に、2項2目1節社会福祉費補助金のセーフティーネット支援対策等事業費補助金につきましては、生活保護費に係る基準額が見直されることに伴い、必要となるシステムの改修経費に対して補助されるものでございまして、補助率は10分の10でございます。

  次に、15款県支出金でございます。1項2目2節児童福祉費負担金の母子生活支援施設・助産施設運営費負担金につきましては、先ほど国庫負担金のところでご説明したとおり、国庫負担金と合わせ県から支出されるものでございます。

  次に、2項3目1節保健衛生費補助金の地域猫活動推進事業費補助金につきましては、地域に住み着いた野良猫に不妊・去勢手術を施すなどの地域猫活動に要する経費を助成する市町村に対し補助するものでございます。当該団体の活動場所は、上尾運動公園及びさいたま水上公園内でございまして、5月に県からモデル地区の指定と補助金の交付決定を受けたため、補正計上するものでございます。こちらも10分の10補助でございまして、市の負担はございません。

  次に、5目1節商工費補助金の緊急雇用創出事業費補助金につきましては、離職を余儀なくされた方々に緊急的な短期の雇用機会を提供する事業に対する補助金でございます。このたび、上尾駅及び北上尾駅周辺地区の路上喫煙禁止区域におきまして指導員を配置し、パトロールを実施する路上喫煙防止事業が採択されたことに伴い、計上するものでございます。こちらも10分の10補助でございまして、市の負担はございません。

  18款繰入金でございます。1項3目1節社会福祉基金繰入金につきましては、ケアホームを整備、運営する社会福祉法人上尾あゆみ会に対し、その整備費用に係る費用を助成する障害者施設整備費補助事業の財源として、本基金の一部を繰り入れるものでございます。昨年度9月補正予算におきまして、当該社会福祉法人が上平地区南地内に整備する男性用ケアホームへの助成費用を計上したところでございますが、このたび、同敷地内に女性用ケアホームを整備するものでございまして、12月に開所を予定してございます。

  では、7ページをお願いいたします。19款繰越金でございます。本補正予算案の財源として5,211万3,000円を計上してございます。

  次に、20款諸収入でございます。6項2目1節雑入の財団法人自治総合センターコミュニティ助成事業助成金につきましては、同センターが宝くじの社会貢献候補事業の一環として地域のコミュニティ活動に必要な備品等の整備に対し助成するものでございます。後ほど歳出の方のご説明ありますが、2款総務費の一般コミュニティ助成事業が、4月上旬、自治総合センターの交付決定を受けましたことから計上するものでございます。

  次の友好都市協定締結事業本宮市負担金につきましては、こちらも後ほど歳出のところでご説明いたします。本宮市・上尾市友好都市協定締結事業におきまして、7月31日に予定しております締結式典に係る費用について、参加者の割合などで本宮市に負担をいただくものでございます。

  歳入の説明は以上でございます。



○委員長(長沢純) 企画財政部長。



◎企画財政部長(小川厚則) それでは、引き続き歳出について説明をさせていただきます。8ページをお願いいたします。

  1款議会費、1項1目議会費につきましては織田財政課長、続きまして2款総務費の1項6目企画費につきましては石川総合政策課長が、次の9目自治振興費につきましては小山自治振興課長が説明いたします。



○委員長(長沢純) 財政課長。



◎財政課長(織田知裕) それでは、1款議会費でございます。1項1目議会費の議員報酬につきましては、地方議会議員年金制度につきまして、制度廃止伴う経過措置としての給付に要する費用、こちらを各地方公共団体が負担するものでございまして、平成25年度分の負担率が決定したことに伴いまして、必要額を増額計上するものでございます。

  私からは以上でございます。



○委員長(長沢純) 総合政策課長。



◎総合政策課長(石川孝之) 補正予算書の8ページ、6目企画費の本宮市・上尾市友好都市協定締結事業についてご説明申し上げます。

  東日本大震災直後から継続的に支援を行っている福島県本宮市と、さらに交流のきずなを深め、復興支援のみならず、将来にわたって両市がともに発展していくことを目的に友好都市協定を締結するものでございまして、このたび、本宮市との協議が整いましたことから、式典等に要する費用につきまして補正をお願いするものでございます。事業費の主なものといたしましては、友好都市協定締結に当たっての記念品、記念樹代などといたしまして57万7,000円、式典開催に係る消耗品等といたしまして45万8,000円、式典の会場として予定しておりますコミュニティセンターの借上料といたしまして10万2,000円を計上しております。

  説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。



○委員長(長沢純) 自治振興課長。



◎企画財政部次長兼自治振興課長(小山晴久) それでは、説明させていただきます。同じく予算書8ページでございます。下段をご覧いただきたいと思います。

  2款総務費、1項9目自治振興費でございます。先ほど歳入全般の中でご説明申し上げました19節一般コミュニティ助成事業補助金でございます。事業概要をご説明申し上げます。財団法人自治総合センターから助成される一般コミュニティ助成事業として、地域のコミュニティ活動に必要な備品等の整備に対し助成するもので、平成24年度において平成25年度分として申請をいたしました3つの事務区が4月8日付で交付決定されたことから、補正をお願いするものでございます。具体的に申し上げますと、1つ目は栄町事務区の子ども御輿の修繕に120万円、そして2つ目は原市9区事務区のパソコン、プリンター、シュレッダー等の事務用品の整備に250万円、次に3つ目は原市団地事務区のステージやぐらの充実に220万円でございます。以上合計で590万円、財団法人自治総合センターから助成の決定に至ったことから、その補正をお願いするものでございます。

  以上、説明とさせていただきます。



○委員長(長沢純) 企画財政部長。



◎企画財政部長(小川厚則) 以上で議案第41号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○委員長(長沢純) 以上で当局の説明は終わりました。

