議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 東松山市

平成23年  6月定例会(第3回) 06月09日−議案説明−01号




平成23年  6月定例会(第3回) − 06月09日−議案説明−01号







平成23年  6月定例会(第3回)





          平成23年第3回東松山市議会定例会 第1日

平成23年6月9日(木曜日)
 議 事 日 程 (第1号)

 第 1 開  会
 第 2 開  議
 第 3 会議録署名議員の指名
 第 4 会期の決定
 第 5 諸般の報告
 第 6 市長提出議案等の報告及び上程
 第 7 提案理由の説明
 第 8 報告第4号ないし報告第6号の説明
 第 9 報告第7号の説明
 第10 報告第8号、報告第9号の説明
 第11 報告第10号の説明
 第12 議案第35号の説明
 第13 議案第36号の説明
 第14 議案第37号の説明
 第15 議案第38号の説明
 第16 議案第39号の説明
 第17 次会日程の報告
 第18 散  会
                                              
出席議員(21名)
    1番   南     政  夫  議員     2番   飯  嶋  章  男  議員
    3番   高  田  正  人  議員     4番   横  川  雅  也  議員
    5番   中  島  慎 一 郎  議員     6番   鈴  木  健  一  議員
    7番   福  田  武  彦  議員     8番   根  岸  成  直  議員
    9番   堀  越  博  文  議員    10番   藤  倉     憲  議員
   11番   松  坂  喜  浩  議員    12番   関  口  武  雄  議員
   13番   岡  村  行  雄  議員    14番   武  藤  晴  子  議員
   15番   蓮  見     節  議員    16番   小  野  美 佐 子  議員
   17番   坂  本  俊  夫  議員    18番   吉  田  英 三 郎  議員
   19番   米  山  真  澄  議員    20番   大  滝  き よ 子  議員
   21番   大  山  義  一  議員                        

欠席議員(なし)
                                              
本会議に出席した事務局職員
   事務局長  柳  瀬     弘        事 務 局  新  井  久  夫
                           次  長

   事 務 局  大  野     孝        事 務 局  小 野 澤  俊  夫
   主  査                    主  任
                                              
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人
   市  長  森  田  光  一        副 市 長  小 野 寺     亘
   教 育 長  中  村  幸  一        秘書室長  上  原  唯  司

   総務部長  松  本  高  史        政策財政  長 谷 部     稔
                           部  長

   環境産業  池  田  哲  夫        地域生活  池  田  雄  次
   部  長                    部  長

   健康福祉  伊  藤  邦  夫        都市整備  本  田  隆  章
   部  長                    部  長

   建設部長  中  里  律  郎        市民病院  金  子     進
                           事務部長

   教育部長  金  子  恒  雄        会  計  横  田  美 代 子
                           管 理 者

   教育委員  林     龍  生
   会 委 員





                                              



△開会及び開議の宣告



○吉田英三郎議長 おはようございます。

  出席議員が定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

  ただいまから平成23年第3回東松山市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時30分)



                                              



△会議録署名議員の指名



○吉田英三郎議長 これより日程に従い議事に入ります。

  ここで会議録署名議員を指名いたします。

  会議規則第111条の規定により、議長において、3番 高田正人議員、4番 横川雅也議員を指名いたします。



                                              



△会期の決定



○吉田英三郎議長 次に、会期の決定についてを議題といたします。

  今期定例会の会期につきましては、議会運営委員会にご審議願っておりますので、議会運営委員長より会議の結果について報告をお願いいたします。

  岡村行雄議会運営委員長。

          〔岡村行雄議会運営委員長登壇〕



◎岡村行雄議会運営委員長 議会運営委員会委員長報告。議長の命により、議会運営委員会の会議の結果について報告をいたします。

  当委員会は、去る6月6日午前11時から開会し、今期定例会の会期と運営について協議を行い、次のとおり決定いたしました。

  まず、会期でありますが、市長から提出された案件は報告7件及び議案5件であります。当委員会といたしましては、これらの内容を検討し、慎重審査の結果、今期定例会の会期は本日から6月30日までの22日間と決定いたしました。

