議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 加須市

平成28年 第2回 定例会( 6月) P.1  06月15日−01号




平成28年 第2回 定例会( 6月) − 06月15日−01号









平成28年 第2回 定例会( 6月)



加須市告示第196号

 平成28年第2回加須市議会定例会を次のとおり招集する。

  平成28年6月8日

                             加須市長  大橋良一

 1 期日  平成28年6月15日

 2 場所  加須市役所

          ◯応招・不応招議員

 応招議員(28名)

   1番  金子正則君     2番  斉藤理史君

   3番  野中芳子君     4番  小林信雄君

   5番  森本寿子君     6番  池田年美君

   7番  鈴木久才君     8番  小林利一君

   9番  竹内政雄君    10番  齋藤和雄君

  11番  小勝裕真君    12番  福島正夫君

  13番  柿沼秀雄君    14番  新井好一君

  15番  小坂 裕君    16番  平井喜一朗君

  17番  大内清心君    18番  中條恵子君

  19番  酒巻ふみ君    20番  佐伯由恵君

  21番  及川和子君    22番  松本英子君

  23番  小坂徳蔵君    24番  松本正行君

  25番  田中良夫君    26番  吉田健一君

  27番  栗原 肇君    28番  鎌田勝義君

 不応招議員(なし)

          平成28年第2回加須市議会定例会 第1日

議事日程(第1号)

                 平成28年6月15日(水曜日)午前10時開会

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 第48号議案 専決処分の承認を求めることについて

 日程第4 第49号議案 専決処分の承認を求めることについて

 日程第5 第50号議案 専決処分の承認を求めることについて

 日程第6 第51号議案 平成28年度加須市一般会計補正予算(第1号)

 日程第7 第52号議案 加須市手数料条例の一部を改正する条例

 日程第8 第53号議案 加須市医療体制確保基金条例

 日程第9 第54号議案 加須市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例

 日程第10 第55号議案 工事請負契約の締結について

 日程第11 第56号議案 工事請負契約の締結について

 日程第12 第57号議案 工事請負契約の締結について

 日程第13 第58号議案 市道路線の認定について

 日程第14 第59号議案 加須市固定資産評価員の選任について

 日程第15 議第2号議案 済生会栗橋病院の一部機能の加須市への移転実現に向けた決議

 日程第16 次会日程報告

出席議員(27名)

  1番   金子正則君        2番   斉藤理史君

  3番   野中芳子君        4番   小林信雄君

  5番   森本寿子君        6番   池田年美君

  7番   鈴木久才君        8番   小林利一君

  9番   竹内政雄君       11番   小勝裕真君

 12番   福島正夫君       13番   柿沼秀雄君

 14番   新井好一君       15番   小坂 裕君

 16番   平井喜一朗君      17番   大内清心君

 18番   中條恵子君       19番   酒巻ふみ君

 20番   佐伯由恵君       21番   及川和子君

 22番   松本英子君       23番   小坂徳蔵君

 24番   松本正行君       25番   田中良夫君

 26番   吉田健一君       27番   栗原 肇君

 28番   鎌田勝義君

欠席議員(1名)

 10番   齋藤和雄君

説明のため出席した者の職氏名

 市長          大橋良一君   副市長         角田守良君

 総合政策部長      高橋宏晃君   総務部長        木村 弘君

 環境安全部長      奈良邦彦君   経済部長兼農業委員会事務局長

                                 藤原 豊君

 こども局長       塩原由紀雄君  福祉部長        小池成和君

 健康医療部長      細田 悟君   建設部長        木村幸雄君

 上下水道部長      小関真市君   騎西総合支所長     中島隆明君

 北川辺総合支所長    木持英夫君   大利根総合支所長    林 茂雄君

 会計管理者       小堀 悟君   教育長         渡邉義昭君

 生涯学習部長      綱川敬蔵君   学校教育部長      小野田 誠君

事務局職員出席者

 事務局長        江原千裕    議事課長        戸田 実

 主査(議事・調査担当) 橋本智子



△開会 午前10時00分



△開会の宣告



○議長(福島正夫君) ただいまから平成28年第2回加須市議会定例会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(福島正夫君) 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△黙祷



○議長(福島正夫君) 熊本地震の発生から2カ月が経過いたしました。この地震により多くの尊い命が奪われ、そして多くの人々の平穏な暮らしが失われました。亡くなられた方々とそのご遺族に対しまして、謹んで哀悼の意を表すとともに、今なお避難生活を余儀なくされておられる被災者の方々に心からお見舞い申し上げます。

 これより、亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、黙祷を捧げたいと存じます。ご起立を願います。

 黙祷。

     (黙祷)



○議長(福島正夫君) 黙祷を終わります。ご着席願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△全国市議会議長会永年勤続議員の表彰伝達



