議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 さいたま市

平成15年  6月 定例会 06月11日−01号




平成15年  6月 定例会 − 06月11日−01号









平成15年  6月 定例会



          ◯招集告示

さいたま市告示第511号

  平成15年さいたま市議会6月定例会を次のとおり招集する。

   平成15年6月4日

                  さいたま市長  相川宗一

 1 招集する期日  平成15年6月11日

 2 招集する場所  さいたま市議会議事堂

        −−−−−−−−−−−−−−−−

          ◯応招・不応招議員

平成15年6月定例会

  応招議員   64名

     1番  帆足和之     2番  日下部伸三

     3番  新藤信夫     4番  長谷川浄意

     5番  輿水恵一     6番  上三信 彰

     7番  高木真理     8番  添野ふみ子

     9番  傳田ひろみ   10番  土井裕之

    11番  細川邦子    12番  戸島義子

    13番  関根信明    14番  萩原章弘

    15番  高橋 良    16番  秋本清一

    17番  土橋貞夫    18番  今城容子

    19番  今村都代子   20番  高柳俊哉

    21番  神崎 功    22番  岡 真智子

    23番  沢田 力    24番  山中信一

    25番  山城屋せき   26番  吉山 悟

    27番  芳賀義宜    28番  長谷川和久

    29番  細沼武彦    30番  霜田紀子

    31番  日浦田 明   32番  霜田雅弘

    33番  田中通之    34番  松崎良一

    35番  松本敏雄    36番  斎藤建二

    37番  神田義行    38番  鳥海敏行

    39番  関根隆俊    40番  真取正典

    41番  武笠光明    42番  中山欽哉

    43番  青羽健仁    44番  高橋勝頼

    45番  花岡能理雄   46番  野口吉明

    47番  中神健一    48番  沢田哲夫

    49番  森永留美子   50番  加川義光

    51番  我妻京子    52番  清水賢一

    53番  鶴崎敏康    54番  佐伯鋼兵

    55番  青木一郎    56番  清宮義正

    57番  福島正道    58番  石塚 眞

    59番  田口邦雄    60番  千葉晴夫

    61番  近藤 豊    62番  山崎 章

    63番  川上正利    64番  吉田 太

  不応招議員  なし

平成15年

      さいたま市議会会議録

6月11日

                         平成15年6月定例会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第1日

平成15年6月11日(水曜日 午前10時開会)

本日の議事日程(第1号)

 第1 開会

 第2 開議

 第3 会議録署名議員の指名

 第4 会期の決定

 第5 議席の指定

 第6 議席の一部変更

 第7 常任委員の選任

 第8 諸報告

 第9 市長提出議案の上程

    (議案第113号〜第125号)

 第10 市長あいさつ

 第11 議案説明

 第12 議案に対する質疑

 第13 専決議案の討論・採決

     (議案第113号、第114号)

 第14 議案の委員会付託

 第15 請願の上程及び委員会付託

     (議案第29号〜第40号)

