議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 狭山市

平成22年  6月 建設環境委員会(第2回)−06月10日-01号




平成22年 6月 建設環境委員会(第2回)

              建設環境委員会記録(第1日)

◇開催日時  平成22年6月10日(木曜日)
◇開催場所  第3委員会室
◇付議事件  議案第53号 市道路線の認定について
       議案第54号 市道路線の廃止について
       議案第55号 市道路線の廃止について
       議案第56号 市道路線の廃止について
       (採決)

午前 9時04分開会・開議
◇出席委員 8名
 町田昌弘  委員長      加賀谷 勉 副委員長
 高橋ブラクソン久美子 委員  中村正義  委員
 大島政教  委員       猪股嘉直  委員
 尾崎忠也  委員       手島秀美  委員

◇欠席委員 な し

◇説明のための出席者
 建設部長、関係部次長、関係課長

◇委員会に出席した事務局職員
 吉田忠史  事務局主任
午前 9時04分 開会・開議

 (市内視察)

△議案第53号 市道路線の認定について

△議案説明
◎管理課長 それでは、議案第53号 市道路線の認定につきましてご説明いたします。
 議案書29ページ及び議案第53号参考資料の市道路線認定位置図もあわせご参照願います。
 本案は、開発行為により新設された道路を、市道A第944号線として、起点、入間川3丁目3646番31地先から、終点、入間川3丁目3646番39地先まで、幅員4.7メートルから10.1メートル、延長129.8メートル、面積625.68平方メートルで認定するものです。
 以上です。

△議案質疑
◆猪股嘉直 委員 若干、道路に傾斜があったと思います。その辺での水の処理というか、心配はどういうふうな対処で、大丈夫かどうか、その辺についてお願いします。
◎管理課長 ここの開発に際しましては、現在、一番高いところがちょうど西側になります。これから、東側への傾斜と、こういう傾斜になっております。ここについては、これが一番、もう一度これにつなぎますが、南側が高くて、これからこういう傾斜、これからこういう傾斜になっています。この中には、浸透井が5基設置されております。この浸透井につきましては、計画上、私どもに事前に協議があった中では、2メートル60程度の浸透井でございます。でも、せんだって、中を見ましたところ、約5メーターほど、現地のほうは掘ってございます。
◆猪股嘉直 委員 全部。
◎管理課長 はい。その関係で、道路上の排水につきましては、この浸透井で処理できます。処理できるというのは、入間川の旧河川敷でございますので、れき層が出ておりますので、浸透は速い。宅内につきましては、宅内処理として、浸透トレンチを施しております。
 以上です。
◆猪股嘉直 委員 もう一点は、ここの部分のこの辺に、公園が1つ設置される。開発業者さんがやられたんだと思うんですけれども、今後の管理とか、そういったものについても、ご説明いただければと思います。
◎管理課長 ちょうど、南側の部分、公園ということで、面積が137.49平方メートルで設置されております。この公園の設置につきましては、開発区域面積が4,500、いわゆる3,000平米を超えていますので、それの3%以上ということで設置しております。これは3%になっておりますが、この管理につきましては、この開発に合わせて、総合帰属の中で公園管理事務所が管理することになります。
 以上です。
◆猪股嘉直 委員 結構です。

△議案第54号 市道路線の廃止について

△議案説明
◎管理課長 議案第54号 市道路線の廃止についてご説明いたします。
 議案書31ページ及び議案第54号参考資料の市道路線廃止位置図もあわせご参照願います。
 本案は、個人から、道路敷地買い取り申請が、隣接者の同意書の添付のもと、提出されました。市道A第724号線、起点、入間川字下向沢1155番2地先、終点、入間川字下向沢1138番1地先、幅員1.82メートル、延長42.3メートル、面積76.98平方メートルを廃止するものです。なお、道路敷地買い取り申請に当たり、つけかえ先について検討いたしましたが、適地がないことから、廃止後払い下げを行うものです。
 以上であります。

△議案質疑
◆大島政教 委員 この延長上に水路がありますよね。それはどうなっていくんだろう。
◎管理課長 ちょうど、今回廃止をお願いするのは、この路線でございます。今、大島委員からのご質疑にあるのは、この先、風の森狭山台みどり幼稚園の前のところでございます。あそこの水路については、現在、活用されておりますので、そのまま水路として残します。
 以上です。
◆大島政教 委員 今の買い取りのその先と、その水路の出だしの部分は何かあるんですか。それは道路か何かあるんですか。
◎管理課長 現在、この道路はちょうどここの部分で終点なので止まっています。それから先の接続はございません。
◆大島政教 委員 ないのね。
◎管理課長 はい。
◆大島政教 委員 なくて、その先に水路の先が出てくるということ。
◎管理課長 ちょうどこのみどり幼稚園の入り口がございます。入り口からちょうど造成した部分ですか、そこの狭山台のちょうどこの辺になります。そこまでが水路になっております。
◆大島政教 委員 その先はもうないってことね。
◎管理課長 はい。ございません。
 以上です。
◆大島政教 委員 わかりました。

