議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 さいたま市

平成19年  6月 定例会 06月20日−04号




平成19年  6月 定例会 − 06月20日−04号









平成19年  6月 定例会



平成19年

      さいたま市議会会議録

6月20日

                         平成19年6月定例会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第15日

平成19年6月20日(水曜日 午前10時開議)

本日の議事日程(第4号)

 第1 開議

 第2 永年勤続議員表彰状伝達

 第3 議案の上程(議案第91号〜第113号)

 第4 委員長報告

 第5 委員長報告に対する質疑

 第6 討論

 第7 採決

 第8 閉会中継続調査の件

 第9 市長提出追加議案の上程(議案第114号〜第122号)

 第10 議案説明

 第11 議案に対する質疑

 第12 討論

 第13 採決

 第14 さいたま市各区(岩槻区を除く)選挙管理委員及び同補充員の選挙

 第15 さいたま市農業委員会委員の推薦

 第16 埼玉県浦和競馬組合議会議員の選挙

 第17 埼玉県都市競艇組合議会議員の選挙

 第18 議員提出議案の上程(議員提出議案第4号、第5号)

 第19 議案説明

 第20 議案に対する質疑

 第21 討論

 第22 採決

 第23 請願の委員会付託(請願第5号〜第15号)

 第24 議員派遣の件

 第25 特別委員会の設置及び付託

 第26 特別委員の選任

 第27 閉会

        −−−−−−−−−−−−−−−−

本日の出席議員  63名

     1番  桶本大輔     2番  日下部伸三

     4番  宮沢則之     5番  青羽健仁

     6番  三神尊志     7番  丹羽宝宏

     8番  池田麻里     9番  傳田ひろみ

    10番  村松順子    11番  吉田一郎

    12番  北村隆幸    13番  新藤信夫

    14番  沢田 力    15番  井上洋平

    16番  中島隆一    17番  小森谷 優

    18番  輿水恵一    19番  阪本克己

    20番  高野秀樹    21番  熊谷裕人

    22番  岡 真智子   23番  関根隆俊

    24番  小松豊吉    25番  戸島義子

    26番  関根信明    27番  萩原章弘

    28番  土橋貞夫    29番  霜田紀子

    30番  上三信 彰   31番  今城容子

    32番  原田健太    33番  高木真理

    34番  土井裕之    35番  松本敏雄

    36番  斉藤真起    37番  青柳伸二

    38番  鳥海敏行    39番  加藤得二

    40番  中山欽哉    41番  武笠光明

    42番  真取正典    43番  日浦田 明

    44番  今村都代子   45番  高柳俊哉

    46番  細川邦子    47番  野呂多美子

    48番  添野ふみ子   49番  我妻京子

    50番  加川義光    51番  神田義行

    52番  清水賢一    53番  野口吉明

    54番  中山輝男    55番  鶴崎敏康

    56番  長谷川浄意   57番  青木一郎

    58番  福島正道    59番  神崎 功

    60番  花岡能理雄   61番  高橋勝頼

    62番  山崎 章    63番  白石孝志

    64番  細沼武彦

   欠席議員  1名

     3番  井上伸一

職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名

 事務局長      宮澤健二   副理事       江森信行

 参事               議事課長補佐

 議事課長      山下裕之   議事係長      伊藤義夫

 事務取扱い            事務取扱い

 議事課主査     林 祐樹   議事課主査     穂刈 浩

 議事課主査     川島朋之

地方自治法第121条の規定による説明のための出席者

 市長        相川宗一   副市長       大庭誠司

 水道事業

           浅子 進   教育長       藤間文隆

 管理者

 政策局長      小林 敏   総務局長      大角隆一

 財政局長      岡田哲夫   市民局長      加藤義明

 保健福祉局長    磯部光彦   環境経済局長    永堀 博

 都市局長      浦田啓充   建設局長      大沢隆幸

 市立病院

           野口三雄   消防局長      前場久和

 事務局長

 会計管理者     松本謙二   副教育長      鯉沼 貢

 選挙管理委員会          人事委員会

           山田尚宏             小島 博

 事務局長             事務局長

                  農業委員会

 監査事務局長    小山 進             萩原邦男

                  事務局長

午前10時00分開議

  出席議員    63名

     1番   2番   4番   5番   6番   7番

     8番   9番   10番   11番   12番   13番

     14番   15番   16番   17番   18番   19番

     20番   21番   22番   23番   24番   25番

     26番   27番   28番   29番   30番   31番

     32番   33番   34番   35番   36番   37番

     38番   39番   40番   41番   42番   43番

     44番   45番   46番   47番   48番   49番

     50番   51番   52番   53番   54番   55番

     56番   57番   58番   59番   60番   61番

     62番   63番   64番

  欠席議員    1名

     3番



△開議の宣告



○青羽健仁議長 ただいまから、本日の会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△永年勤続議員表彰状伝達



○青羽健仁議長 はじめに、永年勤続議員の表彰について御報告申し上げます。

 昨日開催されました第83回全国市議会議長会定期総会において、25年の永年勤続議員として我妻京子議員ほか、さきに退任されました1名の方が表彰されました。また、20年の永年勤続議員として加川義光議員が表彰されました。また、15年の永年勤続議員として岡真智子議員のほか、さきに退任されました2名の方々が表彰されました。また、10年の永年勤続議員として斉藤真起議員が表彰されましたので、御報告いたします。

 ここで、長年にわたり市政の進展のため御尽力され、栄誉ある表彰を受けられました各位に対しまして、心からお喜び申し上げますとともに、4名の永年勤続議員に対し、表彰状の伝達をいたします。

 なお、退任された3名の方々に対する表彰状の伝達は、後日私から行う予定でございます。

 それでは、表彰状の伝達を議会事務局長に進行させます。



◎宮澤健二議会事務局長 昨日開催されました第83回全国市議会議長会定期総会において、永年勤続議員として表彰されました方々に対する表彰状の伝達並びに市長、議長からの記念品の贈呈を行います。

 私から、25年、20年、15年、10年の表彰を受けられた方々のお名前を順に申し上げますので、お一人ずつ議長席の前にお進みいただき、議長から表彰状及び記念品を、市長より記念品をお受け取り願います。

      〔永年勤続議員、事務局長の指名に応じて一人ずつ演壇に進み、議長より次の表彰状の伝達及び記念品の贈呈、市長より記念品の贈呈を受ける〕



◎宮澤健二議会事務局長 はじめに、25年の永年勤続議員表彰を受けられました、我妻京子議員



○青羽健仁議長 

     表彰状

 さいたま市  我妻京子殿

 あなたは、市議会議員として25年の永きにわたって市政の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第83回定期総会に当たり、本会表彰規程によって特別表彰いたします。

 平成19年6月19日

                   全国市議会議長会会長

                           藤田博之



◎宮澤健二議会事務局長 続きまして、20年の永年勤続議員表彰を受けられました、加川義光議員



○青羽健仁議長 

     表彰状

 さいたま市  加川義光殿

 20年の永きにわたって市政の発展に尽くされました。おめでとうございます。以下、同文でございます。



◎宮澤健二議会事務局長 続きまして、15年の永年勤続議員表彰を受けられました、岡真智子議員



○青羽健仁議長 

     表彰状

 さいたま市  岡 真智子殿

 15年、市政の振興に努められました。おめでとうございます。



◎宮澤健二議会事務局長 続きまして、10年の永年勤続議員表彰を受けられました、斉藤真起議員



○青羽健仁議長 

     表彰状

 さいたま市  斉藤真起殿

 10年、市政の振興に努められました。御苦労さまでございました。おめでとうございます。



◎宮澤健二議会事務局長 伝達は以上でございます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△市長の祝辞



○青羽健仁議長 ここで、ただいま伝達を受けられました方々に対し、市長から祝辞がございますので、市長、よろしくお願いいたします。

      〔市長登壇〕



◎相川宗一市長 ただいま、永年勤続議員として表彰状の伝達を受けられました4名の議員の皆様に対しまして、一言お祝いを申し上げたいと存じます。

 皆様におかれましては、それぞれ25年、20年、15年、10年の長きにわたり市政発展のために特段の御尽力をいただいたことにより、全国市議会議長会から栄えある永年勤続表彰を受けられました。皆様の栄誉をたたえ、心からお祝いを申し上げますとともに、今日まで市議会議員として本市の発展のために御献身いただいておりますことに、120万人市民を代表いたしまして厚くお礼を申し上げます。

