議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 鴻巣市

平成16年  第4回 定例会(旧吹上町) 12月17日−議案質疑、討論、採決−05号




平成16年  第4回 定例会(旧吹上町) − 12月17日−議案質疑、討論、採決−05号







平成16年  第4回 定例会(旧吹上町)






          平成16年吹上町議会第4回定例会 第11日

12月17日(金曜日)
 議 事 日 程 第5号

 1、開  議                                         
 1、町長提出議案の質疑、討論及び採決                             
   ? 議案第57号 平成16年度吹上町一般会計補正予算(第4号)              
   ? 議案第58号 平成16年度吹上町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)        
   ? 議案第59号 平成16年度吹上町老人保健特別会計補正予算(第2号)          
   ? 議案第60号 平成16年度吹上町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)       
   ? 議案第61号 平成16年度吹上町北新宿第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号) 
   ? 議案第62号 平成16年度吹上町水道事業会計補正予算(第1号)            
   ? 議案第63号 埼玉県市町村職員退職手当組合規約の変更について             
   ? 議案第64号 埼玉県市町村交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の減少、同組合規約
            の変更及び財産処分について                       
   ? 議案第65号 町道路線の認定について                         
   ? 議案第66号 町道路線の認定について                         
   ? 議案第67号 町道路線の認定について                         
   ? 議案第68号 町道路線の廃止について                         
 1、日程の追加(第1)                                    
 1、町長提出追加議案の報告並びに上程、説明、質疑、討論及び採決                
   ? 議案第69号 吹上町教育委員会委員の任命について                   
   ? 議案第70号 吹上町教育委員会委員の任命について                   
 1、委員長報告                                        
   1 総務常任委員会                                    
    ?16議請第1号 「人権侵害の救済に関する法律」の早期制定に関する請願書        
    ?16議請第2号 「日本郵政公社 現経営形態の堅持を日本政府等に求める意見書」の提出を求
             める請願書                              
   2 産業建設常任委員会                                  
    ?16議請第3号 「食料・農業・農村基本計画」の見直しに関する請願書          
 1、日程の追加(第2)                                    
 1、議員提出議案の報告並びに上程、説明、質疑、討論及び採決                  
   ? 議第6号議案 「人権侵害の救済に関する法律」の早期制定を求める意見書         
   ? 議第7号議案 「日本郵政公社」現経営形態の堅持に関する意見書             
   ? 議第8号議案 「食料・農業・農村基本計画」の見直しに関して食料自給率の引き上げ、食の安
            全と安定に結びつく施策の展開を求める意見書               
   ? 議第9号議案 平成17年度地方交付税所要総額の確保に関する意見書           
 1、議員派遣決定の件                                     
 1、閉会中の所管事務調査                                   
 1、閉会中の継続審査                                     
 1、町長あいさつ                                       
 1、議長あいさつ                                       
 1、閉  会                                         

出席議員 15名
    1番   町  田  信  隆  議員    2番   福  田     悟  議員
    3番   平  賀  健  司  議員    4番   長  嶋  貞  造  議員
    5番   村  上  愛  子  議員    6番   木 野 田     博  議員
    7番   阿  部  愼  也  議員    8番   渡  辺  四  郎  議員
    9番   谷  口  達  郎  議員   10番   加  藤  久  子  議員
   11番   斎  藤  忠  司  議員   12番   宮  脇  則  夫  議員
   13番   丸  岡  治  雄  議員   14番   中  野     昭  議員
   15番   島  崎  朝  則  議員

欠席議員 1名
   16番   柳     健 一 郎  議員
                                              
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人
  町  長   齋  藤  武  史      助  役   柳        肇
  参  事   高  橋     勝      参  事   平  井  正  治
                         総務課長

  企画課長   室  田  昌  弘      参  事   小  林  達  良
                         財政課長

  人権政策   柿  沼  こ ず え      参  事   古  澤  正  司
  課 長 兼                   税務課長
  住民課長

  福  祉   草  野  照  子      介  護   篠  崎  正  人
  こども                    いきがい
  課  長                   課  長

  保険年金   坂  本  善  一      参  事   嶋  崎  照  夫
  課  長                   保  健
                         センター
                         所  長

  環境整備   丸  山     泉      建設課長   大  谷  善  康
  課  長

  開発課長   橋  本     哲      都市計画   宮  城     昇
                         課  長

  区画整理   丸  岡  高  志      下 水 道   榎  本  勝  一
  課  長                   課  長

  経済課長   小  林  友 次 郎      国体推進   小  林  元  一
                         室  長

  水道課長   木  村  久  夫      参  事   小  林  カ ツ 江
                         会計課長

  教 育 長   細  井     稔      参  事   福  島  英  夫
                         教育次長
                         兼 教 育
                         総務課長

