議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 さいたま市

平成15年 11月 臨時会 11月14日−01号




平成15年 11月 臨時会 − 11月14日−01号









平成15年 11月 臨時会



          ◯招集告示

さいたま市告示第932号

  平成15年さいたま市議会11月臨時会を次のとおり招集する。

   平成15年11月7日

                  さいたま市長  相川宗一

 1 招集する期日  平成15年11月14日

 2 招集する場所  さいたま市議会議事堂

 3 付議事件

  議案第 163号  専決処分の報告及び承認を求めることについて

          (平成15年度さいたま市一般会計補正予算(第5号))

  議案第 164号  さいたま市議会の議員の報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  議案第 165号  さいたま市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例及びさいたま市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  議案第 166号  さいたま市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について

        −−−−−−−−−−−−−−−−

          ◯応招・不応招議員

平成15年11月臨時会

  応招議員   62名

     1番  日下部伸三    2番  新藤信夫

     3番  土橋貞夫     4番  長谷川浄意

     5番  輿水恵一     6番  上三信 彰

     7番  高木真理     8番  沢田哲夫

     9番  傳田ひろみ   11番  関根隆俊

    12番  戸島義子    13番  関根信明

    14番  萩原章弘    15番  高橋 良

    17番  今城容子    18番  今村都代子

    19番  高柳俊哉    20番  細川邦子

    21番  土井裕之    22番  岡 真智子

    23番  森永留美子   24番  山中信一

    25番  山城屋せき   26番  芳賀義宜

    27番  長谷川和久   28番  細沼武彦

    29番  霜田紀子    30番  日浦田 明

    31番  霜田雅弘    32番  田中通之

    33番  斎藤建二    34番  沢田 力

    35番  松本敏雄    36番  添野ふみ子

    37番  神田義行    38番  鳥海敏行

    39番  青羽健仁    40番  真取正典

    41番  武笠光明    42番  中山欽哉

    43番  吉山 悟    44番  高橋勝頼

    45番  花岡能理雄   46番  野口吉明

    47番  中神健一    48番  松崎良一

    49番  神崎 功    50番  加川義光

    51番  我妻京子    52番  清水賢一

    53番  鶴崎敏康    54番  佐伯鋼兵

    55番  青木一郎    56番  清宮義正

    57番  福島正道    58番  石塚 眞

    59番  田口邦雄    60番  千葉晴夫

    61番  近藤 豊    62番  山崎 章

    63番  川上正利    64番  吉田 太

  不応招議員  なし

平成15年

      さいたま市議会会議録

11月14日

                         平成15年11月臨時会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第1日

平成15年11月14日(金曜日 午前10時開会)

本日の議事日程(第1号)

 第1 開会

 第2 開議

 第3 会議録署名議員の指名

 第4 会期の決定

 第5 諸報告

 第6 市長提出議案の上程(議案第163号〜議案第166号)

 第7 市長あいさつ

 第8 議案説明

 第9 議案に対する質疑

 第10 専決議案の討論・採決(議案第163号)

 第11 委員会付託

 第12 議案の上程(議案第164号〜議案第166号)

