議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 鴻巣市

平成17年  第2回 定例会(旧吹上町) 06月07日−議案説明−01号




平成17年  第2回 定例会(旧吹上町) − 06月07日−議案説明−01号







平成17年  第2回 定例会(旧吹上町)






           平成17年吹上町議会第2回定例会 第1日

6月7日(火曜日)                                      
 議 事 日 程 第1号                                    

 1、開会及び開議                                       
 1、会議録署名議員の指名                                   
 1、会期の決定                                        
 1、諸報告                                          
    議会報告                                        
    行政報告                                        
     ? 執行部報告                                    
     ? 監査報告                                     
     ? 町長提出議案の報告                                
     ? 報告第3号 平成16年度吹上町土地開発公社経営状況について            
 1、町長提出議案の上程、説明                                 
   1 議案第49号 平成17年度吹上町一般会計補正予算(第2号)              
   2 議案第50号 平成17年度吹上町老人保健特別会計補正予算(第1号)          
   3 議案第51号 平成17年度吹上町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)       
   4 議案第52号 平成17年度吹上町北新宿第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号) 
   5 議案第53号 吹上町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条
            例                                   
   6 議案第54号 吹上町土地開発公社定款の変更について                  
   7 議案第55号 吹上町土地開発公社の解散について                    
   8 議案第56号 埼玉県中央広域行政推進協議会からの脱退について             
   9 議案第57号 埼玉県央広域公平委員会からの脱退について                
  10 議案第58号 鴻巣市吹上町川里町介護認定審査会の共同設置の廃止について        
  11 議案第59号 彩北広域清掃組合を組織する地方公共団体の数の減少、同組合の共同処理する事
            務の変更及び規約の変更について                     
  12 議案第60号 彩北広域清掃組合からの羽生市の脱退及び共同処理する事務の変更に伴う財産処
            分について                               
  13 議案第61号 彩北広域清掃組合の共同処理する事務の変更及び規約の変更について     
  14 議案第62号 北本地区衛生組合からの脱退について                   
  15 議案第63号 埼玉県央広域事務組合からの脱退について                 
  16 議案第64号 荒川北縁水防事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更につい
            て                                   
  17 議案第65号 彩の国さいたま人づくり広域連合を組織する地方公共団体の数の減少について 
  18 議案第66号 騎西鴻巣学校給食センター組合への鴻巣市の加入について          
  19 議案第67号 町道路線の認定について                         
 1、散  会

出席議員 16名
    1番   町  田  信  隆  議員    2番   福  田     悟  議員
    3番   平  賀  健  司  議員    4番   長  嶋  貞  造  議員
    5番   村  上  愛  子  議員    6番   木 野 田     博  議員
    7番   阿  部  愼  也  議員    8番   渡  辺  四  郎  議員
    9番   谷  口  達  郎  議員   10番   加  藤  久  子  議員
   11番   斎  藤  忠  司  議員   12番   宮  脇  則  夫  議員
   13番   丸  岡  治  雄  議員   14番   中  野     昭  議員
   15番   島  崎  朝  則  議員   16番   柳     健 一 郎  議員

欠席議員 なし
                                              
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人
  町  長   齋  藤  武  史      助  役   柳        肇

  参  事   平  井  正  治      企画課長   室  田  昌  宏
  総務課長

  財政課長   小  林  元  一      人権政策   柿  沼  こ ず え
                         課 長 兼
                         住民課長

  税務課長   早  津  長  明      福  祉   草  野  照  子
                         こ ど も
                         課  長

  介  護   土  岐  善  行      参  事   福  島  英  夫
  いきがい                   保険年金
  課  長                   課  長

  参  事   嶋  崎  照  夫      環境整備   丸  山     泉
  保  健                   課  長
  センター
  所  長

  建設課長   大  谷  善  康      都市計画   橋  本     哲
                         課  長

  区画整理   宮  城     昇      下 水 道   松  村  保  男
  課  長                   課  長

  経済課長   小  林  友 次 郎      水道課長   榎  本  勝  一

  参  事   古  澤  正  司      教 育 長   細  井     稔
  会計課長                         

  参  事   飯  塚  賢  一      学校教育   田  所     章
  教育次長                   課  長
  兼 教 育
  総務課長

