議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 さいたま市

平成15年  9月 定例会 09月22日−資料




平成15年  9月 定例会 − 09月22日−資料









平成15年  9月 定例会



               ◯議案付託表

                             平成15年9月定例会



委員会名
議案番号
件名


総務
議案第128号
平成15年度さいたま市一般会計補正予算(第3号)
 第1条 第1表 歳入歳出予算補正中
  歳入全般
  政策企画部の所管に属する歳出
  財政局の所管に属する歳出
 第3条 第3表 地方債補正


議案第135号
さいたま市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について


議案第136号
さいたま市恩給条例の一部を改正する条例の制定について


議案第141号
さいたま市消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について


議案第146号
さいたま市土地開発公社の定款変更について


教育市民
議案第150号
(仮称)プラザウエスト建設(建築)工事請負契約について


議案第151号
(仮称)プラザウエスト建設(電気設備)工事請負契約について


議案第152号
(仮称)プラザウエスト建設(空調設備)工事請負契約について


議案第153号
(仮称)プラザウエスト建設(機械設備)工事請負契約について


環境経済
議案第128号
平成15年度さいたま市一般会計補正予算(第3号)
 第1条 第1表 歳入歳出予算補正中
  環境経済局の所管に属する歳出
 第2条 第2表 継続費補正


議案第139号
さいたま市と畜場条例の一部を改正する条例の制定について


議案第143号
一般廃棄物最終処分場閉鎖(土木)工事請負契約について


保健福祉
議案第128号
平成15年度さいたま市一般会計補正予算(第3号)
 第1条 第1表 歳入歳出予算補正中
  保健福祉局の所管に属する歳出


議案第129号
平成15年度さいたま市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)


議案第130号
平成15年度さいたま市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)


議案第137号
さいたま市心身障害者扶養共済制度条例及びさいたま市児童災害見舞金支給条例の一部を改正する条例の制定について


議案第138号
さいたま市と畜法施行条例の一部を改正する条例の制定について


議案第142号
さいたま市児童養護施設(仮称)建設(建築)工事請負契約について


建設水道
議案第128号
平成15年度さいたま市一般会計補正予算(第3号)
 第1条 第1表 歳入歳出予算補正中
  建設局の所管に属する歳出


議案第131号
平成15年度さいたま市下水道事業特別会計補正予算(第2号)


議案第140号
さいたま市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例の制定について


議案第144号
蓮沼調整池築造工事請負契約について


議案第145号
埼玉県道路公社の新見沼大橋有料道路の料金の一部の変更の同意について


議案第147号
市道路線の認定について


議案第148号
市道路線の廃止について



               ◯請願文書表

                             平成15年9月定例会

              ┌────┬────┐

              │ 付託 │教育市民│

              │委員会名│    │

              └────┴────┘



請願番号
受理年月日
件名及び請願者住所・氏名
要旨
紹介議員氏名


41
平15・8・27
JR大宮駅西口駅前付近における放置自転車の対策に関する請願書

大宮区桜木町2-462
桜木地区自治会連合会
会長 秦 哲美
要旨
 この件について、別紙のとおり請願署名書を添えて請願いたします。請願事項は次のとおりです。
1 放置自転車監視員を、平日だけでなく、土曜日、日曜日、祝日にも配置して連日厳しく監視し、放置自転車の取締りを強化してください。
2 自転車駐車場について、つぎの何れかの方策を講じて拡充してください。
 (1) 大栄橋錦町自転車駐車場を拡張してください。
 (2) 埼玉県信用金庫大宮西支店の北側にある市有地に自転車駐車場を設置してください。
理由
 JR大宮駅西口駅前や周辺道路の歩道は、放置自転車によって占拠され、通行者の安全性、快適性、街の景観が著しく阻害され市民生活に支障をきたしています。
 土曜日・日曜日・祝日になると、特に駅前は放置自転車の数が激増し、通行することが一層困難な状況になっています。
 桜木地区自治会連合会は、放置自転車対策の一環として、マナーの啓発に努めていますが、放置自転車の大部分が桜木地区以外の居住者の者であるため、成果があがらない現状にあります。
 歩行者・車椅子・視力障害者の通行の安全性確保と街の景観保持のために、放置自転車の一掃は急務の課題であります。
 特段のご配慮を賜りますようお願いいたします。
田中通之
我妻京子


