議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 所沢市

平成25年  3月 定例会(第1回) 02月26日−04号




平成25年  3月 定例会(第1回) − 02月26日−04号







平成25年  3月 定例会(第1回)



平成25年

第1回        埼玉県所沢市議会会議録4号

定例会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

平成25年2月26日(火曜日)

第7日 議事日程

 1 開議

 2 市長提出議案の一括議題

   (議案第7号〜議案第19号・議案第21号〜議案第32号)

 3 議案の説明

 4 次会の日程報告

 5 散会

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の出席議員  36名

   1番   脇 晴代議員       2番   矢作いづみ議員

   3番   荒川 広議員       4番   島田一隆議員

   5番   赤川洋二議員       6番   入沢 豊議員

   7番   城下師子議員       8番   小林澄子議員

   9番   平井明美議員      10番   谷口雅典議員

  11番   松崎智也議員      12番   青木利幸議員

  13番   近藤哲男議員      14番   石本亮三議員

  15番   末吉美帆子議員     16番   浅野美恵子議員

  17番   吉村健一議員      18番   植竹成年議員

  19番   西沢一郎議員      20番   松本明信議員

  21番   安田義広議員      22番   中 毅志議員

  23番   大舘隆行議員      24番   荻野泰男議員

  25番   杉田忠彦議員      26番   越阪部征衛議員

  27番   村上 浩議員      28番   亀山恭子議員

  29番   福原浩昭議員      30番   岡田静佳議員

  31番   石井 弘議員      32番   浜野好明議員

  33番   久保田茂男議員     34番   桑畠健也議員

  35番   中村 太議員      36番   秋田 孝議員

欠席議員      なし

地方自治法第121条の規定による説明のための出席者

 市長

  藤本正人  市長           大舘 勉  副市長

  神木祐次  会計管理者        中村俊明  総合政策部長

  壱岐英昭  総合政策部        桑野博司  財務部長

        危機管理担当理事

  能登則之  市民部長         守谷照雄  産業経済部長

  内藤隆行  保健福祉部長       仲 志津江 こども未来部長

  桑原 茂  環境クリーン部長     新堀祐蔵  街づくり計画部長

  沖本 稔  建設部長         坂本博典  下水道部長

  小高 章  消防長          粕谷不二夫 水道事業管理者

  平野澄彦  水道部長         小笠原 彰 市民医療センター事務部長

 教育委員会

  佐藤徳一  教育長          山嵜裕司  教育総務部長

  平塚俊夫  学校教育部長

 監査委員

  小野民夫  監査委員

午前10時0分開議

 出席議員    36名

     1番    2番    3番    4番    5番    6番

     7番    8番    9番   10番   11番   12番

    13番   14番   15番   16番   17番   18番

    19番   20番   21番   22番   23番   24番

    25番   26番   27番   28番   29番   30番

    31番   32番   33番   34番   35番   36番

 欠席議員     なし

地方自治法第121条の規定による説明のための出席者

 市長       副市長      会計管理者    総合政策部長

 総合政策部危機管理担当理事     財務部長     市民部長

 産業経済部長   保健福祉部長   こども未来部長  環境クリーン部長

 街づくり計画部長 建設部長     下水道部長    消防長

 水道事業管理者  水道部長     市民医療センター事務部長

 教育長      教育総務部長   学校教育部長

 監査委員



△開議の宣告



○浜野好明議長 おはようございます。

 出席議員が定足数に達しておりますので、議会は成立しております。

 これより、本日の会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の説明(議案第7号〜議案第19号・議案第21号〜議案第32号)



○浜野好明議長 それでは、市長から提出のありました議案第7号から議案第19号まで及び議案第21号から議案第32号までを一括議題とし、担当者の説明を求めます。

 初めに、中村総合政策部長

     〔中村俊明 総合政策部長 登壇〕



◎中村総合政策部長 それでは、総合政策部所管の議案につきまして御説明申し上げます。

 初めに、議案第7号をお願いいたします。一般会計予算になります。

 給与費につきましては、給与費明細書によりまして一括して御説明いたします。

 予算書の156ページをお願いいたします。上段の表中、一番下の比較の欄をごらんください。

 職員数でございますが、前年度と比較いたしまして346人の減となっております。これは主に消防広域化によりまして消防職員分の計上がなくなったものでございます。

 次に、給与費のうち、給料につきましては13億7,673万1,000円の減、職員手当につきましては9億9,566万7,000円の減でございまして、合わせて23億7,239万8,000円の減となります。また、共済費につきましては5億5,083万8,000円の減でございますので、合計で29億2,323万6,000円の減となっております。

 なお、減額理由でございますが、次のページ、157ページ上段の(2)給料及び職員手当の増減額の明細の表にございますように、その他の増減分が大幅な減額となっておりまして、これにつきましては、消防費としての給与費の予算計上がなくなったことが主な理由となっております。

 以上、一般会計予算全体の給与費につきまして御説明申し上げましたが、個々の給与費の内容につきましては説明を省略させていただきます。

 次に、歳出予算説明書をお願いいたします。

 1ページから4ページまでの1款議会費でございますが、給与費を除きますと前年度比で18万5,000円の増額となっておりまして、議会運営及び議員活動の経費につきまして計上しております。

 このうちの3ページの03議会事務費、11節需用費、01消耗品費213万2,000円のうち5万円でございますが、所沢市議会には他の自治体から多くの議員が視察のために来訪されております。こうした機会を捉えまして、所沢ブランドをPRするための経費をお願いするものでございます。

 次に、同じく、3ページの13節委託料、57市議会インターネット中継委託料115万9,000円でございますが、本年8月をもって現在の委託契約が満了することから、契約更新を行うためにお願いするものでございます。

 次に、11ページをお願いいたします。併せまして、議案資料ナンバー2の53ページをごらんください。

 2款総務費、08情報化推進費のサーバ集約化事業でございますが、複数のサーバをより高性能なサーバに集約・一括管理することにより、管理コスト、消費電力の削減、セキュリティの向上及び運用の効率化を図るものでございます。平成25年度におきましては、高性能サーバの調整手数料、システム維持管理委託料、事務機器借料の合わせて7,124万4,000円につきましてお願いするものでございます。

 続きまして、12ページをお願いいたします。

 09電子計算事務費でございますが、併せまして、議案資料ナンバー2の54ページをごらんください。基幹情報システム更新計画推進事業でございますが、本市では、情報システムのトータルコストの削減、調達における透明性の確保、システムの効率化の観点から、基幹情報システム更新計画に基づきまして、汎用機からオープン系システムへ段階的に移行することとしております。平成25年度におきましては、この関連経費といたしまして、システム維持管理委託料、住記系システムソフトウェア借料など、合わせまして4,610万5,000円をお願いするものでございます。

 次に、14ページ下段の01広報事務費をお願いいたします。併せまして、議案資料ナンバー2の52ページをごらんください。広報編集システム更新事業につきましては、現行システムが平成19年度に導入したものであり、既に機器やソフトのサポートが難しくなってきておりますことから、新たなシステム導入のための経費として、合わせて48万5,000円をお願いするものでございます。

 次に、21ページをお願いいたします。

 21ページ下段の01市政計画事務費、1節報酬、32総合計画審議会委員報酬79万円でございますが、併せまして、議案資料ナンバー2の47ページを御参照ください。第5次所沢市総合計画・前期基本計画につきましては、その計画期間が平成26年度をもって終了いたしますことから、平成27年度から平成30年度までの4年間を期間とする第5次所沢市総合計画・後期基本計画を策定するものでございます。審議会委員報酬につきましては、各階層から広く意見をいただくためにお願いするものでございまして、平成25年度は4回の開催を予定しております。

 次に、22ページをお願いいたします。

 13節委託料、55第5次所沢市総合計画・後期基本計画策定委託料800万円でございますが、先ほど御説明いたしました第5次所沢市総合計画・後期基本計画の策定に当たりまして、専門的な知識・経験を持つコンサルタント会社に委託することで、人口動態、財政状況などの定量分析及び市民意識調査結果などにより現状把握、課題の整理を行い、計画に反映させるものでございます。また、市民検討会議や審議会等における会議資料の作成及び運営支援につきましても、そのノウハウを活用していくものでございます。

 次に、同じく、01市政計画事務費、8節報償費、01講師謝礼45万円でございますが、議案資料ナンバー2の44ページを御参照ください。平成25年度に所沢市が会場市として開催される第11回入間郡市人権フェスティバルにおける講演会の講師に対する謝礼でございます。

 次に、22ページから23ページにかけての02行政管理費をお願いいたします。

 初めに、所沢市総合マネジメントシステム推進事業でございますが、議案資料ナンバー2の48ページをお願いいたします。当市では、合理的かつ効果的な市政運営を目指し、これまで行政評価、環境マネジメントシステムなどの内部評価とともに公開評価や公共事業評価などの外部評価を併せて行ってまいりました。こうした評価制度の実績を所沢市独自のマネジメントシステムとして確立し、進化させることで、評価の仕組みの一層の充実を図るもので、関係する経費、合わせて66万5,000円をお願いするものでございます。

 なお、本年度実施いたしました市の仕事公開評価事業につきましては、平成25年度、新たに「みんなで考える市の仕事事業」として実施いたします。

 次に、同じく、02行政管理費でございますが、議案資料ナンバー2の49ページをお願いいたします。「未来(あす)を見つめ、今を動く」政策形成事業でございますが、職員が複雑化・高度化する行政課題に対応し、所沢を動かしていくためには、より高度な政策形成力、課題対応力を磨くことが必要でございます。積極的に先進都市への視察や研修会等への参加、また、有識者や専門家からの課題に応じたアドバイスを聴取できる環境整備を行うため、関係する経費、合わせて200万円をお願いするものでございます。

 次に、同じく、02行政管理費でございますが、議案資料ナンバー2の50ページを御参照ください。行政経営推進事業でございますが、本市では、所沢市第5次行政改革大綱に基づき、内部推進機関である行革リーダー会議並びに外部委員会である行政経営推進委員会と連携を図りながら、継続的な改革改善を進めております。厳しい財政状況の中で、戦略的行政経営を推進していくため、引き続き、行政経営推進委員会から専門的・経営的視点からの審議、提案をいただくものでございます。

 次に、26ページをお願いいたします。

 06男女共同参画センター費、13節委託料、53公共施設予約システム開発委託料でございますが、併せまして、議案資料ナンバー2の45ページを御参照ください。現在、公民館、コミュニティ施設、体育館などの市民が利用する公共施設につきましては、ロビー端末や自宅のパソコン等により利用予約が行える公共施設予約システムが確立されております。この公共施設予約システムが平成25年度に更新時期を迎えますが、この更新時期に合わせまして、総合政策部所管の男女共同参画推進センターふらっと、産業経済部所管のラーク所沢、保健福祉部所管の所沢サン・アビリティーズにおきまして、公共施設予約システムを新たに導入いたします。

 なお、システム更新に係る全体経費につきましては、それぞれの施設で案分したものでございます。

 次に、少し飛びまして、44ページをお願いいたします。併せまして、議案資料ナンバー2の46ページをごらんください。

 04所沢ブランド推進事業費でございますが、そのうち主なものにつきまして御説明申し上げます。

 12節役務費、06広告料21万円につきましては、市民の皆様に所沢の魅力を再発見していただく機会として、所沢ブランドをイメージしたデザインを一般公募し、すぐれた作品1点をところバスにラッピングするものでございます。また、13節委託料、52イメージマスコットグッズ作成委託料366万1,000円につきましては、今年度に引き続きトコろんグッズを作成するとともに、市民の皆様にもイベント等で御活用いただいておりますトコろんの着ぐるみにつきまして、動きやすいようにできないかとの御要望もございますことから、機能性に配慮した新たな着ぐるみ1体を製作するものでございます。

 また、少し飛びまして、55ページ下段から57ページまでをお願いいたします。併せまして、議案資料ナンバー2の67ページから69ページを御参照ください。

 01参議院議員選挙執行費でございます。本年7月28日に参議院議員の半数の任期が満了することに伴いまして、その選挙執行費として合計8,324万6,000円をお願いするものでございます。

 以上で、歳出予算説明書の説明は終わりまして、次に、恐れ入りますが、一般会計予算書に戻っていただきまして、10ページをお願いいたします。

 第3表債務負担行為でございます。

 11ページ最上段の市議会インターネット中継委託料から、その下の電算機操作委託料、入力業務委託料、第5次所沢市総合計画・後期基本計画策定委託料でございますが、いずれも複数年度の契約となりますことから債務負担をお願いするもので、期間及び限度額につきましては、それぞれ記載のとおりでございます。

 続きまして、議案第19号をお願いいたします。条例の一部改正となります。

 併せまして、議案資料ナンバー3の7ページから9ページを御参照ください。

 本案につきましては、公務災害に対する見舞金制度の見直しの一環として実施するものでございまして、公務上の災害または通勤による災害に対し支給する公務災害見舞金のうち、公務による負傷により病院等で療養を受けたときに、療養期間に応じて支給される療養見舞金の廃止につきまして、所要の改正及び規定の整備を行うものでございます。

 なお、施行日につきましては、平成25年4月1日とするものでございます。

 続きまして、議案第27号をお願いいたします。

 併せまして、議案資料ナンバー3の31ページを御参照ください。市町村総合事務組合に関するものでございます。

 本案につきましては、久喜地区消防組合、埼玉西部広域事務組合、加須鴻巣学校給食センターがそれぞれ3月31日をもって脱退することに伴いまして、地方自治法第290条の規定により、同組合に加入する地方公共団体の議会の議決が必要となりますことからお願いするものでございます。

 続きまして、議案第28号をお願いいたします。

 併せまして、議案資料ナンバー3の33ページ、34ページを御参照ください。

 本案につきましては、消防の広域化によりまして平成25年4月1日に新たに設置される埼玉西部消防組合及び埼玉東部消防組合を埼玉県市町村総合事務組合へ加入させることに伴いまして、地方自治法第290条の規定により、議会の議決が必要となりますことからお願いするものでございます。また、これに伴いまして規約の変更を行うものでございます。

 続きまして、議案第30号をお願いいたします。包括外部監査契約の締結になります。

 併せまして、議案資料ナンバー3の39ページを御参照ください。

 包括外部監査につきましては、さらなる監査体制の強化により、財務執行状況の透明性を確保するとともに、市の業務改善を行い、より健全な行財政運営を維持するため、平成23年度より実施しているところでございまして、平成25年度におきましても引き続き実施するものでございます。

 なお、契約の目的、契約の始期、契約の金額、契約の相手方につきましては、それぞれ記載のとおりでございます。また、包括外部監査契約締結後のスケジュールにつきましては、議案資料ナンバー3の40ページを御参照ください。

 総合政策部所管の議案の説明につきましては、以上でございます。



○浜野好明議長 次に、壱岐総合政策部危機管理担当理事

     〔壱岐英昭 総合政策部危機管理担当理事 登壇〕



◎壱岐総合政策部危機管理担当理事 それでは、危機管理課所管の議案につきまして御説明申し上げます。

 説明の順序でございますが、初めに、条例関係、次に、平成25年度当初予算の順で説明をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、議案第16号をお願いいたします。

 恐れ入りますが、併せて、議案資料ナンバー3の1ページを御参照ください。

 新型インフルエンザ等、全国的かつ急速に蔓延のおそれがある新感染症への対策強化を図るため、平成24年5月に「新型インフルエンザ等対策特別措置法」が制定されております。同法の規定に基づき、所沢市新型インフルエンザ等対策本部に関し必要な事項を定め、市民の生命や健康の保持及び住民生活に及ぼす影響を最小とすることを目的として制定するものでございます。

 本条例は、第1条から第5条までの構成となっております。

 第1条の趣旨でございますが、新型インフルエンザ等対策特別措置法第37条において準用する法第26条の規定に基づき、所沢市新型インフルエンザ等対策本部に関し必要な事項を定めるというものでございます。

 第2条は、組織の構成について定めたもの、第3条は、対策本部の会議の招集等について定めたものでございます。本部長は、国の職員その他市の職員以外の者を会議に出席させたときは、当該出席者に意見を求めることができることとしております。

 第4条は、対策本部内に設置することができる部の構成及び事務につきまして定めたものでございます。

 第5条は、この条例に定めるもののほか、対策本部に関し必要な事項は別に定めることとしております。

 なお、附則でございますが、条例の施行日は、法の施行の日から施行するものでございます。

 続きまして、議案第7号につきまして御説明申し上げます。

 歳出予算説明書の44ページをお願いいたします。

 下段の2款総務費、05防犯対策費、8節報償費、01講師謝礼11万円でございますが、地域安全活動推進事業といたしまして、犯罪や事件の発生を未然に防止することを目的に、自治会・町内会やPTA役員、自主防犯組織の方々を対象に2日間のコースで開催いたします防犯指導者養成講座の講師謝礼をお願いするものでございます。

