議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 春日部市

平成20年 9月定例会−08月25日-01号




平成20年 9月定例会

                平成20年9月春日部市議会定例会 第1日

議事日程(第1号)                             平成20年8月25日(月曜日)

 1.開  会
 1.開  議
 1.市長のあいさつ
 1.会議録署名議員の指名
 1.会期の決定
 1.諸般の報告
 1.議案第63号から議案第66号までの上程、説明
 1.議案第67号から議案第70号までの上程、説明
 1.議案第71号から議案第74号までの上程、説明
 1.議案第75号の上程、説明
 1.議案第76号から議案第82号までの上程、説明
 1.議案第83号の上程、説明
 1.議案第84号の上程、説明
 1.議案第85号の上程、説明
 1.議案第86号から議案第91号までの上程、説明
 1.議案第92号の上程、説明
 1.次会日程の報告
 1.散  会

出席議員(35名)
     1番   鬼  丸  裕  史  議員      2番   岩  谷  一  弘  議員
     3番   滝  澤  英  明  議員      4番   秋  山  文  和  議員
     5番   村  松  君  子  議員      6番   卯  月  武  彦  議員
     7番   白  土  幸  仁  議員      8番   新  部  裕  介  議員
     9番   阿  部  真 理 子  議員     10番   栄     康 次 郎  議員
    11番   蛭  間  靖  造  議員     12番   渋  田  智  秀  議員
    13番   片  山  い く 子  議員     14番   松  本  浩  一  議員
    15番   福  田  晃  子  議員     17番   会  田  幸  一  議員
    18番   川  鍋  秀  雄  議員     19番   山  崎     進  議員
    20番   鈴  木     保  議員     21番   内  田  勝  康  議員
    22番   竹 ノ 内  正  元  議員     23番   小 久 保  博  史  議員
    24番   武     幹  也  議員     25番   五 十 嵐  み ど り  議員
    26番   冨  樫  清  年  議員     27番   河  井  美  久  議員
    28番   野  口  浩  昭  議員     29番   山  口     保  議員
    30番   石  川  勝  也  議員     31番   阿  部  喜  一  議員
    32番   鳴  島     武  議員     33番   小  島  文  男  議員
    34番   栗  原  信  司  議員     35番   中  川     朗  議員
    36番   大  山  利  夫  議員

欠席議員(なし)

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
  市長      石  川  良  三       副市長     秋  村  成 一 郎
  秘書広報防災担当部長               総合政策部長  香  田  寛  美
          奥  沢     武
  財務担当部長  関  根  金 次 郎       総務部長    三  木  和  明
  市民部長    新  井  栄  子       福祉健康部長  米  山  慶  一
  健康保険担当部長折  原  良  二       環境経済部長  松  岡  治  男
  建設部長    星  野     眞       都市整備部長  石  崎  純  一
  鉄道高架担当部長金  子     勉       庄和総合支所長 鈴  木  八 重 子
  会計管理者   石  川     隆       病院長     小  谷  昭  夫
  病院事務部長  河  津  由  夫       消防長     日  向  一  夫
  水道事業管理者職務代理者             教育長     植  竹  英  生
          本  田  次  男
  学校教育部長  斎  木  竹  好       学務指導担当部長関  根  一  正
  社会教育部長  河  井  輝  久       監査委員    石  川  利  子
  監査委員事務局長町  田     務       選挙管理委員会事務局長
                                   三  木  和  明

本会議に出席した事務局職員
  局長      小  林  国  行       主幹      須  田  芳  次
  主査      浜  島  孝  宏



△開会の宣告
○小久保博史 議長  ただいまから平成20年9月春日部市議会定例会を開会いたします。
  午前10時00分開会

  ─────────────────────── ◇ ───────────────────────

△開議の宣告
○小久保博史 議長  これより本日の会議を開きます。

  ─────────────────────── ◇ ───────────────────────

△市長のあいさつ
○小久保博史 議長  市長のあいさつを願います。
                   〔石川良三市長登壇〕
◎石川良三 市長  本日は、平成20年9月定例会をお願い申し上げましたところ、議員各位におかれましては、公私ともにご多忙の折にもかかわらずご参集を賜り、厚く御礼を申し上げます。
 今定例会にご提案申し上げます議案は、条例の制定が4件、条例の一部改正が4件、定款の一部変更が1件、工事請負契約が3件、決算認定が10件、補正予算が8件の合計30議案でございます。
 議員各位におかれましては、慎重審議の上、可決あるいは認定を賜りますようお願い申し上げ、開会に当たってのあいさつといたします。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

  ─────────────────────── ◇ ───────────────────────

△会議録署名議員の指名
○小久保博史 議長  日程第1、会議録署名議員を指名いたします。
 会議規則第81条の規定により
  6番  卯 月 武 彦 議員
  7番  白 土 幸 仁 議員
  8番  新 部 裕 介 議員
 を指名いたします。

  ─────────────────────── ◇ ───────────────────────

△会期の決定
○小久保博史 議長  日程第2、会期の決定についてを議題といたします。
 この際、議会運営委員会の結果について報告を願います。
 議会運営委員長、会田幸一議員。
                   〔会田幸一議会運営委員長登壇〕
◎会田幸一 議会運営委員長  おはようございます。議会運営委員長の会田でございます。
 平成20年9月定例会につきまして、議会運営委員会を8月20日に開催いたしました。会期は、本日より9月19日までの26日間と決したところでございます。
 なお、詳細につきましては、お手元に配付してあります予定表のとおりでございます。
 どうぞ皆様方のご理解、ご協力をお願い申し上げ、報告といたします。
○小久保博史 議長  お諮りいたします。
 本定例会の会期は、ただいま議会運営委員長報告のとおり、本日から9月19日までの26日間とすることにご異議ありませんか。
                   〔「異議なし」と言う人あり〕
○小久保博史 議長  ご異議なしと認めます。
 よって、会期は本日から9月19日までの26日間と決しました。

  ─────────────────────── ◇ ───────────────────────

△諸般の報告
○小久保博史 議長  日程第3、諸般の報告をいたします。
 地方自治法第121条の規定により本定例会に議案説明者の出席を求めたところ、別紙のとおり報告がありましたので、ご了承願います。
 次に、今期受理いたしました請願4件につきましては、請願文書表としてお手元に配付しておきましたから、ご了承願います。
 次に、請願の処理経過及び結果について、地方自治法第125条の規定により、平成20年6月定例会において採択された未処理の請願1件について、その処理経過及び結果の報告を求めたところ、別紙のとおり報告がありましたので、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。
 次に、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定に基づく健全化判断比率及び第22条第1項の規定に基づく資金不足比率について報告がありましたので、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。
 次に、平成20年8月1日現在までにおける諸工事の入札結果及び工事報告が別紙のとおり提出されましたので、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。
 次に、春日部市土地開発公社並びに財団法人春日部市福祉公社から、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき経営状況報告書の提出がありましたので、ご報告いたします。

  ─────────────────────── ◇ ───────────────────────

△議案第63号から議案第66号までの上程、説明
○小久保博史 議長  日程第4、議案第63号から議案第66号までを一括議題といたします。
 事務局朗読願います。
                   〔事務局職員朗読〕
○小久保博史 議長  以上4件について、順次提案理由の説明を求めます。
  最初に、香田総合政策部長。
                   〔香田寛美総合政策部長登壇〕
◎香田寛美 総合政策部長  議案第63号 春日部市自治基本条例策定審議会条例の制定について、提案理由及びその内容につきまして説明申し上げます。
 提案理由でございますが、春日部市の自治の在り方の基本的な事項を定める条例の策定に関する事項を調査審議するため、自治基本条例策定審議会を設置することに伴い、条例を制定したく提案するものでございます。
 次に、条例の主な内容について説明申し上げます。議案書2ページをごらんください。第1条の設置につきましては、地方自治法第138条の4第3項の規定による附属機関として設置するものでございます。
 第2条は、審議会の所掌事務を、市長の諮問に応じ、春日部市の自治の在り方の基本的な事項を定める条例の策定に関する事項を調査審議することと定めております。
 第3条は、審議会の組織について定めたものであり、第1項は委員の定数を18人以内とし、第2項は委員の構成を定めたものでございます。1号委員といたしまして知識及び経験を有する者、2号委員は市内各種団体を代表する者、3号委員は公募に応じた市民でございます。
 第4条は、委員の任期を2年と規定したものでございます。
 第5条は、会長、副会長の役割を規定したものでございます。
 第6条は、審議会の会議運営について規定したものでございます。
 第7条は、審議のために必要であるときは、委員以外の出席を求め、意見や説明を聞き、または必要な資料の提出を求めることができることを規定したものでございます。
 第8条は、審議会の庶務を定めたものでございます。
 議案書3ページをごらんください。第9条は委任規定でございます。
 附則第1項は、条例の施行期日を平成20年10月1日からとするものでございます。
 附則第2項は、非常勤特別職の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正するものでございます。別表第1の表中、市民参加推進審議会委員の次に自治基本条例策定審議会委員を加えるものでございます。
 以上、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
○小久保博史 議長  次に、河津病院事務部長。
                   〔河津由夫病院事務部長登壇〕
◎河津由夫 病院事務部長  議案第64号 春日部市病院事業管理者の給与等に関する条例の制定について、提案理由及びその主な内容につきましてご説明を申し上げます。
 提案理由でございますが、病院事業管理者の設置に伴い、地方自治法第204条第3項の規定に基づき春日部市病院事業管理者の給与及び旅費に関する事項を定めるため、春日部市病院事業管理者の給与等に関する条例を制定したく提案するものでございます。
 次に、条例の主な内容についてご説明申し上げます。議案書5ページをごらんください。本条例は、全8条と附則で構成されております。第1条は、この条例の趣旨を定めたものでございます。
 第2条は、管理者の給与の種類について定めたものでございます。
 第3条は、管理者の給料を月額83万4,000円とするものでございます。
 第4条は、管理者の地域手当の額を給料月額に100分の15を乗じて得た額とするものでございます。
 第5条は、通勤手当の支給について定めたものでございます。
 第6条は、管理者に対して特殊勤務手当を支給することを定めたものでございます。特殊勤務手当の種類は医事手当とし、手当の額は月額26万円とするものでございます。
 第7条は、期末手当の支給について定めたものでございます。
 第8条は、旅費の支給について定めたものでございます。
 附則につきましては、この条例の施行期日を平成20年10月1日からとするものでございます。
 以上、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
○小久保博史 議長  次に、三木総務部長。
                   〔三木和明総務部長登壇〕
◎三木和明 総務部長  議案第65号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について、提案理由及びその主な内容につきまして説明申し上げます。
 提案理由でございますが、地方自治法の一部改正に伴い、関係条例を一括して改正するため、条例を制定したく提案するものでございます。
 次に、条例の主な内容について説明申し上げます。議案書8ページをごらんください。本条例は、2章全3条と附則で構成されております。第1章は、総務として、春日部市特別職報酬等審議会条例、春日部市議会の議員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正を定めたものでございます。第2章は、教育環境として、春日部市英語指導助手の報酬等に関する条例の一部改正を定めたものでございます。
 条文について説明申し上げます。第1条、春日部市特別職報酬等審議会条例の一部改正につきましては、表中第2条、所掌事項の報酬を議員報酬に改めるものでございます。
 第2条、春日部市議会の議員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正につきましては、表中第1条、趣旨の地方自治法第203条第5項を地方自治法第203条第4項に改め、同条から第5条第2項、期末手当までの報酬を議員報酬に改めるものでございます。
 議案書9ページをごらんください。第3条、春日部市英語指導助手の報酬等に関する条例の一部改正につきましては、表中第1条、趣旨の地方自治法第203条第5項を地方自治法第203条の2第4項に改めるものでございます。
 議案書10ページをごらんください。附則につきましては、この条例の施行期日を公布の日からとするものでございます。
 以上、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
○小久保博史 議長  次に、新井市民部長。
                   〔新井栄子市民部長登壇〕
◎新井栄子 市民部長  議案第66号 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について、提案理由及びその主な内容につきましてご説明申し上げます。
 提案理由でございますが、この法律が平成20年12月1日に施行することに伴い、関係条例を一括して改正するため、本条例を制定したく提案いたします。
 次に、本条例の主な内容についてご説明申し上げます。議案書12ページをごらんください。本条例は、3章5条、附則で構成されております。第1章、総務、第1条は、春日部市認可地縁団体印鑑条例の一部改正でございます。今回、法律の中で民法及び地方自治法の改正に伴い、引用している条例の整理を行うものです。春日部市認可地縁団体印鑑条例におきまして民法の規定を準用してまいりましたが、準用規定が削除され、削除された内容が新たに地方自治法に規定され、認可地縁団体としてより整理が図られました。また、地方自治法におきまして字句の整理が行われましたので、あわせて条例の整理を行うものです。
 表中第2条第2号中、法第260条の2第15項の規定により準用され、読み替えられた民法第56条を法第260条の9に、同第3号中、法第260条の2第15項の規定により準用される民法第57条を法第260条の10に、同第4号中、法第260条の2第15項の規定により準用される民法第74条又は第75条を法第260条の24又は第260条の25にそれぞれ改めます。
 表中第4条第2項第5号中、事務所を主たる事務所に改めます。
 表中第8条第2号中、法第260条の2第15項の規定により準用され、読み替えられた民法第68条を法第260条の20に改めます。
 議案書13ページをごらんください。表中第11条第3号中、事務所を主たる事務所に改めます。
 次に、第2条は、公益法人等への春日部市職員の派遣等に関する条例の一部改正でございます。今回の法律の中で公益法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律が改正されたことに伴い、この法律を引用している条例の整理を行うものです。
 表中、公益法人等への春日部市職員の派遣等に関する条例の題名及び第1条中、公益法人を公益的法人に改めます。
 表中第2条第1号中、民法第34条の規定により設立された法人を一般社団法人又は一般財団法人に改め、同2号中、公益法人を公益的法人に改めます。
 次に、第3条は、春日部市職員公務災害等見舞金支給条例の一部改正でございます。表中第2条第4号中、公益法人を公益的法人に改めます。
 議案書14ページをごらんください。続きまして、第2章、厚生福祉、第4条は、春日部市予防接種健康被害調査委員会条例の一部改正でございます。今回の法律の中で一般社団法人・財団法人法及び公益法人認定法が制定されたことに伴い、春日部市予防接種健康被害調査委員会を組織する委員の選出を求める当該条文を変更するものです。表中第3条3号中、社団法人春日部市医師会を春日部市医師会に改めます。
 最後に、第3章、教育環境、第5条は、墓地、埋葬等に関する法律施行条例の一部改正でございます。今回の法律の中で公益法人認定法が制定され、民法の法人に関する規定が改正されたことに伴い、この法律を引用している条例の整理を行うものです。表中第3条第2号中、民法第34条の規定により設立された法人を公益社団法人又は公益財団法人に改めます。
 なお、附則につきましては、本条例の施行期日を平成20年12月1日からとするものでございます。
 以上、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