  学校教育   田  所     章      生涯学習   柳     健  一
  課  長                   課  長

  参  事   金  井  正  信
  体  育
  課 長 兼
  コスモス
  アリーナ
  ふきあげ
  所 長 兼
  勤  労
  青 少 年
  ホ ー ム
  館 長 兼
  町  民
  体育館長


職務のため出席した事務局職員
  参事議会   飯  塚  賢  一      局長補佐   金  子  さ ち 江
  事務局長                   兼 庶 務
                         係 長 兼
                         議事係長

  議 事 係   吉  田  勝  彦
  主  査










△開議(午前10時43分)



○議長(宮脇則夫議員) ただいまの出席議員は15名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

  本日の議事日程につきましては、印刷の上お手許に配付したとおりでありますので、ご了承願います。

                                              



△町長提出議案の質疑、討論及び採決



○議長(宮脇則夫議員) 日程第1、町長提出議案の質疑、討論及び採決を行います。

                                              



△議案第57号



○議長(宮脇則夫議員) 初めに、議案第57号 平成16年度吹上町一般会計補正予算(第4号)についてを議題とします。

  直ちに質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

  6番、木野田博議員。



◆6番(木野田博議員) 6番、木野田です。一般会計補正予算について、2点について追加説明をお願いしたいと思います。

  まず1点目は、10ページの20款町債に関してですけれども、今回、土木債として地方特定道路整備事業債、駅南口線街路改良事業債、富士見通線街路改良事業債を組まれておりますけれども、具体的な工事内容がどこに支出されているのかを補足説明をお願いしたいというふうに思います。

  それからもう一点は、通勤手当の関係について伺いたいと思います。各項目あるのですけれども、35ページのところを見た方がわかりやすいのかなと思います。35ページのところで、通勤手当が今回41万7,000円追加されておりますけれども、この具体的な内容は何なのか、各支出の中で24件の減額、追加の補正項目ありますけれども、ここについてそれぞれどういう理由なのか、補足説明をお願いしたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(宮脇則夫議員) 答弁を求めます。町長。



◎町長(齋藤武史) ただいまの質問につきまして、1点目が都市計画課長、そして2点目が総務課長の方からご答弁申し上げます。



○議長(宮脇則夫議員) 都市計画課長。



◎都市計画課長(宮城昇) ただいまの質問にお答えします。

  まず、駅南口線街路改良事業債なのですけれども、これは駅南口街路事業費で、ページでいいますと26ページですか、その22節補償、補てん及び補償金で、これは駅の南口広場整備事業の用地取得に伴う物件移転補償費及び営業補償費の関係でございます。

  それと、富士見通線街路事業につきましても、同じく26ページですか、これにつきましては委託料、公有財産購入費、その辺で一連していますので、説明しますと、うちの方としますと、この補助金関係で、駅の北口の自転車駐輪場整備事業の関係で、当初は地権者が2名おりまして、16年度、17年度で買収を予定していたのですけれども、これが用地交渉の経過の中で一括購入が可能となったために用地を買収するものと、地質調査、そういうものを行うために県の補助金が増えました。それで事業費も拡大されたためのものでございます。

  それともう一つ、富士見通線街路事業の関係ですけれども、これにつきましては今年度の、ちょっといいですか。



○議長(宮脇則夫議員) 暫時休憩いたします。

          (休憩 午前10時49分)

          (再開 午前10時50分)



○議長(宮脇則夫議員) 休憩前に引き続き会議を続行します。

  ご答弁を求めます。



◎都市計画課長(宮城昇) 済みませんでした。これにつきましては、富士見通線の街路事業の2,020万円なのですけれども、南口の用地購入、物件補償の関係の、それの関係で項目の振りかえを行ったものということで、ここに説明事項としては出ていないということなのですけれども、済みません、よろしくお願いします。



○議長(宮脇則夫議員) 総務課長。



◎参事総務課長(平井正治) 通勤手当の具体的内容ということでございますけれども、この通勤手当の41万7,000円の増額分につきましては、職員の異動に伴いますところの、また住居等の変更に伴います通勤方法の変更によるものでございます。

  以上でございます。



○議長(宮脇則夫議員) 6番、木野田議員。



◆6番(木野田博議員) 今の通勤手当の関係、ちょっとよく、何か漠然として、もう少し具体的にどういうふうに変わったのか。基本的に、24件あるというのは、人の異動であれば単純にこの半分だと思うのです、12名が対象で動いたのだろうというふうに思うのですけれども、ではその12名の方たちが通勤形態がどういうふうに変わったのか。恐らく、例えば定期券とかあれは、基本的に最近は料金改定はなかったわけなので、それはどういうふうに、12名の方が、吹上にいた人が例えば鴻巣に引っ越したために通勤費が増えたとか、そういうことをもう少し具体的にちょっとお願いします。



