議事ロックス -地方議会議事録検索-


群馬県 富岡市

平成24年  3月定例会 議決事件 第24号




第24号議案

富岡市墓地等の経営の許可等に関する条例の制定について

富 岡 市 墓 地 等 の 経 営 の 許 可 等 に 関 す る 条 例 を 次 の よ う に 制 定 し た い の で 、議 会 の 議 決 を 求 め る 。

平成24年3月

5日提出

平成24年3月23日可決

全会一致

富岡市長









富 岡 市 墓 地 等 の 経 営 の 許 可 等 に 関 す る 条 例 (案 )

(趣旨)
第1条

こ の 条 例 は 、墓 地 、埋 葬 等 に 関 す る 法 律( 昭 和 2 3 年 法 律 第 4 8 号 。以 下「 法 」と い う 。)

第10条の規定による墓地、納骨堂又は火葬場(以下「墓地等」という。)の経営の許可の基
準その他墓地等の経営に関し必要な事項を定めるものとする。
(墓地等の経営許可の基準)
第2条

市長は、法第10条第1項の規定による墓地等の経営の許可又は同条第2項の規定によ

る変更の許可の申請があった場合は、次の各号のいずれかに該当する場合であって、次条及び
第4条の基準に適合し、かつ、経営の永続性、公益性及び非営利性が確保できると認めるとき
でなければ、法第10条第1項又は第2項の許可をしてはならない。ただし、市民の宗教的感
情に適合し、かつ、公衆衛生その他公共の福祉の見地から支障がないと認められるときは、こ
の限りでない。
(1) 地 方 公 共 団 体 が 、 経 営 し よ う と す る と き 。
(2) 公 益 社 団 法 人 又 は 公 益 財 団 法 人 が 、 経 営 し よ う と す る と き 。
(3) 宗 教 法 人 法 ( 昭 和 2 6 年 法 律 第 1 2 6 号 ) 第 4 条 第 2 項 に 規 定 す る 宗 教 法 人 が 、 経 営 し よ
うとするとき。
(墓地等の設置場所の基準)
第3条

墓 地 等 を 設 置 す る 場 所 は 、次 に 掲 げ る 基 準 に 適 合 す る も の で な け れ ば な ら な い 。た だ し 、

土地の状況その他の事由によりやむを得ない場合であって、公衆衛生その他公共の福祉の見地
から支障がないと認められるときは、この限りでない。
(1) 墓 地 及 び 火 葬 場 に つ い て は 、 次 の と お り と す る 。


学校、病院、保育所、公園その他の公共施設及び住宅から120メートル以上の距離が
あること。



河川又は湖沼から20メートル以上の距離があること。



飲料水を汚染するおそれのない場所その他公衆衛生上支障がない場所であること。

(2) 納 骨 堂 に つ い て は 、 寺 院 、 教 会 等 の 境 内 地 又 は 墓 地 若 し く は 火 葬 場 の 区 域 内 で あ る こ と 。
(墓地等の施設基準)
第4条

墓地等の施設は、次の基準に適合するものでなければならない。ただし、墓地等が設置

される土地の状況その他の事由によりやむを得ない場合であって、公衆衛生その他公共の福祉
の見地から支障がないと認められるときは、その一部を適用しないことができる。
(1) 墓 地


生垣その他の方法をもって、墓地と周囲の土地との境界を明らかにすること。



各墳墓に接続された幅1メートル以上の通路を設けること。



雨水等が留まらないように排水設備を設けること。



給水設備及びごみを集積する施設又は容器を備えること。



墓地の区域内に、墳墓数に100分の5を乗じて得た数(その値に1未満の端数が生じ
たときは、これを切り上げた数)以上の駐車台数を有する駐車場を設けること。

(2) 納 骨 堂


納骨堂は、耐火構造とし、堂内の納骨設備は、不燃材料が用いられていること。



納骨堂の出入口及び納骨設備は、施錠できる構造であること。



換気装置を設備すること。

(3) 火 葬 場


敷地の境界には、障壁又は植栽等による垣根を設けて外部と区画し、その出入口には、
門扉を設けること。



火葬炉には、防臭、防じん等について十分な能力を有する排気ガスの再燃焼装置を設備
すること。



場内には、管理事務所、待合室、便所、遺体安置室、残灰の保管施設その他必要な施設
を設けること。



遺体安置室及び残灰の保管施設は、施錠できる構造であること。

(経営者の講ずべき措置)
第5条

墓地等を経営する者は、次に掲げる措置を講じなければならない。

(1) 事 務 所 等 に 、 経 営 の 許 可 を 証 す る 書 類 を 掲 示 す る こ と 。
(2) 墓 地 等 を 常 に 清 潔 及 び 整 然 に 保 つ こ と 。
(委任)
第6条

この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。




(施行期日)


この条例は、平成24年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。
(経過措置)



施行日の前日までに群馬県知事に対してなされた法第10条第1項又は第2項の規定による
許 可 の 申 請 で 、施 行 日 以 後 に 市 長 が 許 可 す る も の に 係 る 墓 地 等 の 経 営 の 許 可 の 基 準 に つ い て は 、
この条例の規定にかかわらず、なお従前の例による。