議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 秩父市

平成23年  6月定例会 06月07日−議案説明−01号




平成23年  6月定例会 − 06月07日−議案説明−01号







平成23年  6月定例会





                秩父市議会定例会議事日程 (1)

平成23年6月7日(火) 午前10時開会

 1 議席の変更について
 2 会議録署名議員の指名
 3 会期の決定
 4 諸報告
  (1) 平成22年度秩父市一般会計繰越明許費繰越計算書について(報告)
  (2) 平成22年度秩父市一般会計事故繰越し繰越計算書について(報告)
  (3) 平成22年度秩父市下水道事業特別会計継続費繰越計算書について(報告)
  (4) 平成22年度秩父市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について(報告)
  (5) 平成22年度秩父市駐車場事業特別会計繰越明許費繰越計算書について(報告)
  (6) 平成22年度秩父市水道事業会計予算繰越計算書について(報告)
  (7) 専決処分について(自動車事故に係る損害賠償額の決定及び和解について)
  (8) 専決処分について(自動車事故に係る損害賠償額の決定及び和解について)
  (9) 専決処分について(自動車事故に係る損害賠償額の決定及び和解について)
  (10) 例月出納検査結果報告
 5 市長提出議案の報告
 6 議案第35号から議案第42号まで一括上程、説明

        平成23年6月定例会会期日程 (案)

   自平成23年6月 7 日
                 15日間
   至平成23年6月21日

 会期の予定                                         
┌────┬──────┬──┬─────┬─────────────────────────┐
│区  分│月    日│曜日│開   議│      議          事       │
├────┼──────┼──┼─────┼─────────────────────────┤
│    │      │  │     │〇開会                      │
│    │      │  │     │〇議席の変更                   │
│    │      │  │     │〇会議録署名議員の指名              │
│第 1 日│6月 7 日 │ 火 │午前10時│〇会期の決定                   │
│    │      │  │     │〇諸報告                     │
│    │      │  │     │〇市長提出議案の報告               │
│    │      │  │     │〇議案第35号から議案第42号まで一括上程、説明 │
├────┼──────┼──┼─────┼─────────────────────────┤
│第 2 日│6月 8 日 │ 水 │     │〇休会(議案調査・一般質問ヒアリング)      │
├────┼──────┼──┼─────┼─────────────────────────┤
│第 3 日│6月 9 日 │ 木 │     │〇休会(議案調査・一般質問ヒアリング)      │
├────┼──────┼──┼─────┼─────────────────────────┤
│    │      │  │     │〇議案に対する質疑                │
│第 4 日│6月10日 │ 金 │午前10時│                         │
│    │      │  │     │〇議案の委員会付託                │
├────┼──────┼──┼─────┼─────────────────────────┤
│第 5 日│6月11日 │ 土 │     │〇休会(土曜日)                 │
├────┼──────┼──┼─────┼─────────────────────────┤
│第 6 日│6月12日 │ 日 │     │〇休会(日曜日)                 │
├────┼──────┼──┼─────┼─────────────────────────┤
│    │      │  │     │〇請願・陳情                   │
│第 7 日│6月13日 │ 月 │午前10時│                         │
│    │      │  │     │〇市政に対する一般質問              │
├────┼──────┼──┼─────┼─────────────────────────┤
│第 8 日│6月14日 │ 火 │午前10時│〇市政に対する一般質問              │
├────┼──────┼──┼─────┼─────────────────────────┤
│第 9 日│6月15日 │ 水 │午前10時│〇市政に対する一般質問              │
├────┼──────┼──┼─────┼─────────────────────────┤
│第10日│6月16日 │ 木 │     │〇委員会                     │
├────┼──────┼──┼─────┼─────────────────────────┤
│第11日│6月17日 │ 金 │     │〇委員会                     │
├────┼──────┼──┼─────┼─────────────────────────┤
│第12日│6月18日 │ 土 │     │〇休会(土曜日)                 │
├────┼──────┼──┼─────┼─────────────────────────┤
│第13日│6月19日 │ 日 │     │〇休会(日曜日)                 │
├────┼──────┼──┼─────┼─────────────────────────┤
│第14日│6月20日 │ 月 │     │〇休会(事務整理)                │
├────┼──────┼──┼─────┼─────────────────────────┤
│    │      │  │     │〇委員長報告 〇委員長報告に対する質疑 〇討論  │
│第15日│6月21日 │ 火 │午前10時│                         │
│    │      │  │     │〇採決 〇閉会                  │
└────┴──────┴──┴─────┴─────────────────────────┘

