議事ロックス -地方議会議事録検索-


群馬県 藤岡市

平成21年第 5回定例会−06月23日-03号




平成21年第 5回定例会

          平成21年第5回藤岡市議会定例会会議録(第3号)
                        平成21年6月23日(火曜日)
     ───────────────────────────────────
議事日程 第3号
   平成21年6月23日(火曜日)午前10時開議
第 1 議会運営委員会経過報告
第 2 議案第76号 藤岡市労働環境整備資金融資促進条例の廃止について
    議案第78号 藤岡市長期優良住宅の普及の促進に関する法律関係手数料条例の制定について
第 3 議案第80号 藤岡市銃砲刀剣類所持等取締法関係手数料条例の制定について
第 4 議員提出議案第1号 新たな過疎対策法の制定に関する意見書の提出について
     ───────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
議事日程に同じ



出席議員(24人)
        1番  松 村 晋 之 君          2番  渡 辺 新一郎 君
        3番  窪 田 行 隆 君          4番  渡 辺 徳 治 君
        5番  青 木 貴 俊 君          6番  堀 口 昌 宏 君
        7番  山 田 朱 美 君          8番  岩 崎 和 則 君
        9番  阿 野 行 男 君         10番  湯 井 廣 志 君
       11番  斉 藤 千枝子 君         12番  茂 木 光 雄 君
       13番  片 山 喜 博 君         14番  冬 木 一 俊 君
       15番  佐 藤   淳 君         16番  松 本 啓太郎 君
       17番  反 町   清 君         18番  神 田 省 明 君
       19番  木 村 喜 徳 君         20番  青 柳 正 敏 君
       21番  針 谷 賢 一 君         22番  隅田川 徳 一 君
       23番  吉 田 達 哉 君         24番  久 保 信 夫 君
欠席議員 なし
     ───────────────────────────────────
説明のため出席した者
   市長       新 井 利 明 君     副市長      金 井 秀 樹 君
   教育長      針 谷   章 君     企画部長     吉 澤 冬 充 君
   総務部長     久保田 和 美 君     市民環境部長   木 下 英 明 君
   健康福祉部長   関 沼 明 人 君     経済部長     新 井 康 弘 君
   都市建設部長   長 野 良 一 君     鬼石総合支所長  茂 木 健 次 君
   上下水道部長   常 澤   裕 君     会計管理者    久 保 國 次 君
   教育部長     中 島 道 夫 君     監査委員事務局長 堀 越   隆 君
   鬼石病院事務長  新 井 克 行 君
     ───────────────────────────────────
議会事務局職員出席者
   事務局長     飯 塚   剛       議事課長     山 形 常 雄
   課長補佐兼議事係長相 見   肇


