議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 本庄市

平成19年 第3回 定例会 09月03日−01号




平成19年 第3回 定例会 − 09月03日−01号







平成19年 第3回 定例会





       平成19年本庄市議会第3回定例会議事日程(第1日)

平成19年9月3日(月曜日)

  1、開  会
  2、開  議
  3、日程の報告
  4、会議録署名議員の指名
  5、会期の決定
  6、説明者の出席報告
  7、諸報告
  8、市長提出議案の報告
  9、市長提出議案の上程
 10、市長提出議案に対する提案理由の説明
 11、市長提出議案に対する議案内容の説明
 12、次会日程の報告
     第 2日 9月4日(火曜日) 本会議 午前10時
 13、散  会

〇出席議員(30名)
    1番   柿  沼  綾  子  議員   2番   柿  沼  光  男  議員
    3番   木  村  喜 三 郎  議員   4番   広  瀬  伸  一  議員
    5番   田  中  輝  好  議員   6番   大  塚     勲  議員
    7番   湯  浅  貴  裕  議員   8番   飯  塚  俊  彦  議員
    9番   岩  崎  信  裕  議員  10番   小  林     猛  議員
   11番   高  橋  清 一 朗  議員  12番   町  田  美 津 子  議員
   13番   矢  島  孝  一  議員  14番   鈴  木  常  夫  議員
   15番   高  橋  和  美  議員  16番   早  野     清  議員
   17番   野  田  貞  之  議員  18番   内  島     茂  議員
   19番   明  堂  純  子  議員  20番   中  原  則  雄  議員
   21番   設  楽  孝  行  議員  22番   金  井  悦  子  議員
   23番   間  正     始  議員  24番   林     富  司  議員
   25番   堀  口  勝  司  議員  26番   青  木  清  志  議員
   27番   山  口     薫  議員  28番   木  村  広  二  議員
   29番   鬼  沢  親 仁 男  議員  30番   野  枝  直  治  議員

〇欠席議員(なし)

〇事務局職員出席者
   山  中  今 朝 男   事務局長     田  島  弘  行   次  長
   高  木  弘  之   庶務係長     大  屋  正  信   議事係長
   内  田  圭  三   主  査

〇説明のための出席者
   吉  田  信  解   市  長     中  沢     敏   副 市 長

   杉  原  範  之   教  育     茂  木  孝  彦   教 育 長
                委 員 長                      

   大  墳  俊  一   企画財政     腰  塚     修   総務部長
                部  長

   中  西     守   健康福祉     吉  川  敏  男   経済環境
                部  長                  部  長

   倉  本     優   都市整備     大  屋  一  彦   拠点整備
                部  長                  推進局長
   丸  山     茂   教  育     江  原  竜  司   水道部長
                委 員 会
                事務局長

   岩  上  高  男   児玉総合     内  野     勲   参 事 兼
                支 所 長                  秘書広報
                                      課  長





9月3日午前10時21分開会







△開会及び開議の宣告



○林富司議長 ただいまから平成19年本庄市議会第3回定例会を開会いたします。

  直ちに本日の会議を開きます。

  これより議事に入ります。







△日程の報告



○林富司議長 この際、日程の報告をいたします。

  本日の議事日程は、印刷の上、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。







△会議録署名議員の指名



○林富司議長 まず、会議録署名議員の指名を行います。

  23番 間 正   始 議員

  25番 堀 口 勝 司 議員

  26番 青 木 清 志 議員

  以上、3名の方にお願いをいたします。







△会期の決定



○林富司議長 次に、会期の決定を議題といたします。

  本件につきましては、閉会中の継続審査として議会運営委員会において審査されておりますので、その結果について議会運営委員長より報告をお願いいたします。

  議会運営委員長、木村広二議員。

    〔木村広二議会運営委員長登壇〕



◆議会運営委員長(木村広二議員) ご報告いたします。

  去る8月27日、31日及び本日、議会運営委員会を開催し、本定例会の会期及び日程について協議をいたしました結果、会期については本日より9月21日までの19日間といたし、その日程はお手元に配付してあります会期予定表のとおり決定をした次第です。

  以上、報告を終わります。



○林富司議長 お諮りいたします。

  ただいま議会運営委員長より報告のありましたとおり、本定例会の会期は本日から9月21日までの19日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○林富司議長 ご異議なしと認めます。

  よって、会期は19日間と決定いたしました。







△説明者の出席報告



○林富司議長 次に、本定例会の議事説明者として、地方自治法第121条の規定により、市長ほか関係役職員の出席を求めました。







△諸報告



○林富司議長 この際、諸報告を行います。

  まず、平成19年第2回定例会において可決されました最低賃金制度に関する意見書につきましては、平成19年6月28日付をもって内閣総理大臣ほか関係機関に提出しておきましたので、ご了承願います。

  次に、市長から、報告第18号ないし報告第21号、以上4件の報告がありましたので、印刷の上、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。

  次に、監査委員から、平成19年5月分ないし7月分の現金出納検査結果の報告がありましたので、印刷の上、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。







△市長提出議案の報告



○林富司議長 次に、本会議に付議いたします事件を報告いたします。

  議会事務局長より議案の朗読をいたさせます。

  議会事務局長。



◎山中今朝男事務局長 朗読いたします。

  平成19年本庄市議会第3回定例会付議事件

 第59号議案 本庄市認可地縁団体印鑑条例                         

 第60号議案 本庄市手数料条例の一部を改正する条例                    

 第61号議案 本庄市民プラザ設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例         

 第62号議案 本庄市開発許可等の基準に関する条例の一部を改正する条例           

 第63号議案 本庄市下水道条例の一部を改正する条例                    

 第64号議案 市道路線の廃止について                           

 第65号議案 市道路線の認定について                           

 第66号議案 本庄上里学校給食組合規約の変更について                   

 第67号議案 平成19年度本庄市一般会計補正予算(第2号)                 

 第68号議案 平成19年度本庄市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)           

 第69号議案 平成19年度本庄市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)          

 第70号議案 平成19年度本庄市老人保健特別会計補正予算(第1号)             

 第71号議案 平成19年度本庄市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)         