 第16 散会

        −−−−−−−−−−−−−−−−

本日の出席議員   62名

     2番  日下部伸三    3番  新藤信夫

     4番  長谷川浄意    5番  輿水恵一

     6番  上三信 彰    7番  高木真理

     8番  添野ふみ子    9番  傳田ひろみ

    10番  土井裕之    11番  細川邦子

    12番  戸島義子    13番  関根信明

    14番  萩原章弘    15番  高橋 良

    16番  秋本清一    17番  土橋貞夫

    18番  今城容子    19番  今村都代子

    20番  高柳俊哉    21番  神崎 功

    22番  岡 真智子   23番  沢田 力

    24番  山中信一    25番  山城屋せき

    26番  吉山 悟    27番  芳賀義宜

    28番  長谷川和久   29番  細沼武彦

    30番  霜田紀子    31番  日浦田 明

    32番  霜田雅弘    33番  田中通之

    34番  松崎良一    35番  松本敏雄

    36番  斎藤建二    37番  神田義行

    38番  鳥海敏行    40番  真取正典

    41番  武笠光明    42番  中山欽哉

    43番  青羽健仁    44番  高橋勝頼

    45番  花岡能理雄   46番  野口吉明

    47番  中神健一    48番  沢田哲夫

    49番  森永留美子   50番  加川義光

    51番  我妻京子    52番  清水賢一

    53番  鶴崎敏康    54番  佐伯鋼兵

    55番  青木一郎    56番  清宮義正

    57番  福島正道    58番  石塚 眞

    59番  田口邦雄    60番  千葉晴夫

    61番  近藤 豊    62番  山崎 章

    63番  川上正利    64番  吉田 太

   欠席議員   2名

     1番  帆足和之    39番  関根隆俊

職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名

 議会事務局長    安藤三千男  議会事務局     小池宏明

                  総括参事

 議会事務局     渡辺 收   議会事務局参事   大川晴久

 企画監              議事調査課長

                  事務取扱い

 議事調査課     荒井誠一   議事調査課     新井昭彦

 主幹               副主幹

 議事調査課     金子照夫

 主査

地方自治法第121条の規定による説明のための出席者

 市長        相川宗一   助役        岩木 浩

 助役        内藤尚志   助役        萩尾隆吉

 収入役       福田輝夫   水道事業      作山泰彦

                  管理者

 教育委員会     飯島 昭   選挙管理委員会   早坂八郎

 委員長              委員長

 人事委員会     北條神一郎  代表監査委員    石塚紀男

 委員長

 農業委員会     島崎清一   教育長       臼杵信裕

 会長

 理事        小宮義夫   総務局長      立石松美

(政策企画担当)

 財政局長      中村正彦   市民局長      大塚英男

 保健福祉局長    磯部光彦   環境経済局長    木内一好

 都市局長      浅子 進   建設局長      冨山徳一

 市立病院長     遠藤昌夫   市立病院      渡部圭彬

                  事務局長

 消防局長      金山信孝   選挙管理委員会   粕谷文彦

                  事務局長

 人事委員会     村田昌造   監査事務局長    山崎正夫

 事務局長

 農業委員会     大木秀志

 事務局長

午前10時0分開会

  出席議員   62名

     2番   3番   4番   5番   6番   7番

     8番   9番  10番  11番  12番  13番

    14番  15番  16番  17番  18番  19番

    20番  21番  22番  23番  24番  25番

    26番  27番  28番  29番  30番  31番

    32番  33番  34番  35番  36番  37番

    38番  40番  41番  42番  43番  44番

    45番  46番  47番  48番  49番  50番

    51番  52番  53番  54番  55番  56番

    57番  58番  59番  60番  61番  62番

    63番  64番

  欠席議員    2名

     1番  39番



△開会と開議の宣告



○長谷川浄意議長 ただいまから、平成15年6月定例会を開会いたします。

 直ちに、本日の会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○長谷川浄意議長 まず、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第81条の規定により、議長から指名いたします。

 上三信 彰議員

 高木真理議員

 添野ふみ子議員

 以上3名の方にお願いいたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○長谷川浄意議長 次に、会期の決定を議題といたします。

 おはかりいたします。

 今期定例会の会期は、本日から6月27日まで、17日間といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○長谷川浄意議長 御異議なしと認めます。

 よって、会期は17日間と決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議席の指定



○長谷川浄意議長 次に、去る5月28日付けで繰り上げ当選されました森永留美子議員並びに去る6月10日付けで繰り上げ当選されました沢田哲夫議員の議席の指定を行います。

 会議規則第4条の規定により、議長において指定いたします。

 森永留美子議員を49番に、沢田哲夫議員を48番に指定いたします。

 ここで、自己紹介をお願いいたします。

 はじめに、森永留美子議員、お願いいたします。



◆森永留美子議員 ただいま御紹介にあずかりました、5月28日付けで繰り上げ当選いたしました、中央区選出、無所属の森永留美子です。よろしくお願いいたします。(拍手起こる)



○長谷川浄意議長 ありがとうございました。

 続きまして、沢田哲夫議員、お願いいたします。



◆沢田哲夫議員 西区の沢田哲夫と申します。よろしくお願い申し上げます。(拍手起こる)



○長谷川浄意議長 ありがとうございました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議席の一部変更



○長谷川浄意議長 次に、議席の一部変更の件を議題といたします。

 おはかりいたします。

 議員の所属会派の移動に伴い、お手元に配付しておきました議席表のとおり、議席の一部を変更いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○長谷川浄意議長 御異議なしと認めます。

