議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 東松山市

平成23年  3月定例会(第1回) 03月01日−議案質疑−02号




平成23年  3月定例会(第1回) − 03月01日−議案質疑−02号







平成23年  3月定例会(第1回)





          平成23年第1回東松山市議会定例会 第8日

平成23年3月1日(火曜日)
 議 事 日 程 (第2号)

 第 1 開  議
 第 2 諮問第1号の質疑、討論、採決
     議案第1号ないし議案第27号の質疑
 第 3 議案第27号の委員会付託省略、討論、採決
 第 4 請願の報告及び上程
 第 5 請願第1号の説明、質疑
 第 6 議案及び請願の委員会付託
 第 7 埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙
 第 8 市長追加提出議案の報告及び上程
 第 9 提案理由の説明
 第10 議案第28号の質疑、討論、採決
 第11 前監査委員辞任のあいさつ
 第12 監査委員のあいさつ
 第13 議員辞職の件
 第14 次会日程の報告
 第15 散  会
                                              
出席議員(20名)
    1番   加  藤  正  三  議員     2番   福  田  武  彦  議員 
    3番   吉  田  大  志  議員     4番   堀  越  博  文  議員 
    5番   斎  藤  雅  男  議員     6番   大  滝  き よ 子  議員 
    7番   大  山  義  一  議員     8番   根  岸  成  直  議員 
    9番   岡  村  行  雄  議員    10番   米  山  真  澄  議員 
   11番   神  嶋     博  議員    12番   吉  田  英 三 郎  議員 
   13番   鷺  澤  義  明  議員    14番   武  藤  晴  子  議員 
   15番   蓮  見     節  議員    16番   小  野  美 佐 子  議員 
   17番   榎  田  達  治  議員    18番   坂  本  俊  夫  議員 
   19番   市  川  常  雄  議員    20番   榎  本     栄  議員 

欠席議員(なし)
                                              
本会議に出席した事務局職員
   事務局長  岡  本     功        事 務 局  上  原  唯  司
                           次  長

   事 務 局  大  野     孝        事 務 局  小野澤  俊  夫
   主  査                    主  任
                                              
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人
   市  長  森  田  光  一        教 育 長  中  村  幸  一
   秘書室長  松  本  高  史        総務部長  金  子     守

   政策財政  柳  瀬     弘        環境産業  池  田  哲  夫
   部  長                    部  長

   地域生活  加  藤     孝        健康福祉  森  下     博
   部  長                    部  長

   都市整備  飯  島  正  明        建設部長  中  里  律  郎
   部  長

   市民病院  井  上     清        教育部長  長 谷 部     稔
   事務部長

   会  計  池  田  雄  次        教育委員  金  子  伸  行
   管 理 者





                                              



△開議の宣告



○鷺澤義明議長 おはようございます。

  出席議員が定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

  ただいまから平成23年第1回東松山市議会定例会を再開し、直ちに本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時30分)



                                              



△諮問第1号の質疑、討論、採決

 議案第1号ないし議案第27号の質疑



○鷺澤義明議長 これより日程に従い、議案の審議に入ります。

  今期定例会に市長から提出された諮問第1号、議案第1号ないし議案第27号を一括議題といたします。

  なお、議案に対する説明は、去る2月22日の本会議において行っておりますので、直ちに質疑に入ります。

  初めに、諮問第1号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  お諮りいたします。本件は人事案件でありますので、会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 ご異議なしと認めます。

  よって、委員会付託を省略いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって討論を終結いたします。

  これより諮問第1号を採決いたします。

  お諮りいたします。本件を適任と認めることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 ご異議なしと認めます。

  よって、本件は適任と認めることに決しました。

  次に、議案第1号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第2号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第3号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第4号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第5号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第6号について直ちに質疑に入ります。

  15番、蓮見 節議員。



◆15番(蓮見節議員) 議案第6号 東松山市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について、幾つかの点について質疑いたします。

  提案理由によれば、本議案は地方税法等の一部改正に伴い、国民健康保険税における基礎課税額、後期高齢者支援金等課税額及び介護納付金課税額の上限額及び減額する額を見直すものです。国民健康保険税は、全世帯の約4割、人口の約3割が加入し、条例の改正は市民生活に大きな影響を及ぼします。