    午前10時15分開議
○議長(堀口昌宏君) 出席議員定足数に達しました。
 これより本日の会議を開きます。
     ───────────────────────────────────
△第1 議会運営委員会経過報告
○議長(堀口昌宏君) 日程第1、議会運営委員会経過報告であります。
 議会運営委員会委員長の報告を求めます。委員長湯井廣志君の登壇を願います。
             (議会運営委員会委員長 湯井廣志君登壇)
◎議会運営委員会委員長(湯井廣志君) ご指名を受けましたので、議会運営委員会の経過について報告を申し上げます。
 議会運営委員会は、議長の要請により、本日、議会開議前に委員会を開催し、本日の日程と追加されます議案の取り扱いについて協議したのであります。
 追加されますものは、議員提出議案1件であります。
 この取り扱いについては、日程表にもありますように、日程第1、議会運営委員会経過報告終了後、日程第2、議案第76号及び議案第78号については、経済建設常任委員会に、日程第3、議案第80号については、教務厚生常任委員会にそれぞれ付託されておりますので、各委員長から付託議案の審査報告をしていただいた後、質疑、討論、採決を願います。
 日程第4、議員提出議案第1号については、単独上程、単独審議、委員会付託を省略し、即決していただくことに決定いたしました。
 以上をもちまして、議会運営委員会の経過について報告を終わります。
○議長(堀口昌宏君) 議会運営委員会委員長の報告が終わりました。
 ただいま報告のありましたとおり、今後の議事運営を行いますので、ご了承願います。
     ───────────────────────────────────
△第2 議案第76号 藤岡市労働環境整備資金融資促進条例の廃止について
    議案第78号 藤岡市長期優良住宅の普及の促進に関する法律関係手数料条例の制定について
○議長(堀口昌宏君) 日程第2、議案第76号藤岡市労働環境整備資金融資促進条例の廃止について、議案第78号藤岡市長期優良住宅の普及の促進に関する法律関係手数料条例の制定について、以上2件を一括議題といたします。
 経済建設常任委員会委員長の報告を求めます。委員長青木貴俊君の登壇を願います。
             (経済建設常任委員会委員長 青木貴俊君登壇)
◎経済建設常任委員会委員長(青木貴俊君) ご指名を受けましたので、去る6月11日の本会議において、経済建設常任委員会に付託されました議案2件に対する審査の概要と結果についてご報告申し上げます。
 本委員会は、6月12日、市長、副市長並びに関係部課長の出席を求め、委員会を開催し、慎重審査したのであります。
 議案第76号藤岡市労働環境整備資金融資促進条例の廃止についてご報告いたします。
 本条例の廃止の理由は、平成2年9月に中小企業の従業員の福利厚生施設の整備を対象に、必要な整備資金を融資する目的に、群馬県と協調して本条例を制定しましたが、県は、昨今の経済不況の影響で融資の利用率が低迷していることや、既存の別制度で代替することにより、平成21年3月31日をもって条例を廃止しました。協調して融資を行っていた市町村は、既に廃止や廃止の方向で検討している状況であります。
 藤岡市は、最近の景気低迷に対応するため、経営安定の運転資金融資に主力を置きたいと考えていること、また本制度の過去の利用実績が著しく低いことから、当該制度を廃止するため、本条例を廃止するものであります。
 質疑の主なものを申し上げます。
 労働環境整備資金融資の利用状況について伺いたい。
 藤岡市では利用実績が過去18年間で3件である。また、群馬県における利用実績は過去5年で3件であったとのことでした。
 他市の状況について伺いたい。
 県内の市で廃止していないのは安中市と藤岡市のみであり、ほかは既に廃止しているとのことでした。
 委員から、次のような討論がありました。
 藤岡市では、過去18年間で3件の該当しかなく、現在の借入金もゼロということである。本制度を廃止しても設備近代化資金融資制度で十分対応できること、県及び安中市、藤岡市以外の市は、この制度を廃止していることから、藤岡市でも廃止で進むべきであると考えるため、廃止について賛成であるとの討論がありました。
 慎重審査の結果、賛成全員をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第78号藤岡市長期優良住宅の普及の促進に関する法律関係手数料条例の制定についてご報告申し上げます。
 本条例の制定の理由は、長期優良住宅の普及の促進に関する法律が本年6月4日に施行されました。同法律の規定により長期優良住宅建築等計画の認定等を申請する者のためにする事務について、地方自治法第227条の規定に基づき、徴収する手数料に関し必要な事項を定めるため、本条例を制定しようとするものであります。
 質疑の主なものを申し上げます。
 長期優良住宅とはどういうものか伺いたい。
 環境負荷の軽減、国民負担の軽減、国民資産の向上、耐震性の向上を図る内容の長期使用構造とするための措置が講じられ、維持管理上、メンテナンスを行うことで長期に使用できる住宅であるとのことでした。
 既存住宅を改修した場合でも手数料が適用されるのか伺いたい。
 新築の行為に対して適用となるため、既存住宅のリフォームは対象にならないとのことでした。
 藤岡市の一般住宅の申請件数について伺いたい。
 概ね年間300件ほどの確認申請が提出されているとのことでした。
 長期優良住宅の申請はどの位を想定しているのか伺いたい。
 登録機関との事前打ち合わせでは、年間5・6件を予測しているとのことでした。
 手数料について伺いたい。
 群馬県の条例を参考に、藤岡市においても同額の1万8,000円としたとのことでした。
 委員から、次のような討論がありました。
 長期優良住宅の普及は、個人資産の向上を図ることと、何より耐震性、また環境負荷が少ない住宅を促進する制度である。手数料に関しては、群馬県条例を基準にしていることから、この条例案に賛成であるとの討論がありました。
 慎重審査の結果、賛成全員をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上をもちまして、本委員会に付託されました議案2件に対する審査の概要と結果について報告を終わります。
○議長(堀口昌宏君) 経済建設常任委員会委員長の報告が終わりました。
 議案第76号藤岡市労働環境整備資金融資促進条例の廃止について、委員長報告に対し質疑に入ります。ご質疑願います。
             (「なし」の声あり)