 よって、議席表のとおり、議席の一部を変更することに決定いたしました。

 それでは、ただいまから、決定いたしました議席にそれぞれお着き願います。

      〔議席に着く〕

〔参照〕

  2番  日下部伸三議員 1番へ

  3番  新藤信夫議員  2番へ

  17番  土橋貞夫議員  3番へ

  48番  沢田哲夫議員  8番へ

  1番  帆足和之議員  10番へ

  39番  関根隆俊議員  11番へ

  18番  今城容子議員  17番へ

  19番  今村都代子議員 18番へ

  20番  高柳俊哉議員  19番へ

  11番  細川邦子議員  20番へ

  10番  土井裕之議員  21番へ

  49番  森永留美子議員 23番へ

  27番  芳賀義宜議員  26番へ

  28番  長谷川和久議員 27番へ

  29番  細沼武彦議員  28番へ

  30番  霜田紀子議員  29番へ

  31番  日浦田 明議員 30番へ

  32番  霜田雅弘議員  31番へ

  33番  田中通之議員  32番へ

  36番  斎藤建二議員  33番へ

  23番  沢田 力議員  34番へ

  8番  添野ふみ子議員 36番へ

  43番  青羽健仁議員  39番へ

  26番  吉山 悟議員  43番へ

  34番  松崎良一議員  48番へ

  21番  神崎 功議員  49番へ

  58番  石塚 眞議員  57番へ

  59番  田口邦雄議員  58番へ

  60番  千葉晴夫議員  59番へ

  61番  近藤 豊議員  60番へ

  57番  福島正道議員  61番へ

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員の選任



○長谷川浄意議長 次に、常任委員の選任の件を議題といたします。

 おはかりいたします。

 委員会条例第8条第1項の規定により、森永留美子議員を都市開発委員会委員に、沢田哲夫議員を教育市民委員会委員にそれぞれ指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○長谷川浄意議長 御異議なしと認め、森永留美子議員を都市開発委員会委員に、沢田哲夫議員を教育市民委員会委員にそれぞれ選任することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



△議員辞職の報告



○長谷川浄意議長 この際、報告いたします。

 はじめに、去る5月28日、河野正議員から議員を辞職したい旨の願い出がありましたので、地方自治法第126条の規定により、5月29日をもってこれを許可いたしましたから、報告いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△専決処分の報告



○長谷川浄意議長 次に、市長から専決処分の報告がありましたので、お手元に配付しておきましたので、御了承願います。

〔参照〕−専決処分の報告−

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△平成14年度各種繰越計算書の報告



○長谷川浄意議長 次に、市長から平成14年度各種繰越計算書の報告がありましたので、お手元に配付しておきましたので、御了承願います。

〔参照〕 報告第13号 平成14年度さいたま市継続費繰越計算書、繰越明許費繰越計算書及び事故繰越し繰越計算書について

     報告第14号 平成14年度さいたま市水道事業会計予算繰越計算書について

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△監査並びに例月現金出納検査結果報告



○長谷川浄意議長 次に、例月現金出納検査並びに監査の結果について監査委員から報告がありましたので、お手元に配付しておきましたので、御了承願います。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情の報告



○長谷川浄意議長 次に、今回提出されました陳情につきましては、お手元に陳情文書表を配付しておきましたので、御了承願います。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△出席理事者の報告



○長谷川浄意議長 次に、地方自治法第121条の規定により、市長ほか理事者の出席を求めておきましたので、御了承願います。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△市長提出議案の一括上程



○長谷川浄意議長 次に、市長から提出された議案第113号から第125号を一括して議題といたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○長谷川浄意議長 この際、市長からあいさつのため発言を求められておりますので、これを許します。

 市長

      〔市長登壇〕



◎相川宗一市長 6月定例会の開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 本日は、さいたま市議会6月定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様には、御多用の折にもかかわらず、御健勝にて御参集をいただき、厚くお礼を申し上げます。

 さきの臨時議会におきまして、さいたま市議会の新たな組織体制が確定され、本日ここに、政令指定都市となってはじめてとなる定例会の開会を迎えられますことは、誠に喜ばしい限りでございます。

 さて、6月4日に、政令指定都市移行記念事業として開催いたしました「さいたまシティカップ」は、新型肺炎、いわゆる重症急性呼吸器症候群(SARS)対策等の困難を乗り越えて開催をすることができ、「サッカーのまち・さいたま市」を広くPRする機会となったところでございます。

