議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 狭山市

平成22年  7月 建設環境委員会(閉会中)−07月23日-01号




平成22年 7月 建設環境委員会(閉会中)
              建設環境委員会記録(第1日)

◇開催日時  平成22年7月23日(金曜日)
◇開催場所  第3委員会室
◇付議事件  閉会中の特定事件
       都市計画事業の実施状況について

午後 1時01分開会・開議
◇出席委員 8名
 町田昌弘       委員長      加賀谷 勉 副委員長
 高橋ブラクソン久美子 委員       中村正義  委員
 大島政教       委員       猪股嘉直  委員
 尾崎忠也       委員       手島秀美  委員

◇欠席委員 な し

◇説明のための出席者
 まちづくり推進部長、関係部次長、関係課長

◇委員会に出席した事務局職員
 吉田忠史  事務局主任

午後 1時01分開会・開議

 (DVDの上映)

                                     (休憩)

△閉会中の特定事件 都市計画事業の実施状況について

△説 明
◎狭山市駅西口開発事務所長 それでは、狭山市駅西口周辺地区の整備事業の現状と今後の予定について、資料1に基づき報告させていただきます。
 まず、1枚目の再開発事業につきましては、図面右側の白い部分、1街区の商業施設棟、住宅棟、産業労働センター、公共駐車場の建築工事が完成しまして、平成22年3月に引き渡しが行われ、また、駅前広場を含む都市計画道路の一部が完成いたしましたので、平成22年3月26日より供用開始したところであります。平成22年度は、青色部分の市民広場の整備、黄色の部分の駅前広場、駅前広場デッキなどの公共施設の整備を昨年度に引き続き工事を行っております。ピンク色の部分の2街区の公益施設、仮称でありますが市民交流センターの建築工事については12月ごろから基礎工事に着手する予定で進めております。平成23年度には、2街区の(仮称)市民交流センターの建築工事と緑色部分の区画道路1号、2号などの整備を行いまして、平成23年度内に完成し、西口開発事業につきましては平成23年度をもって終了となる計画で進めております。
 なお、黄色い部分の駅前広場及び駅前広場デッキにつきましては、平成22年12月の完成を予定しており、翌年の1月には供用開始する計画で進めております。
 続きまして、2枚目をお願いしたいと思います。
 新都市機能ゾーン整備事業につきましては、中央図書館南側の新都市線第4工区の整備が完了しまして、平成22年3月26日に供用開始したところであります。また、平成22年度、今年度につきましては、青色部分の図書館前のバス通りと新都市線の交差点改良、これは暫定整備でございますが、同じ青色部分の都市再生機構事務所北側の区画道路3号線の本整備を行う予定でございます。平成23年度には、黄色い部分の図書館前の交差点改良工事及び同じ黄色い部分の街角広場の整備、さらには市役所北側入り口付近の新都市線沿いの黄色い部分の緑地の整備を行う予定でございます。
 続きまして、3枚目をお願いしたいと思います。
 橋上駅舎・東西自由通路整備事業につきましては、平成22年3月に橋上駅舎の本体と自由通路西口側の完成に伴い、東口側の出入り口部分の工事を残し、平成22年3月26日から橋上駅舎の供用と東西自由通路の暫定供用を行ったところであります。平成22年度、今年度につきましては、図面の平成22年度工事範囲、右側の上にありますけれども、その図を見ていただきますと、店舗工事中のところの駅西口側旧駅舎の解体、東口側旧改札口となっていたステーションビルの解体、駅舎の外構工事、自由通路東口側のエスカレーター、エレベーター、階段の設置及び緑色であります仮設階段などの解体を行い、平成23年3月末に駅舎東西自由通路が完成し、店舗工事においても同時期に完成することとなっております。
 なお、図面左下、工程表を見ていただきますと、自由通路東口側部分につきましては、平成22年12月末の完成を予定しておりますので、東西自由通路全体を翌年1月に供用開始する方向で進めてございます。また、店舗につきましては、各テナントの内装工事が行われるため、同年5月にオープンする予定と聞いております。
 以上で、狭山市駅西口周辺地区の整備の現状と今後の予定についての報告を終わります。
 以上でございます。