  ─────────────────────── ◇ ───────────────────────

△議案第67号から議案第70号までの上程、説明
○小久保博史 議長  日程第5、議案第67号から議案第70号までを一括議題といたします。
 事務局朗読願います。
                   〔事務局職員朗読〕
○小久保博史 議長  以上4件について、順次提案理由の説明を求めます。
 最初に、米山福祉健康部長。
                   〔米山慶一福祉健康部長登壇〕
◎米山慶一 福祉健康部長  議案第67号 春日部市保育所条例の一部改正について、提案理由及びその主な内容につきまして説明申し上げます。
 初めに、提案理由でございますが、春日部市立第9保育所の設置に伴い、名称、位置及び定員の規定を改正するものでございます。
 次に、改正の主な内容について説明申し上げます。議案書16ページをごらんください。第2条中、名称につきましては春日部市立第9保育所、位置につきましては春日部市粕壁3丁目8番1号、入所定員につきましては120人とするものでございます。
 附則につきましては、条例の施行期日を平成21年9月1日とするものでございます。
 以上、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
 続きまして、議案第68号 春日部市児童館条例の一部改正について、提案理由及びその内容につきまして説明申し上げます。
 提案理由でございますが、春日部市春日部第2児童センターの設置等に伴い、名称及び位置の規定等を改正するものでございます。
 なお、今回の条例改正につきましては、指定管理者による同センターの管理運営を行うための条例整備も行うものでございます。
 次に、条例の主な内容につきまして説明申し上げます。議案書の18ページをごらんください。まず、第2条の名称及び位置でございますが、新たに設置する春日部市春日部第2児童センターを表に加えるものでございます。あわせまして、既存施設の名称と整合を図るため、春日部市児童センターを春日部市春日部第1児童センターに、また春日部市庄和第一児童館の一を漢数字からアラビア数字に改めるものでございます。
 第4条は、職員について定めるものでございます。
 第9条は、開館時間の規定でございますが、第1号で春日部第1児童センター及び庄和第1児童館の開館時間を規定し、第2号で春日部第2児童センターの開館時間を規定するよう改めるものでございます。
 第10条は、休館日の規定でございますが、春日部第2児童センターの休館日につきましては、12月29日から翌年の1月3日までの日とするものでございます。
 第14条は、指定管理者による管理について定めるもので、法人その他の団体であって市長が指定するものに児童館の管理を行わせることができるものとするものでございます。
 19ページ、第15条は、指定管理者の指定の手続を定めるものでございます。
 16条、20ページ、第17条は、指定の制限、欠格事項を定めるものでございます。
 第18条は、指定管理者の業務について定めるものでございます。
 第19条は、管理の基準等について定めるもので、関係する法令、条例及び規則を遵守し、維持管理を適正に行うこと、また取得した個人に関する情報を適正に取り扱うこととするものでございます。
 第20条、21ページ、21条は、事業報告書の作成及び提出、事業報告の聴取等について定めるものでございます。
 第22条、第23条、22ページ、24条は、指定の取り消し等、指定管理者による施設の原状回復義務、損害賠償義務について定めるものでございます。
 附則でございますが、この条例の施行期日を春日部第2児童センターの供用開始日である平成21年9月1日とするものでございます。ただし、指定管理者に係る改正規定につきましては、施行期日を公布の日からとするものでございます。
 以上、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
 続きまして、議案第69号 春日部市子育て支援センター条例の一部改正について、提案理由及びその主な内容について説明申し上げます。
 初めに、提案理由でございますが、春日部市立春日部子育て支援センターの設置に伴い、名称及び位置の規定を改正するものでございます。
 次に、改正の主な内容について説明申し上げます。議案書24ページをごらんください。第2条中、名称につきましては春日部市立春日部子育て支援センター、位置につきましては春日部市粕壁3丁目8番1号とするものでございます。
 附則につきましては、条例の施行期日を平成21年9月1日とするものでございます。
 以上、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
○小久保博史 議長  次に、折原健康保険担当部長。
                   〔折原良二健康保険担当部長登壇〕
◎折原良二 健康保険担当部長  議案第70号 春日部市国民健康保険税条例の一部改正について、提案理由及びその主な内容につきまして説明申し上げます。
 提案理由でございますが、地方税法等の一部改正に伴い、既に特別徴収対象被保険者であった者に係る仮徴収の規定等を改正するものでございます。
 次に、条例の主な改正内容について説明させていただきます。議案書26ページをごらんください。国民健康保険税条例第18条及び附則第17項の改正内容につきましては、地方税法及び地方税法施行規則が改正されたことにより、引用しております条項の変更をするものでございます。
 次に、附則についてでございますが、この条例の施行期日を公布の日からとするものでございます。これは、今回の地方税法及び地方税法施行規則が一部を除き平成20年4月30日に公布、施行されたことから、速やかに法との整合を図る観点から規定したものでございます。
 以上、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

  ─────────────────────── ◇ ───────────────────────

△議案第71号から議案第74号までの上程、説明
○小久保博史 議長  日程第6、議案第71号から議案第74号までを一括議題といたします。
 事務局朗読願います。
                   〔事務局職員朗読〕
○小久保博史 議長  以上4件について、順次提案理由の説明を求めます。
 最初に、関根財務担当部長。
                   〔関根金次郎財務担当部長登壇〕
◎関根金次郎 財務担当部長  議案第71号 春日部市土地開発公社定款の一部変更について、提案理由及びその内容につきましてご説明申し上げます。
 提案理由でございますが、平成20年12月1日に公益法人制度改革関連法案の一部が施行されることに伴い、春日部市土地開発公社の監事の職務を規定において引用しております民法第59条が削られるとともに、公有地の拡大の推進に関する法律の一部が改正され、新たに監事の職務が定められることから、定款の一部を変更する必要が生じたものでございます。定款の変更に当たりましては、公有地の拡大の推進に関する法律第14条第2項により、設立団体の議会の議決を経て知事の認可を受けなければならないと規定されているため、提案するものでございます。
 次に、定款の変更内容についてご説明申し上げます。議案書の28ページをごらんください。役員の職務及び権限を定めた定款第7条第4項中、改正前の欄の下線が引かれた民法第59条を、それに対応する改正後の欄の下線が引かれた公有地の拡大の推進に関する法律第16条第8項に改めるものでございます。
 附則につきましては、施行期日を認可のあった日からとするものでございます。
 以上、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
○小久保博史 議長  次に、秋村副市長。
                   〔秋村成一郎副市長登壇〕
◎秋村成一郎 副市長  議案第72号から議案第74号までの工事請負契約の締結に関する3議案につきまして順次説明申し上げます。
 今回の工事請負契約につきましては、平成20年6月定例会において議決をいただき、取得をいたしました粕壁三丁目A街区市街地再開発事業地内の建物に保育所、子育て支援センター並びに児童センターを整備するため締結するものでございまして、春日部市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により提案するものでございます。
 工事の内容は、建築工事2件、機械施設設備工事1件の合計3件、契約の方法は、地方自治法施行令第167条の5の2の規定に基づきまして制限つき一般競争入札を執行したところでございます。また、工期につきましては、3件とも契約締結の日から平成21年6月30日まででございます。
 それでは最初に、議案第72号 (仮称)春日部市立第9保育所・(仮称)春日部市立春日部子育て支援センター建築工事請負契約の締結について説明申し上げます。議案書29ページをごらんください。工事の概要でございますが、1階と2階の一部において保育所の内装工事と園庭設置のための外構工事、また2階の一部において子育て支援センターの内装工事を行うものでございます。
 次に、契約につきましては、入札の結果、契約予定金額は消費税及び地方消費税の額を含め2億4,612万円でございます。契約の相手方は、春日部市中央6丁目3番地11、三ツ和総合建設業協同組合埼玉東部営業所所長、小林功人でございます。
 続きまして、議案第73号 (仮称)都市型児童センター建築工事請負契約の締結について説明申し上げます。議案書30ページをごらんください。工事の概要でございますが、3階並びに4階において児童センターの内装工事を行うものでございます。
 次に、契約につきましては、入札の結果、契約予定金額は消費税及び地方消費税の額を含め1億7,430万円でございます。契約の相手方は、春日部市大沼6丁目14番地2、大和建設工業株式会社代表取締役、柏崎靜雄でございます。
 続きまして、議案第74号 (仮称)都市型児童センター外2施設機械設備工事請負契約の締結について説明申し上げます。議案書31ページをごらんください。工事の概要でございますが、児童センター、保育所及び子育て支援センターの空調設備、給排水設備、厨房設備等の工事を行うものでございます。
 次に、契約につきましては、入札の結果、契約予定金額は消費税及び地方消費税の額を含め1億5,519万円でございます。契約の相手方は、さいたま市大宮区桜木町1丁目11番地7、東通ビル2階、株式会社アペック代表取締役、関仁一でございます。
 以上、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