 次に、恐れ入りますが、190ページをお願いいたします。

 上段の9款消防費、01埼玉西部消防組合負担金、19節負担金補助及び交付金、41埼玉西部消防組合負担金37億5,542万5,000円でございますが、平成25年4月1日より、所沢市、飯能市、狭山市、入間市及び日高市の5市により埼玉西部消防組合が設立されることにより、消防組合の予算であります93億8,460万2,000円に対する所沢市の負担分をお願いするものでございます。

 次に、191ページをお願いいたします。

 01消防団費、13節委託料、15物件調査委託料29万4,000円及び15節工事請負費、31消防団第2分団詰所建設工事3,600万円でございますが、竣工から25年が経過し、老朽化が著しい鉄骨プレハブ造りの消防団第2分団車庫・詰所を建て替えるもので、既存建物の解体に伴う事前・事後調査のための委託料及び建て替え工事のための工事請負費をお願いするものでございます。

 次に、193ページをお願いいたします。

 9款消防費、01災害対策費、11節需用費、01消耗品費337万1,000円でございますが、避難所生活におけるプライベート空間確保のためのワンタッチで組み立てられるパーテーションその他防災用消耗品を購入するとともに、自主防災組織の育成に関し、結成時に必要な資機材、消耗品を購入するためにお願いするものでございます。

 次に、15節工事請負費、33防災行政無線更新工事1億7,228万6,000円でございますが、市内にある既存の固定系防災行政無線の屋外拡声子局30基をデジタル化する工事をお願いするものでございます。その下の38防災行政無線増設工事5,990万9,000円でございますが、新たに固定系防災行政無線子局を10基増設する工事をお願いするものでございます。

 次に、194ページをお願いいたします。

 18節備品購入費、11災害対策用備品購入費2,761万5,000円でございますが、災害時の備蓄対策として、市内に防災備蓄倉庫を新たに12基設置するものでございます。また、自主防災組織の育成のため、結成時に必要な資機材、備品を購入するためお願いするものでございます。

 次に、19節負担金補助及び交付金、47耐震性貯水槽整備費負担金315万円でございますが、恐れ入りますが、併せて議案資料ナンバー2の127ページを御参照ください。災害時における飲料水の確保のための耐震性貯水槽を整備するため、水道部へ平成26年度に工事を行う分についての設計を依頼するためお願いするものでございます。

 以上で、所管の議案の説明を終わらせていただきます。



○浜野好明議長 次に、能登市民部長

     〔能登則之 市民部長 登壇〕



◎能登市民部長 それでは、市民部所管の議案につきまして御説明申し上げます。

 初めに、議案第21号をお願いいたします。

 併せて、議案資料ナンバー3の15ページ及び16ページの新旧対照表を御参照ください。

 この条例は、出産費用につきまして、従前は一旦病院窓口等で被保険者に出産費用をお支払いいただき、事後に償還払いする仕組みでありましたが、平成21年度から出産費用の保険者と医療機関の間での直接支払制度が開始され、貸付実績が著しく減少していることから、基金保有額を3分の1程度の300万円に減額するとともに、用字の整理を行うものでございます。

 なお、附則でございますが、施行日を本年4月1日とするものでございます。

 次に、議案第7号をお願いいたします。

 歳出予算説明書の27ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の59ページを御参照ください。

 上段の2款総務費、01市民文化センター運営費、13節委託料、42施設修繕等調査業務委託料1,050万円でございますが、市民文化センター「ミューズ」が、開設後19年を経過し、設備等の老朽化もみられることから、施設及び設備の現状等を調査して今後の修繕等の基礎資料とするものでございます。

 次に、歳出予算説明書の28ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の60ページを御参照ください。

 01自治振興費12節役務費、02手数料230万8,000円のうち224万7,000円、13節委託料、52公共施設予約システムソフトウェア保守委託料90万4,000円のうち17万8,000円、53公共施設予約システム機器保守委託料127万7,000円のうち27万8,000円、62公共施設予約システム開発委託料681万2,000円、その他11節需用費、12節役務費、14節使用料及び賃借料の関連予算を合わせまして、合計1,182万2,000円でございますが、公民館、体育施設及びコミュニティセンター等で使用しております公共施設案内・予約システムが、平成25年9月末にリース期間が満了いたしますことから、システムの更新に係る予算をお願いするものでございます。

 次に、同じページの8節報償費、35仮称所沢市地域コミュニティ活性化推進検討委員会委員報償50万円、9節旅費、01費用弁償4万6,000円、その下の02普通旅費14万6,000円のうち8万1,000円、11節需用費、01消耗品費30万6,000円のうち9,000円、12節役務費、01通信運搬費104万3,000円のうち9,000円、合わせまして64万5,000円をお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の62ページを御参照ください。

 こちらの地域コミュニティ活性化推進事業(自治会・町内会加入促進事業)でございますが、本市の地域コミュニティづくりに大きな役割を果たしていただいております自治会・町内会への加入率が年々低下しておりますことから、地域コミュニティの活性化を推進するため、自治会等の加入促進に係る条例制定について検討を行うものでございます。

 次に、同じページの8節報償費、36紡ごう絆 地域応援事業選考委員会委員報償9万円、11節需用費、01消耗品費30万6,000円のうち5,000円、12節役務費、01通信運搬費104万3,000円のうち5,000円及び歳出予算説明書の29ページの19節負担金補助及び交付金、78紡ごう絆 地域応援事業補助金75万円、合わせまして85万円をお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の61ページを御参照ください。

 こちらにつきましては、紡ごう絆 地域応援事業といたしまして、自治会・町内会等が地域の課題の解決や地域住民の交流の発展に寄与する事業を実施する際、その経費の一部を補助することにより活動を促進し、課題解決力や地域の連携の強化を図るものでございます。

 次に、歳出予算説明書の31ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の63ページを御参照ください。

 04狭山ケ丘コミュニティセンター費、15節工事請負費、02施設改修工事(施設整備事業分)1,400万円でございますが、昭和59年の狭山ケ丘コミュニティセンターの開設時に設置しました受変電設備につきまして、所沢市公共建築物修繕計画に基づき機器の入れ替えを行うものでございます。

 次に、歳出予算説明書の35ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の64ページを御参照ください。

 上段の01まちづくりセンター運営費、19節負担金補助及び交付金、41地域づくり協議会活動支援交付金300万円でございますが、自治会・町内会をはじめとする地域内の団体で構成する地域づくり協議会の各地域への設置を促進し、その自主的な活動を支援するため、設立された協議会に交付金を交付して活動を支援するものでございます。平成25年度につきましては、既に協議会が設立されました山口地区をはじめとし、順次、立ち上がった協議会に対して交付を見込んでおります。

 次に、歳出予算説明書の38ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の66ページを御参照ください。

 02自転車対策費、13節委託料、59自転車駐車場耐震補強工事監理委託料213万7,000円及び39ページの15節工事請負費、36自転車駐車場耐震補強工事2,960万円でございますが、平成24年度に行った耐震補強工事設計に基づき、狭山ケ丘第1自転車駐車場の耐震補強工事を実施するものでございます。

 次に、同じページの03市内循環バス運行費、22節補償補填及び賠償金、31市内循環バス運行事業補償料1億5,066万円でございますが、ところバスの運行に要する経費として、市民や利用者からいただいた要望や利用状況をもとに、運行の一部変更に係る費用等も含めてお願いするものでございます。変更内容につきましては、参考資料の1ページから5ページまでを御参照いただきたいと思います。

 続きまして、歳出予算説明書の52ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の65ページを御参照ください。

 02戸籍住民基本台帳事務費、13節委託料、54住民基本台帳ネットワークシステム移行委託料850万5,000円、その下の68住民基本台帳ネットワークシステム運用支援委託料637万6,000円のうち265万7,000円、14節使用料及び賃借料、06事務機器借料2,429万9,000円のうち210万円、その他11節需用費、12節役務費の関連予算を合わせまして、合計1,371万1,000円でございますが、住民基本台帳ネットワークシステムにつきましては、平成14年度に導入し平成20年度に第1回目の更新をして運用しておりますが、高い安全性を必要とすることから、第2回目の全国的に行われる標準更新期間に合わせて、システム機器の更新、OSのバージョンアップ、新暗号方式を導入し、引き続きシステムの安定稼働を図るものでございます。

 なお、68住民基本台帳ネットワークシステム運用支援委託料637万6,000円のうち371万9,000円につきましては、住民基本台帳ネットワークシステムについて、個人情報の漏えい及びシステムの停止等を未然に防ぎ、また、セキュリティ水準をさらに高めるため、これまでと同様、引き続きお願いするものでございます。

 次に、その下の80戸籍システム改修委託料791万7,000円でございますが、東日本大震災の際に起きた戸籍の正本と副本の同時滅失を防止する対策として、法務省が設置する戸籍副本データ管理センターに戸籍副本データを送信することから、戸籍システムの改修を行うためお願いするものでございます。

 次に、歳出予算説明書の85ページをお願いいたします。

 3款民生費、02国民健康保険特別会計繰出金、28節繰出金、31国民健康保険特別会計へ繰出(保険基盤安定保険税軽減分)から36国民健康保険特別会計へ繰出(保険基盤安定保険者支援分)までの17億3,741万1,000円でございますが、それぞれ国民健康保険特別会計へ繰り出しをお願いするものでございまして、その財源内訳は、国県支出金が5億812万4,000円、一般財源が12億2,928万7,000円でございます。

 次に、歳出予算説明書の127ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の89ページを御参照ください。

 4款衛生費、05斎場運営費、13節委託料、42空調設備改修工事設計委託料480万円及び15節工事請負費、34所沢市斎場空調設備改修工事5,700万円でございますが、昭和62年開業の所沢市斎場の冷温水発生装置等の空調設備につきまして、所沢市公共建築物修繕計画に基づき計画的に整備し施設の延命化を図るもので、平成25年度から平成26年度までの2年間の継続事業としてお願いするものでございます。

 以上で、歳出予算説明書の説明は終わりまして、次に、恐れ入りますが、一般会計予算書の9ページをお願いいたします。

 第2表継続費でございます。

 4款衛生費、1項保健衛生費、所沢市斎場施設整備事業でございますが、ただいま歳出で御説明申し上げました所沢市斎場の空調設備の整備につきまして、平成25年度・平成26年度の継続事業でお願いするものでございまして、事業総額は1億4,234万5,000円、年割額につきましては記載のとおりでございます。

 次に、同じく、一般会計予算書の12ページをお願いいたします。

 第3表債務負担行為でございます。

 一番下の行の事務機器等借料及び使用料でございますが、その一部といたしまして、先ほど御説明申し上げました公共施設予約システムに係るシステム使用料及び事務機器借料、また、住民基本台帳ネットワークシステムに係る機器の更新により新規に導入する関連機器の借用に係る必要な経費についてお願いするものでございます。

 なお、以上につきまして、それぞれの期間及び限度額は、記載のとおりでございます。

 以上で、一般会計に係る説明を終わります。

 続きまして、議案第8号をお願いいたします。

 恐れ入りますが、所沢市特別会計予算及び歳出予算説明書の1ページをお願いいたします。

 初めに、予算でございますが、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ3,792万円と定めるものでございます。

 交通災害共済は、市民の生活の安定と福祉の増進に寄与する助け合いの制度として、市民の皆様に加入していただき、交通事故に遭われた加入者に共済見舞金を支給するものでございます。

 それでは、歳出予算説明書の9ページをお願いいたします。

 1款事務費、01交通災害共済事務費、8節報償費、31報償費196万円でございますが、交通災害共済への加入者の自治会取りまとめ分の報償費としまして、それまでの1人当たり20円を平成25年度から40円としてお願いするものでございます。

 次に、歳出予算説明書の10ページをお願いいたします。

 2款事業費、01共済見舞金、19節負担金補助及び交付金、41共済見舞金3,115万円でございますが、これまでの状況を踏まえ、1等級から7等級まで、計546件分を見込んでおります。

 恐れ入りますが、前に戻っていただきまして、6ページをお願いいたします。

 2歳入でございます。

 1款共済会費収入、1目共済会費収入、1節共済会費収入3,790万8,000円でございますが、大人5万8,301人、中学生以下9,903人、合わせまして6万8,204人の加入を見込んでおりまして、その内訳につきましては説明欄記載のとおりでございます。

 続きまして、議案第10号をお願いいたします。

 29ページをお願いいたします。

 初めに、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ351億2,400万円と定めるものでございます。

 次に、歳入歳出の説明でございますが、歳入歳出ともに款ごとに説明させていただきますので、併せて、35ページ、36ページの歳入歳出予算事項別明細書を御参照ください。

 初めに、歳出から御説明申し上げます。

 恐れ入りますが、61ページをお願いいたします。

 1款総務費でございますが、61ページから65ページにかけまして、合計2億4,528万8,000円をお願いするものでございます。

 そのうちの主なものを申し上げますが、併せて、議案資料ナンバー2の146ページを御参照ください。

 61ページの01総務事務費、13節委託料、61税系システム開発委託料1,344万3,000円、63ページの01賦課事務費、13節委託料、61税系システム開発委託料588万8,000円及び64ページの02徴収事務費、13節委託料、61税系システム開発委託料1,349万4,000円の合計3,282万5,000円でございますが、市の基幹情報システムのうち税系システムについてオープン化を図るため、平成26年度の稼働に向けて、国民健康保険に関わる開発経費及びデータ移行費用としてお願いするものでございます。

 次に、66ページをお願いいたします。

 2款保険給付費でございますが、66ページから72ページにかけまして、合計で237億7,926万5,000円をお願いするものでございます。前年度と比較いたしますと約15億7,000万円の増となっておりますが、療養給付費及び高額療養費の増加が見込まれることなどによるものでございます。

 次に、73ページをお願いいたします。

 3款後期高齢者支援金等でございますが、合計49億1,649万3,000円となりますが、後期高齢者医療制度に係る費用の医療保険者負担分といたしまして、社会保険診療報酬支払基金へ拠出するものでございます。

 次に、74ページをお願いいたします。

 4款前期高齢者納付金等でございますが、合計で518万4,000円となりますが、被保険者数に応じ、国の定める基準により、社会保険診療報酬支払基金に納付するものでございます。

 次に、75ページをお願いいたします。

 5款老人保健拠出金、合計25万4,000円でございますが、老人保健に係る保険者負担分といたしまして、社会保険診療報酬支払基金に拠出するものでございます。

 次に、76ページをお願いいたします。

 6款介護納付金20億6,736万1,000円でございますが、介護保険に係る保険者負担分といたしまして、社会保険診療報酬支払基金に納付するものでございます。

 次に、77ページから79ページにかけての7款共同事業拠出金でございますが、埼玉県及び国民健康保険団体連合会が実施主体となる高額医療費共同事業、保険財政共同安定化事業等に充てるための拠出金として、合計36億5,511万6,000円をお願いするものでございます。

 次に、80ページから82ページにかけての8款保健事業費につきましては、特定健康診査、保健衛生事業に係る経費及び人間ドックの検診料に対する助成などでございまして、合計4億777万5,000円をお願いするものでございます。

 そのうちの主なものを申し上げます。併せて、参考資料の9ページ、10ページを御参照ください。

 80ページの01特定健康診査等事業費、13節委託料、51特定健康診査等委託料2億9,223万6,000円のうち4,233万6,000円及び82ページの01疾病予防費、13節委託料、51健康診査等委託料1,102万5,000円のうち165万3,750円の合計4,398万9,750円につきましては、健診内容の充実を図るため、これまでの検診項目に新たに胸部エックス線検査を追加するものでございます。

 なお、当該検査につきましては、1件当たり約2,000円の費用がかかりますことから、検診を希望される方には自己負担200円のオプションとして実施するものでございます。

 また、81ページ下段の01疾病予防費、11節需用費、03印刷製本費554万7,000円のうち393万8,000円、12節役務費、01通信運搬費1,776万円のうち48万円及び次の82ページの13節委託料、52後発医薬品差額通知等作成委託料27万9,000円につきましては、後発医薬品の利用促進を図るため、後発医薬品利用希望カード等の作成及び後発医薬品を使用した場合の差額を表示した通知を作成、郵送する費用としてお願いするものでございます。