 出席議員(26名)
    1番   金  崎  昌  之  議員     2番   上  林  富  夫  議員
    3番   新  井  重 一 郎  議員     4番   木  村  隆  彦  議員
    5番   竹  内  勝  利  議員     6番   冨  田  俊  和  議員
    7番   ?  野     宏  議員     8番   五 野 上  茂  次  議員
    9番   小  池     治  議員    10番   松  澤  一  雄  議員
   11番   新  井     豪  議員    12番   金  田  安  生  議員
   13番   逸  見  英  昭  議員    14番   笠  原  宏  平  議員
   15番   落  合  芳  樹  議員    16番   江  田  治  雄  議員
   17番   斎  藤  捷  栄  議員    18番   出  浦  章  恵  議員
   19番   新  井  康  一  議員    20番   山  中     進  議員
   21番   大 久 保     進  議員    22番   福  井  貴  代  議員
   23番   小  櫃  市  郎  議員    24番   浅  海     忠  議員
   25番   宮  田  勝  雄  議員    26番   荒  船     功  議員

 欠席議員(なし)

 説明のための出席者(22名)
     久  喜  邦  康   市  長      横  井  隆  幸   副 市 長
     久  保  忠 太 郎   教 育 長      大  島  育  生   市長室長

     新  井  秀  弘   市 長 室      森  前  光  弘   総務部長
                  参  事

     峰  岸  宏  明   総 務 部      大  沢  賢  治   財務部長
                  参  事

     関  根     進   環境部長      井  上  ま り 子   市民部長

     米  持  孝  之   健康福祉      加  藤     登   健康福祉
                  部  長                   部 参 事

     黒  沢  美  也   健康福祉      松  ?  重  男   産業観光
                  部 参 事                   部  長

     新  井  清  久   地域整備      村  田  幸  雄   病  院
                  部  長                   事務局長

     島  崎     洋   水道部長      斎  藤     保   教  育
                                         委 員 会
                                         事務局長

     山  口  辰  雄   吉田総合      島  田  孝  行   大滝総合
                  支 所 長                   支 所 長

     山  中  和  則   荒川総合      木  村  健  一   監査委員
                  支 所 長

 事務局職員出席者(5名)
     佐 々 木  奉  昭   事務局長      高  橋     睦   次  長
     浅  見     徹   主  査      川  合  良  成   主  査
     石  ?  雅  拓   主  任



午前10時00分 開会





△開会・開議



○議長(小櫃市郎議員) ただいまから秩父市議会定例会を開会いたします。

  これより本日の会議を開きます。



                        ◇                     





△議事日程について



○議長(小櫃市郎議員) 議事日程は印刷の上配付しておきましたので、ご了承願います。



                        ◇                     





△議席の変更について



○議長(小櫃市郎議員) まず、議席の変更について行います。

  お諮りいたします。4月5日付で、新しい会派「新風」が結成されました。

  会議規則第4条第3項の規定により、議席番号1番、上林富夫議員が2番へ、議席番号2番、金崎昌之議員が1番へ変更することにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(小櫃市郎議員) ご異議なしと認め、そのように決定いたしました。



                        ◇                     





△会議録署名議員の指名



○議長(小櫃市郎議員) 次に、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により議長において指名いたします。

  17番  斎 藤 捷 栄 議員

  18番  出 浦 章 恵 議員

  19番  新 井 康 一 議員

  以上、3人の方にお願いいたします。



                        ◇                     





△会期の決定



○議長(小櫃市郎議員) 次に、会期の決定を議題といたします。

  本件につきましては、閉会中の継続審査として議会運営委員会に付託してありますので、その結果について報告を求めます。

  落合議会運営委員長。

    〔議会運営委員長 落合芳樹議員登壇〕



◎議会運営委員長(落合芳樹議員) おはようございます。議長からご指名がございましたので、議会運営委員会の審査結果についてご報告申し上げます。

  審査に当たりましては、5月30日に委員会を開催し、本定例会の会期及び日程につきまして協議した結果、会期は本日から6月21日までの15日間とし、その日程はお手元に配付した日程案のとおり決定いたしました。

  議員各位におかれましては、本委員会の決定にご賛同賜り、円滑で効率的な議会運営がなされますようご協力をお願い申し上げ、報告を終わります。



○議長(小櫃市郎議員) お諮りいたします。

  ただいまの議会運営委員長の報告のとおり、本定例会の会期を本日から6月21日までの15日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(小櫃市郎議員) ご異議なしと認めます。

  よって、会期を15日間と決定いたしました。



                        ◇                     





△諸報告(1)平成22年度秩父市一般会計繰越明許費繰越計算書について(報告)

    (2)平成22年度秩父市一般会計事故繰越し繰越計算書について(報告)

    (3)平成22年度秩父市下水道事業特別会計継続費繰越計算書について(報

       告)

    (4)平成22年度秩父市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について

       (報告)

    (5)平成22年度秩父市駐車場事業特別会計繰越明許費繰越計算書について

       (報告)

    (6)平成22年度秩父市水道事業会計予算繰越計算書について(報告)

    (7)専決処分について(自動車事故に係る損害賠償額の決定及び和解につい

       て)

    (8)専決処分について(自動車事故に係る損害賠償額の決定及び和解につい

       て)

    (9)専決処分について(自動車事故に係る損害賠償額の決定及び和解につい

       て)

