議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 加須市

平成27年 第2回 定例会( 6月) P.1  06月15日−01号




平成27年 第2回 定例会( 6月) − 06月15日−01号









平成27年 第2回 定例会( 6月)



加須市告示第182号

 平成27年第2回加須市議会定例会を次のとおり招集する。

  平成27年6月8日

                             加須市長  大橋良一

 1 期日  平成27年6月15日

 2 場所  加須市役所

          ◯応招・不応招議員

 応招議員(28名)

   1番  金子正則君     2番  斉藤理史君

   3番  野中芳子君     4番  小林信雄君

   5番  森本寿子君     6番  池田年美君

   7番  鈴木久才君     8番  小林利一君

   9番  竹内政雄君    10番  齋藤和雄君

  11番  小勝裕真君    12番  福島正夫君

  13番  柿沼秀雄君    14番  新井好一君

  15番  小坂 裕君    16番  平井喜一朗君

  17番  大内清心君    18番  中條恵子君

  19番  酒巻ふみ君    20番  佐伯由恵君

  21番  及川和子君    22番  松本英子君

  23番  小坂徳蔵君    24番  松本正行君

  25番  田中良夫君    26番  吉田健一君

  27番  栗原 肇君    28番  鎌田勝義君

 不応招議員(なし)

          平成27年第2回加須市議会定例会 第1日

議事日程(第1号)

                 平成27年6月15日(月曜日)午前10時開会

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 第57号議案 平成27年度加須市一般会計補正予算(第2号)

 日程第4 第58号議案 平成27年度河野博士育英事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第5 第59号議案 加須市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例

 日程第6 第60号議案 加須市加須都市計画事業三俣第二土地区画整理事業施行規程の一部を改正する条例

 日程第7 第61号議案 工事請負契約の締結について

 日程第8 第62号議案 公の施設の指定管理者の指定について

 日程第9 第63号議案 市道路線の認定について

 日程第10 第64号議案 市道路線の廃止について

 日程第11 埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙

 日程第12 次会日程報告

出席議員(28名)

  1番   金子正則君        2番   斉藤理史君

  3番   野中芳子君        4番   小林信雄君

  5番   森本寿子君        6番   池田年美君

  7番   鈴木久才君        8番   小林利一君

  9番   竹内政雄君       10番   齋藤和雄君

 11番   小勝裕真君       12番   福島正夫君

 13番   柿沼秀雄君       14番   新井好一君

 15番   小坂 裕君       16番   平井喜一朗君

 17番   大内清心君       18番   中條恵子君

 19番   酒巻ふみ君       20番   佐伯由恵君

 21番   及川和子君       22番   松本英子君

 23番   小坂徳蔵君       24番   松本正行君

 25番   田中良夫君       26番   吉田健一君

 27番   栗原 肇君       28番   鎌田勝義君

欠席議員(なし)

説明のため出席した者の職氏名

 市長      大橋良一君    副市長     角田守良君

 総合政策部長  小暮 弘君    総務部長    木村 弘君

                  経済部長兼

 環境安全部長  奈良邦彦君    農業委員会   藤原 豊君

                  事務局長

 こども局長   塩原由紀雄君   福祉部長    矢嶋孝夫君

 健康医療部長  渡辺正男君    建設部長    木村幸雄君

                  騎西

 上下水道部長  秋山知一君            増田省三君

                  総合支所長

 北川辺              大利根

         小池成和君            柳田 浩君

 総合支所長            総合支所長

 会計管理者   小堀 悟君    教育長     渡邉義昭君

 生涯学習部長  綱川敬蔵君    学校教育部長  小野田 誠君

 選挙管理

 委員会

 事務局長兼   篠崎久雄君

 監査委員

 事務局長

事務局職員出席者

                  参事兼

 事務局長    大澤 誠             小泉雅広

                  議事課長

 主査

 (議事・調査  秋山直子

 担当)



△開会 午前10時00分



△開会の宣告



○議長(福島正夫君) おはようございます。

 ただいまから平成27年第2回加須市議会定例会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(福島正夫君) 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(福島正夫君) 本日の議事日程につきましては、お手元に配付しておきましたからご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(福島正夫君) この際、諸般の報告をいたします。