 以上で、歳出の説明を終わらせていただきます。

 恐れ入りますが、前に戻っていただきまして、37ページをお願いいたします。

 2歳入でございますが、37ページから38ページ上段にかけまして、1款国民健康保険税でございますが、合計で91億7,760万2,000円をお願いするものでございます。

 次に、38ページ下段から39ページ中段までの2款国庫支出金でございますが、合計で75億3,745万7,000円を計上いたしております。

 次に、39ページ下段から40ページ上段までの3款療養給付費等交付金でございますが、退職被保険者等に係る保険給付に対する交付金として、社会保険診療報酬支払基金から交付されるものでございまして、12億5,445万1,000円を計上いたしております。

 次に、40ページ中段の4款前期高齢者交付金94億2,225万9,000円でございますが、65歳から74歳の前期高齢者に関する医療保険者間の財政調整を図るため、社会保険診療報酬支払基金から交付されるものでございます。

 次に、同じページの下段から41ページ中段までの5款県支出金でございますが、合計で15億6,184万2,000円を計上いたしております。

 次に、41ページ下段の6款共同事業交付金でございますが、高額医療費共同事業及び保険財政共同安定化事業への交付金として、埼玉県国民健康保険団体連合会から交付されるもので、40億8,235万4,000円を計上いたしております。

 次に、42ページ下段から43ページ中段までの8款繰入金でございますが、保険基盤安定繰入金(保険税軽減分)ほか4件の一般会計繰入金及び2件の基金繰入金、合わせて20億3,825万円を計上いたしております。

 以上で、歳入の説明を終わらせていただきます。

 恐れ入りますが、前に戻っていただきまして、34ページをお願いいたします。

 第2表債務負担行為でございます。

 平成26年度開始前に契約事務を行う業務(委託料・借料)でございますが、収納代行業務等の委託契約及び特定健康診査データ管理システム等の賃貸借契約を行うためお願いするものでございます。

 なお、期間及び限度額につきましては、記載のとおりでございます。

 市民部所管の議案の説明は、以上でございます。



○浜野好明議長 次に、守谷産業経済部長

     〔守谷照雄 産業経済部長 登壇〕



◎守谷産業経済部長 それでは、産業経済部所管の議案につきまして御説明申し上げます。

 初めに、議案第7号の一般会計予算をお願いいたします。

 歳出予算説明書の151ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の105ページを御参照ください。

 151ページから152ページにかけての6款農林水産業費、01農業振興対策費の中の8節報償費から14節使用料及び賃借料までのうち、議案資料右側の事業費欄に記載の合計15万円でございますが、農業の可能性や都市農業の重要性を再認識するための大学との交流による都市農業振興事業のうち、講演会の開催に係る経費をお願いするものでございます。

 次に、152ページの13節委託料、53農業基盤整備推進事業測量業務委託料835万8,000円でございますが、中富地区に農道を整備するための分筆測量に係る経費をお願いするものでございます。

 次に、同じページ、一番下の19節負担金補助及び交付金、93営農開始給付金450万円でございますが、昨年第3回定例会におきまして補正予算をお願いいたしましたが、平成21年度以降に新規就農した青年農業者3名に対し給付するものでございます。

 次に、153ページ下段から154ページ上段にかけての04地産地消推進事業費でございますが、併せて、議案資料ナンバー2の106ページを御参照ください。

 153ページの8節報償費から154ページの14節使用料及び賃借料までの合計548万2,000円でございますが、新たに所沢農産物応援隊を組織し、所沢産農産物のPRなどをお願いいたしますとともに、とことこ市の運営支援、地産地消拡大のためのレシピの作成及び中学生へのおいしいお茶のいれ方教室の開催など、地産地消の推進に係る事業の経費をお願いするものでございます。

 次に、157ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の110ページを御参照ください。

 156ページから157ページにかけての7款商工費、01商業振興費のうち、19節負担金補助及び交付金、54銀座通り通信管敷設事業負担金26万9,000円でございますが、所沢まちづくりセンター前の元町交差点からファルマン通り交差点の間で埼玉県が電線地中化工事を進めております。これに伴いまして、広報活動やところざわまつりにも使用する地下通信管の整備に係る工事負担金を支出するものでございます。

 次に、その下の74魅力ある商店街創出支援事業補助金4,000万円でございますが、商業活性化のため、商店街空き店舗実態調査の結果や商店街からの要望等を受け、商店街の実施いたします街路灯のLED化などの共同施設整備事業及びイベントなどの共同事業に対し、経費の一部を補助するものでございます。

 次に、157ページから158ページにかけての02工業振興費でございますが、併せて、議案資料ナンバー2の109ページを御参照ください。

 9節旅費から19節負担金補助及び交付金までのうち、議案資料右側の事業費欄に記載の合計111万円でございますが、平成24年度に実施いたしました企業誘致可能性調査の結果等を踏まえ、実地調査の実施、PRパンフレットの作成など企業誘致活動等に係る経費をお願いするものでございます。

 次に、158ページの19節負担金補助及び交付金、74住宅リフォーム資金補助金800万円でございますが、市内施工業者により住宅のリフォームを行う市民に対し、引き続き、経費の一部を補助するものでございます。

 なお、平成24年度におきましても短期間で受け付けを終了するなど、高いニーズがございますことから、より事業効果を高めるため前年度より200万円増額いたしております。

 次に、同じページの03産業振興費、8節報償費、01講師謝礼のうち10万円でございますが、平成24年度に設置いたしました農商工連携推進会議と連携し、農商工連携きっかけづくり事業における講師謝礼としてお願いするものでございます。

 次に、159ページの19節負担金補助及び交付金、78ものづくり企業総合支援補助金300万円でございますが、併せて、議案資料ナンバー2の107ページを御参照ください。この補助金につきましては、工業活性化施策策定委員会の議論を踏まえ、市内製造業の経営基盤の強化及び人材育成を支援し、所沢ブランドの創造及び地域経済の活性化を図るため、市内事業者が連携して行う新たな商品やサービスの開発、販路開拓のための展示会への出展などに係る費用の一部を補助するものでございます。

 次に、その下の79障害者雇用推進企業支援補助金200万円でございますが、併せて、議案資料ナンバー2の108ページを御参照ください。この補助金につきましては、障害者の雇用の場の確保と事業者の社会的責任を促すため、市内事業者が障害者を雇用する際に係る施設の改修費用及び社員に対する研修費用の一部を補助するとともに、障害者を新たに雇用した場合に助成金を支給するものでございます。

 次に、160ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の111ページを御参照ください。

 159ページから160ページにかけての01観光事務費のうち、19節負担金補助及び交付金、42所沢グルメづくり推進実行委員会交付金300万円でございますが、所沢ブランドのさらなる推進とともに地域の活性化を図るため、関係団体等と協働し、本市の食文化に配慮いたしながら所沢グルメを開発、推進するものでございます。

 以上で、歳出予算説明書の説明を終わりまして、恐れ入りますが、一般会計予算書の10ページをお願いいたします。

 第3表債務負担行為でございます。

 1行目の勤労者等借入資金利子補給金から6行目の埼玉県信用保証協会との損失補償契約に基づく補償までの6件でございますが、いずれも利子補給が複数年に及びますことなどからお願いするものでございます。

 なお、期間及び限度額につきましては、いずれも記載のとおりでございます。

 以上で、予算に係る説明を終わりまして、次に、議案第24号の元町地下駐車場条例の一部改正をお願いいたします。

 併せて、議案資料ナンバー3の25ページ、26ページを御参照ください。

 本条例につきましては、元町地下駐車場の長期滞留車に対処するため、第13条に規定いたします駐車場における禁止行為に、7日を限度とする駐車期限を追加するものでございます。

 なお、附則でございますが、施行日を本年4月1日とするものでございます。

 産業経済部所管の議案の説明は、以上でございます。



○浜野好明議長 次に、内藤保健福祉部長

     〔内藤隆行 保健福祉部長 登壇〕



◎内藤保健福祉部長 それでは、保健福祉部所管の議案につきまして御説明申し上げます。

 初めに、条例関係、次に、一般会計予算、特別会計予算の順で説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 議案第18号をお願いいたします。

 併せて、議案資料ナンバー3の5ページを御参照ください。

 未熟児養育医療の費用徴収に関する条例制定でございます。

 本案につきましては、地域主権改革一括法の制定により母子保健法が一部改正され、未熟児養育医療給付事業が埼玉県から移譲されることに伴い、未熟児養育医療の給付に要する費用の徴収に関し必要な事項を定めるものでございます。

 なお、附則でございますが、この条例の施行日は平成25年4月1日とするものでございます。

 次に、議案第22号をお願いいたします。

 併せて、議案資料ナンバー3の17ページを御参照ください。

 本案につきましては、重度心身障害児・者の医療費を助成する場合の手続等に関しまして、支払い方法の明確化その他規定の整備を行うものでございます。

 改正の内容でございますが、医療機関等における窓口での支払いが生じない、いわゆる現物給付につきましては既に実施しているところでございますが、その手続に関する規定を条例上で明確化するものでございます。

 その他の改正につきましては、根拠法令の追加など規定の整備を行うものでございます。

 なお、附則につきましては、施行日を平成25年4月1日とするものでございます。

 次に、議案第26号をお願いいたします。

 併せて、議案資料ナンバー3の29ページを御参照ください。

 本案につきましては、これまで難病患者を対象としたホームヘルプサービスが、障害者自立支援法の改正に伴い障害福祉サービスの対象となりますことから、当該手数料条例を廃止するものでございます。

 なお、附則につきましては、障害者自立支援法の改正に合わせ、施行日を平成25年4月1日とするものでございます。

 続きまして、議案第7号をお願いいたします。一般会計予算でございます。

 恐れ入りますが、歳出予算説明書の64ページをお願いいたします。

 3款民生費、04民生委員費でございますが、1節報酬から19節負担金補助及び交付金までの合計5,954万4,000円でございますが、地域福祉の推進役として活動していただいております民生委員・児童委員につきまして、本年11月30日をもちまして3年間の任期が満了となることから、一斉改選事務に伴う費用も含めましてお願いするものでございます。

 次に、歳出予算説明書の72ページから73ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の72ページを御参照ください。

 14仮称総合福祉センター建設費、13節委託料、15物件調査委託料240万2,000円、15節工事請負費、31新所沢コミュニティセンター別館解体工事6,700万円でございますが、これにつきましては、旧新所沢コミュニティセンター別館跡地に(仮称)所沢市総合福祉センターを建設することから、既存建物の解体工事を実施するものでございます。次に、15物件調査委託料につきましては、この解体工事の実施に当たり、工事による周辺建物への影響を調査するため、事前・事後の周辺建物影響調査を実施するものでございます。

 続きまして、同じく、72ページの13節委託料、42設計業務委託料1,932万円でございますが、設計業務委託料につきましては、(仮称)所沢市総合福祉センターの早期建設に向け、平成25年度前に契約事務を行えるよう、平成24年9月定例会におきまして債務負担行為設定の議決をいただいたところでございます。このたび、契約事務が終了しましたことからお願いするものでございます。

 次に、恐れ入りますが、前に戻りまして、歳出予算説明書の67ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の73ページを御参照ください。

 07障害福祉総務費、19節負担金補助及び交付金、88障害者地域生活基盤整備促進事業補助金472万円でございますが、本市におきましては、障害者が自立した地域生活を営むための生活拠点として、第2次所沢市障害者支援計画におきましてグループホーム等の整備・充実を進めているところでございます。本事業は、市内にグループホーム等を開設・運営する法人に対し、その施設整備等に要する経費や運営費を補助するものでございます。

 次に、歳出予算説明書の74ページをお願いいたします。

 02高齢化対策費、13節委託料、51高齢者福祉・介護実態調査委託料454万7,000円でございますが、平成27年度から29年度を期間とする第6期所沢市高齢者福祉計画・介護保険事業計画の策定に係る基礎資料とするため、高齢者、要介護認定者等を対象としたアンケート調査を実施するものでございます。

 次に、歳出予算説明書の76ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の77ページを御参照ください。

 04老人援護対策費、19節負担金補助及び交付金、90高齢者福祉施設整備費補助金8,160万円でございますが、第5期所沢市高齢者福祉計画・介護保険事業計画に基づき、認知症高齢者グループホーム2カ所、計36床を整備するに当たり補助金を交付するものでございます。

 次に、歳出予算説明書の77ページをお願いします。

 06介護保険利用者支援事業費、19節負担金補助及び交付金、71介護保険低所得者等助成金6,300万円でございますが、介護保険サービスを利用した場合の利用料を助成することによって、低所得の方に対する経済的負担の軽減を図るものでございます。

 次に、歳出予算説明書の83ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の76ページを御参照ください。

 02老人憩の家費、15節工事請負費、02施設改修工事(施設整備事業分)7,030万円でございますが、老人憩の家とめの里、こてさし荘、みかじま荘の老朽化に対する外壁塗装、空調設備を所沢市公共建築物修繕計画に基づき整備、改修し、施設の延命と利用環境の改善を図るものでございます。

 次に、歳出予算説明書の111ページをお願いいたします。

 01生活保護扶助費、20節扶助費82億9,862万8,000円でございますが、長引く経済不況や景気低迷を受け、失業者等の増加が続く中、生活保護世帯も引き続き増加傾向にあることから、平成25年度末につきまして3,573世帯5,217人を見込んだものでございます。現在、生活福祉課の窓口にハローワークコーナーを設置し、職業相談及び職業紹介を実施しており、引き続き関係機関と連携を図りながら、生活困窮者に対する自立に向けた積極的な支援、指導を行いますとともに生活保護の適正実施に努めてまいります。

 恐れ入りますが、歳出予算説明書の121ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の91ページから93ページを御参照ください。

 4款衛生費、05各種予防接種費、13節委託料、51予防接種委託料9億5,433万7,000円でございますが、予防接種法第3条に基づく定期接種である4種混合ワクチンや不活化ポリオワクチンなど10種類に加え、これまで任意接種であった子宮頸がん予防ワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンにつきましても、本年4月より定期接種とするための予防接種法改正が予定されておりますことから、合計13種類の予防接種に係る費用をお願いするものでございます。

 次に、歳出予算説明書の130ページから131ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の90ページを御参照ください。

 03母子保健事業費、20節扶助費、42未熟児養育医療費3,100万円、その他関連経費を合わせまして3,255万円でございますが、本年4月1日より未熟児養育医療給付事業が埼玉県から移譲されることに伴いお願いするものでございます。

 以上で、一般会計の説明を終わります。

 次に、議案第11号、介護保険特別会計をお願いいたします。

 歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ180億7,000万円と定めるものでございます。

 歳出予算説明書の119ページをお願いいたします。

 上段の2款保険給付費、01介護サービス給付費、19節負担金補助及び交付金156億5,315万8,000円でございますが、要介護1から5と認定された方が利用する居宅介護サービス、施設介護サービス等に対する保険給付費でございます。

 次に、下段の01介護予防サービス給付費、19節負担金補助及び交付金12億2,811万円でございますが、要支援1及び2と認定された方が利用する介護予防サービスに対する保険給付費でございます。

 次に、123ページをお願いいたします。

 3款地域支援事業費、01包括的支援事業・任意事業費、11節需用費、03印刷製本費409万円のうち389万円でございますが、自宅に引きこもりがち、買い物に困難を伴うなど、いわゆる買い物難民になりがちな高齢者の生活を支援することを目的として、高齢者の自宅に配達する店舗などを掲載した「高齢者生活支援マップ」を作成するものでございます。

 次に、124ページをお願いいたします。

 13節委託料、51地域包括支援センター委託料2億3,866万円でございますが、高齢者の実態把握や総合的な相談支援、地域ケアネットワークの推進、また、権利擁護、虐待防止などの事業を市内14カ所の地域包括支援センターで実施するものでございます。これらの事業を通じて、地域包括ケアシステムの構築に努めてまいります。

 恐れ入りますが、前に戻りまして、97ページをお願いいたします。

 2歳入でございます。

 上段の1款保険料、1項介護保険料、1目第1号被保険者保険料43億3,211万1,000円でございますが、第1号被保険者であります65歳以上の方が負担する保険料でございます。

 次に、98ページをお願いいたします。

 上段の3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目介護給付費負担金、1節現年度分31億498万5,000円でございますが、保険給付費に対する国の法定負担分でございます。

 次に、101ページをお願いいたします。

 上段の7款繰入金、1項他会計繰入金、1目介護給付費繰入金、1節現年度分21億5,931万4,000円、その下の2目地域支援事業繰入金(介護予防事業)、1節現年度分1,409万4,000円及びその下の3目地域支援事業繰入金(包括支援・任意事業)、1節現年度分6,130万6,000円でございますが、それぞれ保険給付費及び地域支援事業に対する市の法定負担分でございます。