  そこで、次の諸点について質疑いたします。初めに、地方税法の一部改正とはどのようなものでしょうか。

  2番目に、賦課限度額を医療分は3万円、支援金分は1万円、介護分は1万円それぞれ引き上げ、現行の賦課限度額68万円を73万円に引き上げた場合、1世帯当たりの影響額は幾らになりますか。

  3番目、条例案は軽減割合の変更について、現行の6割・4割軽減を7割・5割・2割軽減に改めるとしています。それによって、どのような影響が見込まれますか、均等割額、平等割額、それぞれについて人数、世帯、影響額について明らかにしてください。

  最後ですが、4番目に軽減割合の見直しに伴う影響について、全体的に1世帯当たり平均の軽減額は幾らになりますか。

  以上、4点お尋ねいたします。



○鷺澤義明議長 ただいまの質疑に対し、答弁を求めます。

  森下 博健康福祉部長。

          〔森下 博健康福祉部長登壇〕



◎森下博健康福祉部長 おはようございます。

  議案第6号 東松山市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について、15番、蓮見議員より4点のご質疑をいただきました。順次お答えさせていただきます。

  初めに、地方税法等の一部改正とはどういうものかというお尋ねですが、賦課限度額の変更で、介護分を9万円から10万円に引き上げる改正につきましては、地方税法等の一部を改正する法律、平成21年法律第9号の施行、その他の賦課限度額及び軽減額の変更につきましては、地方税法等の一部を改正する法律、平成22年法律第4号の施行、これらに伴いまして、それぞれ地方税法施行令が今回議案として提出した内容に改正されたため、本条例の提出となったところでございます。

  次に、賦課限度額の68万円を73万円に引き上げた場合の1世帯当たりの影響額でございますけれども、375世帯、1,733万円の影響額を見込んでおりますので、1世帯当たり4万6,213円となります。

  3点目の均等割額及び平等割額の人数、世帯数、そして影響額について申し上げます。6割軽減から7割軽減に引き上げることによりまして、平等割で3,870世帯、影響額は603万7,000円の軽減額の増でございます。均等割で5,614人、影響額は1,501万5,000円の軽減額の増でございます。4割軽減から5割軽減に引き上げることによりまして、平等割で753世帯、影響額は117万4,000円の軽減額の増でございます。均等割で1,928人、影響額は502万2,000円の軽減額の増でございます。そして、2割軽減を新たに設定したことによりまして、平等割で600世帯、影響額は187万2,000円の軽減額の増、均等割で1,550人、影響額は817万4,000円の軽減額の増となりまして、全体で3,729万4,000円の軽減額の増が見込まれます。

  最後に、軽減割合の見直しに伴う影響は、軽減対象世帯の平均で1世帯当たり7,140円となります。

  以上でございます。



○鷺澤義明議長 ほかにございませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第7号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第8号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第9号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第10号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第11号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第12号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第13号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第14号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第15号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第16号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第17号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第18号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第19号について直ちに質疑に入ります。

  初めに、歳入について。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 次に、歳出のうち1款及び2款について。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 次に、3款について。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 次に、4款について。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 次に、5款について。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 次に、6款について。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 次に、7款について。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 次に、8款について。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 次に、9款について。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 次に、10款について。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 次に、11款ないし14款について。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 次に、その他について。

  16番、小野美佐子議員。



◆16番(小野美佐子議員) 議案第19号 平成23年度東松山市一般会計予算について、市長にお伺いしたいと思います。

  今年度の予算は、森田市長になって初めての予算編成であります。市民の皆さんも大いに関心を持っているところです。今議会開会日の初日、22日に市長は、23年度の施政方針を示されました。それによりますと、東松山市の財政状況は至って健全な財政運営と評価されています。しかし、財政構造においては、弾力性や余裕が失われつつあるとの認識に立って、次のように述べています。事務事業全般にわたり聖域を設けずに、費用と効果の再点検を行い、最小の経費で最大の効果を上げること、選択と集中による予算編成を行い、持続可能な財政運営に意を用いたと表明されました。

  そこで、一般会計予算262億7,000万円について、以上の観点が具体的にどのような施策として、そして市民の皆さんの要望がどのように反映されているのか、その編成に当たって特に意を用いた施策や特徴について、市長のお考えをお伺いしたいと思います。