  生涯学習   木  村  久  夫      体  育   柳     健  一
  課  長                   課 長 兼
                         コスモス
                         アリーナ
                         ふきあげ
                         所 長 兼
                         勤  労
                         青 少 年
                         ホ ー ム
                         館 長 兼
                         町  民
                         体育館長

  監査委員   小  暮  眞  治

                                              
職務のため出席した事務局職員
  参事議会   小  林  達  良      主  幹   金  子  さ ち 江
  事務局長                   庶務担当

  主  査   吉  田  勝  彦
  議事担当







△開会及び開議(午前10時30分)



○議長(宮脇則夫議員) ただいまの出席議員は16名であります。定足数に達しておりますので、これより平成17年吹上町議会第2回定例会を開会します。

  直ちに本日の会議を開きます。

  本日の議事日程につきましては、印刷の上、お手元に配付したとおりでありますので、ご了承願います。

                                              



△会議録署名議員の指名



○議長(宮脇則夫議員) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、5番、村上愛子議員及び6番、木野田博議員を指名します。

                                              



△会期の決定



○議長(宮脇則夫議員) 日程第2、会期の決定についてを議題とします。

  お諮りします。本定例会の会期は、本日から17日までの11日間としたいと思います。これに異議ありませんか。

          (「異議なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 異議なしと認めます。

  よって、本定例会の会期は本日から17日までの11日間と決定いたしました。

  お諮りします。本定例会の会期中、議事の都合により6月8日、9日、13日、15日及び16日を休会としたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 異議なしと認めます。

  よって、6月8日、9日、13日、15日及び16日を休会とすることに決定しました。

  なお、会期日程につきましては、これを印刷し、お手元に配付しましたので、ご了解願います。

                                              



△諸報告



△議会報告



○議長(宮脇則夫議員) 日程第3、諸報告を行います。

  初めに、議会報告を行います。

  コスモス会派より、視察研修が終了し、その報告の申し出がありましたので、許可いたします。

  コスモス会派を代表して10番、加藤久子議員。



◆10番(加藤久子議員) おはようございます。それでは、10番、加藤でございます。コスモス会派視察研修調査報告をさせていただきたいと思います。

  本会派が実施しました2005年度視察研修の結果がまとまりまして、皆様の方に資料も配付させていただいておりますけれども、日時といたしましては、平成17年5月23日、24日の両日でございます。

  研修先は、山梨県甲府市及び山梨県笛吹市に視察してまいりました。テーマといたしましては、平成18年3月に市町村合併を予定している自治体と、既に合併した自治体の実態調査ということで研修してまいりました。

  参加者は、中野昭議員、斎藤忠司議員、平賀健司議員、加藤久子の4名です。

  5月23日には、山梨県甲府市に参りましたが、この甲府市は人口が約19万4,000人ということで、合併の枠組みといたしましては3市町村ということで、まだ合併はされておりませんが、合併の期日といたしまして平成18年の3月1日が予定されているということです。この3市町村は、甲府市、中道町、上九一色村ということですけれども、この上九一色村の南部、ちょうど半分半分になるそうですけれども、もともと行政区域がほとんど半分に分かれていたような地域性があるということで、南部の方の半分は河口湖町の方と合併をするということでした。この中で、まだ合併はされていないわけですが、甲府市におきましては在任特例は適用せずに、合併後50日以内に中道町が定数3名、上九一色村定数1名の増員選挙を行うということでありました。

  次に、5月24日、山梨県の笛吹市に視察してまいりました。こちらは人口が約7万2,000人ということです。合併の枠組みは6町村で合併したということで、平成16年10月1日に合併をしております。その6町村は、石和町、春日居町、御坂町、一宮町、八代町、境川村ということで、こちらは対等合併です。先ほどの甲府市の方におきましては、編入合併ということです。こちらもやはり笛吹市の方も在任特例は適用せずに、設置選挙後においてやるというふうなことです。