  また、会議の日程につきましては、お手元に配付してあります日程表のとおり、本日は会議録署名議員の指名、会期の決定、諸般の報告、市長提出議案等の報告及び上程をし、提案理由の説明をしていただきます。

  次に、10日から15日までは、本会議を休会とし、議案等の調査をしていただきます。

  また、議案等の質疑及び市政に対する一般質問の発言通告書は、14日の午後5時までに提出していただきます。

  次に、16日に本会議を開き、議案等に対する質疑、議案の関係委員会への付託の後、埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行っていただきます。

  なお、議案のうち委員会付託を省略して採決できると思われるものにつきましては、議長において、適宜お取り計らい願いたいと思います。

  次に、17日から21日までは本会議を休会とし、その間に各常任委員会を開催して、付託された議案について審査をしていただきます。

  次に、22日から24日に本会議を開き、市政に対する一般質問を行っていただきます。

  次に、25日及び26日は本会議を休会とし、27日に本会議を開き、引き続き市政に対する一般質問を行っていただきます。

  次に、28日及び29日は本会議を休会とし、その間に委員長報告のまとめをしていただきます。

  次に、30日に本会議を開き、各常任委員長より委員会での審査の経過と結果の報告を願い、質疑、討論の後、採決をしていただきます。

  以上のとおり、議会運営委員会の会議の結果について報告いたします。



○吉田英三郎議長 報告は終わりました。

  お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から30日までの22日間と決定いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉田英三郎議長 ご異議なしと認めます。

  よって、今期定例会の会期は、本日から30日までの22日間と決定いたしました。



                                              



△諸般の報告



○吉田英三郎議長 次に、諸般の報告をいたします。

  初めに、監査委員から平成22年度1月分から平成23年度4月分に関する例月出納検査結果の報告及び平成22年度定期監査結果の報告がありましたので、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。

  次に、市長から平成22年度東松山市一般会計継続費繰越計算書、平成22年度東松山市一般会計繰越明許費繰越計算書、平成22年度東松山市一般会計事故繰越し繰越計算書、平成22年度東松山市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書、平成22年度東松山市高坂駅東口第一土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書、平成22年度東松山市高坂駅東口第一土地区画整理事業特別会計事故繰越し繰越計算書、平成22年度東松山市水道事業会計予算繰越計算書の提出がありましたので、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。

  次に、議長からの報告は、一般報告書をお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  次に、今期定例会に説明員として出席する者の職、氏名を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  次に、市長から行政報告について発言の申し出がありましたので、これを許可いたします。

  森田光一市長。

          〔森田光一市長登壇〕



◎森田光一市長 おはようございます。

  平成23年第3回東松山市議会定例会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましては、ご参集をいただき、会議が開催できますことに厚く御礼を申し上げます。

  議長のお許しをいただきましたので、報告をさせていただきます。私からの報告は、東松山ぼたん園の入園状況についてであります。東松山ぼたん園では、4月29日から5月5日まで「ぼたんまつり」を開催いたしました。「心をひとつにがんばろう東北」をスローガンに義援金箱を設置し、被災された方には有料期間中の入園料を無料といたしました。義援金箱は、4月29日から5月9日まで設置し、総額42万1,491円を日本赤十字社へ寄附いたしました。

  本年度の有料期間は、開花状況により5月1日か5月9日までの9日間とし、この期間の入園者数は1万9,746人、うち無料入園者が5,146人、被災者の方の来園は19人、入園料収入は691万3,400円でございました。震災による自粛ムードや期間中の不安定な天候の影響、ぼたんの開花状況による有料期間の短縮等により、前年との比較では入園者数で6,205人、入園料収入で204万5,400円の減となりました。

  以上、私からの報告とさせていただきます。



                                              