 第72号議案 平成19年度本庄市介護保険特別会計補正予算(第1号)             

 第73号議案 平成19年度本庄市水道事業会計補正予算(第1号)               

  以上でございます。



○林富司議長 ただいま報告いたしました議案は、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。







△市長提出議案の上程



○林富司議長 これより、市長から提出された第59号議案ないし第73号議案、以上15件を一括議題といたします。







△市長提出議案に対する提案理由の説明



○林富司議長 市長から提案理由の説明を求めます。

  吉田市長。

    〔吉田信解市長登壇〕



◎吉田信解市長 議長のお許しをいただきましたので、議案の提案理由の説明を申し上げます。

  本日ここに、平成19年本庄市議会第3回定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方におかれましては、ご多用にもかかわらずご健勝にてご参会を賜り、市政の諸問題につきましてご審議をいただきますことは、市政進展のためまことに感謝にたえない次第であります。

  さて、本定例会にご提案申し上げました議案は、条例の制定1件、条例の一部改正4件、市道路線の廃止及び認定各1件、組合規約の変更1件、平成19年度補正予算7件の合わせて15件であります。また、報告事項は4件であります。

  最初に、条例の制定について申し上げます。

  第59号議案 本庄市認可地縁団体印鑑条例につきましては、地方自治法第260条の2第1項の規定に基づく認可を受けた地縁団体の印鑑の登録及び証明に関し、条例を制定したいので、ご提案申し上げます。

  続きまして、条例の一部改正について申し上げます。

  まず、第60号議案 本庄市手数料条例の一部を改正する条例につきましては、地方自治法第260条の2第12項の規定に基づき、認可を受けた地縁団体に係る告示事項の証明書の交付手数料を規定するため、所要の改正をしたいので、ご提案申し上げます。

  次に、第61号議案 本庄市民プラザ設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例につきましては、本庄市民プラザの一室を新たに会議室として市民に貸し出すため、所要の改正をしたいので、ご提案申し上げます。

  次に、第62号議案 本庄市開発許可等の基準に関する条例の一部を改正する条例につきましては、都市の秩序ある整備を図るための都市計画法等の一部を改正する法律及び都市の秩序ある整備を図るための都市計画法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令の施行に伴い、所要の改正をしたいので、ご提案申し上げます。

  次に、第63号議案 本庄市下水道条例の一部を改正する条例につきましては、日本郵政公社の民営化に伴い、所要の改正をしたいので、ご提案申し上げます。

  続きまして、市道路線の廃止及び認定について申し上げます。

  第64号議案及び第65号議案、市道路線の廃止14件、認定16件についてご提案申し上げます。

  続きまして、組合規約の変更について申し上げます。

  第66号議案 本庄上里学校給食組合規約の変更についてでありますが、本庄市において実施される住居表示に関する法律第2条第1項に規定する街区方式による住居表示に伴い、本庄上里学校給食組合規約の変更について協議したいので、地方自治法第290条の規定により、ご提案申し上げます。

  続きまして、補正予算関係について申し上げます。

  まず、第67号議案 平成19年度本庄市一般会計補正予算(第2号)でありますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億7,781万9,000円を追加し、歳入歳出それぞれ234億1,826万6,000円とするものであります。

  次に、第68号議案 平成19年度本庄市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)でありますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ672万9,000円を追加し、歳入歳出それぞれ79億4,267万6,000円とするものであります。

  次に、第69号議案 平成19年度本庄市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)でありますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ692万2,000円を追加し、歳入歳出それぞれ27億5,000万2,000円とするものであります。

  次に、第70号議案 平成19年度本庄市老人保健特別会計補正予算(第1号)でありますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,035万7,000円を追加し、歳入歳出それぞれ63億8,503万8,000円とするものであります。

  次に、第71号議案 平成19年度本庄市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)でありますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ45万2,000円を追加し、歳入歳出それぞれ3億3,166万5,000円とするものであります。

  次に、第72号議案 平成19年度本庄市介護保険特別会計補正予算(第1号)でありますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,887万7,000円を追加し、歳入歳出それぞれ36億1,466万7,000円とするものであります。

  次に、第73号議案 平成19年度本庄市水道事業会計補正予算(第1号)でありますが、業務の予定量、収益的支出の予定額、資本的収入及び支出の予定額などを補正するものでございます。

  続きまして、報告関係について申し上げます。

  報告第20号につきましては、平成19年度財団法人本庄市公園緑地公社事業報告及び決算であり、また報告第21号につきましては、平成19年度財団法人本庄市公園緑地公社清算予算であります。

  以上、議案の提案理由及び報告事項の概要につきましてご説明申し上げましたが、詳細につきましては副市長から議案内容及び報告事項の説明をいたさせたいと存じますので、何とぞ慎重ご審議の上、よろしくご議決を賜りますようお願いを申し上げます。

  以上でございます。



○林富司議長 以上で市長の提案理由の説明を終わります。







△市長提出議案に対する議案内容の説明



○林富司議長 次に、議案内容の説明を求めます。

  中沢副市長。

    〔中沢 敏副市長登壇〕



◎中沢敏副市長 議長のお許しをいただきましたので、今議会にご提案を申し上げました議案の内容につきましてご説明を申し上げます。

  それでは、お手元に配付してございます平成19年本庄市議会第3回定例会条例案概要書をごらんいただきたいと存じます。

  初めに、第59号議案 本庄市認可地縁団体印鑑条例でございますが、趣旨につきましては、地方自治法第260条の2第1項の規定に基づく認可を受けた地縁団体の印鑑の登録及び証明に関する条例制定でございます。

  内容につきまして、第1条は趣旨関係で、認可地縁団体印鑑の登録及び証明に関し必要な事項を定めるものとする規定でございます。

  第2条は、認可地縁団体印鑑の登録を受けることができる資格関係で、認可地縁団体の代表者とし、ただし次の各号のいずれかに該当する者が選任または就任しているときは、当該者とする規定であり、第1号は地方自治法施行規則第19条第1項第1号へによる職務代行者、第2号は民法第56条による仮代表者、第3号は民法第57条による特別代理人、第4号は民法第74条または第75条による清算人とするものでございます。

