議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 春日部市

平成29年 5月22日広報広聴委員会−05月22日-01号




平成29年 5月22日広報広聴委員会

1. 開催期日  平成29年5月22日(月)

2. 開催場所  第一委員会室

3. 出席者
  (1) 委 員(8名)
     ◎矢 島 章 好   ○石 川 友 和    水 沼 日出夫
      斉 藤 義 則    大 野 とし子    古 沢 耕 作
      木 村 圭 一    蛭 間 靖 造
     (オブザーバー:会 田 幸 一(議長)、栗 原 信 司(副議長))
  (2) 執行部(0名)
  (3) 議会事務局(3名)
      大和田   潤    小 川 裕 司    梅 田 淳 也

4. 傍聴者  (0名)

5. 議題
 (1) 議会報告会の開催について
 (2) 視察結果報告書について
 (3) その他


   広報広聴委員長  矢 島 章 好




開会  10:20

○矢島 委員長 
 それでは、ただいまから、広報広聴委員会を開会させていただきます。
 まず、初めに(1)といたしまして、「議会報告会の開催について」を議題とさせていただきます。
 まず初めに、「?次第(案)について」、協議いたします。
 平成29年度春日部市議会議会報告会次第(案)をご覧ください。
 こちらにつきましては、前回までの、ご意見を集約し作成させていただきました。
 決定事項といたしましては、各常任委員長からの報告時間を計40分、参考といたしまして、1委員会あたり10分、意見広聴会の時間を40分、開会から閉会までを120分で行うものとなっています。
 また、受付を午前9時半から行い、午前10時から開会するものとし調整させていただきました。
 会場につきましては、報告会も広聴会も同じ会場で開催するものとし作成させていただきました。?次第(案)については、このように取りまとめさせていただきましたが、よろしいでしょうか。

 〔「異議なし」と言う人あり〕

○矢島 委員長 
 次に「?会場レイアウト(案)について」、協議をさせていただきます。
 会場レイアウト(案)をご覧ください。
 こちらにつきましては、前回までの、ご意見を基にレイアウトを作成させていただきました。
 まず、開会から質疑応答までは、昨年と同じ配置で常任委員会ごとに4つのテーブルを使用しております。
 質疑応答が終わり、休憩に入った段階で3つのテーブルをたたんで壁際に移動させ、残った1つのテーブルを囲むように椅子を配置する形をとっています。
 なお、テーブルや椅子の移動にあたりましては、当委員会委員の皆様が主体となって行っていただくことになりますので、ぜひともご協力をお願い申し上げます。
 また、参考といたしまして、移動にあたって、市民の協力を得るかについては、まだ、決まっておりません。
 ただいまご説明をさせていただきました、会場のレイアウトにつきましては、このようなレイアウトを作成させていただきましたが、いかがでしょうか。

◆斉藤 委員 
 右側のレイアウト(案)ですが、テーブルが1つとなっていますかね。

○矢島 委員長 
 1つです。

◆斉藤 委員 
 16人ぐらいが、1つを囲むとなると、狭そうな感じがするんですけど。
 普通、長テーブルだと、せいぜい3人ぐらいが片側に座るのがいっぱいと思うんですよ。
 何かメモを取りたいという方がいた場合に、片側に4人座るとなると、その辺が若干難しくなってくるのかなと思うのですが、ですから、テーブル1つという形ではなくて、前面に市民がついて、後ろに議員がついてという形にできればいいのかなと思うのですが、その辺はどんなもんなのでしょう。

○矢島 委員長 
 事務局、あの会場の広さの関係で、おそらく近すぎてしまうというところから、テーブルを3つ取ってしまうということで考えられたということでよろしいですかね。

◎事務局 
 委員長が今申し上げたとおりでございます。
 こちらの、レイアウト(案)左側が昨年と同じレイアウトとなっておりまして、4つのテーブルを囲んでやる形になっているのですけど、今度、市民と近くなるという形で実際にお1人、意見をメモ書きされる議員を1人残して、皆さんが机を囲む形でなるべく近くなってお話ができるように案を作成してございます。

○矢島 委員長 
 たしかに、斉藤委員のおっしゃるとおりでこられた方がメモ等書くときにですね、市民の方は基本的にテーブルに着くような形になると思うのですけど、これでいうと7名ぐらいしか、なんかちょっとね。

○栗原 副議長 
 だから、イメージは1個でここに来るわけですよね。
 この距離で人がいるわけでしょ。
 メモで書くってここで書くわけでしょ。

○矢島 委員長 
 ちょっと近すぎますかね。

◆斉藤 委員 
 テーブル1つだとちょっといっぱいだから、もうちょっと余裕があったほうがと思っていたのです。だから、ちょうどテーブルの内側のところに一般の市民の人がメモを書くときにテーブルを利用できるような形のほうがいいのかなと思うのですが。

○矢島 委員長 
 今、そういったご意見がありましたけれども、どうですか増やす。
 1個、2個程度ということですかね。
 2個にした場合には、この配置のレイアウトの関係もと思うのですけど、縦にするのか横にするのかの配置も。

◆水沼 委員 
 広聴会ですから、議員が間に入っていなくてもいいと思います。
 ですから、周りなり話が見えるところに居てもらって、市民の人がより近くに囲めるような形が作れればいいと思います。