  これより質疑を行います。

  質疑のある方は挙手をお願いいたします。よろしいですか。

  副委員長。



◆委員(井上茂) では、歳出の方で何点か聞きたいと思います。

  1つ、議会費なのですが、平成25年度分の経過措置の中で負担額が確定したということなのですが、これ何年ぐらいの経過措置なのか、今後の予定についてお聞かせいただきたいというふうなこと。

  それから、友好都市の協定の関係ですが、友好都市を結ぶのに何で120万円もかかるのですかと市民の人から言われたのですけれども、これは記念樹って参加者全員に配るのですか、それとも1つ、大きい記念樹を本宮市と上尾市に植えるという費用なのか、その辺の記念樹の内容等、いいのですけれども、記念樹の看板が12万円もかかるのかなというのがよく分からないのですけれども、その辺の説明をもう少し詳しくお願いします。

  それから、自治振興費の一般コミュニティの助成金の関係ですが、毎年これ3事務区ぐらいずつちょこちょこと小出しに出てくるのですけれども、うちの区なんかもそうですけれども、印刷機、コピー機だとか、パソコンだとか、AEDだとか全部区で買っているのです。もし、このパソコンだとか原市9区の備品なんかに250万円も出るのだったら、そういうのがあらかじめ事務区から全部出てきていて、それを振り分けて、今年度はこの事務区という優先順位をつけて配当しているのか、この手を挙げるというのはどういうふうにして、これ去年も聞いたのですけれども、よく分からないのです。区長に聞いてもそんなの知らないという区長もいらっしゃいますし、どういうふうに3事務区の事業内容が出てくるのか、今後どういうふうに市の方では事務区からのいろんな事業について支援をして、毎年このぐらいの予算の中で消化をしていかなくてはいけないものなのかというところと、それからその消化の関係で、きのう、秋山議員が質疑をしていましたけれども、結構お金あるのですよ、財団の方に。いろんな項目があって、いろんなメニューがあるのですけれども、このメニューをどう活用するという市の方での考え方があるのかどうかについて、いつもコミュニティ助成金だけが出てくるのですけれども、その他の助成金の活用の仕方について検討しているのかどうかについてお聞きをしたいということです。

  3つお聞きします。



○委員長(長沢純) 3点質疑がありました。

  財政課長。



◎財政課長(織田知裕) では、私から議員報酬につきましてご説明をさせていただきたいと思います。こちらにつきましては、地方議会議員の年金制度が廃止されたときに、既に議員年金をもらっていた方は、今までの制度で議員の年金をもらい続けるという制度にしたということでございます。ですので、議員の年金の支払いがあり続ける限り、これはあるということでございます。



○委員長(長沢純) あり続けるっておかしいのではない。



◎財政課長(織田知裕) 年金をもらっている方がいらっしゃる限りは、市が負担を続ける。ですので、お亡くなりにならない限り払い続けるというものでございます。



○委員長(長沢純) では、次に、総合政策課長。



◎総合政策課長(石川孝之) 今、2点目のご質疑いただきましたので、お答えを申し上げます。

  本宮市と上尾市の友好都市締結に当たりまして、記念樹の植樹ということで、このたび、補正予算の方を計上させていただいてございます。この内訳ということでございますので、ご説明申し上げたいと思います。

  記念樹につきましては、参加者の方それぞれにということではございませんで、各市の方にそれぞれの市の木を1本ずつ植樹するということで考えてございます。したがいまして、上尾市の方には、本宮市の木でありますマユミの木を上尾市の方に植樹いたしまして、本宮市側の方では上尾市の木でありますカシの木を植えていただくということで、それぞれ1本ずつということで予算を計上させていただいております。

  それと、これに対します記念樹のプレートの件でございますが、記念樹のプレートにつきましては、その植えました記念樹の脇に設置をするということで、友好都市締結を記念したいわれをそこに記して、後々見た方が、何でこの木が植えてあるのかということが分かるようにということで設置するものでございます。大きさといたしましては、プレートそのものはおよそ縦横30センチほどのプレートでございまして、ただし、これを支える支柱等、またその土台を倒れないようにということで設置をいたしますと、そちらの工事設置費等が若干かかります関係で、今回12万6,000円ということで、多少費用に関しましては12万円という金額で上げさせていただいたところでございます。

  説明は以上でございます。



○委員長(長沢純) 次に、自治振興課長。



◎企画財政部次長兼自治振興課長(小山晴久) 井上委員から幾つかご質疑いただきましたので、順次お答え申し上げます。

  1つ目の市の今回の3事務区選定しましたその選定でございますが、申請の数といたしましては6つの事務区の申請がございました。そんな中で、私ども事務処理要領の中で審査基準を設けております。その中で上位3つの事務区を自治総合センターの方に申請をいたしました。その3つの事務区が交付決定をされたという内容でございます。

  そして、2つ目の各事務区への周知への公平性ですか、PR方法、これにつきましては、区長会連合会で事務局から定期的に説明をしております。そしてまた、事務区長の手引きへの掲載、そして各事務区からの集会所等の整備の相談を受ける際には、コミュニティ事業の条件が合致するかどうか、合致する場合については情報の提供を行っております。

  そして、3つ目のご質問でございますが、このコミュニティ事業、8項目ございます。8項目の中で私どもが該当したのはコミュニティ助成事業でございまして、それを自治振興課が担当して申請しました。この8項目の中については、毎年、前年の10月ごろ、県を通じて自治総合センターより助成事業の募集がございます。その内容につきまして関係部局に周知をしまして、予算編成の過程において助成金を活用できる事業がないかどうか検討していただいております。今回、たまたま私どもの一般コミュニティ助成事業以外の項目で該当する事業が申請がなかったということで、私どもはこのような形で3つの事業を申請いたしました。

  以上でございます。



○委員長(長沢純) 説明は以上です。よろしいですか。



◆委員(井上茂) いいです。



○委員長(長沢純) ほかに質疑はございますか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) では、委員長交代をお願いします。