△平成26年度各種繰越計算書の報告



○議長(福島正夫君) 初めに、市長から平成26年度各種繰越計算書の報告がありましたので、配付しておきましたからご了承願います。



△平成26年度消滅債権の報告



○議長(福島正夫君) 次に、同じく市長から平成26年度消滅債権の報告がありましたので、配付しておきましたからご了承願います。



△出納検査の結果



○議長(福島正夫君) 次に、監査委員より提出されました出納検査の結果につきましては、配付しておきましたからご了承願います。



△定例会に提出した議案



○議長(福島正夫君) 次に、今期定例会に提出されました議案につきましては、配付しておきましたからご了承願います。



△地方自治法第121条の規定による説明者



○議長(福島正夫君) 次に、本定例会に説明者として出席する者の職氏名を一覧表として配付しておきましたからご了承願います。



△埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙候補者名簿



○議長(福島正夫君) 次に、埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙候補者名簿につきましては、配付しておきましたからご了承願います。

 これにて諸般の報告を終了いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(福島正夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第87条の規定により、議長において

    3番 野中芳子議員

    4番 小林信雄議員

 の両議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(福島正夫君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 今期定例会の会期、日程につきましては、議長から議会運営委員会に対し諮問を申し上げておりましたので、議会運営委員長から委員会の審査経過の概要並びに結果について報告を求めます。

 議会運営委員長、松本正行議員、ご登壇願います。

     (議会運営委員長 松本正行君 登壇)



◆議会運営委員長(松本正行君) おはようございます。

 議長の命によりまして、議会運営委員会の審査経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 当委員会は、6月9日に委員会を開催し、今定例会の会期並びに日程等について協議をいたしました結果、会期は本日から6月30日までの16日間とし、その日程等につきましては、お手元にご配付のとおり決定した次第でございます。

 議員各位におかれましては、この会期日程案にご賛同を賜りまして、円滑にして効率的な議会運営がなされますようお願いを申し上げ、報告を終わります。



○議長(福島正夫君) お諮りいたします。今期定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から6月30日までの16日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う人あり)



○議長(福島正夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は16日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長提出議案の一括上程



○議長(福島正夫君) 日程第3、第57号議案から日程第10、第64号議案までを一括議題といたします。



△提案理由の説明



○議長(福島正夫君) 各議案の朗読は省略し、直ちに市長から提案理由の説明を求めます。

 大橋市長、ご登壇願います。

     (市長 大橋良一君 登壇)



◎市長(大橋良一君) 本日、ここに平成27年第2回加須市議会定例会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましては、極めてご健勝にてご参会を賜りまして、心からお喜びを申し上げます。

 また、ご提案を申し上げました各議案のご審議に加え、市政の各般にわたりましてご審議、ご指導いただきますことは、市民福祉の向上、郷土発展のため誠に喜ばしく、深く感謝を申し上げる次第でございます。

 それでは、ただいま上程いただきました各議案のうち、主なものにつきまして順を追ってご説明申し上げます。

 初めに、第57号議案 平成27年度加須市一般会計補正予算(第2号)について申し上げます。

 今回の補正予算は、当初予算成立後間もない時期ではございますが、地方創生、安全、安心、子育て、健康、産業の振興の6つの重点分野の施策について、当初予算成立後において緊急を要する事業や国・県の制度が有効に活用できる事業などを補正し、人が元気で地域も元気な加須市づくりを推進するため編成したものでございます。

 まず、歳出についてでございますが、総務費のうち行政評価推進事業につきましては、地方創生に向けた取り組みとして、現在、まち・ひと・しごと創生総合戦略と総合振興計画後期基本計画を一体的に策定しているところですが、同戦略の進行管理についても、加須市独自の行政評価システム加須やぐるまマネジメントサイクルを活用し、総合振興計画と一体的に進行管理していくため、システムの改修経費について措置するものでございます。

 また、水と緑と文化のまちづくり基金事業につきましては、5つの基金を水と緑と文化のまちづくり基金に統合することについて、さきの2月定例会において議決いただいたところでございますが、同基金に統合される5つの基金の残高が確定したことから、その合計額等を同基金に積み立てるため、所要の額を措置するものでございます。

 さらに、個人番号カード交付等事業につきましては、市民の皆様一人一人に番号が割り当てられる社会保障・税番号制度、いわゆるマイナンバー制度における個人番号の付番、通知カードの交付が本年10月から開始されるに当たりまして、個人番号を付番するための住民基本台帳ネットワークシステムのプログラム更新のための経費を措置するとともに、個人番号カードの発行等を委任している地方公共団体情報システム機構に対する交付金を措置するものでございます。