  よろしくお願いします。



○鷺澤義明議長 ただいまの質疑に対し、答弁を求めます。

  森田光一市長。

          〔森田光一市長登壇〕



◎森田光一市長 16番、小野美佐子議員の質疑にお答えをいたします。

  議案第19号 平成23年度東松山市一般会計予算について、予算編成に当たって特に意を用いた施策や特徴はということについてのお尋ねでございます。平成23年度当初予算におきましては、私の施政方針により示してまいりましたとおり、健全な財政運営の中にあっても、自主財源が減少傾向にある中で、持続可能な財政運営に意を用いております。小野議員ご指摘のように、私の施政方針の中の事務事業全般にわたり聖域を設けずに、費用と効果の再点検を行い、最少の経費で最大の効果を上げる、選択と集中による予算編成、ここにまさに表現されているとおりでございます。

  このために、多くの基金からの繰入金に頼らず、市債についても交付税算入があるものの活用を行う等、後年に負担を残さない編成をいたしました。こうした中にありましても、市における活性化は重要な課題であることから、観光スポットとしての都幾川鞍掛橋周辺整備や企業誘致推進を図るための葛袋地区開発に係る事業につきましては、積極的に進めていく必要があるというふうに考えております。

  また、地球規模で課題となっている環境に配慮すべく、住宅用太陽光発電設備設置補助金を新たに設置し、自然エネルギーの利用、活用を図ってまいります。さらに、生活者である市民の皆様の視点に立ち、安全安心、生活快適のまちを目指し、市道第12号線の整備推進など都市基盤インフラにつきましても、計画的な整備に取り組んでおります。

  一方、教育は人との考えから、教育委員会との連携を図り、教職員研修を実施するための東松山師範塾や放課後児童の居場所づくりのほか、多くの皆様のご協力をいただきながら、小学校における特色化支援事業の実施等、これからの東松山市を担う子どもたちをはぐくむ取り組みにも力を入れてまいります。

  こうした施策は、私が示しました東松山元気創造計画の実現の第一歩と考え、特に意を用いて予算編成を行ったところでございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。



○鷺澤義明議長 ほかにございませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第20号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第21号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第22号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第23号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第24号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第25号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第26号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  次に、議案第27号について直ちに質疑に入ります。

  14番、武藤晴子議員。



◆14番(武藤晴子議員) 議案第27号 東松山市長の給料の額の特例に関する条例制定について、次の4点についてお伺いをいたします。

  提案理由によれば、市の固定資産税等の課税に係る職員の不適正な事務処理の監督責任を明確にするためとのことですが、3月議会初日の2月22日に追加議案として上程されました。

  そこで、1点目、追加議案としたのはなぜか、その理由についてお伺いをします。

  2点目、提案理由の中に「不適正な事務処理」、このようにありますが、具体的に何を指すのか、その内容について。

  3点目、3月の1カ月分の給料月額から100分の10に相当する額を減じた額とするとのことですが、議案調査によると、他市での例などを参考にしたというふうなことを聞きましたが、それらの根拠についてお聞かせください。

  4点目です。市長は、市民の皆様に深くおわびしたいとするためと、本会議でこの提案理由につけ加えて説明しました。このように本会議で述べていましたが、このことによって市民の理解が真に得られると考えるかどうか。

  以上、4点についてお伺いをいたします。お願いいたします。



○鷺澤義明議長 ただいまの質疑に対し答弁を求めます。

  初めに、森田光一市長。

          〔森田光一市長登壇〕



◎森田光一市長 14番、武藤晴子議員から、議案第27号 東松山市長の給料の額の特例に関する条例制定についてに、4点にわたるご質疑をいただきました。

  私からは、4番目の、市長は市民の皆様に深くおわびしたいとするためと本会議で述べていましたが、これによって市民の理解が得られると考えるかどうかについてお答えを申し上げます。今回、関係の職員及びみずからの処分行為だけで、市民の皆様の理解を得られるとは毛頭思っておりません。今、私たちにできることは、間違ったことに対して深く反省し、市民の皆様に多大なご迷惑をおかけしたことをおわびすること、そして二度とこのような不祥事が起こらないよう、今後の不断の努力により、失墜をした市民と市の信頼関係を一刻も早く回復する努力を継続していくことが、何よりも必要であると考えております。