○議長(宮脇則夫議員) 総務課長。



◎参事総務課長(平井正治) お答えさせていただきますけれども、先ほども申しましたように、今議員さんがおっしゃられましたように住居等の住所変更、吹上町から先ほど鴻巣等に行かれて、その通勤方法が形態が変わった分の増額という形になろうかと思いますけれども。

  以上でございます。



○議長(宮脇則夫議員) 助役。



◎助役(柳肇) それでは、私の方からちょっと補足させていただきますけれども、例えば総務課の職員が吹上に住んでいたのがたまたま鴻巣に移ったとか、事例でいいますとこういう関係もございます。

  それから、16年度3名の新採用をさせていただいた中で、地元の職員もいますけれども、他から来ている職員もいます。それから、今回特に大きく変わったのが合併協の関係で通勤距離の関係等、こういったあれの見直しもしたための増ということでご理解いただければと思います。



○議長(宮脇則夫議員) ほかにご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  本案に対して反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  議案第57号 平成16年度吹上町一般会計補正予算(第4号)については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、議案第57号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第58号



○議長(宮脇則夫議員) 次に、議案第58号 平成16年度吹上町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてを議題とします。

  直ちに質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  本案に対して反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  議案第58号 平成16年度吹上町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、議案第58号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第59号



○議長(宮脇則夫議員) 次に、議案第59号 平成16年度吹上町老人保健特別会計補正予算(第2号)についてを議題とします。

  直ちに質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  本案に対して反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  議案第59号 平成16年度吹上町老人保健特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、議案第59号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第60号



○議長(宮脇則夫議員) 次に、議案第60号 平成16年度吹上町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてを議題とします。

  直ちに質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  本案に対して反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  議案第60号 平成16年度吹上町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、議案第60号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第61号



○議長(宮脇則夫議員) 次に、議案第61号 平成16年度吹上町北新宿第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)についてを議題とします。

  直ちに質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  本案に対して反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  議案第61号 平成16年度吹上町北新宿第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、議案第61号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第62号



○議長(宮脇則夫議員) 次に、議案第62号 平成16年度吹上町水道事業会計補正予算(第1号)についてを議題とします。

  直ちに質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  本案に対して反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  議案第62号 平成16年度吹上町水道事業会計補正予算(第1号)については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、議案第62号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第63号



○議長(宮脇則夫議員) 次に、議案第63号 埼玉県市町村職員退職手当組合規約の変更についてを議題とします。

  直ちに質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  本案に対して反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  議案第63号 埼玉県市町村職員退職手当組合規約の変更については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、議案第63号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第64号



○議長(宮脇則夫議員) 次に、議案第64号 埼玉県市町村交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の減少、同組合規約の変更及び財産処分についてを議題とします。

  直ちに質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  本案に対して反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  議案第64号 埼玉県市町村交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の減少、同組合規約の変更及び財産処分については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、議案第64号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第65号



○議長(宮脇則夫議員) 次に、議案第65号 町道路線の認定についてを議題とします。

  直ちに質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  本案に対して反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  議案第65号 町道路線の認定については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、議案第65号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第66号



○議長(宮脇則夫議員) 次に、議案第66号 町道路線の認定についてを議題とします。

  直ちに質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  本案に対して反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  議案第66号 町道路線の認定については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、議案第66号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第67号



○議長(宮脇則夫議員) 次に、議案第67号 町道路線の認定についてを議題とします。

  直ちに質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  本案に対して反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  議案第67号 町道路線の認定については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、議案第67号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第68号



○議長(宮脇則夫議員) 次に、議案第68号 町道路線の廃止についてを議題とします。

  直ちに質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  本案に対して反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  議案第68号 町道路線の廃止については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、議案第68号は原案のとおり可決されました。

  暫時休憩いたします。

          (休憩 午前11時05分)

          (再開 午後 1時43分)



○議長(宮脇則夫議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                              



△発言の一部取り消し



○議長(宮脇則夫議員) 12月14日に行われた7番、阿部愼也議員からの一般質問中、不適当な発言について、会議規則第64条の規定によって、不適当な部分を取り消したいとの申し出がありました。

  お諮りします。これを許可することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 異議なしと認めます。

  よって、7番、阿部愼也議員からの発言の取り消しの申し出を許可することに決定しました。

                                              



△日程の追加



○議長(宮脇則夫議員) 本日、町長から議案が提出されております。

  お諮りします。町長提出追加議案の報告並びに上程、説明、質疑、討論及び採決を日程に追加し、追加日程第1とし、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 異議なしと認めます。

  よって、町長提出追加議案を日程に追加し、追加日程第1として議題とすることに決定しました。

                                              