△質 疑
◆大島政教 委員 まだ2街区をやるのか。
◎狭山市駅西口開発事務所長 計画どおり進めさせていただきたいと思います。

◆高橋ブラクソン久美子 委員 1枚目のスケジュールについては、一番初めに予定したものとの遅滞なんかはなく粛々と終わる予定ですよね。
◎狭山市駅西口開発事務所長 計画どおり今進んでございます。1年ぐらい前にはいろいろなことがありましたけれども、工事の中で調整しまして、計画どおり現在進んでいるというところでございます。
◆高橋ブラクソン久美子 委員 ついでに、この計画はスカイテラスのパンフレットに従って、今まで何遍も図面もいただきましたけれども、今まで計画変更、仕様変更、その他については何もなく、この計画どおりに終わる予定ですね。
◎狭山市駅西口開発事務所長 基本的にはこの計画どおり進めさせてもらっていますし、この計画どおり実施する予定でございます。
 以上です。
◆高橋ブラクソン久美子 委員 計画どおりだというのはいいんですが、この前の1街区のほうの竣工その他検査については、後でいっぱい不満とか市民の方からの話も出たわけですけれども、一つ一つの、着工のときはいいとしても、途中の検査、仕様書とのすり合わせ、使用材料も含めて、そういうのが確かな検査が必要になってくると思いますけれども、それについてはどのようにしていくのでしょうか。
 例えば、先ほど見た1街区のところで通路のところにポットがあったけれども、今回はなかったですよね、実際になかった。そして、ポットがあるために、するためにやっていたくいがなかったから、ちょっとぺこぺこしてやり直したとかという、前の仕様が変更されたところでもって問題が出てきたりなんかしたわけでしょう。だから、計画開始から、途中からきちんと狭山市の、特に公益施設は全部狭山市が出すわけですから、きちんとしてもらいたいし、最後の完成にしたって、小さな仕様一つとっても、勝手に変えられてもらっちゃ困るわけですから、それをどういうふうにフォローしていくつもりですか。
◎狭山市駅西口開発事務所長 まず、2街区関係につきましては、使用勝手だとか仕様については市民部のほうと協力しまして中身については精査してございます。私どものほうでは補助金の関係がございますので、補助金の観点からその内容について精査させていただいています。当然ながら、1街区のほうも市の検査課の協力をいただきながら検査をさせていただいているんですけれども、いざ使ってみてふぐあいというのは今回出てきたものですから、そういったことのないように今後やっていくのは当然ですけれども、それに伴って、都市再生機構にも、1街区のようなことのないよう2街区に取り組んでいただきたいということは申し入れさせていただいております。
 以上でございます。
◆高橋ブラクソン久美子 委員 じゃ、これは要望なんですけれども、私たちの任期は来年4月で切れて、それ以降私たちが議員をやっているかどうかわかりませんけれども、少なくてもあと半年あって、工事の着工も入るわけですから、委員会として取り上げている以上は、自分たちがどのようにチェックをしているか、チェックをした場合においては議会での報告をしてくださいますように、それは要望しておきます。
 2枚目になりますけれども、交差点の改良が来年になるし、それから街角広場整備工事もあるわけですけれども、緑地整備工事も来年されるわけですけれども、この整備は実際には仕様書どおりにするのか、また、変更等ないのか、あるとしたらどういうところになるのか、伺いたいと思います。
◎狭山市駅西口開発事務所長 基本的にはこの計画で進めていく予定でございますが、街角広場関係につきましては、市民広場との取り合いがございますので多少の変更があるかもしれません。新都市線の交差点につきましては、当然道路構造上の観点から整備していきますので、基本的にはこれは変わらない方向でいきます。それから、区画道路3号についても変わらず計画を進めていく予定でございます。
 以上です。
◆高橋ブラクソン久美子 委員 スカイテラスのパンフレットのページでいくと道路があるんですよね。市民広場と街角広場のところに道路が1本入ることになっているんですよね。ここは、市民広場のところと街角広場のところに歩行者用道路が入るんですよね、ここ、1本。
◎狭山市駅西口開発事務所長 市民広場と街角広場の階段のところであれば、これは計画どおり進めていく予定でございます。
◆高橋ブラクソン久美子 委員 じゃ、これは要望になってしまいますけれども、この前の協議会のところでも、市民広場の平らな部分が少ないという話が出まして、できれば、お祭りじゃないけれども、フェスティバルでもないけれども、市民の催し物にいいように、市民広場が最大限活用できるような形でもって修正をかけてほしいということが協議会であったわけですよね。今、街角広場の整備事業については、それと呼応するような形でもって整備の変更が考えられているんじゃないかと思いますから、これも要望としては、早い時点でもって市民広場の計画変更と一体化する形での街角広場の変更については、協議会じゃなくて、委員会にきちんと報告しておいてほしいと思います。途中でもって計画が重要な変更の経過があるとしたならば、計画をこういうふうにしようという、途中でもいいですからそれは委員会に報告をよろしくお願いします。

◆大島政教 委員 資料の2枚目で、街角広場のところの下の交差点部分、上から歩行者が、狭山坂だっけ、ずっとおりてきますよね。それがその交差点にどういうふうに入って、どういうふうに今の中央公民館のほうに渡るのか、どうなっていくのか。それから、下から上がってきた人たちが図書館側を歩いてきたときに駅にどうやって入ってくるのか、それが一つ。
 もう一つは、街角広場の高さ、それと今の上から来る歩道との関係がどうなっていくのか、その辺説明してもらえますか。できれば、街角広場の大きさ、どのくらいの大きさのものができるのか。
◎狭山市駅西口開発事務所長 最初のバス通りで商店街のほうから街角広場に入ってくる通路につきましては、今現在、最終交差協議は終わっていませんけれども、中央公民館側のほうに、中央公民館から街角広場に横断歩道ができまして、そこに押しボタン信号機が設置される予定でございます。
 それから、もう一つが、中央図書館側から中央公民館に行く通路については、今、道路課でもやっていますけれども、横断歩道ができるやに聞いてございますが、これはまだ私ども承知していない部分がありますのでそれは確認したいと思います。
 それから、街角広場の広さにつきましては、現在、このパンフレットで見ますと、市民広場に合わせてなってございますが、今、内部で検討しているのが、街角広場をもうちょっと広くしたいなということで、現在の中央公民館の駐車場であった、あのぐらいの幅は確保していきたいというふうに考えております。この計画でいきますと、前にあった中央公民館の駐車場がもうちょっと狭くなるような計画だったものですから、その辺をもう少し広くしていきたいというような検討を行っている最中でございます。
 以上です。
◆大島政教 委員 今のまま状態で街角広場をつくるということか、あの高さで。
◎狭山市駅西口開発事務所長 基本はその高さにするんですが、ただ、市民広場との取り合いがございますので多少の高さの変更はございます。
◆大島政教 委員 意味わからないんだけれども、市民広場と取り合いといったって、片っ方は高さが高いじゃないの、壁があって高いでしょう。その下に駐車場があるわけだよね、今。上から広場をつくるわけだよね。広場は斜面も使うわけじゃないの。今の状態のままで街角広場をつくって、その手前に上からおりてきた歩道がずっと入っていくわけでしょう。駐車場の中に入るわけでしょう。入らなかったら歩道ができないよね。その辺はどういうふうに上がっていくわけ、下から上がってきた道路と……