△埼玉県市議会議長会永年勤続議員の表彰伝達



○議長(福島正夫君) 次に、去る4月19日開催の埼玉県市議会議長会定期総会及び5月31日開催の全国市議会議長会定期総会において、各議長会の表彰規程に基づき、永年勤続者の表彰が行われ、本議会においても表彰の栄を得られた方がおりますので、ただいまからその伝達を行います。

 それでは、ご氏名を申し上げます。

 不肖私と、小林信雄議員、演壇の前にお進み願います。

     (表彰の伝達)



○議長(福島正夫君) 以上で、各議長会からの永年勤続議員に対する表彰の伝達は終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△自治功労議員の表彰



○議長(福島正夫君) 次に、市長より自治功労議員に対する表彰を行いたいとの申し出がありますので、ご了承願います。

 それでは、ご氏名を申し上げます。

 平井喜一朗議員、そして不肖私、それから小林信雄議員、演壇の前にお進み願います。

     (表彰)



○議長(福島正夫君) 以上で、自治功労議員に対する市長の表彰の伝達は終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発言の申し出(市長祝辞)



○議長(福島正夫君) この際、市長から祝辞を述べるため発言を求められておりますので、これを許します。

 大橋市長、ご登壇願います。

     (市長 大橋良一君 登壇)



◎市長(大橋良一君) お許しをいただきまして、永年勤続議員として表彰を受けられた皆様方に一言お祝いを申し上げます。

 このたび、福島正夫議長さん、そして小林信雄議員さんにおかれましては、10年以上市議会議員として在職され、永年勤続議員として全国市議会議長会及び埼玉県市議会議長会から表彰の栄をお受けになりました。誠にご同慶の至りでございます。

 福島議長さん、小林議員さんにおかれましては、長きにわたり市民の厚い信頼と信望を担われ、市議会議員として本市の発展にご尽力、ご活躍をされたところでございます。また、平井喜一朗議員さんにおかれましては20年という長きにわたり、また、福島正夫議長さん、そして小林信雄議員さんにおかれましては10年という長きにわたり、住民の厚い信頼と信望を担われ、町議会議員として、そしてまた市議会議員として、町政・市政の進展にご尽力、ご活躍をされたところでございます。

 加須市といたしましては、長きにわたるまちづくりへのご貢献に対し、深く感謝を申し上げますとともに、市長名におきまして表彰を申し上げた次第でございます。

 以上、表彰を受けられた3名の議員の皆様におかれましては、これまでの多大なるご功績とご努力に、深甚なる敬意を表するものでございます。今後ともなお一層のご自愛をいただきまして、市政の進展と市民福祉の向上にさらなるご活躍を賜りますようご祈念申し上げる次第でございます。ここに深く感謝の意を込めまして、お祝いの言葉といたします。

 誠におめでとうございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発言の申し出(議会代表議員の祝辞)



○議長(福島正夫君) 次に、同僚議員を代表いたしまして、小坂徳蔵議員から祝辞を述べるため発言を求められておりますので、これを許します。

 小坂徳蔵議員、ご登壇願います。

     (23番 小坂徳蔵君 登壇)



◆23番(小坂徳蔵君) このたび、全国市議会議長会並びに埼玉県市議会議長会から永年勤続議員表彰を受けられました福島正夫議長さん、そして小林信雄議員さん、さらには大橋市長からこのたび自治功労の議員表彰として、平井喜一朗議員を初め、福島議長と小林議員の3名の方が表彰されました。誠におめでとうございます。今回の永年勤続議員表彰と自治功労の表彰に当たりまして、加須市議会の議員を代表して、一言お祝いを申し上げたいと思います。

 今回、永年勤続議員表彰並びに自治功労を受けられました3名の議員の方々には、多分特別な思いがおありかと存じます。議員は選挙によって有権者から選出されております。市民各位のご鞭撻はもとより、4年ごとに執行される選挙のハードルを幾たびか乗り越えた、それが永年勤続議員の表彰ではないのか、そのあかしではないのか、そのように私は思っております。

 それは、ご本人の皆さんのご努力はもちろんのこと、市政の主権者である市民の皆さんのご支援のたまものと、私はそのように存じております。これからのご活躍、心からご期待を申し上げる次第でございます。

 今、地方自治の制度は行政を執行する首長と、市民の代表機関である議会を構成する議員は、有権者の直接選挙によっておのおの選出されております。これが二元代表制でございますけれども、その一翼を担う市議会の果たす役割はますます重く、そして責任が大変重くなっております。

 そうしたときに、今、加須市政は合併6年目を迎えまして、人口減少に歯どめをかけて住みよいまちづくりを目指して、まち・ひと・しごと創生総合戦略、そして総合振興計画・後期基本計画の推進、さらには市民の命と健康を守るために、急性期の疾患に対応できる医療機能の誘致など、市民のために解決を求められている問題が山積しております。そうした中で、今回表彰を受けられました議員の皆様方が果たす役割は大変高くなっている、またその期待が大きくなっていると私は存じ上げております。