△町長提出追加議案の報告、上程、説明、質疑、討論及び採決



○議長(宮脇則夫議員) 追加日程第1、町長提出追加議案の報告並びに上程、説明、質疑、討論及び採決を行います。

  直ちに町長提出追加議案の議案第69号 吹上町教育委員会委員の任命について及び議案第70号 吹上町教育委員会委員の任命についてを一括して上程します。

  提出議案につきまして、町長の説明を求めます。町長。



◎町長(齋藤武史) 本日追加いたしました議案第69号 吹上町教育委員会委員の任命について及び議案第70号 吹上町教育委員会委員の任命についてご説明申し上げます。

  これら議案は、議案第69号において吹上町教育委員会委員田辺忠夫氏の、また議案第70号において平社三枝子氏の任期がそれぞれ平成17年1月31日で満了となるので、引き続き同氏の任命をすることについて同意を得たいから、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づき、議会の同意を求めるものでございます。よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げまして、説明を終わりといたします。



○議長(宮脇則夫議員) 以上で町長の議案説明を終わります。

  お諮りします。議案第69号及び議案第70号は、会議規則第39条第2項の規定により、委員会の付託を省略することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 異議なしと認めます。よって、議案第69号及び議案第70号は委員会の付託を省略することに決定しました。

                                              



△議案第69号



○議長(宮脇則夫議員) 直ちに、議案第69号 吹上町教育委員会委員の任命についてを議題とします。

  直ちに質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  本案に対して反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  議案議案第69号 吹上町教育委員会委員の任命については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、議案第69号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第70号



○議長(宮脇則夫議員) 次に、議案第70号 吹上町教育委員会委員の任命についてを議題とします。

  直ちに質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  本案に対して反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  議案議案第70号 吹上町教育委員会委員の任命については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、議案第70号は原案のとおり可決されました。

                                              



△委員長報告



△総務常任委員会



△?16議請第1号





○議長(宮脇則夫議員) 日程第2、委員長報告を行います。

  初めに、総務常任委員会の報告を行います。

  16議請第1号 「人権侵害の救済に関する法律」の早期制定に関する請願書についてを議題とします。

  総務常任委員長の報告を求めます。総務常任委員長、9番、谷口達郎議員。



◎9番(谷口達郎議員) 9番、谷口です。16議請第1号 「人権侵害の救済に関する法律」の早期制定に関する請願書の提出を求める件について、総務常任委員会に審議の付託をされましたけれども、総務常任委員会は、昨日、12月16日に開催し、出席委員は1名欠席の5名で審議を行いました。

  審議は、社会的弱者に対する人権侵害事件が多発しており、独立した人権に関する制度の設置が望ましく、請願趣旨に賛成ということで、出席委員の全員が意見書を採択すべきものということの賛成結果でありましたので、以上報告申し上げます。



○議長(宮脇則夫議員) 総務常任委員長の報告に対する質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  16議請第1号 「人権侵害の救済に関する法律」の早期制定に関する請願書については、総務常任委員長の報告のとおり、これを採択とすることに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、16議請第1号は、総務常任委員長の報告どおり、これを採択とすることに決定しました。

                                              



△?16議請第2号



○議長(宮脇則夫議員) 続いて、16議請第2号 「日本郵政公社 現経営形態の堅持を日本政府等に求める意見書」の提出を求める請願書についてを議題とします。

  総務常任委員長の報告を求めます。総務常任委員長。



◎9番(谷口達郎議員) 9番、谷口です。16議請第2号、「日本郵政公社 現経営形態の堅持を日本政府等に求める意見書」の提出を求める件について、総務常任委員会の審議結果についてご報告申し上げます。

  総務常任委員会は、昨日、12月16日開催し、出席委員は1名欠席の5名で審議を行いました。

  審議は、日本郵政公社が1年余り経過したばかりであり、民営化の評価を下すのは時期尚早、また山間僻地、離島などへの安定したサービスの維持を求めることから、公的機関が望ましいなど、本件請願趣旨に賛成との意見、一方、本件を採択するのは国会の状況推移を見ながらでよいという意見もありました。

  採決の結果、賛成多数で委員会では意見書を採択すべきということになりましたので、審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(宮脇則夫議員) 総務常任委員長の報告に対する質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  16議請第2号 「日本郵政公社 現経営形態の堅持を日本政府等に求める意見書」の提出を求める請願書については、総務常任委員長の報告のとおり、これを採択とすることに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、16議請第2号は、総務常任委員長の報告どおり、これを採択とすることに決定しました。

                                              



△産業建設常任委員会



△?16議請第3号



○議長(宮脇則夫議員) 次に、16議請第3号 「食料・農業・農村基本計画」の見直しに関する請願書についてを議題とします。

  産業建設常任委員長の報告を求めます。産業建設常任委員長。



◎15番(島崎朝則議員) 15番、島崎でございます。それでは、産業建設常任委員会の報告をいたします。

  16議請第3号 「食料・農業・農村基本計画」の見直しに関する請願書ということで、委員会に付託されました。16年12月13日、月曜日に産業建設委員会を開催しております。午後2時から約1時間半、審議を行いました。

