議事ロックス -地方議会議事録検索-


群馬県 安中市

平成23年  5月 臨時会(第3回) 05月17日−議長の選挙・副議長の選挙−01号




平成23年  5月 臨時会(第3回) − 05月17日−議長の選挙・副議長の選挙−01号







平成23年  5月 臨時会(第3回)





             平成23年第3回安中市議会臨時会

議 事 日 程(第1号)

                           平成23年5月17日(火曜日)午前9時開議

第 1 議長選挙                                        


議 事 日 程(第1号の2)


第 1 議席の指定                                       
第 2 会議録署名議員の指名                                  
第 3 会期の決定                                       
第 4 副議長選挙                                       
第 5 常任委員の選任                                     
第 6 議会運営委員の選任                                   
第 7 高崎市等広域市町村圏振興整備組合議会議員選挙                      
第 8 群馬県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙                        
第 9 安中市農業委員会選任委員の推せんについて                        
第10 承認第 1号 専決処分の承認を求めることについて                    
            ?平成22年度安中市一般会計補正予算(第9号)             
            ?平成22年度安中市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)       
            ?平成22年度安中市老人保健特別会計補正予算(第2号)         
            ?平成22年度安中市介護保険特別会計補正予算(第4号)         
            ?平成22年度安中市下水道事業特別会計補正予算(第3号)        
第11 承認第 2号 専決処分の承認を求めることについて                    
            安中市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について          
第12 議案第39号 監査委員の選任について                          
第13 議案第40号 固定資産評価員の選任について                       
第14 特定事件の閉会中継続審査の付託                             
                                              
本日の会議に付した事件
 議事日程に同じ
                                              
出席議員(24名)
     1番   金  井  久  男  議員     2番   櫻  井  ひ ろ 江  議員
     3番   柳  沢  浩  之  議員     4番   佐  藤  貴  雄  議員
     5番   吉  岡     登  議員     6番   小  林  訂  史  議員
     7番   今  井  敏  博  議員     8番   吉  岡  完  司  議員
     9番   武  者  葉  子  議員    10番   上  原  富 士 雄  議員
    11番   川  崎  文  雄  議員    12番   小  宮  ふ み 子  議員
    13番   大  野  貞  義  議員    14番   奥  原  賢  一  議員
    15番   齊  藤  盛  久  議員    16番   中  島  ?  造  議員
    17番   土  屋     弘  議員    18番   高  橋  由  信  議員
    19番   柳  沢  吉  保  議員    20番   上  原  和  明  議員
    21番   田  中  伸  一  議員    22番   廣  瀬     晃  議員
    23番   伊  藤     清  議員    24番   柳  沢  健  一  議員

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席した者の職氏名
  市   長   岡  田  義  弘      総 務 部長   鳥  越  一  成
  財 務 部長   須  藤  俊  夫      市 民 部長   松  岡  隆  夫

  保 健 福祉   松  本  次  男      産 業 部長   駒  井     悟
  部   長

  建 設 部長   佐  藤  徹  也      上 下 水道   富  田     恭
                          部   長

  松 井 田   荒  川     明      公   立   上  原  康  次
  支 所 長                   碓 氷 病院
                          事 務 部長

  秘 書 行政   吉  田     隆      財 政 課長   田  中  好  孝
  課   長

  国 保 年金   萩  原     章      介 護 高齢   三  宅     勉
  課   長                   課   長

  都 市 整備   角  井  富  夫      農 林 課長   浅  川  久  志
  課   長

  下水道課長   小  林     均      公   立   神  宮     潔
                          碓 氷 病院
                          総 務 課長

  監 査 委員   平  柳  之  稔      農業委員会   佐  藤  正  二
  事 務 局長                   事 務 局長

  会計管理者   田  中  文  夫      教 育 長   中  澤  四  郎
  (会計課長)

  教育委員会   佐  俣  信  之      教育委員会   清  水  陽  二
  教 育 部長                   学 校 教育
                          課   長
                                              
本会議に出席した事務局職員
  事 務 局長   原        要      事務局次長   嶋  田  一  弘
                          兼 議 事
                          事 務 担当

  庶務係長兼   原        守
  調 査 係長



                                              



△臨時議長の紹介



◎事務局長(原要) 皆様、おはようございます。本日は一般選挙後初めての議会でありますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定により、年長議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。出席議員中、大野貞義議員が年長の議員でございますので、お願いいたします。

               〔年長議員 大野貞義議員、議長席に着く〕



○臨時議長(大野貞義議員) 皆さん、おはようございます。ただいまご紹介いただきました大野貞義でございます。地方自治法第107条の規定により、臨時議長の職務を行います。何とぞよろしくお願い申し上げます。

                                                



△市長のあいさつ



○臨時議長(大野貞義議員) 招集のあいさつを市長にお願いしたいと思います。

  市長の登壇を願います。

  市長。

               〔市長 岡田義弘登壇〕



◎市長(岡田義弘) 皆様、おはようございます。平成23年第3回安中市議会臨時会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

  本日ここに臨時議会をお願いいたしましたところ、議員各位におかれましては時節柄ご多用の折にもかかわらずご出席を賜り開会できますことに、心から感謝を申し上げる次第でございます。また、先般の市議会議員選挙におきまして、市民の信望を担ってめでたくご当選されましたことに対しまして、改めて心からお祝いを申し上げますとともに、市政推進のために特段のご指導、ご協力を賜りますようお願い申し上げる次第でございます。

  さて、本日ご提案申し上げますのは、専決処分の承認を求めることについてが2件と、議案といたしまして人事案件が2件の合わせて4件でございます。よろしくご審議をいただきまして、ご議決を賜りますようお願い申し上げ、開会のごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

                                                



△開会の宣告



○臨時議長(大野貞義議員) ただいまから平成23年安中市議会第3回臨時会を開会いたします。

                                      (午前 8時58分)

                                                



△仮議席の指定



○臨時議長(大野貞義議員) この際、議事の進行上、仮議席を指定いたします。

  仮議席はただいまご着席の議席を指定いたします。

                                                



△開議の宣告



○臨時議長(大野貞義議員) ただいまの出席議員は24名であります。よって、会議は成立いたしました。

  直ちに本日の会議を開きます。

                                                