 第13 委員長報告

 第14 委員長報告に対する質疑

 第15 討論

 第16 採決

 第17 教育市民委員長の互選結果報告

 第18 閉会

        −−−−−−−−−−−−−−−−

本日の出席議員   62名

     1番  日下部伸三    2番  新藤信夫

     3番  土橋貞夫     4番  長谷川浄意

     5番  輿水恵一     6番  上三信 彰

     7番  高木真理     8番  沢田哲夫

     9番  傳田ひろみ   11番  関根隆俊

    12番  戸島義子    13番  関根信明

    14番  萩原章弘    15番  高橋 良

    17番  今城容子    18番  今村都代子

    19番  高柳俊哉    20番  細川邦子

    21番  土井裕之    22番  岡 真智子

    23番  森永留美子   24番  山中信一

    25番  山城屋せき   26番  芳賀義宜

    27番  長谷川和久   28番  細沼武彦

    29番  霜田紀子    30番  日浦田 明

    31番  霜田雅弘    32番  田中通之

    33番  斎藤建二    34番  沢田 力

    35番  松本敏雄    36番  添野ふみ子

    37番  神田義行    38番  鳥海敏行

    39番  青羽健仁    40番  真取正典

    41番  武笠光明    42番  中山欽哉

    43番  吉山 悟    44番  高橋勝頼

    45番  花岡能理雄   46番  野口吉明

    47番  中神健一    48番  松崎良一

    49番  神崎 功    50番  加川義光

    51番  我妻京子    52番  清水賢一

    53番  鶴崎敏康    54番  佐伯鋼兵

    55番  青木一郎    56番  清宮義正

    57番  福島正道    58番  石塚 眞

    59番  田口邦雄    60番  千葉晴夫

    61番  近藤 豊    62番  山崎 章

    63番  川上正利    64番  吉田 太

   欠席議員   なし

職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名

 議会事務局長    安藤三千男  議会事務局     小池宏明

                  総括参事

 議会事務局     渡辺 收   議会事務局参事   大川晴久

 企画監              議事調査課長

                  事務取扱い

 議事調査課     荒井誠一   議事調査課     新井昭彦

 主幹               副主幹

 議事調査課     金子照夫

 主査

地方自治法第121条の規定による説明のための出席者

 市長        相川宗一   助役        岩木 浩

 助役        内藤尚志   助役        護 雅行

 収入役       福田輝夫   水道事業      作山泰彦

                  管理者

 教育委員会     飯島 昭   選挙管理委員会   早坂八郎

 委員長              委員長

 人事委員会     北條神一郎  代表監査委員    石塚紀男

 委員長

 農業委員会     島崎清一   教育長       臼杵信裕

 会長

 理事        小宮義夫   総務局長      立石松美

(政策企画担当)

 財政局長      中村正彦   市民局長      大塚英男

 保健福祉局長    磯部光彦   環境経済局長    木内一好

 都市局長      浅子 進   建設局長      冨山徳一

 市立病院長     遠藤昌夫   市立病院      渡部圭彬

                  事務局長

 消防局長      金山信孝   選挙管理委員会   粕谷文彦

                  事務局長

 人事委員会     村田昌造   監査事務局長    山崎正夫

 事務局長

 農業委員会     大木秀志

 事務局長

午前10時8分開会

  出席議員   62名

     1番   2番   3番   4番   5番   6番

     7番   8番   9番  11番  12番  13番

    14番  15番  17番  18番  19番  20番

    21番  22番  23番  24番  25番  26番

    27番  28番  29番  30番  31番  32番

    33番  34番  35番  36番  37番  38番

    39番  40番  41番  42番  43番  44番

    45番  46番  47番  48番  49番  50番

    51番  52番  53番  54番  55番  56番

    57番  58番  59番  60番  61番  62番

    63番  64番

  欠席議員    なし



△開会と開議の宣告



○長谷川浄意議長 ただいまから、平成15年11月臨時会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○長谷川浄意議長 まず、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第81条の規定により、議長から指名いたします。

 関根信明議員

 萩原章弘議員

 高橋 良議員

 以上3名の方にお願いいたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○長谷川浄意議長 次に、会期の決定を議題といたします。

 おはかりいたします。

 今臨時会の会期は、本日11月14日の1日といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○長谷川浄意議長 御異議なしと認めます。

 よって、会期は本日1日と決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



△専決処分の報告



○長谷川浄意議長 この際、報告いたします。

 はじめに、市長から専決処分の報告がありましたので、お手元に配付しておきましたので、御了承願います。

〔参照〕−専決処分の報告−

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△9月定例会において議決した意見書の処理結果報告



○長谷川浄意議長 次に、去る9月定例会において議決いたしました「犯罪防止のための治安対策の強化を求める意見書」につきましては、9月30日付けで、衆議院議長、参議院議長及び内閣総理大臣のほか関係行政庁に送付しておきましたので、御了承願います。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△出席理事者の報告



○長谷川浄意議長 次に、地方自治法第121条の規定により、市長ほか理事者の出席を求めておきましたので、御了承願います。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△市長提出議案の一括上程