 次に、民生費のうち公立放課後児童健全育成事業につきましては、子どもふれあいの家を活用して事業を実施している水深小学校第2学童保育室について、本年4月から小学校4年生まで受け入れを拡大し事業を実施しているところですが、学童保育利用者数が当初の見込みを上回り増加したことから、今後の小学校6年生までの受け入れを踏まえ、受け入れ児童数の拡大を図るため、保育室を拡張して実施するために必要な備品を購入する経費を措置するものでございます。

 次に、労働費のうちシルバー人材センター支援事業につきましては、高齢者の皆様に多様な就業機会を提供しているシルバー人材センターの事業拡大に向けた支援として、土地開発基金を活用して取得したシルバー人材センター隣接地を駐車場用地として無償貸し付けするため、同基金から買い戻す経費を措置するものでございます。

 なお、将来的にシルバー人材センターは、当該用地も含め本部事務所として市が貸し付けている土地、建物を取得する意向でございます。

 また、実践型地域雇用創造事業につきましては、加須市をはじめ商工会やJAほくさいなどで構成する加須市地域雇用創造協議会が提案した地域独自の雇用創造プロジェクトが、国の事業である実践型地域雇用創造事業に採択され、本年7月1日から平成30年3月31日までの間、総事業費約1億7,000万円、雇用創出226人を目標として事業を開始するに当たり、当面の運営に必要となる経費について貸し付け及び補助を行うため、同協議会に対する貸付金等を措置し、地域資源を生かした雇用の創出と地域経済の活性化を図ってまいります。

 なお、同協議会に国からの委託費の交付があった時点で、貸付金については全額返還していただくものでございます。

 次に、農林水産業費のうち担い手育成支援事業につきましては、意欲的に農業経営の展開を行う人・農地プランに位置づけられた地域の中心となる経営体が、規模の拡大や経営の多角化などに必要となる農業用機械の導入等について、国の経営体育成支援事業の採択がありましたことから、その導入に係る経費の一部を助成するため措置したものでございます。

 また、畜産振興事業につきましては、志多見地区の畜産経営体を中心に組織された志多見周辺地域畜産クラスター協議会が、畜産経営体の収益の向上や畜産環境問題への対応に必要な畜舎及び機械設備等の整備を図るために実施する畜産クラスター計画が、国の畜産競争力強化対策事業に採択されましたことから、同協議会への補助金を措置するものでございます。

 次に、教育費のうち中学校施設整備事業につきましては、不具合が発生していた騎西中学校の太陽光発電設備の故障箇所が判明したため、太陽光発電設備の改修に要する経費を措置し、その解消を図るものでございます。

 また、幼稚園施設整備事業につきましては、園児が安全に安心してのびのびと外遊びができる環境を整備するとともに、隣接する県道を通行する車両や歩行者の安全確保及び事故防止を図るため、新たに防球ネットを水深幼稚園に設置するものでございます。

 一方、歳入予算につきましては、大利根東小学校校舎大規模改造工事の財源として予定していた国の学校施設環境改善交付金が採択されなかったことに伴い減額措置するほか、マイナンバー制度における個人番号カード発行等の関連事務の委任に係る個人番号カード交付事業費補助金、融資主体補助型経営体育成条件整備事業費補助金及び畜産総合対策事業補助金などの国・県支出金や水と緑と文化のまちづくり基金への統合により廃止した5つの基金からの繰入金等を精査計上し、なお不足する財源につきましては、繰越金によりまして収支の均衡を図った次第でございます。

 以上の結果、今回の補正予算額は3億1,390万4,000円となり、補正後の予算総額は377億5,729万4,000円となった次第でございます。

 次に、第58号議案 平成27年度河野博士育英事業特別会計補正予算(第1号)について申し上げます。

 本案は、ふるさと納税により、加須市在住の市民の方からいただいた河野博士育英奨学資金に対する寄附金を河野博士育英基金に積み立てるため、歳入歳出に同額を措置したものでございます。

 次に、第59号議案 加須市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 本案は、家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準の一部を改正する省令の施行に伴い、小規模保育事業等に配置する保育士の数の算定について、当該事業に勤務する保健師または看護師に加え、当該事業に勤務する准看護師についても保育士とみなすことができることとなったことから、同省令の基準に従い、職員の規定について改めたくご提案申し上げるものでございます。

 次に、第61号議案 工事請負契約の締結について申し上げます。

 本案は、庁舎の安全性を確保するとともに、市民の皆様が利用しやすく親しまれる庁舎として整備するため、加須市北川辺総合支所庁舎改築工事について請負契約を締結いたしたく、加須市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定によりご提案申し上げるものでございます。