 次に、下段の2項基金繰入金、1目介護保険保険給付費準備基金繰入金、1節介護保険保険給付費準備基金繰入金3億円でございますが、保険給付費に充当するため繰り入れをお願いするものでございます。

 以上で、介護保険特別会計の説明を終わります。

 次に、議案第12号、後期高齢者医療特別会計をお願いいたします。

 歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ35億1,100万円と定めるものでございます。

 歳出予算説明書の144ページをお願いいたします。

 2款後期高齢者医療広域連合納付金、01後期高齢者医療広域連合納付金、19節負担金補助及び交付金、43保険料納付金31億630万9,000円でございますが、市が徴収いたします後期高齢者医療保険料について、埼玉県後期高齢者医療広域連合に納付するものでございます。

 次に、44保険基盤安定納付金3億4,809万円でございますが、本市の保険料軽減分につきまして、県の負担4分の3に市の負担分4分の1を加えて、埼玉県後期高齢者医療広域連合に納付するものでございます。

 恐れ入りますが、前に戻りまして、135ページをお願いいたします。

 2歳入でございます。

 1款保険料、1項後期高齢者医療保険料、1目後期高齢者医療保険料31億580万8,000円でございますが、本市が後期高齢者医療の被保険者から徴収する特別徴収保険料、普通徴収保険料及び過年度分普通徴収保険料でございます。

 次に、136ページをお願いいたします。

 上段の3款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節保険基盤安定繰入金3億4,809万円でございますが、高齢者の医療の確保に関する法律の規定に基づき、保険料の法定軽減分につきまして、県が4分の3、市が4分の1を負担し、一般会計から繰り入れるものでございます。

 所管の議案の説明につきましては、以上でございます。



○浜野好明議長 次に、仲こども未来部長

     〔仲 志津江 こども未来部長 登壇〕



◎仲こども未来部長 それでは、こども未来部所管の議案につきまして御説明申し上げます。

 説明の順序でございますが、初めに、予算を、次に、補助金の返還免除の順で説明をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 初めに、議案第7号、一般会計予算につきまして御説明申し上げます。

 歳出予算説明書の87ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の83ページを御参照ください。

 3款民生費、02児童福祉総務費、8節報償費、34子ども支援センター機能等検討委員会委員報償50万円及びその下の9節旅費、01費用弁償8万円、02普通旅費の36万3,000円でございますが、子ども支援センター機能等検討事業につきまして、平成28年4月に開設予定の(仮称)所沢市総合福祉センター内に併設される子ども支援センターの機能や設備などにつきまして、子育てや発達障害に関して専門的な知識を有する学識経験者や医師など外部委員による検討組織を立ち上げ、先進市の視察及び会議等を通じて検討を行う費用をお願いするものでございます。

 次に、福祉総合システム等更新事業に関連する経費についてでございますが、恐れ入りますが、議案資料ナンバー2の84ページ及び85ページをお願いいたします。

 福祉総合システム等更新事業につきましては、保健福祉部、こども未来部、教育委員会に関連するシステムでございまして、こども未来部におきましては、こども支援課の6業務、保育課の1業務について更新を行うためお願いするものでございます。

 主なものといたしまして、福祉総合システム開発委託料1,188万2,000円、福祉総合システムソフトウェア保守委託料443万6,000円、福祉総合システムソフトウェア使用料462万7,000円など、事業費総額は3,080万4,000円でございます。

 次に、歳出予算説明書の91ページをお願いいたします。

 08放課後児童健全育成費、13節委託料、51放課後児童健全育成事業委託料2億5,237万円でございますが、市内31カ所の児童クラブに係る委託料をお願いするものでございます。

 次に、92ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の78ページを御参照ください。

 09次世代育成支援対策推進費、8節報償費、31子ども・子育て会議委員報償54万円及び11節需用費、01消耗品費4万7,000円のうち3万7,000円、13節委託料、41子ども・子育て支援事業計画ニーズ調査業務委託料462万円でございますが、本事業につきましては、平成24年8月に子ども・子育て支援法が制定され、市町村に子ども・子育て支援事業計画の策定が義務づけられましたことから、策定に当たり設置いたします検討会議の委員報償と地域の実情を把握するためのニーズ調査を行う経費をお願いするものでございます。

 次に、94ページの上段をお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の81ページを御参照ください。

 10障害児福祉費、15節工事請負費、02施設改修工事(施設整備事業分)1,680万円でございますが、所沢市公共建築物修繕計画に基づきまして、かしの木学園の屋根、外壁の塗装及び空調機改修工事を行うものでございます。

 その下の19節負担金補助及び交付金、35障害児自立支援医療費負担金808万8,000円でございますが、併せて、議案資料ナンバー2の80ページを御参照ください。この自立支援医療給付事業につきましては、平成25年度より埼玉県から移譲される事務でございまして、障害のある児童が、その障害の軽減のために指定医療機関において医療を受ける場合に、当該児童の保護者の負担を軽減するために自立支援医療費を支給するものでございます。

 なお、補助率は国が2分の1、県が4分の1でございます。

 同じく、19節負担金補助及び交付金、79難聴児補聴器購入費補助金36万4,000円でございますが、併せて、議案資料ナンバー2の79ページを御参照ください。難聴児補聴器購入費助成事業は、身体障害者手帳の交付対象とならない軽度、中等度の難聴児の言語の習得や教育等における健全な発達を支援するため、補聴器購入費用の一部を助成するものでございます。対象は18歳未満の難聴児で、補聴器を身につけることにより一定の効果が期待できると医師が判断した場合となります。

 なお、補助率は県が2分の1でございます。

 次に、95ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の82ページを御参照ください。

 11児童家庭相談費、8節報償費、01講師謝礼8万円のうち2万円、同じく、33養育支援訪問員報償97万5,000円、12節役務費、31養育支援訪問活動補償保険料6万5,000円、13節委託料、31養育支援訪問委託料457万3,000円、合計563万3,000円でございますが、本事業は、子育てに対して不安や孤立感を抱え、養育の支援を必要とする家庭に対して訪問支援を行うことにより、育児負担の軽減と養育力の向上を図るとともに児童虐待を未然に防ぐためお願いするものでございます。

 次に、96ページをお願いいたします。

 01児童福祉運営費、13節委託料、31民間保育園保育実施委託料26億7,598万1,000円でございますが、4月から開園する1園を含め、市内の民間保育園33園に対する保育の実施に要する保育所運営費といたしましてお願いするものでございます。

 次の19節負担金補助及び交付金、72民間保育園運営改善費補助金3億9,528万円でございますが、平成24年度に引き続き、職員の処遇改善のための補助単価の増額を行い、民間保育園の健全な運営と振興を図るため運営費補助を行うものでございます。

 その下の74社会福祉法人立保育園施設・設備整備費補助金2億807万8,000円でございますが、待機児童解消を図るため、社会福祉法人が建設する認可保育園の施設整備に対し補助を行うものでございまして、3園、定員140名分を予定しております。

 次に、102ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の87ページを御参照ください。

 03保育園施設費、15節工事請負費、02施設改修工事(施設整備事業分)620万円でございますが、所沢市公共建築物修繕計画に基づきまして、北所沢保育園の屋根改修工事を行うものでございます。

 次に、104ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の88ページを御参照ください。

 04児童発達支援センター費、13節委託料、56施設材質検査委託料46万2,000円及び15節工事請負費、31旧松原学園施設等解体工事2,520万円、合計2,566万2,000円でございますが、旧松原学園を解体するための費用をお願いするものでございます。

 次に、107ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の86ページを御参照ください。

 06児童館施設費、15節工事請負費、02施設改修工事(施設整備事業分)520万円でございますが、所沢市公共建築物修繕計画に基づき、ひばり児童館の空調機改修工事を行うものでございます。

 次に、ページが飛びまして、220ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の129ページを御参照ください。

 10款教育費、04私立幼稚園費、19節負担金補助及び交付金、72幼稚園健康管理・環境整備事業補助金210万円でございますが、私立幼稚園に通う園児が健康で安心して過ごすことができる環境を推進するため、健康診断や各種検査を実施する市内の私立幼稚園に対しまして費用の一部を補助するためお願いするものでございます。

 なお、補助率は要した費用の2分の1で、1園当たり10万円を限度としております。

 以上で、歳出予算説明書の説明は終わりまして、恐れ入りますが、一般会計予算書の11ページをお願いいたします。

 第3表債務負担行為でございます。

 一番下の子ども・子育て支援事業計画策定業務委託料でございますが、期間を平成26年度までとし、限度額につきましては472万5,000円とするものでございます。

 続きまして、議案第31号、補助金の返還の免除についてをお願いいたします。

 併せて、議案資料ナンバー3の41ページから43ページを御参照ください。

 本件は、さきに議案第1号で御議決いただきました障害者自立支援給付費国庫負担金返還金等に関連するものでございますが、本市が特定非営利活動法人鶴ヶ島ひまわり福祉会に返還請求し未返還となっております583万3,470円のうち、所沢市障害児・者移動支援事業補助金61万8,886円につきまして、同法人は破産により解散しており、財産もなく返還の見込みがないことから、地方自治法第96条第1項第10号の規定に基づき、返還を免除するものでございます。

 なお、その他の未返還金521万4,584円につきましては、地方自治法第231条の3第3項に規定する歳入に該当することから、地方税法第15条の7第5項の規定に基づきまして、納入義務を消滅させるものでございます。

 こども未来部所管の議案の説明につきましては、以上でございます。



○浜野好明議長 次に、桑原環境クリーン部長

     〔桑原 茂 環境クリーン部長 登壇〕



◎桑原環境クリーン部長 それでは、環境クリーン部所管の議案につきまして御説明申し上げます。

 関係する議案は、議案第7号と議案第23号でございます。

 なお、説明の順序でございますが、初めに、条例改正、次に、予算の順で説明をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、初めに、議案第23号をお願いいたします。

 併せて、議案資料ナンバー3の21ページから23ページを御参照ください。

 今回の改正をお願いする理由といたしましては、前回、平成21年度の所沢市廃棄物減量等推進審議会におきまして、事業活動に伴う一般廃棄物の処分手数料の改定等について諮問いたしましたところ、答申の中で、事業系ごみの処理原価と処分手数料との乖離に注視し、平成24年度中に速やかに見直しを行うこととの意見をいただきました。

 このため、本年度、同審議会に諮問いたしましたところ、事業系一般廃棄物の処分手数料等については、ごみ処理に係る費用負担の公平化、ごみの減量化及び近隣自治体との均衡を図る必要性並びに現下の経済情勢などを考慮し総合的に判断した結果、10kg当たり240円とすることが適当であること、併せて、当該手数料額の表示をわかりやすくとの附帯意見を付した答申をいただきました。このことから、答申を尊重し、事業活動に伴う一般廃棄物の処分手数料及び産業廃棄物の処分費用の改定を行いますとともに、当該手数料額の表示をわかりやすくするため、消費税相当額を含んだ総額表示に統一するものでございます。

 次に、改正内容でございますが、恐れ入りますが、議案資料ナンバー3の22ページ及び23ページの新旧対照表を御参照ください。

 別表第1でございますが、23ページ上段、その他の廃棄物の、事業活動に伴う一般廃棄物の処分手数料につきましては、10kg当たり、消費税相当額を含み200円となっているものを、消費税相当額を含み240円に改めるものでございます。その他のし尿及び動物の死体に係る収集運搬手数料または処分手数料の額及び付記欄の加算の額並びに備考につきましては、消費税相当額を総額表示に統一することから、それぞれ新旧対照表のとおり改めるものでございます。

 次に、23ページ下段の別表第3でございますが、産業廃棄物の処分費用につきまして、10kgにつき、消費税相当額を含み200円となっているものを、消費税相当額を含み240円に改めるものでございます。

 次に、議案に戻っていただきまして、附則でございますが、本条例の施行日につきましては、事業者への周知期間を勘案し、平成25年10月1日とするものでございます。

 以上で、議案第23号に係る説明を終わりまして、次に、議案第7号につきまして御説明申し上げます。

 恐れ入りますが、平成25年度所沢市一般会計歳出予算説明書の122ページをお願いいたします。

 4款衛生費、01環境総務費、8節報償費、35所沢市環境ネットワーク会議委員報償30万円でございますが、併せて、議案資料ナンバー2の97ページを御参照ください。第2期所沢市環境基本計画の推進体制といたしまして、市民、事業者、行政の3者が施策の進行状況を共有し、評価を行うとともに、それぞれの立場で計画の推進をしていただくため、所沢市環境ネットワーク会議を平成24年8月に設置いたしましたが、平成25年度も引き続きお願いするための費用でございます。

 次に、その下の36マチごとエコタウン所沢構想策定検討委員報償60万円でございますが、併せて、議案資料ナンバー2の95ページを御参照ください。本構想につきましては、平成24年度に基礎調査として再生可能エネルギーの賦存量、利用可能量調査、市民意識調査及び事業者等のヒアリングを実施いたしましたが、これらの基礎調査を踏まえ平成25年度に構想を策定するものでございます。このため、知識経験者、市民、事業者等15名からなるマチごとエコタウン所沢構想策定検討委員会を設置し、構想について御検討いただくための費用をお願いするものでございます。

 次に、13節委託料、61マチごとエコタウン所沢構想策定業務委託料672万円でございますが、本構想の策定につきましては、先ほど御説明いたしましたマチごとエコタウン所沢構想策定検討委員会のほか、庁内検討組織における検討や市民意見を反映させ策定を進めてまいりますが、そのための作業支援や構想案の取りまとめ等を行うための費用をお願いするものでございます。

 次に、14節使用料及び賃借料、31大規模太陽光発電施設借料477万2,000円でございますが、併せて、議案資料ナンバー2の94ページを御参照ください。この太陽光発電施設につきましては、電力の安定供給やエネルギーの有効利用の観点から、地域特性を生かした自立分散型エネルギー社会の構築を目指し、再生可能エネルギーの導入を図ることを目的といたしまして、マチごとエコタウンの実現に先駆け、北野一般廃棄物最終処分場に包括リース方式により発電規模1MW以上の太陽光発電施設を設置するものでございます。

 事業期間につきましては、固定価格買取制度に基づき20年間の事業として、最初の10年間を第1期計画期間、次の10年間を第2期計画期間と予定しているところでございます。本予算につきましては、施設の稼働を平成26年3月に予定しておりますことから、これに必要な借料をお願いするものでございます。

 なお、恐れ入りますが、少し戻りまして、12節役務費、02手数料21万円でございますが、太陽光発電施設から送電できる電線設備等を東京電力に調査依頼するための費用をお願いするものでございます。

 次に、19節負担金補助及び交付金、71おひさまエネルギー利用促進事業費補助金2,800万円でございますが、併せて、議案資料ナンバー2の96ページを御参照ください。再生可能エネルギーの利用を促進し、家庭から排出されるCO2の削減を図るため、1件当たり8万円を限度とする住宅用太陽光発電システムの補助制度を引き続き実施するための費用をお願いするものでございます。

 次に、123ページをお願いいたします。

 02公害対策費、13節委託料、52測定分析委託料841万6,000円でございますが、大気汚染防止法、水質汚濁防止法に基づきまして、有害大気汚染物質モニタリング調査や河川の水質調査などに係る費用をお願いするものでございます。

 次に、67環境支援システム改修委託料390万円でございますが、併せて、議案資料ナンバー2の98ページを御参照ください。環境支援システムは、環境に関する事業所の届出情報等を一元的に管理し、大気・水質・騒音等の規制事務や苦情相談、問い合わせ等に活用しているものでございます。平成24年6月、水質汚濁防止法の改正により、新たに地下水汚染の未然防止に係る規定等が加わったことに伴い、システム改修の費用をお願いするものでございます。

 次に、124ページをお願いいたします。

 03生活環境衛生費、19節負担金補助及び交付金、73環境推進員連絡協議会補助金1,288万円でございますが、快適な生活環境をつくることを目的として、市民の環境保全に対する一層の理解を深め、地域での環境保全活動を推進するため、環境推進員連絡協議会及び11行政区の環境推進員協議会に交付する補助金としてお願いするものでございます。

 次に、125ページをお願いいたします。

 04みどり推進費、8節報償費、02謝礼10万3,000円のうち10万円でございますが、併せて、議案資料ナンバー2の99ページを御参照ください。みどりの基本計画に位置づけられた保全配慮地区等におけるみどりの保全を一層推進するため、里山保全地域等の指定に際し、対象予定地の植生等の調査を行うため、調査をお願いする費用をお願いするものでございます。

