議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 加須市

平成27年 第4回 定例会(12月) P.1  11月25日−01号




平成27年 第4回 定例会(12月) − 11月25日−01号









平成27年 第4回 定例会(12月)



加須市告示第350号

 平成27年第4回加須市議会定例会を次のとおり招集する。

  平成27年11月18日

                             加須市長  大橋良一

 1 期日  平成27年11月25日

 2 場所  加須市役所

          ◯応招・不応招議員

 応招議員(28名)

   1番  金子正則君     2番  斉藤理史君

   3番  野中芳子君     4番  小林信雄君

   5番  森本寿子君     6番  池田年美君

   7番  鈴木久才君     8番  小林利一君

   9番  竹内政雄君    10番  齋藤和雄君

  11番  小勝裕真君    12番  福島正夫君

  13番  柿沼秀雄君    14番  新井好一君

  15番  小坂 裕君    16番  平井喜一朗君

  17番  大内清心君    18番  中條恵子君

  19番  酒巻ふみ君    20番  佐伯由恵君

  21番  及川和子君    22番  松本英子君

  23番  小坂徳蔵君    24番  松本正行君

  25番  田中良夫君    26番  吉田健一君

  27番  栗原 肇君    28番  鎌田勝義君

 不応招議員(なし)

          平成27年第4回加須市議会定例会 第1日

議事日程(第1号)

                平成27年11月25日(水曜日)午前10時開会

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 第95号議案 平成27年度加須市一般会計補正予算(第4号)

 日程第4 第96号議案 平成27年度加須市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第5 第97号議案 平成27年度加須市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

 日程第6 第98号議案 平成27年度加須市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

 日程第7 第99号議案 平成27年度加須市水道事業会計補正予算(第1号)

 日程第8 第100号議案 平成27年度加須市下水道事業会計補正予算(第1号)

 日程第9 第101号議案 加須市役所の位置を定める条例等の一部を改正する条例

 日程第10 第102号議案 加須市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部を改正する条例

 日程第11 第103号議案 加須市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例

 日程第12 第104号議案 加須市税条例の一部を改正する条例

 日程第13 第105号議案 加須市国民健康保険税条例の一部を改正する条例

 日程第14 第106号議案 加須市小学校就学前子どもの教育・保育の認定に関する条例の一部を改正する条例

 日程第15 第107号議案 加須市介護保険条例の一部を改正する条例

 日程第16 第108号議案 加須市電気自動車用充電設備の利用に関する条例

 日程第17 第109号議案 加須市都市公園条例の一部を改正する条例

 日程第18 第110号議案 加須市下水道条例の一部を改正する条例

 日程第19 第111号議案 公の施設の指定管理者の指定について

 日程第20 第112号議案 公の施設の指定管理者の指定について

 日程第21 第113号議案 公の施設の指定管理者の指定について

 日程第22 第114号議案 公の施設の指定管理者の指定について

 日程第23 第115号議案 北埼玉地区障害支援区分審査会共同設置規約の変更について

 日程第24 第116号議案 町の区域を新たに画することについて

 日程第25 埼玉県都市競艇組合議会議員の選挙

 日程第26 次会日程報告

出席議員(28名)

  1番   金子正則君        2番   斉藤理史君

  3番   野中芳子君        4番   小林信雄君

  5番   森本寿子君        6番   池田年美君

  7番   鈴木久才君        8番   小林利一君

  9番   竹内政雄君       10番   齋藤和雄君

 11番   小勝裕真君       12番   福島正夫君

 13番   柿沼秀雄君       14番   新井好一君

 15番   小坂 裕君       16番   平井喜一朗君

 17番   大内清心君       18番   中條恵子君

 19番   酒巻ふみ君       20番   佐伯由恵君

 21番   及川和子君       22番   松本英子君

 23番   小坂徳蔵君       24番   松本正行君

 25番   田中良夫君       26番   吉田健一君

 27番   栗原 肇君       28番   鎌田勝義君

欠席議員(なし)

説明のため出席した者の職氏名

 市長      大橋良一君    副市長     角田守良君

 総合政策部長  小暮 弘君    総務部長    木村 弘君

                  経済部長兼

 環境安全部長  奈良邦彦君    農業委員会   藤原 豊君

                  事務局長

 こども局長   塩原由紀雄君   福祉部長    矢嶋孝夫君

 健康医療部長  渡辺正男君    建設部長    木村幸雄君

                  騎西

 上下水道部長  秋山知一君            増田省三君

                  総合支所長

 北川辺              大利根

         小池成和君            柳田 浩君

 総合支所長            総合支所長

 会計管理者   小堀 悟君    教育長     渡邉義昭君

 生涯学習部長  綱川敬蔵君    学校教育部長  小野田 誠君

事務局職員出席者

                  参事兼

 事務局長    大澤 誠             小泉雅広

                  議事課長

 主査

 (議事・調査  秋山直子

 担当)