 どうぞこれからも研さんに一層に努められ、そしてくれぐれも健康には十分にご留意されて、これからの加須市政のさらなる進展、そして地域福祉の向上のために大いにご活躍されますことを心から念願いたしまして、祝辞といたします。

 本日は誠におめでとうございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発言の申し出(受賞者代表議員の謝辞)



○議長(福島正夫君) 次に、ただいまの受賞に対しまして、平井喜一朗議員から謝辞を述べるため発言を求められておりますので、これを許します。

 平井喜一朗議員、ご登壇願います。

     (16番 平井喜一朗君 登壇)



◆16番(平井喜一朗君) 受賞者を代表いたしまして、一言御礼の挨拶をさせていただきます。

 全国市議会議長会及び埼玉県市議会議長会からの永年勤続表彰並びに大橋市長からの加須市自治功労表彰を賜りました議員を代表いたしまして、一言御礼のご挨拶を申し上げます。

 ただいま身に余る表彰とお褒めの言葉をいただきましたことに、無上の光栄であり、また、大いなる喜びと感激を覚える次第でございます。誠にありがとうございました。

 権威と伝統ある本市の本会議場におきまして表彰を受けましたことは、私たちご支援をいただきました市民の皆様方、それから、温かくご指導をいただきました先輩議員の皆様方、また、お互い助け合い励まし合ってきた同僚議員の皆様方、そして大橋市長を初め市役所職員の皆様方のご協力のおかげと、この席をお借りしまして、改めて衷心より厚く御礼を申し上げる次第でございます。

 私たちは、本日この栄誉を汚すことなく、これに報いる道には本日のこの感激をさらに発奮の動機として、決意を新たにし、激動する諸情勢に対してまいりたいと存じます。私たち議員の使命は、住民福祉の向上を図り、住みよいまちづくりを推進することであります。また、地方分権の社会で、住民に身近な行政は住民に最も近い自治体が行うという考え方に立ち、みずからの責任と判断で地域の特性を十分に出すことが求められていることを常に忘れず、皆様方の驥尾に付しまして、地方自治の本旨実現のため一段の研さんと精進、努力を続けていきたいと固く念願してやまないものであります。

 何とぞ議員各位におかれましても、今後とも一層のご厚情、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、御礼の挨拶とさせていただきます。

 本日は誠にありがとうございます。



○議長(福島正夫君) 以上で、永年勤続受賞者に対する伝達並びに自治功労者への表彰は終了いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△新任部長等の紹介



○議長(福島正夫君) 次に、去る4月1日付で新しく部長等に就任されました方々をご紹介いたします。

 初めに、高橋総合政策部長、ご登壇願います。

     (総合政策部長 高橋宏晃君 登壇)



◎総合政策部長(高橋宏晃君) 去る4月1日付で総合政策部長を拝命いたしました高橋でございます。もとより微力でございますが、誠心誠意、職務を遂行してまいりたいと存じます。議員の皆様方におかれましては、ご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(福島正夫君) 次に、細田健康医療部長、ご登壇願います。

     (健康医療部長 細田 悟君 登壇)



◎健康医療部長(細田悟君) 去る4月1日付で健康医療部長を拝命いたしました細田でございます。もとより微力ではございますが、誠心誠意、職務を遂行してまいりたいと存じます。議員の皆様におかれましては、ご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(福島正夫君) 次に、小関上下水道部長、ご登壇願います。

     (上下水道部長 小関真市君 登壇)



◎上下水道部長(小関真市君) 去る4月1日付で上下水道部長を拝命いたしました小関でございます。もとより微力ではございますが、誠心誠意、職務を遂行してまいりたいと存じます。議員の皆様方におかれましては、よろしくご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(福島正夫君) 次に、中島騎西総合支所長、ご登壇願います。

     (騎西総合支所長 中島隆明君 登壇)



◎騎西総合支所長(中島隆明君) 去る4月1日付で騎西総合支所長を拝命いたしました中島でございます。もとより微力ではございますが、誠心誠意、職務を遂行してまいりたいと存じます。議員の皆様方におかれましては、ご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(福島正夫君) 次に、木持北川辺総合支所長、ご登壇願います。

     (北川辺総合支所長 木持英夫君 登壇)



◎北川辺総合支所長(木持英夫君) 去る4月1日付で北川辺総合支所長を拝命いたしました木持英夫でございます。何分未熟ではございますが、誠心誠意、職務に精励してまいりますので、議員の皆様方におかれましては、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう何とぞよろしくお願いを申し上げます。



○議長(福島正夫君) 次に、林大利根総合支所長、ご登壇願います。

     (大利根総合支所長 林 茂雄君 登壇)



◎大利根総合支所長(林茂雄君) 去る4月1日付で大利根総合支所長を拝命いたしました林と申します。もとより微力ではございますが、誠心誠意、職務を遂行してまいりたいと存じております。議員の皆様方におかれましては、ご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(福島正夫君) 最後に、江原議会事務局長、ご登壇願います。