△議案第55号 市道路線の廃止について

△議案説明
◎管理課長 議案第55号 市道路線の廃止についてご説明いたします。
 議案書33ページ及び議案第55号参考資料の市道路線廃止位置図をあわせご参照願います。
 本案は、本年2月、個人から、市道C第843号線のつけかえ交換をすることにより、農地の一体利用を図りたいとのことから、市道路線敷地交換払い下げ調査依頼がありました。調査依頼を提出した個人は、県道所沢堀兼狭山線事業用地の最後の地権者で、市と道路敷地の交換を調印の条件としております。調査の結果、南側山林との境に交換先となる道路を設けることにより、農地の一体利用が図られ、より効率的な農業経営が可能となることから、交換が可能と判断し、3月、交換可能と回答いたしました。
 これらのことから、市道C第843号線、起点、堀兼字冨士隠レ2103番1地先、終点、堀兼字冨士隠レ2100番1地先、幅員1.52メートル、延長176.3メートル、面積267.97平方メートルを廃止するものです。
 つけかえ先道路面積は、279.57平方メートルから、県道用地分48.08平方メートルの面積を除くと、231.49平方メートルとなり、廃止面積267.97平方メートルから、県道用地に含まれる46.53平方メートルを除くと、221.44平方メートルで、10.05平方メートルの増となります。
 なお、つけかえ先につきましては、当面、認定外道路として管理し、今後、県道の供用開始により分断される市道が全部で21路線ありますので、この供用開始に合わせ、一括で廃止・認定できるように検討しております。
 以上であります。

△議案質疑
◆中村正義 委員 現地は完璧に畑になっていたけれども、あの状況になったのはいつごろですか。
◎管理課長 現在のところ、把握しておりません。
 以上です。
◆中村正義 委員 じゃ、担当課として、いつまで道路の形態があったと記憶していますか。
◎管理課長 本人が……。
◆中村正義 委員 わからなきゃいいですよ。要は、どういうことを言いたいかというと、東京狭山線の関係で、ああいう形にしても文句を言える状況じゃなかったということなのは、理解できるんだけれども、本来だったらおかしいわけ。だから、これを例にしないということ。
◎管理課長 はい。
◆中村正義 委員 現地でも話が出たけれども、やっぱり、つけかえがきちっとしてから、所有権がきちっとなるわけだから、その前にああいう形でやったら、じゃ、あれでやってるならオーケーするのかいみたいな話になっちゃうからね。特殊な事情だからということを勘案して、目をつぶってたんだろうと思うけれども、あれをほかに全部適用するようなことがないようにしてもらいたいという意味で、今聞いたんだけれども、それは部長のほうから答えてください。
◎建設部長 本来であれば、現況に戻してつけかえという形が理想なんでございましょうけれども、今回の場合は、例外として、東京狭山線の工事の進捗もあったものでございますから、例外として私はとらえておりますので、今後は、ああいう物件が出てきた場合には、今回のは例外でありまして、本件を例としてとらないで、やっていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

◆大島政教 委員 仮に元に戻すとしたら、東京狭山線のもだめになる。
◎建設部長 なりますね。
◆大島政教 委員 なっちゃう。
◎建設部長 ええ。

△議案第56号 市道路線の廃止について

△議案説明
◎管理課長 議案第56号 市道路線の廃止についてご説明いたします。
 議案書35ページ及び議案第56号参考資料の市道路線廃止位置図をあわせご参照願います。
 本案は、宗教法人から、道路敷地買い取り申請が、隣接者の同意書の添付のもと、提出されました。市道F第838号線、起点、大字笹井字南八木3306番地先、終点、大字笹井字南八木3306番地先、幅員1.82メートル、延長32.7メートル、面積59.51平方メートルを廃止するものであります。
 なお、道路敷地買い取り申請に当たり、つけかえ先について検討いたしましたが、適地がないことから、廃止し、払い下げとしたものでございます。
 以上であります。

△議案質疑
◆大島政教 委員 隣接地の承諾を得てということなんですけれども、隣接地、この近辺の人って、この土地の入り口がないんだよね。道が道路につながっていないんだよね。
◎管理課長 今回、同意のあったのは、この方でございます。
◆大島政教 委員 そうだよね。
◎管理課長 この地主さんは、この市道がちょうどここまでは使えます。これからの出入りになろうかと思います。この地主さんはちょっと調べてないんですけれども。
◆大島政教 委員 もし違う地主だったらば、その敷地へ無断で入っていっちゃうことになるよね。そうやって、その土地に入るところがなくなっちゃうじゃない。
◎管理課長 この土地がですね。
◆大島政教 委員 その土地も、今の同意した人のところも。
◎管理課長 ここについては、もう宗教法人のほうで、ある程度話はついているということでございます。話がついているというのは、買い取りについての話がついているということでございます。
◆大島政教 委員 反対したとしても、入り道なくなっちゃうよね。
◎管理課長 現状の中で、南側の道路が見ていただいたとおり……
◆大島政教 委員 使えないでしょう。
◎管理課長 使えない状況で、この土地についての出入りはちょっと難しくなります。
◆大島政教 委員 そうだよね。
◎管理課長 はい。
          (「どっちにしても道路自体がもう」と言う者あり)
◆大島政教 委員 ないんだからね。
          (「宗教法人の土地になってるんだから、どっちにしたって宗教法人の土地通らなきゃならなくなっちゃう」と言う者あり)
◆大島政教 委員 そうだよね。だって、いや応なしに買わされちゃう、売らされちゃうと。わかりました。

◆猪股嘉直 委員 先ほどのところで聞くのを忘れたんだけど、これって、大体どのくらいで譲るものなんですか。
◎管理課長 この払い下げ単価ということでよろしいでしょうか。
◆猪股嘉直 委員 はい。
◎管理課長 払い下げの単価の算出につきましては、近傍類似価格を参考にして算出し、平米当たり約1万1,300円ほどになるということです。
 以上です。

採  決
  議案第53号   総員   原案可決
  議案第54号   総員   原案可決
  議案第55号   総員   原案可決
  議案第56号   総員   原案可決

以上をもって本日の審査を終了し散会。午前11時22分