△開会 午前10時00分



△開会の宣告



○議長(福島正夫君) ただいまから平成27年第4回加須市議会定例会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(福島正夫君) 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(福島正夫君) 本日の議事日程につきましては、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(福島正夫君) この際、諸般の報告をいたします。



△意見書処理結果の報告



○議長(福島正夫君) 初めに、平成27年第3回定例会において議決されました意見書につきましては、議長において関係各機関に提出しておきましたので、ご了承願います。



△出納検査の結果



○議長(福島正夫君) 次に、監査委員より提出されました出納検査の結果につきましては、配付しておきましたからご了承願います。



△定例会に提出した議案



○議長(福島正夫君) 次に、今期定例会に提出されました議案につきましては、配付しておきましたからご了承願います。



△地方自治法第121条の規定による説明者



○議長(福島正夫君) 次に、本定例会に説明者として出席する者の職氏名を一覧表として配付しておきましたからご了承願います。

 これにて諸般の報告を終了いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(福島正夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第87条の規定により、議長において

    7番 鈴木久才議員

    8番 小林利一議員

 の両議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(福島正夫君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 今期定例会の会期、日程につきましては、議長から議会運営委員会に対し諮問を申し上げておりますので、議会運営委員長から委員会の審査経過の概要並びに結果について報告を求めます。

 議会運営委員長、松本正行議員、ご登壇願います。

     (議会運営委員長 松本正行君 登壇)



◆議会運営委員長(松本正行君) 議長の命によりまして、議会運営委員会の審査経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 当委員会は、11月19日に委員会を開催し、今定例会の会期並びに日程等について協議をいたしました結果、会期は本日から12月10日までの16日間とし、その日程等につきましては、お手元にご配付のとおり決定した次第でございます。

 議員各位におかれましては、この会期日程案にご賛同賜りまして、円滑にして効率的な議会運営がなされますようお願い申し上げ、ご報告を終わります。

 以上です。



○議長(福島正夫君) お諮りいたします。今期定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から12月10日までの16日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う人あり)



○議長(福島正夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は16日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長提出議案の一括上程



○議長(福島正夫君) 日程第3、第95号議案から日程第24、第116号議案までを一括議題といたします。



△提案理由の説明



○議長(福島正夫君) 各議案の朗読は省略し、直ちに市長から提案理由の説明を求めます。

 大橋市長、ご登壇願います。

     (市長 大橋良一君 登壇)



◎市長(大橋良一君) 本日ここに平成27年第4回加須市議会定例会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましては、極めてご健勝にてご参会を賜りまして、心からお喜びを申し上げます。

 また、ご提案申し上げました各議案のご審議に加え、市政の各般にわたりまして、ご審議、ご指導いただきますことは、市民福祉の向上、郷土発展のため、誠に喜ばしく深く感謝を申し上げる次第でございます。

 それでは、ただいま上程いただきました各議案のうち、主なものにつきまして、順を追ってご説明申し上げます。

 初めに、第95号議案 平成27年度加須市一般会計補正予算(第4号)について申し上げます。

 今回の補正予算は、当初予算成立後において緊急性や優先度の高い事業や各種制度改正に対応するための事業、さらには来年度実施予定の事業のための準備経費などを補正し、「人が元気で地域も元気な加須市づくり」を推進するため、国・県支出金等を有効に活用して編成したものでございます。また、あわせて、事業の円滑な執行のため債務負担行為を設定するものでございます。

 まず、歳出についてでございますが、総務費のうち、渡良瀬遊水地活用推進事業につきましては、栃木県、群馬県、埼玉県の3県の県境が接する希有な基点の境界を栃木県栃木市及び群馬県板倉町とともに確認し、渡良瀬遊水地の利活用の一助にするため、所要の負担金を措置するものでございます。

 また、社会保障・税番号制度導入システム対応事業につきましては、マイナンバー制度の実施に伴い、市町村間における情報連携のために必要なシステムの改修経費等を措置するものでございます。

 さらに、個人番号カード交付等事業につきましては、マイナンバー制度実施に伴い本制度を円滑に実施するため、平成28年1月からの個人番号カードの交付に当たって、本人確認のための機器等を購入する経費を措置するとともに、国の補助金を活用いたしまして、個人番号カードの交付事務に伴う職員人件費を措置するものでございます。

 また、選挙管理委員会運営事業につきましては、平成28年6月19日から施行される公職選挙法の改正による選挙権年齢の18歳への引き下げ及び今後改正が見込まれている選挙人名簿の登録制度の見直しに伴い、選挙人名簿システム等の改修に要する経費を措置するものでございます。