○長谷川浄意議長 次に、市長から提出された議案第163号から第166号を一括して議題といたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○長谷川浄意議長 この際、市長からあいさつのため発言を求められておりますので、これを許します。

 市長

      〔市長登壇〕



◎相川宗一市長 本日ここに、さいたま市議会11月臨時会を招集いたしましたところ、議員の皆様には、御多忙中にもかかわらず御健勝にて御参集をいただき、厚くお礼を申し上げます。

 去る11月3日には、浦和レッズが2003Jリーグ・ヤマザキナビスコ杯において悲願の初優勝をかざり、チーム誕生以来、市民、サポーターが待ちに待った長年の夢がついにかないました。あたかも、さいたま市の政令指定都市への移行を記念するかのようでもあり、市民あげて祝福したいと思います。今後も、この勢いを持続し、さらなる大きな夢をぜひとも実現していただきたいと思います。

 さて、さいたま市の市政運営に当たりましても、政令指定都市移行に伴う行財政基盤の強化や権限の移譲に加え、行財政改革を一層推進することにより、市民ニーズに的確に対応できる真の分権型社会にふさわしい新たな地方行財政システムの確立に向け、全力を傾注してまいる所存でありますので、議員の皆様におかれましても、市政運営に対しさらなる御指導、御協力を賜りますようお願いを申し上げます。

 今議会に御提案いたしました議案は、専決処分の報告及び承認を求める議案が1件、条例議案として、市議会議員の期末手当、市長等及び教育長の期末手当について所要の改正を行うための議案が各1件、また、市人事委員会の勧告を踏まえ、市職員の給与等について所要の改正を行うための議案が1件、以上4議案となっております。

 何とぞ慎重な御審議のうえ、御承認を賜りますようお願いを申し上げまして、私からのあいさつといたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案説明



○長谷川浄意議長 次に、議案の朗読を省略させていただき、直ちに議案の説明を求めます。

 岩木助役

      〔岩木助役登壇〕



◎岩木浩助役 補正予算に係る専決処分の報告議案につきましては、後ほど財政局長から御説明をさせていただきますので、私からは条例改正に係る議案について説明をさせていただきます。

 それでは、議案書の1ページをお願いいたします。

 議案第164号「さいたま市議会の議員の報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について」でございます。

 本議案は、議会の議員の期末手当につきまして所要の改正を図りたく提案するものでございます。

 内容といたしましては、平成15年度につきましては12月期の期末手当を0.25月分引き下げ、平成16年度以降につきましては6月期及び12月期の期末手当支給割合を改定するものでございます。

 なお、施行期日は平成15年12月1日等とするものでございます。

 続きまして、議案書の2ページをお願いいたします。

 議案第165号「さいたま市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条及びさいたま市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」でございます。

 本議案は、市長等及び教育長の期末手当につきまして所要の改正を図りたく提案するものでございます。

 内容といたしましては、議会の議員と同様に、平成15年度につきましては12月期の期末手当を0.25月分引き下げ、平成16年度以降につきましては6月期及び12月期の期末手当の支給割合を改定するものでございます。

 なお、施行期日は平成15年12月1日等とするものでございます。

 続きまして、議案第166号「さいたま市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について」でございます。

 本議案は、国や県の動向を総合的に勘案し、市人事委員会の勧告を踏まえ、給与関係につきまして所要の改正を図りたく提案するものでございます。

 内容といたしましては、給料月額の引き下げを行うとともに、平成15年度につきましては12月期の期末手当を0.25月分引き下げ、平成16年度以降につきましては6月期及び12月期の期末手当の支給割合を改定するものでございます。また、扶養手当、住居手当及び初任給調整手当につきましても改定を行うものでございます。

 なお、施行期日は平成15年12月1日等とするものでございます。

 以上で私からの議案説明を終わります。よろしくお願いを申し上げます。



○長谷川浄意議長 財政局長

      〔財政局長登壇〕



◎中村正彦財政局長 続きまして、議案第163号、平成15年度さいたま市一般会計補正予算(第5号)の「専決処分の報告及び承認を求めることについて」の御説明を申し上げます。

