議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 深谷市

平成22年 12月定例会(第4回) 一般質問 通告一覧表




平成22年 12月定例会(第4回) 一般質問 − 通告一覧表








〇市政一般質問通告一覧表


通告
番号
議席
番号
 氏   名
  質 問 事 項
   質問要旨




武 井 敏 男
1.小島市長の政治姿勢
 を問う







2.救急医療体制を問う





3.福祉に力を注ぐ市長
 の姿勢を問う
(1) 数多くの市民に発信した市長公約のマニ
 フェストは何か
 ア 選挙時、市民と約束した公約(マニフ
  ェスト)に変更があるのか。
 イ マニフェストに優先順位があると考え
  るが、その優先順位を聞きたい。
 ウ 市長の市庁舎の中に居座らない、現場
  主義について聞きたい。
 エ マニフェストの進捗状況を問う。
(1) 救急医療体制の早急な改善は進んでいる
 のか
 ア 救急医療体制の現場の実態を聞きた
  い。
 イ 救急医療体制の改善策とその改善状況
  を聞きたい。
(1) 病気予防と健康診断
 ア 健康診断の現状は。
 イ 病気予防のための健康診断の機会を増
  やす具体策を聞きたい。




清 水 健 一
1.AEDについて




2.深谷市の教育につい
 て






3.緊急経済対策につい
 て
(1) 適切な管理などの実施について
 ア 公共施設への設置状況並びに管理点検
  の方法・状況は。
 イ 民間設置者との連携協力は、どうなっ
  ているのか。
(1) 新学習指導要領への具体的対応について
 ア 小学校学習指導要領には、集団宿泊活
  動が明記されているが、どのように実施
  する予定か。
 イ 授業時間数の確保に向けて、2学期制
  の花園中学校と川本中学校の2校の状況
  と他の8つの中学校の比較・検討・協議
  はなされたのか、そして方向性は。
(1) 生活保護受給者に対する支援について
 ア 市として、どのような支援を行ってい
  るのか。
 イ ハローワークなどとの連携協力は行っ
  ているのか。
(2) これまでの成果と今後の対応について
 ア ふるさと雇用創出事業などの新規雇用
  創出の状況は。
 イ 国の動向を踏まえて、今後、どのよう
  な施策を実行していくのか。



34
吉 岡 信 彦
1.市長マニフェストの
 実現に向け








2.公共施設の利用にお
 いて










3.事業仕分けの取り扱
 い
4.組織改正において


5.教育の中で
(1) 救急医療
 ア 救急車の到着から発進への時間短縮は
  なされているか。
 イ 小児対応は改善されているか。
(2) 日赤病院
 ア 医師不足の対応はどうなっているか。
 イ 技術的な不安をうわさされるが。
(3) 公有財産の有効利用
 ア 土地や建物を有効に活用する方策は図
  られているか。
(1) 利用上の問題点
 ア 産業会館の駐車場は改善しないのか。
 イ 産業会館や公民館も時間制にすべき
  だ。
(2) 管理上の問題点
 ア 公園やトイレの維持管理に不備な点が
  多々ある。抜本的な見直しが必要ではな
  いか。
(3) 深谷駅の管理について
 ア 維持管理における所轄の複雑さは解消
  できたのか。
 イ 駅舎の大掃除が必要だと思うが。
(1) 今後の市政運営にどう生かすのか
 ア 執行部での仕分けが必要ではないか。
(1) 縦割り行政の弊害排除
 ア 今回の組織改正で縦割り行政の無駄が
  排除しきれるのか。
(1) 校庭の環境改善
 ア 適度な芝生化を進めるべきではない
   か。
(2) 教員免許更新制
 ア 昨年4月からの導入で成果はどうか。
(3) 教育委員会の定例会
 ア 傍聴者はどのくらいいるのか、状況に
  よっては夜間や休日開催を考えてはどう
  か。