○議長(堀口昌宏君) お諮りいたします。質疑もないようでありますので、質疑を終結いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
             (「異議なし」の声あり)
○議長(堀口昌宏君) ご異議なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。討論はありませんか。
             (「なし」の声あり)
○議長(堀口昌宏君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第76号藤岡市労働環境整備資金融資促進条例の廃止について、委員長報告は可決であります。本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
             (賛成者起立)
○議長(堀口昌宏君) 起立全員であります。よって、議案第76号は原案のとおり可決されました。
 議案第78号藤岡市長期優良住宅の普及の促進に関する法律関係手数料条例の制定について、委員長報告に対し質疑に入ります。ご質疑願います。
             (「なし」の声あり)
○議長(堀口昌宏君) お諮りいたします。質疑もないようでありますので、質疑を終結いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
             (「異議なし」の声あり)
○議長(堀口昌宏君) ご異議なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。討論はありませんか。
             (「なし」の声あり)
○議長(堀口昌宏君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第78号藤岡市長期優良住宅の普及の促進に関する法律関係手数料条例の制定について、委員長報告は可決であります。本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
             (賛成者起立)
○議長(堀口昌宏君) 起立全員であります。よって、議案第78号は原案のとおり可決されました。
     ───────────────────────────────────
△第3 議案第80号 藤岡市銃砲刀剣類所持等取締法関係手数料条例の制定について
○議長(堀口昌宏君) 日程第3、議案第80号藤岡市銃砲刀剣類所持等取締法関係手数料条例の制定についてを議題といたします。
 教務厚生常任委員会委員長の報告を求めます。委員長窪田行隆君の登壇を願います。
             (教務厚生常任委員会委員長 窪田行隆君登壇)
◎教務厚生常任委員会委員長(窪田行隆君) ご指名を受けましたので、去る6月11日の本会議において、教務厚生常任委員会に付託されました議案1件に対する審査の概要と結果についてご報告を申し上げます。
 本委員会は、6月12日、市長、副市長、教育長並びに関係部課長の出席を求め、委員会を開催し、慎重審査したのであります。
 議案第80号藤岡市銃砲刀剣類所持等取締法関係手数料条例の制定についてご報告申し上げます。
 本条例の制定理由は、平成21年4月1日より、群馬県教育委員会の権限に属する事務処理の一部移譲に伴い、刀剣類の製作の承認の申請に対する審査事務を藤岡市が行うに当たり、地方自治法第227条の規定に基づき、銃砲刀剣類所持等取締法に規定する事務について徴収する手数料に関し必要な事項を定めるため、本条例を制定するものであります。
 質疑の主なものを申し上げます。
 銃砲刀剣類所持等取締法第18条の2第1項には、美術品として価値のある刀剣類を製作しようとする者は、製作する刀剣類ごとに、その住所の所在する都道府県の教育委員会の承認を受けなければならないとあるが、この承認の権限が市に移管されているのか伺いたい。
 平成21年4月1日の群馬県教育委員会の権限に属する事務処理の一部移譲により、今まで群馬県の事務であったものが藤岡市に移譲されるため、この条例案を提出したとのことでした。
 今、国内に何人くらいの刀匠がいるのか伺いたい。
 全国では把握していないが、群馬県には6人いる。太田市に人間国宝として有名な方が1名、その他、高崎市2名、富岡市に1名、桐生市に1名、伊勢崎市にも1名刀匠がいるとのことでした。
 土と火の里で各種の工芸を行っているが、刀匠を招くというような考えがあるのか伺いたい。
 今のところそのようなことは考えていないが、考古学において、古代のたたら製鉄を復元しようと実験している市町村があり、そういった面からのアプローチはあるかと思うとのことでした。
 他市の制定状況について伺いたい。
 前橋市と太田市においては条例を制定している。富岡市においては手数料条例の改正ということで対応しているとのことでした。
 群馬県教育委員会の権限に属する事務の一部移譲ということで、藤岡市への委任事務ということは、許認可権者はどちらになるのか伺いたい。
 基本的に届出制になっており、第1回目の申請、つまり初めて刀剣を製作する刀匠は、文化庁長官の許可を、2回目以降は市町村に申請して承認を受けることになるとのことでした。
 委員から、次のような討論がありました。
 藤岡市銃砲刀剣類所持等取締法関係手数料条例の制定については、群馬県教育委員会から市町村への権限移譲に伴うものであり、藤岡市としても刀匠がいつ現れてくれるかわからないが、受け皿としての体制整備は必要であると考えるので、この条例制定に賛成であるとの討論がありました。
 慎重審査の結果、賛成全員をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上をもちまして、本委員会に付託されました議案第80号に対する審査の概要と結果について報告を終わります。
○議長(堀口昌宏君) 教務厚生常任委員会委員長の報告が終わりました。
 委員長報告に対し質疑に入ります。ご質疑願います。
             (「なし」の声あり)
○議長(堀口昌宏君) お諮りいたします。質疑もないようでありますので、質疑を終結いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
             (「異議なし」の声あり)
○議長(堀口昌宏君) ご異議なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。討論はありませんか。
             (「なし」の声あり)
