議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 秩父市

平成21年 一般質問通告一覧表 一般質問通告一覧表




平成21年 一般質問通告一覧表 − 一般質問通告一覧表










一 般 質 問 通 告 一 覧 表





平成21年3月定例会


番号
議席
氏   名
質   問   の   要   旨
答 弁 者



29
井上十三男
1 合併後の市政の成果について
2 現経済状況下の秩父企業、商店の現状について
 (1) 実情はどうか。
 (2) 救済策の内容について
 (3) みどりが丘工業団地進出企業(予定)への影響は
 (4) 法人、市民税等の減納の影響について
   財政バランスの見通しはどうか。
3 自転車競技について
 (1) 競技の回数について
 (2) サイクルトレインについて
 (3) BMXコースの設計について
4 羊山花公園とミューズパーク百万人誘客構想について
 (1) 芝桜の現状と今後の対応
  ア 植栽、土壌、環境、交通の管理
  イ 宣伝対策
  ウ 見晴しの丘 北西斜面に花木の植栽について
 (2) 癒しの森 花の回廊について
5 介護ボランティアについて
  市 長
  担当者





市 長・担当者



  担当者





  担当者



16
笠原 重男
1 栗原市長の二期日に向けて決意させたもの
2 地球温暖化対策(家庭用ソーラーシステム)
 (1) 秩父市の取り組みは
 (2) 研究に値する水車発電
3 市営住宅の入居契約について
  市 長
  担当者


  担当者



15
逸見 英昭
1 地元企業育成対策について
2 少子化と学校教育について
 (1) 少子化と教育環境整備について
 (2) 少子化対策としての公営住宅建設について
3 水道行政について
 (1) 本管接続工事の受益者負担の軽減について
 (2) 老朽管の早期布設替えについて
市 長・担当者
市 長・担当者


市 長・担当者





落合 芳樹
1 日本経済新聞社の「行政サービス調査」について
  (全国806市区を対象に実施し、746市区から回
 答)
 (1) 「子育て環境」について
 (2) 「高齢者福祉」について
 (3) 「公共料金」について
 (4) 「教育」について
 (5) 「住宅・インフラ」について
2 「定住自立圏」構想について
 (1) 市町村合併と定住自立圏の関係について
 (2) 広域市町村圏と定住自立圏の関係について
 (3) 緊急経済対策と定住自立圏の関係について
3 秩父市の「基金」について
 (1) 基金の残高と運用について
 (2) 基金の使途について
市 長・教育長
  担当者






市 長・担当者



市 長・担当者




笠原 宏平
1 散骨問題に対しての条例策定後、これからの市の考え
 を聞きたい。
2 壊れかけた空き家の撤去についてどう考えているか。
3 ソーラー発電の補助金制度について
4 火葬場改築について現状と今後の予定は、また市営宮
 地馬場の移転は
市 長・担当者  

市 長・担当者
市 長・担当者
市 長・担当者




出浦 章恵
1 保育制度改革について
2 秩父市立病院、中長期計画兼市立病院改革プランにつ
 いて
市 長・担当者
市 長・担当者



25
?野 安之
1 旧大滝村学生寮跡地について
 (1) 道生男子寮跡地について
 (2) 近戸女子寮跡地について
  担当者




新井重一郎
1 旧秩父東高等学校を利用した常設「秩父科学実験室」
 の設置について
 (1) 上記「実験室」を大学研究室付属の分室として管理
  することについて
 (2) 上記「実験室」を定住自立圏構想で言う中心市(秩
  父市)に設置し、市内及び周辺の町村(秩父郡市)全
  体の理科教育充実、発展のために活用することについ
  て
 (3) さらに発展させ「理科教育モデル市」として全国へ
  の発信拠点を目指すことについて
 (4) このためには、大学との連携が不可欠であり、産官
  学の連携で取り組むことについて
 (5) 以上を実現するために以下の施設(設備)、スタッ
  フが必要になる。これを進めることについて
  ア 理科実験室(約50人収容)、理科実験準備室、
   スタッフ(4〜5人)の居室、実験器具装置の開発
   室(or工作室)
  イ スタッフ:大学教員(現役、退職者)、定年退職
   エンジニア等のボランティア及び大学生、大学院(ア
   ルバイト)で構成する。
2 百年に一度とされる世界経済同時不況に対する当市の
 現状と対策について
 (1) 2月までの当市におけるリストラによる失職者概数
  は
 (2) 当市の税収の減少はH21年度どの程度と予想され
  るか。
 (3) 離職を余儀なくされた人達に対するセイフティネッ
  トについて
  ア 市の臨時職員、作業員、介護職員などの募集
  イ そのための技術研修など
 (4) 市としての公共事業の前倒しについて(道路、水道
  管の補修、公共施設の耐震化、ブロードバンド網整備、
  地上デジタルTVの対策等)
3 教育環境について
 (1) 当市では携帯電話の学校内持込についてどのように
  指導しているか。
 (2) 昨年度、小中学校、高校などの教職員の病気休職者
  数が過去最高となった。秩父市における現状と対策は
 (3) 環境省、経済産業省は小中学校におけるエネルギー
  ・環境教育の推進事業として「グリーン教育モデル事
  業」のプロジェクトを立ち上げている。これに参加し
  てはどうか。
市 長・担当者



















市 長・担当者












市 長・教育長
  担当者



30
今井 武藏
1 景気後退、経済不況の現状と失業者、および中小企業
 の支援策について
 (1) 自由民政クラブの失業者・中小企業支援策の提言と
  諸対応
 (2) 市の緊急・雇用労働相談の対応
 (3) 中小企業の支援対策と緊急諸工事等の取り組み
2 助けあい 温もりのまちづくり、栗原市政のマニフェ
 ストについて
 (1) 財政の健全化、住みやすいまちづくり、市民サービ
  スの向上
 (2) 行財政改革により、経済危機に俊敏な対応
 (3) 旧秩父セメント第一工場跡地の活用策
 (4) 旧埼玉県立秩父東高校の活用
 (5) 集中改革プランの積極的推進
 (6) 地域医療体制の再編・整備を推進
3 ちちぶ定住自立圏構想の目指す方向と施策について
 (1) 広域的な都市計画の策定
 (2) 定住自立圏の新しい枠組みの構築と人材の確保育成
4 秩父市有林の現状と緑の投資で秩父の山を生かす施策
 について
 (1) 市有林の現状と問題点
  ア 秩父地域
  イ 吉田地域
  ウ 大滝地域
  エ 荒川地域
 (2) 広葉樹を植栽し、針葉樹、広葉樹混交林の計画的育
  林
 (3) 持続可能な林業方針と環境施策の総合対策
 (4) 埼玉県政の「みどりと川」施策に連携した、緑の投
  資の取り組み
5 市民の声
 (1) 秩父市長への手紙
   市民ボランティア、並びにNPO団体等の活動につ
  いて、市行政のサポートを是非
  ア 上記市民活動の拠点となる部屋の提供
  イ 市民各団体の活動を支援するサポートセンターの
   設置
 (2) 交通事故防止PTA交通安全教室の実施
  ア 原谷小学校PTAによる自動車の危険性の学習で
   事故防止を図る。
  イ 市内、小学校、中学校での実施
市 長・担当者