     (議会事務局長 江原千裕君 登壇)



◎議会事務局長(江原千裕君) 去る4月1日付で議会事務局長を拝命いたしました江原でございます。もとより微力ではございますが、誠心誠意、職務を遂行してまいりたいと存じます。議員の皆様方におかれましては、よろしくご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(福島正夫君) 以上で新任部長等のご紹介を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(福島正夫君) 本日の議事日程につきましては、お手元に配付しておきましたからご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(福島正夫君) この際、諸般の報告をいたします。



△平成27年度各種繰越計算書の報告



○議長(福島正夫君) 初めに、市長から平成27年度各種繰越計算書の報告がありましたので配付しておきましたから、ご了承願います。



△株式会社かぞ農業公社の経営状況の説明資料の提出



○議長(福島正夫君) 次に、同じく市長から株式会社かぞ農業公社の経営状況の説明資料の提出がありましたので配付しておきましたから、ご了承願います。



△平成27年度消滅債権の報告



○議長(福島正夫君) 次に、同じく市長から平成27年度消滅債権の報告がありましたので配付しておきましたから、ご了承願います。



△出納検査の結果



○議長(福島正夫君) 次に、監査委員より提出されました出納検査の結果につきましては配付しておきましたから、ご了承願います。



△定例会に提出した議案



○議長(福島正夫君) 次に、今期定例会に提出されました議案につきましては配付しておきましたから、ご了承願います。



△地方自治法第121条の規定による説明者



○議長(福島正夫君) 次に、本定例会に説明者として出席する者の職氏名を一覧表として配付しておきましたから、ご了承願います。

 これにて諸般の報告を終了いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(福島正夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第87条の規定により、議長において

   11番 小勝裕真議員

   13番 柿沼秀雄議員

 の両議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(福島正夫君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 今期定例会の会期、日程につきましては、議長から議会運営委員会に対し諮問を申し上げておりますので、議会運営委員長から委員会の審査経過の概要並びに結果について報告を求めます。

 議会運営委員長、松本正行議員、ご登壇願います。

     (議会運営委員長 松本正行君 登壇)



◆議会運営委員長(松本正行君) 議長の命によりまして、議会運営委員会の審査経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 当委員会は、6月9日委員会を開催し、今期定例会の会期並びに日程等について協議をいたしました結果、会期は本日から6月30日までの16日間とし、その日程等につきましては、お手元にご配付のとおり決定した次第でございます。

 議員各位におかれましては、この会期日程案にご賛同を賜りまして、円滑にして効率的な議会運営がなされますようお願いを申し上げ、報告を終わります。



○議長(福島正夫君) お諮りいたします。今期定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から6月30日までの16日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う人あり)



○議長(福島正夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は16日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長提出議案の一括上程



○議長(福島正夫君) 日程第3、第48号議案から日程第14、第59号議案までを一括議題といたします。



△提案理由の説明



○議長(福島正夫君) 各議案の朗読は省略し、直ちに市長から提案理由の説明を求めます。

 大橋市長、ご登壇願います。

     (市長 大橋良一君 登壇)



◎市長(大橋良一君) 本日ここに平成28年第2回加須市議会定例会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましては極めてご健勝にてご参会を賜りまして、心からお喜びを申し上げます。また、ご提案を申し上げました各議案のご審議に加え、市政の各般にわたりましてご審議、ご指導いただきますことは、市民福祉の向上、郷土発展のため誠に喜ばしく、深く感謝を申し上げる次第でございます。

 議案の説明に入ります前に、本年4月14日以降に発生した熊本地震によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災されました全ての皆様に心からお見舞いを申し上げます。そして、被災地の一日も早い復旧・復興と、被災者の方々の一日も早い生活再建をお祈りいたします。

 それでは、ただいま上程いただきました各議案のうち、主なものにつきまして、順を追ってご説明申し上げます。

 初めに、第48号議案及び第49号議案につきましては、地方税法等の一部を改正する等の法律が平成28年4月1日に施行されることに伴い、緊急に加須市税条例等及び加須市都市計画税条例を改正する必要が生じたため、本年3月31日に加須市税条例等の一部を改正する条例及び加須市都市計画税条例の一部を改正する条例を専決処分いたしましたので、その承認を求めるものでございます。

 改正の主な内容といたしましては、固定資産税及び都市計画税の課税標準について、地方税法で一律に定めていた軽減の程度である特例率を、市町村が判断し、条例で定めることができる地域決定型地方税制特例措置、いわゆるわがまち特例の対象資産が新たに追加されたことから、当該資産に係る特例率を定めるものでございます。

 次に、第50号議案 専決処分の承認を求めることについてにつきましては、地方税法施行令の一部を改正する政令が平成28年4月1日に施行されることに伴い、緊急に加須市国民健康保険税条例を改正する必要が生じたため、本年3月31日に加須市国民健康保険税条例の一部を改正する条例を専決処分いたしましたので、その承認を求めるものでございます。

