議事ロックス -地方議会議事録検索-


群馬県 安中市

平成23年  6月 定例会(第2回) 06月13日−委員長報告、質疑、討論、採決−03号




平成23年  6月 定例会(第2回) − 06月13日−委員長報告、質疑、討論、採決−03号







平成23年  6月 定例会(第2回)





             平成23年第2回安中市議会定例会

議 事 日 程(第3号)

                           平成23年6月13日(月曜日)午前9時開議

第 1 委員長報告(福祉民生常任委員長)                            
    議案第44号 安中市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例について      
第 2 委員長報告(経済建設常任委員長)                            
    議案第46号 平成23年度安中市下水道事業特別会計補正予算(第1号)          
第 3 委員長報告(総務文教常任委員長)                            
    議案第42号 安中市市税条例の一部を改正する条例について                
    議案第43号 安中市立学校設置条例の一部を改正する条例について             
    議案第45号 平成23年度安中市一般会計補正予算(第1号)               
第 4 議会議案第2号 義務教育費国庫負担制度の堅持と国負担割合2分の1復元を求める意見書(案)
第 5 議員派遣について                                    
第 6 特定事件の閉会中継続審査の付託                             
                                              
本日の会議に付した事件
 議事日程に同じ
                                              
出席議員(24名)
     1番   金  井  久  男  議員     2番   櫻  井  ひ ろ 江  議員
     3番   柳  沢  浩  之  議員     4番   佐  藤  貴  雄  議員
     5番   吉  岡     登  議員     6番   小  林  訂  史  議員
     7番   今  井  敏  博  議員     8番   吉  岡  完  司  議員
     9番   武  者  葉  子  議員    10番   上  原  富 士 雄  議員
    11番   川  崎  文  雄  議員    12番   小  宮  ふ み 子  議員
    13番   大  野  貞  義  議員    14番   奥  原  賢  一  議員
    15番   齊  藤  盛  久  議員    16番   中  島  ?  造  議員
    17番   土  屋     弘  議員    18番   高  橋  由  信  議員
    19番   柳  沢  吉  保  議員    20番   上  原  和  明  議員
    21番   田  中  伸  一  議員    22番   廣  瀬     晃  議員
    23番   伊  藤     清  議員    24番   柳  沢  健  一  議員

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席した者の職氏名
  市   長   岡  田  義  弘      総 務 部長   鳥  越  一  成
  財 務 部長   須  藤  俊  夫      市 民 部長   松  岡  隆  夫

  保 健 福祉   松  本  次  男      産 業 部長   駒  井     悟
  部   長

  建 設 部長   佐  藤  徹  也      上 下 水道   富  田     恭
                          部   長

  松 井 田   荒  川     明      公   立   上  原  康  次
  支 所 長                   碓 氷 病院
                          事 務 部長

  秘 書 行政   吉  田     隆      財 政 課長   田  中  好  孝
  課   長

  国 保 年金   萩  原     章      健 康 課長   小 板 橋  昌  之
  課   長

  建 築 住宅   猿  井  晴  一      商 工 観光   小  林  史  生
  課   長                   課   長

  下水道課長   小  林     均      公   立   神  宮     潔
                          碓 氷 病院
                          総 務 課長

  監 査 委員   平  柳  之  稔      農業委員会   佐  藤  正  二
  事 務 局長                   事 務 局長

  会計管理者   田  中  文  夫      教 育 長   中  澤  四  郎
  (会計課長)

  教育委員会   佐  俣  信  之      教育委員会   萩  原  豊  彦
  教 育 部長                   総 務 課長
                                              
本会議に出席した事務局職員
  事 務 局長   原        要      事務局次長   嶋  田  一  弘
                          兼 議 事
                          事 務 担当

  庶務係長兼   原        守
  調 査 係長



                                              



△開議の宣告



○議長(奥原賢一議員) ただいまの出席議員は24名であります。よって、会議は成立いたしました。

  直ちに本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時01分)

                                              