○議長(堀口昌宏君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第80号藤岡市銃砲刀剣類所持等取締法関係手数料条例の制定について、委員長報告は可決であります。本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
             (賛成者起立)
○議長(堀口昌宏君) 起立全員であります。よって、議案第80号は原案のとおり可決されました。
     ───────────────────────────────────
△第4 議員提出議案第1号 新たな過疎対策法の制定に関する意見書の提出について
○議長(堀口昌宏君) 日程第4、議員提出議案第1号新たな過疎対策法の制定に関する意見書の提出についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。提出者阿野行男君の登壇を願います。
             (9番 阿野行男君登壇)
◎9番(阿野行男君) ただいま議題となりました議員提出議案第1号新たな過疎対策法の制定に関する意見書の提出について、案文の朗読をもって提案理由の説明にかえさせていただきます。
 新たな過疎対策法の制定に関する意見書(案)。
 過疎対策については、昭和45年に「過疎地域対策緊急措置法」制定以来、3次にわたる特別措置法の制定により、総合的な過疎対策事業が実施され、過疎地域における生活環境の整備や産業の振興など一定の成果を上げたところである。
 しかしながら、人口減少と高齢化は特に過疎地域において顕著であり、路線バスなど公共交通機関の廃止、医師及び看護師等の不足、耕作放棄地の増加、森林の荒廃など生活・生産基盤の弱体化が進むなかで、多くの集落が消滅の危機に瀕するなど、過疎地域は極めて深刻な状況に直面している。
 過疎地域は、我が国の豊かな自然や歴史・文化を有するふるさとの地域であり、また、都市に対して、食糧の供給・水資源の供給、自然環境の保全といやしの場を提供するとともに、森林による地球温暖化の防止に貢献するなどの多面的・公共的機能を担っている。
 過疎地域は、国民共通の財産であり、国民の心のより所となる美しい国土と豊かな環境を未来の世代に引き継ぐ努力をしている地域である。
 現行の「過疎地域自立促進特別措置法」は平成22年3月末をもって失効することとなるが、過疎地域が果たしている多面的・公共的機能を今後も維持していくためには、引き続き、過疎地域の振興を図り、そこに暮らす人々の生活を支えていくことが重要である。
 過疎地域が、そこに住み続ける住民にとって安心・安全に暮らせる地域として健全に維持されることは、同時に、都市をも含めた国民全体の安心・安全な生活に寄与するものであることから、引き続き総合的な過疎対策を充実強化させることが必要である。
 よって、新たな過疎対策法の制定を強く要望する。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成21年6月23日。
 衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣、農林水産大臣、国土交通大臣宛。
 藤岡市議会議長堀口昌宏。
 以上、提案理由の説明とさせていただきます。
 議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。
○議長(堀口昌宏君) 提案理由の説明が終わりました。これより質疑に入ります。ご質疑願います。
             (「なし」の声あり)
○議長(堀口昌宏君) お諮りいたします。質疑もないようでありますので、質疑を終結いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
             (「異議なし」の声あり)
○議長(堀口昌宏君) ご異議なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第1号については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
             (「異議なし」の声あり)
○議長(堀口昌宏君) ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第1号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論に入ります。討論はありませんか。
             (「なし」の声あり)
○議長(堀口昌宏君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議員提出議案第1号新たな過疎対策法の制定に関する意見書の提出について、本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。
             (賛成者起立)
○議長(堀口昌宏君) 起立全員であります。よって、議員提出議案第1号は原案のとおり可決されました。
     ───────────────────────────────────
△閉会中の継続審査・調査の申し出の件
○議長(堀口昌宏君) 各常任委員長、議会運営委員長から、目下委員会において審査、調査中の事件につき委員会条例第41条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の継続審査、調査の申し出があります。
 お諮りいたします。各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査、調査に付することにご異議ありあませんか。
             (「異議なし」の声あり)
○議長(堀口昌宏君) ご異議なしと認めます。よって、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査、調査に付することに決しました。
     ───────────────────────────────────
                閉会中継続審査申出一覧表
┌──────┬────────────┬─────┬────────────────┐
│ 番  号 │  件      名  │ 委員会名 │  理          由  │
├──────┼────────────┼─────┼────────────────┤
│議員提出議案│藤岡市ポイ捨ての防止に関│教務厚生 │諸般の情勢から、なお慎重に審査す│
│第5号   │する条例の制定について │常任委員会│る必要があると認めるため    │