 改正の内容といたしましては、低所得者の軽減措置の対象を拡大するため、国民健康保険税の減額の対象となる所得の基準について、5割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定において、被保険者の数に乗ずべき金額を現行の26万円から26万5,000円に、2割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定において、被保険者の数に乗ずべき金額を現行の47万円から48万円に、それぞれ引き上げるものでございます。

 次に、第51号議案 平成28年度加須市一般会計補正予算(第1号)について、関係する議案もあわせまして申し上げます。

 今回の補正予算は、市民の皆様に安心していただける医療体制を確保するための経費や、北川辺地域における地籍調査事業の成果の誤りの修正に係る経費、また、当初予算成立後間もない時期ではございますが、当初予算成立後において緊急性の高い事業や当初予算編成時に見込めなかった事業などを補正するため、国・県支出金等を有効に活用して編成したものでございます。

 まず、歳出についてでございますが、総務費のうち普通財産管理事業につきましては、普通財産または行政財産として活用を見込んでいる加須市土地開発基金で保有する4筆の土地について、同基金から買い戻す経費を措置するものでございます。

 また、公共施設等再整備基金事業並びに土木費のうち地籍調査事業につきましては、受託業者の不正行為により、平成23年度から平成26年度までの4年間に、北川辺地域において実施した地籍調査の成果に誤りがあることが判明したことを受け、本年度当初予算において措置した新規地区の調査を中止し、誤りが判明した4地区の再調査を、本年度から5カ年かけて実施することとし、その再調査に係る経費並びに当該受託業者が平成12年度から調査を行った全ての地区の成果を確認・検証するための経費、当該地籍の固定資産税等の修正に係る経費等を合わせたもののうち、平成28年度執行予定の経費について損害賠償金を財源といたしまして措置するとともに、損害賠償金から本年度実施する再調査に係る経費等を控除した金額を、来年度以降の再調査に係る費用の財源に充てるため、公共施設等再整備基金に積み立てるものでございます。

 関係する皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますとともに、議員各位や市民の皆様にも大変ご迷惑をおかけいたしましたことに対し、心から深くおわびを申し上げる次第でございます。今回の件は受託業者による書類等の捏造が原因で起きたものですが、市として捏造を発見できなかった要因も踏まえ、二度とこのようなことのないよう、再発防止に全力で取り組んでまいりたいと存じております。

 さらに、情報化管理事業につきましては、国から要請のあった自治体情報セキュリティ対策の抜本的な強化に向けて、本市の情報セキュリティの確立を図るために必要な経費を措置し、さきの平成27年度3月補正予算とあわせて一体的に取り組んでまいります。

 また、浄化槽転換促進事業につきましては、その財源として見込んでいる国庫補助金の適用となる対象機種が確定したことにより、当初見込みより高い補助率の適用を受けられることとなったことから、国庫補助金の増額分等を活用いたしまして補助基数を30基追加し、100基とするものでございます。

 次に、民生費のうち、年金生活者等支援臨時福祉給付金支給事業及び臨時福祉給付金支給事業につきましては、一億総活躍社会の実現に向け、賃金引き上げの恩恵が及びにくい年金受給者の支援を目的として、65歳以上の低所得者の高齢者向けの給付金に続いて、新たに低所得者の障害・遺族基礎年金受給者向けに給付金を支給するとともに、平成26年4月の消費税増税に伴う低所得者の負担緩和等を目的とした臨時福祉給付金を引き続き支給するため、全額国庫補助金により所要の経費を措置するものでございます。

 また、障害者施設整備促進事業につきましては、市内の社会福祉法人が新たに開設する障害者グループホームの施設整備に対し、国・県の補助内示があったことから、市としても加須市障害福祉サービス事業所施設整備事業補助金交付要綱に基づき、障がい者の自立を支援するため、同法人に対して施設整備経費の一部を補助するものでございます。

 さらに、障害者コミュニケーション支援事業につきましては、聴覚障がい者の意思疎通を支える手話通訳者の派遣を、平成18年度から埼玉聴覚障害者情報センターに委託して行っているところですが、本年3月に市の専任手話通訳者が確保できたことにより、本年9月から市直営による手話通訳者の派遣にめどが立ったため、所要の経費を措置するものでございます。

 また、公立放課後児童健全育成事業につきましては、受け入れ対象学年の拡大等に伴い増加している入室希望児童の受け入れに万全を期すため、三俣小学校健全育成室における必要な空調設備の整備に係る経費等を措置するものでございます。

 次に、衛生費のうち医療体制確保基金事業につきましては、市民の皆様に安心していただける医療体制を確保するため、具体的には済生会栗橋病院の一部機能移転や、産婦人科、救急科の市内開設、看護師の人材確保等の支援を図るため、公共施設等再整備基金の一部及び繰越金の一部を原資として、新たに創設する基金に積み立てるとともに、その受け皿となる基金を設置いたしたく、第53号議案 加須市医療体制確保基金条例をあわせてご提案申し上げるものでございます。