 次に、11節需用費、03印刷製本費12万6,000円でございますが、ふるさと所沢のみどりを多くの方々に知っていただくとともに、保全活動へ参加していただくためのきっかけづくりといたしまして、保全緑地を中心にみどりのふれあいウォークを実施しようとするもので、その開催周知用のリーフレットを作成する費用をお願いするものでございます。

 次に、126ページをお願いいたします。

 17節公有財産購入費、61保全緑地用地購入費9,776万円でございますが、くぬぎ山の駒ケ原地区の一部約4.7haを駒ケ原特別緑地保全地区として指定したところでございますが、地権者より所有地の買い取り要望が提出されましたことから、購入する費用をお願いするものでございます。

 次に、134ページをお願いいたします。

 02塵芥処理費、13節委託料、52一般廃棄物収集運搬業務委託料3億1,150万円でございますが、粗大ごみ以外の家庭ごみの収集運搬業務につきまして、新所沢地区や吾妻地区など市内約3割の地域におきまして、引き続き民間事業者に業務委託する費用をお願いするものでございます。

 次に、53一般廃棄物処分等業務委託料3億1,000万円でございますが、東西クリーンセンターで中間処理をした後の焼却残渣、不燃残渣及び不燃性資源物を適正かつ安定的に処理するため、最終処分場への埋め立て処分や民間施設での資源化処理を委託する費用をお願いするものでございます。

 次に、135ページをお願いいたします。

 03東部クリーンセンター費、7節賃金、01臨時職員賃金4,056万7,000円のうち32万3,000円でございますが、平成24年度に東部クリーンセンターで試験的に実施いたしました家庭ごみ土曜受入事業につきまして、検証をいたしました結果、平成25年度からは東西クリーンセンターにおきまして、職員及び臨時職員で実施することとし、そのための費用をお願いするものでございます。

 次に、11節需用費、06修繕料(施設)3億9,000万円でございますが、東部クリーンセンターの焼却施設、灰溶融施設、リサイクルプラザ施設における部品等の交換、炉内耐火物の交換、排ガス処理設備の修繕及びコンベヤ等の定期補修に要する費用をお願いするものでございます。

 次に、11薬剤費1億8,000万円でございますが、焼却炉や灰溶融炉の排ガス処理設備及び脱臭装置などで使用いたします活性炭をはじめ、苛性ソーダ、消石灰、アンモニア水などの薬剤を購入する費用をお願いするものでございます。

 次に、13節委託料、53焼却施設運転業務委託料3億7,600万円でございますが、東部クリーンセンターの焼却施設等の運転業務を委託する費用をお願いするものでございます。

 次に、63排出量取引制度検証業務委託料35万1,000円でございますが、併せて、議案資料ナンバー2の101ページを御参照ください。東部クリーンセンターにつきましては、埼玉県地球温暖化対策推進条例における排出量取引制度の対象事業所でございます。この事業所に該当いたしますと、温室効果ガス排出量の削減目標を含む計画を作成し、将来的な排出量取引を想定し、埼玉県に登録された検証機関による排出量の検証を受ける必要があり、そのための費用をお願いするものでございます。

 次に、136ページをお願いいたします。

 78リサイクルプラザ施設運転業務委託料1億5,000万円でございますが、併せて、議案資料ナンバー2の102ページを御参照ください。東部クリーンセンターリサイクルプラザ施設の運転業務につきましては、現業職員の定年退職などにより施設の安定した運営に支障を生ずることのないよう、平成25年4月1日から全面委託する費用をお願いするものでございます。

 次に、83焼却施設法定等点検業務委託料3億3,700万円及びその下の84リサイクルプラザ施設法定等点検業務委託料4,300万円でございますが、いずれも電気事業法、消防法などに基づく法定点検及び施設の性能維持や突発的故障の発生を未然に防止するための自主点検に要する費用をお願いするものでございます。

 次に、18節備品購入費、03自動車購入費3,601万5,000円でございますが、塵芥収集車3台、ショベルローダー1台、軽ダンプ1台、合計5台の車両の買いかえをお願いするものでございます。

 次に、137ページをお願いいたします。

 04西部クリーンセンター費、7節賃金、01臨時職員賃金2,391万円のうち35万2,000円でございますが、先ほど東部クリーンセンター費で御説明いたしましたとおり、平成25年度から家庭ごみ土曜受入事業を西部クリーンセンターにおきましても実施いたしますことから、そのための費用をお願いするものでございます。

 次に、11節需用費、06修繕料(施設)2億8,000万円でございますが、設備機器の経年劣化によるもので、主に焼却炉内の耐火物、ガス冷却室及び灰出し設備のコンベヤの修繕をお願いするものでございます。

 次に、138ページをお願いいたします。

 13節委託料、57焼却施設運転業務委託料1億8,800万円でございますが、西部クリーンセンターの焼却施設の運転業務を委託する費用をお願いするものでございます。

 次に、63排出量取引制度検証業務委託料35万1,000円でございますが、併せて、議案資料ナンバー2の103ページを御参照ください。先ほど東部クリーンセンター費でも御説明申し上げましたが、西部クリーンセンターも排出量取引制度の対象事業所であるため、排出量の検証を受ける費用をお願いするものでございます。

 次に、98長寿命化工事発注仕様書作成業務委託料1,000万円でございますが、今年度策定いたしました長寿命化計画に基づき、西部クリーンセンター基幹的設備改良事業を行うに当たり、改良工事の発注仕様書、設計書の作成に要する費用をお願いするものでございます。

 次に、139ページをお願いいたします。

 18節備品購入費、03自動車購入費4,515万円でございますが、塵芥収集車4台、深ダンプ1台、合計5台の買いかえをお願いするものでございます。

 次に、140ページをお願いいたします。

 06廃棄物施設計画費、13節委託料、51(仮称)第2一般廃棄物最終処分場候補地調査業務委託料480万円でございますが、(仮称)第2一般廃棄物最終処分場の候補地におきます地質の状況等を把握するため、ボーリング調査など必要な調査を実施する費用をお願いするものでございます。

 次に、141ページをお願いいたします。

 01し尿処理費、13節委託料、53し尿処理施設運転管理等業務委託料3,089万9,000円でございますが、し尿等を安定的に処理するため、衛生センターの運転管理等を委託する費用をお願いするものでございます。

 次に、142ページをお願いいたします。

 下段の01減量・リサイクル推進費、8節報償費、31集団資源回収実施団体報償5,849万円でございますが、新聞・雑誌・段ボール等の資源を回収する自治会・町内会、子ども会等の団体に対する報償金をお願いするものでございます。

 次に、143ページをお願いいたします。

 02減量・リサイクル啓発費、11節需用費、01消耗品費222万5,000円のうち126万9,000円でございますが、リサイクルふれあい館エコロのリニューアルに伴い、展示物等の更新を行うため展示用パネル及びボードを購入する費用をお願いするものでございます。

 次に、恐れ入りますが、平成25年度所沢市一般会計予算の12ページをお願いいたします。

 第3表債務負担行為、1段目の大規模太陽光発電施設借料でございますが、北野一般廃棄物最終処分場に設置いたします太陽光発電施設をリースするためお願いするものでございます。期間及び限度額につきましては、記載のとおりでございます。

 次に、2段目の測定分析機器借料でございますが、測定分析機器4台を新たにリースするためお願いするものでございます。期間及び限度額につきましては、記載のとおりでございます。

 3段目の自動体外式除細動器借料でございますが、限度額1,561万7,000円のうち61万円でございますが、東部クリーンセンター及び同収集事務所並びに西部クリーンセンターに設置いたします自動体外式除細動器3台をリースするためお願いするものでございます。期間につきましては、記載のとおりでございます。

 以上で、環境クリーン部所管の議案の説明を終わらせていただきます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩の宣告



○浜野好明議長 上程議案に対する担当者の説明の途中ですが、暫時休憩いたします。

午後0時4分休憩

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

午後1時0分再開

 出席議員    36名

     1番    2番    3番    4番    5番    6番

     7番    8番    9番   10番   11番   12番

    13番   14番   15番   16番   17番   18番

    19番   20番   21番   22番   23番   24番

    25番   26番   27番   28番   29番   30番

    31番   32番   33番   34番   35番   36番

 欠席議員     なし

地方自治法第121条の規定による説明のための出席者

 市長       副市長      会計管理者    総合政策部長

 総合政策部危機管理担当理事     財務部長     市民部長

 産業経済部長   保健福祉部長   こども未来部長  環境クリーン部長

 街づくり計画部長 建設部長     下水道部長    消防長

 水道事業管理者  水道部長     市民医療センター事務部長

 教育長      教育総務部長   学校教育部長

 監査委員



△再開の宣告



○浜野好明議長 再開いたします。

 休憩前に引き続き、会議を進めます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の説明(続き)



○浜野好明議長 上程議案に対する担当者の説明を続けます。

 それでは、新堀街づくり計画部長

     〔新堀祐蔵 街づくり計画部長 登壇〕



◎新堀街づくり計画部長 それでは、街づくり計画部所管の議案につきまして御説明を申し上げます。

 初めに、議案第7号、一般会計予算をお願いいたします。

 恐れ入りますが、歳出予算説明書の164ページをお願いいたします。

 8款土木費、03建築指導・建築確認費、19節負担金補助及び交付金、71我が家の耐震診断・耐震改修補助金1,325万円でございますが、建築物の耐震化を促進するため、建築物の所有者等が実施する耐震診断・耐震改修に対する補助金をお願いするものでございます。

 次に、175ページをお願いいたします。

 02都市計画事務費、11節需用費、13苗木球根等購入費56万6,000円でございますが、所沢らしい良好な景観のさらなる実現に向けて、景観まちづくりモデル事業の一環であります庭木もう1本運動として、建物を新築等されました市民の皆様に庭木の提供をするためにお願いするものでございます。

 次に、19節負担金補助及び交付金、71景観市民活動クラブ補助金50万円でございますが、景観に関する市民への活動支援のための補助金をお願いするものでございます。

 次に、恐れ入りますが、歳出予算説明書の183ページをお願いいたします。併せまして、議案資料ナンバー2の115ページを御参照いただきたいと思います。

 01土地区画整理事務費、19節負担金補助及び交付金、44北秋津・上安松地区土地区画整理事業推進支援補助金300万円でございますが、当地区の街づくりにつきましては、このたび組合施行による土地区画整理事業に向けた準備のための組織が発足いたしましたことから、今後とも市と地元の協働のもとに事業をより一層推進するため、組合設立の支援を目的とした補助金をお願いするものでございます。

 次に、02狭山ケ丘土地区画整理特別会計繰出金2億3,299万9,000円でございますが、狭山ケ丘土地区画整理特別会計への繰出金をお願いするものでございます。

 次に、歳出予算説明書の185ページをお願いいたします。併せまして、議案資料ナンバー2の116ページも御参照いただきたいと思います。

 01中心市街地整備費、8節報償費、31所沢駅西口地区街づくり協議会謝礼31万5,000円でございますが、当地区の街づくり事業推進に向けて、引き続き、所沢駅西口地区街づくり協議会を開催するための運営費用をお願いするものでございます。

 次に、恐れ入りますが、歳出予算説明書の188ページをお願いいたします。

 03市営住宅維持費、13節委託料、44耐震補強工事設計委託料632万1,000円でございますが、市営住宅愛宕山団地2号棟の耐震補強工事の設計委託料をお願いするものでございます。

 次のページ、15節工事請負費、01施設改修工事1,780万3,000円でございますが、東所沢和田団地等の給湯設備の改修、西所沢北団地の耐震改修及び久米団地の給排水設備の改修工事費をお願いするものでございます。

 その下の02施設改修工事(施設整備事業分)2,879万1,000円でございますが、恐れ入りますが、併せまして、議案資料ナンバー2の114ページも御参照いただきたいと思います。所沢市公共建築物修繕計画に基づきまして、久米団地2号棟及び上安松団地4号棟の屋根の防水工事費をお願いするものでございます。

 以上で、一般会計を終わりまして、次に、特別会計をお願いいたします。

 恐れ入りますが、特別会計予算書の11ページをお願いいたします。

 議案第9号につきまして御説明を申し上げます。

 予算でございますが、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ2億3,300万円と定めるものでございます。

 次に、歳出予算説明書の27ページをお願いいたします。

 下段の01事業費、13節委託料、43画地確定測量委託料159万3,000円でございますが、仮換地指定箇所の測量委託料をお願いするものでございます。

 恐れ入りますが、前に戻りまして、16ページをお願いいたします。

 2歳入でございます。

 上段の1目一般会計繰入金でございますが、2億3,299万9,000円をお願いするものでございます。

 所管の議案の説明につきましては、以上でございます。



○浜野好明議長 次に、沖本建設部長

     〔沖本 稔 建設部長 登壇〕



◎沖本建設部長 それでは、建設部所管の議案につきまして御説明を申し上げます。

 説明につきましては、初めに、議案第7号、次に、議案第32号の順で御説明を申し上げます。

 それでは、議案第7号について御説明を申し上げます。

 恐れ入りますが、歳出予算説明書の162ページ下段から163ページ上段までをお願いいたします。

 8款土木費、02営繕事務費でございます。併せまして、議案資料ナンバー2の126ページも御参照願います。

 12節役務費、02手数料12万5,000円のうち7万2,000円、14節使用料及び賃借料、06事務機器借料75万7,000円のうち18万9,000円でございますが、設計支援システム(CAD)につきましては、導入後6年が経過し、システム機器が老朽化してまいりましたことから、新たにシステム更新をするための費用をお願いするものでございます。

 次に、166ページをお願いいたします。

 02道路橋りょう管理費でございます。併せまして、議案資料ナンバー2の118ページも御参照願います。

 13節委託料、13測量委託料1,500万円のうち784万9,000円につきましては、測量等で使用する公共基準点が、東日本大震災による地殻変動の影響により座標値にずれが生じましたことから、その補正を行うものでございます。

 次に、167ページ下段から168ページまでをお願いいたします。

 01道路維持修繕費、11節需用費、06修繕料(施設)5億2,000万円につきましては、道路利用者の安全確保を図るため、舗装補修や雨水排水施設の敷設替えなど約1,000件の道路修繕を予定しているものでございます。

 次に、15節工事請負費、31道路維持補修工事1億円でございます。併せまして、参考資料の6ページ、平成25年度道路維持補修工事箇所図も御参照願います。この工事につきましては、路面の損傷が著しい道路7路線、延長2,475mの補修及び改修を行うものでございます。

 次に、169ページをお願いいたします。

 01道路新設改良等工事費、13節委託料、42物件調査委託料700万円につきましては、林・糀谷地内の上藤沢・林・宮寺間新設道路のほか8路線の物件調査業務委託を行うものでございます。

 次に、15節工事請負費、31道路改良等舗装新設工事2億8,550万円でございますが、併せまして、参考資料7ページ、平成25年度道路新設改良舗装工事明細書及び8ページ、平成25年度道路新設改良舗装事業箇所付図も御参照願います。道路改良事業といたしまして、大字下富地内の市道3−3号線のほか10路線の改良舗装工事を行います。道路舗装事業といたしましては、三ケ島一丁目地内の市道5−1330号線ほか5路線の舗装新設工事を行います。また、歩道整備事業といたしまして、小手指町一丁目地内の市道4−245号線(ハナミズキ通り)電線共同溝工事を国庫補助金を活用し行うものでございます。

 次に、17節公有財産購入費、52市道拡幅用地購入費9,049万9,000円につきましては、大字上安松地内の市道1−2号線ほか10路線の道路拡幅に伴う用地取得を予定しているものでございます。

 次に、170ページをお願いいたします。

 02生活道路整備費、8節報償費、31生活道路後退用地報償金8,695万円につきましては、生活道路の後退用地の協力をいただきました方への報償金でございます。

 続きまして、171ページ上段をお願いいたします。

 01橋りょう維持費でございます。併せまして、議案資料ナンバー2の122ページも御参照願います。

 13節委託料、53橋りょう長寿命化修繕計画策定業務委託料800万円につきましては、昨年度までに182橋の点検が完了し、その調査結果を踏まえ、国庫補助金を活用し、橋の長さが15m以上及び市の緊急輸送道路にかかる橋を合わせました32橋について、橋りょう長寿命化修繕計画を策定するものでございます。