42
 
義務教育費国庫負担制度の堅持を求める件

大宮区吉敷町4-93-5
さいたま市教職員組合
執行委員長
   前島英男
請願要旨
 学校事務職員・栄養職員をはじめ教職員の給与費半額国庫負担などの義務教育費国庫負担制度を堅持することについて国及び関係行政機関に対し、意見書を提出していただきたい。
請願理由
 義務教育費国庫負担制度は、憲法26条の義務教育無償の原則にもとづき、教育の機会均等とその水準の維持向上を図ることを目的としてつくられた制度です。
 しかし、国は、これまでの財源難を理由に、この制度から教材費・旅費を除外し(1985年)、共済費・恩給費も除外(1989年)してきました。さらに学校事務職員・栄養職員の給与費の国庫負担(半額)についても、1984年以来除外の対象として検討し続けています。さらに中央教育審議会で答申された「教職員定数枠の撤廃」により学校事務職員・栄養職員の削減が危惧されています。また、「学級編成基準の弾力化」は教職員人件費の国庫負担原則を崩す突破口にもなりかねません。
 いうまでもなく、学校教育は、学校に働くすべての教職員の協力・共同によって成り立つものです。学校教育に重要な役割を担っている学校事務職員・栄養職員をはじめ、教職員の給与費を除外することは、制度そのものを否定することにつながる重大な問題です。同時に、もしも、そのようなことが行われるのならば、結果として地方自治体の財政を混乱・圧迫させ、憲法・教育基本法の理念に反するものになることは明白です。
 貴議会が、憲法・教育基本法にもとづき、ゆきとどいた教育をすべての子どもたちに保障する立場から、本請願を採択の上、国及び関係行政官庁に対して意見書を提出されるよう強く要請いたします。
請願事項
 学校事務職員・栄養職員をはじめ教職員の給与費半額国庫負担などの義務教育費国庫負担制度を堅持することについて国及び関係行政機関に対し、意見書の提出をすること。
我妻京子
鳥海敏行


43
 
子どもの願いを大切にし、豊かな教育をすすめるために教育基本法を変えるのではなく、いまこそ学校や社会に生かすことを求める請願

大宮区宮町3-18
新日本婦人の会大宮支部
支部長
   佐藤圭子
 いま、子どもたちは「勉強がわかるようになりたい」「友達と一緒に楽しくすごしたい」と願いながらも、競争と管理の教育や深刻な社会状況の中で苦しみ、その思いをさまざまな形で表現し、訴えています。
 子育てに悩む親たちや、多くの市民が「いまの教育をよくしたい」「子どもたちが生き生きと学べる学校にしたい」と望んでいます。
 そんな時、文部科学大臣が「教育基本法の見直し」を中央教育審議会に諮問しました。
 しかし子どもたちが学習でつまづいたり、さまざまな問題をおこしたりするのは、教育基本法に欠陥があるからでしょうか。教育基本法を変えれば解決の道が開けるのでしょうか。
 私たちは平和で民主的な日本をつくることを定めた憲法と、その理想を実現するために教育の目的や方針を定めた教育基本法の精神が、学校教育や社会にきちんと生かされてこなかったことこそ、基本的な要因であると考えます。中央教育審議会の委員の中からも、「問題は基本法に書いてあることが、行われてこなかったことだ」という意見も出されています。また多くのマスコミからも、「『見直し』は慎重にすべし」「教育基本法の改定は憲法『改正』への道を開く政治的意図がある」と指摘されています。
 日本の国民は戦争への深い反省にたって、憲法の下に二度と戦争をしないことをちかい、平和な社会をめざしてきました。また、教育基本法や子どもの権利条約をよりどころに、すべての子どもたちが教育を受ける権利を保障され、平和で民主的な社会の担い手として育つことを願って努力してきました。いま子どもたちが安心して学校に通い、のびのび勉強し、個性を開花させることができるように、授業料など教育費の負担軽減や少人数学級の実施などをすすめることこそが求められています。
 そのためには、いまこそ教育基本法を生かして、国が教育予算を増やし、教職員と父母・市民が協力してよりよい学校をつくっていくことこそ必要ではないでしょうか。
 そのために、地方自治法第124条の規定により、請願します。
1 子どもたちや国民の声を尊重し、「教育基本法を学校や社会にしっかり生かす施策」をすすめていただくよう国に意見書を提出してください。
神田義行
山中信一



              ┌────┬────┐

              │ 付託 │保健福祉│

              │委員会名│    │

              └────┴────┘



請願番号
受理年月日
件名及び請願者住所・氏名
要旨
紹介議員氏名


44
平15・8・27
乳幼児医療費無料化制度を活用しやすいよう、所得制限、一部負担をなくしてください

浦和区仲町2-14-11
新日本婦人の会浦和支部
支部長
  東山寿美子
 乳幼児医療費の助成で日ごろからご尽力いただいていることに感謝します。
 先の見えない不況、リストラや賃下げ、医療費本人負担増などで若い世代の家計はますます厳しさを増し、乳幼児医療費の無料化の願いはいっそう切実となっています。子どもは病気にかかりやすく、抵抗力が弱いため重症化する心配も多く、病気の早期発見・早期治療を支える環境が非常に大切です。また、ひとりの女性が生涯に生む子どもの数が、全国平均1.34人と低下し過去最高を更新し続けている現在、乳幼児医療費無料化制度を活用しやすくすることは「少子化」対策・子育て支援として重要です。
 さいたま市が実施している乳幼児医療費無料化制度は、就学前まで拡充され、窓口払いも撤廃されたことで、安心して気軽に病院にかかれると大変よろこばれています。一方、所得制限・入院給食費の一部負担が導入され、制限の活用ができなくなる子がでています。「所得制限があるために有料になって大変」「親の収入にかかわりなく、どの子も制度の活用ができるようにしてほしい」の切実な声にこたえて、乳幼児医療費無料化制度の所得制限、一部負担をなくしてください。
加川義光
山城屋せき


