議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 羽生市

平成12年  6月 定例会 05月29日−01号




平成12年  6月 定例会 − 05月29日−01号







平成12年  6月 定例会



羽生市告示第三十六号

 来る五月二十九日に平成十二年六月定例羽生市議会を招集する。

  平成十二年五月二十二日

                羽生市長 今成守雄

応招議員(二十二名)

    一番  太田ヒサ子議員    二番  落合信夫議員

    三番  蜂須直巳議員     四番  岡戸 稔議員

    五番  大貫 巖議員     六番  小原忠夫議員

    七番  齋藤 隆議員     八番  藤倉宗義議員

    九番  森田常夫議員     十番  蛭間政雄議員

   十一番  古井久美子議員   十二番  丑久保恒行議員

   十三番  藤田 肇議員    十四番  渡辺勝司議員

   十五番  石森正雄議員    十六番  峯 順三議員

   十七番  吉田文則議員    十八番  掘越哲夫議員

   十九番  戸山正孝議員    二十番  須藤洋一議員

  二十一番  田沼一郎議員   二十二番  梅沢久雄議員

不応招議員(なし)

           平成十二年六月定例羽生市議会会期日程表

                          自五月二十九日 至六月七日



日次
月日

時刻
摘要



5・29

午前十時
開会
会議録署名議員の指名
会期の決定
諸般の報告
陳情の委員会付託
議案(第三十八号−第三十九号)の上程、提案説明



5・30

 
休会(議案調査)



5・31

午前十時
議案(第三十八号−第三十九号)に対する質疑
議案(第三十八号−第三十九号)の委員会付託
市政に対する一般質問
 1  九番 森田常夫議員
 2 十六番 峯 順三議員
 3 十二番 丑久保恒行議員
 4  三番 蜂須直巳議員
 5  一番 太田ヒサ子議員



6・1

午前十時
市政に対する一般質問
 1  七番 齋藤 隆議員
 2   八番 藤倉宗義議員
 3  二番 落合信夫議員



6・2

午前十時
付託議案等の審査
 総務委員会(第一委員会室)
 文教民生委員会(第二委員会室)
 産業建設委員会(第三委員会室)



6・3

 
休会(土曜閉庁)



6・4

 
休会(日曜日)



6・5

 
休会(事務整理)



6・6

 
休会(事務整理)


10
6・7

午前十時
付託議案等に対する各委員長審査報告、質疑、討論、採決
閉会


           六月定例羽生市議会会議録(第一日)

   議事日程 平成十二年五月二十九日(月曜日)午前十時 開会

 開議

第一 会議録署名議員の指名

第二 会期の決定

第三 諸般の報告

第四 陳情の委員会付託

第五 議案(第三十八号−第三十九号)の上程、提案説明

 散会

  本日の会議に付した事件

一、議事日程に同じ

       午前十時 開会

出席議員(二十二名)

    一番  太田ヒサ子議員    二番  落合信夫議員

    三番  蜂須直巳議員     四番  岡戸 稔議員

    五番  大貫 巖議員     六番  小原忠夫議員

    七番  齋藤 隆議員     八番  藤倉宗義議員

    九番  森田常夫議員     十番  蛭間政雄議員

   十一番  古井久美子議員   十二番  丑久保恒行議員

   十三番  藤田 肇議員    十四番  渡辺勝司議員

   十五番  石森正雄議員    十六番  峯 順三議員

   十七番  吉田文則議員    十八番  掘越哲夫議員

   十九番  戸山正孝議員    二十番  須藤洋一議員

  二十一番  田沼一郎議員   二十二番  梅沢久雄議員

欠席議員(なし)

説明のため出席した者

  今成守雄  市長       室沢正孝  助役

  鈴木 哲  収入役      河田 昌  総務部長

        企画財政           市民福祉

  相馬宏雄           金井信雄

        部長             部長

        経済環境           都市整備

  桑子安司           池田美和  部長兼

        部長             水道部長

  田中幸作  消防次長     北原信人  財政課長

                       教育

  尾上隆男  庶務課長     田中 沖

                       委員長

  入江常夫  教育長      小菅 勲  教育次長

        代表             監査委員

  乾 寛二           平井煌一

        監査委員           事務局長

  宮沢栄一  農業

        委員会

        会長

事務局職員出席者

  事務局長  中村和人     総務課長  阿部義治

  書記    三枝孝之     書記    木村育恵

  書記    清水直子



△開会の宣告



○岡戸稔議長 ただいまから平成十二年六月定例羽生市議会を開会いたします。



△開議の宣告



○岡戸稔議長 これより本日の会議を開きます。



△故小野宗一郎議員に対する哀悼の辞



○岡戸稔議長 この際、改めて申し上げます。小野宗一郎議員は、去る四月二十一日、腹膜炎のため急逝されました。まことに痛惜、哀悼の情を禁じえないものがあります。ここに故小野宗一郎議員のご逝去に対し、深く哀悼の意を表するとともに、謹んでご冥福を祈り、黙祷を捧げたいと思います。