          〔委員長、副委員長と交代〕



○副委員長(井上茂) 長沢委員。



◆委員(長沢純) では、発言の許可をいただきましたので、6ページの話。緊急雇用創出事業費補助金ですが、県補助金で10分の10ついていますが、これは路上喫煙のものだということでの話がありましたけれども、ほかに雇用として実際にあるのではないかなというふうに思いますので、ほかのことは検討されたのかどうかということが1つ。

  あと、緊急雇用ということで、余儀なく仕事をやめさせられたというか、そういった観点だと思いますけれども、その方どれぐらい上尾市の中でいらっしゃるのか、その2点についてお伺いしたいと思います。



○副委員長(井上茂) 長沢委員の質疑に対する当局の答弁をお願いします。

  財政課長。



◎財政課長(織田知裕) 緊急雇用創出事業につきましては、昨年度、国の方から予備費という形で、国の予備費を支出するといった形でこの緊急雇用創出事業の再度募集がかかったということでございます。そこで検討いたしましたら、今回は路上喫煙禁止事業というものだけが該当になって、これを申請して、採択をいただいたということでございます。こちらの事業で新規に雇用されたのは4名でございます。

          〔「市内で離職した方」と言う人あり〕



◎財政課長(織田知裕) 市内で離職された方が今どのくらいなのかというデータは、ちょっと今持ち合わせてございません。



○副委員長(井上茂) 長沢委員。



◆委員(長沢純) 今の4名採用というお話ですけれども、補正予算なので4名採用されるのですか、これから。されるのかどうかというのが1つです。まだ枠としては、補助金が10分の10だから、もうそれ以上取れないと。市単独で補助を出すつもりはないのかどうか。

  離職については、後でデータでいただければというふうに思います。お願いします。



○副委員長(井上茂) 財政課長。



◎財政課長(織田知裕) 4名採用されるのかという問い合わせでございますけれども、本補正予算案が成立しました後、契約を開始するということでございますので、これからということでございます。市単独で何か考えているのかということでございますけれども、今のところ市単独で何か追加的にやろうといったところまでは現在考えておりません。

  以上でございます。



◆委員(長沢純) 分かりました。ありがとうございます。

  では、委員長を交代します。



○副委員長(井上茂) 交代します。

          〔副委員長、委員長と交代〕



○委員長(長沢純) では、ほかに質疑はありますか。よろしいですか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) では、これより討論を行いますが、討論のある方は挙手をお願いいたします。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) 討論がないようですので、討論を終結いたします。

  これより採決をいます。

  議案第41号 平成25年度上尾市一般会計補正予算(第2号)について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

          〔挙手全員〕



○委員長(長沢純) 挙手全員であります。

  よって、議案第41号は全会一致、原案のとおり可決すべきものとして決しました。





△議案第42号の上程、説明、質疑、討論、採決



○委員長(長沢純) 次に、議案第42号 公益的法人等への上尾市職員の派遣に関する条例の一部を改正する条例の制定について審査を行います。

  当局の説明を求めます。

  総務部長。



◎総務部長(大竹敏裕) それでは、議案書の1ページをお願いいたします。議案第42号 公益的法人等への上尾市職員の派遣に関する条例の一部を改正する条例の制定について、須田職員課長から説明をいたします。



○委員長(長沢純) 職員課長。



◎職員課長(須田博和) それでは、議案第42号 公益的法人等への上尾市職員の派遣に関する条例の一部を改正する条例の制定についてご説明いたします。

  本議案でございますが、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律が、平成20年12月1日に施行されました。これに伴い、従来の社団法人と財団法人につきましては、この法律の施行日から平成25年11月30日までの5年間の移行期間の終了までに移行申請を行い、公益社団法人、公益財団法人の認定または一般社団法人、一般財団法人の認可が得られなかった場合におきましては、その法人は解散したものとみなされることとなっております。このため、公益的法人等への上尾市職員の派遣に関する条例第2条第1項にございます「財団法人上尾市地域振興公社」が「公益財団法人」へと、「社団法人上尾市シルバー人材センター」が「公益社団法人」へと、また「財団法人上尾市勤労者福祉サービスセンター」が「公益財団法人」へとそれぞれ移行申請し、認定されましたことに伴い、法人登記が完了いたしましたことから、派遣することができる団体の名称を改正するものでございます。

  説明は以上でございます。よろしくお願いします。



○委員長(長沢純) 以上で当局の説明は終わりました。

  これより質疑を行います。

  質疑のある方は挙手をお願いします。

  井上委員。



◆委員(井上茂) 確認の意味も込めましてちょっと。今現在、この3つの公益法人に市の職員を派遣している人数と、それから、前から地域振興公社の話でいつまで派遣するのという話があるのですけれども、派遣する今後の方針をお聞かせいただきたいと思います。



○委員長(長沢純) 職員課長。



◎職員課長(須田博和) この3つの法人への平成25年度の派遣職員数でございますが、まず上尾市地域振興公社、こちらは2名、上尾市シルバー人材センターはございません。上尾市勤労者福祉サービスセンターもございません。

  2点目の派遣につきましての今後の方針でございますが、こちらの市の条例にございます公益的法人等につきましては、市の業務の補完的役割を担ってきたこともございまして、職員派遣を行ってきたところでございます。しかしながら、一法人ということもございまして、運営に支障が生じないように人材育成を推進して、派遣人数は縮小していく必要があるものと考えているところでございます。このため、例えば地域振興公社におきましては平成19年度は7名いたところが、今年度は2名、シルバー人材センターにおきましては平成19年度2名いたところが、現在ゼロ、上尾市勤労者福祉サービスセンターにつきましては平成19年度2名いたところが、今年度ゼロというふうなことで職員派遣を縮小していっているところでございます。