 さいたま市は、「市民と行政の協働」「人と自然の尊重」「未来への希望と責任」を都市づくりの基本理念に、だれもが住んでよかった、住み続けたいと思える都市の実現を目指し、各種施策を積極的に推進しているところであります。しかしながら、少子高齢化をはじめとする重要かつ多様な課題が山積しております。私は、こうした本市の直面する課題に対し、力いっぱい対応してまいりたいと考えておりますが、そのためには、このたび表彰を受けられました議員の皆様のお力添えを欠かすことはできません。今後とも、さいたま市政の発展のため、全力を傾注してまいりますので、議員の皆様におかれましては、これまでの豊富な御経験と卓越した御見識を十二分に発揮していただき、引き続き御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げます。

 結びに、重ねて皆様の永年勤続表彰のお祝いを申し上げますとともに、議員各位の御健勝とさらなる御活躍を御祈念申し上げ、私のお祝いの言葉とさせていただきます。おめでとうございました。(拍手起こる)

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の祝辞



○青羽健仁議長 私からも、議会を代表いたしまして、先ほど表彰を受けられました皆様に一言お祝いの言葉を申し上げます。

 先ほどは、10年、15年、25年、誠に長い間さいたま市政あるいは旧大宮、浦和市政を通じて御活躍いただきました。本当に御苦労さまでございました。心からお祝い申し上げます。

 たまたま本日は3名とも女性議員でございましたけれども、やはり女性の立場を代表して、今後は大所高所からぜひとも市政進展のため、また議会の円滑なる運営のために御協力を賜りますよう衷心よりお願い申し上げまして、加川議員がそうでしたね、女性が多かったのですけれども、加川議員は男性でございました。これからも大所高所から議会運営に御協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。

 なお、本日この議場に残念ながらいらっしゃらない前議員もいらっしゃるわけでございますが、御功績に対しましては心からこの場をかりまして御礼申し上げ、後日私の方から伝達させていただきたいと思いますので、御承知おきいただきたいと思います。

 本日はおめでとうございます。(拍手起こる)

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△永年勤続表彰受賞議員代表の謝辞



○青羽健仁議長 次に、永年勤続議員の受賞者を代表いたしまして謝辞をいただきたいと思います。

 代表いたしまして、我妻京子議員、お願いいたします。

      〔我妻京子議員登壇〕(拍手起こる)



◆我妻京子議員 4人を代表いたしまして、4人の意は尽くせないかもしれませんが、永年勤続表彰について一言お礼を申し上げます。

 私は、旧大宮市議選で38歳で初当選以来、6年前からはさいたま市の市会議員として25年6か月、市民が主人公の立場を貫いて元気に頑張ってくることができました。この間の市長をはじめ執行部の皆さん、議員の皆さんの御支援に心からお礼を申し上げます。

 議員の仕事は、市政に対するチェック機関の役割を果たす、この立場を貫き、同時に市民が主人公を片時も忘れずに議員活動に邁進してきました。女性も議会に進出してくる時代になりました。私は、ゼロ歳児から始まった乳幼児医療費無料化制度が4年前から窓口払いが撤廃され、就学前まで対象年齢が引き上げられたとき、30年以上もかかりましたが、女性の願いが実現できたことに非常に感動を覚えました。平和運動が私の活動の原点でもありますが、旧大宮市で核兵器廃絶都市宣言を全会派一致で上げることができ、合併後時間がかかりましたが、さいたま市平和都市宣言の実現と宣言塔の建立もされ、大変喜んでおります。これからも市民が主人公の立場で平和と暮らしを守って、さいたま市政の発展のために全力を尽くす決意を申し上げ、謝辞とさせていただきます。

 ありがとうございました。(拍手起こる)



○青羽健仁議長 以上で、永年勤続議員の表彰状の伝達を終わります。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の一括上程



○青羽健仁議長 次に、市長提出議案第91号から第113号の23件を一括して議題といたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会審査結果報告



○青羽健仁議長 各常任委員長から審査結果報告書が提出されておりますので、お手元に配付しておきましたから、御了承願います。

〔参照〕−委員会審査結果報告書−

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長審査経過報告



△総務委員長報告



○青羽健仁議長 各常任委員長から審査の経過並びに結果についての報告を求めます。

 まず、総務委員長 萩原章弘議員

      〔萩原章弘議員登壇〕(拍手起こる)



◆萩原章弘総務委員長 総務委員会の審査報告を申し上げます。

 本委員会に付託された案件は、議案7件であります。以下、順次、審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 はじめに、議案第91号「平成19年度さいたま市一般会計補正予算(第1号)」中、本委員会所管部分、議案第94号「政治倫理の確立のためのさいたま市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第96号「さいたま市恩給条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第110号「彩の国さいたま人づくり広域連合を組織する地方公共団体の数の減少について」、以上4件について一括して申し上げます。

 本4件は、執行部の詳細な説明を了とし、それぞれ採決の結果、いずれも全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第93号「さいたま市長の選挙におけるビラの作成の公営に関する条例の制定について」、議案第95号「さいたま市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例の制定について」、以上2件について一括して申し上げます。

 議案第93号では、各立候補者への平等性、選挙運動用ビラの制限等について、議案第95号では、審議会常設のメリット、デメリット、公募委員の選考基準等についてそれぞれ質疑応答があり、採決の結果、いずれも全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第97号「さいたま市市税条例の一部を改正する条例の制定について」、本件では、上場株式等譲渡所得等に関する特例税率の対象人数と影響額について質疑応答がありました。

 以上で質疑を終結し、まず、原案に反対の立場から、たび重なる住民税の増税、国保税、介護保険料、下水道使用料金の値上げなど負担増は市民の限界に達しており、2年前との比較では約160億円の負担増となっていることから、史上空前の利益を上げている大企業や今回の条例案で示されている大資産家からの応分の負担こそ、税の公平性の観点から改善が必要と考える。よって、上場株式等譲渡所得等に対する特例税率の適用期限の延長は認められず、反対するとの討論。

 続いて、原案に賛成の立場から、本議案は地方税法の一部改正によるもので、上場株式等譲渡所得等の延長は、個人投資家の株式売却も活発になっていくことを考慮したうえで、軽減税率を打ち切った場合の株式市場の混乱を回避する観点から、適用期限を1年に限り延長したものであり、現下の経済、財政状況等を踏まえ、持続的な経済社会の活性化を実現するため、所要の改正は必要とのことから、賛成するとの討論があり、採決の結果、多数をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、総務委員会の審査報告を終わります。(拍手起こる)

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△教育市民委員長報告



○青羽健仁議長 次に、教育市民委員長 日下部伸三議員

      〔日下部伸三議員登壇〕(拍手起こる)



◆日下部伸三教育市民委員長 教育市民委員会の審査報告を申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は、議案6件であります。以下、順次、審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 はじめに、議案第91号「平成19年度さいたま市一般会計補正予算(第1号)」中、本委員会所管部分について、議案第108号及び第109号「指定管理者の指定について」の3件について一括して申し上げます。

 本3件の主な質疑では、議案第91号では、文化財産等取得基金への寄附は盆栽か、住民基本台帳のデータを後期高齢者医療広域連合に提供することについての法的な根拠、議案第108号では、施設の概要、使用料金の設定、愛称の募集結果等について、議案第109号では、施設の概要、指定管理団体の実績、当該団体に決定した理由等についてそれぞれ質疑応答の後、採決の結果、いずれも全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第98号「さいたま市ホテル南郷条例の制定について」申し上げます。

 本件の主な質疑では、平成18年度の赤字額、利用者数の推移、将来的な計画性の有無、指定管理者による赤字解消の方策についての見解、指定管理者が撤退したときの対応等について質疑応答の後、討論では、まず、原案に反対の立場から、指定管理者自体は民間の企業であり、利益を生み出さなければいけないものである。市民福祉に寄与する施設を民間に委託してよいのかという点で問題があり、1億円近い赤字を解消するために、食事料金の値上げ、従業員の賃金の抑制、人員の削減等がなされる問題がある。厚生施設についての赤字は、当初の予測の範囲内のものであり、市がしっかりと管理することが筋であると考えるので、反対するとの討論。

 次に、賛成の立場から、指定管理者制度への移行は、行政改革推進プランにもあるとおり、効率的な施設管理、市民サービスの向上を図るうえ必要であり、民間の企業努力により少しでも市からの持ち出し分が少なくなることが期待できるので、賛成するとの討論。

 同じく賛成の立場から、指定管理者の導入によって赤字が改善されるかどうか疑問であり、また導入の結果がどういう結果をもたらすかはまだわからないものであり、将来の達成目標なりが必要と考えるが、現状の赤字を放置することはできず、柔軟な発想で利用者の増加を図ることは、試みるに十分値するものであると考え、賛成するとの討論の後、採決の結果、多数をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第99号「さいたま市しらさぎ荘条例の一部を改正する条例の制定について」申し上げます。