 この件につきましては、平成15年11月9日執行の衆議院議員総選挙にかかわる経費について、10月10日付けをもちまして地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分を行ったものでございます。

 恐れ入りますが、別冊の補正予算書を御覧いただきます。

 3ページをお開きをいただきます。

 第1条歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ3億5,735万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ3,361億979万8,000円とするものでございます。

 10ページをお開きをいただきます。

 はじめに、歳入予算につきまして御説明を申し上げます。

 15款県支出金、3項委託金、1目総務費委託金につきましては、平成15年11月9日執行の衆議院議員総選挙に伴う県からの委託金でございます。

 続きまして、歳出予算につきまして御説明を申し上げます。

 12ページをお開きをいただきます。

 2款総務費、6項選挙費、7目衆議院議員総選挙費につきましては、衆議院議員総選挙にかかわる経費でございます。

 以上で予算議案の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議のほどお願いを申し上げます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△人事委員会の意見(議案第165号、第166号)



○長谷川浄意議長 なお、ただいま議題となっております、議案第165号及び第166号について、人事委員会に意見を求めておきましたところ、回答がありましたので、お手元に配付しておきましたから、御了承願います。

〔参照〕−人事委員会の意見−

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△市長提出議案に対する質疑



○長谷川浄意議長 これから、議案に対する質疑に入ります。

 ただいまのところ、通告はありません。

 これで質疑を終結いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会付託の省略



○長谷川浄意議長 次に、「専決処分の報告及び承認を求めることについて」おはかりいたします。

 議案第163号「専決処分の報告及び承認を求めることについて」は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○長谷川浄意議長 御異議なしと認めます。

 よって、議案第163号については、委員会の付託は省略することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案に対する討論



○長谷川浄意議長 これから討論に入ります。

 ただいまのところ通告はありませんので、討論を終結いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



△議案第163号の採決−承認



○長谷川浄意議長 これから採決いたします。

 おはかりいたします。

 議案第163号「専決処分の報告及び承認を求めることについて(平成15年度さいたま市一般会計補正予算(第5号))」は、承認することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○長谷川浄意議長 起立総員であります。

 よって、議案第163号は、承認することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△市長提出議案の委員会付託



○長谷川浄意議長 次に、ただいま議決いたしました議案を除く議案3件につきましては、お手元に配付しておきました議案付託表のとおり、総務委員会に付託いたします。

〔参照〕−議案付託表−

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△教育市民委員長の互選について



○長谷川浄意議長 次に、現在、教育市民委員会の委員長が欠員となっておりますので、次の休憩中に委員会を開催し、委員長の互選を行い、その結果を議長に報告願います。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩の宣告



○長谷川浄意議長 暫時休憩いたします。

午前10時20分休憩

        −−−−−−−−−−−−−−−−

午後4時0分再開

  出席議員   62名

     1番   2番   3番   4番   5番   6番

     7番   8番   9番  11番  12番  13番

    14番  15番  17番  18番  19番  20番

    21番  22番  23番  24番  25番  26番

    27番  28番  29番  30番  31番  32番

    33番  34番  35番  36番  37番  38番

    39番  40番  41番  42番  43番  44番

    45番  46番  47番  48番  49番  50番

    51番  52番  53番  54番  55番  56番

    57番  58番  59番  60番  61番  62番

    63番  64番

  欠席議員    なし



△再開の宣告



○長谷川浄意議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の一括上程



○長谷川浄意議長 議案第164号から第166号を一括して議題といたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員会審査結果報告



○長谷川浄意議長 総務委員長から審査結果報告書が提出されておりますので、お手元に配付しておきましたから、御了承願います。

〔参照〕−委員会審査結果報告書−

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員長審査経過報告



△総務委員長報告



○長谷川浄意議長 総務委員長から、審査の経過並びに結果について報告を求めます。

 総務委員長 細沼武彦議員

      〔細沼武彦議員登壇〕(拍手起こる)



◆細沼武彦総務委員長 それでは、総務委員会の委員長報告を申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は、議案3件であります。