 政令指定都市移行から既に2か月余りを経過いたしましたが、市民の皆様に対する行政サービスの提供、また各種事務事業の執行等は、本庁、区役所ともに順調に進展いたしております。

 この間、それぞれの区の特色を生かし、大盆栽まつり、バラまつり、うなぎまつり等のイベントが市内各所で行われ、多くの市民の皆様の御参加をいただいたところでございます。

 また、新たな施策といたしましては、各区役所への「フロアアドバイザー」の配置、市内62郵便局を活用した「ワンストップ・サービス」の実施、「さいたま市記念総合体育館」のオープン、あるいは「新浦和橋」の無料開放など、市民サービスの向上に努めてまいりました。

 さらに、本年7月には、区民会議の設置を予定しております。この区民会議は、各区の行政運営におきまして、市民参画のステージを整え、市民と行政との協働(コラボレーション)による、特色ある区行政運営を目指す地方自治の先駆的な取組みであり、市といたしまして、「新たな市民像の確立」に向けた第一歩を踏み出してまいりたいと考えております。

 次に、岩槻市との合併につきましては、6月3日に「さいたま市・岩槻市任意合併協議会設立準備会」を開催するなど、今後、早期の協議会設置に向けた取組みを予定しているところであり、今議会におきまして、任意の協議会設置に向けた補正議案を提出させていただいたところでございます。

 次に、本市の行財政運営につきましては、既に策定済みの「総合振興計画基本構想」「保健福祉総合計画」など保健福祉関連6計画、「公共施設適正配置方針」、今後策定を予定している「総合振興計画基本計画及び実施計画」等に基づき、計画的に行うこととしておりますが、さらに本年度から本格的に導入いたします「事務事業評価システム」が連動することにより、より効率的・効果的な行財政運営の展開が図れるものと考えております。

 一方、現在、国から地方への税源移譲、国庫補助負担金の廃止・縮減、地方交付税の改革を同時に進める「三位一体改革」をめぐる議論がございます。これは、地方自治体にとり大きな問題であることから、八都県市首脳会議や政令指定都市サミットにおいて共同アピールを採択し、国に対し要請してまいりましたが、今後とも、他の地方団体等と連携し、適切に対応してまいりたいと考えております。

 このような時代背景のもと、今、さいたま市が取り組むべきことは、健全なる行財政基盤の確立や市民参画による分権型社会にふさわしい確かな受け皿づくりであると考えております。明日の時代に先駆けたさいたま市を目指し、今後とも全力を傾注してまいりますので、議員各位におかれましても、さらなる御支援、御協力を賜りますようお願いを申し上げます。

 さて、今議会に提出いたしました議案は13件でございます。

 条例議案といたしましては、「さいたま市区の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」等6件、市道路線の認定、廃止、変更にかかわる議案が3件でございます。

 補正予算といたしましては、一般会計補正予算が1件、特別会計補正予算について、老人保健事業特別会計及び競輪事業特別会計予算の繰上充用にかかわる専決処分の報告及び承認を求める議案が2件、また、下水道事業特別会計補正予算が1件となっております。

 何とぞ、慎重なる御審議のうえ、全議案について御承認をいただきますようお願いを申し上げまして、開会に当たってのあいさつといたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案説明



○長谷川浄意議長 次に、議案の朗読を省略させていただき、直ちに議案の説明を求めます。

 岩木助役

      〔岩木助役登壇〕



◎岩木浩助役 助役の岩木でございます。

 予算議案関連につきましては、後ほど財政局長から御説明申し上げますので、私からは条例議案及び道路議案につい説明をさせていただきます。

 それでは、議案書の1ページをお願いいたします。

 議案第117号「さいたま市区の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」でございます。

 本議案は、さいたま新都心土地区画整理事業の換地処分による町字の変更に伴い、大宮区、中央区及び浦和区の区域に関し、規定の整備を行うものでございます。

 なお、施行期日は公布の日とするものでございます。

 続きまして、議案書の2ページをお願いいたします。

 議案第118号「さいたま市農業委員会の委員の定数等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」でございます。