△議長選挙



○臨時議長(大野貞義議員) 日程第1、議長の選挙を行います。

  選挙の方法につきましては、投票により行います。

  議場を閉鎖いたします。

               〔議場閉鎖〕



○臨時議長(大野貞義議員) ただいまの出席議員数は24名であります。

  投票用紙を配付いたさせます。

               〔投票用紙配付〕



○臨時議長(大野貞義議員) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(大野貞義議員) 配付漏れなしと認めます。

  投票箱を改めさせます。

               〔投票箱点検〕



○臨時議長(大野貞義議員) 異状ありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(大野貞義議員) 異状なしと認めます。

  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。

  投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票をお願いいたします。

  点呼を行います。



◎事務局長(原要) 点呼を行います。



    1番  金 井 久 男 議員     2番  櫻 井 ひろ江 議員

    3番  柳 沢 浩 之 議員     4番  佐 藤 貴 雄 議員

    5番  吉 岡   登 議員     6番  小 林 訂 史 議員

    7番  今 井 敏 博 議員     8番  吉 岡 完 司 議員

    9番  武 者 葉 子 議員     10番  上 原 富士雄 議員

    11番  川 崎 文 雄 議員     12番  小 宮 ふみ子 議員

    13番  大 野 貞 義 議員     14番  奥 原 賢 一 議員

    15番  齊 藤 盛 久 議員     16番  中 島 ? 造 議員

    17番  土 屋   弘 議員     18番  高 橋 由 信 議員

    19番  柳 沢 吉 保 議員     20番  上 原 和 明 議員

    21番  田 中 伸 一 議員     22番  廣 瀬   晃 議員

    23番  伊 藤   清 議員     24番  柳 沢 健 一 議員





○臨時議長(大野貞義議員) 投票漏れはありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(大野貞義議員) 投票漏れなしと認めます。

  投票を終了いたします。

               〔投票箱閉鎖〕



○臨時議長(大野貞義議員) 議場の閉鎖を解きます。

               〔議場開鎖〕



○臨時議長(大野貞義議員) 開票を行います。

  会議規則第30条第2項の規定により、立会人を指名いたします。

  立会人に、櫻井ひろ江議員、柳沢浩之議員、佐藤貴雄議員の3名をお願いしたいと思います。

  立ち会いをお願いいたします。

               〔開  票〕



○臨時議長(大野貞義議員) 選挙の結果を報告いたします。

  投票総数24票、これは先ほどの議員数に符合いたしております。

  そのうち

   有効投票  21票

   無効投票  3票

  有効投票中

   奥原賢一議員  19票

   金井久男議員  2票

  以上のとおりであります。

  この選挙の法定得票数は5票であります。よって、奥原賢一議員が議長に当選されました。

  ただいま議長に当選されました奥原賢一議員が議場におりますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。

                                                



△議長就任のあいさつ



○臨時議長(大野貞義議員) 議長に就任されました奥原賢一議員よりごあいさつがございます。

  議長のご登壇をお願いしたいと思います。

               〔14番 奥原賢一議員登壇〕



◎14番(奥原賢一議員) もとよりその器ではございませんが、皆様のご推挙により議長という大役をさせていただくことになりました。大変ありがとうございました。

  浅学非才な身でありますが、皆様のご協力を得ながら皆様とともに一生懸命安中市政繁栄のために頑張ってまいりたいと思います。つきましては、皆様のご協力、そしてご支援をよろしくお願い申し上げまして、簡単ではございますが、就任のあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○臨時議長(大野貞義議員) ごあいさつが終わりました。

  以上をもちまして、臨時議長の職務を終了させていただきます。

  ここで議長と交代いたします。奥原賢一議長、議長席にお着き願います。

  ご協力大変ありがとうございました。

               〔臨時議長、議長と交代〕



○議長(奥原賢一議員) ただいまから議長の職を務めさせていただきます。

  ここで暫時休憩いたします。

                                      (午前 9時17分)

                                                



○議長(奥原賢一議員) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

                                      (午前 9時20分)

                                                



△議席の指定



○議長(奥原賢一議員) 日程第1、議席の指定を行います。

  議席は、会議規則第3条の規定により、議長において指定いたします。

  議員の氏名と議席番号を事務局をして朗読させます。

  事務局長。



◎事務局長(原要) 朗読いたします。



   1番 金 井 久 男 議員   2番 櫻 井 ひろ江 議員   3番 柳 沢 浩 之 議員

   4番 佐 藤 貴 雄 議員   5番 吉 岡   登 議員   6番 小 林 訂 史 議員

   7番 今 井 敏 博 議員   8番 吉 岡 完 司 議員   9番 武 者 葉 子 議員

  10番 上 原 富士雄 議員  11番 川 崎 文 雄 議員  12番 小 宮 ふみ子 議員

  13番 大 野 貞 義 議員  14番 奥 原 賢 一 議員  15番 齊 藤 盛 久 議員

  16番 中 島 ? 造 議員  17番 土 屋   弘 議員  18番 高 橋 由 信 議員

  19番 柳 沢 吉 保 議員  20番 上 原 和 明 議員  21番 田 中 伸 一 議員

  22番 廣 瀬   晃 議員  23番 伊 藤   清 議員  24番 柳 沢 健 一 議員



  以上でございます。



○議長(奥原賢一議員) ただいま朗読したとおり議席を指定いたします。

                                                



△会議録署名議員の指名



○議長(奥原賢一議員) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において1番、金井久男議員、2番、櫻井ひろ江議員、3番、柳沢浩之議員を指名いたします。

                                                



△会期の決定



○議長(奥原賢一議員) 日程第3、会期の決定を議題といたします。

  お諮りいたします。今期臨時会の会期は、本日1日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) 異議なしと認めます。

  よって、会期は本日1日間と決定いたしました。

                                                



△副議長選挙



○議長(奥原賢一議員) 日程第4、副議長の選挙を行います。

  選挙の方法につきましては、投票により行います。

  議場を閉鎖いたします。

               〔議場閉鎖〕



○議長(奥原賢一議員) ただいまの出席議員数は24名であります。

  投票用紙を配付いたさせます。

               〔投票用紙配付〕



○議長(奥原賢一議員) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) 配付漏れなしと認めます。

  投票箱を改めさせます。

               〔投票箱点検〕



○議長(奥原賢一議員) 異状ありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) 異状なしと認めます。