 以下、順次、審査の概要と結果について御報告を申し上げます。

 議案第164号「さいたま市議会の議員の報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について」、また、議案第165号「さいたま市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例及びさいたま市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」及び議案第166号「さいたま市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について」の3件は、関連がありますので一括して議題といたしました。

 本3件の主な質疑では、報酬審議会の答申と開催時期について、人事委員会の勧告で組合との交渉状況について、なぜ1.1%のマイナスなのかなどについてただされ、答弁では、報酬審議会の答申と開催時期については、報酬審議会は特別職等の給与等について対象とするものであり、今回の期末手当の引き下げについては条例上対象となっていない。また、開催状況については、合併前の平成8年に行った。平成13年の合併あるいは今年4月の政令市移行ということで、本来であればその段階で報酬審議会を開いて意見を伺うという状況にあったわけだが、昨今の経済情勢を反映し見合わせた。委員会の中で報酬審議会を開いていただきたいとの意見があり、なるべく早い時期に報酬審議会を開く方向で検討していきたい。次に、組合との交渉状況については、組合2団体と予備交渉も含め、それぞれ6回の交渉を行い、妥結に至った。次に、今回の勧告は市内事業所80か所の4月給与の支給状況等を調査のうえ勧告を行ったもので、さいたま市においてラスパイレス指数の比較で、国から比べると幅が大きかったということで、結果的に1.1%のマイナスになったとの答弁がありました。

 その他、5級以上の給与調整は行ったが、他の政令市の報酬状況、月例給の引き下げ後の比較、不利益処分の遡及関係等について質疑応答の後、討論では、議案第166号に反対の立場から、今回のマイナス1.13%の改定は、民間における給与改定の状況や春闘の妥結の状況などの現状と比較すると、かけ離れたもので根拠がなく、はじめにマイナスありきと思わざるを得ない。また、違法ともいえるような不利益の遡及の問題や、生計費を補うという給与の性格から見ても、このような処置をとるべきでない。加えて、社会経済全体に与える影響として、現在、デフレスパイラルということが危惧され、そこからの脱却が求められている中、デフレをますます加速させることにつながりかねず、認められない。以上のことから、本議案に反対するとの討論。

 次に、賛成の立場から、マクロ経済の観点から見たとき、消費者物価指数の下落、地価の下落、官民格差も考えると十分な根拠があると考えられる。また、不利益の不遡及の原則に反するのではないかという指摘もあるが、年間給与での均衡を図る考えに立って調整方法も一定の改善がされている。ただ一つ要望として、成果主義の徹底を図って、職員の勤労意欲の低下につながらないよう、給与体系をぜひ改革してほしい。

 また、賛成の立場から、今回の改定は厳しい経済状況等を勘案し、議員や職員も痛みを分け合うという姿勢を明らかにしたもので、評価すべきものである。しかしながら、なし崩し的に毎年減額されるとなると、職員は不安であるし、住民側も方向性が見えないという面もあるので、本質的な議論を行い、今後の方向性を明確にしていくべきとの要望を付して、本議案に賛成するとの討論の後、採決の結果、議案第164号及び議案第165号については、それぞれ全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第166号については、採決の結果、多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、一部委員の賛同は得られませんでしたが、本委員会の要望事項として、議案第164号に関し、政令指定都市の議員としての報酬等のあり方について第三者の意見を聞くという観点から、早期に報酬審議会に諮問されるよう要望いたします。

 以上で委員長報告を終わります。(拍手起こる)



○長谷川浄意議長 以上で、総務委員会の委員長報告を終わります。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告に対する質疑



○長谷川浄意議長 これから、委員長報告に対する質疑に入ります。

 ただいまのところ、通告はありません。

 これで質疑を終結いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案に対する討論



○長谷川浄意議長 これから、議案に対する討論を一括して行います。

 討論の通告がありますので、発言を許します。

 神田義行議員

      〔神田義行議員登壇〕(拍手起こる)



◆神田義行議員 日本共産党の神田義行でございます。日本共産党さいたま市議会議員団を代表して、議案第166号「さいたま市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について」、反対の立場で討論を行います。