  第3条は、印鑑登録の申請関係で、申請書に登録を受けようとする印鑑を添え、市長に申請しなければならない規定でございます。

  第4条は、印鑑登録原票への登録事項関係で、第1号は印影、第2号は登録番号、第3号は登録年月日、第4号は認可地縁団体の名称、第5号は認可地縁団体の事務所の所在地、第6号は認可地縁団体の認可年月日、第7号は登録資格、第8号は代表者等の氏名、第9号は代表者等の生年月日、第10号は代表者等の住所、第11号はその他認可地縁団体印鑑の登録及び証明に関し必要と認める事項とする規定でございます。

  第5条は、登録印鑑関係で、第1項は登録印鑑は1認可地縁団体につき1個とする規定でございます。第2項は、登録できない印鑑として、第1号はゴム印その他の印鑑で変形しやすいもの、第2号は機械製造により大量生産されたもの、第3号は印影の大きさが1辺の長さ8ミリメートルの正方形におさまるもの、または1辺の長さ30ミリメートルの正方形におさまらないもの、第4号は印影を鮮明にあらわしにくいもの、第5号はその他登録を受けようとする認可地縁団体印鑑として適当でないものとする規定でございます。

  第6条は、登録廃止等の申請関係で、第1項は印鑑登録の廃止は当該印鑑を押印した申請書により市長に申請しなければならない規定でございます。第2項は、認可地縁団体印鑑を亡失したときは、直ちに市長に申請しなければならない規定でございます。

  第7条は、登録事項の修正関係で、登録原票の登録事項に変更があったときは、登録原票の登録事項を修正しなければならない規定でございます。

  第8条は、登録の抹消関係で、第1項は認可地縁団体印鑑の登録を抹消しなければならない事由として、第1号は登録を受けている者の登録資格に変更が生じたとき、第2号は印鑑登録の廃止または亡失の申請を受理したとき、第3号は認可地縁団体が解散したとき、第4号は登録印鑑として適当でないと認められたとき、第5号はその他市長が印鑑の登録を抹消すべき事由が生じたと認めたときとする規定でございます。第2項は、前項第4号または第5号の事由により登録を抹消したときは、当該印鑑の登録を受けている者に通知しなければならない規定でございます。

  第9条は、認可地縁団体印鑑登録証明書の交付申請関係で、認可地縁団体印鑑登録証明書の交付は、当該印鑑を押印した申請書により市長に申請しなければならない規定でございます。

  第10条は、認可地縁団体印鑑登録証明書関係で、第1項は認可地縁団体印鑑登録証明書は登録原票に登録されている印影の写しについて証明し、あわせて記載する事項について、第1号は認可地縁団体の名称、第2号は認可地縁団体の事務所の所在地、第3号は登録資格、第4号は代表者等の氏名、第5号は代表者等の生年月日とする規定でございます。第2項は、認可地縁団体印鑑登録証明書の交付の際、末尾に登録原票に登録されている印影の写しであることに相違ない旨を記載しなければならない規定でございます。

  第11条は、代理人による申請関係で、第1項は委任の旨を証する書面を添えて、この条例の規定に基づく申請をすることができる代理人について、第1号は法施行規則第19条第1項第1号トに規定する代理人、第2号は第2条各号に掲げる者の代理人とする規定でございます。第2項は、代理人による申請を行う場合の第3条、第6条第1項及び第2項並びに第9条の読みかえ規定の適用でございます。

  第12条は、印鑑登録証明書の手数料関係で、認可地縁団体印鑑登録証明書の手数料の額を1件につき150円とする規定でございます。

  第13条は、事実の調査関係で、市長は認可地縁団体印鑑の登録及び証明の事務に関し関係者に質問し、または必要な事項について調査することができる規定でございます。

  第14条は、閲覧の禁止関係で、登録原票その他認可地縁団体印鑑の登録及び証明に関する書類の閲覧の禁止の規定でございます。

  第15条は、本庄市行政手続条例の適用除外関係で、本庄市行政手続条例第2章及び第3章の適用除外規定でございます。

  第16条は、委任関係で、条例の施行に関し必要な事項の規則への委任規定でございます。

  附則でございますが、施行期日を公布の日とするものでございます。

  次に、第60号議案 本庄市手数料条例の一部を改正する条例でございますが、趣旨につきましては、地方自治法第260条の2第12項の規定に基づき、認可を受けた地縁団体に係る告示事項の証明書の交付手数料を規定するための所要の改正でございます。

  内容につきまして、別表に54の項として認可を受けた地縁団体に係る告示事項の証明書、1件につき150円を加える規定でございます。

  附則でございますが、施行期日を公布の日とするものでございます。

  次に、第61号議案 本庄市民プラザ設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例でございますが、趣旨につきましては、本庄市民プラザの一室を新たに会議室として市民に貸し出すための所要の改正でございます。

  内容につきまして、別表に305会議室の項として時間別料金、午前800円、午後1,000円、夜間1,300円、全日3,100円を加える規定でございます。

  附則でございますが、施行期日を公布の日とするものでございます。

  次に、第62号議案 本庄市開発許可等の基準に関する条例の一部を改正する条例でございますが、趣旨につきましては、都市の秩序ある整備を図るための都市計画法等の一部を改正する法律及び都市の秩序ある整備を図るための都市計画法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令の施行に伴う所要の改正でございます。

  内容につきまして、第2条、第3条の見出し、同条第1項、第4条、第5条の見出し及び同条第1項は、都市計画法の一部改正に伴う引用条項の文言整理でございます。第6条は、都市計画法施行令の一部改正に伴い引用条項は削られ、大規模開発を許可できる基準が廃止されたため、削るものでございます。第7条及び第8条は、第6条を削ったことに伴う条ずれでございます。