  武藤議員のご指摘ありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。



○鷺澤義明議長 次に、金子 守総務部長。

          〔金子 守総務部長登壇〕



◎金子守総務部長 14番、武藤議員の残りの3点の議案質疑にお答えを申し上げます。

  第1点目の追加議案とした理由でございますが、課税誤り発覚後、まずは課税誤りの修正作業を最優先に進め、その後に職員分限懲戒審査委員会にて職員の処分について審査し、2月14日に職員の処分を公表いたしました。その後、市長みずからの責任のとり方を決めましたが、議案配付の日程との関係で、やむを得ず追加議案とさせていただいたものでございます。

  次に、2点目の不適正な事務処理の内容でございますが、固定資産税等の課税に際し、法令の適正な適用を誤って課税したこと及び事件発覚から納税通知書の配布までの間に時間がかかり、納税通知書の配布から納期限までの期間が大変短くなってしまい、市民の皆様に多大なご負担を強いる結果を招いてしまったことでございます。

  次に、3点目の3月分の給料月額から100分の10に相当する額を減じることとした根拠でございますが、処分の相当性や妥当性を検討する際には、事件の内容やかかわりの程度に合わせ、最新の類似例等を参考とすることが適当であると考えます。

  本件の場合も、このような考え方に基づいて、昨年8月の川口市における国民健康保険税に係る課税誤りの処分例等を参考にしながら、相当性、妥当性のある責任のとり方を検討いたしました結果、給料月額の100分の10の額を1カ月減額とさせていただいたものでございます。

  以上でございます。



○鷺澤義明議長 ほかにございませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  以上で議案に対する質疑は全部終了いたしました。



                                              



△議案第27号の委員会付託省略、討論、採決



○鷺澤義明議長 お諮りいたします。

  ただいま議題となっております議案のうち、議案第27号については事務手続上の理由から、会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 ご異議なしと認めます。

  よって、委員会付託を省略いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって討論を終結いたします。

  これより議案第27号を採決いたします。

  お諮りいたします。本件を原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 ご異議なしと認めます。

  よって、本件は原案のとおり可決されました。



                                              



△請願の報告及び上程



○鷺澤義明議長 次に、今期定例会に提出された請願については、請願文書表をお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  これより請願第1号を議題といたします。



                                              



△請願第1号の説明、質疑



○鷺澤義明議長 ここで紹介議員の説明を求めます。

  19番、市川常雄議員。

          〔19番 市川常雄議員登壇〕



◆19番(市川常雄議員) 請願第1号 「容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書」の提出を求める請願について、紹介議員として説明申し上げます。

  なお、説明は請願書の朗読をもってかえさせていただきたいと存じます。



        「容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための

        法律の制定を求める意見書」の提出を求める請願

  要旨

  自治体が税金で容器包装を分別収集しているため、リサイクルに必要な総費用のうち約9割が製品価格に内部化されていないので、容器包装を選択する事業者はごみの発生抑制や環境配備に取り組もうとせず、ごみ排出量は高止まりのまま、環境によいリユース容器が激減しています。こうした状態から脱し持続可能な社会を目指すため、東松山市議会から国に対して、容器包装リサイクル法を改正し発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書を提出することを請願いたします。

  上記のとおり請願いたします。

  2011年2月14日

                                        東松山市石橋268

                                     生活クラブ生協比企支部

                                         代表 野原智子

  東松山市議会議長 鷺澤義明 様



  以上でございますが、慎重ご審議の上、ぜひとも採択をしていただきますようよろしくお願いいたしまして、紹介議員としての説明を終わらせていただきます。



○鷺澤義明議長 説明は終わりました。

  これより請願第1号について直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。



                                              



△議案及び請願の委員会付託



○鷺澤義明議長 これより議案及び請願の付託を行います。

  お諮りいたします。今期定例会に市長から提出された議案第1号ないし議案第26号及び議長あてに提出された請願第1号については、お手元に配付しておきました付託表のとおり、各所管の委員会にそれぞれ付託してご審査願いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案及び請願は付託表のとおり付託することに決しました。