 次に、民生費のうち、障害者自立支援事業につきましては、サービス利用量や制度利用者が増加したため、所要の額を措置するものでございます。

 また、公立放課後児童健全育成事業につきましては、平成28年度に小学校5年生まで受け入れを拡大するため、不動岡小学校ほか6校について、必要な備品や防犯設備の整備に係る経費を措置するものでございます。

 なお、今回の整備は、小学校6年生までの受け入れも想定したものとなっております。

 さらに、実費徴収補足給付事業につきましては、本年4月からの子ども・子育て支援新制度の施行に伴い、新たに生活保護受給世帯に対し、給食費や教材費等の一部を助成する制度が創設されましたことから、所要の額を措置し、低所得者世帯における幼稚園・保育所の円滑な利用を支援するものでございます。

 また、生活保護事業につきましては、平成26年度の生活保護費の額が確定するとともに、生活保護受給者からの返納金等が生じたことにより、国及び県に返還いたしたく、所要の額を措置するものでございます。

 次に、衛生費のうち、高齢者予防接種事業につきましては、インフルエンザワクチンがこれまでの3価ワクチンから4価ワクチンに切りかえられ、ワクチン単価が上昇したことから、当初の予防接種委託料に不足が生じるため、所要の額を措置するものでございます。

 なお、ワクチン単価は引き上げられますが、自己負担額1,000円につきましては、従来のままといたします。

 また、「浮野の里」自然環境保全事業につきましては、浮野の里のさらなる環境保全を図るため、水と緑と文化のまちづくり基金を財源といたしまして、県の天然記念物に指定されている「加須の浮野とその植物」周辺の土地を取得するものでございます。

 次に、農林水産業費のうち、ブランド育成事業につきましては、そば産地としての定着化・ブランド化を図るため、そば生産者に対して生産及び作付拡大の支援を行っているところですが、本年9月に発生した台風18号の大雨の影響により減収となった農家に対し、種子代の一部に相当する額を交付し、今後も生産を継続していけるよう支援するものでございます。

 また、畜産振興事業につきましては、本年6月定例会で補正予算として議決いただきました畜産競争力強化対策整備事業費補助金につきまして、志多見周辺地域畜産クラスター協議会に対し、国の正式内示がありましたことから、さきに措置した補正予算額との差額分を増額措置するものでございます。

 さらに、ほ場等整備推進事業につきましては、農地の畦畔除去等により、農地の集積やほ場の拡大による作業効率の向上等を図るため実施している市単独の農地集積事業補助金について、大区画化に取り組む大規模農家の方などからの申請が増加し、不足が見込まれるため、所要の額を措置するものでございます。

 また、農地活用推進事業につきましては、地域の中心となる経営体や担い手への農地の集積と集約化の促進を図るため、農地中間管理機構に農地を貸し付けた地域や個人に対し、全額国庫補助による協力金を交付するための経費等を措置し、農地の有効利用や規模拡大による農業経営の効率化を図るものでございます。

 また、水路維持管理事業につきましては、水路への歩行者等の転落防止のためのフェンス等を設置するとともに、排水路機能を維持するため、土砂堆積の著しい箇所のしゅんせつに係る経費を措置するものでございます。

 また、枝線用排水路改修事業につきましては、生活排水路としての役割を担っている水路の円滑な流下を確保することによりまして、水路環境の改善を図るとともに、事業の早期完成を目指し、所要の経費を措置するものでございます。

 次に、商工費のうち、住宅改修等需要促進事業につきましては、制度利用者が増加したため、所要の額を措置するものでございます。

 次に、土木費のうち、道路維持管理事業及び幹線道路新設改良事業につきましては、通行の安全性と利便性の向上を図るとともに、継続して実施している事業の早期完成を目指し、舗装の打ちかえ工事や道路の拡幅工事を実施するための経費を措置するものでございます。

 次に、教育費のうち、小学校管理運営事業及び中学校管理運営事業につきましては、熱中症予防などの暑さ対策として、市内小・中学校の特別教室に扇風機を設置するための経費を措置し、教育環境の向上を図るものでございます。

 また、小学校施設整備事業につきましては、ハトの侵入やふん害等が発生している鴻茎小学校の鳥害対策として、ネット設置に係る経費を措置するものでございます。

 さらに、スポーツ施設整備事業及びクライミング普及事業につきましては、スポーツクライミングが2020年東京オリンピック・パラリンピックの追加種目候補になり注目が集まる中、本市において、平成28年4月にスポーツクライミングの種目の一つであるボルダリングのワールドカップ大会の開催が決定したことから、ワールドカップ開催に向け、会場となる市民体育館駐車場の整備や選手、役員、観客の方などをおもてなしの心で受け入れるための所要の経費を措置し、全市民挙げてワールドカップを盛り上げ、開催を支援するものであります。また、あわせて、ワールドカップ開催に向けた準備に万全を期すため、クライミング普及事業につきましては、全額繰越明許費の設定をお願いするものでございます。

