議事ロックス -地方議会議事録検索-


群馬県 館林市

平成16年  3月定例会 議案 議案第23号




平成16年  3月定例会 議案 − 議案第23号







議案第23号



         平成16年度館林市下水道事業特別会計予算



 平成16年度館林市の下水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ2,366,927千円と定める。

2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (地方債)

第2条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第2表 地方債」による。

 (一時借入金)

第3条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、500,000千円と定める。

 (歳出予算の流用)

第4条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1) 各項に計上した給料、職員手当等及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用

  平成16年3月5日提出

                                  館林市長 中 島 勝 敬  







第1表 歳入歳出予算


歳  入                                   (単位:千円)

      款      
      項      
   金         額  


 1 分担金及び負担金 
 
           59,188


1 負    担    金
           59,188


 2 使用料及び手数料 
 
          636,013


1 使    用    料
          636,013


 3 国庫支出金 
 
          275,500


1 国庫補助金
          275,500


 4 県支出金 
 
            1,800


1 県補助金
            1,800


 5 繰    入    金 
 
          765,000


1 他 会 計 繰 入 金
          765,000


 6 繰    越    金 
 
          162,170


1 繰    越    金
          162,170


 7 諸    収    入 
 
           10,256


1 貸付金元利収入
            2,545


2 預金利子
                5


3 雑         入
            7,706


 8 市         債 
 
          457,000


1 市         債
          457,000


    歳     入     合     計    
        2,366,927





歳  出                                   (単位:千円)

      款      
      項      
   金         額  


 1 下水道費 
 
        1,277,632


1 公 共 下 水 道 費
        1,248,632


2 特定公共下水道費
           29,000


 2 公    債    費 
 
        1,086,295


1 公    債    費
        1,086,295


 3 予    備    費 
 
            3,000


1 予    備    費
            3,000


    歳     出     合     計    
        2,366,927





第2表 地 方 債                       (単位:千円)

起 債 の 目 的
限度額
起債の方法
利   率
償還の方法


公共下水道事業
  457,000
証書借入又

は証券発行

によること

とし、財政

の都合によ

り起債前借

することと

する。 
年5.0%以

内(ただし、

利率見直し

方式で借り

入れる政府

資金及び公

営企業金融

公庫資金に

ついて、利

率の見直し

を行った後

においては、

当該見直し

後の利率)
償還は据置期間を含め30年以内の

半年賦元利均等償還又は、半年賦元

金均等償還とし、借入先の融通条件

による。

ただし、市財政の都合により繰上償

還をなし、若しくは、低利債に借換

えすることができる。償還財源は、

使用料、貸付金元利収入その他一般

歳入等による。