 次に、第62号議案 公の施設の指定管理者の指定について申し上げます。

 本案は、さきの2月定例会で議決いただき、施設名称を加須市大利根穀類乾燥調製施設から変更いたしました加須市ライスセンターにつきまして指定管理者を指定いたしたく、地方自治法第244条の2第6項の規定によりご提案申し上げるものでございます。

 次に、第63号議案及び第64号議案の2議案につきましては、開発行為に伴い市に帰属された道路や再編成された道路について、新たに市道路線の認定と廃止をいたすものでございます。

 その他の案件につきましては、提案理由によりましてご了承賜りたくお願い申し上げます。

 以上をもちまして、ご提案申し上げました各案件につきましての説明を終わらせていただきますが、平成27年度加須市一般会計補正予算(第2号)につきましては、総合政策部長から内容を説明させていただきますので、ご了承賜りますようお願い申し上げる次第でございます。

 議員各位におかれましては、何とぞ慎重ご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げまして、説明とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



△内容説明



○議長(福島正夫君) 続きまして、内容説明を求めます。

 第57号議案 平成27年度加須市一般会計補正予算(第2号)について、小暮総合政策部長、ご登壇願います。

     (総合政策部長 小暮 弘君 登壇)



◎総合政策部長(小暮弘君) 第57号議案 平成27年度加須市一般会計補正予算(第2号)につきましてご説明申し上げます。

 今回の補正予算につきましては、議案書1ページ第1条にありますとおり、歳入歳出予算の総額にそれぞれ3億1,390万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ377億5,729万4,000円とするものでございます。

 次に、款項の区分及び金額につきましては、2ページから3ページの第1表歳入歳出予算補正のとおりでございます。

 それでは、個々の内容につきまして、加須市一般会計歳入歳出補正予算事項別明細書によりまして、歳出予算から順次ご説明申し上げます。

 14ページをお開きいただきたいと存じます。

 初めに、第2款総務費、第1項総務管理費、第7目企画費の行政評価推進事業の582万2,000円でございますが、加須市総合振興計画後期基本計画及びまち・ひと・しごと創生総合戦略を今年度中に一体的に策定することとしておりますが、これら双方の計画の進行管理を本市独自の行政評価システムでありますやぐるまマネジメントサイクルにおいて一元的に行うためにシステムの改修が必要となることから、所要の経費を措置するものでございます。

 次に、水と緑と文化のまちづくり基金事業の8,817万2,000円でございますが、本基金に統合いたします水と緑と花のまちづくり基金、下總皖一野菊の里づくり基金、芸術の森整備基金、美術作品取得基金及びスポーツ振興基金、これら5つの基金における平成26年度末の残高が確定いたしましたので、その全額を本基金へ積み立て等を行うものでございます。

 次に、第3項戸籍住民基本台帳費、第1目戸籍住民基本台帳費の個人番号カード交付等事業の4,137万7,000円でございますが、社会保障・税番号制度において平成27年10月から始まる個人番号の付番に向けた準備として、住民基本台帳ネットワークシステムのプログラム更新、市が管理する住民情報とのデータ整合性の確認などを行うための経費及び通知カード、個人番号カードの作成、発行等の関連事務を地方公共団体情報システム機構への委任に係る交付金を措置するものでございます。

 なお、機構への委任に係る交付金は、その全額が国から交付されるものでございます。

 次に、第3款民生費、第1項社会福祉費、第1目社会福祉総務費の中国残留邦人等支援事業の21万6,000円及び16ページに移りまして、第3項生活保護費、第1目生活保護総務費の生活保護適正実施推進事業の32万4,000円でございますが、生活保護の住宅扶助基準が本年7月1日から、また冬季加算基準が本年11月1日から変更されるため、生活保護システム及び生活保護と同一の支援給付基準である中国残留邦人等支援システムの双方のシステム改修に要する経費を措置するものでございます。

 次に、14ページ下段にお戻りいただきまして、第2項児童福祉費、第1目児童福祉総務費の公立放課後児童健全育成事業の26万2,000円でございますが、ふれあいの家を活用して開設している水深小学校第二健全育成室が利用児童数の増加により手狭となっているため、その改善に向け新たに建物の2階部分を利用することとし、必要な備品購入に伴う経費を措置するものでございます。