○矢島 委員長 
 そうしますと、テーブルについては特に1個でも問題は無いだろうということのご意見でよろしいでしょうか。

◆水沼 委員 
 はい、必要数でいいと思います。

◆木村 委員 
 前回の話でですね、テーブルをいっぱい並べてしまうと、声が聞き取りづらいという話があったわけですよ、メモを取る大前提で広聴会を開くのか、それによって大きく話が異なってきちゃうと思うのですよ。
 だから、メモを取らせることを重点的に置くのか、それとも聞き取りをするのかといったところで、実際、前回の時にメモを取っている方って結構いらっしゃったのかどうかっていう部分は、ちょっと自分のグループの中では、前回の時はあんまりメモを取っている方は、いらっしゃらなくて、どちらかと言ったら要望をどんどん言う方の方がかなり多かった記憶なんですよね。
 そう考えると、要は、録音とか筆記者だけしっかりと机を用意してですね、タイムキーパーとかですね、そういった方達だけがメモをする時に机は必要なのかなという感じはあるのですけど、逆に言うと、たとえば、小さい単位で録音をするという前回の話だったので、横に録音帯みたいなのがあってその周りに皆さん話してもらった方がいいのかなっていう部分はあるのですけど。
 だから、メモを書かせることが前提なのか聞き取りが前提なのか、それによって大きく変わってくると思うので、そこがちょっと検討しなければいけないのかなというところだと思うんですよ。

○矢島 委員長 
 他にご意見ございますか。

○石川 副委員長 
 先ほど栗原副議長からあった意見で、テーブルが1個だとものすごく今度は距離が近すぎて、向かい合いの人と今度、圧迫感があるのかなとちょっと思いもあったので、たしか4つだと広く感じすぎちゃう、1個だと近すぎちゃうので2つぐらい横並びかなにかで置いて、適正な距離感を保ちつつ、少し前回よりも改善して近くなって話も聞きやすくなるのかなと思って。1個じゃやっぱ少ないので2つというのはどうですかね。

 〔何事かと言う人あり〕

○会田 議長 
 広聴会というのは、例えば市民とこの図面で見ると議員が市民の間に議員が入ったりしていますよね。
 さっき、どなたか市民は市民、議会は議会でというと、要するに意見を言うほうと聞くほうで変な話テーブルの並べ方とか、座り方によっては対立の図式になってしまうんですよ。
 だからそれを防ぐためにこういうふうにしているのだと思うので、それを考えたらテーブル1個じゃ足らないかもしれないけど、要は意見を聞いてお互いにそれでするということが主旨なのだからそれを重んじた配置にすればいいんじゃないですか。
 あまりにもこう、はっきりした図式を作っちゃうと、やっぱりそれだとあまり良くないかなという感じはしますよね。

○矢島 委員長 
 たしかに前回の私のところのテーブルでもどちらかというと議員は議員でまとまってしまっていたので、本当は議員が間に入れれば一番いいのかなと思いますので、基本的には議員が黒塗りの所に入っていくというような形で市民の方の間に入っていくという形にはなっているのですけども、ただ、市民の皆さまが座ってて、議員が後から広聴会に入った時に分かれてしまっている部分もありましたので、その辺の着席のしかたについても検討しなければいけないのかなと思いますけども、どうしますか、テーブルを1つにするのか2つにするのかというご意見が出ていますが。

◆蛭間 委員 
 1個でやってみたほうがいいんじゃないですか。

◆大野 委員 
 私も今、議長がおっしゃったように、市民と議員が混ざり合った形で自然に耳に聞こえてくる、まあ前回私たちの委員会は混ざってた印象なんですけど、今回は、これ1個でできなくもないかなと思うので混ざり合いながら聞けるように、そして市民も言いやすいようにやってみるのがいかがかと思いますが。

○矢島 委員長 
 色々なご意見がありますけれども、今回の広聴会については、1つというふうな形でいかがでしょうか。
 よろしいでしょうか。

 〔「異議なし」と言う人あり〕

○矢島 委員長 
 当日ですね、どうしてもというような場合には、ちょっとその辺は臨機応変というような形で、まあ、1回決まっちゃうとなかなかそれ難しいと思うのですけども。
 じゃあ、今回はとりあえず1つというふうな形の中で、なおかつ、市民の間に議員が入っていくというふうな形で取らさせていただければなと思いますけど、いかがでしょうか。

 〔「異議なし」と言う人あり〕

○矢島 委員長 
 ありがとうございます。
 次に「?実施要領(案)について」、協議いたします。
 平成29年度春日部市議会議会報告会実施要領(案)をご覧ください。
 こちらにつきましては、前回までの、ご意見を基に作成いたしました。
 まず、「3 開催時期等の会場について」ですが、報告会も広聴会も同じ会場で開催することとなったため、広聴会を別会場で行う予定で記載していた会議室5および会議室6を削除いたしました。
 また、「11その他について」ですが、意見広聴会の会場に関する記載を削除いたしました。
 ?実施要領(案)につきましては、このような形で作成させていただきましたがよろしいでしょうか。
 なお、参考といたしまして、実施要領(案)は、あくまで、実施要領のため大まかなものを記載しており、詳細については、別途、協議を進めることになります。
 実施要領(案)については、いかがでしょうか、よろしいでしょうか。

 〔「異議なし」と言う人あり〕

○矢島 委員長 
 ありがとうございます。
 それでは、「議会報告会の開催について」は、以上とさせていただきます。
 次に(2)「行政視察結果報告書について」を議題といたします。
 お手元の、「行政視察結果報告」をご覧ください。
 この度、私、民進党より視察結果報告書を議長、並びに広報広聴委員長あてに提出いたしました。
 こちらの報告書につきましては、市議会ホームページに、掲載をさせていただきますが、よろしいでしょうか。

 〔「異議なし」と言う人あり〕

○矢島 委員長 
 それでは、ホームページへ掲載をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
 「行政視察結果報告書について」は以上といたします。
 最後に、「(3)その他」となりますが、皆さまから何かございますでしょうか。

 〔「なし」と言う人あり〕

○矢島 委員長 
 それでは、以上をもちまして、第17回広報広聴委員会を閉会いたします。

閉会 10:35