  附則でございますが、施行期日を平成19年11月30日とするものでございます。

  次に、第63号議案 本庄市下水道条例の一部を改正する条例でございますが、趣旨につきましては、日本郵政公社の民営化に伴う所要の改正でございます。

  内容につきまして、第18条は占用関係で、第2項第3号は占用料の徴収の例外規定から郵政事業に係る占用物件を削る文言整理でございます。

  附則でございますが、施行期日を平成19年10月1日とするものでございます。

  次に、第64号議案ないし第66号議案につきましては、平成19年本庄市議会第3回定例会議案書をごらんいただきたいと存じます。

  初めに、9ページをお願いいたします。まず、第64号議案 市道路線の廃止でございますが、趣旨につきましては、道路法第10条の規定による市道路線の廃止14件でございます。

  内容につきましては、払い下げにより廃止するものが11件、不要により廃止するものが2件、路線を延長し、再認定するため廃止するものが1件でございます。場所等につきましては、議案書にございます市道路線廃止調書をごらんいただきたいと存じます。

  次に、19ページをお願いいたします。第65号議案 市道路線の認定でございますが、趣旨につきましては、道路法第8条の規定による市道路線の認定16件でございます。

  内容につきましては、払い下げにより廃止した路線の一部を再認定するものが3件、開発に伴い帰属道路を認定するものが1件、本庄早稲田駅周辺土地区画整理事業による新設道路を認定するものが10件、不要により廃止した路線の一部を再認定するものが1件、廃止した路線を延長して再認定するものが1件でございます。場所等につきましては、議案書にございます市道路線認定調書をごらんいただきたいと存じます。

  次に、30ページをお願いいたします。第66号議案 本庄上里学校給食組合規約の変更についてでございますが、趣旨につきましては、本庄市において実施される住居表示に関する法律第2条第1号に規定する街区方式による住居表示に伴い、本庄上里学校給食組合規約の変更について協議したいので、地方自治法第290条の規定により、提出するものでございます。

  内容につきましては、次の31ページの別紙に記載されておりますとおり、本庄上里学校給食組合規約別表本庄市の項中「いまい台1丁目から3丁目」の次に「、朝日町1丁目から3丁目、五十子1丁目から3丁目、四季の里1丁目から3丁目」を加えるものでございます。

  以上で条例等関係の説明を終わらせていただきます。

  次に、別つづりの第67号議案 平成19年度本庄市一般会計補正予算(第2号)についてご説明を申し上げます。

  第1条につきましては、歳入歳出予算の補正でございまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億7,781万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ234億1,826万6,000円とするものでございます。

  第2条につきましては、地方債の変更についてでございまして、6ページで説明をさせていただきます。

  それでは、6ページをお開きいただきたいと存じます。第2表、地方債補正でございますが、起債の目的の欄にございます臨時財政対策債の限度額の確定によりまして、限度額の総額を16億8,360万円から16億8,790万円へ補正をお願いするものでございます。

  次に、歳入歳出予算の補正の内容でございますが、歳出からご説明を申し上げます。なお、各給与費の補正につきましては、後ほど補正予算給与費明細書でご説明を申し上げます。

  それでは、補正予算に関する説明書の16ページをお開きいただきたいと存じます。款02総務費、項01総務管理費、目05財産管理費の説明欄の2行目にございます市有財産維持管理事業1,447万4,000円につきましては、駅北公園として利用していました郵便局跡地を売却するため、そこにございます植栽、フェンス等を撤去するための費用及び市庁舎南側の土地を購入するための費用につきまして補正をお願いするものでございます。

  その下の庁舎維持管理事業74万7,000円につきましては、市庁舎喫茶室の厨房等の修理費用につきまして補正をお願いするものでございます。

  その下の目07企画費の説明欄にございます企画振興事業697万7,000円につきましては、共栄地内の企業立地に伴い、市道7557号線及び7562号線に水道配水管を布設するための水道工事負担金でございます。

  次に、17ページをお願いします。款02総務費、項02徴税費、目02賦課徴収費の説明欄にございます徴収事業1,400万円につきましては、市税の還付金に不足が見込まれることから、補正をお願いするものでございます。

  次に、19ページをお願いします。款02総務費、項04選挙費、目05土地改良区総代選挙費の説明欄にございます児玉北部土地改良区総代選挙事業5万7,000円につきましては、児玉南部、児玉北部土地改良区の合併に伴う総代選挙費用でございます。

  次に、20ページをお願いいたします。款02総務費、項05統計調査費、目03経済統計調査費の説明欄にございます経済統計調査事業34万4,000円につきましては、物価統計調査の実施市町村に選定されたため、調査費用につきまして補正をお願いするものでございます。

  次に、22ページをお願いいたします。款03民生費、項01社会福祉費、目03障害者福祉費の説明欄にございます障害者福祉事務費31万5,000円につきましては、国への返還金でございます。

  その2行下の介護給付費等支給事業4,471万5,000円につきましては、障害者自立支援法円滑化施行特別対策事業により、利用者負担がさらに4分の1に軽減されることによりまして、居宅介護費用に不足が見込まれることから、補正をお願いするものでございます。

  その下の自立支援医療費支給事業2,521万1,000円につきましては、受給者の増加により更生医療給付費に不足が見込まれること、また県への返還金が生じましたので、補正をお願いするものでございます。

  その下の補装具費支給事業58万円1,000円につきましては、国、県への返還金が生じましたので、補正をお願いするものでございます。

  その下の障害者自立支援特別対策事業418万円につきましては、障害者自立支援対策臨時特別交付金を受けまして、制度改正に伴う激変緩和措置等の特別対策事業を実施するための費用でございます。

  その2行下の障害者相談支援事業300万円につきましては、相談員の増員等を行い、相談体制の充実を図るため、補正をお願いするものでございます。

  その下の日常生活用具給付事業29万7,000円につきましては、国、県への返還金でございます。

  その下の障害者訪問入浴サービス事業117万5,000円につきましては、訪問入浴サービスの利用回数の増加によりまして業務委託料に不足が見込まれることから、補正をお願いするものでございます。

  その下の障害者ガイドヘルプサービス事業67万7,000円につきましては、サービス利用時間の増加によりまして業務委託料に不足が見込まれることから、補正をお願いするものでございます。