15
吉 田 幸太郎
1.深谷市秋の事業仕分
 け









2.小中学校グラウンド
 の芝生化
(1) 仕分けの目的と対象事業の選定は
 ア そもそもの目的は何なのか。
 イ どんな方法で事業の選定をしたのか。
(2) 仕分け結果の位置づけと実行、反映は
 ア 廃止、要改善判定事業への対応は。
 イ 来年度予算にどう反映させるのか。
(3) 今回の実施内容、結果に対する評価と今
 後の実施予定は
 ア 市長の意とするところの満足度は。
 イ 今後も実施するのか。いつどんな方法
  を考えているか。
(1) 校庭整備の現状と今後の考えは
 ア 小中学校の校庭整備の現状は。
 イ PTA、学校応援団、ボランティア等
  への対応は。
 ウ 今後校庭整備の中で芝生化の考えは。



11
加 藤 利 江
1.景気対策


2.秋の事業仕分けにつ
 いて











3.市長と語る集いのあ
 り方について










4.市長決裁について
(1) 経済活性化対策
 ア 昨年以上に経済は大変厳しい状況にあ
  るが、何か不況対策を考えているのか。
(1) 判定結果が不要となった事業あるいは要
 改善となった事業について
 ア ユニバーサルデザイン化促進事業につ
  いて
 イ おむつサービス事業について
 ウ 自治会活動振興事業の中の報償費が廃
  止になっているが。
 エ 中央土地区画整理推進事業について
 オ 事業仕分けの対象となっている20事
  業はどのような事を基準にして仕分けの
  対象としたのか
 カ 祭りの補助金に関してはなぜ仕分け対
  象としないのか。
 ア 私は市長と語る集いとは名前のとおり
  市長と市民の皆様とで遠慮のない意見を
  出し合って住みよい深谷市になるよう努
  力するための手段だと思う。そのために
  は自治会長さんあるいは民生委員など一
  部の方との対話集会ではなく一般の市民
  の皆様が参加すること、そして質問事項
  を前もって提出というのではなく集会の
  時に質問をするという方法でないとよい
  結果は生まれないと思うので来年は大き
  く改善していただきたいと思うが執行部
  の考えを聞きたい。
 ア 市長決裁はどのように行われているの
  か聞きたい。



10
柴 崎 重 雄
1.成年後見制度につい
 て





2.いじめについて






3.国勢調査について
(1) 成年後見人としての取り組みについて
 ア 認知症、知的障害、精神障害等により
  物事を判断する能力が不十分で本人の権
  利を守る援助者を選ぶことで法律的に支
  援する制度である。親族以外の市町村長
  でも申し立てができる。独居老人がふえ
  るなか、深谷市の取り組みを聞きたい。
(1) 児童・生徒のいじめや自殺について
 ア 児童・生徒のいじめが原因で自殺が相
  次いでいる。連鎖的・突発的が心配であ
  る。仲間はずれ・無視・陰口・物を隠す
  等、さまざまである。先生や周囲が気づ
  かないうちに深刻な事態になる。教育委
  員会、学校でのいじめ対策を聞きたい。
(1) 国勢調査の経過について
 ア 今年10月1日に実施された5年に1
  度の国勢調査。記入漏れや記載ミスが相
  次ぎ、各自治体が対応に追われていると
  いう。今回から調査員が個別に記入内容
  を確認しない封入方式を導入したのが原
  因とか。調査の経過を聞きたい。