市 長・担当者








市 長・担当者


市 長・担当者











市 長・教育長
  担当者


10
12
福井 貴代
1 子育て支援
 (1) 赤ちゃんの駅設置について
 (2) 2010年国民読書年に向けた取り組みについて
2 地球温暖化対策
 (1) 太陽光発電の導入について
  ア 公共施設、小中学校
  イ ミューズパークのイルミネーション
 (2) 公用車の次世代自動車の導入について
市 長・担当者


市 長・担当者


11

新井 康一
1 国の追加経済対策(第2次補正予算)への対応につい
 て
2 肺炎球菌の予防接種について
3 介護保険の見直しと市民への影響について
市 長・担当者

市 長・担当者
市 長・担当者


12
22
坂本 文雄
1 木質系バイオマス発電にチップ製造機の設置を
2 散骨禁止条例、その後の対応について
3 産廃処分場に関連して
 (1) 旧埼玉三興処分場の水処理について
 (2) 旧武蔵開発脇の湧水について
 (3) エヌアンドワイ社開発行為について
  担当者
  担当者
  担当者


13
21
金崎 昌之
1 緊急雇用対策について(その2)
2 DV被害者支援基本計画の策定について
3 秩父のみどりと清流を守る施策について
 (1) 廃食油のバイオディーゼル燃料への再生
   ― その成果と課題 ―
 (2) 不用3品目有料受け入れ事業
 (3) 県「彩の国みどりの基金」との連携
市 長・担当者
市 長・担当者
市 長・担当者


14
11
富田 恵子
1 緊急対策事業
 (1) 住宅リフォーム資金助成制度、耐震工事助成制度
 (2) 公共施設整備
 (3) 障がい者雇用
 (4) 政策観光
2 子育て支援
 (1) 保育所、学童保育室、ふれあい教室の待機児童につ
  いて
 (2) 地域子育て支援センターについて
 (3) 旧秩父東高等学校の利用について
3 室内アイススケートリンク開設について
市 長・担当者




市 長・担当者




市 長・担当者


15
13
金田 安生
1 教育と保育施設の課題について
 (1) 将来見通しについて
 (2) 建設の基本的な考えについて
 (3) 最近建設された校舎の使い勝手について
 (4) 今後の学校や保育所・幼稚園の建設計画について
2 遊休農地の活用策について
 (1) 実情の把握は
 (2) 市の施策について
3 観光事業について
 (1) 市の位置付けについて
 (2) 総合的な活用策は
 (3) 未開拓の観光資源の開発は
 (4) まつり会館の実情について
 (5) 道の駅ちちぶの実情について
市 長・担当者




市 長・担当者


市 長・担当者


16
23
中村 義一
1 市長施政方針について
 (1) 雇用確保と企業支援、新たな産業経済誕生のため、
  行政に求められていることは何か。
 (2) 職員の意識改革について
 (3) 政治倫理について
2 財政問題
  財政のコントロールについて
 (1) 人口減の中での施策と新たな起債、健全化判断比率
  (将来負担比率)普通地方交付税の決定状況等につい
  て問う。
3 行政評価の活用について
 (1) マニフェストに対する行政評価での検証について
 (2) 総額管理、枠配分予算編成採用で職員の政策形成能
  力の向上について
 (3) 市民満足度と、外部評価について
 (4) 行政評価の対象部門拡大について
4 市民の声
  秩父夜祭における、経済活性化対策とまつり警備につ
 いて
市 長・担当者




市 長・担当者




市 長・担当者





市 長・担当者







一 般 質 問 通 告 一 覧 表





平成21年6月定例会


番号
議席
氏   名
質   問   の   要   旨
答 弁 者



14
新井  豪
1 「定住自立圏構想」について
 (1) 先行実施団体としての取り組み事業について
 (2) 中心市としての展望について
2 「サイクルシテイ秩父」構想について
 (1) 大滝BMXコース事業について
 (2) 「自転車のまち」としての取り組みについて
3 「裁判員制度」の実施に関する対策について
 (1) 市職員の特別休暇と報酬の受け取りについて
 (2) 裁判員とその候補者の託児支援について
4 中町の「大山詣の神酒枠」について
 (1) 町会所有神酒枠の文化財指定について
 (2) 一対(町会所有・秩父市所有)の今後について
  担当者


  担当者


  担当者


  担当者



11
富田 恵子
1 公共工事の発注について
2 子育て支援
 (1) 保育所に看護師配置について
 (2) 保育士の障がい児研修について
 (3) 高校生ボランティアについて
 (4) 秩父看護専門学校への入学支援について
 (5) 子育てちちのきプラン21年度策定について
3 学校教育
 (1) 夏休み短縮について
 (2) 改訂学習指導要領について
 (3) スクールニューデイールについて
  ア 太陽光発電
  イ 校庭の芝生化
 (4) 学校裁量予算
 (5) 入学式、卒業式の曜日
4 一般国道140号皆野秩父バイパスに伴う周辺整備に
 ついて
 (1) 皆野荒川線、小柱柳井橋交差点
 (2) 皆野荒川線と県道久長秩父線の品沢交差点
市 長・担当者
市 長・担当者





  教育長







市 長・担当者



12
福井 貴代
1 女性のがん検診・無料クーポン券配布について
2 子育て支援
 (1) 子ども医療費支給制度の年齢枠拡大について
 (2) 出産育児一時金の増額について
3 福祉とくらし
 (1) 生活困窮者の生活再建
  ア 公的セーフティネットと現況について
  イ 生活福祉資金
  ウ 新たなセーフティネット貸付
  エ くらしとお金の安心支援事業
  オ 地方消費者行政の強化について
 (2) 視覚障がい者の情報バリアフリー
 (3) 有料老人ホームなどのスプリンクラー設置支援につ
  いて
市 長・担当者
市 長・担当者