 本件の主な質疑では、平成18年度の赤字額について質疑応答の後、討論では、まず、原案に反対の立場から、議案第98号と同様に、市民への福祉向上に寄与する厚生施設であり、民間への委託は今後の市民サービスの低下を招くおそれがあるので、反対するとの討論。

 次に、賛成の立場から、指定管理者の導入は管理経費削減の効果が期待され、民間のノウハウを活用することにより利用者のさらなるサービスの向上につながるものと考え、賛成するとの討論の後、採決の結果、多数をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第100号「さいたま市見沼ヘルシーランド条例の一部を改正する条例の制定について」申し上げます。

 本件の主な質疑では、平成18年度の赤字額、レジオネラ菌対策等について質疑応答の後、討論では、まず、原案に反対の立場から、料金の改定により平成18年度の利用者がふえ、今後も市民の福祉と体力向上のため、大いに役立つことを期待する中、レジオネラ菌の発生という一歩間違えれば生命に影響を与えかねない大きな問題もあり、そのようなときだからこそ指定管理者でなく、しっかりと市が責任を持って管理運営を図っていく必要があると考え、反対するとの討論。

 次に、賛成の立場から、管理における安全面についても当然あるが、今の市民の健康志向を見ると、市民にとって本施設が見違えるような活性化が期待できるのではないかと考える。また、民間のノウハウを活用することにより利用者のさらなるサービスの向上につながるものと考え、賛成するとの討論の後、採決の結果、多数をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、教育市民委員会の審査報告を終わります。(拍手起こる)

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△保健福祉委員長報告



○青羽健仁議長 次に、保健福祉委員長 新藤信夫議員

      〔新藤信夫議員登壇〕(拍手起こる)



◆新藤信夫保健福祉委員長 保健福祉委員会の審査報告を申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は、議案4件であります。以下、順次、審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 議案第91号「平成19年度さいたま市一般会計補正予算(第1号)」中、本委員会所管部分について、議案第92号「平成19年度さいたま市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)」、議案第101号「さいたま市青少年問題協議会条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第113号「平成19年度さいたま市一般会計補正予算(第2号)」、以上4件について一括して申し上げます。

 議案第91号では、障害福祉サービスのシステム改修等に対する考え方、後期高齢者医療制度準備事業に対する国庫補助金の算出方法、システム改修業者の選定等について、議案第92号では、職員給与等繰入金の内容、この時期に補正を行う理由について、議案第101号では、青少年問題協議会の委員数及び構成員、青少年施策の位置づけについて、議案第113号では、小中学生の予防接種率、ワクチンの確保状況、緊急予防接種の時期及び効果、幼児に対する2回目の予防接種等についてそれぞれ質疑応答があり、採決の結果、いずれも全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、保健福祉委員会の審査報告を終わります。(拍手起こる)

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△都市開発委員長報告



○青羽健仁議長 次に、都市開発委員長 桶本大輔議員

      〔桶本大輔議員登壇〕(拍手起こる)



◆桶本大輔都市開発委員長 都市開発委員会の審査報告を申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は、議案4件であります。以下、順次、審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 はじめに、議案第91号「平成19年度さいたま市一般会計補正予算(第1号)」中、本委員会所管部分についてですが、本件では、公園整備事業に係る都市計画決定の時期、都市計画決定している借地公園の数について質疑応答の後、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第102号「さいたま市風致地区内における建築等の規制に関する条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第103号「さいたま都市計画事業深作西部土地区画整理事業施行規程等の一部を改正する条例の制定について」、以上2件について一括して申し上げます。

 本2件は、執行部の詳細な説明を了とし、それぞれ採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第107号「指定管理者の指定について」ですが、本件では、駐車場収容台数の根拠、指定する団体の実績、能力等について質疑応答の後、討論では、まず、原案に反対の立場から、約850台の駐車場は過大見積もりであり、しかもその大半を民間が使用する。民間企業のために市が建設費用を負担していることになり、公共的な事業としては認められないため、反対するとの討論。

 次に、賛成の立場から、指定する団体には実績があること、また集客性の高い建物における利用者の安全面から見ても、防災システムの一元管理を行うことは妥当である。浦和駅東口周辺の公共駐車場の確保は地域の長年の要望であり、当該事業者を指定管理者に指定し、運営に臨むことは妥当であるので賛成するとの討論があり、採決の結果、多数をもって、可決すべきものと決しました。

 以上で、都市開発委員会の審査報告を終わります。(拍手起こる)

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△建設水道委員長報告



○青羽健仁議長 次に、建設水道委員長 今城容子議員

      〔今城容子議員登壇〕(拍手起こる)



◆今城容子建設水道委員長 建設水道委員会の審査報告を申し上げます。

 本委員会に付託されました案件は、議案5件であります。以下、順次、審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 はじめに、議案第104号「さいたま市地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定について」、本件の主な質疑では、現在地区計画決定されている地区数及びそのうち条例が適用されていない地区数、武蔵浦和駅周辺地区の今後の地区計画の予定等について質疑応答があり、質疑終結後、討論では、まず、原案に反対の立場から、武蔵浦和駅周辺地区については、業務核都市構想から始まった再開発計画であるが、実際にはマンションを乱立させるような形で計画が進められていることから、反対するとの討論。

 次に、賛成の立場から、本条例は、まちづくりのルールを定める地区計画について実効性を担保するために制定されているものである。今回提案された地区の変更及び追加については、その地区の特性に応じたまちづくりを推進するために地区計画の変更等がなされたことによる、担保性を確立するための改正であることから、賛成するとの討論があり、採決の結果、多数をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第105号「さいたま市下水道条例の一部を改正する条例の制定について」、本件では、占用料が徴収できる物件の件数と金額について質疑応答があり、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第106号「街路築造工事(赤山東線2工区・中山道跨道橋上部工製作)請負契約について」、本件の主な質疑では、赤山東線の東西への延長の事業計画の有無について、跨道橋完成後に予想される通行量、制限付き一般競争入札が適していると考えられる理由等についての質疑応答があり、質疑終結後、討論では、まず、原案に反対の立場から、線路をまたぐ道路は南北にも複数あり、周辺に渋滞も発生しておらず、今回整備する箇所は通行量も多く想定されていない。ほかに優先して整備を進めるべき道路があることから、反対するとの討論。

 次に、賛成の立場から、赤山東線は国道17号、中山道及び産業道路を東西に結ぶ重要な幹線道路であり、早期の事業進捗が望まれることから、賛成するとの討論の後、採決の結果、多数をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第111号「市道路線の認定について」、議案第112号「市道路線の廃止について」、以上2件は関連がありますので、一括審査いたしました。

 本2件の質疑では、6489号線を廃止し、新たに6647号線として認定する理由、また12705号線について、周辺にあるマンションと戸建て住宅の開発の時期について質疑応答がありました。

 質疑終結後、討論では、議案第111号に対して反対の立場から、12705号線について、この地区は開発申請が時期をずらして二つに分けて行われている。一体的な開発の中で道路も整備されるべきであり、開発規制逃れを許すようなやり方での路線の認定は慎重であるべきであることから、反対するとの討論。

 次に、賛成の立場から、指摘のあった道路については、関係法、基準等を遵守して手続が進められており、妥当な措置と判断されることから、賛成するとの討論があり、採決の結果、議案第111号については多数をもって、議案第112号については全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、建設水道委員会の審査報告を終わります。(拍手起こる)



○青羽健仁議長 以上で、各常任委員会の委員長報告を終わります。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告に対する質疑



○青羽健仁議長 これから、先ほど行われました委員長報告に対する質疑を行います。

 ただいまのところ、通告はありません。

 これで質疑を終結いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案に対する討論



○青羽健仁議長 これから、議案に対する討論を行います。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△動議の提出

      〔吉田一郎議員「議長、議事進行について」と言い、発言の許可を求める〕



○青羽健仁議長 吉田一郎議員

      〔吉田一郎議員登壇〕



◆吉田一郎議員 どうも、吉田一郎です。

 ただいま議長におかれましては、議案第91号から第113号について一括して討論、採決に進むという流れだったと思いますけれども、私はここで議事進行をかけさせていただきまして、今回ただいまのところ2本提出されている請願、具体的には請願第14号並びに請願第15号をこの議案第91号から第113号と一括して討論、採決をお願いしたく思います。と申しますのは、この2本の請願なのですけれども、提出者は北区東大成町2−60−4、吉田一郎さん、つまり私でございます。なぜ私がこういった請願を提出したかと申しますと、この2本の請願の中身ですけれども、請願第14号に関しては市長提出議案第93号「さいたま市長の選挙におけるビラの作成の公営に関する条例の制定について」に反対する請願、もう一本、請願第15号は市長提出議案第109号「指定管理者の指定について」に反対する請願でございます。つまり本来ならば、この後引き続いて行われる討論におきまして、私がこの議案第93号と第109号に対して反対する立場から行いたい討論がございますけれども、ただ現在の申し合わせ事項によりますと、私はこの討論で発言することができない、私のような無所属議員は発言する権利がない、したがいましてやむを得ず請願という形で意見を表明するに至りました。ですので、この2本の請願は議案第93号と議案第109号と一体不可分の内容でございます。ですから、直ちにこれを上程して、この場で討論並びに採決をまとめて行うようにお願いいたします。