 ご起立を願います。

     〔起立〕



○岡戸稔議長 黙祷。

     〔黙祷〕



○岡戸稔議長 黙祷を終わります。

 ご着席願います。

     〔着席〕



○岡戸稔議長 故小野宗一郎議員のご逝去を悼み、議会を代表して哀悼の意を表するため、吉田文則議員から発言を求められておりますので、これを許します。

 十七番、吉田文則議員。

     〔十七番吉田文則議員登壇〕



◆十七番(吉田文則議員) ただいま議長のお許しをいただきましたので、議員を代表いたしまして羽生市議会議員、故小野宗一郎さんに謹んで哀悼の言葉を申し上げます。

 小野さん、今日は平成十二年六月定例市議会の初日です。議場を見回し、あなたのいない議席をかいま見るたび、底知れぬ寂寞に駆られ、新たな悲しみが込み上げてまいります。生者必滅は世の習いとは申しますが、これほど人生のはかなさ、むなしさを痛感させられたことはありません。あれほど元気だったあなたが、忽然として幽明境を異にしてしまわれたことは、何と悲しい現実でありましょうか。今、こうしてあなたに追悼の言葉を捧げながらも、あなたの死を信じかねる気持ちでいっぱいであります。

 あなたは、去る四月二十一日早朝、腹膜炎のため急逝されました。日ごろ、どんなときでも遜色を見せない気丈なあなただっただけに、病魔など寄せつけないものと思っておりました。それだけに、このたびのご逝去は何としても悔やまれてなりません。あなたは、若くして独立の思い強く、現有限会社小野衣料縫製工場を創設され、そのすぐれた指導力は広く地域や業界の衆望を担い、昭和四十二年に羽生市議会議員に初当選され、以来連続九期三十三年余にわたって市議会議員として羽生市政の発展に尽力されました。この三十三年間の議員活動におけるご功績は、二度の総務委員長をはじめ、昭和四十九年六月には副議長に、さらに昭和五十二年六月には議長の要職に就任され、その卓越した識見と手腕を十分発揮され、真に市民を代表する議会人として活躍されました。

 特に、地場産業である被服衣料の発展においては、羽生衣料縫製協同組合理事長、また羽生市産地産業振興協議会副会長、あるいは羽生市商工会理事として多くの力を注がれました。今、そのご貢献された役職を挙げれば、羽生市交通安全協会副会長、埼玉県宅地建物取引業協会常務理事、行田税務署管内資産税協議会会長、羽生市街路灯組合連合会会長など数限りなく、産業・福祉・文化・教育など、さまざまな分野で振興と発展に寄与されました。このようなあなたの数々のご功績をたたえ、平成七年には地方自治功労者として藍綬褒章の栄に浴されました。また、平成九年には全国市議会議長会、関東市議会議長会、県市議会議長会から、それぞれ永年勤続三十年の特別表彰を授与されたのであります。

 あなたは、誠実さと責任感が人一倍強く、そして剛直にして温情あふれる人柄であり、地域の人々はもちろん、議会においても会派を超えてだれからも深く親しまれ、限りなく信頼されるとともに、議会の重鎮として私たちを導いていただきました。小野さん、本当にありがとうございました。

 今、本市はさらなる前進をすべく、数多くの困難な課題に直面しております。このようなときに偉大なるあなたを失ったことは、本市議会にとってまことに大きな痛手であります。私たちは、あなたの数々の御薫陶を生かして、さらなる本市発展のため邁進することが務めであり、あなたの霊を慰める唯一の道であると思い、ここに慎んでお誓いを申し上げます。