市 長・担当者



24
今井 武藏
1 武甲山の修景について
 (1) 武甲山再生への出発点と「武甲山の課題」
 (2) 武甲山の採掘・セメント産業、石灰工業の採掘と採
  掘跡地の緑化の取り組みの現状
 (3) 「武甲山」再生のデザインの策定
  ア 雄大な武甲山・秩父再生の中核的シンボル
  イ 秩父夜祭を世界無形文化遺産登録の取り組み
  ウ 秩父神社、春のお田植祭、初冬の秩父夜祭
 (4) 武甲山全体の修景・実現性こそ喫緊の課題
 (5) 武甲山修景の研究機関の設置
   モデル「兵庫県立淡路景観園芸学校」
    人材養成、生涯学習、調査研究
    情報発信、産業振興の各機能
2 市の経済不況緊急対策の状況と企業の支援対策につい
 て
3 秩父市長の政治姿勢とマニフェストについて
4 秩父地域に総合リハビリ医療施設の設置について
5 平成21年度芝桜の総括と今後の対策について
 (1) 芝桜の植栽状況と今後の取り組み
 (2) 芝桜入場者の状況と今後の対策
 (3) 入場券売場の変更、西入口に移設、芝桜、売店街の
  活用
 (4) 郷土芸能特別公演の状況
 (5) 芝桜来場者の市内回遊の状況
6 市民の声
 (1) 落雷火災(上黒谷)と雷被害防止避雷針の合同設置
 (2) 環境対策、青少年育成会等の廃品回収報償金の現状
  と単価の引き上げ
 (3) 秩父公設市場→秩父斎場の道路建設
市 長・担当者

市 長・担当者










市 長・担当者

  市 長
  市 長
市 長・担当者






  担当者



21
金崎 昌之
1 市長のマニフェスト・公約から
 (1) 医療・福祉
  ア 「心臓・脳溢血・脳梗塞等への対応カアップ」に
   ついて
  イ 障がい者福祉について
 (2) 産業・観光
  ア 「雇用促進、働き場の確保」について
  イ 「観光産業や商店の活性化推進」について
 (3) 「環境立国秩父」
  ア 「木質バイオマス発電の一時凍結」について
  イ 可燃ごみの分別収集について
2 不登校対策とその支援について
3 「クラブハウス21」の利活用について
市 長・担当者










市 長・担当者
市 長・担当者



23
中村 義一
1 市長政治姿勢について
2 雇用確保と企業支援、新たな産業経済誕生のため、行
 政として何が出来るのか、また行政として何を求められ
 ているのか。
3 行財政改革について
 (1) 財政のコントロールについて
 (2) 事業の見直しについて
4 市長マニフェストより
 (1) 医療の充実について(救急医療、外)
5 行政評価の充実について
 (1) マニフェストと行政評価の関係
 (2) 市民満足度調査、市民意識調査、外部評価
 (3) 行政評価の対象部門
 (4) 枠配分予算と職員の意識改革について
  市 長
市 長・担当者


市 長・担当者


  市 長

市 長・担当者



22
坂本 文雄
1 市長の公約について
2 学校給食について
 (1) 給食滞納者への対策は
 (2) アレルギー体質者への対策は
 (3) 地産・地消の取り組みは
 (4) 働いている人の健康管理は
3 職を失った人への市の対応は
 (1) 国民健康保険税の支払い
 (2) 保育所入所者への対応は
  市 長
市 長・担当者




市 長・担当者



13
金田 安生
1 秩父地域の広域的視点に立った行政施策の在り方につ
 いて
2 テレビ放送の地上波デジタル化難視聴地域の対策につ
 いて
3 地域の公共性を考慮した個人情報の開示について
4 秩父セメント跡地の利用について
市 長・担当者

市 長・担当者

市 長・担当者
市 長・担当者




新井 康一
1 国民健康保険について
 (1) 税率一本化の時期について
 (2) 資産割についての考え方
 (3) 一般会計からの繰入について
 (4) 激変緩和措置を含め調整の方法について
2 新型インフルエンザ対策について
 (1) 相談窓口について
 (2) 冬に向けた予防対策について
 (3) 医療機関の受け入れ態勢について
 (4) 治療薬の確保について
 (5) 市と市立病院及び民間医療機関との連携について
市 長・担当者




市 長・担当者


10

出浦 章恵
1 病中・病後児保育について
2 保育制度改革の諸問題と現状について
市 長・担当者
市 長・担当者


11

山中  進
1 子どもの医療費について
 (1) 中学三年までの医療費無料化について
 (2) 窓口払いをなくせないか。
2 肺炎球菌の助成制度について
3 地域の問題について
 (1) 国県道の歩道設置について
  ア 大滝地域、強石の一部、大輪地区から神庭入口ま
   で、大滝道の駅から総合支所まで
  イ 別所地内県道、こども遊園地付近より巴橋信号の
   間
 (1) 荒川地域、旧安谷橋の利用について
 (2) 吉田地域の高校生の通学について
市 長・担当者


市 長・担当者
市 長・担当者


12
28
新井兄三郎
1 財政状況について
 (1) 財政バランスについて
 (2) 財政力について
 (3) 税収状況について
2 市長公約に関して基本認識及び基本政策
 (1) 医療費無料(中3まで)について
 (2) 市立病院に循環器系救急治療室開設について
 (3) 24時間対応可能な小児医療の充実
 (4) 第2子からの給食費無料化について
 (5) 産業育成について
  ア 地元企業の育成
  イ 優秀な企業誘致
  ウ 第一セメント工場跡地への大手企業誘致
 (6) 箱物行政について
  ア 基本概念
  イ 耐震性に問題のある学校建設について
  ウ 耐震性に問題のある市民会館、市庁舎について
  エ 芸能文化会館、影森公民館、市営弓道場などの建
   設
  オ 合併特例債について
   (借金は増やさない、身の丈にあった開発)
 (7) 合併問題について
市 長・担当者



  市 長


13
26
荒船  功
1 和銅奉献1300祭と今後の計画について
2 市長のマニフェストについて
 (1) バイオマス発電の凍結
 (2) 太陽光発電の推進
 (3) 秩父の地形を活かした産業誘致
 (4) 聞かれた市長室の開設
3 市長の議員のときの発言から
 (1) 環境について
 (2) 農業の推進
4 移管された旧県立東高校の活用について
5 下水道事業の推進
  担当者
  市 長




  市 長


  市 長
  担当者


14
18
宮田 勝雄
1 新市長の大滝地区に対する構想は
 (1) 市内20分大滝トンネルについて
 (2) BMXコースの完成はいつか。
 (3) 日本一の階段造りは
 (4) 森林管理道(四期萩線)の開設はどのようにとらえ
  ているのか。
2 合併特例債の活用について
 (1) 合併後活用した旧四市町村ごとの金額は
 (2) 今後特例債の活用はどのように考えているのか。
 (3) 具体的な事業計画は
3 秩父地区の経済動向は
 (1) 雇用の状況は
 (2) 来年度の市税の見通しは
4 秩父市における高齢者福祉の現状について
 (1) 特別養護老人ホーム待機者への対応は
 (2) 群馬県渋川市の老人施設(たまゆら)の実情は
  市 長