馬 場   茂
1.TPP(環太平洋戦
 略的経済連携協定)に
 ついて






2.耕作放棄地対策につ
 いて











3.ふかやシティハーフ
 マラソンについて
(1) 深谷市の農業に与える影響は
 ア TPP参加で関税が全廃されると、国
  内では米は90%、小麦は99%、大麦は
  79%、小豆は71%、豚肉は70%、牛
  乳・乳製品は56%も減産すると予想さ
  れている。深谷市で予想される影響は。米
  ・麦などの穀物について、酪農など畜産
  関係について、野菜・花卉などについて
 イ その対策についての考えは。
(1) 耕作放棄地再生利用活動状況について
 ア 国が1/2、県と市がそれぞれ1/4
  ずつを負担して立木などが茂って荒れて
  しまっている耕作放棄地を再生している
  その現状について再生面積は、また対象
  面積の何割か。
 イ 再生にかかった費用は。
 ウ ある地区は、20aの再生に約600
  万円もかかっている、かけすぎではない
  か。上限を設ける考えはないのか。
 エ 再生された土地は有効に利用されてい
  るか。
 オ 今後の解消目標は。
(1) 開催要項変更について
 ア 定員を設けた理由は。
 イ 申し込み期間が11月の1ヶ月では短
  いと思うが。
 ウ 申し込み期間内に定員に満たない場合
  の対応は。
 エ 郵便振替での申し込みが出来ないのは
  不便だと思うが。
 オ 雨天の場合のゴール地点でのぬかるみ
  を改善できないものか?




小 川 真一郎
1.市民の皆様の要望に
 ついて


2.安心・安全のまちづ
 くり
(1) 自治会の要望について
 ア 要望の種類・件数について
 イ 要望に対する実行(実行率)について
 ウ 実行されなかった要望の対応について
(1) 自主防災組織について
 ア 組織数・組織率は。
 イ 今後の方針と課題は。



25
今 村 三 治
1.ネギの塔を作れ
2.市から出るビラ等が
 多すぎる
(1) 通天閣のようなものを
(1) リーフレット、通知文


10
20
倉 上 由 朗
1.深谷市の生活排水処
 理対策事業について










2.地域振興対策につい
 て 






3.道路整備について




4.洪水対策について
(1) 合併浄化槽の補助金と下水道関係の投資
 や負担について
 ア 公共下水道・集落排水事業の建設に費
  やす1世帯当たりの建設投資額と住民の
  負担額、また維持管理経費と使用料、そ
  の差額は。
 イ 2つの事業に対し、生活排水事業の補
  助金はどうなのか。公平な助成がされて
  いるのか。
 ウ 3事業とも目的は同様であり、生活排
  水対策事業の補助金見直しを住民側に立
  って見直す考えがあるのか。
(1) 地場産業の振興と消費・生産市場の充実
 ア 現市場の合併問題は20数年前に持ち
  上がりすぐに頓挫してしまった。今後、
  各市場の合併はあるのか。
 イ 深谷市は北関東を代表する農産物の生
  産地である。今後の経済状況を鑑み、現
  市場を含めた大型市場構想を考えて行く
  べきではないか。
(1) 北通り線整備事業について
 ア 県道由良線交差点から天神町を抜ける
  市道845号線までの今後の整備計画は。
 イ 天神町内は住宅密集地であり、相当の
  時間、財源が必要である。住民周知は。
(1) 遊水地の活用について
 ア 今後の遊水池の計画は。
 イ 市街地の一角にあり、緊急時以外の市
  民の解放は。
 ウ 洪水時の貯蔵水量と、下流地域の影響
  は。


11
24
田 島 信 吉
1.公民館整備と組織改
 正について





2.企業誘致策について
(1) 公民館整備と組織改正との関連等
 ア 公民館整備のうち、旧3町の整備計画
  等検討の状況を聞きたい。
 イ サテライト市役所型公民館と総合支所
  の調整状況及び組織改正案では、住民サ
  ービスの低下が懸念されるが見解を聞き
  たい。
(1) 企業局造成の工業団地に対する基本姿勢
 等
 ア 県企業誘致策による企業局工業団地造
  成市内候補地について、工業団地造成可
  能性、調査結果及び造成計画等について
  聞きたい。
 イ この事業は市の企業誘致について、効
  果的事業であり、積極的な協力と地権者
  等への支援を実施し、早期実現を図るべ
  きと考えるが市の基本姿勢を聞きたい。