    (10)例月出納検査結果報告



○議長(小櫃市郎議員) 次に、諸報告を行います。

  平成22年度秩父市一般会計繰越明許費繰越計算書について、平成22年度秩父市一般会計事故繰越し繰越計算書について、平成22年度秩父市下水道事業特別会計継続費繰越計算書について、平成22年度秩父市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について、平成22年度秩父市駐車場事業特別会計繰越明許費繰越計算書について、平成22年度秩父市水道事業会計予算繰越計算書について、専決処分についての報告がありました。お手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  次に、監査委員から例月出納検査の結果について報告がありました。お手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  この際、監査委員に説明を求めます。

  木村監査委員。

    〔木村健一監査委員登壇〕



◎木村健一監査委員 おはようございます。監査委員の木村でございます。

  まず初めに、このたびの東日本大震災において、秩父市役所本庁舎並びに秩父宮記念市民会館が甚大な被害をこうむりましたことに対し、心よりお見舞い申し上げます。

  それでは、例月出納検査の結果につきましてご報告申し上げます。

  地方自治法第235条の2第1項の規定に基づき、一般会計、特別会計、公営企業会計、基金等について、本年2月、3月及び4月の各末日現在において所定の検査を実施した結果、提出いたしました別紙報告書のとおり、各会計及び基金等の現金は関係帳簿等と符合し、確実に保管され、適正かつ合法に処理されていることを確認いたしました。また、各会計等の収支状況は別表に掲げるとおりでございます。

  以上で報告を終わります。



○議長(小櫃市郎議員) 以上で諸報告を終わります。



                        ◇                     





△市長提出議案の報告



○議長(小櫃市郎議員) 次に、市長から議案の提出がありましたので、報告いたします。

  次長に朗読いたさせます。

    〔高橋 睦事務局次長登壇〕



◎高橋睦事務局次長  ……(朗読)……

 総務―7

   平成23年6月7日

  秩父市議会議長  小 櫃 市 郎 様

                               秩父市長  久 喜 邦 康

       市議会付議議案について(通知)

  本議会に付議する議案を次のとおり提出します。

 議案第35号 工事請負契約の締結について

 議案第36号 工事請負契約の締結について

 議案第37号 専決処分について

 議案第38号 専決処分について

 議案第39号 専決処分について

 議案第40号 専決処分について

 議案第41号 専決処分について

 議案第42号 平成23年度秩父市戸別合併処理浄化槽事業特別会計補正予算(第1回)



○議長(小櫃市郎議員) ただいま報告いたしました議案はお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。



                        ◇                     





△市長あいさつ



○議長(小櫃市郎議員) この際、市長から発言を求められておりますので、これを許します。

  市長。

    〔久喜邦康市長登壇〕



◎久喜邦康市長 本日ここに、秩父市議会6月定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様におかれましては、大変お忙しい中にもかかわらず、ご健勝にてご参集を賜り、心から感謝を申し上げます。

  なお、本日の初日でございますが、この緑豊かな歴史と文化の薫る吉田で記念すべき第1回の定例6月議会ということになります。長く市政の歴史にとどめる議会となるものと思っております。

  さて、関東甲信越のことしの梅雨入りでございますが、例年よりも12日早い5月27日となりましたが、これは観測史上、2番目に早い梅雨入りとのことでございます。台風2号の接近によりまして梅雨前線が活発となり、日本列島の広範囲で大荒れの天気となりました。市内では土砂災害など被害が発生いたしましたが、幸いにもけが人がなく、胸をなでおろしたところでございます。今後も雨の日が多くあると思いますが、防災対策には引き続き万全を期するとともに、仮に自然の猛威による災害が発生した場合におきましても、あらゆる手段を駆使して全力で復旧に取り組む所存でございます。

  それでは、最近の市政の重要事項につきまして、7点ご報告させていただきたいと存じます。

  まず、1点目、東日本大震災における当市からの支援につきましてご報告を申し上げます。

  去る3月11日に発生いたしました東日本大震災では、当市を含め広範囲にわたり甚大な被害が発生いたしました。死者と行方不明者を合わせた人数は2万3,000人を超え、避難生活を余儀なくされている方は10万人にも及んでおります。亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、被災されました方々には心よりお見舞いを申し上げます。

  ご案内のとおり当市では、避難所として用意をさせていただきました秩父ミューズパークスポーツの森コテージにおきまして、91人の避難者を受け入れてまいりました。避難所の開設期間が終了し、現在では市内の公営住宅や民間住宅などに48名の方が避難生活を送られておりますが、市では、情報提供、健康相談、生活支援等、できる限りの支援をしてまいりたいと考えております。

  このような中で、去る5月26日に見舞金と救援物資を携えて、地震と津波により壊滅的な被害を受けましたところの岩手県陸前高田市を訪問いたしました。見舞金は、芝桜協力金の中から100万円と、地場産センター物産館で行われました東日本大震災復興支援セールの売上金の一部47万240円をお届けしてまいりました。また、救援物資は、陸前高田市からのご要望に沿うよう、レトルト食品2万3,040食分をお届けしてまいりましたが、購入先の業者におかれましてはその多くを無償にてご用意いただき、心から感謝を申し上げます。