  担当者



市 長・担当者


  市 長


15
15
上林 富夫
1 市職員の給与格差について
 (1) 平成17年合併時に旧町村(荒川、大滝、吉田)と
  旧秩父市職員との給与格差は解消されたか。
 (2) 解消されていないとすれば、理由は如何なるものか。
  また最初にこのおかしな仕組みにした原因は何か。
 (3) このような差別的とも思われる仕組みは、憲法14
  条の法の下の平等、及び地方公務員法13条の平等取
  り扱いの原則に違反していないか。
 (4) 給与を平等にする考えはあるか。その場合、予算と
  してどのくらい必要になるか。
2 市の公用車関係について
 (1) 市の公用車は、現在何台保有しているか。
 (2) 車検などの整備は、どのような形で業者に依頼して
  いるか。依頼先の業者は、全て国交省が認定する認証
  工場か、確認しているか。
 (3) 市の全ての公用車は、法令で定める6か月、12か
  月の定期点検を実施しているか。
 (4) 市長の公用車は、現在どうなっているか。
3 市と職員組合の関係について
 (1) 職員の内、組合に加入しているのは何人か。及び委
  員長は、どこの職場の何という人か。
 (2) 組合の事務所は、市の施設内にあるか。その場合、
  家賃や光熱費はもらっているか。
 (3) 市の施設内にそういうものがある場合、一般市民に
  も貸してくれるのか。
 (4) 組合の事務所が市役所内にあることで、市民は何か
  利益があるか。
4 特別職の副市長、教育長の久喜市政についての所感
 (1) 久喜市政、一か月半経過の所感
 (2) 給与減額でも任期満了まで新市長を全面支援するの
  か。
5 幹部職員の勤務における管理、指導等について
 (1) 幹部職員の管理指導は、誰がしているのか。市役所
  から外に出る時は、どうしているか。
  担当者









  担当者







  担当者








副市長・教育長



  副市長







一 般 質 問 通 告 一 覧 表





平成21年9月定例会


番号
議席
氏   名
質   問   の   要   旨
答 弁 者




江田 治雄
1 市立歴史民俗資料館について
 (1) 学校教育上の見地からの位置付けは
 (2) 現在の利用状況は
 (3) 今後の活用について
2 公共事業の入札制度について
 (1) 電子入札導入の進捗状況は
 (2) 業者の営業所、出張所の定義は
3 有害鳥獣対策について
 (1) 秩父地域鳥獣害対策協議会の内容は
 (2) 各地域の被害状況は
 (3) 駆除の実績は
 (4) 今後、市としての具体的な対策は
4 皆野町との合併問題について
 (1) 首長どうしの話し合いの内容の経緯は
 (2) 市民、議会に対しての説明について
5 市長の政治姿勢について
 (1) 市長の交際費の内容は
 (2) 今後の対応について
教育長・担当者



  担当者


  担当者




  市 長


  市 長




24
今井 武藏
1 武甲山の修景について   その2
  〜武甲山修景の研究機関の設置〜
  6月定例会一般質問の市長答弁をふまえ
 (1) 武甲山の山麓地帯に「県立園芸景観学校」の設置
 (2) 「秩父まるごと博物館」「秩父ジオパーク」の連携
 (3) 秩父地域活性化の目玉となる武甲山関連事業の推進
2 秩父定住自立圏構想の地域力の創造について
  〜定住自立圏構想とそのねらい、地域おこし〜
 (1) 秩父の自然、歴史、伝統、風土、人情を生かす諸施
  策
 (2) 秩父の山とまつり、芸能、秩父札所、芝桜、四季の
  移ろい、荒川の源流、原生林、自然景観等の相互連携
  の諸施策
 (3) 山国秩父独立圏としての総合施策の取り祖み
3 国から地方への権限委譲・地方分権型社会への対応に
 ついて
 (1) 事務権限委譲の秩父市の現状と財政
 (2) 山国秩父の特性を活かした分権改革の施策
 (3) 格差が生じた場合に調整し合える体制づくり
4 秩父・鳥獣対策協議会の設立・具体的な取り組みにつ
 いて
 (1) 鳥獣害被害の現状と防除対策
 (2) 生息地の管理と適切な整備
 (3) 個体数管理の組織的な取り組み
 (4) 獣害対策の取り組みの現状と問題点
 (5) 鳥獣害対策協議会の中、長期計画
 (6) 平成20年2月施行の「鳥獣被害防止特別措置法」
  の市の活用状況
 (7) シカ、イノシシ等の食肉加工処理施設の設置
 (8) 県の山村振興等農林漁業の施策の活用
5 自転車専用道路、走行しやすい環境づくりについて
 (1) 国土交通省の「自転車重点都市」の公募の取り組み、
  22年以降の対応策
 (2) 秩父市道路施策に自転車専用道路の建設方
6 市民の声
 (1) 秩父市未来創造子ども議会 8月19日
  ア 30人議員の質問に対する答弁について
  イ 子ども議員の議会決議夢のある秩父づくり?項目
   の市長の見解
 (2) 子ども議会の下記質問に対する所見と今後の対応
  ア No.15、大滝小?史跡や文化財伝統芸能の保存
  イ No.17、大田中?文化財保護、郷土芸能の継承
   と披露
市 長・担当者





市 長・担当者







市 長・担当者




市 長・担当者










  担当者



市長・教育長・
  担当者



29
井上十三男
1 秩父夜祭、歴史文化伝承館の二階ロビー(室)の活用
 について
2 本年度景気の動向と予算編成について
 (1) 秩父市に於ける商工業の現状について
 (2) 市の間断なき政策の現状について
 (3) 法人税、個人税の見込みについて
 (4) 来年度予算編成の方向性について
 (5) 市長のマニフェスト来年度予算の組入れについて
  ア 市立病院に循環器系救急治療室の開設について
  市 長

市 長・担当者 



10
浅海  忠
1 合併協約確認協議会の現状と今後について
 (1) 旧四市町村の代表で構成されてきた協議会の成果と
  課題は
2 新型インフルエンザに対する現状と今後の対策につい
 て
 (1) 発生の状況はどうか。
 (2) 予防接種に対しての対策は
3 住宅用火災警報器の設置について
 (1) 昨年6月に設置が義務化されたが設置の状況はどう
  か。
4 体育協会の統合について
 (1) 各スポーツ団体の統合の状況はどうか。
5 荒川地区の水道事業について
市 長・担当者