△議案第44号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(奥原賢一議員) 日程第1、委員長報告。

  議案第44号 安中市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

  本件に関し、委員長の報告を求めます。

  福祉民生常任委員長、上原富士雄議員の登壇を願います。

  上原富士雄議員。

               〔福祉民生常任委員長 上原富士雄議員登壇〕



◎福祉民生常任委員長(上原富士雄議員) 皆さん、おはようございます。議長のご指名によりまして、福祉民生常任委員会のご報告を申し上げます。

  去る6月1日、本会議において本委員会に付託になりました議案第44号 安中市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例につきまして、審査の概要と結果についてご報告を申し上げます。

  福祉民生常任委員会は、去る6月6日午前9時より、委員会室において委員全員と執行部の出席を求め開会し、直ちに議案審査に入りました。

  まず、議案第44号 安中市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例について審査を行い、委員より、神経内科が追加されるということですが、これは医師がふえるのかどうかと質疑があり、答弁では、今回の神経内科の医師は非常勤で月1度の診察でありますとの答弁がありました。

  また、別の委員より、神経内科というと、精神科とか心療内科とか紛らわしい感じがするが、どういうものかと質疑があり、神経内科は、脳神経系脳疾患を取り扱うことになり、パーキンソン病や脳梗塞、また手足のしびれ、震えなど、脳や脊髄、筋肉の病気を診る内科であり、精神的な病気を診るわけではなく、実際に筋肉などの組織につながり、信号を伝えている実態のある神経の疾患を診るもので、したがって、体の動きがおかしい、傾く、力が入らないなどの神経の異常が疑われる場合に神経内科の問い合わせになりますとの答弁がありました。

  討論なく、採決の結果、委員全員により原案は可決いたしました。

  以上が福祉民生常任委員会に付託となりました議案審査の概要と結果でございます。

  以上申し上げまして、私からの報告とさせていただきます。



○議長(奥原賢一議員) 福祉民生常任委員長の報告が終わりました。

  これより議案第44号の委員長報告に対する質疑を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。

  これより討論を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) 討論を終結いたします。

  これより議案第44号の採決を行います。

  本案に対する委員長報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(奥原賢一議員) 挙手全員であります。

  よって、議案第44号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第46号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(奥原賢一議員) 日程第2、委員長報告。

  議案第46号 平成23年度安中市下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

  本件に関し、委員長の報告を求めます。

  経済建設常任委員長、今井敏博議員の登壇を願います。

  今井敏博議員。

               〔経済建設常任委員長 今井敏博議員登壇〕



◎経済建設常任委員長(今井敏博議員) 皆さん、おはようございます。ご指名を受けましたので、経済建設常任委員会のご報告を申し上げます。

  去る6月1日、本会議におきまして本委員会に付託になりました議案第46号 平成23年度安中市下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、審査の概要と結果をご報告申し上げます。

  本委員会は、6月7日午前9時より、委員会室において委員全員と執行部の出席を求め開会し、議案審査に入りました。

  質疑に入り、公共下水道維持管理事業の内容と公共下水道汚泥処理の維持管理費自治体負担について質疑があり、12節役務費がマンホールポンプ貯留汚水の吸引ポンプ手数料であり、内訳として、4万4,000円の消費税、4社10回分として184万8,000円を計上しているとのことです。内容は、緊急停電時にマンホールからの汚水漏えい防止の処置であるとのことです。15節の工事請負費につきましては、マンホールポンプの非常用電源として発電機を設置する工事であり、米山地区と下の堀地区の2カ所であるとの答弁がなされました。

  次に、発電機燃料の保守管理と有事の際の燃料補給について質疑があり、燃料については軽油使用でおおむね二、三年は大丈夫でありますが、毎月点検等で試運転を行うことが保守点検の前提となっており、有事の際は職員と設置業者とで徹底した管理をしていくとの答弁がなされました。

  さらに、停電時に発電機が動作しているかどうかの確認はどうされているのか、また地区のボランティアの方にお願いすることも必要ではないかとの質疑があり、最初の質疑につきましては、職員が現場へ駆けつける体制をとることになりますが、異常時には配電盤上のパトライトが回転するとのことで、あとの質疑につきましては、地元の方の協力を検討させていただきますとの答弁がなされました。

  さらに、発電機の設置場所は前述の2カ所のほかにまだあるかどうかとの質疑がありまして、緊急性があるところはあと1カ所、川原町にあり、現在発電機設置の土地確保の検討をしているとの答弁がなされました。