  陸前高田市では、市役所、警察署、消防署、病院など、市民の生命を守る根幹となるべき施設が、いずれも柱と壁だけになっており、惨たんたる光景を目にいたしました。戸羽市長からの面談での話の中で、「想定外の大災害は、どこでも起こり得ることを忘れてはならない」、そして「市役所は、防災拠点であることを忘れてはならない」とのお言葉をいただきました。大災害を経験された戸羽市長の重いお言葉に、改めて、防災拠点となるべき市役所本庁舎の建設は必要不可欠であると感じたところでございます。いかなる事態か発生しようとも市民の皆様を守り抜く、そのような市役所本庁舎の建設を、市民の意見を聞きながら進めていきたいと考えております。

  次に、2点目は、「産業廃棄物最終処分場の建設・絶対反対」の懸垂幕につきまして、ご報告を申し上げます。

  去る4月21日から、歴史文化伝承館と、ここ吉田総合支所の2か所におきまして、「産廃処分場建設・絶対反対」の懸垂幕を掲出しております。この理由といたしましては、まず、市の紛争予防条例に基づく手続の中で、計画地周辺の関係住民等から238件の意見書が提出されましたが、そのほとんどが反対意見でございました。

  また、さきの3月定例市議会におきましても、産業廃棄物最終処分場建設反対の決議をいただいております。さらには、吉田地区町会長連絡協議会の会長ほか4名の方から、3,318名の署名を付した建設反対の陳情書をご提出いただいております。このことから、市といたしましても、地域住民の皆様とともに一体となって建設に反対していく姿勢を示すため、懸垂幕の掲出をしたところでございます。

  このような中、業者から、懸垂幕撤去に係る仮処分命令の申し立てが、さいたま地方裁判所秩父支部あてになされました。市といたしましては、市民の主張が全面的に認められるよう、粛々と裁判手続をしてまいる所存でございますが、今後とも議員の皆様には、経過報告等、時々の状況を報告してまいりたいと考えております。なお、審尋期日は6月17日でございまして、市の顧問弁護士をもって対応したいと考えております。

  次に、3点目は、歴史文化伝承館からの事務室の移転につきましてご報告を申し上げます。

  市役所業務の分散化につきましては、第2弾を実施する旨、既にご報告をいたしておるところでございます。私といたしましては、事務所の効率性や経済性など、さまざまな角度から検討してまいりました。その結果、まず第2弾といたしましては、7月の人事異動に合わせまして、教育委員会を秩父市芸術文化会館へ移転し、その後、市長室を移転させることといたしました。また、第3弾の市役所業務の分散化につきましては、さらなる検討をしてまいりたいと考えております。

  次に、4点目は、秩父市節電対策の推進につきましてご報告を申し上げます。

  東日本大震災並びに東京電力福島第一原子力発電所の事故により、当市でも計画停電が実施されました。去る3月には、5日で6回、そのうち吉田太田部地区では、4日で5回実施されております。また、この夏には、電力の供給不足から、予期せぬ大規模停電の発生も懸念されております。このようなことから、市では去る5月17日に秩父市節電対策本部を設置し、市としての節電への取り組みと、市民の皆様や事業者の皆様への暑さ対策や節電対策の普及、啓発につきまして推進してまいることといたしました。

  5月31日に策定いたしました秩父市節電計画では、さまざまな方策を実施することにより、6月から10月までの市役所全体の電力量の削減目標を、前年比マイナス15%として取り組むことといたしております。

  なお、その一環といたしまして、つる性の植物で壁面を覆う緑のカーテンを市内51の公共施設で実施するとともに、市民の皆様や業者の皆様への普及、啓発事業といたしまして、緑のカーテン夏のキャンペーンを実施することといたします。内容といたしましては、みずから育てた自慢の緑のカーテンを写真にお撮りいただき、エピソードを添えてコンクールに応募していただきたいと存じます。詳細は市報6月号に掲載しておりますので、ごらんいただきたいと存じます。

  次に、5点目は、ものつくり大学と提携いたしました、新しい家づくりネットワークプロジェクトの連携協定につきましてご報告を申し上げます。

  去る5月23日、行田市にございます、ものつくり大学の神本学長と建設学科の白井教授にお越しいただき、当市とものつくり大学による連携協定に調印をいたしました。この協定の内容は、ものつくり大学が企画します21世紀型木材住宅建設フォーラムのもと、秩父産木材を使用した木材住宅の建設を推進するものでございます。今後は、当市とものつくり大学とが相互に連携協力し合い、秩父産木材のブランド化や、林業を含む木材住宅産業の活性化に寄与していきたいと考えております。

  次に、6点目は、山菜の里ちちぶ構想につきましてご報告を申し上げます。

  昨年、吉田太田部地区では、地元住民、民間団体、大学などが協力し合い、過疎化した集落の活性化策として、また遊休農地の解消策として、国の補助を受けながら、ワラビの栽培、ワラビ狩りなどの都市交流が動き出しました。