△休憩の宣告
○小久保博史 議長  この際、暫時休憩をいたします。
  午前10時39分休憩

  ─────────────────────────────────────────────────

△開議の宣告
○小久保博史 議長  休憩前に引き続き会議を開きます。
  午前10時55分開議

  ─────────────────────── ◇ ───────────────────────

△議案第75号の上程、説明
○小久保博史 議長  日程第7、議案第75号を議題といたします。
 事務局朗読願います。
                   〔事務局職員朗読〕
○小久保博史 議長  本案について提案説明を求めます。
 秋村副市長。
                   〔秋村成一郎副市長登壇〕
◎秋村成一郎 副市長  議案第75号、平成19年度春日部市一般会計歳入歳出決算につきまして、歳入歳出決算事項別明細書により主な収入、支出の状況を説明申し上げます。
 なお、計数等の読み違い等につきましては、決算書の記載が正確でございますので、その際はご容赦いただくようよろしくお願い申し上げます。
 最初に、歳入でございますが、38、39ページをごらんください。1款市税、調定額316億5,760万295円、収入済額288億2,159万4,133円、収納率は91.0%でございます。不納欠損額として、市民税の個人分を初めとする市税で1億8,196万2,299円を時効等によりお願いするものでございます。
 次に、1項市民税でございますが、調定額169億2,058万9,993円、収入済額154億2,488万2,143円、収納率は91.2%でございます。
 2項固定資産税につきましては、調定額115億8,647万9,121円、収入済額104億4,791万1,273円、収納率90.2%でございます。
 40、41ページ、2款地方譲与税、調定額、収入済額とも6億6,414万円でございます。内訳につきましては、42、43ページ、1項自動車重量譲与税、収入済額4億9,361万円、2項地方道路譲与税、収入済額1億7,053万円でございます。
 6款地方消費税交付金、調定額、収入済額とも17億8,604万3,000円でございます。
 44ページ、45ページ、9款地方交付税、調定額、収入済額とも57億2,510万円で、内訳につきましては、普通交付税52億5,791万3,000円、特別交付税4億6,718万7,000円でございます。
 11款分担金及び負担金、調定額6億5,242万557円、収入済額6億2,156万8,691円、収納率は95.3%、主なものは、2目民生費負担金、46、47ページでございますが、2節児童福祉費負担金5億9,674万4,220円でございます。
 48、49ページでございますが、12款使用料及び手数料は、調定額11億967万8,268円、収入済額11億226万9,598円、収納率は99.3%で、1項使用料収入の主なものは、50、51ページでございますが、6目土木使用料1億9,675万7,982円でございます。
 52、53ページでございます。2項手数料収入の主なものは、3目衛生手数料5億1,107万6,490円でございます。
 54、55ページをお開きください。13款国庫支出金、調定額、収入済額とも60億5,718万1,606円でございます。主なものは、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金、生活保護費負担金22億773万6,000円並びに56、57ページでございます、2項国庫補助金、4目土木費国庫補助金10億5,600万円でございます。
 58、59ページ、14款県支出金、調定額、収入済額とも30億9,871万4,037円でございます。主なものといたしましては、1項県負担金、2目民生費県負担金の児童福祉費負担金6億1,163万571円、次に61ページの2項県補助金、2目民生費県補助金の社会福祉費補助金4億9,766万54円並びに次の64、65ページでございますが、3項委託金、1目総務費委託金の県民税徴収委託金5億4,940万6,220円でございます。
 15款財産収入、調定額、収入済額とも13億3,237万9,753円で、主なものは、66、67ページでございますが、2項財産売払収入、1目不動産売払収入の普通財産売払収入12億9,591万2,113円でございます。
 17款繰入金、収入済額5億3,567万1,557円は、財政調整基金ほか3基金からの繰入金2億8,211万5,192円及び68、69ページでございますますが、特別会計からの繰入金3億5,355万6,365円でございます。
 少々飛びますが、82、83ページでございます。20款市債、調定額、収入済額とも34億7,925万9,000円で、1目総務債の本庁舎衛生設備改修事業債を初めとする各事業債及び臨時財政対策債等でございます。
 84、85ページでございます。歳入合計、予算現額601億4,753万2,377円、調定額606億7,856万9,416円、収入済額577億3,038万7,958円、収納率95.1%となります。不納欠損額は1億8,519万7,243円でございます。なお、予算現額に対する執行率は96.0%でございます。
 以上、歳入についての説明でございました。
 次に、歳出について説明申し上げます。88、89ページをごらんください。2款総務費、支出済額94億589万834円でございます。以下、項または目の中で主な事業は、1項総務管理費、100ページ、101ページでございますが、9目財産管理費、公有財産管理事務12億3,633万3,698円並びに124、125ページでございますが、25目防災費、前年度繰越明許分でございます、防災行政無線整備事業1億1,141万7,600円でございます。
 次に、148、149ページでございます。3款民生費、支出済額は162億6,910万6,391円でございます。1項社会福祉費、支出済額は75億7,305万4,781円でございます。
 152ページ、153ページでございます。2目障害者福祉費、支出済額23億8,102万7,112円の主なものは、次の54、55ページでございますが、20節扶助費20億4,185万299円で、各障害者福祉施策に係る障害福祉扶助費でございます。
 次に、170、171ページでございます。2項児童福祉費、支出済額は56億7,715万20円でございます。
 172、173ページでございますが、2目児童手当費、支出済額16億5,496万3,762円の主なものは、次のページの174、175ページでございますが、20節扶助費16億4,948万円でございます。
 3目児童福祉運営費、支出済額12億5,918万8,207円の主なものは、保育所運営委託事業10億9,143万7,728円でございます。
 186、187ページでございます。3項生活保護費、支出済額30億1,890万1,590円の主なものは、次の188、189ページでございますが、2目扶助費の生活保護扶助費28億9,800万9,310円でございます。
 190ページ、191ページでございます。4款衛生費、支出済額は63億5,098万640円でございます。1項保健衛生費、支出済額32億8,408万5,348円の主なものは、ちょっと飛びますけれども、202ページ、203ページでございますが、9目病院費、支出済額17億2,761万4,014円、病院事業会計への負担金、出資金及び補助金でございます。2項清掃費、支出済額は30億6,689万5,292円でございます。
 204、205ページでございます。2目塵芥処理費、支出済額10億1,686万8,526円の主なものは、ごみ収集運営事業9億7,252万4,724円でございます。
 少々飛びまして、218、219ページをお開きください。6款農林水産業費、支出済額2億4,179万8,513円の主なものは、225ページでございますが、4目農地費、末田須賀堰建設費償還負担金1,185万5,870円でございます。
 7款商工費、支出済額4億6,300万9,727円の主なものは、2目商工振興費、228、229ページでございますが、21節貸付金2億2,500万円で、制度融資に係る預託金でございます。
 次に、230、231ページでございます。8款土木費、支出済額は69億7,506万2,914円でございます。
 次に、240ページ、241ページでございます。4項都市計画費、支出済額59億8,328万6,478円でございます。
 244、245ページ、3目街路事業費、支出済額15億325万5,541円の主なものは、247ページの南桜井駅周辺整備事業7億7,606万5,096円でございます。
 252、253ページでございますが、8目地域整備推進費、支出済額9億5,524万473円の主なものは、粕壁三丁目A街区市街地再開発事業補助金8億9,264万6,000円でございまして、前年度からの繰り越し分を含んでおります。
 次に、256、257ページ、9款消防費、支出済額23億9,222万7,743円の主なものは、264、265ページに飛びますが、3目消防施設費では消防自動車購入事業1億3,315万5,750円でございます。
 10款教育費、支出済額は53億4,426万4,629円でございます。
 276、277ページをごらんください。2項小学校費、支出済額9億5,966万7,974円の主なものは、1目学校管理費、小学校運営事業3億9,906万7,254円でございます。
 280、281ページ、3項中学校費でございます。支出済額6億1,579万7,258円の主なものは、1目学校管理費、283ページでございますが、中学校運営事業2億3,081万928円でございます。
 286、287ページ、4項学校給食費、支出済額10億5,013万4,251円の主なものは、1目小学校給食費、小学校給食運営事業4億883万427円でございます。
 少々飛びまして、292、293ページでございます。6項社会教育費、支出済額11億7,921万5,214円の主なものは、296、297ページでございますが、3目の公民館費、公民館運営事業2億4,435万7,444円でございます。
 また少々飛びまして、320、321ページをお開きくださいませ。11款1項公債費、支出済額76億1,640万6,418円は、長期債の元利償還金等でございます。
 次に、322、323ページ、13款予備費につきましては、不測の事態により予算不足が生じたため、総額4,161万2,652円を26件の歳出項目に充用したところでございます。
 324、325ページをお開きください。歳出合計、予算現額601億4,753万2,377円、支出済額558億4,527万1,994円、翌年度繰越額30億4,810万558円、不用額12億5,415万9,825円、執行率は92.8%となっております。実質収支につきましては、歳入歳出差し引き残額は18億8,511万5,964円となりますが、翌年度へ繰り越すべき財源として繰越明許費9,750万558円がございますので、実質収支額は17億8,761万5,406円でございます。
 説明は以上でございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
○小久保博史 議長  決算についての審査意見の説明は、特別会計を含めて監査委員より一括説明といたしますので、ご了承願います。