  その下の障害者(児)福祉事業4万3,000円、その下の在宅重度心身障害者手当支給事業9万8,000円につきましては、県への返還金でございます。

  その下の特別障害者手当等支給事業5万3,000円につきましては、国への返還金でございます。

  次に、23ページをお願いいたします。款03民生費、項01社会福祉費、目03障害者福祉費の説明欄の1行目にございます心身障害児機能回復通園費補助事業61万1,000円につきましては、施設利用者の増加によりまして利用負担金に不足が見込まれることから、補正をお願いするものでございます。

  その下の目05老人福祉費の説明欄の2行目にございます老人福祉事務費18万8,000円につきましては、県への返還金でございます。

  その下の高齢者敬老事業222万5,000円につきましては、検討しておりました敬老会の実施方法等が固まりましたので、不足額につきまして補正をお願いするものでございます。

  その下のシルバー人材センター運営事業344万6,000円につきましては、プロパー職員の採用に伴いまして運営費に不足が見込まれますので、補助金の増額補正をお願いするものでございます。

  その下の高齢者福祉施設等整備補助事業4,400万円につきましては、むさしの福祉会が児玉地域宮内に計画をしております高齢者福祉施設に対しまして国庫補助金4,000万円の交付内示がありましたので、補正をお願いするものでございます。また、この国庫補助金の交付に伴い、本庄市高齢者福祉施設等整備補助金につきましても、国庫補助金の10分の1に当たる400万円を交付することになりますので、あわせて補正をお願いするものでございます。

  その下の目10国民健康保険特別会計繰出金の説明欄にございます国民健康保険特別会計繰出金672万9,000円につきましては、人事異動に伴う人件費増分につきまして繰り出しを行うものでございます。

  その下の目11老人保健特別会計繰出金の説明欄にございます老人保健特別会計繰出金2,947万3,000円につきましては、老人保健特別会計で平成18年度国県負担金に返還金が生じましたので、その財源として繰り出すものでございます。

  次に、24ページをお願いいたします。款03民生費、項02児童福祉費、目01児童福祉総務費の説明欄の2行目にございます児童福祉事業309万4,000円につきましては、民間学童保育所への委託料の国、県の基準額に変更がございましたので、不足額を補正するものでございます。また、特別支援学校学童保育所への補助金につきましても、受け入れ児童数の増加により補助金の補正をお願いするものでございます。

  その下の目04児童センター費の説明欄にございます児童センター運営事業135万4,000円につきましては、10月から児玉総合支所で児玉つどいの広場を実施するための費用を計上したものでございます。

  その下の目06母子福祉費の説明欄にございます母子福祉事業123万6,000円につきましては、高等技能訓練促進費の支給対象者の増加により支給費に不足が見込まれますので、補正をお願いするものでございます。

  次に、25ページをお願いします。款03民生費、目03生活保護費、目02扶助費の説明欄にございます生活保護費支給事業628万6,000円につきましては、国、県への返還金でございます。

  次に、27ページをお願いいたします。款04衛生費、項02清掃費、目01清掃総務費の説明欄の2行目にございます清掃対策事業49万5,000円につきましては、育児休業職員の代替として臨時職員賃金を計上したものでございます。

  次に、29ページをお願いいたします。款06農林水産業費、項01農業費、目03農業振興費の説明欄の2行目にございます農業団体補助事業(総合支所)4,413万9,000円につきましては、ひびきの農協児玉直売所の児玉ライスセンター所在地への移転事業費の2分の1について県補助金が交付されることとなりましたので、補正をお願いするものでございます。また、児玉ライスセンターの取り壊しに伴い県への補助金の返還が生じますので、あわせて補正をお願いするものでございます。なお、この返還金の財源はひびきの農協よりの返還金でございます。

  その下の経営改善支援活動事業45万円につきましては、県補助を受け、GAP、GAPは安全、安心な農産物の生産に向け、農作業の適切な工程管理を行う意ですが、そのGAP実践団体の活動費を補助するため、補正をお願いするものでございます。

  その下の水田効率利用条件整備事業10万9,000円につきましては、県補助を受け、児玉地域飼料用稲利用会へ機器購入費用の一部を補助するため、補正をお願いするものでございます。

  次に、30ページをお願いいたします。款07商工費、項01商工費、目04観光費の説明欄にございます観光対策事業88万2,000円につきましては、本庄名物としてつみっこをPRするため、コンテスト等を実施する費用について補正をお願いするものでございます。

  次に、32ページをお願いします。款08土木費、項02道路橋梁費、目03道路新設改良費の説明欄の2行目にございます道路改良事業152万8,000円につきましては、道路改良事業に伴う水道工事負担金に変更が生じましたので、補正をお願いするものでございます。

  次に、33ページをお願いします。款08土木費、項03都市計画費、目07公園費の説明欄にございます公園緑地整備事業179万7,000円の減につきましては、臨時職員の採用を取りやめたための減額及び若泉運動公園の元小山川沿いの遊歩道の照明灯設置工事、若泉第一公園借り上げ地整地工事費用について補正をお願いするものでございます。

  次に、34ページをお願いします。款08土木費、項04下水道費、目01下水道費の説明欄にございます公共下水道事業特別会計繰出金621万6,000円につきましては、人事異動に伴う人件費増分について繰り出すものでございます。

  次に、36ページをお願いいたします。款10教育費、項01教育総務費、目02事務局費の説明欄の2行目にございます教育振興事業60万円につきましては、昨年度まで秋平小学校で実施しました元気な学校をつくる地域連携推進事業を旭小学校で実施するための費用について補正をお願いするものでございます。

  次に、39ページをお願いします。款10教育費、項05社会教育費、目01社会教育総務費の説明欄の2行目にございます社会教育推進事業95万円につきましては、埼玉県が主催し、埼玉県教育委員会と本庄市が共催で実施します塙保己一賞で大賞、奨励賞、貢献賞受賞者に副賞として贈呈を予定しておりますブロンズ像の制作費用について補正をお願いするものでございます。

  その下の目03文化財発掘費の説明欄にございます遺跡保存事業876万円につきましては、早稲田大学からの依頼により実施します大久保山遺跡発掘調査受託事業費について補正をお願いするものでございます。