 続きまして、172ページから173ページをお願いいたします。

 02河川維持管理費、17節公有財産購入費、54樽井戸川親水広場用地購入費4,386万4,000円につきましては、現在、調節池用地を借地していることから、適切な管理を行うため、昨年度に引き続き用地を取得するものでございます。

 少し飛びまして、177ページをお願いいたします。

 02街路事業総務費、19節負担金補助及び交付金、50県施行街路事業負担金4,451万円につきましては、現在、県が整備を進めております都市計画道路飯能所沢線の用地費、補償費、工事費などの街路事業費に対しまして、その経費の5分の1を負担するものでございます。

 次に、178ページ上段、03所沢村山線道路築造費でございます。併せまして、議案資料ナンバー2の119ページも御参照願います。

 13節委託料、13測量委託料1,000万円につきましては、県道東京所沢線駒形交差点から都市計画道路飯能所沢線までの区間及び接続する周辺道路につきまして測量作業を行うものでございます。

 次に、その下、04北野下富線道路築造費でございます。併せまして、議案資料ナンバー2の120ページも御参照願います。

 17節公有財産購入費、52用地購入費2億9,153万8,000円及びその下の22節補償補填及び賠償金、02物件移転等補償料5億5,046万円につきましては、国道463号小手指陸橋北交差点から市道3−575号線までの延長260mの区間の用地取得及び物件移転補償を予定しているものでございます。

 次に、178ページ下段から179ページ上段、05松葉道北岩岡線道路築造費でございます。併せまして、議案資料ナンバー2の121ページも御参照願います。

 15節工事請負費、31道路築造工事6,074万5,000円につきましては、県道川越所沢線北所沢町交差点から都市計画道路北野下富線までの延長736mの区間において、道路築造工事と雨水管布設工事を行うものでございます。

 次に、180ページから181ページをお願いいたします。02公園費でございます。併せまして、議案資料ナンバー2の123ページ及び124ページも御参照願います。

 15節工事請負費、33街区公園築造工事4,347万円につきましては、新所沢東地区に計画しております美原中央公園用地を取得後に、敷地内にあります元東京法務局所沢職員宿舎の解体工事を行うものでございます。

 続きまして、17節公有財産購入費、54滝の城址公園用地購入費1,297万4,000円につきましては、公園計画地内の緑地保全部分について、土地所有者からの買い取りの申し出により用地を取得するものでございます。

 その下の56街区公園用地購入費3億2,730万7,000円につきましては、昨年12月3日に都市計画決定した新所沢東地区の美原中央公園及び山口地区の岩崎公園の用地を国から取得するものでございます。

 次に、03所沢カルチャーパーク建設費でございます。併せまして、議案資料ナンバー2の125ページも御参照願います。

 13節委託料、51再評価業務委託料270万円につきましては、公共事業の効率性及びその実施過程の透明性等を図るため事業の再評価を実施するもので、前回の実施後5年を経過したことから行うものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 17節公有財産購入費、32用地購入費(土地開発公社買戻分)1億4,978万6,000円及びその下の52用地購入費8,700万8,000円でございますが、国庫補助金を活用し土地開発公社からの買い戻しをするとともに、事業地内の用地を取得するものでございます。

 以上で、平成25年度所沢市一般会計予算の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、議案第32号、市道路線の廃止でございます。

 場所につきましては、案内図1をごらんいただきたいと思います。また、併せまして、議案資料ナンバー3の45ページも御参照願います。

 大字山口地内の市道5−1759号線につきましては、開発行為に伴い新設する道路との相互帰属を行うため、開発事業を行う前に市道路線の廃止をお願いするものでございます。

 以上で、建設部所管の議案につきまして説明を終わらせていただきます。



○浜野好明議長 次に、佐藤教育長

     〔佐藤徳一 教育長 登壇〕



◎佐藤教育長 教育委員会所管の議案につきまして御説明申し上げます。

 説明の順序でございますが、初めに、条例、続きまして、一般会計予算の順で御説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 初めに、議案第17号をお願いいたします。

 併せまして、議案資料ナンバー3の3ページ、4ページをごらんください。

 条例制定の趣旨でございますが、教育に関し、より広く住民の声や意見をいただき、その意見などを反映させ教育委員会をさらに充実したものにするとともに、教育行政のさらなる推進を図るため、教育委員会の委員の定数を5人から6人に増員することに伴いまして、新たに条例の制定を行うものでございます。

 それでは、条例の内容につきまして御説明申し上げます。

 現在、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第3条本文の規定により、教育委員会の委員の定数は5人と定められておりますが、委員の定数を増員し6人とすることに伴いまして、同条のただし書きの規定に基づき、当市の教育委員会の委員の定数を条例で定めるものでございます。

 なお、附則でございますが、条例の施行日を平成25年4月1日とするものでございます。

 次に、議案第7号につきまして御説明申し上げます。

 所管の部分は、所沢市一般会計歳出予算説明書の195ページから250ページでございます。

 初めに、195ページをお願いいたします。

 10款教育費、01教育委員会費、1節報酬、02委員報酬478万8,000円のうち88万8,000円及び18節備品購入費、01庁用備品費45万円でございますが、先ほど御説明申し上げました所沢市教育委員会委員定数条例制定のお認めをいただいた場合の教育委員1名増員分の委員報酬及び執務用の机、椅子購入費をお願いするものでございます。

 次に、200ページをお願いいたします。

 02教育指導費、1節報酬、31安全安心対策推進員報酬540万円でございますが、学校と地域が連携し危機管理体制を整え、学校内外での事故や事件を未然に防止するとともに、地域の防犯体制の強化や交通安全の推進を図るため、安全で安心な学校と地域の構築に向けて学校を支援する安全安心対策推進員を配置するためにお願いするものでございます。

 次に、同じく、02教育指導費のうち、1節報酬、34生徒指導対策員報酬、35心理士報酬、7節賃金、01臨時職員賃金の一部、8節報償費、02謝礼の一部、201ページに移りまして、9節旅費、02普通旅費の一部、12節役務費、09傷害保険料の一部の合計4,967万8,000円でございますが、いじめ、不登校、犯罪被害、非行問題行動などの課題に対し、児童・生徒、保護者、学校を支援するため、生徒指導対策員や心のふれあい相談員を配置するなどして、児童・生徒の健全育成を図るためにお願いするものでございます。

 次に、1ページ戻りまして、200ページの7節賃金、01臨時職員賃金1億7,610万6,000円のうち1,030万円でございますが、授業や学校行事をはじめとする校務全般を支援するために、豊富な経験と知識を有する教員経験者等を学校運営マルチサポーターとして中学校に配置するためにお願いするものでございます。

 次に、同じく、200ページ、201ページ、併せまして、議案資料ナンバー2の143ページをごらんください。

 同じく、02教育指導費のうち、議案資料右側の?事業費及びその財源等の7節賃金、01臨時職員賃金から13節委託料、76学び改善プロジェクト推進モデル校研究委託料までの合計512万5,000円でございますが、こちらにつきましては、学校、家庭、地域それぞれが、所沢市学び改善プロジェクト委員会で提言されました学力向上に向けた3つの提言を踏まえた取り組みを推進し、地域総ぐるみで市内児童・生徒の学力向上を図るため、中学校3校に小中学校連携支援員の配置と、小・中学校15校をモデル校として研究の委託をするためにお願いするものでございます。

 次に、1ページ戻りまして、200ページの7節賃金、01臨時職員賃金のうち4,828万円でございますが、学校教育の一層の活性化と児童・生徒一人ひとりに目の行き届いた教育の実現に資するため、学習支援員といたしまして、原則として教員資格を有する人材を小・中学校に配置するため、引き続きお願いするものでございます。

 同じく、臨時職員賃金のうち7,092万4,000円でございますが、小・中学校に在籍するさまざまな障害のある児童・生徒の学校生活を支援する特別支援教育支援員を配置するため、引き続きお願いするものでございます。

 なお、平成24年度は各小・中学校に1名ずつ配置させていただきましたが、25年度には3名を増員し、配慮を要する児童・生徒の多い学校に対応してまいります。

 次に、202ページをごらんください。

 03放課後支援事業費、7節賃金、01臨時職員賃金4,799万3,000円でございますが、放課後の学校施設を利用し、児童の安全・安心な居場所を確保するとともに、異年齢児との遊びや学びを通した交流を促進する「ほうかごところ」を実施するため放課後支援員を雇用するため、引き続きお願いするものでございます。

 次に、204ページをお願いいたします。

 前のページから続く03教育センター費、7節賃金、01臨時職員賃金1,596万9,000円のうち1,340万円でございますが、小学校の外国語活動におきまして、担任による外国語活動の授業の補助といたしまして外国語活動支援員を雇用するため、引き続きお願いするものでございます。

 なお、平成25年度は2名増員し、小学校2校に1名ずつ配置いたします。

 次に、209ページをお願いいたします。

 03小学校施設維持管理費、11節需用費、06修繕料(施設)1億1,000万円及び次のページの15節工事請負費、01施設改修工事4,400万円でございますが、学校施設の大半は昭和40年代から50年代にかけ建築され、経年による建物の機能低下や損傷が生じておりますことから、安全性を向上させるために施設の改修や修繕を行うためにお願いするものでございます。

 次に、同じく、03小学校施設維持管理費、15節工事請負費、02施設改修工事(施設整備事業分)1億2,450万円でございますが、併せまして、議案資料ナンバー2の133ページをごらんください。こちらにつきましては、所沢市公共建築物修繕計画に基づきまして、小手指小学校の給排水管改修工事及び泉小学校と宮前小学校の外壁塗装改修工事を行うためにお願いするものでございます。

 次に、211ページをお願いいたします。併せまして、議案資料ナンバー2の130ページ、131ページをごらんください。

 01要保護及び準要保護児童費のうち、議案資料ナンバー2の131ページの事業費内訳のうち、小学校費欄の消耗品費から福祉総合システムソフトウェア使用料までの合計151万2,000円でございますが、就学援助の支給処理を行うシステムの更新を行うためにお願いするものでございます。

 次に、213ページをお願いいたします。併せまして、議案資料ナンバー2の132ページをごらんください。

 02中学校運営費、12節役務費、02手数料のうち1,451万1,000円及び14節使用料及び賃借料、31教育用コンピュータ等借料のうち2,471万円でございますが、平成15年度及び16年度に各中学校に導入いたしました教育用コンピュータを更新し、1校当たり41台、15校合計615台のパソコン及びサーバ等をリースするためにお願いするものでございます。

 次に、214ページ、215ページをお願いいたします。

 03中学校施設維持管理費、11節需用費、06修繕料(施設)5,000万円及び次のページの15節工事請負費、01施設改修工事2,850万円でございますが、先ほど御説明申し上げました小学校と同様に、施設の修繕、改修を行うためにお願いするものでございます。

 次に、同じく、03中学校施設維持管理費、15節工事請負費、02施設改修工事(施設整備事業分)8,105万円でございますが、併せまして、議案資料ナンバー2の134ページをごらんください。こちらにつきましては、所沢市公共建築物修繕計画に基づきまして、美原中学校の受水槽改修工事、中央中学校の受変電設備改修工事、富岡中学校及び山口中学校西校舎の屋上防水改修工事を行うためにお願いするものでございます。

 次に、216ページをお願いいたします。併せまして、議案資料ナンバー2の130ページ、131ページをごらんください。

 01要保護及び準要保護生徒費のうち、議案資料ナンバー2の131ページ、事業費内訳の中、中学校費欄の消耗品費から福祉総合システムソフトウェア使用料までの合計103万円でございますが、先ほど御説明申し上げました小学校費と同様に、就学援助の支給処理を行うシステムの更新を行うためにお願いするものでございます。

 次に、224ページ、225ページをお願いします。併せて、議案資料ナンバー2の135ページ、136ページをごらんください。

 前のページから続く01公民館運営費及び225ページの02公民館施設維持管理費のうち、議案資料ナンバー2の136ページ、事業費内訳の中、社会教育課欄の通信運搬費から公共施設予約システム利用料までの合計2,532万3,000円でございますが、平成25年9月末で再リース期間が満了となります現行の予約システムにかわり、新たなシステムの構築を行うためにお願いするものでございます。

 次に、同じく、225ページをお願いします。併せまして、議案資料ナンバー2の138ページをごらんください。

 02公民館施設維持管理費、13節委託料、42設計委託料(施設整備事業分)430万円及び次のページの15節工事請負費、02施設改修工事(施設整備事業分)1億6,010万円でございますが、所沢市公共建築物修繕計画に基づきまして、並木公民館の受変電設備改修工事、吾妻公民館の受変電設備及び空調機改修工事、富岡公民館につきましては空調機改修の設計委託を行うためにお願いするものでございます。

 次に、その下の31下水道設備整備工事1,049万4,000円でございますが、併せまして、議案資料ナンバー2の137ページをごらんください。こちらにつきましては、小手指地区の下水道整備に伴いまして小手指公民館付近の下水道が整備されましたことから、小手指公民館の下水を公共下水道に接続するためにお願いするものでございます。

 次に、227ページをお願いいたします。

 02図書館運営費、11節需用費、01消耗品費のうち1万9,000円でございますが、雑誌スポンサー事業といたしまして、図書館で配架する雑誌を地元企業・団体等に寄贈していただき、そのかわりに雑誌本体のカバーに寄贈者の名称やメッセージ・イメージなどを表示するためのカバー代としてお願いいたします。図書購入費の財源確保と地域活性化を図るものでございます。

 次に、228ページをお願いいたします。

 同じく、02図書館運営費、13節委託料、54コンビニエンスストア図書取次業務委託料219万8,000円でございますが、コンビニエンスストアに図書等の取り次ぎを委託するために引き続きお願いするものでございます。

 なお、24年度は6店舗により実施しておりましたが、利便性向上の観点から、25年度は2店舗ふやしまして8店舗で実施するものでございます。

 次に、229ページをお願いいたします。併せまして、議案資料ナンバー2の142ページをごらんください。

 前のページから続く03図書館施設維持管理費、15節工事請負費、02施設改修工事(施設整備事業分)850万円でございますが、所沢市公共建築物修繕計画に基づきまして、施設の延命化を図るため、所沢図書館本館の直流電源装置改修工事を行うためにお願いするものでございます。

 次に、231ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の140ページをごらんください。

 前のページから続く02文化財保護費、15節工事請負費、02施設改修工事(施設整備事業分)1,360万円でございますが、こちらにつきましても、所沢市公共建築物修繕計画に基づきまして、施設の延命化を図るため、柳瀬民俗資料館の屋根、外壁塗装、建具改修工事を行うためにお願いするものでございます。

 次に、235ページをお願いいたします。

 06滝の城跡整備事業費、7節賃金、02発掘調査員賃金566万2,000円でございますが、滝の城跡の整備事業におきまして、滝の城跡保存管理計画及び滝の城跡整備基本計画に基づきまして、平成25年度より行う予定の大型土塁2基の発掘調査を行うためにお願いするものでございます。

 次に、236ページをお願いいたします。併せまして、議案資料ナンバー2の135ページ、136ページを御参照ください。

 02生涯学習推進センター費のうち、議案資料ナンバー2の136ページ、事業費内訳の中、生涯学習推進センター欄の通信運搬費から公共施設予約システム利用料までの合計195万2,000円でございますが、先ほど御説明いたしました公民館運営費と同様、平成25年9月末で再リース期間が満了となります現行の予約システムにかわり、新しいシステムの構築を行うためにお願いするものでございます。

 次に、238ページの、同じく、02生涯学習推進センター費、15節工事請負費、02施設改修工事(施設整備事業分)2,500万円でございますが、併せまして、議案資料ナンバー2の141ページを御参照ください。こちらにつきましても、所沢市公共建築物修繕計画に基づきまして、施設の延命化を図るため、生涯学習推進センター体育館の屋根、外壁改修工事を行うためにお願いするものでございます。

 次に、244ページをお願いいたします。併せまして、議案資料ナンバー2の139ページを御参照ください。

 02体育施設総務費、12節役務費、05不動産鑑定料15万3,000円、13節委託料、13測量委託料47万8,000円及び17節公有財産購入費、35北野総合運動場用地購入費132万6,000円でございますが、借地となっております北野総合運動場の敷地の一部につきまして、土地の所有者から買い取りの申し出がありましたことから、用地を取得するためにお願いするものでございます。

 次に、245ページをお願いいたします。併せまして、議案資料ナンバー2の135ページ、136ページを御参照ください。

 03体育施設運営費のうち、議案資料ナンバー2の136ページ、事業費内訳の中、スポーツ振興課欄の通信運搬費から公共施設予約システム利用料までの合計1,753万3,000円でございますが、先ほど御説明申し上げました公民館運営費と同様、平成25年9月末で再リース期間が満了となります現行の予約システムにかわり、新たなシステムを構築するためにお願いするものでございます。