  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。

  投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じ順次投票を願います。

  点呼を行います。



◎事務局長(原要) 点呼を行います。



    1番  金 井 久 男 議員     2番  櫻 井 ひろ江 議員

    3番  柳 沢 浩 之 議員     4番  佐 藤 貴 雄 議員

    5番  吉 岡   登 議員     6番  小 林 訂 史 議員

    7番  今 井 敏 博 議員     8番  吉 岡 完 司 議員

    9番  武 者 葉 子 議員     10番  上 原 富士雄 議員

    11番  川 崎 文 雄 議員     12番  小 宮 ふみ子 議員

    13番  大 野 貞 義 議員     14番  奥 原 賢 一 議員

    15番  齊 藤 盛 久 議員     16番  中 島 ? 造 議員

    17番  土 屋   弘 議員     18番  高 橋 由 信 議員

    19番  柳 沢 吉 保 議員     20番  上 原 和 明 議員

    21番  田 中 伸 一 議員     22番  廣 瀬   晃 議員

    23番  伊 藤   清 議員     24番  柳 沢 健 一 議員





○議長(奥原賢一議員) 投票漏れはありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) 投票漏れなしと認めます。

  投票を終了いたします。

               〔投票箱閉鎖〕



○議長(奥原賢一議員) 議場の閉鎖を解きます。

               〔議場開鎖〕



○議長(奥原賢一議員) 開票を行います。

  会議規則第30条第2項の規定により、立会人を指名いたします。

  立会人に、吉岡登議員、今井敏博議員、武者葉子議員の3名を指名いたします。

  立ち会いをお願いいたします。

               〔開  票〕



○議長(奥原賢一議員) 選挙の結果を報告いたします。

  投票総数24票、これは先ほどの議員数に符合しております。

  そのうち

   有効投票  24票

   無効投票  0票

  有効投票中

   中島?造議員  19票

   大野貞義議員  5票

  以上のとおりであります。

  この選挙の法定得票数は6票であります。よって、中島?造議員が副議長に当選されました。

  ただいま副議長に当選されました中島?造議員が議場におりますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知いたします。

                                                



△副議長就任のあいさつ



○議長(奥原賢一議員) 副議長に就任されました中島?造議員よりごあいさつがございます。

  副議長の登壇を願います。

               〔16番 中島?造議員登壇〕



◎16番(中島?造議員) 平成の会、中島?造です。ただいま皆様のご推薦をいただきまして副議長という大役を仰せつかることになりました。副議長ということでございますので、全力で議長の補佐をさせていきたいと思っております。また、安中市の発展のために、住民福祉向上のために頑張ってまいりたいと思います。どうか何とぞ皆様のご支援、ご協力のほどお願いを申し上げます。簡単ですが、あいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(奥原賢一議員) あいさつが終わりました。

                                              



△常任委員の選任



○議長(奥原賢一議員) 日程第5、常任委員の選任を行います。

  お諮りいたします。常任委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) 異議なしと認めます。

  よって、議長において指名することにいたします。

  委員会別に氏名を事務局長をして朗読いたさせます。

  事務局長。



◎事務局長(原要) 朗読いたします。

  初めに、総務文教常任委員会から申し上げます。



   金 井 久 男 議員     佐 藤 貴 雄 議員     武 者 葉 子 議員

   大 野 貞 義 議員     齊 藤 盛 久 議員     中 島 ? 造 議員

   柳 沢 吉 保 議員     上 原 和 明 議員

  次に、福祉民生常任委員会です。

   櫻 井 ひろ江 議員     柳 沢 浩 之 議員     小 林 訂 史 議員

   上 原 富士雄 議員     小 宮 ふみ子 議員     奥 原 賢 一 議員

   伊 藤   清 議員     柳 沢 健 一 議員

  続きまして、経済建設常任委員会でございます。

   吉 岡   登 議員     今 井 敏 博 議員     吉 岡 完 司 議員

   川 崎 文 雄 議員     土 屋   弘 議員     高 橋 由 信 議員

   田 中 伸 一 議員     廣 瀬   晃 議員



  以上でございます。



○議長(奥原賢一議員) ただいま朗読いたしましたとおり、それぞれ指名することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) 異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしましたとおり、それぞれの常任委員に選任することに決定いたしました。

  ただいま決定いたしました各常任委員会の正副委員長の互選を行うため、暫時休憩いたします。

                                      (午前 9時38分)

                                                



○議長(奥原賢一議員) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

                                      (午前 9時53分)

                                                



△常任委員会正副委員長の互選



○議長(奥原賢一議員) 各常任委員長、副委員長の互選の結果を事務局長をして報告いたさせます。

  事務局長。



◎事務局長(原要) それでは、各常任委員会の正副委員長をご報告申し上げます。

   総務文教常任委員会委員長に 上 原 和 明 議員、副委員長に 武 者 葉 子 議員

   福祉民生常任委員会委員長に 上 原 富士雄 議員、副委員長に 小 林 訂 史 議員

   経済建設常任委員会委員長に 今 井 敏 博 議員、副委員長に 吉 岡   登 議員

  以上でございます。

                                                



△議会運営委員の選任



○議長(奥原賢一議員) 日程第6、議会運営委員の選任を行います。

  お諮りいたします。議会運営委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。

  よって、議長において指名することにいたします。

  委員氏名を事務局長をして朗読いたさせます。

  事務局長。



◎事務局長(原要) 朗読いたします。

   金 井 久 男 議員     吉 岡   登 議員     上 原 富士雄 議員

   小 宮 ふみ子 議員     齊 藤 盛 久 議員     土 屋   弘 議員

   柳 沢 吉 保 議員     伊 藤   清 議員

  以上でございます。



○議長(奥原賢一議員) ただいま朗読いたしましたとおり指名することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしましたとおり議会運営委員に選任することに決定いたしました。

  ただいま決定いたしました議会運営委員会の正副委員長の互選を行うため、暫時休憩いたします。

                                      (午前 9時55分)

                                              



○議長(奥原賢一議員) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

                                      (午前10時03分)

                                              