  その下の目04文化財施設費の説明欄にございます文化財施設運営事業10万円につきましては、競進社模範蚕室の受付にエアコンを設置するための費用について補正をお願いするものでございます。

  その下の目07図書館費の説明欄の3行目にございます図書館管理運営事業14万9,000円につきましては、本館のクーリングタワー用ストレーナーの修繕及び動力盤操作回路の絶縁不良箇所調査のための費用について補正をお願いするものでございます。

  次に、40ページをお願いいたします。款10教育費、項05社会教育費、目07図書館費の説明欄にございます図書館サービス事業40万円につきましては、昨年度教育振興基金に積み立てました株式会社シェリエよりの寄附金40万円を取り崩し、図書購入をするため、補正をお願いするものでございます。

  次に、41ページをお願いします。款10教育費、項06保健体育費、目01保健体育総務費の説明欄の2行目にございますスポーツ振興事業52万7,000円につきましては、育児休業職員の代替として臨時職員賃金を計上したものでございます。

  次に、42ページからでございますが、補正予算給与費明細書でございまして、特別職につきましては本庄市長等の給料及び期末手当の額の特例に関する条例の施行などにより、また一般職につきましては職員数の減及び人事異動によりまして見直しを行ったものでございます。

  以上で歳出の説明を終わらせていただきます。

  次に、歳入でございますが、説明書の3ページにお戻りいただきたいと存じます。

  款12分担金及び負担金、項02負担金、目01民生費負担金の説明欄にございます障害者相談支援事業費負担金126万2,000円につきましては、歳出の障害者相談支援事業費の増額分に対する郡内各町の負担金でございます。

  次に、4ページをお願いいたします。款14国庫支出金、項01国庫負担金、目01民生費国庫負担金の説明欄にございます障害者自立支援給付費等負担金3,365万4,000円につきましては、歳出の介護給付費等支給事業及び自立支援医療費支給事業の増額分に対する国庫負担金でございます。

  次に、5ページをお願いします。款14国庫支出金、項02国庫補助金、目01民生費国庫補助金の説明欄にございます障害者地域生活支援事業費補助金84万9,000円につきましては、歳出の障害者訪問入浴サービス事業及び障害者ガイドヘルプサービス事業の増額分に対する国庫補助金でございます。

  その下の後期高齢者医療制度準備費補助金694万1,000円の減につきましては、後期高齢者医療制度関連システム開発費への補助金でございますが、補助方法の変更及び補助基準額の確定により減額となりましたので、補正するものでございます。

  その下の次世代育成支援対策交付金115万2,000円の減につきましては、歳出のつどいの広場事業に対する補助が国庫補助から県費補助へ変更されたことに伴い減額とするものでございます。

  その下の母子家庭等対策費補助金92万7,000円につきましては、歳出の母子家庭自立支援給付金等支給事業の増額に対する国庫補助金でございます。

  その下の地域介護・福祉空間整備等交付金4,000万円につきましては、歳出の高齢者福祉施設等整備補助事業に対する国庫補助金でございます。

  次に、6ページをお願いいたします。款15県支出金、項01県負担金、目03民生費県負担金の説明欄にございます障害者自立支援給付費等負担金1,682万7,000円につきましては、歳出の介護給付費等支給事業及び自立支援医療費支給事業の増額分に対する県負担金でございます。

  次に、7ページをお願いいたします。款15県支出金、項02県補助金、目02民生費県補助金の説明欄にございます障害者地域生活支援事業費補助金42万4,000円につきましては、歳出の障害者訪問入浴サービス事業及び障害者ガイドヘルプサービス事業の増額分に対する県補助金でございます。

  その下の障害者自立支援特別対策事業費補助金325万6,000円につきましては、歳出の障害者自立支援特別対策事業に対する県補助金でございます。

  その下の地域子育て支援拠点事業費補助金474万1,000円につきましては、歳出のつどいの広場事業に対する補助が国庫補助から県費補助へ変更されたこと及び児玉つどいの広場事業開始に伴う県補助金の増額分でございます。

  その下の放課後児童対策事業費補助金259万6,000円につきましては、民間学童保育所への委託料に係る補助基準額の変更及び特別支援学校学童保育所受け入れ児童数の増による県補助金の増額分でございます。

  その下の目05農林水産業費県補助金の説明欄にございます水田効率利用条件整備事業費補助金10万9,000円につきましては、歳出の水田効率利用条件整備事業に対する県補助金でございます。

  その下のGAP実践事業費補助金45万円につきましては、歳出の経営改善支援活動事業に対する補助金でございます。

  その下の強い農業づくり交付金4,090万円につきましては、歳出の農業団体補助事業でご説明をいたしましたひびきの農協児玉直売所移転に対する県補助金でございます。

  その下の目06教育費県補助金の説明欄にございます生涯学習推進計画策定事業費補助金130万円につきましては、当初予算に計上してございます生涯学習推進計画策定事業が県補助の対象となりましたので、計上いたしたものでございます。

  次に、8ページをお願いいたします。款15県支出金、項03委託金、目01総務費委託金の説明欄にございます全国物価統計調査費委託金34万4,000円につきましては、歳出の経済統計調査事業に対する県委託金でございます。

  その下の目05教育費委託金の説明欄にございます元気な学校をつくる地域連携推進事業委託金40万円につきましては、歳出の教育振興事業に対する県委託金でございます。

  次に、9ページをお願いいたします。款16財産収入、項01財産運用収入、目01財産貸付収入の説明欄にございます土地貸付収入134万1,000円につきましては、新給食センター用地貸付収入を見込んだものでございます。

  次に、10ページをお願いいたします。款18繰入金、項01基金繰入金、目04教育振興基金繰入金の説明欄にございます教育振興基金繰入金40万円につきましては、図書館サービス事業で図書購入費用に充てるため、基金より繰り入れるものでございます。

  次に、11ページをお願いします。款19繰越金、項01繰越金、目01繰越金の説明欄にございます前年度繰越金1,967万9,000円につきましては、今回の補正財源として計上させていただいたものでございます。

  次に、12ページをお願いいたします。款20諸収入、項05受託事業収入、目02教育費受託事業収入の説明欄にございます遺跡発掘調査受託事業収入876万円につきましては、遺跡保存事業に充てるものでございます。