  ─────────────────────── ◇ ───────────────────────

△議案第76号から議案第82号までの上程、説明
○小久保博史 議長  日程第8、議案第76号から議案第82号までを一括議題といたします。
 事務局朗読願います。
                   〔事務局職員朗読〕
○小久保博史 議長  以上7件について、順次提案説明を求めます。
 最初に、折原健康保険担当部長。
                   〔折原良二健康保険担当部長登壇〕
◎折原良二 健康保険担当部長  議案第76号、平成19年度春日部市国民健康保険特別会計歳入歳出決算につきまして、歳入歳出決算事項別明細書により説明申し上げます。
 最初に、歳入でございます。336ページをごらんください。1款国民健康保険税、調定額128億7,674万1,633円、収入済額75億3,022万9,099円、収納率は58.48%となっております。また、不納欠損額3億1,601万7,778円は、滞納繰り越し分のうち徴収不能のもので、2,303人分でございます。予算現額に対する執行率は94.25%でございます。
 338ページ、2款国庫支出金、調定額、収入済額とも53億3,203万2,585円、1項国庫負担金、調定額、収入済額とも45億5,097万4,585円、2項国庫補助金、調定額、収入済額とも7億8,105万8,000円でございます。
 3款1項療養給付費等交付金、調定額、収入済額とも57億7,454万1,961円でございます。
 4款県支出金、調定額、収入済額とも9億9,569万3,419円、1項県負担金、調定額、収入済額とも8,344万8,784円、2項県補助金、調定額、収入済額とも9億1,224万4,635円でございます。
 340ページ、5款1項共同事業交付金、調定額、収入済額とも21億5,387万5,226円でございます。
 7款繰入金、調定額、収入済額とも15億5,748万8,674円、これは一般会計からの繰入金でございます。
 342ページ、8款繰越金、調定額、収入済額とも6億1,101万4,882円でございます。
 9款諸収入、収入済額は1億1,572万4,034円、これは1項1目一般被保険者保険税延滞金6,422万3,004円、344ページ、4項雑入2,680万3,253円が主なものでございます。
 346ページ、歳入合計、予算現額247億235万9,000円、調定額294億2,375万1,936円、収入済額240億7,060万83円、調定額に対する収納率は81.81%となります。不納欠損額3億1,601万7,778円、収入未済額50億3,713万4,075円、予算現額に対する執行率は97.44%でございます。
 以上、歳入でございます。
 次に、歳出でございます。348ページ、1款総務費、1項総務管理費、支出済額2億8,894万7,551円、執行率96.82%、主なものは、国保特別会計職員人件費1億3,612万3,615円と350ページ、13節委託料で国保連合会等への業務委託料1億1,630万9,574円でございます。
 354ページ、2款保険給付費、1項療養諸費、支出済額140億6,484万6,951円、執行率99.98%、主なものは一般被保険者療養給付費80億8,178万2,746円及び退職被保険者等療養給付費57億265万8,014円でございます。
 356ページ、2項高額療養費、支出済額12億8,039万4,823円、執行率99.97%、これは一般被保険者、退職被保険者等の高額療養費でございます。
 358ページ、3款1項老人保健拠出金、支出済額42億3,343万1,151円、執行率100%、これは社会保険診療報酬支払基金への拠出金でございます。
 4款1項介護納付金、支出済額14億2,852万9,444円、執行率100%、これは第2号被保険者数に応じて医療保険者が社会保険診療報酬支払基金に納付するものでございます。
 360ページ、5款1項共同事業拠出金、支出済額20億5,200万7,022円、執行率95.58%でございます。
 6款1項保健事業費、支出済額1億1,718万3,084円、執行率91.37%、これは健康診断委託料6,510万9,811円、国保指定保養所利用補助及び出産費資金貸付金が主なものでございます。
 362ページ、8款交際費、支出済額767万6,027円、執行率40.93%、一時借入金利子でございます。
 9款諸支出金の主なものでございますが、1項1目一般被保険者保険税等還付金、支出済額1,776万1,150円、執行率63.47%でございます。
 5目償還金、支出済額4億7,512万3,497円、執行率100%でございます。これは国庫支出金返還金でございます。
 364ページ、10款予備費につきましては、不測の事態により予算不足が生じたため、4,189万6,103円を6件の歳出項目に充用したところでございます。
 366ページ、歳出合計、予算現額247億235万9,000円、支出済額244億7,294万176円、執行率99.07%、不用額2億2,941万8,824円でございます。平成19年度決算で、歳入額から歳出額を差し引いた実質収支額は4億234万93円の歳入不足となりました。このため、地方自治法施行令第166条の2の規定により、平成20年度の歳入をもって繰り上げ充用したところでございます。
 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
 続きまして、議案第77号、平成19年度春日部市老人保健特別会計歳入歳出決算につきまして、歳入歳出決算事項別明細書により説明申し上げます。
 最初に、歳入でございます。374ページをごらんください。1款1項支払基金交付金、調定額、収入済額とも65億3,924万5,522円でございます。内訳は、1目療養費交付金が調定額、収入済額ともに64億9,238万4,287円でございます。これは支払基金からの医療費交付金でございます。
 2目審査支払手数料交付金は、調定額、収入済額ともに4,686万1,235円で、レセプトの審査支払手数料でございます。
 2款1項負担金、調定額、収入済額とも491万7,491円でございます。これは埼玉県後期高齢者医療広域連合派遣職員人件費負担金で、平成19年度から広域連合に派遣している職員1名の人件費負担金でございます。
 3款1項国庫負担金、調定額、収入済額とも40億3,397万350円でございます。これは国の医療費負担金でございます。
 2項国庫補助金、調定額、収入済額とも582万4,350円でございます。これは高齢者医療制度円滑導入事業費補助金であり、後期高齢者医療制度の激変緩和措置を円滑に実施するためのシステム改修に対する補助でございます。
 4款1項県負担金、調定額、収入済額とも9億5,818万2,000円でございます。これは県の医療費負担金でございます。
 次に、376ページをごらんください。5款1項一般会計繰入金、調定額、収入済額とも10億5,449万4,000円でございます。これは、市の医療費負担分及び人件費、事務費分の繰り入れでございます。
 6款繰越金、調定額、収入済額とも6,007万5,000円でございます。これは繰り越し事業等充当財源繰越額で、平成18年度後期高齢者医療制度システム開発委託料に対する財源の繰り越しでございます。
 7款諸収入、調定額2,139万3,214円、収入済額1,481万3,998円、収入未済額657万9,216円でございます。主なものは3項1目第三者納付金618万7,916円、これは交通事故等の第三者行為による損害賠償金でございます。
 次に、378ページをごらんください。2目返納金742万7,545円で、これは医療機関の不正利得の返納金でございます。
 以上、歳入合計は、予算現額129億8,168万9,000円、調定額126億7,810万1,927円、収入済額126億7,152万2,711円、収入未済額657万9,216円で、予算現額に対する執行率は97.6%でございます。
 次に、歳出でございます。380ページをごらんください。1款1項総務管理費、支出済額1億3,956万3,676円、執行率は98.6%でございます。主なものは、職員7人分の人件費4,732万7,462円、電算業務委託料の繰越明許分6,007万4,700円でございます。
 次に、382ページ、2款1項医療諸費、支出済額122億8,839万840円で、執行率は97.0%でございます。主なものは、1目医療給付費、支出済額119億5,615万1,447円、これはレセプト請求に基づき医療機関への支払いをしたものであります。2目医療費支給費、支出済額2億8,608万4,588円、これは療養費及び高額医療費分でございます。
 3款諸支出金、1項償還金、支出済額2,149万5,938円でございます。これは県への過年度負担金返還金でございます。
 次に、384ページ、2項繰出金、支出済額1,986万2,077円でございます。これは、平成18年度の決算に基づき、一般会計繰入金の精算を行ったものでございます。
 4款予備費9,333万9,000円につきましては、全額が不用額でございます。
 5款繰上充用金、支出済額3,439万7,791円は、18年度の決算における歳入歳出差し引き不足額の補てん分としたものでございます。
 以上、歳出合計は、予算現額129億8,168万9,000円、支出済額125億371万322円、執行率96.3%、不用額4億7,797万8,678円でございます。歳入歳出差し引き残額1億6,781万2,389円が翌年度へ繰り越されるものでございます。
 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
 続きまして、議案第78号、平成19年度春日部市介護保険特別会計歳入歳出決算につきまして、歳入歳出決算事項別明細書により説明申し上げます。
 最初に、歳入でございます。396ページをごらんください。1款保険料、1項介護保険料、調定額24億1,870万8,250円、収入済額23億2,226万5,100円、収納率は96.01%で、これは第1号被保険者保険料でございます。不納欠損額1,605万5,400円で、これは普通徴収保険料滞納繰り越し分のうち徴収不能のもので、既に2カ年を経過し、時効になったもの2,947件の処分をお願いするものでございます。
 2款国庫支出金、1項国庫負担金、1目介護給付費負担金、調定額、収入済額とも13億9,554万8,000円でございます。
 2項国庫補助金、2目地域支援事業交付金(介護予防事業)、調定額、収入済額とも1,117万6,500円でございます。3目地域支援事業交付金(包括的支援事業・任意事業)、調定額、収入済額とも5,202万8,325円でございます。
 398ページ、3款支払基金交付金、1項支払基金交付金、1目介護給付費交付金、調定額、収入済額とも24億8,028万2,000円で、社会保険診療報酬支払基金を通して交付されております。2目地域支援交付金、調定額、収入済額とも1,628万2,000円でございます。
 4款県支出金、1項県負担金、1目介護給付費負担金、調定額、収入済額とも11億7,407万4,000円でございます。
 3項県補助金、1目地域支援事業交付金(介護予防事業)、調定額、収入済額とも558万8,250円でございます。2目地域支援事業交付金(包括的支援事業・任意事業)、調定額、収入済額とも2,601万4,162円でございます。
 400ページ、6款繰入金、1項一般会計繰入金、調定額、収入済額とも15億611万1,150円で、これは1目介護給付費繰入金10億8,259万7,000円、2目地域支援事業繰入金(介護予防事業)559万円、3目地域支援事業繰入金(包括的支援事業・任意事業)4,375万6,000円及び4目その他一般会計繰入金3億7,416万8,150円でございます。
 7款繰越金、1項繰越金、1目繰越金、調定額、収入済額とも5億9,034万2,874円でございます。
 402ページ、9款諸収入、調定額、収入済額とも3,012万1,091円で、主なものは、3項雑入、3目雑入、収入済額1,591万2,592円でございます。
 歳入合計、予算現額100億3,047万9,150円、調定額97億3,139万3,058円、収入済額96億3,494万9,908円で、調定に対する収納率は99.00%となっております。不納欠損額1,605万5,400円、収入未済額8,038万7,750円、予算現額に対する執行率は96.06%でございます。
 以上、歳入でございます。
 次に、歳出でございます。404ページ、1款総務費、1項総務管理費、支出済額2億8,931万7,521円、うち繰越明許費1,359万150円、不用額753万6,989円、執行率97.46%で、主なものは、介護保険特別会計職員34人分の人件費1億9,920万3,975円及び406ページ、13節委託料の電算業務委託料ほか4,309万3,890円でございます。
 408ページ、3項介護認定審査会費、支出済額5,668万3,180円、不用額401万1,820円、執行率は93.39%で、主なものは、介護認定審査会事務4,425万8,310円、認定調査事務1,242万4,870円でございます。
 410ページ、2款保険給付費、1項介護サービス等諸費、支出済額71億7,587万3,382円、不用額6億3,031万428円、執行率91.93%で、主なものは、居宅介護サービス給付事業33億1,853万767円、施設介護サービス給付事業30億1,135万4,583円、412ページ、地域密着型介護サービス給付事業4億7,200万7,231円で、要介護1から5に認定された方に対する保険給付でございます。
 2項介護予防サービス等諸費、支出済額3億5,964万6,589円、不用額1億2,618万6,411円、執行率は74.27%で、これは要支援と認定された方に対する保険給付で、主なものは介護予防サービス給付事業3億1,027万5,667円でございます。
 414ページ、高額介護サービス等費、支出済額1億1,129万2,806円、不用額24万8,384円、執行率99.78%、介護保険を利用した際の自己負担額が高額になった場合、基準額を超えて負担した額を高額介護サービス費として支給するものです。
 5項特定入所者介護サービス等費、支出済額2億2,568万6,590円、不用額1,883万8,410円、執行率92.30%、これは介護保険施設等における要介護認定者のうち低所得者の食費、居住費が負担限度額を超えた場合の差額を給付するものでございます。
 3款地域支援事業費、支出済額1億7,756万9,707円、不用額3,267万5,293円、執行率84.46%、これは地域支援事業に係る経費で、主なものは416ページ、地域包括支援センター運営事業1億370万円でございます。
 418ページ、5款公債費、支出済額6,666万7,000円、不用額1,000円、執行率は100%でございます。これは財政安定化基金償還金でございます。
 6款諸支出金、支出済額2億3,968万4,781円、不用額61万9,219円、執行率99.74%、主なものは償還金で、支払基金への返還金613万1,380円、国庫支出金返還金8,388万7,789円、県支出金返還金7,092万7,924円でございます。
 420ページ、歳出合計、予算現額100億3,047万9,150円、支出済額91億570万1,977円、執行率90.78%、不用額9億2,477万7,173円、歳入歳出差し引き残額5億2,924万7,931円が翌年度へ繰り越しされるところでございます。
 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
○小久保博史 議長  次に、関根財務担当部長。
                   〔関根金次郎財務担当部長登壇〕
◎関根金次郎 財務担当部長  議案第79号、平成19年度春日部市土地取得特別会計歳入歳出決算につきまして、歳入歳出決算事項別明細書によりご説明申し上げます。
 最初に、歳入でございますが、428ページをごらんください。1款繰入金、1項1目一般会計繰入金、調定額、収入済額とも7億836万842円で、公債費相当額を繰り入れたものでございます。
 歳入合計、予算現額7億836万4,000円に対し、調定額、収入済額とも7億836万842円でございます。
 以上が歳入でございます。
 続きまして、歳出でございます。430ページをごらんください。1款1項公債費、支出済額7億836万842円で、執行率100%でございます。これは、長期債元金6億2,978万7,500円及び長期債利子7,857万3,342円でございます。
 歳出合計、予算現額7億836万4,000円に対し、支出済額7億836万842円で不用額3,158円でございます。執行率はほぼ100%となっております。歳入歳出差し引き残額はゼロ円となるところでございます。
  説明は以上でございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
○小久保博史 議長  次に、星野建設部長。
                   〔星野 眞建設部長登壇〕
◎星野眞 建設部長  議案第80号、平成19年度春日部市下水道事業特別会計歳入歳出決算につきまして、歳入歳出決算事項別明細書により主なものを説明申し上げます。
 初めに、歳入から説明申し上げます。決算書の438ページをごらんください。1款分担金及び負担金、1項負担金、1目下水道費負担金、調定額1億8,506万541円、収入済額1億6,319万9,441円で、収納率は88.19%となっております。また、不納欠損額の116万2,120円につきましては、下水道受益者負担金滞納繰り越し分26件の処分をお願いするものでございます。
 2款使用料及び手数料、1項使用料、1目下水道使用料、調定額18億7,662万6,445円、収入済額18億4,269万1,384円でございまして、収納率につきましては98.19%となっております。また、不納欠損額240万5,979円は、公共下水道使用料滞納繰り越し分945件の処分をお願いするものでございます。
 次に、440ページをごらんください。3款国庫支出金、1項国庫補助金、1目下水道費国庫補助金、調定額、収入済額とも1億8,900万円でございまして、これは公共下水道整備事業費補助金で、汚水分といたしまして1億700万円及び雨水分として8,200万円でございます。
 5款繰入金、1項1目一般会計繰入金、調定額、収入済額とも24億9,101万9,524円で、これは汚水分としまして24億4,655万1,000円及び雨水分としまして4,446万8,524円でございます。
 次に、442ページをごらんください。6款1項1目繰越金は、調定額、収入済額とも1億297万1,075円で、前年度繰越金でございます。
 7款諸収入、調定額、収入済額とも1,205万6,381円で、この主なものは、3項1目貸付金元金収入の水洗便所改造資金融資預託金回収金の225万円及び4項1目雑入の870万7,770円でございます。
 次に、444ページをごらんください。8款1項市債、1目下水道債でございますが、調定額、収入済額とも18億7,570万円で、1節公共下水道債17億6,040万円につきましては、公共下水道事業債の汚水分としまして7億500万円及び雨水分としまして2億2,540万円並びに資本費平準化債8億3,000万円でございます。また、2節流域下水道債につきましては1億1,530万円でございます。
 2目借換債につきましては、補償金免除繰上償還債14億8,890万円でございまして、利率5%以上の起債29件分を繰上償還するために借りかえたものでございます。
 歳入合計、予算現額81億7,876万4,000円、調定額82億2,141万4,148円、収入済額81億6,561万7,982円で、調定額に対する収納率は99.32%となっております。また、不納欠損額356万8,099円、収入未済額5,222万8,062円で、予算現額に対する執行率は99.84%でございます。
 以上、歳入でございます。
 次に、歳出でございます。446ページをごらんください。1款総務費、1項総務管理費、支出済額11億1,218万663円の主なものは、中川流域下水道維持管理費負担金7億1,738万4,231円でございます。
 次に、450ページをごらんください。2款1項事業費、支出済額14億104万1,329円の主なものは、まず下水道築造事業の汚水分の8億2,384万6,175円につきましては、実施設計等の委託料及び藤塚地区、西金野井地区等の汚水管埋設工事費でございます。また、雨水分3億4,281万2,394円につきましては、栄町地内の雨水管渠工事費でございます。
 続きまして、452ページをごらんください。3款1項公債費、支出済額55億313万4,226円は、1目の長期債の償還元金37億7,981万2,163円及び2目償還利子17億2,332万2,063円でございます。
  454ページをごらんください。歳出合計、予算現額81億7,876万4,000円、支出済額80億1,635万6,218円、不用額1億6,240万7,782円で、予算現額に対する執行率は98.01%でございます。したがいまして、歳入歳出差し引き残額につきましては1億4,926万1,769円となりまして、この額が実質収支額となるもので翌年度へ繰り越しとなるところでございます。
 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
○小久保博史 議長  次に、石崎都市整備部長。
                   〔石崎純一都市整備部長登壇〕
◎石崎純一 都市整備部長  議案第81号、平成19年度春日部都市計画事業西金野井第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算につきまして、歳入歳出決算事項別明細書によりご説明申し上げます。
 最初に、歳入でございます。462ページをごらんください。1款繰入金、1項一般会計繰入金、調定額、収入済額とも5,250万円で、一般会計からの繰入金でございます。
 2款1項繰越金、調定額、収入済額とも1億1,547万1,319円で、これは平成18年度繰越金1億1,371万1,319円、繰越明許費176万円でございます。
 3款1項保留地処分金、調定額、収入済額とも1億6,088万4,005円で、西金野井第二土地区画整理事業に係る保留地17画地2,093.83平方メートルの処分金でございます。
 4款財産収入、1項財産運用収入、調定額、収入済額とも5万779円で、土地区画整理減債基金利子収入でございます。
 5款1項市債、調定額、収入済額とも1,530万円で、平成18年度分からの繰り越し分で地方特定道路整備事業に係る市債でございます。
 6款諸収入、1項雑入、調定額、収入済額とも60万4,993円で、これは保留地処分分筆費用負担金59万8,500円、自動車損害共済解約返戻金6,493円でございます。
 次に、464ページをごらんください。6款諸収入、2項市預金利子、調定額、収入済額とも26万1,152円で、土地区画整理普通預金利子収入でございます。
 歳入合計といたしまして、予算現額2億9,132万円、調定額、収入済額とも3億4,507万2,248円、執行率118.5%でございます。
 次に、歳出でございます。466ページをごらんください。1款総務費、1項総務管理費、支出済額2,621万6,368円、執行率94.68%で、主なものは土地区画整理減債基金積立金2,305万779円でございます。
 2款1項事業費、支出済額9,208万1,697円、執行率は70.59%で、主なものは、1目土地区画整理事業費、468ページ、13節委託料1,442万5,900円、15節工事請負費2,622万9,000円で、道路築造工事費等でございます。22節補償、補填及び賠償金4,846万2,406円で、物件移転補償費でございます。なお、建物等の移転補償費の一部を平成18年度からの繰り越し分として1,706万円を支出しております。また、計画策定委託料を繰越明許費として平成20年度へ2,205万9,450円を繰り越ししております。
 3款1項公債費、支出済額6,976万7,881円、執行率は100%で、主なものは長期債元金2,676万7,954円と長期債利子4,299万9,927円の償還金でございます。
 歳入歳出差し引き残額は1億5,700万6,302円となります。
 以上で春日部都市計画事業西金野井第二土地区画整理事業特別会計決算について説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願いいたします。
○小久保博史 議長  次に、星野建設部長。
                   〔星野 眞建設部長登壇〕
◎星野眞 建設部長  先ほどの下水道事業特別会計決算のご説明の中で、収入済額の項で「81億6,561万7,982円」と申し上げましたが、「81億6,561万7,987円」の誤りでございますので、訂正をさせていただきます。申しわけございませんでした。
○小久保博史 議長  次に、河津病院事務部長。
                   〔河津由夫病院事務部長登壇〕
◎河津由夫 病院事務部長  議案第82号、平成19年度春日部市立看護専門学校特別会計歳入歳出決算につきまして、歳入歳出決算事項別明細書により説明申し上げます。
 最初に、歳入でございます。決算書の478ページをごらんください。1款使用料及び手数料、1項使用料、調定額、収入済額とも1,156万9,836円で、主に授業料でございます。2項手数料、調定額、収入済額とも101万円で、入学選考手数料でございます。
 2款繰入金、1項一般会計繰入金、調定額、収入済額とも9,867万2,000円で、一般会計からの繰入金でございます。
 3款1項繰越金、調定額、収入済額とも533万7,888円で、前年度繰越金でございます。
 4款諸収入、1項雑入、調定額、収入済額とも64万3,365円で、主なものはコピー代や入学案内書料でございます。2項市預金利子、調定額、収入済額とも5万7,509円でございます。
 408ページをごらんください。歳入合計、予算現額1億1,756万3,000円、調定額、収入済額とも1億1,729万598円、予算現額に対する執行率は99.77%でございます。
 以上が歳入でございます。
 次に、歳出でございます。482ページをごらんください。1款総務費、1項総務管理費、支出済額1億1,111万7,846円は、職員13人分の人件費8,353万2,057円、一般管理事務2,758万5,789円でございます。
 486ページをごらんください。2款1項公債費、支出済額142万6,000円は、看護学院増改築事業債の償還利子でございます。
 歳出合計、予算現額1億1,756万3,000円、支出済額1億1,254万3,846円、予算現額に対する執行率は95.73%でございます。なお、歳入歳出差し引き残額474万6,752円につきましては翌年度へ繰り越しされるところでございます。
 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