△議会運営委員会正副委員長の互選



○議長(奥原賢一議員) 議会運営委員長、副委員長の互選の結果を事務局長をして報告いたさせます。

  事務局長。



◎事務局長(原要) ご報告申し上げます。

  議会運営委員会委員長に 齊 藤 盛 久 議員、副委員長に 小 宮 ふみ子 議員

  以上でございます。



○議長(奥原賢一議員) ここで暫時休憩いたします。

                                      (午前10時04分)

                                              



○議長(奥原賢一議員) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

                                      (午前10時15分)

                                              



△高崎市等広域市町村圏振興整備組合議会議員選挙



○議長(奥原賢一議員) 日程第7、高崎市等広域市町村圏振興整備組合議会議員選挙を行います。

  お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選により行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選により行うことに決しました。

  お諮りいたします。指名の方法は議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。

  よって、議長において指名することに決定いたしました。

  高崎市等広域市町村圏振興整備組合議会議員に土屋弘議員、田中伸一議員、廣瀬晃議員、伊藤清議員を指名いたします。

  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました土屋弘議員、田中伸一議員、廣瀬晃議員、伊藤清議員を高崎市等広域市町村圏振興整備組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました土屋弘議員ほか3名が高崎市等広域市町村圏振興整備組合議会議員に当選されました。

  ただいま高崎市等広域市町村圏振興整備組合議会議員に当選されました土屋弘議員、田中伸一議員、廣瀬晃議員、伊藤清議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知いたします。

                                              



△群馬県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙



○議長(奥原賢一議員) 日程第8、群馬県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙を行います。

  お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選により行うことに決しました。

  お諮りいたします。指名の方法は議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。

  よって、議長において指名することに決定いたしました。

  群馬県後期高齢者医療広域連合議会議員に私、奥原賢一を指名いたします。

  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました私、奥原賢一を群馬県後期高齢者医療広域連合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました私、奥原賢一が群馬県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました。

  ただいま群馬県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました奥原賢一を会議規則第31条第2項の規定により告知いたします。

                                                



△安中市農業委員会選任委員の推せんについて



○議長(奥原賢一議員) 日程第9、安中市農業委員会選任委員の推せんについてを議題といたします。

  お諮りいたします。議会推薦の農業委員は4人とし、安中市高別当187番地2、有坂充子さん、安中市下間仁田251番地、白石一平さん、安中市下後閑1938番地、磯貝?さん、安中市松井田町松井田11番地3、毛利ヨシヱさん、以上の方を推薦したいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。

  よって、議会推薦の農業委員は4人とし、安中市高別当187番地2、有坂充子さん、安中市下間仁田251番地、白石一平さん、安中市下後閑1938番地、磯貝?さん、安中市松井田町松井田11番地3、毛利ヨシヱさん、以上の方を推薦することに決しました。

                                                



△承認第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(奥原賢一議員) 日程第10、承認第1号 専決処分の承認を求めることについて議題といたします。

  平成22年度安中市一般会計補正予算(第9号)の説明を求めます。

  財務部長。



◎財務部長(須藤俊夫) 承認第1号 平成22年度安中市一般会計補正予算(第9号)の専決処分の承認を求めることにつきましてご説明申し上げます。お手元の分冊1の2ページをお開きいただきたいと存じます。

  本補正予算につきましては、一般会計に属する事務事業の一部につきまして事業費の確定などに伴いまして予算補正の必要が生じたため、年度の最終段階における財政状況を踏まえまして執行実績並びに執行見込額により過不足の整理を行い、去る3月25日付で地方自治法第179条第1項の規定に基づきまして専決処分をさせていただいたわけでございます。

  3ページをお開きください。まず、第1条の予算規模でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億4,240万3,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ237億7,699万8,000円とさせていただいたわけでございます。

  第2条、繰越明許費の補正でございますが、7ページをお開きください。第2表のとおり、年度内完了が見込めないため、追加分といたしまして庁舎管理事業ほか9件を翌年度へ繰り越し措置をさせていただいたわけでございます。

  次に、第3条、債務負担行為の補正でございますが、8ページの第3表をお開きください。平成22年度以降の限度額が減額となりましたので、安中市土地開発公社借入金債務保証を補正させていただいたわけでございます。

  次に、第4条、地方債の補正でございますが、9ページの第4表をごらんください。起債対象事業費の確定などに伴いまして、地上デジタルテレビ難視聴対策事業ほか14件につきまして限度額の変更をさせていただいたわけでございます。

  それでは、予算内容につきまして事項別明細書により歳出からご説明申し上げます。15ページをお開きいただきたいと存じます。2款総務費でございますが、1項6目企画費につきましては、住民生活に光をそそぐ交付金の2次配分があり、国庫支出金が確定したことに伴う財源の更正でございます。

  1項10目諸費につきましては、地方債が確定したことに伴う財源の更正でございます。

  3款民生費でございますが、1項4目高齢者福祉費につきましては、老人保健特別会計の予算補正により28節で54万円を減額させていただいたわけでございます。

  1項7目国民健康保険費につきましては、国民健康保険特別会計の予算補正により28節で1億9,464万6,000円を追加させていただいたわけでございます。

  16ページをお開きください。2項5目保育所費につきましては、地方債が確定したことに伴う財源の更正でございます。

  4款衛生費でございますが、1項5目すみれヶ丘聖苑費につきましては、すみれヶ丘聖苑管理運営事業といたしまして11節で39万円を追加させていただいたわけでございます。

  3項1目上水道費につきましては、上水道費といたしまして19節で178万4,000円を追加させていただいたわけでございます。

  17ページをごらんください。6款農林水産業費でございますが、1項5目農地費につきましては、地方債が確定したことに伴う財源の更正でございます。

  8款土木費でございますが、2項3目道路新設改良費及び4目橋梁維持費でございますが、いずれも地方債の確定に伴う財源更正でございます。

  4項2目街路事業費につきましては、街路事業といたしまして事業費の確定に伴いまして9節、1ページめくっていただきまして11節、12節、17節及び22節を合計いたしまして4,265万9,000円の減額をさせていただいたわけでございます。

  4項4目公共下水道費につきましては、下水道事業特別会計の予算補正により28節で1,532万9,000円の減額をさせていただいたわけでございます。

  9款消防費でございますが、1項3目消防施設費につきましては、地方債の確定に伴う財源更正でございます。

  19ページをごらんください。10款教育費でございます。1項2目事務局費につきましては、学校教育指導事業として18節で195万6,000円の追加をさせていただいたわけでございます。これにつきましては、住民生活に光をそそぐ交付金の2次配分を受け、市内各小中学校への百科事典購入費を計上させていただいたわけでございます。

