議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 秩父市

平成22年  9月定例会 09月03日−議案質疑−02号




平成22年  9月定例会 − 09月03日−議案質疑−02号







平成22年  9月定例会





                秩父市議会定例会議事日程 (2)

平成22年9月3日(金) 午前10時開議

 1 議案に対する質疑
 2 市長提出追加議案の報告
 3 議案第100号上程、説明、質疑
 4 議案の委員会付託

 出席議員(26名)
    1番   上  林  富  夫  議員     2番   金  崎  昌  之  議員
    3番   新  井  重 一 郎  議員     4番   木  村  隆  彦  議員
    5番   竹  内  勝  利  議員     6番   冨  田  俊  和  議員
    7番   ?  野     宏  議員     8番   五 野 上  茂  次  議員
    9番   小  池     治  議員    10番   松  澤  一  雄  議員
   11番   新  井     豪  議員    12番   金  田  安  生  議員
   13番   逸  見  英  昭  議員    14番   笠  原  宏  平  議員
   15番   落  合  芳  樹  議員    16番   江  田  治  雄  議員
   17番   斎  藤  捷  栄  議員    18番   出  浦  章  恵  議員
   19番   新  井  康  一  議員    20番   山  中     進  議員
   21番   大 久 保     進  議員    22番   福  井  貴  代  議員
   23番   小  櫃  市  郎  議員    24番   浅  海     忠  議員
   25番   宮  田  勝  雄  議員    26番   荒  船     功  議員

 欠席議員(なし)

 説明のための出席者(18名)
     久  喜  邦  康   市  長      横  井  隆  幸   副 市 長
     久  保  忠 太 郎   教 育 長      大  島  育  生   市長室長
     森  前  光  弘   総務部長      大  沢  賢  治   財務部長
     金  丸  一  郎   環境部長      井  上  ま り 子   市民部長

     米  持  孝  之   健康福祉      松  ?  重  男   産業観光
                  部  長                   部  長

     新  井  清  久   地域整備      富  田     昭   病  院
                  部  長                   事務局長

     島  崎     洋   水道部長      斎  藤     保   教  育
                                         委 員 会
                                         事務局長

     山  口  辰  雄   吉田総合      島  田  孝  行   大滝総合
                  支 所 長                   支 所 長

     山  中  和  則   荒川総合      加  藤     登   健康福祉
                  支 所 長                   部 参 事

 事務局職員出席者(5名)
     佐 々 木  奉  昭   事務局長      高  橋     睦   次  長
     浅  見     徹   主  査      川  合  良  成   主  査
     石  ?  雅  拓   主  任



午前10時01分 開議





△開議



○議長(小櫃市郎議員) ただいまから本日の会議を開きます。



                        ◇                     





△議事日程について



○議長(小櫃市郎議員) 本日の日程はお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。



                        ◇                     





△議案に対する質疑

     ・議案第73号に対する質疑



○議長(小櫃市郎議員) これより議案に対する質疑に入ります。

  まず、議案第73号について質疑を願います。

  17番、斎藤捷栄議員。



◆17番(斎藤捷栄議員) 17番、斎藤です。議案第73号について、4項目にわたって質問をしていきたいと思います。

  まず1点ですが、議案書の28、29ページ、2款3項1目地方道路譲与税3,816万1,460円でありますが、これは対前年比で比較をしてみますと、43.73%という大幅な減額となっています。その理由について説明を願いたいと思います。

  続いて、36ページから37ページ、いずれも歳入でございます。13款1項7目2節住宅使用料でありますが、対前年比でこれも646万7,300円、23%と大幅に今度はふえています。ふえているのが収入未済でありますけれども、大変ふえているということについて理由をお伺いしておきたいと思います。

  続いて、60ページから61ページにかけてでありますが、基金繰入金であります。10億941万412円の内訳でありますけれども、地域振興基金繰入金が1億3,160万円というふうに、この備考欄に記載がございます。374ページの地域振興基金の欄を見ますと、決算年度中の増減額をここで見ますと1億3,218万4,000円の減額となっております。58万4,000円、これで見る限りでは不整合があるように見えます。同額が債券として増額になっている、これによるものというふうに思いますけれども、これは基金の内部でそういう形で移動したものは一般会計の決算書上に上がってこないという仕組み、この辺のところもあわせてご説明をいただきたいと思います。

  最後の質問でありますが、62、63ページでございます。これは雑入でございますけれども、20款5項1目でありますが、全体として調定額が対前年比で1億円近く減少しているのに加えて、不納欠損額が470万6,850円計上され、収入未済額も対前年で見ますとふえています。全体で減額をされている中で、収入未済等がふえているという背景についてご説明をいただきたいと思います。

  以上、4点でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  財務部長。

    〔大沢賢治財務部長登壇〕



◎大沢賢治財務部長 ご質問いただきました1つ目の地方道路譲与税につきましてご説明申し上げます。

  平成21年度の税制改正により、揮発油税と合わせて徴収しておりました地方道路税を道路特定財源の一般財源化に伴い、地方揮発油税と名称を改めたことから、現行の地方道路譲与税も名称を地方揮発油譲与税に改正をいたしました。しかしながら、平成21年4月1日の施行日以前に課税すべきであった地方道路税については、改正前の地方道路税法の規定を適用することになっているため、平成21年度中におきましても一部譲与されることになりましたので、このような収入となったものでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 地域整備部長。

    〔新井清久地域整備部長登壇〕



◎新井清久地域整備部長 37ページの住宅使用料のうちの、特に収入未済額がふえている理由ということでございますけれども、これにつきましては市営住宅の入居者は低所得者が多いということで、現在の社会状況によりまして、各入居者の所得は大きく低下している状況でございます。このため住宅家賃の支払いができない入居者、特に高齢者世帯なんですけども、そういった入居者が増加したため滞納額は増加しているという状況でございます。建築住宅課のほうでも、これに対しまして今年度はいろいろ策を練って考えたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 健康福祉部長。

    〔米持孝之健康福祉部長登壇〕



◎米持孝之健康福祉部長 ちょっと順序が違ってしまうかもしれませんが、63ページ、不納欠損額と収入未済額についてご質問をいただきました。一番下段の不納欠損額470万6,850円、これにつきましては私どもで所管しております生活保護費の返還金でございます。これにつきましては、平成12年度から16年度の間、不正申告等の理由で返還金が生じたもののうち、死亡等により徴収不能で5年以上経過したものについて、地方自治法第236条の規定により債権消滅となったため不納欠損とさせていただいたものでございます。

  なお、収入未済額の中の843万9,830円、これにつきましても生活保護費返還金の収入未済額でございます。内訳は、過年度分が31件、251万6,048円、それと平成21年度の現年度分がやはり30件、592万3,782円となってございます。返還の理由につきましては、年金の認定漏れが最も多く、ほかには就労収入の過少申告などとなってございます。金額も1件481円から、最高額は169万8,000円となっておりまして、分割納付をお願いしているケースがございます。ほとんどのケースが現在生活が非常に厳しい状況でございますので、担当のケースワーカーが粘り強く交渉し、わずかずつでも返納していただけるように努めているところでございます。



○議長(小櫃市郎議員) 副市長。

    〔横井隆幸副市長登壇〕



◎横井隆幸副市長 地域振興基金についてご質問がございました。歳入の繰入金、61ページですか、地域振興基金繰入金1億3,160万円、一番上の欄でございます。それと、347ページの諸支出金の基金費、ここに地域振興基金費3,828万1,138円の積み立てがございます。これの資金の移動関係、それが374ページ。運用関係に記載しておるということで、現金と債券、国債、地方債で運用した部分、それの流れということになります。だから、金額的には同額になろうかと思っております。

  以上です。



○議長(小櫃市郎議員) 17番、斎藤捷栄議員。



◆17番(斎藤捷栄議員) 17番です。それぞれ説明をいただきました。

  最後の基金繰入金のところでございますけれども、説明はわかります。それで、その58万4,000円の不整合も債券に振りかえたものであるということもわかります。ただ、この債券振りかえというのが、現金から国債なり何なりに振りかえた場合は、一般会計を全くくぐらないということになるのではないか。というのは、つまり地域振興基金繰入金1億3,160万円と、この備考にあります。そのほかに地域振興基金という欄がほかにあるかと思って、ずっと見たんですが、ないんです。つまり、58万4,000円は現金からここへ移ったというのが、この基金調書のところにしかないんです。そうなりますと、基金は全くこういう一般会計の決算書上くぐらずに現金から債券に移動する、あるいは債券から現金に移動するということがあり得るということになります。これは、例として適当であるかどうかわかりませんが、よその市で基金運用に失敗をして大変問題になったというふうなケースもございます。そういったこともありましたので、この仕組みとして、この辺のところがどうなっているのかということを伺いたい。こういう趣旨でございますので、ご理解をいただきたい。

  整合性については、1億3,218万4,000円になるということは、58万4,000円と1億3,160万円をプラスすればそうなるわけですから、わかるんですが、そこのところが仕組みとしてよくわからないということでございますので、お願いをいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  副市長。

    〔横井隆幸副市長登壇〕



◎横井隆幸副市長 斎藤議員ご指摘のことはよくわかりました。その仕組みについて、もう一度、会計管理者のほうとも調整を検討してみたいと思っております。

  運用に関しましては、国債という、日本の場合は安全な資金で、いわゆるほかの市であったような、例えばリーマンのような株を、これはもう絶対にそういう債券は買わないということで、これは慎重に慎重を重ねて、公金でございますので、税金でございますので、運用に努めていきたいと思っておりますので、よろしくご理解をお願いいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 10番、松澤一雄議員。



◆10番(松澤一雄議員) 10番の松澤です。一般会計の決算の認定についてご質問したいと思います。

  まず、総括的なんですが、14ページから19ページにかけてでございますが、ただいま斎藤議員からも質問ありましたが、収入未済額の関係でございますけど、今回この決算書を見ますと、収入未済額が7億6,287万2,585円という収入未済額になっているわけですが、これは監査の意見書でも、昨年よりか少し減ったという形ですけど、まだ依然として高い水準に乗っているということでございますが、一応調定をされた予算というか、決定でございますので、その未済額がこれほどふえているというのは、この対策をどうにとっていったのか、お聞かせ願いたいというふうに思います。

  特に税のほうですけど、税と、それから分担金及び負担金等にも未済額がございます。分担金、負担金等となりますと、当然受益者負担として納付しなきゃならないものというものが未済額になっている。その辺の対応はどのようにとっているのか、お尋ねしたいと思います。

  それから、ちょっとページが飛びますが、公債費、これは346ページの公債費でございますけど、この公債費につきまして支出済額が30億7,723万2,611円という形に21年度はなっておりますが、これについて、この額のうち、いわゆる交付税の算入になっている公債費というのはいかほどになっているんでございましょうか、お聞かせ願いたいというふうに思います。公債費、交付税に算入されるといっても、100%でない起債の分もあるかと思うんですが、それについてお尋ねしたいと思います。

  そして、それがこの間の開会の当日に、21年度のこの決算のもとに財政健全化法に基づく健全化判断比率等について報告がありましたけれど、その中で、実質公債費比率が9.9%という形で、まだ大丈夫だという、早期健全比率25%を大きく下回っているということは伺ったわけでございますが、この実質公債費比率には交付税に算入される公債費は入っていないという形でございますので、ことしの今回の決算が公債費の中の交付税に算入されているあれを含めた場合、その場合、どのぐらいな数値になるか、お聞かせ願いたいというふうに思います。

  以上ですが、よろしくお願いします。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  財務部長。

    〔大沢賢治財務部長登壇〕



◎大沢賢治財務部長 ご質問いただきましたので、お答えさせていただきます。

  まず、収入未済額の関係でございますけれども、ご指摘のように歳入の収入未済額のうち大きな部分は市税収入に係るものでございます。お話にもございましたけれども、平成21年度の収入未済額につきましては、平成20年度に比べますと約295万円減額とはなっておりますが、21年度の税収につきましては、滝沢ダムの新たな固定資産税収入がかなり大きくなっておる関係で、今回の収入未済額につきましては、下がってはいるものの、大変厳しい状況であるというふうに私どもも受けとめておるところでございます。

  収入未済となります原因といたしましては、やはり不況の影響が大きいというふうに考えております。例えば市民税ですと、今まで会社の給料からの天引きであったものが、リストラ等の離職により普通徴収に変更になり、収入の減少から税金が納められなくなってしまうというようなケースもございます。また、固定資産税であれば、会社に勤めているときに返済計画を立てて家を新築されたものの、会社の都合で退職することとなり収入が減ったため、住宅ローンの返済ができず、税金の納付もできないというようなケースも多々見受けられるところでございます。また、昨今の傾向といたしまして、納税意欲の低下というような部分も挙げられるところでございます。私どもといたしましては、引き続き現年度分の徴収に力を入れまして、少しでも滞納繰り越しに移行しないように、職員一丸となって現年度徴収の徹底に努力してまいる所存でございます。何とぞご理解いただきたいと思います。

  それから、公債費の関係でございます。21年度の償還元金、利子のうち、交付税算入された金額がどの程度あるかというご質問ですが、平成21年度の償還元金額が30億9,830万円でございます。平成21年度の償還元金が30億9,830万円、償還利子が3億8,141万7,809円でございます。合計いたしまして34億7,971万7,809円でございました。このうち地方交付税に算入されます金額は28億1,173万4,456円が将来にわたって算入されてまいりますので、実質的に市の負担となりますのは6億6,798万3,353円となります。

  なお、実質公債費比率の関係につきましては、ただいま手元に資料がございませんので、後ほどお答えさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 10番、松澤一雄議員。



◆10番(松澤一雄議員) 交付税算入の公債費、大分多額なんですけど、これは将来的にずっとこのとおりにいくんですか。途中で消えちゃうということはないんでしょうか。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  財務部長。

    〔大沢賢治財務部長登壇〕



◎大沢賢治財務部長 お答えいたします。

  先ほど申し上げましたのは将来にわたって算入される金額でございまして、平成22年度に算入される金額というのは、ちょっと今手元にございませんので、後ほどあわせてお答えさせていただきたいと思います。

  それで、これにつきましては、毎年度、償還元金、利子に見合う交付税算入というのは継続していく予定でございますので、よろしくお願いいたします。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 10番、松澤一雄議員。



◆10番(松澤一雄議員) 10番の松澤です。

  最初に戻りまして収入未済額の関係でございますけど、現年課税分をしっかり徴収していくということでございますが、1年たつと、これも過年度分という形になってしまうと思うんで、今後、市の財政も大変厳しいという状況でございますので、確かにこういった景気の悪い時代で市民生活も厳しいかと思うんですけど、一応決められた受益者負担を確実に守って、徴収に精を上げていただきたいというふうに思います。



○議長(小櫃市郎議員) 11番、新井豪議員。



◆11番(新井豪議員) 決算に関しまして3点お伺いします。

  まず1点目が、決算書の83ページ、それに関連することで103ページも含まれるんですが、成果報告書は35ページです。職員能力開発事業、総務費の中のものなんですが、この能力開発、職員の研修が含まれていると思うんですが、情報システム費がこのご時世で年々増加している。例えば地デジ対策とか、光ファイバーの整備、それから庁内の電算システム等々、この中でIT関連に通じる高度な技術を持った職員の数が必要である中で、以前はITリーダー研修事業というのがあったと思うんですが、今回、その高度なIT技術を持った職員の育成というのはこの能力開発に含まれているのかどうか、お伺いするものであります。

  そして、2点目、決算書は225ページ、農林水産業費の中の木質バイオマスエネルギー研究事業費、成果報告書101ページです。市長が就任当初、この木質バイオマスのコジェネ施設を3年以内に民間に移行させるということで、この成果報告書にも民間移行を見据えたという文言が出てきております。3年以内のうち1年が経過しまして、移行する、委託する企業または団体、固有名詞は結構ですから、およそ何団体、交渉に当たっているのか、または打診をかけているのか、お聞かせください。

  そして、この中でもう一点、成果報告書にもありますように、見学者の目標値が4,000、この中で21年度は1,300にとどまっているんですが、設立以来、大変多くの見学者、視察団体が訪れていると思います。この中で、自治体レベルで、または議員団が視察にたくさん来られていると思うんですが、できれば設立以来、もしわからなければ21年度だけで結構ですので、自治体レベルでどれくらいの団体が訪れたのか、聞かせてください。