  ご案内のとおり、中山間地域による農業が盛んな当市では、3月から6月にかけ、タラの芽、コシアブラ、セリ、行者ニンニクなどの栽培をしている方も多く、天然ものも多く採取されております。このことから、吉田地区のみならず、他の地区におきましても同様な試みとして、市全体で山菜の里を推進してまいりたいと考えております。

  第1弾といたしまして、6月11日、12日に開催されます、あらかわB級グルメと春そばの花見のイベント会場におきまして、山菜や、山菜の加工品、山菜の苗などの販売を行うほか、山菜の紹介コーナーなどを設けてPRしていきたいと考えております。今後は全市レベルでの組織の拡大、山菜がしゅんな時期でのイベント開催、遊休農地を利用した生産拡大と販売の促進を推進してまいりたいと考えております。

  最後に、7点目は、チャレンジデー2011の結果につきましてご報告を申し上げます。

  去る5月25日に開催されましたチャレンジデー2011では、3万8,380人の方にご参加をいただき、参加率は前年度比14.4%アップの55.5%となりました。ことしは、東日本大震災の影響から、自治体間での参加率を競うイベントを取りやめ、全国共通のスローガン「スポーツの力で日本を元気に!」を掲げ、スポーツの楽しさ、爽快さを味わっての明るい家庭を築くことに目的が変更となりました。どうか、ご自身の健康のためにも引き続き運動やスポーツに親しんでいただきたいと存じます。

  それでは、引き続き、議案の概要につきましてご説明を申し上げます。

  今期定例会に付議いたします議案は、全部で8件でございます。内容といたしましては、工事請負契約の締結が2件、専決処分が5件、補正予算が1件、合計8件でございます。

  初めに、議案第35号 工事請負契約の締結については、秩父市立西小学校B棟の耐震補強を含めた大規模改造工事を実施いたしたく、工事請負契約の締結をご提案するものでございます。

  次の議案第36号 工事請負契約の締結については、同様に、秩父市立影森小学校の校舎の耐震補強を含めた大規模改造工事を実施いたしたく、工事請負契約の締結をご提案するものでございます。

  次の議案第37号 専決処分については、秩父市国民健康保険税条例の特例を定める条例の廃止に伴い、元条例でございます秩父市国民健康保険税条例の不均一課税の条項を削除したものでございます。

  次の議案第38号 専決処分については、年度末に当たり、3事業の繰り越し措置が必要になったことから、平成22年度の一般会計補正予算におきまして繰越明許の措置をしたものでございます。

  次の議案第39号 専決処分については、市役所事務室の歴史文化伝承館への移転に伴い、代替施設をご利用いただく各種団体等に対しまして、新たな負担が発生しないよう、秩父市クラブハウス21条例等、3条例の一部改正を措置したものでございます。

  次の議案第40号 専決処分については、地方税法におきまして東日本大震災の被災者に対します緊急対応措置が講じられたことから、秩父市条例につきましても同様の措置をしたものでございます。

  次の議案第41号 専決処分については、被災した市役所本庁舎から歴史文化伝承館へ、緊急措置としてコンピューターサーバー室を移転したく、平成23年度の一般会計補正予算におきまして予算措置をしたものでございます。

  最後に、議案第42号 平成23年度秩父市戸別合併処理浄化槽事業特別会計補正予算(第1回)は、単独処理浄化槽などから戸別合併処理浄化槽への転換に対しまして、県補助金の見直しがございましたので、予算の増額措置をするものでございます。

  以上が、今期定例会にご提案いたしました議案8件の概要でございます。

  なお、詳細につきましては、この後、担当者から説明をいたさせますので、十分ご審議を賜りますようお願いを申し上げます。

  以上でございます。



                        ◇                     





△議案第35号から議案第42号まで一括上程、説明



○議長(小櫃市郎議員) これより議案審議に入ります。

  議案第35号から議案第42号までの8件を一括して議題といたします。

  当局に説明を求めます。

  財務部長。

    〔大沢賢治財務部長登壇〕



◎大沢賢治財務部長 議案第35号 工事請負契約の締結についてご説明申し上げます。

  議案書の1ページをごらんいただきたいと存じます。この工事は、3月議会の補正予算で議決いただいております安全・安心な学校づくり交付金を受けました国庫補助事業で、昨年度のA棟に引き続き、西小学校既設校舎B棟の大規模改造及び耐震補強を行うものでございます。児童への安全等を考慮し、夏休み期間を中心に工事を行いたいため、今回ご審議をお願いするものでございます。

  まず、工事の名称でございますが、秩父市立西小学校B棟大規模改造工事でございます。施工箇所は、秩父市金室町9番46号。請負金額は2億853万円、このうち993万円は消費税及び地方消費税でございます。

  請負業者は、守屋八潮・丸山・黒沢特定建設工事共同企業体。代表構成員は、秩父市宮側町14番16号、守屋八潮建設株式会社、代表取締役山口浩人。その他の構成員は、秩父市熊木町42番29号、株式会社丸山工務店、代表取締役廣瀬正美及び秩父市山田2696番地7、株式会社黒沢工務店、代表取締役黒沢達男でございます。