 今回の給与の改正は、さいたま市で人事委員会が設立され、はじめての勧告に基づいて行われたものであります。しかし、その内容は、公務員関連の労働者のみならず、多くの民間労働組合からの強い反対にもかかわらず、過去最大の年収削減を押しつけた人事院の勧告を踏襲したもので、到底認められません。

 市の人事委員会の勧告は、月例給で1.1%、平均で4,885円の減、特別給で0.26か月、10万1,777円の減となり、この引き下げは公民格差を理由にしております。しかし、市人事委員会の報告でも、今年度の給与改定の状況はベースアップ中止が一般従業員で65%ですが、定期昇給実施は85%になり、賃金カット実施の事業所は1.3%に過ぎません。

 また、今春闘の民間調査機関の結果で、春闘共闘、連合、経団連でも、定昇込みで1.6から1.9%で、これらの結果から見ても、人事院の勧告の結果は民間の状況と比較しても突出した減になっているものであります。人事委員会の今回の勧告は、はじめに給与削減ありの数字のつじつま合わせと思わざるを得ない状況であります。

 第2に、今年もマイナスの遡及措置が行われております。これは、法律不遡及の原則に反するものと言わなければなりません。公務員の労働基本権制約の代表機関としての人事委員会の役割から見て、認められるものではありません。

 第3には、公務員給与を決定する最も重要な要素である生計費の原則が十分検討されていないことであります。

 人事院の調査でも、4人世帯の標準生計費は2,790円アップで、どの世帯構成でも大幅に生計費がアップしています。消費者物価指数の動向もマイナス0.1%であり、これらを考慮すると、今回の改正によって職員の生計費はますます苦しいことになります。

 遡及措置と期末手当等の減額、共済掛金の徴収が加わり、昨年度の12月期末勤勉手当87万5,000円と比較しても、今年度の手取りはおよそ23万円減となり、昨年の7割程度に落ち込むことになります。このような措置は到底認められません。

 日本の経済は、深刻な不況デフレの状況にあります。これからの脱却が課題になっているときに、人事院も市の人事委員会も民間の動向を正確に反映しないで給与引き下げの勧告を行ったことは、際限のない賃金引き下げの悪循環を加速させることになってしまいます。

 以上のことから、議案第166号については委員長報告に反対するものであります。

 以上です。(拍手起こる)



○長谷川浄意議長 青羽健仁議員

      〔青羽健仁議員登壇〕(拍手起こる)



◆青羽健仁議員 青羽でございます。私は議案第164号、165号、166号について、委員長報告に賛成の立場で討論を行います。

 まず、議案第164号並びに第165号につきましては、議員及び特別職の職員に対する期末手当の支給について引き下げを行おうとするものでありますが、職員とのバランスという観点からは妥当な改正であるとは考えております。

 しかしながら、質疑の中でも明らかになったように、他の政令市の議員に比較して、報酬の点では、さいたま市においては30%前後の格差があり、先ほど委員長報告の中でも指摘がされたとおり、総務委員会の意見として議員の報酬あるいは政務調査費等について、そのあり方につき、第三者機関である報酬審議会を早期に開催し、検討していただきたいということを強く要望申し上げておきたいと思います。

 いずれにいたしましても、議員報酬はその役務の対価でありまして、生活給ではないというところを十分考慮していただきたいと思うわけでございます。

 次に、166号については、反対討論の中で引き下げの根拠について触れられておりましたけども、マクロ経済の観点から、消費者物価指数の下落、地価の下落等、消費生活環境の変化を考えますと妥当な改正であると思いますし、不利益不遡及の原則に反するのではないかという指摘については、年間給与での均衡を図るとの考えに立ち、調整方法についても一定の改善がなされておりますので、このように理解をしております。

 次に、生計費への影響についての御指摘がございましたが、現下のマネーサプライや消費動向を考えますと、さほどの影響はないものと考えております。

 しかしながら、職員の勤労意欲に影響を及ぼさないよう、今後、成果主義、実績主義の導入を急ぎ、人事改革を推進していただくことを強く要望するところであります。

 以上で私の討論を終わります。(拍手起こる)