12
14
富 田   勝
1.花園IC周辺整備に
 ついて















2.ふかや緑の回廊構想
 について



3.各種計画の委託につ
 いて
(1) 花園IC周辺拠点整備構想検討調査業務
 の企画提案について
 ア なぜこの時期に始められるのか。
 イ 参加資格はどのように決めたのか。
 ウ 7社から応募があったようだが詳細
  は。
 エ 委託業者が決まったが選考委員会と理
  由は。
 オ 花園IC周辺とはどんな範囲か。
 カ 2〜3地区程度を予定とは。
 キ 業務の契約期間が平成23年3月31
  日までとのようだがその後は。
(2) 近くで計画されている事業との関係は
 ア 深谷市永田地区に計画予定のアウトレ
  ットは。
 イ 川本地区に予定の工業団地は。
 ウ ふかや緑の回廊構想事業は。
(1) 今後の取り組みは
 ア 事業1年目の感想は。
 イ 来年度の計画は。
 ウ 花園IC周辺拠点整備構想との関係を
  考えるのか。
(1) 計画を委託する理由は
 ア 自分たちの手でできないのか。


13

石 川 克 正
1.深谷市事業仕分けを
 振り返って














2.中心市街地活性化の
 取り組みについて
(1) 具体的な目的は
 ア 市長公約には「財源捻出」の一環で事
  業仕分けの有効性を訴えられていたが、
  本来の目的はもっと意味深いものだと認
  識する。事務方との目的はどのあたりに
  見据えたのか。
(2) 仕分け事業選定基準
 ア 選定基準を聞きたい。
(3) その後の対応は
 ア その後の対応の想定はどんなものだっ
  たのか。事業実施に目的が注力されてな
  いか。
(4) 中央土地区画整理事業について
 ア 判定結果は中央土地区画整理推進事業
  に対するものだったのか、中央土地区画
  整理事業に対するものだったのか。
(1) 行政組織の中での取り組みは
 ア 中心市街地活性化の取り組みを主体
  的、総合的に行う部署は。
(2) 中央土地区画整理事業の意義と今後の方
 針は
 ア 現状での住民の社会活動上の負担の認
  識は。
 イ 総事業費の正当性は。また、総事業費
  が計画より膨らむような発言を以前聞い
  たことがあるがどうなのか。
 ウ 本市における中心市街地の役割が、社
  会情勢の変化・社会構造の変化に伴い、
  変化していくことが想定される。その意
  義の中で今後も中心市街地が果たしてい
  かなければならない役割はあると思う
  か。
 エ 前述の質問に対する区画整理の意義は
  あるか。
 オ 商業の活性化は社会の構造的背景が大
  きく影響するものであり、活性化だけに
  フォーカスした取り組みだけで活性化が
  促せるものではない。区画整理が果たす
  効果は。


14
21
宇多村 春 惠
1.独居高齢者の身守り
 について


2.食生活向上の推進に
 ついて


3.防風林の保全につい
 て
 ア 個人情報厳守の中で地域ぐるみの共に
  支えあう環境づくりとは。
 イ 地域にある老人施設に電話による声か
  けの委託はできないか。
 ア 加工食品が氾濫する中、食の質に危機
  感を持つが料理は畑からという基本に立
  ち返り広報や講座で学ぶ機会が必要と思
  うが。
 ア 対象者によるアンケート結果は。
 イ 緑の王国と共に緑の拠点として継承す
  る対策を。


15

五 間 くみ子
1.公共施設の老朽化の
 備えは?第2弾





2.迷い人について





3.保護者の声から
(1) 市営住宅について
 ア 総合振興計画の中に市営住宅の維持方
  針策定とあるが、進捗状況は。
 イ 老朽化した市営住宅の修繕の中長期計
  画は。
 ウ 現在入居募集をしていない市営住宅に
  ついての今後は。
(1) 防災無線を使って迷い人情報を発信して
 いるが、現状と課題について
 ア 迷い人の情報発信件数(直近3年間)。
 イ 迷い人の発見にかかるまでの平均的な
  時間と情報提供の件数。
 ウ 迷い人の家族に対する支援策は。
(1) 学童保育室の公私間の保育料格差解消に
 ついて
 ア 公私間の保育料の現状について
 イ 料金格差解消を図る手段は。