  2項1目及び3項1目につきましては、いずれも国庫支出金及び地方債の確定に伴う財源更正でございます。

  20ページをお開きください。5項社会教育費でございますが、3目図書館費、6目学習の森費、いずれも住民生活に光をそそぐ交付金の2次配分充当事業でございます。図書館管理運営事業では、安中、松井田両図書館の書籍購入費として合わせて100万2,000円を計上させていただいたわけでございます。また、学習の森管理運営事業では、イベント階段修繕料として115万3,000円を計上させていただいたわけでございます。

  以上が歳出の各款に計上いたしました補正額の概要でございます。

  続きまして、歳入につきましてご説明申し上げます。なお、特定財源につきましてはそれぞれの歳出科目に充当してありますので、説明を省略させていただきまして、一般財源として計上いたしました補正額につきましてご説明を申し上げたいと存じます。

  お手数ですが、12ページにお戻りいただきたいと存じます。10款地方交付税でございますが、特別交付税の交付額が確定したことにより1億8,961万円の追加をさせていただいたわけでございます。

  14款国庫支出金につきましては、特定財源でございますので、説明を省略させていただきます。

  13ページをごらんください。18款繰入金でございますが、1項2目老人保健特別会計繰入金につきましては、平成22年度をもって同特別会計が廃止となりましたので、歳入歳出の差金を計上させていただいたわけでございます。

  2項1目財政調整基金繰入金につきましては、歳出予算の確定等に伴い8,928万8,000円を追加させていただいたわけでございます。

  20款諸収入、次ページの21款市債につきましては、特定財源となりますので、説明を省略させていただきます。

  11ページにお戻りいただきたいと存じます。歳出における一般財源所要額は、歳出合計の行の右の欄になりますが、一般財源欄に記載してありますように、2億8,176万円の追加でございます。また、歳入における地方交付税等の1億9,247万2,000円との差額8,928万8,000円につきましては、さきに申し上げました財政調整基金繰入金の追加により調整させていただいた次第でございます。

  以上、補正予算の概要を申し上げまして、説明にかえさせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。

  これより質疑を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。

  次に、平成22年度安中市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)の説明を求めます。

  市民部長。



◎市民部長(松岡隆夫) 承認第1号 平成22年度安中市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)の専決処分の承認を求めることにつきましてご説明申し上げますので、お手元の分冊1の21ページをごらんいただきたいと存じます。

  本補正予算につきましては、国民健康保険税の収納額の減少が生ずる見込みであること、また療養給付費等負担金についても減額が予想されることから予算補正の必要が生じましたので、去る3月25日付で地方自治法第179条第1項の規定に基づきまして専決処分させていただいたわけでございます。

  それでは、予算内容につきまして事項別明細書によりまして歳入からご説明申し上げますので、27ページをごらんいただきたいと存じます。1款1項1目一般被保険者国民健康保険税につきましては、今日の厳しい経済状況により企業業績が悪化し、雇用や個人所得の減少などの問題が出てきており、国民健康保険税の収納額の減少が生じたため、1億3,025万4,000円の減額をさせていただいたわけでございます。

  1款1項2目退職被保険者等国民健康保険税につきましては、一般被保険者国民健康保険税及び退職被保険者等国民健康保険税の案分率による調整が確定したことに伴うものでございまして、3,248万4,000円の増額をさせていただいたわけでございます。

  3款1項1目療養給付費等負担金につきましては、当初見込額を下回ることが予想されるため、9,687万6,000円の減額をさせていただいたわけでございます。

  次に、28ページをごらんいただきたいと存じます。9款1項1目一般会計繰入金につきましては、国民健康保険税の減額分と療養給付費等負担金の減額分の合計した額をその他一般会計繰入金として1億9,464万6,000円増額させていただいたわけでございます。

  続きまして、歳出につきましてご説明申し上げますので、29ページをごらんいただきたいと存じます。2款1項1目一般被保険者療養給付費につきましては、歳入予算の減額及び繰り入れを行いましたことによりまして財源内容の変更をさせていただいたわけでございます。

  以上が3月25日付専決処分の内容でございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。

  これより質疑を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。

  次に、平成22年度安中市老人保健特別会計補正予算(第2号)の説明を求めます。

  市民部長。



◎市民部長(松岡隆夫) 承認第1号 平成22年度安中市老人保健特別会計補正予算(第2号)の専決処分の承認を求めることにつきましてご説明申し上げますので、お手元の分冊1の30ページをごらんいただきたいと存じます。

  本補正予算につきましては、老人保健制度が平成20年4月より後期高齢者医療制度に移行したことに伴いまして平成22年度をもって老人保健特別会計が廃止され、平成23年度以降は一般会計で処理することとなることから、年度内の事務量を確定し、剰余金の見込額を一般会計へ繰り出すことにより平成22年度内の歳入歳出をともにゼロとするため、予算補正の必要性が生じましたので、去る3月25日付で地方自治法第179条第1項の規定に基づきまして専決処分させていただいたわけでございます。

  31ページをごらんいただきたいと存じます。まず、第1条の予算規模でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ217万8,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ640万5,000円とさせていただいたわけでございます。

  それでは、予算内容につきまして事項別明細書によりまして歳入からご説明申し上げますので、36ページをごらんいただきたいと存じます。1款1項1目医療費交付金につきましては、医療給付費及び医療費支給費の確定によりまして7万6,000円の減額を、また同項2目審査支払手数料につきましても、現年度分及び過年度分の確定によりまして1,000円の減額をさせていただいたわけでございます。

  2款1項1目医療費負担金につきましては、医療給付費及び医療費支給費の確定によりまして5万円の減額をさせていただいたわけでございます。

  3款1項1目医療費負担金につきましても、医療給付費及び医療費支給費の確定によりまして1万2,000円の減額をさせていただいたわけでございます。

  次に、37ページをごらんいただきたいと存じます。4款1項1目一般会計繰入金につきましては、歳入歳出の状況を積算いたしまして54万円の減額をさせていただいたわけでございます。