 以上です。



○青羽健仁議長 吉田議員にお尋ねいたしますが、ただいまの内容では議事進行には当たらないと思いますが、動議で出されるということでございますか。

      〔「はい、動議です」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 吉田議員、動議での発言をお願いいたします。

      〔吉田一郎議員登壇〕



◆吉田一郎議員 動議でございます。



○青羽健仁議長 それでは、ただいま発言者より意思の確認ができましたので、吉田一郎議員より動議の提出をしたい旨の発言がございましたので、動議の成立には会議規則第16条の規定により提出者のほかに5名以上の賛成者が必要であります。

 ここで、私から確認いたします。

 先ほど吉田議員から提出されました動議の提出について、これを取り扱うことに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 所定の賛成者がおりませんので、本動議は成立いたしません。したがいまして、進行させていただきます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案に対する討論(続き)



○青羽健仁議長 討論の通告がありますので、発言を許します。

 戸島義子議員

      〔戸島義子議員登壇〕(拍手起こる)



◆戸島義子議員 日本共産党の戸島義子です。私は、議案第97号、98号、99号、100号、104号、107号、111号については、委員長報告では原案可決ですが、委員長報告に反対の立場から討論します。

 議案第97号「さいたま市市税条例の一部を改正する条例の制定について」、この条例は上場株式等譲渡所得等の特例税率の適用期限を1年延長しようとするものです。質疑でも明らかになったように、上場株式等の譲渡所得に対する特例税率の対象者と影響額は、平成16年度岩槻分を除いて約2億円、平成18年度では2億8,000万円となり、この3年間で合計約7億円、対象者数は2,600人とのことです。景気回復基調が強まったとして定率減税を廃止し、庶民増税を強行しながら、一方で大企業、大資産家への減税は延長するやり方は認められません。たび重なる住民税の増税や国保税、介護保険料、下水道使用料金の値上げなどによって約160億円の負担増、市民の暮らしはもう既に限界に達しています。

 我が党は、史上空前の利益を上げている大企業や、今回の条例案で示されているように、大資産家にこそ応分の負担を求めることが税の公平性の観点から必要だと考えます。賛成者の討論では、個人投資家の株式売却が活発になっていることを考慮したうえで、軽減税率を打ち切った場合の株式市場の混乱を回避する観点からの1年間の延長とのことですが、増税に次ぐ増税で、市民の生活こそ混乱しています。市民生活の混乱は放置したまま、株式市場や一握りの個人投資家の株売買を心配するなど、自治体の本来の役割からはかけ離れていると言わなければなりません。さらに、格差と貧困の広がりを助長するこうしたやり方は、到底認められません。

 よって、本議案に反対します。

 議案第98号「さいたま市ホテル南郷条例の制定について」と同第99号「さいたま市しらさぎ荘条例の一部を改正する条例の制定について」は、いずれも関連しますので、一括して討論を行います。

 これまで市が直営していた保養施設に指定管理者制度を導入して、民間企業に管理運営を全面委託しようとするものです。同施設の管理運営を民間企業に全面委託するということは、利用者の市民サービス低下につながるおそれがあります。民間企業は、そもそも営利を目的にしているわけであります。今でさえ大きな赤字を生み出している同施設の運営をどのようにして利益を生み出すのか甚だ疑問です。利用者を大幅にふやすとしていますが、いずれの施設も遠隔地にあり、交通の便が余りよくありません。利用者の大幅増を確保できなければ、結局企業努力として人件費を削減するために人を減らすとか、食材を安価なものにして食の質を落とすとか、もしくは利用料の値上げなどを行うなどしていかなければ運営が成り立ちません。結局は利用する市民にしわ寄せがいくことになり、市民サービスの低下につながっていきます。

 これらの保養施設は、長年市民の福利厚生施設として利用され、市民の福祉向上に寄与されてきたものであり、独立採算制を求めること自体無理があります。こうした市民のための福利厚生施設は、あくまでも市が責任を持って今後とも管理運営すべきと考えます。

 よって、本議案は反対です。

 次に、議案第100号「さいたま市見沼ヘルシーランド条例の一部を改正する条例の制定について」、この議案は指定管理者制度を導入して、市直営の保養健康施設、見沼ヘルシーランドの管理運営を民間企業に委託しようとするものです。過日、同施設の女性用大浴場から、県基準の3倍に当たるレジオネラ菌が検出されました。そして、現在保健所の指導を受け、去る5月25日から無期限で休館に入っています。レジオネラ菌は、肺炎や発熱を起こす細菌と言われ、過去においては宮崎県の温泉施設で集団感染が発生し、7人が亡くなるという事故も起きています。まさに命にかかわる問題でもあります。こうした事態のときだからこそ、安易に民間企業に全面委託するというのではなく、あくまでも市が責任を持って管理運営を行い、市民の健康と安全、福祉向上に寄与していくべきです。

 よって、本議案は反対です。

 議案第104号「さいたま市地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定について」、この条例には武蔵浦和駅の再開発に関する地区計画の内容が含まれています。武蔵浦和駅の再開発計画は、そもそもは業務核都市構想に基づく再開発計画です。駅周辺を業務ビルを中心にした建物につくりかえることがそもそもの出発点です。実際は、その開発計画が破綻し、高層マンションを中心とした住宅が圧倒的な比重を占めています。この計画そのものの全面的な見直しが必要とされているにもかかわらず、開発の計画が推進されています。

 今必要とされるのは、マンションを乱立させるようなまちづくりではありません。開発の状況を踏まえて、生活基盤整備や公共施設などの充実などの計画の見直しが必要です。全面的な見直しを進めたうえで、改めて地区計画を考える必要があります。それらを行わない地区計画を前提とした建築規制は認められません。

 よって、本議案に反対します。

 議案第107号「指定管理者の指定について」、この議案は浦和駅東口再開発により設置された駐車場の管理をパルコシステムズに指定しようとするものです。ビルの中に占める公共施設は全体の5分の1程度で、もともとこの駐車場の利用者の多くは映画鑑賞、買い物などパルコ利用者です。本来は、駐車場建設もパルコが応分の負担をしなければならないところを、それを全く求めず、整備にかかわる73億円もの費用をすべてさいたま市が負担するという余りにも業者本位の事業でした。しかも、駐車場必要台数は過大な見積もりでした。

 今回の指定業者は、パルコの関連企業です。駐車場建設費用をさいたま市が持つだけでもパルコへの過剰サービスであったのに、駐車場管理まで関連会社に指定してもうけを保証してやることは、異常なまでの肩入れと言わなければならず、市民の理解は得られません。

 よって、本議案に反対するものです。

 次に、議案第111号「市道路線の認定について」です。

 この中には、市道12705号線の認定が含まれています。この道路認定は、戸建て住宅のための道路の認定ですが、本来一体的な開発で申請すれば、緑地、公園などを提供しなければならないため、それを逃れるために時期をずらして二つに分けて開発申請を出しています。そのため、本来の開発で必要とされる緑地、公園等が整備されず、道路の認定だけが行われています。このような開発規制を逃れる開発業者には、厳しく当たっていく必要があります。開発逃れを許すようなやり方での道路認定には慎重であるべきです。

 以上の理由から、本議案に反対します。

 以上で、委員長報告に対する反対討論を終わります。(拍手起こる)



○青羽健仁議長 続いて、討論の発言を許します。

 関根信明議員

      〔関根信明議員登壇〕(拍手起こる)



◆関根信明議員 自民党さいたま市議団の関根信明でございます。私は、議案第97号「さいたま市市税条例の一部を改正する条例の制定について」をはじめとする市長提出議案に対し、賛成の立場から討論を行います。

 はじめに、議案第97号ですが、本議案は委員長報告にもありましたとおり、地方税率の一部改正によるものであり、軽減税率を打ち切った場合の株式市場の混乱を回避する観点から、上場株式等譲渡所得等に対する特例税率の適用期限を1年に限り延長するものであります。よって、この改正は現下の経済、財政状況等を踏まえつつ、持続的な経済社会の活性化を実現するため、所要の改定を行うものであり、妥当な改正と考えます。