市 長・担当者



市 長・担当者


市 長・担当者

市 長・担当者




新井 康一
1 バス路線の見直しについて
 (1) ダイヤの見直し
 (2) 路線の見直し
2 防災対策について
 (1) 防災無線について
 (2) 緊急避難所について
 (3) 水道の耐震化
 (4) 防災面から見た森林整備
3 新型インフルエンザ対策について
 (1) 市民の不安を解消するために
 (2) 予防対策の周知徹底
 (3) 重症化を防ぐために
  ア ハイリスクの人への対応
  イ 肺炎球菌の予防接種補助の前倒し実施を
市 長・担当者


市 長・担当者




市 長・担当者




新井重一郎
1 定住自立圏形成のための協定内容について
 (1) 保育園、幼稚園の圏内協力
 (2) 県から無償譲渡された旧秩父東高等学校校舎(敷地
  は貸与)を利用した圏内小・中学校の理科教育の充実
  ア 小・中学生、教師のための「秩父科学実験室」を
   中心市街地(秩父市)に設置し、これを定住自立圏
   における新教育プロジェクトの一つと位置付け、市
   内及び周辺町村(秩父郡市)全体の理科教育の充実、
   発展のために活用することについて
  イ 「秩父科学実験室」を大学研究室附属の分室とし
   て管理することについて
  ウ これを発展させ「理科教育モデル市」として全国
   への発信拠点となることを目指すことについて
  エ 以上を実現するためには、大学との連携が不可欠
   であり、また企業の協力も必要である。これを、定
   住自立圏の中で産官学の連携で取り組むことについ
   て
2 無償譲渡された校舎の一部を生涯学習の拠点施設とし
 て活用を図るとの答弁が6月議会であった。
 (1) その後の具体的な利用計画について現段階での進捗
  状況
 (2) 具体的な利用開始はいつ頃からか。
 (3) 一部古い建物には耐震補強が必要と聞く、現在使用
  可能な建物から利用すべきと思うが。
3 木質系バイオマスガス化プロジェクト「一時凍結」の
 解除と今後の発展的取り組みについて
 (1) 本プロジェクト再開にむけて
  ア 一時凍結の意味とそれから得られたものは、再開
   の日程、新規雇用、人材再配置、木材チップ製造機
   械の導入計画等
  イ 本実験プロジェクトを支えてきた調査検討委員会
   の継続について
  ウ バイオマスコジュネシステム(発電と温湯供給)
   の低炭素社会に果たす役割
  エ 今後のバイオマスクウン構想について
 (2) 今後の発展的取り組みとして国の進めるバイオマス
  のガス化プラントの事業化に進むべきと思うが
4 ロケット花火の取り持つ縁による旧吉田町とタイ国ヤ
 ソトン市との交流16年の歴史と今後の発展について
 (1) ヤソトン市は両市の交流を文化、経済、技術、人材
  などにまで発展させたいとしている。特に、1、ロケ
  ット花火作成技術の交換。2、特産物の相互交流販売。
  3、農業、工業、技術等の研修。4、子供達の相互ホ
  ームステイ。5、職員の相互派遣等に関して10月の
  龍勢祭に来秩する視察団にその検討結果を伝えること
  が求められている。
  ア タイ国ヤソトン市との国際交流について市の見解
   は
  イ ヤソトン市が望む上記の交流に対しては、市ある
   いは県の支援も必要である。どのような協力がして
   もらえるか。
市 長・担当者
















市 長・担当者






市 長・担当者












市 長・担当者



26
荒船  功
1 神領民家屋根葺替工事に関する裁判結果について
 (1) 裁判の経緯と判決要旨
 (2) 裁判費用
 (3) 秩父市の見解
2 給食費第2子からの無料化について
 (1) 無料にする条件
 (2) 財源
3 市営住宅について
 (1) 建替計画
 (2) 老朽家屋の撤去
 (3) 土地利用
  市 長



  市 長


  担当者



22
坂本 文雄
1 旧大宮学校再建築について
2 旧埼玉三興産廃処分場について
3 新型インフルエンザの対応について
  市 長
  担当者
  担当者




小櫃 市郎
1 吉田地域の道路における植栽について
 (1) 植栽の状況について
 (2) 除草や剪定等の管理について
 (3) 今後の植栽計画について
2 エレベーターの緊急時の対策について
 (1) 地震災害やシステム上運転停止に陥った場合の対応
市 長・担当者



市 長・担当者


10
12
福井 貴代
1 福祉と暮らし
 (1) ユニバーサルデザインの推進
   ア ユニバーサルデザイン推進行動方針
   イ 行政サービスのユニバーサルデザイン
    (市ホームページの充実)
   ウ 市ホームページ上のバナー広告募集
 (2) 父子家庭の経済支援
 (3) インフルエンザ本格流行への取り組みについて
2 地球温暖化対策・照明灯にLEDの導入
3 市民の声
 (1) ミューズパークのイルミネーション
 (2) 印刷物の契約・発注
市 長・担当者







市 長・担当者
市 長・担当者


11
21
金崎 昌之
1 秩父市の雇用政策について
2 皆野寄居有料道路の料金引き下げについて
3 図書館まつりの開催について
市 長・担当者
市 長・担当者
教育長・担当者


12
25
?野 安之
1 四年前の質問、漫画ルパン三世の「銭形警部」につい
 て、その後
2 市営火葬場の建設について
 (1) 合併特例債を活用して市営火葬場の建設について
  ア 広域組合の理事者と十分協議・検討について
3 バイオマス発電所凍結解除、再始動について
 (1) 久喜邦康の公約、バイオマス発電の凍結・徹底的な
  無駄の排除から
  ア どの様な理由で凍結したかについて
  イ どの様な理由で凍結解除、再始動か。
  ウ 民間事業者による管理運用・民間移譲について
  副市長

  市 長


  市 長


13

出浦 章恵
1 病中・病後児保育について
2 保育問題について
 (1) 公立保育所での低年齢児受入れの体制整備
 (2) 待機児童への対応
市 長・担当者
市 長・担当者