 そして、このワールドカップ大会を通じて、「クライミングのまち」加須を国内外に発信することにより、交流人口の拡大や地域のさらなる活性化を図るとともに、東京オリンピック・パラリンピックの正式種目として決定した際の、オリンピック関連事業の誘致に向けた機運の醸成を図ってまいります。

 一方、歳入予算につきましては、加須地域及び大利根地域の2カ所の集会所新築工事の財源として、ふるさと創造資金補助金を措置するほか、マイナンバー制度の導入に向けたシステムの整備及び改修に係る社会保障・税番号制度システム整備補助金や農地中間管理事業の推進による協力金などの国・県支出金等を精査計上し、なお不足する財源につきましては、繰越金によりまして収支の均衡を図った次第でございます。

 以上の結果、今回の補正予算額は5億1,085万7,000円となり、補正後の予算総額は393億3,652万7,000円となった次第でございます。

 次に、債務負担行為の設定につきましては、文化・学習センター自主公演事業・平成28年度実施事業分について、円滑に実施するため、平成27年度から措置するものでございます。

 また、加須市議会会議録印刷ほか109件について、平成28年度から1年間円滑に実施するため、措置するものでございます。

 さらに、指定ごみ袋製造配送委託ほか1件について、平成28年度から2年間円滑に実施するため、措置するものでございます。

 また、加須文化・学習センター総合管理委託ほか14件について、平成28年度から3年間円滑に実施するため、措置するものでございます。

 また、地図情報検索システム保守ほか3件について、平成28年度から5年間円滑に実施するため、措置するものでございます。

 これらの中で主な新規または拡充を図る事業といたしましては、市民の皆様の利便性の向上を図るため、現在、加須文化・学習センター「パストラルかぞ」及び市民プラザかぞの2館に導入しております施設予約管理システムを、騎西・北川辺・大利根地域の文化・学習センターに導入し、4地域の文化・学習センター及び市民プラザかぞの5館に拡充して、施設相互の空き情報の照会及び窓口での仮予約等を可能とする施設予約管理システムの運用に向けて、平成28年度から5年間円滑に実施するため、新たに措置するものでございます。

 また、さらなる行財政改革と財政の健全化を推進するため、国が全ての地方公共団体に要請している統一的な基準による地方公会計に基づく財務書類の作成や固定資産台帳の整備を進めるとともに、整備される固定資産台帳を活用して、公共施設等の適正配置を推進し、財政的な負担を軽減・平準化していくための計画の策定に向け、公会計システム等導入及び公共施設等総合管理計画策定支援委託について、平成28年度から1年間円滑に実施するため、新たに措置するものでございます。

 また、固定資産税の評価資料である航空写真等を検索するシステムを更新し、本庁舎に加え、各総合支所にも拡充して導入するための地図情報検索システム保守について、新たに措置するものでございます。

 次に、第96号議案 平成27年度加須市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)及び第97号議案 平成27年度加須市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について申し上げます。

 これらの案は、コンビニエンスストア収納代行委託ほか1件について、平成28年度から1年間円滑に実施するため、債務負担行為の設定を措置するものでございます。

 次に、第98号議案 平成27年度加須市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)について申し上げます。

 本案は、コンビニエンスストア収納代行委託ほか4件について、平成28年度から1年間円滑に実施するため、債務負担行為の設定を措置するものでございます。

 次に、第99号議案 平成27年度加須市水道事業会計補正予算(第1号)について申し上げます。

 本案は、浄水処理薬品購入ほか2件について、平成28年度から1年間円滑に実施するため、債務負担行為の設定を措置するものでございます。

 次に、第100号議案 平成27年度加須市下水道事業会計補正予算(第1号)について申し上げます。

 本案は、長寿命化を図るための環境浄化センター再構築事業により発生した廃材の処分に伴い、有価物の売却収入を措置するとともに、有価物売却収入に係る補助金を国に返還すべく、所要の額を措置するものでございます。

 また、下水汚泥収集運搬及び処分委託ほか2件について、平成28年度から1年間円滑に実施するため、債務負担行為の設定を措置するものでございます。

 次に、第101号議案及び第109号議案の2議案につきましては、いずれも加須都市計画事業三俣第二土地区画整理事業の事業完了に向けて、関係する条例の改正を行うものでございます。