  以上おきまして、皆さんの方に資料も配付してありますので、詳細につきましては皆さんにごらんいただきたいと思いますけれども、この中で一番印象に残りましたのは、もう既に合併しております笛吹市におきましては、議会人事に関しましては世話人会というものをつくって、各6町村のもとの選挙後の中の議員さんに、年長者に出ていただいて、世話人会をつくって、それで議会の人事を行ったというふうなこと、それにまた支所的機能のところには、今までの総務課長がそこの支所長になったというのが印象深かったのではないかと思います。

  以上でコスモス会派の調査研修の報告を終わらせていただきます。



○議長(宮脇則夫議員) 以上で議会報告を終わります。

                                              



△行政報告



△?執行部報告



○議長(宮脇則夫議員) 次に、町長の行政報告を行います。

  まず、執行部報告を行います。町長。



◎町長(齋藤武史) 議員の皆さん、おはようございます。

  議案に先立ちまして、執行部報告をさせていただきます。

  最初に、建設事業の中から水道事業についてご報告申し上げます。1ページをお開きいただければ幸いに存じます。まず、北新宿第二土地区画整理事業地内における配水管布設工事につきましては、ダクタイル鋳鉄管口径75ミリメートルから口径150ミリメートルを延長143.07メートル、硬質塩化ビニル管口径75ミリメートルを延長17.5メートルにわたり布設し、また地下式双口消火栓1基を設置するものでありまして、平成17年4月27日に執行いたしました指名競争入札によりまして、吹上町鎌塚3丁目1番2号、吹上さく泉工業有限会社代表取締役菅間正美と753万9,000円で契約したものでございます。工期につきましては、平成17年5月6日から平成17年6月20日までの予定でございます。

  続きまして、学校施設整備事業についてご報告申し上げます。2ページをお開きいただきたいと存じます。この工事は、吹上町立下忍小学校におけるプール改修工事でございまして、平成17年4月28日に執行いたしました指名競争入札によりまして、吹上町大字小谷838番地、ショー技研工業株式会社代表取締役杉山丞と262万5,000円で契約したものでございます。工期につきましては、平成17年5月2日から平成17年6月8日までの予定でございます。

  続きまして、その他の事業についてご報告申し上げます。3ページをお開きいただきたいと存じます。まず、ダイオキシン類実施調査(大気)についての概要を申し上げます。調査実施期間は、平成17年1月20日から27日までの1週間で、調査場所は吹上町役場庁舎屋上でございます。大気中のダイオキシン類を測定した結果、1立方メートル当たり0.08ピコグラムが検出されました。これは環境省が示した大気中のダイオキシン類に関する環境基準値の0.8ピコグラムを大幅に下回る結果でございます。

  以上、ご説明申し上げましたが、それぞれの指名業者及び入札経過につきましては、別添資料のとおりでございますので、ご了承賜りたいと存じます。どうもありがとうございました。



○議長(宮脇則夫議員) 執行部報告に対する質疑があれば承ります。

  ご質疑ありませんか。10番、加藤久子議員。



◆10番(加藤久子議員) 10番、加藤でございます。報告の関係なのですけれども、その他の事業に関してのことです。ダイオキシン関係なのですが、これがどうということではないのですが、このダイオキシンの調査をもうここ数年行っているかと思うのですが、この間、調査いつも問題ないというふうな結果報告をいただいて安心はしているのですが、数年した結果の中で、それが今までよりもふえているのか、減ってきているのか、その辺わかりましたら教えていただきたいというふうに思います。

  以上です。



○議長(宮脇則夫議員) ご答弁願います。町長。



◎町長(齋藤武史) 助役の方から答弁を申し上げます。



○議長(宮脇則夫議員) 助役。



◎助役(柳肇) それでは、その他の事業の環境整備事業の報告についてご答弁をさせていただきますが、当然質問者のご理解のとおり、既に10年ぐらいの調査期間が、調査をしてございます。こういったあれで、それぞれ大気等の調査をさせていただいておりますので、これをまとめて会期中にお示しをさせていただきたいと、こんなふうに思っておりますので、ちょっと時間いただければありがたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(宮脇則夫議員) 了解ですか。