 本議案は、さいたま新都心土地区画整理事業の換地処分による町字の変更に伴い、選挙による農業委員の選挙区についての整備を行うものでございます。

 なお、施行期日は公布の日とするものでございます。

 続きまして、議案第119号「さいたま市市税条例の一部を改正する条例の制定について」でございます。

 本議案は、地方税法の一部改正に伴い、所要の改正を行うものでございます。

 主な内容といたましては、第1点は、個人市民税関係でございまして、上場株式等の配当所得及び譲渡所得に関し、納税義務者が申告した場合の課税の特例を設けるものでございます。

 第2点は、軽自動車税関係でございまして、軽自動車税に係る申告書の様式が統一され、地方税法施行規則に定められたことにより、関係条文を整備するものでございます。

 第3点は、市たばこ税関係でございまして、本年7月1日より、市たばこ税の税率を1,000本につき309円の引上げを行うものでございます。

 なお、施行期日は平成15年7月1日等とするものでございます。

 続きまして、議案書の12ページをお願いいたします。

 議案第120号「さいたま市事務手数料条例の一部を改正する条例の制定について」でございます。

 本議案は、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の施行に伴い、従来許可制であった鳥獣の飼養が登録制となったため、事務手数料に関する用語の整備を行うものでございます。

 なお、施行期日は公布の日とするものでございます。

 続きまして、議案第121号「さいたま市給水条例の一部を改正する条例の制定について」でございます。

 本議案は、水道料金の納入の促進等を目的として設けられていた遅収料金制度に関し、所期の目的が達成されるとともに、平成13年4月から施行されている消費者契約法との整合性を確保するため、同制度を廃止するものでございます。

 なお、施行期日は公布の日とするものでございます。

 続きまして、議案書の14ページをお願いいたします。

 議案第122号「市道路線の認定について」、議案第123号「市道路線の廃止について」及び議案第124号「市道路線の変更について」でございます。

 この3議案につきましては、いずれも道路法第8条第2項及び同法第10条3項の規定に基づき議会の議決を求めるものでございまして、今回認定する市道路線が35路線、廃止する市道路線は5路線、変更する市道路線は2路線でございます。

 続きまして、追加送付の議案書の1ページをお願いいたします。

 議案第125号「さいたま市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」でございます。

 本議案は、さいたま市桜消防署の移転に伴い、同署の位置の変更を行うものでございます。

 なお、施行期日は平成15年8月1日とするものでございます。

 以上で私からの説明を終わります。よろしくお願いを申し上げます。



○長谷川浄意議長 財政局長

      〔財政局長登壇〕



◎中村正彦財政局長 引き続きまして、予算関係につきまして御説明を申し上げます。

 御配付いたしました、別冊「さいたま市一般会計・特別会計補正予算及び補正予算説明書」を御覧をいただきます。

 まず、はじめに、議案第113号「専決処分の報告及び承認を求めることについて」、御説明を申し上げます。

 恐れ入りますが、議案書の7ページをお開きをいただきます。

 「平成15年度さいたま市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)」でございます。

 本件につきましては、平成14年度決算見込みにおいて収支不足が見込まれましたことから、緊急に平成15年度の歳入を繰り上げてこれに充てるべく、5月27日付けをもちまして、地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分を行ったものでございます。

 第1条におきまして、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ6億363万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を617億8,263万5,000円といたすものでございます。

 事項別明細書により歳入予算から御説明を申し上げますので、14ページをお開きをいただきます。

 2款国庫支出金、1項国庫負担金、1目医療費負担金、及び3款県支出金、1項県負担金、1目医療費負担金は、いずれも平成14年度分の医療費等の確定に伴う精算金でございます。

 続きまして、歳出予算について御説明を申し上げますので、16ページをお開きをいただきます。

 3款諸支出金、1項、1目償還金につきましては、平成14年度社会保険診療報酬支払い基金への償還金を計上いたしてございます。

 次に、5款、1項、1目繰上充用金につきましては、本会計の平成14年度決算見込額が、歳入では594億7,485万3,000円、歳出では599億4,983万2,000円、差し引き4億7,497万9,000円の不足が見込まれることから、不足額の繰上充用をお願いするものでございます。