 次に、248ページをお願いします。併せまして、議案資料ナンバー2の144ページを御参照ください。

 03学校給食運営費、学校給食管理システム更新事業といたしまして、議案資料右側の?事業費及びその財源等欄、12節役務費、02手数料から14節使用料及び賃借料、06事務機器借料までの合計124万7,000円でございますが、現在、単独調理校である小学校15校のうち、学校給食管理システム用パソコンの老朽化に伴い、13校についてリース契約による更新を行うためにお願いするものでございます。

 次に、同じページの53学校給食調理業務委託料2億3,584万4,000円でございますが、10校の学校給食の調理業務を委託するためにお願いするものでございます。

 次に、249ページをお願いいたします。

 04学校給食施設費、11節需用費、06修繕料(施設)2,000万円でございますが、安全・安心な学校給食を提供するために、学校給食センター及び単独調理校の各種修繕を行うためにお願いするものでございます。

 次に、同じページの13節委託料、41設計委託料500万円及び14節使用料及び賃借料、32学校給食調理機器等借料のうち135万6,000円でございますが、併せまして、議案資料ナンバー2の145ページを御参照ください。こちらにつきましては、学校給食センターの老朽化に伴い、その負担軽減を図るため、小学校調理場を拡充し、近隣中学校の給食調理も行う親子方式調理場の整備を計画的に進めるものでございます。平成25年度は、柳瀬小学校給食室増改築工事設計委託及び和田小学校の学校給食調理機器等の賃借料をお願いするものでございます。

 以上で、歳出の説明を終わりまして、恐れ入りますが、平成25年度所沢市一般会計予算12ページをお願いいたします。

 第3表債務負担行為でございます。

 上から3つ目の自動体外式除細動器借料でございます。その一部といたしまして、小学校及び幼稚園、公民館、体育施設、図書館に設置するAED(自動体外式除細動器)の借料をお願いするものでございます。期間につきましては、平成26年度から平成30年度までとするものでございます。

 次に、その下の自動車借料でございますが、平成24年度に再リースいたしました学校給食配送車及び平成20年度からリースしております配送車につきまして、引き続き再リースをするための借料としてお願いするものでございます。期間につきましては、平成26年度まででございます。

 次に、その下の学校給食調理業務委託料でございますが、債務負担行為に伴う複数年契約の取扱基準に基づきまして、業務の適正化及び効率化を図るため、三ケ島小学校、牛沼小学校における学校給食調理業務委託を複数年契約とするもので、期間につきましては、平成26年度から28年度までとするものでございます。

 次に、その下の学校給食調理機器等借料でございますが、学校給食センター及び単独調理校で使用いたします機器等の借料をお願いするものでございます。期間につきましては、平成26年度から平成30年度までとするものでございます。

 次に、その下の事務機器等借料及び使用料でございますが、その一部といたしまして、就学援助のための福祉総合システム機器等借料、公民館、体育施設、生涯学習推進センターの公共施設予約システムハードウェア及びソフトウェアの借料並びにシステム利用料、教育センターのファイアーウォール機器借料、小・中学校のコンピュータ使用料、公民館、生涯学習推進センター及び所沢図書館のコピーコイン機借料、教育施設課の図面用大判プリンタ及びマイクロリーダープリンタの借料、小・中学校の教育用コンピュータ等の借料、教育センターの事務用コンピュータ機器等の借料、公民館のIT講習用パソコン機器、学校給食単独調理校の小学校で使用する学校給食管理システム用コンピュータ機器の借料をお願いするものでございます。期間につきましては、平成26年度から契約期間満了までとなってございます。

 以上で、所管の議案の説明を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○浜野好明議長 次に、坂本下水道部長

     〔坂本博典 下水道部長 登壇〕



◎坂本下水道部長 下水道部所管の議案につきまして御説明を申し上げます。

 説明の順序につきましては、所管の議案番号順に、議案第7号、議案第14号、議案第25号、議案第29号とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 初めに、議案第7号、一般会計予算についてですが、歳出予算説明書の186ページをお願いいたします。

 下段の8款土木費、01下水道整備費、19節負担金補助及び交付金、41下水道事業会計負担金14億2,353万6,000円ですが、一般会計が負担すべき都市下水路及び雨水処理に要する費用としてお願いをするものです。

 その下の42下水道事業会計補助金10億3,163万5,000円につきましては、汚水処理に係る経費のうち、下水道使用料で賄えない補填分として補助をお願いするものです。

 議案第7号につきましては、以上でございます。

 続きまして、別冊になりますが、議案第14号、下水道事業会計をお願いいたします。

 初めに、1ページの第2条業務の予定量、(2)年間処理水量につきましては、大口事業者の節水対策や一般家庭での節水意識の定着、さらには節水型機器の普及などを考慮いたしまして、3,822万5,000立方メートルとしたものです。

 次に、(4)主要な建設改良事業につきましては、大きく2つの事業に分類をしております。

 1つ目は公共下水道施設整備事業の9億1,134万4,000円ですが、主な事業としましては、下水道長寿命化対策に係る計画を策定するため、旧町地区の対象管渠約29kmを調査いたします下水道長寿命化対策事業のほか、平成24年度・25年度の継続事業として西新井町に貯留施設を築造します合流式下水道緊急改善事業、その他、大字城地内、大字北秋津地内、東狭山ケ丘五丁目地内ほかの4カ所の特殊マンホールに耐震工事を行います下水道地震対策事業などとなっております。

 なお、これらの事業につきましては、参考資料の13ページ、議案第14号資料を御確認いただければと思います。

 次に、2つ目の公共下水道施設改良事業3,675万円につきましては、並木雨水1号幹線のうち、道路部分に埋設された老朽化の著しい管渠25mにつきまして、耐震補強工事を実施することとしているものです。

 続いて、第3条収益的収入及び支出の収入の部、第1款下水道事業収益につきましては50億7,544万円を計上しております。

 このうち、第1項の営業収益は38億8,198万7,000円とし、主なものとしましては、下水道使用料の28億4,117万円と雨水処理に係る経費として一般会計が負担しなければならない他会計負担金10億2,862万2,000円などとなっております。

 次に、その下の第2項営業外収益11億9,345万3,000円につきましては、汚水処理に係る経費のうち、公共性が高く、公費で負担すべきものとされている経費等につきまして、一般会計から負担をいただく他会計負担金1億6,179万2,000円のほか、汚水処理に係る経費のうち、下水道使用料で賄うことのできないものを一般会計から補填していただく他会計補助金10億3,163万5,000円などとなっております。

 続いて、支出の部の第1款下水道事業費用につきましては、収入の部の第1款下水道事業収益と同額の50億7,544万円を計上しております。

 このうち、第1項の営業費用44億7,622万6,000円につきましては、公共下水道や都市下水路の管理等に要する管渠費として6億8,541万4,000円、流域下水道維持管理負担金として12億2,320万円、地方公営企業会計への移行に伴い新たに計上された減価償却費の19億5,127万5,000円などとなっております。

 次に、第2項営業外費用は5億8,736万6,000円を計上させていただき、主なものとして、企業債の支払利息5億6,824万3,000円、消費税の1,886万3,000円等となっております。

 続いて、2ページをお願いいたします。

 第4条資本的収入及び支出のうち、収入の部の第1款資本的収入につきましては12億2,188万6,000円を計上いたしました。

 このうち、第1項企業債は、下水道事業及び流域下水道事業等の財源とするもので、6億5,660万円を計上し、第2項負担金におきましては、企業債の償還に係る基準内繰り入れや旧浄化センター跡地に係る国庫補助金返還金などとして3億3,296万6,000円を計上しているものです。

 次に、第3項の補助金2億2,800万円につきましては、下水道地震対策事業、合流式下水道緊急改善事業等に対します国庫補助金として計上したものです。

 次に、支出の部の第1款資本的支出につきましては、28億8,302万3,000円を計上いたしました。

 このうち、第1項建設改良費14億7,682万7,000円につきましては、第2条(4)で御説明いたしました下水道地震対策事業や他の事業に係る工事費のほか、設計委託料、調査委託料などとなるものです。

 続いて、第2項企業債償還金につきましては、企業債の元金償還分として12億4,198万6,000円を計上したもので、その次の第3項補助金返還金につきましては、旧浄化センター跡地に係る国庫補助返還金として1億4,721万円を計上したものです。

 そのほか、水洗便所改造資金貸付金として、第4項長期貸付金に700万円を計上させていただいたものです。

 こうした事業等によりまして、資本的収入の12億2,188万6,000円が資本的支出の28億8,302万3,000円に対して不足する16億6,113万7,000円につきましては、第4条頭書に記載のとおり、当年度分損益勘定留保資金16億71万1,000円と当年度分消費税資本的収支調整額6,042万6,000円を財源として補填をするものとしております。

 次に、第4条の2特例的収入及び支出につきましては、地方公営企業法施行令第4条第4項によりまして、平成24年度に発生した債権、債務のうち、平成25年度の債権、債務として整理する未収金及び未払金として、それぞれ5億1,862万9,000円と5億2,839万9,000円を計上しております。

 続いて、第5条の継続費につきましては、合流式下水道緊急改善事業に係る経費となるもので、総額を2億1,735万円とし、年割額は平成24年度を7,000万円、平成25年度を1億4,735万円とするものです。

 次に、その下の3ページをお願いいたします。

 第6条の債務負担行為ですが、表中1行目の下水道管理事務所警備業務委託料につきましては、経費節減と事務の効率化を図るため、債務負担行為の期間を平成26年度から平成30年度までとし、限度額を158万8,000円とするものです。

 次に、表中2行目の複写機賃借料につきましては、1行目の下水道管理事務所警備業務委託料と同様に、5年間の債務負担行為を設定し、その限度額を272万5,000円とするものです。

 続いて、第7条企業債につきましては、平成25年度に借り入れを予定しております企業債の起債の目的、限度額などを定めたもので、下水道事業として4億1,400万円、流域下水道事業として2億4,260万円を上限額として設定をするものです。

 次に、4ページをお願いいたします。

 第8条一時借入金につきましては、その限度額を20億円と定めるものです。

 次に、第11条他会計からの補助金につきましては、第3条の収入の部、第1款第2項の営業外収益で御説明いたしました汚水に係る経費の補填分となるものです。

 最後に、第12条たな卸資産購入限度額につきましては、マンホールの蓋や枠などの材料購入費用として、その限度額を1,206万9,000円とするものです。

 議案第14号につきましては、以上でございます。

 続きまして、議案第25号、基金条例の廃止をお願いいたします。

 併せまして、議案資料ナンバー3の27ページを御参照ください。

 この下水道特別会計財政調整基金につきましては、下水道事業が平成25年度から地方公営企業法を適用することに伴いまして、基金自体を活用することがなくなりますことから、今回これの廃止をお願いするものです。

 続きまして、最後になりますが、議案第29号、規約の変更をお願いいたします。

 議案資料はナンバー3の35ページから38ページになりますが、初めに、この議案資料の38ページ、対象区域図をごらんください。

 所沢市側の大字北秋津385番につきましては、東村山市との市境をまたいで宅地造成が予定されております。しかしながら、この地域の所沢市分につきましては、道路に接していないため本市が下水処理を行うことが地形的に難しい状況となっております。こうしたことから、この地域から排出される下水の受け入れを東村山市に依頼するため、地方自治法第244条の3及び第252条の14の規定によりまして協議をお願いするものです。

 また、今回の規約の変更は、新たに東村山市に下水処理をお願いすることになります位置図等を改めることと併せまして、本市の下水道事業が地方公営企業法を適用することに伴う規定の整備等も行うものとなっております。

 規定の整備につきましては、議案資料ナンバー3の36ページ、新旧対照表によって御説明を申し上げます。

 初めに、第3条ですが、本市の下水道事業が地方公営企業法を適用することに伴いまして、旧の「規則等」を新たに「規則、規程等」に改めるものです。

 次に、第5条につきましては、地方自治法の改正により参照条文に条ずれが生じていましたので、これを改めるものです。

 最後に、第7条につきましては、第3条と同様の変更となるものです。

 なお、本規約の変更日は、平成25年4月1日とするものです。

 下水道部所管の議案の説明につきましては、以上でございます。



○浜野好明議長 次に、桑野財務部長

     〔桑野博司 財務部長 登壇〕



◎桑野財務部長 それでは、財務部所管の議案につきまして御説明申し上げます。

 議案第7号、一般会計予算をお願いいたします。

 初めに、歳出予算説明書から主なものを御説明申し上げます。

 13ページをお願いいたします。

 2款総務費、10契約事務費、19節負担金補助及び交付金、49電子入札共同システム負担金515万円でございますが、埼玉県及び県内市町村が共同運営する電子入札共同システムにつきまして、その運営に係る経費と新たなシステム開発費の負担金をお願いするものでございます。

 次に、16ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の55ページを御参照ください。

 01財政事務費、13節委託料、54財務会計システムデータ移行委託料2,457万3,000円でございますが、財務会計システムサーバは平成19年に導入し、現在、再リースにて運用しております。平成25年9月に機器のリースとサポート期間が満了することから、サーバ集約化に伴いデータ移行を行うものでございます。

 次に、19ページをお願いいたします。

 01財産維持管理費、13節委託料、60浄化センター沈殿池清掃業務委託料580万円及び19節負担金補助及び交付金、48土壌調査業務負担金2,878万2,000円でございますが、旧浄化センターにつきましては、その用途が廃止となったことから、平成25年度より一般会計において管理する予定でございます。施設は廃止となりましたが、引き続き、沈殿池の清掃業務を委託し、また、土壌調査業務につきましては下水道部で実施するため負担金をお願いするものでございます。

 次に、少し上の15節工事請負費、01施設改修工事1,130万円でございますが、所沢准看護学院屋上防水改修工事を行うものでございます。

 次に、その下の33庁舎改修工事3,370万円でございますが、平成19年度から順次実施しております市庁舎中長期修繕計画に基づく中央管理システムの改修工事でございまして、今回は第5期目となるものでございます。

 次に、47ページをお願いいたします。併せて、議案資料ナンバー2の56ページを御参照ください。

 01市民税等賦課事務費、13節委託料、51税系システム開発委託料2,828万9,000円、1枚めくっていただきまして、49ページ、02資産税賦課事務費、13節委託料、57税系システム開発委託料1,552万5,000円及び次のページ、50ページの03徴収事務費、13節委託料、51税系システム開発委託料1,473万3,000円でございますが、平成26年度の稼働に向けて、開発費用とデータ移行に係る費用をお願いするものでございます。税系システムの開発経費とデータ移行費につきましては、平成24年度予算で一般会計と国民健康保険特別会計を合わせて8億682万7,000円の債務負担行為を設定しておりましたが、プロポーザルの結果、3億3,390万円で決定したものでございます。

 なお、このうち平成25年度におきましては、財務部所管分として合計で5,854万7,000円を計上するものでございます。

 恐れ入りますが、戻りまして、49ページをお願いいたします。

 02資産税賦課事務費、13節委託料、59固定資産土地評価替基本調査委託料5,100万円でございますが、併せて、議案資料ナンバー2の57ページを御参照ください。平成27年度の評価替えに活用する標準宅地について、価格調査基準日である平成26年1月1日時点の不動産鑑定を委託するもので、3年に一度行っているものでございます。

 次に、50ページをお願いします。併せて、議案資料ナンバー2の58ページを御参照ください。

 03徴収事務費、13節委託料、65コールセンター委託料450万円でございますが、現年度収入未済額の圧縮を図るため、引き続き、納税コールセンターを設置し、民間事業者による電話催告を行うものでございます。

 次に、飛びまして、252ページをお願いいたします。

 上段の12款公債費、01元金償還金、23節償還金利子及び割引料、41総務債から57臨時財政対策債まで、それぞれの元金償還金として計60億651万1,000円の支払いを見込んでおります。

 次に、下段の01利子、23節償還金利子及び割引料、41総務債から次ページの61一時借入金利子まで、それぞれの利子として計8億323万4,000円の支払いを見込んでおります。