          (「はい」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) ほかに質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、これをもって執行部報告を終わります。

                                              



△?監査報告



○議長(宮脇則夫議員) 次に、監査委員の監査報告を行います。監査委員。



◎監査委員(小暮眞治) それでは、お手元の行政報告書類の中の出納検査報告書をお開き願いたいと思います。

  申し上げます。地方自治法第235条の2第3項の規定により、出納検査の結果につきまして次のとおりご報告申し上げます。

  まず、検査の対象は、一般会計、これには繰越明許費を含みます。

  次に、国民健康保険特別会計、老人保健特別会計、介護保険事業特別会計、公共下水道事業特別会計、北新宿第二土地区画整理事業特別会計、水道事業会計でありまして、平成16年度分につきましては平成17年2月1日から平成17年4月30日までの間、また平成17年度分につきましては平成17年4月1日から平成17年4月30日までの間であります。

  検査の時期は、平成17年3月24日に2月分を、平成17年4月25日に3月分を、また平成17年5月23日に4月分をそれぞれ実施いたしました。

  検査の結果につきましては、関係諸帳簿の計数と証拠書類の計数は一致し、誤りは認められず、また現金の保管は適切で、かつ帳簿の計数と符合しておりました。

  次に、平成16年度分及び平成17年度分の平成17年4月30日現在の収支の状況及び現金の保管状況は別表のとおりでございますので、ごらんいただくということで説明を省略させていただきたいと存じます。

  なお、水道事業会計の平成16年度分は、地方公営企業法により平成17年3月31日現在で出納閉鎖につき、この日現在の収支の状況となっております。

  以上で監査報告を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(宮脇則夫議員) 監査委員の監査報告に対する質疑があれば承ります。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、これをもって監査委員の監査報告を終わります。

                                              



△?町長提出議案の報告



○議長(宮脇則夫議員) 次に、町長提出議案の報告を行います。

  本定例会に提出されました議案については、お手元に配付したとおりでありますので、ご了承願います。

                                              



△?報告第3号の報告



○議長(宮脇則夫議員) 次に、報告第3号 平成16年度吹上町土地開発公社経営状況について、町長の報告を求めます。町長。



◎町長(齋藤武史) それでは、報告第3号 平成16年度吹上町土地開発公社経営状況についてご説明申し上げます。

  まず、取得事業につきましては、対象事業はございませんでした。

  次に、処分事業につきましては、駅北口広場整備事業ほか1事業が執行でき、その地積は253.25平方メートルで、処分金額は4,391万2,933円でございます。

  なお、詳細につきましては、別添平成16年度吹上町土地開発公社決算書のとおりでありますので、ご了承願います。

  以上で報告第3号の内容説明を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(宮脇則夫議員) 以上のとおりでありますので、ご了承願います。

                                              



△町長提出議案の上程及び説明



○議長(宮脇則夫議員) 日程第4、町長提出議案の上程及び説明を行います。

  町長提出議案の議案第49号から議案第67号までを一括して、これを議題とします。

  提出議案につきまして、町長の説明を求めます。町長。



◎町長(齋藤武史) 平成17年吹上町議会第2回定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方におかれましては大変お忙しいところ、かつ大変お暑い中をご参集いただきまして、大変ありがたく存じております。これからご審議をいただける議案等につきまして、第49号から第67号にわたりまして順次説明申し上げます。

  まず、議案第49号 平成17年度吹上町一般会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。本補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億1,553万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ71億6,250万8,000円とするものでございます。

  それでは、この内容について申し上げます。まず、歳入につきましてご説明申し上げます。最初に、第14款県支出金でございますが、21万6,000円を減額するものでございます。内容といたしましては、まず第1項県負担金では、負担金額の確定により、農業委員会負担金を3万9,000円減額するものでございます。また、第2項県補助金では、鴻巣市及び川里町との合併協議により補助事業を実施しないこととなったため、認定農業者支援事業補助金を11万3,000円、農地活用促進事業補助金を6万4,000円、それぞれ減額するものでございます。