  以上でございます。



○委員長(長沢純) 井上委員。



◆委員(井上茂) だからシルバーと勤労者サービスセンターは、市が職員を派遣しなくても、一人前でやっていけるということの判断だと思うのですが、地域振興公社は、これ何年度ぐらいまでに引き揚げるというか、そういう目標はあるのですか。



○委員長(長沢純) 総合政策課長。



◎総合政策課長(石川孝之) 地域振興公社につきましては、組織も大きいということと、それから受託しております指定管理の施設も多くございますことから、それなりの職員体制が必要だということもございまして、現在、通常の業務の中を通じまして人材育成に取り組んでいるところではございますが、完全に市の職員を引き揚げるということになりますと、若干運営上影響がまだあるだろうということで、先ほど職員課長の方からご答弁申し上げましたとおり、現在2名の市の職員派遣という形をとらせていただいてございます。したがいまして、今のご質問ですと、いつぐらいに引き揚げるかということでございますが、自主自立的な運営が可能になったというようなことで、その見通しがつきましたら、それも早い段階に人材育成を進めまして、できるだけ早い段階で引き揚げていきたいというふうに考えてございます。

  以上でございます。



○委員長(長沢純) よろしいですか。

          〔「できるだけ早い時期に」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) 何かありますか。総務部長、よろしいですか。

          〔「いいです」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) では、ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) では、これより討論を行います。

  討論のある方は挙手をお願いいたします。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) では、討論を終結いたします。

  これより採決を行います。

  議案第42号 公益的法人等への上尾市職員の派遣に関する条例の一部を改正する条例の制定について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

          〔挙手全員〕



○委員長(長沢純) 挙手全員であります。

  よって、議案第42号は全会一致、原案のとおり可決すべきものとして決しました。





△議案第43号の上程、説明、質疑、討論、採決



○委員長(長沢純) 次に、議案第43号 上尾市税条例の一部を改正する条例の制定について審査を行います。

  当局の説明を求めます。

  市民部長。



◎市民部長(大井川茂) それでは、恐れ入ります。議案書の2ページをお願いいたします。

  議案第43号 上尾市税条例の一部を改正する条例の制定につきましては、市民税課長からご説明申し上げます。



○委員長(長沢純) 市民税課長。



◎副参事兼市民税課長(岩瀬富士夫) それでは、議案第43号についてご説明いたします。

  議案第43号 上尾市税条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。いずれも地方税法の一部改正に基づくもので、改正点は総則に関するものが2点、個人市民税に関するものが6点でございます。なお、改正内容は別冊の条例案等資料でご説明させていただきます。恐れ入りますが、条例案等資料の1ページをお願いいたします。

  まず、総則に関するものからご説明いたします。2の内容をお願いいたします。(1)は処分の理由付記でございます。市税に関する処分について、市税条例第4条の上尾市行政手続条例の適用除外規定について、説明責任を果たすためにも、既に実施している実体に合わせ、処分の適正化を確保する観点から、当該処分の理由の提示を義務化するものでございます。

  具体的には、上尾市行政手続条例第8条の申請により求められた許認可等を拒否する処分と、第14条の不利益処分について、行政手続条例を適用して、理由の提示を行うというものでございます。

  次に、(2)の市税に関する延滞金の割合についてでございます。現在、特例基準割合が7.3%に満たない場合には、納期限後1カ月間は4.3%でございますが、これを特例基準割合に1%を加算した割合とし、2カ月目以降の14.6%につきましては、特例基準割合に7.3%を加算した割合にするものでございます。現在の低金利状況から仮に特例基準割合を2%といたしますと、「7.3%」は「3.0%」に、「14.6%」は「9.3%」ということになります。平成26年1月1日から適用するものでございます。

  次に、2ページをお願いいたします。平成26年1月1日から適用される(3)から(6)までの4点についてご説明いたします。(3)は、寄附金税額控除に係る特例控除額についてでございます。本年1月から国税におきまして復興特別所得税が導入されたことに伴い、特例控除額を計算する場合の所得税の限界税率を変更するものでございます。特例控除額というものは、都道府県や市区町村に対して寄附をした場合にのみ適用があるもので、通常の控除額に加算して控除できるものでございます。

  次に、(4)は公益法人等にかかわる市民税の課税の特例でございます。租税特別措置法第40条に第10項が追加されたことに伴い、市税条例においても同条同項を追加し、条文の整備を行うものでございます。

  次に、3ページをお願いいたします。(5)は、優良住宅地の造成等のために土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得に係る市民税の課税の特例についてでございます。国税の改正によりまして、租税特別措置法第37条の9の2が削除されたことから、市税条例においても同条を削除するものでございます。

  (6)は、東日本大震災に係る被災居住用財産の敷地に係る譲渡についてでございます。これは滅失した家屋に同居していた相続人が、その敷地を譲渡した場合には、その相続人は、その家屋を被相続人が取得した日から所有していたものとみなして、居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得等の課税の特例等の適用を受けることができるというものでございます。

  次に、平成27年1月1日から適用されるもの2点についてご説明いたします。1つは、(7)で、個人の市民税の住宅借入金等特別税額控除で、もう一つは(8)の東日本大震災に係る住宅借入金等特別税額控除の適用期間等の特例でございます。内容は、いわゆる住宅ローンのローン控除のことでございます。内容は両方とも同じものでございますので、併せてご説明いたします。

  改正点は2つございます。1つは、適用期限が本年12月31日に到来することから、その期限を4年間延長して、平成29年12月31日までとすることでございます。

  もう一つは、平成26年、来年の4月でございますけれども、消費税率が引き上げられることに伴い、引き上げ後の消費税率が課税されている家屋を取得して、居住の用に供した場合には、控除率を「3%」から「4.2%」に引き上げ、控除限度額を「5万8,500円」から「8万1,900円」にするものでございます。