 次に、議案第98号、第99号及び第100号についてでありますが、これらの議案3件は市保有施設の管理を指定管理者に行わせるため、所要の改正を行うものであり、指定管理者制度の移行については、さいたま市行政改革推進プランの一環であり、効率的な施設管理により管理経費の削減効果が期待でき、民間のノウハウを活用することにより利用者のさらなるサービスの向上につながるものであり、妥当な改正と考えます。

 次に、議案第104号ですが、本条例はまちづくりのルールを定める地区計画について実効性を担保するために制定されたものであり、今回提出されたアーバンみらい東大宮地区の変更及び南与野駅西口地区並びに武蔵浦和駅周辺地区の追加については、地区の特性に応じたまちづくりを推進するために地区計画の変更等がなされたことによる、担保性を確保するための改正であり、健全な市街地の環境整備を目指す地区計画の実現を後押しするためにも、条例化は必要であると考えます。

 次に、議案第107号でありますが、浦和駅東口駐車場は、再開発ビルの地下にある収容台数847台の大型駐車場であり、当駐車場の利用者はもとより、パルコや公共公益施設の利用者などさまざまなユーザーへの安全面の配慮は最も重要なことと考えております。よって、再開発ビル全体の防災システムや共用部分の管理をすることとなる株式会社パルコスペースシステムズを指定管理者にすることについては、安全面、効率面を勘案すると、まさに適切であると考えます。

 最後に、議案第111号「市道路線の認定について」でありますが、これらは関係法令、基準等を遵守して手続が進められ、妥当な措置と判断いたします。

 よって、私はこれらの議案について賛成するものであります。

 以上で賛成討論を終わります。(拍手起こる)



○青羽健仁議長 これで、議案に対する討論を終結いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の採決



△議案第91号の採決−可決



○青羽健仁議長 これから、順次採決いたします。

 おはかりいたします。

 はじめに、議案第91号「平成19年度さいたま市一般会計補正予算(第1号)」は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立多数であります。

 よって、議案第91号は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第93号の採決−可決



○青羽健仁議長 続いて、おはかりいたします。

 議案第93号「さいたま市長の選挙におけるビラの作成の公営に関する条例の制定について」は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立多数であります。

 よって、議案第93号は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第97号の採決−可決



○青羽健仁議長 続いて、おはかりいたします。

 議案第97号「さいたま市市税条例の一部を改正する条例の制定について」は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立多数であります。

 よって、議案第97号は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第98号の採決−可決



○青羽健仁議長 続いて、おはかりいたします。

 議案第98号「さいたま市ホテル南郷条例の制定について」は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立多数であります。

 よって、議案第98号は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第99号の採決−可決



○青羽健仁議長 続いて、おはかりいたします。

 議案第99号「さいたま市しらさぎ荘条例の一部を改正する条例の制定について」は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立多数であります。

 よって、議案第99号は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第100号の採決−可決



○青羽健仁議長 続いて、おはかりいたします。

 議案第100号「さいたま市見沼ヘルシーランド条例の一部を改正する条例の制定について」は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立多数であります。

 よって、議案第100号は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第104号の採決−可決



○青羽健仁議長 続いて、おはかりいたします。

 議案第104号「さいたま市地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定について」は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立多数であります。

 よって、議案第104号は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第106号の採決−可決



○青羽健仁議長 続いて、おはかりいたします。

 議案第106号「街路築造工事(赤山東線2工区・中山道跨道橋上部工製作)請負契約について」は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立多数であります。

 よって、議案第106号は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第107号の採決−可決



○青羽健仁議長 続いて、おはかりいたします。

 議案第107号「指定管理者の指定について(さいたま市営浦和駅東口駐車場)」は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立多数であります。

 よって、議案第107号は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第109号の採決−可決



○青羽健仁議長 続いて、おはかりいたします。

 議案第109号「指定管理者の指定について(さいたま市市民活動サポートセンター)」は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立多数であります。

 よって、議案第109号は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第111号の採決−可決



○青羽健仁議長 続いて、おはかりいたします。

 議案第111号「市道路線の認定について」は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立多数であります。

 よって、議案第111号は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第92号、第94号〜第96号、第101号〜第103号、第105号、第108号、第110号、第112号、第113号の採決−可決



○青羽健仁議長 続いて、おはかりいたします。

 議案第92号「平成19年度さいたま市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)」をはじめ、議案第94号から第96号、第101号から第103号、第105号、第108号、第110号、第112号及び第113号の以上12件については、委員長の報告のとおり決定することに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認めます。

 よって、以上12件は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中継続調査の件



○青羽健仁議長 次に、閉会中継続調査の件を議題といたします。

 各常任委員長から所管事務について閉会中継続調査の申し出がありましたので、お手元に配付しておきましたから、御了承願います。

 おはかりいたします。

 各常任委員会の所管事務については、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△市長提出追加議案の報告



○青羽健仁議長 次に、市長から追加議案が9件提出されております。

 議案につきましては、お手元に配付しておきましたので、御了承願います。

〔参照〕−市長提出議案−

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第114号の上程、議案説明



○青羽健仁議長 はじめに、議案第114号「教育委員会委員の任命について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

 副市長

      〔副市長登壇〕



◎大庭誠司副市長 それでは、御説明申し上げます。

 追加提出その2の議案書の1ページをお願いいたします。

 議案第114号は、さいたま市教育委員会委員1人の任期満了に伴い、新たに濱野幸江氏をさいたま市教育委員会委員として任命いたしたく、議会の同意をお願いするものでございます。

 なお、経歴につきましては、議案に添付してございますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上です。



○青羽健仁議長 議案の説明が終わりました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑、委員会付託、討論の省略



○青羽健仁議長 本件につきましては、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認め、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第114号の採決−同意



○青羽健仁議長 おはかりいたします。

 議案第114号「教育委員会委員の任命について」は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立総員でございます。

 よって、議案第114号は、これに同意することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第115号の上程、議案説明



○青羽健仁議長 次に、議案第115号「監査委員の選任について」を議題といたします。

 議案第115号は、武笠光明議員の一身上に関する件でありますので、暫時、武笠光明議員の退場をお願いいたします。

      〔武笠光明議員退場する〕



○青羽健仁議長 議案の説明を求めます。

 副市長

      〔副市長登壇〕



◎大庭誠司副市長 それでは、3ページをお願いいたします。

 議案第115号は、武笠光明氏をさいたま市監査委員に選任いたしたく、議会の同意をお願いするものでございます。

 市議会議員である武笠氏の経歴につきましては、省略させていただいておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上です。



○青羽健仁議長 議案の説明が終わりました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑、委員会付託、討論の省略



○青羽健仁議長 本件につきましては、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認め、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第115号の採決−同意



○青羽健仁議長 おはかりいたします。

 議案第115号「監査委員の選任について」は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立総員でございます。

 よって、議案第115号は、これに同意することに決定いたしました。

 武笠光明議員の入場をお願いいたします。

      〔武笠光明議員入場する〕

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第116号の上程、議案説明



○青羽健仁議長 次に、議案第116号「監査委員の選任について」を議題といたします。

 議案第116号は、高橋勝頼議員の一身上に関する件でありますので、暫時、高橋勝頼議員の退場をお願いいたします。

      〔高橋勝頼議員退場する〕



○青羽健仁議長 議案の説明を求めます。

 副市長

      〔副市長登壇〕



◎大庭誠司副市長 それでは、4ページをお願いいたします。

 議案第116号は、高橋勝頼氏をさいたま市監査委員に選任いたしたく、議会の同意をお願いするものでございます。

 市議会議員である高橋氏の経歴につきましては、省略させていただいておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上です。



○青羽健仁議長 議案の説明が終わりました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑、委員会付託、討論の省略



○青羽健仁議長 本件につきましては、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認め、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第116号の採決−同意



○青羽健仁議長 おはかりいたします。

 議案第116号「監査委員の選任について」は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立総員でございます。

 よって、議案第116号は、これに同意することに決定いたしました。

 高橋勝頼議員の入場をお願いいたします。

      〔高橋勝頼議員入場する〕

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第117号〜第122号の上程、議案説明



○青羽健仁議長 次に、議案第117号から第122号「人権擁護委員候補者の推薦について」を一括して議題といたします。

 議案の説明を求めます。

 副市長

      〔副市長登壇〕



◎大庭誠司副市長 それでは、5ページから15ページにかけましての議案第117号から議案第122号までは、一括して御説明申し上げます。

 この6議案は、人権擁護委員6人の任期満了に伴い、現在の任期に引き続き秋山静子氏、飯高英子氏、佐藤義博氏、関根昭治氏及び山本美佐子氏を、また、新たに中川新五郎氏を人権擁護委員候補者として推薦いたしたく、議会の意見をお願いするものでございます。