  次に、第18款繰越金でございますが、景気の回復により町税、地方交付税等の歳入が伸びたこと、並びにNPM(ニュー・バブリック・マネージメント)の理念のもと、全庁を挙げて歳入の確保に努めたこと、及び徹底した合理化により歳出の削減に努めたことなどに伴い、平成16年度の歳計剰余金が思いのほか生じる見込みとなったことから、繰越金を1億1,500万円追加するものでございます。

  最後に、第19款諸収入でございますが、75万4,000円を追加するものでございます。内容といたしましては、まず第3項貸付金元利収入では、奨学資金の貸し付け者から貸付金の繰り上げ返還の申し出があったことにより、118万8,000円を追加するものでございます。また、第5項雑入では、各種健診等の受診者に対する一部負担金を、当初集団で実施した場合一律500円で見込んでいたものを実施費用の1割程度に変更したことにより、76万円減額するものでございます。また、同項において、勤労青少年ホーム講座受講者からの個人の負担金を32万6,000円追加するものでございます。

  続いて、歳出につきましてご説明申し上げます。最初に、第1款議会費でございますが、議員1人当たりの事務費負担金額の改定に伴い、議員共済会負担金を5万6,000円追加するものでございます。

  次に、第2款総務費でございますが、3,580万7,000円を追加するものでございます。内容といたしましては、第1項総務管理費では、第1目一般管理費において、職員の病気休暇に係る臨時職員賃金を115万2,000円、平成17年3月31日付の依願退職者の5名分に係る市町村職員退職手当組合の特別負担金を3,133万万8,000円それぞれ追加するものでございます。また、同項第6目財産管理費において、合併に伴い設置される吹上支所の窓口備品を86万7,000円追加するものでございます。さらに、同項11目交通安全対策費において、町道734号線の大芦小学校からコスモスアリーナふきあげへ向かう道路沿いに街路灯7基を設置するための工事費として245万円追加するものでございます。

  次に、第3款民生費でございますが、560万4,000円を減額するものでございます。内容といたしましては、まず第1項社会福祉費では、第1目社会福祉総務費において、ボランティアサポートセンターの学習室空調機設置工事費として91万円を追加するものでございます。また、同項第2目繰出金において、平成16年度事業費の精算により、老人保健特別会計繰出金を1,536万2,000円を減額するものでございます。また、同項第7目デイサービスセンター費において、デイケア管理委託者が1名増えたことに伴い、デイケア事業委託料を63万8,000円追加するものでございます。さらに、第2項児童福祉費では、第1目児童福祉総務費において、大芦学童保育室の雨どいの修繕料として12万7,000円、下水道基本料金扶助ほか母子家庭扶助費として20万8,000円をそれぞれ追加するものでございます。このほか、同項第2目保育所費において、鎌塚保育所の保育室3室の床暖房改修工事費として787万5,000円を追加するものでございます。

  次に、第4款衛生費でございますが、歳入の雑入、健康診査等一部負担徴収金の減額に対応して、財源内訳を変更するものでございます。

  次に、第5款労働費でございますが、歳入の雑入、勤労青少年ホーム講座個人負担金に対応して、講師謝礼を32万6,000円追加するものでございます。

  次に、第6款農林水産業費でございますが、歳入の県負担金、農業委員会負担金に対応して、財源内訳を変更するとともに、歳入の県補助金、認定農業者支援事業補助金及び農地活用促進事業補助金の減額に対応して、第3目農業振興費において補助対象事業費を31万6,000円減額するものでございます。

  次に、第8款土木費でございますが、5,287万4,000円を追加するものでございます。内容といたしましては、まず第1項道路橋りょう費では、第2目道路維持費において、筑波通線ほかの町道舗装修繕工事費として1,700万円を追加するものでございます。また、同項第3目道路新設改良費において、大芦地内町道726号線ほかの道路改良舗装工事費として1,537万円、町道用地購入費として263万円をそれぞれ追加するものでございます。さらに、第2項都市計画費では、第4目公園費において、大芦児童遊園地の用地購入に係る費用として、不動産鑑定手数料40万9,000円及び登録手数料1万5,000円、並びに用地購入費1,650万円をそれぞれ追加するとともに、コスモス街道の一部、延長250メートルの部分を幅員2メートルから5メートルへ拡張する工事費として95万円追加するものでございます。