  そして、3点目、非常に細かい話で恐縮なんですが、決算書の81ページ、総務費の中の総務管理費、一般管理費の中の26番、寄附金、聖望学園の野球部に対する激励金ということで10万円計上されております。これは、たしか私の記憶では19年度の決算の審議委員会の中で大分この寄附金が話題になりまして、秩父市外の、ましてや私立の高校、そして野球部ということで、どういう基準でこの10万円が寄附されたのか。非常にいいことだと思うんですが、ここでもう一度、ここに計上されているということは恐らくその寄附に対する基準ができたと思います。その基準についてお聞かせください。

  以上、3点です。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  総務部長。

    〔森前光弘総務部長登壇〕



◎森前光弘総務部長 まず、職員の研修についてお答えいたします。

  ご質問は、情報化に伴ってITを高度化するに従って研修をどの程度やっているかということでございます。総務部においては、研修体系をつくりまして30余りの研修をしておりますけども、その中で毎年、ITリーダー講習会、情報通信技能習得という形で研修をしております。ご指摘のとおり今後については、やはりそういう技術を高めるために必要と感じますので、検討しまして、それなりのIT研修を充実させていきたいと考えております。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 環境部長。

    〔金丸一郎環境部長登壇〕



◎金丸一郎環境部長 木質バイオマスエネルギー研究事業の関連でご質問いただきました。

  1点目が、現在、民間移行計画に関連して、どのくらいの団体と交渉に当たっているかというご質問いただきましたけれども、実績を積み上げることが肝心ということで、現在、効率性を求めまして一生懸命運転業務に当たっておりまして、具体的には何団体と交渉を持ったかというようなことは現在はいたしておりません。市長、3年ということをおっしゃっておりますので、実績を積み上げる中で今後当たっていかなければならないというふうには考えておりますけれども、現時点においては、まだ交渉を始めた企業はございません。

  それから、2点目の開設以来の視察者の数というお話でございますが、総数は現在7,800名の方においでいただいておりますけれども、その中で公共団体は幾つかということにつきましては、ここには資料を持っておりませんので、後ほどお答えさせていただきたいと思いますので、ご了解いただきたいと思います。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 市長室長。

    〔大島育生市長室長登壇〕



◎大島育生市長室長 聖望学園高等学校の野球部の激励金についてでございますけども、議員さんご指摘のとおり、平成19年度の決算特別委員会におきまして支出基準の明確性についてご指摘がございました。そこで、20年の4月1日付で秩父市スポーツ振興奨励金交付要綱を定めました。この要綱に基づきまして、秩父市の個人または団体が全国大会等の大会に出場した場合には、申請に基づきまして奨励金を支出しております。しかし、秩父市外のものについてはこの要綱の規定が適用されないために、個々の事例に当たって判断をしているところでございます。

  昨年度甲子園に出場した聖望学園につきましては、同校からの支援協力依頼がありましたために、平成19年度と同様に、こちらは寄附金として激励金を支出したものでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 11番、新井豪議員。



◆11番(新井豪議員) 答弁、ありがとうございます。

  寄附金に関しましては、例えば秩父市外の学校でしたら、秩父市から生徒が何人通っているのか、またはスポーツのメジャー、マイナー。例えばですけども、熊谷高校のラグビー部が全国大会へ行ったとか、皆野高校のホッケー部が全国大会へ行ったとか、そういうところで申請に上がって、それで審査をかけるということなんですが、ここもあいまいにしておくと後々問題が起こる可能性があると思いますので。意見言っちゃいけないんですよね。しっかりしていただければと思います。

  バイオマスに関して1点再質問させていただきます。自治体レベルの数では、ちょっとまだ把握し切れていないということなんですが、設立以来、多くの自治体、団体が見学されてきた中で、秩父市のバイオマス・コジェネ発電施設を見て、非常にすばらしいものだと。ぜひうちの自治体もやってみたいということで、秩父市の施設を見習ってこの事業を始めた自治体はあるのか。または、始める準備をしている自治体はあるのか、そういう報告が上がっているかどうか、お聞かせください。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  環境部長。

    〔金丸一郎環境部長登壇〕



◎金丸一郎環境部長 秩父市の施設を参考にしたかどうかは、よくわからないんですけども、宮城県の仙北市が、ことしの春、立ち上げたというふうに伺っております。よろしくお願いいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 19番、新井康一議員。



◆19番(新井康一議員) 19番、新井康一です。歳入、歳出それぞれ1点ずつお伺いいたします。

  まず、歳入ですが、50、51ページ、15款2項6目の商工費補助金のうちの水源地域整備事業実施交付金、対前年比で222%、倍以上の大幅な増額になっていますけれども、その背景について説明をお願いいたします。

  それから、もう一点は歳出のほうです。165ページ、保育所事業の3款2項3目です。パートタイマー保育士等の報酬8,150万円が計上されています。その人数と報酬の内容、あとパートタイマー保育士の全体に占める比率についてお伺いをいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  大滝総合支所長。

    〔島田孝行大滝総合支所長登壇〕



◎島田孝行大滝総合支所長 ただいまご質問いただきました水源地域整備事業実施交付金7,721万8,000円でございますが、滝沢ダムに係る交付金でございまして、平成21年度、滝沢ダム左岸にBMXコース造成工事を施行いたしまして、これが事業費といたしまして7,684万9,500円、レイクビューハウスの隣に建設いたしました屋外トイレでございますが、これが事業費といたしまして1,190万9,100円でございます。これの87%が東京都、埼玉県等、下流からの交付金をいただいておりまして、その事業費が大きかったものでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 健康福祉部長。

    〔米持孝之健康福祉部長登壇〕



◎米持孝之健康福祉部長 パートタイマーの保育士についてご質問いただきました。

  まず、単価でございますが、いわゆる有資格者、保育士の免許を持っている方は1時間910円でございます。無資格者につきましては、826円という、市の一般事務職と同じ単価を使っております。

  人数でございますが、保育所担当、いわゆる調理とか用務とかも含めてパートタイマーを雇用しておりますけども、保育の関係ですと51名。今、正規職員が55名ですから、同じぐらいの数、正規とパートが同数という現状でございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 2番、金崎昌之議員。



◆2番(金崎昌之議員) 2番、金崎です。主要な施策の成果報告書で3点質問いたします。

  まず、69ページになるんですけれども、市営の蒔田分譲地の販売の関係なんですけども、21年度の目標が3件の販売、実績がゼロということでありますけれども、この目標を3件とした根拠と売れなかった理由、主な理由と思われるものをお聞かせいただきたいと思います。

  それから、同じく成果報告書の169ページ、クラブハウス21の運営維持管理事業の関係なんですけれども、利用者数が前年度比で900名と減少しているということ。この原因について、施設の老朽化が進んでいるということが一因として挙げられるという話がありますけれども、見た限りではそれほど老朽化が進んでいないというふうにも見えるんですけども、その施設の老朽化ということはどこを指すのか、お聞かせいただきたいと思います。

  それから、最後の207ページの生涯学習推進事業の関係の親子土曜映画会の開催事業ですけれども、目標の人数が1,800人のところ、実際映画を鑑賞された方は1,832人というふうに目標を上回っているんですけども、今後については休廃止をするんだという方向が出ていまして、その理由が、親子で感動体験を味わうことができる場を提供するという所期の目的が達成されたというふうに書いてありますけれども、何をもって所期の目的が達成されたと言っているのか、この意味をお聞かせいただきたいと思います。

  以上です。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  財務部長。

    〔大沢賢治財務部長登壇〕



◎大沢賢治財務部長 ご質問をいただきました。

  蒔田の分譲地販売件数、目標3件ということでございますが、特に3件でなければいけないという理由は私も聞いておりません。ただ、目標は高くということで、これまでの販売実績等を考慮して、3件を目標を立てたんであろうと思います。

  売れなかった理由というのも、申しわけありません、細かく検証しているかどうか、私も確認をしてまいりませんでしたけれども、恐らくこれは需要と供給のアンバランスによるものであろうというふうに考えております。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 市民部長。

    〔井上まり子市民部長登壇〕



◎井上まり子市民部長 2点ご質問いただきました。

  まず初めに、クラブハウスの故障等の現状についてお話しさせていただきます。昨年度は、エアコンの故障、それから水回り並びにトイレ等の故障が発生しておりまして、修繕をさせていただきました。あと、現実的には、第1、第2集会室と、やや床もはがれかかっている状況が現在ございます。

  次に、生涯学習費のほうで親子土曜映画会を開催させていただいておりますが、こちらのほうは年に3回、21年度は開催したところでございますが、実際に合計のごらんいただく方の目標額、人数は達成しているわけでございますが、実際には1回目、6月のときが845人、2回目、10月でございますが、460人、そして3回目が22年になりまして2月に上映してございますが、こちらは527人と、前年等に比べまして、だんだんご利用なさる親子が少なくなっている状況がございまして、ほかのところでたくさん映画を見る機会もあるということで、予算は一時凍結ということで、22年度には手当てはしてございません。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 18番、出浦章恵議員。



◆18番(出浦章恵議員) 18番、出浦章恵でございます。4点ばかり伺いたいと思います。

  まず初めに、42、43ページの14款2項2目2節児童福祉費補助金、対前年比で2,592万9,000円、31.76%の減額となっております。これは、成果報告書で見ますと287ページにございます。この主因は、子育て応援特別手当補助金と思いますけれども、この辺を詳しくご説明をいただきたいと思います。

  2点目、56、57ページをお願いしたいと思います。16款2項4目1節有価証券売払収入なんですけれども、256万5,640円の計上がございます。これは何を売ったのか、お聞かせいただきたいと思います。

  今度は歳出に入りまして、3つ目伺います。95ページの2款1項5目18節備品購入費、公用車購入費、約2,700万円の計上がございますが、この内容についてご説明をいただきたいと思っております。

  4点目になります。同ページです。2款1項5目11節でしょうか、旧東高等学校の維持管理事業、東高等学校、650万円、この内容について、説明もいただいたのかな、ちょっと説明もあったのかと思いますけれども、この辺詳しくお伺いをしたいと思います。650万円についてです。

  以上です。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  健康福祉部長。

    〔米持孝之健康福祉部長登壇〕



◎米持孝之健康福祉部長 43ページの児童福祉費補助金について、前年度から相当収入が減っておるというご質問でございます。議員さんご指摘のとおり、昨年度、子育て応援特別手当補助金が前年度実績で2,289万6,000円支出してございますので、当初の概算の交付で3,600万円ほど一時入っておりますので、その差額でこういう数字になったということでございますので、ご理解いただきたいと思います。



○議長(小櫃市郎議員) 吉田総合支所長。

    〔山口辰雄吉田総合支所長登壇〕



◎山口辰雄吉田総合支所長 有価証券売払収入につきましてご質問いただきました。この売払収入につきましては、平成12年に旧吉田町において企業誘致をいたしました文書保管事務に伴う賃貸業を経営する秩父緑の森株式会社から増資による株式の購入を依頼されまして、40株、200万円を出資いたしました。その後、親会社であります株式会社丸和運輸から、さらなる事業拡大を図り秩父地域の雇用にも貢献するとともに、グループ運営の効率化を目的に、秩父市が所有する秩父緑の森株式会社の株式40株の買い取りの申し入れがありましたので、これを売り払ったものでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 財務部長。

    〔大沢賢治財務部長登壇〕



◎大沢賢治財務部長 公用車の購入費につきましてお答えいたします。

  これにつきましては、国庫補助金でございます地域活性化・経済危機対策臨時交付金が交付されることによりましてこれを活用し、公用車26台購入をさせていただいたものでございます。内訳といたしましては、小型乗用車6台、小型貨物車2台、軽乗用車15台、軽貨物車3台でございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 市民部長。

    〔井上まり子市民部長登壇〕



◎井上まり子市民部長 旧秩父東高等学校維持管理事業費649万1,274円についてご質問をいただきましたので、順にご説明させていただきます。

  通常、建物管理をいたしているときにほとんどかかる経費ではございますが、何分、古い建物でしたので、予算の中ですが、想定外で修繕料及び工事関係の費用が多くなっております。その点を簡単に説明させていただきたいと思います。修繕料が55万7,455円という決算額でございますが、内訳といたしまして、給水設備点検修繕に32万7,600円、そして体育館や格技場の照明等交換いたしまして、そちらに12万9,150円、それから電話の設備をやはり改修を必要としましたので、6万4,270円。それから、トイレとか、あと、同じくこちらもトイレです。外のトイレ並びに建物内のトイレ等の部品交換等に合わせて3万1,000円程度かかっております。

  それからあと、金額がやはりかかりましたものは、修繕ではなくて工事として費目を上げさせていただいておりますが、初めにグラウンド内水道布設がえ工事に14万500円要しております。それから、体育館給水管布設がえ工事が45万7,275円でございます。それから、凌雲会館の機械警備システムを改修いたしまして、こちらが18万9,000円でございます。次に、グラウンド給水改修工事10万7,100円要しております。それから、凌雲会館棟屋防水改修工事ということで、雨漏りがございまして、56万7,000円を要してございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 18番、出浦章恵議員。



◆18番(出浦章恵議員) 先ほど答弁いただきました57ページの有価証券のことにつきまして、緑の森ということで答弁いただきました。363ページを見ますと、有価証券のところで200万円というのが計上されていますが、これが差額というふうに認識をしていたんでよろしいでしょうか。確認をしたいと思います。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  吉田総合支所長。

    〔山口辰雄吉田総合支所長登壇〕



◎山口辰雄吉田総合支所長 363ページの秩父緑の森株式会社の株券200万円との差額という話でございますが、先ほどの金額から200万円を差し引いたものが上乗せ金額ということでございまして、257ページの256万5,640円というものが実際に売り払った収入でございます。この200万円というのは、秩父緑の森株式会社に対しまして出資した額でございまして、その出資した額よりも大きい金額で売り払いをしたということでご理解いただきたいと思います。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 18番、出浦章恵議員。



◆18番(出浦章恵議員) 今の件なのですけれども、額面が200万円で、時価が256万5,640円ですか、でいいんじゃないかと思うんですが、こういうことではないですか。こういう質問したつもりなんですけれども。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  吉田総合支所長。

    〔山口辰雄吉田総合支所長登壇〕



◎山口辰雄吉田総合支所長 そのとおりでございます。



○議長(小櫃市郎議員) 22番、福井貴代議員。



◆22番(福井貴代議員) 22番、福井でございます。3点ほどお伺いいたします。

  まず初めに、95ページ、総務費のところで、今、出浦議員からも質問のありました備品購入費、公用車の件ですけれども、確認をさせていただきたいんですが、老朽化の進んだ公用車に対して低燃費対応車への切りかえということでよかったかどうか。それでいいかどうか、確認をさせていただきます。

  そして、2点目、173ページ、生活保護費支給事業、多くの金額を要しておりまして、7億8,700万円近い金額が入っているわけですけれども、昨今の経済状況の中でかなりふえてきている状況があるのではないかと思います。利用者数、そして平成20年度に比べての増加人数、もしわかりましたら、相談に見えた相談者数と、そして申請に至った申請件数、そこがわかりましたらお教えいただきたいと思います。

  3点目ですけれども、275ページ、下のほうにあります負担金補助及び交付金の中の一番最後、住宅耐震診断補助金5万円がございます。たしか私の理解では民間住宅に対しての耐震診断に対しての補助金かと思うんですけれども、当初予算、たしか60万円あったと思うんですが、その中で5万円ということで、この利用状況、件数、そしてまた啓発、広報に対してどのように取り組まれたのか、お伺いをさせていただきます。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  財務部長。

    〔大沢賢治財務部長登壇〕



◎大沢賢治財務部長 お答えいたします。

  ご指摘のとおりでございます。今回買いかえをさせていただきました26台につきましては、すべて低排出ガス、低燃費の環境対応車でございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 健康福祉部長。

    〔米持孝之健康福祉部長登壇〕



◎米持孝之健康福祉部長 生活保護についてご質問いただきました。

  議員さんのご指摘のとおり大変相談件数もふえておりまして、19年度にさかのぼりますと86件の相談件数が、20年度は何と190件という数になっております。21年度は267件。19年度と比較いたしますと3倍強という増加でございます。もちろん保護の申請件数も6割ほど増加しておりまして、当市においてもさまざまな環境の変化によりまして大変厳しい情勢になっていると言えると思います。