                                     (休憩)

◆大島政教 委員 それじゃ、もう一度言いますね。今の交差点の図面、交差点って、中央図書館の前の新しくできる交差点の新しい図面、上から来る住宅棟のわきの歩道と、市民広場から来る歩道との接点のぐあい、それから、下から上がってくる歩道との両側ね。中央図書館寄りと、下から上がってくる両わきの歩道との流れを図面化してもらって、それで同時に街角広場がどのぐらいになるか、どういうふうにつくるかというところの一帯の地図を出してほしいということを要望します。
 もう1件お願いします。9月入札予定のB棟、2街区なんですけれども、あそこのわきにできるエスカレーターがありますよね。この屋根はどうなりますか、どういうふうに入れていく予定ですか。これはこの後の問題になると思うけれども、一緒にB棟が出ていたから、今。
◎狭山市駅西口開発事務所長 2街区の歩行者デッキのわきにできるエスカレーターの屋根については、もともと計画はございませんでしたが、議会それから市民のほうから要望が来ておりますので、現在どういう形で施工ができるかということと、どのぐらいの金額がかかるか、今整理しているところでございます。その辺がわかれば報告をし、当然予算が絡むことなので審議していただくようなことになると思います。
 以上です。
◆大島政教 委員 ということは、今回入札に、それを含めて入札にかけるということでいいんですか。
          (「2街区のほうですけれども」と言う者あり)
◆大島政教 委員 2街区だよ、だから2街区含めてでしょう、あれは。
◎狭山市駅西口開発事務所長 市民広場と歩行者デッキにつきましては前年度の繰越事業でございますので、それはもう入札は終わってございます。2街区の入札につきましてはこれからですけれども、その事業に今回の屋根を含めて入札ということはございません。
 以上です。
◆大島政教 委員 2街区のわきにできるエスカレーターはこっちの歩道の関係なんだ、あれは。あれじゃないわけ、別なんだ。ということは追加ということですね。わかりました。

◆高橋ブラクソン久美子 委員 関連ですけれども、それに関連して、じゃ、追加事業をすることは決定したんですか。値段次第によっちゃ、追加はしないということなのかしら。決定したのかしていないのかということだけでも。
◎まちづくり推進部長 基本的には、今、所長がお話し申し上げましたように、施工がどういう形でできるかあるいは金額がどのくらいでできるか、工期がどのくらいでできるのかということを、今、いろいろと調整しているところでございまして、その辺、最終的なものが出て、市として結論を出していきたいと思っております。そういう意味で、出た段階では議会のほうにお諮りしたいと思います。
◆高橋ブラクソン久美子 委員 じゃ、それいつなの。結論を出すのはいつなんですか。
◎まちづくり推進部長 基本的には早目に出していきたいと思います。

◆大島政教 委員 9月に2街区の入札をやるんだろう。
          (「別です」と言う者あり)
◆大島政教 委員 いや、別だったってやるわけでしょう。それに絡んでいるわけじゃないの、やっぱり。全然別個のものじゃないじゃないの、つくるものは。違うの。
◎まちづくり推進部長 基本的には、今、所長がお話ししたように、エスカレーターとデッキの部分は繰越事業で実施していまして、2街区はこれから入札をしていくということですので、基本的には別個と私どもは考えております。ですから、屋根をつける場合には追加事業という形になると思います。
◆大島政教 委員 それじゃ、もう一つ聞きたいんだけれども、この間の議会で、一般質問で、皆さんから屋根をつけるように出たわけだよ、あれだけの意見が出ているわけ。それでも執行部は「機構と相談する」「検討する」だけでおさまっているわけよ、それは何で。議会があれだけ質問して、市民からこれだけクレームが出ているからつけろと言っているのに、なぜそこまで進めないの。
◎まちづくり推進部長 お答えいたします。
 市としても、基本的には議会の皆様のご意見あるいは市民の皆様のご意見が、屋根をつけてほしいというようなご意見が多いわけですから、そういう考え方では進んでいるかとは思うんです。ただ、その時点で施工上うまくタイミング的にできるのか、あるいは、金額的にもどのくらいかかるのかという面も考えた中で結論を出していきたいということは考えているわけなんですけれども。
◆大島政教 委員 機能上できるかできないかというか、大体だれが見てもできるよと言う人が多いわけよ。普通、ああいうカバーをつけて、屋根をどういうふうにつなげればできるというのが出ているわけよ。お金次第と言うんだったらば、お金と市民の安全とどっちに重きを置くかなんだと思うんだわ。それでも、なぜ機構と相談してそういう話になるのか。部長の答弁、じゃそのかわりにエスカレーターをつけたと言うけれども、エスカレーターじゃないんだよな。エスカレーターじゃ、全然運ぶ人数も違うし、限られているし……
          (「エレベーター」と言う者あり)
◆大島政教 委員 ごめん、エレベーターだ。全然違うわけよ。理由にならないわけよ、屋根のない回答にはならないわけよ。なぜそこまで、つけなきゃいけないことに─いや、逆だ。機構と相談するということでこだわるのか。市のほうでお金出しているんだから、市民のためだったら、少しぐらい金かかってもやるべきだと思うんだよ。機構と相談してって、なぜいつまでもそういう話がそういうふうに出てくるのかがわからないんだよね。何かあるんじゃないかなと思うんだけれども。
◎まちづくり推進部長 基本的には機構との調整なんです。相談をしているわけじゃなくて、調整をしている。市として、そういう施設そのものが確実に安全にできるかというようなことを確認していかなくてはいけないと思っていますし、市民の税金を使うわけですから、それがどのくらいかかるのかというのを根拠に置いた中で結論を出していきたいと思っているわけなんです。そういう意味から、今検討しているということでございます。
◆大島政教 委員 どのくらいかかるかの基準というのはどこに置くわけか。これだけかかるからそれじゃやめよう、これだったらやろうということ、それじゃ。
◎まちづくり推進部長 お答えいたします。
 お金がかかるからやろうとかやらないとかではなくて、その事業に対してどのくらいのお金がかかるかなということを……
◆大島政教 委員 同じじゃない。
◎まちづくり推進部長 いや、それはちょっと違うんですよ。どのくらいのお金がかかって、こういう仕事ができるのかなということを確認してから結論を出していきたいということを言っているだけであって、やるやらないということを言っているわけじゃないんです。
◆大島政教 委員 じゃ、やるということでいいの。
◎まちづくり推進部長 ですから、やるやらないということを言っているわけじゃないんです。
◆大島政教 委員 ちょっとおかしいんじゃないの。
◎まちづくり推進部長 先ほどもお話し申し上げましたように、基本的には多くの市民の皆さんあるいは議員の皆様からご要望をいただいている事業ですから、市としても真摯に受けとめて検討しているということを基本に考えていただければと。
◆大島政教 委員 真摯に受けとめて検討しているということは、やるということ、それとも、まだ検討するということなの。
◎まちづくり推進部長 何回も言うようですが、市としては、基本的にはそういう意味では真摯に受けとめるということでご理解をいただくしかないと考えています。