 次に、16ページの第5款労働費、第1項労働諸費、第1目労働諸費のシルバー人材センター支援事業の1,253万5,000円並びに実践型地域雇用創造事業の1,800万円でございますが、まずシルバー人材センター支援事業は、シルバー人材センターは会員700人余りを要し、高齢者の就業による社会参加の機会充実に成果を発揮しておりますが、市から無償で貸与を受けている事務所の敷地のみでは、車両の駐車等のスペース確保に大変苦慮している現状でございます。そうした中、同敷地隣接地の民有地の取得が可能となりましたことから、シルバー人材センターを支援するために、まず市の土地開発基金により平成27年4月3日に同民有地の取得をいたし、今回、一般会計予算で基金から買い戻しを行い、普通財産としてシルバー人材センターに無償貸与するものでございます。

 次に、実践型地域雇用創造事業は、地域雇用開発促進法に基づき雇用創造効果が高いと認められるものや、波及的に地域の雇用機会を増大させる効果が高く地域の産業及び経済の活性化等に資すると認められるものである事業の実施について、厚生労働省から市町村が設置する地域雇用創造協議会に委託するというものでございまして、本市はその事業の採択を目指し国に提案をしておりましたが、今般、当該事業の採択通知を受けましたことにより、平成27年2月に設置しました本市をはじめとする市内経済団体等で構成する加須市地域雇用創造協議会において、本年7月1日から事業に取り組むこととなります。

 事業に要する直接の経費は、その全額を国が協議会に対して負担することになりますが、国の委託金の支給が始まるまでの間の協議会の事業経費等の当面の運営資金として、7月からの4カ月相当分を一時的に貸し付ける必要が生じたため、国の委託外となる事務開始前の準備経費等と合わせて所要の額を措置するものでございます。

 次に、第6款農林水産業費、第1項農業費、第3目農業振興費の担い手育成支援事業の524万2,000円でございますが、農業経営の発展改善を目的として、経営規模の拡大や農産物の加工、流通、販売等の経営の多角化に取り組む農業者が必要とします農業用機械等の導入等に係る経費について、国の経営体育成支援事業の採択がありましたことから、市内2軒の農業者に助成すべく所要の措置を講じるものでございます。

 次に、第4目畜産業費の畜産振興事業の1億2,300万円でございますが、志多見地区の畜産経営体を中心に組織されました畜産クラスター協議会が策定した、畜産経営体の収益の向上や畜産環境問題の対応に必要な畜舎及び機械設備等の設備を図るために実施する畜産クラスター計画が、国の畜産競争力強化対策事業に採択されましたので、同協議会への補助金を措置するものでございます。

 次に、第10款教育費、第3項小学校費、第1目学校管理費の小学校施設整備事業につきましては、歳入においてご説明申し上げます。

 18ページに移りまして、次に第3項中学校費、第1目学校管理費の中学校施設整備事業の1,576万8,000円でございますが、騎西中学校校舎屋上に設置されております太陽光発電設備が、発電した電流を直流から交流に変換する装置が故障により現在停止中であることから、この変換装置の全面改修を行うべく所要の措置を講じるものでございます。

 次に、第4項幼稚園費、第1目幼稚園費の幼稚園施設整備事業の318万6,000円でございますが、水深幼稚園は園児が増加しており園庭が手狭になっております。園児たちがボールを使って外遊びをする際、そのボールが隣接する県道に出てしまう危険性が高まっているため、これを防ぐ防球ネットを設置するための所要の措置を講じるものでございます。

 ここまで、歳出についてご説明申し上げました。

 次に、歳入につきましてご説明いたします。

 12ページ、13ページにお戻りいただきたいと存じます。

 初めに、第13款国庫支出金でございますが、個人番号カード交付等に関連した事業費に対し3,996万3,000円、生活保護システムの改修費用に対し37万8,000円をそれぞれ措置いたすとともに、大利根東小学校の大規模改造工事が文部科学省の平成27年度の学校施設環境改善交付金事業として採択されなかったため、当初予算に計上しておりました補助金6,666万6,000円を減額いたすことから、結果として2,632万5,000円の減額となるものでございます。

 次に、第14款県支出金1億2,824万2,000円でございますが、融資主体補助型経営体育成条件整備事業費補助金が担い手育成支援事業に、また畜産総合対策事業補助金が畜産振興事業に関連するものでございます。

 なお、事業に対する補助率は、担い手育成支援事業が10分の3以内で上限300万円、畜産振興事業は2分の1以内となっております。

 次に、第15款財産収入1,000円及び第16款寄附金50万円につきましては、水と緑と文化のまちづくり基金の利子1,000円と、今年度中に見込まれる寄附金として50万円をそれぞれ措置するものでございます。