                                              



△埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙



○鷺澤義明議長 次に、埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。

  当広域連合議会議員につきましては、市議会議員から選出の議員に欠員が生じたため、今回の選挙が行われることとなったものであります。この広域連合議会議員の選挙は、広域連合規約第8条の規定により、埼玉県すべての市議会の選挙における得票総数により当選人を決定することになりますので、会議規則第31条の規定に基づく選挙結果の報告のうち当選人の報告及び当選人への告知は行いません。

  ここでお諮りいたします。選挙結果の報告については、会議規則第31条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを埼玉県後期高齢者医療広域連合に報告することといたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 ご異議なしと認めます。

  よって、選挙結果の報告については、会議規則第31条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することに決定いたしました。

  選挙の方法については投票によって行います。

  議場の閉鎖を命じます。

          〔議場閉鎖〕



○鷺澤義明議長 ただいまの出席議員数は20名であります。

  候補者名簿についてはお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  投票用紙を配付いたさせます。

          〔投票用紙配付〕



○鷺澤義明議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 配付漏れはなしと認めます。

  投票箱を改めさせます。

          〔投票箱点検〕



○鷺澤義明議長 異状なしと認めます。

  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載し、事務局長の点呼に応じて順次投票を願います。

  それでは、点呼を命じます。

          〔投  票〕



○鷺澤義明議長 投票漏れはありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 投票漏れはなしと認めます。

  投票を終了いたします。

  議場の閉鎖を解きます。

          〔議場開鎖〕



○鷺澤義明議長 これより開票を行います。

  会議規則第30条第2項の規定により、立会人に16番 小野美佐子議員及び17番 榎田達治議員を指名いたします。

  両議員の立ち会いをお願いいたします。

          〔開  票〕



○鷺澤義明議長 開票は終了いたしました。

  選挙の結果を報告いたします。

  投票総数20票。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票20票。無効投票0票。有効投票中、日暮 進議員17票、鹿野泰司議員3票。

  以上のとおりであります。

  よって、この選挙結果につきましては、埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙長に報告いたします。

  ここで一たん休憩いたします。

                                      (午前10時10分)

                                              



○鷺澤義明議長 再開いたします。

                                      (午前11時10分)



                                              



△市長追加提出議案の報告及び上程



○鷺澤義明議長 ここで、市長から追加議案の提出がありましたので、ご報告いたします。

  事務局長をして朗読いたさせます。



◎岡本功事務局長 朗読いたします。


  東松総発第0225006号
   平成23年3月1日
  東松山市議会議長  鷺 澤 義 明 様
                                  東松山市長 森 田 光 一
                   議案の提出について
  平成23年第1回東松山市議会定例会の追加議案を別冊のとおり提出いたします。
  別冊、議案第28号 東松山市監査委員の選任について
  以上でございます。




○鷺澤義明議長 朗読は終わりました。



                                              



△日程の追加



○鷺澤義明議長 お諮りいたします。

  ただいま市長から提出されました議案第28号については、これを日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 ご異議なしと認めます。

  よって、これを日程に追加し、直ちに議題といたします。



                                              



△提案理由の説明



○鷺澤義明議長 ここで、提出者の提案理由の説明を求めます。

  森田光一市長。

          〔森田光一市長登壇〕



◎森田光一市長 議長のお許しをいただきましたので、提案理由の説明をさせていただきます。

  議案第28号は、東松山市監査委員の選任についてであります。平成23年2月23日をもって、監査委員でありました斎藤雅男氏から辞職願の提出がございましたので、新たに議会選出監査委員として、加藤正三氏を選任いたしたいとするものであります。

  何とぞ慎重審査を賜り、原案のとおりご議決いただきますようにお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。



○鷺澤義明議長 説明は終わりました。

  なお、議案第28号は人事案件でありますから、細部の説明は省略いたしたいと思いますので、ご了承願います。



                                              



△議案第28号の質疑、討論、採決



○鷺澤義明議長 本件は、加藤正三議員の一身上に関する事件でありますので、地方自治法117条の規定により加藤正三議員の退席を求めます。

          〔1番 加藤正三議員退場〕



○鷺澤義明議長 これより議案第28号について、直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって質疑を終結いたします。