  以上、説明とさせていただきます。



○委員長(長沢純) 以上で当局の説明はよろしいですか。

          〔「はい」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) では、これより質疑を行います。

  質疑のある方は挙手をお願いいたします。

  井上委員。



◆委員(井上茂) 済みません。よく分からないのですけれども、この参考資料、現行と改正案とありますよね、2ページ資料の方の。この特例基準割合の?と特例割合基準の?というのがあって、これもうちょっと分かるように説明してほしいのです。というのは、私だけなのかもしれないですけれども、どういうふうになるのかがよく分からないというのが1点です。

  それから、それぞれの6つの処分の改正によって、実際適用人数というのはどのぐらいいるものなのか、その実際に影響を受ける割合というか、世帯数なり個人の人数なりを教えていただきたいと思います。

          〔「延滞金のことでよろしゅうございますか」と言う人あり〕



◆委員(井上茂) はい、そうです。



○委員長(長沢純) 納税課長。



◎納税課長(石井孝浩) 井上委員の1点目の特例基準割合をちょっとかみ砕いた形でというご質問ですが、現在、特例基準割合が前年の11月30日、日本銀行が定める就業手当基準、いわゆる公定歩合です。それに4%を加算した割合となっております。この割合について、改正で国内の低金利状態、こういったものを鑑みて引き下げようということで、国内銀行の新規・短期貸出約定平均利率というものを参考に、12月15日に財務大臣が告示する割合に変更するという形でございます。今までは14.6%の本則の部分に特例基準がございませんでしたが、本改正に伴い、そちらの部分についても特例基準を適用して、経済状況に応じて利率が低い場合は、それなりの延滞金利率に変更していくというものでございます。

  以上でございます。



○委員長(長沢純) 影響についてもまだお答えがない。



◎納税課長(石井孝浩) 一応平成24年度の実績なのですけれども、延滞金の方の件数が約1万件、金額の方が約5,200万円となっております。実際に納期内納付の推進をやっておることと、平成26年1月1日からの延滞金の期間計算に適用になる点、あと税額と率と納付した日数の個々の積み上げになりますので、具体的な影響というのはちょっと試算は不可能なのですけれども、単純に平成24年度の実績の5,200万円が14.6%の利率によって算出されたとしますと、それを9.3%に置き替えますと約3,300万円というような状況で、実際には1,000万円ちょいの減額が見込まれるかと想定されます。

  以上でございます。



○委員長(長沢純) 答弁は以上ですか。

          〔「はい」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) 井上委員。



◆委員(井上茂) あと東日本とか、この後の、3以降の人数というか、影響はどのぐらいあるかについてもちょっと教えていただけますか。



○委員長(長沢純) 市民税課長。



◎副参事兼市民税課長(岩瀬富士夫) では、3以降についての影響をお答え申し上げます。

  まず、(3)の寄附金税額控除でございますけれども、実質本人の負担額は変更ないのですけれども、人数から申し上げますと、平成23年が1,219人、平成24年分が228人、そういう状況になっています。

  それから(4)は、影響はございません。

  それから(5)も、影響はございません。

  (6)でございますけれども、(6)は上尾市は直接の被災地域ではないので、これも影響ないものと思われます。

  それから、(7)については住宅の借入金ですから、住宅を借り入れる方がいるのですけれども、今現在、上尾市で住宅取得控除の適用者、平成23年度は5,800人、平成24年度が4,995人で約5,000人です。平成25年度も5,059人でおおむね5,000人前後で推移してございます。金額に直しますと、大体1億8,000万円ぐらいの減額という形になっています。これが3%から4.2%に引き上げられるので、全ての方が減額を受けられるわけではないのですけれども、単純に考えると、大体1億8,000万円ぐらいが2億4,000万円ぐらい減額になりますので、6,000万円ぐらい減額が増えてくるという形になります。なお、これについては全額国庫で、国からの負担がございますので、市に特段影響はございません。

  (8)の地震に関するものですけれども、これもほとんどないものと思います。

  以上でございます。



○委員長(長沢純) 以上でよろしいですか。

          〔「はい」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) では、井上委員。



◆委員(井上茂) 例えば、延滞金がかからない額が上がると。上がるから、その延滞金が少なくなるということなのですか。



○委員長(長沢純) 納税課長。



◎納税課長(石井孝浩) 延滞金の利率が変わることによって、延滞金自体が1,000円を超えると実際にかかってくるのですけれども、実際その税額と納付した日数と率を掛ける形で、具体的に言いますと、あまりPRしたくない数字ではございますが、例えば税額3万円を現行の税率で計算しますと、105日目から延滞金が加算されておったのですけれども、仮に特例基準割合が2%の数字になった場合、152日後から延滞金がかかってくるというような、具体的な例で言いますとそういった状況でございます。

  以上でございます。



◆委員(井上茂) 分かりました。



○委員長(長沢純) では、ほかに質疑はございますか。よろしいですか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) では、これより討論を行います。

  討論のある方は挙手をお願いいたします。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) 討論がないようですので、討論は終結をいたします。

  これより採決を行います。

  議案第43号 上尾市税条例の一部を改正する条例の制定について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

          〔挙手全員〕



○委員長(長沢純) 賛成全員であります。

  よって、議案第43号は全会一致、原案のとおり可決すべきものとして決しました。





△議案第49号の上程、説明、質疑、討論、採決



○委員長(長沢純) 次に、議案第49号 専決処分の承認を求めることについて審査を行います。

  当局の説明を求めます。

  市民部長。



◎市民部長(大井川茂) 恐れ入りますが、議案書の13ページをお願いいたします。議案第49号 専決処分の承認を求めることにつきましては、資産税課長から説明申し上げます。



○委員長(長沢純) 資産税課長。



◎資産税課長(宇田川幸彦) それでは、議案第49号 専決処分の承認を求めることについて説明させていただきます。

  提案理由にございますとおり、地方税法の一部を改正する法律及びその関係政・省令が平成25年3月30日に公布され、同年4月1日から施行される規定に関しまして、緊急に上尾市税条例を改正する必要が生じ、専決処分により改正させていただきましたので、その承認を求めるものでございます。