△休憩の宣告
○小久保博史 議長  この際、暫時休憩をいたします。
  午後 0時07分休憩

  ─────────────────────────────────────────────────

△開議の宣告
○小久保博史 議長  休憩前に引き続き会議を開きます。
  午後 1時10分開議

  ─────────────────────────────────────────────────
△議案第76号から議案第82号までの上程、説明(続き)
○小久保博史 議長  この際、監査委員より審査意見の説明を求めます。
 石川監査委員。
                   〔石川利子監査委員登壇〕
◎石川利子 監査委員  代表監査委員の石川でございます。地方自治法第233条第2項の規定に基づき、審査に付された平成19年度春日部市一般会計及び特別会計歳入歳出決算について審査を実施し、審査意見書を市長あてに提出いたしましたので、その概要につきまして説明させていただきます。
 審査意見書の1ページをお開き願います。第1、審査の対象につきましては、平成19年度春日部市一般会計及び各特別会計の歳入歳出決算書並びに決算附属書類として、各会計の歳入歳出決算事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書でございます。
 第2、審査の期間につきましては、平成20年7月3日から8月4日まででございます。
 第3、審査の方法につきましては、一般会計及び特別会計歳入歳出決算書並びに決算附属書類が関係法令に準拠して作成されているか、予算が適正かつ効率的に執行されているか、また決算書の計数が正確であるかについて、関係諸帳簿及び証拠書類との照合等により確認するとともに、関係職員から説明を聴取するなどにより審査を実施したところでございます。
 第4、審査の結果につきましては、審査に付された一般会計及び特別会計歳入歳出決算書並びに決算附属書類はいずれも関係法令に準拠して作成され、またその計数も関係諸帳簿及び証拠書類と符合しており、予算執行は適正であると認められたところでございます。なお、審査の内容につきましては、審査意見書の2ページ以降をご参照願います。
 それでは、監査委員としての審査意見を申し述べさせていただきます。29ページをお開き願います。3行目でございます。一般会計及び特別会計を合わせた決算総額は、歳入1,134億4,380万2,000円、歳出1,109億5,295万1,000円で、前年度に比べ、歳入61億3,810万7,000円、歳出73億2,944万3,000円それぞれ増となっています。また、歳入歳出差し引き決算額は24億9,085万1,000円となり、翌年度に繰り越すべき財源1億1,956万円を差し引いた実質収支額は23億7,129万1,000円となっています。また、平成20年3月末の市債残高は1,095億1,489万2,000円で、基金残高は20億5,152万1,000円となっています。
 歳入ですが、一般会計について、歳入決算額577億3,038万7,000円は、前年度に比べ23億9,971万2,000円、4.3%の増で、これは定率減税の廃止及び税源移譲により、個人市民税が前年度に比べ24億7,290万7,000円、22.4%の増となったことが主な要因となっています。
 国民健康保険特別会計について、歳入決算額240億7,060万円は、前年度に比べ14億9,468万1,000円、6.6%の増となりましたが、歳出決算額244億7,294万円も25億803万6,000円、11.4%の増となり、実質収支額で4億234万円の不足となっています。一方、国民健康保険税の収入率は現年課税分で87.97%となり、前年度に比べ0.12ポイントの減少となっています。また、滞納繰り越し分は9.97%と低い水準で、依然として大変厳しい状況にあります。市民の納税意識の啓発に積極的に取り組むとともに、一層の収納対策の強化に努められることを望みます。
 下水道事業特別会計について、歳入決算額81億6,561万7,000円は、前年度に比べ11億1,083万3,000円、15.7%の増となりましたが、これは主に補償金免除繰上償還借換債14億8,890万円の活用があったことによるものです。しかしながら、歳入に占める市債の割合が常に高いことから、長期的な計画を持って債務管理を行うとともに、今後も金利負担軽減策を積極的に活用されることを望みます。
 不納欠損額については、一般会計が1億8,519万7,000円で、前年度に比べ5,716万5,000円、23.6%、下水道事業特別会計が356万8,000円で、前年度に比べ76万8,000円、17.7%それぞれ減となっていますが、国民健康保険特別会計が3億1,601万7,000円で、前年度に比べ5,107万7,000円、19.3%、介護保険特別会計が1,605万5,000円で、前年度に比べ190万円、13.4%それぞれ増となっています。不納欠損処分に当たっては、負担の公平性の観点から適正な対応に努められることを望みます。
 歳出ですが、一般会計について、歳出決算額558億4,527万1,000円は、前年度に比べ27億4,596万7,000円、5.2%の増で、これは都市計画費が前年度に比べ20億4,762万1,000円、52.0%の増となったことが主な要因となっています。歳出の主な事業としては、粕壁三丁目A街区市街地再開発事業、春日部駅西口南周辺環境整備事業、南桜井駅周辺整備事業、藤塚米島線整備事業、こども医療費支給事業、防災行政無線整備事業などが行われ、快適で安心、安全なまちづくりの推進が図られました。
 一般会計からの繰出金については総額で74億6,864万6,000円となっており、毎年度高い水準で推移しています。今後においても、基準を十分見きわめて執行されることを望みます。
 少子高齢化の進展は、扶助費の一層の増大を招き、財政状況はますます厳しさを増すことが予想されています。このような大変厳しい状況下ではありますが、職員一丸となり、経費削減やコスト意識の徹底を図り、限られた財源を有効に活用し、健全な財政運営を図られることを要望いたしまして、審査意見の説明とさせていただきます。

  ─────────────────────── ◇ ───────────────────────

△議案第83号の上程、説明
○小久保博史 議長  日程第9、議案第83号を議題といたします。
 事務局朗読願います。
                   〔事務局職員朗読〕
○小久保博史 議長  本案について提案説明を求めます。
 本田水道事業管理者職務代理者。
                   〔本田次男水道事業管理者職務代理者登壇〕
◎本田次男 水道事業管理者職務代理者  議案第83号 平成19年度春日部市水道事業会計決算認定について説明申し上げます。
 最初に、決算書11ページの水道事業報告書から説明をさせていただきます。初めに、概況の(1)、総括事項の(イ)、業務量でございます。給水人口は、前年度に対し499人減少し、24万1,093人、一方、給水戸数は1,063戸増加し、9万5,981戸となりました。配水量は、前年度に対し0.56%減の2,922万3,250立方メートル、有収水量は0.66%減の2,597万3,057立方メートルとなりました。
 次に、(ロ)、建設改良費でございますが、石綿セメント管等の布設がえは6,931メートル実施いたしました。浄水場などの施設整備は、西部浄水場の配水流量計室の耐震化工事、北部浄水場の次亜塩素注入設備の更新工事などを実施したところでございます。
 次に、(ハ)、経理の状況でございますが、消費税抜きの純利益は2億446万3,439円となったところでございます。
 次に、13ページをごらんください。2、工事の(1)、改良工事の概況でございますが、13ページから15ページに記載のとおりでございます。全28件、総工事費は7億3,067万1,900円でございます。
 次に、16ページをごらんください。3、業務の(1)、業務量の表の中でございますが、最も下の段になります。有収率は、平成18年度の88.97%から0.09ポイント下げる結果となりまして、88.88%となっております。
 次に、17ページの(2)、事業収入及び(3)、事業費に関する事項でございますが、1立方メートル当たりの供給単価155円94銭、一方、給水原価は152円27銭となりまして、平成19年度は1立方メートル当たり3円67銭の利益という結果でございました。
 次に、18ページは費用構成でございまして、記載のとおりでございます。
 次に、19ページの4、会計の(1)、重要契約の要旨でございますが、1,000万円以上の契約に係るものを掲載しておりまして、全30件でございます。
 20ページに入りまして、(2)、企業債の概況でございますが、当年度末残高は71億2,720万3,041円でございます。明細につきましては、35ページ以降の企業債明細書をご参照いただきたいと思います。
 それでは、1ページ、2ページにお戻りいただきまして、平成19年度春日部市水道事業決算報告書について説明申し上げます。(1)、収益的収入及び支出、いずれも税込みでございますが、収入の水道事業収益は44億3,001万9,057円であります。これに対して、支出の水道事業費用は42億154万650円となりました。
 次に、3ページ、4ページの(2)、資本的収入及び支出、こちらも税込みでございますが、収入は6億4,325万3,100円、これに対して支出は15億2,690万6,103円となりました。説明を欄外に記載しておりますが、収支不足額8億8,365万3,003円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額2,220万5,333円、減債積立金2億9,890万8,505円、過年度分損益勘定留保資金4億8,051万5,684円及び当年度分損益勘定留保資金8,202万3,481円で補てんをしたところでございます。
 続きまして、5ページの損益計算書でございますが、下から3行目、当年度の純利益は消費税抜き2億446万3,439円でございます。これに前年度繰越利益剰余金3億円を加えました当年度未処分利益剰余金は5億446万3,439円となるところでございます。
 次に、6ページの剰余金計算書でございますが、利益剰余金の部の?、減債積立金合計は5億2,153万8,388円でございます。資本剰余金の部は、?の受贈財産評価額から7ページの?、補償金まで記載のとおりでございます。
 次に、8ページの剰余金処分計算書でございますが、平成19年度の純利益はそのまま減債積立金に積み立てることといたしまして、3億円は引き続き翌年度に繰り越すものでございます。
 続きまして、9ページ、10ページの貸借対照表でございます。1、固定資産の明細は、33ページ、34ページのとおりでございます。
 10ページの負債の部のうち修繕引当金は、19年度修繕費の執行残額85万円余りを新たに引き当てし、1,606万3,254円としたものでございます。その結果、資産合計及び負債資本合計とも260億6,856万2,452円となるものでございます。
 次に、22ページからの収益費用明細書について主なものを説明申し上げます。初めに、収益でございますが、1款1項1目給水収益の第1節水道料金でございます。40億4,655万5,055円となりました。備考欄には口径別の状況を掲載いたしております。
 2項営業外収益の1目第1節預金利息597万5,741円は、大口定期預金等を活用した結果の収入でございます。第2節貸付金利息447万410円は、貸付金に伴います利息でございます。
 次に、23ページ、費用でございます。1款1項1目原水及び浄水費のうち24ページになりますが、13節委託料は1億4,332万20円で、浄水場管理及び設備保守点検委託料でございます。16節修繕費は8,980万9,775円で、浄水設備修繕費等、備考欄に記載のとおりでございます。23節受水費は16億8,363万417円で、県水2,725万2,030立方メートルの購入費用でございます。
 2目配水及び給水費に入りまして、25ページになりますが、13節委託料は1億4,843万4,340円で、内容は水道施設保守管理業務ほか備考欄に記載のとおりでございます。
 次に、29ページにお移りいただきまして、3項特別損失の第1目第1節の過年度損益修正損でございますが、2,685万6,325円でございます。16年度から18年度に係ります漏水減免その他の理由によります修正損が269万6,347円、また19年度から水道料金の時効を2年としたことに伴いまして、平成13年度から16年度の4年度分に係ります不納欠損等が2,415万9,977円となっております。
 続きまして、30ページの資本的収支明細書でございますが、収入の1款1項1目の第1節企業債は2億5,810万円で、財務省から1億3,150万円、公営企業金融公庫から1億2,660万円を借り入れております。
 3項分担金2億9,889万5,342円は、1,230戸分に係ります給水分担金でございます。
 4項国庫補助金は6,000万円で、石綿管更新のための水道水源開発等施設整備費国庫補助金でございます。
 これに対しまして支出でございますが、1項建設改良費の1目拡張工事費で、31ページになりますが、第25節工事請負費は5億9,857万6,000円で、内容は配水管布設がえ工事ほか備考欄に記載のとおりでございます。
 2目設備改良費のうち、32ページの第25節工事請負費は9,730万2,000円で、配水管布設工事ほか備考欄に記載のとおりでございます。
 3目量水器費は3,333万9,280円で、検定満期等量水器の購入費用でございます。
 2項1目の第1節企業債償還金は6億8,030万583円でございますが、このうち2億9,890万8,505円は臨時特例措置によります補償金免除繰上償還を行ったものでございます。償還先と金額は備考欄に記載のとおりでございます。
 説明は以上でございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
○小久保博史 議長  決算についての審査意見の説明は、病院事業会計を含めて監査委員より一括説明といたしますので、ご了承願います。