  5款1項1目繰越金につきましては、前年度繰越金の確定によりまして258万9,000円の増額をさせていただいたわけでございます。

  6款1項1目返納金につきましては、過誤請求に伴う医療機関からの返納金が確定したことによりまして26万4,000円の増額を、また同項2目第三者納付金につきましては、第三者納付金の確定によりまして1,000円の減額を、また同項3目雑入につきましても、支払基金返還金及び国保連合会返還金の確定によりまして5,000円の増額をさせていただいたわけでございます。

  続きまして、歳出についてご説明申し上げますので、38ページをごらんいただきたいと存じます。1款1項1目一般管理費につきましては、手数料及び委託料の見込額の確定によりまして2万9,000円の減額をさせていただいたわけでございます。

  2款1項1目医療給付費につきましては、医療給付費負担金の負担金額の確定によりまして13万3,000円の減額を、また同項2目医療費支給費につきましては、医療費支給費負担金の確定によりまして2万円の減額をさせていただいたわけでございます。

  次に、39ページをごらんいただきたいと存じます。同項3目審査支払手数料につきましても、手数料の確定によりまして2,000円の減額をさせていただいたわけでございます。

  3款1項1目償還金につきましては、償還金の確定によりまして1,000円の減額をさせていただいたわけでございます。

  3款2項1目一般会計繰出金につきましては、事務量の確定に伴い剰余金の一般会計への繰出金といたしまして286万3,000円の増額をさせていただいたわけでございます。

  次に、40ページをごらんいただきたいと存じます。4款1項1目予備費につきましては、予備費の確定によりまして50万円の減額をさせていただいたわけでございます。

  以上が3月25日付専決処分の内容でございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。

  これより質疑を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。

  次に、平成22年度安中市介護保険特別会計補正予算(第4号)の説明を求めます。

  保健福祉部長。



◎保健福祉部長(松本次男) 承認第1号 平成22年度安中市介護保険特別会計補正予算(第4号)の専決処分の承認を求めることにつきましてご説明を申し上げますので、分冊1の41ページをごらんいただきたいと存じます。

  本補正予算につきましては、予算成立後の事由に基づき、年度内に事業の完了が見込めないため、去る3月25日付で地方自治法第179条第1項の規定に基づきまして専決処分をさせていただいたものでございます。

  42ページをごらんいただきたいと存じます。第1条の繰越明許費でございますが、43ページにお示しの第1表のとおり、一般管理費1件を翌年度へ繰り越し措置させていただいたわけでございます。

  なお、内容につきましては、グループホームへの火災通報設備補助金20万円でございます。

  以上、簡単な説明でございますが、よろしくご審議の上、ご承認を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。

  これより質疑を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。

  次に、平成22年度安中市下水道事業特別会計補正予算(第3号)の説明を求めます。

  上下水道部長。



◎上下水道部長(富田恭) 承認第1号 平成22年度安中市下水道事業特別会計補正予算(第3号)の専決処分の承認を求めることにつきましてご説明申し上げますので、分冊1の45ページをごらんいただきたいと存じます。

  本補正予算につきましては、事業費の確定に伴い予算補正の必要が生じたため、執行額と執行見込額により過不足の整理を行い、去る3月25日付、地方自治法第179条第1項の規定に基づきまして専決処分をさせていただいたものでございます。

  第1条の予算規模でございますけれども、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2,772万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9億4,222万9,000円といたしたいものでございます。また、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正額の歳入歳出予算の金額は、46ページ及び47ページの第1表、歳入歳出予算補正によるものでございます。

  続きまして、第2条の地方債の補正でございますが、起債対象事業費の確定に伴いまして限度額の変更をさせていただいたものでございます。

  それでは、補正予算の内容につきまして、事項別明細書に基づきまして歳出からご説明申し上げますので、52ページをごらんいただきたいと存じます。2款1項1目維持管理費につきましては、1,972万9,000円減額いたしまして9,020万2,000円とするものでございます。

  2款1項2目施設整備費につきましては、事業費の確定によりまして800万円減額いたしまして3億9,428万4,000円とするものでございます。

  戻っていただきまして、51ページをごらんいただきたいと存じます。歳入の4款1項1目の施設整備費県補助金でございますが、70万円を増額し270万円とするものでございます。

  5款1項1目一般会計繰入金でございますが、1,532万9,000円減額し4億6,701万円とするものでございます。

  8款1項1目施設整備債でございますが、1,310万円減額し2億230万円とするものでございます。

  以上、説明にかえさせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。

  これより質疑を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております承認第1号 専決処分の承認を求めることについては、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。

  よって、承認第1号は委員会付託を省略することに決しました。

  これより承認第1号の討論を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって討論を終結いたします。

  これより承認第1号の採決を行います。

  本件は報告のとおり承認することに賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(奥原賢一議員) 挙手全員であります。

  よって、本件は報告のとおり承認することに決しました。

                                                



△承認第2号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(奥原賢一議員) 日程第11、承認第2号 専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。

  安中市国民健康保険税条例の一部を改正する条例についての説明を求めます。

  財務部長。



◎財務部長(須藤俊夫) 承認第2号 専決処分の承認を求めることにつきましてご説明申し上げます。

  分冊2の2ページをお開きいただきたいと存じます。本専決処分につきましては、平成23年3月30日に地方税法施行令の一部を改正する政令が公布、4月1日に施行されたことに伴い、本市の国民健康保険税条例につきましても所要の改正が必要となり、地方自治法第179条第1項の規定により、去る3月31日に専決処分をさせていただきましたので、同条第3項の規定に基づきご報告申し上げ、承認をお願いするものでございます。

  3ページをお開きください。改正の主な内容でございますが、地方税法施行令の改正に伴い、国民健康保険税の課税限度額、減額規定の改正を行うものでございます。まず、第2条第2項の改正でございますが、地方税法施行令第56条の88の2第1項の改正に伴う規定の整備で、基礎課税額における課税限度額を規定したもので、国民健康保険税の基礎課税額の課税限度額を50万円から51万円に、同条第3項の改正でございますが、地方税法施行令第56条の88の2第2項の改正に伴う規定の整備で、後期高齢者支援金等課税額における課税限度額を規定したもので、国民健康保険税の後期高齢者支援金等課税額の課税限度額を13万円から14万円に、同条第4項の改正でございますが、地方税法施行令第56条の88の2第3項の改正に伴う規定の整備で、介護納付金課税額における課税限度額を規定したもので、国民健康保険税の介護納付金課税限度額を10万円から12万円に引き上げるものでございます。