△市長提出議案等の報告及び上程



○吉田英三郎議長 次に、市長から議案等の提出がありましたので、報告いたします。

  議案等については、お手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  お諮りいたします。今期定例会に市長から提出された報告第4号ないし報告第10号及び議案第35号ないし議案第39号を一括議題といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉田英三郎議長 ご異議なしと認めます。

  よって、一括議題といたします。



                                              



△提案理由の説明



○吉田英三郎議長 提出者の提案理由の説明を求めます。

  森田光一市長。

          〔森田光一市長登壇〕



◎森田光一市長 議長のお許しをいただきましたので、提案理由の説明をさせていただきます。

  今回、提案いたしましたのは、報告案件7件、議案につきましては条例等の一般議案4件、予算議案1件であります。

  初めに、報告案件についてであります。報告第4号は、平成22年度東松山市一般会計継続費繰越計算書、報告第5号は平成22年度東松山市一般会計繰越明許費繰越計算書、報告第6号は平成22年度東松山市一般会計事故繰越し繰越計算書、報告第7号は平成22年度東松山市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書、報告第8号は平成22年度東松山市高坂駅東口第一土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書、報告第9号は平成22年度東松山市高坂駅東口第一土地区画整理事業特別会計事故繰越し繰越計算書、報告第10号は平成22年度東松山市水道事業会計予算繰越計算書の報告であります。

  以上、7件につきまして、地方自治法の規定により報告申し上げます。

  次に、議案についてであります。

  議案第35号は、東松山市一般職職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第36号の東松山都市計画事業箭弓町三丁目土地区画整理事業施行規程を廃止する条例制定については、東松山都市計画事業箭弓町三丁目土地区画整理事業が完了したため、施行規程を廃止するものであります。

  議案第37号は、請負契約の締結についてであります。東松山市立野本小学校校舎耐震補強工事につきまして、中里・那須特定建設工事共同企業体と請負契約を締結いたしたいとするものであります。

  議案第35号は、市道路線の認定について、議案第39号は、平成23年度東松山市一般会計補正予算(第1号)についてであります。今回の補正は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,606万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ263億2,606万円といたしたいとするものであります。

  以上、提案申し上げました議案につきまして、何とぞ慎重ご審議をいただき、いずれも原案のとおりご議決を賜りますようにお願い申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。



                                              



△発言の一部訂正



○吉田英三郎議長 ただいまの提案理由の説明について、森田光一市長より一部訂正の申し出がありましたので、これを許可いたします。

  森田光一市長。

          〔森田光一市長登壇〕



◎森田光一市長 失礼しました。ただいまの私の提案理由の説明中で、「議案第38号は市道路線の認定」と言うべきところを、「議案第35号」と申し上げました。訂正しておわびを申し上げます。よろしくお願いいたします。



                                              



△報告第4号ないし報告第6号の説明



○吉田英三郎議長 説明は終わりました。

  これより議案等に対する細部の説明を求めます。

  初めに、報告第4号ないし報告第6号について、長谷部 稔政策財政部長。

          〔長谷部 稔政策財政部長登壇〕



◎長谷部稔政策財政部長 報告第4号ないし報告第6号について、細部の説明を申し上げます。

  初めに、報告第4号 平成22年度東松山市一般会計継続費繰越計算書について申し上げます。報告案件の1ページをお開きいただきたいと思います。本件は、平成22年度から平成23年度の2カ年継続事業として実施しております2款2項の固定資産土地評価基礎資料作成事業及び10款4項の若宮八幡古墳保存整備事業につきまして、平成22年度の支出残額の合計で304万1,200円を平成23年度に繰り越しいたしたもので、地方自治法施行令第145条第1項の規定により、ご報告申し上げるものでございます。

  次に、報告第5号 平成22年度東松山市一般会計繰越明許費繰越計算書について申し上げます。3ページをごらんいただきたいと思います。本件は、平成22年度の事業で、年度内に完了の見込みのつかなかったものにつきまして、繰越明許の措置をいたしたものでございます。件数は26件、総額で13億2,000万950円を平成23年度に繰り越しいたしたもので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により、ご報告申し上げるものでございます。