 まず、第101号議案 加須市役所の位置を定める条例等の一部を改正する条例について申し上げます。

 本案は、加須都市計画事業三俣第二土地区画整理事業の換地処分による町名及び地番変更に伴い、加須市役所の所在地が変更となるため、当該所在地を規定している条例について一括して変更するとともに、加須市地域包括支援センターの包括的支援事業の実施に関する基準等を定める条例について、加須市中央地域包括支援センターの担当区域に三俣一丁目及び三俣二丁目を加えたく、ご提案を申し上げるものでございます。

 また、第109号議案 加須市都市公園条例の一部を改正する条例につきましては、加須都市計画事業三俣第二土地区画整理事業により整備された5カ所の公園を都市公園として適正に管理するため、新たに都市公園として位置づけるなどの改正をいたしたく、ご提案申し上げるものでございます。

 このほか、事件関係議案でありますが、加須都市計画事業三俣第二土地区画整理事業の換地処分による町名及び地番変更に伴い、北埼玉地区障害支援区分審査会の執務場所を改める必要が生じたため、北埼玉地区障害支援区分審査会共同設置規約を変更することについて協議いたしたく、第115号議案をご提案申し上げるものでございます。

 次に、第102号議案 加須市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 本案は、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律、いわゆる番号法で定められている事務の個人番号の利用及び特定個人情報の提供を行うことについて、本年9月定例会において議決いただいたところですが、国から法定事務に準ずる独自事務のうち、市町村が行うことができる事務の事例等が示されたことから、市民サービスの向上や行政事務の効率化を図るため、この事例等に合致する市が行う独自事務を個人番号の利用及び特定個人情報の提供が必要な事務として加えるなどの改正をいたしたく、ご提案申し上げるものでございます。

 次に、第104号議案 加須市税条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 本案は、番号法の施行に伴い、市税に係る申請書等に個人番号または法人番号を加えるとともに、地方税法の一部改正等に伴い、たばこ税に係る旧3級品の税率の特例を廃止するほか、徴収猶予及び換価の猶予の手続等に係る規定を設けたく、ご提案申し上げるものでございます。

 次に、第108号議案 加須市電気自動車用充電設備の利用に関する条例について申し上げます。

 本案は、市が設置している電気自動車用充電設備について、電気自動車の普及状況や社会情勢等を踏まえ、受益者負担の適正化を図るため、充電設備の使用に係る使用料などに関し必要な事項を定めたく、ご提案申し上げるものでございます。

 なお、使用料の徴収につきましては、30分以内の充電1回当たりの使用料を500円とし、平成28年4月1日から開始するものでございます。

 次に、第111号議案から第114号議案までの4議案につきましては、加須市立騎西学童保育室、加須市立種足学童保育室、加須市立北川辺東学童保育室及び加須市騎西老人福祉センターにつきまして、指定管理者を指定いたしたく、地方自治法第244条の2第6項の規定により、ご提案申し上げるものでございます。

 次に、第116号議案 町の区域を新たに画することについて申し上げます。

 本案は、加須都市計画事業栗橋駅西(大利根地区)土地区画整理事業の工事完了に伴い、当該事業区域内及び隣接区域内の町名及び町界を新たに定めたく、地方自治法第260条第1項の規定により、ご提案申し上げるものでございます。

 その他の案件につきましては、提案理由によりましてご了承賜りたく、お願いを申し上げます。

 以上をもちまして、ご提案申し上げました各案件につきましての説明を終わらせていただきますが、平成27年度加須市一般会計補正予算(第4号)につきましては、総合政策部長から内容を説明させていただきますので、ご了承賜りますようお願い申し上げる次第でございます。

 議員各位におかれましては、何とぞ慎重ご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げまして、説明とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



△内容説明



○議長(福島正夫君) 続きまして、内容説明を求めます。

 第95号議案について、小暮総合政策部長、ご登壇願います。

     (総合政策部長 小暮 弘君 登壇)



◎総合政策部長(小暮弘君) それでは、第95号議案 平成27年度加須市一般会計補正予算(第4号)につきましてご説明申し上げます。

 まず、今回の補正予算につきましては、議案書1ページの第1条にございますとおり、歳入歳出予算の総額にそれぞれ5億1,085万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ393億3,652万7,000円とするものでございます。

 次に、款項の区分及び金額につきましては、2ページから4ページの第1表歳入歳出予算補正のとおりでございます。

 それでは、個々の内容につきまして、加須市一般会計歳入歳出補正予算事項別明細書によりまして、歳出予算から順次ご説明申し上げます。

 32ページをお開きいただきたいと存じます。

 初めに、第2款総務費、第1項総務管理費、第1目一般管理費の職員人件費の44万円は、夜間や休日の大雨や大雪時などに緊急出動する職員の時間外勤務手当に不足が見込まれますので、所要の措置を講じるものでございます。