  保護世帯数も21年度で432世帯、平成20年度は384世帯でございましたので、十二、三%の増加になっているということが言えると思います。扶助費、金額で申しましても21年度が7億8,681万円ぐらいです。20年度が7億2,700万円。6,000万円近く増加しているということになります。全体的に生活、住宅、医療を含めて1割程度の増加になっているのではないかというふうに見ております。今後も伸びていくのではないかという危惧をしているところでございます。

  以上です。



○議長(小櫃市郎議員) 地域整備部長。

    〔新井清久地域整備部長登壇〕



◎新井清久地域整備部長 275ページの住宅耐震診断補助金でございますけれども、これは木造住宅耐震診断補助制度によりまして、民間住宅の耐震診断を行った場合に補助を出すものでございます。昨年度の実績は1件で5万円ということになっております。

  また、広報活動でございますけれども、昨年から始まった制度でございまして、ホームページに載せてあるほか、広報には1回載せております。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 24番、浅海忠議員。



◆24番(浅海忠議員) 24番、浅海です。

  決算書の149ページになります。長寿者祝金及び敬老事業ということで4,300万円ございます。昨今、新聞、またはマスコミ等でも、戸籍上、秩父市でも154歳ですか、残られている方がいたとか、いろいろ報道されています。そういった中で、こういった敬老事業にきちんとした、いわゆる居住の確認ですとか、そういったところの誤りがなかったのかどうか。昨年度、また以前にさかのぼって、その辺のまた確認はどのようにしているのか、お伺いします。

  それと、もう一点、337ページのスポーツ振興事業、先ほど11番議員からも私立高校の野球部の甲子園の出場ですか、寄附金で出ているということでありました。こちらのほうは主要な施策の成果報告書を見ますと、21年度が1万円ということで、1件ですか。全国大会に行って頑張っている人が、秩父のこのエリアで申請が1件しかなかったというのは、これは恐らく申請が漏れているんだと思います。私の知る限りでも幾つかの団体が全国大会に出場しています。これは広報が悪いのか、きちんとした申請ができていないのか、両方考えられると思うんですけども、そこについてお伺いします。

  以上、2点お願いします。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  健康福祉部長。

    〔米持孝之健康福祉部長登壇〕



◎米持孝之健康福祉部長 大変話題に上っているご質問をいただきましたけども、当市といたしましては、主に敬老祝金などにつきましては節目、節目の祝金の配付をしておりますけども、実際に民生委員さんが自分の担当地区の祝金を直接持参しておりますので、まずその節目、節目のお祝金のお渡ししている方には間違いがないと。それから、日常的に行っておりますふれあいコール事業とか、民生委員さんの友愛訪問等で日常的な訪問活動を続けておりますので、秩父市はまず心配なかろうというふうに私は思っております。敬老会等もやっておりますので、さらに自治体で敬老会に参加する年齢の方のチェックは必然的にやっていただいておりますので、これまた二重に心配はなかろうというふうに思っております。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 市民部長。

    〔井上まり子市民部長登壇〕



◎井上まり子市民部長 ご質問いただきました秩父市スポーツ振興奨励金交付金に関してお答え申し上げます。

  議員さんご指摘のとおり、こちらは平成20年にこのような要綱が策定されまして、20年度から申請に基づいて奨励金を交付しているところでございます。20年度の実績は、団体で4件、個人で5件、合わせて9件、43万円交付しているところでございます。21年度に関しましては申請があったのが個人で1件ということで、私も確認をしたところでございますが、申請に基づいて交付をしているということでございます。

  また、周知につきましては、やはり要綱ができましたときに体育協会等によりまして、また各学校等にもいろいろ周知をしているところでございます。ご理解いただきますようお願い申し上げます。



○議長(小櫃市郎議員) 24番、浅海忠議員。



◆24番(浅海忠議員) それぞれありがとうございました。

  敬老祝金については、よく理解しました。よく把握されているということです。ただ、戸籍の問題については、いろいろ国等の、またいろんな手続があると思うんですが、実際にこれからの作業があると思うんですけども、ぜひ、表現が余り適切ではないかと思うんですが、幽霊になっちゃっている人が生存しているような状態で戸籍が残っているというのは、やっぱり早く是正をしていただきたいと思います。

  それと、スポーツ振興の関係なんですけども、これは今年度中であれば後づけの申請でも構わないんですか。このところを1点お聞きします。21年度についてはこれから申請するというわけにはいかないと思いますけども、22年度、当年度中のことであれば、既に事後の申請でもよろしいのかどうか、確認のために伺います。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  市民部長。

    〔井上まり子市民部長登壇〕



◎井上まり子市民部長 スポーツ奨励金に関しましては、今年度中ですから、行ってきた方も、これから大会に出られる方も、どちらも申請をいただけば交付することができます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 暫時休憩いたします。



    休憩 午前11時11分



    再開 午前11時26分





○議長(小櫃市郎議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  議案に対する質疑を続行いたします。

  財務部長。

    〔大沢賢治財務部長登壇〕



◎大沢賢治財務部長 先ほどの松澤議員さんのご質問のうち、追加で答弁をさせていただきたいと思います。

  まず、平成21年度公債費の支出のうち交付税に算入された額でございますが、20億2,789万6,000円でございます。それから、交付税算入分がなかった場合の実質公債費比率でございますが、14.8でございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 環境部長。

    〔金丸一郎環境部長登壇〕



◎金丸一郎環境部長 先ほど11番、新井豪議員からお尋ねいただきましたバイオマス元気村発電所を視察した自治体レベルの数というご質問にお答えさせていただきます。

  21年度末で集計させていただいたところでございますけれども、行政が75、議会が32、計107でございます。よろしくお願いいたします。

  それから、先ほど、バイオマス発電所を建設した自治体というご答弁の中で、私、宮城県仙北市と申し上げましたけれども、これは秋田県仙北市の間違いでした。訂正させていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 20番、山中進議員。



◆20番(山中進議員) 20番、山中です。3点ほどお伺いいたします。

  ページは26、27ページなんですけれども、1款2目の2項国有資産等所在市町村交付金が対前年比30%の減、3,000万円、ありますけれども、その理由についてお伺いいたしたいと思います。

  それから、62ページの20款の3の1の5ですけれども、高齢者住宅整備資金貸付金元利収入というのが、昨年も質問しておりますけれども、38万三千何がしかあるんですけれども、何年にもわたって収入未済額になっておりますけれども、どういう対策をとってきたのか。

  それから、213ページ、6の1の3、急傾斜地耕作助成金の内容と場所について説明をお願いします。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  財務部長。

    〔大沢賢治財務部長登壇〕



◎大沢賢治財務部長 ご質問いただきました国有資産等所在市町村交付金の減額の理由でございますが、主な要因といたしましては、埼玉県企業局の電気事業が平成20年3月に東京発電株式会社へ移転移管となりまして、この交付金の対象でなくなりました。そのために30.1%という大きな減少となったものでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 健康福祉部長。

    〔米持孝之健康福祉部長登壇〕



◎米持孝之健康福祉部長 高齢者住宅整備資金の関係でご質問いただきました。こちらにつきましては、昭和56年に80万円貸し付けたものでございまして、実はことしも住所を調べまして新たな住所地へ調査に行ったわけでございますけれども、現実にはご本人には会えなかったということで、いまだご本人に返還を求めることができないという状況になっておりまして、元金が35万2,179円、それとそれに対する利子が3万1,134円、合計の38万3,313円が未済額ということでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 吉田総合支所長。

    〔山口辰雄吉田総合支所長登壇〕



◎山口辰雄吉田総合支所長 急傾斜地耕作助成金でございますが、213ページでございます。これは吉田地区の中山間地域等直接支払いの事業でございまして、7地区、この事業を行っております。この地区に対する助成金でございまして、7地区は、沢戸地区、半納地区、室久保地区、横田倉地区、川久保地区、新志地区、漆木地区の7地区でございまして、急傾斜地域で農業を営む集落につきまして、その協定に基づきまして農地を活用して作物を栽培したり、農道や斜面の草刈りなどを行う農業者等に原則5年間、この直接支払い事業で助成金を行うものでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 20番、山中進議員。



◆20番(山中進議員) 20番、山中です。

  62ページの高齢者住宅整備資金貸付金ですけれども、56年と大分たっているんですけど、時効との関係はどうなっているのか、お願いいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  健康福祉部長。

    〔米持孝之健康福祉部長登壇〕



◎米持孝之健康福祉部長 これにつきましては、しばらくの間、返済の事実もございますし、先ほども申し上げましたが、実は藤岡のほうまで新住所があるということで調査にも伺っております。不納欠損にするかどうかにつきましては、また収納課と協議をしていきたいというふうに思っております。



○議長(小櫃市郎議員) 20番、山中進議員。



◆20番(山中進議員) わかりました。

  あと2点ほどお伺いしたいんですけれども、20款の5の1の7ですけれども、市民プールの利用カードの頒布代金について、83万円が対前年比で減額されていますけれども、1割近い減額となっているんですけれども、これは利用者数の関係なのか、なぜなのか、ちょっとお聞きしたいと思います。

  それから、歳出に移りますけども、ページ159の3の2の1、家庭児童相談事業の内容について説明を願いたいと思います。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  健康福祉部長。

    〔米持孝之健康福祉部長登壇〕



◎米持孝之健康福祉部長 家庭相談員について先にご答弁を申し上げます。

  家庭相談員、現在、非常勤の職員が2名、それぞれ週3日の勤務で、月曜から金曜日、どちらかの職員が相談の対応をしておるところでございます。

  相談内容は、生活環境、家族関係、不登校問題等、さまざまでございますけれども、年間1,000件を超す相談を受けている状況でございます。さまざまなケースにつきまして、学校や保育所、教育委員会、民生委員さん、いろいろなケースによりまして連携を深めているところでございます。



○議長(小櫃市郎議員) 地域整備部長。

    〔新井清久地域整備部長登壇〕



◎新井清久地域整備部長 63ページの市民プール利用カードの頒布代金につきまして、昨年より減少しているということでございますけれども、昨年の販売枚数が4,055枚、今年度が3,666枚ということで減っているわけでございますけども、どこの販売が減っているかということ、データ見てみますと、これは去年だと公園課の窓口と各総合支所の総務課の窓口、あと学校販売、あと小鹿野町で販売していただいていますけども、窓口販売が1,270枚に対して昨年21年度929枚ということで、そこが減っております。あとの場所につきましては、そんなに変動はございませんでした。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 12番、金田安生議員。



◆12番(金田安生議員) 12番、金田です。4点、確認させてください。

  まず、1点目、26ページ、固定資産税、ダム関係、これは毎回のことで大変恐縮なんですが、ダムの固定資産税がどのくらい、この中で該当しているか。それと、固定資産税の、要するに交付税の影響額、これについてお聞かせください。

  次は、98ページ、総務費、企画費、これの中、ちょっとよくわからないんですけど、決算書の中ではわかりませんし、成果報告書の中でもよくわからないんですけど、チャレンジ80計画がどのように評価されて、この中身を決算書から実績をうかがえばいいのか。実態はどうなのか、これをお聞かせください。

  それと、次は268ページ、土木費、都市計画費、これもスポーツの森の利用推進事業なんですけれど、成果報告書の中でもよくわかりませんし、全体の像がよくわからない。要は西武鉄道から譲与され3年ほど経過しましたけれど、要するに平成21年の全体の収支計算はどういう状況になっているか。

  それと、以前、固定資産税に対応する交付税措置がされて、市の負担は少ないような実績といいますか、答弁を聞いたような記憶があるんですけど、平成21年度の実績を数字的に説明するとどんなような形なのか。

  とともに、成果報告書の423ページにあります施設の老朽化について、早急に改修が必要なものはおおむね終了したと、こういうふうに記述がありますけれど、その反面、その下のほうに、施設の老朽化が進んでおり、整備及び維持管理に大きな費用がかかり云々と記述されています。現時点で今後の見通しはどう考えているのか。平成21年度の決算においてどのような考えをしているのか、これをお聞かせください。

  それと、最後の1点目、273ページ、土木費、芝桜対策事業ですけれど、事業全体の収支が、残念ながら成果報告書でも決算書の中でもよく見えません。委託業務先の芝桜事業の収支影響も含めて、全体の採算についてどのようになっているのか、お聞かせいただきたいと思います。

  なお、集客による秩父市及び周辺地域の効果も大きいと思いますが、成果報告書の中からは読み取ることができないので、この辺についての見解もお聞かせ願いたいと思います。

  以上です。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  財務部長。

    〔大沢賢治財務部長登壇〕



◎大沢賢治財務部長 ご質問いただきました、まず1点目の4ダムの税収でございますが、平成21年度で合わせまして税収総額が9億3,600万円でございます。これに対応いたしまして、平成21年度、地方交付税の基準財政収入額の影響額は2億三千、失礼しました。ただいまのダムの税収増等も含めまして、地方交付税の基準財政収入額への影響額は2億3,104万6,000円算入されたことになっております。

  それから、チャレンジ80プランの関係でございますが、申しわけありません。ちょっとお待ちください。チャレンジ80プランにつきましては、平成17年度合併以後におきましても、引き続き経常経費の削減に向けまして努力を続けておるわけでございます。平成21年度につきましても、公債費、これは地方債の元金償還額、それから物件費、維持補修費等におきまして、かなりの削減効果を上げております。しかしながら、その一方で人件費、扶助費、補助費等が増嵩しております関係で、なかなか当初の目標としております経常収支比率80%には到達なかなかできないというような状況になっておるところでございますので、よろしくご理解いただきたいと思います。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 市長室長。

    〔大島育生市長室長登壇〕



◎大島育生市長室長 秩父ミューズパークスポーツの森の全体の収支はどうなっているかということですけども、歳入につきましては平成21年度で9,440万円。主なものとしましては、交付税が5,800万円、プール使用料が2,000万円でございます。歳出につきましては1億4,800万円。主なものとしましては、ちちぶ観光機構への委託料が8,300万円、プール改修工事が2,300万円ということで、歳入歳出差し引きますと約5,300万円ぐらいの減という形になります。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 地域整備部長。

    〔新井清久地域整備部長登壇〕



◎新井清久地域整備部長 ご質問の主要な施策の成果報告書の424ページの記述についてでございますけれども、スポーツの森プールにおいては、おおむね終了したということでございまして、そのほかのスポーツ施設、例えばテニスコートだとか、あとはスポーツの森の中の給排水施設、そういったものがまだ未完成ということでございますので、今後この点についても修繕していかなくてはいけないと思っています。

  以上です。



○議長(小櫃市郎議員) 暫時休憩いたします。



    休憩 午前11時48分



    再開 午前11時50分





○議長(小櫃市郎議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  議案に対する質疑を続行いたします。

  当局の答弁を求めます。

  地域整備部長。

    〔新井清久地域整備部長登壇〕



◎新井清久地域整備部長 芝桜事業の全体の採算ということでございますけれども、まず収入の関係でございますけれども、21年度実績で芝桜の丘の入園料が9,302万8,100円、駐車整理料や整備協力金として1,854万8,021円、合計1億1,157万6,121円となっております。また、支出のほうなんですけども、細かいものいろいろあるんですけど、まだそこまでちょっと、申しわけないですけど、出ていないですけども、大きな、近畿ツーリストに委託しております対策事業費の委託でございますけども、これは9,150万1,145円です。あと、実行委員会のほうに委託しております料金徴収でございますけども、これが1,729万6,350円です。合計が1億879万7,495円となっております。差し引き約200万円ぐらいのプラスかと思っております。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 12番、金田安生議員。



◆12番(金田安生議員) ありがとうございました。2点確認させてください。

  まず、1点目はダムの固定資産税、これは固定資産税は9億3,600万円の収入があったという、こういうお話ですけれど、要するに私は影響額、交付税の影響額をお聞きしましたら2億3,100万円。これは2億3,100万円は基準財政需要額で効果があったということですから、この逆に9億3,600万円引く2億3,100万円の約7億円ぐらいですか、これが実際には固定資産税の影響額である、こういうふうに理解してよろしいのかどうか。これ1点。

  それと2点目は、チャレンジ80計画で実際に平成21年度の経常収支比率は、まだ最終的に私聞いていないんですけど、幾つになったのか。80%に対して幾つにおさまったのか、これをお願いいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  財務部長。

    〔大沢賢治財務部長登壇〕



◎大沢賢治財務部長 再質問にお答えいたします。

  最初に、後のほうの経常収支の数値からお話をさせていただきますが、平成21年度につきましては、2.4ポイント改善をしまして、20年度が87.8%だったんですけども、2.4ポイント改善しまして85.4%となりました。