◆猪股嘉直 委員 どうにもならないから、じゃ、結論を出す時期を8月いっぱいか、9月いっぱいか、10月いっぱいかと言ったときに、いつなんですか。それについて答えられますか。
◎まちづくり推進部長 基本的には8月いっぱいに考えております。そういう中で、方向的にうまい形でやるという形ができて、それで9月の補正に間に合うようであれば、皆さんの議会の総意の中でそういうご意見がうまくセットできれば……
          (「総意じゃないといけないんだ」と言う者あり)

                                     (休憩)

◆大島政教 委員 今の話、同じエスカレーターなんだけれども、私は雨のときばかりを言っていたわけよ。雨の日は危ないとか、傘差して危ないとかと言っていた。そうしたら逆の意見が出てきた、天気のときも危ないんだって。こういう天候だとベルトがさわれないんだって、熱くて。大島さんそれを考えたことあるかと言われたわけ、私もそこまでは考えなかったわけよ。熱くてさわれないので、結局手すりに手をつかないで乗っているんだって。非常に危ないんだって。それからもう一つ、白内障の人があそこに乗ると、光っちゃって今の状態は全然だめだって、見えなくて。乗り口がわからないだってよ。エスカレーターの段、動くでしょう。あれに乗る場所がわからないんだって、光っちゃって。そういうことも検討してくれと言われた。私そういう病気じゃないからわからないと言ったら、だめだと言われたんだけれども、雨ばかり言っていたでしょう、ずっと。そうしたら、逆に出てきました。それだけちょっとここだけ言っておきます。