 続きまして、議案第114号「専決処分の報告及び承認を求めることについて」御説明を申し上げます。

 23ページをお開きをいただきます。

 「平成15年度さいたま市競輪事業特別会計補正予算(第1号)」でございます。

 本件につきましては、平成14年度決算見込みにおいて収入不足が見込まれましたことから、緊急に平成15年度の歳入を繰り上げてこれに充てるべく、5月27日付けをもちまして、地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分を行ったものでございます。

 第1条におきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ2億192万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を53億9,792万3,000円といたすものでございます。

 歳入予算から御説明を申し上げますので、30ページをお開きをいただきます。

 1款、1項競輪事業収入、1目事業収入につきましては、勝者投票券発売収入等でございます。

 3款諸収入、2項、1目雑入は、従業員雇用保険の還付金でございます。

 次に、歳出予算につきまして御説明を申し上げますので、32ページを御覧をいただきます。

 1款、1項競輪事業費、2目事業費につきましては、勝者投票券払戻金等に要する経費でございます。

 また、4款、1項、1目繰上充用金につきましては、本会計の平成14年度決算見込額が、歳入では43億2,240万9,000円、歳出では43億8,619万円、差し引き6,378万1,000円の不足が見込まれますことから、不足額の繰上充用をお願いしたものでございます。

 続きまして、議案第115号「平成15年度さいたま市一般会計補正予算(第1号)」につきまして御説明を申し上げます。

 恐れ入りますが、37ページを御覧をいただきます。

 第1条におきまして、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ5,253万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を3,335億5,253万7,000円といたすものでございます。

 内容につきましては、後ほど事項別明細書により御説明を申し上げます。

 第2条継続費の補正につきましては、別表により御説明を申し上げます。

 39ページをお開きをいただきます。

 第2表継続費補正でございますが、(仮称)プラザウエスト建設事業につきましては、いわゆる談合等の情報により入札が延期になり、平成14年度設定の債務負担行為の効力が失効したため、新たに継続費の設定をお願いするものでございます。

 46ページをお開きをいただきます。

 はじめに、歳入予算から御説明を申し上げます。

 19款、1項、1目繰越金は、前年度繰越金でございます。

 次に、20款諸収入、6項、4目雑入は、美術展開催に伴う入場料収入でございます。

 続きまして、歳出予算につきまして御説明を申し上げます。

 48ページをお開きをいただきます。

 2款総務費、2項企画費、1目企画総務費につきましては、市のイメージアップ事業として、芸能人の絵画等を集めた美術展の開催に要する経費及び合併対策事業として任意の協議会を設置する経費を計上いたしてございます。

 また、8款土木費、5項、1目市街地再開発事業費につきましては、浦和駅西口南第三地区市街地再開発事業にかかわる田島大牧線の整備に伴い、代替駐輪場を確保するため、駐輪場の暫定整備経費を計上いたしてございます。

 以上で一般会計の歳入歳出の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、55ページをお開きをいただきます。

 議案第116号「平成15年度さいたま市下水道事業特別会計補正予算(第1号)」でございますが、第1条で継続費の設定でございます。

 別表により御説明を申し上げますので、56ページをお開きをいただきます。

 別表 継続費でございますが、大門・浅間6号幹線整備事業につきまして、4か年継続費の設定をお願いをするものでございます。

 以上で予算議案の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議のほど、お願いを申し上げます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩の宣告



○長谷川浄意議長 暫時、休憩いたします。

午前10時26分休憩

        −−−−−−−−−−−−−−−−

午前11時15分再開

  出席議員   62名

     1番   2番   3番   4番   5番   6番

     7番   8番   9番  12番  13番  14番

    15番  16番  17番  18番  19番  20番

    21番  22番  23番  24番  25番  26番

    27番  28番  29番  30番  31番  32番

    33番  34番  35番  36番  37番  38番

    39番  40番  41番  42番  43番  44番

    45番  46番  47番  48番  49番  50番

    51番  52番  53番  54番  55番  56番

    57番  58番  59番  60番  61番  62番

    63番  64番

  欠席議員    2名

    10番  11番



△再開の宣告



○長谷川浄意議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△市長提出議案に対する質疑



○長谷川浄意議長 これから、議案に対する質疑に入ります。

 質疑の通告がありますので、発言を許します。

 山中信一議員

      〔山中信一議員登壇〕(拍手起こる)