  この「食料・農業・農村基本計画」の見直しに関する請願書、要旨は、食の安全や環境問題などに配慮した政策への転換が必要であるということから、基本計画の見直しに当たって、食料・農業・農村基本法に基づき食糧自給率を引き上げ、食の安全、安定に結びつく政策を展開することが日本の農業の再生、発展につながるということを考えますということから、理由といたしまして、このことにつきましては、政府が2000年に定めた食料・農業・農村基本計画の見直しを検討しているわけですけれども、来年の3月に作成するであろう新しい基本計画は、今後の日本の食料、農業政策を大きく左右するものから、さきに出されたいろいろな中間論点の整理で、担い手政策のあり方あるいは品目横断的政策等の経営安定対策の確立、農地制度のあり方等が、特に最大の課題である食糧自給率の向上に向けての政策につきまして先送りされているという状況の中から、この課題について、やはりどのように結びつくか明確にされていないという、そのもう一つの理由から、ぜひこれを、今後の食糧自給率の引き上げとか食の安全、安心に結びつく政策を展開することが日本の農業の再生、発展につながるということから、請願が出ているものでございます。

  委員会としては、この請願書を全文読み上げまして、各委員のそれぞれお話を聞いたわけでございますが、この請願書、要旨、理由についても、やはり内容的には大変この要旨、理由のとおりであって、委員の中からは、日本は先進国で自給率最低である、米以外の作物はほとんど輸入に頼っている、これでは輸入ができなくなったら食糧危機に陥ってしまうのではないか、あるいは所得を安定させることが必要だ、価格を、また所得が安定しないと担い手がいなくなるという意見も出されております。

  それと同時に、いろいろ委員さんの中から、最終的には、これの請願については不採択にする理由がないことから、やはりこの際、5点の要望を踏まえて採択するべきではないかという声も出まして、一たん休憩をとりましたが、委員会再開後、皆さんの1人ずつの意見を聞きました。委員全員、採択をすべきということで、この「食料・農業・農村基本計画」の見直しに関する請願書については全会一致で採択ということに結論が出ましたので、以上報告申し上げておきます。



○議長(宮脇則夫議員) 産業建設常任委員長の報告に対する質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  16議請第3号 「食料・農業・農村基本計画」の見直しに関する請願書については、産業建設常任委員長の報告のとおり、これを採択とすることに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、16議請第3号は、産業建設常任委員長の報告どおり、これを採択とすることに決定しました。

  暫時休憩いたします。

          (休憩 午後 2時00分)

          (再開 午後 2時01分)



○議長(宮脇則夫議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                              



△日程の追加



○議長(宮脇則夫議員) 本日、9番、谷口達郎議員、15番、島崎朝則議員及び13番、丸岡治雄議員から議案が提出されております。

  お諮りします。議員提出議案の報告並びに上程、説明、質疑、討論及び採決を日程に追加し、追加日程第2とし、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 異議なしと認めます。

  よって、議員提出議案を日程に追加し、追加日程第2として議題とすることに決定しました。

                                              



△議員提出追加議案の報告、上程、説明、質疑、討論及び採決



○議長(宮脇則夫議員) 追加日程第2、議員提出議案の報告並びに上程、説明、質疑、討論及び採決を行います。

                                              



△議第6号議案



○議長(宮脇則夫議員) 直ちに議第6号議案 「人権侵害の救済に関する法律」の早期制定を求める意見書についてを上程します。

  提出議案につきまして、提出者の説明を求めます。9番、谷口達郎議員。



◎9番(谷口達郎議員) 議第6号議案 「人権侵害の救済に関する法律」の早期制定を求める意見書の提案理由でございますけれども、意見書の案文を読み上げることによって説明理由とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

          「人権侵害の救済に関する法律」の早期制定を求める意見書

  国においては、平成13年5月の人権救済制度のあり方についての答申を踏まえ、「人権擁護法案」の審議をおこなった。しかし、この法案には、地方人権委員会の設置がないことや、独立性が確保されていないため、抜本的修正を求める世論が高まり、平成15年10月の衆議院の解散により、自然廃案となった。しかしながら現在、わが国には、児童虐待やDV(ドメスティック・バイオレンス)が深刻な社会問題となっているのをはじめ、熊本県におけるハンセン病回復者に対する宿泊拒否や、インターネットを使った同和地区出身者への差別など人権侵害が多発している。このことから、人権侵害の被害者を救済する新しい制度の設置が強く求められている。

  21世紀は「人権の世紀」と呼ばれているが、21世紀を真の人権の世紀にするため、また憲法に保障された基本的人権を確立するために、実効性のある「人権侵害の救済に関する法律」の早期制定を下記の通り強く要請する。