 なお、6氏の経歴につきましては、それぞれの議案に添付してございますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上です。



○青羽健仁議長 議案の説明が終わりました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑、委員会付託、討論の省略



○青羽健仁議長 本6件につきましては、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認め、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第117号の採決−同意



○青羽健仁議長 おはかりいたします。

 議案第117号「人権擁護委員候補者の推薦について」は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立総員であります。

 よって、議案第117号は、これに同意することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第118号の採決−同意



○青羽健仁議長 続いて、おはかりいたします。

 議案第118号「人権擁護委員候補者の推薦について」は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立総員であります。

 よって、議案第118号は、これに同意することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第119号の採決−同意



○青羽健仁議長 続いて、おはかりいたします。

 議案第119号「人権擁護委員候補者の推薦について」は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立総員であります。

 よって、議案第119号は、これに同意することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第120号の採決−同意



○青羽健仁議長 続いて、おはかりいたします。

 議案第120号「人権擁護委員候補者の推薦について」は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立総員であります。

 よって、議案第120号は、これに同意することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第121号の採決−同意



○青羽健仁議長 続いて、おはかりいたします。

 議案第121号「人権擁護委員候補者の推薦について」は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立総員であります。

 よって、議案第121号は、これに同意することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第122号の採決−同意



○青羽健仁議長 続いて、おはかりいたします。

 議案第122号「人権擁護委員候補者の推薦について」は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立総員であります。

 よって、議案第122号は、これに同意することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△さいたま市各区(岩槻区を除く)選挙管理委員の選挙



○青羽健仁議長 次に、総総総第190609号をもって、岩槻区を除くさいたま市各区選挙管理委員及び同補充員の選挙要求書が提出されておりますので、お手元に配付しておきましたから、御了承願います。

 選挙をいたす者の数は、各区の選挙管理委員各4名及び同補充員各4名であります。

 はじめに、各区の選挙管理委員の選挙を行います。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選とすることに決定いたしました。

 おはかりいたします。

 指名の方法は、議長から指名することにいたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認めます。

 よって、議長から指名することに決定いたしました。

 各区の選挙管理委員は、お手元に配付いたしました各区選挙管理委員会名簿のとおり指名いたします。

 おはかりいたします。

 ただいま指名いたしました方々を各区の選挙管理委員の当選人と定めることに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました方々が各区の選挙管理委員に当選されました。

〔参照〕−各区選挙管理委員名簿−

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△さいたま市各区(岩槻区を除く)選挙管理委員補充員の選挙



○青羽健仁議長 続いて、各区の選挙管理委員補充員の選挙を行います。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選とすることに決定いたしました。

 おはかりいたします。

 指名の方法は、議長から指名することにいたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認めます。

 よって、議長から指名することに決定いたしました。

 各区の選挙管理委員補充員は、お手元に配付いたしました各区選挙管理委員補充員名簿のとおり指名することとし、その補充の順序につきましては、名簿の順といたしたいと思います。

 おはかりいたします。

 ただいま指名いたしました方々を各区の選挙管理委員補充員の当選人と定め、その補充の順序を名簿の順とすることに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました方々が名簿の順のとおり各区の選挙管理委員補充員に当選されました。

〔参照〕−各区選挙管理委員補充員名簿−

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△さいたま市農業委員会委員の推薦



○青羽健仁議長 次に、総総総第190610号をもって推薦要求のありました農業委員会委員の推薦を行います。

 推薦要求書につきましては、お手元に配付しておきましたので、御了承願います。

 おはかりいたします。

 本議会推薦の農業委員会委員につきましては、議長から指名することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立総員でございます。

 よって、議長から指名することに決定いたしました。

 本件は、加川義光議員、神崎功議員、花岡能理雄議員の一身上に関する件でありますので、暫時、加川義光議員、神崎功議員、花岡能理雄議員の退場を求めます。

      〔加川義光議員、神崎功議員、花岡能理雄議員退場する〕



○青羽健仁議長 本議会推薦の農業委員会委員につきましては、加川義光議員、神崎功議員、花岡能理雄議員の3名を指名いたします。

 おはかりいたします。

 ただいま指名いたしました3人の議員を農業委員会委員に推薦することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立総員でございます。

 よって、加川義光議員、神崎功議員、花岡能理雄議員を農業委員会委員に推薦することに決定いたしました。

 3名の議員の入場をお願いいたします。

      〔加川義光議員、神崎功議員、花岡能理雄議員入場する〕

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△埼玉県浦和競馬組合議会議員の選挙



○青羽健仁議長 次に、埼玉県浦和競馬組合議会議長から依頼がありました埼玉県浦和競馬組合議会議員3人の選挙を行います。

 選挙依頼書につきましては、お手元に配付しておきましたので、御了承いただきます。

 おはかりいたします。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選とし、議長から指名いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選とし、議長から指名することに決定いたしました。

 埼玉県浦和競馬組合議会議員に、高野秀樹議員、霜田紀子議員、今村都代子議員、以上3名を指名いたします。

 おはかりいたします。

 ただいま指名いたしました高野秀樹議員、霜田紀子議員、今村都代子議員を埼玉県浦和競馬組合議会議員の当選人と定めることに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました3名の議員が埼玉県浦和競馬組合議会議員に当選されました。

 ここで、当選者が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△埼玉県都市競艇組合議会議員の選挙



○青羽健仁議長 次に、埼玉県都市競艇組合議会副議長から依頼がありました埼玉県都市競艇組合議会議員1人の選挙を行います。

 選挙依頼書につきましては、お手元に配付しておきましたので、御了解いただきます。

 おはかりいたします。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選とし、議長から指名したいと思いますが、これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選とし、議長から指名することに決定いたしました。

 埼玉県都市競艇組合議会議員に、青羽健仁議員を指名いたします。

 おはかりいたします。

 ただいま指名いたしました青羽健仁議員を埼玉県都市競艇組合議会議員の当選人と定めることに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認めます。

 よって、青羽健仁議員が埼玉県都市競艇組合議会議員に当選されました。

 ここで、会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案の報告



○青羽健仁議長 次に、議員提出議案が2件提出されております。

 議案につきましては、お手元に配付しておきましたので、御了承願います。

〔参照〕−議員提出議案−

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第4号の上程



○青羽健仁議長 はじめに、議員提出議案第4号「政治倫理の確立のためのさいたま市議会議員の資産等の公開等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」を議題といたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案説明



○青羽健仁議長 議案の説明を求めます。

 清水賢一議員

      〔清水賢一議員登壇〕(拍手起こる)



◆清水賢一議員 清水賢一でございます。議員提出議案第4号「政治倫理の確立のためのさいたま市議会議員の資産等の公開等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」御説明いたします。

 本件は、本年10月1日の郵政民営化による郵便貯金法の廃止及び証券取引法の一部改正に伴い、所要の改正を行うものでございます。その主な内容ですが、日本郵政公社の民営化に合わせ、郵便貯金法が廃止されることに伴い、郵便貯金に係る規定の整備をするものでございます。また、証券取引法等の一部を改正する法律により、条例で引用する法律の題名を改めるとともに、有価証券の定義に信託の受益権が含まれることとなることに伴い、金銭信託の規定を削るものでございます。あわせて、株券のペーパーレス化に伴い、株券が発行されていない場合は、当該株券に表示されるべき権利を資産等報告書に記載することとするものでございます。

 なお、施行期日は、平成19年10月1日等とするものでございます。

 平成19年6月20日提出

           提出者 さいたま市議会議員 清水賢一

                   同     高橋勝頼

                   同     神崎 功

                   同     山崎 章

           賛成者 さいたま市議会議員 土橋貞夫

                   同     上三信 彰

                   同     高柳俊哉

                   同     神田義行

                   同     細川邦子

                   同     岡 真智子

                   同     関根隆俊

 以上、議員提出議案第4号の説明を終わります。なにとぞ全議員の賛成をよろしくお願い申し上げます。



○青羽健仁議長 議案の説明が終わりました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑、委員会付託、討論の省略



○青羽健仁議長 おはかりいたします。

 本件につきましては、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認め、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第4号の採決−可決



○青羽健仁議長 おはかりいたします。

 議員提出議案第4号「政治倫理の確立のためのさいたま市議会議員の資産等の公開等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」は、原案のとおり可決することに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認めます。