  ─────────────────────── ◇ ───────────────────────

△議案第84号の上程、説明
○小久保博史 議長  日程第10、議案第84号を議題といたします。
 事務局朗読願います。
                   〔事務局職員朗読〕
○小久保博史 議長  本案について提案説明を求めます。
 河津病院事務部長。
                   〔河津由夫病院事務部長登壇〕
◎河津由夫 病院事務部長  議案第84号 平成19年度春日部市病院事業会計決算認定についてご説明を申し上げます。
 最初に、決算書11ページをごらんいただきたいと存じます。決算書11ページの平成19年度春日部市病院事業報告書に沿ってご説明をさせていただきます。1、概況でございますが、近年の医療を取り巻く環境は、急速な少子高齢化の進展、医療ニーズの多様化に加え、医療費の抑制を目的とした診療報酬の引き下げ、また老人医療費自己負担割合の導入等、病院をめぐる環境は大きく変わっています。
 このような状況の中、市立病院は、一般医療のほか救急医療、高度医療など、公立病院として、また地域の中核的病院として市民の皆様への医療サービスの提供に取り組んでまいりました。また、平成19年6月からは7対1看護体制にし、患者様に手厚い看護を行っております。
 平成19年度における当病院の業務状況でございますが、年間利用患者数は、入院が6万9,256人、1日平均189.2人、外来が14万4,756人、診療日1日平均590.8人となりました。また、病床数については、看護師不足により平成17年4月から西6階病棟を閉鎖し、297床での運営を余儀なくされているところでございます。この閉鎖後による病床利用率は63.7%となりました。
 経理の状況、消費税を抜いたものでございますが、総収益58億3,574万4,945円に対し、総費用59億3,502万6,293円で、この結果、9,928万1,348円の純損失となりました。資本的勘定においては、医療器械として磁気共鳴画像診断装置、MRIの更新と放射線治療装置、リニアックの購入、また建築設備改修工事として、トランス増設工事、看護師宿舎内託児室設置工事及び西棟2階新生児室外改修工事を行い、医療環境の整備を図ったところでございます。
 医療環境はますます厳しい状況にありますが、医師、看護師の確保に努めながら健全経営に取り組み、良質な医療の提供、患者サービスの向上に努め、市民の皆様が安心して医療を受けられるよう医療体制の整備を図ってまいります。
 以上が病院事業の概況でございます。
 続きまして、事業内容についてご説明を申し上げます。12ページをお開き願いたいと思いますが、12ページの(2)、議会の議決事項は4件ございまして、内容につきましては予算、決算に関する事項でございます。記載のとおり議決をいただいたところでございます。
  (3)の行政官庁許認可事項につきましては、磁気共鳴画像診断装置、MRI及び放射線治療装置、リニアックの更新などに伴うもので、放射線発生装置の許可使用に係る変更の許可を受けたもの、治療計画室の使用許可を受けたもの、放射線治療室の使用許可を受けたもの及びMRI棟と西2病棟の使用許可を受けたものでございます。
 次に、13ページの(4)、職員に関する事項でございますが、当年度末の職員数は359名でございます。
 2、工事につきましては、放射線治療装置用トランスの1台増設工事、看護師宿舎内託児室設置工事及び西棟2階新生児室外改修工事を行いました。
 次に、14ページの3、業務、(1)の業務量でございますが、(イ)、入院診療につきましては、入院患者数が4,037人、延べ患者数は6万9,256人、1人平均在院日数については17.2日で、1人1日平均診療収益におきましては4万3,184円となったところでございます。
  (ロ)、外来診療でございますが、新患者数につきましては2万2,365人で、実患者数9万7,470人、延べ患者数が14万4,756人となっております。1人1日平均診療収益においては8,239円となっております。
 次に、15、16ページの(ニ)、各科別入院患者状況及び(ホ)、各科別外来患者状況は表のとおりでございます。
 次に、18ページをごらんいただきたいと存じます。18ページの4、会計、(1)、重要契約の要旨につきましては、病院の医療器械購入等の契約でございまして、100万円以上の契約を計上してございます。
  (2)の企業債及び一時借入金の状況は、(イ)の企業債でございますが、前年度末の未償還残高17億2,100万9,025円に当年度の企業債借入高3億2,490万円を加えたものから当年度の企業債償還金1億9,623万2,404円を差し引きまして、当年度末未償還残高は18億4,967万6,621円となったところでございます。
  (ロ)の一時借入金でございますが、これは12月定例会におきまして提案をいたしました他会計補助金の増額補正予算が議決されるまでの運営資金として資金融通をしていただいたもので、平成19年12月7日から平成19年12月17日までの11日間でございます。
 次に、19ページ、5、未収金の状況、(イ)の当年度医業収入未収金状況の医業未収入額は6億1,420万3,744円、(ロ)、当年度医業外収入未収金状況の未収入額は6,858万9,799円となっており、また(ハ)、過年度未収金状況の当年度末未収入額は4,061万7,391円となったところでございます。
 続きまして、決算の内容につきましてご説明を申し上げます。大変恐縮でございますが、1、2ページにお戻りを願いたいと存じます。(1)、収益的収入及び支出でございますが、第1款病院事業収益につきましては、予算現額56億4,782万1,000円に対しまして、決算額58億4,276万8,488円となっております。
第1項医業収益でございますが、予算現額41億9,900万9,000円に対しまして、決算額は44億914万827円となったところでございます。
 第2項医業外収益では、予算現額14億4,856万2,000円に対しまして、決算額は14億3,095万8,197円となったところでございます。
 次に、支出でございますが、第1款病院事業費用につきましては、予算現額61億4,995万2,000円に対しまして、決算額59億4,000万1,999円となっております。
 第1項医業費用でございますが、予算現額59億5,467万8,000円に対しまして、決算額は57億5,639万5,484円となったところでございます。
 第2項、医業外費用では、予算現額1億5,575万9,000円に対しまして、決算額は1億4,657万7,987円となったところでございます。
 次に、3ページ、4ページの資本的収入及び支出でございますが、第1款資本的収入につきましては、前年度建設改良費の繰り越しに係る財源充当額2億9,290万円を含んだ予算現額7億8,484万3,000円に対しまして、決算額は5億5,945万8,060円でございます。
 第1項負担金、決算額2億3,356万3,060円は、企業債償還金と病院整備費及び資産購入費への一般会計からの負担金でございます。
 第2項企業債、決算額3億2,490万円は、前年度建設改良費の繰り越した放射線治療装置購入事業分と補償金免除繰上償還借りかえ分でございます。
 第4項投資返還金、決算額は99万5,000円でございます。
 次に、支出でございますが、第1款資本的支出は、前年度建設改良費の繰越額2億9,295万円を含んだ予算現額8億3,683万6,000円に対しまして、決算額は7億9,771万2,458円でございます。
 内容としまして、第1項建設改良費、決算額5億7,786万549円は、病院整備費、医療器械購入費でございます。なお、医療器械購入費の中には、前年度建設改良費の繰り越しました放射線治療装置の購入額2億9,295万円が含まれております。
 第2項企業債償還金1億9,623万2,404円は、当年度企業債償還分でございます。
 第3項投資498万円は、奨学金貸付金でございます。
 第4項開発費1,863万9,505円は、DPCシステム導入に係る費用でございます。
 以上により、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額2億3,825万4,398円は、過年度分損益勘定留保資金4,874万7,789円、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額92万6,609円で補てんをしたところでございます。なお、不足する額1億8,858万円については、平成19年度同意済み企業債未発行分1億8,830万円及び過年度分損益勘定留保資金28万円をもって翌年度に措置するものでございます。
 次に、5ページの損益計算書につきましてご説明申し上げます。まず、医業収益でございますが、入院、外来、その他医業収益等で44億330万5,318円でございます。
 医業費用につきましては、給与費、材料費、経費等で56億9,022万6,978円となり、医業損失は12億8,692万1,660円となっております。
 医業外収益は、他会計負担金等で14億2,978万3,736円となっております。
 医業外費用につきましては、支払利息、雑支出等で2億779万8,608円となります。
 以上によりまして、経常損失は6,493万6,532円となり、特別勘定での損失額3,434万4,816円を加えた当年度純損失は9,928万1,348円となったところでございます。
  次に、6ページの剰余金計算書でございますが、前年度未処理欠損金が40億9,353万3,665円で、当年度において9,928万1,348円の純損失を加えまして、当年度末の未処理欠損金は41億9,281万5,013円となったところでございます。
 次に、7ページの資本剰余金でございますが、受贈財産評価額が3,731万9,420円、補助金3億2,938万円、その他資本剰余金が6億1,257万8,868円、資本剰余金合計額9億7,927万8,288円を翌年度に繰り越しをするものでございます。
 8ページの欠損金処理計算書でございますが、当年度未処理欠損金41億9,281万5,013円をそのまま翌年度に繰り越すものでございます。
 次に、9ページの貸借対照表でございますが、まず固定資産につきましては、土地、建物、器械、備品等の有形固定資産でございまして、固定資産合計が33億5,557万1,803円となります。
 流動資産につきましては、現金預金、未収金、貯蔵品等でございますが、合計9億9,331万865円となっております。繰延勘定1億632万2,527円につきましては、開発費と控除対象外消費税額の償却残でございまして、資産合計は44億5,520万5,195円となったところでございます。
 次に、10ページの負債の部でございますが、流動負債につきましては、未払い金、預かり金等で6億5,172万5,005円となります。
 資本の部でございますが、資本金は自己資本金と借入資本金の合計が70億1,701万6,915円でございます。
 剰余金につきましては、資本剰余金が9億7,927万8,288円、当年度末欠損金が41億9,281万5,013円で、剰余金合計はマイナス32億1,353万6,725円となり、資本合計は38億348万190円となりました。負債資本合計では44億5,520万5,195円となりまして、9ページの資産合計と一致するものでございます。
 21ページ以降では、収益費用明細書、資本的収支明細書、固定資産明細書、企業債明細書を記載してございます。
 以上が平成19年度春日部市病院事業会計決算の内容でございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
○小久保博史 議長  この際、監査委員より審査意見の説明を求めます。
 石川監査委員。
                   〔石川利子監査委員登壇〕
◎石川利子 監査委員  代表監査委員の石川でございます。地方公営企業法第30条第2項の規定に基づき、審査に付された平成19年度春日部市水道事業会計及び病院事業会計の決算について審査を実施し、審査意見書を市長あてに提出いたしましたので、その概要につきまして説明させていただきます。
 審査意見書の1ページをお開き願います。第1、審査の対象につきましては、平成19年度春日部市水道事業会計決算及び病院事業会計決算でございます。
 第2、審査の期間につきましては、平成20年6月10日から7月10日まででございます。
 第3、審査の方法につきましては、決算書及び決算附属書類が地方公営企業法その他関係法令に準拠して作成されているか、また事業の経営成績及び財政状態が適正に表示されているかを検証するため、関係職員から説明を聴取するとともに、計数については関係諸帳票と照合し、審査を実施したところでございます。
 第4、審査の結果につきましては、審査に付された両事業の決算書及び決算附属書類はいずれも関係法令に準拠して作成され、またその計数も関係諸帳票と符合しており、事業の経営成績及び財政状態も適正に表示していると認められたところでございます。
 なお、審査の内容につきましては、水道事業会計においては審査意見書の5ページ以降を、病院事業会計においては29ページ以降をそれぞれご参照願います。
 それでは、監査委員としての審査意見を申し述べさせていただきます。まず、水道事業会計でございますが、16ページをお開き願います。3行目でございます。業務実績では、給水人口が24万1,093人で、前年度に比べ499人、0.2%の減となり、給水戸数が9万5,981戸で、前年度に比べ1,063戸、1.1%の増となっています。年間総配水量は2,922万3,250立方メートルで、前年度に比べ16万4,460立方メートル、0.6%の減となり、年間総有収水量は2,597万3,057立方メートルで、前年度に比べ17万3,487立方メートル、0.7%の減となっています。また、有収率は88.88%で、前年度に比べ0.09ポイント下回っています。水資源の有効活用の観点から、引き続き漏水調査の実施、老朽管の更新を行い、有収率の向上に努められることを望みます。
 経営成績では、総収益が42億2,136万8,000円で、前年度に比べ5,274万8,000円、1.2%の減となり、総費用が40億1,690万5,000円で、前年度に比べ4,044万2,000円、1.0%の増となっています。そのため、2億446万3,000円の純利益となっていますが、前年度に比べ9,318万9,000円、31.3%の減となっています。また、未処分利益剰余金が5億446万3,000円となり、そのうち2億446万3,000円を減債積立金といたしました。さらに、1立方メートル当たりの供給単価が155円94銭、給水原価が152円27銭となり、供給単価が給水原価を3円67銭上回ったところですが、前年度に比べ3円37銭の減となっています。今後におきましては、使用水量が減少し、収益も減となっていることから、経費の見直し、節減による一層の経営の効率化を図り、健全経営の維持に努められることを望みます。
 特別損失における水道料金の不納欠損につきましては、水道料金債権の消滅時効が2年とされたことにより、平成13年度から平成16年度の4年度分の処理を行ったため、前年度に比べ増となっています。今後におきましても、消滅時効期間2年への対策も含め、負担の公平性の観点からより一層の未収金対策に努められることを望みます。
 建設改良費におきましては、石綿セメント管の布設がえを行い、浄水場整備として西部浄水場の配水流量計室を耐震化するための工事及び北部浄水場の次亜塩素注入設備の更新工事を実施しています。最近は国の内外で大きな地震による被害が発生していますが、水道は生活を支える欠くことのできないライフラインであることから、災害時における安定した水の供給のためには水道施設の耐震化は課題であります。そのことから、浄水場の耐震化、石綿セメント管の布設がえを計画的に行っているところではありますが、災害に備えるためにも早期整備を目指されることを望みます。
 平成19年度は、地域水道ビジョンの策定が行われました。内容は、安心と安全を未来へを基本理念に、安全な水の安定供給、災害に強い水道、持続可能な水道事業経営、環境に優しい水道を目指すことを基本方針としています。今後は、これらの理念、方針のもと、水道事業の施策の確実な実施が図られることを望みます。
 次に、病院事業会計につきましては41ページをお開き願います。3行目でございます。業務実績では、入院延べ患者数は6万9,256人で、前年度に比べ9,624人、12.2%の減となり、外来延べ患者数では14万4,756人で、前年度に比べ2万9,665人、17.0%の減となっています。特に小児科におきましては、医師の離職により平成19年9月から休診となったことから、入院延べ患者数は318人で、前年度に比べ3,806人、92.3%の減となり、外来延べ患者数では5,221人で、前年度に比べ1万411人、66.6%の減となっています。近年、入院、外来患者数ともに減少傾向が続いており、収益源の主な要因となっています。
 経営成績では、総収益が58億3,574万4,000円で、総費用が59億3,502万6,000円となり、9,928万1,000円の純損失となっています。これにより、当年度未処理欠損金は41億9,281万5,000円となっています。しかしながら、総収益の中には一般会計からの補助金が7億5,000万円あり、前年度に比べ4億5,000万円の増額となっています。財政状態では、平成19年度末の資産合計は44億5,520万5,000円となり、前年度末に比べ4億6,972万9,000円の増となっています。これは主に医療器械の購入によるものです。
 市立病院は、一般医療のほか救急医療、高度医療など、地域の中核的医療機関として医療サービスを提供しています。また、特色ある医療を提供するため、平成19年1月には地域がん診療連携拠点病院の指定を受けました。しかし、診療報酬の引き下げ、医師不足の問題及び不採算医療についても切り離せない実態等、全国的に見ても公立病院を取り巻く環境には非常に厳しいものがあります。
 このような中、平成18年12月には春日部市立病院経営再建計画を策定し、平成20年10月には地方公営企業法の全部適用を目指しています。これらを契機に、高度医療機器の更新や院内改修等の医療環境の整備に努め、患者から選ばれる病院を目指すとともに、院内託児室の設置等、働きやすい職場環境の整備に努め、医師、看護師の確保を図られることを望みます。また、業務の面においても、材料費及び業務委託料の見直し等により経費縮減を図り、経営の健全化に向けより一層努力されることを強く期待いたしまして、審査意見の説明とさせていただきます。