  なお、主な事業のその後の執行状況について申し上げます。2款1項総務管理費の庁舎管理事業は、5月に完了しております。

  3款1項社会福祉費の介護基盤緊急整備等事業は、11月に完了予定となっております。

  7款1項商工費の企業進出支援事業は、12月に完成予定でございます。

  8款土木費のうち、2項道路橋梁費の道路維持事業は8月の完了を、道路整備事業及び3項河川費の生活排水路整備事業は、それぞれ12月の完了を予定しております。4項都市計画費のうち、市の川特定土地区画整理事業及び高坂駅東口第一土地区画整理事業特別会計繰出金は来年3月に、駅前東通線整備事業は12月の完了予定となっております。次の公園整備事業は5月に完了し、東松山駅周辺整備事業及び第一小学校通線整備事業は7月に完了を予定し、5項住宅費の市営住宅事業は4月に完了してございます。

  10款教育費でございますが、2項小学校費の学校整備事業は8月の完了を、野本小学校校舎耐震補強等事業及び3項中学校費の東中学校屋内運動場耐震補強等事業はそれぞれ10月の完了を予定しております。4項社会教育費の図書館施設維持管理事業は6月の完了を、5項保健体育費の学校給食事業は8月の完了を予定しております。

  最後に、報告第6号 平成22年度東松山市一般会計事故繰越し繰越計算書について申し上げます。5ページをお開きいただきたいと思います。本件は、平成22年度の事業で、震災の影響により年度内に支出を終わらなかった高坂駅東口第一土地区画整理事業特別会計繰出金(繰越明許分)につきまして事故繰越しの手続を行い、1億6,510万円を平成23年度に繰り越しいたしたもので、地方自治法施行令第150条第3項の規定により、ご報告申し上げるものでございます。

  以上で報告第4号ないし報告第6号についての説明を終わらせていただきます。



                                              



△報告第7号の説明



○吉田英三郎議長 次に、報告第7号について、中里律郎建設部長。

          〔中里律郎建設部長登壇〕



◎中里律郎建設部長 報告第7号 平成22年度東松山市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について、細部のご説明を申し上げます。

  まず初めに、公共下水道計画変更図書作成委託でございますが、県の都市計画審議会開催まで業務を継続することが必要であるため、9月末まで工期延長を行ったものでございます。

  次に、22管渠築造工事のうち1工区、4工区及び5工区並びに22市道36・6072号線舗装修繕工事につきましては、東日本大震災の影響により建設機械の燃料や資材の手配が間に合わず、年度内の完了が困難となったことから、繰越明許の措置をいたしたものでございまして、本年4月末にはすべての工事を完了いたしております。

  次に、22管渠(高坂第一地区)2工区築造工事でございますが、高坂駅東口第一土地区画整理事業において物件移転交渉に時間を要しましたことから、年度内の完了が見込めない管渠築造工事費について繰越明許の措置をいたしたものでございまして、本年5月末に完成いたしております。

  次に、22管渠(高坂第一地区)3工区築造工事でございますが、本工事箇所の周辺は、交通規制を行っている他の工事が複数あることから、交通渋滞を最小限にとどめるため、関係機関との協議により、施工時期の調整を行い、繰越明許の措置をいたしたもので、本年8月の完成を予定いたしております。

  次に、22管渠(高坂第一地区)7工区築造工事でございますが、社会資本整備総合交付金が平成23年1月31日に追加交付の決定をされたことから、本工事につきましては、未契約繰り越しをいたし、本年12月末を工期として執行の予定をいたしております。

  最後に、物件等補償でございますが、工事の遅延に伴い、補償が遅れているため、繰越明許の措置をいたし、本年9月の執行を予定いたしております。

  以上で報告第7号の説明を終わらせていただきます。



                                              