  それから、1点目のダム関連の固定資産税と交付税の影響の関係でございます。ちょっと最初、私の説明が上手でなかったと思います。済みません。滝沢ダムの新規課税がございました関係で、固定資産税の2億3,104万6,000円が基準財政収入額に算入されることになりました。ということは、基準財政需要額から基準財政収入額を引いた数値に対して地方交付税が交付されてまいりますので、したがって、この基準財政収入額に算入された2億3,104万6,000円が交付税交付額としては減額になってくると、こういうことでございます。よろしいでしょうか。

    〔「効果は7億ということ……」と言う人あり〕

  交付税、失礼しました。税金として入ってくる分は相当な金額が入ってきているわけですので、その部分を交付税として換算をいたしますと、総体的には市の収入は多くなっているというふうに考えていただいてよろしいかと思います。といいますのは、地方交付税の基準財政収入額の算入の方式といいますのが、100%算入でなく、75%算入という形になっておりますので、その分は税収が丸々収入額として落とされなくて済むということでございますので、結果的には税収で入ってくる部分と、それから基準財政収入額に算入されるんですけども、一部は税収として算入されずに済みますので、合わせますと税でいただくほうが有利になるということでございます。よろしくお願いいたします。また質問があればお答えいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 16番、江田治雄議員。



◆16番(江田治雄議員) 大分出そろったようですけども、1点だけ、細かなことで大変恐縮です。

  81ページ、総務費、総務管理費、真ん中よりやや下段なんですが、儀式及び表彰事業という中に、賞賜金、これは金額10万円なんですが、21年度から出ていまして、前年まではなかった科目なんですね。これはどういう内容なのか、1点だけ教えてください。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  市長室長。

    〔大島育生市長室長登壇〕



◎大島育生市長室長 ただいま儀式及び表彰費のうちの賞賜金についてご質問ございました。

  この賞賜金につきましては、平成20年度までは交際費として支出をしておりました。平成21年度からは賞賜金という形で8件、10万円でございます。内容につきましては、弔祭料という形で、ちなみに申し上げますと、名誉市民、元市長、元議長、元議員、元職員で、旧町村の特別功労者、市議会議員等についてでございますけども、平成21年度は香料は交際費から支出をさせていただいています。今申し上げました弔祭料につきましては、賞賜金という形で支出をしたものでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 16番、江田治雄議員。



◆16番(江田治雄議員) 理解ができました。

  市のホームページで市長の交際費を実は公表していますよね。地元でも立て続けに議長経験者が亡くなったんですが、この市長交際費の中に載ってなかったんです。今の話を聞いて理解ができました。しかし、公費が出るということについては交際費と同じような部類だと思いますので、今後またこういったホームページ等に公表していく考えがあるかないか、お聞かせください。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  市長室長。

    〔大島育生市長室長登壇〕



◎大島育生市長室長 交際費につきましては、従前からホームページで公開をしております。賞賜金につきましてもホームページで公開していくという方向性で検討したいと思います。よろしくお願いいたします。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 他に質疑ございませんか。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小櫃市郎議員) 質疑なしと認めます。

  暫時休憩いたします。



    休憩 正  午



    再開 午後 1時00分





○議長(小櫃市郎議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  議案に対する質疑を続行いたします。



                        ◇                     



     ・議案第74号から議案第82号までに対する質疑



○議長(小櫃市郎議員) 議案第74号から議案第82号までの9件について質疑を願います。

  19番、新井康一議員。



◆19番(新井康一議員) 19番、新井康一です。

  まず、議案第74号、26から29ページ、歳出では38、39ページになりますけれども、高額療養費がふえてきていますが、その背景には何があるのか、ご説明をお願いいたします。

  それと、41ページ、出産育児一時金についてですけれども、その内訳と、金額に端数が出ているんですけども、この端数が出ている理由について説明を願います。

  以上2点、お願いいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  健康福祉部参事。

    〔加藤 登健康福祉部参事登壇〕



◎加藤登健康福祉部参事 高額療養費がふえている、その背景というご質問にまずお答えいたします。この関係につきましては、年々医療の高度化ということが進んでいるかと思います。そういったものが一番大きな原因で医療費の増額になっている、そのように理解をさせていただいております。

  続きまして、出産育児一時金の端数の関係からまず申し上げますが、端数につきましては、例えばなんですけれども、今現在42万円の限度額で出産育児一時金を支給しておりますが、途中で死産というふうな形がある場合がございます。そうしたときにつきましては、それまでにかかった費用ということで助成をするということですので、端数が出る場合があるということでご理解をいただきたいと思います。

  また、昨年の10月から42万円、それから昨年の1月から金額が上がりまして、38万円というふうになったわけですけれども、その内訳について申し上げたいと思います。まず、35万円が1件ございました。また、38万円が46件、それから42万円が34件になっております。

  また、先ほどの端数の関係ですが、これについてはちょっと数字的には把握していないのですけれども、切りのいい数字につきましては、以上35万円が1件、38万円が46件、42万円が34件というふうになっております。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 18番、出浦章恵議員。



◆18番(出浦章恵議員) 18番、出浦章恵です。議案第76号について伺います。

  97ページの1款1項2目です。普通徴収保険料の収入未済額は、昨年は対調定額で0.4%だったものが、ことしは0.76%というふうにふえております。その背景について何があるのか、伺いたいと思います。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  健康福祉部参事。

    〔加藤 登健康福祉部参事登壇〕



◎加藤登健康福祉部参事 収納額の減収ということでございますが、細かい分析はしておりませんが、考えられる背景といたしましては昨今の経済状況の不況等ございまして、また後期高齢者の皆さんの生活も大変というふうなことがあるかと思います。具体的な状況について把握はしておりませんが、そのような背景が考えられるかと思います。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 20番、山中進議員。



◆20番(山中進議員) 20番、山中です。

  ページ129です。3款2項4目19節、在宅生活サポート促進事業補助金とありますけれども、内容についてご説明をお願いしたいと思います。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  健康福祉部長。

    〔米持孝之健康福祉部長登壇〕



◎米持孝之健康福祉部長 在宅生活サポート促進事業補助金についてでございますが、これは皆さんのお耳に入っている、みやのかわボランティアバンクおたすけ隊というのがございますけれども、こちらのほう、当初は県補助金で始めましたけれども、県の補助金がなくなった現在でも市のほうで補助金を出して応援をしている事業でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 他に質疑ございませんか。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小櫃市郎議員) 質疑なしと認めます。



                        ◇                     



     ・議案第83号、議案第84号に対する質疑



○議長(小櫃市郎議員) 次に、議案第83号及び議案第84号の2件について質疑を願います。

  19番、新井康一議員。



◆19番(新井康一議員) 19番、新井康一です。

  水道事業について1点だけ、石綿セメント管の布設がえの進捗状況について、この1年間でどのくらい進んだのか。また、予定としてはいつごろまでに布設がえが終了するのか、その辺について見込みをお願いいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  水道部長。

    〔島崎 洋水道部長登壇〕



◎島崎洋水道部長 石綿セメント管の更新の進捗状況でございますが、旧秩父市地区において1,497メートル、吉田地区において2,101メートル、荒川地区はもともと石綿管が少ないところでございますので、ゼロメートル、計で3,598メートル、約3.6キロ更新をいたしました。

  この結果、秩父地区におきましては、更新がまだ済んでおりませんものが4万9,121キロ、全石綿管の57.1%が残っております。吉田地区につきましては1万1,000メートル、すべての石綿管の45.8%。荒川地区につきましては、本年度21年度更新いたしませんでしたから、20年度末と同じということになりますが、2,561メートル、全石綿管の16.0%。もともと大滝地区には石綿管がございませんので、合計いたしまして残延長は6万2,682メートル、全石綿管に対して49.7%、約50%残っているということになります。

  今後の見込みですが、今後石綿管につきましては、予算の許す限り更新のスピードを速めるつもりでおりますが、このままですとやはり32年度ぐらいまでかかってしまうという見込みでおります。

  以上です。



○議長(小櫃市郎議員) 18番、出浦章恵議員。



◆18番(出浦章恵議員) 出浦でございます。議案第84号で聞かせていただきます。

  市立病院で乳がんの検診に力を入れるということで、マンモグラフィーを導入したということでありますけれども、その後の検診の実績について伺いたいというふうに思います。

  以上です。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  病院事務局長。

    〔富田 昭病院事務局長登壇〕



◎富田昭病院事務局長 お答えいたします。

  6月21日の金曜日より電話予約によりまして受け付けの開始を行いました。実際には7月2日の金曜日の午後から検診を開始いたしまして、予定では1日10名以内ということで始めておりまして、これはあくまでも秩父保健センターで検診ができなかった方を対象としているわけでございますが、個別検診の方もございますので、当院ではその委託医療機関となっておりますので、対応をしております。現在、4月から8月まででございますが、約46件、うち検診が17件あったようでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 他に質疑ございませんか。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小櫃市郎議員) 質疑なしと認めます。



                        ◇                     



     ・議案第85号に対する質疑



○議長(小櫃市郎議員) 次に、議案第85号について質疑を願います。

  26番、荒船功議員。



◆26番(荒船功議員) 26番の荒船です。

  受益者負担の関係なんですけども、これは建設費の一部負担ということで、今回平米500円、坪に直すと1,650円ですか。それから、この前、第5負担区も、19年度だったんですけども、同じ500円だったんです。それで、その一部負担の計算についてはどんなようなことでやっておられるのか、お聞きしたいと思います。

  なお、第4負担区、これは影森地域、平成12年度だったんですけども、710円になっていますけども、こういった差があるんですけども、安いほうがいいんですけども、どういう計算方法で、また影森との違いはどういうことだったんでしょうか。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  環境部長。

    〔金丸一郎環境部長登壇〕



◎金丸一郎環境部長 一部負担金の計算はどうにしているのかというご質問をいただきました。これにつきましては、総事業費から国庫補助金を除きまして、その3分の1をいただくという計算方法で従来からやらせていただいております。今回も同じ筆法でやらせていただいた数字でございます。

  それから、第4負担区の影森については、今回よりも高かったのはどういう理由かというお話をいただきました。影森につきましては、影森区域の下水を下水道センターに持ってくるのに、かなり深い地下を大口径の集水管でもって持ってきております。その工事費が莫大であったために、今申し上げましたように総工事費がかかりまして、計算上こういった数字が出たものでございます。よろしくお願いいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 17番、斎藤捷栄議員。



◆17番(斎藤捷栄議員) 17番です。

  議案第85号は、条例の第3条、負担区区分条項に基づいて定めるものとなっています。3条2項は、負担区を定めたときは当該負担区の名称、区域及び地積を公告しなければならないと定めています。この第6負担区での区域については、初日に参考資料として提示をされました。面積についても提示をされました。これは地図を見ますと、第5負担区とすべて、第6負担区、飛び地があるんですが、それもすべて第5負担区と接しています。説明、この参考資料を見ますと、第5負担区が第1期工事分、そして今度新たに第6負担区と区分けをした部分が第2期工事分というふうになっています。工事負担金が同じであって、しかも接しているということであって、そして第1期工事、第2期工事ということでありますから、これをあえて第5負担区と第6負担区に分ける必要はなかったのではないかとも考えられるわけですが、その辺を区分けをして同じ500円を条例制定する根拠についてお教えいただきたいと思います。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  環境部長。

    〔金丸一郎環境部長登壇〕



◎金丸一郎環境部長 これは条例の説明のときにご説明させていただきましたけれども、今まで整備率が約75%くらいになった時点で負担金を課税させていただいております。そういったことで、平成19年、前回の第5負担区を設定したときには、今回の第6負担区につきましては整備率がそんなになっておりませんでした。そういったことで、今回第6負担区の整備率が約75%になったということで設定させていただいたものでございます。従来、第5負担区までそういった方法でやらせていただいております。よろしくお願いいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 他に質疑ございませんか。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小櫃市郎議員) 質疑なしと認めます。



                        ◇                     



     ・議案第86号に対する質疑



○議長(小櫃市郎議員) 次に、議案第86号について質疑を願います。

  19番、新井康一議員。



◆19番(新井康一議員) 19番の新井康一です。

  今回の条例改正、ご説明をいただいたんですけれども、具体的にどう変わるのか。前回の改正前の条例では具体的にどういう問題が発生するのか。もう一度、わかりやすくご説明をいただけるとありがたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  健康福祉部長。

    〔米持孝之健康福祉部長登壇〕



◎米持孝之健康福祉部長 お答えいたします。

  今回の条例改正で、まず主に変わる点と申しますと、今までは父親、母親が監護しているという言い回しでございましたが、特に父親に限定しては、監護していて、なおかつ生計を同じくするということで、いわゆる生計同一規定が加わって、厳しくなったという改正点がまず一つでございます。

  それと、もう一点は、優先順位を明確にするということでご説明申し上げたところでございますけども、端的に申し上げますと、優先順位を、母親、養育者、父親の順にするということで読んでいただければというふうに思います。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 他に質疑ございませんか。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小櫃市郎議員) 質疑なしと認めます。



                        ◇                     



     ・議案第87号に対する質疑



○議長(小櫃市郎議員) 次に、議案第87号について質疑を願います。

  10番、松澤一雄議員。



◆10番(松澤一雄議員) 10番の松澤です。

  この第87号につきましては、市立の幼稚園に入っている方の負担の是正という形で提案されていると思います。提案理由、それからせんだっての説明もそうなんですが、その前段といたしまして、まずこの市立の入園者の人数、それから秩父市の民間の全体の園児の数がわかりましたら教えていただきたいと思います。市立に行っている分で、そのうちの何%であるかをまずお尋ねしたいと思います。

  それから、初日の議案説明で、市内の民間の幼稚園の保育料は平均約1万8,333円というふうにお聞きをいたしました。そうしますと、市立の幼稚園の保育料、現在2,000円ですから、それは約10.9%というふうな状況だと思います。また、県の公立幼稚園の平均の保育料は、たしか7,878円というふうにお聞きしたわけですが、当市の2,000円はその約4分の1、25%強というふうに判断しているわけでございますが、そこで質問をするわけなんですが、23年度が4,000円、24年度から6,000円というふうになっていくことはわかるんですけど、実際に市の真意として、格差是正の金額というのは4,000円を含めたものなのか、それとも6,000円なのか。その点、はっきり教えていただきたいと思います。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  教育委員会事務局長。

    〔斎藤 保教育委員会事務局長登壇〕



◎斎藤保教育委員会事務局長 まず初めのご質問でございますが、秩父市内にございます公立の3件の園児数は、今年度135人でございます。一方、私立の幼稚園の園児数は、今年度894人でございまして、パーセンテージで申し上げますと、公立が13%、私立が87%というふうになってございます。

  2番目のご質問でございますが、本案につきましては、当初から最終的には6,000円まで値上げをさせていただきたいという政策の意図が明確にございます。第1条の4,000円にする改正につきましては、その影響の大きさから、あくまでも1年間だけの激変緩和措置を設けたものでございます。当局では6,000円が妥当な数値と考えております。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 10番、松澤一雄議員。



◆10番(松澤一雄議員) わかりました。

  今回の改正の条文を見ますと、格差是正に4,000円をワンクッション置くのかなというふうな感覚にとらわれるわけでございますので、この点、6,000円ということが本音なら、6,000円に至る経過措置で4,000円をつくっていくというふうな形がいいんじゃないかというふうにも思いますが、今後検討していただきたいと思います。

  以上です。



○議長(小櫃市郎議員) 19番、新井康一議員。



◆19番(新井康一議員) 19番、新井康一です。

  私はちょっと違った観点から質問いたしますが、市立幼稚園の保育料については、合併協定によって、旧秩父市が4,000円、吉田町が3,000円、大滝村が2,500円、荒川村が2,000円だったものを2,000円に統一し、新市に引き継ぐというふうにされたものです。この問題は合併協定をどう扱うのか、このことが問われる問題だと思います。協定に合意をして、周辺地域の住民にも納得をしていただいて合併をしたものだと思いますが、その合併協定をたかだか5年ぐらいでほごにしていいものか。合併協定とはそんな簡単に覆していいものか、このことが問われる問題だと思いますけれども、この辺についてのお考えを聞かせていただきたいと思います。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  教育委員会事務局長。