└──────┴────────────┴─────┴────────────────┘
     ───────────────────────────────────
                閉会中継続調査申出一覧表
┌───────────┬──────────────────────────────┐
│    委員会名    │       件              名       │
├───────────┼──────────────────────────────┤
│総務常任委員会    │1.市有財産の管理状況について               │
│           │2.行政財政の実態について                 │
│           │3.市行政の総合計画について                │
│           │4.交通安全施設について                  │
│           │5.その他所管に関する事項について             │
├───────────┼──────────────────────────────┤
│経済建設常任委員会  │1.農業振興対策について                  │
│           │2.中小企業振興対策について                │
│           │3.商業振興対策について                  │
│           │4.観光施設の整備拡充について               │
│           │5.道路及び橋梁整備について                │
│           │6.公営住宅事業について                  │
│           │7.下水道施設の整備拡充について              │
│           │8.上水道施設の整備拡充について              │
│           │9.その他所管に関する事項について             │
├───────────┼──────────────────────────────┤
│教務厚生常任委員会  │1.学校整備状況について                  │
│           │2.社会教育施設の充実について               │
│           │3.社会福祉施設の充実について               │
│           │4.市税の適正課税について                 │
│           │5.環境衛生施設の拡充について               │
│           │6.国民健康保険の実態について               │
│           │7.その他所管に関する事項について             │
├───────────┼──────────────────────────────┤
│議会運営委員会    │1.議会の運営に関する事項について             │
│           │2.議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項について│
│           │3.議長の諮問に関する事項について             │
└───────────┴──────────────────────────────┘
     ───────────────────────────────────
△字句の整理の件
○議長(堀口昌宏君) お諮りいたします。本会議で議決されました議案については、会議規則第42条の規定に基づき、その条項、字句、数字等の整理を要するものにつきましては、その整理を議長に委任されたいと思います。これにご異議ありませんか。
             (「異議なし」の声あり)
○議長(堀口昌宏君) ご異議なしと認めます。よって、条項、字句、数字等の整理は、議長に委任することに決しました。
     ───────────────────────────────────
△市長あいさつ
○議長(堀口昌宏君) この際、市長より発言を求められておりますので、これを許します。市長の登壇を願います。
             (市長 新井利明君登壇)
◎市長(新井利明君) 平成21年第5回藤岡市議会定例会閉会に当たり、一言御礼のごあいさつを申し上げます。
 本議会は6月11日から本日まで13日間にわたり開催され、議員各位におかれましては、大変ご多忙中のところ、市民生活に関係の深い多くの重要案件につきまして慎重審議の上ご決定いただき、心より感謝申し上げます。
 会期中議員各位からいただきましたご意見、ご指摘につきましては、真摯に受けとめ、今後の行政運営に生かしてまいりたいと考えております。
 内閣府が6月17日発表した月例経済報告では、景気は厳しい状況にあるものの、一部に持ち直しの動きが見られるとのことであります。これから実施される国の平成21年度第1次補正予算による大型の経済危機対策により、日本経済が明るさを取り戻すことを強く期待しております。
 藤岡市においても、国の経済危機対策を受け、本議会において補正予算を可決いただきました。財源には限りがありますが、国の動向を見ながら、地域経済の発展のため適切な対応をとっていきたいと考えております。そして市政発展と市民福祉向上のため誠心誠意努力してまいる所存であります。ご理解、ご協力をお願い申し上げます。
 最後になりましたが、議員各位におかれましては健康に十分ご留意され、今後ともますますご活躍いただきますようご祈念申し上げ、閉会のあいさつとさせていただきます。まことにありがとうございました。
     ───────────────────────────────────
△閉会
○議長(堀口昌宏君) 以上をもちまして、本議会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。
 これにて平成21年第5回藤岡市議会定例会を閉会いたします。
 ご苦労さまでした。
                                  午前10時43分閉会



地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。


      藤岡市議会議長    堀  口  昌  宏


      署 名 議 員    木  村  喜  徳


      同          青  柳  正  敏


      同          針  谷  賢  一