 また、あなたが羽生市のため残された志は、永遠に私たちの中に生き続け、さらに精華を加えていくに違いありません。もうあなたのご尊顔に再び接することはできませんが、私たちの思い出の中にいつまでも生き続けていくものと思います。小野さん、どうぞ安らかにお眠りください。そして、願わくばご遺族とともに本市の将来に相限りないご協力を賜りますよう、心からお祈り申し上げます。今、あなたと永遠の別れをするに当たり、長い間のあなたとの恩義と友情に深く感謝し、謹んでご冥福をお祈り申し上げ、追悼の言葉といたします。小野さん、さようなら。

 平成十二年五月二十九日。羽生市議会総務委員長、吉田文則。



○岡戸稔議長 次に、執行部を代表して哀悼の意を表するため、市長から発言を求められておりますので、これを許します。

 市長。

     〔今成守雄市長登壇〕



◎今成守雄市長 皆様おはようございます。

 本日、平成十二年六月定例市議会を招集申し上げましたところ、議員皆様には時節柄極めてご多用の折にもかかわりませず、全員のご出席を賜りまして、厚くお礼を申し上げます。

 本定例会にご提案申し上げます議案は二議案でございます。慎重ご審議をいただき、いずれもご可決賜りますようお願い申し上げます。

 また、ただいまは急逝されました故小野宗一郎議員に対しまして追悼の言葉が贈られました。まことに悲しみの極みでございます。この壇上におきまして、九期三十三年余にわたり議会活動を通じて市政各般にわたって多大のご貢献をいただきましたご功績に対しまして、私の立場からも心からの感謝と哀悼の心を捧げたいと存じます。そのご遺徳は、羽生市政の歴史に深く刻まれ、光輝くものと存じます。安らかなご冥福をお祈りさせていただきます。

 以上をもちましてあいさつといたします。



○岡戸稔議長 以上をもって、故小野宗一郎議員に対する哀悼の辞を終わります。



△休憩の宣告



○岡戸稔議長 暫時休憩いたします。

     午前十時十分 休憩

     午前十時二十五分 開議

出席議員(二十二名)

  一番      二番      三番      四番

  五番      六番      七番      八番

  九番      十番     十一番     十二番

 十三番     十四番     十五番     十六番

 十七番     十八番     十九番     二十番

二十一番    二十二番

欠席議員(なし)

説明のため出席した者

 市長      助役      収入役      総務部長

 企画財政    市民福祉    経済環境     都市整備

 部長      部長      部長       部長兼

                          水道部長

 消防次長    財政課長    庶務課長     教育

                          委員長

 教育長     教育次長    代表       監査委員

                 監査委員     事務局長

 農業

 委員会

 会長



△開議の宣告



○岡戸稔議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 この際申し上げます。今期定例会から九月定例会までは上着の着脱を自由といたします。



△羽生市農業委員会の委員選任報告及び会長就任のあいさつ



○岡戸稔議長 次に、去る四月十九日の第一回臨時市議会において、羽生市農業委員会委員のうち、議会が推薦する者五名を推薦いたしましたが、十九日付で選任いたしました旨、市長から報告がありましたのでお知らせいたします。

 また、四月二十四日に開催された改選に伴う臨時羽生市農業委員会において、会長に宮沢栄一さんが就任されました旨通知がありましたので、ご紹介いたします。

 宮沢栄一農業委員会会長。

     〔宮沢栄一農業委員会会長登壇〕



◎宮沢栄一農業委員会会長 私は、去る四月に開催されました臨時農業委員会において会長に就任いたしました宮沢栄一でございます。微力ではございますが、本市農業の振興と農業委員会の発展のために全力を尽くしたい所存でございます。前任者同様、議員皆様の格別のご指導とご支援を賜りますようお願いを申し上げ、まことに簡単ではございますが、就任のあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



△議会運営委員会正副委員長の互選結果報告



○岡戸稔議長 次に、去る五月二十四日に開催された議会運営委員会で正副委員長の互選が行われ、次のとおり就任した旨の届け出がありましたので、報告をいたします。

 委員長に二十二番、梅沢久雄議員。副委員長に十九番、戸山正孝議員であります。

 これより日程に入ります。



△日程第一 会議録署名議員の指名



○岡戸稔議長 日程第一、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第八十一条の規定により、議長において、一番、太田ヒサ子議員、二番、落合信夫議員、三番、蜂須直巳議員を指名いたします。