    〔斎藤 保教育委員会事務局長登壇〕



◎斎藤保教育委員会事務局長 合併後、早くも5年が経過したわけでございますが、5年というのは私にとりましては一つの区切りというふうに考えさせていただいております。合併協定時の最大のサービスで最少の負担という考え方につきましては、崇高な福祉に対する理念であると私は感じております。私も個人的には、教育に関する予算についてはすべて公費で賄われることが理想だというふうに考えてございます。一方、福祉のサービスといいますと、社会の構成員が互いに悲しみを分かち合い、そしてかばい合うことでもあるというふうに考えております。市の財政状況をかんがみたとき、私の理想どおり無料化できないことはまことに残念なことでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 19番、新井康一議員。



◆19番(新井康一議員) 19番、新井康一です。

  今の答弁にもありましたが、合併のときにどこに行っても説明されたのが、サービスは高いほうへ、負担は低いほうへ合わせるのが合併の一般的なやり方ですという説明をされました。それが実現された数少ない例なんですよ。あとは国保にしても、水道にしてもしかり、相当住民負担ふえているんです。そういう中で、合併の説明が守られた数少ない例が、たかだか5年ぐらいで。5年は一区切りだとおっしゃいましたけれども、たかだか5年ぐらいで合併協定をかなぐり捨てて改定をする。確かに請願がありました。でも、これは住民から出た請願じゃないんです。業者側から出た請願なんですね。業者という言い方がまずいかもしれませんけれども、経営者側から出た請願です。そういう中で、こういうことをやるというのは、全く合併そのものが住民を裏切ったものだと。数少ない守られた例まで5年ぐらいでほごにされる。このことに対する考え方を私は市長にお伺いしたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  市長。

    〔久喜邦康市長登壇〕



◎久喜邦康市長 ご指名ですので、今のことに対しましてのご答弁を申し上げさせていただきます。

  新井康一議員のブログも拝見しまして、お考えもこちらのほうも把握しております。多分私にいただけるかなというふうなところで期待しておった質問でございますので、それに対しまして思いを述べさせていただきたいと存じます。

  確かに公立、私立幼稚園保育料ということで、その格差是正ということは、私も議員で文教福祉委員会に所属し、各私立の保育園、また回ったのは公立幼稚園でしたが、そういうところも拝見して、この違いというのは私も如実に感じておりました。要するに私立と公立の違いということでございます。それで、それがサービスの充実というふうなことで、私立の幼稚園のほうでいろいろ工夫されてやってこられていると。そういうふうなことで、地域の幼稚園児、私立の幼稚園児を預かるいろいろな幼稚園の努力というのもそこに見て、それでその貴重な、大切な子どもたちを預かる施設、そこを運営していかなければいけないというところ、その辺の厳しさというのも私なりに把握したところでございます。

  というところで、今、幼稚園からの請願ということで、経営者側という言葉をいただきましたが、確かに経営者側の要望でございますが、これは地域の子どもたちを預かる施設ですから、その要望書は大きな意味合いがあるというふうに思います。それは尊重していくべきものだろうというふうに思います。

  確かに、この5年というふうなのが適切かどうかということですが、私も今、教育委員会事務局長といろいろ、水曜日も議論させていただいて、やはり5年というのは一つの区切りだろうというふうに私は申し上げました。サービスが最高に、負担が最低にという、私も議員のときにお世話になって、その辺のところをよく理解しておるところでございますが、ただ、いかんせん、余りにも2,000円という違い。県内の平均から見ても随分違うというところというふうなところを見たときに、2,000円というのは限界だというふうにさえ感じ、合併協定は遵守しなければいけない大切なものであり、それぞれの合併協定はいろいろな政策を考えていく上では常に頭の中に入れておりますが、この合併協定も、ある期間が過ぎたときに、いろいろなことも地域のいろいろな方々とお話をしながら、もちろん議員さんともいろいろ討議しながら、合併協定の区切りを過ぎたところに関しては一つの変更していかなければいけないということ。これは幼稚園以外にもいろいろ出てくるというふうに私は思っております。

  ですから、その一環として、まず5年という区切りをいただきまして、それで格差是正に向けて動き出したというところで、私もこの幼稚園のことは、保育料を上げるというのは大変苦痛、大変な思いしているということはよくわかっており、すべての公立幼稚園、3園あるわけですが、そこすべてお父さん、お母さん方の意見をまず聞いてきてくれということで、それぞれの施設、夜、うちのほうの担当が出向いていき、それぞれの意見をいただきました。厳しい意見もたくさんありました。何で今ごろというふうなこととか、もう決まったことなんかいとか、そういうふうないろいろな厳しい意見もいただきましたが、現状をよく理解していただくように、もちろん今回ご可決をいただいた折にも、またそれぞれの施設を説明に回るようにということで指示をし、二度三度、それぞれの施設に、その保育料の値上げということを理解いただくように、これからも努力していこうというふうに思っております。

  議員さんご指摘のとおりなことは私もよくわかり、福祉サービス充実ということは、私も同じベクトルに向かうものとしてよくわかります。ただ、これに関しては一定期間ということで、それをぜひ、合併協定もそれに対して協議の上、修正していく場合もあるということで、そのようにご理解いただきたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 19番、新井康一議員。



◆19番(新井康一議員) 19番、新井です。

  市長のおっしゃることもよくわかります。吉田地域で幼稚園に子どもを出している保護者の方から話も聞きました。意見を聞くと言いながら、全く説明だけで意見は聞く耳を持たなかったという話も聞きました。あと、もうちょっと考え方を変えれば、合併算定がえは10年続くわけです。そういう中で、5年というのを一区切りにしていいものかどうなのかということと、もう一点は、行政はよく周辺自治体とか、他市町村とか言うんですけれども、自治体なんで、自分の市で決めることは自分の市で決めればいいことで、余り周辺自治体の料金がどうのということにこだわり過ぎるのは、意見を言っちゃいけないかもしれませんが、よくないんじゃないかなということも考えていますので、その辺についてのご意見を、もう一回市長にお聞かせいただきたい。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  市長。

    〔久喜邦康市長登壇〕



◎久喜邦康市長 考え方の違いだと思いますが、5年が一区切りだというふうに考え、そういうふうな形で動いております。確かに、それともう一つ、周辺自治体との比較ということを言われました。全くそのとおりだと思います。ほかの自治体がどうだということではございません。ただ、一つの例として挙げただけであり、やはりこれは民間幼稚園と公立幼稚園の格差是正という大きな目標に向かっての保育料の是正でございます。そのようにご理解いただきたいと思います。あくまでも周りがどうだからという考え方ではございません。

  それから、あと、繰り返しになりまして恐縮でございますが、幼稚園、保護者の皆様には再三再四説明に参ります。ご理解いただくよう心からお願いをし、説明も十分尽くす覚悟でございますので、そのようにご理解いただきたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 他に質疑ございませんか。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小櫃市郎議員) 質疑なしと認めます。



                        ◇                     



     ・議案第88号に対する質疑



○議長(小櫃市郎議員) 次に、議案第88号について質疑を願います。

  11番、新井豪議員。



◆11番(新井豪議員) 11番、新井豪です。補正予算に関して1点だけお伺いします。

  説明書の43ページ、9款消防費にあります消防団運営事業の中の13委託料、消防操法全国大会派遣業務委託料についてお伺いします。先日、我らが消防団の特別部隊が県大会において優勝して、全国大会の出場を決めました。その出場のとき、また大会の前に秩父市の消防団の操法大会がありまして、そこでデモンストレーションでこの特別部隊が操法をしました。すばらしい操法で、我々消防団員も本当に驚かされる、感動させられる操法を行いまして、我々消防団員の中で、本当にすばらしい、市の職員も大したもんだなということで、本当に市の職員の皆さんの名誉向上に大きく貢献したということも一つ報告しておきます。

  その後に全国大会に出場が決まるわけですが、この県大会におきまして約15の自治体が出場されたと聞いています。その大会には上田知事がご臨席され、そして十幾つの自治体の中で、約5の自治体の首長が出席され、また首長が出席できないところは代理出席が、1つの自治体だけを除いて出席されたそうです。その代理出席もなかったのがこの秩父市、この優勝を決めた秩父市のですね、どういうわけか来賓の席に首長の姿も、代理出席の方の姿もなかったということなんですが、どうして出席されなかったのか、理由をお聞かせください。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  総務部長。

    〔森前光弘総務部長登壇〕



◎森前光弘総務部長 消防団の担当吏員ということで、総務部長からお答えいたします。

  15チーム参加された中で優勝ということは、まことに喜ばしいことだと思います。なぜ市長あるいは代理者が出席しなかったかということにつきましては、日程ということもございまして、私のほうが強く首長のほうの要請をしなかったということが原因かと思います。まことに申しわけありません。全国大会につきましては、ぜひ市長のほうにも出席いただいて、担当部であります職員も応援に参りたいと思いますので、ご容赦願いたいと思います。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 11番、新井豪議員。



◆11番(新井豪議員) 答弁ありがとうございました。

  今回この計上されている予算が230万円ということで、かなり多額なんですけども、その応援に行くというのはどれくらいの人数。バス1台分ぐらい行ってほしいななんて、これは願望ですけども、どれくらいの応援を予定しているのか。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  荒川総合支所長。

    〔山中和則荒川総合支所長登壇〕



◎山中和則荒川総合支所長 ご質問にお答えさせていただきます。

  委託料の中の消防操法大会全国大会の派遣業務委託料230万9,000円でございますが、これは選手並びにお手伝いの団員の秩父から会場までの送迎バス及び宿舎の手配並びに当日応援に駆けつける消防団員の送迎バスの手配、選手を含めた消防団員のお弁当等の手配等、すべて観光業者に委託するための費用でございまして、応援の人数的には、消防団員の方が約60名程度、それ以外に一般の応援の方でございますが、例えば選手の家族の方、あるいは関係市議会議員の皆様、地元の消防団OBの方々、その他応援者等で約40人、合計約100人規模の応援団になると見込んでおります。

  以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 市長。

    〔久喜邦康市長登壇〕



◎久喜邦康市長 県大会優勝で出席できなかったことは、私の不徳のいたすところでございます。大変申しわけございませんでした。

  その全国大会出場に対する予算ですが、希望どおり、できるだけ少しも査定することなく、全額ご期待に沿うような形で大規模に全国大会に応援に行くという形で、今ご案内のとおりの予算を組みましたので、私もできるだけ全国大会に参加させていただき、しっかり応援をさせていただきたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 15番、落合芳樹議員。



◆15番(落合芳樹議員) 15番、落合でございます。

  補正予算に関する説明書の9ページ、説明の欄の下のほうになるんですが、過疎地域等自立活性化推進事業、これは国からの100%の補助事業、1,000万円の事業になっておりまして、内容については次の11ページ、カエデ樹液活用事業委託料、それからカエデ樹液活用調査業務委託料、カエデ樹液成分分析業務委託料、こういうふうに書いてありますが、これは新聞で、たしか7月の初めごろに報道された第3のはちみつですか、多分そのことだと思うんですが、その説明と、委託料となっておりますので、それぞれの委託先というか、それについてお聞きいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  市長室長。

    〔大島育生市長室長登壇〕



◎大島育生市長室長 過疎地域の質問をいただきました。これは過日新聞発表等もございましたけれども、第3のはちみつということで、カエデ樹液をみつ源といたします第3のはちみつということでございます。

  委託の内容でございますけども、カエデ樹液活用事業委託料につきましては、樹液の採取につきましては、大滝山林振興協議会、それとその中で樹液の加工費につきましては第3のはちみつ研究会、それと実証実験ハチみつ採取委託料としまして、それにつきましても第3のはちみつ研究会、試作品の開発費につきましては秩父農工科学高校と第3のはちみつ研究会、カエデ樹液活用調査業務委託でございますけども、こちらにつきましては、大滝山林振興協議会と第3のはちみつ研究会に委託予定でございます。それと、カエデ樹液成分分析業務委託料でございますけども、こちらにつきましては埼玉大学を予定しているところでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 15番、落合芳樹議員。



◆15番(落合芳樹議員) ご答弁ありがとうございました。

  再質問といたしまして、先ほど出てきました委託先の団体名なんですけど、大体わかる団体だったんですが、第3のはちみつ研究会、これはどういった方で構成されているのか、お聞きいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  市長室長。

    〔大島育生市長室長登壇〕



◎大島育生市長室長 第3のはちみつ研究会でございますけども、代表者につきましては埼玉大学の教授の菅原先生でございます。構成メンバーといたしましては、埼玉学術事業会、秩父市、株式会社アイ・シー・ティ、それと秩父百年の森、株式会社角仲林業、株式会社清水スチール、株式会社オキナデアインターナショナル、埼玉大学理工学研究科、埼玉大学地域オープンイノベーションセンターの、会員としましては10会員でございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 18番、出浦章恵議員。



◆18番(出浦章恵議員) 18番、出浦章恵でございます。

  歳入では4ページです。14款2項5目、道整備交付金6,750万円の増額、地域活力基盤創造交付金7,425万円の減額、歳出で見ますと、34ページ、35ページになります。道路新設・改良費として財源措置をされておりますけれども、差し引き675万円の減額となる理由は何なのか、伺いたいと思います。

  続きまして、16ページ、17ページになります。3款2項2目18節備品購入費、赤ちゃんの駅設置用備品は、県の民生費補助金として措置をされてはいるものの、備品購入費としては高額ですが、内容について伺いたいと思います。

  この同ページです。続きまして、3点目は、3款2項4目15節工事請負費、西学童保育室設置工事について600万円が措置計上されております。この内容について伺いたいと思います。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  地域整備部長。

    〔新井清久地域整備部長登壇〕



◎新井清久地域整備部長 ご質問の5ページ、道整備交付金と地域活力基盤創造交付金の関係でございますけれども、この補助金につきましては幹線51号線の事業に充てる予定でございました。初日の財務部長の説明でもございましたとおり、当初、地域活力基盤創造交付金で事業を進める予定でございましたけれども、政権交代によりまして道路関係予算が大幅に削減されたということで、埼玉県全体で要望した額の7割程度の内示しかなかったと。それで、しかも新規事業につきましては要望額の30%しか来なかったということです。地域活力基盤創造交付金から乗りかえまして道整備交付金のほうに変わったわけでございます。地域活力基盤創造交付金のほうは事業費の55%という補助率だったんですが、道整備交付金のほうは50%ということで、このような額になっております。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 健康福祉部長。

    〔米持孝之健康福祉部長登壇〕



◎米持孝之健康福祉部長 赤ちゃんの駅設置事業についてご質問いただきました。

  県の補助制度とはいえ、450万円という多額ということでございます。内訳を申し上げますと、29施設45か所に備品を配備する予定でございます。各箇所上限10万円ということで、45か所分、450万円ということでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 教育委員会事務局長。

    〔斎藤 保教育委員会事務局長登壇〕



◎斎藤保教育委員会事務局長 補正予算に関する説明書17ページ、中ごろにございます工事請負費(仮称)西学童保育室設置工事600万円についてでございます。下郷学童保育室は現在定員50人のところ70人を受け入れている状況でございます。また、小学校の4年生以降が受け入れができていない状況となっておりまして、この改善策といたしまして、当座1,400万円の予算をいただきまして、30名程度の施設建設を見込んでおりました。そして、今ある施設に追加いたしまして西小内に建設をするということになっております。そして、この面積を再検討いたしまして、定員を40人に増加したいということで補正予算600万円を組ませていただいたわけでございます。この600万円の支出のうち400万円を国、県の補助金を見込んでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 18番、出浦章恵議員。



◆18番(出浦章恵議員) 18番の出浦でございます。答弁いただきました。

  赤ちゃんの駅の設置については、例えば1つ例を挙げていただいて、どんなものなのか。1つ例を挙げてください。

  それから、西学童につきましては、今の答弁では、今ある施設に追加して西小内に定員40人にするということだったわけです。これは今ある施設も使って、西小内にも使って、両方をということに理解をしていいわけでしょうか。

  そういうことですと、両方というと、いいような、悪いような気もいたしますが、その辺の不都合等はないのかどうか。学校の中にするものについては、現在のところは大変学童の子どもたちの生活するのに使い勝手がよい施設につくられております。私も子どもがお世話になりましたので、よくここは承知しているつもりです。学校の中につくるところについても、このように使い勝手のよいものにできるのかどうかということについても心配があります。

  それから、54ページ、55ページについて伺います。10款6項3目につきまして、給食調理場事業につきまして7,543万円の増額補正、これは当初予算比で17.5%の増額補正となります。その上、本体工事そのものの入札が不調に終わったというふうに聞いております。本日追加議案としてやっと提案をされるという段階であります。にもかかわらず、備品、消耗品の購入がここで予算計上されているわけであります。この点について、少し、あれっという感じがいたしますので、説明を詳しくしていただきたいと思っています。