                       記

1.人権の侵害被害の救済が迅速かつ効果的に実施されるように、都道府県ごとに地方人権委員会を設置すること。

2.人権委員会の独立性を確保するため、新たに設置する人権委員会は、内閣府の外局とすること。

3.国や都道府県に設置される人権委員会には、女性問題や障がい者問題などの人権問題に精通した委員を選任すること。また、事務局についてもそれぞれの人権委員会が女性問題や障がい者問題などの人権問題に精通した人材を独自に採用すること。

4.人権擁護委員制度については、抜本的な制度改革を行い、国や都道府県に設置される人権委員会と十分連携を取りながら、地域での効果的な活動ができるようにすること。

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出します。

  平成16年12月17日

                        埼玉県北足立郡吹上町議会議長  宮 脇 則 夫 

  衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣あてというのが案文でございます。

  以上です。



○議長(宮脇則夫議員) 14番、中野昭議員。



◆14番(中野昭議員) ただいまの、これは事務局

          (「暫時休憩願います」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 暫時休憩いたします。

          (休憩 午後 2時06分)

          (再開 午後 2時07分)



○議長(宮脇則夫議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  9番、谷口達郎議員。



◎9番(谷口達郎議員) ただいま議第6号議案について提案申し上げましたけれども、私、提出者と賛成者のお名前を申し上げるのを漏れましたので、改めて申し上げたいと思います。

  提出者、私、谷口達郎。賛成者、平賀健司議員、同じく宮脇則夫議員、同じく加藤久子議員、同じく阿部愼也議員、同じく町田信隆議員。

  以上でございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(宮脇則夫議員) 以上で、9番、谷口達郎議員の議案説明を終わります。

  お諮りします。議第6号議案は、会議規則第39条第2項の規定により、委員会の委託を省略することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 異議なしと認めます。

  よって、議第6号議案は委員会の付託を省略することに決定しました。

  直ちに質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  本案に対して反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  議第6号議案 「人権侵害の救済に関する法律」の早期制定を求める意見書については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、議第6号議案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議第7号議案



○議長(宮脇則夫議員) 次に、議第7号議案 「日本郵政公社」現経営形態の堅持に関する意見書についてを上程します。

  提出議案につきまして、提出者の説明を求めます。9番、谷口達郎議員。



◎9番(谷口達郎議員) 議第7号議案 「日本郵政公社」現経営形態の堅持に関する意見書に対して、提出者、私、谷口達郎、賛成者、平賀健司議員、同じく宮脇則夫議員、同じく加藤久子議員、同じく阿部愼也議員、同じく町田信隆議員により意見書を案文を提出したいと、そう思います。

  提案趣旨については、意見書を朗読させていただきますので、よろしくお願いしたいと思います。

            「日本郵政公社」現経営形態の堅持に関する意見書

  郵政事業は山間僻地や離島を含め全国津々浦々にまで配置され、国民の日常生活に深い関わりのあるサービスを提供し、国民生活の安定と福祉の増進に大きく寄与しています。

  しかしながら閣議において、郵政民営化が決定され国会での審議が始まろうとしております。

  高齢者社会において日常生活に深い関わりのあるサービスを提供し、気軽に安心して利用できる郵便局が今後も存続することを願っています。

  このような身近な郵便局の民営化に反対するとともに郵便・貯金・保険の公的サービスをなんら国民に負担をかけずに提供している郵政事業の現経営形態を堅持するよう要望します。

  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出します。

  平成16年12月17日

                        埼玉県北足立郡吹上町議会議長  宮 脇 則 夫 

  衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣、内閣府特命担当大臣(郵政民営化担当)、日本郵政公社総裁あて。

  以上でございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(宮脇則夫議員) 以上で、9番、谷口達郎議員の議案説明を終わります。

  お諮りします。議第7号議案は、会議規則第39条第2項の規定により、委員会の委託を省略することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 異議なしと認めます。

  よって、議第7号議案は委員会の付託を省略することに決定しました。

  直ちに質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  本案に対して反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  議第7号議案 「日本郵政公社」現経営形態の堅持に関する意見書については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、議第7号議案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議第8号議案



○議長(宮脇則夫議員) 次に、議第8号議案 「食料・農業・農村基本計画」の見直しに関して食料自給率の引き上げ、食の安全と安定に結びつく施策の展開を求める意見書についてを上程します。

  提出議案につきまして、提出者の説明を求めます。15番、島崎朝則議員。



◎15番(島崎朝則議員) 15番、島崎です。

  議第8号議案 「食料・農業・農村基本計画」の見直しに関して食料自給率の引き上げ、食の安全と安定に結びつく施策の展開を求める意見書。

  地方自治法第99条の規定により、国及び関係機関に対し、「食料・農業・農村基本計画」の見直しに関して食料自給率の引き上げ、食の安全と安定に結びつく施策の展開を求める意見書を別紙のとおり提出する。