  次に、第10款教育費でございますが、418万8,000円を追加するものでございます。内容といたしましては、まず第1項教育総務費において、歳入の諸収入、奨学資金貸付金元利収入に対応して、奨学基金積立金を118万8,000円追加するものでございます。また、第2項小学校費において、大芦小学校の遊具設置工事費として130万円を追加するとともに、第3項中学校費において、吹上北中学校の校舎4階廊下床改修工事費として130万円を追加するものでございます。さらに、第6項保健体育費において、合併50周年記念事業の一環として、7月26日に実施される「夏期(特別)巡回ラジオ体操・みんなの体操会」の開催費用として、同体操会の実行委員会補助金40万円を追加するものでございます。

  次に、第12款諸支出金でございますが、平成16年度事業費の精算により、県老人医療費支給事業県補助金返納金を165万円追加するものでございます。

  最後に、第13款予備費でございますが、2,655万7,000円を追加するものでございます。

  以上で、平成17年度吹上町一般会計補正予算(第2号)の説明を終わらせていただきます。

  続いて、議案第50号 平成17年度吹上町老人保健特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。本補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,668万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ18億5,828万5,000円とするものでございます。

  それでは、この内容について申し上げます。まず、歳入でございますが、第1款支払基金交付金につきましては10万3,000円を追加するものでございます。

  次に、第4款繰入金につきましては、1,536万2,000円を減額するものでございます。

  次に、第5款繰越金につきましては、4,194万円を追加するものでございます。

  続いて、歳出について申し上げます。まず、第1款医療諸費でございますが、平成16年度決算の精算に伴い、財源内訳の変更をするものでございます。

  また、第2款諸支出金につきましては、2,668万1,000円を追加するものでございます。この内容といたしましては、平成16年度実績に基づく支払基金等返納金として追加するものでございます。

  続いて、議案第51号 平成17年度吹上町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。本補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ40万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ10億2,424万1,000円とするものでございます。

  まず、歳入からご説明申し上げます。第3款国庫支出金、第1項国庫補助金につきましては、国庫補助金の確定により20万円、また第7款町債を20万円追加するものでございます。

  次に、歳出につきましては、第2款事業費、第1目下水道整備費、第15節工事請負費を40万円追加するものでございます。

  また、地方債の補正につきましては、公共下水道事業債の限度額を4,950万円から4,970万円に変更するものでございます。

  続いて、議案第52号 平成17年度吹上町北新宿第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。本補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,499万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億9,676万9,000円とするものでございます。

  歳入につきましては、第3款繰越金で前年度歳計剰余繰越金を3,499万9,000円追加し、また歳出につきましては、第2款事業費で物件移転補償金3,499万9,000円を追加するものでございます。

  以上で、議案第49号から議案第52号までの説明を終わらせていただきます。これらの議案につきましては、それぞれの補正予算及び予算に関する説明書をご参照の上、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

  続いて、議案第53号 吹上町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。本議案は、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の一部を改正する政令が平成17年3月18日に公布、同年4月1日から施行されたことに伴い、これに準じて吹上町非常勤消防団員に係る退職報償金の額を改定したいので、この案を提出するものでございます。

  続いて、議案第54号 吹上町土地開発公社定款の変更について及び議案第55号 吹上町土地開発公社の解散についてをご説明申し上げます。これらの議案は、設立団体である吹上町が平成17年10月1日をもって鴻巣市及び川里町との合併をするため、吹上町土地開発公社を解散し、残余財産を鴻巣市に帰属するため、定款の一部を変更したいので、この案を提出するものでございます。