  以上です。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  健康福祉部長。

    〔米持孝之健康福祉部長登壇〕



◎米持孝之健康福祉部長 備品を1つということでございますので、ベビーベッドほかでございます。



○議長(小櫃市郎議員) 教育委員会事務局長。

    〔斎藤 保教育委員会事務局長登壇〕



◎斎藤保教育委員会事務局長 まず、1点目のご質問でございますが、私の言い方が悪かったのかもしれません。西小学校内と言いましたが、西小学校の敷地内に新たに建設するということで、すばらしい施設が完成するというふうに私は期待しております。

  2か所に分けることによって不都合はないかというご質問ですが、影森地区でも同じような方式をとっておりまして、地区ごとに分けるとか、あるいは年齢ごとに分けるとかいうふうな方法、今後選択方法を考えていきたいというふうに思います。

  それから、補正予算に関する説明書55ページ、北部共同調理場用の備品でございますが、議員さんがあれっと思った内容がちょっと私もどうにあれっなんかなというふうにわからない状況でございますが、察するところ、なぜ当初予算にとらなかったのかということではないかと思います。私どもも当初予算に計上すべく予算要求をしたところではございましたが、財政事情等もございまして当初にはちょっと入れることが苦しいということで、繰越金も確定した時点の9月補正予算で計上することも一つの方法ではないかという選択肢がございましたので、今回補正予算に出させていただきました。

  この金額がちょっと高額ではないかというお話ですが、ご承知のように第1回目が不調に終わりまして、その不調に至った後、私どもは設計の見直しを行いました。そして、一部備品等もカットした部分もございます。正直申し上げて、今回、そういう部分の備品も一部含まれていることは確かでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 4番、木村隆彦議員。



◆4番(木村隆彦議員) 4番、木村でございます。

  補正予算書の39ページなんですが、ちちぶキッズパーク休憩所増築工事というふうな形で予算が計上されております。ちちぶキッズパーク、本当に子どもたちが土曜日、日曜日にいっぱい集まって、人気のあるスポットだと思うんですが、その休憩所の増築のイメージというんですか、多少なりとも頭の中に描けるようなものがあれば教えていただきたい。

  それから、もう一点なんですが、市内の入場者というのはかなり多くいると思うんですが、市外からの入場者というのは把握されているのかどうか。その2点をお伺いさせていただきたいと思います。

  以上です。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  地域整備部長。

    〔新井清久地域整備部長登壇〕



◎新井清久地域整備部長 キッズパークの休憩所の増築工事のイメージということでございますけれども、この事業、ことしから供用開始されました別所の農業集落排水の汚水排水施設が完了しましたので、失礼しました、昨年からですね。施設が完了しました。そこで暫定使用しておりました浄化槽設備をまず撤去しなければいけないのですけれども、その撤去工事にあわせまして、その場所にあずまや風の木造の休憩所をつくるという予定でございます。休憩所につきましては、床面積は67.56平方メートル、ベンチ、これも木造、地元産の木材使うんですけども、これは12か所、いろいろな大きさがございます。あと、足洗い場を1か所つくります。そういった感じのもの、いわゆる地元産の木材を使ったあずまや風の建物と考えていただければいいと思います。

  利用者のあれですけども、市内と市外の利用者別ですか、今、手元に資料がございませんので、済みませんが、後でご答弁申し上げたいと思います。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 4番、木村隆彦議員。



◆4番(木村隆彦議員) キッズパークといいますと、本当に幼稚園のバスが来ていたり、かなりの人気があると思いますので、ぜひとも充実させていただければ憩いの場になるんではないかなというふうに思いますので、質問させていただきました。ありがとうございました。



○議長(小櫃市郎議員) 地域整備部長。

    〔新井清久地域整備部長登壇〕



◎新井清久地域整備部長 先ほどの利用者の市外、市内の別なんですけども、残念ながら、市内、市外の別は統計とっておりませんので、データは出ておりません。ただ、8月末現在で約9万5,000人の利用者があるということでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 24番、浅海忠議員。



◆24番(浅海忠議員) 24番、浅海です。

  10ページ、11ページの7目情報システム費の中で、需用費として光ファイバーの整備事業で修繕料として569万1,000円あがっています。この内容について詳しいご説明をお願いしたいと思います。

  それと、その下の段になりますけども、地デジ難視聴解消事業で、これは財源が国からの補助金がなくて、今度一般財源に振りかわっていますけども、その内容についてご説明をいただきたい思います。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  総務部長。

    〔森前光弘総務部長登壇〕



◎森前光弘総務部長 情報通信基盤光ファイバー事業の修繕費について、まずお答えいたしたいと思います。これにつきましては、荒川地区の140号線道路改良に伴う光ファイバーの移設に伴う修繕料でございます。

  また、その下のお問い合わせだと思いますけども、地デジ難視聴解消の事業についてご説明したいと思います。この事業につきましては、工事請負費、整備工事について1,771万2,000円を減額いたしまして、補助金として同額を補正したわけでございますけども、当初、市の直接施行として計上いたしましたけれども、今年度は組合施行による対策事業が多くなったことから、補助金に1,771万2,000円の不足が生じたため、15節工事請負費を減額して19節負担金補助及び交付金へ予算の組み替え補正をしたものでございます。補助金についても同様でございます。なお、組み替えしたところについては、女部田地区、定峰地区、暮坪地区ということになっております。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 24番、浅海忠議員。



◆24番(浅海忠議員) 浅海です。ありがとうございました。

  総務部長、今、光ファイバーの修繕、国道140号の改良に伴うということであったんですけども、どこをどういうふうにするのかということを教えてください。

  それと、地デジの難視聴のほうなんですけども、これ国からの補助金がなくなって一般財源でするということは、要するに市のほうの持ち出しが当然ふえてくるわけで、たしか前には国からのそういった助成の中でできる部分ということで理解していたわけですけども、いわゆる自腹がふえるわけですから、そのようになってしまうのかどうか。このところの説明がなかったんで、もう一度お願いします。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  総務部長。

    〔森前光弘総務部長登壇〕



◎森前光弘総務部長 光ファイバーを敷設したところ、荒川の中川駅から清流園に至る道なんですけども、道路を拡張したときに光ファイバーが通っていたもんですから、それを移動させてもらうためにNTTのほうから補償金としていただいたものでございます。

  また、地デジの関係は、直接負担金については変わりはありません。ですから、費目をこうに差しかえただけであって、個々の負担金がふえるというものではございません。

  済みませんでした。事業確定に伴って補助金が減っているということでございます。



○議長(小櫃市郎議員) 暫時休憩いたします。



    休憩 午後 2時08分



    再開 午後 2時21分





○議長(小櫃市郎議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  議案に対する質疑を続行いたします。

  当局の答弁を求めます。

  総務部長。

    〔森前光弘総務部長登壇〕



◎森前光弘総務部長 浅海議員さんの質問に対して、訂正をさせていただきたいと思います。

  ただいまの1,358万9,000円、これは市町村合併推進体制整備補助金なんでございますが、これは合併推進体制整備基金の要望額が8,550万円でございまして、その内示額が7,191万1,000円、その差額の決定額の不足分を一般会計に振り分けたものでございます。ちなみに、この事業につきましては、こちらにのっております光ファイバーと地デジ難視聴事業とは別に、基幹系の業務システムデータの統合の事業に関するものでございました。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 2番、金崎昌之議員。



◆2番(金崎昌之議員) 2番、金崎です。

  補正予算に関する説明書の9ページの中段ですけども、(仮称)ふるさと学習センター設立準備事業の補正でありますけれども、この事業につきましては新市まちづくり計画や第1次秩父市総合振興計画に基づく計画だということではありますけれども、実際これが市の一定の構想というようなものが市民の目に触れたのは、この8月の市報で報道されたということだと理解しています。また、議員でもこの建設調査検討協議会というのが8月24日に始まったばかりということで、そこでこの13番の委託料というのが出ていますけども、まず土地調査業務委託料につきまして、この土地はどこの土地を指すのかということについて質問をしたいと思います。

  それから、その下の建設基本構想策定業務委託料がありますけれども、この基本構想の策定の業務を委託するということですけども、あらかじめ市としてのこういうものについて策定をいただきたいというようなものがあるのかどうなのか、この2点を伺います。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  財務部長。

    〔大沢賢治財務部長登壇〕



◎大沢賢治財務部長 ご質問いただきましたので、お答えいたします。

  この(仮称)ふるさと学習センターに関します土地調査業務委託料の対象の土地でございますけれども、秩父市大宮4633番地の1及び714番地の6の一部でございます。具体的に申しますと、土地所有者は太平洋セメント株式会社、旧第一セメントの跡地の一部でございます。

  それから、基本構想の、あらかじめこういうものというものが示せるようなものがあるかという話でございます。お話のように、このふるさと学習センターのことにつきましては新市まちづくり計画等で位置づけられております事業でございまして、以前から申し上げておりますように合併特例債を活用してこの事業を進めたいという考えでおるところでございます。合併特例債につきましては、ご案内のように平成27年度をもって利用ができなくなるということがございまして、その時点から逆算してスケジュールを立てますと、今議会の補正予算でどうしてもこの基本構想の策定業務をお願いしたいわけでございます。

  具体的にその中身といたしましては、今のところ具体的にこういったものをつくりたいというものは、正直なところございません。新市まちづくり計画の中で表現されておりますのは、学び、憩い、集い、推進プロジェクトということで、住民が生涯にわたって望む学習機会を提供できる文化的、科学的な情報を中心としたサービスの提供ができる施設、また広大な地域を有し、長い歴史を有する当地域の歩みが1か所で展示できるような施設、各地域における民俗資料を集約し、新市で責任を持って保管、展示することが必要である。また、広大な面積を有する新市の住民が待ち合わせ場所として気軽に立ち寄れるような場所と駐車場の確保が求められているので、こうしたことを効率的に満たす機能を持った複合的な施設を整備したいというものが新市まちづくり計画の中に位置づけられた(仮称)ふるさと学習センターの内容でございますので、私どもといたしましては、今回この基本構想策定業務委託料の予算をお認めいただけましたならば、早速にこの新市まちづくり計画等を具体的な形にするための構想をつくっていただきたいというふうに考えるところでございますので、よろしくお願いしたいと思います。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 2番、金崎昌之議員。



◆2番(金崎昌之議員) 2番、金崎です。

  土地につきましては、第一セメントのあったところの一部だという話でありますけれども、それにしても、この土地の調査をするとなると、その所有の問題とかがやっぱりかかわってくるんだというふうに思いますので、この土地の利用に当たってのセメントとの話し合いというか、進捗はどうなっているのか、まずお伺いをしたいと思います。

  また、その建設するものの中身の関係でありますけれども、先ほど言いましたように、市民の目に改めて触れたのはこの8月号の市報だと思います。やはり当時の最初の新市まちづくりの段階、それからまた現下の経済状況や財政状況というのを考えた場合に、やはり市民との合意形成というのは、よほど慎重にやらなければ、その上でなければならないというふうに思っていまして、その辺について市民の理解、合意形成ということについてはいかがお考えか、お尋ねいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  市長室長。

    〔大島育生市長室長登壇〕



◎大島育生市長室長 旧秩父セメントの第1プラントの跡地につきましては、平成17年ごろから対策会議を設けまして、6回ばかり会議をしてきております。その後、太平洋セメントの工場を解体するということで、一時中断がございました。解体終了後、久喜市長が誕生いたしまして、太平洋セメントと2回交渉をしております。その中で、あの広大な敷地の一部、約2万5,000平米ぐらいなんですけども、そこについて賃貸なり、使用貸借なり、貸していただけないかということで、秩父市が使っていただくことにはよろしいという話にはなっております。この8月にその下部組織である検討委員会におきまして市側からも申し入れをいたしまして、建物を建てる位置、全体敷地のうちの建物の部分については賃貸借でお願いできないか。それ以外の駐車場の用地等につきましては、使用貸借でお願いができないかということで、現状では太平洋セメントに投げかけて、次回の検討委員会のときに回答をいただけるというような状況でございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 財務部長。

    〔大沢賢治財務部長登壇〕



◎大沢賢治財務部長 再質問にお答えいたします。

  市民との合意形成に関する部分でございます。実は今回の補正予算の委託料の前に、金額的には少ないんでございますが、旅費で11万5,000円、需用費で9万5,000円、合わせてお願いしてございます。これは、現在この基本構想の予算をお願いする一方で、(仮称)秩父市ふるさと学習センター建設懇話会というものをつくりまして、今後懇話会の会議を開催していくわけでございますけども、それに要する費用として計上させていただいたものでございます。

  今後の進め方といたしましては、その懇話会を通じまして、20人の市民代表、一部職員も入りますけども、予定でございますけれども、その中で十分にご意見をちょうだいしてまいりたいというふうに考えておりますし、また議員の皆様方にも、先般の協議会を発足させていただきましたので、その中で十分にご意見をお出しいただき、最終的にこの基本構想とあわせて一つの市の建設の方向性を出してまいりたいというふうに考えておりますので、よろしくご理解いただきたいと思います。

  以上です。



○議長(小櫃市郎議員) 22番、福井貴代議員。



◆22番(福井貴代議員) 22番、福井でございます。3点ほど質問をさせていただきたいと思います。

  先ほど話のありました17ページ、赤ちゃんの駅設置についてでございます。本当にカルガモの親子のように、私、4人の子どもを育ててまいりまして、おむつの大きな袋を抱えていろんな外出をしてきた私にとっては、本当に夢のようなこの事業、県の補助金を使って、450万円ということで、大変に子育て世帯、また観光で訪れる子どもさんたちを持った親御さんにとっては、すごく助かる施設になると思います。

  それで、ちょっと質問ですが、先ほど29施設45か所に設置が新設されるというお話でございました。今まであった施設に加えて、この施設が新規ということだと思うんですが、今まであった施設と合わせてどのくらいになるのかという質問と、あともう一つ、この29施設について、どういう場所に設置がされるのか、資料がありましたら配付を願えれば、ありがたいと思います。

  そして、2点目ですけれども、24ページ、25ページ、また26ページのほうまで入ってですけれども、緊急雇用対策費として、大きく8事業、説明の中では新規に22名の雇用が見込まれるというお話もありまして、本当にこの不況下の中、大切な大切な事業だと思います。もっとたくさんの方に仕事、雇用をつくってあげたいという思いがしているわけですけれども、この8事業について、もう少し細かな説明をいただきたいのと、特に商店街イルミネーション緊急雇用創出基金活用事業について、私は従来ミューズパークのイルミネーションを叫んでまいりまして、今度、この前の一般質問でもございましたが、中心市街地の発展に寄与するような取り組みということがお話しされている中で、具体的な事業がわかりましたら、ご説明をお願いしたいと思います。

  そして、もう一つ、3点目ですが、43ページの防災情報伝達事業のところですけれども、地域防災無線撤去工事319万2,000円、撤去にも随分かかるんだなと実感するわけですけれども、この撤去の理由と場所についてお尋ねをさせていただきたいと思います。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  健康福祉部長。

    〔米持孝之健康福祉部長登壇〕



◎米持孝之健康福祉部長 赤ちゃんの駅についてお答えをいたします。

  資料は後ほどお配りさせていただきたいと思いますけども、主に市の庁舎とか公の施設が多うございまして、今後は民間の事業所にもお願いをしていきたいというふうには思っておりますけども、現状ではやはり観光情報館ですとか、浦山ダムの資料館のうららぴあですとか、保健センターですとか、既存のところに追加で配置するのが多うございます。老朽化しておるおむつの交換台ですとか、目隠しのないところについたてを入れるだとか、そういった使い勝手のよいような施設に整えていきたいということでございます。

  後ほど29か所については準備をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 総務部長。

    〔森前光弘総務部長登壇〕



◎森前光弘総務部長 防災情報伝達事業の地域防災無線の撤去工事についてご説明いたします。

  これは防災無線というのは、固定系と地域防災系というのがございます。よくここで鳴るのが固定系だと思うんですけども、それとあわせて旧秩父市時代に地域防災系という、例えば団の車に電話機を入れたり、あとは各団に相互のトランシーバー的なものをつけました。そのほかに細かく言いますと、防災無線室であるとか、地域防災系、浦山ダムの左岸にもございますし、各学校や公民館、防災関連施設等には地域防災系の機器を設置しております。また、消防団におきましても、先ほど申し上げましたけれども、車載型の無線装置であるとか携帯型の無線装置、それぞれ合わせて100台ほどございます。ただ、最近は地域防災系の機器で情報伝達はしておりません。各消防団ごとに、いわゆるそういう無線機で情報伝達ができますので、ほとんど地域防災系の情報伝達は今やっておりません。そこで、今回撤去をしたいということでございまして、地域防災系を外しましても消防団等の伝達等には支障はないということでございますので、ご理解願いたいと思います。