△説 明
◎狭山市駅西口開発事務所長 続きまして、狭山市駅西口地区のまち開き後の要望について、さきの建設環境委員会協議会において、意見、要望等、資料2において報告させていただきましたが、資料3において、実施済み内容について報告いたしたいと思いますので、資料3のほうをお願いしたいと思います。
 まず?のエスカレーター・エレベーターにつきましては、5項目対応済みで、1のエスカレーターの照明につきましては、仮設でありますけれども蛍光灯の設置をしており、今後、恒久的な照明、これは埋め込み型の円形灯を設置する予定でございます。それから、4の「エスカレーターが右側進入で危険」とのことにつきましては上り下りを変更し、5の「歩行禁止の表示」につきましては、乗り口に注意喚起のステッカー表示を行ったところでございます。それから、10の「エスカレーター進入時の上り下りがわかりにくい」ことにつきましては、乗降口の足元に「進入禁止」などの標示を設置いたしました。13のエスカレーターの異音につきましては、点検を行いまして対応済みでございます。ただ、最近ガムなんかを捨てる方がいまして、それが機械に挟まれるようなことがございますけれども、そういったものも点検しまして、きれいに作動しているというところでございます。
 それから、?のサインにつきましては2件実施しておりまして、3の「公益施設のトイレや非常階段の案内表示をわかりやすく」とのことにつきましては、産業労働センターのトイレ案内は入口に設置済みでございます。それから、スカイテラスの非常階段の案内は、これはもともと消防法に基づきまして設置されてあります。それから、6の「西口広場から駅までの案内を暫定的に設置できないか」ということにつきましは、駅前広場のデッキの柱に駅方面などの案内看板を設置いたしたところでございます。
 次に裏面をお願いしたいと思います。
 ?のトイレにつきましては2件実施しておりまして、5の「産業労働センター1階のトイレが怖い」とのことにつきましては、建物入り口付近に、中ですけれども防犯カメラが設置されておりますけれども、それ以外に警察のほうに夜間巡回を依頼したところでございます。それから、6の「産業労働センター2階のトイレがわかりづらい」ことにつきましては、トイレの入り口付近にサイン標示を設置いたしました。
 それから、?の駅前広場デッキ(自由通路)について2件実施しており、8の工事中の安全確保、西口1階仮設通路の表示、自由通路東口の案内表示につきましては、西口仮設通路は旧西口改札口前の4番バス停付近の通行区分がわかるよう路面標示を行い、東口の階段の上り口に駅方面などの案内表示を設置しました。また、工事中の安全対策につきましては、施工者に徹底するよう指示してございます。それから、12の「東口階段に上り下りの標示」につきましては、足元と天井などに矢印などの標示を設置したところでございます。
 次の?の駅前広場につきましては、検討の2の企業の送迎用駐車場のスペース確保、4の茶の花号のバス停のベンチ、7のタクシー乗り場の表示を弱者対応にとのことにつきましては、これも実施に向けて、今、協議調整しておりまして、茶の花号のバス停にはとりあえず仮のいすを4脚置いたところでございます。
 それから、?の駅舎・駅構内について3件実施しております。6の「駅構内のトイレ入り口の男性・女性用の表示が目立たない」ことにつきましては、入口に改めて男性・女性の絵を表示し案内をしてございます。7の「だれでもトイレ非常用ボタンの表示を大きく。障害者優先の表示を」につきましては、非常用ボタンには修理にて表示し対応しましたけれども、障害者優先の表示は行いません。しかし、「譲り合って使用してください」などの表示を近々やる予定でございます。それから、8の「駅構内のだれでもトイレ開閉ボタンに点字表記を」につきましては、既に点字シールを設置してございます。
 次に、次のページ、?の公益棟駐輪場について3件実施しておりまして、5の「駐輪場人用出入り口2ヵ所は無銭利用可能でありその対策について」ということでございます。この場所につきましては、「防犯カメラ作動中」や「警察官立ち寄り所」などの表示をして注意喚起を行うとともに、駐輪場の管理人がおりますので管理人による巡回も行っているところでございます。それから、12の「駐輪場内の駐輪場所表示が安っぽい、壁面、天井に固定表示」につきましては、駐車時の案内やラックの取扱説明など壁面に貼付し対応してございます。13の「駐輪場内の案内板の不足、とめた後の案内や人用出入り口の表記」につきましても、駐輪場の利用案内などを壁面に貼付し対応しているところでございます。
 それから、?の商業棟につきましては2件実施しておりまして、4の「スカイテラスの床にたわみがあり危険」については、たわみの場所にプランターを置ける構造になっておりましたけれども、通行に支障があるということで、たわみ部分をねじなどでの固定を実施したところでございます。5の「随所にパイロンが置かれている」ことにつきましては、場所によっては地下に行く階段の入り口だとか2階の一部を除き、それ以外のパイロンは取り除いたところでございます。
 なお、商業棟に係る意見等についてもございましたので、文書にてスカイテラス商業施設管理組合のほうに報告してございます。
 続きまして、?の駐車場棟につきましては8件実施しております。この駐車場の真ん中辺に実施済み項目、4、5、7、9、13、14とありますけれども、3が抜けておりますので3を追加していただきたいと思います。
          (「○がついている」と言う者あり)
◎狭山市駅西口開発事務所長 この真ん中辺に3が抜けているんです、実施済み項目のところ。
 説明させていただきます。
 3の駐車場から新都市線に出るところの縁石につきましては、1ヵ所撤去済みでございます。4の「駐車場出口の危険サインやラバーの設置」については、コーナーガードを設置して対応してございます。それから、5の精算機の基礎部分についてもコーナーガードを設置しまして、7の障害者バリュー域の自動精算機利用説明については、駐車場のエレベーター付近や精算機付近に取扱説明を表示してございます。9番、10番の障害者用駐車スペース適正利用の啓発の表示については、天井や車どめ付近の壁に障害者専用駐車場表示を行ったところであります。また、駐車場の係員による巡回につきましては、1時間に1回程度巡回しているところでございます。13番、14番の駐車場エレベーター内にスカイテラスなどの階数がわかる案内表示につきましては、エレベーターの中と外に産業労働センター管内の案内や駅連絡口などの案内表示をしてございます。
 ?の交通につきましては4件実施しております。2の「工事中の道路交通状況が危険とのことにつきましては、工事の進捗に合わせ安全対策を行うことはもとより、通行者の安全を第一に考え工事に取り組むよう指導しているところでございます。5の西口から東口への案内については、旧りそな銀行跡地前に歩行者等の通行帯を設置するとともに、安全に通行できるよう案内表示も行っております。6については、路線バスと一般車両を区分する路面標示を行い、注意喚起を行っているところであり、7の4番バス停付近には夜間照明を増設したところでございます。
 ?になります。その他の意見につきましては4件実施しておりまして、8、9、12、13の工事で、工事の説明やごみの処分などについては随時対応しております。
 そうしまして、意見・要望等の合計件数は116件ありまして、実施予定が33件のうち30件実施済みでございます。現状で対応の予定がなかった53件のうち2件は対応することができました。また、検討につきましては30件あり、そのうち3件は実施したところであり、計35件実施済みとなってございます。
 続きまして、資料4のほうをお願いしたいと思います。
 資料4につきましては、平成22年5月14日から平成22年6月30日までの受付追加分でございます。これにつきましては、受け付けがあったのが、右下のほうに書いてありますが48件ありました。その中が、要望内容別件数は22件というふうになってございます。
 主なものを説明させていただきたいと思います。
 まず、1番につきましては、「駅前広場デッキエレベーターは車いすが2台しか乗らないので大きくしてほしい」ということで、これは右上に書いてありますけれども、実施、現状、検討ということで、この対応で今後実施する予定でございます。
 3番の「駅前広場デッキエスカレーターの点字ブロック誘導は危険」ということで、これは現在の駅前広場のエスカレーターに点字ブロックで誘導してございますけれども、それを近々に外しまして誘導を阻止する。ただし、そこの場所に行った場合、エスカレーターがあるような表示というか、危険だという知らせはそのまま置いておきます。
 6番、「改札口周辺にバス時刻表を掲示してほしい」ということで、現在、駅の中の仮設のところにグリーンハイツ行きと飯能行きがあるんですが、今度はそういうのがなくなった場合、現在の駅の中に設置できるかどうか今後検討していくということでございます。
 それから、11番の「西友前仮設歩道が狭くて危険」、これについても対応済みでございます。
 それから、13番の「高齢者や障害者の配慮を」ということで、再開発事業、駅舎ともに、あくまで高齢者、障害者に配慮した計画をしてございますので、これからも実施していくということです。
 それから、14番の「以前にあった住民票などを発行する窓口がない」ということで、これは中央公民館に設置しておりますので、その旨の対応ということになります。
 それから、16番の「市民広場景観の一部変更を提案」ということで、これについては検討していく予定でございます。
 それから、22番の「バス停隣にある喫煙場所が汚い、看板の設置を」ということで、これも検討しているんですが、実質空き缶だとかたばこの箱だとか置いてありますので、これは環境部と共同して、今、西口開発事務所と一緒に撤去したりしているような状況でございます。
 次に、裏面の1から11を集計しますと、要望件数が22件で、その中の実施済み合計が3件です。予定は、実施が3件で、現状が11件、検討が8件という内容で今後進めていく予定でございます。その下に、平成22年3月26日から6月30日までの受け付けを集計してございます。要望内容の合計件数が6月30日現在で138件ございます。受付件数につきましては、一番右にありますように217件でございます。そのうち、138件のうち実施済みが38ということになります。こうして現在も取り組んでおります。
 以上でございます。