 次に、農林水産業費のうち、担い手育成支援事業につきましては、地域の担い手の育成確保を推進するため、国の経営体育成支援事業を活用し、地域の中心となる農業経営体に対し、農業用機械の導入等に係る経費の一部を助成するため、措置するものでございます。

 また、幹線用排水路改修事業につきましては、水路脇の陥没を防止するための改修に要する経費を措置するものでございます。さらに、枝線用排水路改修事業につきましては、水路の一部が民有地に越境していることから、これを是正するための付け替え工事を実施するため、所要の経費を措置するものでございます。

 一方、歳入予算につきましては、北川辺地域のトマト撰果場の機器更新の財源として予定していた国の強い農業づくり交付金を活用した県補助金の内示額が、当初の見込み額を下回ったことから、県支出金を減額措置し、その減額分を市の一般財源で措置するほか、北川辺地域の地籍調査事業に関連した補助金の減額並びに受託業者からの損害賠償金を措置するとともに、新たに創設する加須市医療体制確保基金へ積み立てるための公共施設等再整備基金の取り崩し額や、国・県支出金を精査計上し、なお不足する財源につきましては、繰越金によりまして収支の均衡を図った次第でございます。

 以上の結果、今回の補正予算額は29億9,032万2,000円となり、補正後の予算総額は418億3,032万2,000円となった次第でございます。

 次に、第55号議案から第57号議案の3議案につきましては、放課後児童健全育成室を併設する加須市立水深小学校の屋内運動場改築工事及び児童数の増加に対応した同校の校舎増築工事並びに施設の老朽化と低年齢児保育ニーズに対応した(仮称)加須市立第二保育所移転新築工事について請負契約を締結いたしたく、加須市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、ご提案申し上げるものでございます。

 次に、第58号議案 市道路線の認定について申し上げます。

 本案は、開発行為に伴い整備された道路について、新たに市道路線の認定をいたすものでございます。

 次に、第59号議案 加須市固定資産評価員の選任について申し上げます。

 本案は、固定資産評価員の立岡昭一君が一身上の都合により辞職いたしましたので、後任として橋本敬之君を選任いたしたく、地方税法第404条第2項の規定によりましてご提案申し上げるものでございます。なお、同君の経歴書をお手元に配付しておきましたので、よろしくお願いを申し上げます。

 その他の案件につきましては、提案理由によりましてご了承を賜りたくお願いを申し上げます。

 以上をもちまして、ご提案申し上げました各議案につきましての説明を終わらせていただきますが、平成28年度加須市一般会計補正予算(第1号)につきましては総合政策部長から内容を説明させていただきますので、ご了承を賜りますようお願い申し上げる次第でございます。

 議員各位におかれましては、何とぞ慎重ご審議の上、ご賛同賜りますようお願いを申し上げまして、説明とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



△内容説明



○議長(福島正夫君) 続きまして、内容説明を求めます。

 第51号議案 平成28年度加須市一般会計補正予算(第1号)について、高橋総合政策部長、ご登壇願います。

     (総合政策部長 高橋宏晃君 登壇)



◎総合政策部長(高橋宏晃君) 第51号議案 平成28年度加須市一般会計補正予算(第1号)につきまして、ご説明申し上げます。

 今回の補正予算につきましては、議案書1ページ、第1条にありますとおり、歳入歳出予算の総額にそれぞれ29億9,032万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ418億3,032万2,000円とするものでございます。

 次に、款項の区分及び金額につきましては、2ページから3ページの第1表歳入歳出予算補正のとおりでございます。

 それでは、個々の内容につきまして、加須市一般会計歳入歳出補正予算事項別明細書によりまして、歳出予算から順次ご説明申し上げます。

 12、13ページをお開きいただきたいと存じます。

 初めに、第2款総務費、第1項総務管理費、第5目財産管理費の普通財産管理事業の6,621万4,000円でございますが、公共用地もしくはその代替用地として土地開発基金が保有しております土地のうち、宅地などの4筆1,032.28平方メートルについて有効活用するため、一般会計により普通財産として買い戻す費用について措置するものでございます。

 次に、公共施設等再整備基金事業の8,269万8,000円でございますが、北川辺地域で行われております地籍調査事業につきまして、これまでご報告申し上げたとおり、受託業者の捏造に起因します再調査を、本年度も含めた5年間で実施することとしておりますことから、今回受託者からの賠償金のうち、今年度再調査費用に充当した残額を次年度以降の再調査の財源として充当するため、基金へ積み立て措置するものでございます。