  お諮りいたします。本件は人事案件でありますので、会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 ご異議なしと認めます。

  よって、委員会付託を省略いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 これをもって討論を終結いたします。

  これより議案第28号を採決いたします。

  お諮りいたします。本件を原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 ご異議なしと認めます。

  よって、本件は原案のとおり同意することに決しました。

  加藤正三議員の入場を求めます。

          〔1番 加藤正三議員入場〕



                                              



△前監査委員辞任のあいさつ



○鷺澤義明議長 ここで、前監査委員 斎藤雅男議員よりあいさつのため発言を求められておりますので、これを許可いたします。

  斎藤雅男議員。

          〔5番 斎藤雅男議員登壇〕



◆5番(斎藤雅男議員) 議長のお許しをいただきましたので、監査委員退任に際しまして、一言皆様に御礼のごあいさつを申し上げます。

  昨年6月の定例会でご選任いただき、皆様の温かいご指導のもと、この職責を全うさせていただきまして、まことにありがとうございました。監査委員在任中の活動につきましては、毎月の例月出納検査をはじめとして、決算審査、定期監査、財政援助団体監査などにおきまして、その執行が適正かつ効率的に行われているかどうかを基本として監査を行い、平成21年度決算審査におきましては、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づき、東松山市健全化判断比率の審査も実施いたしました。この間、議会選出の監査委員として、私なりに精いっぱい職務に取り組んでまいりました。今後におきましては、この経験を生かし、さらに市勢発展のため鋭意努力してまいりたいと考えております。皆様のご指導、ご協力に対しましては重ねて御礼を申し上げ、まことに簡単ではございますが、退任のごあいさつとさせていただきます。大変ありがとうございました。



                                              



△監査委員のあいさつ



○鷺澤義明議長 次に、新たに監査委員に選任されました加藤正三議員のあいさつをお願いいたします。

          〔1番 加藤正三議員登壇〕



◆1番(加藤正三議員) 議長のお許しをいただきましたので、監査委員就任に当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。

  ただいま監査委員として皆様からご同意をいただきまして、就任することになりました加藤正三でございます。まことにありがとうございます。今、地方自治体を取り巻く財政環境は、依然として非常に厳しい状況にあります。また、従来の決算審査に加えて、健全化判断比率等の監査委員による審査も実施される中、監査委員に就任することの責任の重大さを痛感しているところでございます。私もこの職務を果たすべく、一生懸命努力する所存でございますので、皆様には今後ともご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げまして、まことに簡単でございますが、就任のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。



                                              



△日程の追加



○鷺澤義明議長 ここで報告いたします。

  ただいま5番 斎藤雅男議員から議員の辞職願が提出されました。

  お諮りいたします。この際、斎藤雅男議員の議員辞職の件を日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 ご異議なしと認めます。

  よって、斎藤雅男議員の議員辞職の件を日程に追加し、直ちに議題といたします。



                                              



△議員辞職の件



○鷺澤義明議長 本件は、斎藤雅男議員の一身上に関する事件でありますので、地方自治法第117条の規定により、斎藤雅男議員の退席を求めます。

          〔5番 斎藤雅男議員退場〕



○鷺澤義明議長 事務局長をして辞職願を朗読いたさせます。



◎岡本功事務局長 朗読いたします。


   平成23年3月1日
  東松山市議会議長  鷺 澤 義 明 様
                                東松山市議会議員 斎 藤 雅 男
          辞  職  願
  今般、一身上の都合により議員を辞職したいので、許可されるよう願い出ます。
  以上でございます。




○鷺澤義明議長 朗読は終わりました。

  お諮りいたします。斎藤雅男議員の議員の辞職を許可することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○鷺澤義明議長 ご異議なしと認めます。

  よって、斎藤雅男議員の議員の辞職を許可することに決しました。



                                              



△次会日程の報告



○鷺澤義明議長 以上で本日の日程は終了いたしました。

  明2日から6日まで本会議を休会とし、その間に各委員会を開き、付託された案件の審査をお願いいたします。

  来る7日は午前9時30分から本会議を開き、市政に対する一般質問を行います。



                                              



△散会の宣告



○鷺澤義明議長 本日はこれにて散会いたします。

  ご苦労さまでした。

                                      (午前11時19分)