  最後に、市で行っている古城団地とみのりが丘の汚泥処理について質疑があり、それぞれ、古城団地は下水道に直結済み、みのりが丘はクリーンセンターへ浄化槽汚泥ということで計画的に搬入をさせていただいているとの答弁がなされました。

  その後、討論なく、全員により原案を可と決しました。

  以上が本委員会に付託になりました議案審査の概要と結果であります。

  以上申し上げまして、私からの報告を終わります。



○議長(奥原賢一議員) 経済建設常任委員長の報告が終わりました。

  これより議案第46号の委員長報告に対する質疑を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。

  これより討論を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって討論を終結いたします。

  これより議案第46号の採決を行います。

  本案に対する委員長報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(奥原賢一議員) 挙手全員であります。

  よって、議案第46号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第42号、議案第43号、議案第45号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(奥原賢一議員) 日程第3、委員長報告。

  議案第42号 安中市市税条例の一部を改正する条例について、議案第43号 安中市立学校設置条例の一部を改正する条例について、議案第45号 平成23年度安中市一般会計補正予算(第1号)、以上3件を一括議題といたします。

  本件に関し、委員長の報告を求めます。

  総務文教常任委員長、上原和明議員の登壇を願います。

  上原和明議員。

               〔総務文教常任委員長 上原和明議員登壇〕



◎総務文教常任委員長(上原和明議員) 皆さん、おはようございます。ご指名を受けましたので、総務文教常任委員会のご報告を申し上げます。

  去る6月1日、本会議におきまして本委員会に付託になりました議案第42号、議案第43号、議案第45号の3議案につきまして、審査の概要と結果をご報告申し上げます。

  本委員会は、6月3日午前9時より、委員会室において委員全員と執行部の出席を求め開会し、議案審査に入りました。

  議案第42号 安中市市税条例の一部を改正する条例について、質疑、討論なく、採決の結果、委員全員により原案を可と決しました。

  次に、議案第43号 安中市立学校設置条例の一部を改正する条例について質疑に入り、委員より、安中市立松井田西中学校の廃校に至るまでの生徒数の推移、実態、今後の見通しと現在の入牧小から坂本小へ運行されているスクールバスについて、現在は地域の住民も乗車ができる運行体系だが、今後の対応についてとの質疑があり、生徒数の推移は、22年度は27名、23年度は18名、24年度は13名、25年度10名、26年度は17名、27年度は16名、28年度は11名、29年度は6名の推計となっている。スクールバスについては、はっきりとした対応は教育委員会として持っていない。今後、ジャンボタクシー等も考えながら進めていくとの答弁があり、次に、東中学校との統合に至るまでの経緯の中、保護者と地域住民の皆さんとの意見に多少の相違があったと聞いているが、さらに1995年の入牧小学校の廃校後、地域の過疎化が進行したというのは事実である。今後の坂本地区の活性化対策はとの質疑があり、保護者には地区により賛成、反対等の意見はあったが、ゼロ歳までの生徒数の推移を示したところ、平成22年度統合やむなしとの理解をいただいた。地域住民には、区長との数回にわたる話し合いや去る2月19日、坂本小学校の体育館において坂本地区住民への説明会を開催し、地域全体とすればオーケーとは言えないが、保護者の立場を考慮し、苦渋の選択をした。また、西中にかかわる地域の活性化対策については、学校は地域の象徴であり、発展のかなめと思っている。風光明媚な坂本地区をもう一度よみがえらせなければならないとの思いで、政策的にしっかりと目を向けていかなければいけない事案だと思っているとの答弁があり、次に委員より、地元との協議の中で廃校後の利活用について具体的な提案等があったのか、また横川地区の最終避難場所になっているがとの質疑があり、提案等はいろいろあったが、その一つに、地域の活性化のため、公共施設の設置についての提案があった。また、避難場所については、建物自体は残ると思うので、避難は可能と思われるが、今後検討していくとの答弁がなされ、討論なく、採決の結果、委員全員により原案を可と決しました。