14
11
富田 恵子
1 「秩父が好き、だから」構想について
 (1) 北埼玉環状道路構想
  ア 秩父駅地下トンネル構想
  イ 定峰トンネル
  ウ 城峯トンネル
  エ 埼京線を飯能まで
 (2) 秩父ブランド
ア 秩父銘仙の再生
  イ ニッチツ鉱山の石灰の活用
  ウ 秩父式環境保全型農法
  工 清流保全のためのIS014001取得
  オ 企業誘致推進室を設置
  カ 箱モノ行政の見直し
 (3) 道の駅構想
  ア 道の駅から市内を散策するコース
    引き込み線跡地を歩道に
  イ 由緒正しい建物を移築
 (4) アクアの里計画
  ア 自然に溶け込んだ自然―体型公共事業の促進
  イ 下水道工事を促進し、指定区域外の浄化槽を見直
   し生活排水の河川への排出の改善
  ウ 秩父材を使った木造住宅への助成
 (5) 感動ちちぶ計画
   芸術家を育成し、活動を支援しよう
   ミューズパークに1万人規模の展示会場
 (6) 教育ちちぶ計画
  ア 個性
  イ 学校の開放
  ウ 公会堂の有効活用
  ニ 女性が安心して仕事を行える社会、職場を取り囲
   む環境整備
 (7) 安心ちちぶ計画
  ア 市立病院
  イ クオータ制
  ウ 公設民営への移行
  工 住民参加型ミニ公募地方債
2 子育て支援
 (1) 支援籍
 (2) 5歳児健診
  ア 発達障害者支援法の取り組み
 (3) シティズンシップ教育
 (4) ユネスコ・スクールヘの参加
3 仕事と生活の調和する社会ヘ
 (1) 看講師副院長
 (2) 保健師の育成
   ア 生活習慣病予防
4 クリアな市政について
 (1) 市職員の採用年齢、社会人枠の考え方
 (2) 退職職員の第3セクター等への再雇用について
 (3) 市長の退職金について
  市 長

































  市 長







  市 長



  市 長


15

斎藤 捷栄
1 公共施設設置トイレについて
 (1) 学校トイレについて
2 児童扶養手当について
 (1) 母子家庭について
 (2) 父子家庭について
3 ドクターヘリ利用状況とヘリポートについて
市 長・担当者

市 長・担当者


市 長・担当者


16
23
中村 義一
1 市長マニフェストについて
 (1) マニフェストに対する考え方、性格、位置付け、検
  証、説明責任
 (2) 職員の意識改革について
 (3) マニフェストヘの取り組みと市政運営
   市長が考える、財政改革について
   改革の作業工程等
 (4) 行政評価の取組み、予算編成の改革について
2 第3セクターの見直しについて
 (1) 集中改革プランに基づく、抜本的見直しの検討結果
 (2) 事業の必要性、妥当性、改廃について
 (3) 組織体制の簡素化について
 (4) 業務委託金額、委託料の水準、財務責任
 (5) 人事管理の適正化
 (6) 各団体の透明性の確保、外部監査について
 (7) ちちぶ観光機構の事業運営状況
3 認定こども園の事業に対し、国および県の助成に対す
 る秩父市の対応について
  市 長







市 長・副市長







  市 長 


17

山中  進
1 介護保険について
 (1) 保険料について
 (2) 利用料について
 (3) 改正された介護報酬とサービスについて
2 バイオマスで森林活用と雇用確保について
 (1) バイオマスの今後の方向性について
 (2) 森林整備と雇用について
 (3) 森林の活用について
  市 長



  市 長


18
15
上林 富夫
1 秩父市82町会と行政について
2 大災害発生時の危機管理について(山間部)
3 市と職員組合の関係について
4 給料減額修正に伴う特別職(副所長、教育長)本人の
 所感
5 秩父市不当要求行為対策要綱について
  市 長
  市 長
  担当者
副市長・教育長

  担当者







一 般 質 問 通 告 一 覧 表





平成21年12月定例会


番号
議席
氏   名
質   問   の   要   旨
答 弁 者




新井重一郎
1 「定住自立圏構想」に対する政権交代の影響
 (1) 中心市及び周辺4町への具体的な交付金カット額は
 (2) 周辺4町との協定内容の変更、あるいは中止もある
  か。
 (3) 民間企業への影響は
2 平成23年度からの水道料金改定について
 (1) 水道事業における現行の料金での収支の割合につい
  て
 (2) 今回の統一料金に設定した理由
 (3) 値上げ改定案による水道料金の増収はどのくらい
  か。
 (4) 製造業者の水道料金に対する市の助成はどうなるの
  か。
3 環境に対する秩父市の取り組み
 (1) 市内の環境問題
  ア 既存の産廃処分場認可過程における旧市の関わり
   と現在の管理状況
  イ 産廃処分場の建設はどのように進められるのか。
  ウ 秩父市土砂等のたい積の規制に関する条例につい
   て
  エ 汚染土壌の持込を阻止できるのか。
  オ レジ袋削減のために「有料化」又は「辞退者への
   キャッシュバック」条例の検討
 (2) 温暖化ガス削減への取り組み
  ア 太陽光発電パネル設置への秩父市の補助
  イ バイオマス・コジェネシステムの活用
   (ア) スウェーデン視察による市長のバイオマスに対
    する考えの変化は
   (イ) 削減量をクレジットして販売する構想は
  ウ バイオマスタウン認定をどのように活用するか。
   (ア) 現在の具体的な取り組み
   (イ) 「地域バイオマス利活用交付金」等を利用した
    将来の構想
  エ 森林によるオフセット・クレジットの活用
4 秩父夜祭を週末(土、日)に移行することによる経済
 効果
5 秩父市未来創造子どもセミナーの「理科おもしろ実験
 室」の現状と将来の発展
  担当者




  担当者







市 長・担当者




















  担当者

市 長・担当者



28
新井兄三郎
1 行財政改革の推進について
 (1) チャレンジ80プランの推進
 (2) 事務的経費の削減、民間委託の導入
 (3) 投資的財源の確保と事業の推進
 (4) 職員の人事交流と適材適所の配置
 (5) 補助金の見直し(活動実績に見合った適正な補助)
 (6) 合併特例債の活用による秩父斎場の改築
2 道路整備の促進について
 (1) 市内20分の道路整備
  ア 国道140号皆野秩父バイパス・仮称大滝トンネ
   ルの早期事業化
  イ 県道吉田久長秩父線のトンネル建設
  ウ 県道秩父荒川線の改良促進
  工 県道皆野荒川線の改良促進
  オ 県道皆野両神荒川線の改良促進
 (2) 定峰トンネルの早期事業化
 (3) 市道の整備促進(歩道・通学路)
 (4) 森林管理道の整備促進
  「秩父横断林道の建設促進」等
3 環境対策
 (1) 河川の総合浄化対策の推進
  ア 公共下水道・農業集落排水の整備推進
  イ 合併浄化槽の普及の推進
  ウ 畜産排泄物の対策
 (2) 上水道の整備
  ア 老朽管布設替えと水道施設整備の推進
 (3) 温暖化対策としての補助制度の検討
 (4) 子どもたちが水辺で遊べる環境整備
4 医療・福祉施策の推進
 (1) 市立病院の充実
 (2) 子育て対策
  ア こども医療給付制度の年齢拡大推進
  イ 病後児保育の推進
  ウ 保育所の充実
  エ 学童保育室の整備
 (3) 健康づくりの推進
   ア 中高年のスポーツ推進
 (4) 障がい者の自立支援を推進
5 秩父広域行政の推進
 (1) 広域消防・救急体制の充実
 (2) 有料ごみ袋の負担軽減
市 長・担当者