 次に、第17款繰入金8,767万1,000円につきましては、水と緑と文化のまちづくり基金に統合する水と緑と花のまちづくり基金、下總皖一野菊の里づくり基金、芸術の森整備基金、美術作品取得基金及びスポーツ振興基金、これら5つの基金の平成26年度末の残高を繰り入れるものでございます。

 次に、第19款諸収入1,700万円につきましては、実践型地域雇用創造事業において国の委託金の支給が始まるまでの間、加須市地域雇用創造協議会への一時的な貸し付けに対する元金返済の収入でございます。

 なお、不足する財源につきましては、第18款繰越金1億681万5,000円により収支の均衡を図るものでございます。

 以上で、第57号議案 平成27年度加須市一般会計補正予算(第2号)の内容説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙



○議長(福島正夫君) 日程第11、埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。

 埼玉県後期高齢者医療広域連合は、県内全市町村で組織し、75歳以上の方が加入する医療制度の保険料の決定や医療給付などを行う特別地方公共団体です。この広域連合議会議員のうち市議会議員からの選出の議員に欠員が生じたため、今回選挙が行われることとなりました。

 この選挙は、広域連合規約第8条の規定により、全ての市議会の選挙における得票総数により当選人を決定することになりますので、会議規則第32条の規定に基づく選挙結果の報告のうち当選人の報告及び当選人への告知は行いません。

 そこで、お諮りいたします。選挙結果の報告につきましては、会議規則第32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを埼玉県後期高齢者医療広域連合に報告することとしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う人あり)



○議長(福島正夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙結果の報告につきましては、会議規則第32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することに決定いたしました。

 なお、選挙は投票で行います。

 これより選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

     (議場閉鎖)



○議長(福島正夫君) ただいまの出席議員数は28名であります。

 候補者名簿は、お手元にご配付のとおりであります。

 投票用紙を配付いたさせます。

     (投票用紙配付)



○議長(福島正夫君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     (「なし」と言う人あり)



○議長(福島正夫君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     (投票箱点検)



○議長(福島正夫君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。

 投票用紙に被選挙人の氏名をご記入の上、順次投票願います。

 投票の順序は、議事課長をして議席及びご氏名を朗読いたさせますから、順次投票を願います。



◎参事兼議事課長(小泉雅広君) それでは、議席及びご氏名を朗読いたします。

 1番、金子正則議員、2番、斉藤理史議員、3番、野中芳子議員、4番、小林信雄議員、5番、森本寿子議員、6番、池田年美議員、7番、鈴木久才議員、8番、小林利一議員、9番、竹内政雄議員、10番、齋藤和雄議員、11番、小勝裕真議員、12番、福島正夫議員、13番、柿沼秀雄議員、14番、新井好一議員、15番、小坂 裕議員、16番、平井喜一朗議員、17番、大内清心議員、18番、中條恵子議員、19番、酒巻ふみ議員、20番、佐伯由恵議員、21番、及川和子議員、22番、松本英子議員、23番、小坂徳蔵議員、24番、松本正行議員、25番、田中良夫議員、26番、吉田健一議員、27番、栗原 肇議員、28番、鎌田勝義議員。

 以上でございます。



○議長(福島正夫君) 投票漏れはございませんか。

     (「なし」と言う人あり)



○議長(福島正夫君) 投票漏れなしと認めます。

 議場の閉鎖を解きます。

     (議場開鎖)



○議長(福島正夫君) これより開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に4番、小林信雄議員、5番、森本寿子議員、6番、池田年美議員を指名いたします。

 よって、3議員の立ち会いを求めます。

 開票します。

     (開票)



○議長(福島正夫君) 投票の結果をご報告いたします。

   投票総数       28票

 これは先ほどの出席議員数に符号いたしております。

 そのうち、

   有効投票       28票

   無効          0票

 有効投票のうち

   田中 守候補      0票

   平山五郎候補      1票

   福島正夫候補     23票

   並木敏恵候補      4票

 以上のとおりであります。

 以上で埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙を終了いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△次会日程報告



○議長(福島正夫君) 日程第12、次会日程報告をいたします。

 あす16日及び17日は、議案調査等のため本会議を休会とし、18日午前9時30分から本会議を開き、請願の委員会付託、議案に対する一括質疑、議案の委員会付託、即決議案の討論及び採決を行う予定でありますから、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(福島正夫君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午前10時40分