  ─────────────────────── ◇ ───────────────────────

△議案第85号の上程、説明
○小久保博史 議長  日程第11、議案第85号を議題といたします。
 事務局朗読願います。
                   〔事務局職員朗読〕
○小久保博史 議長  本案について提案説明を求めます。
 秋村副市長。
                   〔秋村成一郎副市長登壇〕
◎秋村成一郎 副市長  議案第85号 平成20年度春日部市一般会計補正予算(第2号)につきまして、平成20年度春日部市一般会計補正予算書及び補正予算に関する説明書を用いて説明申し上げます。
 なお、計数等の読み違い等につきましては、補正予算書の記載が正確でございますので、その際はご容赦いただくようよろしくお願い申し上げます。
 説明書の1ページをごらんください。補正予算の総額は、第1条のとおり、歳入歳出の総額にそれぞれ9億3,820万1,000円を追加し、歳入歳出とも572億4,820万1,000円とするものでございます。
 次に、第2条の債務負担行為の補正につきまして、説明書4ページの第2表、債務負担行為補正で説明いたします。債務負担行為の追加でございますが、自治基本条例策定支援業務委託につきまして、期間を平成20年度から21年度まで、限度額を753万3,000円とするものでございます。
 次に、第3条の地方債の補正につきましては、5ページの第3表、地方債補正で説明いたします。武里内牧線整備事業につきましては、地方道路整備臨時交付金が交付決定されたことに伴い、限度額を変更するものでございます。また、臨時財政対策債につきましても、発行可能額が確定したため、限度額を変更するものでございます。
 続きまして、歳入歳出補正予算事項別明細書中、歳出から主なものを説明申し上げます。16、17ページをごらんください。2款総務費、1項総務管理費、10目企画費、企画事務30万1,000円の増につきましては、春日部市自治基本条例を策定するための自治基本条例策定審議会を新たに設置することに伴う費用でございます。
 27目財政調整基金費、財政調整基金積立金1億2,400万円の増につきましては、補正額が確定したため、譲与財源を財政調整基金に積み立てるものでございます。
 28目減債基金費、減債基金積立金1億円の増につきましては、市債の償還に必要な財源を確保するため、減債基金に積み立てるものでございます。
 29目公共施設整備基金費、公共用地及び施設取得又は施設整備基金積立金1億円の増につきましては、公共施設の整備等に備え、公共用地及び施設取得または施設整備基金に積み立てるものでございます。
 2款総務費、2項徴税費、1目税務総務費、税務総務事務1億700万円の増につきましては、法人市民税において、一部企業の業績の悪化に伴い、前年度に納付されていた税金を還付する必要が生じたため補正するものでございます。
 次に、18、19ページをごらんください。2目市民税費、市民税事務2,083万2,000円の増につきましては、公的年金からの個人市民税の特別徴収及び給与支払い報告書を電子化することに伴い、電算システム等を整備するため補正するものでございます。
 3款民生費、1項社会福祉費、2目障害者福祉費、障害福祉事務8,982万7,000円の増及び次ページの3款民生費、3項生活保護費、1目生活保護総務費、生活保護総務事務5,655万2,000円の増につきましては、平成19年度の国庫負担金等の精算に伴う返還金等を補正するものでございます。
 4款衛生費、1目保健衛生費、7目環境保全費、環境保全事務478万8,000円の増につきましては、トレモライト等の3種類のアスベストを対象とした分析調査を実施するため補正するものでございます。
 9目病院費、病院事業会計補助金3億円の増につきましては、病院事業会計において年度内の収支不足が見込まれるため補正するものでございます。
 次に、22、23ページをごらんください。4款衛生費、2目清掃費、1目清掃総務費、ごみ減量化・資源化推進事業128万4,000円の増につきましては、市民団体との連携、協働によりレジ袋の大幅削減を促進するため、関連経費を補助するものでございます。
 次に、24、25ページの10款教育費、1項教育総務費、6目学校教育指導費、教育研究委託事業78万円の増につきましては、八木崎小学校が埼玉県から地球にいいことチャレンジ事業の教育研究を委託されたため補正するものでございます。
 続きまして、歳入について説明申し上げます。恐縮ですが、説明書の10ページ、11ページにお戻り願います。1款市税、1項市民税、2目法人、市民税法人現年課税分1億円の減につきましては、電気供給業等の業種において申告額が当初見込みより大幅に減少したため補正するものでございます。
 8款地方特例交付金、1項地方特例交付金、1目地方特例交付金、地方特例交付金4,639万円の増につきましては、交付額が確定したため補正するものでございます。
 9款地方交付税、1項地方交付税、1目地方交付税、普通交付税6億6,723万5,000円の増につきましては、平成20年度普通交付税当初算定を行った結果、交付額が確定したため補正するものでございます。
 13款国庫支出金、2項国庫補助金、1目総務費国庫補助金、市町村合併推進体制整備費補助金1,000万円の増につきましては、都市計画基本図作成事業に対して補助金が交付決定されたため計上するものでございます。
 次に、4目土木費国庫補助金、地方道路整備臨時交付金2,035万円の減につきましては、武里内牧線整備事業に対して交付金が交付決定されたため補正するものでございます。
 次に、12、13ページをごらんください。14款県支出金、2項県補助金、2目民生費県補助金、共同生活介護(ケアホーム)重度障害者支援体制強化事業補助金826万4,000円の増につきましては、ケアホームに入居する重度障害者に対する介護の支援に対して新たに補助金が交付されることとなったため計上するものでございます。
 15款財産収入、2項財産売払収入、1目不動産売払収入、普通財産売払収入1億3,479万8,000円の減につきましては、普通財産の公売物件の一部が売却に至らなかったため補正するものでございます。
 17款繰入金、1項基金繰入金、1目財政調整基金繰入金、財政調整基金繰入金6億1,000万円の減につきましては、補正額が確定したため、余剰財源を基金に充当し、当初予定していた繰入金を減額するものでございます。
 次に、2項特別会計繰入金、1目老人保健特別会計繰入金4,921万4,000円、2目介護保険特別会計繰入金1億2,427万4,000円、3目下水道事業特別会計繰入金7,660万2,000円及び4目看護専門学校特別会計繰入金474万7,000円の増につきましては、平成19年度特別会計の決算額の確定に伴い、精算分を一般会計に繰り入れるものでございます。
  18款繰越金、1項繰越金、1目繰越金、前年度繰越金7億8,761万5,000円の増につきましては、平成19年度繰越金が確定したことにより補正するものでございます。
 最後に、20款市債につきましては、5ページの第3表、地方債補正で説明申し上げたとおりでございます。
 以上をもちまして、平成20年度春日部市一般会計補正予算(第2号)の提案説明を終わります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