  なお、本工事につきましては、去る4月15日、一般競争入札の告示を行ったところ、市内の業者3企業体から参加申請がございました。その後、5月23日に一般競争入札を執行いたしました。

  入札結果を申し上げますと、予定価格は、税抜き金額2億1,240万円、落札企業体は、ただいま申し上げました守屋八潮・丸山・黒沢特定建設工事共同企業体で、入札額は消費税を除いた金額1億9,860万円、落札率93.5%でございます。

  続いて、他の入札業者と消費税を抜いた入札額を申し上げます。2番目に低い入札額は、斎藤・丸稲特定建設工事共同企業体、2億200万円、最後は、高橋・有隣特定建設工事共同企業体、2億390万円でございます。

  次に、工事の内容でございますが、西小学校校舎のうちB棟の普通教室棟、鉄筋コンクリートづくり3階建て、床面積3,245.74平方メートルにつきまして、大規模改造工事を行うものでございます。改修内容につきましては、校舎内外部の仕上げ塗装がえ等の改修及び照明、衛生器具の取りかえ等の設備改修並びに耐震補強のための鉄骨ブレース設置等による補強工事を行うものでございます。また、工事の完了は平成24年1月を予定しております。

  お手元に参考資料を配付しておきましたので、ごらんいただきたいと存じます。

  続きまして、議案第36号 工事請負契約の締結についてご説明申し上げます。

  議案書の2ページをごらんいただきたいと存じます。この工事につきましても、ただいま申し上げました議案第35号と同様、3月議会の補正予算で議決いただいております安全・安心な学校づくり交付金を受けました国庫補助事業で、影森小学校既存校舎の大規模改造及び耐震補強を行うものでございます。児童への安全等を考慮し、夏休み期間を中心に工事を行いたいため、今回ご審議をお願いするものでございます。

  まず、工事の名称でございますが、秩父市立影森小学校校舎大規模改造工事でございます。施工箇所は、秩父市下影森1104番地。請負金額は2億8,770万円、このうち1,370万円は消費税及び地方消費税でございます。

  請負業者は、斎藤・丸稲特定建設工事共同企業体。代表構成員は、秩父市下影森163番地、株式会社斎藤組、代表取締役齊藤公志郎。その他の構成員は、秩父市下宮地町18番21号、株式会社丸稲工務店、代表取締役稲山良守でございます。

  なお、本工事につきましては、去る4月15日、一般競争入札の告示を行ったところ、市内の業者3企業体から参加申請がございました。その後、5月23日に一般競争入札を執行いたしました。

  入札結果を申し上げますと、予定価格は税抜き金額2億9,500万円、落札企業体は、ただいま申し上げました斎藤・丸稲特定建設工事共同企業体で、入札額は消費税を除いた金額2億7,400万円、落札率92.88%でございます。

  続いて、他の入札業者と消費税を抜いた入札額を申し上げます。2番目に低い入札額は、高橋・有隣特定建設工事共同企業体、2億8,000万円、最後は守屋八潮・丸山・黒沢特定建設工事共同企業体、2億9,420万円でございます。

  次に、工事の内容でございますが、影森小学校校舎棟、鉄筋コンクリートづくり4階建て、床面積合計4,311平方メートル、及び調理場棟、鉄筋コンクリートづくり平家建て、床面積160平方メートルにつきまして、大規模改造工事を行うものでございます。改修内容につきましては、校舎内外部の仕上げ塗装がえ等の改修及び照明、衛生器具の取りかえ等の設備改修並びに耐震補強のための鉄骨ブレース設置等による補強工事を行うものでございます。また、工事の完了は平成24年1月を予定しております。

  お手元に参考資料を配付しておきましたので、ごらんいただきたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 健康福祉部参事。

    〔加藤 登健康福祉部参事登壇〕



◎加藤登健康福祉部参事 議案第37号 専決処分についてご説明申し上げます。

  議案書の3ページをごらんください。本案は、秩父市国民健康保険税条例の特例を定める条例の廃止に伴い、秩父市国民健康保険税条例の一部を改正する条例を制定したものでございまして、去る3月31日、専決処分をさせていただいたものでございます。

  議案書の5ページをお開きください。改正の内容につきましては、不均一課税に関する特例条項を削除し、あわせて項番号の整理をしたものでございます。

  附則につきましては、施行期日を定めたものでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 財務部長。

    〔大沢賢治財務部長登壇〕



◎大沢賢治財務部長 議案第38号 専決処分についてご説明申し上げます。

  議案書の6ページをお開きください。年度末に当たり、一般会計の一部の事業で年度内の事業完了が困難となり、平成23年度に予算を繰り越す必要が生じました。そこで、本案は平成22年度秩父市一般会計補正予算(第5回)を地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分したものでございます。ここにご報告を申し上げまして、ご承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げる次第でございます。