  次に、第21条の改正でございますが、地方税法施行令第56条の88の2第1項の改正に伴う規定の整備で、国民健康保険税の減額を規定したもので、減額後の基礎課税額の課税限度額を50万円から51万円に、同法施行令第2項の改正に伴う規定の整備で、国民健康保険税の減額を規定したもので、減額後の後期高齢者支援金等の課税額の課税限度額を13万円から14万円に、同法施行令第3項の改正に伴う規定の整備で、国民健康保険税の減額を規定したもので、減額後の介護納付金課税額の課税限度額を10万円から12万円に引き上げるものでございます。

  次に、附則第1条の施行期日でございますが、この条例は平成23年4月1日から施行するというものでございます。

  次に、第2条でございますが、改正後の安中市国民健康保険税条例の規定は、平成23年度以後の年度分の国民健康保険税について適用し、平成22年度分までの国民健康保険税につきましては、なお従前の例によるものでございます。

  以上、説明にかえさせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。

  これより質疑を行います。

  櫻井ひろ江議員。



◆2番(櫻井ひろ江議員) 今回の専決の関係は、地方税法施行令、国のほうで変わったということでありますけれども、基礎課税額医療分が1万円、それと後期高齢者支援金分1万円、それから介護納付金分として2万円ということで4万が限度額が上がるということですが、それぞれの影響についてはどんなふうになるのか、人数あるいは金額等についてお知らせいただきたいと。

  それから、また根拠についても伺いたいというふうに思っております。よろしくお願いします。



○議長(奥原賢一議員) 財務部長。



◎財務部長(須藤俊夫) 櫻井議員の課税限度額引き上げに伴いまして、どのぐらいの影響があるかというご質問にご答弁をさせていただきたいと存じます。

  国民健康保険税の基礎、後期高齢者支援金、介護納付金課税額の課税限度額の引き上げに伴う影響につきましては、まず基礎分につきましてでございますが、50万円の超過限度額世帯数が124世帯ということになっております。続きまして、1万円引き上げまして51万円になったときは121世帯となりまして、3世帯が対象となってまいります。税額にいたしますと121万1,300円の増額が見込まれます。

  次に、後期高齢者支援金につきましてでございますが、13万円の超過限度額世帯数につきましては236世帯でございます。14万円に引き上げられますと197世帯となりまして、39世帯が対象となります。税額にいたしますと213万9,400円の増額が見込まれます。

  次に、介護納付金につきましてでございますが、10万円の超過限度額世帯数は83世帯でございます。12万円に引き上げられますと48世帯となりまして、35世帯が対象となります。税額にいたしますと121万3,000円の増額が見込まれます。税額を合計いたしますと456万3,000円となるようになります。

  なお、ただいま申し上げました数字につきましては、現段階で試算したものでございますので、数字につきましては本算定におきましては金額が変わってくるということになりますので、よろしくご理解を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(奥原賢一議員) 櫻井ひろ江議員。



◆2番(櫻井ひろ江議員) 合計で456万円ということになるということですが、結局限度額を超える方が現在医療分で見れば124世帯いるわけですから、この方たちは全員が上がるということになるわけですよね。この辺1点確認だけしておきたいのと、それから介護分につきまして根拠、今回2万円上限が上がるわけですけれども、前年のときは上がらなかったのかなというふうに思いますが、どういう必要性があったのかなというふうにちょっと疑問に感じましたので、この点についてご答弁をお願いしたいと思います。



○議長(奥原賢一議員) 財務部長。



◎財務部長(須藤俊夫) 介護納付金の2万円分の引き上げられた根拠といいますと、これにつきましては、詳細はこちらのほう見えていないのですけれども、この課税限度額を総体的に見ますと、現在77万円、この引き上げを行いまして77万円という数字になるわけでございますが、将来的にはもう少し課税限度額が上昇していくような情報が、不確定でありますけれども、ちょうだいしていただいております。その状況の中で平均的に限度額が上昇したものと考えられます。

  以上でございますので、ご理解賜りたいと思います。



○議長(奥原賢一議員) 櫻井ひろ江議員。



◆2番(櫻井ひろ江議員) 当然国保の中から介護納付金として支払うわけですが、介護のほうでこれが必要だというふうな状況があれば理解できるのですけれども、ちょっとその辺まだ理解が私にはできません。

  3回目最後になるのですけれども、国保会計大変厳しい状況が続いているというふうに思うのですが、結局は国のほうの国庫負担分をふやしていくことしか、今の状況を考えればないのではないかなというふうに思うのですが、確かに上限の方は収入の多い方が多いのではないかというふうには考えられるわけですが、被保険者だけにそういった負担をかぶせるのはいかがなものかなというふうに思っています。今後どういう形でこの国保を、国民健康保険を改善していったら払える国保税になるのかなという、その辺も心配されるところですが、最後に市長の考えを伺っておきたいというふうに思います。



○議長(奥原賢一議員) 市長。



◎市長(岡田義弘) 櫻井議員のご質問にご答弁させていただきたいと存じます。

  ご質問にございましたように、国保会計は大変厳しい状況、また内容になっていることはご案内のとおりでございまして、その厳しい内容を市民の皆様に求めることは極力避けていかなければならないと、こういうふうに前々からもご質問にご答弁させていただきましたが、その答弁の今日に至ってもその考え方には変わりございません。

  以上であります。



○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております承認第2号 専決処分の承認を求めることについては、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。

  よって、承認第2号は委員会付託を省略することに決しました。

  これより承認第2号の討論を行います。

  金井久男議員。



◆1番(金井久男議員) 金井久男です。承認第2号 安中市国民健康保険税条例の一部を改正する条例案につきまして、日本共産党安中市議団を代表して反対討論を行います。

  本件は、国保税の最高限度額を医療分50万円を51万円に、後期高齢者支援金分13万円を14万円に、介護納付金分10万円を12万円にそれぞれ引き上げるというものです。これは、慢性的に続く国保税の収納状況の悪化、国保財政の厳しさということから、特定の高額所得者あるいは資産家に負担を押しつけるものとなっています。税の応能負担は当然ですが、この国保事業に対する国の責任が示されないまま、特定の市民だけの税額を上げることは問題です。