△質 疑
◆猪股嘉直 委員 まず、報告の中にもあったのであれなんですけれども、ベンチの問題では、二、三聞いているのは、一つは、タクシー乗り場、あそこにこういうスペースがあって、エレベーターの隣か何かのところにスペースがあって、車いすか何かの絵かなんかサインが入って、そういうスペースがあって、それはそれで親切で非常にいいと喜んでいるんだけれども、あそこは車いすの人たちだけが来るわけじゃなくて、障害を持たれている人もいるわけじゃないですか。いすがないのが困るんだなというのが一つあったのと、それから、バス停は結構長いすというか、ありましたよね。前のバス停なんかのときにも、以前のね。そういうのがあると助かるんだというのが、高齢の人からは出されていますね。
 それとあと、今、最後のほうでおっしゃられた喫煙所の問題については私も気になったんだけれども、これはマナーの問題なんだけれども、たばこの箱だとか終わったやつをあの上に乗せたままほうっておくんだよね。あれって、火が引火か何かすると煙が出たりなんだかになるじゃないですか。あれは、シルバーの人が結構いろいろやっているけれども、駅の周辺、ああいう方々にお願いするということはできないのか。その辺も含めて別なことを考えられているのか、今、環境部と相談してみたいなお話だったんだけれども、何か定期的に、例えば1時間に一遍はそこをチェックするとか、2時間に最低一遍はチェックするとかしないと、私が駅でたまたまやっていたときに、6時ごろから2時間の間、ずっとそのままなんだよね。一番人通りが多い時間帯、通勤の人たちがね。あのときにたばこの火が引火したりなんかすると「何だ、これは」みたいになるし、ちょっと考えられたほうがいいんじゃないか。何か工夫してもらいたいなと思うんだけれども、その辺どうですか。
◎狭山市駅西口開発事務所長 環境部のほうで、あそこにたばこを吸う場所をつくったんですけれども、最初はよかったんですが、今おっしゃったようにたばこの箱だとか、コンビニで買った缶だと思うんですが、そういったものを袋のまま捨てていくんですね。それについては、環境部のほうでも1日に1回チェックしているらしいんですが、それでは足らない感じで、うちの事務所にも電話が来て、うちの事務所で処理はしているんですけれども、今、スカイテラスの組合のほうにも、できればコンビニさんが2軒あるのでそちらに、他のコンビニと同じようにごみ箱を設置していただけないかという話をさせてもらいました。それから、今のたばこを吸う場所が仮設でございまして、また近いうちに引っ越しの可能性がありますので、その辺も含めて環境部と調整をさせていただきたいと思います。
 以上です。
◆猪股嘉直 委員 いすのほうはどうですか。
◎狭山市駅西口開発事務所長 いすにつきましては、そういった要望を大変多くいただいています。3番バス停に仮には置いていますけれども、足らないのは私ども承知してございますので、今、駅前広場全体をどこにどういう場所に設置していいかということを検討してございます。それは当然実施する方向でいますので、もうちょっと時間いただきたいなというふうに思います。
◆猪股嘉直 委員 ぜひ障害者のところもよろしく。