△休憩の宣告
○小久保博史 議長  この際、暫時休憩をいたします。
  午後 2時15分休憩

  ─────────────────────────────────────────────────

△開議の宣告
○小久保博史 議長  休憩前に引き続き会議を開きます。
  午後 2時30分開議

  ─────────────────────── ◇ ───────────────────────

△議案第86号から議案第91号までの上程、説明
○小久保博史 議長  日程第12、議案第86号から議案第91号までを一括議題といたします。
 事務局朗読願います。
                   〔事務局職員朗読〕
○小久保博史 議長  以上6件について、順次提案説明を求めます。
 最初に、折原健康保険担当部長。
                   〔折原良二健康保険担当部長登壇〕
◎折原良二 健康保険担当部長  議案第86号 平成20年度春日部市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきまして説明申し上げます。
 補正予算書の33ページをごらんください。第1条でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6億2,915万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ249億6,254万4,000円とするものでございます。
 補正の内容につきまして、歳入歳出補正予算事項別明細書により順次説明申し上げます。最初に、歳出より説明申し上げます。42ページをごらんください。3款後期高齢者支援金等、1項後期高齢者支援金等、1目後期高齢者支援金77万6,000円の減額につきましては、平成20年度後期高齢者支援金の確定により不用額が生じたことから減額するものでございます。
 次に、4款前期高齢者納付金等、1項前期高齢者納付金等、1目前期高齢者納付金324万1,000円の減額につきましては、平成20年度前期高齢者納付金の確定により不用額が生じたことから減額するものでございます。
 次に、6款介護納付金、1項介護納付金、1目介護納付金457万円の減額につきましては、平成20年度拠出額の確定により不用額が生じたことから減額するものでございます。
 次に、7款共同事業拠出金、1項共同事業拠出金、1目高額医療費共同事業拠出金1億2,593万8,000円の増額につきましては、平成20年度高額医療費共同事業拠出金の額が確定したため増額するものでございます。
 次に、2目保険財政共同安定化事業拠出金3億5,725万8,000円の増額につきましては、平成20年度保険財政共同安定化事業拠出金の額が確定したため増額するものでございます。
 44ページをごらんください。8款保健事業費、1項特定健康診査等事業費、1目特定健康診査等事業費178万2,000円の増額につきましては、特定健康診査等事業に係る埼玉県国民健康保険団体連合会システムデータ管理手数料が当初見込みより要するため増額するものでございます。
 11款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、5目償還金1億8,242万5,000円は、平成19年度における医療給付費等交付金の額が確定したことに伴い増額するものでございます。
 続きまして、13款繰上充用金、1項繰上充用金、1目繰上充用金2,965万9,000円の減額につきましては、平成19年度の収支不足額を補てんするための前年度繰上充用金の額が確定したため減額するものでございます。
 次に、歳入につきまして説明申し上げます。40ページをごらんください。4款前期高齢者交付金、1項前期高齢者交付金、1目前期高齢者交付金4,219万3,000円の減額につきましては、平成20年度前期高齢者交付金の額が確定したことにより減額するものでございます。
 次に、6款共同事業交付金、1項共同事業交付金、1目高額医療費共同事業交付金2億2,598万9,000円の増額につきましては、高額医療費共同事業交付金が確定したことにより増額するものでございます。
 次に、2目保険財政共同安定化事業交付金4億4,536万2,000円の増額につきましては、保険財政共同安定化事業交付金が確定したことにより増額するものでございます。
 続きまして、9款繰越金、1項繰越金、1目療養給付費等交付金繰越金1,000円の減額につきましては、平成19年度療養給付費等交付額の額が確定したことによるものでございます。
 以上で平成20年度春日部市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
 続きまして、議案第87号 平成20年度春日部市老人保健特別会計補正予算(第1号)につきまして説明申し上げます。
 補正予算書の47ページをごらんください。第1条でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億4,828万8,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ16億7,196万8,000円とするものでございます。
 それでは、補正予算の内容につきまして、歳入歳出補正予算事項別明細書により順次説明申し上げます。最初に、歳出より説明申し上げます。54ページをごらんください。1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費202万4,000円の増額につきましては、老人保健業務に係る共同電算処理手数料等の事務費に不足が生じるため増額するものでございます。
 3款諸支出金、1項償還金、1目償還金1億884万2,000円の増額につきましては、国県負担金及び支払基金審査支払手数料交付金の平成19年度分の精算による返還金でございます。
 2項繰出金、1目一般会計繰出金4,921万4,000円の増額につきましても、平成19年度分の精算による返還金でございます。
 4款予備費、1項予備費、1目予備費8,820万8,000円の増額につきましては、歳入歳出の余剰金を計上するものでございます。
 次に、歳入について説明申し上げます。52ページをごらんください。1款支払基金交付金、1項支払基金交付金、1目医療費交付金7,845万3,000円の増額につきましては、医療費交付金の平成19年度分の精算による不足分が過年度分として交付されるものでございます。
 次に、4款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金202万4,000円の増額につきましては、老人保健業務に係る手数料等の事務費の不足分を一般会計から繰り入れするものです。
 次に、5款繰越金、1項繰越金、1目繰越金の1億6,781万1,000円の増額は、平成19年度決算における繰越金でございます。
 以上、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
 続きまして、議案第88号 平成20年度春日部市介護保険特別会計補正予算(第1号)につきまして説明申し上げます。
 補正予算書の57ページをごらんください。第1条の歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5億3,731万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ105億9,148万3,000円とするものでございます。
 補正の内容につきましては、歳入歳出補正予算事項別明細書により順次説明申し上げます。初めに、歳出から説明申し上げます。64ページをごらんください。1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費61万3,000円の増額でございますが、職員の退職に伴い、欠員補充のために臨時職員を雇用するため増額補正するものでございます。
 6款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、2目償還金7,669万8,000円の増額につきましては、平成19年度の介護給付費及び地域支援事業費が確定したことに伴い、国、県及び社会保険診療報酬支払基金へ実績に基づく精算により返還するものでございます。
 6款諸支出金、2項繰出金、1目一般会計繰出金1億2,427万1,000円は、償還金と同様、平成19年度の決算が確定したことに伴い、市からの介護給付費繰入金等について実績に基づく精算により返還するものでございます。
 7款予備費、1項予備費、1目予備費3億3,573万3,000円の増額は、歳入歳出の余剰金を計上するものでございます。
 次に、歳入につきまして説明申し上げます。62ページをごらんください。2款国庫支出金、1項国庫負担金、1目介護給付費負担金795万5,000円の増額は、平成19年度の交付額の不足額が過年度分として交付されるものでございます。
 6款繰入金、1項一般会計繰入金、1目その他一般会計繰入金61万3,000円の増額は、職員の退職に伴い、欠員補充のために臨時職員を雇用するため増額補正するものでございます。
 7款繰越金、1項繰越金、1目繰越金5億2,874万7,000円の増額は、平成19年度春日部市介護保険特別会計決算の確定に伴いまして前年度繰越金を増額補正するものでございます。
 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
○小久保博史 議長  次に、星野建設部長。
                   〔星野 眞建設部長登壇〕
◎星野眞 建設部長  議案第89号 平成20年度春日部市下水道事業特別会計補正予算(第1号)について説明申し上げます。
 補正予算書の67ページをごらんください。第1条でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億2,360万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ120億4,831万6,000円とするものでございます。
 次に、第2条、地方債の変更につきましては、69ページの第2表、地方債補正のとおりでございます。
 歳入歳出予算の内容につきましては、歳入歳出補正予算事項別明細書により、歳出から主なものにつきまして説明申し上げます。補正予算書の75ページをごらんください。4款1項1目予備費4,700万円の増額は、予算外の支出または予算超過の支出に充てるため補正するものでございます。
 5款諸支出金、1項繰出金、1目一般会計繰出金7,660万2,000円の増額につきましては、平成19年度春日部市下水道事業特別会計の決算額の確定に伴いまして、一般会計からの繰入金を精算するものでございます。
 次に、歳入につきまして説明申し上げます。73ページをごらんください。3款国庫支出金、1項国庫補助金、1目下水道費国庫補助金4,600万円の増額は、下水道築造事業の補助基準が改正されたことに伴いまして、補助金が増額となるため補正をするものでございます。
 6款1項1目1節繰越金1億2,360万2,000円の増額は、平成19年度決算により繰越金が確定したことに伴い補正するものでございます。
 8款1項市債、1目下水道債4,600万円の増額は、公共下水道整備事業費補助金が増額となることに伴いまして、起債対象事業費が減額となるため補正するものでございます。
 以上、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
○小久保博史 議長  次に、石崎都市整備部長。
                   〔石崎純一都市整備部長登壇〕
◎石崎純一 都市整備部長  議案第90号 平成20年度春日部都市計画事業西金野井第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について説明申し上げます。
 補正予算書77ページをごらんください。第1条でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,232万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ19億1,379万1,000円とするものでございます。
 歳入歳出予算の内容につきましては、事項別明細書により順次説明申し上げます。それでは、歳出から説明申し上げます。84ページをごらんください。初めに、1款1項総務管理費、2目土地区画整理減債基金積立金7,232万4,000円の増額でございますが、これは平成19年度の繰越金が確定したことに伴い積み立てるものでございます。
 次に、歳入につきまして説明申し上げます。82ページをごらんください。4款1項1目1節繰越金7,232万4,000円の増額でございますが、平成19年度の繰越金が確定しましたので、7,232万4,000円を増額し、1億3,494万6,000円とするものでございます。
 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
○小久保博史 議長  次に、河津病院事務部長。
                   〔河津由夫病院事務部長登壇〕
◎河津由夫 病院事務部長  議案第91号 平成20年度春日部市立看護専門学校特別会計補正予算(第1号)につきまして説明申し上げます。
 補正予算書87ページをごらんいただきたいと存じます。第1条でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ474万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億5,383万2,000円とするものでございます。
 歳入歳出予算の内容につきましては、事項別明細書の歳出から説明を申し上げます。94ページをごらんいただきたいと存じます。3款予備費、1項1目予備費2,000円の減額は、予算収支の不足分を計上するものでございます。
 4款諸支出金、1項繰出金、1目一般会計繰出金474万7,000円は、平成19年度看護専門学校特別会計の決算額の確定に伴い、一般会計からの繰入金の精算をするものでございます。
 次に、歳入につきましてご説明申し上げます。92ページをごらんいただきたいと存じます。3款繰越金、1項1目繰越金474万5,000円の増額は、平成19年度繰越金の確定に伴い補正するものでございます。
 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
○小久保博史 議長  次に、星野建設部長。
                   〔星野 眞建設部長登壇〕
◎星野眞 建設部長  大変申しわけございません。
 下水道の平成20年度の補正予算の中で、歳入の部分なのですが、下水道債の金額を「4,600万円の増額」とご説明申し上げましたが、「4,600万円の減額」でございますので、誤りでございますので、訂正をさせていただきます。大変申しわけございませんでした。

  ─────────────────────── ◇ ───────────────────────

△議案第92号の上程、説明
○小久保博史 議長  日程第13、議案第92号を議題といたします。
 事務局朗読願います。
                   〔事務局職員朗読〕
○小久保博史 議長  本案について提案説明を求めます。
 河津病院事務部長。
                   〔河津由夫病院事務部長登壇〕
◎河津由夫 病院事務部長  議案第92号 平成20年度春日部市病院事業会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。
 補正予算書1ページをごらんいただきたいと存じます。第2条の業務の予定量につきましては、年間入院延べ患者数を当初の9万4,900人から8,030人の減をいたしまして8万6,870人に、1日平均入院患者数を当初260人から238人に改めるものでございます。
 第3条、収益的収入及び支出でございますが、収入の第1款病院事業収益を185万5,000円減額いたしまして61億8,208万7,000円に、支出の第1款病院事業費用を977万2,000円増額いたしまして61億7,993万円にするものでございます。
 次に、第4条、議会の議決を経なければ流用することのできない経費につきましては、給与費を977万2,000円増額いたしまして35億8,061万1,000円とするものでございます。
 次に、第5条は他会計からの補助金を追加するものでございます。
 第9条としまして、一般会計からこの会計への補助を受ける金額を3億円とするものでございます。
 次に、2ページの補正予算実施計画につきましては、後ほど補正予算実施計画明細書によりご説明申し上げます。
 次に、3ページ、補正予算資金計画でございますが、補正後の受け入れ資金を87億5,636万7,000円、支払い資金を82億8,495万1,000円と見込み、今年度末予定の資金残高は4億7,141万6,000円となるものでございます。
 次に、4ページからの給与費明細書は、補正後の給料、手当等の状況でございまして、記載のとおりでございます。
 次に、6ページからの平成20年度予定貸借対照表は、平成21年3月31日現在の財務の状態を示したものでございます。なお、7ページの当年度末の累積欠損金は41億9,065万8,000円となるところでございます。
 次に、8ページの補正予算実施計画明細書についてご説明申し上げます。収入でございますが、1款病院事業収益、1項医業収益、1目入院収益3億185万5,000円の減でございますが、これは医師の減による入院患者数の減が主な要因でございます。
 次に、2項医業外収益、7目他会計補助金につきましては、入院収益の減少による病院事業運営資金確保のため、一般会計からの補助金3億円を追加するものでございます。
 次に、支出の1款病院事業費用、1項医業費用、1目給与費977万2,000円の増につきましては、市立病院の地方公営企業法全部適用に伴いまして病院事業管理者が設置されます。今議会に春日部市病院事業管理者の給与等に関する条例を上程させていただいておりますが、病院事業管理者の給与等を補正増するものでございます。
 以上が平成20年度春日部市病院事業会計補正予算(第1号)の内容でございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

  ─────────────────────── ◇ ───────────────────────

△次会日程の報告
○小久保博史 議長  日程第14、次会日程の報告をいたします。
 明26日、27日は休会といたし、翌28日午前10時会議を開き、議案第63号から議案第75号までに対する質疑を行います。
 議案第63号から議案第75号までに対する質疑をなさる方は、当日午前9時30分までに発言通告書のご提出を願います。

  ─────────────────────── ◇ ───────────────────────

△散会の宣告
○小久保博史 議長  本日はこれをもって散会いたします。
  午後 2時57分散会