 次に、第5目財産管理費の普通財産管理事業の798万1,000円は、現在、旧大利根学校給食センターの解体工事を来年1月29日を完了工期として進めておりますが、受注者が着工前調査でアスベスト含有が想定される建材についてサンプル調査を行ったところ、新たに危険性の高いアスベストが検出されましたことから、受注者との協議を経て、建物の基礎くい引き抜きに係る経費を充て、現在アスベスト除去工事を進めております。しかし、解体後の跡地の活用に当たって、くいの存在は支障となること、また、くいの引き抜き工事を新たに施工するよりも現在の工事で行うほうが経費面でも効率的なことから、工事費の追加措置を行うものでございます。

 次に、第7目企画費の渡良瀬遊水地活用推進事業の44万3,000円ですが、埼玉県、栃木県、群馬県3県の県境に接する基点は、人が容易に近づけるものとしては非常に珍しく、これを栃木市及び板倉町とともに確認し、渡良瀬遊水地の利活用の資源とするため、境界測量に要する経費を3市町均等の負担のもとに措置するものでございます。

 次に、第9目自治振興費の自治協力団体活動促進事業の30万円は、集会所の緊急修繕が必要となった際に対応するための補助金交付が当初見込みよりも上回っておりますため、今後の事業執行に支障なきよう、所要の措置を講じるものでございます。

 次に、第10目電算管理費の社会保障・税番号制度導入システム対応事業の240万6,000円は、番号制度における市町村間の情報連携の対象となる個人情報の副本を保有管理し、情報提供ネットワークシステムと地方公共団体の既存システムとの情報のやりとりの仲介役を担うシステムである、中間サーバーに接続するために必要な経費を措置するものでございます。

 次に、第2項徴税費、第2目賦課徴収費の市・県民税賦課事業の159万9,000円は、平成27年4月1日施行の税制改正により、ふるさと納税における寄附金控除の見直し等が行われたことに伴い、本市の個人住民税システムの改修が必要となるため、所要の措置を講じるものでございます。

 次に、税務管理事業の2,353万4,000円は、法人市民税等の還付金が当初見込みより増額しており、今後の対応に支障なきよう、所要の措置を講じるものでございます。

 34ページに移りまして、第3項戸籍住民基本台帳費、第1目戸籍住民基本台帳費の個人番号カード交付等事業の744万1,000円は、個人番号カードを交付する際の本人確認に正確を期すため、画像による顔認証システムを導入する経費、また、市内への転入手続の折に所有している個人番号通知カード及び個人番号カードの券面に、転入後の住所地を鮮明に記入するためのプリンター導入経費を措置するとともに、さらに、国からの補助金を充てて、カード交付事業事務に伴う職員の時間外勤務手当を措置するものでございます。

 次に、第4項選挙費、第1目選挙管理委員会費の選挙管理委員会運営事業の404万6,000円は、公職選挙法改正に伴う選挙システムの改修費を措置するものでございます。

 次に、第3款民生費、第1項社会福祉費、第1目社会福祉総務費の中国残留邦人等支援事業の27万2,000円と、第3目自立支援給付費の自立支援医療費支給事業の162万2,000円、また、36ページに移りまして、第4目地域生活支援費の障害(児)者日常生活用具給付等事業の15万1,000円、さらに、第3項生活保護費、第1目生活保護総務費の生活保護適正実施推進事業の9万8,000円、第2目扶助費の生活保護事業の8,551万7,000円でございますが、これらはいずれも平成26年度の事業費確定に伴い、国・県の補助金並びに負担金の返還分を措置するものでございます。

 次に、34ページにお戻りいただきまして、第3款民生費、第1項社会福祉費、第3目自立支援給付費の障害者自立支援事業の1億3,299万5,000円は、障害福祉サービス、療養介護医療及び障害児通所給付の利用者が当初予算見込みを上回っておりますことから、今後の事業執行に支障なきよう、所要の措置を講じるものでございます。

 36ページに移りまして、第4目地域生活支援費の障害者コミュニケーション支援事業の63万8,000円は、手話通訳者の派遣事業を埼玉聴覚障害者情報センターに委託しており、委託料の不足が見込まれるため、所要の措置を講じるものでございます。

 次に、第2項児童福祉費、第1目児童福祉総務費の公立放課後児童健全育成事業の560万7,000円は、平成28年度に小学校5年生まで受け入れを拡大するため利用者の増加が見込まれ、育成室の増設などの整備が必要となる加須地域7施設における空調機器をはじめとした備品整備等に係る経費を措置するものでございます。

 次に、実費徴収補足給付事業の53万6,000円は、子ども・子育て支援新制度に基づき、国が新たに定めた要綱に基づき、幼稚園・保育所に在園児がいる生活保護世帯に対し、給食費(副食材料費)、教材費、行事費等の実費徴収費用の一部を助成するため、所要の措置を講じるものでございます。