◆大島政教 委員 一つは、公共駐車場から車が出てきて左へ曲がるよね。あそこに看板立たないのか、「ここは左折のみです」という看板を。というのは、あれ、右にも出られるんだよ。赤いポールが立っているだけだから、その前へ出れば右へ出られるんですよ、別に。それで、あそこ、別に左折のみとは書いていないわけよ。どっちでも行けるんですよ。別に違反じゃないんだ、行ったって。ただポールが立っているだけなんですよ。出口に例えば「左折のみです」とか、そういう看板が立たないかなと。何回行ってもそう感じるたんだわ。あるよね、「ここは左折のみです」ってこういうやつね、あれを立てたほうがいいんじゃないかなと思うのが一つ。
 それから、もう一つは、西友のほうへ入る一方通行、あそこ、信号から右へ曲がってバス停の前を通って入っていくよね。バスが斜めにとまっていると、車が行けないのよ、先へ。詰まっちゃっているんだわ、バスが動くまで。バスも堂々ととまっていて、全然動こうとしないのよ。真っすぐ2列に並んでくれればいいんだろうけれども、前の車がとまっていて、バスが曲がって入っていくと、ちょっと何かあったときにバスが斜めに入ったままとまっちゃうんだよ。全然後ろのことを気にしないんだよ、バス。ずっとそのままとまっているわけよ、バスが出発するまで。鳴らしてもだめなんだよね、バスは動かないんだよ。だから、それはちょっと、あそこね、もう少し何か考えないと、右側に車をとめちゃうじゃない、みんな迎えの人が。だから、余計狭くなっちゃうわけよ。その辺を考えてほしいなというのが二つ目。
 もう一つ、スカイテラスの下にある、斜めの柱の下にあるいすがあるでしょう。いすではないか、板が。若干変な、座れるような、座れないようないすが。あのいすが、何のためにあるのと皆さんに言われるわけ。いや、座ってくれと言ったら、座ると、おしりをちょこっとやって、斜めにならないと座れないわけよ、こうやって。あれ、座るためじゃないんだけれども、年寄りの人が腰かけるんだって。そうすると、あそこ、何のために中途半端なものがあるのと言うわけよ。あれを大きくしてくれるか、ないほうがいいと言うんだよね。できれば、あれをもう少し一回り大きくしてもらって、座れるようにしてほしいなというのが要望で出ています。
◎狭山市駅西口開発事務所長 駐車場の右折禁止の看板につきましては、市民部と調整させていただいて、設置する方向で検討させてもらいたいと思います。
 それから、西友の前の一通のところというのは、多分4番バス停のところだと思いますので、これは西武バスのほうへ、もうちょっとちゃんと駐車できるように申し入れをさせていただきます。
 それから、スカイテラスの柱のところのいすにつきましては、あれはもともと柱に頭をぶつけないようにするために、いすのような形になっているんですね。あれをもっと大きくすると今度通行の支障になるし、小さくすると頭にぶつけるということなものですから、基本的には現状のままという形になると思いますが、ご了承いただきたいというふう思います。
◆大島政教 委員 もう一つ、今の4番バス停のところで、右側にとまっている車、あれはどうにもならないと思うんだけれども、皆さん迎えに来てとまっているんだけれども、あの辺を例えば何とか境をもうちょっと前後動かすとか、動かすと今度車道が狭くなっちゃうんだよね、こっちの車道がね。難しいんだけれども、その辺も何とか対策も打たないと、西武バスだけの問題でもないと思うし、恐らく西武バスに言えば、だったら反対側にとめないでくれと言うふうに決まっていると思うんだよ。その辺難しいけれども、どっちかの対策を何とかしてほしいなと。あるいは、迎えに来た車をとめられるような場所をどこかつくるとか、やらなきゃしようがないと思うよ、今の状況では。
◎狭山市駅西口開発事務所長 現在の4番バス停の状況になっているのは、一つの理由は、西武のテナントのほうの工事関係で、前のバス停より約2メートルから3メートル前に来ているという、その関係からバスの位置が変わったということが1点。
 それから、もう一つ、反面の話なんですが、あそこに車をとめて非常に困るという苦情も多いんですね。ですから、要は東口側に行く方だと思うんですが、そういう苦情も多いものですから、ラインで、これは警察とも協議したんですけれども、駐車できない形のラインで注意を促すしかないということで、今は多分駐車したりしなかったりしていて、うまく使われているのかなというふう思われます。ですから、あれを今度広くするということになると、今、島みたいになっている、囲っているところは大型のトラックがとまって、そこで迂回して土砂をおろしたりもしますので、なかなかあそこを狭くすることもできない状況です。ですから、もうしばらく、工事が終わらないとあそこは対応できない状況です。
 以上です。
◆大島政教 委員 だけれども、対応できないのはわかるけれども、ただ、やはり対応しなきゃならないんだよ。その辺はいい方法、今の範囲内でのできる最上の方法をとってもらいたいなと。右に曲がる人は困っちゃっているもの。それが何台もつながると、結局交差点のほうに出てきちゃうのよ、信号のほうへ。こっちから来る人と、こっちから入ってくる人で、あそこで詰まっちゃうと、結局真っすぐ行く人が行けなくなっちゃうんだよね。
◎狭山市駅西口開発事務所長 再度検討はさせていただきますけれども、あそこの、今現在西友から来る信号につきましては右折の矢印が入ってございますので、今後、再開発が終わるまでにあそこの右折信号で、両側右折信号ができます。そうすると、多少待っていても今度右折できる、ロータリーのほうへ行けるというような形に進めてございますので、でき上がった時点ではその辺の対策はできます。今現在の工事に関しては、対策がどの程度できるか検討させていただきたいと思います。