 よって、議員提出議案第4号は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第5号の上程



○青羽健仁議長 次に、議員提出議案第5号「日豪EPA(経済連携協定)締結交渉に関する意見書」を議題といたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議案説明



○青羽健仁議長 議案の説明を求めます。

 高橋勝頼議員

      〔高橋勝頼議員登壇〕(拍手起こる)



◆高橋勝頼議員 議員提出議案第5号「日豪EPA(経済連携協定)締結交渉に関する意見書」について御説明申し上げます。

 本件は、本年4月から開始されました日豪EPA(経済連携協定)締結交渉において、オーストラリア政府が我が国に対し、農産物も含む関税の全面的な撤廃を強く求めてくると見られることから、これを受け入れた場合、我が国の農業が壊滅的な打撃を受けることは必至であり、さらには関連産業や地域経済への悪影響、国土や環境の保全といった農業の持つ多面的機能、食料自給率等、その影響は我が国の社会全体に大きく波及することが懸念され、さいたま市の農業におきましても、都市型農業の健全な発展に大きな影響が及ぶと見込まれるところから、国に対し意見書を提出しようとするものでございます。

 具体的な意見の内容でございますが、締結交渉に当たっては、米、小麦、牛肉、乳製品、砂糖などの農林水産物の重要品目を交渉品目から除外することとし、万一これが受け入れられない場合には、交渉の中断も含めた厳しい判断をすることとするとともに、締結交渉の帰趨いかんでは、国内農林水産業、関連産業及び地域経済に及ぼす影響が甚大であることにかんがみ、国内農業の多面的機能の発揮と国内自給による食料安全保障の確保を基本として、各国の多様な農業が共存できる貿易ルールを確立することとしております。

 平成19年6月20日提出

           提出者 さいたま市議会議員 清水賢一

                   同     高橋勝頼

                   同     神崎 功

                   同     山崎 章

           賛成者 さいたま市議会議員 土橋貞夫

                   同     上三信 彰

                   同     高柳俊哉

                   同     神田義行

                   同     細川邦子

                   同     岡 真智子

                   同     関根隆俊

 以上で説明を終わります。よろしくお願い申し上げます。



○青羽健仁議長 説明が終わりました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑、委員会付託、討論の省略



○青羽健仁議長 おはかりいたします。

 本件につきましては、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議事進行について

      〔吉田一郎議員「議長、議事進行について」と言い、発言の許可を求める〕



○青羽健仁議長 吉田一郎議員

      〔吉田一郎議員登壇〕



◆吉田一郎議員 ただいま議長から、この議員提出議案第5号の採決を行おうとしたと思いますけれども、私のような無所属の議員にとって、この議員提出議案第5号はきょうはじめていきなり出されたものでございます。申し合わせ事項によりますと、意見書については質疑や討論を行わないとなっておりますし、もともと私たち無所属の議員は質疑や討論もできないことになっています。いきなりこういった意見書の案を出されて、ちょろちょろと説明されただけでその場で賛否を決めろといっても、これは無理でございます。これが市政に関することでしたら、市議会議員としての職責がございますので、いきなり出されたものでも賛否の判断を下すと、こういったことは行いますけれども、この議員提出議案第5号は、これは国政にかかわることでございますので、専門分野外のことでございます。いきなり賛否を決めろというのは無理でございます。

 実は私18日の議会運営委員会を傍聴しておりましたけれども、そのときも議運理事会ですとか、もしくは代表者会議だか、そういった議員も傍聴できない場で、いわば密室審議のような場所で各会派の意見が一致しましたと報告されただけでございます。一体意見書の内容がどういったものか、またどういった討論があってまとめた案なのかは、議運を傍聴してもさっぱり私もわかりませんでした。したがいまして、この意見書に関しては次の議会で継続審査としていただきたい。または、時間的に急いでいるというのなら、会期延長をして私たちが審査する時間を与えてほしいと思います。やはり無所属議員の意見を言う場も全く与えないで、民主主義の原点である討論を軽視してまとめた意見書というのはいかがなものかと思います。

 以上、よろしくお願いいたします。



○青羽健仁議長 ただいまの吉田議員の発言について整理いたします。

 中身からいたしまして、議事進行には当たらないと判断いたしますが、ただ質疑、委員会付託、討論省略については御異議があると、その御意見だけはよくわかりましたので、少数意見を最大限尊重いたしまして、ただいまから本件につきまして質疑、委員会付託、討論を省略することをおはかりいたします。

 本件につきましては、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立多数であります。

 よって、本件は質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決することと決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第5号の採決−可決



○青羽健仁議長 おはかりいたします。

 議員提出議案第5号「日豪EPA(経済連携協定)締結交渉に関する意見書」は、原案のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立多数であります。

 よって、議員提出議案第5号は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

 なお、ただいま議決されました意見書の取り扱いについては、議長に一任願います。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△請願の委員会付託



○青羽健仁議長 次に、請願の委員会付託を行います。

 今定例会に提出されました請願は、請願第5号から第15号の11件であります。

 おはかりいたします。

 本請願11件は、お手元に配付しておきました請願付託表のとおり、所管の委員会に付託し、閉会中の継続審査とすることに賛成の議員の……

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△動議の提出

      〔吉田一郎議員「議長、議事進行」と言い、発言の許可を求める〕



○青羽健仁議長 吉田一郎議員

      〔吉田一郎議員登壇〕



◆吉田一郎議員 たびたびどうも、吉田一郎でございます。

 ただいま議長におかれましては、今回の議会に提出されている請願について委員会付託、閉会中の継続審査という方向で進行しようとされましたけれども、私はこれに議事進行をかけさせていただきます。と申しますのは、今回提出されている請願、その中に表題からしてもわかりますように、6月議会でと明記されているものがございます。これを継続審査として9月議会に回すというのは、やはりこれはおかしいのではないでしょうか。

 特にテレビ、議会の広報番組に関しての請願ですけれども、これも7月8日放送とあります。ですから、9月の議会で話していたのでは、これはおかしいことになります。特にこのテレビ広報番組に関してなのですけれども、5月31日の議会運営委員会の場で初めて明らかになった件でございます。仮にこれを急施案件として求めようとする場合、現行の申し合わせ事項によると、6月議会が始まる7日前までに提出という形になります。となりますと、5月31日の議運の場で初めて明らかになった内容に関するものを5月31日の議運の前に提出しなければならない、これは実質上住民からの請願権が行使できないという今の制度の欠陥もございます。こういった意味で、この請願に関してはすべて本議会で取り扱っていただけるようにお願いいたします。



○青羽健仁議長 吉田議員に確認いたしますが、極めて民主的に進めたいために確認させていただきます。

 ただいまの発言は、議事進行ということで挙手されましたので、議事進行に当たるかどうか判断いたしますが、議事進行には当たらないと私は判断いたします。したがいまして、先ほどのように動議を提出されるのであれば、再度挙手のうえ、動議の内容を明らかにしたうえ、発言を再度お願いいたします。なお、御注意いただきたい点を申し上げますが、先ほど請願第14号、第15号についての本議会での直ちの議題としての取り上げについては否決されておりますので、動議は否決されておりますので、これ以外の請願について、どの請願をどのように取り扱ってほしいかという動議について明確にしたうえ、動議での発言をされるなら発言をお願いいたします。

 吉田一郎議員

      〔吉田一郎議員登壇〕



◆吉田一郎議員 不明確な点があり、申しわけございませんでした。改めて動議という形で発言したいと思います。

 請願第5号、第6号並びに請願第10号、第11号、第12号、第13号について継続審査とせず、本会期中に討論並びに採決を行っていただくようお願い申し上げます。



○青羽健仁議長 ただいま動議が吉田一郎議員から提出されました。

 動議の内容を議長から整理いたします。動議の内容は、請願第5号、第6号、第10号、第11号、第12号及び第13号、以上6件の請願につきましては閉会中の継続審査とせず、今期中直ちに委員会付託のうえ、結論を出せと、こういう動議でございます。本動議の成立につきましては、所定の賛成者が必要でございますので、議場の皆様に確認いたします。

 先ほど私から申し上げた吉田議員提出の動議について、これを取り扱うことに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立がおりませんので、所定の賛成者がおりませんので、動議は取り扱わないことといたします。

 それでは、進めます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△請願の委員会付託(続き)



○青羽健仁議長 先ほどの請願すべてについての委員会付託を行います。

 今定例会中に提出されました請願は11件であります。

 おはかりいたします。

 本請願11件は、所管の委員会に付託し、閉会中の継続審査とすることに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○青羽健仁議長 起立多数であります。