  次に、議案第45号 平成23年度安中市一般会計補正予算(第1号)について質疑に入り、委員より、7款商工費、観光費及び碓氷峠の森公園費について、デスティネーションキャンペーンとの関係だと思うが、アプトの道で毎日ハイキングを行うと聞いている。この対応と見込みについて、また全体的なデスティネーションキャンペーンの予想をどのようにとらえているかとの質疑があり、めがね橋もこの4月に駐車場がオープンしたが、トイレがなく、また水道もない。管理上設置が困難なため、碓氷湖の駐車場に仮設トイレを設置する。また、ことしの7月、8月、9月と群馬デスティネーションキャンペーンが開催されるが、JR東日本から、アプトの道周辺をコマーシャルとして取り上げて、その地域に集中的に誘客を図るという計画が進んでいると話をいただき、JRと地元自治体で取り組んでいただきたいとの旨の申し出があり、入り込み客数につきましてはJR利用者で2万人という試算をしている。車等で来る方もいるので、それらについてはなかなか読めないのが実態ですとの答弁があり、次に、10款教育費、学校教育指導事業の特別支援教育総合推進事業について、特別支援学級の生徒が71名、また言語障害の生徒が91名と急激な増加傾向にあるが、どのようにとらえられているのかとの質疑があり、特別支援教育については専門的な教育が必要なため、本年度より昨年度まで特別支援教育を担当していた退職職員を県費で任用し、特別支援学級を有する学校を巡回して指導していただいている。また、特別支援学級については特別な配慮が必要なため、特別支援教育推進協議会、子ども課、福祉課との連携を図り、相談ファイルを作成した。今年度、活用方法について研究していくとの答弁があり、次に、デスティネーションキャンペーンの関係で多くの観光客の対応について、ボランティアガイドの登録人数は、また麻苧茶屋の利活用について質疑があり、ボランティアガイドは4月1日現在で46名の登録があり、麻苧茶屋については、物産振興会で5月の連休に使用し、このデスティネーションキャンペーン中の7月、8月、9月の土日を含めて1カ月6日の利用も計画しているとの答弁があり、次に、3款民生費、災害救助費について、燃料費と光熱水費の詳細な説明をとの質疑があり、松井田地区のいこいの家の水道光熱費である。福島県から5世帯ほどの避難者が入居している。各部屋にメーターがなく、集中管理となっている。4月、5月の水道光熱費がわかり、年度内を想定し、9カ月分を計上している。なお、この費用については災害救助法に基づき補てんされるが、現時点では国から補てん率が明示されていないとの答弁があり、次に、4款衛生費、すみれケ丘聖苑管理運営事業について、自家発電機の購入と思われるが、今まで設置されていなかったのかとの質疑があり、すみれケ丘聖苑には自家発電機はなかったため、3月中旬から4月末日まで賃貸借契約をしてきた。現在、自家発電機の需要が非常に多い中、一たん解除してしまうと、再度必要になったとき、借りることが非常に困難な状況である。新規購入するには、受注生産のため、納品まで3カ月から4カ月程度要するため、賃貸借期間を6カ月をめどに1カ月ごとの契約更新を考えている。また、新規自家発電設備は容量50キロボルトアンペア程度の可搬式自家発電機を1台購入を予定しているとの答弁があり、次に、7款商工費、商工業振興事業の東日本大震災対策関連資金利子補給補助金について、具体的にどのような業種の事業者から希望が出ているのかとの質疑があり、去る3月11日の大震災の影響によって資金繰り等が大変な中小企業者の中で、群馬県経営サポート資金を受けた中小企業者に1年間に限り融資利率と同率の利子補給を行うものであり、現時点での受け入れ額は総額10億円を予定している。あくまでも企業者の申請が基本であり、安中市では群馬県経営サポート資金を利用した方が3月11日以降4月末日までで22件と聞いているが、実際に東日本大震災の影響による申請は確認していないとの答弁がなされ、討論なく、採決の結果、委員全員により原案を可と決しました。

  以上が本委員会に付託になりました議案審査の概要と結果でございます。

  以上申し上げまして、私からの報告を終わります。



○議長(奥原賢一議員) 総務文教常任委員長の報告が終わりました。

  これより議案第42号の委員長報告に対する質疑を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。

  これより討論を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって討論を終結いたします。

  これより議案第42号の採決を行います。

  本案に対する委員長報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(奥原賢一議員) 挙手全員であります。