  改正内容の要旨につきましては、別冊の条例案等資料によりご説明させていただきたいと存じます。恐れ入りますが、条例案等資料の6ページをお願いいたします。

  初めに、1についてでございますが、独立行政法人森林総合研究所が昭和63年から全国20区域で行っておりました農用地総合整備事業等が平成24年度をもちまして完了いたしましたことから、市税条例第54条第5項の規定のうち、これに関連する部分を削除するものでございます。

  2につきましても、1と同様の理由により、特別土地保有税の納税義務者に関する規定のうち、1と同様の部分を削除するものでございます。なお、独立行政法人森林総合研究所が行った農用地総合整備事業は、埼玉県内では実施されておりません。

  次に、3についてでございますが、都市再生特別措置法に規定する備蓄倉庫に係る固定資産税及び都市計画税の課税標準の特例措置が創設されまして、この特例措置に係る割合につきましては3分の2を参酌して、個々の市町村が条例で定めることとされました。このことから上尾市におきましては、参酌割合と同じ3分の2と定めるものでございます。なお、上尾市は、都市再生特別措置法に規定する都市再生緊急整備地域に定められておりませんので、該当はございません。県内でこの都市再生緊急整備地域に定められておりますのは、さいたま新都心駅周辺と川口駅周辺の2カ所でございます。

  次に、4についてでございますが、平成25年4月1日から固定資産税の減額に関する特例の対象となる耐震改修の工事費の下限額が「30万円」から「50万円」に引き上げられ、同年3月31日以前に契約が締結された30万円以上かつ50万円以下の耐震改修に経過措置が設けられたことから、契約をした日を明らかにする必要が生じ、申告の際に契約をした日を証する書類を添付するよう定めるものでございます。なお、この経過措置に関係する方は、過去の実績から考えますと、まずいないものと思われます。

  最後に、5につきましては、地方税法附則第15条の各項に規定されております固定資産税及び都市計画税の課税標準の特例措置の廃止及び追加伴いまして、同法の規定を引用している条項の整備を行うものでございます。

  改正内容につきましては以上でございますが、このほか必要な経過措置を設けております。

  以上で議案第49号の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○委員長(長沢純) 以上で当局の説明は終わりました。

  これより質疑を行います。

  質疑のある方は挙手をお願いします。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) 質疑はないようなので、質疑を終結いたします。

  これより討論を行います。

  討論のある方は挙手をお願いします。

          〔挙手全員〕



○委員長(長沢純) 討論がないようですので、討論を終結いたします。

  これより採決を行います。

  議案第49号 専決処分の承認を求めることについて、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

          〔挙手全員〕



○委員長(長沢純) 挙手全員であります。

  よって、議案第49号は全会一致、原案のとおり承認すべきものとして決しました。

  以上で議長から総務常任委員会に付託されました議案の審査は全て終了いたしました。

  なお、委員長報告の作成については、私にご一任お願いいたします。

  暫時休憩をいたします。



          休憩 午前10時30分



          再開 午前10時45分





○委員長(長沢純) 休憩前に引き続きまして委員会を再開いたします。





△組織機構の再編成等について



○委員長(長沢純) 組織機構の再編成等についての所管事務調査を行います。

  本日の所管事務調査に当たり、総務部より説明員として部長以下関係職員の出席を求めております。

  初めに、執行部から説明をお願いいたします。

  総務部長。



◎総務部長(大竹敏裕) 本日の所管事務調査につきまして、委員の皆様にまず私の方からおわび申し上げなければならないことがございます。それは、前回、4月16日に開催の所管事務調査の中で、次回の、本日の日程を決めていただいたわけでございます。ただ、6月には、そのときは組織再編の内容もある程度方向性が出るだろうというふうに予測しておったわけでございますが、今の状況が非常に難しい状況だと。今、何回かプロジェクト会議を開催して、いろいろ市長に報告したりしておるのですが、まだ了承を得られているような状況ではございません。特にいずれにしても組織案がまだ固まっていない状況であり、またこれから次長会議や庁議等を通じまして職員に組織案を示して、広く意見を聞くまでに今は至っていない状況であるということでございます。

  また、市長には、プロジェクトから今までに2回ぐらいだったかな、報告をしておるのですが、数項目いろいろご指摘をいただいておりまして、そんな状況でございます。現在の案についてはまだ了解が得られている状況ではございません。ある程度市長のご了解が得られてから、庁内向けに組織案についてお示しをしていこうとは思っていたのですが、まだそんなような状況でございます。それなので、非常に不確定な案となっていることから、今までの、途中までの経過のものは用意はしてあるのですけれども、今ご審議いただいても、すぐ内容が変わってしまうような状況でございます。せっかく貴重なお時間をおとりいただいて誠に申しわけございませんけれども、このようなことから本日の所管事務調査につきましては、できれば見送らせていただきたいというふうに私の方からお願いでございます。

  また、次回の組織再編の所管事務調査につきましては、執行部としてある程度案が固まってきたようなときに、できれば開催をお願いできればなということが2つ目のお願いでございます。本当に誠に申しわけございません。

  以上でございます。



○委員長(長沢純) 総務部長から今ご説明がありましたけれども、本日の所管事務調査、そういった現状なのでなかなか前に進められないという状況がありますが、見送る方向でよろしいでしょうか。

  嶋田委員。



◆委員(嶋田一孝) その市長から指摘がなされている3つの話を教えてください。



○委員長(長沢純) では、総務部長。



◎総務部長(大竹敏裕) 市長から数項目あるのです。その中の1つには、この間の矢部委員の方からお話がありました議会事務局の課が2つあるのを1つにすることです。それについて、やはりちょっとご心配をされているところがございます。その理由は、関東議長会とか、これから大きな事業を抱えているということもございますし、これから議員の皆様方、今、議会改革をちょうどやっているところで、これから一生懸命議会事務局職員を使っていろいろな政策なり何なりをお考えしていかなければいけない時期でもあるわけだからどうなのかなというご指摘を1ついただいています。