  1984年、国はそれまで医療費総額の50%を国庫負担としていたものを療養給付費総額の38%と法を改悪してしまいました。以来、結果的には医療費総額の25%が国庫負担になっていますが、全国の市町村国保事業がこれによって赤字に陥り、以来税の引き上げが毎年のように行われ、全国的に膨大な滞納が生まれています。

  当市の21年度決算を見ますと、単年度で調定額の10%以上の滞納額1億8,000万円、累積の繰り越し滞納額は8億5,500万円となっております。これによる歳入不足などはその都度一般会計から繰り入れをしてしのいでいる状態です。

  市民の願いは、払える税額にして安心して医療給付を受けたいというのが本音です。よって、これを抜本的に解決するためには、国の負担率を引き上げ、市町村の事業の運営に責任を果たすことにあります。税の限度額の引き上げのみでは不可能であります。

  以上の理由から本条例案に対して反対するものであります。議員諸氏のご理解、ご賛同をお願い申し上げまして、反対討論といたします。

  以上。



○議長(奥原賢一議員) これをもって討論を終結いたします。

  これより承認第2号の採決を行います。

  本件は報告のとおり承認することに賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手多数〕



○議長(奥原賢一議員) 挙手多数であります。

  よって、本件は報告のとおり承認することに決しました。

                                                



△議案第39号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(奥原賢一議員) 日程第12、議案第39号 監査委員の選任についてを議題といたします。

  地方自治法第117条の規定により、8番、吉岡完司議員の退席を求めます。

               〔8番 吉岡完司議員退席〕



○議長(奥原賢一議員) 議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。

  市長。



◎市長(岡田義弘) 議案第39号 監査委員の選任につきましてご説明申し上げます。

  分冊3の1ページをごらんいただきたいと存じます。安中市監査委員の選任につきましては、地方自治法第196条第1項の規定に基づきまして議員のうちから選任する委員が任期満了となりましたことに伴い、安中市郷原の吉岡完司さんをご推薦申し上げる次第でございます。

  吉岡さんは、2ページの履歴書にお示しのとおり、豊富な行政経験と行政運営に関しすぐれた見識をお持ちでございまして、監査委員としてまことに適任であると存じ、ご推薦申し上げる次第でございます。よろしくご審議をいただきましてご同意賜りますようお願い申し上げ、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。

  これより質疑を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第39号については、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。

  よって、議案第39号は委員会付託を省略することに決しました。

  これより議案第39号の討論を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって討論を終結いたします。

  これより議案第39号の採決を行います。

  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○議長(奥原賢一議員) 起立全員であります。

  よって、議案第39号は原案のとおり可決されました。

  8番、吉岡完司議員の入場を許します。

               〔8番 吉岡完司議員入場〕

                                                



△議案第40号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(奥原賢一議員) 日程第13、議案第40号 固定資産評価員の選任についてを議題といたします。

  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。

  市長。



◎市長(岡田義弘) 議案第40号 固定資産評価員の選任についてご説明申し上げます。

  分冊4の1ページをごらんいただきたいと存じます。平成23年4月1日付人事異動により転出した固定資産評価員の後任に税務課長の武井清英さんを推薦したいと存じますので、よろしくご審議をいただきご同意賜りますようお願い申し上げまして、簡単ではございますが、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。

  これより質疑を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第40号については、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。

  よって、議案第40号は委員会付託を省略することに決しました。

  これより討論を行います。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) これをもって討論を終結いたします。

  これより議案第40号の採決を行います。

  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(奥原賢一議員) 挙手全員であります。

  よって、議案第40号は原案のとおり可決されました。

                                                



△特定事件の閉会中継続審査の付託



○議長(奥原賢一議員) 日程第14、特定事件の閉会中継続審査の付託についてを議題といたします。



               閉会中継続審査申出一覧表

┌──────────┬──────────────────────────────────┐

│委  員  会  名│        件                名        │

├──────────┼──────────────────────────────────┤

│          │    1 市有財産管理状況について                 │

│          │    2 市税の適正課税について                  │

│          │    3 行政財政の実態について                  │

│          │    4 市行政の総合企画について                 │

│総務文教常任委員会 │                                  │

│          │    5 松井田支所の総合事務について               │

│          │    6 教育行政の運営及び施設整備について            │

│          │    7 文化財保護及び生涯学習の推進について           │

│          │    8 その他本委員会の所管に関する事項について         │

├──────────┼──────────────────────────────────┤

│          │    1 社会福祉・障害福祉対策について              │

│          │    2 介護保険の運営について                  │

│          │    3 少子高齢化対策について                  │

│          │    4 公立碓氷病院の運営及び市民の健康増進について       │

│          │    5 交通安全対策について                   │

│福祉民生常任委員会 │                                  │

│          │    6 環境衛生対策について                   │

│          │    7 国民健康保険事業及び老人保健事業並びに後期高齢者医療事業 │

│          │      の運営について                      │

│          │    8 防災対策について                     │

│          │    9 その他本委員会の所管に関する事項について         │

├──────────┼──────────────────────────────────┤

│          │    1 中小企業振興対策について                 │

│          │    2 観光振興対策について                   │

│          │    3 農業振興対策について                   │

│          │    4 団地造成及び工場誘致について               │

│経済建設常任委員会 │    5 都市計画事業の促進について                │

│          │    6 道路及び橋梁整備について                 │

│          │    7 公営住宅事業について                   │

│          │    8 上下水道施設の整備拡充について              │

│          │    9 その他本委員会の所管に関する事項について         │

├──────────┼──────────────────────────────────┤

│議会運営委員会   │    1 議会運営等に関することについて              │

└──────────┴──────────────────────────────────┘





○議長(奥原賢一議員) 各委員長から、目下委員会において審査中の事件につき、会議規則第103条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり閉会中の継続審査の申し出がありました。

  お諮りいたします。各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認め、そのように決定いたしました。

                                              



△閉会の宣告



○議長(奥原賢一議員) これにて本臨時会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。

  以上で平成23年安中市議会第3回臨時会を閉会いたします。

                                      (午前11時08分)