市 長・担当者











市 長・担当者








市 長・担当者









市 長・担当者




27
須田  博
1 まちづくり事業の推進
 (1) 旧秩父セメント跡地の利用
  ア 市民会館・芸能会館等の建設
 (2) 中心市街地の活性化対策
  ア 市街地への誘客対策
  イ 電線の地中埋設工事
 (3) 地域情報網の整備
  ア 情報格差・携帯電話不感地域の早期解消
  イ テレビ完全デジタル化による難視聴地域の対策
2 教育・文化の対策
 (1) 教育の充実
  ア 人格形成の取り組み
  イ 環境学習の取り組み
 (2) 文化財・伝統行事の保護と継承
 (3) スポーツの振興と施設の整備充実
  ア チャレンジデーの取り組み参加
 (4) 青少年の健全育成と薬害防止対策の推進
3 農林商工業の振興
 (1) 森林と水を守る施策
  ア 環境教育の取り組み
  イ 森林環境税の取り組み
 (2) 農林振興事業の推進
  ア 特産品の開発
  イ 観光農業の推進
  ウ 遊休農地の活用
  エ 有害鳥獣被害対策の取り組み
  オ 中山間地域総合整備の促進
 (3) 既存産業との連携と企業誘致
  ア 産・官・学の連携
  イ 市発注の事業は、市内の業者ヘ
  ウ 工業団地の開発
  エ 市有地の有効活用
 (4) 地域団体商標「秩父(ちちぶ)ブランド」登録の推
  進
  ア 農産物・商工業製品のブランド化の支援及び促進
4 観光の振興
 (1) 花・緑・芸術・自然をテーマにした年間集客対策
 (2) 宿泊を伴う各種大会や研修会等の積極的な招致
5 公共交通の充実
 (1) バス利用路線の検討
市 長・担当者








市 長・担当者







市 長・担当者

















市 長・担当者


市 長・担当者




小櫃 市郎
1 道路整備の促進
 (1) 秩父〜吉田間のトンネル(仮称蒔田トンネル)開設
  の推進
 (2) 主要地方道高崎神流秩父線の改良促進
 (3) 県道石間下吉田線の改良促進
 (4) 県道下日野沢東門平吉田線の改良促進
 (5) 市道吉田8号線(一本杉峠)新設事業の推進
 (6) 和田・芦田団地を結ぶ通学路及び排水整備
2 環境対策
 (1) 公営水道未整備地域の解消(藤芝・頼母沢地区)
 (2) 改善センター及び集落センターの補修
3 教育施設の整備
 (1) 吉田小学校体育館及びプールの改築
4 農林商工業の推進
 (1) 商工業活性化対策の推進
  ア 吉田地域商工研究会・西秩父商工会の充実
  イ 農林観光の推進
5 観光振興
 (1) 龍勢まつり対策の充実
 (2) 石間・太田部観光トイレの新設
市 長・担当者







市 長・担当者


教育長・担当者

市 長・担当者



市 長・担当者



10
浅海  忠
1 平成22年度市民クラブ政策提言より大滝・荒川地区
 について
 (1) 道路整備の促進
  ア 大中橋の車道橋の新設
  イ 秩父多摩甲斐国立公園三峰線と秩父湖周辺の整備
  ウ 市道大滝17号線(旧中津川林道)の県道昇格
  エ 市道荒川主要幹線の改良状況と上田野98・99
   号線の改良
 (2) 環境対策
  ア 老朽化した水道施設の改良(大血川地区・三峰地
   区)
  イ 上田野排水路の改良
 (3) 医療・福祉の推進
  ア 大滝診療所の医療体制の充実
  イ 大滝老人福祉センターの有効活用
  ウ 元気アップ講座の継続と健康づくり事業の推進
 (4) まちづくり事業の推進
  ア 路線バス及び地区内交通手段の確保と維持
  イ 地籍調査の継続
  ウ 大滝総合振興会館の有効活用
 (5) 教育施設の充実について
  ア 荒川中学校体育小屋・部室の改修
  イ 荒川東小学校体育館と校庭の整備
  ウ 荒川西小学校校舎・プールの整備
 (6) 観光の振興
  ア 秩父往還道の整備
  イ 大滝もみじ街道の推進と紅葉の拠点づくり
    (三峰・二瀬・大血川・中津川地区)
  ウ BMX場の活用と管理について
  エ 花見の里を核とした拠点整備の充実
  オ そばの里作りの充実(機械設備の計画的代替えと
   補充)
  カ 三峰口駅前(観光拠点駅)の整備充実
2 電子データの管理と活用について
 (1) 道路台帳等の整備状況はどうか。(境界・道路・水
  路・消火栓等)
 (2) データの管理はどのようにしているのか。
市 長・担当者
































市 長・担当者



26
荒船  功
1 市民クラブ政策提言について
 (1) 市道幹線3号線通学路歩道整備
 (2) 尾田蒔小学校の改築
 (3) みはらしの丘整備
 (4) ミューズパークの活用拡大
2 バイオマス発電について
 (1) 再開の目的
 (2) 市長のスウェーデン視察の成果
3 神領民家裁判のその後について
4 大野原町内開発計画と交通対策
  担当者




  市 長


  市 長
  担当者




出浦 章恵
1 新型インフルエンザワクチン接種について
2 育成会等の廃品回収について         
市 長・担当者
市 長・担当者




新井 康一
1 国民健康保険税について
2 聖地公園に共同納骨堂を
3 人間ドックと特定検診について
市 長・担当者
市 長・担当者
市 長・担当者



23
中村 義一
1 行財政改革の推進
 (1) 市長経営方針について
2 行政評価の検証、活用、その取り組みについて
 (1) 事中評価、市民満足度調査、外部評価、事業仕分け
  等、予算編成等
3 市立病院の充実について
 (1) 現状の取り組み及び問題点
 (2) 療養型病床、開放型病床、その他
  市 長