 次に、254ページをお願いいたします。

 予備費でございますが、5,000万円を計上するものでございます。

 以上で、歳出予算の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、一般会計予算をお願いいたします。

 19ページをお願いいたします。

 2歳入でございます。

 上段の1款市税、1目個人でございますが、引き続き個人所得の減少が見込まれるため、現年課税分で対前年度比1.1%の減と見込みました。

 次に、2目法人でございますが、国税と地方税を合わせた法人実効税率の見直しの影響により、現年課税分で対前年度比1.01%の減と見込みました。

 次に、下段、1目固定資産税でございます。土地収入見込額につきましては、引き続き下落傾向にあることから、対前年度比0.8%の減と見込みました。家屋収入見込額につきましては、新増築分等による増収分を見込み、対前年度比2.92%の増を見込みました。また、償却資産収入見込額につきましては、企業の新設の設備投資等が多くは見込めないことから、対前年度比3.85%の減と見込みました。これらのことから、固定資産税の現年課税分は、対前年度比0.35%の増となりました。

 次に、20ページをお願いいたします。

 上段、2目国有資産等所在市町村交付金でございますが、対前年度比6.36%の減と見込みました。これは、国有資産等の台帳価格の改定などにより、交付金の算定標準額が減少したことによるものでございます。

 次に、中段、1目軽自動車税でございますが、普通自動車からの買いかえなどに伴う登録台数の増が見込まれることから、現年課税分で対前年度比3.54%の増と見込みました。

 次に、下段、1目市たばこ税でございますが、法人実効税率の引き下げに伴い、県と市の税収の増減収を調整するため、平成25年4月1日から県たばこ税を引き下げ、市たばこ税を引き上げることにより増収が見込まれることから、対前年度比18.52%の増と見込みました。

 次に、21ページをお願いいたします。

 下段、1目事業所税でございますが、これまでの課税実績をもとに、資産割額、従業者割額を見込んだ結果、現年課税分で対前年度比2.1%の増と見込みました。

 次に、22ページをお願いいたします。

 上段、1目都市計画税でございますが、現年課税分では対前年度比0.2%の減と見込みました。

 以上が市税関係でございまして、その合計は501億5,859万4,000円、伸び率では対前年度比0.23%の増、金額で1億1,646万2,000円の増でございます。歳入に占める割合は56.4%でございます。

 次に、中段の2款地方譲与税から25ページ下段の10款地方特例交付金まででございますが、23年度の決算額、24年度の決算見込額などを勘案いたしまして、それぞれ計上するものでございます。

 次に、26ページをお願いいたします。

 中段の11款地方交付税でございますが、交付状況等を勘案し、普通交付税につきましては19億円、特別交付税につきましては2億3,000万円と見込んでおります。

 次に、下段の12款交通安全対策特別交付金でございますが、前年度の状況を勘案し、5,000万円を計上したところでございます。

 以上、2款の地方譲与税から12款の交通安全対策特別交付金までの合計は65億9,100万円、歳入に占める割合は7.4%、対前年度比7,100万円の減となっております。

 次に、27ページをお願いいたします。

 13款分担金及び負担金と14款使用料及び手数料につきましては、新規のものを御説明させていただきます。

 上段の13款分担金及び負担金、2目衛生費負担金、1節保健衛生費負担金、02未熟児養育医療一部負担金でございますが、こちらにつきましては、未熟児養育医療の給付を受けた場合の一時負担金となりますが、この自己負担分につきましては子ども医療費より補填されるものでございます。

 次に、31ページをお願いいたします。

 上段の14款使用料及び手数料、5目土木手数料、1節土木手数料、07低炭素建築物新築等計画認定手数料でございますが、「都市の低炭素化の促進に関する法律」の施行に伴います認定手数料でございます。

 次に、下段の15款国庫支出金から43ページ、16款県支出金、3項委託金まででございますが、新規事業を中心に、議案資料ナンバー2の概要調書の中でそれぞれの事業に充当される補助金等が記載されております。また、所管部長からの説明と重複する部分も多くございますので、説明を省略させていただき、それ以外の歳入につきまして、所管部分を中心に御説明させていただきます。

 それでは、44ページをお願いいたします。

 下段の17款財産収入、1目財産貸付収入、1節土地建物貸付収入1億2,300万7,000円でございますが、議案資料ナンバー2の29ページに記載してありますとおり、建物貸付収入のうち1億150万3,000円につきましては株式会社ワルツ所沢への貸付収入でございます。

 次に、47ページをお願いいたします。

 19款繰入金、1目財政調整基金繰入金17億4,070万7,000円でございますが、財源調整のため繰り入れるものでございます。その結果、現時点での財政調整基金残高は約14億1,500万円となる見込みでございます。

 次に、3目温暖化対策基金繰入金、4目緑の基金繰入金、5目道路整備基金繰入金、7目施設整備基金繰入金につきましては、それぞれの事業に対し財源として繰り入れるものでございます。

 次の8目ふるさと応援基金繰入金でございますが、保健センター、保育園、児童館、まちづくりセンターの備品購入に対して繰り入れるものでございます。

 次に、48ページをお願いします。

 上段の20款繰越金でございますが、前年度繰越金の見込額10億円を計上するものでございます。

 次に、53ページをお願いいたします。

 21款諸収入、4目雑入、1節総務雑入、34派遣職員給与等負担金受入金でございますが、埼玉西部消防組合へ派遣された職員の給与等負担金の受け入れでございます。

 次に、35情報ネットワークパソコン等利用負担金受入金でございますが、下水道部で使用しているパソコン、プリンターの借料の一部を下水道事業会計から受け入れるものでございます。

 次に、54ページをお願いします。

 3節衛生雑入、11ごみ分別パンフレット広告料ですが、ごみ分別パンフレットへの広告掲載料でございます。

 次に、55ページをお願いいたします。

 7節土木雑入、05土木積算システム機器負担金受入金でございますが、下水道部で使用しております土木積算システムの借料の一部を下水道事業会計から受け入れるものでございます。

 次に、8節消防雑入、03元利償還負担金受入金でございますが、常備消防に係る消防債の債務につきましては埼玉西部消防組合に承継されますが、このうち、他の市債と合算して借り入れた消防債につきましては市償還分と合わせての償還となりますことから、その元利償還金につきまして埼玉西部消防組合から受け入れるものでございます。

 次に、56ページをお願いいたします。

 上段の9節教育雑入、10ふるさと研究グッズ販売収入でございますが、ふるさと研究の刊行物やグッズの販売収入でございます。

 下段の22款市債でございますが、1目総務債から次のページの6目教育債までにつきましては、それぞれの事業に対する借り入れでございます。

 その下の7目臨時財政対策債につきましては、38億円をお願いするものでございます。

 以上で、歳入の説明を終わらせていただきます。

 次に、恐れ入りますが、前に戻りまして、10ページをお願いいたします。

 第3表債務負担行為でございます。

 最下段の平成26年度開始前に契約事務を行う業務につきましては、平成26年度開始前に契約事務が行えるようにするために債務負担行為をお願いするものでございます。

 なお、期間及び限度額につきましては、記載のとおりでございます。

 次に、11ページをお願いいたします。

 上から5番目の個人市民税納税通知書作成委託料及びその下の固定資産税等納税通知書作成委託料でございますが、年度開始前に業者を選定する必要があるため債務負担行為をお願いするものでございます。

 次に、12ページをお願いいたします。

 最下段の事務機器等借料及び使用料につきましては、パソコン等を数年間のリース契約とするために債務負担行為をお願いするものです。

 次に、13ページをお願いいたします。

 上段の所沢市が「所沢市土地開発公社」に委託して行う公共用地取得事業でございますが、都市計画道路用地及び所沢カルチャーパーク用地取得に対しまして債務負担行為をお願いするものでございます。

 その下の所沢市土地開発公社に対する債務保証でございますが、公共用地取得事業に対する事業資金の借り入れに伴う債務保証につきまして債務負担行為をお願いするものでございます。

 次に、14ページをお願いいたします。

 第4表地方債でございます。

 起債の目的及び限度額でございますが、それぞれの事業債につきまして、先ほど歳入の中で御説明いたしましたとおり借り入れを行いますので、その限度額につきましてお願いするものでございます。起債の方法、利率及び償還の方法につきましては、表記のとおりでございます。

 以上で、所管の議案の説明を終わらせていただきます。



○浜野好明議長 次に、小笠原市民医療センター事務部長

     〔小笠原 彰 市民医療センター事務部長 登壇〕



◎小笠原市民医療センター事務部長 それでは、市民医療センター所管の議案につきまして御説明申し上げます。

 議案第15号「平成25年度所沢市病院事業会計予算」をお願い申し上げます。

 平成25年度予算編成の基本的な考え方といたしましては、公的医療機関として果たすべき役割でございます地域医療の充実及び小児初期救急医療体制の充実を引き続き実行し、地域完結型の医療提供体制に寄与してまいるものでございます。また、平成21年10月に策定をいたしました所沢市市民医療センター改革プランの最終年度となることから、引き続き、実施計画を進めますとともに、平成26年度からの次期プランの策定を行ってまいります。

 それでは、予算書の1ページをお願い申し上げます。

 第2条業務の予定量でございますが、これまでの実績を踏まえまして見込んだものでございます。

 (2)の年間患者数につきましては、入院患者数を前年度に比べ780人増の1万2,255人、外来患者数を前年度に比べ6,478人増の5万5,314人を見込んでおります。

 次に、(3)の一日平均患者数でございますが、小児科休日急患診療につきましては、従来から実施をしております日曜日と多くの医療機関が診療を行っていない祝日及び年末年始につきまして、医師の確保を図りながら引き続き実施をいたします。また、小児深夜帯急患診療につきましては、昨年10月に小児科医師が招聘されたことにより、事業の充実を図り、本年4月から日曜日を新たに加え、木曜日を除いた週6日の実施とするものでございます。これによりまして、本市におきましては1年365日、昼間、夜間、深夜帯、全ての時間帯において小児初期救急医療体制が整うことになります。一日平均患者数につきましては、小児休日急患診療が71人、小児夜間急患診療が18人、小児深夜帯急患診療は9人を見込んでおります。

 続きまして、(4)の年間健康検診者数につきましては、これまでの実績を踏まえ、人間ドック検診が1万250人、生活習慣病検診が1,500人を見込んでおります。

 次に、(6)の主要な建設改良事業のうち、固定資産購入費1,439万8,000円につきましては、エックス線テレビ装置及びシステム蛍光顕微鏡などの機械備品を老朽化に伴いまして購入するものでございます。

 その下の固定資産改良費1,751万4,000円につきましては、経年劣化しております受変電設備を昨年度に引き続き改修するとともに、同じく老朽化しております給湯ボイラーの取り替え工事を行うものでございます。

 次に、2ページをお願いいたします。

 上段の第3条収益的収入及び支出でございますが、収入につきましては、外来患者数などの増に伴い、病院事業収益といたしまして昨年度に比べ7.0%増の18億1,400万9,000円を計上いたしました。

 第2項の医業外収益3億9,253万7,000円でございますが、このうち他会計負担金は3億8,384万円でございます。この内訳でございますが、病院事業会計分といたしまして2億2,184万円、小児医療分といたしまして1億6,200万円をお願いするものでございます。

 次に、支出でございますが、病院事業費といたしまして19億7,292万3,000円を計上いたしております。

 主なものといたしましては、給与費でございますが、地域医療や小児科の急患診療の充実を図るため、医師及び看護師の増員を含め、職員数を3名増の82人としたことなどから、前年度に比べまして3,369万1,000円増の11億8,315万円を予定しております。また、委託料では、日曜日の小児深夜帯急患診療の開始に伴う医事受付業務委託料等の増により、前年度に比べ1,826万3,000円増の2億8,404万5,000円を計上いたしました。

 この結果、病院事業収益から病院事業費を差し引きました収支につきましては、1億5,891万4,000円の損失が見込まれるものでございます。

 次に、第4条資本的収入及び支出のうち、資本的支出8,961万8,000円でございますが、第1項の建設改良費3,191万2,000円につきましては、第2条のところで御説明申し上げました固定資産購入費と固定資産改良費に係る事業費でございます。

 第2項企業債償還金につきましては、平成24年度の医療情報システム更新に伴う費用に充てました企業債の償還金といたしまして5,765万3,000円を計上しております。

 なお、償還期間は5年間でございます。

 続きまして、3ページをお願いいたします。

 第5条債務負担行為でございますが、業務を円滑に遂行するため、平成26年度開始前に契約事務を行う業務につきまして設定いたしたものでございます。それぞれの期間、限度額につきましては、記載のとおりでございます。

 市民医療センターの所管の議案の説明は、以上でございます。



○浜野好明議長 次に、粕谷水道事業管理者

     〔粕谷不二夫 水道事業管理者 登壇〕



◎粕谷水道事業管理者 それでは、別冊の議案第13号、水道事業会計予算につきまして御説明いたします。

 初めに、1ページをお願いいたします。

 第2条業務の予定量の中の(2)の年間総給水量につきましては、平成24年度の給水量の見込み、あるいは近年の傾向である大口使用者の節水対策や一般世帯における節水型機器の普及などによる使用量の動向などを総合的に勘案いたしまして、24年度と同水量の3,702万6,000立方メートルとしたものでございます。

 次に、(4)の主要な建設改良事業につきましては、大きく2事業に分類しております。

 まず、配水管整備拡充事業の17億6,138万7,000円につきましては、新たに配水管を布設する事業と老朽化した配水管の布設替え事業がございまして、これらの事業を合わせた本年度の配水管布設の総延長は約1万3,700mを予定しております。

 なお、配水管布設工事予定箇所につきましては、参考資料11ページの議案第13号資料を御参照願います。

 次に、施設整備改良事業の5億3,368万4,000円でございますが、その主なものは、浄水場施設の耐震化を図るための東部浄水場配水池2号耐震補強工事2億2,491万円と南部浄水場の良好な水質の維持を図るための南部浄水場鉄・マンガン除去設備更新工事2億4,021万9,000円などでございます。

 なお、東部浄水場配水池2号耐震補強工事につきましては、議案資料ナンバー2の148ページを御参照願います。

 次に、第3条の収益的収入及び支出でございますが、収入につきましては、水道事業収益として63億2,793万7,000円を計上いたしました。

 このうち、第1項営業収益として63億927万6,000円を計上いたしましたが、その主なものは、水道料金56億4,068万9,000円、水道利用加入金3億112万9,000円などを見込み、営業収益全体では前年度に比べ0.7%の減となっております。

 次に、支出につきましては、水道事業費として60億88万4,000円を計上いたしました。

 このうち、第1項営業費用として58億3,641万3,000円を計上いたしましたが、その主なものは、県水の受水費21億7,661万5,000円、減価償却費17億5,155万2,000円、職員給与費7億6,129万5,000円などでございます。

 第2項営業外費用につきましては1億4,101万1,000円を計上いたしておりますが、主なものは、企業債の支払利息と消費税でございます。

 以上の結果、平成25年度は2億1,654万8,000円の純利益を見込んでおります。

 次に、2ページに移りまして、第4条の資本的収入及び支出でございますが、資本的収入につきましては1億4,166万9,000円を計上いたしました。

 このうち、第1項負担金として1億1,888万7,000円を計上いたしましたが、その主なものは、消火栓設置に伴う他会計負担金と開発行為等に伴う工事負担金でございます。

 次に、第2項補助金として2,278万2,000円を計上いたしました。これは、東部浄水場配水池2号耐震補強工事に対する国庫補助金を見込んだものでございます。

 次に、資本的支出につきましては28億8,557万円を計上いたしました。

 第1項の建設改良費25億4,319万円の主なものは、第2条の主要な建設改良事業で御説明いたしました施設工事費でございます。また、その他の経費といたしましては、測量業務委託などの委託料2,915万4,000円を計上しております。

 次の第2項の企業債償還金につきましては、企業債の元金償還分として3億4,238万円を計上しております。

 これらにより、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額27億4,390万1,000円につきましては、第4条に記載しておりますそれぞれの財源をもって補填するものでございます。

 次の第5条は債務負担行為でございますが、表中、1行目の西部浄水場ほか6箇所施設警備業務委託料につきましては、債務負担行為を設定し経費節減を図るものでございまして、期間を平成26年度から30年度までの5年間とし、限度額を2,181万円とするものでございます。

 最後に、第8条たな卸資産の購入限度額につきましては、量水器購入などの費用として9,023万4,000円としております。

 以上で、所管の議案の説明を終わらせていただきます。



○浜野好明議長 以上で、担当者の説明は終わりました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△次会の日程報告



○浜野好明議長 以上をもって、本日の日程は終わりました。

 明27日、明後28日は議案調査のため本会議を休み、来る3月1日午前10時より本会議を開き、日程に従い議事を進めます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○浜野好明議長 本日は、これにて散会いたします。

 長時間、大変お疲れさまでした。

午後2時41分散会

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−