 よって、本請願11件は閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

〔参照〕−請願付託表−

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議員派遣の件



○青羽健仁議長 次に、議員派遣の件を議題といたします。

 おはかりいたします。

 議員派遣につきましては、会議規則第157条の規定により、お手元に配付しておきました議員派遣の件のとおりといたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認め、そのように決定いたします。

 なお、諸般の事情による変更については、議長に一任願います。

〔参照〕−議員派遣の件−

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△特別委員会の設置及び付託



○青羽健仁議長 次に、特別委員会の設置を議題といたします。

 おはかりいたします。

 政治倫理確立に向けた調査研究及び政治倫理基準の違反審査については、政治倫理特別委員会を14名の委員をもって、大都市にふさわしい行財政制度確立のための調査研究、地方分権改革推進のための調査研究については、大都市行財政制度調査特別委員会を14人の委員をもって、並びに行財政改革推進のための調査研究については、行財政改革推進特別委員会を14名の委員をもってそれぞれ設置し、それに付託のうえ、調査期間については調査終了までとすることにしたいと思います。これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と言う人あり〕



○青羽健仁議長 御異議なしと認め、そのように決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△特別委員の選任



○青羽健仁議長 次に、ただいま設置いたしました各特別委員の選任を行います。

 特別委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、お手元に配付しておきました特別委員名簿のとおり議長から指名いたしますので、御了承いただきたいと思います。

〔参照〕

      特別委員会

 政治倫理特別委員会

  日下部伸三   宮沢則之    傳田ひろみ

  吉田一郎    沢田 力    井上洋平

  中島隆一    熊谷裕人    青柳伸二

  武笠光明    高柳俊哉    添野ふみ子

  神田義行    高橋勝頼

 大都市行財政制度調査特別委員会

  丹羽宝宏    村松順子    新藤信夫

  小森谷 優   阪本克己    戸島義子

  関根信明    萩原章弘    霜田紀子

  斉藤真起    野呂多美子   野口吉明

  花岡能理雄   白石孝志

 行財政改革推進特別委員会

  桶本大輔    三神尊志    池田麻里

  北村隆幸    輿水恵一    高野秀樹

  岡 真智子   土橋貞夫    上三信 彰

  土井裕之    鳥海敏行    加藤得二

  中山輝男    細沼武彦



○青羽健仁議長 ただいま選任いたしました各特別委員の方々は、次の休憩中にそれぞれ委員会を開き、正副委員長の互選を行い、その結果を議長に報告願います。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩の宣告



○青羽健仁議長 暫時、休憩いたします。

午前11時39分休憩

        −−−−−−−−−−−−−−−−

午後1時00分再開

  出席議員    63名

     1番   2番   4番   5番   6番   7番

     8番   9番   10番   11番   12番   13番

     14番   15番   16番   17番   18番   19番

     20番   21番   22番   23番   24番   25番

     26番   27番   28番   29番   30番   31番

     32番   33番   34番   35番   36番   37番

     38番   39番   40番   41番   42番   43番

     44番   45番   46番   47番   48番   49番

     50番   51番   52番   53番   54番   55番

     56番   57番   58番   59番   60番   61番

     62番   63番   64番

  欠席議員    1名

     3番



△再開の宣告



○青羽健仁議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△各特別委員会正副委員長の互選結果報告とあいさつ



○青羽健仁議長 休憩中に行われました各特別委員会における正副委員長の互選結果について報告いたします。

 はじめに、政治倫理特別委員長 高柳俊哉議員、同じく副委員長 神田義行議員、正副委員長御登壇いただきまして、代表して委員長からごあいさつをお願いいたします。

      〔高柳俊哉議員、神田義行議員登壇〕(拍手起こる)



◆高柳俊哉政治倫理特別委員長 このたび委員長に選任されました高柳でございます。



◆神田義行政治倫理特別副委員長 副委員長に選出されました神田でございます。



◆高柳俊哉政治倫理特別委員長 政治倫理の課題、改選前の議会からの引き継ぎ事項もございますので、ぜひ議論を深め、集約の方向で図っていきたいと思っていますので、各会派の協力をよろしくお願いいたします。(拍手起こる)



○青羽健仁議長 続きまして、大都市行財政制度調査特別委員長 野口吉明議員、同じく副委員長 花岡能理雄議員が選任されましたので、正副委員長御登壇いただきまして、代表して野口委員長からごあいさつをお願いいたします。

      〔野口吉明議員、花岡能理雄議員登壇〕(拍手起こる)



◆野口吉明大都市行財政制度調査特別委員長 このたび大都市行財政制度調査特別委員会委員長としてお世話になることになりました野口吉明でございます。



◆花岡能理雄大都市行財政制度調査特別副委員長 副委員長でお世話になります花岡能理雄でございます。よろしくお願いいたします。



◆野口吉明大都市行財政制度調査特別委員長 私どもの調査特別委員会、大都市にふさわしい行財政制度、そしてまた地方分権の確立に向けての調査研究を進めてまいる委員会でございます。もとより浅学非才の身ではありますけれども、花岡副委員長ともども力を合わせまして、その職務のために頑張ってまいりますので、執行部の皆さん、そして議員の皆さんの御理解ある御指導を賜りたく、心からお願い申し上げまして、就任のごあいさつといたします。よろしくお願いいたします。(拍手起こる)



○青羽健仁議長 続きまして、行財政改革推進特別委員長 上三信彰議員、同じく副委員長 土井裕之議員が選任されましたので、正副委員長御登壇いただきまして、代表して上三信委員長からごあいさつをお願いいたします。

      〔上三信彰議員、土井裕之議員登壇〕(拍手起こる)



◆上三信彰行財政改革推進特別委員長 このたび行財政改革推進特別委員会の委員長に御選任いただきました上三信彰でございます。よろしくお願い申し上げます。



◆土井裕之行財政改革推進特別副委員長 同じく副委員長に選出されました土井裕之です。よろしくお願いします。



◆上三信彰行財政改革推進特別委員長 この委員会は、今回初めて設置される委員会でございますし、また行財政改革という大変重要な、また大きなテーマでございますので、しっかり目的達成のために土井副委員長とともに、また議員の皆様、執行部の皆様の御支援と御協力をいただきまして、目的を達成していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手起こる)



○青羽健仁議長 以上をもちまして、各特別委員会の正副委員長の報告並びにあいさつを終わります。

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○青羽健仁議長 以上で、今定例会の議事はすべて終了いたしました。

 この際、市長からあいさつのため発言を求められておりますので、お願いいたします。

 市長

      〔市長登壇〕



◎相川宗一市長 平成19年6月定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 今議会に提案いたしました諸議案につきましては、慎重なる御審議のうえ、麻疹撲滅緊急対策にかかわる追加提案の補正予算議案を含め、すべて御承認いただき、厚く御礼を申し上げます。審議の過程でお寄せいただきました貴重な御意見や御要望につきましては、今後の市政運営の参考としてまいりたいと存じます。

 さて、さいたまコールセンターを7月1日から開設いたします。コールセンターでは、市のサービス内容や手続、イベント情報など市政全般に関する市民からの問い合わせに午前8時から午後9時まで、年中無休で専門のオペレーターが対応いたします。今後も市民サービスのさらなる向上を目指して、事業の充実を図ってまいります。

 また、6月26、27日の2日間、中国、韓国など9か国が参加する第1回国連北東アジアさいたまシンポジウムが大宮ソニックシティで開催されます。世界各国から大勢のお客様をお迎えした昨年のエコアジア2006に続く国際会議の開催であり、こうした経験を積み重ねることにより国際都市の形成に向けた機運の醸成が図られ、国際都市にふさわしい風格も備わってくるものと考えております。

 終わりに、例年よりおくれて梅雨入りいたしましたが、議員の皆様には健康に御留意いただき、ますますの御活躍を祈念申し上げ、閉会のあいさつといたします。どうもありがとうございました。(拍手起こる)

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△議長あいさつ



○青羽健仁議長 閉会に当たりまして、私からも一言御礼のごあいさつを申し上げます。

 6月定例会、本日で終わるわけでございますけれども、終始御熱心に御審議いただきまして、誠にありがとうございました。また、本定例会中に表明されました各議員の意見、要望につきましては、市長をはじめ執行部におきましても尊重されるようお願い申し上げます。

 また、常任委員会の活性化という機運が非常に高まってまいりまして、閉会中も開催される常任委員会が多いと思いますが、ぜひとも活発な御議論をいただきまして、市政進展のために御努力を賜りますよう衷心からお願い申し上げまして、私からのあいさつとさせていただきます。お疲れさまでした。ありがとうございました。(拍手起こる)

        −−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○青羽健仁議長 これで、平成19年6月定例会を閉会いたします。

午後1時08分閉会

        −−−−−−−−−−−−−−−−