市 長・担当者


市 長・病院長


10

斎藤 捷栄
1 国民健康保険について
 (1) 現況について
 (2) 税率の統一について
2 市税等納付について
 (1) 各市税等の納期について
 (2) 納期の平準化について
市 長・担当者


市 長・担当者 


11 
24 
今井 武藏 
1 武甲山の修景について 〜その3〜
 (1) こころの山・・・武甲山の今と昔、展
   そして・・・武甲山信仰と秩父夜祭の今と普
 (2) 秩父ジオパーク構想・日本ジオパーク認定の取り組
  み
 (3) 埼玉県立秩父園芸景観学校の設置
2 秩父市環境施策の推進について
 (1) 太陽光発電等自然エネルギーの活用策
 (2) ごみ分別の見直し徹底による資源リサイクルの推進
 (3) 水質保全条例の制定による水源地・水源涵養林保護
 (4) 秩父環境市民会議の設立
3 住民自治による自主的事業の推進について
 (1) 大滝、荒川、秩父、吉田各地域の各事業の拡大
 (2) 各町会、コミュニテイ、NPO等の自立事業支援の
  拡大
4 緑の回廊による秩父全域にぎわいの里づくりについて
 (1) 街、里、峡連携の緑の回廊づくり
 (2) 旧道等を活用の歴史散策コースの設置
 (3) 秩父山稜に各拠点設置、歩け歩けルートの設定
   〜森林浴、原生林、水源、史跡等の連携〜
5 「バイオマスタウン秩父」の取り組みについて
  〜秩父の山を生かし、清らかな水源を守る諸施策と秩
 父の産業振興と自然を継承〜
6 市民の声
 (1) 第22回 秩父地区社会科学展覧会
   秩父小、中学生の生きた教材の研究発表(小学生2
  38点・中学校75点)
 (2) 秩父市の文化財展
   〜ちちぶ・はじめての物語〜
   人・文字・流通貨幣・神社・歌舞伎・帝王切開・銀
  行・鉄道・学校・ほぐし捺染・橋・文化財等12項
 (3) 第52回県北美術展
   絵画・彫刻・工芸・書・写真(847点)
7 秩父夜祭の総括について
市 長・担当者





市 長・担当者




市 長・担当者



市 長・担当者




市 長・担当者


市 長・教育長









  市 長


12
14
新井  豪
1 観光庁による訪日外国人観光客誘致策事業費の大幅な
 予算増加における、秩父市の誘致活動について
2 「市役所庁舎は耐震補強を含めたリフォーム、市民会
 館は移転・新築」という提案について
3 ミューズパークの今後について
 (1) テニスコートの利用率向上について
 (2) 動物と触れ合う施設の設置について
4 「教育」の環境について
 (1) 全小学校における、田植え・稲刈り体験事業の実施
  について
 (2) 9月議会で指摘した、派遣外国語指導助手の利用に
  おける派遣法違反について
 (3) 成人式のあり方について
  担当者

  担当者

  担当者


  担当者


13
25
?野 安之
1 和銅遺跡入り口に立つ看板について
 (1) 和銅遺跡の観光的価値をどう思っているか。
 (2) 看板の立て直しはするか。
 (3) 文化財保護の見地であっても、観光的に取り組める
  ものであったなら、市長部局の産業観光部門が積極的
  に取り組める方策をとるか。
2 市政も民間企業的な意識を持つよう「営業部」の創設
 について
 (1) 研究し良ければ取り組んで見ようとするか。
3 火葬場建設に合併特例債を活用について、その2
 (1) 市長は、財政を考えないで、努力もせず、今の現状
  のままで建設していく、と言うことか。
  市 長





  市 長


  市 長


14
13
金田 安生
1 秩父市の政策について
 (1) 行政組織について
 (2) 情報公開について
 (3) 行政サービスについて
 (4) 産業・企業誘致の推進について
 (5) 道路網の整備について
2 防災体制と施設について
3 事務改善について
市 長・担当者





市 長・担当者
市 長・担当者


15
11
富田 恵子
1 パブリックサポートサービスについて
 (1) 包括的民間委託
 (2) 官民パートナーシップ型事業
 (3) 公立文化施設
2 全国生涯学習まちづくりサミットin秩父から
3 子ども・若者育成支援推進法について
4 ふるさと納税について
5 エコツーリズムについて
6 水道料金減額制度創設について
  市 長



  市 長
  市 長
  市 長
  市 長
  市 長


16
12
福井 貴代
1 国の政策転換に伴う影響について
 (1) 2009年度第1次補正予算の執行停止
 (2) 子育て応援特別手当の執行停止
 (3) 子ども手当の支給と各種控除の廃止、縮減
2 疾病予防対策
 (1) ヒブワクチン等の公費助成
 (2) 市立病院の乳がん検診
 (3) 市立病院の人間ドックと脳ドック
3 雇用対策
 (1) 高校新卒者の就職支援
 (2) 離職者の生活支援
市 長・担当者



市 長・担当者



市 長・担当者


17 
4 
山中  進 
1 市町村合併の成果と功罪について
 (1) 合併後の財政について
  ア 財政の効率は良くなったか。
  イ 合併特例債の状況はどうなっているか。
  ウ 地方交付税の変化について
 (2) 市民サービスと住民負担について
  ア 合併によって住民サービスは良くなったか。
  イ 住民の負担はどうなったのか。
  ウ 旧三町村の住民感情をどう考えているか。
2 肺炎球菌の予防接種について
3 地域の安全について
 (1) 市道及び国道140号線の横断歩道について
 (2) 影森小学校北側校門付近のスクールゾーンについて
 (3) 大滝地域の急傾斜地指定と落石防護柵設置について
市 長・担当者








市 長・担当者
市 長・担当者 


18
22
坂本 文雄
1 森林の保全と開発について
2 西武鉄道6時台のレツドアローについて
3 中学生のクラブ活動について
4 埼玉県農林総合研究センター、秩父試験地廃止に伴う
 秩父市の対応について
市 長・担当者
市 長・担当者
  教育長
市 長・担当者


19
21
金崎 昌之
1 秩父市こども遊園地「ちちぶキッズパーク」の拡充に
 ついて
2 ブックリサイクルの取り組みについて
3 (仮称)北部共同調理場建設計画について
市 長・担当者

市 長・担当者
市 長・担当者


20
15
上林 富夫
1 市立小中学校の学力の現状について
2 新型インフルエンザの実態について
3 政権交代による秩父市への影響について
4 秩父市公設市場について
5 職員給料格差について(6月議会に続いて再質問)
6 各町会に対する事務費について(9月議会に続いて再
 質問)
7 職員採用について
  教育長
市 長・担当者
  市 長
  市 長
  市 長
  市 長

  市 長