◆山中信一議員 24番、日本共産党の山中信一です。

 私は、専決議案2件のうち、議案第114号「平成15年度さいたま市競輪事業特別会計補正予算(第1号)」について、以下4点について質疑します。

 第1点目は、昨年度と今年度の繰上充用についてであります。

 昨年の6月議会にも同様に繰上充用の専決議案が出されていました。このとき、我が党は、勝者投票券発売収入見込み増の積算根拠には何ら説得性を持たない補正予算であると批判しました。そこで、平成14年度3開催ごとの勝者投票券発売見込みと、実際の発売収入額を示してください。

 第2点は、この補正予算の勝者投票券発売収入2億円の増額の積算根拠を教えてください。

 第3点目は、2年連続繰上充用しなければならないということは、昨今の公営ギャンブルを取り巻く厳しい状況を直視していないと言わなければなりません。そこで、なぜ今年度当初予算における一般会計への繰出額500万円を残したままこの繰上充用を行うのか、御説明ください。

 第4点目は、歳出の競輪場借上料の減額について、借上料の調整経過、減額の根拠についてお答えください。

 以上です。



○長谷川浄意議長 環境経済局長

      〔環境経済局長登壇〕



◎木内一好環境経済局長 議案第114号、専決処分に関します議案質疑につきましてお答えをいたします。

 まず、1点目の平成14年度の勝者投票券の発売見込みと発売額についてでございますが、発売見込額につきましては、当初予算といたしまして、第1回及び第2回がそれぞれ17億円、第3回が16億円でございました。実際の発売収入額でございますが、第1回が約18億3,300万円、第2回が約11億8,400万円、第3回が約12億4,200万円でございました。

 次に、2点目の2億円の根拠でございますが、6月の後節にはレインボーカップファイナルを招致いたしております。このレースは、A級のクラスから決勝戦に残った9人をS級に特別昇格させる新企画のレースであり、テレビ中継、専門誌、ポスター等で周知を図っておりますので、増収増益が期待できるものでございます。

 また、10月の開催におきましても、企画レースの招致が可能であることから、売り上げ増が見込めますので、2億円の売り上げ増を計上したものでございます。

 次に、3点目の一般会計へ500万円の繰り出しについてでございますが、自転車競技法では、自転車競走施行団体は公益の増進や地方財政の健全化を図ることがうたわれておりますことから、近年の厳しい経営環境を踏まえ、500万円の繰り出しを計上したものでございます。したがいまして、平成15年度につきましては、できるだけ収益を上げるとともに、支出を極力削減いたしまして、繰り出しができるよう経営努力をしてまいります。

 4点目の、競輪場借上料の減額についてお答えをいたします。

 従来、競輪場使用料として、売上げの4.2%を所有者の埼玉県へ納めております。この売り上げの中には、電話投票分などが含まれておりますことから、借上施行者といたしましては、競輪事業が厳しい経営環境を強いられておりますので、使用料の減額を従来から要望してまいりました。その結果、電話投票分などの売上げにつきましては、平成15年度から半額の2.1%になったことにより、借上料の減額をお願いしたものでございます。

 以上でございます。



○長谷川浄意議長 鳥海敏行議員

      〔鳥海敏行議員登壇〕



◆鳥海敏行議員 38番、日本共産党の鳥海敏行です。

 「平成15年度さいたま市一般会計補正予算(第1号)」の歳出における合併対策事業費1,255万4,000円について質問いたします。

 1点目は、いよいよ7月から任意の合併協議会が設置されるということで、この費用が計上されているわけですが、岩槻市の負担額は幾らなのかお示しください。

 二つ目は、費用分担の算出基準、これをお示しください。

 それから、今後の任意協の費用の見込額がわかれば教えていただきたい。

 それから、4点目は、今回の合併問題では、市長は市民の意向を何らかのかたちで確認する必要があるという答弁をされているように記憶していますが、今回の予算の中には、この意向確認のための費用が含まれているのかどうか。

 以上4点についてお願いいたします。(拍手起こる)



○長谷川浄意議長 政策企画担当理事

      〔理事登壇〕



◎小宮義夫理事 御質問の、議案第115号のうち、合併対策事業の御質問に関しまして順次お答えさせていただきます。

 まず、第1点目の御質問でございますが、岩槻市の負担額についてでございますが、今回お願いしております任意の合併協議会の運営経費として、本市同様1,237万円となっておるところでございます。