  それでは、議案書の8ページをお開きください。今回は歳入歳出予算の補正はございませんので、第1条が繰越明許費となります。繰越明許費につきましては、前回の3月定例会に提出いたしました平成22年度秩父市一般会計補正予算(第4回)で既に設定してございます。今回、その後、新たに繰り越しの必要が生じた2事業と、既に設定している繰越事業について、繰越額の増額の必要が生じた1事業につきまして、それぞれ事業と繰越額を追加する繰越明許費の補正でございます。

  内容につきましては9ページをごらんください。まず、3民生費の(仮称)西学童保育室設置事業につきましては、大震災の影響で資材の調達が困難となり工事工程におくれが生じたために繰り越すものでございます。

  次にございます4衛生費の子宮頸がん予防接種事業につきましては、既に3月補正予算で繰越明許費の設定をしてございますが、その後、子宮頸がんワクチンが全国的に不足しているとの報道がなされ、予約券の申請者が急増したことにより繰越額を増額するものでございます。

  最後に、8土木費の大滝幹線4号線改築事業ですが、石灰石が露出したことにより、岩掘削に不測の日数を要したことなどにより工程がおくれ、繰り越すものでございます。

  以上、簡単ではございますが、去る3月31日に専決処分いたしました平成22年度一般会計補正予算(第5回)の説明を終わります。



○議長(小櫃市郎議員) 市民部長。

    〔井上まり子市民部長登壇〕



◎井上まり子市民部長 議案第39号 専決処分についてご説明申し上げます。

  議案書10ページをごらんください。本案は、歴史文化伝承館を被災した市役所庁舎にかわり使用することになり、同館での活動ができなくなった各種団体が代替施設で活動する際、使用料負担が発生しないよう、緊急的支援策として秩父市クラブハウス21条例等の一部を改正する条例を制定したものでございます。

  専決処分いたしました条例につきましては、議案書12ページをごらんください。まず、第1条は、秩父市クラブハウス21条例の附則に使用料の減免に関する特例措置を加えるものです。

  第2条は、秩父市市民ギャラリー条例の附則に使用料の減免に関する特例措置を加えるもので、並びに第3条は、秩父みどりが丘工業団地地区センター条例の附則に使用料の減免に関する特例措置を加えるものでございます。

  内容につきましては、3施設の条例にある免除規定にかかわらず、文化活動及び生涯学習活動等を行う団体で、市長が特に認めるものについて、本年5月1日から翌年の3月31日までの間、使用料を減免するものでございます。

  歴史文化伝承館において活動していた団体の皆様には、突然の活動場所の変更等ご不便をおかけしており、速やかに今後の円滑な活動を支援するべく、本年4月26日付で専決処分をさせていただきました。ここにご報告を申し上げまして、ご承認を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 財務部長。

    〔大沢賢治財務部長登壇〕



◎大沢賢治財務部長 議案第40号 専決処分についてご説明申し上げます。

  議案書の13ページをお開きください。この議案は、地方税法の一部改正に伴い、秩父市税条例の一部を改正する条例を制定したものでございまして、平成23年度の課税に支障が生じないよう、去る4月27日、地方自治法の規定に基づき専決処分をさせていただいたものでございます。

  改正の趣旨は、今般の東日本大震災による被災者に対し現行税制をそのまま適用することは、被災納税者の実態等に照らして適当でないと考えられるもの等について、緊急の対応として措置を講ずるものでございます。

  主な改正内容につきまして、お手元の議案書に沿ってご説明をさせていただきます。議案書の15ページから17ページでございます。条項に沿いまして、順次ご説明申し上げます。

  今回の改正は、附則に3条を加えるものでございます。まず、第22条は、雑損控除額等の特例の規定でございます。第1項及び第3項につきましては、東日本大震災により受けた自己または自己と生計を一にする配偶者及びその他の親族の住宅や家財等に係る資産の損失金額について、納税義務者の選択により、平成22年において生じた損失の金額として、平成23年度の課税において控除することができるとした規定でございます。

  第2項及び第4項は、平成24年以後において生じた資産の損失金額について、第1項の規定を適用した場合の読みかえ規定でございます。

  第5項は、第1項の規定の適用を受けようとする場合は、平成23年度分の市民税の申告書または確定申告書にその旨の記載がされた場合に適用される規定でございます。

  次の16ページ、第23条は、住宅借入金等特別税額控除の適用期限の特例の規定でございます。東日本大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時特例に関する法律が4月27日付公布、制定され、住宅借入金等特別税額控除の適用を受けていた住宅が、震災により居住の用に供することができなくなった場合においても、控除対象期間の残りの期間について、引き続き税額控除を適用できることとなりました。これに伴い、個人市民税の住宅借入金等特別税額控除を規定した市条例附則第7条の3及び第7条の3の2の規定の適用につきましても、税額控除の適用期限の特例を受けることができるよう、引用している租税特別措置法等の法律の条項について読みかえる必要が生じたことから、所要の改正をしたものでございます。

  次に、第24条は、固定資産税の特例の適用を受けようとする者がすべき申告等についての規定でございます。今回の地方税法の一部改正により、被災住宅用地に関しては、市町村長が認める場合に限り、平成33年度までは住宅用地とみなし、課税標準の特例措置を適用できることになりましたが、その申告について規定したものでございます。

