議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 春日部市

平成29年11月22日議会改革検討特別委員会−11月22日-01号




平成29年11月22日議会改革検討特別委員会

1.開催期日 平成29年11月22日(水)

2.開催場所  議員応接室

3.出席者
  (1) 委 員(11名)
     ◎中 川   朗   ○古 沢 耕 作    斉 藤 義 則
      卯 月 武 彦    金 子   進    松 本 浩 一
      矢 島 章 好    鈴 木 一 利    河 井 美 久
      小久保 博 史    蛭 間 靖 造
  (2) 執行部(0名)
  (3) 議会事務局(3名)
      須 田 芳 次    大和田   潤    小 山 裕 一

4.傍聴者  0名

5.議題
  ◎議員定数について
  ◎その他


    議会改革検討特別委員長     中 川   朗




開 会 10:30

○中川 委員長 
 ただいまから、第16回 議会改革検討特別委員会を開会いたします。
 最初に、議題(1)「議員定数について」を議題といたします。議員定数の協議につきましては、第9回の特別委員会から協議を重ねてきたところですが、これまで具体的な議員定数については、現状の32名と、2名減の30名という案が出ております。本特別委員会としての結果については、協議により全会一致とすることが理想ですが、12月定例会前までに最終的な結論を出すこととしておりましたので、本日、委員会として、結論を出していきたいと思います。まず、最終的な議員定数及びその根拠付けについて、委員の皆様からご意見を伺いたいと思います。
 新政の会さんからお願いします。

◆斉藤 委員 
 新政の会では、前回の改選前に議員定数を決定したときと現状と比較して、そんなに変化がないということなので、現状維持でよいのではないかという意見が会派の中で大勢を占めております。

○中川 委員長 
 新風会さん。

◆小久保 委員 
 これからは議会が求められる役割、責任が大きくなっておりますし、そういった意味では、議会も不断の努力をするべきであろうという中で、議会の委員会委員のいろいろな責任を重くするためにもやはり議員定数を32人から30人とすることのほうがよろしいのではないでしょうか。

○中川 委員長 
 公明党。

◆鈴木 委員 
 先ほど新政の会さんの意見でおっしゃっていたとおり、前回と今回とで何か状況に特別な変化があったのかと言いますと、なかなかそういったものもないということを鑑みますと現状維持ということでまとまっております。

○中川 委員長 
 日本共産党さん。

◆松本 委員 
 新政の会と考え方は同じです。前回の4年前に定数について論議をして、4年経ちましたけれどもそんなに変わったところもありませんし、やはり市民の声をちゃんと聞いていくためには、一定の議員数も必要だということが前回の結論ですから、それを当分は踏襲するということで、現状維持でお願いしたいと思います。

○中川 委員長 
 社会民主党さん。

◆蛭間 委員 
 新政の会さんから言われたように前回と変化がないということで、現状維持でお願いしたいと思います。

○中川 委員長 
 民進党さん。

◆矢島 委員 
 前回の4年前の報告書でもいろいろ検討されてといった中で、現状維持がよろしいかと思います。

○中川 委員長 
 現在、現状の32名と、2人減の30名とでご意見が分かれています。委員会として、本日、最終的な結論を出していきたいと思いますので、採決により決定したいと思いますが、ご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う人あり〕

○中川 委員長 
 ご異議なしと認めます。よって、議員定数については、採決により決定することに決しました。それでは、次期改選後の議員定数を現状の32名とすることについて、賛成の委員の挙手を求めます。

〔挙手多数〕

○中川 委員長 
 挙手多数であります。よって、本特別委員会として、次期改選後の議員定数は32名を最終的な定数とさせていただきますので、よろしくお願いします。なお、協議結果については、中間報告をもって議長へ報告するとともに、今後行われる各派代表者会議にも報告をさせていただきますのでご了承願います。「議員定数について」は、以上といたします。
 本日の協議事項は以上となりますが、その他としてほかに何かございますか。

 〔「なし」と言う人あり〕

○中川 委員長 
 以上で、第16回議会改革検討特別委員会を閉会いたします。

閉 会 10:35