 38ページに移りまして、第4款衛生費、第1項保健衛生費、第2目予防費の高齢者予防接種事業の646万8,000円は、インフルエンザワクチンの従来の3種類のウイルスに対応するものから4種類に対応するものに変更となったため、単価の増額分を措置するものでございます。

 なお、自己負担分は、従来どおり1,000円でございます。

 次に、第3目環境衛生費の浮野の里自然環境保全事業の267万9,000円でございますが、多門寺・北篠崎地内に広がる浮野の里は、埼玉県から緑のトラスト保全第10号地に指定され、市はこれを将来にわたって保全するため、現在、約8万3,000平方メートルを公有地化しております。今般、県の天然記念物に指定された「加須の浮野とその植物」周辺の土地所有者4名から合計3,307平方メートルの農地を市へ譲渡したい旨の申し出があり、浮野の里のさらなる環境保全を図るため、水と緑と文化のまちづくり基金を財源として、これを取得するための経費を措置するものでございます。

 次に、第2項清掃費、第2目じん芥処理費の大利根クリーンセンターごみ処理事業の291万6,000円でございますが、大利根クリーンセンターは、本年2月25日に発生した煙突からの鉄さび片の飛散に対して原因を除去するための最適の修繕を行い、現在、安定稼働を続けておりますが、施設完成後25年を経過しており、今後も適切に維持管理をしていくためには焼却施設全体の状況を詳細に把握し、的確な修繕計画を立てる必要があるため、施設の点検委託に要する経費を措置するものでございます。

 次に、第6款農林水産業費、第1項農業費、第3目農業振興費のブランド育成事業の104万3,000円は、本年9月9日に接近した台風の降雨の影響により、そばの収穫量が減少したため、販売を目的に作付した市内の農家に対して、市の要綱に基づいて生産継続支援のための交付金を支給すべく、所要の措置を講じるものでございます。

 次に、第4目畜産業費の畜産振興事業の5,680万4,000円は、志多見地区の畜産経営体を中心に組織された畜産クラスター協会が畜産経営体の収益の向上や畜産環境問題への対応に必要な畜舎及び機械設備等の整備を図るために実施する畜産クラスター計画に対しましては、国の畜産競争力強化対策事業による県補助金として、本年6月の補正予算にて1億2,300万円を措置いたしておりますが、今般、国からの補助金の割り当て内示により県補助金の変更がありましたので、差額分を追加計上いたすものでございます。

 次に、第5目農地費のほ場等整備推進事業の140万円は、農地の集積及びほ場の拡大を図るため、畦畔の除去等整地に係る経費に対する助成制度利用者が当初予算を上回る見込みのため、事業の執行に支障なきよう、所要の措置を講じるものでございます。

 次に、水路維持管理事業の327万1,000円は、水路しゅんせつ1カ所及び安全防護柵設置工事7カ所に要する経費を措置するものでございます。

 次に、枝線用排水路改修事業の529万2,000円は、水路1カ所の改修工事に要する経費を措置するものでございます。

 40ページに移りまして、農地活用推進事業の7,760万1,000円は、担い手への農地集積、集約化を推進し、農地利用の最適化や規模拡大による農業経営の効率化を推進するため、農地の中間的受け皿として設立された農地中間管理機構への農地貸し付けに対する平成27年度分の機構集積協力金を支給するため、所要の措置を講じるものでございます。

 次に、第7款商工費、第1項商工費、第2目商工業振興費の住宅改修等需要促進事業の137万円は、制度の周知が進み、利用者が当初予算を上回る見込みであることから、今後の事業執行に支障なきよう、所要の措置を講じるものでございます。

 次に、第8款土木費、第2項道路橋りょう費、第2目道路維持費の道路維持管理事業の8,270万円は、幹線市道3路線、生活道路1路線の舗装改修に係る測量、設計及び工事費を措置するものでございます。

 次に、第3目道路新設改良費の幹線道路新設改良事業の600万円は、市道1路線の改良に係る工事費を措置するものでございます。

 次に、第9款消防費、第1項消防費、第3目消防施設費の消防水利事業の106万7,000円でございますが、施設用地が賃貸借である志多見地内の防火水槽は、所有者から市へ用地売却の意向が提示され、これを検討したところ、近隣の状況から今後も防火水槽としての必要性は高いと判断したため、当該地を買収することとし、所要の経費を措置するものでございます。

 42ページに移りまして、第10款教育費、第2項小学校費、第1目学校管理費の小学校管理運営事業の419万4,000円及び第3項中学校費、第1目学校管理費の中学校管理運営事業の231万6,000円は、小・中学校の特別教室を含め、暑さ対策が未実施の教室に扇風機を設置するため、所要の経費を措置するものでございます。

