議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 熊谷市

平成12年  6月定例会 意見書・決議 酒類販売の社会的規制に関する意見書




平成12年  6月定例会 意見書・決議 − 酒類販売の社会的規制に関する意見書








                議 案 提 出 書
  平成12年7月12日
  福島県議会議長 三 保 恵 一 様
                         提出者 福島県議会議員 三 保 恵 一
                             ほ か 全 員
次の議案を別紙のとおり提出します。
   酒類販売の社会的規制に関する意見書
 理 由
  酒類販売の社会的規制に関して要望するため






議案第4号

             酒類販売の社会的規制に関する意見書

  我が国のアルコール消費量は、国民所得の増加や生活様式の変化等により増加しており、特に未成年者の飲酒が大きな社会問題となっている。

  また、過度の飲酒は、アルコール依存症をはじめとする健康被害や、自動車事故、さらには犯罪などさまざまな問題を引き起こしている。

  このようなアルコールに関連する問題について、WHO(世界保健機関)は平成3年に加盟各国に対して、アルコール飲料の入手に関する規制の検討、健康教育など14項目の勧告を行っているが、我が国においては、永年堅持されていた酒類免許制度の要件が緩和されつつあるなど、WHOの勧告に逆行しているのが現状である。

  よって、政府においては、酒類販売制度の規制緩和の見直しや、酒類販売の社会的管理に関する法整備を行うとともに、WHOの勧告によるアルコール政策等の着実な実施に努められるよう強く要望する。

  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成12年7月  日

内閣総理大臣

大 蔵 大 臣

厚 生 大 臣  あて

通商産業大臣

自 治 大 臣

                   福島県議会議長 三 保 恵 一