  平成16年12月17日提出
                          提出者  吹上町議会議員  島 崎 朝 則
                          賛成者     〃     渡 辺 四 郎
                           〃      〃     柳 健 一 郎
                           〃      〃     中 野   昭
                           〃      〃     福 田   悟


  なお、意見書につきましては、案文を読み上げて提案にかえさせていただきます。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。

  「食料・農業・農村基本計画」の見直しに関して食料自給率の引き上げ、食の安全と安定に結びつ

  く施策の展開を求める意見書

  来年の3月に策定される新たな基本計画は、今後の日本の食料・農業政策を大きく左右するものです。先に出された「中間論点整理」(中間まとめ)では、?担い手政策のあり方、?品目横断的政策等の経営安定対策の確立、?農地制度のあり方、?農業資源・環境保全対策の確立が出されましたが、最大の課題である食料自給率の向上に向けての施策については先送りされました。これまでの、規模拡大・効率化一辺倒の農業政策を進めてきた結果が、BSEなどの食の不安を引き起こしている現状から、食の安全や環境問題などに配慮した政策への転換が必要です。

  よって、政府並びに関係機関においては、「食料・農業・農村基本法」に基づき、食料自給率の引き上げ、食の安全・安定に結びつく施策の展開を強く要望する。



1.食料自給率について

 ?この5年間、食料自給率が横ばいで推移してきた原因と関係諸施策の問題点を明らかにし、生産者と消費者の理解と協力のもと自給率引き上げ政策を推進すること。

2.担い手のあり方について

 ?政策対象者たる担い手は、「プロ農家」に限定せず、意欲を持つ農業者及び地域で「育成すべき担い手」として推薦される者等を対象とすること。

 ?また集落営農は、地域の条件に見合った多様な農業の展開を可能とするものとして位置付けること。

 ?認定農業者以外の農業者にも生産意欲をもてるよう施策を講じること。

3.新たな経営安定対策(品目横断的政策等)について

 ?新たな経営安定対策は、農産物価格の構造的な低落をカバーし、耕作意欲をもてるよう本格的な所得補填策とすること。

4.農地制度のあり方について

 ?土地・農地等土地利用規制の体系を整備し、農地を農地として利活用できる法・制度を早急に確立すること。

 ?構造改革特区でのリース方式による株式会社の農地取得・農業参入について、拙速な全国展開を行わないこと。

5.農業環境・資源保全政策の確立について

 ?担い手以外の農家、非農家、地域住民などを含めた農業資源保全の「共同」の取り組みに対する支援策を、経営所得安定対策とセットで導入すること。

 ?環境直接支払い制度を創設し、有機農業など環境保全型農業の推進を支援すること。

 ?現行の中山間直接支払制度は、拡大・充実して継続実施すること。

  以上、地方自治法第99条の規定に基づき意見書を提出する。

  平成16年12月17日

                        埼玉県北足立郡吹上町議会議長  宮 脇 則 夫 

  衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、農林水産大臣、財務大臣あて。

  以上でございます。



○議長(宮脇則夫議員) 以上で、15番、島崎朝則議員の議案説明を終わります。

  お諮りします。議第8号議案は、会議規則第39条第2項の規定により、委員会の委託を省略することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 異議なしと認めます。

  よって、議第8号議案は委員会の付託を省略することに決定しました。

  直ちに質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  本案に対して反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  議第8号議案 「食料・農業・農村基本計画」の見直しに関して食料自給率の引き上げ、食の安全と安定に結びつく施策の展開を求める意見書については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、議第8号議案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議第9号議案



○議長(宮脇則夫議員) 次に、議第9号議案 平成17年度地方交付税所要総額の確保に関する意見書についてを上程します。

  提出議案につきまして、提出者の説明を求めます。13番、丸岡治雄議員。



◎13番(丸岡治雄議員) 13番、丸岡です。議第9号議案 平成17年度地方交付税所要総額の確保に関する意見書の提案説明を行います。

  なお、提出者は、私、吹上町議会議員、丸岡治雄、賛成者、同中野昭、同谷口達郎の3名であります。

  なお、説明につきましては、案文の朗読をもってかえさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

            平成17年度地方交付税所要総額の確保に関する意見書

  三位一体の改革は真の地方分権の確立に向けた改革であり、地方公共団体が自主的・自立的な財政運営を行えるようにするための改革である。

  三位一体の改革に係る政府・与党合意は、地方交付税の改革として「平成17年度、平成18年度は、地域において必要な行政課題については、適切に財源措置を行なうなど『基本方針2004』を遵守することとし、地方団体の安定的な財政運営に必要な地方交付税、地方税などの一般財源の総額を確保する」と明記している。