  その下の目03総務費受託事業収入5万7,000円につきましては、児玉北部土地改良区総代選挙費に充てるものでございます。

  次に、13ページをお願いいたします。款20諸収入、項06雑入、目02雑入の説明欄にございます経済環境課雑入333万6,000円につきましては、主にひびきの農協から支払われる児玉ライスセンター建設費補助金の返還金でございまして、歳出でご説明をいたしました県への返還金に充てるものでございます。

  以上で第67号議案の説明を終わらせていただきます。

  次に、別つづりの第68号議案 平成19年度本庄市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてご説明を申し上げます。

  歳入歳出予算の補正につきましては、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ672万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ79億4,267万6,000円とするものでございます。

  歳入歳出予算の補正の内容でございますが、歳出につきましては説明書の4ページをお開きいただきたいと存じます。款01総務費、項01総務管理費、目01一般管理費の説明欄にございます一般管理給与費672万9,000円につきましては、5ページからの補正予算給与費明細書にございますように、人事異動によりまして減員、減給の見直しを行ったものでございます。

  次に、歳入でございますが、説明書の3ページにお戻りいただきたいと存じます。今回の補正財源としましては、款08繰入金、項01他会計繰入金、目01一般会計繰入金の説明欄にございます職員給与費等繰入金672万9,000円に充てるものでございます。

  以上で第68号議案の説明を終わらせていただきます。

  次に、別つづりの第69号議案 平成19年度本庄市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明を申し上げます。

  歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ692万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ27億5,000万2,000円とするものでございます。

  歳入歳出予算の補正の内容でございますが、歳入につきましては説明書の5ページをお開きいただきたいと存じます。款01総務費の説明欄にございます一般管理給与費285万2,000円、それから6ページの説明欄にございます水質管理センター維持管理給与費27万8,000円、7ページの款02事業費の説明欄にございます公共下水道建設給与費379万2,000円につきましては、8ページからの補正予算給与費明細書にございますように、人事異動によりまして減員、減給の見直しを行ったものでございます。

  次に、歳入でございますが、説明書の3ページにお戻りいただきたいと存じます。今回の補正財源としましては、款04繰入金、項01他会計繰入金、目01一般会計繰入金の説明欄にございます一般会計繰入金621万6,000円と4ページの款05繰越金、項01繰越金、目01繰越金の説明欄にございます前年度繰越金70万6,000円を充てるものでございます。

  以上で第69号議案の説明を終わらせていただきます。

  次に、別つづりの第70号議案 平成19年度本庄市老人保健特別会計補正予算(第1号)についてご説明を申し上げます。

  歳入歳出予算の補正につきましては、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,035万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ63億8,503万8,000円とするものでございます。

  歳入歳出予算の補正の内容でございますが、歳出につきましては説明書の5ページをお開きいただきたいと存じます。款03諸支出金、項01償還金、目01償還金の説明欄にございます償還金3,035万7,000円につきましては、国、県への返還金でございます。

  次に、歳入でございますが、説明書の3ページにお戻りいただきたいと存じます。今回の補正財源としましては、款04繰入金、項01一般会計繰入金、目01一般会計繰入金の説明欄にございます一般会計繰入金2,947万3,000円と4ページの款05繰越金、項01繰越金、目01繰越金の説明欄にございます前年度繰越金88万4,000円を補正財源として充てるものでございます。

  以上で第70号議案の説明を終わらせていただきます。

  次に、別つづりの第71号議案 平成19年度本庄市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明を申し上げます。

  歳入歳出予算の補正につきましては、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ45万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億3,166万5,000円とするものでございます。

  歳入歳出予算の補正の内容でございますが、歳出につきましては説明書の4ページをお開きいただきたいと存じます。款01総務費の説明欄にございます一般管理給与費2万5,000円の減、次の5ページの款02事業費の説明欄にございます農業集落排水建設給与費47万7,000円につきましては、6ページからの補正予算給与費明細書にございますように、人事異動によりまして減員、減給の見直しを行ったものでございます。

  次に、歳入でございますが、説明書の3ページにお戻りいただきたいと存じます。今回の補正財源としましては、款05繰越金、項01繰越金、目01繰越金の説明欄にございます前年度繰越金45万2,000円を充てるものでございます。

  以上で第71号議案の説明を終わらせていただきます。

  次に、第72号議案 平成19年度本庄市介護保険特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明を申し上げます。

  歳入歳出予算の補正につきましては、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,887万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ36億1,466万7,000円とするものでございます。

  歳入歳出の補正の内容でございますが、歳出につきましては説明書の4ページをお開きいただきたいと存じます。款03基金積立金、項01基金積立金、目01給付準備基金積立金の説明欄にございます給付準備基金積立事業1,825万4,000円につきましては、前年度繰越金のうち次でご説明いたします返還金に充てた残余について給付準備積立金に積み立てるものでございます。

  5ページをお願いいたします。款05諸支出金、項01償還金、目02償還金の説明欄にございます返還金6,062万3,000円につきましては、国県支払基金に対する返還金でございます。

  次に、歳入でございますが、説明書の3ページへお戻りいただきたいと存じます。今回の補正財源としましては、款07繰越金、項01繰越金、目01繰越金の説明欄にございます前年度繰越金7,887万7,000円を充てるものでございます。

  以上で第72号議案の説明を終わらせていただきます。

  次に、別つづりの第73号議案 平成19年度本庄市水道事業会計補正予算(第1号)についてご説明を申し上げます。

  まず、第2条でございますが、平成19年度本庄市水道事業会計予算第2条に定めました業務の予定量を補正するものでございます。科目、(4)、主な建設改良事業のうち、イ、配水施設工事に右から2列目にございます補正予定額1,701万円を追加し、合計額を3億89万1,000円とするものでございます。

  次に、第3条でございますが、予算額第3条に定めました収益的支出の第1款事業費、第1項営業費用に補正予定額927万3,000円を追加し、合計額を12億1,117万4,000円とするものでございます。