16
22
加 藤 温 子
1.指定管理者制度導入
 のねらいとメリットに
 ついて













2.企業誘致で耕作放棄
 地、遊休地活用につい
 て
3.市長マニフェスト
 「商業の町、深谷」の
 復活 中心市街地のま
 ちづくりを、どう進め
 ていくのか市長の構想
 を問う
(1) 非公募とした理由と選定委員会の構成員
 は
(2) 出向職員配置と指定管理料は
 ア 指定管理者に指定する法人、団体のな
  か、自治体からの出向職員が配置されて
  いるのはどこか。
 イ 指定管理者に指定する公の施設に自治
  体からの出向職員の配置はあるか。
 ウ 指定管理料支出の範囲と額、代表者へ
  の費用弁償、報酬は。
(3) 管理業務責任と財政支出 
 ア 管理業務の協定と責任、財政支出の範
  囲は。
(4) メリットは何か
 ア 自治体直営より、どんなメリットがあ
  るか。
 ア JA、農協と協力連携し、企業の農業
  参入誘致で、耕作放棄地や遊休地の活用
  を!この進捗状況を問う。
 ア 中央土地区画整理事業を事業仕分け対
  象事業に上げた理由は。
 イ 事業仕分けで廃止と判定され、その後
  の「中心市街地のリニューアル」「商業
  の町、深谷」復活は、市長の構想を示す
  べきと思うが。


17

清 水   睦
1.事業仕分けについて




2.同和補助金について


3.国民健康保険被保険
 者証について


4.民間と公共の施設の
 取り扱いについて
(1) 事業仕分けのメリット・デメリットにつ
 いて
 ア 事業仕分けのメリット・デメリットを
  どう考えているのか。
 イ 今後も事業仕分けを続けていくのか。
(1) 運動団体の補助金について
 ア 法的拘束力がなくなった運動団体の補
  助金は廃止すべきではないか。
(1) 国民健康保険被保険者証の発行状況につ
 いて
 ア 留め置き・資格証・短期保険証の発行
  は中止すべきではないか。
(1) 民間の組合の施設利用について
 ア 深谷市指定水道工事店協同組合の事務
  所がなぜ水道部庁舎内に存在するのか。


18
33
永 田 勝 彦
1.現場主義



2.在任の成果


3.県の工業団地



4.垂れ幕掲揚



5.資金保全


6.側溝改善



7.道路改良



8.TPP対策
(1) 市長の現場主義について
 ア 市長の行動には市民の評価が高い。し
  かし、その現場への地域市職員の顔が見
  えないように感じ、寂しく思う。
(1) 副市長の在任の成果並びに今後の抱負
 ア 副市長の企業等の誘致はどんなスタイ
  ルで臨むのか。
(1) 深谷市上原地域への県の工業団地構想を
 問う
 ア 県への市長・副市長の働きかけが大き
  いと考えられるが、概要と進捗状況は。
(1) 深谷市庁舎に「北方四島」「尖閣諸島」
 は我国固有の領土であると垂れ幕を掲げる
 ア 一連の中国・ロシアの行為は我国主権
  に対する冒涜と挑戦である。
(1) ペイオフ対策は
 ア 深谷市のペイオフに対する対応は万全
  か。
(1) 武川土地区画整理事業の信号機その北側
 の側溝改良
 ア 事故の発生する以前の喫緊最重要事項
  と考える。
(1) 市立川本南小関口商店から猫坂までの通
 学路事業進捗状況は
 ア 南小3分の2の生徒が通学路としてい
  る。早期工事を期待している。
(1) TPPについて問う
 ア 農業の町。深谷市としての考え方・対
  応等のアプローチは。