  また「基本方針2004」は「財政力の弱い団体においては、税源移譲額が国庫補助負担金の廃止、縮減に伴い財源措置すべき額に満たない場合があることから、実態を踏まえつつ、地方交付税の算定などを通じて適切に対応する」と明記している。これは平成16年度の地方交付税について理不尽にも大幅な削減が行なわれ、我々の国に対する信頼関係を損ねたことへの反省に立って、明記させたものと理解している。

  よって平成17年度の地方交付税は、平成16年度の轍を踏まぬよう、国と地方の信頼関係の構築に努め、少なくとも平成16年度以上の総額を絶対確保するよう強く要望する。

  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成16年12月17日

                        埼玉県北足立郡吹上町議会議長  宮 脇 則 夫 

  衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、内閣官房長官、総務大臣、財務大臣、内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)あてでございます。よろしくご賛同のほどをお願い申し上げます。



○議長(宮脇則夫議員) 以上で、13番、丸岡治雄議員の議案説明を終わります。

  お諮りします。議第9号議案は、会議規則第39条第2項の規定により、委員会の委託を省略することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 異議なしと認めます。

  よって、議第9号議案は委員会の付託を省略することに決定しました。

  直ちに質疑を行います。

  ご質疑ありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 質疑がありませんので、質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  本案に対して反対の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 賛成の方はありませんか。

          (「なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。

  これより採決します。

  議第9号議案 平成17年度地方交付税所要総額の確保に関する意見書については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          (起立全員)(出席議員14名)



○議長(宮脇則夫議員) 起立全員であります。

  よって、議第9号議案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議員派遣決定の件



○議長(宮脇則夫議員) 日程第3、議員派遣の決定の件を議題とします。

  お諮りします。初めに、コスモス会派を、吹上町議会会議規則第121条の規定によって、お手許に配付した資料のとおり派遣することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) ご異議ありませんので、そのように決定しました。

  次に、議会運営委員会委員を、吹上町議会会議規則第121条の規定によって、お手許に配付した資料のとおり派遣することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) ご異議ありませんので、そのように決定しました。

                                              



△閉会中の所管事務調査



○議長(宮脇則夫議員) 日程第4、閉会中の所管事務調査の件を議題とします。

  議会運営委員長から、会議規則第73条の規定により、所管事務の調査について閉会中の継続審査の申し出がありました。

  お諮りします。議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 異議なしと認めます。

  よって、議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定しました。

                                              



△閉会中の継続審査



○議長(宮脇則夫議員) 日程第5、委員会の閉会中の継続審査の件を議題とします。

  議会運営委員長から、会議規則第75条の規定により、閉会中の継続審査申出書が提出されました。

  お諮りします。議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と言う人あり)



○議長(宮脇則夫議員) 異議なしと認めます。

  よって、議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定しました。

                                              



△町長あいさつ



○議長(宮脇則夫議員) 以上で、本定例会の議事は全部終了いたしました。

  この際、町長からあいさつのため発言を求められておりますので、これを許可いたします。町長。



◎町長(齋藤武史) 平成16年吹上町議会第4回定例議会の閉会に当たりまして、一言御礼のごあいさつを申し上げたいと思います。

  執行部提案の追加議案を含めた14件並びに請願書、それからただいま審議いただきました意見書等のすべての案件につきまして、議員の皆様のご理解をちょうだいし、ご承認いただきまして本当にありがとうございました。

  また、一般質問におきましては、多くの議員の皆様から多くの提言をちょうだいし、それを十分と参考にいたしながら、今後の町政の運営を担当してまいりたいと思います。

  合併の協議の方も大分進んでまいりまして、あと重要案件を幾つか残し、そして事務方の調整の段階に入っていくかと思います。新市の均衡ある発展、そして吹上町の将来を見据えた明るい展望が持てるような合併の協議を今後とも私ども鋭意進めてまいりたいと思いますので、議員の皆様のご支援とご理解をちょうだいできれば幸いに存じます。

  以上申し上げまして、本議会の閉会に当たりまして御礼のあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。

                                              



△議長あいさつ



○議長(宮脇則夫議員) 閉会に当たりまして、私からも一言ごあいさつを申し上げます。

  ただいま町長の方のごあいさつはありましたが、多くの課題を抱え、また町にとっても大切な合併という問題を控えていろいろと難問の多い中で、本議会、滞りなく日程を完了することができました。つたない運営ではありましたけれども、皆様方のご協力により、無事議会の機能を果たすことができましたので、御礼一言申し上げ、またこれをもって本年の議事日程が終わるわけでございますから、皆様方、どうぞまたいろいろと、エネルギーを充実して新年を迎えられますようお祈りして、私のごあいさつといたします。ありがとうございました。

                                              



△閉会



○議長(宮脇則夫議員) 以上をもちまして、平成16年吹上町議会第4回定例会を閉会いたします。

  大変ご苦労さまでした。

          (閉会 午後 2時32分)