△日程第二 会期の決定



○岡戸稔議長 次に、日程第二、会期の決定を議題といたします。

 本定例会の会期等につきましては、議長から議会運営委員会に対し諮問を申し上げておりますので、その結果について議会運営委員長から報告を求めます。

 議会運営委員長。

     〔梅沢久雄議会運営委員長登壇〕



◆梅沢久雄議会運営委員長 ただいま議長から報告を求められました議会運営委員会の協議の概要並びに結果について申し上げます。

 六月定例市議会が本日招集されたことに伴い、五月二十二日付で議長から会期及び日程等について諮問がありましたので、去る二十四日午後二時から議長応接室において本委員会を開催いたしました。

 今期定例会における市長提出議案は二件、市政に対する一般質問者は八名、受理した陳情は二件であります。これらの内容を勘案し、会期については本日から六月七日までの十日間とすること、日程についてはお手元に配付いたしました議会日程表のとおりとすること、以上のとおり各委員のご了解をいただいたところであります。

 なお、議案に対する質疑の通告は明三十日の正午まで受け付けることといたしましたので、ご了解いただきます。

 以上で、本委員会に諮問のありました六月定例市議会の会期、日程等に対する協議の概要並びに結果についての報告を終わります。



○岡戸稔議長 お諮りいたします。本定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から六月七日までの十日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○岡戸稔議長 ご異議なしと認めます。

 よって、会期は十日間と決しました。



△日程第三 諸般の報告



○岡戸稔議長 次に、日程第三、諸般の報告を行います。



△地方自治法第百二十一条の規定による説明者



○岡戸稔議長 地方自治法第百二十一条の規定により本定例会に説明等のため、市長、教育委員会委員長、監査委員及び農業委員会会長に出席を求めたところ、次の者が出席する旨の通知がありましたので、ご報告をいたします。

 市長部局から、市長、助役、収入役、総務部長、企画財政部長、市民福祉部長、経済環境部長、都市整備部長兼水道部長、消防次長、財政課長及び庶務課長。

 教育委員会から委員長、教育長及び教育次長。

 監査部局から代表監査委員及び事務局長。

 農業委員会から会長であります。



△例月出納検査結果の報告



○岡戸稔議長 次に、監査委員から例月出納検査結果の報告書が提出され、事務局に備えつけてありますので、随時ごらんください。

 なお、写しを印刷の上、お手元に配付しておきましたので、ご了承ください。



△平成十一年度羽生市一般会計繰越明許費、平成十一年度羽生都市計画事業南羽生土地区画整理事業特別会計繰越明許費についての報告



○岡戸稔議長 次に、地方自治法施行令第百四十六条第二項の規定に基づき、市長から平成十一年度羽生市一般会計繰越明許費繰越計算書及び平成十一年度羽生都市計画事業南羽生土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書について精算書をもって報告がありましたので、お知らせいたします。

 なお、写しを印刷の上、お手元に配付しておきましたから、ご了承ください。



△羽生市土地開発公社並びに羽生市地域振興センターの経営状況報告



○岡戸稔議長 次に、地方自治法第二百四十三条の三第二項の規定に基づき、市長から羽生市土地開発公社並びに羽生市地域振興センターの経営状況を説明する書類が提出されておりますので、お知らせいたします。

 なお、写しを印刷の上、お手元に配付しておきましたから、ご了承ください。



△埼玉県市議会議長会第四区議長会定期総会の役員改選報告



○岡戸稔議長 次に、去る四月十日、蓮田市で開催された埼玉県市議会議長会第四区議長会定例総会において役員改選が行われ、会長に岩槻市。副会長に羽生市。理事に吉川市。監事に蓮田市の各市議会議長がそれぞれ選任されましたので、お知らせいたします。



△埼玉県市議会議長会定期総会の役員改選報告



○岡戸稔議長 次に、去る四月十八日、越谷市で開催された埼玉県市議会議長会定例総会において役員改選が行われ、会長に大宮市。副会長に草加市、鶴ヶ島市、深谷市、岩槻市及び与野市。理事に蕨市、戸田市、所沢市、飯能市、日高市、秩父市、羽生市、蓮田市、吉川市、朝霞市、新座市及び北本市。監事に東松山市及び上尾市。相談役に川口市、浦和市、川越市、熊谷市及び越谷市の各市議会議長がそれぞれ選任されましたので、お知らせいたします。



△埼玉県都市財政研究会定期総会の役員改選報告



○岡戸稔議長 次に、去る五月十六日、入間市で開催された埼玉県都市財政研究会定期総会において役員改選が行われ、会長に鴻巣市。副会長に羽生市及び東松山市。理事に越谷市、深谷市及び草加市。監事に岩槻市、本庄市及び上尾市。相談役に与野市及び入間市の各市議会議長がそれぞれ選任されましたので、お知らせいたします。