  続いて、議案第56号 埼玉県中央広域行政推進協議会からの脱退について、議案第57号 埼玉県央広域公平委員会からの脱退について及び議案第58号 鴻巣市吹上町川里町介護認定審査会の共同設置の廃止についてご説明申し上げます。これらの議案は、吹上町及び川里町を廃し、その区域を鴻巣市に編入することに伴い、議案第56号については埼玉県中央広域行政推進協議会からの脱退、議案第57号については、埼玉県央広域公平委員会からの脱退、また議案第58号については、鴻巣市吹上町川里町介護認定審査会の共同設置の廃止をそれぞれ協議したいので、この案を提出するものでございます。

  続いて、議案第59号 彩北広域清掃組合を組織する地方公共団体の数の減少、同組合の共同処理する事務の変更及び規約の変更について、議案第60号 彩北広域清掃組合からの羽生市の脱退及び共同処理する事務の変更に伴う財産処分について並びに議案第61号 彩北広域清掃組合の共同処理する事務の変更及び規約の変更についてご説明申し上げます。

  まず、議案第59号については、彩北広域清掃組合からの羽生市の脱退、共同処理する事務の変更及び規約の変更を、議案第60号については、彩北広域清掃組合からの羽生市の脱退及び共同処理する事務の変更に伴う財産の処分を、並びに議案第61号については、鴻巣市、吹上町及び川里町が合併し鴻巣市となることによる彩北広域清掃組合の共同処理する事務の変更及び規約の変更をそれぞれ協議したいので、この案を提出するものでございます。

  続いて、議案第62号 北本地区衛生組合からの脱退について及び議案第63号 埼玉県央広域事務組合からの脱退についてご説明申し上げます。これらの議案は、吹上町及び川里町を廃し、その区域を鴻巣市に編入することに伴い、それぞれの組合からの脱退することについて協議したいので、この案を提出するものでございます。

  続いて、議案第64号 荒川北縁水防事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてご説明申し上げます。本議案は、平成17年10月1日から熊谷市、大里郡大里町及び同郡妻沼町を廃し、その区域をもって熊谷市を設置すること、並びに北足立郡吹上町及び北埼玉郡川里町を廃し、その区域を鴻巣市に編入することに伴い、組合を組織する地方公共団体の数を減少させるとともに、組合規約を変更することについて協議したいので、この案を提出するものでございます。

  続いて、議案第65号 彩の国さいたま人づくり広域連合を組織する地方公共団体の数の減少についてご説明申し上げます。本議案は、岩槻市を廃し、その区域をさいたま市に編入し、秩父市、秩父郡吉田町、同郡大滝村及び同郡荒川村を廃し、その区域をもって秩父市を設置したことに伴い、彩の国さいたま人づくり広域連合を組織する地方公共団体の数が減少していることについて協議したいので、この案を提出するものでございます。

  続いて、議案第66号 騎西鴻巣学校給食センター組合への鴻巣市の加入についてご説明申し上げます。本議案は、吹上町及び川里町を廃し、その区域を鴻巣市に編入することに伴い、騎西鴻巣学校給食センター組合に鴻巣市が加入することについて協議したいので、この案を提出するものでございます。

  続いて、議案第67号 町道路線の認定についてご説明申し上げます。本議案は、都市計画法に基づく宅地造成事業により道路が新設され、本町に帰属されたことに伴い、町道として路線認定したいので、この案を提出するものでございます。

  以上で本定例会に提出いたしました全議案の説明を終わりますが、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますことをお願い申し上げまして、議案の上程説明を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(宮脇則夫議員) 以上で町長の議案説明を終わります。

                                              



△町長提出議案の委員会付託省略



○議長(宮脇則夫議員) お諮りします。

  本定例会に提出されました議案第49号から議案第67号までは、会議規則第39条第2項の規定により、委員会の付託を省略することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 異議なしと認めます。

  よって、議案第49号から議案第67号までは、委員会の付託を省略することに決定しました。

                                              



△散会



○議長(宮脇則夫議員) 以上で本日の日程は全部終了しました。

  本日はこれにて散会します。

  どうもご苦労さまでございました。

          (散会 午前11時13分)