  あとは、産業振興課ということで、やっぱり商工課と農政課を1つにするということについては、そんなに意味はなかったのですが、商工課の仕事というのは観光という部分がございまして、観光協会を一緒に1つのプラザ22の中に置いて仕事をしているわけでございます。それは非常に観光協会と商工課の密接不可分な部分でございまして、産業振興課にしたときに、では観光協会をどこへ持っていくのですかというような、そういうレイアウト的な部分での疑問もあったようなのです。そういったことだとか、あとは、1つは開発指導課とまちづくり計画課を1つにするというお話があったのです。プロジェクトの方で考えている部分があるのですが、要は開発指導課というのは開発をどちらかというと規制する方の課でありまして、まちづくり計画課というのはどちらかというと開発を推進する立場、それを1つの課の中で考えて大丈夫なのかというところの視点もまたございました。

  あと、現在、区画整理事業を進めている地区もあるわけでございます。今、区画整理課につきましては、名称を市街地整備課というふうにプロジェクトの方では変更したいというような内容のものがあるのです。ただ、市長としては、今、区画整理事業を進めている中でのお話しなので、まだやっているところもある。これからまだ取りかかるところもあったのかな。だんだんと区画整理についてはそんなにやっていく方向ではないのだけれども、現在やっているところもあるのだから、その辺の気遣いは少し考えなければいけないのではないかとか、まだほかにも幾つか言われている部分があるのです。それを今月中に、議会中にはなってしまうのですが、もう一度それらのいろいろな課題を与えられたものを市長に報告する予定になっているのです。それである程度了解を得られれば、次はもうステップとして次長会議、庁議ということで、庁内の方にそのプロジェクトの考えている案をお示ししていくような予定でおるのです。ですから、その前の段階、このところがまだご了解得られていないような状況でございますので、今やってもまたすぐ内容が変わってしまうかなという心配もしておりまして、できればもう少しお時間をいただきたいというのが私からのお願いでございます。



○委員長(長沢純) よろしいですか。

  嶋田委員。



◆委員(嶋田一孝) 併せてワンストップについてはどうなっているの。



○委員長(長沢純) 総務部長。



◎総務部長(大竹敏裕) ワンストップについては、業者をこの間選定いたしまして、そのアンケート調査の内容だとかそういったものについて、今、プロジェクトと一緒に活動している状況だと思うのですが、私もこの間、常任委員会の視察にご一緒させていただきましして、はっきり申し上げますと、長岡のでかい庁舎を見まして、これはちょっと、このレベルでのものは、上尾市の今の狭隘な庁舎の中で展開していくのは非常に厳しいかなと、はっきり言って自信を失ってしまっているような状況でございまして、できればうちの職員も、海老名市がちょっとやっていることもございますので、今年視察に行く予定なのですけれども、既存の狭隘な建物の中でワンストップをやっているようなところを一度見る必要があるのかなというようなことはちょっと必要性を非常に感じていますので、そういったことについては職員に指示しようかなとは思っているのです。

  この間、長岡で、いずれにしてもコンベンションホールのような市役所でしたので、あれだけ広いと何でもやれそうな感じがするのですけれども、誠にちょっとその辺は今厳しい状況かなというふうには思っています。



◆委員(嶋田一孝) はい、分かりました。結構です。



○委員長(長沢純) あとほかにございますか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) では、今回の状況は、進ちょくという形のものが、もう一歩深くはお話ができない状況ですので、次回に見送る方向でということでよろしいでしょうか。

          〔「はい」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) そういったことで決定させていただきたいと思います。

  次に、今、総務部長からお話しありましたけれども、職員としては先進的な既存の設備について視察したいという話がありましたけれども、並行して委員会としてもやっぱり見ることも必要なのかな。先日の視察については、物すごい影響を受けたわけですけれども、そのイメージでまた委員会を進めていくと、またちょっと違う方向になってしまうのかなというところもあるので、既存の施設を流用しながら先進的に取り組んでいるところ、具体的に行った方がいいのかなというふうに思うのですが、皆さんにお諮りしたいと思いますが、いいでしょうか。

          〔「そうですね」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) 委員会としての視察ですが、予算的なものは大丈夫かどうかということで、大丈夫ですか、事務局。



◎事務局次長兼議事調査課長(田中覚) バスを借りるような形がよろしいかと思うのですが、一応予算的には大丈夫ですので、対応できます。



○委員長(長沢純) 予算的には大丈夫だということで、どんどん行けるということなのですが、では進めていきたいと思います。視察場所については、総務部長の方でいい案はございますか、場所的には。



◆委員(嶋田一孝) 組織再編に併せてワンストップというのはないの。



◎総務部長(大竹敏裕) 一緒にというやつですか。

          〔「はい」と言う人あり〕



◎総務部長(大竹敏裕) その辺は、またちょっと調べなければいけないかと思うのですが、これ「ガバナンス」という雑誌に載ったもので、埼玉の富士見市がワンストップを狭い庁舎の中で始めているようなのです。内容はこの辺が少し参考になるかなということで、あとはもう少し調べれば近くで恐らく始めたところもあるかもしれません。それはまた改めて別途調査させてもらおうかなと思っているのですけれども。

  それと、あとは所沢市が今年の4月1日から再編成したところです。所沢、ちょっときのうも来ていて、庁舎もかなり大きなところなので、再編の関係でもし視察をするようであれば、見てきてもいいかなと思うのですが、富士見と非常に近いものですから。その辺がちょっと参考になろうかなとは思っておりますけれども、実際行ってみないとこれは分からないです。やっぱり長岡もそうでしたし、行ってみたらこの状態でしたから。