◆高橋ブラクソン久美子 委員 公衆電話の件ですけれども、私も構内のを見てきたんですけれども、構内の公衆電話って、中に入らないとできなくて、前みたいに、キオスクみたいなものの前にあって、外へ出ても電話をかけられるという状況じゃないですよね。ですから、私は早くの、構内を出てからの、特に西口近辺の公衆電話が必要じゃないかなと思うんです。お巡りさんも今のところは少し離れているように見えるんですね、広場から。そうすると、緊急的なこともあるし、みんな携帯を持っているときですけれども、持っていない人だっているわけで、早い対応が必要だと思うんですけれども、それはどうなっていますか。
◎狭山市駅西口開発事務所長 駅の構内は、委員おっしゃったように設置されていまして、構内は駅員に言えば使えることにはなってございます。ただ、声をかけてまでもということがございますので、自由通路と店舗の部分に改めて公衆電話を設置する方向で協議を進めてございます。何せNTT側のほうは、採算がとれないと設置しないというような考えがございまして、今、取り外しているというのが多いと。改めて設置しているのは少ないという話でございますが、それはそうとしても、今、狭山市がこれだけのまちになって人が集まってくるというような条件がありますので、ぜひ設置していただきたいということで、西武のほうも含めて進めているところでございます。
 以上です。
◆高橋ブラクソン久美子 委員 私は、要望としては、コンビニの前とか、そういうところのほうがいいんだと思いますよね。売店の自由通路の中というのも、そこは人がいるからきっとだれかがやってくれるんじゃないかと思いますけれども、駅広の中に一つもないというのは少し、倒れる人もいるし、それこそ今は熱中症になる人もいるし、駅員がいるところは割と駅員さんがやってくれるんじゃないかと思いますけれども、不特定多数が歩くところの公衆電話って必要なので、私はそちらのほうをもう少し検討してもらいたいというふうに、これは要望します。
 それから、検討、現状、実施というふうになっていて、随分一生懸命やってくださるし、言えば、打てば響くほどそれぞれについて知らんぷりなさらないから、これはありがたいなと思っているし、これからもそういうふうにやってもらいたいと思うんですけれども、検討のものがまだまだたくさんあるじゃないですか。検討だって、先ほどお金次第でもって何とかなるという検討のこともあれば、検討して前向きにしてもならなかったりなんかするのがあったりするわけですけれども、検討はいつまでに終わって、市民さんにこういうふうに検討したんですけれども、例えば提言とかいろいろな形でもって来ているもののバックをいつぐらいまでにやるつもりですか。ことしのものはことしじゅうに検討結果を出して結論を出していかれるのかしら、これはどうなっていますか。前向きだというのはわかるんですけれどもね。
◎狭山市駅西口開発事務所長 検討につきましては、まさに今、事務所は事務所で、機構は機構でやっています。なるべく早目に実施したいんですけれども、中には予算の絡むものとか手続も絡むものがございます。そういったことを勘案して、私どもは一日も早く進めることで今やっているというふうにしていますので、それで理解していただきたいと思います。
◆高橋ブラクソン久美子 委員 この前、協議会でのときと、今1ヵ月たって、今の委員会でのこういう協議での報告がなされたわけですけれども、どのくらいの進捗があのころからあったんですか。今後、なるべく早目にというのはすごくよくわかるし、お金のかかることなら予算化しなければならないから、さっきみたいに補正を出さなくちゃいけない、来年にかけなくちゃいけないというのがあるのであれですけれども、検討の結果は市民に、こうなったよ、ああなったよというのは、随時ホームページとか広報とかでもってお知らせしているのかしら、そこら辺の対応はどうしていますか。
◎狭山市駅西口開発事務所長 今現在は、広報、ホームページには報告してございませんけれども、近々にホームページのほうに、この116件ですか、載せて市民の方に知らせる予定でございます。ただ、ただ単に知らせても恐らくわからない部分がありますので、その中にいろいろコメントをつけさせていただきまして、こういうふうにやりましたよ、こういうことでこれができませんでしたよと、そういうコメントを入れて近々ホームページに載せる予定でございます。
 以上です。
◆高橋ブラクソン久美子 委員 ホームページ、すごくいいと思うし、ただ、ヒット数は多いかもしれないけれども、紙媒体というのは捨てたものじゃないんですよ。特に公共交通機関を使う人たち、通勤・通学の人たちもいるけれども、弱者と言われる、運転できない人とか老人とか、そういう人たちが多いので、紙媒体の中でもって、全部が全部できなかったら、それはしようがないですよ。少しずつでも、エレベーターについてとか、こういうふうに検討していますよとか、マイナーなものじゃなくても、大きなものだけでもいいから、それは市民の側に立ってみんなやっているじゃないですか。議会だけじゃなくて、執行部だって本質的にそうでしょう。だから、それを同じ目線でもって伝えていくということは大切じゃないかと思うので、私は紙媒体も活用してほしい。これは要望します。

◆猪股嘉直 委員 コインロッカー、今、駅にないんじゃないかと思うね。あれ、やっぱり古いのがあるんですよね。ぜひ西武に要望されるときに一緒にやっていただけないかな。
 以上です。

◆中村正義 委員 あと商業棟の地下、あれはまだ入っていないよね。あれは階段下ったところに、バリケードが置いてあるだけだよね、現状は。あれなんか危険なようには感じるんだけれども、あれは、あそこの組合が管理しているからという形で、市は何も言えないの。
◎狭山市駅西口開発事務所長 私どもにもそういうお電話をいただいていますので、私どものほうから直接はできませんけれども、スカイテラスの管理組合、ダイワサービスがあるんですが、そちらと、それからその組合の理事長さんのほうにはお話はさせてもらっています。そこで寝泊まりする方もあるやに聞いてございますので、そういった注意と巡回、それはお願いしてございます。
◆中村正義 委員 変なことが起きる前に、きちっとやってもらう。あれ、中まで自由に入れちゃうしということでよろしくお願いします。

                                     (休憩)

以上をもって閉会。午後 2時38分