  次に、第4条でございますが、2ページをお願いいたします。予算第4条に定めました資本的収入の第1款資本的収入、第1項負担金に補正予定額850万4,000円を追加し、合計額を5,603万2,000円とするものでございます。

  その下の支出の第1款資本的支出の第1項建設改良費に補正予定額1,643万4,000円を追加し、合計額を5億1,234万2,000円とし、第2項企業債償還金に補正予定額98万1,000円を追加し、合計額を4億624万3,000円とするものでございます。

  次に、第5条でございますが、予算第6条に定めました(1)、職員給与費に補正予定額828万9,000円を追加し、合計額を1億8,555万6,000円とするものでございます。

  詳細につきましては、説明書によりご説明を申し上げますので、10ページをお開き願います。まず、収益的支出につきましては、款1事業費、項1営業費用、目1原水及び浄水費、節給料等の人件費につきましては、職員の人事異動に伴い合計980万3,000円減額補正をするものでございます。

  その下の目2配水及び給水費、節給料等の人件費につきましても、同様の理由により合計860万2,000円を増額補正するものでございます。

  また、目4業務費、節給料等の人件費の合計1,139万円の増額及び目5総係費、節給料等の人件費の合計91万6,000円の減額につきましても、職員の人事異動により補正をお願いするものでございます。

  次に、11ページの資本的収入及び支出のうち収入の款1資本的収入、項1負担金、目1工事負担金、節工事負担金850万4,000円につきましては、共栄地内の市道7557号線及び7562号線の配水管布設工事に伴う工事負担金並びに当初予算に計上してあります保木野地内の市道1級6号線及び飯倉地内の市道1級11号線の道路改良工事の工事内容の変更等に伴う配水管布設がえ工事負担金の増でございます。

  次に、支出の款1資本的支出、項1建設改良費、目1配水施設費のうち節給料等の人件費につきましては、職員の人事異動に伴い合計66万8,000円増額補正をするものでございます。また、委託料109万円及びその2つ下の工事請負費1,592万円につきましては、市道7557号線、7526号線の配水管布設工事及び市道1級6号線、市道1級11号線の道路改良工事の工事内容の変更等に伴います配水管布設がえ工事設計業務の増額となる委託料並びに工事請負費の補正をお願いするものでございます。

  次に、目3施設整備事業費、節給料等の人件費につきましても、職員の人事異動に伴い合計124万4,000円を減額補正するものでございます。

  次に、項2企業債償還金、目1企業債償還金、節企業債償還金につきましては、企業債の元金でございますが、当初4億624万3,000円を計上すべきところ、4億526万2,000円を計上したため、98万1,000円が不足するので、補正をお願いするものでございます。

  以上で第73号議案の説明を終わらせていただきます。

  次に、別つづりの報告第20号 平成19年度財団法人本庄市公園緑地公社事業報告及び決算についてご説明を申し上げます。

  まず、平成19年度本庄市公園緑地公社事業報告でございますが、事業報告書の1ページをお開きいただきたいと存じます。1、事業の概要でございますが、6月の第2回定例会におきまして、財団法人本庄市緑地公社事業計画及び予算についての報告時に、本庄市公園緑地公社はその目的を達成したため、解散すべく清算のための諸手続を進めており、このため平成19年度は事業を計画しないことをご説明申し上げましたが、平成19年6月6日の埼玉県知事の承認により本庄市公園緑地公社は解散をいたしました。したがいまして、事業の概要に記載してございますとおり、事業は行わなかったものでございます。

  次に、平成19年度本庄市公園緑地公社一般会計収支決算についてご説明を申し上げます。先ほど申し上げましたとおり、平成19年6月6日、埼玉県知事の承認により解散となりましたので、平成19年4月1日から平成19年6月6日までの決算となります。

  一般会計収支決算書の1ページをごらんいただきたいと存じます。まず、収入の部についてでございますが、下から3行目の当期収入合計につきましては決算額3,880円となっており、その下の前期繰越収支差額が978万3,173円で、収入合計は決算額978万7,053円でございます。

  次に、支出の部でございますが、2ページをごらんいただきたいと存じます。決算額の下から3行目の当期支出合計につきましては、決算額155万7,737円となっており、収入合計に対する差額は最下段の次期繰越収支差額822万9,316円でございます。なお、決算書の関係書類につきましては、3ページから5ページに説明がしてございますので、ご了承いただきたいと存じます。

  次に、平成19年度財団法人本庄市公園緑地公社特別会計収支決算についてご説明を申し上げます。

  特別会計収支決算書の1ページをごらんいただきたいと存じます。収入の部についてでございますが、下から3行目の当期収入合計につきましては、決算額はゼロ円でございまして、これにその下の前期繰越収支差額28万2,014円を加えた額が収入合計でございます。

  次に、2ページをごらんいただきたいと存じます。支出の部でございますが、下から3行目の当期収入合計につきましても決算額ゼロ円でございまして、収入合計に対する差額は最下段の次期繰越収支差額28万2,014円となっております。なお、決算書の関係書類につきましては、3ページ以降に説明をしてございますので、ご了承いただきたいと存じます。

  次に、別つづりの報告第21号 平成19年度財団法人本庄市公園緑地公社清算予算についてご説明を申し上げます。この清算予算は、解散後の平成19年6月7日から清算結了までのものでございます。

  清算予算書の1ページをお開きください。収入といたしましては、繰入金収入、雑収入等を合わせまして、最下段の収入合計471万9,000円といたしております。

  次に、2ページをお開きいただきたいと存じます。支出の部につきましては、管理費及び予備費を合わせまして、下から3行目の当期支出合計471万9,000円といたしております。

  以上でご提案をいたしました議案内容及び報告事項の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくご審議を賜りますようお願いをいたします。



○林富司議長 以上で議案内容の説明を終わります。







△次会日程の報告



○林富司議長 これにて、本日の日程を終了いたします。

  この際、次会の日程を報告いたします。

  明9月4日は午前10時から本会議を開き、請願の常任委員会付託、議案に対する質疑、一部議案の即決及び議案の常任委員会付託を行います。







△散会の宣告



○林富司議長 本日は、これにて散会いたします。ご苦労さまでした。

  午前11時36分散会