△報告第8号、報告第9号の説明



○吉田英三郎議長 次に、報告第8号及び報告第9号について、本田隆章都市整備部長。

          〔本田隆章都市整備部長登壇〕



◎本田隆章都市整備部長 報告第8号と第9号について、続けてご説明申し上げます。

  まず、9ページでございます。報告第8号 平成22年度東松山市高坂駅東口第一土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書についてであります。本件につきましては、権利者との物件移転補償協議に時間を要しましたことから、年度内の完了が見込めない物件等補償費、道路築造等工事費及び水道管設置費負担金について、繰越明許の措置をいたしたものでございます。

  なお、物件等補償費につきましては、繰越明許措置24件のうち6件につきまして、既に権利者のご理解をいただきましたことから、本年8月末に移転を完了する予定であり、残りの18件のうち4件が建物移転、14件が工作物移転でありまして、本年度末をめどに移転を完了する予定でございます。

  また、道路築造等工事につきましては、建物や工作物移転との調整もありますが、本年度末にはすべて完了する予定でございます。

  続きまして11ページ、報告第9号でございますが、平成22年度東松山市高坂駅東口第一土地区画整理事業特別会計事故繰越し繰越計算書についてご説明申し上げます。本件は、平成22年度内の完成を予定していた高坂駅東口第一土地区画整理事業地域内の調整池築造に使用する資材の入荷が東日本大震災の影響により遅れたため、事故繰越しの措置をいたしたものでございまして、地方自治法施行令第150条第3項の規定により、ご報告申し上げるものでございます。

  なお、工事につきましては、本年4月中に完了いたしております。

  以上で報告第8号と第9号について説明を終わらせていただきます。



                                              



△報告第10号の説明



○吉田英三郎議長 次に、報告第10号について、中里律郎建設部長。

          〔中里律郎建設部長登壇〕



◎中里律郎建設部長 報告第10号 平成22年度東松山市水道事業会計予算繰越計算書について、細部のご説明を申し上げます。

  まず初めに、22市道第7359号線(柏崎ほか)給水管布設工事でございますが、東日本大震災の影響により舗装材料の調達が間に合わず、年度内の完了が困難となったことから、繰り越しの措置をいたしたものでございまして、本年4月4日に工事を完了いたしております。

  次に、22高坂第一区画雨水管渠整備に伴う配水管布設工事でございますが、報告第7号 平成22年度東松山市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書でご説明申し上げました22管渠(高坂第一地区)4工区築造工事の工程が東日本大震災の影響により遅れたことから、本工事の着手が予定より遅くなり、年度内の完了が困難となったため、繰り越しの措置をいたしたものでございまして、本年4月25日に工事を完了いたしております。

  以上で報告第10号の説明を終わらせていただきます。



                                              



△議案第35号の説明



○吉田英三郎議長 次に、議案第35号について、松本高史総務部長。

          〔松本高史総務部長登壇〕



◎松本高史総務部長 議案第35号 東松山市一般職職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定についての細部説明を申し上げます。

  議案書及び議案参考資料は1ページからでございますので、あわせてご参照賜りたいと存じます。

  本議案は、人事院規則9―97、これは超過勤務手当に関係する規定でございますが、その一部が改正されたことに伴い、国家公務員制度に倣い、改正したいとするものでございます。東松山市一般職職員の給与に関する条例第13条第4項は、時間外労働が1カ月につき60時間を超えた場合の時間外勤務手当についての規定でございます。現在は、この規定による60時間の算定において、市規則で規定する日曜日等を除いて算定しております。この除くための規定を削ることにより、月60時間の算定対象から除かれる勤務はなくなり、時間外勤務のすべてが月60時間の算定対象となるものでございます。

  施行期日については、平成23年7月1日からとし、施行日より施行いたしたいとするものでございます。

  以上でございます。



                                              