  よって、議案第42号は原案のとおり可決されました。

  次に、議案第43号の委員長報告に対する質疑を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。

  これより討論を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって討論を終結いたします。

  これより議案第43号の採決を行います。

  本案に対する委員長報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(奥原賢一議員) 挙手全員であります。

  よって、議案第43号は原案のとおり可決されました。

  次に、議案第45号の委員長報告に対する質疑を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。

  これより討論を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって討論を終結いたします。

  これより議案第45号の採決を行います。

  本案に対する委員長報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(奥原賢一議員) 挙手全員であります。

  よって、議案第45号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議会議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(奥原賢一議員) 日程第4、議会議案第2号 義務教育費国庫負担制度の堅持と国負担割合2分の1復元を求める意見書(案)についてを議題といたします。

  お諮りいたします。本案については、会議規則第36条第3項の規定により、提案理由の説明を省略することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。

  よって、議会議案第2号については提案理由の説明を省略することに決しました。

  これより質疑を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております議会議案第2号については、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。

  よって、議会議案第2号は委員会付託を省略することに決しました。

  これより討論を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって討論を終結いたします。

  これより議会議案第2号の採決を行います。

  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(奥原賢一議員) 挙手全員であります。

  よって、議会議案第2号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議員派遣について



○議長(奥原賢一議員) 日程第5、議員派遣についてを議題といたします。

  お諮りいたします。議会報発行等に関する調査のため、お手元に配付しましたとおり議員派遣をしたいと思います。これに賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(奥原賢一議員) 挙手全員であります。

  よって、派遣することは可決されました。

  お諮りいたします。ただいま可決されました議員派遣の内容に今後変更を要するときは、その取り扱いを議長にご一任願いたいと思いますが、ご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認め、そのように決定いたしました。

                                              



△特定事件の閉会中継続審査の付託



○議長(奥原賢一議員) 日程第6、特定事件の閉会中継続審査の付託についてを議題といたします。



               閉会中継続審査申出一覧表

┌──────────┬──────────────────────────────────┐

│委  員  会  名│        件                名        │

├──────────┼──────────────────────────────────┤

│          │    1 市有財産管理状況について                 │

│          │    2 市税の適正課税について                  │

│          │    3 行政財政の実態について                  │

│          │    4 市行政の総合企画について                 │

│総務文教常任委員会 │                                  │

│          │    5 松井田支所の総合事務について               │

│          │    6 教育行政の運営及び施設整備について            │

│          │    7 文化財保護及び生涯学習の推進について           │

│          │    8 その他本委員会の所管に関する事項について         │

├──────────┼──────────────────────────────────┤

│          │    1 社会福祉・障害福祉対策について              │

│          │    2 介護保険の運営について                  │

│          │    3 少子高齢化対策について                  │

│          │    4 公立碓氷病院の運営及び市民の健康増進について       │

│          │    5 交通安全対策について                   │

│福祉民生常任委員会 │                                  │

│          │    6 環境衛生対策について                   │

│          │    7 国民健康保険事業及び老人保健事業並びに後期高齢者医療事業 │

│          │      の運営について                      │

│          │    8 防災対策について                     │

│          │    9 その他本委員会の所管に関する事項について         │

├──────────┼──────────────────────────────────┤

│          │    1 中小企業振興対策について                 │

│          │    2 観光振興対策について                   │

│          │    3 農業振興対策について                   │

│          │    4 団地造成及び工場誘致について               │

│経済建設常任委員会 │    5 都市計画事業の促進について                │

│          │    6 道路及び橋梁整備について                 │

│          │    7 公営住宅事業について                   │

│          │    8 上下水道施設の整備拡充について              │

│          │    9 その他本委員会の所管に関する事項について         │

├──────────┼──────────────────────────────────┤

│議会運営委員会   │    1 議会運営等に関することについて              │

└──────────┴──────────────────────────────────┘





○議長(奥原賢一議員) 各委員長から、目下委員会において審査中の事件につき、会議規則第103条の規定により、お手元に配付しました申出書のとおり閉会中の継続審査の申し出がありました。

  お諮りいたします。各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認め、そのように決定いたしました。

                                              



△閉会の宣告



○議長(奥原賢一議員) これで本議会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。

  以上で平成23年第2回定例会を閉会いたします。

                                      (午前 9時28分)