 次に、第10目電算管理費の情報化管理事業の1億5,762万5,000円でございますが、さきの第1回定例市議会におきまして、本市の情報ネットワークにおける情報セキュリティを強化するための費用の一部につきましては、平成27年度の補正予算として措置し、その全額を今年度に繰り越しさせていただきましたが、今回の補正につきましては、これに伴う住民情報システムを初めとする各システム及び端末の設定変更の作業費、また、国を初め地方公共団体間の行政情報ネットワーク、いわゆるLGWAN接続系と、インターネット接続系との分離のための経費、さらに分離されたインターネット接続系の構築費用などにつきまして、所要の経費を措置するものでございます。

 次に、第12目公害対策費の浄化槽転換促進事業の1,957万8,000円でございますが、生活排水の適正処理を推進するため、くみ取りや単独処理浄化槽から合併処理浄化槽への転換の促進を目的とする浄化槽設置整備事業補助につきまして、本年度の国補助制度の要件が確定し、補助率が当初見込んだ3分の1から2分の1に引き上がり、財源が確保できましたことから、対象基数を30基追加し、100基とするため、所要の経費を措置するものでございます。

 次に、第3款民生費、第1項社会福祉費、第1目社会福祉総務費の年金生活者等支援臨時福祉給付金支給事業の4,500万円及び臨時福祉給付金支給事業の7,667万5,000円でございますが、まず、年金生活者等支援臨時福祉給付金支給事業は、平成28年度市民税均等割、非課税者のうち、課税者の扶養、生活保護等の受給者、低所得の高齢者向け給付金受給者を除く障害・遺族基礎年金の受給者に対しまして、一律3万円が支給されることとなりましたため、所要の措置を講じるものでございます。

 次に、臨時福祉給付金支給事業は、平成28年度市民税均等割、非課税者のうち、課税者の扶養と生活保護等の受給者を除く方に対しまして、これまで実施している臨時福祉給付金、いわゆる簡素な給付措置の継続分として、平成28年10月から平成29年3月分の給付金と、その支給に係る人件費並びに事務経費及びシステム改修等に必要な経費を措置するものでございます。

 次に、14、15ページに移りまして、第2目障害者福祉費の障害者施設整備促進事業の267万5,000円でございますが、市内に障害者のグループホームを整備する社会福祉法人に対しまして、その整備費の一部を補助するために措置するものでございます。

 次に、第4目地域生活支援費の障害者コミュニケーション支援事業の81万4,000円でございますが、これまで埼玉聴覚障害者情報センターへの委託により実施してきました手話通訳者の派遣につきまして、専任の手話通訳者が確保できましたため、本年9月から市直営として実施するため、所要の経費につきまして措置するものでございます。

 次に、第2項児童福祉費、第1目児童福祉総務費の公立放課後児童健全育成事業の102万5,000円でございますが、対象学年の拡大に伴いまして、増加している入室希望児童の受け入れができますよう、三俣小学校の健全育成室に必要な空調設備の整備など、所要の経費について措置するものでございます。

 次に、16、17ページに移りまして、第2目児童措置費の児童扶養手当支給事業の1,027万円及び避難者支援児童扶養手当支給事業の14万3,000円でございますが、国によるひとり親家庭に対する児童扶養手当の第2子以降の多子加算額の引き上げに対応するため、所要の経費について措置するものでございます。

 次に、第4款衛生費、第1項保健衛生費、第1目保健衛生総務費の医療体制確保基金事業の25億円でございますが、市の医療体制の確保を目的に、本議会に議案としてご提案申し上げました加須市医療体制確保基金条例により設置します基金に積み立て措置をするものでございます。

 次に、第6款農林水産業費、第1項農業費、第3目農業振興費の園芸振興事業につきましては、歳入においてご説明申し上げます。

 次に、担い手育成支援事業の655万3,000円でございますが、地域の担い手の育成確保を推進するため、農業用機械の導入を支援する国の経営体育成支援事業を、3人の担い手が利用するため、所要の補助金について措置するものでございます。

 次に、第5目農地費の幹線用排水路改修事業の645万円及び枝線用排水路改修事業の180万円でございますが、まず、幹線用排水路改修事業は騎西地域の新道上排水路の改修につきまして、所要の経費について措置するものでございます。また、枝線用排水路改修事業は、加須地域の北手沼用排水路の改修につきまして、所要の経費について措置するものでございます。

 次に、18、19ページに移りまして、第8款土木費、第2項道路橋りょう費、第1目道路橋りょう総務費の地籍調査事業の1,280万2,000円でございますが、先ほど公共施設等再整備基金事業でもご説明申し上げましたが、北川辺地域で行われております地籍調査事業につきまして、今年度当初に予定しておりました地籍調査委託1,645万円の執行を中止し、予算から削除するとともに、再調査及び平成12年度から調査を行った全ての地区の成果を確認・検証するための委託費等2,925万2,000円を追加・増額し、これら差額を措置したものでございます。