  以上です。



○議長(小櫃市郎議員) 産業観光部長。

    〔松?重男産業観光部長登壇〕



◎松?重男産業観光部長 ただいま福井議員さんのほうからお話をいただきました緊急雇用創出基金事業の交付金の関係でございますが、この関係につきましては埼玉県緊急雇用創出基金を活用いたしまして、総額2,558万6,000円、100%補助の事業でございます。それに県のほうに問い合わせしましたところ、基金の枠にまだ余裕があるという情報を得ましたので、追加で8事業を申請したところ、8事業すべてが採択の内定を受けたわけでございますので、今回計上をさせていただいたところでございます。

  その概略でございますが、1番目といたしまして、大滝、吉田地区の過疎、辺地地域での通院や買い物等の足の確保、また生活環境等の調査、把握を行うために、雇用人員6名を予定いたします過疎地域等生活支援需要調査緊急雇用創出基金活用事業が1番目でございます。

  2番目といたしまして、秩父地域のジオパークを推進するため日本ジオパークの認定に向けて事業展開を図るために、雇用人員1名を予定いたします秩父まるごとジオパーク推進緊急雇用創出基金活用事業でございます。

  3番目といたしまして、介護分野の人材確保のために介護現場に就業しながらホームヘルパー2級を取得させるための雇用人員5名を予定いたしますホームヘルパー2級取得緊急雇用創出基金活用事業でございます。

  4番目といたしまして、今ご要望のございました商店街にイルミネーションを実施し、冬季の誘客促進と地域経済活性化を図るための雇用人員4名を予定いたします商店街イルミネーション緊急雇用創出基金活用事業でございます。詳しい内容につきまして、後ほど申し上げます。

  5番目といたしまして、小規模事業者の戸別訪問を実施し、制度周知及び登録を促進するための事業でございまして、雇用人員1名を予定いたします小規模事業者登録促進緊急雇用創出基金活用事業でございます。

  6番目といたしまして、吉田地域における健康づくり対策推進する組織を新たにつくりまして、健康づくりやコミュニケーション活動の活性化を図るため、雇用人員1名を予定いたします地域スポーツ協働推進緊急雇用創出基金活用事業でございます。

  7番目といたしまして、同じく吉田地域で、第三セクターが新規就農希望者を雇用いたしまして、使用貸借した農地を使用して生産活動に従事させ農業体験の機会を創出するということで、雇用人員3名を予定いたします新規就農希望者支援緊急雇用創出基金活用事業でございます。

  最後でございますが、荒川地区にある森林管理道等や公園施設等を適正に管理いたすため清掃維持管理事業について、雇用人員2名を予定いたします森林管理道等維持管理緊急雇用創出基金活用事業の8件でございます。

  なお、先ほど申し上げましたが、総雇用人員につきましては23名でございます。

  ご要望のありましたイルミネーション事業について、詳しくということでございましたので、この商店街イルミネーション緊急雇用創出基金活用事業につきましては、事業費につきましては294万円を予定いたしておりまして、先ほど申し上げました雇用は4人でございます。事業の概要といたしましては、商店街にイルミネーションを実施して、冬季の誘客促進と地域経済の活性化を図るということでございまして、実施場所につきましては現在まだ未定でございます。また、委託先につきましては、現在でございますが、秩父商工会議所さんを予定しているところでございます。また、事業期間につきましては、平成22年10月1日から23年の1月31日までを予定してございます。

  それから、雇用の期間でございますが、2か月46日を予定いたしておりまして、本年の11月22日から来る23年1月25日までの雇用期間を予定しているところでございます。

  以上でございますが、よろしくお願いいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 22番、福井貴代議員。



◆22番(福井貴代議員) ありがとうございました。説明いただき、よく理解ができました。

  1点、今のイルミネーションのことについてですが、期間が決まっていて、委託先も決まっていて、いろいろな状況がありますが、今までのように協力していただける企業の協賛もいただけるのかどうかという点と、それからこういった今回の緊急雇用対策の事業について、やはりハローワークを通しての募集ということでいいのかどうか、そこを確認させていただきたいと思います。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  産業観光部長。

    〔松?重男産業観光部長登壇〕



◎松?重男産業観光部長 ただいまの企業の協賛をいただけるかというお話でございますが、今はまだ未定の段階、予算だけが内定して、これから進めますので、その点につきましては、また協議をさせていただきたいと考えておりますので、よろしくお願いします。

  あと、この採用につきましては、ご指摘のとおりハローワークを通じまして雇用をお願いするということになっておりますので、よろしくお願いいたします。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 17番、斎藤捷栄議員。



◆17番(斎藤捷栄議員) 17番、斎藤でございます。

  何点かお伺いをいたしますけれども、まず第1点は、4ページ、5ページ、それから10ページ、11ページにかかわってのことでありますが、先ほど14款2項1目については浅海議員から質疑がありました。ここで、6ページ、7ページですが、20款5項1目7節、歳出になりますと2款1項7目になるんですが、物件移転補償料というのが469万1,000円あります。これについて、どういうことで補償料が発生するのかということについてお伺いをいたします。

  続きまして、緊急雇用対策は、今、福井議員が質問をいたしました。

  その次に、28ページ、29ページになりますけれども、6款1項2目19節、農業担い手育成塾設置事業補助金105万円というのがございます。農業担い手育成塾ということでございますので、その内容についてお聞かせをいただきたいというふうに思います。安心な食料を地元で供給するということは大変重要なことでありますので、営農家を育てていくという意味で関心のあるところでございます。

  続きまして、56、57ページですけれども、これは確認になります。基金費についてですけれども、基金費についてですけれども、今回補正による今年度末見込みといいますか、この補正が成立した段階での残高について確認をしていきたいと思います。財政調整基金が22億2,095万7,000円、同じく減債基金が2億3,916万8,000円、公共施設整備基金が10億7,561万5,000円ということで確認してよろしいのでしょうか、お伺いをいたします。

  以上です。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  総務部長。

    〔森前光弘総務部長登壇〕



◎森前光弘総務部長 7ページの物件移転補償料についてご説明申し上げます。

  469万1,000円につきましては、埼玉県による国道140号線、荒川上田野地内ですが、自転車歩行者用道工事による電柱移設に伴いまして、本市の所有する情報通信基盤、光ファイバーケーブルの移設が必要になったことから、埼玉県と移転補償契約による補償料を受け入れたものでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 吉田総合支所長。

    〔山口辰雄吉田総合支所長登壇〕



◎山口辰雄吉田総合支所長 29ページ、農業担い手育成塾設置事業補助金につきまして説明を申し上げます。

  この事業は県費単独事業でございまして、各県内の農林振興センター1か所の枠があり、今年度から5か年の継続事業でございます。吉田地域の兎田・暮坪地区では、県営中山間総合整備事業により約19ヘクタールの圃場整備が完成いたしましたが、不在地主、農家の高齢化、後継者不足など、未耕作の農地が多く見受けられ、このままでは遊休農地がますます増加するおそれがあります。このため、この地域に新規就農者2名が秩父市外から転入し、新規就農施設整備経費の2分の1を補助するものでございます。

  なお、事業主体は秩父市担い手育成総合支援協議会、新井潤一会長でございますが、産業観光部の農政課が事務を担当しております。

  今回の補正では、管理機、畝立て器、播種機、動力噴霧器等の研修用機械購入の整備に係る費用200万円の約2分の1の105万円を協議会へ補助するものでございます。そのほか、秩父市を経由しない直接補助として、就農希望者が確実に就農できる体制整備の助成ソフト事業で定額の100%補助を県から協議会へ補助いたします。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 財務部長。

    〔大沢賢治財務部長登壇〕



◎大沢賢治財務部長 基金積立金の部分でご質問いただきましたので、お答えいたします。

  先ほど議員さんからお伺いしましたそれぞれ基金の見込額でございますが、ちょっと私の電卓が間に合わなくて細部まで確認ができませんでしたけれども、恐らく年度末の現在高に今回の補正予算でお願いしております元本を単純に足すと、その数字になるのかと思います。私どもで把握しております今年度末の現在高見込みは、さらに基金の運用利子をそれぞれ積み立て、財政調整基金については5億円の取り崩しを予定しておりますので、財政調整基金の年度末現在高は、私どもといたしましては17億2,639万767円を見込んでございます。また、減債基金につきましては、年度末現在高を2億4,625万7,737円と見込んでございます。最後に、公共施設整備基金につきましては10億7,725万290円でございます。これはあくまで利子の積み立てにつきましては運用の見込みでございますので、数字は動いてくるかと思います。よろしくお願いいたします。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 17番、斎藤捷栄議員。



◆17番(斎藤捷栄議員) お答えいただきまして、ありがとうございました。

  28、29ページの農業担い手育成塾の問題でありますが、これは実は、県の事業、県が能力開発センターがハローワークを通じまして、この春から農業大学校の研修生を募集しておりました。ところが、秩父地域においてこの応募がゼロだったんですね。そういう関係があって今お話を伺いましたら、具体的に2名の営農希望者が、入植という言い方が正しいのかどうかわかりませんが、入るということで、大変力強く感じておるところであります。事業の成果が上がることをお願いして質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(小櫃市郎議員) 19番、新井康一議員。



◆19番(新井康一議員) 19番、新井康一です。2点ばかりお伺いいたします。

  32、33ページ、7款1項3目、工業振興対策事業、貸付金についてご説明いただいていますけれども、返済計画等も含めて貸付金の内容をもう少し詳しく説明をいただきたいというふうに思います。

  それと、52、53ページ、10款5項2目です。文化財活性化支援事業、川瀬祭笠鉾保存整備委託料3,110万6,000円の内容について、あわせて32、33ページの7款1項5目の減額措置との関係、負担金補助及び交付金の減額措置との関係についてもお伺いをしたいというふうに思います。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  産業観光部長。

    〔松?重男産業観光部長登壇〕



◎松?重男産業観光部長 ただいまの産学官連携推進事業貸付金につきまして質問いただきましたので、ご答弁を申し上げます。

  この資金につきましては、経済産業省の競争的資金といたしまして、国が中小企業を対象に戦略的基盤技術高度化支援事業にかかわる貸付金でございまして、秩父地域、通称地場産と申しますが、地場産振興センターを事業の管理機関といたしまして、国内トップクラスの技術を持つ市内企業を中心に、九州大学、それから財団法人神奈川県科学技術アカデミーから成る研究共同体で、LED製造過程において必須となりますウェハーの裏面の研磨を、従来の研磨技術をはるかにしのぐ革新的な研磨技術の確立を目指しまして研究開発を行うことについて、このたびこの産学官共同開発支援事業を採択をいたしたということでございます。

  この事業に対しまして、秩父市といたしましては、中小企業の育成、支援の立場から、秩父市の企業からすぐれた価値を生み出し、地域経済を支える商工業のまちを基本の柱として、あるいは政策として具体的政策の経営の支援、育成を力強く支えていきたいと考えているところでございます。

  今回の市内企業にかかわります国との競争的研究開発資金の貸し付けは、秩父地域の多様な中小企業の糧ともなると考えておりまして、企業を支えております高い技術、あるいはすぐれた技術力、そうしたことが地元企業の競争力の強化につながるものと考えているところでございまして、したがいまして企業が活性化すれば当然雇用が創出されます。また、秩父地域の企業を取り巻く環境と活性化が一層図られるものと産業観光としては考えているところでございます。

  今回企業支援は、さきに申し上げましたですが、秩父地域振興センターを管理法人といたしまして、国から確保する企業技術の研究開発費を受けるわけでございますが、受けるに当たりまして委託金が必要でございまして、管理法人となります秩父地場産センターが準備をする必要がございますが、またこの委託金は精算払いが原則でございます。このために、国からの事業の委託を受ける地場産業センターの資金が一時不足をするということも懸念されまして、また運営についても支障を来すということが懸念されておりますので、当秩父市といたしましては、企業支援の一環といたしまして貸し付けを実施いたしたく、計上いたしたところでございますが、ご質問のこの貸付金については無利子でございます。無利子でございまして、貸し付けにつきましては、先ほど申し上げました精算払いということになってございますので、最終期限である貸し付けの翌年の5月31日までに償還をさせる。そして、契約の方法につきましては、借用により契約をさせていただくということになってございます。また、貸し付けにつきましては要綱を制定いたしまして、要綱に従ってその貸し付けをさせていただくということでございます。違約金につきましては、損害金といたしまして要綱の中に通常の10.95という内容で措置をしておりますので、よろしくご理解いただきたいと思います。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 教育委員会事務局長。

    〔斎藤 保教育委員会事務局長登壇〕



◎斎藤保教育委員会事務局長 補正予算に関する説明書の53ページ、文化財活性化支援事業、委託料4,061万6,000円でございますが、歳入につきましては、7ページに文化庁からの受託事業収入を同じ額、見込んでございます。このうちご質問の3,110万6,000円につきましては、川瀬祭を継承、そして山車を保存修理する。今年度計画は中町笠鉾でございます。この事業の内容といたしましては、まず山車の軸組み部分の修理、そして漆塗り部分の修理、そして三層笠の修理でございます。そして、幕類の修理もやる予定でございます。

  なお、33ページ、観光費の800万円の減額につきましては、こちらの事業が充当になりましたため、不用ということで減額となったものでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 20番、山中進議員。



◆20番(山中進議員) 20番、山中です。3点ほどお伺いいたします。

  20ページから21ページ、4款の1の2ですけど、予防接種事業で高齢者インフルエンザ予防接種委託事業が27.3%という高額な減額補正になっております。また、中学3年生のインフルエンザの予防接種も35%の減額補正となっている、この根拠について伺いたいと思います。昨年に比べても随分少なくなっているんですけれども、今年度の見込みと内容についてお聞かせください。

  なお、これについても4分の3が県費補助という解釈でよろしいかということでございます。

  それから、次にページ46、47です。10款の2の1の17ですけれども、久那小学校で用地購入費が217万円ついているんですけども、内容について説明をしていただきたいと思います。

  同じページで、10款の2の2、小学校教育振興事業の1,836万2,000円の内容について、もう少し詳しく説明していただければ幸いなんですが、その3点についてお伺いいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  健康福祉部参事。

    〔加藤 登健康福祉部参事登壇〕



◎加藤登健康福祉部参事 新型インフルエンザワクチンの接種料の関係でご質問いただきましたので、ご説明申し上げます。

  まず、高齢者インフルエンザワクチン予防接種料、中学3年生のインフルエンザワクチン予防接種料の減額の件ですが、その下にございます新型インフルエンザ予防接種事業委託料を計上させていただいております。と申しますのは、昨年、新型インフルエンザが4月から急激に発生いたしまして、ワクチンの準備、接種の準備、もろもろの対応をさせてきていただいたわけですけれども、実際ワクチンの供給が非常に間に合わなく、接種が予算では9,600人ほど予定を組んだわけですが、実質的には412人の方の新型インフルエンザワクチンの接種にとどまりました。それはワクチンが、既に流行が進んで、ほぼピークを過ぎたころにワクチンが供給されたという理由によります。

  それで、今年度新型インフルエンザ予防接種のワクチンにつきましては、国の方針でございますが、季節性のA型、B型のワクチン、それから新型の株、この3種を合同したワクチンが販売されることになっております。ということで、新型インフルエンザ予防接種委託料の2,151万5,000円につきましては、接種対象者、補助対象者が非課税世帯というふうになっておりまして、その全人員の約3割ぐらいが見込まれるのではないかということで2,100万円の委託料を計上させていただきました。昨年は初めてだったということで、ほとんどの非課税世帯の方を対象にして予算を計上いたしました関係で、その比較上、昨年よりは少なくなっております。

  また、高齢者が減っている、中3の委託料が減っていることにつきましては、新型インフルエンザ予防接種のワクチンと高齢者が今まで打っていた季節性のワクチンが全く同じものになりますので、新型インフルエンザワクチンを打つ方の中の非課税世帯、また生活保護世帯の人数を減額させていただきまして、827万4,000円及び64万8,000円を減額させていただきました。