 次に、第2項小学校費、第1目学校管理費の小学校施設整備事業の256万6,000円は、鴻茎小学校におけるハトのふん害等の被害を防ぐため、校舎2階及び3階のベランダにネットを設置するための工事費用を措置するものでございます。

 次に、第6項保健体育費、第2目体育施設費のスポーツ施設整備事業の114万5,000円及び第3項スポーツ振興普及費のクライミング普及事業の763万2,000円は、スポーツクライミングが2020年東京オリンピック・パラリンピックの追加競技として提案され、現在、正式決定を待つ状況でございます。こうした中、来年4月に開催されるIFSCボルダリングワールドカップ2016加須大会は、本市を対外的にアピールする絶好の機会でもあります。選手、観客のもてなしや大会運営等において市民の協力を広く仰ぎ、市全体で大会を盛り上げていくために、大会開催にかかる経費及び不鮮明となっている体育館の駐車場の区画線、この工事費を措置するものでございます。

 44ページに移りまして、第11款公債費、第1項公債費、第1目元金の市債元金償還事業の697万6,000円の増額及び第2目利子の市債利子支払事業の3,820万9,000円の減額は、元利均等方式にて償還中の市債の一部で、借り入れ後10年経過した時点での償還利率の見直しにより利率が低下したため、利子支払い額が減額となり、元金の償還割合が増えたことから所要の措置を講じるものでございます。

 ここまで歳出についてご説明申し上げました。

 次に、歳入につきましてご説明申し上げます。

 30ページ、31ページにお戻りいただきたいと存じます。

 初めに、第13款国庫支出金の9,038万1,000円は、歳出でご説明申し上げました障害者自立支援事業、社会保障・税番号制度導入システム対応事業、個人番号カード交付等事業、選挙管理委員会運営事業、実費徴収補足給付事業に関連する国の負担分をそれぞれ措置するものでございます。

 次に、第14款県支出金1億7,256万2,000円は、障害者自立支援事業、畜産振興事業、農地活用推進事業、実費徴収補足給付事業に関連する県の負担分を措置するほか、集会所を建設しようとする自治協力団体2団体に対する県の補助金を措置するものでございます。

 次に、第17款繰入金267万9,000円は、浮野の里用地購入費の財源として基金から繰り入れを行うものでございます。

 次に、第19款諸収入30万8,000円は、農地活用推進事業に係る費用の一部が農地中間管理機構から委託金として支給されるものでございます。

 なお、不足する財源につきましては、第18款繰越金2億4,492万7,000円により収支の均衡を図るものでございます。

 以上、歳入につきまして申し上げました。

 続きまして、同じく別冊補正予算書の1ページの第2条繰越明許費についてご説明申し上げます。

 5ページをお開きください。

 補正予算歳出のクライミング普及事業におきましては、IFSCボルダリングワールドカップ2016加須大会の開催に係る広報関連用品の作成等について、年度内の完了が困難でありますことから、繰越明許費の措置をお願いするものでございます。

 続きまして、1ページに戻りまして、第3条債務負担行為の補正についてご説明申し上げます。

 今回補正いたします債務負担行為に関しましては、48ページから63ページにわたり一覧でお示ししております。これらの債務負担行為は、いずれも平成28年4月当初から事業を円滑に実施するために設定をいたすものでございます。

 債務負担行為の設定期間別に件数を申し上げますと、まず、平成27年度から28年度までのものが、文化・学習センター自主公演事業の平成28年度実施事業分1件でございます。

 次に、平成28年度1年限りのものが加須市議会会議録の印刷のほか109件でございます。

 次に、平成29年度までの2年間のものが指定ごみ袋製造配送委託のほか1件でございます。

 次に、平成30年度までの3年間のものが加須文化・学習センター総合管理委託のほか14件でございます。

 最後に、平成32年度までの5年間のものが地図情報検索システム保守のほか3件でございまして、合計132件となります。

 以上、第95号議案 平成27年度加須市一般会計補正予算(第4号)の内容説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△埼玉県都市競艇組合議会議員の選挙



○議長(福島正夫君) 日程第25、埼玉県都市競艇組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選にいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う人あり)



○議長(福島正夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う人あり)



○議長(福島正夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 埼玉県都市競艇組合議会議員に福島正夫を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました福島正夫を埼玉県都市競艇組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う人あり)



○議長(福島正夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました福島正夫が埼玉県都市競艇組合議会議員に当選いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△次会日程報告



○議長(福島正夫君) 日程第26、次会日程報告をいたします。

 あす26日から29日までは議案調査等のため本会議を休会とし、30日午前9時30分から本会議を開き、議案に対する一括質疑、議案の委員会付託、即決議案の討論及び採決を行う予定でありますから、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(福島正夫君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午前10時47分