 2点目の御質問の費用分担の算出基準についてでございますが、合併協議に要する経費につきましては、協議を公平・平等等に行うことから、その費用につきましては均等の負担としておるところでございます。

 3点目の御質問の、任意協の今後の費用見込みについてでございますが、協議会の予算といたしましては、運営経費をお願いしたところでございます。今後、事業費等につきましては、協議会における課題整理等により今後決定されていくものと考えているところでございます。

 4点目の御質問の市民の意向を聞く機会についての経費や計上はどうなのかとの御質問でございますが、今回の予算の中身は市民の皆さんの情報提供するための課題整理を行うことを中心としたものとなっております。したがいまして、意向確認をする経費については計上してございません。

 以上でございます。



○長谷川浄意議長 以上で通告による質疑は終わりました。

 これで、質疑を終結いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会付託の省略



○長谷川浄意議長 次に、専決処分の報告及び承認を求めることについておはかりいたします。

 議案第113号及び第114号「専決処分の報告及び承認を求めることについて」は、いずれも委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○長谷川浄意議長 御異議なしと認めます。

 よって、議案第113号及び第114号については、委員会の付託は省略することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案に対する討論



○長谷川浄意議長 これから、討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許します。

 山城屋せき議員

      〔山城屋せき議員登壇〕(拍手起こる)



◆山城屋せき議員 25番、日本共産党の山城屋せきでございます。日本共産党を代表いたしまして、討論をいたします。

 議案第114号「専決処分の報告及び承認を求めることについて(平成15年度さいたま市競輪事業特別会計補正予算(第1号))」に反対の立場から討論をいたします。

 この補正予算は、今年度競輪事業において勝者投票券発売収入の増加が見込まれることを前提に、平成14年度収支不足赤字を繰上充用することになっております。昨年の6月議会でも13年度分不足を繰上充用しております。さらに今年度と2年連続です。

 このような繰上充用を重ねて行うことは、競輪事業が事実上赤字に転落していることのあらわれであり、今回の勝者投票券発売収入増の根拠も、レインボーカップなど新企画開催による希望的観測が強く含まれており、このような楽観的な補正予算は認められません。

 また、競輪場借上料の電話投票発売分引き下げについては、一定の努力は図られているものの、これも赤字転落への一時的な緩衝にしか過ぎず、県から大宮競輪場を借り上げて開催しているさいたま市の競輪事業は、県への開催移譲を速やかに行い、競輪事業から撤退すべきであります。

 以上で反対討論を終わります。(拍手起こる)



○長谷川浄意議長 これで、討論を終結いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



△議案第113号の採決−承認



○長谷川浄意議長 これから、採決いたします。

 おはかりいたします。

 議案第113号「専決処分の報告及び承認を求めることについて(平成15年度さいたま市老人保健事業特別会計補正予算(第1号))」は、承認することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○長谷川浄意議長 起立総員であります。

 よって、議案第113号は、承認することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第114号の採決−承認



○長谷川浄意議長 次に、議案第114号「専決処分の報告及び承認を求めることについて(平成15年度さいたま市競輪事業特別会計補正予算(第1号))」は、承認することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○長谷川浄意議長 起立多数であります。

 よって、議案第114号は、承認することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△市長提出議案の委員会付託



○長谷川浄意議長 次に、ただいま議題となっております議案のうち、第115号から125号につきましては、お手元に配付しておきました議案付託表のとおり、所管の委員会に付託いたします。

〔参照〕−議案付託表−

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△請願の一括上程及び委員会付託



○長谷川浄意議長 次に、今期定例会に提出されました請願を一括して議題といたします。

 提出されました請願は、請願第29号から第40号の12件であります。

 本請願12件は、お手元に配付しておきました請願文書表のとおり、所管の委員会に付託いたします。

〔参照〕−請願文書表−

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△次会日程の報告



○長谷川浄意議長 以上で、本日の議事は終了いたしました。

 明12日及び13日は調査日、14日及び15日は休日のため休会、16日は午前10時から会議を開き、市政に対する一般質問を行います。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○長谷川浄意議長 本日は、これで散会いたします。

午前11時30分散会

        −−−−−−−−−−−−−−−−