△議案第36号の説明



○吉田英三郎議長 次に、議案第36号について、本田隆章都市整備部長。

          〔本田隆章都市整備部長登壇〕



◎本田隆章都市整備部長 議案第36号 東松山都市計画事業箭弓町三丁目土地区画整理事業施行規程を廃止する条例制定について、細部の説明を申し上げます。

  議案書の5ページからでございます。東松山都市計画事業箭弓町三丁目土地区画整理事業の換地処分が平成18年1月27日に完了し、土地区画整理法第110条第2項の規定の分割納付による清算金が本年4月1日に完納されたことにより、事業がすべて完了したため、議案書7ページのとおり東松山都市計画事業箭弓町三丁目土地区画整理事業施行規程(平成3年東松山市条例第3号)を廃止するものであります。

  なお、附則におきまして、この条例は公布の日から施行したいとするものでございます。

  以上で議案第36号の説明を終わらせていただきます。



                                              



△議案第37号の説明



○吉田英三郎議長 次に、議案第37号について、長谷部 稔政策財政部長。

          〔長谷部 稔政策財政部長登壇〕



◎長谷部稔政策財政部長 議案第37号 請負契約の締結について、細部の説明を申し上げます。

  議案書の9ページをお開きいただきたいと思います。本議案は、東松山市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき、議会の議決をいただきたいとするものでございます。

  議案参考資料は3ページからでございますので、あわせてご参照いただきたいと思います。

  工事名は、東松山市立野本小学校校舎耐震補強工事でございます。

  施工箇所は、東松山市大字下野本地内。

  契約金額は、消費税を含めまして、1億9,728万4,500円であります。

  契約の相手方は、中里・那須特定建設工事共同企業体。代表構成員、埼玉県東松山市松本町一丁目2番6号、中里建設株式会社、代表取締役 中里?夫 氏。構成員、埼玉県東松山市大字松山2610番地1、那須工務店株式会社、代表取締役 磯 重雄 氏でございます。

  本件につきましては、制限付き一般競争入札として実施したもので、参加資格は、次のアに該当する者のうち1者と、イに該当する者のうち1者の計2者による特定建設工事共同企業体とし、代表構成員についてはアに該当する者と定めました。

  アは、埼玉県内に本店を有する者であって、東松山市、比企郡、熊谷市または川越市に本店もしくは契約締結の権限を有する代理人を置く支店・営業所を有し、公告日現在有効な経営事項審査の総合評定値通知書で、建築一式工事の総合評定値が900点以上であり、特定建設業の許可を有する者。

  イは、埼玉県内に本店を有する者であって、東松山市または比企郡に事業所等を有し、公告日現在有効な経営事項審査の総合評定値通知書で、建築一式工事の総合評定値が、東松山市で650点以上または比企郡で700点以上の者と定めたものでございます。

  平成23年4月19日に入札公告を行い、翌日から5月10日まで埼玉県電子入札共同システムにて申し込みを受けましたところ、共同企業体7者の参加申し込みがありました。同システムを利用しまして、平成23年5月12日から16日までを入札期間とし、5月17日午後1時30分から開札を行った結果、中里・那須特定建設工事共同企業体が落札したものでございます。

  以上で議案第37号における細部の説明を終わりにさせていただきます。



                                              



△議案第38号の説明



○吉田英三郎議長 次に、議案第38号について、中里律郎建設部長。

          〔中里律郎建設部長登壇〕



◎中里律郎建設部長 議案第38号 市道路線の認定について、ご説明申し上げます。

  認定いたしたいとする路線数は1路線でございます。参考資料は23ページをご参照いただきたいと存じます。

  整理番号1、市道第3617号線は、松山町二丁目地内で城恩寺の南側に位置する道路であります。開発による帰属道路として計画された路線であります。幅員6メートル、延長129.34メートルであり、今回の帰属に伴い、認定いたしたいとするものでございます。

  議案第38号につきましては、道路法第8条第2項の規定により、市道路線の認定につきまして議会の議決をいただきたいとするものでございます。

  以上で議案第38号の説明を終わらせていただきます。



                                              



△議案第39号の説明



○吉田英三郎議長 次に、議案第39号について、長谷部 稔政策財政部長。

          〔長谷部 稔政策財政部長登壇〕



◎長谷部稔政策財政部長 議案第39号 平成23年度東松山市一般会計補正予算(第1号)につきまして、細部の説明を申し上げます。

  予算書の1ページをお開きいただきたいと思います。今回の補正予算は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,606万円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ263億2,606万円といたしたいとするものでございます。