 以上をもって諸般の報告を終わります。



△日程第四 陳情の委員会付託



○岡戸稔議長 次に、日程第四、陳情の委員会付託をいたします。

 今期定例会に受理した陳情は、お手元に配付の陳情文書表のとおり、所管の委員会に付託いたします。



△日程第五 議案(第三十八号−第三十九号)の上程、提案説明



○岡戸稔議長 次に、日程第五、議案第三十八号及び同第三十九号の二議案を議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 市長。

     〔今成守雄市長登壇〕



◎今成守雄市長 ただいま上程されました議案第三十八号 (仮称)羽生市三田ケ谷農林公園建物施設新築工事(その二)請負契約の締結についての提案理由をご説明申し上げます。

 本案は、(仮称)羽生市三田ケ谷農林公園整備事業にかかわる平成十二年度事業として、地域食材供給施設と農業体験棟を整備するに当たり、当工事にかかわる請負契約の締結について「議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例」に基づき、案文のとおりご提案申し上げるものであります。

 本工事の建設費につきましては、平成十一年度の国の第二次補正予算によるものであり、本年三月の定例市議会において予算計上し、繰越明許のご可決をいただいたものであります。

 本工事の発注にかかわる入札は、羽生市建設工事請負一般競争入札施行要領に基づき、行田土木事務所管内に本店又は同管内に契約締結権限を有する代理人を置く支店等を有する者の単体企業若しくは特定建設工事共同企業体による一般競争入札方式と定め、去る四月十八日に公告いたしました。

 入札にかかわる参加申請業者は、単体企業にあっては和光建設株式会社、秋山建設株式会社、株式会社小川建設、井上工業株式会社の四社、特定建設工事共同企業体にあっては小沢・折田特定建設工事共同企業体、小川・渡辺特定建設工事共同企業体、斎藤・羽生特定建設工事共同企業体、上尾・小澤特定建設工事共同企業体、島村・松井特定建設工事共同企業体、河本・大野特定建設工事共同企業体の六共同企業体であり、羽生市工事請負業者等指名委員会における入札参加資格等の審査を経て、五月十五日に入札を執行したものであります。

 入札の結果は、第一回目において小沢・折田特定建設工事共同企業体の投じた札が入札書比較価格と最低制限価格の範囲内でありましたので、同共同企業体を落札者と定め、仮契約を締結したものであります。

 なお、工事概要等につきましては、お手元の議案書及び参考資料をご参照いただきたいと存じます。

 続きまして、議案第三十九号 平成十二年度羽生市一般会計補正予算(第一号)について申し上げます。

 今回の補正は、事業実施に急を要するもの及び団体からの使途指定寄附金等について所要の措置を講じるものであります。

 まず、第二款総務費につきましては、ライオンズクラブからの使途指定寄附に基づき「国際交流基金」に積立措置を講じるものであります。

 次に、第三款民生費につきましては、民間が市の認可に基づき実施する「心身障害者デイケア事業」に対する助成について所要の措置を講じるものであります。

 次に、第六款農業費につきましては、農業団体が県補助事業として取り組む「畜産振興総合対策事業」に対する助成について所要の措置を講じるものであります。

 次に、第八款土木費につきましては、ロータリークラブからの使途指定寄附に基づき「みどりのまちづくり基金」に積立措置を講じるものであります。

 次に、第九款消防費につきましては、本年三月末に退職されました非常勤消防団員八名に対する退職報償金を計上するものであります。

 以上、上程議案につきましてご説明申し上げましたが、慎重ご審議をいただき、いずれもご可決賜りますようお願い申し上げまして、説明を終わります。



○岡戸稔議長 以上で提案理由の説明を終わります。



△次会日程報告



○岡戸稔議長 次に、次会日程報告を申し上げます。

 明三十日は議案調査のため休会とし、上程議案に対する質疑の通告は明日の正午まで受付いたします。

 五月三十一日は、午前十時に本会議場に会議を開き、上程議案に対する質疑並びに議案の委員会付託を行い、その後、市政に対する一般質問を行う予定であります。ただいま出席の方には改めて通知いたしませんから、ご了承願います。



△散会の宣告



○岡戸稔議長 以上をもって本日の議事全部を終了いたしました。

 これをもって散会いたします。

     午前十時四十三分 散会