 ここまで、歳出につきましてご説明申し上げました。

 次に、歳入につきましてご説明申し上げます。

 10ページ、11ページにお戻りいただきたいと存じます。

 初めに、第13款国庫支出金の1億3,511万円でございますが、児童扶養手当支給事業及び避難者支援児童扶養手当支給事業に対しまして278万円、浄化槽転換促進事業に対して1,065万5,000円、年金生活者等支援臨時福祉給付金支給事業に対しまして4,500万円、臨時福祉給付金支給事業に対して7,667万5,000円をそれぞれ措置するものでございます。

 次に、第14款県支出金の59万4,000円でございますが、浄化槽転換促進事業に対して892万3,000円、担い手育成支援事業に対して655万3,000円、幹線用排水路改修事業に対して165万円をそれぞれ措置するとともに、17ページの歳出で申し上げました園芸振興事業におきましては、北川辺地域のトマト撰果場の機器の更新に対する県補助事業につきまして、内示により、所有者であるJAほくさいへの県補助額が470万5,000円減額とされたものでございます。なお、この減額分につきましては、市補助金として当初予定していた補助額を交付できるよう財源措置するものでございます。

 さらに、北川辺地域におきまして、今年度当初に予定していた地籍調査事業を中止いたしましたことから、国・県補助分の1,182万7,000円を減額するものでございます。

 次に、第17款繰入金でございますが、公共施設等再整備基金から15億円を取り崩し、医療体制確保基金への積み立ての一部として措置するものでございます。

 次に、第19款諸収入1億1,388万5,000円につきましては、地籍調査事業につきまして、受託業者より受けた損害賠償金について措置するものでございます。なお、不足する財源につきましては、第18款繰越金12億4,073万3,000円により収支の均衡を図るものでございます。

 以上で、第51号議案 平成28年度加須市一般会計補正予算(第1号)の内容説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第2号議案の上程



○議長(福島正夫君) 日程第15、議第2号議案を議題といたします。



△提案理由の説明



○議長(福島正夫君) 議案の朗読は省略し、直ちに提出者代表、松本正行議員より提案理由の説明を求めます。

 提出者代表、松本正行議員、ご登壇願います。

     (議会運営委員長 松本正行君 登壇)



◆議会運営委員長(松本正行君) ただいま上程いただきました議第2号議案 済生会栗橋病院の一部機能の加須市への移転実現に向けた決議につきまして、本文を朗読することによって提案理由の説明とさせていただきます。

 議第2号議案 済生会栗橋病院の一部機能の加須市への移転実現に向けた決議。

 本市への病院誘致、特に救急医療をはじめ、急性期疾患に対応できる地域医療支援病院の誘致は、長い間、多くの市民の切実な願いであり、市民の安心安全な暮らしを確保するための本市の最重要課題である。

 これまで、本市をはじめとする利根保健医療圏では、当地域における少ない医師等によって適切な医療が受けられるよう医療圏内の医師会長や自治体の長、中核病院の長、保健所長等で構成する「埼玉利根保健医療圏医療連携推進協議会」を設置し、ITを活用して、地域医療ネットワークシステム「とねっと」を構築し、病診連携や救急活用等により、質の高い医療の提供を図ってきたところである。

 地域医療への需要がますます増大する中で、本市における医療体制の更なる充実・発展は、急速な高齢化の進展に向けた喫緊の課題であり、早急な対策を講じる必要がある。こうした中、済生会栗橋病院の高度急性期あるいは急性期疾患に対応する医療機能の加須市への移転実現は、市民の医療に対する安心、信頼の確保に大きく寄与するものである。

 よって、本市議会は二元代表制の下、合議制の審議機関として全議員一致団結し、済生会栗橋病院の一部機能の加須市への移転実現に向けて、全面的に支援することをここに決議する。

 加須市議会。

 以上で提案理由の説明を終わりますが、議員各位におかれましては本案の趣旨をご理解いただきまして、ご賛同を賜りますようお願いを申し上げます。

 以上です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(福島正夫君) これより質疑に入ります。

 発言通告はありませんので、質疑はないものと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会付託の省略



○議長(福島正夫君) お諮りいたします。ただいま議題となっております議第2号議案は、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う人あり)



○議長(福島正夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議第2号議案は委員会の付託を省略することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(福島正夫君) これより討論に入ります。

 発言通告はありませんので、討論はないものと認めます。

 これをもって討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(福島正夫君) これより採決に入ります。

 採決の方法は起立採決をもって行いますから、ご了承願います。



△議第2号議案の採決



○議長(福島正夫君) 議第2号議案 済生会栗橋病院の一部機能の加須市への移転実現に向けた決議を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立総員)



○議長(福島正夫君) 起立総員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△次会日程報告



○議長(福島正夫君) 日程第16、次会日程報告をいたします。

 明日16日から19日は議案調査等のため本会議を休会とし、20日午前9時30分から本会議を開き、請願の委員会付託、議案に対する一括質疑、議案の委員会付託、即決議案の討論及び採決を行う予定でありますから、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(福島正夫君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午前11時00分