  それでは、予算書の事項別明細書によりまして順次説明申し上げます。初めに、10ページの歳入から申し上げます。14款国庫支出金、2項2目衛生費国庫補助金は、これまでの乳がん、子宮頸がんに対する補助金に加え、今年度から大腸がん検診に対する補助金が追加交付となることから、補正いたしたいとするものでございます。

  15款県支出金、2項2目民生費県補助金は、児童福祉対策の一環として、地域子育て創生事業費補助金及び児童虐待防止対策緊急強化事業費補助金を新たに計上し、保育所整備費補助金については、補助率の変更に伴い、増額補正いたしたいとするものでございます。

  8目教育費県補助金の学校応援団推進事業補助金は、学校、家庭、地域の連携による教育支援活動を促進するため、小中学校における学校応援団への補助金を、次の3項5目教育費委託金の地域連携指導実践事業委託金は、平成24年度から新学習指導要領に基づく中学校の武道、ダンス必修化に向けた事業の実施に対する委託金をそれぞれ新たに補正いたしたいとするものでございます。

  17款寄附金、1項2目民生費寄附金は、東松山市身体障害者福祉会から、また3目衛生費寄附金は、親子ホタル観察ツアー実行委員会からそれぞれ寄附をいただいたものでございます。

  続きまして、12ページ以降の歳出についてご説明申し上げます。3款民生費、1項1目社会福祉総務費は、総合福祉センターにおける平成24年度の工事に向けた耐震補強及び大規模改修設計委託料を計上するものでございます。

  次の2目障害者福祉費のうち、区分5、障害者社会参加促進事業は、東松山市身体障害者福祉会が平成23年3月31日をもって解散となったことから、今年度分の市補助金の全額を減額いたしたいとするものでございます。

  下段の2項1目児童福祉総務費は、先ほど歳入で申し上げました県補助金を財源として事業を執行いたすもので、区分5の民間保育園事業は、補助対象の増額となる(仮称)高坂ひまわり保育園整備事業費補助金を、区分6の民間学童保育事業は、竹の子クラブの施設改修のための放課後児童クラブ設置促進事業費補助金並びにたんぽぽクラブほか2カ所への空調設備を整備するため、放課後児童クラブ等熱中症対策事業費補助金を、次のページに移りまして、15ページ上段の区分8、次世代育成支援行動計画管理事業は、地域子育て支援推進事業にかかわる経費を、区分11、児童相談事業は、児童の虐待防止対策を推進するための経費をそれぞれ補正計上いたしたいとするものでございます。

  下段の4款衛生費、1項3目予防費は、歳入でも申し上げましたが、今年度から働く世代への大腸がん検診推進事業が補助事業となったことを受け、一定年齢の方を対象として検診にかかわる個人負担金を無料とし、受診率の向上を図るための経費を計上いたしたいとするもので、次のページに移りまして、6目環境対策費は、寄附金を財源としてホタルの里づくり事業で使用するかまやのこぎりなどの作業用資材を購入いたしたいとするものでございます。

  10款教育費、1項3目教育指導費は、歳入で申し上げました県補助金や県委託金を財源としまして、学校応援団事業及び地域連携指導実践事業に要する経費を計上し、14款予備費にて収支の調整を図ったものでございます。

  以上で議案第39号における細部の説明を終わりにさせていただきます。



○吉田英三郎議長 以上で各議案等に対する細部の説明は終了いたしました。



                                              



△次会日程の報告



○吉田英三郎議長 以上で本日の日程は終了いたしました。

  来る10日から15日まで議案調査のため、休会といたします。

  来る16日は午前9時30分から本会議を開き、議案等に対する質疑、議案の付託の後、埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。



                                              



△散会の宣告



○吉田英三郎議長 本日はこれにて散会いたします。

                                      (午前10時14分)