  なお、補助率につきましてですが、国が2分の1、県が4分の1ということで、県を通じて補助金が来ますので、4分の3が補助されるという計算になっております。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 教育委員会事務局長。

    〔斎藤 保教育委員会事務局長登壇〕



◎斎藤保教育委員会事務局長 2点ご質問をいただきました。

  初めの47ページ、上段にございます久那小学校用地購入費でございますが、久那小学校の体育館の建っている場所、約100坪なんですが、地主の方から買い取り要望がございましたもので、これに応じるものでございます。

  続きまして、中ごろにございます小学校教育振興事業の消耗品につきましては、平成22年度に小学校の教科書の採択がえが行われまして、これに伴いまして平成23年度から新学習指導要領が実施されるわけでございます。これに伴いまして、指導内容の増加等に対応した指導書を学級ごとに配備するものでございます。

  続きまして、備品購入費62万円につきましては、同じく新学習指導要領で今度小学校で外国語活動が必修となります。これに伴い備品といたしまして、必要な指導教材あるいは音声教材カード等を購入する予定でございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 15番、落合芳樹議員。



◆15番(落合芳樹議員) 15番、落合でございます。

  先ほどの教育委員会の事務局長の答弁に関連することなんですけど、小学校の教育振興費は1,836万2,000円増額補正されておりまして、この理由というのが、来年度から始まります新しい学習指導要領、それの対策という答弁がありましたが、中学校でも同じく来年度から新しい学習指導要領が始まるわけなんですけど、それについては特に補正されていないんですけど、その理由について伺います。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  教育長。

    〔久保忠太郎教育長登壇〕



◎久保忠太郎教育長 今、局長のほうから答弁させていただいた部分は小学校ということで、小学校は23年度から、中学校につきましてはその翌年、24年度からということでございますので、そういうことで小学校より1年おくれるということでご理解いただきたいと思いますが、よろしくお願いいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 他に質疑ございませんか。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小櫃市郎議員) 質疑なしと認めます。

  暫時休憩いたします。



    休憩 午後 3時16分



    再開 午後 3時30分





○議長(小櫃市郎議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  議案に対する質疑を続行いたします。

  荒川総合支所長。

    〔山中和則荒川総合支所長登壇〕



◎山中和則荒川総合支所長 先ほど消防の全国大会出場の業務委託の関係でご説明申し上げましたが、私の説明で誤解を招く説明がございましたので、ここで訂正をさせていただきたいと思います。

  一般の応援の方々につきましては、参加費をいただきまして、その中からお弁当等、当然市議会議員の皆様だとか、そういった方々の一般の参加者の皆様につきましては応分な参加費をいただきまして、その中から弁当等の手配をさせていただくということでございますので、訂正をいただければと思いますが、よろしくお願いいたします。



                        ◇                     



     ・議案第89号から議案第97号までに対する質疑



○議長(小櫃市郎議員) 次に、議案第89号から議案第97号までの9件について質疑を願います。

  19番、新井康一議員。



◆19番(新井康一議員) 19番、新井康一です。確認の意味で1点だけ質問をさせていただきます。

  80、81ページです。議案第89号 平成22年度秩父市国民健康保険特別会計補正予算の10款2項2目繰出金です。平成21年度決算書を見ると、その他一般会計繰入金は4億5,000万円となっています。年度違いとはいえ、21年度決算の剰余金から繰り出される1億118万円でありますから、実質的には21年度の一般会計からの繰入金は3億4,882万円ということで理解をしてよろしいのでしょうか。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  健康福祉部参事。

    〔加藤 登健康福祉部参事登壇〕



◎加藤登健康福祉部参事 ご指摘いただいたとおりでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 他に質疑ございませんか。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小櫃市郎議員) 質疑なしと認めます。



                        ◇                     



     ・議案第98号、議案第99号に対する質疑



○議長(小櫃市郎議員) 次に、議案第98号及び議案第99号の2件について質疑を願います。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小櫃市郎議員) 質疑なしと認めます。

  以上で議案に対する質疑を終結いたします。



                        ◇                     





△市長提出追加議案の報告



○議長(小櫃市郎議員) 次に、市長から議案の追加がありましたので、報告いたします。

  次長に朗読いたさせます。

    〔高橋 睦事務局次長登壇〕



◎高橋睦事務局次長 ……(朗読)……

 総務―51

   平成22年9月3日

  秩父市議会議長  小 櫃 市 郎 様

                               秩父市長  久 喜 邦 康

       市議会付議議案について(通知)

  本議会に付議する議案を次のとおり提出します。

 議案第100号 工事請負契約の締結について



○議長(小櫃市郎議員) ただいま報告いたしました議案はお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。



                        ◇                     





△議案第100号上程、説明、質疑



○議長(小櫃市郎議員) これより議案審議に入ります。

  議案第100号を議題といたします。

  当局の説明を求めます。

  財務部長。

    〔大沢賢治財務部長登壇〕



◎大沢賢治財務部長 議案第100号 工事請負契約の締結についてご説明申し上げます。

  議案書をごらんいただきたいと存じます。本案は、6月15日に一般競争入札を執行いたしましたところ、落札者がおらず、不調とし、その後、担当課において設計書の精査等を行い、速やかな発注業務により再度の入札を執行し、本日議案を上程させていただき、ご審議をお願い申し上げるものでございます。

  この工事は、平成22年度当初予算に計上させていただいております共同調理場の新築を行うものでございまして、工事の名称は、(仮称)北部共同調理場建設工事。施工箇所は、秩父市下吉田6402番地ほかでございます。請負金額は4億635万円、このうち1,935万円は消費税及び地方消費税でございます。

  請負業者は、高橋・斎藤・丸稲特定建設工事共同企業体、代表構成員は、秩父市中村町4丁目1番3号、株式会社高橋組、代表取締役高橋信一郎、その他の構成員は、秩父市下影森163番地、株式会社斎藤組、代表取締役齊藤公志郎、及び秩父市下宮地町18番21号、株式会社丸稲工務店、代表取締役稲山良守でございます。

  なお、本工事につきましては、7月23日、一般競争入札の告示を行い、入札参加形態を2社または3社の特定建設工事共同企業体とし、代表構成員の参加資格を、市内の業者に加え、今回は県北の業者まで範囲を広げ、その他の構成員を市内の業者としたところ、3企業体から参加申請があり、その後、9月1日に一般競争入札を執行いたしました。

  入札結果を申し上げますと、予定価格は税抜き金額4億430万円、落札企業体は、ただいま申し上げました高橋・斎藤・丸稲特定建設工事共同企業体で、入札額は消費税を除いた金額3億8,700万円、落札率95.72%でございます。

  続いて、他の入札業者と消費税を抜いた入札額を申し上げます。2番目に低い入札額は、守屋・八潮・丸山特定建設工事共同企業体、4億200万円、最後は竹並建設・有隣興業特定建設工事共同企業体、4億1,000万円でございます。

  次に、工事の内容でございますが、吉田中学校に隣接する敷地に共同調理場を新築するものでございます。共同調理場の構造、規模につきましては、鉄骨づくり2階建て、床面積1,396.12平方メートルでございます。この施設に附帯する電気、機械、各設備工事及び厨房機器設置工事を含むものでございます。また、工事の完了は平成23年3月を予定をしております。

  お手元に参考資料を配付しておきましたので、ごらんいただきたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 説明が終わりました。

  これより議案に対する質疑に入ります。

  5番、竹内勝利議員。



◆5番(竹内勝利議員) ただいまのご説明で、調理場、立派なのができるということで、ありがとうございます。

  今現在のもとの中学校の入り口、あの道路からグラウンドに入るという道の路線でございますけど、この図面で見ると、かなり曲がったような路線になっているかなと思うんですが、龍勢等で臨時の駐車場にぜひとも中学校の校庭が必要だということで、入り口からのスムーズな大型車の進入経路を確保していただければというような形で、学校側といろいろ話し合っていたんですが、この図面でいくと、ちょっと角度的に曲がるかなというような形で、スムーズな進入路が確保できればと思うんですが、ここら辺のところはいかがなものでしょうか、お伺いしたい。よろしくお願いいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  地域整備部長。

    〔新井清久地域整備部長登壇〕



◎新井清久地域整備部長 ただいま質問がございました。旧中学校の入り口からグラウンドへ行く場所が、図面によりますと6.5メートルの幅ということになっていますけども、これもう少し広くならないかというお話……

    〔「工事に支障がないか……」と言う人あり〕

  失礼しました。大型が入るのに工事に支障がないかというお話ですが、外構部分もございますよね。



○議長(小櫃市郎議員) 竹内議員、わかりやすく質問してください。この第100号に関して。

  5番、竹内勝利議員。



◆5番(竹内勝利議員) 申しわけございません。では、わかりやすく説明させていただきたいと思います。

  今現在、この図面でいきますと、もとの中学校の入り口があります。わかるでしょうか。北側ですね。(仮称)北部共同調理場の右側でございます。ここがもとの入り口なんですが、この位置のところに6.5メートルですか、道路ができるようにはなっております。そこの入り口が角になって、かなりいっぱい、いっぱい。こっち側は多分貯水槽があるんだと思うんですけど、ここに。貯水槽があって、そのこっち、左側には人家があってというような形で、この入り口から直線でスムーズに大型車が入れるようなルートにはなりませんかというような話なんですが、よろしくお願いいたします。



○議長(小櫃市郎議員) 暫時休憩いたします。



    休憩 午後 3時45分



    再開 午後 3時46分





○議長(小櫃市郎議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  議案に対する質疑を続行いたします。

  当局の答弁を求めます。

  地域整備部長。

    〔新井清久地域整備部長登壇〕



◎新井清久地域整備部長 失礼しました。

  旧道からグラウンドに大型バスがスムーズに入れるかというご質問だったわけでございますけれども、先ほど申し上げましたとおり幅が6.5メートルございます。確かにこの図面を見ますとクランク状になってございますが、とりあえず入るには問題ないということで、このような設計にさせていただきました。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 6番、冨田俊和議員。



◆6番(冨田俊和議員) 6番、冨田でございます。

  6月に不調になったと申しましたけども、6月に契約できれば標準的な工期がとれたんだと察するんですけど、今から契約していくと約2か月のタイムラグがあります。これは克服して、3月末までにできるんかどうか。もしできない場合には、どんなふうな措置が、緊急的な措置を考えていられるか、これだけお答え願いたいと思います。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  地域整備部長。

    〔新井清久地域整備部長登壇〕



◎新井清久地域整備部長 工期につきましては、再度検討してみました結果、10分間に合うということで結論に至りました。よろしくお願いします。



○議長(小櫃市郎議員) 6番、冨田俊和議員。



◆6番(冨田俊和議員) では、そのとおりできるのを私も信じましてお願いしますから、粗相のないようにお願いします。

  終わります。



○議長(小櫃市郎議員) 20番、山中進議員。



◆20番(山中進議員) 20番、山中です。

  今説明を聞いていて、6月の入札が不調に終わったということで再度入札にかけたわけですけれども、これは設計業務委託については変えずに、このまま再度入札にかけたということなんですか。大体普通、入札が不調になると設計変更があるような感じがするんですけれども、その点について確認しますから、よろしくお願いします。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  副市長。

    〔横井隆幸副市長登壇〕



◎横井隆幸副市長 山中議員おっしゃるとおり、当然のことながら設計内容を精査いたしました。その結果、先ほど補正予算のところで教育委員会事務局長からご答弁したように、内容をよく精査しまして、本当に工事として必要な部分、これをしっかりと設計変更し直したということでございます。



○議長(小櫃市郎議員) 18番、出浦章恵議員。



◆18番(出浦章恵議員) 18番、出浦でございます。

  アレルギー室についてなんですが、1階平面図3というので見ております。思っていたよりも、図面ですからわかりませんが、もっと大きなものではないかと想像しておりましたので、アレルギー対応はしっかりとやっていただかないと困るというのが私たちの当初からの主張でありまして、これからアレルギー対応をしっかりとするんだということでこの建設に入るんだというふうに伺っておりました。当初、大田ではこのアレルギー室がとれない、アレルギー対応のところの場所がとれないので、吉田にということになったわけで、この経過は皆さんもご存じのとおりです。これは、これだけの大きさでしっかりとアレルギー対応というのが十分にとれるのかどうか。図面上でよくわかりませんが、その辺はしっかりとしていただけるのかを確認したいというふうに思っています。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  教育委員会事務局長。

    〔斎藤 保教育委員会事務局長登壇〕



◎斎藤保教育委員会事務局長 アレルギー対応の関係ですが、秩父市学校給食検討委員会の答申にもございますように、今後、整備する施設には食物アレルギー対応ができるスペースの確保を掲げております。今回も給食における食物アレルギーの対応を実施するためのスペースを確保したものでございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 18番、出浦章恵議員。



◆18番(出浦章恵議員) 18番、出浦です。

  たびたびで申しわけないんですが、私が聞いているのは、これはアレルギー対応というのは、細かく言うと、なべだとか、調理器具だとかというものもすべて別のものを使わなければいけないということを勉強しております。ですから、そういう意味でも、アレルギー対応がしっかりとこのスペースで確保ができるのか、それが担保できるのかということを伺っているんですが。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  教育委員会事務局長。

    〔斎藤 保教育委員会事務局長登壇〕



◎斎藤保教育委員会事務局長 アレルギー対応するには、その人数、そしてそのやり方等によってそのスペースとか備品類も変わってくると言います。その辺を精査した上での設計というふうに考えております。



○議長(小櫃市郎議員) 24番、浅海忠議員。



◆24番(浅海忠議員) 24番、浅海です。1点質問いたします。

  今回、3社でジョイント組まれていますけども、この構成の比率についてはどういうふうな形になっているのか、わかりましたら。



○議長(小櫃市郎議員) 当局の答弁を求めます。

  財務部長。

    〔大沢賢治財務部長登壇〕



◎大沢賢治財務部長 比率でございますけれども、高橋・斎藤・丸稲特定建設工事共同企業体、この会社順に6対2対2でございます。

  以上でございます。



○議長(小櫃市郎議員) 他に質疑ございませんか。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小櫃市郎議員) 質疑なしと認めます。

  以上で議案第100号に対する質疑を終結いたします。



                        ◇                     





△決算審査特別委員会の設置、委員会付託



○議長(小櫃市郎議員) 次に、議案の委員会付託を行います。

  議案第73号から議案第84号までの12件、平成21年度の各決算については、8名の委員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託の上、特定事件として閉会中の継続審査とすることにしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(小櫃市郎議員) ご異議なしと認めます。

  よって、議案第73号から議案第84号までの12件は、8名の委員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託の上、特定事件として閉会中の継続審査とすることに決しました。



                        ◇                     





△決算審査特別委員会委員の選任



○議長(小櫃市郎議員) お諮りいたします。

  ただいま設置されました決算審査特別委員会の委員の選出については、委員会条例第8条第1項の規定により、3番、新井重一郎議員、4番、木村隆彦議員、5番、竹内勝利議員、9番、小池治議員、10番、松澤一雄議員、19番、新井康一議員、21番、大久保進議員、26番、荒船功議員、以上8名を指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(小櫃市郎議員) ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました8名を決算審査特別委員会委員に選出することに決しました。

  ただいま選出いたしました委員は、次の休憩中に第3委員会室において委員会を開き、委員長及び副委員長の互選を行い、その結果を委員長から議長までご報告願います。

  暫時休憩いたします。



    休憩 午後 3時57分

       委員会開催

     決算審査特別委員会

    再開 午後 4時06分





○議長(小櫃市郎議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。



                        ◇                     





△決算審査特別委員会正副委員長の互選



○議長(小櫃市郎議員) 休憩中、決算審査特別委員会を開き、正副委員長の互選を行った結果、委員長に荒船功議員、副委員長に松澤一雄議員がそれぞれ選任されましたので、ご報告いたします。



                        ◇                     





△議案の委員会付託



○議長(小櫃市郎議員) 続いて、議案第85号から議案第100号までの16件については、お手元に配付しておきました議案の委員会付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

  以上で本日の日程は終了いたしました。



                        ◇                     





△次会日程の報告



○議長(小櫃市郎議員) あすは土曜日、あさっては日曜日のためそれぞれ休会といたします。

  来る9月6日は午前10時から本会議を開き、請願・陳情、市政に対する一般質問を行います。



                        ◇                     





△散会



○議長(小櫃市郎議員) 本日はこれをもって散会いたします。

    散会 午後 4時07分