○長谷川浄意議長 以上で、通告による討論は終わりました。

 これで、討論を終結いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



△議案第164号の採決−可決



○長谷川浄意議長 次に移ります。

 これから、順次採決いたします。

 おはかりいたします。

 議案第164号「さいたま市議会の議員の報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について」は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○長谷川浄意議長 起立総員であります。

 よって、議案第164号は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第165号の採決−可決



○長谷川浄意議長 続いて、おはかりいたします。

 議案第165号「さいたま市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例及びさいたま市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○長谷川浄意議長 起立総員であります。

 よって、議案第165号は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第166号の採決−可決



○長谷川浄意議長 続いて、おはかりいたします。

 議案第166号「さいたま市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について」は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○長谷川浄意議長 起立多数であります。

 よって、議案第166号は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△教育市民委員長の互選結果報告及びあいさつ



○長谷川浄意議長 次に、休憩中に行われました教育市民委員会における委員長の互選結果について報告いたします。

 委員長に霜田紀子議員が選任されました。

 それでは、御登壇いただき、ごあいさつをお願いいたします。

      〔霜田紀子議員登壇〕(拍手起こる)



◎霜田紀子教育市民委員長 改めてごあいさつ申し上げます。さきの教育市民委員会におきまして御推挙いただきまして委員長になりました、自民党・彩政会の霜田紀子でございます。

 政令指定都市・さいたま市民の生活の向上と、また、文教都市・さいたま市のさらなる教育の発展のために、微力ではございますが努めてまいります。また、副委員長と力を合わせて円滑なる委員会運営に努力いたします。

 議員の皆様のさらなる御協力、そして御理解をお願い申し上げまして、私のごあいさつといたします。どうもありがとうございます。よろしくお願いいたします。(拍手起こる)



○長谷川浄意議長 以上で、教育市民委員会の委員長互選結果の報告並びにごあいさつを終わります。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○長谷川浄意議長 以上で、今臨時会の議事はすべて終了いたしました。

 この際、市長からあいさつのため発言を求められておりますので、これを許します。

 市長

      〔市長登壇〕



◎相川宗一市長 臨時会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 今議会に御提案いたしました諸議案につきましては、慎重なる御審議のうえ、4議案すべて原案のとおり御承認をいただき、深く感謝を申し上げます。

 開会のあいさつでも申し上げましたように、さいたま市の市政運営に当たりましては、今後も行財政改革を一層推進するとともに、限られた財源の効率的活用に努め、少子高齢化対策、都市基盤整備など、市民ニーズに的確に対応した各種施策を推進し、だれもが住んでよかった、住み続けたいと思える理想都市の実現に向け全力を傾注してまいりますので、引き続き議員の皆様のお力添えを賜りますようお願いを申し上げます。

 終わりに、12月定例市議会の開催も真近となっておりますが、議員の皆様におかれましては、今後とも御健勝にて御活躍されますよう御祈念申し上げ、閉会のあいさつといたします。

 ありがとうございました。(拍手起こる)

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議長あいさつ



○長谷川浄意議長 私からも、議会終了に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 11月臨時会の閉会に当たり、今臨時会では、議員各位には終始熱心に御審議をいただきまして、また、市長をはじめ執行部の皆様には、議案審査に大変御協力いただきましたことに、心から御礼を申し上げます。

 本市議会では、現在、政令指定都市にふさわしい議会運営のあり方について検討を進めておりますが、さいたま市としての将来像を見据え、よりよい議会運営に努めてまいりたいと考えておりますので、皆様の御理解、御協力をお願いをしたいと思います。

 はや立冬も過ぎ、日増しに寒さも増しているところでありますが、議員各位並びに執行部の皆様におかれましては、健康に十分御留意のうえ、市政進展と市民福祉の向上のために御理解くださいますように御期待申し上げましてあいさつといたします。

 ありがとうございました。(拍手起こる)

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○長谷川浄意議長 これで、平成15年11月臨時会を閉会いたします。

午後4時19分閉会

        −−−−−−−−−−−−−−−−