45
国保への国庫負担の割合を増やすよう、国へ要望する件

浦和区北浦和1-2-1
さいたま市社会保障推進協議会
会長 荒川常男
 貴職におかれましては、市民のため平素福祉にご尽力いただいていることに敬意を表します。
 引き続く長期の不況で、低所得・不安定階層(就労の不安定、老後・病気時の不安定)の人は、いま国民の4割という状況となっています。
 昨年値上げされた国保税は、そういう人々に「払いたくても払えない」重いものとなっています。
 国保は、低所得・不安定階層を多く含む制度として、国庫の負担なしには成り立たないものとなっています。
 国保収入に占める国庫負担の割合は、1979年の64%から昨年度の34%と、30%も削減されています。
 国保制度を健全なものとするため、以下のことを請願します。
請願項目
 国保への国庫負担の割合を増やすことを、国に要望してください。
山崎 章
戸島義子



               ◯委員会審査結果報告書

                委員会審査結果報告書

                             平成15年9月定例会



委員会名
議案
      番号
請願
件名
審査結果


総務
議案第128号
平成15年度さいたま市一般会計補正予算(第4号)
 第1条 第1表 歳入歳出予算補正中
  歳入全般
  政策企画部の所管に属する歳出
  財政局の所管に属する歳出
原案可決


議案第135号
さいたま市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第136号
さいたま市恩給条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第141号
さいたま市消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第146号
さいたま市土地開発公社の定款変更について
原案可決


教育市民
議案第150号
(仮称)プラザウエスト建設(建築)工事請負契約について
原案可決


議案第151号
(仮称)プラザウエスト建設(電気設備)工事請負契約について
原案可決


議案第152号
(仮称)プラザウエスト建設(空調設備)工事請負契約について
原案可決


議案第153号
(仮称)プラザウエスト建設(機械設備)工事請負契約について
原案可決


請願第41号
JR大宮駅西口駅前付近における放置自転車の対策に関する請願書
取り下げ


請願第42号
義務教育費国庫負担制度の堅持を求める件
不採択


請願第43号
子どもの願いを大切にし、豊かな教育をすすめるために教育基本法を変えるのではなく、いまこそ学校や社会に生かすことを求める請願
不採択


環境経済
議案第128号
平成15年度さいたま市一般会計補正予算(第4号)
 第1条 第1表 歳入歳出予算補正中
  環境経済局の所管に属する歳出
 第2条 第2表 継続費補正
原案可決


議案第139号
さいたま市と畜場条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第143号
一般廃棄物最終処分場閉鎖(土木)工事請負契約について
原案可決


保健福祉
議案第128号
平成15年度さいたま市一般会計補正予算(第4号)
 第1条 第1表 歳入歳出予算補正中
  保健福祉局の所管に属する歳出
原案可決


議案第129号
平成15年度さいたま市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
原案可決


議案第130号
平成15年度さいたま市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
原案可決


議案第137号
さいたま市心身障害者扶養共済制度条例及びさいたま市児童災害見舞金支給条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第138号
さいたま市と畜場法施行条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第142号
さいたま市児童養護施設(仮称)建設(建築)工事請負契約について
原案可決


請願第44号
乳幼児医療費無料化制度を活用しやすいよう、所得制限、一部負担をなくしてください
不採択


請願第45号
国保への国庫負担の割合を増やすよう、国へ要望する件
不採択


建設水道
議案第128号
平成15年度さいたま市一般会計補正予算(第4号)
 第1条 第1表 歳入歳出予算補正中
  建設局の所管に属する歳出
原案可決


議案第131号
平成15年度さいたま市下水道事業特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議案第140号
さいたま市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第144号
蓮沼調整池築造工事請負契約について
原案可決


議案第145号
埼玉県道路公社の新見沼大橋有料道路の料金の一部の変更の同意について
原案可決


議案第147号
市道路線の認定について
原案可決


議案第148号
市道路線の廃止について
原案可決



          ◯議員派遣の件

   議員派遣の件

                             平成15年9月22日

 次のとおり議員を派遣する。

                  記

◯アメリカ合衆国行政視察及びメキシコ合衆国・トルーカ市姉妹都市訪問

(1)目的    アメリカ合衆国・ロサンゼルス市等の先進行政事例視察並びに姉妹都市提携25周年記念となるメキシコ合衆国・トルーカ市の友好訪問により、市政の進展に寄与する。

(2)派遣場所  アメリカ合衆国・ロサンゼルス市及びサンタモニカ市並びにメキシコ合衆国・トルーカ市

(3)期間    平成15年10月18日(土)〜10月26日(日)

(4)派遣議員  長谷川浄意議員、田中通之議員、佐伯鋼兵議員

         野口吉明議員、青羽健仁議員、斎藤建二議員

         秋本清一議員、萩原章弘議員