19
12
江 原 久美子
1.投票率向上に向けた
 取り組み
(1) 投票率向上に向けた取り組み
 ア 深谷市の投票率について市としてどう
  評価しているか。
 イ 現在までの取り組みは。
 ウ 期日前投票の状況は。
 エ 今後の改善策は。


20

中 矢 寿 子
1.深谷駅について








2.自転車の安全利用に
 ついて



3.高齢者の所在不明問
 題について




4.子宮頸がん予防ワク
 チン助成について
(1) 所管部署の一元化を図るべきと思うが?
 ア 場所により所管部署が異なりわかりに
  くい。縦割り行政では改善は進みにくい
  ので、窓口を一つにすべきと思うが、ど
  うなのか。
(2) 建物の有効利用を考えるべきと思うが
 ア 特産品売り場・喫茶コーナー・駅型育
  児施設・観光拠点等の設置による有効利
  用を考えるべきではないか?
(1) 自転車事故防止対策について
 ア 市立小中学校での交通安全教育の義務
  化(意識改革)や自治会・商店街等の安
  全教育の促進について。
 イ 自転車通行が可能な歩道整備計画は?
(1) 高齢者が安心して暮らせるよう、地域見
 守りサービスの拡充は必要と考えるが、ど
 うなのか?
 ア 現在行われている緊急通報装置設置事
  業の見直しでさらなるサービスの拡充を
  考えてはどうか。
(1) 国のワクチン助成が決まった。市として
 の対応はどうか?
 ア 一刻も早くワクチンの助成を始めるべ
  きではないか?


21
23
田 嶋   均
1.平成23年度組織改
 正について










2.事業仕分けについて








3.プロジェクトについ
 て
(1) 組織定数
 ア 組織の簡素化により、職員数はどれだ
  け削減しうるか。総合支所の職員削減は
  何名となるか。
(2) 住民の利便性
 ア サテライト市役所とはどのような概念
  か。また、サテライト市役所型公民館は
  どのような機能を有するのか。
 イ 総合支所との整合性はどう図るか。総
  合支所の将来像は描けているのか。
 ウ 支所の縮小により、旧3町の住民サー
  ビスが低下しない施策は。
(1) 深谷市における事業仕分けの位置づけ
 ア 国の仕分けと深谷市の仕分けの共通点
  ・相違点及び仕分けと担当部における事
  業の見直しとの関連性は。
 イ 秋の事業仕分けに選定された20事業
  の必然性は。
(2) 仕分け結果の扱い
 ア 平成23年度当初予算策定にどう反映
  させるか。
(1) 現在進行中のプロジェクトチーム
 ア その現状について
 イ 目的達成時における行政への影響は。
(2) 新市建設計画のプロジェクト
 ア チームとして取り組んだ実績はある
  か。
 イ 総合振興計画にどう反映されている
  か。


22

三田部 恒 明
1.ふかやシティハーフ
 マラソンについて







2.浄化槽の法定検査に
 ついて
(1) チャリティー枠新設の検討を
 ア チャリティー枠は参加料に加えて一定
  額以上の寄附金を払えば出場できる仕組
  み。海外の大会では大会に参加するラン
  ナーが支援先の団体を選び本人に加え、
  チャリティーの趣旨に賛同する友人らか
  らも寄附金を募るといった手法を取り入
  れているところがあり支援の輪を拡大す
  ることで幅広い社会貢献が可能となる。
(1) 法定検査の受検率向上に向けた取り組み
 について
 ア 平成17年法改正以来の取り組みと受
  検促進における効果は?
 イ 維持管理補助金制度については、補助
  額2万5千円・継続5年1回で対象とし
  て、保守点検、清掃、法定検査の内容で
  あるが補助金額及び維持年数の見直しを
  通し受験に対するインセンティブが働く
  制度への再設計を考えるべきでは?