  第1項は、課税標準の特例を申告する際に提出する書式の記載内容を規定したもので、第2項は上記の特例の適用を受ける土地は、市条例第74条の住宅用地の申告の規定は適用しない旨を定めたものでございます。

  第3項は、特定被災共用土地に係る固定資産税の案分の申し出について、納税義務者の代表者が申告する提出書類の記載内容を規定したもので、第4項は特定被災共用土地に仮換地等があった場合、第3項の規定を読みかえる旨を定めたものとなっております。

  最後に、附則でございますが、施行期日を規定しております。

  以上が、今回専決処分させていただきました秩父市税条例の一部を改正する条例の改正内容となっております。何とぞご承認賜りますようよろしくお願い申し上げます。

  続いて、議案第41号 専決処分についてご説明申し上げます。

  議案書の18ページをお開きください。本案は、庁舎の移転に伴う新サーバー室の構築について必要となる予算を早急に措置する必要があるため、平成23年度秩父市一般会計補正予算(第1回)を地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分したものでございます。

  事業の必要性等につきましては、5月9日の議員クラブ連絡会で担当者よりご説明したとおりでございますが、ここに専決処分のご報告を申し上げまして、ご承認賜りますようお願い申し上げる次第でございます。

  補正予算の内容につきましては、議案書の24ページ及び25ページをごらんいただきたいと存じます。まず、第2款総務費でございます。委託料4,300万円、工事請負費800万円、合計5,100万円でございますが、本年3月11日に発生しました巨大地震により、本庁舎が要注意建物となりました。そこで、歴史文化伝承館2階会議室を新たなサーバー室として使用するため、電力基盤、空調設備、通信基盤等を整備し、各サーバー及びデータ通信機能を移設する経費を措置するものでございます。

  次に、26ページ、第14款予備費でございますが、歳入歳出予算の調整を図るため、今回5,100万円を補正の財源として充当したものでございます。

  以上、簡単ではございますが、去る5月16日に専決処分いたしました平成23年度一般会計補正予算(第1回)の説明を終わります。



○議長(小櫃市郎議員) 環境部長。

    〔関根 進環境部長登壇〕



◎関根進環境部長 議案第42号 平成23年度秩父市戸別合併処理浄化槽事業特別会計補正予算(第1回)についてご説明申し上げます。

  議案書の28ページをごらんください。第1条は歳入歳出予算の総額でございまして、歳入歳出をそれぞれ2,206万7,000円増額し、総額を2億4,507万6,000円とするものでございます。

  その内容につきましては、別冊の補正予算に関する説明書によりご説明させていただきます。補正予算説明書の4ページをごらんください。初めに、歳入の第4款県支出金、第1項県補助金、第1目県補助金、第1節浄化槽市町村整備事業費奨励交付金2,206万7,000円の増額でございますが、これは単独処理浄化槽の撤去またはくみ取り便槽の撤去を対象とした交付金でございまして、県の補助金制度が改正されこと、また埼玉県の平成23年度当初予算が県議会2月定例会で議決されたことにより交付金が増額になったための補正でございます。

  次に、歳出についてご説明申し上げます。補正予算説明書の6ページをごらんください。初めに、歳出の第2款施設管理費、第1項施設管理費、第1目浄化槽管理費3万円の増額でございますが、第23節償還金、利子及び割引料におきまして、法定検査料の過誤払いが確認されましたので、還付を行うための増額でございます。

  次に、補正予算説明書の8ページをごらんください。第3款施設整備費、第1項施設整備費、第1目施設整備費1,980万円の増額でございますが、先ほど申し上げましたとおり県の交付金制度が改正になったことによる増額でございます。

  内容につきましては、単独処理浄化槽やくみ取り式便槽から戸別合併処理浄化槽への転換に際しまして、単独処理浄化槽やくみ取り便槽の撤去費補助金が平成22年度までは6万円または3万円の上限額で、県からの補助率が3分の1でございましたが、今回の改正において上限額が10万円に引き上げられ、また県からの補助率も100%となったことによるものでございます。また、新たな補助制度が加えられまして、配管費用として、上限20万円、同じく補助率100%の制度が新設されたことによる補正でございます。

  次に、補正予算説明書の10ページをごらんください。第5款予備費223万7,000円の増額でございますが、これは歳入歳出の調整を図るものでございます。

  以上で説明を終わらせていただきますが、慎重ご審議の上、何とぞご可決賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(小櫃市郎議員) 説明が終わりました。

  以上で本日の日程は終了いたしました。



                        ◇                     





△次会日程の報告



○議長(小櫃市郎議員) あす8日と明後日9日は、議案調査及び一般質問ヒアリングのためそれぞれ休会といたします。

  来る6月10日は午前10時から本会議を開き、議案に対する質疑、議案の委員会付託を行います。



                        ◇                     





△散会



○議長(小櫃市郎議員) 本日はこれをもって散会いたします。

    散会 午前10時53分