○委員長(長沢純) ありがとうございました。

  では、所沢、富士見というところがいいのかなというところが今ありましたけれども、ほかに何か気づいているところ。近隣なので、1日で帰ってこれるというところもあるので、その辺が結構いいのかなというふうに思います。



◎総務部長(大竹敏裕) ほかに近くで参考になりそうなところありましたら、また探してみますけれども。



○委員長(長沢純) よろしくお願いします。

  では、その近隣の視察ということで進めていきたいと思いますけれども、それをやる上で、それを見てから、視察場所を見てから次の所管事務調査という形でやれればなというふうに思うのですが、日程調整をさせてもらいたいと思います。



◆委員(井上茂) 執行部の今度提起できそうな期日を前提にしないとだめでしょう。



○委員長(長沢純) そうです。



◎総務部長(大竹敏裕) いいかげん決めたいです。



○委員長(長沢純) 決めたいということでしょう。



◆委員(井上茂) まさか10月、11月ということはないでしょう。



◎総務部長(大竹敏裕) 12月の定例会に出しますから、遅くなっても9月ぐらいまでには方向を決めておかなければいけないので、これから部長……



○委員長(長沢純) どうぞ。



◎総務部長(大竹敏裕) これから部長や課長や次長の方とお話し合いしますから、かなりの意見が出てこようかなと思っていますので、その中で調整していくのが、また大変産みの苦しみをしてしまうかなというふうには思っていますけれども、できればその前のある程度市長のご了解を得られて、庁議や次長会議に提案できるような状況になってきたら、まだ変わる可能性はありますけれども、その段階で一度お開きをしていただければよろしいかなというふうに思っていますけれども。

          〔「7月」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) 7月中旬ぐらいがいいところですね、そうすると。

          〔「夏休みまで」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) 夏休みですか。

          〔「8月」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) そうすると、7月に視察して、8月に説明を受けるという感じでよさそうな感じですね。

          〔「そうすると、月1回ペースにちゃんとはまる」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) はまってきます。ちょっと手帳を忘れた方は持ってきてください。議長日程。

          〔何事か言う人あり〕



○委員長(長沢純) では、日程調整ということで、7月の前半の方。議長会いつでしたっけ、旭川に、10、11でしたっけ。前半の方はもうほとんど議長もだめでしょう。一応事前に聞いているのは、16か18とか23とか、あと後半かという感じで。

          〔「大丈夫ですか、議長の方」「16、18、今のところあいているな」     

            と言う人あり〕                          



○委員長(長沢純) 23、29、30。ちなみに参議院選挙が21日ありますが。

          〔「じゃ、終わってからだな」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) 終わってからの方がいいですか。

          〔「31日の方が都合がいいんじゃないの」「31日じゃだめだよ」「午     

            前中休めるよ」と言う人あり〕                   



○委員長(長沢純) そうすると、23以降の方が、23、29、30、その辺ですが。

          〔「大丈夫ですよ」「29土曜日だよね」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) 7月29日月曜です。

          〔「7月31日だっけ、本宮」と言う人あり〕



◎事務局次長兼議事調査課長(田中覚) そうです。31日。



◆委員(大室尚) 31日です、13時30分。



○委員長(長沢純) 29の方向でいいですか。

  どうなのでしょう。職員の方が提示するのに早目に行っておいた方がいいとかいうこと。



◎総務部長(大竹敏裕) 早い方がいいです。



○委員長(長沢純) 早い方がいいでしょう。23という線もありますよね、そうしたら。

          〔「16、17は」「18、選挙中だよ」「23」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) 23は副委員長がいないというから。

          〔「副委員長いないの」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) では、29でいいですか。

          〔「はい」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) 29で所管事務調査ということで。先方の都合もあるでしょうから、29、30のスパンで、どちらかということでいいですか。

          〔「はい」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) 富士見と所沢。

          〔「30日が幕別」「何時から」「11時ぐらいだと思います」「そんな早     

            いんだ。じゃ、29日だ」と言う人あり〕        



○委員長(長沢純) 29日を有力としてということで。では、29が最有力で、ナンバーツーが30ということで、それで事務局で調整をお願いいたします。

  では、日程調整も終わりましたので、ほかにありますか。よろしいですか。

  総務部長。



◎総務部長(大竹敏裕) その視察のときでございますけれども、私、部長だけでなくて、ちょっと事務局と、場合によってはプロジェクトの職員を連れていきたいなというふうに思っているのですが、ご了解いただければと思うのですけれども。



○委員長(長沢純) では、よろしいですか。職員の方が随行したいと、部長以外でもというお話で、よろしいですか。

          〔「いいよ」と言う人あり〕



○委員長(長沢純) では、バスにたくさん乗っていただいてという感じで、ぜひお願いします。

  井上委員。



◆委員(井上茂) 今、議会改革の話出ましたけれども、議会事務局の体制強化が最優先だという意見の会派もございますので、議長のほかに正式にやっぱり議会としてもご意見をいただきたいというような申し出というか、要請をしておいていただければ非常に議会としてもやりやすいなという感じがするのですけれども。



○委員長(長沢純) 総務部長。



◎総務部長(大竹敏裕) 議会の中の組織の権限というのは、これは議長にございます。これはほかの行政委員会も教育委員会もそうですし、ある程度、今はプロジェクトの中にはそういった職員がみんな入って全体でやっているものですから、ある程度方向が出ましたら、これはもう当然改めてお伺いに行かなければいけないことだというふうに認識しておりますので、案が固まってきましたら、きちっと議会にもお話をさせていただきます。

  以上でございます。



○委員長(長沢純) では、ほかにありますか。

          〔「なし」と言う人あり〕





△閉会の宣告



○委員長(長沢純) では、以上で総務常任委員会を閉会いたします。

  執行部の皆さん、委員の皆さん、大変お疲れさまでした。ご苦労さまでした。

                                   (午前11時07分)